ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

太陽変動

索引 太陽変動

ここ30年の太陽変動の様子 太陽変動(たいようへんどう、太陽活動変動、太陽活動変調、solar variation)とは、太陽からの放射量の変化を指す。 これら変動はいくつかの周期単位が存在する。最も基礎的なものとして、11年の太陽活動周期 (黒点周期) があり、典型的な非周期的変動である。 太陽活動は、ここ最近の10年間は衛星観測から、それ以前は「間接的」な変動因子から計測されていた。気候学者たちは、何らかの太陽活動変化特に地球に影響を与える変動因子を解明することに関心を寄せており、地球の気候変化に影響する太陽活動変化を「太陽の放射強制力」と呼ぶ。 全太陽放射照度 (TSI) の変動計測は、衛星観測時代以前には、計測閾値以下の変動にとどまっていたが、現在では紫外線領域の数パーセント程度の小さな変動を捕らえている。太陽全放射は、現在 (最近の11年周期・第23期) において、約0.1パーセントまたは約1.3W/m2の極大-極小変動幅を記録している。 地球大気圏の外表面で太陽放射を受け取る量の変化は、平均値1.366ワット毎平方メートル (W/m2) に比してごく僅かである。 長期間の直接計測による変化記録 (衛星観測) は存在しない。また代理変数として解釈可能な変化も近年の議論の結果、現在から2000年前まで0.1パーセント前後の幅でしかないことが判明したものの、その一方で、他の痕跡により1675年から2000年までに放射照度が0.2パーセント増加したという。太陽の活動変化と火山活動が組み合わさる効果は、マウンダー極小期のように気候変動に顕著な影響を及ぼす。 2006年、太陽活動に関する研究と、現存する研究書と出版物のレビューがネイチャーに掲載された。この報告書は「1970年代の半ばから、太陽の輝度について純増が見られず、太陽の熱出力の変化が過去400年に渡って地球温暖化に対する影響を殆ど与えていない」というものであった。しかしながら、同じ報告書の著者たちは「太陽の輝度を別にしては、宇宙線や太陽紫外線の与える気候への微妙な影響を語ることは出来ない。研究者たちにとって、これらの影響については、物理モデルの開発が未だ貧弱なために、確証を得るには至っていない。」と述べている。.

91 関係: ACRIMSAT天体望遠鏡天文学者太陽太陽定数太陽嵐太陽風太陽黒点太陽活動周期太陽放射完新世完新世の気候最温暖期宇宙線小氷期中世の温暖期年輪年代学仮説地球の大気地球照地球温暖化ペルム紀ミランコビッチ・サイクルマックス・プランク研究所マウンダー極小期チャールズ・アボットチリネイチャーハーバード大学ハーバード・スミソニアン天体物理学センターハインリッヒ・シュワーベラドンワットヘリオポーズヘクトパスカルプリンストン大学フィンランドダルトン極小期ダンスガード・オシュガーサイクル周期関数アルベドウィリアム・ハーシェルウィルソン山天文台ウォルフ黒点相対数オーロラオゾンカラマコロナ質量放出シミュレーションシュペーラー極小期ジョージ・ヘール...ジョセフ・ヘンリースペンサー・ワートスミソニアン天体物理観測所スベンスマルク効果ソーラーマックスサミュエル・ラングレーサーモパイル全球気候モデル磁場磁気圏磁気嵐章動米国科学アカデミー紀要米国物理学協会紫外線環境放射線炭素14生物圏白斑銀河宇宙線陽子IPCCSOHO (探査機)SSN歳差氷河時代気候気候変動気象成層圏突然昇温日射計日射量日傘効果放射強制力放射照度1128年1610年2003年2006年3月19日5月6日 インデックスを展開 (41 もっと) »

ACRIMSAT

ACRIMSAT ACRIMSAT(Active Cavity Radiometer Irradiance Monitor Satellite)は、アメリカ航空宇宙局の地球観測システムの21個の人工衛星のうちの1つである。1999年12月20日にヴァンデンバーグ空軍基地からアリラン1号とともにトーラスロケットで打ち上げられ、高軌道傾斜角の700kmの太陽同期軌道に投入された。この軌道から、ACRIM3はをモニターした。 ACRIM3は、2000年4月にミッションが始まって以来、太陽光の放射量観測を行い、以前のNASAのソーラーマックス(ACRIM1、1980年-1989年)、UARS(ACRIM2、1991年-2001年)が作り始めた太陽光測定データベースを拡充した。 実験の責任者でを率いていたのはであった。ウィルソンは、太陽定数モニタを設計した。ACRIM3による観測はウィルソンとJPL/ACRIMSATのプロジェクトマネージャーであるロナルド・ゼノン、ACRIM3 Instrument Scientistのロジャー・ヘリゾンの共同で行われた。ミッションは、ジェット推進研究所のテーブル山天文台に設置されたACRIMSAT追跡ステーションによって制御された。 ACRIMSAT(国際衛星識別符号 1999-070B)は、スピン安定性の単一目的衛星であり、オービタル・サイエンシズが製造した。打上げや地上局、11年間の運営も含めた総額は、3000万ドル未満であり、NASAの「より良くより速くより安く」という標語の良い事例となっている。 ACRIMSAT/ACRIM3は、2004年の金星の太陽面通過の間の太陽からの総放射量を追跡しており、惑星の影による0.1%の太陽強度の減少を観測した。また、2012年の金星の太陽面通過のデータも記録した。.

新しい!!: 太陽変動とACRIMSAT · 続きを見る »

天体望遠鏡

すばる望遠鏡 三鷹の65cm屈折望遠鏡 天体望遠鏡(てんたい ぼうえんきょう)とは、天体を観察するための装置である。個人で購入・使用できる小型光学望遠鏡から、後述のような大学・研究機関、国家、国際組織が設置・運用する大型施設まで能力や機能は多様である。 光を観測する光学望遠鏡のほか、電波望遠鏡、X線望遠鏡など、光以外の電磁波を観測対象にしたものもある。.

新しい!!: 太陽変動と天体望遠鏡 · 続きを見る »

天文学者

リレオ・ガリレイはしばしば近代天文学の父と呼ばれる。 天文学者(てんもんがくしゃ)とは、惑星、恒星、銀河等の天体を研究する科学者である。 歴史的に、astronomy では天空で起きる現象の分類や記述に重点を置き、astroplane ではこれらの現象の説明やそれらの間の差異を物理法則を使って説明することを試みてきた。今日では、2つの差はほとんどなくなっている。プロの天文学者は高い教育を受け、通常物理学か天文学の博士号を持っており、研究所や大学に雇用されている。多くの時間を研究に費やすが、教育、施設の建設、天文台の運営の補助等にも携わっている。アメリカ合衆国のプロの天文学者の数は少なく、北米最大の天文学者の組織であるアメリカ天文学会には7,700人が所属している。天文学者の数の中には、物理学、地学、工学等の別の分野出身で天文学に関心を持ち、深く関わっているの者も含まれている。国際天文学連合には、博士課程以上の学生を含めて89カ国から9259人が所属している。 世界中のプロの天文学者の数は小さな町の人口にも満たないが、アマチュア天文学者のコミュニティは数多くある。多くの市に、定期的に会合を開催しているアマチュア天文学者のクラブがある。太平洋天文協会は、70カ国以上からプロやアマチュアの天文学者、教育者が参加する世界最大の組織である。他の趣味と同様に、自身をアマチュア天文学者だと考える多くの人々は、月に数時間を天体観測や最新の研究成果を読むことに費やす。しかし、アマチュアは、いわゆる「アームチェア天文学者」と呼ばれる人々から、自身の天体望遠鏡を所持して野望を持ち、新しい発見をしたりプロの天文学者の研究を助けたりする者まで、幅広く存在する。.

新しい!!: 太陽変動と天文学者 · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む地球を含む太陽系の物理的中心尾崎、第2章太陽と太陽系、pp. 9–10であり、太陽系の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体に重力の影響を与えるニュートン (別2009)、2章 太陽と地球、そして月、pp. 30–31 太陽とは何か。 太陽は属している銀河系の中ではありふれた主系列星の一つで、スペクトル型はG2V(金色)である。推測年齢は約46億年で、中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと考えられている尾崎、第2章太陽と太陽系、2.1太陽 2.1.1太陽の概観 pp. 10–11。 また、太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 太陽変動と太陽 · 続きを見る »

太陽定数

衛星観測された1979年から2005年にかけての太陽定数の周期変化。 太陽定数(たいようていすう)とは、地球大気表面の単位面積に垂直に入射する太陽の仕事率(単位時間当たりのエネルギー量)のことであり、約1366W/m2に当たる。右図は人工衛星を使って観測した太陽定数の時間的な変化のデータで、周期的に変化しているが、その変化量は0.1%程度であり定数として扱われてきた。太陽の放出するエネルギーの指標であり、太陽黒点の活動の変化などでも太陽定数は変化する。太陽定数は周期的にわずかに変動している。ただしその変動の大きさは0.1%程度であり、平均気温への影響量も0.1℃程度と見られている。ただし、46億年前の太陽系及び地球誕生時には太陽の放射仕事率は現在の70%程度だったと考えられており、数億年単位の長期的には太陽定数は徐々に増大してきた。.

新しい!!: 太陽変動と太陽定数 · 続きを見る »

太陽嵐

太陽嵐(たいようあらし、)とは、太陽で非常に大規模な太陽フレアが発生した際に太陽風が爆発的に放出され、それに含まれる電磁波・粒子線・粒子などが、地球上や地球近傍の人工衛星等に甚大な被害をもたらす現象である。 太陽は、太陽黒点数の変化周期である約11年のほか、約200 - 300年などのいくつかの活動周期を持つと言われている。最も顕著なのは11年周期であり、およそ11年ごとに、活動が活発な極大期とそうでない極小期とを繰り返す。極大期には、人工衛星に搭載される電子機器などに被害をもたらすような強い太陽フレアが発生することがある。また、強い磁場、高密度のプラズマを伴った太陽風が磁気圏に衝突することで、強い電気エネルギーが磁気圏内に生成され、それが原因となって短波通信障害や地上の電力施設などにも被害をもたらすことがある。太陽活動に関する研究が発展した近年、大規模な太陽フレアによって上記のような様々な影響がもたらされることが考えられるようになり、「太陽嵐」と呼ばれている。 なお、一般的な用法として太陽フレア全般のことを太陽嵐と呼称する場合もあるが、ここでは主に大きな被害が懸念される格段に強い太陽フレアについて記述する。.

新しい!!: 太陽変動と太陽嵐 · 続きを見る »

太陽風

太陽風(たいようふう、Solar wind)は、太陽から吹き出す極めて高温で電離した粒子(プラズマ)のことである。これと同様の現象はほとんどの恒星に見られ、「恒星風」と呼ばれる。なお、太陽風の荷電粒子が存在する領域は太陽圏と呼ばれ、それと恒星間領域の境界はヘリオポーズと呼ばれる。.

新しい!!: 太陽変動と太陽風 · 続きを見る »

太陽黒点

2004年に現れた太陽黒点 太陽黒点(たいようこくてん、sunspot)とは、太陽表面を観測した時に黒い点のように見える部分のこと。単に黒点とも呼ぶ。実際には完全な黒ではなく、この部分も光を放っているが、周囲よりも弱い光なので黒く見える。太陽黒点は、約9.5年から12年ほどの周期で増減を繰り返している。 黒点が暗いのは、その温度が約4,000℃と普通の太陽表面(光球)温度(約6,000℃)に比べて低いためである。発生原因は太陽の磁場であると考えられている。 黒点は太陽の自転とともに東から西へ移動する。大きな黒点群の中には太陽の裏側を回って再び地球から見える側に出てきても消えていない、1ヶ月ほど存在する寿命の長いものがある。(太陽の東西という言葉は地球から観測した場合の地球上での方位を指す。その天体に立った場合の方位ではない).

新しい!!: 太陽変動と太陽黒点 · 続きを見る »

太陽活動周期

400年間の太陽黒点の歴史 現在の第24太陽周期の予測では、2013年9月に約66個で極大を迎えるとされたが、2011年末に強いピークがあったため、2012年2月に既に黒点の数は67個に達し、少なくとも公式な最大値となっている。この数は、第14太陽周期の1906年2月に最大値64.2個だった時以来の少なさである。 太陽活動周期(たいようかつどうしゅうき、Solar cycle)は、太陽の活動(太陽放射のレベルや物質の放出等)や見かけ(太陽黒点の数やフレア等)の周期的な変化である。約11年周期となる。太陽の見かけの変化やオーロラの変化として、数百年に渡って観測されてきた。 太陽の変化は、太陽から地球に達する放射の量を周期的に変化させ、宇宙天気、地球の天気や気候等の変化を引き起こす。 非周期的変動とともに、太陽変動の1つである。 太陽の磁場の進化 内部の太陽流によって誘導される磁気流体力学的ダイナモ作用によって、太陽活動周期は以下の役割を担う。.

新しい!!: 太陽変動と太陽活動周期 · 続きを見る »

太陽放射

太陽放射(たいようほうしゃ)とは、太陽が出す放射エネルギーのこと。日射とも呼ばれる。特に電磁波の放射を指すことが多い。太陽放射のスペクトルから、太陽の黒体放射温度は約5800 Kと見積もられる。太陽放射の約半分は電磁スペクトルでいう可視光線であり、残り半分は赤外線や紫外線が占める。光とも呼ばれるこれら3つの電磁波が太陽放射の大部分を占めるため、太陽放射により放出される電磁波のことを太陽光とも言う。 太陽放射は主に、日射計や日照計で観測・測定される。.

新しい!!: 太陽変動と太陽放射 · 続きを見る »

完新世

完新世(かんしんせい、Holocene)は地質時代区分(世)のうちで最も新しい時代である。第四紀の第二の世であると同時に、現代を含む。かつての沖積世(Alluvium)沖積世の名は、地質学に時期区分が導入された17世紀のヨーロッパでこの時代の地層がノアの洪水以降に生成されたと信じられたことによる。現在では神話に結びつけることは望ましくないことと、より厳密な定義が必要とされたことにより、この区分名は使われなくなった。とはほぼ同義である。 最終氷期が終わる約1万年前から現在まで(近未来も含む)を指し、その境界は、大陸ヨーロッパにおける氷床の消滅をもって定義された。現在は、グリーンランド中央部から採取された氷床コアの研究に基づき、GSSPによってその下限が定義され、0.011784Ma (1万1,784年前)以降の時代を指すとされている。.

新しい!!: 太陽変動と完新世 · 続きを見る »

完新世の気候最温暖期

完新世の気候最温暖期(かんしんせいのきこうさいおんだんき)は、およそ7,000年前から5,000年前の間の完新世で最も温暖であった時期を指す。他にヒプシサーマル(hypsithermal)、気候最適期、最暖期、気候最良期、最温暖期、最適気候、クライマティック・オプティマム(climatic optimum)とも呼ばれている。温暖な状態が続いた後は2,000年前位までにかけて徐々に気温が低下していった。.

新しい!!: 太陽変動と完新世の気候最温暖期 · 続きを見る »

宇宙線

宇宙線(うちゅうせん、Cosmic ray)は、宇宙空間を飛び交う高エネルギーの放射線のことである名越 2011 p.3。主な成分は陽子であり、アルファ粒子、リチウム、ベリリウム、ホウ素、鉄などの原子核が含まれている。地球にも常時飛来している。.

新しい!!: 太陽変動と宇宙線 · 続きを見る »

小氷期

小氷期(しょうひょうき、英:Little Ice Age, LIA)とは、ほぼ14世紀半ばから19世紀半ばにかけて続いた寒冷な期間のことである。小氷河時代、ミニ氷河期ともいう。この気候の寒冷化により、「中世の温暖期」として知られる温和な時代は終止符を打たれた。当初、小氷期は全球的な現象だったと考えられていたが現在はその規模に疑問の声が投げかけられている。例えば、過去1,000年間の北半球の気温の推定値は明白な寒冷期を示してはいない。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、小氷期を「期間中の気温低下が1℃未満に留まる、北半球における弱冷期」と記述している。なお、氷河学的にはこの間や現在なども含めて氷期の中でも比較的温暖な時期が続く、間氷期にあたる。.

新しい!!: 太陽変動と小氷期 · 続きを見る »

中世の温暖期

過去2000年の温度。複数のデータを同時に表示したもの。(中世の温暖期.

新しい!!: 太陽変動と中世の温暖期 · 続きを見る »

年輪年代学

年輪年代学(ねんりんねんだいがく、英語:dendrochronology)とは、樹木の年輪パターンを分析することによって、年代を科学的に決定する方法である。アリゾナ大学のA・E・ダグラスによって、20世紀に発明・発展された。本法を適用することで樹木の年代は正確に暦年単位で決定することができる。.

新しい!!: 太陽変動と年輪年代学 · 続きを見る »

仮説

仮説(かせつ、hypothesis)とは、真偽はともかくとして、何らかの現象や法則性を説明するのに役立つ命題のこと。.

新しい!!: 太陽変動と仮説 · 続きを見る »

地球の大気

上空から見た地球の大気の層と雲 国際宇宙ステーション(ISS)から見た日没時の地球の大気。対流圏は夕焼けのため黄色やオレンジ色に見えるが、高度とともに青色に近くなり、さらに上では黒色に近くなっていく。 MODISで可視化した地球と大気の衛星映像 大気の各層の模式図(縮尺は正しくない) 地球の大気(ちきゅうのたいき、)とは、地球の表面を層状に覆っている気体のことYahoo! Japan辞書(大辞泉) 。地球科学の諸分野で「地表を覆う気体」としての大気を扱う場合は「大気」と呼ぶが、一般的に「身近に存在する大気」や「一定量の大気のまとまり」等としての大気を扱う場合は「空気()」と呼ぶ。 大気が存在する範囲を大気圏(たいきけん)Yahoo! Japan辞書(大辞泉) 、その外側を宇宙空間という。大気圏と宇宙空間との境界は、何を基準に考えるかによって幅があるが、便宜的に地表から概ね500km以下が地球大気圏であるとされる。.

新しい!!: 太陽変動と地球の大気 · 続きを見る »

地球照

地球照(ちきゅうしょう、英語:earthshine)とは、月の欠けて暗くなっている部分が、地球に照らされて、うっすらと見える現象である。.

新しい!!: 太陽変動と地球照 · 続きを見る »

地球温暖化

1940年–1980年の平均値に対する1999年から2008年の地表面の平均気温の変化 1990年–2010 年9月22日年の平均値に対する2070年から2100年の地表面の平均気温変化量の予測 地球温暖化(ちきゅうおんだんか、Global warming)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言われている。.

新しい!!: 太陽変動と地球温暖化 · 続きを見る »

ペルム紀

ペルム紀(ペルムき、Permian period)は、今から約2億9,900万年前から約2億5,100万年前までを指す地質時代である。ただし開始と終了の時期はそれぞれ数百万年の誤差がある。以前はドイツの地層(上下二分される)名から二畳紀(にじょうき)と呼ばれることが多かったが、近年はペルム紀と呼ばれることが多い。石炭紀の後、三畳紀(トリアス紀)の前の紀である。また、古生代の最後の紀であり、ペルム紀が終わると中生代となる。ペルム紀という名前は、ロシアのペルミという都市から名付けられた。.

新しい!!: 太陽変動とペルム紀 · 続きを見る »

ミランコビッチ・サイクル

'''ミランコビッチ・サイクルを決定付ける変化要素とその結果'''現在から100万年前までの情報。上から3つの要素は日射量を決定づける要因である。歳差運動(Precession)の周期は3つあり、それぞれ1万9000年、2万2000年、2万4000年である。自転軸の傾斜角(Obliquity)の変化は周期4万1000年。公転軌道の離心率(Eccentricity)変化は周期9万5000年、12万5000年、40万年。この結果、北緯65度における日射量は複雑な変化を示すことが計算できる。氷床規模の変化は日射量の変化と相関が良いように見える。 '''地球の自転軸の傾きの変化'''現在の値は23.4度であるが、22.1度から24.5度の間を変化する。周期は4万1000年 コマの首振り運動と同じ挙動を示す。周期は約2万5800年 '''地球の公転軌道'''実際の離心率とは異なり、楕円であることを極端に強調している ミランコビッチ・サイクル(Milankovitch cycle)とは、地球の公転軌道の離心率の周期的変化、自転軸の傾きの周期的変化、自転軸の歳差運動という3つの要因により、日射量が変動する周期である。1920 - 1930年代に、セルビアの地球物理学者ミルティン・ミランコビッチ(Milutin Milanković)は、地球の離心率の周期的変化、地軸の傾きの周期的変化、自転軸の歳差運動の三つの要素が地球の気候に影響を与えると仮説をたて、実際に地球に入射する日射量の緯度分布と季節変化について当時得られる最高精度の公転軌道変化の理論を用いて非常に正確な日射量長周期変化を計算し、間もなくして放射性同位体を用いた海水温の調査で、その仮説を裏付けた。.

新しい!!: 太陽変動とミランコビッチ・サイクル · 続きを見る »

マックス・プランク研究所

マックス・プランク研究所(マックス・プランクけんきゅうしょ)は、マックス・プランク学術振興協会(e.(マックス‐プランク‐ゲゼルシャフト・ツア・フェルデルング・デア・ヴィッセンシャフテン・エーファオ)、略称:MPG(エムペーゲー))が運営する、ドイツを代表する学術研究機関の日本語における総称である。MPGが運営する各研究機関は、ドイツ語では「Max-Planck-Institut für ○○」(○○は研究分野)のように名づけられており、日本語では「マックス・プランク○○研究所」と訳している。MPGが運営する研究機関は、2006年5月現在で78に上る。.

新しい!!: 太陽変動とマックス・プランク研究所 · 続きを見る »

マウンダー極小期

太陽黒点数の400年間の歴史におけるマウンダー極小期 炭素14生成量の変遷から描かれる過去の太陽活動 マウンダー極小期(マウンダーきょくしょうき、Maunder Minimum)とはおおよそ1645年から1715年の太陽黒点数が著しく減少した期間の名称で、太陽天文学の研究者で黒点現象の消失について過去の記録を研究したエドワード・マウンダーの名前にちなむ。 マウンダー極小期中の30年間に、観測された黒点数は、たった約50を数えるだけであった。通常であれば4万~5万個程度が観測によって数えられるであろう期間である。.

新しい!!: 太陽変動とマウンダー極小期 · 続きを見る »

チャールズ・アボット

チャールズ・グリーリー・アボット(Charles Greeley Abbot、1872年5月31日 - 1973年12月17日)は、アメリカ合衆国の天文学者である。太陽放射の研究を行い、太陽定数の測定精度を高めた。スミソニアン協会の第5代会長を務めた。 ニューハンプシャー州のウィルトンに生まれた。マサチューセッツ工科大学で物理化学を学んだ後、天文学の経験はなかったが実験の技術をかわれ1895年にサミュエル・ラングレーの助手となった。ラングレーが航空の分野で活動を始めると太陽観測の責任者となり、1906年にラングレーが没するとスミソニアン天文台の所長となり、チャールズ・ウォルコットが没した1928年から1944年までスミソニアン協会の会長を務めた。 会長時代にはライト兄弟の弟オーヴィル・ライトと面談し、ライトフライヤー号をアメリカに戻すよう要請した。その後オーヴィルは要請を受け入れ、1948年12月17日にワシントン国立博物館でライトフライヤー号の展示が始められた。 太陽放射の研究を行い、1909年に放射計を開発し太陽定数の測定精度を高めた。 1910年にヘンリー・ドレイパー・メダル、1915年に米国芸術科学アカデミーからランフォード賞を受賞した。.

新しい!!: 太陽変動とチャールズ・アボット · 続きを見る »

チリ

チリ共和国(チリきょうわこく、República de Chile)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ。 1818年にスペインより独立した。アルゼンチンと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の大部分がコーノ・スールの域内に収まる。太平洋上に浮かぶフアン・フェルナンデス諸島や、サン・フェリクス島、サン・アンブロシオ島及びポリネシアのサラ・イ・ゴメス島、パスクア島(イースター島)などの離島も領有しており、さらにアルゼンチンやイギリスと同様に「チリ領南極」として125万平方キロメートルにも及ぶ南極の領有権を主張している。.

新しい!!: 太陽変動とチリ · 続きを見る »

ネイチャー

『ネイチャー』()は、1869年11月4日、イギリスで天文学者ノーマン・ロッキャーによって創刊された総合学術雑誌である。 世界で特に権威のある学術雑誌のひとつと評価されており、主要な読者は世界中の研究者である。雑誌の記事の多くは学術論文が占め、他に解説記事、ニュース、コラムなどが掲載されている。記事の編集は、イギリスの Nature Publishing Group (NPG) によって行われている。NPGからは、関連誌として他に『ネイチャー ジェネティクス』や『ネイチャー マテリアルズ』など十数誌を発行し、いずれも高いインパクトファクターを持つ。.

新しい!!: 太陽変動とネイチャー · 続きを見る »

ハーバード大学

ハーバード大学(英語: Harvard University)は、アメリカ合衆国の研究型私立大学であり、アイビー・リーグの一校。イギリス植民地時代の1636年に設置された、アメリカ合衆国内において、最も学術的起源の古い高等教育機関である。.

新しい!!: 太陽変動とハーバード大学 · 続きを見る »

ハーバード・スミソニアン天体物理学センター

CfA外観 ハーバード・スミソニアン天体物理学センター( - てんたいぶつりがく - 、CfA; Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)は、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに位置する天文学・宇宙物理学に関する研究所である。 ハーバード大学天文台とスミソニアン天体物理観測所によって構成されている。この両者は長期にわたって協力関係を持っていたが、1955年により効率的な運営と研究の推進を行うためにスミソニアン天体物理観測所が本部をケンブリッジに移した。1973年に正式に共同運営を開始し、現在のCfAが誕生した。 小惑星(10234)シクスティガーデンは、研究所の住所である 60 Garden Street にちなんで名づけられた。.

新しい!!: 太陽変動とハーバード・スミソニアン天体物理学センター · 続きを見る »

ハインリッヒ・シュワーベ

ハインリッヒ・シュワーベ ハインリッヒ・シュワーベ(Samuel Heinrich Schwabe、1789年10月25日 - 1875年4月11日)は、ドイツの天文学者である。太陽黒点が約11年の周期で増減すること(太陽活動周期)を発見したことで知られる。.

新しい!!: 太陽変動とハインリッヒ・シュワーベ · 続きを見る »

ラドン

ラドン(radon)は、原子番号86の元素。元素記号は Rn。.

新しい!!: 太陽変動とラドン · 続きを見る »

ワット

ワット(watt, 記号: W)とは仕事率や電力、工率、放射束、をあらわすSIの単位(SI組立単位)であるJIS Z 8203:2000 国際単位系 (SI) 及びその使い方。.

新しい!!: 太陽変動とワット · 続きを見る »

ヘリオポーズ

ヘリオポーズとボイジャー1号・2号の位置(2005年5月時点) ヘリオポーズ(Heliopause)とは、太陽から放出された太陽風が星間物質や銀河系の磁場と衝突して完全に混ざり合う境界面のこと。太陽風の届く範囲を太陽圏(たいようけん、または太陽系圏(たいようけいけん)、ヘリオスフィア(Heliosphere)など)と呼ぶが、その外側の宇宙空間である局所恒星間雲との境目を表す用語である。.

新しい!!: 太陽変動とヘリオポーズ · 続きを見る »

ヘクトパスカル

ヘクトパスカル (hectopascal、hPa) は、国際単位系 (SI) 上の圧力の単位(SI組立単位)である。ヘクトが100倍を表すSI接頭辞であるから、1ヘクトパスカルは100パスカルである。主として気象関係で使われているが、その他の分野で用いられることはまずない。.

新しい!!: 太陽変動とヘクトパスカル · 続きを見る »

プリンストン大学

プリンストン大学(英語: Princeton University)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州プリンストンに本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。1746年に設置された。 学生数は学部生約4800名、大学院生約2000名である。アイビー・リーグ(Ivy League)の大学8校のうちの1校であることや、2名の大統領を輩出していること、アメリカ全土で8番目に古いことなどで有名な大学である。41人のノーベル賞受賞者、14人のフィールズ賞受賞者、5人のアーベル賞受賞者、10人のチューリング賞受賞者、209人のローズ奨学生、126人のを輩出している。2016年度の受験サイクルでは全受験者の6.5%が入学を許可された。.

新しい!!: 太陽変動とプリンストン大学 · 続きを見る »

フィンランド

フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、Suomen tasavalta、Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。 首都ヘルシンキは露仏同盟以来、ロシアの主要都市であるサンクトペテルブルク方面へ西側諸国が投資や往来をするための前線基地となってきた。同じく直近の旧領ヴィボルグはサイマー運河の出口であったが、現在はロシア領で、ノルド・ストリームの経由地となっている。ロシアと欧州諸国の間にある地政学的な重要性から、勢力争いの舞台や戦場にも度々なってきた。 中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処分場は2020年に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。情報産業も政治と関係しており、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めている。 人口や経済規模は小さいが、一人当たりGDPなどを見ると豊かで自由な民主主義国として知られている。フィンランドはOECDレビューにおいて「世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つである」と2014年には報告された。フィンランドは収入、雇用と所得、住居、ワークライフバランス、保健状態、教育と技能、社会的結びつき、市民契約、環境の質、個人の安全、主観的幸福の各評価において、すべての点でOECD加盟国平均を上回っている。.

新しい!!: 太陽変動とフィンランド · 続きを見る »

ダルトン極小期

400年間の黒点の数 ダルトン極小期(Dalton Minimum)は、1790年から1830年まで続いた、太陽活動が低かった期間である。イギリスの気象学者ジョン・ドルトンに因んで名付けられた。マウンダー極小期やシュペーラー極小期と同様に、ダルトン極小期は、地球の気温が平均より低かった時期と一致している。この期間、気温の変動は約1℃であった。 この期間に気温が平均よりも低かった正確な原因は分かっていない。最近の論文では、火山活動の上昇が気温の低下傾向の大きな原因の1つとなったと主張されている。 1816年の夏のない年は、ダルトン極小期の間に起こり、この年の気温低下の主原因は、インドネシアのタンボラ山の大爆発であった。.

新しい!!: 太陽変動とダルトン極小期 · 続きを見る »

ダンスガード・オシュガーサイクル

過去13万年の気候変動 ダンスガード・オシュガー・サイクル(Dansgaard-Oeschger cycle)は、最終氷期に1500年から3000年のスケールで起こった急激な気候変動の循環である。数十年間で10℃という急激な温暖化を迎えたかと思うと穏やかな寒冷化を迎え、そして再び急激に温暖化するという循環を最近6万年弱の間に25回程度も起こしている。これは、1980 - 90年代、ウィリ・ダンスガード(Willi Dansgaard)とハンス・オシュガー(Hans Oeschger)による氷床コアの研究により発見された。(南極などの氷床コアから当時の気温を知ることが出来る。酸素の同位体も参照。) 原因は未だに不明だが、ミランコビッチサイクルのような地球と太陽との位置関係による気候変動はその周期が長く、数十年間で10℃という急激な気候の変化は説明出来ず、地球内部の動きにその説明を求めるのが学会の主流である。.

新しい!!: 太陽変動とダンスガード・オシュガーサイクル · 続きを見る »

周期関数

数学における周期関数(しゅうきかんすう、periodic function)は、一定の間隔あるいは周期ごとに取る値が繰り返す関数を言う。最も重要な例として、 ラジアンの間隔で値の繰り返す三角関数を挙げることができる。周期関数は振動や波動などの周期性を示す現象を記述するものとして自然科学の各分野において利用される。周期的でない任意の関数は非周期的(ひしゅうきてき、aperiodic)であるという。.

新しい!!: 太陽変動と周期関数 · 続きを見る »

アルベド

アルベド(albedo)とは、天体の外部からの入射光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。 0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。.

新しい!!: 太陽変動とアルベド · 続きを見る »

ウィリアム・ハーシェル

ー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 - 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる。.

新しい!!: 太陽変動とウィリアム・ハーシェル · 続きを見る »

ウィルソン山天文台

ウィルソン山天文台(ウィルソンさんてんもんだい、Mount Wilson Observatory, MWO)は、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス郡にある天文台である。ウィルソン山天文台はロサンゼルスの北東、パサデナ郊外のサン・ガブリエル山系にある標高1,742mのウィルソン山頂に置かれている。 ウィルソン山は北アメリカの中では最も大気が安定した場所の一つで、天体観測、特に干渉法観測を行なうのに理想的な環境である。ロサンゼルス周辺のいわゆるグレイター・ロサンゼルス地域の人口増加によって、この天文台で深宇宙観測を行う能力は限られてきたが、依然としてこの天文台は新旧の観測装置を用いて多くの科学研究成果を挙げている。 ウィルソン山天文台の初代所長はジョージ・エレリー・ヘールで、彼はヤーキス天文台から40インチ(1m)望遠鏡を移設した。完成当初はウィルソン山太陽観測所 (Mount Wilson Solar Observatory) と呼ばれ、天文台創設の2年後の1904年にワシントン・カーネギー協会から出資を受けた。以来この財団が現在でも天文台の主要な援助団体となっている。.

新しい!!: 太陽変動とウィルソン山天文台 · 続きを見る »

ウォルフ黒点相対数

ウォルフ黒点相対数 (ウォルフこくてんそうたいすう、) または国際月平均黒点数、相対黒点数、ウォルフ数は、太陽表面に存在する黒点と黒点群の総量を計測、数値化したものである。 黒点数の数量化の方法を最初に考案したのは、スイス、チューリヒの天文学者ルドルフ・ウォルフで1849年のことだった。この数に対して彼の名前、または活動地の名前が付けられることになった。 彼が提唱した、太陽黒点の組み合わせと組織的分類は、観測の際に見いだされる、小さな差異を埋め合わせるのに役立っている。 この数は、300年間に渡る太陽研究者の結果を収集作表(チューリッヒ分類)することによって求められた。その結果、太陽活動が周期性、約9.5~11年毎に(註:国際天文連合黒点眼視観測中央局の最近の300年間分のデータを高速フーリエ変換によって解析した結果から、平均10.4883年周期に)極大が訪れていることが判明した。 この周期については1843年にハインリッヒ・シュワーベが初めて記述している。.

新しい!!: 太陽変動とウォルフ黒点相対数 · 続きを見る »

オーロラ

アラスカのオーロラ 第28次長期滞在のクルーが国際宇宙ステーションから撮ったオーロラの映像。撮影時刻はグリニッジ標準時で2011年9月7日17時38分03秒から17時49分15秒。場所はインド洋南部のフランス領南方・南極地域から南オーストラリア上空にかけて。 オーロラ()は、天体の極域近辺に見られる大気の発光現象である。極光(きょっこう)ともいう神沼 (2009)、141頁。。以下本項では特に断らないかぎり、地球のオーロラについて述べる。 女神の名に由来するオーロラは古代から古文書や伝承に残されており、日本でも観測されている。近代に入ってからは両極の探検家がその存在を広く知らしめた。オーロラの研究は電磁気学の発展とともに進歩した。発生原理は、太陽風のプラズマが地球の磁力線に沿って高速で降下し大気の酸素原子や窒素原子を励起することによって発光すると考えられているが、その詳細にはいまだ不明な点が多い。光(可視光)以外にも各種電磁波や電流と磁場、熱などが出る。音(可聴音)を発しているかどうかには議論がある。両極点の近傍ではむしろ見られず、オーロラ帯という楕円上の地域で見られやすい。南極と北極で形や光が似通う性質があり、これを共役性という。地球以外の惑星でも地磁気と大気があれば出現する。さらに状況さえ再現すれば、人工的にオーロラを出すこともできる。.

新しい!!: 太陽変動とオーロラ · 続きを見る »

オゾン

ゾン(ozone)は、3つの酸素原子からなる酸素の同素体である。分子式はO3で、折れ線型の構造を持つ。腐食性が高く、生臭く特徴的な刺激臭を持つ有毒な気体である。大気中にとても低い濃度で存在している。.

新しい!!: 太陽変動とオゾン · 続きを見る »

カラマ

ラマ(Calama)は、チリ北部、アタカマ砂漠にある市。世界最大の露天掘りの銅山であるチュキカマタ銅山のベッドタウンである。 今まで一滴も雨の観測はされていない。.

新しい!!: 太陽変動とカラマ · 続きを見る »

コロナ質量放出

ナ質量放出(コロナしつりょうほうしゅつ、Coronal mass ejection、CME)とは、太陽活動に伴い、太陽から惑星間空間内へ突発的にプラズマの塊が放出される現象。宇宙飛行士や飛行機パイロットの人体に与える影響も大きい。.

新しい!!: 太陽変動とコロナ質量放出 · 続きを見る »

シミュレーション

ミュレーション()は、何らかのシステムの挙動を、それとほぼ同じ法則に支配される他のシステムやコンピュータなどによって模擬すること広辞苑第6版。simulationには「模擬実験」や「模擬訓練」という意味もある。なお「シミュレイション」と表記することもまれにある。.

新しい!!: 太陽変動とシミュレーション · 続きを見る »

シュペーラー極小期

炭素14生成量の変遷から描かれる過去の太陽活動 シュペーラー極小期(-きょくしょうき、Spörer Minimum)とは1420年頃~1570年頃(1450年~1550年頃とも)にかけて、太陽活動が低下した時期のことを指す。太陽の活動低下は以前には太陽黒点の観測した記録によって見出されていたものであるが、後に木の年輪に含まれる放射性炭素14Cが太陽活動に強い相関関係があることによって発見された。この極小期の名前はドイツの天文学者グスタフ・シュペーラーに因んでつけられた。.

新しい!!: 太陽変動とシュペーラー極小期 · 続きを見る »

ジョージ・ヘール

George Ellery Hale (1905) ジョージ・ヘール(George Ellery Hale, 1868年6月29日- 1938年2月21日)は、アメリカ合衆国の天文学者である。太陽の観測にためのスペクトロヘリオグラフを発明し、太陽の磁場を発見した他、後に天文学の重要な発見を行うことになるヤーキス天文台・ウィルソン山天文台などの建設を主導した。.

新しい!!: 太陽変動とジョージ・ヘール · 続きを見る »

ジョセフ・ヘンリー

ョセフ・ヘンリー(Joseph Henry、1797年12月17日 - 1878年5月13日)はアメリカの物理学者。スミソニアン協会の初代会長として、米国の科学振興に尽くした。生前から高く評価されていた。イギリスのマイケル・ファラデーとほぼ同時期に電磁誘導(相互誘導)を発見したが、ファラデーの方が先に発表している。電磁石を研究する過程で自己誘導という電磁気の現象(コイルに逆起電力が生じること)を発見。電磁誘導(インダクタンス)のSI単位ヘンリーに、その名をとどめる。また継電器を発明し、サミュエル・モールスやチャールズ・ホイートストンが電信を発明する基礎を築いた。.

新しい!!: 太陽変動とジョセフ・ヘンリー · 続きを見る »

スペンサー・ワート

ペンサー・ワート スペンサー・R・ワート(Spencer R. Weart、1942年 - )は、アメリカ合衆国の科学史家。アメリカ物理学協会 (AIP) の物理学史センター (Center for History of Physics) で1974年から2009年の退官までセンター長を務めた。名前はウィアートとも表記される。.

新しい!!: 太陽変動とスペンサー・ワート · 続きを見る »

スミソニアン天体物理観測所

東京天文台三鷹観測所に設置されたベーカー・ナン・カメラ(現在は姫路科学館にて展示) スミソニアン天体物理観測所(スミソニアンてんたいぶつりかんそくしょ、SAO; Smithsonian Astrophysical Observatory)は、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置くスミソニアン協会の研究所である。 ハーバード大学天文台とともにハーバード・スミソニアン天体物理学センターを構成している。ハーバード・スミソニアン天体物理学センターには300名を超える研究者が所属しており、天文学、宇宙物理学、地球科学、科学教育など、幅広い研究分野で活動している。 スミソニアン天体物理観測所は1890年に当時のスミソニアン博物館館長サミュエル・ラングレーによって設立された。当初はワシントンD.C.に本部が置かれていたが、1955年にケンブリッジへ移動した。 1958年に人工衛星の追跡のために全世界に12台のベーカー=ナン カメラが設置された。その中の1台は東京天文台三鷹観測所に設置され、1968年に堂平観測所に移設された。.

新しい!!: 太陽変動とスミソニアン天体物理観測所 · 続きを見る »

スベンスマルク効果

ベンスマルク効果(スベンスマルクこうか)とは、宇宙空間から飛来する銀河宇宙線が地球の雲の形成を誘起しているという仮説である。気候変動への影響についても仮説に留まっており、主要な科学的報告において採用されておらず、影響があったとしても、その影響量は最大でも観測されている気温上昇量の数パーセント程度だとする考証もある。.

新しい!!: 太陽変動とスベンスマルク効果 · 続きを見る »

ソーラーマックス

ーラーマックス (SolarMax)は、太陽観測を目的とした人工衛星である。 正式名称は Solar Maximum Mission(SMM) 衛星。 太陽の活動周期の調査を目的として、NASAにより1980年2月14日に打ち上げられた。.

新しい!!: 太陽変動とソーラーマックス · 続きを見る »

サミュエル・ラングレー

ミュエル・P・ラングレー カタパルトから打ち出されたエアロドローム サミュエル・ラングレー(Samuel Langley、1834年8月22日 – 1906年2月27日)は、アメリカの天文学者、発明家で航空の先駆者の一人。スミソニアン博物館の3代目の事務局長でスミソニアン天体物理観測所の設立者であった。1903年に2回の飛行試験を試みたが成功しなかった。ボロメータの発明者でもある。ボストン・ラテン・スクールを卒業後、ハーバード大学天文台で助手を務め、海軍兵学校で数学の教鞭を取った。1867年、アレゲニィ天文台の所長に就任して、西ペンシルベニア大学(現ピッツバーグ大学)の天文学教授に就任した。1891年まで勤め、その間、1887年、3代目のスミソニアン博物館の館長に就任した。ラングレーはスミソニアン天体物理観測所の開設者でもあった。 1886年、太陽物理における業績を称えてヘンリー・ドレイパー・メダルを全米科学アカデミーより授与される。同じく1886年にランフォード・メダルを受賞している。1890年に出版されたピッツバーグのアレゲニィ天文台でのフランク・ワシントン・ヴェリーとの赤外線の共同観測における著作はスヴァンテ・アレニウスによって初の温室効果の計算に使用された。 ラングレーの飛行機の実験はゴム動力の模型とグライダーから始められた。回転装置を作って翼の研究を行った。軍から5万ドルの予算を得て有人飛行機の製作を試みた。1896年試作した無人の動力付の模型は2km以上を飛行した。有人飛行実験は、危険を小さくするためにポトマック川の水上で行なうことにした。1903年10月7日と12月8日の実験はカタパルトから射出する方法で行われたが、2回とも成功しなかった。技術的にはライト兄弟のもの(12馬力)より、重量あたりの出力の大きいエンジン(52馬力)を搭載していた。このエンジンはシリンダーを放射状に5本配置したもので、航空機用星型エンジンのはじまりとなった。2枚の主翼を前後に配置したタンデム翼の機体でピッチとヨーの制御はできたがロールの制御はできなかった。2回目の飛行ではカタパルトから打ち出された機体は反転して川に墜落した。機体の名前はエアロドロームという。 ライト兄弟がライトフライヤー号で初飛行に成功したのはそれから間もない1903年12月17日のことであった。しかし、直前のラングレーのこの失敗のため、兄弟の初飛行のニュースは報道機関から疑問視されてほぼ黙殺されてしまった。 1914年にライト兄弟と飛行機の特許で争っていたグレン・カーチスによってラングレーの飛行機が復元され、飛行したが裁判所はライト兄弟の特許を認めた。なお、この復元機は大幅な改良がなされていたことが後に発覚している。 ちなみにライト兄弟は飛行機の研究を進めていたときに、何度かラングレーに手紙を書いて教えを請うてもいる。.

新しい!!: 太陽変動とサミュエル・ラングレー · 続きを見る »

サーモパイル

ーモパイル(thermopile, 熱電堆)は熱エネルギーを電気エネルギーに変換する電気部品である。サーモパイルは複数の熱電対(thermocouple)を直列あるいは並列に接続したものである。 サーモパイルは絶対温度を測定するものではなく、局所的な温度差あるいは温度勾配に比例した電圧を出力するものである。サーモパイルは、医療分野で耳から体温を測定するために用いられている赤外放射温度計の主要部品である。また、熱流量計にも広く用いられている。.

新しい!!: 太陽変動とサーモパイル · 続きを見る »

全球気候モデル

全球気候モデル(ぜんきゅうきこう-、Global Climate Model, GCM)は、気候モデルのうち、大気・海洋・陸地・雪氷などの変化を考慮して、流体力学・力学・化学・物理学・生物学などの方程式を用いて地球の気候を再現し、気候の変化を表現する数理モデルを指す総称。全球モデル。どのモデルも大気循環、つまりおおまかな気象現象を再現することを目的としているため、大気循環モデル(たいきじゅんかん-、General Circulation Model, GCM、大気大循環モデルとも)と呼ばれる。 地球温暖化の影響予測や原因の推定などに用いられ、これがIPCCの報告書の根拠の1つにもなっており、温暖化問題がそうであるように、このモデルの結果がもたらす社会的影響は大きい。.

新しい!!: 太陽変動と全球気候モデル · 続きを見る »

磁場

磁場(じば、Magnetic field)は、電気的現象・磁気的現象を記述するための物理的概念である。工学分野では、磁界(じかい)ということもある。 単に磁場と言った場合は磁束密度Bもしくは、「磁場の強さ」Hのどちらかを指すものとして用いられるが、どちらを指しているのかは文脈により、また、どちらの解釈としても問題ない場合も多い。後述のとおりBとHは一定の関係にあるが、BとHの単位は国際単位系(SI)でそれぞれWb/m², A/m であり、次元も異なる独立した二つの物理量である。Hの単位はN/Wbで表すこともある。なお、CGS単位系における、磁場(の強さ)Hの単位は、Oeである。 この項では一般的な磁場の性質、及びHを扱うこととする。 磁場は、空間の各点で向きと大きさを持つ物理量(ベクトル場)であり、電場の時間的変化または電流によって形成される。磁場の大きさは、+1のN極が受ける力の大きさで表される。磁場を図示する場合、N極からS極向きに磁力線の矢印を描く。 小学校などの理科の授業では、砂鉄が磁石の周りを囲むように引きつけられる現象をもって、磁場の存在を教える。このことから、磁場の影響を受けるのは鉄だけであると思われがちだが、強力な磁場の中では、様々な物質が影響を受ける。最近では、磁場や電場(電磁場、電磁波)が生物に与える影響について関心が寄せられている。.

新しい!!: 太陽変動と磁場 · 続きを見る »

磁気圏

磁気圏(じきけん)とは、惑星、衛星などの天体の周辺にあり、電離気体(プラズマ)の運動が主としてその天体の固有磁場に支配されている領域である。.

新しい!!: 太陽変動と磁気圏 · 続きを見る »

磁気嵐

磁気嵐(じきあらし、)とは、地磁気が通常の状態から変化し、乱れが生じること。.

新しい!!: 太陽変動と磁気嵐 · 続きを見る »

章動

地球の自転(R)、歳差(P)、章動(N)の概念図 章動(しょうどう、)とは、物体の回転運動において、歳差運動をする回転軸の動きの短周期で微小な成分をさす。.

新しい!!: 太陽変動と章動 · 続きを見る »

米国科学アカデミー紀要

『米国科学アカデミー紀要』(英語:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America、略称:PNAS または Proc.

新しい!!: 太陽変動と米国科学アカデミー紀要 · 続きを見る »

米国物理学協会

米国物理学協会(べいこくぶつりがくきょうかい、英語:American Institute of Physics、略称:AIP)は、アメリカ合衆国の物理学系学会の連合組織であると共に、独自でも学術雑誌を発行しており、学会としての機能も有している。12.5万人のメンバーが所属しており、単独の物理系学会では世界最大のドイツ物理学会、その次の米国物理学会より規模が大きい。.

新しい!!: 太陽変動と米国物理学協会 · 続きを見る »

紫外線

紫外線(しがいせん、ultraviolet)とは、波長が10 - 400 nm、即ち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波である。.

新しい!!: 太陽変動と紫外線 · 続きを見る »

環境放射線

境放射線(かんきょうほうしゃせん、background radiation / environmental radiation)とは、生活環境中にある放射線を言う。.

新しい!!: 太陽変動と環境放射線 · 続きを見る »

炭素14

炭素14(たんそ14、Carbon-14、14C)は、炭素の放射性同位体。.

新しい!!: 太陽変動と炭素14 · 続きを見る »

生物圏

アクアマリン:高)>(茶色:低) 生物圏(せいぶつけん、)とは生物が存在する領域のこと。一般的には、生物が存在するその領域全体および含まれる構成要素(生物・非生物)の相互作用の総体を指す。より狭義の意味に用いて、その空間に含まれる生物(生物相・生物量・生物群集)のみを指すこともある。.

新しい!!: 太陽変動と生物圏 · 続きを見る »

白斑

白斑(はくはん)とは、太陽光球面に見られる白い模様。 太陽の縁に近い部分に、もやもやとした白い(明るい)模様として観測される。 黒点に対して白斑と呼ばれるが、黒点ほどはっきりとした構造ではない。 周期性もなく、常に存在する。 明るく見えるのは、周囲よりも温度が高いためであり、太陽に磁場が存在することの証拠の一つとされている。 はくはん.

新しい!!: 太陽変動と白斑 · 続きを見る »

銀河宇宙線

銀河宇宙線(英語:Galactic cosmic rays; GCR)とは、太陽系外を起源とする高エネルギー荷電粒子のことである。これは一次宇宙線であり、ほとんどが陽子によって構成されている。地球大気中においては、宇宙線による核破砕によって二次宇宙線を発生させる。.

新しい!!: 太陽変動と銀河宇宙線 · 続きを見る »

陽子

陽子(ようし、())とは、原子核を構成する粒子のうち、正の電荷をもつ粒子である。英語名のままプロトンと呼ばれることも多い。陽子は電荷+1、スピン1/2のフェルミ粒子である。記号 p で表される。 陽子とともに中性子によって原子核は構成され、これらは核子と総称される。水素(軽水素、H)の原子核は、1個の陽子のみから構成される。電子が離れてイオン化した水素イオン(H)は陽子そのものであるため、化学の領域では水素イオンをプロトンと呼ぶことが多い。 原子核物理学、素粒子物理学において、陽子はクォークが結びついた複合粒子であるハドロンに分類され、2個のアップクォークと1個のダウンクォークで構成されるバリオンである。ハドロンを分類するフレーバーは、バリオン数が1、ストレンジネスは0であり、アイソスピンは1/2、超電荷は1/2となる。バリオンの中では最も軽くて安定である。.

新しい!!: 太陽変動と陽子 · 続きを見る »

IPCC

IPCC.

新しい!!: 太陽変動とIPCC · 続きを見る »

SOHO (探査機)

アトラスロケット頭部に据え付けられるSOHO アトラスロケットで打ち上げられるSOHO SOHO(Solar and Heliospheric Observatory、太陽・太陽圏観測機)とは、欧州宇宙機関 (ESA) と、アメリカ航空宇宙局 (NASA) によって開発された、太陽観測機(observatory)である(探査機(probe)と呼ばれていることは少ない)。1995年12月2日に打上げられた。なお、NASAが太陽に関して「探査(機)」(probe)という表現を使っている宇宙機ないしミッションの例としては、Parker Solar Probe(パーカー・ソーラー・プローブ)がある。.

新しい!!: 太陽変動とSOHO (探査機) · 続きを見る »

SSN

SSN.

新しい!!: 太陽変動とSSN · 続きを見る »

歳差

歳差(さいさ、precession)または歳差運動(さいさうんどう)とは、自転している物体の回転軸が、円をえがくように振れる現象である。歳差運動の別称として首振り運動、みそすり運動、すりこぎ運動などの表現が用いられる場合がある。.

新しい!!: 太陽変動と歳差 · 続きを見る »

氷河時代

氷河時代(ひょうがじだい、ice age)は、地球の気候が寒冷化し、地表と大気の温度が長期にわたって低下する期間で、極地の大陸氷床や高山域の氷河群が存在し、または拡大する時代である。長期に及ぶ氷河時代のうち、律動する個々の寒冷な気候の期間は氷期と呼ばれ、氷期と氷期の間の断続的な温暖期は間氷期と呼ばれる。氷河学の専門用語では、「氷河時代」 (ice age) は北半球と南半球の両方において広大な氷床が存在することを示唆する。この定義によれば、我々は氷河時代の間氷期―完新世―の只中にいることになる。最後の氷河時代(第四紀氷河時代)は更新世が開始した約260万年前に始まり、それは今も、北極、そして南極大陸に氷床が存在していることからいえる。 なお、当項目の記述内容は、まだ立証が十分でない仮説であったり、論争が続いていたりするような内容を含む。.

新しい!!: 太陽変動と氷河時代 · 続きを見る »

気候

title.

新しい!!: 太陽変動と気候 · 続きを見る »

気候変動

南極ボストーク湖の氷床コアに記録された過去40万年間の気温、二酸化炭素濃度、ダスト量の変化。 気候変動(きこうへんどう、)は、様々な時間スケールにおける、気温、降水量、雲などの変化を指し示す用語として、広く用いられている。特に環境問題の文脈では、地球の表面温度が長期的に上昇する現象、すなわち地球温暖化とその影響を、包括的に気候変動とよぶことが多い。 気象学の用語としては本来、平年の平均的な気候が長期的な時間スケールで変化する現象は気候変化(climate change)と呼ばれる。気候変動(climatic variation)は、平年の平均的な気候からの偏差という意味で用いられ、気候変化とは区別される。 しかし近年では2つの用語を混ぜて利用したり、独自の定義に基づいて用語を使い分けたりする場合もある。例えば、国連のUNFCCC(気候変動枠組条約)ではclimate changeという用語が人為的な変化、climate variabilityが非人為的な変化にあてられているIPCC Technical Papers II and III, February 1997 。 また、IPCCにおいては同じclimate changeという用語が人為的・非人為的変化の両方をまとめて表記するために用いられ、日本語訳においては(「気候変動」を内包する言葉として)気候変化と表記されている。(IPCC第4次評価報告書#使われている表記も参照).

新しい!!: 太陽変動と気候変動 · 続きを見る »

気象

イクロン(熱帯低気圧) 竜巻 宇宙から見た地球。大気中では様々な気象現象が発生している。 気象(きしょう)は、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。 気象とその仕組みを研究する学問を気象学、短期間の大気の総合的な状態(天気や天候)を予測することを天気予報または気象予報という。.

新しい!!: 太陽変動と気象 · 続きを見る »

成層圏突然昇温

成層圏突然昇温(せいそうけんとつぜんしょうおん、英:Sudden stratospheric warming または Stratospheric sudden warming, SSW)とは、日々の気温変化が緩やかな成層圏において、突然気温が上昇する現象のこと。突然昇温。 北半球では寒候期にあたる秋〜春に発生する。数日間で20K(ケルビン)程度の上昇が起こるが、時に50K以上の急激な上昇が起こることもある。一方、下降に転じるときはその速度が遅く、気温が元に戻るまで1〜2ヶ月程度かかる。 ドイツでラジオゾンデによる成層圏の観測を行っていたベルリン自由大学のシェルハーク(Richard Scherhag)が1952年、成層圏の気温が数日で40度以上上昇するのを発見したのが最初である。.

新しい!!: 太陽変動と成層圏突然昇温 · 続きを見る »

日射計

日射計 395x395ピクセル 日射計(にっしゃけい)は、日射量を測る装置である。.

新しい!!: 太陽変動と日射計 · 続きを見る »

日射量

日射量 (にっしゃりょう)とは、太陽からの放射エネルギー量を測定したものである。.

新しい!!: 太陽変動と日射量 · 続きを見る »

日傘効果

日傘効果(ひがさこうか)とは、排ガスなどのエアロゾルによってできた雲が、太陽の光を反射させ、地球の平均気温を下げる効果。厳密に言えば、地上気温が低下し、上空の気温がやや上昇する。日傘により日光が遮られ、影となる部分が涼しくなることから、この名が付いた。英語の(とも)の訳語。 環境問題という観点から見ると、地球温暖化防止の役割を果たすように思われるが、大気汚染や、酸性降下物の増加などの悪影響を伴うという欠点がある。.

新しい!!: 太陽変動と日傘効果 · 続きを見る »

放射強制力

1750年から2005年の間に、地球に+1.66W/m2の放射強制力をもたらしたとされる二酸化炭素の濃度変化。(比較のため気温変化も掲載) 放射強制力(ほうしゃきょうせいりょく)とは、気候学における用語で、地球に出入りするエネルギーが地球の気候に対して持つ放射の大きさのこと。英語の"Radiative forcing"の訳語。正の放射強制力は温暖化、負の放射強制力は寒冷化を起こす。.

新しい!!: 太陽変動と放射強制力 · 続きを見る »

放射照度

放射照度(ほうしゃしょうど、)とは、物体へ時間あたりに照射される、面積あたりの放射エネルギーを表す物理量である。 放射束を物体の表面積で微分することにより得られる。 SIにおける単位はワット毎平方メートル(記号: W m)が用いられる。天文学ではCGS単位系のエルグ毎平方センチメートル毎秒(記号: erg cm s)がよく用いられる。 放射発散度は同じ単位を持つが、放射発散度は放射源の指標であり、放射照度は照射される対象の指標である。.

新しい!!: 太陽変動と放射照度 · 続きを見る »

1128年

記載なし。

新しい!!: 太陽変動と1128年 · 続きを見る »

1610年

記載なし。

新しい!!: 太陽変動と1610年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: 太陽変動と2003年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: 太陽変動と2006年 · 続きを見る »

3月19日

3月19日(さんがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から78日目(閏年では79日目)にあたり、年末まであと287日ある。.

新しい!!: 太陽変動と3月19日 · 続きを見る »

5月6日

5月6日(ごがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から126日目(閏年では127日目)にあたり、年末まではあと239日ある。誕生花はシャクナゲ。.

新しい!!: 太陽変動と5月6日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »