ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

宮廷道化師

索引 宮廷道化師

宮廷道化師(きゅうていどうけし)とは中世ヨーロッパもしくはテューダー朝時代に支配者層によって雇われたエンターテイナー。現在でも歴史の再現を模したヨーロッパの催し物で見ることができる。中世の宮廷道化師は色鮮やかなまだら模様()の服装と風変わりな帽子を被っており、先にあげた現代のものはこの服装を模倣している。中世の宮廷道化師たちは、物語を語ったり、歌や音楽、アクロバットやジャグリング、奇術など様々な芸を披露して楽しませてきた。また、おどけた調子で芸を披露し、当時の事柄や人物を笑いにした歌や話を創作した。.

71 関係: なぞなぞ十二夜古楽大アルカナ奇形奇術小人症中世ヨーロッパ幇間佯狂者北ブラバント州マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャチャールズ1世 (イングランド王)チャールズ2世 (イングランド王)バルタサール・カルロス・デ・アウストリアバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)ポーランド科学アカデミーラス・メニーナスリンブルフ州 (オランダ)リア王ルネサンスロイヤル・シェイクスピア・カンパニートリックスターヘンリー8世 (イングランド王)パペットパンチとジュディパイパジェントピエロテューダー朝ティル・オイレンシュピーゲルディエゴ・ベラスケスフランス革命フィリップ6世 (フランス王)ドワーフニューヨーク・タイムズアルレッキーノアイルランド王国アクロバットイングランド内戦イングランド共和国イングリッシュ・ヘリテッジウィリアム・ロードウィリアム・シェイクスピアエリザベス1世エリザベス2世エリザベス・ボーズ=ライアンエンターテイナーオリバー・クロムウェルカナダ...キャバレーコンメディア・デッラルテシカゴ大学出版局ジャグリングジョージ・ヴィリアーズ (初代バッキンガム公)ジェームズ1世 (イングランド王)スモレンスクスラングスロイスの海戦スコモローフスタンチクゼーラント州タロットタウファアハウ・トゥポウ4世サミュエル・ピープス国王一座道化師騎士党護国卿死神 (タロット)愚者 インデックスを展開 (21 もっと) »

なぞなぞ

なぞなぞ(謎謎、なぞ)は、問いかけに対して、とんちを利かせた答えを要求する言葉遊びを用いたクイズである。ただし普通のクイズとは違って正解は事実に基づくものではなく、言葉の意味をこじつけた駄洒落・洒落が多い。韻を踏んでいたり、何かに見立てられたりする。転じて、言葉によって婉曲的にわからせる事についてもなぞなぞという。.

新しい!!: 宮廷道化師となぞなぞ · 続きを見る »

十二夜

『十二夜』(じゅうにや、"Twelfth Night, or What You Will")は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇である。副題は「御意のままに」を意味する。1601年から1602年頃に、クリスマスのシーズンの終わりを告げる十二夜で上演するために書かれたと考えられているが、劇中に十二夜の行事に関わるような台詞はない。この芝居はふたごのきょうだいであるヴァイオラとセバスチャンが船の難破で離ればなれになってしまったことから始まる。ヴァイオラは少年に変装するが、自分が仕えているオーシーノ公爵に恋をしてしまう。オーシーノは伯爵家の令嬢であるオリヴィアに恋をしているが、オリヴィアはヴァイオラを男だと思い込んで思いを寄せるようになってしまう。マッテオ・バンデッロの物語にもとづくバーナビー・リッチの短編「アポロニアスとシッラ」の物語を部分的に織り込んでおり、音楽やバカ騒ぎに溢れた芝居でもある。記録に残っている最初の上演は1602年2月2日、暦の上でクリスマスの時期の正式な終わりであるキャンドルマスの日のものである。1623年にファースト・フォリオに入るまでは一度も出版されたことがなかった。.

新しい!!: 宮廷道化師と十二夜 · 続きを見る »

古楽

古楽(こがく)は、古典派音楽よりも古い時代の西洋音楽、すなわち中世西洋音楽、ルネサンス音楽、バロック音楽の総称である。.

新しい!!: 宮廷道化師と古楽 · 続きを見る »

大アルカナ

大アルカナ(だいアルカナ、major arcana)とは、タロットの一組78枚のうち、22枚を構成する、寓意画が描かれたカードを指す。.

新しい!!: 宮廷道化師と大アルカナ · 続きを見る »

奇形

奇形(きけい、畸形・畸型とも)とは、主に生物が先天的に肉眼形態上の異常を持っていることを指す。その結果として機能障害をきたすこともある。また、形態上の異常ではない疾患(純粋な機能異常である)精神発達遅滞や内分泌障害は奇形とは呼ばれないことが多いが、これらが奇形に合併することも多い。 なお、「奇形」という語は「めずらしい形」が原義である。例えば芸術作品などにおいて、標準から大きく外れた形態を持つ作品などを「奇形」と表現することもある。.

新しい!!: 宮廷道化師と奇形 · 続きを見る »

奇術

奇術 (きじゅつ)とは、人間の錯覚や思い込みを利用し、実際には合理的な原理を用いてあたかも「実現不可能なこと」が起きているかのように見せかける芸能。通常、観客に見せることを前提としてそのための発展を遂げてきたものをいう。手品(てじな)などとも言い、古くは手妻(てづま)、品玉(しなだま)とも呼ばれた。マジック(英: magic)と言う場合もある。また、奇術を行う者を奇術師(きじゅつし)、手品師(てじなし)、またマジシャンとも呼ぶ。.

新しい!!: 宮廷道化師と奇術 · 続きを見る »

小人症

小人症(こびとしょう、dwarfism)とは、著明な低身長を示す病態のこと。侏儒症(しゅじゅしょう)とも。.

新しい!!: 宮廷道化師と小人症 · 続きを見る »

中世ヨーロッパ

中世ヨーロッパ.

新しい!!: 宮廷道化師と中世ヨーロッパ · 続きを見る »

幇間

幇間(ほうかん、たいこ)は、宴席やお座敷などの酒席において主や客の機嫌をとり、自ら芸を見せ、さらに芸者・舞妓を助けて場を盛り上げる職業。歴史的には男性の職業である。.

新しい!!: 宮廷道化師と幇間 · 続きを見る »

佯狂者

佯狂者(ようきょうしゃ、ロシア語:юро́дивый(男性)/ юро́дивая(女性), 英語:yurodivy or "holy fool for Christ")は、正教会における聖人の称号。 俗世に心を煩わされずに専ら神に仕え、祈祷と斎(ものいみ)のうちに功を積んだ正教会の聖人は勤行者と呼ばれるが、そうした人々のうち、世を離れず、昼は市井にあってボロをまとって徘徊し、寒さ・暑さ・飢え・辱めを忍び、夜は聖堂の軒下などに野宿して祈る聖人がこの称号で呼ばれる。「佯」とは見せかけの意であり馬鹿を装いハリストス(キリスト)の真理を明らかにする者であるとされる。 佯狂者には、モスクワの聖ワシリイ大聖堂の名の由来となっている聖ワシリイなどがいる。 佯狂者は、「至福者」「聖愚者」との別称で呼ばれる場合もある。.

新しい!!: 宮廷道化師と佯狂者 · 続きを見る »

北ブラバント州

北ブラバント州(きたブラバントしゅう、Noord-Brabant)は、オランダ南端部の州の1つである。州都はスヘルトーヘンボス(デン・ボス)。北はヘルダーラント州、南ホラント州、西はゼーラント州、東はリンブルフ州。南はベルギーのアントウェルペン州、リンブルフ州と境界を接する。なお、南ブラバント州は、ベルギー領となった後にブラバント州と改名され、それから後に分割されて消滅したため、「北」だけが残存する形となっている。.

新しい!!: 宮廷道化師と北ブラバント州 · 続きを見る »

マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ

マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ(西:Margarita Teresa de España, 1651年7月12日、マドリード - 1673年3月12日、ウィーン)は、スペイン王フェリペ4世の娘で、神聖ローマ皇帝レオポルト1世の最初の皇后。ドイツ語名はマルガレーテ・テレジア・フォン・シュパーニエン(Margarete Theresia von Spanien)。フランス王ルイ14世妃マリア・テレサは異母姉、スペイン・ハプスブルク朝最後の王カルロス2世は同母弟である。 ディエゴ・ベラスケスの描いた可憐な肖像画でも知られる。.

新しい!!: 宮廷道化師とマルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ · 続きを見る »

チャールズ1世 (イングランド王)

チャールズ1世(Charles I, 1600年11月19日 - 1649年1月30日)は、イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。.

新しい!!: 宮廷道化師とチャールズ1世 (イングランド王) · 続きを見る »

チャールズ2世 (イングランド王)

チャールズ2世(Charles II, 1630年5月29日 - 1685年2月6日)は、王政復古期ステュアート朝のイングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1660年5月29日 - 1685年2月6日)。.

新しい!!: 宮廷道化師とチャールズ2世 (イングランド王) · 続きを見る »

バルタサール・カルロス・デ・アウストリア

バルタサール・カルロス・デ・アウストリア(Baltasar Carlos de Austria, 1629年10月17日 - 1646年3月9日)は、スペインの王太子、アストゥリアス公。.

新しい!!: 宮廷道化師とバルタサール・カルロス・デ・アウストリア · 続きを見る »

バンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

バンクーバー(Vancouver)は、カナダ連邦ブリティッシュコロンビア州南西部にある都市。同州最大の都市である。ヴァンクーヴァーと表記されることもある。.

新しい!!: 宮廷道化師とバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州) · 続きを見る »

ポーランド科学アカデミー

ポーランド科学アカデミー(Polska Akademia Nauk, PAN、Polish Academy of Sciences)はワルシャワに本部を置くポーランドの国立科学アカデミー。.

新しい!!: 宮廷道化師とポーランド科学アカデミー · 続きを見る »

ラス・メニーナス

『ラス・メニーナス』(スペイン語で「女官たち」の意)は、1656年にスペイン黄金世紀をリードした画家ディエゴ・ベラスケスにより制作された。謎かけのような構成の作品で、現実と想像との間に疑問を提起し、観賞者と絵の登場人物との間にぼんやりした関係を創造する。『ラス・メニーナス』の複雑な構成は、西洋絵画の分野では盛んに解析された。 『ラス・メニーナス』の舞台はフェリペ4世のマドリード宮殿の大きな一室である。スペイン宮廷人(人物も特定されている)の様子を、何人かの評論家が言うようにスナップ写真のごとく、瞬間的に切り取って、写し描いてみせたのである。 人物像のうち、幾人かはカンバスの中から鑑賞者の側に向かって注意を向け、残りの幾人かが互いに交流している。幼いマルガリータ王女を取り囲んでいるのは、お付きの女官、侍女、目付役、2人の小人と1匹の犬である。彼らの背後には、大きなカンバスに向かうベラスケス自身が描かれている。ベラスケスの視線は、絵の中の空間を超えて、絵の鑑賞者自身の立ち位置の方向に向けられている。背景には鏡がかかっていて、王と王妃の上半身が映っている。王と王妃は、絵の外、つまり鑑賞者の立ち位置と同じ場所に立っているように見える。また別の研究家は、王と王の像は、ベラスケスが作製中の作品が映し出されたものだと考えている。 『ラス・メニーナス』は、西洋美術史において重要な作品であると長く認められている。バロック期の画家ルカ・ジョルダーノは「絵画の神学」を象徴するものだと言い、19世紀の画家トーマス・ローレンスは「芸術の原理」と呼んだ。最近のコメントには、「ベラスケスの最高傑作、自意識過剰で計算し尽くされた絵画による示威行動、そして恐らく、これまでになされたイーゼル画の可能性への最も厳しい批評」Honour and Fleming (1982), 447ペー.

新しい!!: 宮廷道化師とラス・メニーナス · 続きを見る »

リンブルフ州 (オランダ)

リンブルフ州(Limburg)は、オランダ南東部の州。州都はマーストリヒト。北はヘルダーラント州、北西は北ブラバント州。南西はベルギーのリンブルフ州、南はベルギーのリエージュ州、東はドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州と境界を接する。.

新しい!!: 宮廷道化師とリンブルフ州 (オランダ) · 続きを見る »

リア王

『リア王』(リアおう、King Lear)は、シェイクスピア作の悲劇。5幕で、1604年から1606年頃の作。四大悲劇の一つ。 長女と次女に国を譲ったのち2人に事実上追い出されたリア王が、末娘の力を借りて2人と戦うも敗れる。王に従う道化に悲哀を背負わせ、四大悲劇中最も壮大な構成の作品との評もある。 『リア王』には異なる2つの版がある。1608年に「四折版」で出版された『The True Chronicle of the History of the Life and Death of King Lear and His Three Daughters』と、より劇的な1623年の「ファースト・フォリオ」に収められた『The Tragedy of King Lear』である。これまでは2つの版を合成して出版するのが通例だったが、近年になって、オックスフォード版やニュー・ケンブリッジ版など、2つをそれぞれ独立した作品として出版する場合が多い。.

新しい!!: 宮廷道化師とリア王 · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。.

新しい!!: 宮廷道化師とルネサンス · 続きを見る »

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー

トラトフォード・アポン・エイヴォンにある劇場 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)は、イングランドのストラトフォード・アポン・エイヴォンを拠点にする劇団。略してRSCとも呼ばれる。ストラトフォード・アポン・エイヴォンにロイヤル・シェイクスピア・シアター、スワン・シアター、ジ・アザー・プレイスの3つを有している。 1875年に設立されたシェイクスピア記念劇場を前身に持つ、非常に歴史の古い劇団であり、また大規模な劇団のため、有名なイギリスの舞台俳優・映画俳優でここに在籍していた者は非常に多い。現在はチャールズ皇太子が理事長を務めている。 作品の多くは世界中でツアーを行い、日本でも定期的に上演を行っている。 レパートリーの中心はやはりシェイクスピア作品であるが、シェイクスピアと同時代の劇作家や現代の劇作家の戯曲も数多く手がけている。 過去に関わった日本人には、日本人役者としてはじめてカンパニーメンバーとなった伊川東吾(1986)、RSCとの共同制作『ペール・ギュント』(1991年)とRSC公演『リア王』(1999) を演出した演出家 蜷川幸雄、『ペール・ギュント』に出演した壤晴彦、『リア王』に出演した真田広之がいる。.

新しい!!: 宮廷道化師とロイヤル・シェイクスピア・カンパニー · 続きを見る »

トリックスター

トリックスター (trickster) とは、神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を展開する者である。往々にしていたずら好きとして描かれる。善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、異なる二面性を持つのが特徴である。 この語は、ポール・ラディンがインディアン民話の研究から命名した類型である。カール・グスタフ・ユングの『元型論』で取り上げられたことでも知られる。 シェークスピアの喜劇『夏の夜の夢』に登場する妖精パックなどが有名。ギリシア神話のオデュッセウスや北欧神話のロキもこの性格をもつ。.

新しい!!: 宮廷道化師とトリックスター · 続きを見る »

ヘンリー8世 (イングランド王)

ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第2代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿、のちアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。イングランド王ヘンリー7世の次男。百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位の要求も継続した。 6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。また、によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。 1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらもハプスブルク家からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。 絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。後継者は息子のエドワード6世であった。.

新しい!!: 宮廷道化師とヘンリー8世 (イングランド王) · 続きを見る »

パペット

パペット(puppet)は、人形劇などで使われる操り人形の総称であり、操り方を指し示す言葉と組み合わせて使われることが多い。例えば、string puppet(糸あやつり人形)、hand puppet あるいは glove puppet(片手遣い人形)、finger puppet(指人形)、rod puppet(棒遣い人形)、ventriloquist puppet(腹話術人形)といった使い方をする。パペットは、抱き人形や飾り人形を意味するドール(doll)に対して、動かして楽しむために作られた人形全般を意味する。.

新しい!!: 宮廷道化師とパペット · 続きを見る »

パンチとジュディ

パンチとジュディ(原題は "Punch and Judy")は、イギリスの人形劇とそのキャラクター、およびイギリスを中心とした英語圏の童謡であるマザー・グースの1編である。.

新しい!!: 宮廷道化師とパンチとジュディ · 続きを見る »

パイ

アップルパイ パイ(Pie、die Pastete, der Blätterteig、Tarte, Tourte)は、小麦粉とバターなどから作った生地(パイ生地)に、甘く煮た果実類や、ナッツ類、食肉類その他を包み込むなどして、オーブンで焼き上げた料理あるいは菓子。バターの代わりにショートニングやラードを用いることもあり、卵や砂糖を入れる場合もある。 なお、パイ生地を用いないパイや、食品としての使用目的以外に作られるパイも存在する(後述)。.

新しい!!: 宮廷道化師とパイ · 続きを見る »

パジェント

パジェント (pageant、) は、歴史・伝説・宗教等をモチーフとし、華麗な衣装を着けての行進(儀式等の意味を持つ行進)、野外演劇、華麗・壮観な出し物を見せる展示会等を言う。 ページェントと表記されることも多いが、パジェントあるいはパジャントの方が原音に近い。.

新しい!!: 宮廷道化師とパジェント · 続きを見る »

ピエロ

ピエロ; pierrot.

新しい!!: 宮廷道化師とピエロ · 続きを見る »

テューダー朝

テューダー朝(テューダーちょう、英語:Tudor dynasty)は、イングランド王国(1485年 - 1603年)およびアイルランド王国(1541年 - 1603年)の王朝。チューダー朝とも。薔薇戦争を勝ち抜き、ヨーク朝を倒して王位を得た。女系を通じてランカスター朝に繋がる。.

新しい!!: 宮廷道化師とテューダー朝 · 続きを見る »

ティル・オイレンシュピーゲル

ティル・オイレンシュピーゲル(Till Eulenspiegel)は、14世紀の北ドイツに実在したとされる、伝説の奇人(トリックスター)。様々ないたずらで人々を翻弄し、最期は病死、もしくは処刑されたとされる。.

新しい!!: 宮廷道化師とティル・オイレンシュピーゲル · 続きを見る »

ディエゴ・ベラスケス

ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・ベラスケス(Diego Rodríguez de Silva y Velázquez, 1599年6月6日(洗礼日) - 1660年8月6日)はバロック期のスペインの画家。エドゥアール・マネが「画家の中の画家」と呼んだベラスケスは、スペイン絵画の黄金時代であった17世紀を代表する巨匠である。.

新しい!!: 宮廷道化師とディエゴ・ベラスケス · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: 宮廷道化師とフランス革命 · 続きを見る »

フィリップ6世 (フランス王)

フィリップ6世(Philippe VI de Valois, 1293年 - 1350年8月22日)はヴァロワ朝初代のフランス王(在位:1328年 - 1350年)。アンジュー伯、メーヌ伯を兼ねる。フィリップ3世の四男ヴァロワ伯シャルルと最初の妃マルグリット・ダンジューの子。最初の妃はブルゴーニュ公ロベール2世の娘ジャンヌ。最晩年にエヴルー伯・ナバラ王フィリップ・デヴルーの娘ブランシュ・デヴルーと再婚した。.

新しい!!: 宮廷道化師とフィリップ6世 (フランス王) · 続きを見る »

ドワーフ

ドワーフと鉄道(カール・シュピッツヴェーク画) ドワーフ(、英語の発音はドゥウォーフに近い)は、人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族。民話、神話、童話、ファンタジー作品などに登場することが多い。高度な鍛冶や工芸技能をもつとされており、外観は男女共に背丈が低いものの力強く屈強で、特に男性はその多くで長い髭をたくわえているとされる。 ドワーフ小人、矮人、侏儒、あるいは単に小人と訳されることもある。.

新しい!!: 宮廷道化師とドワーフ · 続きを見る »

ニューヨーク・タイムズ

ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く、新聞社並びに同社が発行している高級日刊新聞紙。アメリカ合衆国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)に次いで第3位(103万部)部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均。.

新しい!!: 宮廷道化師とニューヨーク・タイムズ · 続きを見る »

アルレッキーノ

アルレッキーノ アルレッキーノ (Arlecchino) はイタリアの即興喜劇コメディア・デラルテ中のキャラクターの一つで、トリックスター。ひし形の模様のついた衣裳で全身を包み、ずる賢く、人気者として登場することが多い。国によっては、アルルカン()、ハーレクイン()とも呼ばれる。欧米では道化役者の代名詞となっており、芸術作品の中では、ピカソの「アルルカン」、チャップリンの「ライムライト」、ロベルト・ベニーニの映画「ピノッキオ」のマリオネット、アンデルセンの短編小説集「絵のない絵本」の第十六夜、ブゾーニのオペラ「アルレッキーノ」などに登場する。.

新しい!!: 宮廷道化師とアルレッキーノ · 続きを見る »

アイルランド王国

アイルランド王国(アイルランドおうこく、Ríocht na hÉireann、Kingdom of Ireland)は、アイルランド島にあった王国(1541年 - 1649年・1660年 - 1800年)。終始イングランド王国(のちグレートブリテン王国)との同君連合の下にあったが、事実的にはイングランド王による自称であった。しかし1694年以降は実効支配下に置かれた従属国となった。 1541年、イングランド王ヘンリー8世が、形式的にはアイルランド議会の決議に基づき、それまでの称号であったアイルランド卿(Lord of Ireland)に代えてアイルランド王(King of Ireland)を自称したのが始まりとされている。これは、ローマ教皇の宗主権(名目上のものではあったが)の否定と統治権の正当性の新たな根拠の確立、そしてアイルランドの支配体制の抜本的な改革の意思表示といえるものであった。ただし、これはイングランド側からの一方的な宣言で、当時アイルランドを実際に支配していた有力諸侯たちはこれをすぐ認めたわけではない。しかし両国の勢力格差は歴然で、以後イングランドからの入植と支配の強化が進み、アイルランドはイングランドの植民地化していった。アイルランドがイングランドの勢力下に完全に置かれたのは護国卿時代(1649年 - 1660年)、1652年のオリヴァー・クロムウェルによる遠征以後で、さらにウィリアム3世の1694年のアイルランド遠征によって一応の完結となったのである。 ヘンリー8世以前にもエドワード・ブルース(スコットランド王ロバート1世の弟)などアイルランド上王を称する人物はいたが、ヘンリー8世以後は歴代のイングランド王(のちにグレートブリテン王)がアイルランド王の称号を兼ねることとなった。 ジョージ3世の時代、1800年の合同法制定を経て、翌1801年にグレートブリテン王国と合同してグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立し、アイルランド王国は消滅した。.

新しい!!: 宮廷道化師とアイルランド王国 · 続きを見る »

アクロバット

鳥居清満画「軽業師だるま男」。江戸時代 綱渡り アクロバット(acrobatics)とは、常人には行いがたい身軽な身体運動や熟練の身体運動のこと。またそれを行う人物。 舞台芸術およびスポーツ競技として行われるアクロバットということばは、ギリシャ語の akros(高い)と bat(歩行)からきている。日本語では軽業や曲芸とも言い、これを行う人物を軽業師、曲芸師と言う。 バランス、機敏さ、コーディネートの高度な技を要する全身運動(特に短時間に爆発的な動作を伴うもの)を用いた舞台芸術やスポーツはいずれもアクロバットとみなすことができ、ダンス、および飛込みなどの各種スポーツ、時には宗教行為にも含まれる。また、ここから転じて秒刻みで多数の用件をこなすスケジュールといったものをアクロバット的(またはアクロバティックな)と表現することがある。.

新しい!!: 宮廷道化師とアクロバット · 続きを見る »

イングランド内戦

清教徒革命の勢力図概要 イングランド内戦(イングランドないせん、English Civil War)は、清教徒革命におけるイングランドの騎士党(Cavaliers、国王派)と円頂党(Roundheads、議会派)の間で行われた軍事衝突である。.

新しい!!: 宮廷道化師とイングランド内戦 · 続きを見る »

イングランド共和国

イングランド共和国(イングランドきょうわこく、Commonwealth of England)は、1649年から1660年までの間、イングランド王国(ウェールズを含む)と、後にはアイルランド王国・スコットランド王国を支配した共和制の政治体制。1649年1月30日のチャールズ1世の処刑の後、同年3月19日に残部議会によってはじめてその樹立が宣言された。1653年から1658年までの間はオリバー・クロムウェル、その死後は息子リチャード・クロムウェルによる2代にわたっての護国卿による独裁が敷かれており、この時代は特に護国卿時代(プロテクトレート)とも呼ばれる。イングランド共和国という呼称は、1649年から1660年までの間の政治体制を大まかに指し示す呼称である。.

新しい!!: 宮廷道化師とイングランド共和国 · 続きを見る »

イングリッシュ・ヘリテッジ

イングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) は、イングランドの歴史的建造物を保護する目的で英国政府により設立された組織。ストーンヘンジのような考古学遺跡から、アイアンブリッジなどの産業遺産に至る広範囲にわたる建造物を扱っている。対象の保護、助言、登録などが目的である。 建造環境の保護を目的として、公的自然保護機関であるイングリッシュ・ネイチャー などと協力体制を確立している。両機関は保護政策に関して文化・メディア・スポーツ大臣(en)に助言をおこない、指定建造物(Listed building) や指定遺跡 (Scheduled Ancient Monument) への登録をおこなわせる。いくつかの施設については団体が所有しており、その他の一部カントリー・ハウスなどの私有建造物についても持ち主との連携を図っている。 特殊法人としてある程度の予算がくまれ、税金から支出されている。 政府の負担を軽減するために一部施設では見学者に入場料を請求している。 2015年4月1日、イングリッシュ・ヘリテッジは二つに分割され、旧組織の法令保護機能を継承したヒストリック・イングランドと、歴史的遺産を運営するチャリティーであるイングリッシュ・ヘリテッジ・トラストに分割され、ロゴも刷新された。 ナショナル・トラストは同様の趣旨で設立された団体であるが、後者は政府が活動に関与しない私的団体である。.

新しい!!: 宮廷道化師とイングリッシュ・ヘリテッジ · 続きを見る »

ウィリアム・ロード

ウィリアム・ロード(William Laud、1573年10月7日 - 1645年1月10日)は、17世紀イングランドの政治家・聖職者。チャールズ1世の側近で清教徒革命の最中に処刑された。 レディングの織物業者の子として生まれ、オックスフォード大学で神学を学んだ後にアルミニウス派神学者として知られたロチェスター主教リチャード・ニールを尊敬して後にその補佐を務めた。バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズから崇敬を受けて、ジェームズ1世にロードを推挙したが王は彼の思想を問題として登用しなかった。 次のチャールズ1世は、ロードを取り立てて1627年に枢密顧問官、1628年にロンドン主教、1630年にオックスフォード大学総長兼務、1633年にカンタベリー大主教と順調に出世してチャールズ1世の宗教・教育顧問として重きをなし、ストラフォード伯とともにバッキンガム公亡き後のチャールズ1世の片腕として国政にも深く関与した。 ロードは国教会の改革と宗教統一を持論としていた。チャールズ1世の許しを得たロードは、祈祷書の遵守と礼拝の統一、聖職者の統制政策を推進した。更に世俗の問題に対する聖職者の積極的な関与を推進し、その見解の遵守を国民に指示した。これに対して清教徒らは激しく抵抗したが、高等宗務官裁判所や星室庁裁判所を舞台として徹底的に弾圧した。だが、余りの強硬な政策に清教徒以外の貴族やジェントリの反感も広がっていった。 加えて1638年にロードの意見を容れたチャールズ1世によってスコットランド長老派に国教会の祈祷書を強要したことから、翌年主教戦争が勃発した。このため、1640年から始まった長期議会ではロードの戦争責任を追及する動きが高まり、反逆罪によって弾劾されて逮捕・投獄された。チャールズ1世はロードを解放しようとしたが議会はこれを拒絶して双方の対立は深刻化、1642年にイングランド内戦が勃発した。 やがて1644年にロードに対する裁判が開始されたが、彼を有罪とする決定的な証拠に欠けていた議会側はロードとストラフォード伯を生かしておいた場合に国王と彼らが議会側に弾圧を加えてくることを危惧して、私権剥奪法を制定して両者を国家に害をなす人物であると認定、それを理由に処刑を決定、翌1645年に処刑した。ストラフォード伯は1641年に既に処刑されていて、チャールズ1世もイングランド内戦に敗れ1649年に処刑された。.

新しい!!: 宮廷道化師とウィリアム・ロード · 続きを見る »

ウィリアム・シェイクスピア

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。 出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。「ヴィーナスとアドーニス」のような物語詩もあり、特に「ソネット集」は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。 2002年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位となった。 「シェイクスピア」の日本における漢字表記(借字)は「沙吉比亜」だが、これは中国での表記「莎士比亞」(繁体字での表記で、簡体字では「莎士比亚」)の「莎」を「沙」と、「亞」を「亜」と略し、「士」の代わりに「吉」を用いたもの。「沙翁」と呼ばれることもある。.

新しい!!: 宮廷道化師とウィリアム・シェイクスピア · 続きを見る »

エリザベス1世

リザベス1世(Elizabeth I、ユリウス暦1533年9月7日 - グレゴリオ暦1603年4月3日(ユリウス暦1602/3年3月24日この部分のみ、日本語版Wikipedia表記ガイド本則に従う。本記事における暦日表記、および1602/3年という表記にした理由は、概要節末尾の※を参照のこと。))は、イングランドとアイルランドの女王(在位:1558年 - 1603年)。テューダー朝第5代ごく短期間在位したジェーン・グレイを加えれば第6代。にして最後の君主。 国王ヘンリー8世の次女。メアリー1世は異母姉。エドワード6世は異母弟。通称にザ・ヴァージン・クイーン(、「処女王」)、グロリアーナ(、「栄光ある女人」)、グッド・クイーン・ベス(、「善き女王ベス」)。.

新しい!!: 宮廷道化師とエリザベス1世 · 続きを見る »

エリザベス2世

リザベス2世(、1926年4月21日とされる5月末から6月初め頃と実際の女王誕生日が異なることについては、当該項目を参照。 - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王である。実名はエリザベス・アレクサンドラ・メアリー()。 1952年2月6日に即位してイギリス連邦に加盟する独立国家たる7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦、パキスタン、セイロンの女王になる。連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は1956年から1992年までに独立したり共和制に移行したりしたので少しずつ変わっていく。 2016年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その一部となっている国・地域の中にも女王を元首としているところが存在する。 2015年、高祖母たるヴィクトリア女王を抜いて英国史上最高齢の君主になった。2015年1月23日にはサウジアラビア国王のアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが90歳で死去したことにより、88歳(当時)で存命する在位中の君主の中で世界最高齢になった。2015年9月9日には、在位期間が63年と216日となり、同じくヴィクトリア女王を抜いて英国史上最長在位の君主となった。さらに、2016年10月13日にはラーマ9世(タイ王国)の死去により、存命の君主では世界第1位の長期在位君主となった。.

新しい!!: 宮廷道化師とエリザベス2世 · 続きを見る »

エリザベス・ボーズ=ライアン

リザベス・アンジェラ・マーガレット・ボーズ=ライアン姓は「バウエス=ライオン」「バウズ=ライアン」と表記される例もある。ノート:エリザベス・ボーズ=ライアンを参照のこと。(Elizabeth Angela Marguerite Bowes-Lyon、1900年8月4日 - 2002年3月30日)は、連合王国(イギリス)の王妃(在位:1936年12月11日 - 1952年2月6日)、およびインド皇后(在位:1936年 - 1947年) 1923年にヨーク公アルバート(ジョージ6世)と結婚。1936年に夫が国王に即位したため王妃となった。1952年に夫が肺癌で崩御し、長女のエリザベス2世 (HM Queen Elizabeth II)が即位したため、両者が同名であることによる混乱を避けるために、エリザベス2世の即位以降はエリザベス皇太后 (HM Queen Elizabeth The Queen Mother) と呼ばれるようになった。エリザベスは、最後のアイルランド王妃、インド皇后となっている。.

新しい!!: 宮廷道化師とエリザベス・ボーズ=ライアン · 続きを見る »

エンターテイナー

ンターテイナー(もしくはエンターテナー、エンターテーナーとも)は、自身の特技、演技、芸、パフォーマンス、マジック、音楽などを披露し、観客を楽しませる或いは笑わせることで接待するコメディアン、ミュージシャン、マジシャンを指す。 日本以外では、国や地域、対象となる人によって扱いは異なるものの、日本に比べると広く多用されている。 主に歌手やマジシャン、コメディアンに対して使われ、また、一部の映画俳優にも使われる。.

新しい!!: 宮廷道化師とエンターテイナー · 続きを見る »

オリバー・クロムウェル

リバー・クロムウェル(Oliver Cromwell、1599年4月25日 - 1658年9月3日)は、イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。鉄騎隊を指揮してエッジヒルの戦いやマーストン・ムーアの戦いで活躍し、(新模範軍)の副司令官となる。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。護国卿時代には独裁体制をしいた。.

新しい!!: 宮廷道化師とオリバー・クロムウェル · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: 宮廷道化師とカナダ · 続きを見る »

キャバレー

ャバレー(cabaret カバレ、パリ周辺の発音: キャバレイギリス英語発音: キャバレイ、アメリカ英語発音: キャバレイ)とは、本来はダンスやコメディショーなどパフォーマンスをする舞台のあるレストランやナイトクラブの事である。 なお、日本の風俗営業法ではキャバレーとナイトクラブは明確に別種として区分されている。.

新しい!!: 宮廷道化師とキャバレー · 続きを見る »

コンメディア・デッラルテ

ンメディア・デッラルテ(Commedia dell'arte)は、仮面を使用する即興演劇の一形態。16世紀中頃にイタリア北部で生まれ、主に16世紀頃から18世紀頃にかけてヨーロッパで流行し、現在もなお各地で上演され続けている。コメディア・デラルテとした日本語表記もある。.

新しい!!: 宮廷道化師とコンメディア・デッラルテ · 続きを見る »

シカゴ大学出版局

大学出版局(-だいがくしゅっぱんきょく、University of Chicago Press)は、シカゴ大学が運営する出版局。大学が運営する出版局ではアメリカ合衆国で最古かつ最大規模。これまで1万以上の著作を出版している。2016年現在、11000以上が出版、5000以上の著作が販売されている。.

新しい!!: 宮廷道化師とシカゴ大学出版局 · 続きを見る »

ジャグリング

ャグリング(Juggling)とは、狭義ではトスジャグリング、複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態を維持し続ける技術を指している。しかし現在では意味は拡大され、いわゆるオブジェクトマニピュレーション(en:Object manipulation)との混同も見られる。広義では、手に保持できる程度の道具を使った、修練の必要な特殊な技能または芸を指す。典型的にジャグリングとみなされる技術には、トスジャグリングのほかにディアボロ、デビルスティック、シガーボックスなどがある。 歴史的には大道芸、サーカスなどの曲芸にて見世物として行われてきた経緯があるが、近年はスポーツとしての愛好者が増え、直接人に見せることを目的とせずにジャグリングを楽しむ人も増えている。また、クラブが数多く設立され、競技会も活発に行われている。.

新しい!!: 宮廷道化師とジャグリング · 続きを見る »

ジョージ・ヴィリアーズ (初代バッキンガム公)

初代バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ(George Villiers, 1st Duke of Buckingham, 、1592年8月28日 - 1628年8月23日)は、イングランドの政治家、貴族。 ステュアート朝初代国王ジェームズ1世と第2代国王チャールズ1世の2代にわたって重臣として仕え、イングランドの国政を主導、海軍卿(在職:1619年 - 1628年)等の官職を歴任した。はじめ議会やプロテスタント勢力から人気のある政治家だったが、三十年戦争での敗戦が続いたため、批判を受けることが多くなり、1628年には議会から突き付けられた「権利の請願」を受け入れることを余儀なくされ、課税には議会の同意が必要であることや臣民の自由を侵害してはならないことを政府として再確認した。同年に暗殺された。.

新しい!!: 宮廷道化師とジョージ・ヴィリアーズ (初代バッキンガム公) · 続きを見る »

ジェームズ1世 (イングランド王)

ェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 - 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 - 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 - 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。.

新しい!!: 宮廷道化師とジェームズ1世 (イングランド王) · 続きを見る »

スモレンスク

モレンスク (Смоленск, Smolensk) は、ドニエプル川沿いに位置する、ロシア連邦の西方の都市である。モスクワからは西南西へ360km、スモレンスク州の州都。人口は351,100人(2003年推計)、2002年国勢調査では325,137人であった。.

新しい!!: 宮廷道化師とスモレンスク · 続きを見る »

スラング

ラング(slang)は、特定のエスニック集団、職業、年代、生活環境、生活様式、趣味、嗜好を共通にする集団の中でのみ通用する隠語、略語、俗語のこと。.

新しい!!: 宮廷道化師とスラング · 続きを見る »

スロイスの海戦

イスの海戦(スロイスのかいせん)は、1340年6月24日に行われた、百年戦争における主要な海戦の1つ。ゼーラント(現オランダ)のスロイス(フランス語名エクリューズ)の港においてイングランド海軍がフランス海軍を壊滅させて、以降ドーバー海峡の制海権を握った。 百年戦争における、三つの重要な海戦の一つといわれる。他の二つはレ・ゼスパニョール・シュール・メールの海戦、1372年のラ・ロシェルの海戦であるグラント・オーデン、ポーリン・ベインズ 『西洋騎士道事典』 堀越孝一監訳、原書房、1991年、312-313頁。。.

新しい!!: 宮廷道化師とスロイスの海戦 · 続きを見る »

スコモローフ

ヴィクトル・ヴァスネツォフ画による「スコモローフ」(1904年) スコモローフ(Скоморох)は、中世ロシアで活動した芸能人の呼び名である。複数形でスコモローヒ()とも。日本語での翻訳として「放浪芸人」、「漂泊楽師」などがある。.

新しい!!: 宮廷道化師とスコモローフ · 続きを見る »

スタンチク

タンチク(、1480年頃-1560年頃)はポーランドの歴史のなかで最も有名な宮廷道化師。彼はアレクサンデル、ジグムント1世老王、ジグムント2世アウグストという三代の王に仕えた。 歴史家たちはこの道化師の本名をスタニスワフ・ゴンスカ(Stanisław Gąska)と推定しており、スタンチク()はスタニスワフの愛称(「スタニスワフちゃん」の意味)。また、ゴンスカ()は、実際はスタンチクの同僚の道化師でその実力の点でスタンチクに少々劣っていた人物の名だったと主張する歴史家もいる。 スタンチクはいつも、ただの芸人であることをはるかに超えた存在だったと考えられている。知性と政治哲学者としての才能にあふれ、ポーランドの現在と未来の状況について、周囲の者に畏敬の念を起させるほどであった。彼が発する気の利いた冗談は政治と宮廷の時事問題に関連しており、彼は自らの道化師としての仕事を通じて、風刺という手段を用いながら同時代の人々に対する批判と警告を行った。スタンチクの発言と冗談は、ウカシュ・グルニツキ、ヤン・コハノフスキ、マルチン・クロマー、ミコワイ・レイといった同時代の著述家や歴史家の多くによって記録されており、彼らはみなスタンチクを真実のために見せかけの偽り事と戦った人物として称賛している。 最も広く知られている逸話は王の狩猟の行事のときのものである。1533年、ジグムント1世王はリトアニアから巨大な熊を取り寄せた。この熊は首都クラクフ近郊の近くにあるに放され、これを王が狩ることになっていた。この狩りの最中、熊が王、王妃、その側近たちからなる一団に向かって突進をし、一同は恐慌をきたして大混乱に陥った。王妃ボナはこのときの落馬で流産をしてしまった。スタンチクが熊にかまわず逃げてしまったことで、王が怒ってのちにスタンチクを批判した。このときスタンチクはこう言った「檻に入れられている熊を放すことのほうが馬鹿げたことでしょ!」この発言は、王のプロイセン公領に対する政策への当てこすりであった。プロイセン公領はポーランドに征服されていたが、王国の直轄領にはなっておらず、属領として一定の自治権が与えられた状態だったのである。.

新しい!!: 宮廷道化師とスタンチク · 続きを見る »

ゼーラント州

ーラント州(Zeeland、海の国の意)は、オランダ南西部の州である。州都はミデルブルフ。北東は南ホラント州、東は北ブラバント州。南はベルギーのオースト=フランデレン州・ウェスト=フランデレン州と境界を接する。.

新しい!!: 宮廷道化師とゼーラント州 · 続きを見る »

タロット

タロット(Tarot)、あるいはタロットカードは遊戯や占い(タロット占い)などに使用されるカードのこと。78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられる。 日本では、小アルカナは大アルカナに比べ比較的認知度が低く、一般語のタロットは大アルカナのみを指す場合が多い。.

新しい!!: 宮廷道化師とタロット · 続きを見る »

タウファアハウ・トゥポウ4世

タウファアハウ・トゥポウ4世(Tāufaʻāhau Tupou IV、1918年7月4日 - 2006年9月10日)は、トンガ国王(在位:1965年 - 2006年)。1965年から1991年までトンガ王国総理大臣を務めたファタフェヒ・トゥイペレハケ(Fatafehi Tu'i Pelehake)王子は弟。 シドニー大学で法学を学んだ後に、1943年に母のサローテ・トゥポウ3世国王より教育大臣に指名、1944年には保健大臣になった。1949年からは首相となったが、1965年に母の死を受けて国王に即位した(母の喪が明けた1967年に正式に即位)。1976年には体重209.5kgを記録し、「世界一重い君主」としてギネスブックに登録された。後年は体重が半分になるまで減量したが、2006年にニュージーランド・オークランドの病院で崩御した。 生前は親日家としても知られ、皇太子時代には5回日本を訪れている。トンガの教育にそろばんを導入したり、大相撲の朝日山部屋へ力士を6名送り出すなどした。即位後もハラエバル・マタアホ(Halaevalu Mataʻaho ʻAhomeʻe)王妃とともに複数回来日し、1973年11月には靖国神社に参拝、また1989年2月には昭和天皇の大喪の礼にトンガの正装であるタオパラで参列したとされているが当時のブータン国王との混同である。 ロケでトンガを訪れていた兼高かおる、桂小枝と面会している。 1958年に大英帝国勲章、1970年にロイヤル・ヴィクトリア勲章、1977年に聖マイケル・聖ジョージ勲章をそれぞれ受章している。 ハラエバル・マタアホ王妃との間に3人の王子・1人の王女(ピロレブ)があり、第1王子のトゥポウトア皇太子が王位を継承、ジョージ・トゥポウ5世となった。5世崩御後は第3王子がトゥポウ6世として即位した。 かつて発行されていたトンガの通貨、パアンガ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 宮廷道化師とタウファアハウ・トゥポウ4世 · 続きを見る »

サミュエル・ピープス

ミュエル・ピープス(Samuel Pepys, 1633年2月23日 - 1703年5月26日)は、17世紀に活躍したイギリスの官僚。王政復古の時流に乗り、一平民からイギリス海軍の最高実力者にまで出世した人物であり、国会議員及び王立協会の会長も務めた。今日では詳細な日記で知られているが、官僚としての業績も大きく、王政復古後の海軍再建に手腕を発揮したことにより「イギリス海軍の父」とも呼ばれている。.

新しい!!: 宮廷道化師とサミュエル・ピープス · 続きを見る »

国王一座

国王一座(こくおういちざ、The King's Men)は、ウィリアム・シェイクスピアが座付き劇作家として長らく在籍していたことで知られるイギリスの劇団である。女王エリザベス1世の治世(1558年 - 1603年)においては「宮内大臣一座」の名で活動していたが、1603年に新国王ジェームズ1世が即位して劇団のパトロンとなったのをきっかけに国王一座と改称した。 1603年5月19日に交付された国王一座の設立勅許状では、「ローレンス・フレッチャー (Lawrence Fletcher) 、ウィリアム・シェイクスピア、リチャード・バーベッジ、オーガスティン・フィリップス (Augustine Phillips) 、ジョン・ヘミングス (John Heminges) 、 ヘンリー・コンデル (Henry Condell) 、 ウィリアム・スライ (William Sly) 、 ロバート・アーミン (Robert Armin) 、リチャード・カウリー (Richard Cowley) 、その他の同僚たち」といった順番に俳優たちの名が列記されている当時の演劇界は年功序列の厳しい世界だったことから、勅許におけるフレッチャー、シェイクスピア、バーベッジという順序には劇団内の力関係なども反映されていると考えるべきであり、筆頭にあげられているフレッチャーは相当重要な人物だったと推測される。したがってフレッチャーの名がファースト・フォリオ冒頭の「主要な俳優」一覧に見られないのは非常に奇妙なことである。そもそも現存するさまざまな戯曲の上演記録にもフレッチャーの名が記録されたものは少なく、役者としての活動歴も定かではない。これはフレッチャーがもともと王太子時代のジェームズ1世から贔屓にされていたことから、宮内大臣一座が新国王の庇護を受け国王一座へ改称するさいに、以前から国王の気に入られている人物を入れておいた方が手続きがスムーズに進むのではないかという政治的判断から、名前だけ借りてこられたためのではないかと推測されている。。名をあげられた9人は宮内官待遇となっており、1604年3月15日には、国王戴冠式用の正装を仕立てるために4ヤード半の赤布が9人全員に供与されている。.

新しい!!: 宮廷道化師と国王一座 · 続きを見る »

道化師

お祭りの道化師 トマス・モア一家の肖像画。後列右から2人目がモア家お抱えの道化ヘンリー・パテンソン。1592年 道化師(どうけし、中国語:小丑)または道化(どうけ)は、滑稽な格好、行動、言動などをして他人を楽しませる者の総称。大道芸やサーカスのクラウン 、中世ヨーロッパの宮廷道化師、歌舞伎の道化方、幇間など、世界各地にさまざまな形がある。.

新しい!!: 宮廷道化師と道化師 · 続きを見る »

騎士党

騎士党(Cavaliers)とは、イングランド内戦期から空位期、王政復古期(1642年 - 1680年)にかけ、イングランド王チャールズ1世・チャールズ2世父子に忠誠を誓い支持した人々を指す用語であり、敵対者である議会派(円頂党)により使われた。チャールズ1世の甥で国王軍の中心的な軍司令官だったルパート・オブ・ザ・ラインがその典型と言われる。.

新しい!!: 宮廷道化師と騎士党 · 続きを見る »

護国卿

護国卿(ごこくきょう、Lord Protector)は、イングランド王国において王権に匹敵する最高統治権を与えられた官職。敬称は殿下()。特にイングランドのピューリタン革命後に成立したイングランド共和国における国家元首としての官職を指すことが多い。.

新しい!!: 宮廷道化師と護国卿 · 続きを見る »

死神 (タロット)

ウェイト版タロットの死神 マルセイユ版タロットの死神 死神(しにがみ、英:Death, 仏:La Mort)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。事象のみを指して死(し)と呼ばれる場合もある。大アルカナの22枚のカードの中でも、直接的に「死」を取り扱い、また連想させるカードであることから伝統的に「不吉」とされ、マルセイユ版タロットをはじめ「死」を意味する単語を記載せず無記名とする場合がある。 なお、カード番号は「13」で、この数字はキリスト教の影響から特に西洋で不吉な数字とされている。前のカードは「12 吊された男」、次のカードは「14 節制」。.

新しい!!: 宮廷道化師と死神 (タロット) · 続きを見る »

愚者

ウェイト版タロットの愚者 マルセイユ版タロットの愚者 愚者(ぐしゃ、英:The Fool, 仏:Le Mat)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。英語ではThe Jesterと呼ばれることもある。 カード番号は「0」であるが、この番号が与えられているのはウェイト版など黄金の夜明け団系のデッキが多く、マルセイユ版などの伝統的なデッキでは番号が書かれていないものが多い。また、トランプのジョーカーの原型がこのカードだとする説もあるが、。 ウェイト版タロットにおける次のカードは「1.

新しい!!: 宮廷道化師と愚者 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »