ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

天文学者の一覧

索引 天文学者の一覧

天文学者の一覧(てんもんがくしゃのいちらん)は、天文学者の一覧である。なお日本の天文学者は多数にわたるのでノーベル物理学賞受賞者・文化勲章受章者のみ掲載する。ノーベル物理学賞受賞者・文化勲章受章者以外の日本の天文学者については日本の天文学者の一覧を参照。 括弧内は国名、生年。ユリウス暦とグレゴリオ暦ではグレゴリオ暦を優先。.

508 関係: 劉シャク劉洪天文学者小田稔小柴昌俊一行何承天ペルガのアポロニウスペーダー・ニールセン・ホレボーペーター・ハンゼンナスィールッディーン・トゥースィーナサニエル・E・グリーンミハイル・スボーチンミルトン・ヒューメイソンミヒャエル・メストリンミヒャエル・ラングレンミシェル・マイヨールミシェル・ジャコビニマリア・ミッチェルマルセル・ミンナルトノーマン・ロッキャーマーテン・シュミットマーティン・ライルマーティン・シュヴァルツシルトノーベル物理学賞マーシャーアッラーマックス・ヴォルフマニュエル・ジョンソンマイケル・ブラウン (天文学者)チモカリスチャールズ・ヤングチャールズ・プリチャードチャールズ・パーラインチャールズ・アボットチャドウィック・トルヒージョチボリのプラトネヴィル・マスケリンハロルド・レスター・ジョンソンハロルド・スペンサー=ジョーンズハンス・ルーデンドルフハンス・ベーテハーバート・ターナーハーロー・シャプレーハインリッヒ・シュワーベハインリヒ・ダレストハインリヒ・オルバースハインリヒ・クロイツバルト・ボークバルダッサル・カプラバンジャマン・バイヨー...ポール・ルドゥーポール・スウィングスポセイドニオスメトンモーリス・ローイモーリス・アミーヤン・ヴォルチェヤン・オールトヤンガ・R・フェルナンデスヤーコフ・ゼルドビッチヤコブ・ベン・マキル・イブン・ティボンヤコブス・カプタインユリウス暦ユルバン・ルヴェリエユルィヨ・バイサラユージン・ニューマン・パーカーユージン・シューメーカーヨハネス・ハルトマンヨハネス・ヴィルジングヨハネス・ヘヴェリウスヨハネス・ド・サクロボスコヨハネス・ケプラーヨハン・ハーゲンヨハン・ハインリッヒ・メドラーヨハン・バイエルヨハン・ボーデヨハン・パリサヨハン・ビュルグヨハン・ティティウスヨハン・フランツ・エンケヨハン・フォン・ラモントヨハン・フォン・ゾルトナーヨハン・ドッペルマイヤーヨハン・ベンツェンベルクヨハン・ギルデンヨハン・ゴットフリート・ガレヨハン・シュレーターヨハン・シサットヨハン・ステインヨシフ・シクロフスキーヨゼフ・フォン・フラウンホーファーラルフ・サムプソンラディスラス・ワイネックラシード・スニャーエフリチャード・ベレンゼンリチャード・ウーリーリチャード・キャリントンリュドミーラ・チェルヌイフリイシ・オテルマルーペルト・ヴィルトルートヴィヒ・ザイデルルードヴィッヒ・ビーアマンルボシュ・コホーテクルドルフ・ミンコフスキールドルフ・ウォルフルドヴィッヒ・シュトルーベルイ・ニーステンルイ・ゴダンルイス・ラザファードルイス・ボスルジェル・ヨシプ・ボスコヴィッチレイモンド・リットルトンレイモンド・ドゥーガンレオン・フフナゲルレギオモンタヌスレジノー・ウーティエレスリー・ペルチャーロナルド・エカーズロナウド・モウランロバート・ハンブリー・ブラウンロバート・トランプラーロバート・デスコート・アトキンソンロバート・イネスロバート・ウッドロウ・ウィルソンロバート・グラント・エイトケンロレンツォ・レスピーギロンゴモンタヌスローレンス・ルークロドルフ・ラドーロベルト・ルターヴァラーハミヒラヴィルヘルム・ローゼヴィルヘルム・フォン・ビーラヴィルヘルム・ベーアヴィレブロルト・スネルヴィンチェンツォ・チェルッリヴィトリド・ツェラスキーヴォワチュール・アンテルムボリス・ヴォロンツォフ=ヴェリヤミノフボリス・クカーキンボリス・ゲラシモヴィッチボフダン・パチンスキトルバルド・ティエレトーマス・ハリオットトーマス・ライトトーマス・ヘンダーソントーマス・ブリスベーントーマス・ディッグストーマス・エスピントーマス・カウリングトーマス・シートーマス・ストリートトビアス・マイヤーヘルマン・カール・フォーゲルヘルマン・クラインヘルマン・ゴルトシュミットヘルマン・ザンストラヘルマン・シュトルーベヘルマヌス・コントラクトゥスヘンリー・チェンバレン・ラッセルヘンリー・プラマー (天文学者)ヘンリー・ドレイパーヘンリー・ケーターヘンリー・ゲリブランドヘンリエッタ・スワン・リービットヘンドリク・ファン・デ・フルストブライアン・メイパルム・ボグスラフスキーパーヴェル・パレナゴヒューバート・ニュートンヒュパティアヒーバー・ダウスト・カーチスヒッパルコスビテュニアのテオドシオスビクトル・ピュイズーピエール・メシャンピエール・シャルル・ルモニエピエール・ジャンサンピエール=シモン・ラプラスピエトロ・タッキーニピタネのアウトリュコステンプル・シュヴァリエティコ・ブラーエテオドール・オッポルツァーデービッド・ギルディルク・ブラウワーデイヴィッド・ペック・トッドデイヴィッド・ラビノウィッツフョードル・ブレディキンフランツ・フォン・ツァハフランク・ワシントン・ヴェリーフランク・ドレイクフランク・ダイソンフランク・エルモア・ロスフランク・シュレシンジャーフランシス・ピーズフランシス・ベイリーフリードリッヒ・フォン・シュトルーベフリードリッヒ・キュストナーフリードリヒ・ヴィネッケフリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルフリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダーフリードリヒ・カール・ギンツェルフリッツ・ツビッキーフレッド・ホイルフレデリック・シアーズフレデリク・カイセルフレドリック・ストラットンフワーリズミーフーゴ・フォン・ゼーリガーファザーリフィリッペ・ファン・ランスベルゲフィリップ・ファウトフィリップ・ド・ラ・イールフィリップ・コーウェルフィリベール・ジャック・メロッテフェリックス・チスランフェルディナント・フェルビーストフォレスト・モールトンドナルド・メンゼルドナルド・リンデンベルドナルド・オスターブロックドメニコ・マリア・ノヴァーラニルス・ドゥネルニッコロ・ズッキニコライ・シャクラニコラウス・コペルニクスニコラ=ルイ・ド・ラカーユニコラ=クロード・ファブリ・ド・ペーレスクニコル・オレームホルトン・アープホルガー・ティエレホセ・コマス・ソラダーヴィト・ファブリツィウスダニエル・カークウッドベルナール・リヨベルンハルト・シュミットベルティル・リンドブラッドベンクト・ストレームグレンベングト・エドレンベンジャミン・バネカーベンジャミン・グールドベアトリス・ティンズリーアメデ・ムーシェアラン・ヘール (天文学者)アリストテレスアリスタルフ・ベロポルスキアリスタルコスアルペトラギウスアルバート・ホィットフォードアルトゥル・アウヴェルスアルブレヒト・ウンゼルトアルフラガヌスアルフレッド・ラヴェルアルベルト・マルトアレッサンドロ・ピッコローミニアレキサンダー・ボクセンバーグアレキサンダー・ウィルソン (天文学者)アレクシス・ブヴァールアレクシス・クレローアレクサンデル・ヴォルシュチャンアレクサンドリアのテオンアレクサンドル・パングレアレクサンドル・フリードマンアンリ・ミヌールアンリ・デランドルアンリ・J・ペロタンアントン・パンネクークアントニー・ヒューイッシュアントニア・モーリアンドリュー・クロンメリンアンドリュー・コンモンアンドレ・ダンジョンアンドレアス・セラリウスアンニーバレ・リッコアンダース・レクセルアンジェロ・セッキアーノ・ペンジアスアーネスト・ウィリアム・ブラウンアーリヤバタアーサー・エディントンアブル・ワファーアブドゥル・ラフマーン・スーフィーアドリアン・ヴァン・マーネンアドリアン・オーズーアドリアーン・ブラウアドリアーンスゾーン・メチウスアニー・ジャンプ・キャノンアイナー・ヘルツシュプルングアイザック・ニュートンアイゼ・アイジンガーアクセル・モーレルイブン・ユーヌスウィリアム・ハモンド・ライトウィリアム・ハークネスウィリアム・ハーシェルウィリアム・ハギンズウィリアム・ラッセル (天文学者)ウィリアム・ラドクリフ・バートウィリアム・ロバート・ブルックスウィリアム・ヘンリー・スミスウィリアム・パーソンズウィリアム・ドーズウィリアム・アレン・ミラーウィリアム・アブニーウィリアム・ウォレス・キャンベルウィリアム・クラブトリーウィリアム・クリスティ (天文学者)ウィリアム・グリーブスウィレム・ヤコブ・ルイテンウィレム・ド・ジッターウォルター・バーデウォルター・グッデーカーウォルター・シドニー・アダムズウォーレン・デラルーウォーレス・サージェントウジェーヌ・デルポルトウジェーヌ・アントニアディエラスムス・ラインホルトエリザベス・レーマーエルンスト・ハルトヴィッヒエルンスト・ツィナーエルンスト・テンペルエルンスト・アッベエルンスト・エピックエルンスト・クラドニエルヴェ・フェイエルコレ・デンボウスキーエレミア・オストライカーエヴリー・シャツマンエトムント・ヴァイスエティエンヌ・レオポール・トルーヴェロエドモンド・ハレーエドワード・ピゴットエドワード・エマーソン・バーナードエドワード・サビーンエドゥアルト・ハイスエドゥアルト・シェーンフェルトエドゥアール・ロシュエドゥアール・ステファンエドウィン・ハッブルエドウィン・サルピーターエウドクソスオリン・エッゲンオットー・ローゼンベルガーオットー・ブレンデルオットー・シュトルーベオクターブ・カランドローオスカル・バックルンドカミーユ・フラマリオンカリポスカルキディウスカロライン・ハーシェルカンパヌスカール・ハーディングカール・ランプランドカール・ラインムートカール・ヘンケカール・ブルーンスカール・フリードリッヒ・ツェルナーカール・フリードリヒ・ガウスカール・グスタフ・ヴィットカール・シャーリエカール・シュヴァルツシルトカール・ジャンスキーカール・スンドマンカール・セーガンカール・セイファートカイ・オーゲ・ストランドガリレオ・ガリレイガブリール・チホフガブリエル・ムートンギヨーム・ル・ジャンティギヨーム・ビゴルダンギイェルモ・アロクライド・トンボークラウディオス・プトレマイオスクリスチャン・A・F・ペーテルスクリスチャン・マイヤークリスチアン・ホレボークリストフ・シャイナークリストファー・クラヴィウスクリストフェル・ハンステーンクリスティアーン・ホイヘンスクレモナのジェラルドクレオメデスクレオストラトスクロード・プイエクーノ・ホフマイスターグムンデンのヨハネスグリゴーリ・シャイングレゴリオ暦グイード・オルン=ダルトゥーログスタフ・シュペーラーグスタフ・ストレームベリケネス・エッジワースゲミノスゲリー・ノイゲバウアーゲオルク・レティクスゲオルク・プールバッハゲオルク・ザムエル・デルフェルコルネリス・デ・ヤヘルゴットフリート・キルヒザルカーリーシモン・マリウスシャルル・メシエシャルル・ファブリシャルル・カミュシャルル=ウジェーヌ・ドロネーシャーバーン・バーナムシュリニヴァス・クルカルニシドニー・チャップマンジャマールッディーンジャネット・アクユズ・マッテイジャン・リシェジャン・ピカールジャン・シャップ・ドートロシュジャン・シャコルナクジャン=バチスト・モランジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブルジャン=ルイ・ポンジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾージャン=シルヴァン・バイイジャック・バビネジャック・カッシーニジャビール・イブン・アフラジャイ・シング2世ジャコーモ・フィリッポ・マラルディジュゼッペ・ピアッツィジョルジュ・ライエジョルジュ・ルメートルジョン・マーチン・シェバーリジョン・ハーシェルジョン・ハドリージョン・ハインドジョン・ポール・ワイルドジョン・ロッテスリージョン・ボルトン (天文学者)ジョン・ブリンクリージョン・パークハーストジョン・フラムスティードジョン・ドレイヤージョン・ウィンスロップ (天文学者)ジョン・エヴァシェッドジョン・オーガスト・アンダースンジョン・クーチ・アダムズジョン・グッドリックジョン・C・マザージョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリジョヴァンニ・バッティスタ・ドナティジョヴァンニ・ボレリジョヴァンニ・プラーナジョヴァンニ・カッシーニジョヴァンニ・スキアパレッリジョージ・ハワード・ダーウィンジョージ・ハフジョージ・ビドル・エアリージョージ・ファン・ビースブルックジョージ・ガモフジョージ・スムートジョージ・B・フィールドジョゼフ・ウィンロックジョゼフ=ニコラ・ドリルジローラモ・フラカストロジェミニアーノ・モンタナリジェラルド・カイパージェラルド・クレメンスジェレマイア・ディクソンジェローム・ラランドジェローム・E・コッジャジェームス・グレゴリージェームズ・チャリスジェームズ・ブラッドリージェームズ・エドワード・キーラージェームズ・クリスティージェームズ・ショートジェームズ・サウスジェームズ・E・ガンジェーン・ルージェフリー・バービッジジェイムズ・リンジー (第26代クロフォード伯爵)ジェシー・グリーンスタインスミュルナのテオンスブラマニアン・チャンドラセカールスティーヴン・ホーキングスティーヴン・グルームブリッジズデネク・コパルセオドア・フィリップスセス・B・ニコルソンソシゲネスサミュエル・モリノーサモスのコノンサービト・イブン・クッラサイモン・ニューカム瞿曇悉達王蕃祖沖之甘徳萩原雄祐馬依澤賈逵 (漢)林忠四郎梶田隆章木村栄戸塚洋二文化勲章日本日本の天文学者の一覧 インデックスを展開 (458 もっと) »

劉シャク

劉焯(りゅうしゃく、544年 - 608年)は、中国隋の儒学者、天文学者。字は士元。信都郡昌亭県(現在の河北省武邑県)の人。.

新しい!!: 天文学者の一覧と劉シャク · 続きを見る »

劉洪

劉 洪(りゅう こう、140年? - 206年)は、中国、後漢時代の天文学者。字は元卓。漢の宗室で、乾象暦を編纂したことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧と劉洪 · 続きを見る »

天文学者

リレオ・ガリレイはしばしば近代天文学の父と呼ばれる。 天文学者(てんもんがくしゃ)とは、惑星、恒星、銀河等の天体を研究する科学者である。 歴史的に、astronomy では天空で起きる現象の分類や記述に重点を置き、astroplane ではこれらの現象の説明やそれらの間の差異を物理法則を使って説明することを試みてきた。今日では、2つの差はほとんどなくなっている。プロの天文学者は高い教育を受け、通常物理学か天文学の博士号を持っており、研究所や大学に雇用されている。多くの時間を研究に費やすが、教育、施設の建設、天文台の運営の補助等にも携わっている。アメリカ合衆国のプロの天文学者の数は少なく、北米最大の天文学者の組織であるアメリカ天文学会には7,700人が所属している。天文学者の数の中には、物理学、地学、工学等の別の分野出身で天文学に関心を持ち、深く関わっているの者も含まれている。国際天文学連合には、博士課程以上の学生を含めて89カ国から9259人が所属している。 世界中のプロの天文学者の数は小さな町の人口にも満たないが、アマチュア天文学者のコミュニティは数多くある。多くの市に、定期的に会合を開催しているアマチュア天文学者のクラブがある。太平洋天文協会は、70カ国以上からプロやアマチュアの天文学者、教育者が参加する世界最大の組織である。他の趣味と同様に、自身をアマチュア天文学者だと考える多くの人々は、月に数時間を天体観測や最新の研究成果を読むことに費やす。しかし、アマチュアは、いわゆる「アームチェア天文学者」と呼ばれる人々から、自身の天体望遠鏡を所持して野望を持ち、新しい発見をしたりプロの天文学者の研究を助けたりする者まで、幅広く存在する。.

新しい!!: 天文学者の一覧と天文学者 · 続きを見る »

小田稔

小田 稔(おだ みのる、1923年2月24日 - 2001年3月1日)は、日本の天文学者、宇宙物理学者。東京大学名誉教授。.

新しい!!: 天文学者の一覧と小田稔 · 続きを見る »

小柴昌俊

小柴 昌俊(こしば まさとし、1926年(大正15年)9月19日 - )は、日本の物理学者・天文学者。1987年、自らが設計を指導・監督したカミオカンデによって史上初めて自然に発生したニュートリノの観測に成功したことにより、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。日本学士院会員。 学位は、ロチェスター大学Ph.D.、東京大学理学博士。称号は日本学術会議栄誉会員、東京大学特別栄誉教授・東京大学名誉教授、明治大学名誉博士、東京都名誉都民、杉並区名誉区民、横須賀市名誉市民、杉並区立桃井第五小学校名誉校長。勲等は勲一等旭日大綬章、文化勲章受章。.

新しい!!: 天文学者の一覧と小柴昌俊 · 続きを見る »

一行

一行(いちぎょう、いっこう、諡号:大慧禅師、683年‐727年)は、中国の唐代の僧であり、天文学者でもある。俗名は張遂則で、大衍暦を編纂した。 683年に魏州昌楽県(現在の河南省)、一説には巨鹿(現在の河北省)に生まれる。禅、律、天台教学、密教、天文学、暦学を学び、善無畏と共に『大毘盧遮那成仏神変加持経』7巻を翻訳し、内容を『大日経疏』20巻としてまとめた。善無畏・金剛智から密教を学んだ。真言八祖(伝持の八祖)の一人。 また、それまで使用されていた麟徳暦が日食予報に不備があるため、梁令瓚と共に黄道游儀や水運渾象(水力式天球儀)を作成して天体観測を行い、更に南宮説と共に北は鉄勒から南は交州に至る大規模な子午線測量を行って、緯度差1度に相当する子午線弧長が351里80歩(約123.7km)という結果を算出し、それらの観測結果に基づいて『開元大衍暦』52巻を作成した。.

新しい!!: 天文学者の一覧と一行 · 続きを見る »

何承天

何承天(かしょうてん、370年 – 447年)は、中国南北朝期の思想家、数学者、天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧と何承天 · 続きを見る »

ペルガのアポロニウス

ペルガのアポロニウス(Ἀπολλώνιος, Apollonius Pergaeus, Apollonius of Perga、紀元前262年頃 - 紀元前190年頃)はギリシャの数学者・天文学者である。小アジアの町ペルガに生まれた。アレキサンドリアでプトレマイオス3世およびプトレマイオス4世の時代に活躍した。現トルコのペルガモンでしばらく暮らしたとされる。アレキサンドリアで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とペルガのアポロニウス · 続きを見る »

ペーダー・ニールセン・ホレボー

ペーダー・ニールセン・ホレボー(Peder Nielsen Horrebow (Horrebov)、1679年5月14日 - 1764年4月15日)はデンマークの天文学者。ユトランドのw:Logstorに貧しい漁師の家に生まれた。1703年にコペンハーゲン大学に入った。機械や楽器の修理をして学費を稼ぎ、1716年に修士号を、1725年に博士号を取得した。1703年から1707年までオーレ・レーマーの家に住み、助手として働いた。1707年からデンマーク貴族の家庭教師を務めた。1714年にコペンハーゲン大学の数学の教授となった。コペンハーゲン大学天文台の所長も務め、後にこの職は息子のクリスチアン・ホレボーに引き継がれた。 1728年にコペンハーゲンに起こった大火事によってオーレ・レーマーの論文や彼のつくった観測機器が失われると、ホレボーは Basis Astronomiae (1734-35)を著し、レーマーの科学的な業績について記述した。ホレボー自身の設備も失われたが、政府や裕福な庇護者の援助で観測所を再建した。 ホレボーの開発した緯度の観測法は、ホレボー・タルコット法とよばれる。天頂の南北両側にある2個の恒星の高度角の差を測定して緯度を求める方法で、ホレボーが開発した後忘れられていたが、1833年にアメリカの技術者アンドリュー・タルコットによって再発見された。 航海についての著述を行い、太陽の視差が 9"であることを示し、ケプラーの方程式の近似解を求めた。フランス科学アカデミーを含む多くの学会の会員をつとめた。コペンハーゲンで没した。 月のホレボークレータはホレボーの功績により命名された。 Category:デンマークの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:コペンハーゲン大学の教員 Category:デンマーク=ノルウェーの人物 Category:1679年生 Category:1764年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とペーダー・ニールセン・ホレボー · 続きを見る »

ペーター・ハンゼン

ペーター・ハンゼン(Peter Andreas Hansen, 1795年12月8日 – 1874年3月28日)は、デンマークの天文学者。王立協会外国人会員。.

新しい!!: 天文学者の一覧とペーター・ハンゼン · 続きを見る »

ナスィールッディーン・トゥースィー

ナスィールッディーン・トゥースィー(ペルシア語: محمد بن محمد بن حسن طوسی Muḥammad ibn Muḥammad ibn Ḥasan Ṭūsī アラビア語: ナスィールッディーン・アッ=トゥースィー Naṣīr al-Dīn Abū Ja‘far Muḥammad b. Muḥammad b. Ḥasan al-Ṭūsī、 نصير الدين ابو جعفر محمد بن محمد بن حسن الطوسي 1201年2月18日 –1274年6月25日)はシーア派を代表するペルシャ人 の神学者である。またイブン・スィーナーら系譜に連なる逍遥学派の中興の祖と目される哲学者であり、数学者、天文学者であり、13世紀のイスラーム世界を代表する偉大な学者である。トゥースィーはイランのホラーサーン地方のトゥース生まれの人物を示す呼称で多くの学者がトゥースィー(アラビア語でアル=トゥースィー at-Tûsî)と呼ばれている。また「学識者トゥースィー」 محقِّقِ طوسى muḥaqqiq-i Ṭūsī、ホージャ・ナスィール・トゥースィーخواجه نصير طوسى Khwāja Naṣīr Ṭūsī、「人類の師」 استادِ بشر Ustād-i Bashar などの尊称で呼ばれて来た。 Nasir al-Din Tusi.

新しい!!: 天文学者の一覧とナスィールッディーン・トゥースィー · 続きを見る »

ナサニエル・E・グリーン

ナサニエル・エベレット・グリーン(Nathaniel Everett Green、1823年8月21日 - 1899年11月10日)は イギリスの画家、美術教師であり、天文家でもある。風景画、人物画の画家であるが、天文観測を行い描いた惑星の図で有名となった。 1859年に自作の望遠鏡をつくったことから天文学に興味をもった。1877年に火星の鉛筆スケッチを描いて、よく知られるようになった。火星の「運河」が観測によって生じる幻想であることを主張した。アマチュア天文家の観測を支援する団体、英国天文協会(British Astronomical Association:BAA)の設立メンバーで、1897年から1898年の間会長をつとめた。 1880年にバルモラル城に招かれ、ビクトリア女王を含む皇族に絵画を教えた。月のクレータに命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とナサニエル・E・グリーン · 続きを見る »

ミハイル・スボーチン

ミハイル・フェドロヴィッチ・スボーチン(Михаил Федорович Субботин 、Mikhail Fedorovich Subbotin, 1893年6月29日 - 1966年12月26日)はソビエト連邦の天文学者。天体力学の分野で業績を残した。 ロシア帝国支配下のポーランド・オストロウェンカで生まれ、ワルシャワ、ロストフ・ナ・ドヌで学んだ。1922年からタシュケントの天体物理研究所で働き、1925年にタシュケント天文台が独立すると所長に任じられた。1930年からレニングラード大学教授、1934年からレニングラード大学天文台の所長を務めた。1943年からソビエト理論天文学研究所長を務めた。月のクレータ(:en:Subbotin (crater))に命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とミハイル・スボーチン · 続きを見る »

ミルトン・ヒューメイソン

ミルトン・ラセル・ヒューメイソン(Milton Lasell Humason, 1891年8月19日 - 1972年6月18日)はアメリカ合衆国の天文学者である。日本語ではハマーソン、フーマソン、フマーソンとも表記する。ウィルソン山天文台へ資材を運ぶラバ使いから観測者に転じ、敏腕の観測技術を示し、エドウィン・ハッブルの助手として優れた観測を行った。1950年、スウェーデンのルンド大学から名誉博士号を受けた。 ミネソタ州ダッジセンターに生まれた。高校には進学せず、ウィルソン山山麓のホテルに雇われる。ウィルソン山天文台の建設が始まると、ウィルソン山山頂の天文台に機材を運搬するラバ使いの仕事を行い、好奇心や天文台の技術者の娘と結婚したことなどから1917年に天文台の雑用職として雇われた。すぐに観測技術者の仕事を覚え、1919年に天文学者助手に転じた。エドウィン・ハッブルと働き、1928年に銀河系外星雲スペクトルの赤方偏移の測定などを行った。また近日点の遠い彗星C/1961 R1(フーマソン彗星)や非周期彗星C/1960 M1を発見した。 ヒューメイソンは冥王星の発見を逃している。1930年にクライド・トンボーによって冥王星が発見された後、ヒューメイソンが1919年12月27日から29日に撮影した4枚の写真乾板に冥王星が写っていたことが判明した。 カリフォルニア州メンドシーノで死去。.

新しい!!: 天文学者の一覧とミルトン・ヒューメイソン · 続きを見る »

ミヒャエル・メストリン

ミカエル・モエストリヌス(ミヒャエル・メストリン) ミヒャエル・メストリン(Michael Maestlin または Mästlin。 Moestlin,Möstlin とも綴る。1550年9月30日 - 1631年10月20日)はドイツの天文学者。ヨハネス・ケプラーの師で地動説を教えたことで知られる。 ゲッピンゲン(w:Göppingen)で生まれた。テュービンゲン大学で神学、数学、天文学をフィリップ・アピアンなどに学んだ。1576年に助祭となった。1577年の大彗星の観測結果を出版した。1580年にハイデルベルク大学の数学教授となり、天文学の教本を出版した。1583年からテュービンゲン大学の教授となった。 ガリレオ・ガリレイと同時期に、地球照が地球の反射が月を照らす現象であると説明し、彗星の観測結果から彗星が月より上の現象であると結論し、アリストテレスの宇宙論を批判した。コペルニクスの宇宙論をケプラーに教えた師である。 Category:ドイツの天文学者 Category:16世紀の学者 Category:エバーハルト・カール大学テュービンゲンの教員 Category:ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクの教員 Category:ヨハネス・ケプラー Category:1550年生 Category:1631年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とミヒャエル・メストリン · 続きを見る »

ミヒャエル・ラングレン

ミヒャエル・ラングレン(Michael Florent van Langren、ラングレヌスとも呼ばれる、1598年 - 1675年)は、17世紀のネーデルラント(現ベネルクス三国)の数学者、天文学者。1645年に最初の月の地図を出版した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とミヒャエル・ラングレン · 続きを見る »

ミシェル・マイヨール

ミシェル・マイヨール(Michel Mayor, 1942年1月12日 - )はスイスの男性天文学者である。ジュネーヴ大学の天文学教授である。 ローザンヌ大学で物理学を学んだ後、ジュネーブ天文台で天文学の学位を得た。ケンブリッジ天文台やチリのヨーロッパ南天天文台(European Southern Observatory)、ハワイの天文台などで働いた。 1995年、ディディエ・ケローとともに、高分解能分光計を使って観測し、恒星ペガスス座51番星の変動を発見し、太陽系外惑星が存在する可能性を示した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とミシェル・マイヨール · 続きを見る »

ミシェル・ジャコビニ

ミシェル・ジャコビニ(Michel Giacobini, 1873年 - 1938年)はフランスの天文学者。 1900年、ニース天文台で21P/ジャコビニ・ツィンナー彗星(ジャコビニ流星群の母天体)を発見。1907年、41P/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星を再発見。1910年からパリ天文台に勤務。 第一次世界大戦では志願兵として戦線に立つ。化学兵器の後遺症に苦しめられるも、戦後パリ天文台で天文観測活動を再開。 1937年に発見された小惑星1756番は、彼に因んでジャコビニと命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とミシェル・ジャコビニ · 続きを見る »

マリア・ミッチェル

マリア・ミッチェル(Maria Mitchell、1818年8月1日 - 1889年6月28日)はアメリカ合衆国の女性天文学者。 マサチューセッツ州のナンタケット島に生まれた。父親は天文学者のウィリアム・クランチ・ボンドと親交のあったアマチュア天文家である。両親はクエーカー教徒で、当時としてはめずらしいことであるがマリアに男子と同じ教育をあたえようとした。図書館司書として働くかたわら父親の天文台で天文観測を続けた。 1847年、ミッチェル彗星 (C/1847 T1, 1847 VI)を発見した。当時デンマーク王フレデリク6世によって、彗星発見者に贈られるメダルが創設されており、彗星の発見は世間の注目を集めていた。ミッチェルの2日後にイタリアのフランチェスコ・デ・ヴィコがこの彗星を発見し、ミッチェルに先んじて報告したが、アメリカの天文関係者は、最初の発見者の座をミッチェルのものとするよう運動した。最初の発見者の栄誉を得たミッチェルは、1848年に新国王フレデリク7世からメダルを改めて贈られるとともに、カロライン・ハーシェル以来の女性の彗星発見者として国際的な名声を得た。 女性として初めて1848年にアメリカ芸術科学アカデミーの会員に選ばれ、1850年にアメリカ科学振興協会の会員に選ばれた。アメリカ航海暦局(Nautical Almanac Office)で働き、金星の天体表を計算し、ナサニエル・ホーソーンとその家族とヨーロッパを旅した。1865年にヴァッサーカレッジの天文学の教授に迎えられ、ヴァッサーカレッジ天文台の台長を務めた。彼女の評価や経験にもかかわらず、その報酬は若い男性の教授たちよりも低かったことから、昇給を交渉しなければならなかった。 1842年にクエーカー教徒からユニテリアンになった。奴隷制度に抗議して綿の衣類をつけるのをやめた。エリザベス・ケイディ・スタントンらと親しくなり、女性の地位向上のための協会 American Association for the Advancement of Womenの設立者の一人となった。 マリア・ミッチェル天文台は彼女の功績を称えて命名された。ナショナル・ウィミンズ・ホール・オブ・フェイム( U.S. National Women's Hall of Fame)に選ばれ、第2次大戦中の海軍の船舶にも命名された。月のクレーターにも命名された。 Category:19世紀の自然科学者 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:アメリカ合衆国の女性科学者 Category:女性天文学者 Category:彗星発見者 Category:ヴァッサー大学の教員 Category:マサチューセッツ州の人物 Category:クエーカー Category:ユニテリアン Category:1818年生 Category:1889年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とマリア・ミッチェル · 続きを見る »

マルセル・ミンナルト

マルセル・ミンナルト マルセル・ミンナルト(Marcel Gilles Jozef Minnaert,1893年2月12日 - 1970年10月26日)はベルギー生まれのオランダの天文学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマルセル・ミンナルト · 続きを見る »

ノーマン・ロッキャー

ノーマン・ロッキャー(Sir Joseph Norman Lockyer、1836年5月17日 - 1920年8月16日)は、イギリスの天文学者である。太陽の観測を行ったことで有名。フランスの化学者、ピエール・ジャンサンとともに太陽光のスペクトル線のなかにヘリウムのスペクトルを発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とノーマン・ロッキャー · 続きを見る »

マーテン・シュミット

マーテン・シュミット(Maarten Schmidt、1929年12月28日 - )はオランダの天文学者である。クェーサーの水素のスペクトル線の大きな赤方偏移を発見した。 フローニンゲンで生まれた。ライデン大学でヤン・オールトと研究し1956年に学位を得た。1959年にカリフォルニア工科大学で働くためにアメリカ合衆国に移り、銀河の質量の分布と運動力学について研究した後、電波星の光のスペクトルを研究した。1963年に、クエーサー3C 273の水素のスペクトル線が大きな赤方偏移を示すことを発見した。この発見は、3C273が時速44000km(光速の16%)で太陽系から遠ざかっていることを示しており、フレッド・ホイルの定常宇宙論を否定する結果であった。1991年には光速の94.5%で遠ざかるクエーサーをドナルド・シュナイダー、ジェームズ・E・ガンらと発見している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマーテン・シュミット · 続きを見る »

マーティン・ライル

マーティン・ライル(Sir Martin Ryle, 1918年9月27日 - 1984年10月14日)はイギリスの天文学者。1974年に「電波天文学における先駆的研究」により、アントニー・ヒューイッシュとともに天文学分野の研究者として最初のノーベル物理学賞受賞者となった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマーティン・ライル · 続きを見る »

マーティン・シュヴァルツシルト

Martin Schwarzschild マーティン・シュヴァルツシルト(Martin Schwarzschild、1912年5月31日 – 1997年4月10日)はドイツ生まれのアメリカ合衆国の天文物理学者。恒星の構造と生成の分野で業績をあげた。 ポツダムに、ユダヤ系ドイツ人(ユダヤ系)の天文学者カール・シュヴァルツシルトの息子として生まれた。父親が1916年に没するとゲッティンゲンに家族と移り、ゲッティンゲンとベルリンで学び、1935年にゲッティンゲン大学で学位を得た。ユダヤ系であったので1936年アメリカへ移住し、1942年アメリカ市民権を得た。1947年からプリンストン大学で研究した。星の構造と進化の理論的研究を行い、赤色巨星生成の理論などを解明した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマーティン・シュヴァルツシルト · 続きを見る »

ノーベル物理学賞

ノーベル物理学賞(ノーベルぶつりがくしょう、Nobelpriset i fysik)は、ノーベル賞の一部門。アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された6部門のうちの一つ。物理学の分野において重要な発見を行った人物に授与される。 ノーベル物理学賞のメダルは、表面にはアルフレッド・ノーベルの横顔(各賞共通)、裏面には宝箱を持ち雲の中から現れた自然の女神のベールを科学の神が持ち上げて素顔を眺めている姿(化学賞と共通)がデザインされている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とノーベル物理学賞 · 続きを見る »

マーシャーアッラー

アルブレヒト・デューラーによる彫板画(『天体の運動の科学』(''De scientia motus orbis'' (挿絵付ラテン語版, 1504))の表紙ページより)。図像学的知見に基づくと、手に持っている作図用のコンパスは、世界を創造し設計した神に関連して、宗教としての科学を表す。 マーシャーアッラーとは:.

新しい!!: 天文学者の一覧とマーシャーアッラー · 続きを見る »

マックス・ヴォルフ

マックス・ヴォルフ(Max Wolf、1863年6月21日 – 1932年10月3日)は、ドイツの天文学者で、写真を使った天文学のパイオニアである。本名マクシミリアン・フランツ・ヨーゼフ・コルネリウス・ヴォルフ(Maximilian Franz Joseph Cornelius Wolf)。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマックス・ヴォルフ · 続きを見る »

マニュエル・ジョンソン

マニュエル・ジョン・ジョンソン(Manuel John Johnson 、1805年5月 - 1859年3月1日)はイギリスの天文学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマニュエル・ジョンソン · 続きを見る »

マイケル・ブラウン (天文学者)

マイケル・ブラウン マイケル・E・ブラウン(Michael E. Brown, 1965年6月5日 - )は、アメリカ合衆国の天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とマイケル・ブラウン (天文学者) · 続きを見る »

チモカリス

チモカリス(アレキサンドリアのチモカリス、紀元前320年頃 - 紀元前260年)は古代ギリシャの天文学者である。アレキサンドリアに生まれたとされユークリッドと同時代人である。 紀元前3世紀頃アリスティルスとともに西洋世界で初めての星表を作った(中国では紀元前4世紀に石申と甘徳が星座を作っている)。150年以上たったあとヒッパルコスが、自らの観測した星表とチモカリスの星表を比較することによって、星の緯度が変化していることを発見し、地軸の歳差の最初の値を求めた。 月のクレータにチモカリスにちなんで命名されているものがある。 Category:ギリシャの天文学者 Category:古代ギリシアの学者 Category:紀元前の学者 Category:紀元前320年代生 Category:紀元前260年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とチモカリス · 続きを見る »

チャールズ・ヤング

チャールズ・ヤング チャールズ・ヤング(Charles Augustus Young、1834年12月15日 - 1908年1月3日)はアメリカ合衆国の天文学者。 ニューハンプシャー州のハノーバーに生まれた。代々ダートマス大学の教授を務めた家系に生まれた。ダートマス大学で学んだ後、1865年から1877年までダートマス大学教授、その後プリンストン大学に移った。 太陽のスペクトル観測の専門家で、多くの日食の観測隊を組織した。1876年に太陽の自転速度の定量的な見積りを行った。一連の天文学の優れた教科書の著者であり、1902年の著書Manual of Astronomyは、1927年にヘンリー・ノリス・ラッセルらにより改訂されA Revision of Young’s Manual of Astronomyとして出版され、標準的な教科書として長く用いられた。 小惑星(2165)ヤング はチャールズ・ヤングに因んで命名された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ダートマス大学の教員 Category:プリンストン大学の教員 Category:ニューハンプシャー州の人物 Category:1834年生 Category:1908年没 Category:アーリントン国立墓地に埋葬された人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とチャールズ・ヤング · 続きを見る »

チャールズ・プリチャード

チャールズ・プリチャード(Charles Pritchard、1808年2月29日 - 1893年5月28日)はイギリスの天文学者である。1840年王立協会フェロー(FRS)選出。.

新しい!!: 天文学者の一覧とチャールズ・プリチャード · 続きを見る »

チャールズ・パーライン

チャールズ・ディロン・パーライン(Charles Dillon Perrine、1867年7月28日 – 1951年6月21日)はアメリカ生まれで、アルゼンチンで活躍した天文学者。 オハイオ州に生まれた。1893年から1909年までリック天文台で働いた。1909年から1936年まで国立アルゼンチン天文台(現在の Observatorio Astronómico de Córdoba)で働いた。 1901年にジョージ・リッチーとともにペルセウス座の1901年の新星のまわりの星雲の“見かけの速度”が光速を大きく超えて観測される超光速運動を観測した。 1904年にヒマリア、1905年にエララの2つの木星の衛星を発見した。これらの衛星は"Jupiter VI" 、"Jupiter VII"呼ばれ、名前が付けられたのは1975年になってからである。 18D/パーライン-ムルコス周期彗星はじめいくつかの彗星の共同発見者となった。アントニーン・ムルコスは小惑星(6779)Perrineにパーラインの名を命名した。 アルゼンチンの天文学研究を組織し、大望遠鏡 (Bosque Alegre telescope)の建設を推進したが、大望遠鏡の完成はパーラインの引退後の1942年になった。1936年の引退後もアルゼンチンに留まり、アルゼンチンの:es:Villa General Mitre で没した。アルゼンチンのコルドバに葬られた。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:アルゼンチンの天文学者 Category:彗星発見者 Category:オハイオ州ジェファーソン郡出身の人物 Category:天文学に関する記事 Category:1867年生 Category:1951年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とチャールズ・パーライン · 続きを見る »

チャールズ・アボット

チャールズ・グリーリー・アボット(Charles Greeley Abbot、1872年5月31日 - 1973年12月17日)は、アメリカ合衆国の天文学者である。太陽放射の研究を行い、太陽定数の測定精度を高めた。スミソニアン協会の第5代会長を務めた。 ニューハンプシャー州のウィルトンに生まれた。マサチューセッツ工科大学で物理化学を学んだ後、天文学の経験はなかったが実験の技術をかわれ1895年にサミュエル・ラングレーの助手となった。ラングレーが航空の分野で活動を始めると太陽観測の責任者となり、1906年にラングレーが没するとスミソニアン天文台の所長となり、チャールズ・ウォルコットが没した1928年から1944年までスミソニアン協会の会長を務めた。 会長時代にはライト兄弟の弟オーヴィル・ライトと面談し、ライトフライヤー号をアメリカに戻すよう要請した。その後オーヴィルは要請を受け入れ、1948年12月17日にワシントン国立博物館でライトフライヤー号の展示が始められた。 太陽放射の研究を行い、1909年に放射計を開発し太陽定数の測定精度を高めた。 1910年にヘンリー・ドレイパー・メダル、1915年に米国芸術科学アカデミーからランフォード賞を受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とチャールズ・アボット · 続きを見る »

チャドウィック・トルヒージョ

チャドウィック・A・"チャド"・トルヒージョ(Chadwick A. "Chad" Trujillo, 1973年11月22日 - )は、エッジワース=カイパー・ベルトからオールトの雲にかけての、太陽系外縁部の研究を行っているアメリカの天文学者である。 トルヒージョは1995年にマサチューセッツ工科大学で物理学の学位を修得し、タウ・イプシロン・ファイのグザイ支部のメンバーとなった。2000年にはハワイ大学で天文学の博士号を修得し、カリフォルニア工科大学の博士研究員となった。 トルヒージョは太陽系外縁天体を数多く発見している。トルヒージョが発見した主な太陽系外縁天体は、次の通り。.

新しい!!: 天文学者の一覧とチャドウィック・トルヒージョ · 続きを見る »

チボリのプラト

チボリのプラト(Platone da Tivoli、ラテン語表記:Plato Tiburtinus (プラト・ティブルティヌス))は12世紀にバルセロナで活躍したイタリア生まれの数学者、天文学者、翻訳者。 ヘブライ語やアラビヤ語の科学書をラテン語に翻訳したことで知られる。翻訳書にはアストロラーベに関するバッターニーの論文 Kitab az-Zij を翻訳した (De Motu Stellarum) や同時代にバルセロナで活躍したユダヤ人の科学者であるサヴァソルダ(アブラハム・バル・キイア)の科学書、占星術書が含まれる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とチボリのプラト · 続きを見る »

ネヴィル・マスケリン

ネヴィル・マスケリン(Nevil Maskelyne, 1732年10月6日 – 1811年2月9日)はイギリスの天文学者である。1765年から1811年の間、5代目のグリニッジ天文台の台長になった。月距法(月の運行表をもとに経度を計測する方法)による経度の測定法の実用化につとめた。ジョン・ハリソンの機械時計による経度測定法と争った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とネヴィル・マスケリン · 続きを見る »

ハロルド・レスター・ジョンソン

ハロルド・レスター・ジョンソン(Harold Lester Johnson、1921年4月17日 - 1980年4月2日)はアメリカ合衆国の天文学者。ジョンソンの UBV システムと呼ばれる恒星や天体の等級を測定する方法を考案した。 デンバーに生まれた。デンバーで数学を学んだ。第2次世界大戦中はレーダーの開発に従事した。戦後カリフォルニア大学バークレー校で天文学を学び、天体写真の測定用の電気計器にかんする仕事で博士号を得た。恒星の等級を精密に測定する方法の研究を行った。1948年からローウェル天文台に移り、すぐにウィスコンシン大学のウォシュボーン天文台に移り、1950年から1952年の間はヤーキス天文台で働いた。 再びローウェル天文台にもどり、ローウェル天文台で1953年UBV システムを等級の計測に導入した。紫外域(U:ultraviolet)、青色域(B:blue)、実視域(V:visual)の3色のフィルターをもちいて天体の明るさを測定する方法は標準的な方法となり、恒星の性質の研究のための有力な方法となった。 その後、テキサス大学、アリゾナ大学で教授をつとめ、分光学的計測法に赤外域の計測を導入した。1960年代からメキシコの観測機関と連携を深め、1979年にメキシコ国立自治大学の教授となった。1980年にメキシコシティで没した。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:メキシコ国立自治大学の教員 Category:アリゾナ大学の教員 Category:テキサス大学の教員 Category:デンバー出身の人物 Category:1921年生 Category:1980年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とハロルド・レスター・ジョンソン · 続きを見る »

ハロルド・スペンサー=ジョーンズ

ハロルド・スペンサー=ジョーンズ(Sir Harold Spencer Jones,1890年3月29日- 1960年11月3日)はイギリスの天文学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハロルド・スペンサー=ジョーンズ · 続きを見る »

ハンス・ルーデンドルフ

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ハンス・ルーデンドルフ(Friedrich Wilhelm Hans Ludendorff、1873年5月26日 - 1941年6月26日)はドイツの天文学者。第一次世界大戦におけるドイツ陸軍の有名な将軍エーリヒ・ルーデンドルフの弟である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハンス・ルーデンドルフ · 続きを見る »

ハンス・ベーテ

ハンス・アルプレヒト・ベーテ(Hans Albrecht Bethe, 1906年7月2日 - 2005年3月6日)は、アメリカの物理学者。シュトラスブルク(当時ドイツ領、現フランス・ストラスブール)出身のドイツ系ユダヤ人移民。1967年、「原子核反応理論への貢献、特に星の内部におけるエネルギー生成に関する発見」によってノーベル物理学賞を受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハンス・ベーテ · 続きを見る »

ハーバート・ターナー

ハーバート・ホール・ターナー(Herbert Hall Turner 、1861年8月13日 リーズ – 1930年8月20日 ストックホルム)はイギリスの天文学者、地震学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハーバート・ターナー · 続きを見る »

ハーロー・シャプレー

ハーロー・シャプレー(Harlow Shapley、1885年11月2日 - 1972年10月20日)は、アメリカ合衆国の天文学者。"ハーロウ・シャプリー"という表記もある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハーロー・シャプレー · 続きを見る »

ハインリッヒ・シュワーベ

ハインリッヒ・シュワーベ ハインリッヒ・シュワーベ(Samuel Heinrich Schwabe、1789年10月25日 - 1875年4月11日)は、ドイツの天文学者である。太陽黒点が約11年の周期で増減すること(太陽活動周期)を発見したことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハインリッヒ・シュワーベ · 続きを見る »

ハインリヒ・ダレスト

ハインリヒ・ルイス(ルートヴィヒ)・ダレスト(Heinrich Louis d'ArrestまたはHeinrich Ludwig d'Arrest、1822年7月13日 - 1875年6月14日)はプロシアの天文学者。ライプツィヒ大学で天文学の教授を務めた。ヨハン・ゴットフリート・ガレのもとで働いていた学生時代に海王星発見に貢献したエピソードで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハインリヒ・ダレスト · 続きを見る »

ハインリヒ・オルバース

ハインリヒ・ヴィルヘルム・マトイス・オルバース(Heinrich Wilhelm Matthäus Olbers, 1758年10月11日 - 1840年3月2日)は、ドイツの天文学者・物理学者・医師。 ヴィルヘルム・オルバースもしくはハインリヒ・ヴィルヘルム・オルバースと書かれることが普通である。 ドイツのブレーメンで生まれ、ゲッティンゲンで医師となるための勉強を重ねた。1780年に大学を卒業し、ブレーメンで開業医となった。 オルバースは毎晩のように天体観測に明け暮れ、1802年3月28日に小惑星パラスを発見した。1807年3月29日には小惑星ベスタを発見した。 1815年3月6日、オルバースは周期彗星を発見し、オルバースの名が付けられた(13P/Olbers)。 オルバースは、「宇宙が一様で無限の広がりを持つならば、宇宙は無数の星によって太陽面のように明るく輝かなければならないが、現実の夜空が暗いのは何故か」という「オルバースのパラドックス」を提唱したことで知られる。 オルバースの名は、その功績を称えて、小惑星や月のクレーターに付けられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハインリヒ・オルバース · 続きを見る »

ハインリヒ・クロイツ

ハインリヒ・カール・フリードリヒ・クロイツ(Heinrich Carl Friedrich Kreutz、1854年9月8日 - 1907年7月3日)はドイツの天文学者である。太陽に非常に接近する彗星(サングレーザー)の多くが数百年前に分裂した一つの非常に巨大な彗星の破片であることを示した。これらの彗星はクロイツ群と呼ばれている。 クロイツはジーゲンに生まれた。ボン大学で、アーダルベルト・クリューガー (Adalbert Krüger) やエドゥアルト・シェーンフェルト (Eduard Schönfeld) に学んだ。1880年にウィーンでテオドール・オッポルツァー (Theodor Oppolzer) のもとで数ヶ月働いた。1882年にベルリンの天文計算センター (Astronomisches Recheninstitut) で計算係を務め、1883年にキール大学へ移り、クリューガーのもとで働いた。1889年から観測も行うようになり、1891年にはキール大学の天文学の教授となった。この頃クリューガーの娘と結婚した。1896年にクリューガーが亡くなると、クリューガーの後をついで天文雑誌『アストロノミシェ・ナハリヒテン』 (Astronomische Nachrichten) の仕事を受け継いだ。 クロイツは太陽に非常に接近するいくつかの彗星の軌道を調べ、それらがほとんど同一の軌道を周っていたことから、これらの彗星は巨大な彗星が分裂したものだと結論した。クロイツ群のひとつが1965年に出現した池谷・関彗星で、非常に明るくなった彗星として知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とハインリヒ・クロイツ · 続きを見る »

バルト・ボーク

バルトロメウス・ヤン・"バルト"・ボーク(Bartholomeus Jan "Bart" Bok、1906年4月28日 - 1983年4月28日)は、オランダ生まれで、後にアメリカ合衆国の市民権を得た天文学者である。バート・ボック(あるいはボク)とも表記される。宇宙の構造を研究し、ガス星雲の中の小さい暗い斑点状の天体、ボーク・グロビュール(Bok globules:ボーク小球体、ボーク胞子)を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とバルト・ボーク · 続きを見る »

バルダッサル・カプラ

バルダッサル・カプラ(Baldessar Capra、1580年 - 1626年)はイタリアの天文学者である。ガリレオとの2つの争いで知られる。 ミラノ出身でパドヴァ大学でジーモン・マリウスのもとで、数学と天文学を学んだ。1604年にガリレオがへびつかい座にあらわれた新星が月よりも遠い位置にあることを示したのに対して(恒星界が不変であるというアリストテレスの宇宙観と対立する結果であった)、1605年にカプラはガリレオの観測が不完全なものであると主張する冊子を発表した。さらに1607年にはガリレオの発明した比例コンパスについて、剽窃した冊子を発表したが、ガリレオの激しい抗議により、パドヴァ大学で公判が行われ、パドヴァ大学を追放された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とバルダッサル・カプラ · 続きを見る »

バンジャマン・バイヨー

バンジャマン・バイヨー(Édouard Benjamin Baillaud,1848年2月14日 – 1934年7月8日)は、フランスの天文学者である。天体力学の分野で研究を行い、天体図(Carte du Ciel)国際プログラムを推進し、初代の国際天文学連合の会長を務めた。 高等師範学校とパリ大学で学び、1872年からパリ天文台で働いた。1878年から1907年の間トゥールーズ天文台の所長とトゥールーズ大学の自然科学の学部長を務めた。天体図(Carte du Ciel)国際プログラムを推進し、天体力学の分野で土星の衛星の運動を研究した。 1903年、海抜2865mのピレネー山脈の山中のピク・デュ・ミディ天文台(アマチュア天文家によって1850年代に設立されたが、気象観測所として使用されていた)に50cmの屈折望遠鏡と25cmの反射望遠鏡を設置するのを指揮した。1907年にパリ天文台の所長となり、1919年に国際天文学連合を設立し、初代の会長となった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とバンジャマン・バイヨー · 続きを見る »

ポール・ルドゥー

ポール・ルドゥー(Paul Joseph Ledoux、1914年8月8日 – 1988年)はベルギーの天体物理学者である。恒星の安定性に関する問題を研究した。 オスロの天体物理研究所、ストックホルム天文台、ヤーキス天文台などで働いた。1947年からリエージュ大学の助手、1959年に教授となった。Marcel Migeotteとともにリエージュ大学の天体物理研究所の評価を高めた。 1964年にフランキ賞、1972年に王立天文学会からエディントン・メダルを受賞した。 Category:ベルギーの天文学者 Category:リエージュ大学の教員 Category:1914年生 Category:1988年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とポール・ルドゥー · 続きを見る »

ポール・スウィングス

ポール・スウィングス ポール・スウィングス(Pol F. Swings 、1906年9月24日 - 1983年10月28日)はベルギーの天体物理学者である。天体、特に彗星からのスペクトルの研究を行い、天体の化学組成をあきらかにしたことで知られる。 リエージュ大学で博士号を得る。1932年から1975年までリエージュ大学の教授を務めた。 1930年代に彗星分光学の分野を研究し、彗星からのスペクトルに炭素のラジカルの強い輝線を発見し、これはスウィングス・バンドと呼ばれる。またスイングス効果を発見した。1948年にベルギーの権威ある賞であるフランキ賞を受賞した。1964年から1967年まで国際天文学連合の会長を務めた。 Category:ベルギーの天文学者 Category:リエージュ大学の教員 Category:1906年生 Category:1983年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とポール・スウィングス · 続きを見る »

ポセイドニオス

ポセイドニオス(Posidonius または ロドスのポセイドニオス Poseidonios of Rhodes 、Ποσειδώνιος ὁ Ρόδιος、アパメイアのポセイドニオス Poseidonios of Apameia (ὁ Απαμεύς)、紀元前135年頃 - 紀元前51年)はギリシャのストア派の哲学者、政治家、天文学者、地理学者、歴史家、教師である。その時代の最高の万能の知識人であった。膨大な著作をおこなったが現在はその断片しか伝わっていない。 ポセイドニオスは北シリアのローマ都市アパメアに生まれた。アテネでストア派の学者パナイティオスのもとで学んだ。紀元前95年にロドス島に移り、科学の研究で評判を得た。ロドス島では政治家として働き、紀元前87年から86年の間はガイウス・マリウスやルキウス・コルネリウス・スッラの時代のローマで大使を務めた。多くのギリシャ知識人とともに、混乱した世界を安定させる勢力としてローマに期待し、ローマの支配層とのつながりはポセイドニオスの政治的な立場だけでなく、科学の研究にも重要なものとなった。ローマの支援を得て、ローマ支配下の地域に旅行することが可能となった。 ロドスから何度か科学研究のための旅行を行い、旅行した場所にはギリシャ、イスパニア、イタリア、シシリー、ダルマチア、ガリア、リグーリア、北アフリカ、アラビアの東海岸が含まれる。イスパニアでは現在のカディスであるGadesで潮の干満を研究し、その原因が月の運動にあると考えた。 天文学の分野ではクレオメデスの著書にポセイドニオスの著作が引用されて伝わっている。ポセイドニオスは太陽が生命のもとであるという理論を進めた。太陽の距離と大きさを計り、太陽までの距離は地球の半径の9893倍と見積もった。実際の距離の半分以下であったがアリスタルコスらが求めた距離よりも、大きくより近いものであった。また月までの距離の測定も行った。 地理学の分野においては、エラトステネスによる地球の大きさの見積もりから約100年後に、同様の方法を用いてアレクサンドリア-ロドス島間の緯度差を測定し、7.5度という結果を得た(実際は5度14分程度)。ロドス島はアレクサンドリアよりも若干西方にあるのだが、同じ子午線上にあるとみなし、船の速度と航海の期間から仮想的な子午線弧長を5,000スタディアと仮定し、地球の全周長として240,000スタディアを得た。古代の単位であるスタディオンから現在の距離単位への換算は諸説があり非常に幅があるのだが、概ね申し分のない結果を得たとされる。 キケロによれば、ポセイドニオスは太陽や月や惑星の位置をしめす器具(現在アンティキティラ島の機械と呼ばれる装置か、その原型になったものと想像される)を組み立てたとされる。 Category:ギリシャの天文学者 Category:ギリシャの政治家 Category:古代ギリシアの哲学者 Category:古代ギリシアの歴史家 Category:古代ギリシアの地理学者 Category:古代ギリシアの教育者 Category:紀元前の学者 Category:測量に関する人物 Category:紀元前130年代生 Category:紀元前51年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とポセイドニオス · 続きを見る »

メトン

アテナイのメトン(Meton of Athens)は、紀元前5世紀のギリシャの数学者、天文学者、技術者である。19太陽年は235朔望月にほぼ等しいというメトン周期に名前が残されている。紀元前432年のアッティカ暦で、太陰太陽暦で閏月を入れる回数を求めるのにメトン周期は用いられた。 メトンはアテナイの生まれで、ギリシャで最初に正確な観測を行った天文学者の一人である。弟子のエウクテモンとともに紀元前432年の夏至の日を観測し、これがアテナイの新年の始まりとしたことが伝えられている。メトンの著作は現在に伝わっていない。 古代アテナイの喜劇作家アリストパネスの喜劇『鳥』(紀元前414年)に、幾何学者として登場させられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とメトン · 続きを見る »

モーリス・ローイ

モーリス・ローイ(Maurice Loewy、1833年4月15日 – 1907年10月15日)はフランスの天文学者である。本名はモーリッツ・レヴィ(Moritz Loewy)。.

新しい!!: 天文学者の一覧とモーリス・ローイ · 続きを見る »

モーリス・アミー

モーリス・アミー(Maurice Theodore Adophe Hamy、1861年10月31日 - 1936年4月9日)はフランスの天文学者である。天体力学、光学技術の開発をおこなった。干渉法による天体の直径の測定などを行った。 1908年にフランスの科学アカデミーの会員に選ばれ、ピエール・ジャンサンの後を継いで1908年から科学アカデミーの会長を務めた。経度局 (Bureau des longitudes) のメンバーも務めた。光学研究所 (l'Institut d'optique)、高等光学学校 (l'Ecole superieure d'optique) の設立者の一人である。 category:フランスの天文学者 Category:1861年生 Category:1936年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とモーリス・アミー · 続きを見る »

ヤン・ヴォルチェ

ヤン・ヴォルチェ(Jan Woltjer、1891年8月3日 - 1946年1月28日)はオランダの天文学者、ライデン大学の教授を務めた。彼の教えた学生にはジェラルド・カイパーがいる。 月のクレーターと小惑星(1795)ヴォルチェはヴォルチェの名を記念して名づけられた 息子のロードヴァイク・ヴォルチェ(Lodewijk Woltjer, 1930年- )も天文学者となり、国際天文学連合会長、ヨーロッパ南天天文台長などを務めた。 Category:オランダの天文学者 Category:ライデン大学の教員 Category:1891年生 Category:1946年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヤン・ヴォルチェ · 続きを見る »

ヤン・オールト

ヤン・ヘンドリック・オールト(Jan Hendrik Oort、1900年4月28日 - 1992年11月5日)は、オランダの天文学者・天体物理学者。まれにオーアトと表記されることもある。恒星の運動を統計的に研究し、銀河系にある恒星が地球から見ていて座方向にある一点を中心に公転していることを示し、さらに電波望遠鏡を用いて銀河系の渦巻き構造を明らかにした。また、長周期彗星の源としてオールトの雲の存在を提唱したことでも知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヤン・オールト · 続きを見る »

ヤンガ・R・フェルナンデス

ヤンガ・R・フェルナンデス(Yanga (Yan) Roland Fernández、1971年6月10日 - )は天文学者。 カナダのオンタリオ州のミシサガに生まれ、アメリカ合衆国のニューヨークで育った。カリフォルニア工科大学で研究の後、メリーランド大学で博士号を取得した。1999年からハワイ大学で研究し、スコット・S・シェパードと木星の衛星のカルメ群を発見した。 2005年にセントラルフロリダ大学の助教授となった。 小惑星(12225) ヤン・フェルナンデス(Yanfernández)の命名の由来となっている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヤンガ・R・フェルナンデス · 続きを見る »

ヤーコフ・ゼルドビッチ

ヤーコフ・ボリソヴィチ・ゼルドヴィチ(露:Я́ков Бори́сович Зельдо́вич、英:Yakov Borisovich Zel'dovich、1914年3月8日 – 1987年12月2日)は、ソビエト連邦の物理学者である。ソビエトの核兵器の開発に重要な役割をはたし、核物理学、素粒子物理学、天体物理学、相対性理論の分野で重要な業績をあげた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヤーコフ・ゼルドビッチ · 続きを見る »

ヤコブ・ベン・マキル・イブン・ティボン

ヤコブ・ベン・マキル・イブン・ティボン(Jacob Ben Machir ibn Tibbon、1236年頃 - 1304年頃)はユダヤ人の天文学者である。12世紀から13世紀にスペインとフランスで活動した学者・翻訳家・指導者の一族イブン・ティボン家の一人である。 マルセイユで生まれたと伝えられ、モンペリエで没した。Samuel ben Judah ibn Tibbonの孫で、プロバンス語名はDon Profiat Tibbon、ラテン語の書物ではProfatius Judæusと呼ばれる。 中世天文学の歴史において、重要な位置をしめ、ラテン語に訳されたイブン・ティボンの著作はコペルニクス、エラスムス・ラインホルト、クリストファー・クラヴィウスらによって引用されている。また ジャン・アストリュクの著書("Mémoires pour Servir à l'Histoire de la Faculté de Médecine de Montpellier")によれば有名な医師でもあった。 ユークリッドの "Elements"を含む、多くのアラビア語の科学書、哲学書をヘブライ語に訳した他、2冊のイブン・ティボンの天文学に関する著書がある。天文機器四分儀について著述や1300年の3月1日から始まる天文表があり、これらはラテン語に訳され高い評価を得た。 Category:スペインの天文学者 Category:フランスの天文学者 Category:ユダヤ人 Category:スペインの翻訳家 Category:フランスの翻訳家 Category:マルセイユ出身の人物 Category:1230年代生 Category:1300年代没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヤコブ・ベン・マキル・イブン・ティボン · 続きを見る »

ヤコブス・カプタイン

ヤコブス・カプタイン(Jacobus Cornelius Kapteyn, 1851年1月19日 – 1922年6月18日)は、オランダの天文学者である。我々の銀河系(天の川銀河)の研究を行い、銀河系の回転の証拠を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヤコブス・カプタイン · 続きを見る »

ユリウス暦

ユリウス暦(ユリウスれき、、、)は、共和政ローマの最高神祇官・独裁官・執政官ガイウス・ユリウス・カエサルにより紀元前45年1月1日から実施された、1年を365.25日とする太陽暦である。もともとは共和政ローマおよび帝政ローマの暦であるが、キリスト教の多くの宗派が採用し、西ローマ帝国滅亡後もヨーロッパを中心に広く使用された。 ローマ教皇グレゴリウス13世が1582年、ユリウス暦に換えて、太陽年との誤差を修正したグレゴリオ暦を制定・実施したが、今でもグレゴリオ暦を採用せずユリウス暦を使用している教会・地域が存在する。グレゴリオ暦を導入した地域では、これを新暦(ラテン語: Ornatus)と呼び、対比してユリウス暦を旧暦と呼ぶことがある。 なお、天文学などで日数計算に用いられるユリウス通日があるが、これはユリウス暦とは全く異なるものである。.

新しい!!: 天文学者の一覧とユリウス暦 · 続きを見る »

ユルバン・ルヴェリエ

ユルバン・ジャン・ジョセフ・ルヴェリエ(Urbain Jean Joseph Le Verrier、1811年3月11日 - 1877年9月23日)はフランスの数学者、天文学者。未発見であった海王星の位置を計算によって予測した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とユルバン・ルヴェリエ · 続きを見る »

ユルィヨ・バイサラ

ユルィヨ・バイサラ(1950年代初頭) ユルィヨ・バイサラ(Yrjö Väisälä,1891年9月6日(グレゴリオ暦) - 1971年7月21日)、はフィンランドの天文学者である。現在の北カルヤラ県コンティオラハティ(Kontiolahti)・ウトラ(現在のヨエンスー)出身。姓はヴァイサラとも表記する。兄は気象学者でヴァイサラ社の創業者ヴィルホ・ヴァイサラ(1889年-1969年)、弟は数学者のカッレ・ヴァイサラ(1893年-1968年)。 バイサラは光学機器の分野で貢献した。光学要素の性能を測定する方法を改良し、初期の高性能なシュミット式望遠鏡のいくつかを製作した。シュミット式望遠鏡の発明者の一人とされることもある。バイサラの製作したシュミット式望遠鏡はトゥルク大学で使われ、小惑星や彗星の探査に用いられた。 128個の小惑星の発見者であり、周期彗星の40P/バイサラ彗星を発見し、139P/バイサラ・オテルマ彗星の発見者の一人である。リイシ・オテルマを始めとする彼のグループは800個以上の小惑星を発見した。 彼の業績を記念して月のクレータと小惑星(1573)バイサラに彼の名前がつけられている。また、バイサラは自ら発見した2802番の小惑星に父ヴェイセルの名を、そしてオテルマが発見した2803番から2805番の小惑星に兄ヴィルホ、自分自身、そして弟カッレの名を付けた。 バイサラは、兄弟と共に熱心なエスペランティストでもあった。1968年には国際エスペラント科学者連盟(Internacia Scienca Asocio Esperantista)の総裁を務めた。また、自分で発見した小惑星に(1421)エスペラント、(1462)ザメンホフと命名している。 Category:フィンランドの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:彗星発見者 Category:エスペランティスト Category:トゥルク大学の教員 Category:北カルヤラ県出身の人物 Category:1891年生 Category:1971年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とユルィヨ・バイサラ · 続きを見る »

ユージン・ニューマン・パーカー

ユージン・ニューマン・パーカー(Eugene Newman Parker, 1927年6月10日 - )は、アメリカ合衆国の宇宙物理学者である。太陽の研究を行い、太陽の磁場を帯びた太陽風が、太陽の自転の影響でらせん状の磁場をつくるパーカー・スパイラル(Parker spiral)などに名前がつけられている。 ミシガン州立大学、カリフォルニア工科大学で学び、ユタ大学を経てシカゴ大学の教授となった。1950年代半ばの音速を越える太陽風の理論、パーカー・スパイラルの予測で有名である。1980年代に太陽コロナが太陽表面全体に発生する微小なフレアによって加熱されるという説を提案した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とユージン・ニューマン・パーカー · 続きを見る »

ユージン・シューメーカー

ユージン・マール・シューメーカー(Eugene Merle Shoemaker、1928年4月28日 - 1997年7月18日)はアメリカ合衆国の天文学者、惑星科学者。カリフォルニア州・ロサンゼルス出身。 プリンストン大学卒業後、クレーターに関する研究を行い、ネルトリンガー・リース、バリンジャー・クレーターが隕石の衝突によって形成されたと初めて科学的に立証した。1969年にカリフォルニア工科大学の教職に就き、のちの発見をもたらした小惑星の組織的な捜索を開始した。 その後、妻キャロライン・シューメーカーとデイビッド・レヴィとともに、数多くの小惑星、彗星を発見した。特に、シューメーカー・レヴィ第9彗星は、木星に衝突したことで有名となった。 1997年、オーストラリア・アリススプリングス付近でクレーターの調査中に交通事故で急逝した。後年、ユージン・シューメーカーの遺灰の一部はルナ・プロスペクターに搭載され、月面を歩くことだった彼の夢を叶えるべく月に送られている(宇宙葬)。 小惑星探査機NEARは、(433)エロスに着陸後、彼に弔意を表してNEARシューメーカーと改名し、同機の着陸地点は「シューメーカー・クレーター」と命名された。 また、オーストラリアにあるクレーターと、月のクレーター(ルナ・プロスペクターの着地地点)、同僚のエレノア・ヘリンが発見した小惑星(2074)シューメーカーにも命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とユージン・シューメーカー · 続きを見る »

ヨハネス・ハルトマン

ヨハネス・ハルトマン(1915年頃) ヨハネス・フランツ・ハルトマン(Johannes Franz Hartmann、アルゼンチン名:ホアン・アルトマン Juan Hartmann、1865年1月11日 - 1936年9月13日)はドイツ出身の天文学者。 エアフルトに生まれた。テュービンゲン、ベルリン、ライプツィヒで学び1891年に博士号を得た。1893年にクフナー天文台の助手となり、1894年にライプツィヒに戻り、1896年からポツダム天体物理天文台に勤務、1902年に教授となった。主に恒星の分光学的研究を行い、1904年に連星であるオリオン座δ星のドップラー効果の観測中にカルシウムの静止線を観測し、星間物質の存在を示した。1909年から1921年までゲッティンゲン大学の教授と、天文台長を務めた。1921年からはよりよい観測条件を求めてアルゼンチンに渡り、ラプラタ天文台の所長を務めた。1934年にゲッティンゲンに戻り2年後に没した。 アルゼンチンで3個の小惑星を発見した。アンゲリカは彼の妻の名、エルフォルディアは彼の生地エアフルトのラテン語名に由来する。 月の裏側にあるハルトマン・クレーターは彼に因んで命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハネス・ハルトマン · 続きを見る »

ヨハネス・ヴィルジング

ヨハネス・ヴィルジング(Johannes Wilsing 、1856年9月8日 – 1943年12月23日)はドイツの天文学者。 ベルリンに生まれた。ゲッティンゲン大学で学んだあとベルリン大学で学び、ベルリン大学から論文Über den Einfluss von Luftdruck und Wärme auf die Pendelbewegung(周期運動に対する気圧と温度の影響について(?))で博士号を得た。 1881年にポツダム天体物理天文台に入所し、1921年の引退までそこで働いた。始め、黒点の観測や太陽の自転周期の推定を含む太陽の研究を行った。1897年に太陽系に比較的近い恒星であるはくちょう座61番星の視差の測定を行った。 1898年にポツダム天体物理天文台の観測員になり翌年ユリウス・シャイナーと協力して太陽からの電波の検出を試みたが、成功しなかった。同じ年に新星のスペクトルについての説明を試みた。恒星の明るさや色や直径についての研究を行った。ポツダムで没した。 月のクレーターに ヴィルジングの名が命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハネス・ヴィルジング · 続きを見る »

ヨハネス・ヘヴェリウス

ヘヴェリウスによる月面図「セレノグラフィア」/1645年発表。科学的観測史上(望遠鏡による観測史上)、最も早くに作られた月面図の代表的一つ。彼が名付けた月の地名のいくつかは現在も使われている。月の輪郭が二重に描かれているのは、地球から見た月の位置的揺らぎの限界を示したものである。 ヨハネス・ヘヴェリウス(ラテン語:Johannes Hevelius 、ポーランド語:Jan Heweliusz 、ドイツ語:Johannes Hewel 、1611年1月28日 - 1687年1月28日)は、ポーランドの天文学者。月の地形学の創始者とされる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハネス・ヘヴェリウス · 続きを見る »

ヨハネス・ド・サクロボスコ

ヨハネス・ド・サクロボスコ(Johannes de Sacrobosco または Sacro Bosco 、John of Holywood、1195年頃 - 1236年頃)は、イギリス生まれの学者、天文学者である。パリ大学で数学と哲学を教え、中世の天文学のテキスト、『天球論』(Tractatus de Sphaera) を著した。 サクロボスコはラテン語で'holy wood'の意味で、ハリファックス ('Halifax') が生地で、そのラテン語名を名前にしたとされてきたが、異論もある。オクスフォード大学で学んだあと、1221年6月からパリ大学で学び、その後パリ大学で数学を教え、1230年頃、『天球論』を出版した。天動説宇宙論のテキストで、その後4世紀にわたって西ヨーロッパの学生のテキストとして用いられた。 数学の分野では『記数方論』(Tractatus de Arte Numerandi)、『アルゴリスムス』(Algorismus:計算法)はインド・アラビアの算術法のテキストとして用いられた。暦学の著書De Anni Rationeでユリウス暦が、10日の狂いが生じていることを指摘し、ユリウス暦は228年に1日の調整が必要であることを示した。パリで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハネス・ド・サクロボスコ · 続きを見る »

ヨハネス・ケプラー

ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler、1571年12月27日 - 1630年11月15日)はドイツの天文学者。天体の運行法則に関する「ケプラーの法則」を唱えたことでよく知られている。理論的に天体の運動を解明したという点において、天体物理学者の先駆的存在だといえる。一方で数学者、自然哲学者、占星術師という顔ももつ。欧州補給機(ATV)2号機、アメリカ航空宇宙局の宇宙望遠鏡の名前に彼の名が採用されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハネス・ケプラー · 続きを見る »

ヨハン・ハーゲン

ヨハン・ハーゲン(Johann Georg Hagen, 1847年3月6日 - 1930年9月5日)は、オーストリア出身の天文学者。 ブレゲンツで生まれた。1863年にドイツのゴルハイムでイエズス会に入会した。オーストリア・フェルトキルヒのイエズス会の大学、ボン大学、ミュンスター大学などで数学と天文学を学んだ。普仏戦争に衛生兵として従事した。 1872年にオットー・フォン・ビスマルクがドイツからイエズス会を追放すると、ハーゲンはイギリスへ移住し、さらに1880年にアメリカ合衆国に渡り、ウィスコンシン州のセイクレッド・ハート・カレッジで教職についた。ウィスコンシンでアメリカの市民権を得た。ここで天文学に興味をもち、小規模な天文観測所を設けた。1888年にジョージタウン大学天文台の所長となり、多くの論文や著書を執筆した。1906年教皇ピウス10世に招かれてローマのバチカン天文台の所長となった。1920年代にハーゲンの雲と呼ばれる、天空が薄く光る星間物質で覆われていることを発見したとされるが、必ずしも明確に存在が証明されていない。 ローマで没した。月のクレーターのひとつに名前が命名された。 Category:オーストリアの天文学者 Category:イエズス会士 Category:ジョージタウン大学の教員 Category:1847年生 Category:1930年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ハーゲン · 続きを見る »

ヨハン・ハインリッヒ・メドラー

ヨハン・ハインリッヒ・フォン・メドラー(Johann Heinrich von Mädler、メードラー、かつてはメドレルとも。1794年5月29日 – 1874年3月14日)はドイツの天文学者。 19歳から、妹たちを養うために、個人教師として働き、その縁で1824年に裕福な銀行家で、アマチュア天文家のヴィルヘルム・ベーアと知り合った。1829年にベーアは ヨゼフ・フォン・フラウンホーファーによって製作された95mm屈折望遠鏡を備えた私設天文台を設立し、メドラーはそこに雇われた。1830年に火星の地図の製作を始めた。これは現在子午線の湾(Sinus Meridiani, 「シヌス・メリディアニ」)として知られる点を子午線の基準とした最初の地図である。ベーアとメドラーは火星の自転周期を13秒ほどの誤差で求めた。1837年に再度求めた自転周期の誤差は1.1秒であった。 1834年から1836年の間に、正確な月の地図 Mappa Selenographicaを出版し、1837年に月の著書(Der Mond)を出版した。これらの著書は長い間、月に関する最もすぐれた著書とされた。月の地形が変化せず、月に大気や水のない証拠を示した。 1836年、ヨハン・フランツ・エンケによってベルリン天文台の観測者に任命され、240mmの屈折望遠鏡で観測を行った。1840年にフリードリッヒ・フォン・シュトルーベがプルコヴォ天文台に移った後を継いで、エストニアのドルパート(タルトゥ)の天文台の所長となった。ドルパート天文台では、シュトルーベの後をついで二重星の観測などの天文観測のほか、気象観測も行った。1865年に引退するとドイツに戻った。 恒星の固有運動を調べ、銀河の中心がプレアデス星団にあり太陽はその周りを回っているという理論を提出したが、銀河の中心をプレアデス星団としたのは誤っていた。 1873年のGeschichte der Himmelskunde(『天文学の歴史』)を含む多くの著書を著した。 Category:ドイツの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:1794年生 Category:1874年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ハインリッヒ・メドラー · 続きを見る »

ヨハン・バイエル

ヨハン・バイエル(Johann Bayer, 1572年 - 1625年3月7日)は、ドイツの法律家。名はヨーハンとも、姓はバイアーともバイヤーとも表記することがある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・バイエル · 続きを見る »

ヨハン・ボーデ

ヨハン・エレルト・ボーデ(Johann Elert Bode, 1747年1月19日 - 1826年11月23日)は、ドイツの天文学者である。ヨハン・ティティウスが発見した太陽系の惑星の軌道に関する法則を世に紹介したこと、ウィリアム・ハーシェルの発見した新惑星(天王星)に Uranus の名前を提案したことで知られる。また、後にメシエ天体に数えられる天体を数多く発見している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ボーデ · 続きを見る »

ヨハン・パリサ

ウィーン天文台に設置されているヨハン・パリサの銘板 ヨハン・パリサ(Johann Palisa, 1848年12月6日 - 1925年5月2日)は19世紀から20世紀にかけて活躍したオーストリアの天文学者である。シレジアのトロッパウ(現在のチェコ共和国オパヴァ)出身。1872年からトリエステ・ポーラのポーラ海軍天文台で勤務したのち、1880年からウィーン大学のウィーン天文台で活躍した。 彼は非常に多くの小惑星を発見しており、1874年から1923年まで122個も発見した。また一晩で小惑星を3つ新発見した日もある。1883年にはタヒチへ遠征して日食観測を行っている。また星表の製作も行っている。 (914)パリサナ、月のクレーター・パリサは彼に因んで命名された。 1925年にウィーンで死去した。 Category:オーストリアの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:ウィーン大学の教員 Category:シレジア・ドイツ人 Category:チェコ系オーストリア人 Category:オパヴァ出身の人物 Category:1848年生 Category:1925年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・パリサ · 続きを見る »

ヨハン・ビュルグ

ヨハン・ビュルグ ヨハン・ビュルグ(Johann Tobias Bürg 、1766年12月24日 - 1835年11月15日)はオーストリアの天文学者である。正確な月の運行表を作成した。 ウィーンに生まれた。ケルンテン州のクラーゲンフルトのギムナジウムで天文学教授として働いた。1792年から引退した1813年までウィーンの天文台の観測助手を務めた。 月の正確な運行表を出版し、1806年フランス科学アカデミーの会員となった。彼の名前は月のクレータに命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ビュルグ · 続きを見る »

ヨハン・ティティウス

ヨハン・ダニエル・ティティウス(Johann Daniel Titius、ティティウスはラテン名で本名はTietz 1729年1月2日 - 1796年12月11日)はドイツの天文学者、物理学者、生物学者。太陽系の惑星の太陽からの距離は簡単な数列で表せるというティティウス・ボーデの法則で知られる。 西プロイセンのコニッツ(現在のポーランド領)に生まれた。父親の早逝により、ダンツィヒで大学教授を務めていた叔父によって教育を受けた。ライプツィヒ大学で学び、同大学で講師となった後1756年からヴィッテンベルク大学で数学の教授、後に物理学の教授を務めた。教授職のかたわら多くの翻訳を行った。1766年の訳書、シャルル・ボネ『自然の思想』第2版の訳注に惑星の太陽からの距離の法則を書き加えた。ティティウス・ボーデの法則は新しい惑星の発見をうながす契機となった。 小惑星(1998)ティティウス、月のティティウスクレータはティティウスに因んで命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ティティウス · 続きを見る »

ヨハン・フランツ・エンケ

ヨハン・フランツ・エンケ(Johann Franz Encke, 1791年9月23日 - 1865年8月26日)は、ドイツの天文学者である。エンケ彗星の軌道を求めた業績などで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・フランツ・エンケ · 続きを見る »

ヨハン・フォン・ラモント

ラモントの墓(ミュンヘンのボーゲンハウゼン) ヨハン・フォン・ラモント(Johann von Lamont, 1805年12月13日 - 1879年8月6日)は、ドイツの天文学者である。 スコットランドのブレマーのCorriemulzieに生まれた。1817年に父親が死ぬとドイツのレーゲンスブルクに送られ、そこで神学を学んだ。科学に転じ1828年にボーゲンハウゼン天文台でヨハン・ゲオルク・フォン・ゾルトナーの助手となった。1835年にはボーゲンハウゼン天文台の所長となり、ミュンヘン大学の天文学の教授となった。天文台では星表の製作に携わった。 ラモントの最も重要な功績は地磁気の研究で、アレクサンダー・フォン・フンボルトらの地磁気の研究に興味を持ち、ポルトガルからデンマークまでヨーロッパ各地の地磁気の調査を行った。地磁気が約10年の周期で強さが変動し、ハインリッヒ・シュワーベの発見した太陽黒点の増減の周期に対応することを発見したとされる(エドワード・サビーンが発見者という説もある)。1850年には地電流を発見した。 また天王星と土星の衛星の軌道計算を行い、天王星の質量を初めて見積もった。たまたま1845年と1846年に海王星を観測していたが、それが未発見の惑星であることに気付かず発見の栄誉を逃している。 ミュンヘンで没した。 Category:19世紀の自然科学者 Category:スコットランドの天文学者 Category:ドイツの天文学者 Category:王立協会外国人会員 Category:ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンの教員 Category:アバディーンシャー出身の人物 Category:1805年生 Category:1879年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・フォン・ラモント · 続きを見る »

ヨハン・フォン・ゾルトナー

フォン・ゾルトナー(1816年の肖像画) ヨハン・ゲオルク・フォン・ゾルトナー(Johann Georg von Soldner、1776年7月16日 - 1833年5月13日)はドイツの物理学者、数学者、天文学者。 フォイヒトヴァンゲンで生まれた。はじめベルリンで働き、1808年にミュンヘンで測地学の分野で働いた。ボーゲンハウゼン天文台で働き、バイエルンの測量事業を指揮した。地図の投影法のゾルドネル図法に、ゾルトナーの名前が残されている。 1801年にニュートンの万有引力の法則から光子に質量があると仮定した時の天体の重力による、光線の曲がる角度を計算したことでも知られる(光子の質量がわからなくても、曲がる角度は計算することができる。ヘンリー・キャヴェンディッシュも1783年に計算している)。これらの値はアルベルト・アインシュタインは一般相対性理論を使って、光が天体の重力によって曲げられる角度は万有引力の法則で得られる角度の2倍であることを示し、これが観測によって確認された。 Category:ドイツの物理学者 Category:ドイツの数学者 Category:ドイツの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:1776年生 Category:1833年没 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・フォン・ゾルトナー · 続きを見る »

ヨハン・ドッペルマイヤー

ヨハン・ドッペルマイヤー(Johann Gabriel Doppelmayr、 1677年9月27日 - 1750年12月1日)はドイツの天文学者である。1742年の 『新編星図』(Atlas Coelestis)などの著者として知られる。 ニュルンベルクに生まれた。アルトドルフ大学、ハレ大学で学んだあとオランダ、イギリスに学び1704年からニュルンベルクのギムナジウムの数学の教授を務めた。 1730年出版の科学史の著書Historische Nachricht von den Nürnbergischen Mathematicis und Künstlernも有名である。1728年から銅版画家Johann George Puschnerと『新編星図』(Atlas Coelestis)を著し、1742年に出版した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ドッペルマイヤー · 続きを見る »

ヨハン・ベンツェンベルク

Johann Friedrich Benzenberg ヨハン・ベンツェンベルク(Johann Friedrich Benzenberg、1777年5月5日 - 1846年6月8日)はドイツの物理学者、測地学者、著述家。 ヴッパータールの近郊のショレール (de:Schöller) に生まれた。マールブルク大学で神学を学び、ゲッティンゲン大学で物理学と数学を学んだ。1805年にデュッセルドルフの高校(Lyzeum)の物理学と天文学の教授に任命された。測地学に転じた。 測量術の学校を作り、測量術の教科書『Handbuch der angewandten Geometrie』を出版した。1843年デュセルドルフに私設の天文台をつくり、この天文台で後にロベルト・ルターらによって多くの小惑星が発見された。 物理学の分野では地球の自転を証明するために落体の落下位置のずれを測定する実験を行ったことで知られる。1802年から実験を始めた。ハンブルクの聖ミヒャエル教会 (en:St. Michaelis' Church, Hamburg) の塔の内部に高さ76.30mから落体を落とし、平均で9mmの落下位置のずれを測定した。この結果はオルバースやガウスによって検討され、ガウスによる理論計算の予測値8.7mmに近いことから、自転の証明は成功したとされた。これはレオン・フーコーの振り子の実験による地球の自転の証明(1850年)より早い結果である。 デュッセルドルフ=ビルク (w:Düsseldorf-Bilk)で没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ベンツェンベルク · 続きを見る »

ヨハン・ギルデン

ヨハン・ギルデン(Johan August Hugo Gyldén、1841年5月29日 - 1896年11月9日)は、スウェーデンの天文学者。天体力学の分野で惑星・衛星の運動を研究した。 ヘルシンキに生まれた。ドイツのゴータでペーター・ハンゼンのもとで学んだ後、1862年から1865年までプルコヴォ天文台で働き、1871年から1896年までストックホルム天文台の天文台長を務めた。 天体力学の分野で多くの論文を発表し、オットー・ブレンデルらの研究の先駆をなした。 小惑星ギルデニアはギルデンを記念して名付けられた。 Category:スウェーデンの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ストックホルム大学の教員 Category:フィンランド系スウェーデン人 Category:ヘルシンキ出身の人物 Category:1841年生 Category:1898年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ギルデン · 続きを見る »

ヨハン・ゴットフリート・ガレ

ヨハン・ゴットフリート・ガレ(Johann Gottfried Galle, 1812年6月9日 ザクセン・アンハルト州グレーフェンハイニヒェン近郊 - 1910年7月10日)はドイツの天文学者。ベルリン天文台で学生のハインリヒ・ルイス・ダレストとともに1846年9月23日に初めて海王星を観測し、これが新惑星であることを確認した。海王星の観測にあたっては、捜索領域を決定するためにユルバン・ルヴェリエの計算を用いた。 ガレは1835年、ベルリン天文台の完成後すぐにヨハン・フランツ・エンケの助手として働き始めた。1851年に彼はブレスラウ(現在のポーランド・ヴロツワフ)に移り、ブレスラウ大学の天文学教授とこの地の天文台の台長に就任した。 ガレは生涯を通じて彗星を研究し、1894年に、息子のアンドレアス・ガレとともに、414個の彗星のリストを発表した。ガレ自身も、1839年12月2日から1840年3月6日までの短い期間に3個の彗星を発見している。また、小惑星の視差が太陽系の距離決定に使えることを指摘した 著、小平桂一 監修 『カラー天文百科』 平凡社、1976年3月25日初版第1刷発行、291頁。。小惑星の視差による距離決定はガレの死後20年目に実現している。 ガレの業績にちなんで、月のクレーター、火星のクレーター、及び海王星の環に、ガレの名が付けられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ゴットフリート・ガレ · 続きを見る »

ヨハン・シュレーター

ヨハン・ヒエロニュムス・シュレーター(Johann Hieronymus Schroeter, 1745年8月30日 - 1816年8月29日)は、ドイツの天文学者。 エアフルトに生まれ、ゲッティンゲン大学で法律を学び、10年ほど法律の仕事についた。 1777年にウィリアム・ハーシェル兄弟を援助したことで知られるハノーファー王ゲオルク3世(イギリス王ジョージ3世)の王室の秘書に任じられることによって、天文学に興味を持ち、口径50mm、91cm長の屈折望遠鏡を購入し、太陽や月、金星の観測を始めた。1781年のハーシェルによる天王星の発見に刺激を受けて、より天文学に専念するために職を辞し、リリエンタールの市長の職についた。 1784年にハーシェルから12cm口径の122cmの焦点距離の反射望遠鏡を購入し、すぐに観測家として知られるようになった。さらに1786年には16.5cm口径で214cmの焦点距離の倍率1200倍の望遠鏡を6ヶ月分の収入に相当する値段で購入し、金星、火星、木星、土星の観測を行った。 1791年に月の地形図を "Selenotopographische Fragmente zur genauern Kenntniss der Mondflache" として出版した。1793年にはシュレータ効果と呼ばれることになる金星の満ち欠けの見え方の変化について気が付いた最初の一人となった。1800年頃にはフランツ・フォン・ツァハらと新惑星を探索する、通称リリエンタール探偵団をつくり、1804年にはカール・ハーディングがシュレーターの観測所で小惑星ジュノーを発見した。 1816年にニーダーザクセン州のリリエンタールで死去した。 ナポレオン戦争でフランス軍により、シュレーターの観測所は破壊された。シュレータの火星の図はその没後、1873年に再発見され、1881年に出版された。 小惑星3707番シュレーター(Schröter)、4983番シュレーテリア(Schroeteria)、月のクレーター、火星のクレーター、月のシュレーター谷などにシュレーターの名は命名されている。 Category:ドイツの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:エアフルト出身の人物 Category:1745年生 Category:1816年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・シュレーター · 続きを見る »

ヨハン・シサット

Johann Baptist Cysat ヨハン・バプティスト・シサット(Johann Baptist Cysat、ラテン語名 キサトゥスまたはキサトス Cysatus、フランス語名 Jean-Baptiste Cysat、1587年頃 - 1657年3月17日)は、スイスのイエズス会の数学者、天文学者。 ルツェルンに生まれた。父親は日本についての書物Von den Japanischen Inseln und Konigreichen(「日本諸島実記」)を出版したレンヴァルト・シサット(Renward Cysat, 1545年 - 1614年)である。1604年にイエズス会に入り、1911年にインゴルシュタットでクリストフ・シャイナーの黒点の観測を手伝った。シャイナーは後にガリレオ・ガリレイと黒点で論争することになる。1618年、インゴルシュタット大学の数学の教授になったが、天文の研究を続けた。シサットは初めて望遠鏡を使った天体観測をおこなった人々の一人である。 彗星の研究を行い、1618年に出現した彗星を観測し、Mathematica astronomica de loco, motu, magnitudine et causis cometae qui sub finem anni 1618 et initium anni 1619 in coelo fulsit.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・シサット · 続きを見る »

ヨハン・ステイン

ヨハン・ステイン(Johan Stein 、Johannes Wilhelmus Jacobus Antonius Stein、1871年2月27日 - 1951年12月27日)はオランダ生まれの、天文学者でイエズス会員である。 フラーヴェ(Grave)に生まれた。ライデン大学でヘンドリック・ゲラルドゥス(Hendricus Gerardus van de Sande Bakhuyzen)のもとで学んだ後、1906年からバチカン天文台で働き、1910年からはローマを離れアムステルダムのイグナティウス・カレッジで教えた。1930年からバチカン天文台長となり、天文台のカステル・ガンドルフォへの移転を行った。変光星、二重星の研究を行った。変光星のカタログStelle doppie nel catalogoや星図Atlas stellarum variabliumを編集した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨハン・ステイン · 続きを見る »

ヨシフ・シクロフスキー

ヨシフ・サムイロヴィチ・シクロフスキー(Иосиф Самуилович Шкловский、ジョセフ・シュクロフスキーとも:1916年7月1日 – 1985年3月3日)はソビエト連邦の天文学者、天体物理学者である。 ウクライナのフルーヒウに生まれた。バイカル・アムール鉄道(バム鉄道)建設の監督として働いた後、1933年モスクワ大学の物理数学部に入学した。1938年からシュテルンベルク天文研究所に入り、電波天文学部門を率いた。 理論天体物理学と電波天文学が専門であるが、太陽コロナ、超新星、宇宙線とその起源を研究した。1946年に太陽からの電波の放射がコロナの電離層から発生していることを示した。銀河からの電波の熱的放射と非熱的放射を区別する方法を方法を開発し、かに星雲からの電波が高エネルギー粒子が磁場に曲げられたことによるシンクロトン放射であると説明した。 シクロフスキーは太陽系から300光年以内で起こった超新星爆発によって生じた宇宙線が地球に降り注いだことによって、地球の生物の大絶滅がおこりえたという説を提案した。 また、火星の衛星フォボス人工天体説を唱えていた。 一般向けの科学書の著者でもあり、カール・セーガンとの共著Intelligent Life in the Universe などがある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨシフ・シクロフスキー · 続きを見る »

ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー

ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー(Joseph von Fraunhofer 、1787年3月6日『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.1-54「世界史の中の屈折望遠鏡」。 - 1826年6月7日)は、ドイツの光学機器製作者、物理学者である。太陽光のスペクトルの中のフラウンホーファー線、光学分野のフラウンホーファー回折に名前を残している。ドイツの応用研究と技術移転の機関「フラウンホーファー研究機構」は彼の名前に由来する。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヨゼフ・フォン・フラウンホーファー · 続きを見る »

ラルフ・サムプソン

ラルフ・アレン・サムプソン(Ralph Allen Sampson、1866年6月25日 – 1939年11月7日)は、イギリスの天文学者である。 1888年にケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジを卒業した。1895年にダラム大学の数学教授になった。ジョン・クーチ・アダムズの弟子で、アダムズの没後の1900年に出版されたアダムズの論文集の第1部を編集した。1910年にスコットランド王室天文官になり、エディンバラ大学の天文学の教授になった。恒星の色温度研究のパイオニアワークを行った。 1910年に木星の4大衛星表Tables of the Four Great Satellites of Jupiter を発表し、1920年に4大衛星の運動論の研究成果を発表した。その功績により1928年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。 Category:イギリスの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:エディンバラ大学の教員 Category:ダラム大学の教員 Category:ケンブリッジ大学出身の人物 Category:1866年生 Category:1939年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とラルフ・サムプソン · 続きを見る »

ラディスラス・ワイネック

Ladislaus Weinek 1891 ラディスラス・ワイネック(ヴァイネック/ワイネクとも、 Ladislaus Weinekまたは Weinek László 、Ladislav Weinek、1848年2月13日 – 1913年11月12日)はオーストリア・ハンガリー帝国治下にあったブダ生まれの天文学者。プラハ天文台長を務め、プラハで没した。 ウィーンに学び、その後しばらくドイツのシュヴェリンの写真研究所で働いた。 1874年、金星の日面通過を観測するためケルゲレン諸島に派遣されたドイツ観測隊に加わった。観測結果はドイツの学術誌 Nova Acta Leopoldinaに発表した。1833年にプラハ大学の教授となり、クレメンティヌム天文台長となった。フリードリッヒ・キュストナーと協力して、天文緯度変化の測定を行い、地球の極運動を発見した。 リック天文台やムードン天文台で撮影した月面写真を用いて1894年に初めて写真に基づいて作成された月面図を発表した。 月のクレータや小惑星(7114) Weinekにワイネックの名が命名されている。 Category:ハンガリーの天文学者 Category:プラハ・カレル大学の教員 Category:ブダペスト出身の人物 Category:1848年生 Category:1913年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とラディスラス・ワイネック · 続きを見る »

ラシード・スニャーエフ

ラシード・スニャーエフ(Rashid Alievich Sunyaev、Рашид Алиевич Сюняев1943年3月1日 - )はウズベク・ソビエト社会主義共和国(現ウズベキスタン)タシュケント生まれの天体物理学者である。ヤーコフ・ゼルドビッチと共に、銀河団内のガスによって宇宙背景放射の見かけの平均エネルギーが高くなるというスニャーエフ・ゼルドビッチ効果の存在を予言したことなどで知られる。 モスクワ工科大学、モスクワ大学で学び、1992年からロシア科学アカデミーの高エネルギー宇宙部門の部長、マックス・プランク研究所宇宙物理研究所の所長などをつとめている。ゼルドビッチとともにスニャーエフ・ゼルドビッチ効果を提案した他、ニコライ・シャクラとともにブラックホールの降着円盤モデルなどの分野においても業績がある。 ドイツとロシアの二重国籍を持つ。.

新しい!!: 天文学者の一覧とラシード・スニャーエフ · 続きを見る »

リチャード・ベレンゼン

リチャード・ベレンゼン(Richard E. Berendzen、1938年 - )はアメリカ合衆国の天文学者。オクラホマ州に生まれる。1974年からアメリカン大学教授。1980年から1991年までアメリカン大学の学長を務め、教育のレベルを高め、優れた大学へと改革した。男子サッカーチームは全米大学体育協会に出場し、名声を上げるなど、多くの分野で賞を受け大学の評判は著しく上がった。 だが、彼には少年時代に性的虐待を受けた体験があった。8歳のころ両親の性行為を目撃し、そのとき母親から「Come here(こっちに来なさい)」と言われ、三人での性行為をさせられたのである。さらに11歳のころに、またもや母親から「Come here」と言われて今度は二人でセックスをさせられた。そして、その後数ヶ月間にわたって断続的に母親と近親姦をさせられたのだが、母親が一方的に性交を終わらせてしまっていた。彼はその母親からの性的虐待を「ハリケーンが私の小船に襲い掛かった」と著書で述べている。 やがて彼は大学の執務室から、たびたび匿名で自分が幼児に性的虐待を加えているという内容の猥褻電話を強迫的にかけ続けるようになり、警察もこの電話の発信源を調べ始めた。そして警察の動きを知った大学の理事たちに追及され、突然大学を辞任する。その理由は伏せられていたが、有名人の不自然な辞任に周囲は騒然となり、マスコミはその事情を調べ大きく取りあげた。 彼自身心理療法を数々受ける事態となり、裁判沙汰になったが、その後家族の支援などもあり立ち直った。現在もNASAの職員を務めている。ただし、アメリカン大学における全時間の勤務は2006年8月をもって終えた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とリチャード・ベレンゼン · 続きを見る »

リチャード・ウーリー

リチャード・ウーリー(Sir Richard van der Riet Woolley 、1906年4月24日 – 1986年12月24日)はイギリスの天文学者である。太陽天文学が専門で、1955年から王室天文官となった。 ドーセット州のウェイマスに生まれた。家族と南アフリカ連邦に移り、ケープタウン大学で学んだ後、イギリスに戻りケンブリッジ大学で学んだ。ウィルソン山天文台に2年働いた後1933年からグリニッジ天文台で働いた。 太陽天文学の専門家で、1939年オーストラリア、キャンベラのストロムロ山天文台(コモンウェルズ太陽天文台)の所長となった。後にイギリスに戻り1956年から1971年王室天文官(グリニッジ天文台長)を務めた。天文台機能のグリニッジからハーストモンシュウへの移転を指揮した。1971年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1972年から1976年まで新設された南アフリカ天文台の所長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とリチャード・ウーリー · 続きを見る »

リチャード・キャリントン

リチャード・クリストファー・キャリントン(Richard Christopher Carrington、1826年5月26日 – 1875年11月27日)はイギリスの天文学者である。太陽黒点の観測を行い、太陽の自転軸の傾きを求めた。黒点の活動の周期性を示す観測を行った。 チェルシーの豊かな醸造業者の家に生まれた。1849年からダーラム大学の天文台に加わり1852年には私設の天文台をつくって天体観測を始めた。1859年に太陽のフレアの発生を目撃し、その翌日におきたオーロラの活動の活発化との関連を考えた最初の一人である。1863年に黒点の観測から太陽の自転軸の傾きを求めた。太陽黒点数の周期性の発見はハインリッヒ・シュワーベによってなされたが、黒点の発生した緯度を含む観測データはシュペーラーの法則の確立を導いた。 1859年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞し、1860年に王立協会のフェローになった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とリチャード・キャリントン · 続きを見る »

リュドミーラ・チェルヌイフ

リュドミーラ・イヴァーノヴナ・チェルヌイフ(チェルヌィフ;ロシア語:Людмила Ивановна Черныхリュドミーラ・イヴァーナヴナ・チルヌィーフ;ラテン文字転写:Lyudmila Ivanovna Chernykh、1935年6月13日 - )は、ロシアの女性天文学者である。256個の小惑星の発見者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とリュドミーラ・チェルヌイフ · 続きを見る »

リイシ・オテルマ

リイシ・オテルマ リイシ・オテルマ(Liisi Oterma、1915年 - 2001年4月4日)はフィンランドの女性天文学者である。フィンランドで最初に天文学の学位を得た女性である。 ユルィヨ・バイサラの助手として、小天体の観測を行い、周期彗星38P/ステファン・オテルマ彗星と39P/オテルマ彗星、139P/バイサラ・オテルマ彗星と54個の小惑星を発見した。1938年修士号を取得し、1956年女性として初めて天文学の学位を得た。1962年トゥルク大学の天文学の教授になった。 小惑星(1529)オテルマは彼女の名前から命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とリイシ・オテルマ · 続きを見る »

ルーペルト・ヴィルト

ルーペルト・ヴィルト(Rupert Wildt、1905年6月25日 - 1976年1月9日)は、ドイツ生まれで、後にアメリカ合衆国に帰化した天文学者である。 ミュンヘンに生まれた。1927年にベルリン大学で博士号を取得した後、ゲッティンゲン大学に移り、惑星大気の研究を行った。 1932年に木星やその他の外惑星のスペクトルを研究し、その吸収線がメタンやアンモニアなどの水素の化合物によるものであることを示した。木星の構造について、金属と岩石の固体のコアのまわりを氷のシェルが覆いさらに濃いガスの層覆われているモデルを提案した。 1934年にアメリカ合衆国に移住し、1937年から1942年の間プリンストン大学で研究助手を務めた後、バージニア大学の助教授を務め、1947年からイェール大学で働いた。 1937年、金星の大気がホルムアルデヒドのミストを含むことを示したが、その時点の観測では金星の大気に水を見つけることはできなかった。1940年金星大気の二酸化炭素の存在が温室効果で金星の温度を高くしていると分析した。 1965年から1968年の間、天文研究大学組織(Association of Universities for Research in Astronomy)の会長を務め、1966年から1968年の間イェール大学天文学部の議長をつとめ、1973年から没するまでイェール大学の名誉教授となった。マサチューセッツ州の Orleansで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルーペルト・ヴィルト · 続きを見る »

ルートヴィヒ・ザイデル

ルートヴィヒ・ザイデル(Philipp Ludwig von Seidel 、1821年10月24日 - 1896年8月13日)はドイツの数学者、光学者、天文学者である。光学の研究を行いザイデル収差で知られる。 ツヴァイブリュッケンに生まれた。1846年ミュンヘン大学で望遠鏡の光学系の研究を行い博士号を得た。1847年ミュンヘン大学の教授となった。1856年に収差理論に関する著書を出版しこれは長くこの分野の標準となった。 カール・アウグスト・フォン・シュタインハイルと光度計測の分野を研究した。1874年に連立一次方程式の解法であるガウス=ザイデル法を発表した。1879年から1882年までヨハン・フォン・ラモントの後を継いで、ボーゲンハウゼン天文台の所長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルートヴィヒ・ザイデル · 続きを見る »

ルードヴィッヒ・ビーアマン

ルートヴィヒ・ビーアマン(Ludwig Franz Benedikt Biermann、1907年3月13日 - 1986年1月12日) はドイツの宇宙物理学者である。彗星の尾(イオンテール)の動きから、それに働く力を計算し、太陽光の放射圧力以外の力があることを予測し、太陽風の存在を予測した。 ハノーファ工科大学などで学び、ゲッティンゲン大学で学位を得た。いくつかの大学で研究した後、ゲッティンゲン、その後ミュンヘンのマックス・プランク研究所(物理、宇宙物理)の所長となった。太陽の研究を行い、後にプラズマ物理学、太陽や銀河の磁場の研究を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルードヴィッヒ・ビーアマン · 続きを見る »

ルボシュ・コホーテク

ルボシュ・コホーテク(Luboš Kohoutek、1935年1月29日 - )はチェコの天文学者。多くの彗星、小惑星を発見した。 モラヴィアのZábřehに生まれた。ブルノとプラハの大学で物理学と天文学を学んだ後、チェコスロバキア科学アカデミーの天文学研究所で働いた。1967年にルボシュ・ペレクと1036の惑星状星雲を収録したカタログを出版した。ドイツのハンブルク天文台で働き、1968年のチェコ事件が起こると、ドイツに留まることを決めた。1970年代にコホーテク彗星 (C/1973 E1)などの発見で有名になった。その後スペインやチリの天文台で惑星状星雲の観測を行い、2001年に引退した。 小惑星(1850)コホーテクはコホーテクの功績を記念して命名された。 多くの彗星の発見が最も有名である。大彗星になると期待されたコホーテク彗星 (C/1973 E1)のほか発見した彗星には、周期彗星の75P/コホーテク彗星 (75P)、76P/ウェスト・コホーテク・池村彗星がある。 またアポロ群の(1865) Cerberusを含む75の小惑星を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルボシュ・コホーテク · 続きを見る »

ルドルフ・ミンコフスキー

ルドルフ・ミンコフスキー(Rudolph Minkowski, Rudolf Leo Bernhard Minkowski, 1895年5月28日 - 1976年1月4日)はドイツ生まれでアメリカで活躍した天文学者である。ウォルター・バーデとともに超新星・電波天文学の分野を研究した。スペクトル型の異なる2つの型に新星を分類した。電波天体の光学対応天体の同定などを行った。 ストラスブールに病理学者の息子に生まれた。数学者のヘルマン・ミンコフスキーは叔父である。ブレスラウ大学で物理を学んだが、第一次世界大戦の勃発により兵役についた。戦後ベルリン大学、ブレスラウ大学、ハンブルク大学などで働いた。1933年のナチスの人種法で、1935年教授の職を失うとアメリカに渡り、ウィルソン山天文台、パロマー天文台、カリフォルニア大学で研究を続けた。バーデとともに新星のスペクトル型による分類、はくちょう座Aなど電波源の光学対応天体を同定に業績をあげた。 1951年、アルバート・ウィルソンと小惑星(1620)ジオグラフォスを発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルドルフ・ミンコフスキー · 続きを見る »

ルドルフ・ウォルフ

ルドルフ・ウォルフ(Johann Rudolf Wolf、1816年7月7日 - 1893年12月6日)はスイスの天文学者、数学者である。太陽黒点の研究によって知られる。 チューリッヒ近郊のw:Fällandenで生まれた。チューリッヒ、ウィーン、ベルリンなどで学び1844年ベルン大学の数学の教授になった。1847年にベルン天文台の所長、1855年にチューリッヒ大学、チューリッヒ工科大学の天文学の教授となった。ハインリッヒ・シュワーベの黒点の活動の周期性の発見に強い興味をもち、自ら観測するだけでなく、1610年までさかのぼって、黒点の活動の観測記録を調べその周期を11.1年と計算した。1848年に太陽活動の度合いを示す指数の計算法、ウォルフ黒点相対数を提案しこれは今日も使用されている。1280年から1340年の間の黒点活動の低下期間はウォルフの功績を記念してウォルフ極小期と名付けられている。 Category:スイスの天文学者 Category:スイスの数学者 Category:19世紀の自然科学者 160707 Category:チューリッヒ工科大学の教員 Category:チューリッヒ大学の教員 Category:ベルン大学の教員 Category:1816年生 Category:1893年没 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とルドルフ・ウォルフ · 続きを見る »

ルドヴィッヒ・シュトルーベ

グスタフ・ヴィルヘルム・ルードヴィッヒ・シュトルーベ(Gustav Wilhelm Ludwig von Struve、ロシア名:Lyudvig Ottovich Struve (Людвиг Оттович Струве)または Lyudvig Ottonovich Struve (Людвиг Оттонович Струве)、1858年11月1日 - 1920年11月4日)はドイツ系のロシア生まれの数学者、天文学者である。 プルコヴォ天文台の台長オットー・ヴィルヘルム・シュトルーベの息子として、プルコヴォで生まれた。兄は天文学者のヘルマン・シュトルーベである。 1880年にタルトゥ大学を卒業した。その後ドルパート天文台で研究し、1883年から1885年の間ベルリン、ミラノ、ライプツィヒで学び、ドルパート天文台に戻り博士号を得た。位置天文学を研究した。1894年からウクライナのハリコフ大学とハリコフ天文台で働き、1897年教授となった。地球の歳差運動の研究などに業績がある。1919年シンフェロポリのタリウス大学教授になった。 ロシア革命後の内戦で息子のオットー・シュトルーベが白軍に加わり、亡命途中にセバストポールで死去した。 Category:ロシアの天文学者 Category:ハルキウ大学の教員 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1858年生 Category:1920年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とルドヴィッヒ・シュトルーベ · 続きを見る »

ルイ・ニーステン

ルイ・ニーステン(Louis Niesten、1844年-1920年)はベルギーの天文学者。ブリュッセル天文台で働いた。火星を観測し表面の詳細な地図を製作した。木星の大赤斑の観測を行った。 木星の大赤斑については、ジョヴァンニ・カッシーニにより1665年に発見されたが、カッシーニの発見した大赤斑はその後観測されなくなり、現在の大赤斑は1878年にニーステン、カール・プリッチェット、テンペルらによって、初めて観測された。 ニーステンは1882年の金星の日面通過のチリのサンティアゴでの観測隊を組織し、アメリカ合衆国のテキサス州サンアントニオで観測したジャン・シャルル・ウーゾーによって率いられたもう1隊のベルギー観測隊とともに、特別に設計されたヘリオメーターを使って金星の視差を計測した。 火星のクレータにニーステンの名は命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルイ・ニーステン · 続きを見る »

ルイ・ゴダン

ルイ・ゴダン(Louis Godin、1704年2月28日 - 1760年9月11日)はフランスの天文学者。フランス科学アカデミーによる子午線弧長の精密測量事業のペルー探検隊に参加した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルイ・ゴダン · 続きを見る »

ルイス・ラザファード

ルイス・ラザファード ルイス・ラザファード(Lewis Morris Rutherfurd、1816年11月25日 – 1892年5月30日)はアメリカ合衆国の法律家で天文学者。 祖父は上院議員のジョン・ラザファードである。マサチューセッツ州のウィリアムカレッジを卒業し、法律としてニューヨークで開業した。裕福な女性と結婚し、1849年には弁護士をやめ、科学の研究、特に天文学の研究に転じた。分光研究と天文写真の分野の先駆者となった。研究のための装置、写真の測定につかうマイクロメーターや回折格子を刻む機械、写真観測に適した設計の望遠鏡などを開発した。 それらの装置をつかって、太陽や月や惑星や5等星までの恒星や星雲の質の高い天体写真を撮影した。1862年から分光観測を初め、恒星のスペクトルを使った分類法に注目し、これらはアンジェロ・セッキらによって発展させられることになった。 1858年から1884年までコロンビア大学の理事を務めラザファードの天体写真は大学に寄付された。1884年に国際子午線委員会の代表の一人となった。1863年に創立されたアメリカ芸術科学アカデミーの創立会員の一人である。1873年、ランフォード賞を受賞した。 19世紀の天文普及家のリチャード・プロクターはラザファードを最も偉大な月写真家と称えた。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:1816年生 Category:1892年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とルイス・ラザファード · 続きを見る »

ルイス・ボス

ルイス・ボス(Lewis Boss, 1846年10月26日 - 1912年10月5日)はアメリカ合衆国の天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とルイス・ボス · 続きを見る »

ルジェル・ヨシプ・ボスコヴィッチ

ルジェル・ヨシプ・ボスコヴィッチ または ルッジエーロ・ジュゼッペ・ボスコヴィッチ(Rugjer Josip Bošković 、1711年5月18日 - 1787年2月13日)はアドリア海沿岸の都市ドゥブロヴニク(当時はラグーサ共和国)に生まれたイエズス会司祭、天文学者、物理学者、数学者である。イタリア、イギリス、フランスで活躍した。 名前はクロアチア語などで.

新しい!!: 天文学者の一覧とルジェル・ヨシプ・ボスコヴィッチ · 続きを見る »

レイモンド・リットルトン

レイモンド・アーサー・リットルトン(Raymond Arthur Lyttleton、1911年5月7日 - 1995年5月16日)はイギリスの天体物理学者。フレッド・ホイルとともに重力天体に対して星間ガスが降着するモデルの研究などを行った。 バーミンガム近郊に生まれた。ケンブリッジ大学、プリンストン大学に学んだ。1937年にケンブリッジ大学に戻り、フレッド・ホイルとともに理論天文学の研究グループを創設した。 フレッド・ホイル、ヘルマン・ボンディとともに重力天体に星間ガスが降着するモデルの理論的な考察や、ボンディとともに地球の潮汐作用による地球の自転の早さの低下が液体のコアの運動への影響などの研究がある。 1955年に王立協会のフェローに選出。1959年に王立天文学会ゴールドメダル、1965年に王立協会のロイヤルメダルを受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とレイモンド・リットルトン · 続きを見る »

レイモンド・ドゥーガン

レイモンド・ドゥーガン(Raymond Smith Dugan、1878年5月30日 - 1940年8月31日)はアメリカ合衆国の天文学者。 1899年にマサチューセッツ州のアマースト大学を卒業した。ベイルートのシリア・プロテスタント大学で数学、天文学の助手をした後、ドイツのハイデルベルク大学のケーニヒストゥール天文台(Landessternwarte Heidelberg-Konigstuhl)で助手を務め、1905年に博士号を得た。当時のハイデルベルク大学はマックス・ヴォルフのもとで、小惑星探査の中心となっており、ハイデルベルク時代にドゥーガンも16個の小惑星を発見した。その中には海王星以遠天体を除く小惑星としては 6番目の大きさの小惑星であるダビダがふくまれる。 1905年にプリンストン大学に戻り、1920年から教授となった。食変光星の観測に業績があった。1927年にヘンリー・ノリス・ラッセル、ジョン・クインシー・スチュワート( John Quincy Stewart)と共著で『 Astronomy: A Revision of Young’s Manual of Astronomy』 (Ginn & Co., Boston, 1926?27, 1938, 1945)を著し、これは長年にわたって、天文学の標準的な教科書となった。 小惑星(2772)ドゥーガンに命名された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:小惑星発見者 Category:1878年生 Category:1940年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とレイモンド・ドゥーガン · 続きを見る »

レオン・フフナゲル

レオン・フフナゲル(Leon Hufnagel、1893年 - 1933年2月19日)はポーランドの天文学者である。 ワルシャワに生まれた。1921年から1926までプルコヴォでWolnej Wszechnicyに学び、1926年からルンド天文台、1928年からアメリカ合衆国で働き、1930年からポツダム天体物理天文台で働いた。彗星の軌道の研究などに功績があった。著書に天体物理学の教科書 Lehrbuch der Stellarstatistik(1937年)がある。ベルリンで没した。 Category:ポーランドの天文学者 Category:ワルシャワ出身の人物 Category:1893年生 Category:1933年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とレオン・フフナゲル · 続きを見る »

レギオモンタヌス

レギオモンタヌス(Regiomontanus、ドイツ名:ヨハネス・ミュラー・フォン・ケーニヒスベルク、Johannes Müller von Königsberg、1436年6月6日 – 1476年7月6日)は15世紀のドイツの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とレギオモンタヌス · 続きを見る »

レジノー・ウーティエ

レジノー・ウーティエ(Réginaud Outhier、名前はReginald 、Regnauldとも、1694年8月16日 - 1774年4月12日)はフランスの聖職者、天文学者、地理学者である。 聖職の傍ら天文学の研究を行い、1727年に太陽と月の動きを示す天球儀を作った。1731年に科学アカデミーに選ばれた。1736年のピエール・ルイ・モーペルテュイや、アレクシス・クレローらとともに、地球の形状を調べるための子午線弧長を測量するラップランドの調査隊に加わった一人である。著書にラップランドでの測量までに至る様子を詳細に記したJournal d'un voyage au Nord: en 1736 et 1737(1744, 1746。復刻版: Nabu Press (2010), ISBN 9781142718312)などがある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とレジノー・ウーティエ · 続きを見る »

レスリー・ペルチャー

レスリー・ペルチャー(Leslie Copus Peltier 、1900年1月2日 – 1980年5月10日)はアメリカ合衆国のアマチュア天文家。12個の彗星を発見した。 オハイオ州デルフィスに生まれた。本職は子供用家具の設計者である。アマチュア天文学者として12個の彗星を発見し、アメリカ変光星観測者協会(AAVSO:American Association of Variable Stars Oberservers)の会員として多くの変光星の観測結果を提供した。ハーロー・シャプレーから「世界最高のアマチュア天文学者」と称えられた。 自伝に『星の来る夜』(Starlight Nights :鈴木圭子訳 地人書館)がある。小惑星(3850)ペルチャーは功績を記念して命名され、アマチュア天文団体の天文リーグ(Astronomical League)に1980年、レスリー・C・ペルチャー賞が設けられた。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:天文家 Category:彗星発見者 Category:オハイオ州の人物 Category:1900年生 Category:1980年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とレスリー・ペルチャー · 続きを見る »

ロナルド・エカーズ

ロナルド・エカーズ(Ronald David Ekers, 1941年 - )はオーストラリアの電波天文学者。2003年から国際天文学連合(IAU)の会長を務めている。 南オーストラリアのヴィクターハーバーに生まれた。アデレード大学を1963年に卒業し、オーストラリア国立大学で1967年に博士号を得た。カリフォルニア工科大学、ケンブリッジ大学、オランダのカプタイン研究所、アメリカ国立電波天文台などで働いた。1988年からオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO:Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)のオーストラリア国立望遠鏡機構(ATNF:Australia Telescope National Facility)の初代の所長を務めた。系外銀河などの電波天文学をつかった観測に功績があった。 2004年ジャンスキー賞を受賞した。小惑星(18239)Ekersに命名されている。 Category:オーストラリアの天文学者 Category:オーストラリア国立大学出身の人物 Category:南オーストラリア州の人物 Category:1941年生 Category:存命人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とロナルド・エカーズ · 続きを見る »

ロナウド・モウラン

ナウド・モウラン(1935年5月25日 - 2014年7月25日)は、ブラジルの天文学者、作家。ブラジル天文学博物館の初代館長。ブラジル歴史地理院正会員。.

新しい!!: 天文学者の一覧とロナウド・モウラン · 続きを見る »

ロバート・ハンブリー・ブラウン

バート・ハンブリー・ブラウン(Robert Hanbury Brown 、1916年8月31日 - 2002年1月16日)はイギリスの天文学者である。強度干渉計を使った恒星視直径の測定を行った。 インドのアルバンカドゥに生まれた。ロンドン大学などで学んだ。1936年から空軍省で働きレーダーの開発に従事した。1942年から3年間海軍研究所で共同研究グループで働いた。戦後は供給省で働いた。 1949年から1964年までマンチェスター大学の物理学の教授を務め、創成期の電波天文学の装置を開発した。チェシャーのジョドレル・バンク天文台でリチャード・Q・トゥイスと強度干渉計(intensity interferometer)を開発した。強度干渉計は2台の望遠鏡で観測された光のゆらぎの相関が望遠鏡の間の距離と天体の視直径の関数となることを利用して恒星の視直径を測定するもので、1954年に電波望遠鏡で、1956年に光学望遠鏡で恒星視直径の測定に成功した。それらの装置を使ってシリウスの視直径の測定を初めて行った。1964年から1981年までオーストラリアのシドニー大学で働き、ナラブリ天体強度干渉計を建設し、南半球の星の視直径の測定を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とロバート・ハンブリー・ブラウン · 続きを見る »

ロバート・トランプラー

ロバート・トランプラー(Robert Julius Trumpler、1886年10月2日 - 1956年9月10日)は主にアメリカ合衆国で活躍した天文学者。スイス生まれ。 スイスのチューリッヒで生まれた。スイスで学んだ後、1910年、ドイツのゲッティンゲン大学で博士号を得た。1915年、第1次世界大戦の間にアメリカ合衆国に移り、アレゲニー天文台の助手に招かれた。1920年からリック天文台の助手となり、1921年にアメリカ合衆国の市民権を得た。1938年からカリフォルニア大学バークレー校の教授を務めた。 トランプラーは遠距離にある球状星団の明るさが星間物質に散乱されることにより低くなり、赤色側に偏移することを観測した。球状星団の分布は銀河系の大きさを見積もるのに使われていたので、星間物質による光の吸収は銀河系の大きさを約40%まで小さく見積もらせ、かつ銀河系における太陽の位置を中心近くにあると考えられた原因となっていた(星間物質による光の吸収はポロンソフ・ベルヤミノフも独立して発見した)。 トランプラーはまた散開星団の研究を行い、銀河系の径が10,000パーセク以下だと推定し、初め太陽は銀河系の中心近くにあると考えたが後にこれは撤回した。散開星団の一覧を作成し、散開星団を分類するのに星の集中度、恒星の明るさの巾、恒星の数で分類するという現在も使われている分類法を始めた。 Category:スイスの天文学者 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:カリフォルニア大学バークレー校の教員 Category:チューリッヒ出身の人物 Category:1886年生 Category:1956年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とロバート・トランプラー · 続きを見る »

ロバート・デスコート・アトキンソン

ロバート・デスコート・アトキンソン(Robert d'Escourt Atkinson、1898年4月11日 - 1982年10月28日)は、イギリスの天体物理学者である。1920年代末に恒星の熱エネルギー源が熱核反応であることを提案した。 ウェールズに生まれた。オクスフォード大学、ドイツのゲッティンゲン大学で学んだ。1937年にイギリスに戻り、グリニッジ天文台の主任助手となる。戦時研究で2年ほど天文台を離れるが、1964年まで、グリニッジ天文台で働いた。1960年に王立天文学会からエディントン・メダルを受賞した。小惑星 (1827) アトキンソンに命名されている。 Category:イギリスの天文学者 Category:ポーイス出身の人物 Category:1898年生 Category:1982年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とロバート・デスコート・アトキンソン · 続きを見る »

ロバート・イネス

バート・イネス ロバート・ソーバーン・アイトン・イネス(Robert Thorburn Ayton Innes, 1861年11月10日 - 1933年3月13日)は、スコットランドエジンバラ出身の南アフリカの天文学者である。多数の二重星を発見しており、1915年にはプロキシマ・ケンタウリを発見した。1910年1月12日に1910年1月の大彗星を発見したことでも知られている。 イネスは1903年にトランスバール州気象局を設立し、初代責任者に就任した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とロバート・イネス · 続きを見る »

ロバート・ウッドロウ・ウィルソン

ロバート・ウッドロウ・ウィルソン(Robert Woodrow Wilson, 1936年1月10日 - )は、アメリカの天文学者、物理学者。アーノ・ペンジアスとともに宇宙マイクロ波背景放射(CMB)を発見し、ノーベル物理学賞を受賞した。テキサス州ヒューストン生まれ。 1964年に宇宙マイクロ波背景放射を偶然発見した業績によって、1978年にウィルソンはペンジアスとともにノーベル物理学賞を受賞した(この年の物理学賞はピョートル・カピッツァとの共同受賞である)。ニュージャージー州ホルムデルのベル研究所にあった新型アンテナを使った研究中に、彼らは空に説明できない電波ノイズ源があることを発見した。このアンテナに付いていた鳩の糞を取り除き、その他考えられる全ての雑音源を特定した後、最終的にこのノイズがCMBであることを突き止めた。この発見はビッグバン理論の重要な確証とされた。 ウィルソンはライス大学で学部時代を過ごし、優等学生の友愛会であるファイ・ベータ・カッパに入っていた。卒業後はカリフォルニア工科大学で学位を取得した。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:アメリカ合衆国の物理学者 Category:ノーベル物理学賞受賞者 Category:ベル研究所の人物 Category:テキサス州ハリス郡出身の人物 Category:1936年生 Category:存命人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とロバート・ウッドロウ・ウィルソン · 続きを見る »

ロバート・グラント・エイトケン

バート・グラント・エイトケン ロバート・グラント・エイトケン(Robert Grant Aitken、1864年12月31日 - 1951年10月29日)は、アメリカ合衆国の天文学者である。二重星の体系的調査を行い、多くの重星を発見し、重星の標準的星表を作成した。 1895年から1935年にわたってリック天文台で働いた。1930年から所長を務めた。 二重星の観測を行い3,100もの新しい二重星を発見した。1923年には恒星ミラの伴星を発見した。 主な業績は1932年に W. J. ハッセーとともにNew general catalogue of double stars within 120 deg of the North Poleを発行したことで、17,180個の二重星を収録している。1918年の著書 "The Binary of star" も重要な業績である。 息子のロバート・ベーカー・エイトケン(Robert Baker Aitken)は欧米の禅ブームを作った一人である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とロバート・グラント・エイトケン · 続きを見る »

ロレンツォ・レスピーギ

ロレンツォ・レスピーギ(Lorenzo Respighi、1824年 - 1889年12月10日)は、イタリアの天文学者。 パルマ・ピアチェンツァ公国のコルテマッジョーレに生まれた。パルマとボローニャ大学で学んだ後、1851年にボローニャ大学の、光学と天文学の教授となった。1855年からボローニャ天文台の所長を務めた。ボローニャ天文台では C/1862 W1、C/1863 G2、C/1863 Y1の3つの彗星を発見した。1865年からローマ大学教授、カンピドリオ天文台の観測者をつとめた。1866年にイニャーツィオ・カランドレッリ(Ignazio Calandrelli;1792-1866) の後を継いで天文台長になった。 レスピーギの主な仕事は太陽や恒星のスペクトルに関するもので、1868年から太陽スペクトル研究を行った。また1875年から1881年の間の観測から北半球の1等星から6等星の2534個の星の赤緯の一覧表を製作した。 category:イタリアの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ローマ・ラ・サピエンツァ大学の教員 Category:ボローニャ大学の教員 category:1824年生 category:1889年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とロレンツォ・レスピーギ · 続きを見る »

ロンゴモンタヌス

クリスチアン・ソレンセン・ロンゴモンタヌス(Christian Sørensen Longomontanus、またはクリスチアン・セベリン (Christian Severin)、1562年10月4日 – 1647年10月8日)はデンマークの天文学者である。ティコ・ブラーエの助手を務めた。 ロンゴモンタヌスはラテン名で、生地のデンマーク、ユトランドの村 Longberg からつくられた名前である。8歳で父親を亡くし、母親を助けながら働き、冬の間だけ勉強をするという生活を続けたが、15歳の時に家をでてヴィボーに飛び出した。ヴィボーで働きながら学校にすすみ、1588年にコペンハーゲンに移った。1589年にティコ・ブラーエと知り合いw:Uraniborgの天文観測所で有能な助手として8年間働いた。1697年ベーン島を出て、ドイツの大学に学び、1600年1月にプラハでブラーエと合流し、ブラーエの月の理論を完成し、8月にふたたびデンマークに戻った。 コペンハーゲンでデンマークの役人Christian Friisをパトロンにした。1603年にヴィボーの学校の講師に任命され、2年後にはコペンハーゲン大学の教授職についた。1607年に数学の教授職を得て、生涯その職を務めた。著書にティコ・ブラーエの観測による惑星の動きなどをまとめたAstronomia Danica(1622年)などがある。1632年に、望遠鏡とドームを備えたコペンハーゲン天文台の建設を始めたが、ロンゴモンタヌスは完成をみることはできなかった。デンマーク王クリスチャン4世によってロンゴモンタヌスはシュレースヴィヒのcanonry of Lundenに任じられた。 ロンゴモンタヌスは保守的な考えの持ち主で地動説も惑星の楕円軌道も認めなかったとされる。 category:デンマークの天文学者 category:16世紀の学者 Category:コペンハーゲン大学の教員 Category:デンマーク=ノルウェーの人物 Category:1562年生 Category:1647年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とロンゴモンタヌス · 続きを見る »

ローレンス・ルーク

ーレンス・ルーク(Lawrence Rooke、1622年3月13日 - 1662年6月27日)はイギリスの天文学者。緯度の計測のために木星の衛星の観測や月食を観測し、基準の時刻をもとめる方法を用いた。 ロンドン近郊のに生まれた。イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学キングス・カレッジで教育を受ける。グレシャム・カレッジの天文学と地理学の教授を務めた。航海のための緯度計測の方法を研究し、木星の衛星の位置の観測や月食を観測した。これらの観測は航海中の船上では困難であったが港や都市の緯度の計測に役立った。またロバート・ボイルの助手をつとめ、1660年に創立された王立協会の会員となった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とローレンス・ルーク · 続きを見る »

ロドルフ・ラドー

ロドルフ・ラドー(Jean Charles Rodolphe Radau、1835年1月22日 – 1911年12月21日)はドイツ生まれで、フランスで活動した数学者、天文学者。天体力学の分野に貢献した。大気の屈折率の高度による差のために天体の見かけの位置が変わる現象である大気差の表、ラドー表に名前が残っている。フランスの天文学雑誌 Bulletin Astronomiqueの創刊者のひとりである。 東プロシアのAngerburg(現在はポーランドのw:Węgorzewo)に生まれた。ケーニヒスベルクで学び、3体問題を研究した後、パリに移った。1871年に数学の分野の研究によって博士号を得た。 フランス科学アカデミーから1892年に月の運動の惑星の重力による摂動の研究によってダモアゾー賞を受賞した。 Category:ドイツの天文学者 Category:ドイツの数学者 350122 -350122 Category:数学に関する記事 Category:1835年生 Category:1911年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とロドルフ・ラドー · 続きを見る »

ロベルト・ルター

ール・テオドール・ロベルト・ルター(Karl Theodor Robert Luther, 1822年4月16日 - 1900年2月15日)は、ドイツの天文学者。デュッセルドルフで小惑星の探査を行い、生涯で24個の小惑星を発見した。 ルターの名は、その功績を称えて、小惑星や月のクレーターに付けられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とロベルト・ルター · 続きを見る »

ヴァラーハミヒラ

ヴァラーハミヒラ(彘日、वराहमिहिर、Varāhamihira、505年 - 587年)は古代インドの天文学者、占星術師。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴァラーハミヒラ · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ローゼ

ヴィルヘルム・オスヴァルト・ローゼ(Wilhelm Oswald Lohse, 1845年2月13日 - 1915年5月14日)はドイツの天文学者。 ライプツィヒに職人の息子として生まれた。ドレスデン工科大学、ライプツィヒ大学で学んだ。1870年にボートカンプ (Bothkamp) の私設天文台で、ヘルマン・カール・フォーゲルの助手となり、天体の分光観測と、写真観測を行った。 1874年にフォーゲルとともにポツダム天体物理天文台に移り、主任観測員となった。火星と木星の写真を撮り火星の地図を作成した。1909年に連星の研究を発表し、その後、恒星の分光学研究を行った。1915年にポツダムで没した。 月のクレーター、火星のクレーターにローゼの名が命名された。 Category:ドイツの天文学者 Category:ライプツィヒ出身の人物 Category:1845年生 Category:1915年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴィルヘルム・ローゼ · 続きを見る »

ヴィルヘルム・フォン・ビーラ

ヴィルヘルム・フォン・ビーラ(Wilhelm Freiherr von Biela または Wilhelm von Biela 、1782年3月19日 – 1856年2月18日)はオーストリア陸軍の将校でアマチュア天文家。男爵。 北ドイツのハルツ地方の:de:Roßlaに生まれた。オーストリア陸軍の大尉としてナポレオン軍との1805年や1809年の戦いに参加した。その戦いで負傷し、療養生活を送る中である天文学者の公演を聞く機会に恵まれ、非常に感銘を受けたことから、天文学の世界に足を踏み込む事になる。 天文学の分野ではジャック・モンテーニュやジャン=ルイ・ポンが発見していた彗星を1826年2月27日に発見し、軌道計算を行い、周期6.6年の周期彗星であることを示した。この彗星はビエラ彗星(ビーラ彗星)と命名された。この彗星は1852年を最後に、二度と現れていない。 結婚して一女をもうけた後、引退先のヴェネツィアで没した。小惑星(2281) ビーラにビーラの名前が命名されている他、月のクレーターにも命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴィルヘルム・フォン・ビーラ · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ベーア

ヴィルヘルム・ベーア ヴィルヘルム・ヴォルフ・ベーア(Wilhelm Wolff Beer, 1797年1月14日 - 1850年3月27日)は、ドイツのベルリン出身の銀行家、アマチュア天文学者。作曲家ジャコモ・マイアベーア(本名:ヤーコプ・リープマン・ベーア)の弟。ユダヤ系。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴィルヘルム・ベーア · 続きを見る »

ヴィレブロルト・スネル

ヴィレブロルト・スネル(Willebrord Snell 、ロアイエン・スネルのヴィレブロルト Willebrord van Roijen Snell、またはスネリウス Snellius、1580年-1626年10月30日)はオランダの天文学者、数学者である。光の屈折に関するスネルの法則で知られる。 ライデンに生れる。1613年に父親のルドルフ・スネル(Rudolph Snell、1546-1613)の後を継いで、ライデン大学の数学の教授になった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴィレブロルト・スネル · 続きを見る »

ヴィンチェンツォ・チェルッリ

ヴィンチェンツォ・チェルッリ(Vincenzo Cerulli、1859年4月20日テーラモ – 1927年5月30日メラーテ)は、イタリアの天文学者。 テーラモの名門の家に生まれた。テーラモで学んだ後、ローマ大学で物理学を学んだ。エリア・ミロセヴィッチと共に星表を製作した。観測に天文写真を用い始めた1人であり、火星と火星の衛星を観測した。ジョヴァンニ・スキアパレッリが発見した火星の「運河」が実在せず、光学的錯覚であることを主張し、火星の衛星の表面にクレータのあることを示した。私設の天文台を建設し観測を行った。 1910年に小惑星(704)インテラムニアを発見した。これは直径が約350kmあり、メインベルトにある小惑星としては5番目の大きさである。小惑星はチェルッリの故郷であり発見した場所でもあるテーラモのラテン語名からInteramniaと命名された。 1890年から1891年までイタリア天文学会の会長を務めた。火星のクレータと小惑星(366)ヴィンチェンティナはチェルッリの名が命名された。メラーテで没した。 なおチェルッリは自らが建設した天文台を1917年に国へ寄贈し、Collurania天文台の名で現在もイタリア国立天体物理学研究所(INAF)が運用している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴィンチェンツォ・チェルッリ · 続きを見る »

ヴィトリド・ツェラスキー

ヴィトリド・カルロヴィチ・ツェラスキー(Витольд Карлович Цераский、英語転記:Vitol'd Karlovich Tseraskiy、1849年5月9日 - 1925年5月29日)はロシアの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴィトリド・ツェラスキー · 続きを見る »

ヴォワチュール・アンテルム

ヴォワチュール・アンテルム(Voiture(t) Anthelme、ラテン名 Anthelmus [アンテルムス]、1618年頃-1683年12月14日)は フランスの修道士、天文学者である。1670年はくちょう座(当時)新星(こぎつね座CK星)を発見し、記録に残したことで知られる。 1618年頃シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏オート=マルヌ県のシャトネ(:fr:Chatenay-Vaudin)に生まれた。ブルゴーニュ地域圏コート=ドール県のディジョンでカルトゥジオ会の修道士であった。 1679年、アンテルムは宮廷付建築家オギュスタン・ロワーエに天文データを供し、彼の星図作製を助けた。そのロワーエ星図のもとになった、アンテルム自身によって観測された約1,800星を含む解説書付き星表(元期は1700年分点)も同年に出版された。アンテルムの星表はラテン語・フランス語が併記され、イタリアの球儀・図版製作者ヴィンチェンツォ・マリア・コロネッリ(w:Vincenzo Maria Coronelli)が星図や天球儀を作製する際に利用した高橋健一 「ロワイエのことなど」『天界』第768号(1989年5月号)東亜天文学会、1989年、131頁。。 また、イギリスのジョン・ベヴィスの星表にも、アンテルムの星表のデータが組み入れられている。 アンテルムにはまた、彗星に関する著書がある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヴォワチュール・アンテルム · 続きを見る »

ボリス・ヴォロンツォフ=ヴェリヤミノフ

ボリス・ヴォロンツォフ=ヴェリヤミノフ(Борис Александрович Воронцов-Вельяминов、 Boris Aleksandrovich Vorontsov-Vel'iaminov、1904年2月14日 - 1994年1月27日)はソビエト連邦の天文学者である。 1934年からモスクワ大学の教授を務めた。星間物質による恒星の光の吸収のあることを示した1人である。1962年に30000を超える銀河、惑星状星雲のカタログを製作した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とボリス・ヴォロンツォフ=ヴェリヤミノフ · 続きを見る »

ボリス・クカーキン

ボリス・クカーキン(Борис Васильевич Кукаркин, Boris Vasil'evich Kukarkin、1909年10月30日 - 1977年9月15日)は、ソビエト連邦の天文学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とボリス・クカーキン · 続きを見る »

ボリス・ゲラシモヴィッチ

ボリス・ゲラシモヴィッチ(ロシア語:Борис Петрович Герасимовичバリース・ピトローヴィチュ・ギラースィマヴィチュ;ラテン文字転写の例:Boris Petrovich Gerasimovich、1889年3月31日、- 1937年6月)は、ソ連の天体物理学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とボリス・ゲラシモヴィッチ · 続きを見る »

ボフダン・パチンスキ

ボフダン・パチンスキ(Bohdan Paczyński, 1940年2月8日 - 2007年4月19日)は、ポーランドの天文学者である。恒星進化論の分野の主導的な科学者である。 リトアニアのビリニュスに生まれた。 ワルシャワ大学で学び、ポーランドで活動した後、1981年にアメリカ合衆国に移住して、プリンストン大学の教授となった。 パチンスキーは重力レンズ、変光星、ガンマ線バースト、銀河の構造などについて研究している。 重力レンズをつかって新しい天体を発見し、天体の質量を計測する方法によって世界的な評価を得た。重力マイクロレンズ現象(恒星の光が、手前を通過する見えない天体の重力の作用によって一時的に明るくなる現象)の存在を予言した。またガンマ線バーストが遠方の宇宙で起きていることをはやくから提唱した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とボフダン・パチンスキ · 続きを見る »

トルバルド・ティエレ

トルバルド・ティエレ(Thorvald Nicolai Thiele 、1838年12月24日 - 1910年9月26日)はデンマークの数学者、天文学者。統計学の分野に功績があった。 コペンハーゲンに生まれ、コペンハーゲン大学で天文学を学び、主に天体力学の分野で業績をあげた。1875年から1907年までコペンハーゲン大学天文台長を務めた。天体の軌道計算の分野に、ロバート・イネスと共に、ティエレ・イネス法(Thiele-Innes method)に名前が残されている。統計学の分野で尤度に関する初期の考察を行い、保険数学の分野でHafnia保険会社を設立し、数学部長を務め、デンマーク保険統計協会を設立した。 息子には天文学者のホルガー・ティエレがいる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトルバルド・ティエレ · 続きを見る »

トーマス・ハリオット

1602 トーマス・ハリオット(Thomas Harriot、または Harriott 、 Hariot、1560年頃 - 1621年7月2日)はイギリスの天文学者、占星術師、数学者である。数学、天文学に先駆的な業績をあげたが、著書を残すことが少なく後世に大きな名声を残すことはなかった。 オックスフォード大学に学び、エリザベス1世の寵臣で探検家のウォルター・ローリーと親しくなり、天文学の知識を探検航海のための航海技術に生かした。ハリオット自身も少なくとも一度は新世界探検に加わり、1588年にバージニアの住民などについて記録を残した。 数学史においては、船倉に球形の砲弾を最も多く詰める方法(「ケプラー予想」につながる。)に最初に取り組んだ数学者として知られる。また、メルカトル図法の数学的定式化にも携わった。ローリーが投獄された後、新しいパトロンとしてヘンリー・パーシー(第9代ノーサンバランド伯)のために働いたが、1605年、火薬陰謀事件のためにパーシーとともに一旦は投獄されるがすぐに釈放されるという経験をした。 1607年に、後にハレー彗星と呼ばれる彗星の出現によって天文学に対する興味をもった。望遠鏡を用いて観測をおこなった初期の天文学者の一人であり、太陽黒点を発見した一人である。さらにガリレオよりも早い1609年に望遠鏡を使った月面のスケッチを残した。これらの業績は1786年にフランツ・フォン・ツァハが、ハリオットの原稿を調べ再発見された。ハリオットの月面図が出版されたのは1965年であった。没後の1631年に唯一の著書である幾何学に関するArtes Analyticae Praxisが出版された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・ハリオット · 続きを見る »

トーマス・ライト

Thomas Wright トーマス・ライト(Thomas Wright、1711年 - 1786年)はイギリスのアマチュア天文学者、数学者、計測器具製作者、建築家、造園デザイナー。 1750年に出版した『宇宙の新理論 新仮説』(An original theory or new hypothesis of the universe)で、天の川が、恒星の密度の高い平面の部分を見ているということを述べた。星雲にも興味を持ち、別の銀河の存在を示唆した。この書は、後に星雲論を唱えるイマヌエル・カントに影響を与えたとされる。 w:Byers Greenに生まれた。1730年からサンダーランドに学校を開き数学と航海術を教え、計測器具を販売した。海軍の有力者の知己を得てロンドンで、有力者の家の家庭教師や建築、造園の設計者として働いた。後に故郷に戻り、w:Westertonに小さい天文観測所を建設した。 Category:イギリスの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:1711年生 Category:1786年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・ライト · 続きを見る »

トーマス・ヘンダーソン

トーマス・ヘンダーソン(Thomas James Henderson、1798年12月28日 - 1844年11月23日)はスコットランド生まれの天文学者。太陽に一番近い恒星ケンタウルス座α星の年周視差を測定したことで知られる。最初のスコットランド王室天文官となった。なお、小惑星(3077)のヘンダーソンは、彼に因んで命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・ヘンダーソン · 続きを見る »

トーマス・ブリスベーン

ー・トーマス・マクドゥーガル・ブリスベーン準男爵(Sir Thomas Makdougall Brisbane, 1st Baronet、1773年7月23日 - 1860年1月27日)はイギリスの軍人、植民地施政官である。 ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCH)、バス勲章 ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、王立協会フェロー(FRS)、フェロー(FRSE)。 天文学者としても活躍し、1835年に南半球の恒星の星表、ブリスベーン・カタログを出版した。1828年の王立天文学会ゴールドメダルの受賞者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・ブリスベーン · 続きを見る »

トーマス・ディッグス

トーマス・ディッグス(Thomas Digges、1546年 – 1595年8月24日)はイギリスの天文学者である。テオドライトの発明者で、科学の啓蒙家として有名であったレオナード・ディッグスの息子である。父親が死んだ後、16世紀の有名な科学者ジョン・ディーの保護を受けて育った。 1572年にティコ・ブラーエの発見した新星(SN 1572)の視差を測定し、新星が月の軌道よりも遠くにあることを確かめて、その時代までの信じられていた宇宙観である恒星の天球は不変であるという説を否定した。 1556年の3版から変更されていなかった父親の著書 A Prognostication everlastingに1576年にいくつかの項目を追加した。その中で最も重要なものはA Perfit Description of the Caelestiall Orbes『天体軌道の完全な記述』でニコラウス・コペルニクスの地動説をイギリスに初めて紹介した。記事はコペルニクスの『天球の回転について』の訳であったが、恒星がすべての方向に無限にひろがっていると記すことによってさらに進歩したものになった。 1572年にWallingfordの議員になり、1586年から1594年の間のスペイン・オランダとの戦争の間は軍務についた。 category:イギリスの天文学者 category:16世紀の学者 Category:1546年生 Category:1595年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・ディッグス · 続きを見る »

トーマス・エスピン

トーマス・エスピンまたはエスパン(Thomas Henry Espinell Compton Espin、1858年5月28日 - 1934年12月2日) はイギリスの牧師で天文学者である。 コッジャ彗星 (C/1874 H1)の出現によって天文学に興味をもち、熱心で優れた技量のアマチュア天文家となった。アマチュア天文家向けの著書Celestial Objects for Common Telescpoesで有名なトーマス・ウェッブ(w:Thomas William Webb)と1876年に知り合い、ウェッブの没後、その5訂版と6訂版を執筆した。 多くの星雲、変光星、2500以上の2重星を発見した。恒星のスペクトルを観測し、特に赤色星の観測を行い、1890年に赤色星のカタログを発表した。1910年とかげ座の新星を発見した。1878年王立天文学会のメンバーとなり、1913年に観測天文学に功績に対して贈られるジャクソン=グウィルト・メダルを王立天文学会から受賞した。 天文学以外にもエスピンの興味は植物学、地質学、X線の研究に及び、化石の研究からダーウィンの進化論に反対する立場をとった。 1888年にタウ・ローの教区の牧師となり、1891年から35年間郡長を務めた。生涯独身であった。月のクレータにエスピンの名が命名されている。 category:イギリスの天文学者 Category:1858年生 Category:1934年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・エスピン · 続きを見る »

トーマス・カウリング

トーマス・ジョージ・カウリング(Thomas George Cowling、1906年6月17日 - 1990年6月16日)はイギリスの天体物理学者である。 恒星の内部構造について理論的研究を行った。 ロンドンに生まれた。オクスフォード大学のブレーズノーズ・カレッジでアーサー・ミルンに学んだ。ロンドンのインペリアル・カレッジ、スワンシー大学などを経て、1848年からリーズ大学で教授となった。1965年から1967年の間、王立天文学会の会長を務めた。 恒星の内部構造とその安定性の研究を行った。1930年代にルードヴィッヒ・ビーアマンと太陽の対流モデルを発展させた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・カウリング · 続きを見る »

トーマス・シー

トーマス・シー トーマス・ジェファーソン・ジャクソン・シー(Thomas Jefferson Jackson See 、1866年2月19日 - 1962年7月4日) はアメリカ合衆国の天文学者である。ローウェル天文台で南天の2重星の星表を作成するなどの業績があり、当時一般市民の人気の高い天文学者となったが現在は忘れられた学者となっている。 ミズーリ州モントゴメリータウン近郊で生まれた。ミズーリ大学、ベルリン大学で学び、ヤーキス天文台の立ち上げに加わり、ローウェル天文台で南半球の2重星のカタログ作成などで働いた。1899年からアメリカ海軍天文台および、アメリカ海軍大学、メア・アイランド海軍工廠(カリフォルニア州)の観測所で働いた。 当時アメリカで最も有名な天文学者となったが、その非妥協的な言動から、いろいろな分野での学説は専門家からは無視され、忘れられた存在となった。1880年代に、冥王星の外側に「オセアヌス」など3つの外惑星の存在を予想したことが記録に残っている。 メア・アイランド海軍工廠での観測から、月は地球の重力で捕獲されたという捕獲説を提唱したことで知られる。しかし、月の捕獲原因として「抵抗物質」なるものを提唱したがそれ自体の存在は証明できなかったこと、また月の様な巨大天体を地球が捕獲できるか疑問視されたことから後に否定された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:ミズーリ州の人物 Category:1866年生 Category:1962年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・シー · 続きを見る »

トーマス・ストリート

トーマス・ストリート(Thomas Street または Streete、1621年3月15日 - 1689年8月27日)は17世紀のイギリスの天文学の普及書Astronomia Carolinaの著者である。 アイルランドで生まれた。Excise office(税務局)の役人をしながら、他の天文学者の観測を助けた。1661に出版されたAstronomia Carolina:a new theorie of Coelestial Motions(『チャールズ王時代の天文学:天体運動の新理論』)はケプラーの法則を取り入れた17世紀後半の天文の解説書としてイギリスで最も普及した。1674年に追補版Appendix to Astronomia CarolinaとDescription and Use of the Planetary Systeme together with Easie Tablesを発表した。Astronomia Carolinaの1710年版はエドモンド・ハレーが改訂を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトーマス・ストリート · 続きを見る »

トビアス・マイヤー

トビアス・マイヤー(Johann Tobias Mayer、1723年2月17日-1762年2月20日)は、18世紀ドイツの地理学者、天文学者、物理学者、数学者である。 1746年からニュルンベルクのホーマン地図局で仕事を始めた。1751年にゲッティンゲンのゲオルク・アウグスト・アカデミーで教授の地位を得た。ホーマン地図局で正確なドイツの地図を作った。月の見え方から地上の緯度・経度をもとめるために自作の望遠鏡で正確な月の地図と、月・太陽の距離、運行を示す月・太陽表を作成した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とトビアス・マイヤー · 続きを見る »

ヘルマン・カール・フォーゲル

ヘルマン・カール・フォーゲル ヘルマン・カール・フォーゲル(Hermann Carl Vogel, 1841年4月3日 - 1907年8月13日)はドイツの天文学者。 ライプツィヒに生まれた。ドレスデン工科大学、ライプツィヒ大学で学んだ。ライプツィヒではカール・ブルーンスの助手を務めた。1870年にイェーナ大学で博士号をとり、フリードリヒ・グスタフ・フォン・ビュロウ (Friedrich Gustav von Bülow) のボートカンプ (Bothkamp) 天文台で働き、そこで助手のヴィルヘルム・ローゼと最初の分光観測を行った。 1874年に、新設されるポツダム天体物理天文台の建設に加わり、1882年に初代の天文台長となり、没するまでその職にあった。 天体の分光観測のパイオニアで、恒星の自転速度をスペクトルのドップラーシフトにより決定した。1889年に最初の分光連星の発見者の一人となった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘルマン・カール・フォーゲル · 続きを見る »

ヘルマン・クライン

ヘルマン・クライン(Hermann Joseph Klein、1844年9月11日 - 1914年7月1日)はドイツの天文学者、気象学者である。 ケルンに生まれた。本屋を営む一方、数学と、天文学を学び、私設の天文観測所を設けた。ケルン大学で学位を得た。月面の観測を行ったことで知られる。ケルン新聞社(Kölnische Zeitung)の設立した気象観測所の所長を務めた。一般向けの天文雑誌Siriusや科学雑誌Gaeaを創刊し、1890年からは天文学と地球物理学の年鑑Jahrbuch der Astronomie und Geophysikを発行した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘルマン・クライン · 続きを見る »

ヘルマン・ゴルトシュミット

ヘルマン・ゴルトシュミット画『キリスト』 ヘルマン・マイヤー・ザロモン・ゴルトシュミット(Hermann Mayer Salomon Goldschmidt, 1802年6月17日 - 1866年4月26日)は、ドイツ出身の天文学者・画家。生涯のほとんどをフランスで過ごし、14個の小惑星を発見した。ユダヤ系の出身。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘルマン・ゴルトシュミット · 続きを見る »

ヘルマン・ザンストラ

ヘルマン・ザンストラ(Herman Zanstra、1894年11月3日 - 1972年10月2日)はオランダの天文学者である。惑星状星雲のスペクトル強度の理論に貢献した。 デルフト工科大学で学んだ後、1923年アメリカのミネソタ大学で数学の博士号を得た。カリフォルニア工科大学で星雲の光の吸収と星雲光度についての理論的研究を行い、星雲の光度の定量的な説明を行った論文An Application of the Quantum Theory to the Luminosity of Diffuse Nebulaeを発表した。1926年ワシントン大学の助教授となり、1928年にヨーロッパに戻りインペリアル・カレッジ・ロンドンの教授、その後アムステルダム大学で働いた。第二次世界大戦中は南アフリカ連邦に逃れ、ダーバンで教えた。1961年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。 Category:オランダの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:アムステルダム大学の教員 Category:インペリアル・カレッジ・ロンドンの教員 Category:ワシントン大学の教員 Category:1894年生 Category:1972年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘルマン・ザンストラ · 続きを見る »

ヘルマン・シュトルーベ

ール・ヘルマン・シュトルーベ(Karl Hermann Struve、1854年10月3日 – 1920年8月12日)はロシア、ドイツの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘルマン・シュトルーベ · 続きを見る »

ヘルマヌス・コントラクトゥス

ヘルマヌス・コントラクトゥス(Hermannus Contractus 、またはHermannus Augiensis、 ライヘナウのヘルマン、1013年7月18日 - 1054年9月24日)は11世紀の学者、作曲家、音楽理論の研究者でえある。 アルツハウゼン公爵家に生まれるが、病気で不具になり、一生をコンスタン湖(バーデン湖)に浮かぶ島にあるライヒェナウ修道院で過ごした。 作曲家としていくつかの宗教歌が現在まで残る他、数学や天文学に関する著作を残した。その中には当時ヨーロッパのキリスト教世界では高価であったアストロラーベに関するものが含まれる。歴史家としてはキリスト生誕以来、11世紀にいたる年代記を著した。1863年に列福された。 Category:ドイツの音楽学者 Category:11世紀の学者 Category:ドイツの学者 Category:年代記作家 Category:福者 Category:障害を持つ人物 Category:1013年生 Category:1054年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘルマヌス・コントラクトゥス · 続きを見る »

ヘンリー・チェンバレン・ラッセル

ヘンリー・チェンバレン・ラッセル(Henry Chamberlain Russell, CMG, FRS、1836年3月17日 - 1907年2月22日)はオーストラリアの天文学者、気象学者。 ニューサウスウェールズ州のウェストメイトランドに生まれ、シドニー大学で学んだ。シドニー天文台の職員となり、W.スコットのもとで働いた。スコットが退職すると、Smalleyの着任するまで、数ヶ月、実質的な台長の仕事を行い、1870年にSmalleyが没すると、シドニー天文台長となり、35年間その職を続けた。天文台の拡充を行った。1874年の金星の日面通過の観測体制をつくったことが最初の重要なしごとで、4ヶ所の観測ステーションを準備し、観測者を配置し、その観測の成果は1892年にラッセルによって発表された。 気象学の分野では1877年に『ニューサウスウェールズの気候』 Climate of New South Wales: Descriptive, Historical and Tabularを著し、天候の周期性の問題に注目した。ラッセルの天文台長就任時に12しかなかった観測所を約1800まで増やした。観測所の新設には自ら設計しコストを1/6にした雨量計や、自ら発明した自記気圧計、温度計、湿度計などで費用を最小にした。節約した費用はボランティアの観測者に与えた。南オーストラリアのチャールズ・トッドらの協力による気象情報はオーストラリアの気象予報の精度を高めた。長期にわたる気象観測はサウスウェールズの気候に関する情報として発表された。 天文の分野では二重星の研究を行い、1871年から1881年の間にシドニー天文台で行った二重星の観測結果を1882年に発表した。天体写真の天体観測への応用にも注目した。1887年にパリの国際会議に参加し、国際協力による写真観測に参加し、1400枚の写真による計測を行った。1891年に新設されたオーストラリア科学振興協会( Australian Association for the Advancement of Science)の会長になり、シドニー大学の副学長になったが多忙のため1年で辞職した。1903年に病をえて、1907年シドニーで没した。 なお、小惑星(2636)のラッセル (小惑星2636番)は、彼に因んで命名された。 Category:オーストラリアの天文学者 Category:オーストラリアの気象学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:シドニー大学の教員 Category:ニューサウスウェールズ州の人物 Category:1836年生 Category:1907年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンリー・チェンバレン・ラッセル · 続きを見る »

ヘンリー・プラマー (天文学者)

ヘンリー・クロージャー・キーリング・プラマー(Henry Crozier Keating Plummer、1875年10月24日 - 1946年9月20日)はイギリスの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンリー・プラマー (天文学者) · 続きを見る »

ヘンリー・ドレイパー

ヘンリー・ドレイパー (Henry Draper、1837年3月7日- 1882年11月20日) はアメリカ合衆国の医者および天文学者である。天体写真の天文学に応用を進めた。没後アニー・ジャンプ・キャノンやエドワード・ピッカリングによって分類・整理されて発表されたものがヘンリー・ドレイパーカタログ(HD星表)として知られる。 ニューヨーク大学の医学・化学の教授のジョン・ウィリアム・ドレイパーの息子として生まれた。父親は1840年頃、望遠鏡を使った月の写真を初めてとったことでも知られている。 ヘンリー・ドレイパーも医学を学びBellevueの病院で働いた後、1872年にニューヨーク大学で医者と薬学の教授となった。1857年にアイルランドの天文学者ロス卿を訪問し、2年後、父親の私設天文台にダニエル兄弟の助けを借りて天体写真撮影に適した望遠鏡を設置した。1870年にさらに口径の大きい望遠鏡を設置した。1872年に恒星のスペクトル撮影に成功した。1874年の金星の日面通過の写真観測を指揮し、1880年にオリオン大星雲の写真を初めて撮影した。1874年にはSkladanek兄弟と土星を初めて撮影した。彗星の尾のスペクトル撮影も行った。ロッキー山脈での観測で、病を得て急死した。没後未亡人によって資金が提供され、天文学の発展に貢献に対して贈られるヘンリー・ドレイパー・メダルが設けられた。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:アメリカ合衆国の医師 Category:ニューヨーク大学の教員 Category:1837年生 Category:1882年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンリー・ドレイパー · 続きを見る »

ヘンリー・ケーター

ヘンリー・ケーター ヘンリー・ケーター(Henry Kater、1777年4月16日 - 1835年4月26日)は、イギリスの科学者である。重力加速度を求めるのに使われたケーターの振り子の発明者であり、実験機器の精度の向上、天文学に関する研究に功績があった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンリー・ケーター · 続きを見る »

ヘンリー・ゲリブランド

ヘンリー・ゲリブランド(Henry Gellibrand、1597年 - 1636年)はイギリスの天文学者、数学者である。地球の磁気偏角が年月とともに変化するのを発見した。 ロンドンに生まれた。オックスフォード大学で学んだ後、ケントで聖職者になった。その後数学を学び、1627年にグレシャム大学の数学の教授となった。ヘンリー・ブリッグスの死後、数学書rigonometrica Britannica(後に『ブリッグスの対数表』とよばれる)の第2巻を完成させた。 ブリッグスは地球の磁気の方向が一定でないことを発見したことで知られる。1964年に精密な測定を行い、1580年のウィリアム・ボロー(w:William Borough)や1622年のエドムンド・ガンター(w:Edmund Gunter)の測定に対して、少なくともロンドンでは、磁気偏角が変化していることを発見した。その結果を1635年に "A discourse mathematical on the variation of the magnetical needle, together with its admirable diminution lately discovered"というタイトルで発表した。 Category:イギリスの天文学者 Category:イギリスの数学者 Category:17世紀の学者 970000 -970000 Category:グレシャム大学の教員 Category:ロンドン出身の人物 Category:1597年生 Category:1636年没 Category:数学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンリー・ゲリブランド · 続きを見る »

ヘンリエッタ・スワン・リービット

ヘンリエッタ・スワン・リービット(Henrietta Swan Leavitt 、1868年7月4日 - 1921年12月12日)はアメリカの女性天文学者である。 ケフェイド変光星の変光周期と光度との間に相関があることを発見し、1912年に小マゼラン雲内のケフェイド変光星の周期に関する研究を発表した。この発見は天体までの距離の測定に利用され、後に渦巻星雲や楕円型の星雲が銀河系内の天体か銀河系外の天体かについての大論争に決定的な影響を与えることになった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンリエッタ・スワン・リービット · 続きを見る »

ヘンドリク・ファン・デ・フルスト

ヘンドリク・ファン・デ・フルスト ヘンドリク・クリストフェル・ファン・デ・フルスト(Hendrik Christoffel van de Hulst, 1918年11月19日 – 2000年7月31日)はオランダの天文学者である。電波天文学の分野で有用な観測手段となった21cm線の存在を予測した。 ユトレヒトで生まれ、ユトレヒト大学でマルセル・ミンナルトのもとで学んだ。1944年学生の時に宇宙空間にある水素ガス雲から波長21cm線のスペクトル線が放射されることを予測した。21cm線は1951年にアメリカのチーム、オランダのチームなどによって検出された。ヤーキス天文台で研究した後、1948年から1984年までライデン大学で働き、1952年から教授となった。太陽コロナや地球大気などの研究を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヘンドリク・ファン・デ・フルスト · 続きを見る »

ブライアン・メイ

ブライアン・ハロルド・メイ(Brian Harold May CBE, 1947年7月19日 - )は、イギリスのミュージシャン、また天文学者(天体物理学博士)。ロックバンド・クイーンのギタリストであり、自作のギター「レッド・スペシャル」とピックの代わりに使用する硬貨により独特の音色を奏でるギタリストとして有名である。また自作の曲ではリード・ヴォーカルを取ることもある。ミドルセックス州の出身。 『ローリング・ストーン』の選ぶ「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第39位、2011年の改訂版では第26位。 また熱心な動物愛護運動家でもある。 大英帝国勲章も授与されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とブライアン・メイ · 続きを見る »

パルム・ボグスラフスキー

パルム・ボグスラフスキー(Palm Heinrich Ludwig von Boguslavsky、1789年9月7日 - 1851年6月5日)はドイツの天文学者。 マクデブルクで生まれた。1829年からブレスラウ(現在のヴロツワフ)で働き、ブレスラウ大学の教授、1843年から同天文台の所長を務めた。彗星や流星群の軌道の研究を行った。非周期彗星、C/1835 H1ボグスラフスキー彗星に名前がつけられている。 ヴロツワフで没した。 Category:ドイツの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ヴロツワフ大学の教員 Category:マクデブルク出身の人物 Category:1789年生 Category:1851年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とパルム・ボグスラフスキー · 続きを見る »

パーヴェル・パレナゴ

パーヴェル・ペトロヴィチ・パレナゴ(Павел Петрович Паренаго 、英語転記:Pavel Petrovich Parenago、1906年3月20日- 1960年1月5日)はソヴィエトの天文学者。 1929年にモスクワ大学を卒業し、1934年にモスクワ大学助教授、1939年に教授となった。 銀河系や星団の構造と運動、星間物質による吸収の問題、変光星の研究をおこなった。ボリス・クカーキンとともに『変光星総合カタログ』(GCVS:General Catalogue of Variable Stars)の編集を行った。 1951年,レーニン賞を受賞し、小惑星(2484) パレナゴと月のクレータに命名されている。 Category:ロシアの天文学者 Category:ソビエト連邦の天文学者 Category:モスクワ大学の教員 Category:モスクワ大学出身の人物 Category:レーニン勲章受章者 Category:クバン州出身の人物 Category:クラスノダール出身の人物 Category:1906年生 Category:1960年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とパーヴェル・パレナゴ · 続きを見る »

ヒューバート・ニュートン

ヒューバート・ニュートン(Hubert Anson Newton、1830年3月19日 – 1896年)はアメリカ合衆国の数学者、天文学者である。流星の研究で知られる。 ニューヨークの Sherburneで生まれ、1850年にイェール大学を卒業した。1852年からイェール大学の講師、1855年に教授となった。流星の科学的な研究は、1833年に北アメリカなどで見られたしし座流星群の大出現から始まり、イェール大学のデニソン・オルムステッドは流星雨の原因を、太陽のまわりの固定軌道をもつ「星雲状天体」である説をだした。ヒューバート・ニュートンはオルムステッドの研究をすすめ、しし座流星雨の周期が33年であることを示した。また流星雨をおこす塵粒の軌道が惑星の重力の影響を受け動いていくことを示した。1861年8月と11月の流星に関するコネチカット科学技術アカデミーの研究を指導し、流星と彗星研究の世界的権威になった。全米科学アカデミーからJ・ローレンス・スミス・メダルを受賞し、1885年にはアメリカ科学振興協会の会長に任じられた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヒューバート・ニュートン · 続きを見る »

ヒュパティア

ヒュパティア(Ὑπατία, Hypatia、350年~370年頃 - 415年3月)は、ローマ帝国アエギュプトゥスの数学者・天文学者・新プラトン主義哲学者。ハイパティアともヒパティアとも呼ばれる。キリスト教徒により異教徒として虐殺された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヒュパティア · 続きを見る »

ヒーバー・ダウスト・カーチス

ヒーバー・ダウスト・カーチス(Heber Doust Curtis、1872年6月27日 - 1942年1月9日) は、アメリカ合衆国の天文学者。銀河系の大きさと星雲までの距離についてのハーロー・シャプレーとの大論争で有名である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とヒーバー・ダウスト・カーチス · 続きを見る »

ヒッパルコス

ヒッパルコス(Hipparchus、ギリシャ語綴り 、紀元前190年ごろ - 紀元前120年ごろ)は、古代ギリシアの天文学者。現代にすべてつながる46星座を決定した。 著書が現存せず、どのような説を唱えたのかははっきりしない。 クラウディオス・プトレマイオスの『アルマゲスト』で、最も引用回数の多いのがヒッパルコスであることから、天動説を含む古代の天文学の体系を成立させたのはヒッパルコスであるという説がある。これは広く支持されているが、決定的な証明がなされていない。 ヒッパルコスは、春分点歳差(precession of the equinoxes.

新しい!!: 天文学者の一覧とヒッパルコス · 続きを見る »

ビテュニアのテオドシオス

ビテュニアのテオドシオス(Theodosius of Bithynia、紀元前160年頃 - 紀元前100年頃)はギリシャの天文学者、数学者である。『球面幾何学』Sphaericsの著者として知られる。16世紀にフランチェスコ・マウロリコがテオドシオス著書の翻訳をおこなった。 ビテュニアのTripolisに生まれた。ウィトルウィウスと同時代の学者である。緯度の異なるどの場所でも使用できる日時計を考案したといわれる。『球面幾何学』はエウクレイデスの幾何学に基づいて天文学のための球面の幾何学を扱った。 そのほかに異なった地方における天体現象を扱った『居住地について』と、太陽の運動についてかかれた『日中と夜について』が残されている。 Category:ギリシャの天文学者 Category:古代ギリシアの数学者 Category:幾何学者 1600000 Category:天文学に関する記事 Category:数学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とビテュニアのテオドシオス · 続きを見る »

ビクトル・ピュイズー

Victor Puiseux. ビクトル・ピュイズー(Victor Alexandre Puiseux、1820年4月16日 – 1883年9月9日)はフランスの数学者、天文学者。 アルジャントゥイユに生まれた。高等師範学校で学んだ。1855年から1859年までパリ天文台で働き、1857年からコーシーの後をついで、ソルボンヌ大学の天体力学の教授を務めた。月の運動の理論の発展に貢献した。数学の分野では楕円関数の分野などに業績がある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とビクトル・ピュイズー · 続きを見る »

ピエール・メシャン

ピエール・メシャン ピエール・フランソワ・アンドレ・メシャン(Pierre François André Méchain 、1744年8月16日 - 1804年9月20日)は、フランスの天文学者。生涯で7個の彗星を発見した。 ピカルディ地域圏エーヌ県のラン出身。フランス科学アカデミー正員。シャルル・メシエの助手を務めた後に1800年よりパリ天文台長。1803年に子午線弧長測量のためスペインのバレアレス諸島に赴き、黄熱病にかかって死去した。 星雲・星団・銀河のカタログとして有名な『メシエカタログ』第3巻のかなりの部分がメシャンの発見による。 小惑星(21785)メシャンは彼にちなみ命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とピエール・メシャン · 続きを見る »

ピエール・シャルル・ルモニエ

Pierre Charles Le Monnier ピエール・シャルル・ルモニエ(Pierre Charles Lemonnier、1715年11月23日 - 1799年5月31日) は、フランスの天文学者。 パリに生まれた。父親のピエール・ルモニエは数学者・天文学者で、コレージュ・ダルクール(後の)の物理学教授であった。 16歳になる前に最初の天文観測を行い、20歳のときには月面図を作成した業績により科学アカデミーに選ばれた。同じ年に、モーペルテュイやクレローらで構成されたラップランドのトルネ谷における子午線弧長観測隊の隊員に選ばれた。観測から戻った後の1738年に、アカデミーでジョン・フラムスティードの赤経の決定法が優れていることを報告した。 イギリスで行われている観測法、観測機器をフランスに熱心に広めるルモニエの活動は、フランスの天文学の進歩に貢献し、ルモニエの大きな功績であるといえる。ジェームズ・ブラッドリーと章動を考慮した太陽運行表を作り、1741年にはパリ天文台で子午環の使用を始めた。1748年にイギリスを訪れ、王立協会の会長になるモートン伯爵やジェームズ・ショアとともに、スコットランドで食の観測を行った。フランス国王ルイ15世の信頼を得て、最高の観測機器の導入をまかされた。 木星の土星による摂動の観測を行い、その結果は1748年にオイラーによって理論的に裏付けられた。また50年以上にわたる月の運動の観測を行った。地磁気や大気の帯電にも関心を示し、大気の電位が1日の間に一定の周期で変動することを発見した。多くの星の位置の決定を行い、それらの星のなかには、後にハーシェルが惑星であることを発見する天王星であることに気付かず12回以上も別の星として調べた記録も含まれている。コレージュ・ド・フランスで引力の法則の講義を初めて行い、またジェローム・ラランドを見出し、天文学の世界に導いた功績もある。 ラップランドへの子午線弧長測量遠征を記念してトナカイ座を、ロドリゲス島への金星の太陽面通過観測遠征を記念してツグミ座を設定した(どちらも現在は使われていない)。また、ジャン・フォルタンが企てた『フラムスティード星図』のフランス語縮刷版(『フラムスティード天球図譜』の翻訳原著)の監修を担当した。そのため、同書にはルモニエが設定したトナカイ座が見えているほか、天球図も彼が作成したものに差し替えられている。 バイユーの近くのエリル(fr:Héril)で没した。 3人の娘の内の一人がジョゼフ=ルイ・ラグランジュの妻である。 Category:フランスの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:コレージュ・ド・フランスの教員 Category:天文学に関する記事 Category:パリ出身の人物 Category:1715年生 Category:1799年没 mr:पियरे ले मॉनिये.

新しい!!: 天文学者の一覧とピエール・シャルル・ルモニエ · 続きを見る »

ピエール・ジャンサン

ピエール・ジュール・セザール・ジャンサン(Pierre Jules César Janssen, 1824年2月22日 - 1907年12月23日) は、フランスの天文学者。 1868年に太陽光の中にヘリウムのスペクトル線を発見した。これは、同じ年のイギリスのノーマン・ロッキャーによる発見とは独立に行われた。また、日食を待たずに太陽のプロミネンスを観測する方法を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とピエール・ジャンサン · 続きを見る »

ピエール=シモン・ラプラス

ピエール=シモン・ラプラス(Pierre-Simon Laplace, 1749年3月23日 - 1827年3月5日)は、フランスの数学者、物理学者、天文学者。「天体力学概論」(traité intitulé Mécanique Céleste)と「確率論の解析理論」という名著を残した。 1789年にロンドン王立協会フェローに選出された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とピエール=シモン・ラプラス · 続きを見る »

ピエトロ・タッキーニ

ピエトロ・タッキーニ ピエトロ・タッキーニ(Pietro Tacchini、1838年3月21日 – 1905年3月24日)は、イタリアの天文学者。 モデナで生まれた。パドヴァ大学で工学を学び、21歳の時、モデナの小さい天文台の所長に任命された。1863年にパレルモ天文台の所長職 (Primo Astronomo Aggiunto)につき、1879年までその職を務めた。主に太陽の観測を行った。 1865年天体物理学の雑誌 Memorie della Società degli Spettroscopistiを創刊し、1905年まで編集を行った。この雑誌は1920年からMemorie della Società Astronomica Italianaになった。 太陽の毎日の分光観測を行うために、イタリアの天文学者がほぼ同時刻に観測を行うネットワークを組織した。イタリアの天候が観測に適さない時に観測するためにインドのカルカッタの観測所を組織した。1874年に金星の日面通過をインドの Muddapurで観測した。 1879年にローマ学院天文台(Osservatorio del Collegio Romano)のアンジェロ・セッキの後を継ぐためにローマに呼ばれ、1881年に中央気象局(Ufficio Centrale di Meteorologia)の局長になった。 タッキーニの指導のもとに、太陽の分光観測が有利で、日食でない時にも太陽コロナの観測の可能性がある、海抜の高いエトナ山にベリーニ天文台が創設された。1885年のカタニア天文台の建設にもかかわった。 月のクレータに名前が残された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とピエトロ・タッキーニ · 続きを見る »

ピタネのアウトリュコス

ピタネのアウトリュコス(、紀元前360年頃 - 紀元前290年頃)は、古代ギリシアの天文学者、数学者、地理学者である。 小アジア、アイオリス地方のピタネに生まれた。生涯については何も知られていない。アウトリュコスの著作はアテネで紀元前335年から紀元前300年の間に完成した。2つの著書『運動する球体について』と『天体の出没につい』は古代ギリシャの数学書として完全な形で残っている最古のものであるとされる。エウクレイデスによってアウトリュコスの業績は引用されておりアルケシラウスはアウトリュコスに教えを受けたことが知られている。16世紀にマウロリ.

新しい!!: 天文学者の一覧とピタネのアウトリュコス · 続きを見る »

テンプル・シュヴァリエ

テンプル・シュヴァリエ(Temple Chevallier、1794年10月19日 - 1873年11月4日)はイギリスの牧師、数学者、天文学者である。天文学の分野で、1847年から1849年の間に太陽黒点に関する重要な観測を行った。天文学や物理学の分野の業績の他に、キリスト教初期の使徒教父(Apostolic Fathers)の著作の翻訳を行った。クレメンス1世やポリカリポス、アンティオキアのイグナティオスの著作を翻訳した。 ケンブリッジ大学のPembroke Collegeで学び、1818年牧師に任じられた。ケンブリッジで教え、彼の講義は1835年に『天文学の研究から得られた神の力と知恵の証拠』 the proofs of the divine power and wisdom derived from the study of astronomy として出版された。 1839年に新設されたダラム大学に招かれ、数学、天文学、ヘブライ語などを教えた。1839年に大学天文台を創設し、30年間に渡って所長を務め、木星の衛星の観測や、継続的な気象観測を行った。 Category:イギリスの数学者 Category:イギリスの天文学者 Category:イギリスの物理学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:イギリスの著作家 Category:ダラム大学の教員 Category:1794年生 Category:1873年没 Category:数学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とテンプル・シュヴァリエ · 続きを見る »

ティコ・ブラーエ

ティコの考案した太陽系 Mauerquadrant (Tycho Brahe 1598) ティコ・ブラーエ(Tycho Brahe 、1546年12月14日 - 1601年10月24日)は、デンマークの天文学者、占星術師。膨大な天体観測記録を残し、ケプラーの法則を生む基礎を作った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とティコ・ブラーエ · 続きを見る »

テオドール・オッポルツァー

テオドール・オッポルツァー テオドール・オッポルツァー(Theodor von Oppolzer, 1841年10月26日 – 1886年12月26日)はチェコの天文暦学者である。天体力学の分野で活躍し、日食表として有名な『食宝典』を著したことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とテオドール・オッポルツァー · 続きを見る »

デービッド・ギル

ー・デービッド・ギル(Sir David Gill 、 1843年6月12日 - 1914年1月24日)はスコットランド生まれの天文学者である。1879年から1906年の間、"Her Majesty's Astronomer" に任命され、南アフリカのケープ天文台で南天の星の観測を行った。写真技術を天文観測に利用した先駆者である。 はじめ時計技術を学び、ジェイムズ・リンジーの私設天文台の計時に協力したことから天文学に転じた。1877年にアセンション島で火星の観測を行い地球と太陽の距離を精度よく求めた。1879年から南アフリカの喜望峰の天文台で "Her Majesty's Astronomer" に任じられ、その後 26 年間南天の観測を行った。その成果はヤコブス・カプタインと協力して1882年の「ケープ写真掃天星表」にまとめられた。1883年王立協会フェローに選出。.

新しい!!: 天文学者の一覧とデービッド・ギル · 続きを見る »

ディルク・ブラウワー

ディルク・ブラウワー(Dirk Brouwer、1902年9月1日 - 1966年1月30日)はオランダ生まれでアメリカ合衆国で働いた天文学者である。 ロッテルダムに生まれた。ライデン大学で博士号を得た。アメリカ合衆国に渡り、コネチカット州のイェール大学でアーネスト・ブラウンとともに天体力学の分野で研究した。1941年から1966年までイェール大学天文台の所長を務めるとともにアストロノミカル・ジャーナルの編集長を務めた。 天体力学の専門家で、天体力学教科書 Methods of Celestial Mechanicsの著者である。天体の軌道の計算方法を改良し、彗星や小惑星の軌道の計算を行った。電子計算機を天体計算に使用した、最初の一人である。ニューヘイブンで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とディルク・ブラウワー · 続きを見る »

デイヴィッド・ペック・トッド

デイヴィッド・ペック・トッド デイヴィッド・ペック・トッド(David Peck Todd, 1855年3月19日 - 1939年6月1日)はアメリカ合衆国の天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とデイヴィッド・ペック・トッド · 続きを見る »

デイヴィッド・ラビノウィッツ

デイヴィッド・リンカーン・ラビノウィッツ(David Lincoln Rabinowitz, 1960年 - )は、エッジワース=カイパー・ベルトからオールトの雲にかけての、太陽系外縁部の研究を行っているアメリカの天文学者である。 ラビノウィッツはイェール大学の教授として教鞭を執っており、マイケル・ブラウンやチャドウィック・トルヒージョらとともに数多くの太陽系外縁天体を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とデイヴィッド・ラビノウィッツ · 続きを見る »

フョードル・ブレディキン

フョードル・ブレディキン フョードル・アレクサンドロヴィチ・ブレディキン(Фёдор Александрович Бредихин, ラテン文字表記例:Fyodor Aleksandrovich Bredikhin, 1831年12月8日(ユリウス暦11月26日) – 1904年5月14日(ユリウス暦5月1日))は、帝政ロシアの天文学者。 1857年にモスクワ大学天文台に加わり、1865年から台長となった。1890年から1894年の間プルコヴォ天文台の台長を務めた。1890年からロシア科学アカデミーの会員になった。 彗星の尾の理論、流星、流星群の研究を行い、彗星の尾の粒子に太陽から働く力をもとめ尾の型を分類した。 月のクレータにブレディキンの名が命名された。また、小惑星ブレディキナはブレディキンにちなんで名付けられた。 Category:ロシアの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:モスクワ大学の教員 Category:サンクトペテルブルク科学アカデミー正会員 Category:シュテルンベルク天文研究所の人物 Category:1831年生 Category:1904年没 Category:ヘルソン県出身の人物 Category:ムィコラーイウ出身の人物 Category:モスクワ大学出身の人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とフョードル・ブレディキン · 続きを見る »

フランツ・フォン・ツァハ

フランツ・フォン・ツァハ フランツ・クサーヴァー・フォン・ツァハ男爵(Franz Xaver Freiherr von Zach, 1754年6月4日 - 1832年9月2日)は、オーストリア(現在はハンガリー)生まれのドイツの天文学者。 行方不明になっていた小惑星ケレスを再発見した。 1754年6月4日、オーストリアのペスト(現在のハンガリーのブダペスト)、一説にブラチスラヴァ(現在はスロヴァキア)に生まれる。 1783年、ロンドンでザクセン公使の家庭教師に(~1786年)。 1786年、エルネスト2世・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルクに招かれ、ドイツのゴータにゼーベルク天文台を建設。 1791年、台長に就任(~1806年)。 1787年、ティティウス・ボーデの法則が予言する、火星と木星の間にあるという惑星(後に「小惑星」と呼ばれる)の捜索を始める。 1800年(一説に1799年)、リリエンタールの執政官で天文学者のヨハン・シュレーター (Johann Hieronymus Schröter) と共に、共同捜索チーム未知惑星捜索連盟(通称リリエンタール探偵団 、Lilienthal Detectives)を組織した。 団員は、異説もあるが、ツァハ、シュレーター(団長)、カール・ハーディング、ハインリヒ・オルバース、フェルディナント・フォン・エンデ (Ferdinand Adolf von Ende)、ヨハン・ギルデマイスター (Johann Gildemeister) の6人(24人いたとする資料もある)。 彼らは、黄道を24分割し、分担して捜索を始めた。 にもかかわらず、1801年1月1日、ジュゼッペ・ピアッツィが、最初の小惑星ケレスを発見した。 しかし、2月11日の観測を最後に、ケレスは行方不明になってしまった。 1801年12月31日、ツァハは、カール・フリードリヒ・ガウスによる軌道計算を元に、ケレスを再発見した。 この経緯から、ケレスの発見者をピアッツィ、ガウス、ツァハの3人とする資料もある。 ただし、国際天文学連合 (IAU) 小惑星センター (MPC) は、ピアッツィの単独発見としている。 なお、ツァハ自身は新小惑星を発見することはなかったが、1802年~1807年にかけ、リリエンタール探偵団のオルバースがパラスとベスタを、ハーディングがジュノーを発見している。 1806年~、ある伯爵未亡人の南ヨーロッパ旅行に随伴。 1832年9月2日、フランスのパリで死去。 天文学者として以外に、地理書『Tables of the Sun』の出版(1792年)や、3つの学術雑誌の編集(1798年-1826年)でも知られる。 小惑星(999)ツァッヒアと、月のクレーター・ツァハは、ツァハにちなんで名づけられた。 ちなみに、小惑星(999)から(1001)の名前は、ツァッヒア、ピアッツィア、ガウシアで、ケレスの発見者と再発見者3人の名前が並んでいる。 小惑星(64)アンジェリーナは、彼がマルセイユ近郊に建てた観測施設にちなんで名づけられた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランツ・フォン・ツァハ · 続きを見る »

フランク・ワシントン・ヴェリー

フランク・ワシントン・ヴェリー(Frank Washington Very 、1852年 – 1927年11月23日)はアメリカ合衆国の天文学者。 マサチューセッツ州のセイラムに生まれ、マサチューセッツ工科大学で学んだ。1878年から1895年までアレゲニー天文台で働き、1890年にウェスタン大学(現ピッツバーグ大学)の教授となり、1892年から1896年の間はブラウン大学のラッド天文台の台長を務めた。 ヴェリーの重要な業績のひとつはボロメータをつかって、赤外線を測定し、月や惑星の表面温度を計測したことである。サミュエル・ラングレーは1890年に月の観測についてまとめた論文を発表したが、その中には理由は不明であるが、ヴェリーの観測についての言及はみられない。1891年にヴェリーは自らの月の熱の分布に関する論文を発表し、その中には月食時の測定値も含まれる。1890年にサミュエル・ラングレーに出版されたピッツバーグのアレゲニィ天文台でのヴェリーとの赤外線の共同観測における著作はスヴァンテ・アレニウスによって初の温室効果の計算に使用された。 彼の功績を称えて月のヴェリー・クレータに命名された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:ピッツバーグ大学の教員 Category:マサチューセッツ州セイラム出身の人物 Category:1852年生 Category:1927年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランク・ワシントン・ヴェリー · 続きを見る »

フランク・ドレイク

フランク・ドレイク フランク・ドレイク(Frank Drake, 1930年5月28日 - )はアメリカ合衆国の天文学者・天体物理学者。世界で最初の SETIを実施し、また地球外文明の数を推定するドレイクの方程式の提唱者として知られている。イリノイ州シカゴ生まれ。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランク・ドレイク · 続きを見る »

フランク・ダイソン

フランク・ダイソン フランク・ダイソン(Sir Frank Watson Dyson、1868年1月8日 – 1939年5月25日)はイギリスの天文学者である。1919年アーサー・エディントンと共に、太陽の近くを通る恒星からの光が太陽の重力場によって曲げられるというアインシュタインの一般相対性理論の正しさを確認した皆既日食時の観測を指揮したことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランク・ダイソン · 続きを見る »

フランク・エルモア・ロス

フランク・エルモア・ロス(Frank Elmore Ross、1874年4月2日 – 1960年9月21日)はアメリカ合衆国の天文学者。 サンフランシスコに生まれた。カリフォルニア大学で博士号を得た。1905年からメリーランド州ゲティスバーグの国際緯度観測所の所長を務めた。 1915年からイーストマン・コダック社の研究者を務めた後、1924年から引退までヤーキス天文台で働いた。 最初の重要な業績は惑星の衛星の軌道の計算に関するもので、土星の衛星フェーベ、木星の衛星ヒマリアやエラーラの軌道を計算した。イーストマン・コダック社では天文観測用の写真乳剤や光学系の設計を研究した。ヤーキス天文台ではエドワード・エマーソン・バーナードの仕事を引き継ぎ、バーナードの残した天文写真乾板を受け継いだ。バナードの写真を再度ブリンクコンパレータを使って調査し400を超える変光星と、1000を超える固有運動の大きい恒星を発見した。いくつかの固有運動の大きい恒星はロス154のように地球に近い恒星であることが判明し、ロスが一覧表(カタログ)に与えた番号で知られるようになった。 1926年の火星の衝の観測で、ウィルソン山天文台の60インチ望遠鏡を使って異なる色の範囲で火星の写真を撮影した。翌年金星の紫外線域を使って、金星の雲の下に隠された構造の撮影に初めて成功した。カリフォルニア州アルタデナで没した。 火星のクレータに命名され、月のロス・クレータは彼と、イギリスの探検家ジェイムズ・クラーク・ロスに因んで命名された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:サンフランシスコ出身の人物 Category:1874年生 Category:1960年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランク・エルモア・ロス · 続きを見る »

フランク・シュレシンジャー

フランク・シュレシンジャー(Frank Schlesinger、1871年5月11日 – 1943年7月10日)はアメリカ合衆国の天文学者。 ニューヨーク生まれ。ニューヨーク・シティカッレジ、コロンビア大学などで学び、ヤーキス天文台で恒星の視差の測定に天文写真を使う方法を始めた1人である。1905年から1920年までアレゲニー天文台の所長を務め、1920年から1941年の間はイェール大学天文台の所長を務めた。 位置天文学の分野に貢献し、イエール輝星カタログ Yale Bright Star Catalogue を編纂した。南アフリカにイェール・コロンビア南天観測所(Yale - Columbia Southern Station)を設立に貢献した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランク・シュレシンジャー · 続きを見る »

フランシス・ピーズ

フランシス・ピーズ(Francis Gladheim Pease、1881年 - 1938年2月7日)はアメリカ合衆国の天文学者。大口径望遠鏡など観測機械の設計に加わり、干渉計による恒星の視角の測定、月などの写真天文学に貢献した。球状星団M15のなかに惑星状星雲を発見し、これはPease 1の記号が付けられている。 マサチューセッツ州ケンブリッジに生まれた。シカゴ工科大学で学び、ヤーキス天文台で観測者、光学技術者として、多くの大口径望遠鏡の設計を手がけたジョージ・リッチーの助手を務めた。1908年にウィルソン山天文台の、光学技術者となった。ピーズの設計した観測機械には ウィルソン山天文台の100-inch望遠鏡や、50-foot干渉計がある。 アルバート・マイケルソンの助手を長く勤め、1920年にはマイケルソンとピーズは100-inch望遠鏡に取り付けた干渉計で、赤色巨星ベテルギウスの視角を測定し、エディントンが予測した値に近い0.047"の測定値を得た。後にパロマー天文台の200-inch ヘール望遠鏡を設計し、1928年に球状星団M15のなかに惑星状星雲を初めて発見した。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:マサチューセッツ州ケンブリッジ出身の人物 Category:1881年生 Category:1938年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランシス・ピーズ · 続きを見る »

フランシス・ベイリー

フランシス・ベイリー(Francis Baily、1774年4月28日 - 1844年8月30日)は、イギリスの天文学者である。ロンドン天文学会(後の王立天文学会)の創設に尽力し、初代事務局長を務めた。日食時に月面のクレーター等の凹凸によって生じる、太陽の輪が途切れ光がとびとびになって見える「ベイリーの数珠」現象でよく知られる。他にも、様々な古い天文観測記録を調べて星表を再編集したり、地球の密度を実験的に求めるといった業績がある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフランシス・ベイリー · 続きを見る »

フリードリッヒ・フォン・シュトルーベ

フリードリッヒ・ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・シュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve、Василий Яковлевич Струве、1793年4月15日 – 1864年11月23日、ユリウス暦11月11日)はドイツ系ロシア人の天文学者である。シュトルーベ家は4代に渡ってロシア、ドイツ、アメリカ合衆国で活躍した天文学者を輩出した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリードリッヒ・フォン・シュトルーベ · 続きを見る »

フリードリッヒ・キュストナー

フリードリッヒ・キュストナー(Friedrich Küstner、1856年8月22日 - 1936年10月15日)はドイツの天文学者である。ボン大学の教授などを務めた。1888年地球の極運動(天文緯度変化)を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリードリッヒ・キュストナー · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィネッケ

フリードリヒ・アウグスト・テオドール・ヴィネッケ(Friedrich August Theodor Winnecke、 1835年2月5日 - 1897年12月3日)はドイツの天文学者。ウィンネッケとも表記される。 ハノーファー近くのグロスヘーレ(Groß-Heere)で生まれた。1858年から1865年までロシアのプルコヴォ天文台で働いた後、ドイツに戻り1872年から1881年までストラスブール大学の天文学の教授を務めた。ボンで没した。 多くの彗星の発見者、共同発見者であり、発見した彗星には周期彗星 7P/ポンス・ウィンネッケ彗星や、1度はポン・コッジャ・ヴィネッケ・フォーブズ彗星と呼ばれて、現在は軌道を計算したアンドリュー・クロンメリンの名前がつけられた27P/クロンメリン彗星などが含まれている。 ウィンネッケは 二重星の一覧を編纂し、多くの星雲を発見した。 Category:ドイツの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:彗星発見者 Category:ストラスブール大学の教員 Category:1835年生 Category:1897年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリードリヒ・ヴィネッケ · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル(Friedrich Wilhelm Bessel, 1784年7月22日 - 1846年3月17日)はドイツの数学者、天文学者。 恒星の年周視差を発見し、ベッセル関数を分類したことで知られる(関数の発見者はダニエル・ベルヌーイである)。ヴェストファーレン地方のミンデンに生まれ、ケーニヒスベルク(現在のロシアのカリーニングラード)で癌のために没した。同じく数学者で天文学者でもあったカール・フリードリヒ・ガウスと同時代を生きた人物である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー

フリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー(Friedrich Wilhelm August Argelander、1799年3月22日 - 1875年2月17日)は、ドイツの天文学者である。最初の近代的星表「ボン掃天星表」 (Bonner Durchmusterung) を作成した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー · 続きを見る »

フリードリヒ・カール・ギンツェル

フリードリヒ・カール・ギンツェル(Friedrich Karl Ginzel、1850年2月26日 - 1926年6月29日)はオーストリアの天文学者。 ボヘミア地方のリベレツに生まれた。1877年からウィーン天文台で働いた。1886年からベルリンの王立天文計算所(Königlichen Astronomischen Recheninstituts)で働き、1899年に教授となった。日食、月食の計算を行い、1899年に著書Spezieller Kanon der Finsternisse(ヨーロッパを対象とした食宝典)を著した。その後古代の日月食を研究し、天文現象から歴史の年代を研究する天文年代学(chronology)の分野の権威となった。著書 Handbuch der mathematischen und technischen Chronologie (1906-14) はこの分野の 標準的なテキストである。ベルリンで没した。月のクレーターに命名されている。 Category:オーストリアの天文学者 Category:チェコの天文学者 Category:ボヘミア・ドイツ人 Category:ボヘミア・ドイツ系オーストリア人 Category:リベレツ出身の人物 Category:1850年生 Category:1926年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリードリヒ・カール・ギンツェル · 続きを見る »

フリッツ・ツビッキー

フリッツ・ツビッキーの記念碑 フリッツ・ツビッキー(Fritz Zwicky 、1898年2月14日 – 1974年2月8日)はアメリカで活躍したスイス国籍の天文学者である。ウォルター・バーデとともに超新星の研究のパイオニアである。 スイス人(ノルウェー国籍の父親、チェコ人の母親)の両親のもとで、ブルガリアのヴァルナに生まれた。チューリッヒ連邦工科大学で学んだ。1925年にアメリカのカリフォルニア工科大学に移り、その後、スイス国籍のままアメリカで活動した。 1930年代にウォルター・バーデとともに超新星が中性子星に移行する過程であること、超新星が宇宙線の発生源であることを示唆する論文を発表した。パロマー天文台に超新星探索用のシュミット望遠鏡を設置させるのに成功し、100個以上の超新星を発見した。1961年から銀河のカタログ Catalogue of Galaxies and of Clusters of Galaxies (CGCG)を作成した。 変わり者で知られ、周囲の研究者に罵詈雑言を浴びせるのが常で、お気に入りの罵倒語は「球形のろくでなし」(どこからみてもろくでなし)だったという。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフリッツ・ツビッキー · 続きを見る »

フレッド・ホイル

フレッド・ホイル(Sir Fred Hoyle, 1915年6月24日 - 2001年8月20日)は、イギリスウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォード出身の天文学者、SF小説作家。 元素合成の理論の発展に大きな貢献をした。現在の天文学の主流に反する数々の理論を提唱したことでも知られる。SF作家としても有名で、息子であるジェフリー・ホイルとの共著も多い。研究生活の大半をケンブリッジ大学天文学研究所で過ごし、同研究所所長を長年に渡って務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフレッド・ホイル · 続きを見る »

フレデリック・シアーズ

フレドリック・シアーズ(Frederick Hanley Seares、1873年5月17日 - 1964年7月20日)は、アメリカ合衆国の天文学者。ヤコブス・カプタインによって提唱された国際的な観測に協力して多くの星を記載した星表を出版した。恒星の光度基準、星間物質による減光などの分野に功績があった。 ミシガン州に生まれ、カリフォルニア大学を卒業後、フランス、ドイツで学んだ。ミズーリ大学コロンビア校の教授をしたのち、1909年から36年間ウィルソン山天文台で働いた。後に副所長を務めた。1922年、国際天文学連合の委員長に選出される。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフレデリック・シアーズ · 続きを見る »

フレデリク・カイセル

フレデリク・カイセル(Frederik Kaiser、1808年6月10日 – 1872年7月28日)はオランダの天文学者。小惑星(1694) カイセルと月のクレーターに命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフレデリク・カイセル · 続きを見る »

フレドリック・ストラットン

フレドリック・ストラットン(Frederick John Marrian Stratton FRS、1881年10月16日 - 1960年9月2日)はイギリスの天体物理学者。日食時の太陽スペクトルの観測などを行った。 バーミンガムに生まれ、ケンブリッジ大学で学んだ。ケンブリッジ天文台で働き、1928年から1947年の間ケンブリッジ大学の天体物理学の教授、太陽物理観測所 (Solar Physics Observatory) の所長を務めた。月のクレーターと小惑星 (1560) ストラットニア (Strattonia) に命名された。1936年には北海道の皆既日食の観測のために来日した。 1953年から心霊現象研究協会の会長を務めた。 Category:イギリスの天文学者 Category:ケンブリッジ大学の教員 Category:バーミンガム出身の人物 Category:1881年生 Category:1960年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフレドリック・ストラットン · 続きを見る »

フワーリズミー

フワーリズミー 1983年のソビエト連邦の記念切手 アル=フワーリズミー(الخوارزمي al-Khuwārizmī)ことアブー・アブドゥッラー・ムハンマド・イブン・ムーサー・アル=フワーリズミー(أبو عبد الله محمد ابن موسى الخوارزمي)は、9世紀前半にアッバース朝時代のバグダードで活躍したイスラム科学の学者である。アッバース朝第7代カリフ、マアムーンに仕え、特に数学と天文学の分野で偉大な足跡を残した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフワーリズミー · 続きを見る »

フーゴ・フォン・ゼーリガー

フーゴ・フォン・ゼーリガー フーゴ・フォン・ゼーリガー(Hugo von Seeliger, 1849年9月23日 - 1924年12月2日)はドイツの天文学者である。宇宙の無限の大きさと重力に関する「ゼーリガーのパラドックス」で知られる。 1881年から1882年の間、ゴータ天文台の所長を務めた。その後ミュンヘン大学の教授となった。ボーゲンハウゼン天文台の設立者の一人である。 ゼーリガーのパラドックスとは、 宇宙が一様かつ無限であれば、宇宙の無限の数の星からの重力の総和も無限にならなければならないというものである。ゼーリガーはこのパラドックスに対して、アイザック・ニュートンの万有引力の法則を修正することを提案した。 Category:ドイツの天文学者 Category:ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンの教員 Category:1849年生 Category:1924年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフーゴ・フォン・ゼーリガー · 続きを見る »

ファザーリ

ムハンマド・アル・ファザーリ(Abu abdallah Muhammad ibn Ibrahim al-Fazari、没年は796年か806年)は8世紀のペルシャ(現イラン)の哲学者、数学者、天文学者。父親のイブラヒム・アル・ファザーリ(Ibrahim al-Fazari:777年没)もまた天文学者、数学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とファザーリ · 続きを見る »

フィリッペ・ファン・ランスベルゲ

フィリッペ・ファン・ランスベルゲ(Philippe van Lansberge、またはJohan Philip Lansberg、その他 Johannes Philippusとも、ラテン名はPhilippus Lansbergius:ランスベルギウス、1561年8月25日 – 1632年12月8日)はオランダの天文学者、数学者。惑星の位置を予測する天文表を作成した。 現在はベルギーであるヘントに生まれた。プロテスタントの牧師を務めた。弟子のホテンシウス(w:Martinus Hortensius)と共同して、天文表 Tabulae motum coelestiumを出版したことで知られる。ヨハネス・ケプラーの発見した惑星の楕円軌道の理論は受け入れなかったので、誤差が含まれることになった。オランダのミドルブルグで没した。 Category:オランダの天文学者 Category:オランダの数学者 610825 -610825 Category:オランダの牧師 Category:ヘント出身の人物 Category:1561年生 Category:1632年没 Category:数学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とフィリッペ・ファン・ランスベルゲ · 続きを見る »

フィリップ・ファウト

フィリップ・ファウト(Philipp Johann Heinrich Fauth 、1867年3月19日 - 1941年1月4日)はドイツのアマチュア天文学者。月に関する著書などで知られる。 バート・デュルクハイムに生まれた。月の観測に取組み1932年に月のコペルニクスクレータの近くに2重クレータを発見した。1884年から1940年にかけて月の100万分の1の地図を製作したが、出版されたのは1964年になってからで、月の観測に写真が用いられる時代になっておりその仕事は時代遅れな物となってしまった。20世紀の始め、太陽系の起源を巨大な高温の天体に氷でできた別の天体が衝突したことに求め、月も氷でできているとする『宇宙氷説』(en:Welteislehre)を唱えた、オーストリアの技術者ハンス・ヘルビガーと親しくなり、ファウトも月の表面が氷で覆われているという説にたった。 宇宙氷説はナチスの高官に支持されたので、1939年にファウトはハインリヒ・ヒムラーによって大学教授に任命されたが、実際に大学で教えることはなかった。SS-天文台の設立を計画したが、第2次世界大戦の勃発によって中止された。ナチスの援助によってw:Landstuhlに個人天文台をもった。ミュンヘン近郊のGrünwaldで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフィリップ・ファウト · 続きを見る »

フィリップ・ド・ラ・イール

フィリップ・ド・ラ・イール(Philip(p)e de La Hire、ライール(Lahire)と綴っているものもある、 1640年3月18日 - 1718年4月21日)はフランスの皇太子付地理学者、幾何学者、天文学者、画家である。 パリの有名な画家ローラン・ド・ラ・イール(Laurent de La Hire)の息子として生まれた。1660年にローマに絵の勉強に出たが、パリに戻ると、科学の勉強を始め、数学に才能を示した。1678年にフランス王立科学アカデミーの会員になり、その後天文学の分野の活動を始めた。太陽や月、惑星の運行表を計算するとともに、1679年から1682年の間、もともとジャン・ピカールが企画し、途中まで実施したフランス国土の地図作成に資するためのフランス海岸線の測量を助け、これを受け継いだ。この測量成果は「フランス輪郭地図」(Carte des contours de la France: Carte de France corrigée par ordre du Roi sur les observations de Mrs de l'Académie des sciences) として、1682年にフランス科学アカデミーに上納され、1693年に発行された。1683年にはパリ子午線の子午線弧を北方に延長するのに助力した。同年コレージュ・ロワイヤル(Collège Royal)の数学の教授となり、1687年からAcadémie d'architectureでも教えた。 1673年には幾何学に関する『幾何学の新方法』(Nouvelle Méthode en Géométrie pour les sections des superficies coniques et cylindriques)を著したほか、魔方陣に関する13世紀のギリシャのマヌーエール・モスコプールス(Manuel Moschopulus)の著書を翻訳し、過去の理論を収集した。1705年に 『力学理論』(Traite de Mechanique)を発表した。また同年 『天球図』(Planisphere Celeste Septentrional et Meridional)を出版した。ラ・イールの天球図は、アメリカの連邦議会図書館の他、日本でも千葉市科学館(Qiball)に所蔵されている(ただし、北天図は1766年版、南天図は1760年版)。 月の山に名前が付けられている。 彼の二人の息子のうち、ガブリエル=フィリップ・ド・ラ・イール(Gabriel-Philippe de La Hire, 1677-1719)は数学者として、ジャン=ニコラ・ド・ラ・イール(:fr:Jean-Nicolas de La Hire, 1685-1727)は植物学者として、科学における目覚しい業績を残した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフィリップ・ド・ラ・イール · 続きを見る »

フィリップ・コーウェル

フィリップ・コーウェル(Philip Herbert Cowell、1870年8月7日 – 1949年6月6日)はイギリスの天文学者。 イギリス領インド帝国のカルカッタに生まれる。ケンブリッジ大学を卒業後、1896年グリニッジ天文台の主任助手となった。1910年から1930年の間、王立航海暦局(HM Nautical Almanac Office)の監督を務めた。天体力学を研究し、月や小天体の軌道を計算するための数値積分の方法(Cowell's Method)を開発した。1911年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。 1909年に小惑星(4358)リンを発見した。これは彼が発見した唯一の小惑星である。 小惑星(1898)コーウェルに命名された。 Category:イギリスの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:コルカタ出身の人物 Category:1870年生 Category:1949年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフィリップ・コーウェル · 続きを見る »

フィリベール・ジャック・メロッテ

フィリベール・ジャック・メロッテ(Philibert Jacques Melotte 、1880年1月29日 - 1961年3月30日)はイギリスの天文学者。グリニッジ天文台で活動した。メロッテカタログの通称で呼ばれる星団のカタログを編纂したことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフィリベール・ジャック・メロッテ · 続きを見る »

フェリックス・チスラン

フランソワ・フェリックス・チスラン(François Félix Tisserand 、1845年1月13日 - 1896年10月20日)はフランスの天文学者。 フランス東部コート=ドール県のニュイ=サン=ジョルジュ(w:Nuits-Saint-Georges)に生まれた。1863年、高等師範学校に入学。卒業後の1868年、ユルバン・ルヴェリエによりパリ天文台の助手に採用された。1868年シャルル=ユージェヌ・ドロネーの手法を用いた天体力学の分野の研究で博士号を得た。その少し後、1868年8月18日に起こる日食の観測のため、マレー半島のマラッカでの観測隊に加わった。 1873年にはトゥールーズ天文台の所長に任命され、1874には科学アカデミーの通信会員になった。金星の日面通過の観測隊として、1874年は日本に、1882年は西インド諸島のマルティニークに赴いた。1978年にルヴェリエの後をついで科学アカデミーの会員になり、経度局の委員になった。1883年にはソルボンヌ大学教授となった。1892年にパリ天文台の所長になり、ラランドの星表の改訂に功績をあげた。 チスランの業績は天体力学の多くの分野にわたり、木星などの惑星の摂動をうけて軌道が変化した彗星などの同定に用いられるチスランの判定条件(:en:Tisserand's Criterion)に名前が残されている。著書にTraite de mecanique celesteなどがある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフェリックス・チスラン · 続きを見る »

フェルディナント・フェルビースト

フェルディナント・フェルビースト(Ferdinand Verbiest, 1623年10月9日 - 1688年1月28日)は、フランドル出身のイエズス会宣教師。清代の中国を訪れ、康熙帝に仕えながら布教活動を行った。漢名は南懐仁(簡体字表記では南怀仁)。字は勛卿または敦伯。 ヨーロッパの天文学、地理学など科学技術を中国に紹介、また中国の習慣を身につけて中国語で書物を著し、日本を含め近世初期の中国および周辺諸国の科学技術に大きな影響を与えた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とフェルディナント・フェルビースト · 続きを見る »

フォレスト・モールトン

フォレスト・モールトン(Forest Ray Moulton、1872年4月29日 - 1952年12月7日)はアメリカ合衆国の天文学者である。 ミシガン州のルロイに生まれた。アルビオン・カレッジを卒業した後、1899年にシカゴ大学で博士号をえた。シカゴ大学教授、アメリカ科学振興協会 (AAAS:American Association for the Advancement of Science)の事務長を務めた。 トーマス・チェンバレンと、太陽の近くを別の天体が通過し、その潮汐力で太陽から噴出した物質が冷却されて惑星群を形成したというモールトン・チェンバレン説の提案者であるが、現在この説は信じられていない。20世紀の始め、木星の新しい衛星が発見されると、これらの衛星が木星の重力にとらえられた小惑星であるという理論を示した。 小惑星(993) モールトナはモールトンの名前に因んで命名された。月のクレータに命名されている。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:シカゴ大学の教員 Category:ミシガン州オセオラ郡出身の人物 Category:ミシガン州の人物 Category:1872年生 Category:1952年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とフォレスト・モールトン · 続きを見る »

ドナルド・メンゼル

ドナルド・ハワード・メンゼル(Donald Howard Menzel、1901年4月11日 – 1976年12月14日)はアメリカ合衆国の天文学者。 デンバー大学で学んだ後、プリンストン大学で博士号を得た。1921年までリック天文台で働いた。その後ハーバード大学で働き、1954年から1956年までアメリカ天文学会の会長を務めた。 はじめ太陽の研究を行い、その後ガス星雲の研究を行った。ローレンス・オーラー(w:Lawrence Aller)、ジェームズ・ベーカー(James Baker)と惑星状星雲の研究の基礎を築いた。 著書に Peterson Field GuidesのなかのA Field Guide to the Stars and Planetsがあるが、UFOの存在を否定する一般向けの著書 Flying Saucers (1953)、A Scientific Examination of a Major Myth of the Space Age (1963)、 The Definitive Explanation of the UFO Phenomenon (1977)で知られる。1968年にアメリカ下院の科学宇宙委員会の公聴会ですべてのUFOの目撃に関して、自然現象で説明できると証言した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とドナルド・メンゼル · 続きを見る »

ドナルド・リンデンベル

ドナルド・リンデンベル(Donald Lynden-Bell, 1935年4月5日 - 2018年2月5日)は、イギリスの天体物理学者である。銀河中心の超巨大ブラックホールの存在を提案したことで知られる。 ドーバーで生まれ、ケンブリッジ大学で学んだ。アメリカ合衆国で2年ほど働いた後、1962年にケンブリッジで応用数学の講師、1972年から天文物理学の教授となり、天文学研究所の所長や王立天文学会の会長を務める。1962年オリン・エッゲン、アラン・サンデージといわゆる ELS 論文として知られる銀河系の形成過程に関する論文を発表した。1969年には大きなエネルギーを放出しているクエーサーが大質量ブラックホールをエネルギー源としているという理論を発表した。後に多くの銀河の中心に超巨大ブラックホールがあるという理論に拡張された。また巨大重力源(グレート・アトラクター)の存在を仮定した最初の一人でもある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とドナルド・リンデンベル · 続きを見る »

ドナルド・オスターブロック

ドナルド・オスターブロック(Donald Edward Osterbrock、1924年7月13日 - 2007年1月11日)はアメリカ合衆国の天文学者。 シカゴ大学、ヤーキス天文台でスブラマニアン・チャンドラセカールに学び、ウィリアム・ウィルソン・モーガン、スチュワート・シャープレスとO型やB型に分類される恒星が銀河のひも状の分枝に分布していることを示した。1973年から1981年までカリフォルニア大学所属のリック天文台の所長を務めた。 "Astrophysics of Gaseous Nebulae and Active Galactic Nuclei" (『ガス星雲と活動銀河核の天体物理学』田村眞一訳:東北大学出版会)の著者である。天文学史に関する著作もあり、アメリカ天文学会の天文学史分野の賞 LeRoy E. Doggett 賞を 2002年に受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とドナルド・オスターブロック · 続きを見る »

ドメニコ・マリア・ノヴァーラ

ドメニコ・マリア・ノヴァーラ・ダ・フェラーラ(Domenico Maria Novara da Ferrara、1454年 - 1504年)はイタリアの天文学者で、ボローニャ大学の教授を21年間にわたって務めた。また経済的な理由から占星術師でもあった。 コペルニクスに天文学を教えたことで有名である。コペルニクスはノヴァーラの家に寄宿し、観測を手伝い、天文学について多くを学んだ。ノヴァーラは、ゲオルク・プールバッハ、レギオモンタヌスに連なる天文学者で、レギオモンタヌスに教えを受けた。黄道傾斜の観測からプトレマイオスの宇宙体系に訂正が必要なことを見出したとされ、コペルニクスの思想に影響を与えた。 ノヴァーラの著書は占星術の年表を除いて失われたが、コペルニクスの『天球の回転について』De revolutionibus orbium coelestium のなかに、1497年3月9日のコペルニクスの最初の観測を確認したことが記されている。 Category:イタリアの天文学者 Category:15世紀の学者 Category:16世紀の学者 Category:ボローニャ大学の教員 Category:1454年生 Category:1504年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とドメニコ・マリア・ノヴァーラ · 続きを見る »

ニルス・ドゥネル

ニルス・ドゥネル ニルス・クリストフェル・ドゥネル(Nils Christofer Dunér 、1839年5月21日 - 1914年11月10日)は、スウェーデンの天文学者である。二重星の観測,赤色星の分光研究などを行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とニルス・ドゥネル · 続きを見る »

ニッコロ・ズッキ

ニッコロ・ズッキ(Niccolò Zucchi、 1586年12月6日パルマ - 1670年5月21日ローマ)はイタリアのイエズス会員であり、天文学者である。反射望遠鏡製作のパイオニアである。 パルマに生まれる。パルマで自然科学と神学を学ぶ。1602年イエズス会の会員となる。ローマ学院の数学と科学の教授となった。ヨハネス・ケプラーに会ったことにより天文学に興味を持ち、1616年最初の凹面鏡と接眼レンズからなる反射望遠鏡を製作した。反射望遠鏡をつかって、1630年に木星の縞模様を、1640年に火星の模様を観測した。1652年から出版された著書Optica philosophia experimentalis et ratione a fundamentis constitutaは後に望遠鏡を製作した、ジェームズ・グレゴリーやアイザック・ニュートンに影響を与えた。 天文学以外の分野でも燐光の発光機構の分野で功績があった。アリストテレスの「自然は真空を嫌う」の立場にたち、同時代のトリチェリの真空の実験結果に否定的な立場をとった。 月のズッキウス・クレーターはズッキの名を記念して命名された。 category:イタリアの天文学者 category:イエズス会士 category:17世紀の学者 Category:グレゴリアン大学の教員 Category:パルマ出身の人物 category:1586年生 category:1670年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とニッコロ・ズッキ · 続きを見る »

ニコライ・シャクラ

ニコライ・シャクラ(Nikolai Ivanovich Shakura, Николай Иванович Шакура、1945年10月7日 - )はベラルーシ生まれの宇宙物理学者である。モスクワ大学附属シュテルンベルク天文研究所の宇宙物理学部門のリーダーである。 X線連星系(X線2重星)を研究し、1973年ラシード・スニャーエフとともに降着円盤の標準モデルを提案したことで有名である。 Category:ロシアの天文学者 Category:ソビエト連邦の天文学者 Category:シュテルンベルク天文研究所の人物 Category:1945年生 Category:存命人物 Category:ベラルーシ出身の人物 Category:モスクワ大学出身の人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とニコライ・シャクラ · 続きを見る »

ニコラウス・コペルニクス

ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク 、1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な発見とされる。(ただし、太陽中心説をはじめて唱えたのは紀元前三世紀のサモスのアリスタルコスである)。また経済学においても、貨幣の額面価値と実質価値の間に乖離が生じた場合、実質価値の低い貨幣のほうが流通し、価値の高い方の貨幣は退蔵され流通しなくなる (「悪貨は良貨を駆逐する」) ことに最初に気づいた人物の一人としても知られる。 コペルニクスはまた、教会では司教座聖堂参事会員(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。暫定的に領主司祭を務めたこともある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とニコラウス・コペルニクス · 続きを見る »

ニコラ=ルイ・ド・ラカーユ

ニコラ=ルイ・ド・ラカーユ(ラカイユ、Abbé Nicolas-Louis de Lacaille、1713年3月15日 - 1762年3月21日)は、フランスの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とニコラ=ルイ・ド・ラカーユ · 続きを見る »

ニコラ=クロード・ファブリ・ド・ペーレスク

ニコラ=クロード・ファブリ・ド・ペーレスク(Nicolas-Claude Fabri de Peiresc 、1580年12月1日 – 1637年6月24日)は16世紀のフランスの天文学者、役人である。1611年にオリオン大星雲を発見した。北アフリカを含む、地中海周辺の各地で月食の観測者を組織して、その観測結果から各地の緯度の差を計算し地中海の正確な大きさを求めた。 ベルジャンチエ(Belgentier)の裕福な役人の家系に育った。エクス=アン=プロヴァンス、アヴィニョンやトゥルノンのイエズス会の神学校で学んだ。1599年からフランス国内、イタリア、スイスを旅した。最終的に1604年にモンペリエで法律を学んだ。学位をとってエクスに戻り、叔父の仕事を継いでプロヴァンス議会で働き、議会の議長、ギヨーム・デュ・ヴェール(Guillaume du Vair)に仕えた。デュ・ヴェールとともに、1605年から1606年の間パリに旅した。 1610年にデュ・ヴェールが望遠鏡を購入しペーレスクとジョゼフ・ゴーチエ(Joseph Gaultier)が木星の衛星などの天文観測を行った。 1610年にはオリオン大星雲 (M42)を発見したが、この発見は忘れられ、1916年にギヨーム・ビゴルダンによってデュ・ヴェールが発見者であることが見出された。 後にプロヴァンスのエクス高等法院の参事官を務める一方、科学者や芸術家のパトロンになり、化石の研究などを行った。1634年から1637年の間天文学者のピエール・ガッサンディを自宅に同居させた。エクスで没した。 1879年から1897年には、フィリップ・タミゼー・ド・ラロックによって全21集の往復書簡集が出版された。そのうち、セザール・ド・ノートルダムとの往復書簡(第2集)などは、ガリカで公開されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とニコラ=クロード・ファブリ・ド・ペーレスク · 続きを見る »

ニコル・オレーム

レームを描いた細密画(フランス国立図書館) ニコル・オレーム(Nicole Oresme または Nicolas d'Oresme 、1323年頃 - 1382年7月11日)は、14世紀フランスの最も優れた哲学者のひとりであり、その活動範囲は広くあらゆる分野に及んだ。貨幣に関する著書、数学、天文学に関する多くの著書がある。アリストテレスの著書をフランス語に訳したことでも知られる。天文学の分野では『天体・地体論』の中で、アリストテレスらの、地動説へのさまざまな反論に対して反証をあげて、地動説を否定することができないことを示した。それにもかかわらず地動説も天動説も明証的ではないので、自らは天動説を信じるという立場をとった。 ノルマンディー地方のアルマーニュ(現フルーリィ=スュル=オルヌ Fleury-sur-Orne)村に生まれた。パリ大学のナヴァール学寮で学んだ。スコラ学派のジャン・ビュリダンやザクセンのアルベルト(アルベルトゥス・デ・サクソニア)らと学んだ。パリで神学を学び、学識が高いという評判は、フランス王家の注目を得て、後のフランス王シャルル5世の知遇を得た。シャルル5世の側近として仕え、その貨幣改革に理論的裏付けを与えた。1361年にルーアンの司教代理となり、1377年にノルマンディーのリジューの司教になった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とニコル・オレーム · 続きを見る »

ホルトン・アープ

ホルトン・クリスチャン・アープ(Halton Christian Arp、1927年3月21日 - 2013年12月28日)はアメリカ合衆国の天文学者。 ニューヨークに生まれた。ハーバード大学を卒業した後カリフォルニア工科大学で博士号を得た。1953年にワシントン・カーネギー協会の研究員になり、1955年にインディアナ大学ブルーミントン校の研究助手となり、1957年からパロマー天文台に29年間勤めた。1983年からドイツのマックス・プランク研究所に加わった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とホルトン・アープ · 続きを見る »

ホルガー・ティエレ

ホルガー・ティエレ(Holger Thiele、1878年9月25日 - 1946年)はデンマーク生まれの天文学者。父親は数学者、天文学者のトルバルド・ティエレである。 初めベルゲドルフのハンブルク天文台で働き、後にアメリカ合衆国に渡りリック天文台で働いた。 4個の小惑星と、彗星C/1906 V1を発見し、彗星の軌道計算を行った。 Category:デンマークの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:1878年生 Category:1946年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とホルガー・ティエレ · 続きを見る »

ホセ・コマス・ソラ

ョゼップ(ホセ)・コマス・イ・ソラ ホセ・コマス・イ・ソラ(スペイン語表記:José Comas y Solá、1868年12月19日 – 1937年12月2日)はスペイン(カタルーニャ)の天文学者である。カタルーニャ語での表記はジョゼップ・コマス・イ・ソラ(Josep Comas i Solà)となる。バルセロナ出身。 火星や土星などの惑星の観測を行い、土星の自転周期の測定をおこなった。一般向けの天文学の著書もあり、米州スペイン天文協会(Sociedad Astrónomica de España y América)の初代会長を務めた。この団体は、彼が発見した小惑星(1626)Sadeyaの由来ともなっている。1904年に設立されたファブラ天文台の監督に就任した。 周期彗星 32P/コマス・ソラ彗星を発見し、非周期彗星C/1925 F1 (Shajn-Comas Sola)の共同発見者であり、11個の小惑星を発見した。 1907年に木星の衛星タイタンに大気のある証拠となる観測を行った。 小惑星(1102)ペピータ (Pepita)はコマス・ソラの愛称形から、(1655)コマス・ソラは自身の名から命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とホセ・コマス・ソラ · 続きを見る »

ダーヴィト・ファブリツィウス

ダーヴィト・ファブリツィウス(David Fabricius、1564年3月9日 - 1617年5月7日)は、16世紀生まれのドイツの牧師、天文学者。天体観測に望遠鏡が使われ始めた時代に、黒点の発見などの発見で知られる。 ドイツ語名はダーヴィト・ファーベル (David Faber) かダーヴィト・ゴルトシュミットで、ファブリツィウスはラテン語名である。ドイツ北西部の生地 Esens(ニーダーザクセン州ヴィットムント郡)の近くの小さい町(1584年にはResterhaave、1603年にはOsteel)の牧師であった。教会の仕事のほかに科学の研究を行い、特に天文学に興味があった。 ファブリツィウスは1596年8月に周期変光星であるミラを発見したことで知られる。これは新星、超新星を除けば明るさの変わる星が初めて発見されたことになった。当時、周期的に明るさの変化する天体は知られていなかったので、はじめミラも新星の一つであると考えられたが、1609年に再び、明るさを増したことからこれが新しい種類の星であることが明らかになった。 2年後、彼の息子のヨハネスがオランダの大学から望遠鏡を持って帰郷し、2人で太陽の観測を行うようになった。太陽を直接観測する困難さにもかかわらず、すぐに太陽黒点の存在に気が付いた(黒点についてはすでに中国の天文学者が望遠鏡なしで発見していたとされる)。2人は、太陽観測の際の眼の保護のためと、太陽面のより鮮明な像をえるために、カメラ・オブスキュラ式の望遠鏡を発明し、黒点が太陽面を移動することを観測した。東の端に現れた黒点が、一定の速さで西の端へ移動し、消えた黒点が一定の期間の後再び東の同じ場所にあらわれて、太陽面を横断するのを観測した。これは太陽が自転していることを示している証拠となった。1611年7月に息子のヨハネスの名で Maculis in Sole Observatis, et Apparente earum cum Sole Conversione Narratio(『太陽面上に観測された斑点とその太陽に伴う回転について』)が出版されたが、あいまいさを残したため、同時期に黒点を発見した2人に黒点の発見者の栄誉をゆずることになった。すなわち1612年1月のクリストフ・シャイナーと1612年3月のガリレオ・ガリレイが太陽黒点の発見者とされる。 これらの発見以外にダーヴィト・ファブリツィウスについて知られていることは少ないが、説教でガチョウ泥棒を非難して、その疑いをかけた人物にシャベルで撲殺されたという記録が残されている。ジュール・ヴェルヌの小説『地球から月へ』に月の住人を望遠鏡で見たと主張する人物としてその名が登場するが、ベルヌの創作であると思われる。 月のクレータに命名され、牧師を務めたOsteelの教会の庭に記念碑が建てられている。 Category:ドイツの天文学者 Category:16世紀の学者 Category:17世紀の学者 Category:ドイツの牧師 Category:1564年生 Category:1617年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とダーヴィト・ファブリツィウス · 続きを見る »

ダニエル・カークウッド

ダニエル・カークウッド(Daniel Kirkwood、1814年9月27日 - 1895年6月11日)はアメリカ合衆国の天文学者。小惑星帯に木星の重力の作用によって小惑星が少なくなった領域、カークウッドの空隙を発見したことで知られる。 メリーランド州のハーフォードカントリーに生まれた。ペンシルベニア州のヨーク・カントリー・アカデミーで数学を学び1838年に卒業した。5年間同校で教えた後、ペンシルベニアのランカスター高校の校長、ポッツヴィルアカデミーの校長を務めた後1851年からデラーウェアカレッジの数学教授、1856年からインディアナ大学の数学教授となった。ジェファーソン・カレッジで教えた2年を除いて、1886年までインディアナ大学で教えた。1891年、77歳でスタンフォード大学の講師を務めた。1895年にカリフォルニア州リバーサイドで亡くなり、インディアナ州ブルーミントンのローズヒル墓地に埋葬された。 最も有名な業績は小惑星の軌道に関する研究で、小惑星帯の小惑星の分布を調べ、公転周期が木星と整数比になる軌道範囲に小惑星の少ない領域があることを1866年に発見した。これはカークウッドの隙間とよばれる。カークウッドはまた流星雨の起源が彗星によることを示唆した最初の学者でもある。これらの業績は国際的な評価を得て、シアーズ・ウォーカーによって「アメリカのケプラー」と称えられた。小惑星(1578) カークウッド (Kirkwood)、月のクレータに彼の名が命名されており、彼が教授を務めたインディアナ大学の天文台は彼にちなんでカークウッド天文台と命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とダニエル・カークウッド · 続きを見る »

ベルナール・リヨ

ベルナール・フェルディナン・リヨ(Bernard Ferdinand Lyot、1897年2月27日 - 1952年4月2日)は、フランスの天文学者。結晶板による干渉を利用した非常に狭い波長域の光だけを透過する光学フィルター(リヨ・フィルター)を開発したことで知られる。太陽の天文学などに貢献した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベルナール・リヨ · 続きを見る »

ベルンハルト・シュミット

ムネイル テューリンゲン州タウテンブルクのカール・シュヴァルツシルト天文台にある2mシュミット式望遠鏡 ベルゲドルフ天文台にあるシュミット博物館 ベルンハルト・シュミット(Bernhard Schmidt, 1879年3月30日 - 1935年12月1日)は、エストニア生まれの光学技術者である。ドイツで活動した。1931年に広視野の望遠鏡、シュミット式望遠鏡を発明した。ドイツ系。 小惑星 (1740) シュミットは彼にちなみ命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベルンハルト・シュミット · 続きを見る »

ベルティル・リンドブラッド

ベルティル・リンドブラッド(Bertil Lindblad、1895年11月26日- 1965年6月25日)はスウェーデンの天文学者である。銀河系の恒星の動きを測定し、銀河系が回転していることを示した。巨星と主系列星の違いをスペクトルを用いて区別することなどの研究を行った。 ウプサラ大学で学んだ後、1927年からスウェーデン王立アカデミーの教授、ストックホルム天文台の所長になった。1948年から1952年まで国際天文学連合の会長を務めた。最も重要な業績は銀河系の恒星の動きを観測し、銀河系内での太陽の運動を考慮して層別し、銀河系の恒星が銀河系の中心のまわりを回転していることを示したことである。ハーロー・シャプレー の銀河系における太陽の位置の予測を確認し、ヤン・オールトによってさらに明確なものにされた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベルティル・リンドブラッド · 続きを見る »

ベンクト・ストレームグレン

ベンクト・ストレームグレン(Bengt Georg Daniel Strömgren、1908年1月21日 - 1987年7月4日)は、デンマークの天体物理学者である。散光星雲(輝線星雲)の発光原因が誕生まもない恒星が発する紫外線によって電離されたHII領域(ストレームグレン球)であることを示した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベンクト・ストレームグレン · 続きを見る »

ベングト・エドレン

ベングト・エドレン(Bengt Edlén, 1906年11月2日 - 1993年2月10日)はスウェーデンの天文学者。分光学の分野で功績があった。 ウプサラ大学で学び、1944年から1973年までルンド大学の教授を務めた。 1860年代の日食観測時に太陽コロナから未知のスペクトル線が観測され、コロニウム:en:Coroniumと名付けられた元素があるとも考えられていたが、1930年代にエドレンはヴァルター・グロートリアン(en:Walter Grotrian)とともに、太陽コロナの高温によって電子の半分以上が失われた鉄のイオンのスペクトルであることを解明した。 1945年に王立天文学会ゴールドメダル、1968年にヘンリー・ドレイパー・メダルを受賞した。 Category:スウェーデンの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:ルンド大学の教員 Category:1906年生 Category:1993年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とベングト・エドレン · 続きを見る »

ベンジャミン・バネカー

ベンジャミン・バネカー ベンジャミン・バネカー(Benjamin Banneker、1731年11月9日 - 1806年10月9日)は、アメリカ合衆国で最初の重要なアフリカ系科学者。独学で木製の時計を作る。天文学を学んで暦を作成し、「黒人は劣った存在ではない」ことを身をもって証明し主張した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベンジャミン・バネカー · 続きを見る »

ベンジャミン・グールド

ベンジャミン・グールド(Benjamin Apthorp Gould、1824年9月27日 - 1896年11月26日)はアメリカ合衆国の天文学者である。1849年、天文学の学術雑誌『アストロノミカル・ジャーナル』を創刊し、アメリカ合衆国の天文学の水準を高めるのに努力した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベンジャミン・グールド · 続きを見る »

ベアトリス・ティンズリー

ベアトリス・ティンズリー(Beatrice Muriel Hill Tinsley, 1941年1月27日 - 1981年3月23日)は、アメリカ合衆国で活躍した女性天文学者、宇宙物理学者。 40歳で夭折し、父親によってその生涯は『ある女性天文学者の生涯-私の娘ベアトリス・ティンズリーの手紙』(原題"My Daughter Beatrice: A Personal Memoir of Dr.Beatrice Tinsley, Astronomer")にまとめられた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とベアトリス・ティンズリー · 続きを見る »

アメデ・ムーシェ

Amédée Ernest Barthélemy Mouchez アメデ・ムーシェ(Amédée Ernest Barthélemy Mouchez、1821年8月24日 - 1892年6月29日)は19世紀のフランスの海軍士官で、パリ天文台の所長を務めた。1887年に国際協力による星図Carte du Cielの製作プロジェクトを立ち上げた。 スペインのマドリードに生まれた。1843年にフランス海軍に入り、海軍軍人としての経歴をつんだ。当時の海軍をとりまく情勢は比較的平穏であり、海軍の活動の多くは探検や調査のための航海に費やされていた。当初ムーシェは、朝鮮半島や中国、南米の沿岸の水路調査に従事した。その中でパラグアイの川を320kmまで溯り、アブロリョス諸島を探検した。観測機器の改良を行い、特に経度の測定方法の問題に取り組んだ。経緯儀と子午線望遠鏡の使用により、約30秒あった経度の測定誤差を3秒から4秒まで改善させた。 1868年に大尉に昇進し、アルジェリア沿岸の海図製作の業務に従事した。1868年に海図が完成すると、経度局のメンバーに選ばれ、翌年科学アカデミーにより、金星の日面通過の観測のためにインド洋のサンポール島に派遣され、日面通過の写真撮影に成功した。 1875年に科学アカデミーの会員に選ばれるとともに、海将補に任じられ、パリ天文台の所長に任じられた。パリ天文台は1870年の普仏戦争とパリ・コミューンの混乱で破壊されていたが、ムーシュは天文台の再建計画をつくった。しかし新しい天文台を建設する資金を政府からひきだすことはできなかった。 1887年に、イギリスのデービッド・ギルと協力し、国際的な天文学の会議をパリで開催した。会議の結果、国際協力により、写真観測による星図Carte du Cielを製作するプロジェクトが開始され、このプロジェクトに何年も多くの労力がさかれたが、近代的な観測方法により星図のプロジェクトは時代遅れのものとなった。 ムーシェはフランスのセーヌ=エ=オアズ県の都市ウィスーで没した。月のムーシェクレータに彼の名が冠せられている。 Category:フランスの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:フランスの軍人 Category:パリ天文台の人物 Category:マドリード出身の人物 Category:1821年生 Category:1892年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とアメデ・ムーシェ · 続きを見る »

アラン・ヘール (天文学者)

アラン・ヘール アラン・ヘール(Alan Hale、1958年3月7日 -)はアメリカ合衆国の天文学者である。ヘール・ボップ彗星の発見者である。 日本の立川市に生まれた。アメリカに戻りニューメキシコ州のアラモゴードで育った。1976年から1983年までアメリカ海軍軍人になった。1983年から1986年までアメリカのジェット推進研究所でディープスペースネットワーク(Deep Space Network)の技術者として働き、ボイジャー2号を含む宇宙船の開発に従事した。 ボイジャーが天王星に接近した後、ヘールはジェット推進研究所をやめ、ニューメキシコ州立大学に入り1992年天文学の博士号を取得した。天文学者に仕事がない状況に直面して、1993年に宇宙の研究と教育を行う非営利の組織サウスウェスト宇宙研究所(Southwest Institute for Space Research.

新しい!!: 天文学者の一覧とアラン・ヘール (天文学者) · 続きを見る »

アリストテレス

アリストテレス(アリストテレース、Ἀριστοτέλης - 、Aristotelēs、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者である。 プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人とされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。 アリストテレスは、人間の本性が「知を愛する」ことにあると考えた。ギリシャ語ではこれをフィロソフィア()と呼ぶ。フィロは「愛する」、ソフィアは「知」を意味する。この言葉がヨーロッパの各国の言語で「哲学」を意味する言葉の語源となった。著作集は日本語版で17巻に及ぶが、内訳は形而上学、倫理学、論理学といった哲学関係のほか、政治学、宇宙論、天体学、自然学(物理学)、気象学、博物誌学的なものから分析的なもの、その他、生物学、詩学、演劇学、および現在でいう心理学なども含まれており多岐にわたる。アリストテレスはこれらをすべてフィロソフィアと呼んでいた。アリストテレスのいう「哲学」とは知的欲求を満たす知的行為そのものと、その行為の結果全体であり、現在の学問のほとんどが彼の「哲学」の範疇に含まれている立花隆『脳を究める』(2001年3月1日 朝日文庫)。 名前の由来はギリシア語の aristos (最高の)と telos (目的)から 。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアリストテレス · 続きを見る »

アリスタルフ・ベロポルスキ

Aristarkh Belopolsky アリスタルフ・アポロノヴィチ・ベロポルスキ(Aristarkh Apollonovich Belopolsky、Аристарх Аполлонович Белопольский、1854年7月13日 – 1934年5月16日)はロシアの天文学者。 モスクワで生まれ、1876年モスクワ大学を卒業した。1878年にフョードル・ブレディヒンの助手となり、1888年、プルコヴォ天文台のスタッフに加わった。 分光天文学の研究を行い、多くの分光連星を発見した。カストルBが2.92日の周期分光連星であることを発見した。 精密な観測機器の開発を行い、1900年にはスペクトルのドップラーシフトの測定装置を製作した。スペクトルのドップラーシフトを利用して、遠方の天体の回転周期を求める方法を開発した。自転周期が緯度によって異なることを発見し、土星の環が一体で回転していないことを発見し、環は微小な天体の集合であることを証明した。当時の技術では測定が不可能であった金星の自転速度の計測を2度試み、1900年に24時間、1935年に35時間という値を求めた(金星の自転周期は117日で大気の上層部の風が4日で金星を一周している)。 1916年にオスカル・バックルンドの死後、プルコヴォ天文台の所長の職を継いだが、管理的な仕事を好まなかったため2年で職を辞した。 月のクレーターと小惑星(1004)ベロポルスキアに命名されている。 Category:ロシアの天文学者 Category:ソビエト連邦の天文学者 Category:ソビエト連邦科学アカデミー正会員 Category:サンクトペテルブルク科学アカデミー正会員 Category:モスクワ出身の人物 Category:モスクワ県出身の人物 Category:1854年生 Category:1934年没 Category:天文学に関する記事 Category:モスクワ大学出身の人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とアリスタルフ・ベロポルスキ · 続きを見る »

アリスタルコス

アリスタルコス(Αρίσταρχος, Aristarchus、紀元前310年 - 紀元前230年頃)は古代ギリシャの天文学者、数学者。ギリシャのサモス島に生まれた。同名の人物と区別するために、サモスのアリスタルコス(Αρίσταρχος ο Σάμιος, Aristarchus Samius, Aristarchus of Samos)と呼ばれることも多い。 宇宙の中心には地球ではなく太陽が位置しているという太陽中心説を最初に唱えた(このため彼は「古代のコペルニクス」と呼ばれることもある)。彼の天文学の学説は広く受け入れられることはなく、ずっとアリストテレスやプトレマイオスの説が支配的だったが、約2,000年後にコペルニクスが再び太陽中心説(地動説)を唱え、発展することとなった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアリスタルコス · 続きを見る »

アルペトラギウス

アルペトラギウス(イスラム名:Nur Ed-Din Al Betrugi または Nur al-Din Ibn Ishaq Al-Bitruji または Abu Ishâk ibn al-Bitrogiまたは al Bidrudschi、ラテン名 Alpetragius、生年不明 - 1204年)はアラビアの天文学者、哲学者である。現在のモロッコで生まれた。セビリャやアンダルシアに住んだ。 イブン・トファイルの弟子となり、イブン=ルシュドと同時代の学者である。プトレマイオスの宇宙体系を改善しようとした惑星の運動の理論 Kitab-al-Hay’ah(Arabic,كتاب الحياة)を著した。これはアラビア語からヘブライ語に訳され、その後ラテン語に訳され、ヨーロッパにも広まった。 月のアルペトラギウス・クレーターに命名された。 category:12世紀の学者 Category:モロッコの天文学者 Category:12世紀生 Category:1204年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルペトラギウス · 続きを見る »

アルバート・ホィットフォード

アルバート・ホィットフォード(Albert Edward Whitford 1905年10月22日 - 2002年3月28日)はアメリカ合衆国の天文学者である。 ウィスコンシン州のミルトンに生まれた。ミルトン・カレッジで学び、ウィスコンシン大学で博士号を取得した。1948年から1958年までウォシュボーン天文台の台長を務め、1958年から1968年の間リック天文台の台長を務めた。その後カリフォルニア大学サンタクルーズ校、ウィスコンシン大学で働いた。 ホイットフォードはジョエル・ステビンスと共に光電測光分野のパイオニアで、その感度を向上させた。宇宙空間の物質の吸収による光の赤化曲線を求めることにより、星間物質による吸収を定量化した。これは銀河系の星の分布を求めるのに重要な貢献となり、自らも銀河系の中心部の星の分布などを研究した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルバート・ホィットフォード · 続きを見る »

アルトゥル・アウヴェルス

Arthur Auwers アルトゥル・アウヴェルス(Georg Friedrich Julius Arthur von Auwers, 1838年9月12日 – 1915年1月24日)は、ドイツの天文学者である。 ゲッティンゲン大学とケーニヒスベルク大学で数学、物理学、天文学を学んだ。フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルのあとを継いで、連星プロキオンやシリウスの運動を観測した。1866年にゴータ天文台の観測者になった。同年ベルリンアカデミーの会員になった。 星表の作成に取り組み1862年に星雲のカタログを出版した。1874年と1882年の金星の日面通過の観測を1974年はエジプトのルクソールで1882年はチリのプンタ・アレーナスで指揮した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルトゥル・アウヴェルス · 続きを見る »

アルブレヒト・ウンゼルト

アルブレヒト・オットー・ヨハネス・ウンゼルト(Albrecht Otto Johannes Unsöld, 1905年4月20日- 1995年9月23日)はドイツの天体物理学者である。恒星大気の研究や、『恒星大気の物理学』『現代天文学』の著者として知られている。 バーデン=ヴュルテンベルク州のボルハイム (Bolheim) に生まれた。テュービンゲン大学、後にミュンヘン大学でアルノルト・ゾンマーフェルトなどに物理学を学んだ。1932年にキール大学の教授となり1973年までその職にあった。 恒星大気のスペクトル線のプロファイルから、恒星大気の運動等を求める方法を提案し、1939年にB0型の恒星のスペクトル線についての研究を発表した。これは太陽以外の恒星の大気についての最初の研究であった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルブレヒト・ウンゼルト · 続きを見る »

アルフラガヌス

アルフラガヌスまたはファルガーニー(Abu'l-Abbas Ahmad ibn Muhammad ibn Kathir al-Farghani,アラビア語: أبو العبّاس أحمد بن محمد بن كثير الفرغاني Abū al-ʿAbbās Aḥmad ibn Muḥammad ibn Kathīr al-Farghānī、ラテン名:Alfraganus)は9世紀前半に活躍した天文学者。 アッバース朝第7代カリフ・マアムーン(在位813年-833年)、及び次代のムウタスィム(在位833年-842年)の時代において最大の天文学者と称されたが、第11代カリフ・ムンタスィム(在位861年 - 862年)の時代までは存命していたこと以上には詳しい来歴は分かっていない。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルフラガヌス · 続きを見る »

アルフレッド・ラヴェル

ー・アルフレッド・チャールズ・バーナード・ラヴェル(Sir Alfred Charles Bernard Lovell、1913年8月31日 - 2012年8月6日)はイギリスの電波天文学者である。 ジョドレルバンク天文台を設立し1981年まで所長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルフレッド・ラヴェル · 続きを見る »

アルベルト・マルト

アルベルト・マルト アルベルト・マルト(Albert Marth, 1828年5月5日 - 1897年8月5日)は、イングランドおよびアイルランドで活動したドイツの天文学者。 ポメラニアのコルベルク(現・ポーランド西ポモージェ県)出身。 1853年、マルトはワイン商人のジョージ・ビショップの支援の下、イングランドで天文学の研究を始めた。その後マルトはウィリアム・ラッセルの助手に就き、ラッセルの数々の天体発見に貢献した。マルト自身も小惑星アンフィトリテを発見した。 マルトは太陽系全体の天文暦を作成し、火星における地球の日面通過など、各惑星における他の惑星の日面通過のタイミングを計算した。 晩年にドイツに戻り、癌のためハイデルベルクで没した。 マルトの名は、その功績を称えて、月や火星のクレーターに付けられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアルベルト・マルト · 続きを見る »

アレッサンドロ・ピッコローミニ

アレッサンドロ・ピッコローミニ アレッサンドロ・ピッコローミニ(Alessandro Piccolomini、1508年6月13日 - 1578年3月12日)はイタリアの学者、詩人である。天文学の分野では1543年に印刷された近代的な星図を製作したことで知られる。 シエーナに生まれた。いくつかの喜劇を書き、オウィディウスの『変身物語』(Metamorphosen)やアリストテレスの詩を訳した。1578年には暦の改良についての著述を残している。1574年には ローマ教皇グレゴリウス13世からPatrae教区の司教に任じられた。 天文学の分野ではヨハン・バイエルの『ウラノメトリア』に先立って、近代的な星図を出版したことで知られる。星図 le stelle fisseは最初の印刷された近代的な星図で1540年に出版された。こうま座を除くトレミーの星座が47の図に描かれた。恒星の明るさと、日周運動の中心の方向と、運動の向きが示されているが、星の位置を示す座標は使われておらず恒星の正確な位置をきめることはできなかった。 月のクレーターに命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレッサンドロ・ピッコローミニ · 続きを見る »

アレキサンダー・ボクセンバーグ

アレキサンダー・ボクセンバーグ(Alexander Boksenberg、1936年3月18日 - )はイギリスの天文学者である。光子計数式画像検出装置(image photon-counting system :IPCS)を開発した他、紫外線観測装置の開発で知られる。1981年から1995年までグリニッジ天文台の天文台長を務めた。 ロンドン大学で学び、ユニヴァーシティ・カレッジで博士号を得た。1965年からユニヴァーシティ・カレッジの物理学講師、1976年から教授を務める。1981年からグリニッジ天文台の天文台長を務めた。 1960年代から開発を始め、1973年にパロマー天文台で効果が確認された光子計数式画像検出装置は、多くの望遠鏡に設置された。また紫外線天文学のための装置も設計し、高空の気球により観測やヨーロッパ宇宙機関が1972年に打ち上げた紫外線天文衛星TD-1Aや1978年に打ち上げられた国際紫外線衛星で使用された。 1998年に王立天文学会から、ジャクソン=グウィルト・メダル、1999年に王立協会からヒューズ・メダルを受賞した。 小惑星 (3205)ボクセンバーグに命名された。 Category:イギリスの天文学者 Category:ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの教員 Category:1936年生 Category:存命人物 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレキサンダー・ボクセンバーグ · 続きを見る »

アレキサンダー・ウィルソン (天文学者)

アレキサンダー・ウィルソン(Alexander Wilson 、1714年 - 1786年10月18日)はスコットランドの天文学者。太陽黒点が太陽の縁に近づくにつれて黒点の半暗部が比率が変わるウィルソン効果を発見した。 セント・アンドルーズに生まれ、セント・アンドルーズ大学で学んだ。1760年にグラスゴー大学の天文学の教授になった。天文学や気象学の分野に貢献した。1769年に大きい太陽黒点の形状の変化を記録し、太陽黒点が太陽の縁に近づくとき黒点周縁部の半暗部の巾が変化することを発見した。この現象はウィルソン効果と呼ばれる。ウィルソンは、黒点が太陽表面に対して凹んだ形状していると考えた。 ウィルソンはまた気象観測に初めて凧を用いたとされる。エディンバラ王立協会の設立メンバーである。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレキサンダー・ウィルソン (天文学者) · 続きを見る »

アレクシス・ブヴァール

アレクシス・ブヴァール(Alexis Bouvard 、1767年6月27日 - 1843年6月7日) はフランスの天文学者。 フランス・オート=サヴォワ県のコンタミン・モンジョワに生まれた。パリ天文台の台長を務めた。 ブヴァールの業績には8個の彗星が含まれる。1808年に『木星と土星の天文表』(Tables des Planetes Jupiter et Saturne)を著し、1821年に『天王星の天文表』(des tables pour la planete Uranus)を著した。天王星の天文表にたいして天王星が不規則な変動を示すことから、天王星の軌道に変動を及ぼす8番目の惑星があると予想した。新惑星の軌道計算を試みるが成功しなかった。ジョン・クーチ・アダムズやユルバン・ルヴェリエによって海王星の位置の計算が成功したのは、ブヴァールの没後である。 Category:18世紀の学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:フランスの天文学者 Category:フランス科学アカデミー会員 Category:王立協会外国人会員 Category:パリ天文台の人物 Category:オート=サヴォワ県出身の人物 Category:1767年生 Category:1843年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレクシス・ブヴァール · 続きを見る »

アレクシス・クレロー

アレクシス・クロード・クレロー(Alexis Claude Clairaut、1713年5月13日 - 1765年5月17日)はフランスの数学者、天文学者、地球物理学者である。天体力学の分野にも功績があった。 パリに生まれた。父親も数学者である。幼いころから数学の才能を示し、13歳でフランス科学アカデミーで4次の幾何曲線に関する論文を発表した。1731年、18歳で科学アカデミーの会員となることを認められた。1736年にピエール・ルイ・モーペルテュイやレジノー・ウーティエらとともに、地球の形状を調べるための子午線弧長を測量する調査隊に加わり、ラップランドでの調査に従事した。帰国後、流体力学に基づいて回転する地球の形状を解析し、1743年に"" (『地球形状論』)として発表した。 その後は天体力学の分野に取り組み、1747年には三体問題の解についてアカデミーで発表した。当時、ニュートンの万有引力では十分に説明できなかった月の近点移動の解明をオイラー、ダランベールと争い、最終的にクレローが高次の摂動を考慮することで解決した。またエドモンド・ハレーのハレー彗星の1759年の回帰の予想に対して惑星による摂動の影響を入れて修正した。幾何学や代数学の優れた教科書を残した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレクシス・クレロー · 続きを見る »

アレクサンデル・ヴォルシュチャン

アレクサンデル・ヴォルシュチャン(Aleksander Wolszczan, 1946年 - )はポーランド出身の天文学者である。最初の太陽系外惑星の発見者の一人とされる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレクサンデル・ヴォルシュチャン · 続きを見る »

アレクサンドリアのテオン

アレクサンドリアのテオン(Theon of Alexandria 、335年頃 - 405年頃)はアエギュプトゥスの天文学者・数学者・哲学者で、アレクサンドリア図書館の最後の所長である。 アレクサンドリア図書館はアレキサンドリアのキリスト教司教テオフィロスの求めに応じて、ローマ帝国の皇帝、テオドシウス1世が非キリスト教の宗教施設・神殿を破壊する許可を391年に与えたため、キリスト教の暴徒によって破壊された。415年に、テオンの娘で、偉大な数学者であったヒュパティアも虐殺された。 テオンの業績は364年にユークリッドの『原論』を編纂したことなどがある。ヘレニズムの学者の著作に注釈を加え、ユークリッドの著作やプトレマイオスのアルマゲストの『簡易表』やアラトスの詩に関するものがあった。 『簡易表』の解説のなかで、テオンは歳差運動によって至点が黄道上を往復する理論を初めて示した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレクサンドリアのテオン · 続きを見る »

アレクサンドル・パングレ

アレクサンドル・パングレ(Alexandre Guy Pingré、1711年9月11日 - 1796年5月1日)はフランスの天文学者、海図製作者。 パリに生まれ、サンリスで教育を受け、1735年に神学の教授となった。早くから天文学に興味を持ち、1749年にはルーアンのアカデミーの天文学教授となった。その後、パリのサント・ジュヌヴィエーヴ図書館の司書、パリ大学の総長に任じられた。サント=ジュヌヴィエーヴ修道院に天文台を建設し、そこで40年間にわたって観測を続けた。 パングレは視力がよくなかったので、観測の技術は限られていたが、1749年の月食のラカーユの計算の4分間のエラーをみつけるなど、優れた数学的才能で評判を得た。水星の日面通過の観測した後、フランス王立科学アカデミーの会員となった。1757年に彗星に興味を持ち、彗星の理論と観測の歴史に関する著書Cométographie; ou, Traité historique et théorique des comètes (1783)を著した。 シャルル・ルモニエの観測に基づいて月の運行表を含む海事年鑑を発行した。1761年の金星の日面通過においては、王立アカデミーが組織した観測隊の一つに参加し、マダガスカル島近くのロドリゲス島に向かったが観測は成功しなかった。1767年にはクロノメータ(航海用時計)の評価のためにシャルル・メシエとともにバルト海を航海した。1769年にはハイチでの金星の日面通過の観測に参加した。 小惑星(12719)ピングレと月のクレータに命名がされている。 category:フランスの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:パリ大学の教員 Category:パリ出身の人物 Category:1711年生 Category:1796年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレクサンドル・パングレ · 続きを見る »

アレクサンドル・フリードマン

アレクサンドル・フリードマン アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・フリードマン(Alexander Alexandrovich Friedmann, Александр Александрович Фридман, 1888年6月16日 - 1925年9月16日)はソ連の宇宙物理学者、数学者、気象学者。1922年に一般相対性理論の場の方程式に従う膨張宇宙のモデルをフリードマン方程式の解として定式化したことで知られる。彼のモデルは彼の死後、1929年にエドウィン・ハッブルの観測によって宇宙膨張が発見されたことで高く評価されることとなった。 アレクサンドル・フリードマンは1888年にロシアのサンクトペテルブルクで、音楽家の父とピアノ教師の母の間に生まれた。祖父の代にキリスト教に改宗したユダヤ人の家系。サンクトペテルブルク大学に入学して数学を専攻し、卒業後はパブロフ高層気象観測所で気象学を学んだ。 フリードマンは生涯のほとんどをレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)で過ごした。第一次世界大戦ではロシア軍の航空兵に志願し、爆撃手として戦争に参加した。大戦末期には航空隊を指揮するようになり、軍で弾道計算なども行なっていた。ロシア革命の後、ペルミ大学の力学の教授となった。1920年にサンクトペテルブルクの科学アカデミーに戻り、量子力学や相対性理論など、当時最先端の物理学を研究した。またレニングラード大学で教鞭をとった。当時の学生にジョージ・ガモフがいる。 1925年に37歳で没した。公式の記録では死因は腸チフスとされているが、ガモフの談話では、気象観測気球を揚げている際に風邪をひいたのが元で肺炎を起こして死亡したと言われている。 1924年1月7日にブリュッセル科学アカデミーによって出版されたフリードマンの論文 (『負の定数曲率を持つ宇宙の可能性について』)において彼は、正、ゼロ、負の曲率を持つ3つの宇宙モデル(フリードマンモデル)を取り扱った。同時期にアメリカのロバートソンとイギリスのウォーカーがそれぞれ独立に、アインシュタイン方程式の時空の計量を解析して同様の結果を得ていた。今日では3人の名前をまとめてフリードマン・ロバートソン・ウォーカー計量と呼ぶのが一般的である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアレクサンドル・フリードマン · 続きを見る »

アンリ・ミヌール

アンリ・ミヌール(Henri Mineur、1899年3月7日 – 1954年5月7日)はフランスの天文学者、数学者。 リールに生まれた。高等師範学校で学んだが第一次世界大戦で兵役についたため、大戦後の1921年に卒業した。学位をとるための研究の一方、デュッセルドルフで数学を教えた。1924年に博士号を得た。 天文学への興味から1925年に数学の教師をやめパリ天文台に入所した。天文学の分野で多くの貢献をし、特に銀河系の恒星が、銀河系の中心からの距離に応じて固有運動の速度が異なることを観測し、銀河系内の球状星団の動きが恒星と反対の方向であることを観測した。また従来のセファイド変光星の変光周期と絶対等級についての関係が誤っており、宇宙の大きさを極めて小さく見積もっていたことを示した。 1936年にパリ天体物理学研究所(Institut d'Astrophysique)を設立し、所長の職を生涯務めた。 第二次世界大戦中はナチス・ドイツの占領に対する、レジスタンスに加わり、何度も生命の危機に身をさらした。戦後は1950年ごろから健康を害し、パリで没した。 月のクレーターにミヌールの名が命名された。 category:フランスの天文学者 Category:ノール県リール出身の人物 Category:1899年生 Category:1954年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンリ・ミヌール · 続きを見る »

アンリ・デランドル

アンリ・デランドル(Henri Alexandre Deslandres 、1853年7月24日 - 1948年1月15日)は、フランスの天文学者である。ムードンとパリ天文台の台長を務め、主に太陽の分光研究に貢献した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンリ・デランドル · 続きを見る »

アンリ・J・ペロタン

アンリ・J・ペロタン(Henri Joseph Anastase(またはAthanase) Perrotin、 1845年12月19日 - 1904年2月29日)はフランスの天文学者。 始め ギヨーム・ビゴルダンと共に、トゥルーズ天文台でフェリックス・ティスラン の助手を務めた。1884年から没するまで、ニース天文台の所長を務めた。火星を観測し、金星の自転周期を求めようとした。小惑星(4)ベスタの軌道をの摂動を計算した。 火星のクレータと小惑星(1515) ペロタンがペロタンの功績から命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンリ・J・ペロタン · 続きを見る »

アントン・パンネクーク

アントン・パンネクーク(Anton Pannekoek 、1873年1月2日 – 1960年4月28日)はオランダの天文学者であり、マルクス主義理論家である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアントン・パンネクーク · 続きを見る »

アントニー・ヒューイッシュ

アントニー・ヒューイッシュ(Antony Hewish, 1924年5月11日 - )はイギリスの電波天文学者。パルサーを発見した功績によって1974年に同僚のマーティン・ライルとともにノーベル物理学賞を受賞した。1969年には英国王立天文学会のエディントン・メダルも受賞している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアントニー・ヒューイッシュ · 続きを見る »

アントニア・モーリ

アントニア・モーリ(Antonia Caetana De Paiva Pereira Maury、1866年3月21日 - 1952年1月8日)は、アメリカ合衆国の女性天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアントニア・モーリ · 続きを見る »

アンドリュー・クロンメリン

アンドリュー・クロード・デ・ラ・シェロイス・クロンメリン(Andrew Claude de la Cherois Crommelin、1865年2月6日 – 1939年9月20日) は、イギリスの天文学者。 アイルランド北部、アントリム州のCushendunでユグノーの子孫として生まれた。マルボロ・カレッジ、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学んだ。グリニッジ天文台で働き、また何度か日食観測隊に参加した。 彗星の軌道計算を行い、1929年にそれまでそれぞれフォーブズ彗星(1928 III)、コッジャ・ウィンネッケ彗星(1873 VII)、ポン彗星(1818 II)と呼ばれていた彗星が、同一の周期彗星であることを示した。そのため、この彗星はポン・コッジャ・ウインネッケ・フォーブズ彗星という名前にされたが、1948年に27P/クロンメリン彗星という名前に変更された。 月、火星のクレータや小惑星(1899)クロンメリンに命名されている。 Category:イギリスの天文学者 Category:北アイルランドの学者 Category:ユグノー系人 Category:フランス系イギリス人 Category:アントリム州出身の人物 Category:1865年生 Category:1939年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンドリュー・クロンメリン · 続きを見る »

アンドリュー・コンモン

アンドリュー・コンモン アンドリュー・コンモン(Andrew Ainslie Common、1841年8月7日 – 1903年6月2日)はイギリスの天文学者である。 熱工業配管会社の社長であったが、49歳で引退して、反射望遠鏡を購入して自作の赤道儀と組み合わせて天体写真を撮影した。火星や土星の衛星を観測し、1883年にオリオン星雲の優れた写真を撮影した。天体写真の功績により1884年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1895年から1896年の間、王立天文学会の会長を務めた。口径1.5m(60インチ)の反射望遠鏡を製作した。 Category:イギリスの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:1841年生 Category:1903年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンドリュー・コンモン · 続きを見る »

アンドレ・ダンジョン

アンドレ・ダンジョン(André-Louis Danjon、1890年4月6日 – 1967年4月21日)はフランスの天文学者である。月食の明るさと太陽黒点活動に関するダンジョンの法則や月食の明るさを評価するダンジョン・スケールなどに名前が残されている。 カルヴァドス県のカーンに生まれた。高等師範学校で学んだ後、第一次世界大戦で負傷するが1914年からストラスブール天文台で働き、1930年から1945年までストラスブール天文台の所長を務め、1945年から1963年までパリ天文台所長を務めた。 1958年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンドレ・ダンジョン · 続きを見る »

アンドレアス・セラリウス

地動説の宇宙 アンドレアス・セラリウス(Andreas Cellarius 、1596年頃 - 1665年)はドイツ生まれでオランダで活躍した地図製作者で、1660年に出版した『大宇宙の調和』(Harmonia Macrocosmica)という星図の作者として知られる。 ドイツのヴォルムスに近いノイハウゼンで生まれた。ハイデルベルクに学んだ。新教徒であったセラリウスは三十年戦争の勃発によって、ハイデルベルクがカトリック勢力に占領された1620年代の初めに、ハイデルベルクから逃れた。1625年にラテン語学校の教師をしていたアムステルダムで結婚した。その後ハーグでしばらく過ごし、1637年にホールンに移り、没するまでホールンのラテン語学校の講師を務めた。 1660年にアムステルダムでJohannes Janssoniusによって出版されたした 『大宇宙の調和』は29枚の美しい版画によって星図や宇宙像が示されている。ニコラウス・コペルニクスの地動説に従う宇宙像や、チコ・ブラーエの天動説の宇宙像が列挙されている。(nl版wikipediaに画像がある。) 小惑星(12618)Cellariusに命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンドレアス・セラリウス · 続きを見る »

アンニーバレ・リッコ

アンニーバレ・リッコ(Annibale Riccò、1844年9月14日 - 1919年9月23日)は、イタリアの天文学者。 ミラノに生まれた。1868年にモデナ大学を卒業し、ミラノ工科大学で光学の学位を得た。1868年から1877年の間、モデナ天文台で助手を務め、モデナ大学で数学と物理を教えた。その後、ナポリ、パレルモで教授を務め、パレルモでは天文台で働いた。1890年にカターニア大学の天文物理学の教授に任命され、エトナ山天文台の所長も務め、カターニア大学天文台の初代の所長も務めた。1898年から1900年の間カターニア大学の総長を務めた。 主に太陽物理学の分野で活躍し、太陽黒点、太陽風などの研究で業績をあげた。4回の日食の観測隊に参加し、1905年と1914年の日食観測隊を指揮した。イタリア天文物理学会(Società degli Spettroscopisti Italiani)などの会長、国際天文学連合の副会長を務めた。ローマで没した。 月のクレータに命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンニーバレ・リッコ · 続きを見る »

アンダース・レクセル

アンダース・レクセル(Anders Johan Lexell、 1740年12月24日 - 1784年12月11日 (ユリウス暦))は当時スウェーデン領であったオーボ(現フィンランド)生まれのスウェーデン系フィンランド人の天文学者である。ロシア帝国に帰化し、ロシアで活躍した。ロシア語名は Andrei Ivanovich Leksel (Андрей Иванович Лексель)。Anders Johann Lexellまたは Johann Anders Lexellとも書かれる。レクセル彗星や天王星の軌道を計算した。 1768年にロシアに帰化しペテルスブルクで天文学教授となった。彗星の運動を研究した。1770年にシャルル・メシエが発見した彗星 D/1770 L1の軌道の計算を行った。この彗星は後にレクセル彗星と名付けられた。レクセル彗星は観測された彗星としては最も地球に近づいた彗星で、300万km以内に近づいたと見積もられている。レクセル彗星はその後1779年に木星に近づき軌道が変化し、太陽系外へ去って再び観測されていない。 また天王星が発見されると、その軌道を計算し、彗星ではなく、惑星であることを確認した。また天王星の軌道の変化から、さらに発見されていない惑星が存在すると推定したが、海王星の位置について、計算できるようになったのは後のユルバン・ルヴェリエらによってである。 小惑星(2004)レクセルは彼の功績を記念して名付けられた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンダース・レクセル · 続きを見る »

アンジェロ・セッキ

thumb アンジェロ・セッキ(Pietro Angelo Secchi、1818年6月29日レッジョ・エミリア - 1878年2月26日ローマ) は、イタリアの天文学者にしてイエズス会士。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアンジェロ・セッキ · 続きを見る »

アーノ・ペンジアス

アーノ・アラン・ペンジアス(Arno Allan Penzias, 1933年4月26日 - )はアメリカ合衆国の物理学者。宇宙マイクロ波背景放射の発見によって1978年のノーベル物理学賞を受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアーノ・ペンジアス · 続きを見る »

アーネスト・ウィリアム・ブラウン

アーネスト・ウィリアム・ブラウン(Ernest William Brown、1866年11月29日 – 1938年7月22日)は、イギリス生まれの数学者、天文学者である。おもにアメリカ合衆国で働いた。 月の運動を研究し、極めて正確な月の運行表を作成し、惑星の運動やトロヤ群の小惑星の軌道を計算した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアーネスト・ウィリアム・ブラウン · 続きを見る »

アーリヤバタ

アーリヤバタ(IAST: 、476年3月21日 - ?)は、古典期インドの天文学者、数学者。著作に『』(499年)と『アーリヤシッダーンタ』がある。各種の天文常数や円周率などの定数の精密化、を取り入れたインド数学の発展、インドの数理天文学の開拓といった業績がある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアーリヤバタ · 続きを見る »

アーサー・エディントン

ー・アーサー・スタンレー・エディントン(Sir Arthur Stanley Eddington、1882年12月28日 - 1944年11月22日)は、イギリスの天文学者。20世紀前半における最も重要な天体物理学者の一人である。コンパクトな天体に降着する物質から放射される光度の上限を与えるエディントン限界の導出は彼の代表的な業績の一つである。 エディントンは相対性理論に関する業績で特に知られている。彼は Report on the relativity theory of gravitation(『重力の相対性理論に関するレポート』)という論文を書き、1915年から1916年にかけて発表されたアルベルト・アインシュタインの一般相対性理論を英語圏に紹介した。当時は第一次世界大戦のためにドイツの科学界でなされた新たな発展がイギリスであまり知られていなかった。 1924年に彼は太平洋天文学会のブルース・メダル、全米科学アカデミーのヘンリー・ドレイパー・メダル、英国王立天文学会の王立天文学会ゴールドメダルを受賞している。また1928年には王立協会ロイヤルメダルも受賞している。1930年にはナイトに叙せられ、1938年にメリット勲章の叙勲を受けた。 月のエディントンクレーターは彼の名前にちなんでいる。また小惑星(2761)エディントンや王立天文学会のエディントン・メダルにも彼の名前が付けられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアーサー・エディントン · 続きを見る »

アブル・ワファー

アブル・ワファー・ブーズジャーニー アブル・ワファー・ブーズジャーニー(ペルシア語Abū al-Wafā Būzjānī ابوالوفا بوزجانى、 全名(アラビア語) ابوالوفا محمد بن محمد بن يحيى بن اسماعيل بن العباس البوزجاني Abū al-Wafāʾ Muḥammad ibn Muḥammad ibn Yaḥyā ibn Ismāʿīl ibn al-ʿAbbās al-Būzjānī 、940年 – 997年または998年没)は、ブワイフ朝時代のイラクで活躍したペルシアの数学者、天文学者である。日本語ではアブル・ウワファ・ブーズジャーニと表記されている場合もある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアブル・ワファー · 続きを見る »

アブドゥル・ラフマーン・スーフィー

アブドゥル・ラフマーン・アル・スーフィー (ペルシア語:عبدالرحمن صوفی、アラビア語 ابو الحسين عبد الرحمن بن عمر الصوفي الرازي Abū-al Husayn ‘Abd-al Rahmān b. ‘Umar al-Ṣūfī al-Rāzī、903年12月7日 - 986年5月25日)は、ブワイフ朝時代に活躍したペルシア人の天文学者である。現在のイランの首都テヘランの前身であるレイ出身。著書は『星座の書』、『アストロラーベの使用法』など。ラテン語文献ではアゾーフィ(Azophi)として表れる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアブドゥル・ラフマーン・スーフィー · 続きを見る »

アドリアン・ヴァン・マーネン

アドリアン・ヴァン・マーネン(Adriaan Van Maanen、1884年3月31日 – 1946年1月26日)は、オランダ生まれでアメリカ合衆国で活躍した天文学者である。うお座に発見された白色矮星は「ヴァン・マーネン星」と呼ばれる。 オランダのスネーク(Sneek)に生まれ、ユトレヒト大学で学んだ後、フローニンゲン大学で教鞭を執った。1911年に渡米して、最初にヤーキス天文台でボランティアをして、後にウィルソン山天文台で働いた。天体の固有運動、視差の研究を行った。1917年、白色矮星「ヴァン・マーネン星」を発見した。 Category:1884年生 Category:1946年没 Category:オランダの天文学者 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:フローニンゲン大学の教員 Category:フリジア人 Category:フリースラント州出身の人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とアドリアン・ヴァン・マーネン · 続きを見る »

アドリアン・オーズー

アドリアン・オーズー(ウーズーとも表記:Adrien Auzout、1622年1月28日 – 1691年5月23日)は17世紀のフランスの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアドリアン・オーズー · 続きを見る »

アドリアーン・ブラウ

アドリアーン・ブラウ アドリアーン・ブラウ(Adriaan Blaauw、1914年4月12日 - 2010年12月1日)はオランダの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアドリアーン・ブラウ · 続きを見る »

アドリアーンスゾーン・メチウス

アドリアーン・アドリアーンスゾーン・メチウス(Adriaan Adriaanszoon,Metius、1571年12月9日 - 1635年9月6日)はオランダ(ネーデルラント)の地理学者、天文学者である。ラテン語名メチウスはオランダ語の測定を意味するmetenに由来する。 ホラント州アルクマールに生まれた。父親も数学者のアドリアン・アンソニスである。フラネカー大学で自然科学を学んだ。ライデン大学でスネルのもとで学んだ後、デンマークのベーン島でしばらくチコ・ブラーエのもとで働いた。その後ロストック、イェーナなどで働いた後アルクマールに戻り、父親と軍の仕事をする一方、フラネカーで数学を教えた。1598年にフラネカー大学の非常勤の教授となり、1600年に教授と成り、1635年まで数学、航海術、測量法、軍事工学、天文学を教えた。ラテン語を使わず、オランダ語での講義を行った。1603年からは学長に任じられた。 占星術は認めなかったが、錬金術の研究には多くの時間をさいて賢者の石を探したと言われている。 アストロラーベや測量についての多くの著書があり、Arithmetica et geometria practica (1611)や Institutiones Astronomicae Geographicae や Arithmetica libri duo: et geometria libri VI (1640)などの著書がある。オランダの画家、フェルメールの絵画、『天文学者』に描かれている本はメチウスのInstitutiones Astronomicae Geographicaeである。天文観測器具をつくり、ヤコブの杖の改良を行った。 天文学者』 父親のアドリアン・アンソニスは1585年に円周率の近似値として355/113を求めた数学者で、メチウスが後の著書で父親の発見を紹介したので355/113はメチウス数と呼ばれたことがあった。 兄弟のヤコブ・メチウスは光学技術者で、凸レンズと凹レンズを組合わせて3から4倍の望遠鏡を作り、1608年10月に望遠鏡の特許を出願した人物である。 Category:オランダの地理学者 Category:オランダの天文学者 Category:16世紀の学者 Category:17世紀の学者 Category:アルクマール出身の人物 Category:1571年生 Category:1635年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とアドリアーンスゾーン・メチウス · 続きを見る »

アニー・ジャンプ・キャノン

アニー・ジャンプ・キャノン アニー・ジャンプ・キャノン(Annie Jump Cannon 、1863年12月11日 - 1941年4月13日)はアメリカ合衆国の女性天文学者である。現在も使われている恒星の分類法を確立し、膨大な数の天体の分類を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアニー・ジャンプ・キャノン · 続きを見る »

アイナー・ヘルツシュプルング

アイナー・ヘルツシュプルング (Ejnar Hertzsprung, 1873年10月8日 Frederiksborg生 - 1967年10月21日 Tollose没)はデンマーク生まれの天文学者である。恒星の絶対等級とスペクトル型(表面温度)のをとった分布図(ヘルツシュプルング・ラッセル図)をヘンリー・ノリス・ラッセルと独立に提案した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアイナー・ヘルツシュプルング · 続きを見る »

アイザック・ニュートン

ウールスソープの生家 サー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton、ユリウス暦:1642年12月25日 - 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 - 1727年3月31日ニュートンの生きていた時代のヨーロッパでは主に、グレゴリオ暦が使われ始めていたが、当時のイングランドおよびヨーロッパの北部、東部ではユリウス暦が使われていた。イングランドでの誕生日は1642年のクリスマスになるが、同じ日がグレゴリオ暦では1643年1月4日となる。二つの暦での日付の差は、ニュートンが死んだときには11日にも及んでいた。さらに1752年にイギリスがグレゴリオ暦に移行した際には、3月25日を新年開始の日とした。)は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者。 主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めた。ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月イングランド銀行はニュートン兌換率により兌換を再開した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアイザック・ニュートン · 続きを見る »

アイゼ・アイジンガー

イセ・エイシンガ(、1744年2月21日 - 1828年8月27日)はオランダの羊毛仲買人でアマチュア天文学者である。エイセ・エイシンガのプラネタリウムと呼ばれる宇宙儀を製作した。 1774年に、太陽系の4つの惑星と月が天空に集まるまれな現象がおこり、それらの天体が衝突して地球に災難が生じるという予測をおこなう者が現れた。エイシンガは 1774年から1781年の間、精巧で大きな宇宙儀をフラネカーの自宅に建てて、衝突がおこらないことを町の人々に示した。この建物は現在も残っていて、博物館となっている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とアイゼ・アイジンガー · 続きを見る »

アクセル・モーレル

アクセル・モーレル(Didrik Magnus Axel Möller、1830年2月16日 – 1896年10月25日)はスウェーデンの天文学者である。:sv:Västra Alstadで生まれた。ルンド大学で学び1853年に博士号をえて、1863年から1895年の間ルンド大学の天文学の教授を務めた。:sv:Malmöhus länで没した。フェイエ彗星やパンドラの軌道計算をおこなった。1881年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。 Category:スウェーデンの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ルンド大学の教員 Category:1830年生 Category:1896年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とアクセル・モーレル · 続きを見る »

イブン・ユーヌス

イブン・ユーヌス(アラビア語 ابن يونس Ibn Yūnus、フルネームは ابو الحسن علي بن ابي سعيد عبد الرحمن ابن يوسف الصدفي المصري Abū'l-Hasan 'Alī b. Abī Sa'īd 'Abd al-Rahmān Ibn Ahmad Ibn Yūnus al-Ṣadafī al-Miṣrī、950年頃-1009年)はファーティマ朝時代に活躍したアラブ人の天文学者、占星術師である。 アラビアに生まれた、祖父は有名な学者のal-Sahfiであり、父親も歴史家、預言者ムハンマドの言行録『ハディース』の研究者であった。彼の時代はファーティマ朝の勃興期であり、ファーティマ朝がカイロを都に定めた時期であった。イブン・ユーヌスはファーティマ朝のカリフ、アズィーズとハーキムに天文学者として仕えた。カリフ・ハーキムが設立した『知識の館』(dār al-hikma)の天文観測所で研究に従事し、1007年にこれらの研究成果をまとめイブン・ユーヌスの最も重要な業績である恒星表『ハーキム大天文表』(al-Zīj al-Kabīr al-Hākimī)はカリフに献呈した。天文表の名前は献呈したカリフ・ハーキムに名前にちなむ。太陽・月・惑星の運動を計算した『ハーキム表』は19世紀になってサイモン・ニューカムによって観測結果と比較され、地球自転が永年にわたって少しずつ遅くなってきていること見出すのにもちいられた。 占星術師としても知られ、Kitab bulugh al-umniyya(『希望の達成について』?)を著した。 category:イスラム科学 Category:エジプトの天文学者 Category:エジプトの占星術師 Category:950年生 Category:1009年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とイブン・ユーヌス · 続きを見る »

ウィリアム・ハモンド・ライト

ウィリアム・ハモンド・ライト(William Hammond Wright、1871年11月4日 - 1959年5月16日)はアメリカ合衆国の天文学者。1935年から1942年の間リック天文台の台長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ハモンド・ライト · 続きを見る »

ウィリアム・ハークネス

ウィリアム・ハークネス ウィリアム・ハークネス(William Harkness、1837年12月17日 - 1903年2月28日)はスコットランド生まれのアメリカ合衆国の天文学者。 スコットランドのw:Ecclefechanに生まれた。1839年にアメリカ合衆国に移住し、ラファイエット大学、ロチェスター大学で学んだ後、ニューヨークで薬学を学んだ。南北戦争では北軍に外科医として参加した。1862年から1865年の間、アメリカ海軍天文台に加わり数学の教授を務め、軍艦での勤務の後、水路局で働いた。1869年の日食観測ではコロナのスペクトルの中にK線を発見した。1872年の金星の日面通過はオーストラリアのタスマニア島のホバートで行い、1882年の日面通過はワシントンで観測した。1894年から1899年の間アメリカ海軍天文台長、1897年から1899年の間は航海暦局長を務め、アメリカ科学振興協会の会長も務めた。1899年海軍准将に昇進後、引退した。望遠鏡の設計や観測機器の開発に功績があった。著書にThe Solar Parallax and its Related Constants(1891年)がある。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:アメリカ合衆国の軍医 Category:アメリカ合衆国の外科医 Category:スコットランド系アメリカ人 Category:スコットランドの天文学者 Category:ダンフリーズ・アンド・ガロウェイ出身の人物 Category:1837年生 Category:1903年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ハークネス · 続きを見る »

ウィリアム・ハーシェル

ー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 - 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ハーシェル · 続きを見る »

ウィリアム・ハギンズ

Sir William Huggins サー・ウィリアム・ハギンズ(Sir William Huggins、1824年2月7日 – 1910年5月12日)はイギリスの天文学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ハギンズ · 続きを見る »

ウィリアム・ラッセル (天文学者)

ウィリアム・ラッセル ウィリアム・ラッセル(William Lassell、1799年6月18日 - 1880年10月5日)は、イギリスの天文学者である。ボルトンの出身。海王星の衛星トリトン、土星の衛星ヒペリオンを発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ラッセル (天文学者) · 続きを見る »

ウィリアム・ラドクリフ・バート

ウィリアム・ラドクリフ・バート(William Radcliffe Birt、1804年 - 1881年12月14日)はイギリスのアマチュア天文学者。 イングランドのサリー、サウスワークに生まれた。ハートウェルでジョン・リー(en:John Lee (astronomer) 1783-1866)とともに働き1866年に私設の天文台を建設した。 月面の観測や気象学の分野で働き、1878年に月面地理学協会(Selenographical Society )をエデュモンド・ネビル(en:Edmund Neville Nevill)ともに設立し、初代会長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ラドクリフ・バート · 続きを見る »

ウィリアム・ロバート・ブルックス

ウィリアム・ロバート・ブルックス(William Robert Brooks 、1844年6月11日 - 1922年5月3日)はイギリス生まれで、アメリカで育った天文学者。多くの彗星の発見者として知られる。 イギリスのメードストンに生まれた。1857年に両親とともにアメリカ合衆国に移住し、ニューヨークに育った。少年時代から天文学に興味をもち、14歳の時最初の望遠鏡を製作した。1870年にニューヨークにRedhouse天文台を設立し、1885年から1886年にかけての9ヶ月に5個の彗星を発見した。1888年にニューヨークのスミス天文台に移り、スミス天文台では13個の彗星を発見した。1883年から1911年の間に合計21個もしくは22個の彗星を発見者、もしくは共同発見者となった。 ブルックスの発見した彗星のなかには周期彗星の12P/ポンス・ブルックス彗星、16P/ブルックス第2彗星、肉眼でみることができた彗星 C/1911 O1 (Brooks)が含まれる。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:彗星発見者 Category:天文学に関する記事 Category:1844年生 Category:1922年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ロバート・ブルックス · 続きを見る »

ウィリアム・ヘンリー・スミス

ウィリアム・ヘンリー・スミス(William Henry Smyth、1788年1月21日 – 1865年9月9日)は、イングランド出身のイギリス海軍士官、水路学者、天文学者。海軍士官を引退した後、私設天文台で観測を始め、ベッドフォード・カタログとして知られる、重星・星雲のカタログを作った。 アメリカ独立によって帰国した王党派の植民者の息子として、ウェストミンスターに生まれた。ナポレオン戦争の時代にイギリス海軍に属し、地中海で働き、Admiral(大将位)に達した。1817年の水路調査航海中にシチリア島のパレルモ天文台の天文台長ジュゼッペ・ピアッツィに会ったことにより天文学への興味をもった。1825年に海軍を退役し、ベッドフォードに私設天文台を建設し、5.9インチの反射望遠鏡で観測を行った。1844年に著書 the Cycle of Celestial Objects を出版した。その第2巻はベッドフォード・カタログとして知られ、スミスの観測した1600あまりの二重星、星雲が収録された。1845年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。 また、1854年には、地中海における海域測量の功績に対して、王立地理学会から金メダルを贈られた。 月の海スミス海は、スミスの功績を称えて命名された。 息子のチャールズ・ピアッツィ・スミスも天文学者となった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ヘンリー・スミス · 続きを見る »

ウィリアム・パーソンズ

伯ウィリアム・パーソンズ 第3代ウィリアム・パーソンズ(William Parsons, 3rd Earl of Rosse, 、1800年6月17日 - 1867年10月31日)はアイルランドの天文学者、貴族、政治家。一般にはロス卿 (Lord Rosse) の名前で知られている。星雲や銀河の膨大な観測データを残した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・パーソンズ · 続きを見る »

ウィリアム・ドーズ

ウィリアム・ドーズ ウィリアム・ドーズ(William Rutter Dawes、1799年3月19日 - 1868年2月15日) はイギリスのアマチュア天文家、牧師である。惑星の観測の第一人者で、鷲の眼という異名を与えられた観測家である。アメリカ合衆国のボンド親子(ジョージ・ボンド、ウィリアム・ボンド)と独立して、土星のC環を発見した。望遠鏡などの分解能の限界を表す、ドーズ限界は彼の名に因んでいる。 ロンドンに生まれた。医学を学んだが、ウィリアム・ラッセルに会い天文学に興味をもった。一方宗教を学び、牧師となった。1829年には自分の観測所を作って、2重星の観測を行い、「鷲の眼」という異名を与えられた。1830年には王立天文学会の会員になった。1848年土星のC環を発見した。1864年火星の接近時に火星表面の図を残した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ドーズ · 続きを見る »

ウィリアム・アレン・ミラー

ウィリアム・アレン・ミラー ウィリアム・アレン・ミラー(William Allen Miller, 1817年12月17日 - 1870年9月30日)は、イギリスの化学者。分光分析、特に天体のスペクトルの分析の分野の先駆者。 キングズ・カレッジ・ロンドンなどで学び、1840年にドイツのギーセン大学のユストゥス・フォン・リービッヒのもとで学んだ。 1945年にキングズ・カレッジの教授となった。天体からの光の分光学的研究を行い天体の組成を調べる宇宙化学の分野のパイオニアであった。1867年にウィリアム・ハギンズとともに王立天文学会から、王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。月のクレーターに命名されている。 Category:イギリスの化学者 Category:イギリスの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:1817年生 Category:1870年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・アレン・ミラー · 続きを見る »

ウィリアム・アブニー

ウィリアム・アブニー(William de Wiveleslie Abney、1843年7月24日 - 1920年12月3日)はイギリスの写真家、天文学者、化学者である。写真技術を改良し、1882年ランフォード・メダルを受賞した。 ダービーに生まれた。父親は聖職者である。王立陸軍士官学校に入り、1961年陸軍工兵隊に加わり、数年の間インドで働いた。写真技術を身につけて軍のChatham Schoolの化学助手になった。 1874年に乾式の写真乳剤を開発し、これはエジプトでの金星の日面通過の撮影に用いられた。1880年ヒドロキノンを写真現像に用いた。 アブニーは分光学の分野の研究を行い、赤色領域に感度の高い写真乳剤を開発し、これは有機分子の赤外領域のスペクトル研究に用いられた。1887年太陽の赤外領域のスペクトル写真を撮影した。 そのほかに鉛直角を測定するための、目盛盤付きのアブニー水準器の発明者である。 Category:イギリスの天文学者 Category:イギリスの化学者 Category:王立協会フェロー Category:ダービー出身の人物 Category:1843年生 Category:1920年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・アブニー · 続きを見る »

ウィリアム・ウォレス・キャンベル

ウィリアム・キャンベル ウィリアム・ウォレス・キャンベル(William Wallace Campbell、1862年4月11日 - 1938年6月14日)は、アメリカ合衆国の天文学者である。火星大気のスペクトル研究、天体の体系的な視線速度の観測を行った。 オハイオ州ハンコック郡生まれ。ミシガン大学を卒業後、ミシガン大学講師、1891年からリック天文台で働き1900年から1930年までリック天文台の所長を務めた。1923年からはカリフォルニア大学(現在のカリフォルニア大学バークレー校)の学長も務めた。火星や星雲や新星のスペクトル研究を行い、天体の視線速度の体系的な測定するプロジェクトのリーダーとなった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・ウォレス・キャンベル · 続きを見る »

ウィリアム・クラブトリー

ウィリアム・クラブトリー(William Crabtree, 1610年 – 1644年頃)は、イギリスの天文学者である。1639年にエレミア・ホロックスと金星の日面通過の最初の観測を行なった。 サルフォードのブロートンに生まれ、マンチェスター・グラマースクールで学んだ。裕福な家の娘と結婚し、商人として働いたが、余暇は天文学の観測を行なった。1636年にエレミア・ホロックスと親しくなり、1639年ホロックスはランカシャーで、クラブトリーはサルフォードで金星の日面通過の観測を行なった。 1640年にホロックスが急死すると、その後のクラブトリーの天文学の活動についても伝わっておらず、没年も1644年、1650年頃とさだかではない。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・クラブトリー · 続きを見る »

ウィリアム・クリスティ (天文学者)

ウィリアム・クリスティ (天文学者) ウィリアム・クリスティー(Sir William Henry Mahoney Christie 、1845年10月1日 - 1922年1月22日)はイギリスの天文学者。1881年から1892年の間、グリニッジ天文台の台長(王室天文官)を務めた。 ウーリッジに生まれた。ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで学び、1870年からグリニッジ天文台で働き、1881年ジョージ・エアリーの後を継いで、台長になった。王室天文官の職を1910年まで続け、65歳で引退した最初の王室天文官となった(これまでのエアリーやジョン・ポンドら王室天文官はより高齢になってもその職にあった。クリスティが引退した理由は不健康と伝えられる)。クリスティーの時代にグリニッジ天文台は位置天文学だけでなく、天体の写真観測や太陽活動の観測を行うようになった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・クリスティ (天文学者) · 続きを見る »

ウィリアム・グリーブス

ウィリアム・グリーブス(William Michael Herbert Greaves、1897年9月10日 – 1955年12月24日)はイギリスの天文学者。 西インド諸島のバルバドスにエディンバラ大学で学んだ医師の息子に生まれた。バルバドスの w:Codrington Collegeで学んだ後ケンブリッジのセントジョン・カレッジで学び1922年にケンブリッジの研究員になった。 天体分光学の分野で貢献した。1921年に王立天文学会会員、1924年から1938年の間グリニッジ天文台主席助手、1938年にスコットランド王室天文官、エディンバラ大学の天文学教授などを務めた。1947年から1949年まで王立天文学会の会長を務めた。 月のクレーターに命名されている。 Category:イギリスの天文学者 Category:エディンバラ大学の教員 Category:1897年生 Category:1955年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィリアム・グリーブス · 続きを見る »

ウィレム・ヤコブ・ルイテン

ウィレム・ヤコブ・ルイテン(Willem Jacob Luyten 、1899年3月7日 - 1994年11月21日)はオランダの天文学者。主にアメリカ合衆国で活動した。星の固有運動を研究し、多くの白色矮星とルイテン星を含む太陽系に近いいくつかの恒星や閃光星ルイテン726-8を発見した。 当時オランダ領であったジャワ島のスマランで生まれた。1912年に家族はオランダに戻り、ルイテンはアムステルダム大学、ライデン大学でアイナー・ヘルツシュプルングに学んだ。 1921年に学位を得るとアメリカに渡りリック天文台で働いた後、1925年からハーバード大学天文台で7年間働き、その後60年間近くミネソタ大学で働いた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィレム・ヤコブ・ルイテン · 続きを見る »

ウィレム・ド・ジッター

ウィレム・ド・ジッター ウィレム・ド・ジッター(Willem de Sitter, 1872年5月6日 - 1934年11月20日 、デ・シッテルとも)は、オランダの天文学者。フリースラント州スネーク 生まれ。ライデン天文台の台長をつとめた。 1913年に速く動く連星を利用して、光源の運動が光の速さに及ぼす影響を測ることが出来ると唱えた。 1917年に、アインシュタインの重力方程式の解のひとつとしてド・ジッター宇宙モデル(密度と圧力がゼロ、しかし宇宙項は正の値をとる)を発表した。 ド・ジッター宇宙は.

新しい!!: 天文学者の一覧とウィレム・ド・ジッター · 続きを見る »

ウォルター・バーデ

ヴィルヘルム・ハインリヒ・ヴァルター・バーデ(Wilhelm Heinrich Walter Baade, 1893年3月24日 - 1960年6月25日)はドイツの天文学者。一般には英語読みのウォルター・バーデとして知られている。1931年にアメリカに移住した。星の種族の発見で知られている観測天文学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウォルター・バーデ · 続きを見る »

ウォルター・グッデーカー

ウォルター・グッデーカー(Walter Goodacre、1856年 - 1938年)はイギリスのアマチュア天文学者。直径77インチ(約2m)の月面図を製作したことで知られる。 一般の天文愛好者に門戸を開いている英国天文協会(BAA:British Astronomical Association)の2代目の月部門の部長を務めた。1910年に直径77インチの月面図を製作し、1931年に分割した月面地図帳を出版した。1922年から1924年までBBAの会長を務め、BBAにはグッデッカーの功績を記念して、天文学に長年貢献した人物に与えられるウォルター・グッデーカー・メダルが設けられている。 category:イギリスの天文学者 Category:1856年生 Category:1938年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウォルター・グッデーカー · 続きを見る »

ウォルター・シドニー・アダムズ

ウォルター・シドニー・アダムズ ウォルター・シドニー・アダムズ(Walter Sydney Adams, 1876年12月20日 - 1956年5月11日)はアメリカ合衆国の天文学者である。スペクトル型から絶対等級をもとめ、恒星までの距離を求める方法や金星の大気の研究や、白色矮星の確認などに功績をあげた。 宣教師の両親のもとでオスマン帝国領シリアのアンティオケイアに生まれ、1885年にアメリカに戻った。ダートマス大学 を卒業した後、ヤーキス天文台に入り、ウィルソン山天文台の設立に協力し、1921年からウィルソン山天文台副所長を、1923年から1946年までは所長を務めた。太陽スペクトルの研究から、恒星までの距離を測定する方法をArnold Kohlschutterとともに発見した。また、Theodore Dunham Jr.と金星の大気の研究をおこなった。1915年からはシリウスの伴星の研究をはじめ、シリウス伴星が白色矮星であることを確認した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウォルター・シドニー・アダムズ · 続きを見る »

ウォーレン・デラルー

ウォーレン・デ・ラ・ルー ウォーレン・デラルー(Warren De la Rue、1815年1月18日 - 1889年4月19日)はイギリスのアマチュア天文家、化学者で天体写真のパイオニアである。1862年にイギリス王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウォーレン・デラルー · 続きを見る »

ウォーレス・サージェント

ウォーレス・レスリー・ウィリアム・サージェント(Wallace Leslie William Sargent, 1935年2月15日 - 2012年10月29日)は、イギリス生まれでアメリカ合衆国で活動した天文学者である。リンカンシャー州 Elsham生まれ。クェーサーのスペクトルの吸収線から140億光年離れた銀河の存在を発見した。 マンチェスター大学で流体力学を学んだ後、天文物理学に転じ1959年学位を得る。カリフォルニア工科大学、グリニッジ天文台で研究したあと、1964年からカリフォルニア工科大学の助教授になり、1971年から教授となった。1997年から2000年までパロマー天文台の台長を務めた。 妻のアニーラ・サージェント(w:Anneila Sargent)も天文学者である。 2012年10月29日、死去。。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウォーレス・サージェント · 続きを見る »

ウジェーヌ・デルポルト

ウジェーヌ・ジョゼフ・デルポルト(Eugène Joseph Delporte、1882年1月10日 – 1955年10月19日)はベルギーの天文学者。ブラバント州(現在のブラバン・ワロン州)ゲナッペ出身。 66個の小惑星の発見者であり、発見した小惑星のなかには、地球近傍小惑星であるアモール群に名前を残している(1221)アモールや、アポロ群の(2101)アドニスがある。 彗星の発見者、共同発見者でもあり、発見した彗星には周期彗星の57P/デュトワ・ネウイミン・デルポルト彗星がある。 ブリュッセル近郊のユックルにあるベルギー王立天文台で働き、発見した小惑星(1276)ユックリアはその街の名前から命名された。 1920年代から国際天文学連合で星座の境界線を決定する仕事に携わり、1930年にすべての星座の境界線を赤経、赤緯に沿って決定した。 1955年にベルギー王立天文台で勤務中に急死した。 月のクレーターデルポルトに命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とウジェーヌ・デルポルト · 続きを見る »

ウジェーヌ・アントニアディ

ウジェーヌ・アントニアディ ウジェーヌ・ミシェル・アントニアディ(Eugène Michel Antoniadi、または Eugène Michael Antoniadi、Eugenios Antoniadi、Eugenios Mihail Antoniadis、1870年3月10日 - 1944年2月10日)はトルコのコンスタンチノープルで生まれたギリシャ人の天文学者である。おもにフランスで活躍し、フランス国籍を得た。惑星特に火星の観測によって知られる。 1893年、フランスへ移り、カミーユ・フラマリオンによって、ジュヴィシー=シュル=オルジュ天文台で雇われた。ムードン天文台などで火星の観測を行った。はじめ火星の運河の存在を支持する立場であったが後に運河の存在を否定した。また金星、水星の観測を行い、水星の地図の作成を試みた最初の一人である。土星の輪に放射状の模様(スポーク)を認めたが、これは他の天文学者によって否定された。1930年に『火星』La Planète Marsを出版した。 アントニアディ尺度としてシーイング(地球大気の乱れによる星像の広がり)の尺度の表し方が残されている。 月のクレーター、火星のクレーターに命名されている。 Category:ギリシャの天文学者 Category:フランスの天文学者 Category:1870年生 Category:1944年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とウジェーヌ・アントニアディ · 続きを見る »

エラスムス・ラインホルト

エラスムス・ラインホルト(Erasmus Reinhold、1511年10月22日 - 1553年2月19日)は、ドイツの天文学者で『プロイセン表』の作成者。 ザールフェルト出身。ヴィッテンベルク大学で学び、副牧師、後に牧師になった。 1536年、ラインホルトはフィリップ・メランヒトンからヴィッテンベルク大学の数学教授に任命され、天文学の研究に取り組むようになる(当時の数学は天文学も含んでいた)。ちなみに同じ年、ゲオルク・レティクスもヴィッテンベルク大学の教授に就任しており、ラインホルトの協力者となっている。 ラインホルトは多くの星表を作り、1551年には、ニコラウス・コペルニクスの理論に基づいた天体運行表を出版した。これは『プロイセン表』と命名され、ドイツにコペルニクス体系を広めるのに役立った他、グレゴリオ暦の基礎となった。 ラインホルトは他にも、ゲオルク・プールバッハの『惑星の新理論』の注釈書も著している。 Category:ドイツの天文学者 Category:16世紀の学者 Category:マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクの教員 Category:1511年生 Category:1553年没 Category:ザールフェルト出身の人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とエラスムス・ラインホルト · 続きを見る »

エリザベス・レーマー

リザベス・レーマー エリザベス・レーマー(Elizabeth Roemer、1929年 - 2016年4月8日)はアメリカ合衆国の女性天文学者。彗星や小惑星などの分野で研究した。 1955年にカリフォルニア大学バークレー校で天文学の博士号を得た。アリゾナ大学の名誉教授に任じられた。1966年から1997年まで同大学に勤務した。木星の衛星テミストの発見者の一人であるほか、小惑星(1930)ルシファー、 (1983) ボークを発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエリザベス・レーマー · 続きを見る »

エルンスト・ハルトヴィッヒ

ルンスト・ハルトヴィッヒ(Carl Ernst Albrecht Hartwig、1851年1月14日 - 1923年5月3日)はドイツの天文学者。 フランクフルトに生まれた。1883年にストラスブール天文台で6P/ダレスト彗星を探索中に5個のNGC天体を発見した。1885年8月20日、エストニアのドルパト天文台でアンドロメダ銀河に超新星を発見した。この新星はアンドロメダS(SN1885A)と名付けられた。1886年からバンベルク天文台の所長を務めた。 月と火星のクレータに命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルンスト・ハルトヴィッヒ · 続きを見る »

エルンスト・ツィナー

ルンスト・ツィナー(Ernst Zinner, 1886年2月2日 - 1970年8月30日)は、ドイツの天文学者。ジャコビニ・ツィナー彗星 (21P/Giacobini-Zinner) を再発見したことで知られる。 ドイツ帝国ニーダーシュレジエン地方のゴールトベルク(現在のポーランド、ドルヌィ・シロンスク県)に生まれた。ミュンヘン大学、イェーナ大学で学び、ルンド天文台やハイデルベルク天文台で研究した後、1910年から1919年までバンベルクで働いた。1920年からミュンヘン大学の講師、1924年から非常勤教授になった。1926年から1953年まで、バンベルクのレマイス天文台の所長を務めた。 1913年10月23日に、フランスのミシェル・ジャコビニが1900年に見つけた彗星の回帰を発見し、この彗星はジャコビニ・ツィナー彗星と呼ばれることになった。変光星の研究などのほかに天文学の歴史についての多くの著書を残した。ミュンヘン郊外の)で没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルンスト・ツィナー · 続きを見る »

エルンスト・テンペル

エルンスト・ヴィルヘルム・レベレヒト・テンペル(Ernst Wilhelm Leberecht Tempel、1821年12月4日 - 1889年3月16日)はドイツ生まれの天文学者である。多くの彗星を発見し、星雲の観測に業績をあげた。 ザクセン州の:de:Niedercunnersdorfに生まれた。1837年からマイセンで銅版画の技術を学び、1840年から数年間コペンハーゲン、ストックホルム、オスロなどを遍歴した。1858年、ヴェネツィアで結婚した。精密な銅版画の技術が評判になり、植物学者や他の科学分野の学者のために働いた。 その後天文学に興味をもち、望遠鏡を手に入れると、1859年に最初の彗星を発見し、プレアデス星団の星雲を発見した。天文学の教育を受けていなかったためドイツでは天文学の職が得られなかったが、1860年からフランスのマルセイユ天文台で働いた。マルセイユ天文台で、5個の小惑星と55P/テンペル・タットル彗星を含む12個の彗星を発見した。1870年に普仏戦争が勃発すると追放され、イタリアに戻った。1875年に南フィレンツェのアルチェトリ天文台で当時イタリア最大の望遠鏡を使って、星雲などの観測を行った。1889年にアルチェトリで生涯を閉じた。 テンペルは生涯で21個の彗星の発見者、共同発見者となり、テンペルの発見した彗星には、しし座流星群の母天体となった55P/テンペル・タットル彗星や、2005年のNASAの彗星探査計画、ディープ・インパクトの探査目標となった9P/テンペル第1彗星や周期彗星10P/テンペル第2彗星、11P/テンペル・スイフト・LINEAR彗星が含まれる。 小惑星 (3808) テンペルと月のクレータにテンペルの名前が命名された。 Category:ドイツの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:彗星発見者 Category:19世紀の自然科学者 Category:1821年生 Category:1889年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルンスト・テンペル · 続きを見る »

エルンスト・アッベ

ルンスト・カール・アッベ(Ernst Karl Abbe、1840年1月23日 アイゼナハ - 1905年1月14日 イェーナ)はドイツの天文学者、数学者、物理学者、実業家である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルンスト・アッベ · 続きを見る »

エルンスト・エピック

ルンスト・ユリウス・エピック(Ernst Julius Öpik, 1893年10月23日 – 1985年9月10日)は、現在のエストニアの天文学者である。後半生は北アイルランドのアーマー天文台で活動した。主に小惑星、彗星、流星などの小天体の分野などを研究した。姓は「オピック」とも表記する。 孫のレンビット・オピックは自由民主党所属の国会議員となり、祖父の遺志を受け継いでイギリスのスペースガード推進に貢献した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルンスト・エピック · 続きを見る »

エルンスト・クラドニ

ルンスト・フローレンス・フリードリヒ・クラドニ(Ernst Florens Friedrich Chladni 、1756年11月30日 - 1827年4月3日)はドイツの物理学者、天文学者である。音響学の分野に貢献する一方、隕石が地球外に起源があるという説を初めて述べたことでも知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルンスト・クラドニ · 続きを見る »

エルヴェ・フェイ

エルヴェ・オーギュスト・エティエンヌ・アルバン・フェイまたはフェイエ(Hervé Auguste Étienne Albans Faye、1814年10月3日 - 1902年7月4日)はフランスの天文学者。1843年に周期彗星4P/フェイ彗星を発見した。 アンドル県のSaint-Benoît-du-Saultに生まれた。エコール・ポリテクニークで学んだが、卒業しなかった。1834年にフランソワ・アラゴの推薦でパリ天文台に入所した。彗星の研究を行い、1843年11月22日にフェイ彗星を発見した。 この発見は世間の関心を集め、フェイは科学アカデミーからラランド賞を授与され、1847年にアカデミーの会員となった。1848年に理工学学校の地質学の実験助手になり、その後ナンシーのアカデミーで地質学、天文学を教えた。1873年にエコール・ポリテクニークに戻り、天文学の教授になった。1877年にはガエタン・ド・ロシュブエ(Gaëtan de Rochebouët)内閣の教育大臣をしばらく務めた。 研究の分野は天文学全般におよび、彗星の周期の決定、恒星の視差の測定、惑星や恒星野運動の研究を行った。彗星、流星、オーロラおよび太陽の理論の進展に貢献した。また、アレクサンダー・フォン・フンボルトの著書『コスモス』 (Kosmos)をシャルル・ガルスキー(Charles Galusky)とともにフランス語に訳した。 category:フランスの天文学者 category:彗星発見者 Category:19世紀の自然科学者 Category:エコール・ポリテクニークの教員 Category:パリ天文台の人物 Category:1814年生 Category:1902年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルヴェ・フェイ · 続きを見る »

エルコレ・デンボウスキー

ルコレ・デンボウスキー(Ercole Dembowski、1812年1月12日ミラノ – 1881年1月19日アルビッツァーテ)は、イタリアの天文学者である。観測天文学者としてフリードリッヒ・シュトルーベの「ドルパト・カタログ」の改訂を行った。 ナポレオン軍のポーランド人の将軍ヤン・デンボウスキー男爵の息子としてミラノに生まれた。オーストリア・ハンガリー帝国の海軍士官として1843年まで働いた。1852年から私設の観測所を設けて10,000以上の二重星の観測を行った。特にフリードリヒ・フリードリッヒ・シュトルーベの星表「ドルパト・カタログ」の重星を測定し、改訂・出版を行った。1878年にイギリス王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエルコレ・デンボウスキー · 続きを見る »

エレミア・オストライカー

レミア・オストライカー(Jeremiah (Jerry) Paul Ostriker 、1937年4月13日 - )はアメリカ合衆国の天文物理学者。 ハーバード大学で学んだ後シカゴ大学で博士号を得た。ケンブリッジ大学で研究した後1971年から1995年までプリンストン大学の教授となる。1980年に1980年に米国天体物理学雑誌に爆発モデルを提案した。。1995年から2001年の間学部長となった。2001年から2003年までケンブリッジ大学における天文学の最も重要な教授職のひとつであるプルミアン教授職の職を務めたあと、プリンストン大学に戻った。 1995年に宇宙の加速膨張を予想し、宇宙の質量の大部分が暗黒物質からなっているという理論に大きな影響を与えた。星間物質の研究も行った。 1959年に詩人でエッセイストのアリシア・オストライカーと結婚した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエレミア・オストライカー · 続きを見る »

エヴリー・シャツマン

エヴリー・レオン・シャツマン(Évry Léon Schatzman、1920年9月16日 - 2010年4月25日 )はフランスの天体物理学者。 パリ西部近郊のヌイイ=シュル=セーヌで生まれた。1945年、高等師範学校を卒業し、翌年博士号を得た。プリンストン大学などで研究を行った後、パリ大学で教えた。フランス国立宇宙研究センター(CENTRE NATIONAL D'ETUDES SPATIALES:CNES)の設立に貢献した。1983年にフランス国立科学研究センター(CNRS)からCNRSゴールドメダルを受賞し、1985年に科学アカデミー会員に選出された。フランスの学際的な学会である合理主義学会(Union Rationaliste)の会長を1970年から2001年まで務め、退任後は名誉会長を務めた。 Category:フランスの天文学者 Category:パリ大学の教員 Category:フランス国立宇宙研究センターの人物 Category:ユダヤ系フランス人 Category:ヌイイ=シュル=セーヌ出身の人物 Category:1920年生 Category:2010年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とエヴリー・シャツマン · 続きを見る »

エトムント・ヴァイス

トムント・ヴァイス(Edmund Weiß、1837年8月26日 – 1917年6月21日)はオーストリアの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエトムント・ヴァイス · 続きを見る »

エティエンヌ・レオポール・トルーヴェロ

ティエンヌ・レオポール・トルーヴェロ(Étienne Léopold Trouvelot、1827年12月26日– 1895年4月22日) はフランスの画家、天文学者、およびアマチュア昆虫学者である。太陽黒点の観測を行い優れた天体スケッチを残した。マイマイガ(Gypsy Moth)を北アメリカに持ち込んで今日にいたるまで森林に深刻な被害を与えるようにしてしまったことでも知られる。 フランスのエーヌ県に生まれた。共和主義者で1852年にルイ・ナポレオンの帝政が始まると、アメリカ合衆国に家族とともに亡命した。ボストン近郊のメドフォードに移住し、画家として家族を養った。 昆虫学に興味を持ち、アメリカで養蚕用の蚕が様々な病気にかかって死ぬので、病気に強い品種をつくるためにヨーロッパからマイマイガを輸入し、自分の家で養殖したが、これが後に自然のなかで繁殖し、森林に深刻な被害をあたえることになった。 その後、昆虫学に興味を失い、1870年にオーロラを見たことなどから天文学に興味をもち、この分野ではトルーヴェロの画力が天体スケッチに役立った。1872年にハーバード大学天文台長のジョセフ・ウィットロックが画力を認め、天文台のスタッフに迎えられた。1875年にアメリカ海軍天文台に招かれた。7,000枚の天体のスケッチを残し、15枚のイラストは1881年に出版された。特に太陽に興味を持ち1875年に"veiled spots"を発見した。天体スケッチのほかに50編の論文も発表した。1882年にフランスに戻り、ムードン天文台で働いて1895年ムードンで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエティエンヌ・レオポール・トルーヴェロ · 続きを見る »

エドモンド・ハレー

ドモンド・ハレー(Edmond Halley, 1656年10月29日 - 1742年1月14日)は、イギリスの天文学者、地球物理学者、数学者、気象学者、物理学者。ハレー彗星の軌道計算を初め、多くの科学的業績で知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドモンド・ハレー · 続きを見る »

エドワード・ピゴット

ドワード・ピゴット(Edward Pigott, 1753年 - 1825年6月27日)はイギリスのアマチュア天文家。食変光星アルゴルの変光メカニズムを解明したジョン・グッドリックの協力者として、また3つの恒星の変光を発見したことや、メシエ天体、彗星の発見者として知られている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドワード・ピゴット · 続きを見る »

エドワード・エマーソン・バーナード

ドワード・エマーソン・バーナード エドワード・エマーソン・バーナード(Edward Emerson Barnard, 1857年12月16日 - 1923年2月6日)は、アメリカ合衆国の天文学者。E.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドワード・エマーソン・バーナード · 続きを見る »

エドワード・サビーン

ー・エドワード・サビーンまたはサビン(Sir Edward Sabine,1788年10月14日 - 1883年5月26日)はアイルランド生まれのイギリスの天文学者、軍人、探検家である。 1861年から1871年のあいだ王立協会会長をつとめた。彼の兄弟の孫に、民俗研究家のセイバイン・ベアリング=グールドがいる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドワード・サビーン · 続きを見る »

エドゥアルト・ハイス

エドゥアルト・ハイス(Eduard Heis, 1806年2月18日 - 1877年6月30日)はドイツの天文学者、数学者。 ケルンで生まれた。ボン大学に学んだ後、ケルンやアーヘンの大学で数学を教え、1852年にミュンスター大学の教授に任命された。1869年に学長に任じられた。 銀河や黄道光、恒星、流星の観測を行った。著書には、ペロポネソス戦争中におきた食に関するものや、ハレー彗星に関するもの、数学のテキストなどがある。1839年に時間あたり160の流星が観測されたペルセウス座流星群の記録を残し、その後毎年観測された流星の数を記録した。 著書には『アルゲランダー星図 (Uranometria Nova) に基づく星図 Atlas Coelestis Novus (1872)、Zodiakal-Beobachtungen、Sternschnuppen-Beobachtungen、De Magnitudineなどがある。 王立学会などの会員、名誉会員に選ばれたほか、月のクレーターのひとつにもハイスの名前が命名されている。 Category:ドイツの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学の教員 Category:ケルン出身の人物 Category:1806年生 Category:1877年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドゥアルト・ハイス · 続きを見る »

エドゥアルト・シェーンフェルト

ドゥアルト・シェーンフェルト(Eduard Schönfeld, 1828年12月22日 - 1891年3月1日)は、ドイツの天文学者である。最初の近代的星表「ボン掃天星表」(Bonner Durchmusterung)を作成したフリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダーの助手として、多くの天体の観測を行い、アルゲランダーの没後は掃天星表の改訂、完成に努めた。 ザクセン=マイニンゲン公国(現テューリンゲン州)のヒルトブルクハウゼンに生まれた。天文学に興味を持っていたが父親の意に沿ってハノーファーやカッセルで建築を学び、1849年マールブルク大学のロベルト・ブンゼンのもとで化学を学んでいた時、ゲルリンクの授業を受けて再び、天文学を志した。 1851年にボン天文台のアルゲランダーのもとを訪れ、1853年には助手の地位を得た。翌年Nova elementa Thetidisを著し、学位を得た。ボン天文台では、掃天星表の作成に重要な貢献をするとともに、変光星の研究を行った。1859年からにボン大学で私講師をしばらく務めた後、マンハイム天文台の所長となった。旧式な設備しかない天文台であったが星雲の観測を行った。1975年にアルゲランダーが亡くなると、ボン天文台の所長の座を継ぎ、ボン掃天星表に南天域の恒星を追加するなど改訂、追加に努めその成果は1886年の改訂8版に発表された。 1863年に設立されたドイツ天文学会のメンバーとなり評議会の会員を1869年まで務めた。1878年に王立天文学会の外国人会員になった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドゥアルト・シェーンフェルト · 続きを見る »

エドゥアール・ロシュ

ドゥアール・アルベール・ロシュ(Édouard Albert Roche、1820年10月17日 - 1883年4月18日)は、フランスの天体力学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドゥアール・ロシュ · 続きを見る »

エドゥアール・ステファン

ドゥアール・ジャン=マリ・ステファン(Édouard Jean-Marie Stephan 1837年8月31日‐1923年12月31日)はフランスの天文学者である。彼は1867年から1907年までマルセイユ天文台の台長であった(1872年までは、ユルバン・ルヴェリエの部下であった) 。また彼の専門は星雲の観測であったが、その課程でふたつの小惑星を発見した。 St Pezenneで生まれ、École Normale Superieurに通い、1862年にトップの成績で卒業した。 1867年にジェローム・E・コッジャが発見した彗星の存在を確認したことから、この彗星には38P/ステファン・オテルマ彗星と命名された。同年には水星の日面通過の観測に成功している。 1874年には干渉計を用いることによりシリウスの角直径を測ることに成功した。 1877年には、初めて反射鏡のついた望遠鏡を用いてペガスス座に5つの銀河からなる銀河団を発見し、現在ではステファンの五つ子と呼ばれている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドゥアール・ステファン · 続きを見る »

エドウィン・ハッブル

ドウィン・パウエル・ハッブル(Edwin Powell Hubble, 1889年11月20日 - 1953年9月28日)は、アメリカ合衆国の天文学者。我々の銀河系の外にも銀河が存在することや、それらの銀河からの光が宇宙膨張に伴って赤方偏移していることを発見した。近代を代表する天文学者の一人であり、現代の宇宙論の基礎を築いた人物である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドウィン・ハッブル · 続きを見る »

エドウィン・サルピーター

ドウィン・サルピーター(Edwin Ernest Salpeter,1924年12月3日 - 2008年11月26日)はオーストリア生まれで、オーストラリアに帰化し、主にアメリカ合衆国で活躍した天文物理学者である。ハンス・ベーテとともに量子電磁気学、核物理学、天文物理学の分野の研究を行った。素量子の分野でベーテ・サルピータ方程式や、天文の分野で「サルピータ過程」「サルピーター関数(初期質量関数)」などに名前が残っている。 ウィーンに生まれたが、1935年にオーストラリアに帰化した。シドニー大学で数学と物理学を学んだ。バーミンガム大学でルドルフ・パイエルスのもとで学位を取得した。1948年からコーネル大学で、ハンス・ベーテと核物理学や天文物理学の分野で研究を行った。 サルピーターは星の内部での核反応による起源(特に3個のヘリウム核から炭素が生成されるトリプルアルファ反応 の研究を行った。1955年宇宙の初期質量と恒星の生成速度との関係を示すサルピーター関数を提案した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とエドウィン・サルピーター · 続きを見る »

エウドクソス

エウドクソス(Eudoxos)は、紀元前4世紀の古代ギリシアの数学者、天文学者。エジプトで長く暮らし、後にアテネに移住した。 彼は紀元前4世紀ごろに天動説を唱えた。円錐の体積は、同じ半径、同じ高さの円柱の体積の3分の1になることを証明した。これらの成果は、ユークリッドの著書に記載された。 天文学者としては、地球が中心にあり、他の天体がその周りを回る天動説を唱えたとされるが、著書は残っていない。ただし、この考え方は後にアリストテレスやプトレマイオスによって体系化された。 Category:紀元前4世紀の哲学者 Category:古代ギリシアの哲学者 Category:古代ギリシアの数学者 Category:ギリシャの天文学者 4100000 Category:アカデメイア派 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とエウドクソス · 続きを見る »

オリン・エッゲン

リン・エッゲン(Olin Jeuck Eggen、1919年7月9日 - 1998年10月2日)はアメリカの天文学者。恒星の運動の観測データに基づいて銀河系の形成モデルを提唱した。 文献によっては彼のミドルネームを Jenck と誤記している場合があるが、正しくは Jeuck である。 ウィスコンシン州オーフォードヴィル生まれ。1940年にウィスコンシン大学を卒業し、第二次世界大戦中は CIA の前身である戦略諜報局 (OSS) に勤務した。その後、大学に戻って1948年に天体物理学で博士号を取得した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とオリン・エッゲン · 続きを見る »

オットー・ローゼンベルガー

ットー・ローゼンベルガー(Otto August Rosenberger, 1800年8月10日 - 1890年1月23日)はドイツの天文学者。彗星の軌道の計算に業績をあげた。 クールラントのトゥックム(w:Tukkum)に生まれた。ケーニヒベルク大学で学び、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルの助手となった。1826年にハレ大学の応用数学と天文学の非常勤教授、1831年に教授となった。1834年にハレー彗星の軌道計算を行った。1837年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とオットー・ローゼンベルガー · 続きを見る »

オットー・ブレンデル

オットー・ルドルフ・マルティン・プレンデル(Otto Rudolf Martin Brendel、1862年8月12日 - 1939年9月6日)はドイツの天文学者である。 ベルリン近くのNiederschonhausenに生まれた。ヨーロッパ各地で学び、1890年に博士号を得た。1898年にゲッティンゲン大学の天文学と測地学の教授になった。 おもな業績は天体力学に関するもので、理論的研究の一方、小惑星、彗星、二重星の観測も行った。小天体の理論を研究し1898年から1911年の間に『小惑星の理論』(Theorie der Kleinen Planeten)を発表した。1894年フランス科学アカデミーの、ダモワゾー賞を受賞した。 小惑星(761) ブレンデリアは、ブレンデルを記念して名付けられた。 Category:ドイツの天文学者 Category:ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンの教員 Category:1862年生 Category:1939年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とオットー・ブレンデル · 続きを見る »

オットー・シュトルーベ

ットー・シュトルーベ オットー・リュドヴィゴヴィッチ・シュトルーベ(Otto Lyudvigovich Struve, ロシア語 Отто Людвигович Струве, 1897年8月12日 - 1963年4月6日)はロシア生まれのアメリカで活躍した天文学者である。 フリードリッヒ・フォン・シュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve 、1793-1864)から4代にわたり6人の有名な天文学者をだしたシュトルーベ(ストルーヴェ / ストルーベ / シュトルーヴェ / シュトルーフェ)家 (Struve) の最後の天文学者である。ヤーキス天文台長、国際天文学連合の会長などをつとめた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とオットー・シュトルーベ · 続きを見る »

オクターブ・カランドロー

オクターブ・カランドロー(Pierre Jean Octave Callandreau、1852年9月18日 - 1904年2月13日)はフランスの天文学者である。天体力学の分野を研究した。 アングレームに生まれた。エコール・ポリテクニークを卒業し、1874年パリ天文台に入り、1884年頃には観測助手(astronome adjoint)、1897年には指導観測者(astronome titulaire)になった。1880年に小惑星ヘラの摂動をヨハン・ギルデンの方法を用いて解析する研究で博士号を得た。1884年から「天文学報」(Bulletin astronomique)の編集者になり、1893年にエコール・ポリテクニークの天文学、測地学の教授となった。1904年パリで没した。 30年近い天文学の経歴において、特に1880年代後半、惑星による小天体摂動を研究し、フェリクス・ティスランとともに木星による彗星の捕獲の理論を展開した。 category:フランスの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:エコール・ポリテクニークの教員 Category:パリ天文台の人物 Category:1852年生 Category:1904年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とオクターブ・カランドロー · 続きを見る »

オスカル・バックルンド

ル・バックルンド(Johan Oskar Backlund,1846年4月28日- 1916年8月29日)は、スウェーデン生まれでロシアで活動した天文学者である。惑星の重力の影響を考慮したエンケ彗星の軌道を計算したことで知られる。名前は、スウェーデンではJons Oskar Backlundと書かれることもある。ロシアでは Oskar Andreevich Baklund (Оскар Андреевич Баклунд)として知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とオスカル・バックルンド · 続きを見る »

カミーユ・フラマリオン

ニコラ・カミーユ・フラマリオン (Nicolas Camille Flammarion、フランマリオンとも。 1842年2月26日 - 1925年6月3日)は、フランスの天文学者、天文普及家、作家。フランス天文学会 (Société astronomique de France) を創設する一方で、天文学の普及に尽力し、一般向けの著書を多く発表した。1912年にはそれらが認められて、レジオンドヌール勲章を受勲した。 なお、書籍の出版・販売事業を手掛けるフラマリオン・グループの創設者エルネスト・フラマリオンは、弟に当たる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカミーユ・フラマリオン · 続きを見る »

カリポス

カリポス(Callippus または Calippus、紀元前370年頃 - 紀元前300年頃)はギリシアの天文学者、数学者である。 キュジコス(Cyzicus)に生まれた。プラトンのアカデメイアでクニドスのエウドクソスに学んだ。アリストテレスとともに、アテネのリュケイオンで活動した。天体の動きを観測し、天体の動き説明するのにエウドクソスの球体モデルを用いようとした。27の運動する球からなるエウドクソスのモデルでは惑星の動きを説明することは不十分であることを見出し、さらに球体をふやし計34にした。アリストテレスの Metaphysicsによれば、太陽と月の動きに2球体を、彗星、金星、火星に1球体を増やした。 アテネのメトンの仕事を継いで、1年の長さと、太陽と月の暦の製作をおこなった。四季の長さの測定をおこない、各季節94日、92日、89日、90日と不等であることを見出し、太陽が天球をまわる速度が変化することを示した。これを19太陽年が235朔望月にほぼ等しいというメトン周期の説明に用いた。太陽年と太陰年の公倍数から76年の周期をみつけ、これはと呼ばれる。カリポス周期はのちの天文学者によってもちいられた。 月のクレータにカリポスの名が命名された。 Category:ギリシャの天文学者 Category:古代ギリシアの数学者 Category:アリストテレス哲学者 3700000 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とカリポス · 続きを見る »

カルキディウス

ルキディウス(ChalcidiusまたはCalcidius、4世紀頃)は4世紀のギリシャの天文学者である。 321年頃、プラトンの宇宙論に関する対話編『ティマイオス』の最初の部分(53cまで)をギリシャ語から詳細な解説とともにラテン語に翻訳した。これはコルドバの司教ホシウス(Hosius)に献じられた。カルキディウスの生涯についてはこれ以上の情報は知られていない。 この当時、プラトンの著作はほとんど西ヨーロッパで知られておらず、この著書は中世西ヨーロッパ社会の宇宙論の基礎の一つとなった。 彼はネオプラトニズムの影響下でアリストテレス哲学を受容しており、その著作中で、何も性質を持たず、永遠不変で、物体的とも非物体的ともいえないものとしての質料を扱っている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカルキディウス · 続きを見る »

カロライン・ハーシェル

ライン・ルクリーシア・ハーシェル(Caroline Lucretia Herschel、1750年3月16日 - 1848年1月9日)はドイツ生まれでイギリスで活躍した女性天文学者である。ウィリアム・ハーシェルの妹であり、兄の助手として天文観測を行い、自らも(35P)ハーシェル・リゴレー彗星などを発見した。名前の読みは、ドイツ語ではカロリーネ・ルクレティア・ヘルシェルとなる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカロライン・ハーシェル · 続きを見る »

カンパヌス

ヨハンネス・カンパヌス(羅:Johannes Campanus 、1220年ノヴァーラ - 1296年ヴィテルボ)はイタリアの占星術師、天文学者、数学者である。 イタリアではジョバンニ・カンパーノ (Giovanni Campano)またはノヴァーラのカンパヌス、またはラテン語表記でCampanus Novariensisと呼ばれる。 イタリア北部のノヴァーラに生まれた。教皇ウルバヌス4世付の司祭、 ボニファティウス8世の侍医を務めた。アラビヤやスペインに旅した。 1260年にエウクレイデスの『幾何学原論』(Elementa geometriae)をラテン語に翻訳し出版した。これはアラビヤ語の翻訳かギリシャ語の原本から翻訳したもので、他に1120年頃バスのアデラードによって、ラテン語に翻訳されたエウクレイデスの作品も参考にしたと思われる。200年間にわたってつかわれ、1482年にPreclarissimus liber elementorum Euclidisとしてヴェネツィアで出版された。 天文学の分野では『惑星理論』(Theorica Planetarum)を著した。アルマゲストの天体定数やトレド表のデータから惑星の逆行の時期を求めることを試みた。他に『天球論』(Tractatus de Sphaera)や暦に関する著書 『コンプトゥス』(De computo)がある。 Category:イタリアの天文学者 Category:イタリアの数学者 200000 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事 Category:1220年生 Category:1296年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とカンパヌス · 続きを見る »

カール・ハーディング

カール・ルートヴィヒ・ハーディング(Karl Ludwig Harding、1765年9月29日 - 1834年8月31日)は、ドイツの天文学者。小惑星帯の小惑星 (3) ジュノーを発見したことで知られる。 彼は、1796年ヨハン・ヒエロニムス・シュレーターの息子の家庭教師として雇われる。Junoはこのシュレーターの観測所で発見された。その後、彼はゲッティンゲンに赴き、カール・フリードリヒ・ガウスの助手に採用された。 1805年からゲッティンゲン大学の天文学の教授となる。彗星の観測などの指導を行い、三つの新しい彗星を発見。また120,000の星を網羅したAtlas novus coelestisも刊行している。 月のハーディング・クレーター、小惑星 (2003) ハーディングは彼の名前にちなんで名づけられたものである。  Category:ドイツの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:小惑星発見者 Category:彗星発見者 Category:ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンの教員 Category:1765年生 Category:1834年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・ハーディング · 続きを見る »

カール・ランプランド

ール・オットー・ランプランド(Carl Otto Lampland、1873年12月29日 - 1951年12月14日)はアメリカ合衆国の天文学者。 ミネソタ州ドッジ郡生まれ。インディアナ大学ブルーミントン校を卒業した後、1902年から ローウェル天文台で働いた。天体写真用装置を設計し、1905年火星の運河の写真を撮影するなどした。赤外線を観測して惑星の温度観測も行い、ウィリアム・コブレンツと共に、火星の昼夜の温度差の大きいことを発見した。 小惑星(1604)トンボーを発見した。月と火星のクレータに命名され、小惑星(1767)ランプランドは、ランプランドの名が命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・ランプランド · 続きを見る »

カール・ラインムート

ール・ヴィルヘルム・ラインムート(Karl Wilhelm Reinmuth, 1892年4月4日 - 1979年5月6日)はドイツの天文学者。 彼は1912年から1957年までハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台に勤務していたが、その間、1914年10月15日に小惑星(796)サリタを発見したのを皮切りとして、計395個の小惑星を発見した。なかには、彼自身命名できずに終わり、近年になって中野主一らにより命名されたものもある。 その発見の中でも特筆すべきは、アポロ群の天体である(1862)アポロと(69230)ヘルメスを発見したこと、トロヤ群の天体である(911)アガメムノン、(1143)オデュッセウス、(1172)アエネアス、(1173)アンキセス、(1208)トロイルス、(1404)アヤックス、(1437)ディオメデス、(1749)テラモンを発見したことである。 また、彼の発見した小惑星の一つである(5535)アンネフランク(命名はG.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・ラインムート · 続きを見る »

カール・ヘンケ

right カール・ルートヴィヒ・ヘンケ(Karl Ludwig Hencke, 1793年4月8日 - 1866年9月25日)は、ドイツの天文学者。(5) アストラエアと (6) ヘーベという2個の小惑星を発見したことで知られている。 アストラエアが発見されるまでに、小惑星は (1) ケレス(2006年に準惑星に分類変更)、(2) パラス、(3) ジュノー、(4) ベスタの4個が発見されており、アストラエアは1807年のベスタ以来38年ぶり、5例目の小惑星の発見となった。 アマチュア天文家であったヘンケはベスタを探しているときに偶然アストラエアを発見したのだが、当時小惑星は4個だけであると思われていたことから大きく注目された。またヘーベは6例目の小惑星の発見となった。これらの発見が称えられ、ヘンケはプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世から300ドルを授与された。そしてアストラエアとヘーベの発見以後、何万もの小惑星が発見された。 小惑星帯にある小惑星 (2005) ヘンケは、彼にちなんで名づけられた。 Category:ドイツの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:19世紀の自然科学者 Category:1793年生 Category:1866年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・ヘンケ · 続きを見る »

カール・ブルーンス

ール・ブルーンス(Karl Christian Bruhns、1830年11月22日 - 1881年7月25日)はドイツの天文学者。 ブルーンスはw:Plon (w:Holstein)に生まれた。1852年からベルリン天文台でヨハン・フランツ・エンケの助手になった。1856年に小天体の研究で博士号を得た。1860年からライプツィヒ天文台の所長を務めた。彗星C/1853 R1、C/1855 V1、C/1858 K1、C/1862 X1、C/1864 Y1を発見し、その軌道計算の分野で業績をあげた。1872年11月の流星雨の原因がビエラ彗星であることを示した。ヨハン・バイヤー(de:Johann Jacob Baeyer:1794-1885)が ヨーロッパの子午線弧長の測量を行った時、ザクソンでの、天文学、測地学の仕事に移り、長くの会長を務めた。気象学の分野ではザクセン州の気象観測網の確立に貢献した。ライプツィヒで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・ブルーンス · 続きを見る »

カール・フリードリッヒ・ツェルナー

ール・フリードリッヒ・ツェルナー (Johann Karl Friedrich Zöllner, 1834年11月8日 - 1882年4月25日) はドイツの物理学者、天文学者である。測光学の分野で研究した。ツェルナー錯視の発見者とされる。 ツェルナー分光器 ベルリンで生まれ、ベルリン大学、バーゼル大学で学んだ。ライプツィヒ大学の天体物理学の教授などを務めた。天文観測機器の考案と改良を行い、特に測光器の分野に貢献した。太陽のプロミネンスの分光学的な観測を行った。彗星についての著書もある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・フリードリッヒ・ツェルナー · 続きを見る »

カール・フリードリヒ・ガウス

Disquisitiones Arithmeticae のタイトルページ ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(; Johann Carl Friedrich Gauß, Carolus Fridericus Gauss, 1777年4月30日 - 1855年2月23日)は、ドイツの数学者、天文学者、物理学者である。彼の研究は広範囲に及んでおり、特に近代数学のほとんどの分野に影響を与えたと考えられている。数学の各分野、さらには電磁気など物理学にも、彼の名が付いた法則、手法等が数多く存在する。19世紀最大の数学者の一人である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・フリードリヒ・ガウス · 続きを見る »

カール・グスタフ・ヴィット

カール・グスタフ・ヴィット カール・グスタフ・ヴィット(Carl Gustav Witt、1866年10月29日 – 1946年1月3日)はドイツの天文学者である。地球近傍小惑星 (NEAs)として有名な(433)エロスを含む2つの小惑星を発見した。 ドイツの民間科学団体ウラニア・ソサイエティが1889年に建設したベルリンのウラニア天文台の天文学者となり、写真を使った観測で1896年10月8日に(422)ベロリーナを発見し、1898年8月13日に非常に早く動く天体(433)エロスを発見した。 エロスは初めて発見された地球近傍小惑星で、1900年に地球に接近した。 小惑星(2732)ヴィットは彼の名前を記念して命名された。 Category:ドイツの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:1866年生 Category:1946年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・グスタフ・ヴィット · 続きを見る »

カール・シャーリエ

ール・シャーリエ(Carl Vilhelm Ludwig Charlier 、1862年4月1日 - 1934年11月5日)はスウェーデンの天文学者。オルバースのパラドックスに対して宇宙の階層構造を提案したことなどで知られる。 ウプサラ大学で学位をとり、ウプサラ大学、ストックホルム天文台、ルンド大学などで働いた。1897年からルンド天文台の所長を務めた。恒星の固有運動、位置の研究を行い、宇宙のモデルを先駆的な提案した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・シャーリエ · 続きを見る »

カール・シュヴァルツシルト

ール・シュヴァルツシルト(Karl Schwarzschild, 1873年10月9日 - 1916年5月11日)は、ドイツの天文学者、天体物理学者。日本語ではシュワルツシルトやシュバルツシルトとも表記される。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・シュヴァルツシルト · 続きを見る »

カール・ジャンスキー

Karl Guthe Jansky カール・ジャンスキー(Karl Jansky, 1905年10月22日 - 1950年2月14日)とは、物理学者・無線技術者であり、電波天文学の開始者。 1932年に天の川方向より電波が飛来していることを発見し、電波天文学を開始した。 1905年10月22日にオクラホマ州に生まれた。ウィスコンシン大学に学び、1927年に学位を取得した。 1928年よりニュージャージー州にあるベル研究所に入所し、短波の研究を行った。 どの方位にでも向けられるように回転台の上に波長20.5MHz向けのアンテナを設置し、研究を行った。 ジャンスキーのアンテナのレプリカ。 数ヶ月かけて全方向からの入力信号を記録した後に、彼は3種類の電波雑音を確認した。それらは、近隣の雷、遠くの雷と未知のものであった。彼は、この未知の電波雑音の分析に1年以上を費やした。その電波は、一日周期で信号強度が変動したことから、初めは太陽起源のものではないかと思われた。しかし、数ヵ月後にそのピーク時期が変化したことから、太陽起源説は放棄した。信号は、24時間ではなく23時間56分周期で強度が変動していることから、恒星系に由来するものと判断された。(恒星時参照) 最終的に、この信号は銀河系中心(いて座)方向より発信されていることを突き止めた。これは、電波天文学の始まりとされる。 その後の彼は、ベル研究所より別のプロジェクトを任せられ、電波天文学に関わることは無かったが、彼にちなみ電波天文学における電波強度の単位には、ジャンスキー(Jy)が使われる。また、アメリカ国立電波天文台はジャンスキー・フェローシップと呼ばれる博士研究員支援プログラムを実施している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・ジャンスキー · 続きを見る »

カール・スンドマン

カール・スンドマン カール・スンドマン(Karl Frithiof Sundman 、1873年 - 1949年)はフィンランドの数学者、天文学者。 1907年から1918年までヘルシンキ大学の教授、1918年から1941年までヘルシンキ大学天文台の台長を務めた。 天体力学の分野では級数を用いてそれまで解析できないと考えられていた三体問題の解法を、限定的な条件で求めた。これらの仕事で1913年、フランス科学アカデミーからポントクラン賞(Pontécoulant prize)を受賞した。 月のクレーターや小惑星(1424)スンドマニア(Sundmania)はスンドマンに因んで命名された。 Category:フィンランドの天文学者 Category:ヘルシンキ大学の教員 Category:1873年生 Category:1949年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・スンドマン · 続きを見る »

カール・セーガン

ール・エドワード・セーガン(Carl Edward Sagan, 1934年11月9日 – 1996年12月20日)は、アメリカの天文学者、作家、SF作家。元コーネル大学教授、同大学惑星研究所所長。NASAにおける惑星探査の指導者。惑星協会の設立に尽力。核戦争というものは地球規模の氷河期を引き起こすと指摘する「核の冬」や、地球工学を用いて人間が居住可能になるよう他惑星の環境を変化させる「テラ・フォーミング」、ビッグバンから始まった宇宙の歴史を“1年という尺度”に置き換えた「宇宙カレンダー」などの持論で知られる。 1970年代頃までは、日本ではしばしば「カール・サガン」という表記が見られた。1970年代後半に刊行された著作の日本語訳(『宇宙との連帯』『エデンの恐竜』など)では「カール・セイガン」と表記されるようになり、「セーガン」で定着したのは1980年のテレビ番組『コスモス(COSMOS)』およびそのベースとなった書籍以降である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・セーガン · 続きを見る »

カール・セイファート

カール・キーナン・セイファート(Carl Keenan Seyfert、1911年2月11日 - 1960年6月13日)はアメリカ合衆国の天文学者である。中心核から高い励起状態の幅広い輝線をもつセイファート銀河や、へび座のセイファートの六つ子銀河 (Seyfert's Sextet) を発見した。 オハイオ州クリーブランドの薬剤師の家に生まれた。ハーバード大学で薬学を学ぶが、天文学に転じ、1936年物理学の博士号を得て系外銀河の研究を行った。1936年ヤーキス天文台での新天文台建設計画に加わり、翌年から新しいマクドナルド天文台でダニエル・ポパーと共にB型星の研究を行った。1940年から1942年にかけてウィルソン山天文台で渦巻き銀河の中心核からの放射の研究を行い、翌年中心核から高い励起状態の幅広い輝線が見られることを発表した。このような銀河はセイファートの名からセイファート銀河と名付けられた。代表的なセイファート銀河はM77銀河である。戦後はナッシュビルのヴァンダービルト大学の天文学の教授となり、バーナード天文台でセイファートの六つ子銀河を発見した。その後、アーサー・J・ダイヤー天文台を設立し所長を務めた。 1960年、ナッシュビルで交通事故により死去した。 月のクレーター(セイファートクレーター)、アーサー・J・ダイヤー天文台の24インチ望遠鏡は彼にちなみ命名された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:ヴァンダービルト大学の教員 Category:交通事故死した人物 Category:クリーブランド出身の人物 Category:1911年生 Category:1960年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とカール・セイファート · 続きを見る »

カイ・オーゲ・ストランド

カイ・オーゲ・ストランド(Kaj Aage Strand, 1907年2月27日 - 2000年10月31日)はデンマーク・ストックホルム生まれで、オランダ、アメリカ合衆国で働いた天文学者である。太陽系に近い恒星の相対運動を精密に測定し、はくちょう座61番星に知られていない惑星か褐色矮星が伴星として存在するという説を1943年に発表した。 コペンハーゲン大学で学び、1933年からオランダのライデン大学で、アイナー・ヘルツシュプルングのもとで働いた。1938年からアメリカにわたりスワースモア大学、シカゴ大学で働いた。1947年からディアボーン天文台の所長を務めた。はくちょう座61番星の固有運動の約5年周期のふらつきから 惑星か褐色矮星があるとする発表をおこなったが、現在はその観測結果は信じられていない。 小惑星(3236)ストランドに命名されている。 Category:デンマークの天文学者 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:シカゴ大学の教員 Category:ストックホルム出身の人物 Category:1907年生 Category:2000年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とカイ・オーゲ・ストランド · 続きを見る »

ガリレオ・ガリレイ

リレオ・ガリレイ(Galileo Galilei、ユリウス暦1564年2月15日 - グレゴリオ暦1642年1月8日)は、イタリアの物理学者、天文学者、哲学者。 パドヴァ大学教授。その業績から天文学の父と称され、ロジャー・ベーコンとともに科学的手法の開拓者の一人としても知られている。1973年から1983年まで発行されていた2000イタリア・リレ(リラの複数形)紙幣にガリレオの肖像が採用されていた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とガリレオ・ガリレイ · 続きを見る »

ガブリール・チホフ

ブリール・チホフ(Гавриил Адрианович Тихов、Gavriil Adrianovich Tikhov 1875年5月1日 – 1960年1月25日)はロシアの天文学者。 1906年から1941年の間プルコヴォ天文台で働いた。1941年9月のカザフのアルマ・アタに日食の観測隊として参加した後、第2次大戦の勃発のためその地にとどまり、カザフスタン科学アカデミーの創立者となった。 フェザリング・スペクトグラフ法を開発し、星のスペクトルの分類の作業を簡単にした。惑星表面の詳細の強調のためにフィルターを使った最初のひとりである。天体植物学を創始し、太陽系の別の天体での生物の存在の可能性を研究した。 月のチホフクレーターや火星のクレーター、小惑星(2251)チホフはチホフに因んで命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とガブリール・チホフ · 続きを見る »

ガブリエル・ムートン

ブリエル・ムートン(Gabriel Mouton 、1618年 - 1694年9月28日)は17世紀のフランスの司祭で科学者である。 リヨンで神学の学位をとったが、数学や天文学にも業績を残した。 1760年の著書 Observationes diametrorum solis et lunae apparentiumで、後のメートル法の先駆けになる長さの単位の提案を行った。ボローニャのリッチョーリの行った地球の大きさの測定に基づいて、緯度差1分に相当する子午線弧長をもとにする長さの単位を提案した。ムートンの提案した単位は子午線1分の長さを milliareとし、その1/10を centuria1/100を decuria、1/1000を virga以下 virgula、 decima、 centesima、millesimaとするものである。 子午線1分の長さmilliareは現在の海里と同じ決め方で、その1/1000の単位virgaは当時のパリの長さの単位Parisian toise(約1.95m)に近く受け入られやすいものであった。 実用上の理由から(短い長さを天体観測から精度よく求めることは困難なので)ムートンは現実的な長さの基準を振り子の周期で決めることを提案した。 これらのアイデアはジャン・ピカールやホイヘンスによって支持され、イギリスの王立協会でも検討された。同様な提案はライプニッツによってもなされた。100年以上後、フランスの科学アカデミーの度量衡委員会は地球の大きさに長さの基準を求めることにし、1791年にフランスで長さの定義が採用された。 太陽の直径の決定や,三角関数表、対数表の製作でも知られる。 category:フランスの数学者 category:フランスの天文学者 Category:フランスの神学者 category:17世紀の学者 180000 Category:1618年生 Category:1694年没 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とガブリエル・ムートン · 続きを見る »

ギヨーム・ル・ジャンティ

ヨーム・ジョゼフ・ヤセント・ジャン=バティスト・ル・ジャンティ・ド・ラ・ガレジエール(Guillaume Joseph Hyacinthe Jean-Baptiste Le Gentil de la Galaisière, 1725年9月12日 – 1792年10月22日)はフランスの天文学者である。メシエ天体M32、M36、M38を発見し、1748年に干潟星雲(M8)の中に星雲を発見し、はくちょう座に暗黒星雲を発見するなどの業績があるが、最も知られているのは1761年と1769年の金星の太陽面通過の観測の際に、連続して不運にみまわれたエピソードによってである。 1761年の金星の太陽面通過をルジャンティは、当時フランスの植民地であったインドの南部ポンディシェリで観測することとして1760年6月にパリを出発した。7月にはモーリシャスに到着した。しかしイギリスとフランスの戦争が勃発し、ポンディシェリはイギリスに占領されてしまった。そのため金星の太陽面通過の6月6日を引き返す船上で迎え、ゆれる船上で満足な測定を行うことはできなかった。金星の太陽面通過は100年ほどの間隔で8年おいて2回おこるので、ルジャンティは1769年の太陽面通過をポンディシェリで観測することにして、1768年3月にはポンディシェリに入り、観測所をたてて、我慢強く待った。1769年6月3日の太陽面通過の日、空は晴れずほとんど観測することはできなかった。 さらに不運は続き、失意の帰国の途中、嵐で船は難破し、フランスに戻れたのは1771年の10月になってしまった。行方不明のようになっていたルジャンティは死んだとみなされており、科学アカデミーから除籍され、妻は再婚し、財産は相続人に分けられていた。財産を取り戻すのに長くかかったが、国王のはからいで、地位を回復し、その後の20年ほどは再婚して平穏にくらした。.

新しい!!: 天文学者の一覧とギヨーム・ル・ジャンティ · 続きを見る »

ギヨーム・ビゴルダン

ヨーム・ビゴルダン カミーユ・ギヨーム・ビゴルダン(Camille Guillaume Bigourdan, 1851年4月6日 – 1932年2月28日)はフランスの天文学者である。パリ天文台で働き、科学アカデミーの会長を務めた。星雲の観測に功績を挙げた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とギヨーム・ビゴルダン · 続きを見る »

ギイェルモ・アロ

イェルモ・アロ・バランサ(Guillermo Haro Barranza、1913年3月21日 - 1988年4月26日)はメキシコの天文学者である。ハービッグ・ハロー天体 (Herbig-Haro object) と呼ばれる、星の誕生期の天体の発見者(共同発見者ジョージ・ハービッグ)の一人であり、メキシコの天文学の発展に貢献した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とギイェルモ・アロ · 続きを見る »

クライド・トンボー

ライド・ウィリアム・トンボー(Clyde William Tombaugh, 1906年2月4日 - 1997年1月17日)はアメリカの天文学者。1930年に冥王星を発見した業績で特に知られている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクライド・トンボー · 続きを見る »

クラウディオス・プトレマイオス

André_Thevet作。 クラウディオス・プトレマイオス(Κλαύδιος Πτολεμαῖος, Claudius Ptolemaeus, 83年頃 - 168年頃)は、数学、天文学、占星学、音楽学、光学、地理学、地図製作学など幅広い分野にわたる業績を残した古代ローマの学者。エジプトのアレクサンドリアで活躍した。『アルマゲスト』、『テトラビブロス』、『ゲオグラフィア』など、古代末期から中世を通して、ユーラシア大陸の西半分のいくつかの文明にて権威とみなされ、また、これらの文明の宇宙観や世界観に大きな影響を与えた学術書の著者である。英称はトレミー (Ptolemy)。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクラウディオス・プトレマイオス · 続きを見る »

クリスチャン・A・F・ペーテルス

リスチャン・A・F・ペーテルス クリスチャン・アウグスト・フリードリヒ・ペーテルス(Christian August Friedrich Peters 、1806年9月7日 – 1880年5月8日)はドイツの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリスチャン・A・F・ペーテルス · 続きを見る »

クリスチャン・マイヤー

リスチャン・マイヤー(Christian Mayer、1719年8月20日 - 1783年4月16日)は、オーストリアの天文学者。イエズス会司祭である。いくつかの連星の発見、金星の日面通過の観測などを行った。 モラビアに生れた。1745年にイエズス会に入り、1752年にハイデルベルク大学の数学と物理の教授になった。選帝侯カール・テオドールがシュヴェッツィンゲンとマンハイムに天文台を建設した時、天文係になった。1773年、イエズス会の解散が命令されたので、その職を失うが、その後も各地でジョヴァンニ・カッシーニらと天文学の観測を続けた。1769年の金星の日面通過の観測ではエカチェリーナ2世の招きに応じてサンクトペテルブルクで観測をおこなった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリスチャン・マイヤー · 続きを見る »

クリスチアン・ホレボー

クリスチアン・ホレボー(Christian Pedersen Horrebow、1718年4月15日 - 1776年)はデンマークの天文学者。父親はコペンハーゲン大学天文台長を務めたペーダー・ニールセン・ホレボーである。父親の後を継いで、コペンハーゲン大学の天文台の所長を務めた。1761年から1769年の間、太陽黒点の観測を続け、太陽の黒点の発生の周期性を最初に見つけたとされるが、それらのデータは失われた。金星の幻の衛星 「ネイト」 を観測したと報告した天文学者の1人である。 Category:デンマークの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:デンマーク=ノルウェーの人物 Category:1718年生 Category:1776年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリスチアン・ホレボー · 続きを見る »

クリストフ・シャイナー

リストフ・シャイナー(Christoph Scheiner、 1575年7月25日(1573年説もある)- 1650年7月18日)はドイツの天文学者、イエズス会員、著述家。太陽の黒点を観測した最初の学者の一人である。 1611年に太陽の黒点をヨハン・シサットの助けを受けて観測した。シャイナーは黒点を太陽の衛星であると解釈した。1630年にRosa Ursinaを出版した。 黒点はガリレオによって1609年に見つけられたとされ、発見の太陽の表面の現象であるとするガリレオ・ガリレイと、どちらが先に発見したかも争われた。 シャイナーの黒点の記録は後に太陽の活動の長期的変動を調べるのに利用された。 シャイナーは死ぬまで、地動説に反対した。 ガリレオに、黒点発見の先取権の論争などによって敵意をいだいており、地動説を支持するガリレオとローマ教会が紛争にいたった一因であるとされる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリストフ・シャイナー · 続きを見る »

クリストファー・クラヴィウス

リストファー・クラヴィウスの肖像 クリストファー・クラヴィウス(Christopher Clavius, 1538年3月25日 - 1612年2月12日)は16世紀に活躍したドイツ出身の数学者、天文学者。名前は本名のクリストフ・クラウ(Christoph Clau、もしくはKristoph Klau)を英語式に表記したもの。イエズス会員にして当代随一の科学者で、グレゴリオ暦改暦委員会の中心人物であった。 ただし、グレゴリオ暦の(原形の)提案者は、アロイシウス・リリウス(:en:Aloysius Lilius)であり、彼の死後、1576年にその案を改暦委員会に提出したのはアロイシウスの弟であるアントニウス・リリウスである。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリストファー・クラヴィウス · 続きを見る »

クリストフェル・ハンステーン

リストフェル・ハンステーン(Christopher Hansteen 、1784年9月26日 - 1873年4月11日)は、ノルウェーの天文学者、地球物理学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリストフェル・ハンステーン · 続きを見る »

クリスティアーン・ホイヘンス

リスティアーン・ホイヘンス(Christiaan Huygens 、1629年『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.14-15「ハイゲンス兄弟の望遠鏡」。4月14日 - 1695年7月8日)() は、オランダの数学者、物理学者、天文学者。かつてオランダの25ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクリスティアーン・ホイヘンス · 続きを見る »

クレモナのジェラルド

レモナのジェラルドの著書''Recueil des traites de medecine''(1250-1260)に描かれたイラン人医師アル・ラーズィー クレモナのジェラルド(ゲラルド Gerard of Cremona, Gherardo Cremonese, ラテン語名:ゲラルドゥス・クレモネンシス (Gerardus Cremonensis), 1114年頃 - 1187年)はイタリアの学者。 12世紀に多くのアラビア語の学術書をラテン語に翻訳し、「12世紀ルネサンス」を代表する。 「クレモナのジェラルド」と呼ばれる人物はもう一人いて、こちらは13世紀に薬学の著書を訳した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクレモナのジェラルド · 続きを見る »

クレオメデス

レオメデス(Cleomedes、Κλεομήδης、1世紀頃、生没年不明)はギリシャの天文学者、ストア派の哲学者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクレオメデス · 続きを見る »

クレオストラトス

レオストラトス(Κλεόστρατος、ラテン文字転記:Cleostratus、 紀元前520年頃、1説では紀元前548年 - 紀元前432年)は古代ギリシアの天文学者である。 テネドス島の出身でカルデアの天文学者、ナブリアヌーと同時代の人物である。何人かの学者の説では、バビロニアからギリシャに黄道12宮と太陽暦をもたらしたとされる。ケンソリヌスは著書De Die Nataliのなかで、クレオストラトスが8年間に3回、閏月をおく暦法の「8年法」(octaeteris)を発明したとしている。これはアテネ暦にメトン周期が導入されるまで使われた。16世紀の学者テオプラストスはクレオストラトスがメテュムナのマトリケタスやアテナイのファエイノスと気象観測をしたとしている。1世紀の天体詩Poetica Astronomicaの作者ヒュギーノスはクレオストラタスがぎょしゃ座の2つの星(η星、ζ星)をハエディ(子山羊)と名付けたとしている。 月のクレーターに命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とクレオストラトス · 続きを見る »

クロード・プイエ

クロード・プイエ(Claude Servais Mathias Pouillet, 1791年2月16日 - 1868年6月14日)はフランスの物理学者。電流計や熱量計を発明し太陽からの放射を測定した。 ドゥー県のCusanceに生まれた。高等師範学校で学んだ。高等師範学校の物理学の教授をつとめ、1832年から1848年国立工芸院(Conservatoire National des Arts et Métiers)の副所長などを務めた。 1837年から1838年にかけて、ジョン・ハーシェルとは独立に太陽からの熱量(太陽定数)の最初の計測を行い、1228 W/m2の値を得た。これは現在の値1367 W/m2よりも小さい。(現在の値の半分であったという資料もある)この値を使い、太陽が一定の比熱で熱を失っていくというモデルで、太陽の表面の温度を1800°Cと見積もったが、これはヨーゼフ・シュテファンによって1879年に求められた、現在考えられている値5430°Cよりも非常に低い値であった。 著書に1856年に出版したÉléments de physique expérimentale et de météorologieがある。 Category:フランスの物理学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:フランス国立工芸院の教員 Category:高等師範学校 (フランス)の教員 Category:ドゥー県出身の人物 Category:1791年生 Category:1868年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とクロード・プイエ · 続きを見る »

クーノ・ホフマイスター

バンベルク天文台で働いていた頃のホフマイスター(1915年 - 1918年) クーノ・ホフマイスター(Cuno Hoffmeister, 1892年2月2日 - 1968年1月2日)はドイツの天文学者、天体物理学者。 ザクセン=マイニンゲン公国の、玩具の町として栄えたゾンネベルクで玩具製造者の家に生まれた。幼い頃から天体に興味を示し、家業を継ぐための修業の一方で天文学を独学で学んだ。第一次世界大戦で父親の商売がうまくいかなくなり、1915年にバンベルクの天文台の助手となった。1920年代なかばにゾンネベルク天文台を設立し、長期的な天体の写真観測を行う "Sonneberger Himmelsüberwachung"(ゾンネベルクの空のパトロール)を始めた。天文台は1930年代に財政的理由でプロイセン州の管理となり、ベルリン大学の付属設備となった。戦後、ゾンネベルクは東ドイツの地域になり、ホフマイスターは1943年イェーナ大学の教授となった。ホフマイスターはゾンネベルク天文台で約10,000個の変光星といくつかの小惑星を発見し、彗星(ベスター・ホフマイスター彗星)の共同発見者となった。1968年にゾンネベルクで死去した。 月のクレーターホフマイスターと、小惑星ホフマイスターおよびクーノはホフマイスターの名にちなんで命名されている。 Category:ドイツの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:彗星発見者 Category:フリードリヒ・シラー大学イェーナの教員 Category:1892年生 Category:1968年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とクーノ・ホフマイスター · 続きを見る »

グムンデンのヨハネス

グムンデンのヨハネス(Johannes von Gmunden、1380年か1384年生- 1442年2月23日) は14世紀から15世紀のオーストリアの天文学者、数学者。 オーストリアのグムンデンに生まれた。1365年にウィーンに設立された新しい大学(現在のウィーン大学)で1406年に博士となり、1408年からウィーン大学で天文学の教鞭を執った。古代ギリシャやアラビアの数学や天文学の知識を中部ヨーロッパにもたらした最初の学者の一人である。1437年と1440年に惑星運行表を作成し、ドイツ語で作られた最初の暦を出版した。ウィーンで没した。 アストロラーベや四分儀に関する著作Astrolabii qui primi mobilis motus deprehendur canones がある。 小惑星(15955) ヨハネスグムンデンはヨハネスの名に因んで命名された。 Category:オーストリアの天文学者 Category:15世紀の学者 Category:ウィーン大学の教員 Category:1380年代生 Category:1442年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とグムンデンのヨハネス · 続きを見る »

グリゴーリ・シャイン

リゴーリ・アブラーモヴィチ・シャイン(ロシア語:Григорий Абрамович Шайн、英語:Grigory Abramovich Shajn、またはShayn、Schajnなど、1892年4月19日 – 1956年8月4日)はソビエト連邦の天体物理学者である。ロシア帝国・オデッサ(現ウクライナ領)生まれ。配偶者のペラゲーヤ・フェドロヴナ・シャイン (Пелагея Фёдоровна Шайн)、旧姓サンニコヴァ (Санникова) も天文学者である。ユダヤ系。.

新しい!!: 天文学者の一覧とグリゴーリ・シャイン · 続きを見る »

グレゴリオ暦

レゴリオ暦(グレゴリオれき、、、)は、ローマ教皇グレゴリウス13世がユリウス暦の改良を命じ、1582年10月15日(グレゴリオ暦)から行用されている暦法である。現行太陽暦として世界各国で用いられている。グレゴリオ暦を導入した地域では、ユリウス暦に対比して新暦()と呼ばれる場合もある。紀年法はキリスト紀元(西暦)を用いる。 大辞林 第三版、など。、暦法と紀年法とが混同されている。--> グレゴリオ暦の本質は、平年では1年を365日とするが、400年間に(100回ではなく)97回の閏年を置いてその年を366日とすることにより、400年間における1年の平均日数を、365日 + (97/400)日.

新しい!!: 天文学者の一覧とグレゴリオ暦 · 続きを見る »

グイード・オルン=ダルトゥーロ

グイード・オルン=ダルトゥーロ(Guido Horn-d'Arturo, 1879年2月13日 - 1967年)は、イタリアの天文学者。金星や水星の太陽面通過の観測時に見られるブラック・ドロップ効果の研究などで知られる。 当時オーストリア=ハンガリー帝国領であったトリエステで生まれ、ウィーン大学で天文学を学んだ。トリエステ(1904年 - 1907年)、カターニア(1907年 - 1910年)、トリノ、ローマ大学の各天文台で働いた後、第一次世界大戦ではイタリア軍に志願し、その時に自ら姓にイタリア風のダルトゥーロ(「アークトゥルスの」の意味もある)を加えた。1920年からボローニャ大学の天文学の教授となった。ユダヤ系であったので1938年の人種法により教授職を追われたが、1945年に復帰した。 ボローニャのサン・ヴィットーレ天文台で発見された小惑星 (3744) オルン・ダルトゥーロは、ダルトゥーロに因んで命名された。 Category:イタリアの天文学者 Category:ボローニャ大学の教員 Category:ユダヤ系イタリア人 Category:トリエステ出身の人物 Category:1879年生 Category:1967年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とグイード・オルン=ダルトゥーロ · 続きを見る »

グスタフ・シュペーラー

グスタフ・シュペーラー(Friederich Wilhelm Gustav Spörer、1822年10月23日 – 1895年7月7日)はドイツの天文学者である。太陽黒点の研究を行い、黒点の発生の周期に関するシュペーラーの法則に名前を残している。 ベルリンで生まれた。ベルリン大学で数学と天文学を学んだ。1850年代後半から太陽黒点の研究を始めた。1874年から新設されたポツダム天文台で観測をおこなった。リチャード・キャリントンと独立して、黒点の発生する位置の周期性に関する経験則であるシュペーラーの法則を発見した。歴史的な観測結果の調査から1645年から1715年の間に黒点出現数の少なかった時期があったことを初めて指摘した。現在はマウンダー極小期と呼ばれている。シュペーラーの業績を記念して、1420年から1570年の太陽黒点の極小期はシュペーラー極小期と名付けられた。 Category:ドイツの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ベルリン出身の人物 Category:1822年生 Category:1895年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とグスタフ・シュペーラー · 続きを見る »

グスタフ・ストレームベリ

グスタフ・ストレームベリ(Gustav Benjamin Strömberg 、1882年12月16日 - 1962年1月30日)はスウェーデン生まれで、アメリカ合衆国で働いた天文学者。銀河の構造と回転運動についての研究に業績を残した。 イェーテボリで生まれた。イェーテボリ大学、ストックホルム大学などで学び、ルンド大学で天文学の博士号を得た。1916年にアメリカ合衆国に渡り、翌年ウィルソン山天文台に入り、1937年までウィルソン山天文台で働いた。1923年に銀河の恒星の速度の分布の非対称性に関する論文を発表し、これは銀河回転理論の基礎となった。カリフォルニア州パサデナで没した。 Category:スウェーデンの天文学者 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:イェーテボリ出身の人物 Category:1882年生 Category:1962年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とグスタフ・ストレームベリ · 続きを見る »

ケネス・エッジワース

ネス・エセックス・エッジワース(Kenneth Essex Edgeworth、1880年2月26日 - 1972年10月10日)は、アイルランドの天文学者、経済学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とケネス・エッジワース · 続きを見る »

ゲミノス

ミノス(Γεμῖνος、Geminus of Rhodes、紀元前110年頃 - 紀元前40年頃)はギリシャの天文学者、数学者。生没年ははっきりしていない。彼が学生のために書いた天文学上の著作『天文学序説』は現存している。数学上の著作は後世の著述家による断片的な引用しか残されていない。.

新しい!!: 天文学者の一覧とゲミノス · 続きを見る »

ゲリー・ノイゲバウアー

ェラルド・ノイゲバウアー (ゲリー・ノイゲバウアー、Gerald "Gerry" Neugebauer、1932年9月3日 - 2014年9月26日)はドイツ生まれのアメリカ合衆国の天文学者。赤外線天文学の分野の開拓者として知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とゲリー・ノイゲバウアー · 続きを見る »

ゲオルク・レティクス

ゲオルク・ヨアヒム・レティクス(George Joachim Rheticus または Rhäticus, Rhetikus と表記、1514年2月16日 - 1574年12月4日)、本名ゲオルク・ヨアヒム・フォン・ラオヒェン(Georg Joachim von Lauchen)は、オーストリアの数学者、天文学者。コペルニクスの地動説の概要(Narratio prima)を1540年に公刊し、コペルニクスに『天球の回転について』の出版を強く勧めた。カナ表記はレーティクス、レチクスとされる場合もある。 オーストリアのフェルトキルヒに生まれた。1528年から1531年までチューリッヒで数学を学び、その後ヴィッテンベルクで学んだ。1537年にウィッテンベルク大学の教授となり、1539年から2年間フラウエンブルクでコペルニクスと暮らした。1539年にグダニスクを訪れ、市長の補助を得て、コペルニクスの地動説の『概要』(Narratio prima)を1540年に公刊した。1542年にニュルンベルクに行き、コペルニクスの『天球の回転について』の出版にかかわり、『天球の回転について』はコペルニクスの死の直前の1543年に刊行された。 エルムランド(Ermland)の司祭や司教をパトロンに持ち、ポーランド王ジグムント2世にも仕え、クラクフで長く教師を務めた。1574年にハンガリーのコシツェで没した。 Category:オーストリアの天文学者 Category:オーストリアの数学者 Category:16世紀の学者 140216 Category:ルネサンス・ユマニスト Category:マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクの教員 Category:ニコラウス・コペルニクス Category:神聖ローマ帝国の人物 Category:ポーランド・リトアニア共和国の人物 Category:数学に関する記事 Category:1514年生 Category:1574年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とゲオルク・レティクス · 続きを見る »

ゲオルク・プールバッハ

ルク・プールバッハ(Georg Purbach、1423年5月30日 - 1461年4月8日)は15世紀のオーストリアの天文学者。西洋における観測天文学の父とも呼ばれ、科学機器を発明し、プトレオマイオスの天動説理論『アルマゲスト』を踏まえた『惑星の新理論』を発表している。『アルマゲスト』の翻訳を改訂・修正したレギオモンタヌス(ヨハン・ミューラー)の師である。ポイエルバッハ(Georg von Peuerbach)、プルバキウス(Purbachius)などとも表記される。 オーストリアのリンツに近いポイエルバッハ(Peuerbach)に生まれた。1440年頃ウィーン大学で学位を得た。数学の師はグムンデンのヨハネスとされている。フェラーラの天文学教師ジョヴァンニ・ビアンキーニ(Giovanni Bianchini)やニコラウス・クザーヌスに認められフェラーラで天文学を教えた。1450年にボローニャやパドヴァ大学の教授職、ハンガリー王ラディスラウスの宮廷天文官の席を断ってウィーン大学に戻り、教授となった。最も有名な弟子は後にレギオモンタヌスと称したヨハン・ミューラーである。ウィーンで没した。プールバッハの著書の多くは彼の没後、レギオモンタヌスによって出版された。 基準にする恒星に対する月や惑星の角度を測るための「ヤコブの杖」と呼ばれる器具などの発明者とされる。またユードクソスの同心球宇宙のモデルとプトレマイオスの離心円の宇宙論を統一しようとしたことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とゲオルク・プールバッハ · 続きを見る »

ゲオルク・ザムエル・デルフェル

ゲオルク・ザムエル・デルフェル(Georg Samuel Dörffel、1643年10月11日 - 1688年8月6日)は17世紀のドイツの天文学者。 プラウエンに生まれた。1658年からライプツィヒ、後にイェーナで神学を学んだ。牧師となったが天文学の観測を行った。1663年から1687年の間に彗星に関する論文を含む多くの天文学の論文を発表した。 1680年から1681年に出現した大彗星の観測結果から彗星の軌道が太陽の周りをまわる放物線軌道であると結論した。1682年ハレー彗星の最初の観測者となった。ヴァイダで44歳で没した。デルフェルの業績が知られるようになったのは没後100年を経てからである。月のクレータのひとつに命名されている。また小惑星(4076)デルフェルは彼の名に因んで命名された。 Category:ドイツの天文学者 Category:17世紀の学者 Category:1643年生 Category:1688年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とゲオルク・ザムエル・デルフェル · 続きを見る »

コルネリス・デ・ヤヘル

コルネリス・デ・ヤヘル(1967年) コルネリス・デ・ヤヘル(Cornelis de Jager、1921年4月29日- )はオランダの天体物理学者。太陽物理学の分野の研究者である。 ユトレヒト大学の教授で、1974年にカール・シュヴァルツシルト・メダル、1988年にアメリカ天文学会から太陽物理学部門の George Ellery Hale Prize、イギリス王立天文学会から王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。 Category:オランダの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:ユトレヒト大学の教員 Category:1921年生 Category:存命人物.

新しい!!: 天文学者の一覧とコルネリス・デ・ヤヘル · 続きを見る »

ゴットフリート・キルヒ

ゴットフリート・キルヒ ゴットフリート・キルヒ(Gottfried Kirch またはKirche, Kirkius、 1639年12月18日- 1710年7月25日)はドイツの天文学者である。組織的な天文観測を行った先駆者であり、彗星や星団の発見者である。 ザクセン公国のグーベン(Guben、現ブランデンブルク州)の靴屋の息子に生まれた。ザクセンやフランケンの暦発行者で働き、イェーナで天文学を学ぶようになり、ダンツィヒのヨハネス・ヘヴェリウスのもとで学んだ。1667年にキルヒは暦を発行し、望遠鏡や天体観測器具の製作を行った。 1686年ライプツィヒに移り、クリストフ・アルノルトとともに1686年の大彗星を観測した。ライプツィヒでアルノルトのもとで天文学を学んでいた2度目の妻となるMaria Margarethe Winckelmann (1670-1720)と出会った。1688年には新しい星座 ブランデンブルクのおうしゃく座を作ったが、現在は使われていない。 1700年プロイセンのフリードリヒ1世に招かれ、最初のプロイセン王立科学アカデミーの王室天文学者となった。 おおぐま座の二重星ミザールの観測を行った。1681年にはたて座のM11野鴨星団を発見し、1702年にはへび座の球状星団M5を発見した。1687年には、はくちょう座の変光星(はくちょう座χ星)を発見した。 キルヒの名は、1680年11月14日に発見したキルヒ彗星によって知られている。この彗星は、望遠鏡を使って初めて発見された彗星である。また、1699年の暮れに観測した彗星は、(55P)テンペル・タットル彗星だと20世紀になって同定された。 小惑星(6841)ゴットフリート・キルヒと月のクレーターにキルヒの名が命名された。 Category:ドイツの天文学者 Category:彗星発見者 Category:17世紀の学者 Category:18世紀の学者 Category:1639年生 Category:1710年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とゴットフリート・キルヒ · 続きを見る »

ザルカーリー

アッ=ザルカーリー(Al-Zarqali、Abu Ishaq Ibrahim ibn Yahya Al-Zarqali、Arzachel、Azarquiel、Azarquiel、1028年 - 1087年)は11世紀のアラブ系の数学者、天文学者である。現在のスペイン、アンダルシアのトレドで活躍した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とザルカーリー · 続きを見る »

シモン・マリウス

Simon Marius シモン・マリウス(ラテン語名:Simon Marius、1573年1月10日 - 1624年12月26日)は、ドイツの天文学者、医師。ドイツ語名はジーモン・マイヤー(Simon Mayr)、または「グンツェンハウゼンのマイヤー」(Mayer von Gunzenhausen)ともいう。ガリレオと独立して木星の4つの衛星を発見したと主張していた。 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯領のグンツェンハウゼン出身。1596年の彗星を観測し、同地の主任数学者になった。1605年ころまでパドヴァ大学で医学を学んだ。 1610年ガリレオと同時期に望遠鏡で木星を観測した。1614年マリウスは『De Mundo Joviali』(木星の世界について)を著し、その中でガリレオよりも数日早く木星の主要な4つの衛星を発見したと主張した。これがガリレオとの論争となった。マリウスは同書において1609年の11月末から木星の衛星の観測を開始したと主張していたが、観測記録の日付は12月29日から始まっている。今日では、マリウスはユリウス暦を使用したと考えられており、これをグレゴリオ暦に換算すると翌年の1月8日になる。そのため、ガリレオが先に発見し、その数日後にマリウスが独立して発見したとされている。 木星のガリレオ衛星の名前は、マリウスが与えたものである。木星(ユピテル、ギリシア神話のゼウス)に侍っていることから、ギリシア神話からとったゼウスの愛人たちの名前が付けられた。 その他に、1612年にアンドロメダ銀河を観測したことでも知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とシモン・マリウス · 続きを見る »

シャルル・メシエ

ャルル・メシエ シャルル・メシエ(Charles Messier 、1730年6月26日 - 1817年4月12日)は、フランスの天文学者。星雲・星団・銀河に番号を振り、『メシエカタログ』を作ったことで有名。.

新しい!!: 天文学者の一覧とシャルル・メシエ · 続きを見る »

シャルル・ファブリ

シャルル・ファブリ シャルル・ファブリ(Charles Fabry、1867年6月11日 - 1945年12月11日)はフランスの物理学者、天文学者である。ペローと共にファブリ・ペロー干渉計を発明し、大気上層のオゾン層が太陽からの紫外線を吸収することを発見した。 マルセイユに生まれ、1894年にマルセイユ大学のスタッフとなった。始め光の干渉の研究を行い、1896年アルフレッド・ペローとともに、ファブリ・ペロー干渉計を発明した。太陽や恒星のスペクトルの研究を行い、太陽の紫外線が大気上層のオゾン層によって吸収されることを示した。 1921年にソルボンヌ大学の教授となり、光学研究所(l'Institut d'optique)、高等光学学校(l'Ecole superieure d'optique)の初代の所長となった。著書に Les applications des interférences lumineuses (1923年;「光学干渉の応用」)、Physique et Astrophysique (1935年; 「物理学と天体物理学」)がある。 1918年にランフォード・メダル、1919年にヘンリー・ドレイパー・メダル、1921年フランクリン・メダルを受賞した。 category:フランスの物理学者 category:フランスの天文学者 Category:王立協会外国人会員 Category:パリ大学の教員 Category:エクス=マルセイユ大学の教員 Category:マルセイユ出身の人物 Category:1867年生 Category:1945年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とシャルル・ファブリ · 続きを見る »

シャルル・カミュ

ャルル・エティエンヌ・ルイ・カミュ(Charles Étienne Louis Camus、1699年8月25日 - 1768年2月2日)はフランスの数学者、技術者である。 のクレシー=アン=ブリー(現在のイル=ド=フランス地域圏で生まれた。建築や天文学を学び、1727年科学アカデミーの会員に選ばれた。ロンドン王立協会の会員にも選ばれ、建築アカデミーの幾何学の教授を務めた。1736年にピエール・ルイ・モーペルテュイ、アレクシス・クレローとともに、地球の形状を調べるための子午線弧長を測量するラップランド(トルネ谷)の調査隊に加わった。1766年に彼が著した数学の入門書Cours de mathématiquesは広く用いられた。 歯車とその利用についても研究し、ジラール・デザルグやフィリッペ・ドゥ・ライール、オーレ・レーマーらとともにサイクロイド歯車の発明者であるとされる。 またアルベール・カミュ(俗に言うアルバイト)のラテン語読みである.

新しい!!: 天文学者の一覧とシャルル・カミュ · 続きを見る »

シャルル=ウジェーヌ・ドロネー

ャルル=ウジェーヌ・ドロネー(Charles-Eugène Delaunay、 1816年4月9日 - 1872年8月5日)はフランスの天文学者、数学者である。 フランスのリュジニー・シュル・バルス(Lusigny-sur-Barse)で生まれた。ソルボンヌ大学でジャン=バティスト・ビオに学んだ。三体問題の特別な場合である月の運動力学の研究を行った。月の位置を求めるために無限数列を用いたが、収束が遅く実用的に用いることはできなかったが、関数解析のため進歩に貢献した。1870年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1870年パリ天文台の所長となったが2年後シェルブールでボートの事故で水死した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とシャルル=ウジェーヌ・ドロネー · 続きを見る »

シャーバーン・バーナム

ャーバーン・バーナム(Sherburne Wesley Burnham, 1838年12月12日 – 1921年3月11日)はアメリカのアマチュア天文学者。多くの二重星を発見し二重星のカタログを出版した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とシャーバーン・バーナム · 続きを見る »

シュリニヴァス・クルカルニ

ュリニヴァス・クルカルニ(Shrinivas Kulkarni、1956年10月4日 - )はインド生まれで、アメリカ合衆国で研究している天文学者である。現在カルフォルニア工科大学の天文学と惑星科学の教授をしており、同大学の光学天文台長でもある。パロマー天文台やケック天文台等などの運営にもあたっている。 ADSによれば、2015年末までに約480の論文を発表しており、そのうち63はネイチャーのレター、7はサイエンスのレターという業績をあげた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とシュリニヴァス・クルカルニ · 続きを見る »

シドニー・チャップマン

ドニー・チャップマン(Sydney Chapman、1888年1月29日 – 1970年6月16日)はイギリスの地球物理学者、天文学者である。磁気圏形成の理論や、大気化学における成層圏でのオゾン層形成機構、気体分子運動論の基礎となるチャップマン=エンスコッグ理論などに貢献した。 マンチェスターに生まれ、サルフォード大学、マンチェスター大学、ケンブリッジ大学で学んだ。1910年からグリニッジ天文台の助手に採用され、地磁気に対する太陽と月の影響を研究し、1913年にスミス賞を受賞した。1919年にマンチェスター大学の教授となり1924年にロンドンのインペリアル・カレッジの数学の教授となった。1946年から1953年までオックスフォード大学の教授を務めた。1919年王立協会フェロー選出。 彼の功績を称えて、小惑星(2409)チャップマンが彼の名を取り命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とシドニー・チャップマン · 続きを見る »

ジャマールッディーン

ジャマールッディーン(アラビア語・ペルシア語:جمال الدين Jamāl al-Dīn, ? - 1301年)は、モンゴル帝国時代のイラン出身の天文学者。『元史』漢字表記は札馬剌丁。モンゴル皇帝モンケ、クビライに仕え、元の首都大都(現在の北京)にイスラム天文学の様式による天文台・回回司天台を建設した。 東アジアに来る以前のことは不詳であるが、『集史』などのペルシア語史料にモンゴル帝国のフレグに仕え、のちにモンケに招請されてカラコルムに赴いた天文学者ジャマールッディーン・ムハンマドの名が見え、同一人物とみられる。 中国の史料によれば、ジャマールッディーンはモンケの弟クビライが即位以前の王子だった時代に招かれて中国に至り、ともに招請された他の天文学者と協力して天体観測にあたった。クビライ即位後の1267年に観測結果を『万年暦』にまとめて西アジア式の天文観測器具とともに献上し、1271年には大都に建設された回回天文台の長官(提点)に任命された。回回は元代の用語でムスリム(イスラム教徒)のことで、伝統的な中国式の天文台である司天監とは別に設置されたためにこのように呼ばれる。彼らが持ち込んだ西アジアの優れた天文学は中国式の天文学にも影響を与え、元を倒した明も回回天文台を継承している。また、1280年に郭守敬が編纂し、明末にヨーロッパから新しい天文観測法が伝えられるまで用いられた授時暦はジャマールッディーンによる回回司天台の観測結果をもとにすると言われている。 1273年には司天監の上級官庁である秘書監の長官(知秘書監事)を兼任し、西アジア式の天文観測のみならず全ての天文、暦、図書の官吏などを兼ねる重職に就任するなど、西域(西アジア)の進んだ科学技術(アラビア科学)に通じた学者官僚として重用された。ジャマールッディーンら西アジア出身者(色目人)の学者が勤めた元朝の秘書監には、中国伝来の陰陽・科学の書だけではなく、西アジア経由のギリシャ・イスラム科学や数学の書がもたらされたことが知られている。 没年は不詳であるが、1301年に別の西域出身者が回回天文台の長官に任命されたことが記録に残っているので、この頃に没したとするのが通説である。 Category:イランの天文学者 Category:ペルシアの天文学者 Category:モンゴル帝国の人物 Category:元代の人物 Category:クビライ Category:12世紀の学者.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャマールッディーン · 続きを見る »

ジャネット・アクユズ・マッテイ

Janet Akyüz Mattei ジャネット・アクユズ・マッテイ(Janet Akyüz Mattei、1943年1月2日 - 2004年3月22日) はトルコ生まれでアメリカ合衆国で活躍した天文学者である。1973年から2004年の間アメリカ変光星観測者協会(American Association of Variable Star Observers)の会長を務めた。 トルコのボドルムでユダヤ人の家庭に生まれた。 イズミルで学んだ後、アメリカ、マサチューセッツ州ウォルサム市にあるブランダイス大学に留学した。ドーリット・ホフライトによってマサチューセッツ州のマリア・ミッチェル天文台での職をえた。1982年にトルコのエーゲ大学から博士号を得た。 30年以上にわたり、AAVSOで、世界中のアマチュア天文家の観測結果を集めた。また重要なプロの天文学者とアマチュア天文学者の間のプロジェクトを組織した。教育の分野にも熱心に取り組んだ。ボストンで没した。 以下の多くの賞を受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャネット・アクユズ・マッテイ · 続きを見る »

ジャン・リシェ

ャン・リシェ(Jean Richer,1630年-1696年)はフランスの天文学者である。ジョヴァンニ・カッシーニとともに、離れた2観測点で火星と恒星の視差を同時測定して地球から太陽までの距離を求めるなどの業績をあげた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン・リシェ · 続きを見る »

ジャン・ピカール

ャン・ピカール(Jean-Felix Picard 、1620年7月21日 – 1682年7月12日)は、フランスの天文学者、司祭である。1669年に最初の本格的な三角測量を行った最初の人物として知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン・ピカール · 続きを見る »

ジャン・シャップ・ドートロシュ

ジャン・シャップ・ドートロシュ(Jean Chappe d´Auteroche、1722年 - 1769年8月1日)はフランスの天文学者。 フランス中部オーヴェルニュ地方のカンタル県モーリアックで生まれた。カッシーニに学び、パリ天文台で働いた。1761年、科学アカデミーの委嘱を受け、西シベリアのトボリスクで金星の日面通過の観測をおこなった。トボリスクまでの行程の模様は『シベリア旅行記』(Voyage en Siberie)として1768年に出版された。1769年、金星の日面通過観測のために観測隊を率いてメキシコのバハ・カリフォルニア州に赴いたが、観測地には伝染病が広がっており、観測隊28名のうち21名が死亡する結果となった。シャップ自身も観測終了後に没した。 Category:18世紀の学者 category:フランスの天文学者 Category:フランス科学アカデミー会員 Category:パリ天文台の人物 Category:1722年生 Category:1769年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン・シャップ・ドートロシュ · 続きを見る »

ジャン・シャコルナク

ジャン・シャコルナク(Jean Chacornac, 1823年6月21日、リヨン - 1873年9月23日、ヴィルールバンヌ)は、フランスの天文学者。 マルセイユ天文台でバンジャマン・バルツ(Benjamin Valz)の助手を務めたのち、パリ天文台に勤務した。小惑星、彗星、黒点の研究を行い、生涯で6個の小惑星を発見した。 月の晴れの海と夢の湖の境界付近に位置するシャコルナク・クレーターや、火星と木星の間の小惑星帯を周回する小惑星シャコルナクは、彼にちなんで名づけられた。 Category:フランスの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:19世紀の自然科学者 Category:リヨン出身の人物 Category:1823年生 Category:1873年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン・シャコルナク · 続きを見る »

ジャン=バチスト・モラン

ジャン=バチスト・モラン(Jean-Baptiste Morin 、ラテン名: Morinus、1583年2月23日 - 1656年11月6日)はフランスの数学者、占星術師、天文学者。 ボジョレー地方のヴィルフランシュ(現ヨンヌ県内)に生まれた。16歳からエクス=アン=プロヴァンスで科学を学んだ。1611年からアヴィニョン大学で薬学を学び、翌年学位を得た。1613年から1621年の間ブーローニュの司祭に雇われ、この間ドイツやハンガリーを旅した。司祭付の占星術師を務めるかたわら鉱山で金属の研究を行った。その後1629年までルクセンブルク公に雇われた。1624年に defense of Aristotleを出版した。光学の分野の研究も行い、占星術の研究も行った。ピエール・ガッサンディとともに天文学の観測を行った。1630年にコレージュ・ロワイエの教授に任命され終生その地位を保った。 堅固な天動説の信奉者で、ガリレオとガリレオの説の反対者であった。ガリレオ裁判の後もガリレオを攻撃した。論争好きで、デカルトと1638年にあった後には、デカルトの理論を攻撃した。これらの行動がモランを科学界で孤立させた。 経度の測定方法は当時航海上の重要問題で各国で懸賞がかけられていた。モランは1634年に月の運行表から求める方法を提案した。月の星座に対する位置を用いる月距法の改良で、より正確な測定装置や月の視差の補正を加えたものである。正確な時計を用いることを提案したゲンマ・フリシウスの方法を信じなかった。モランの提案が実用的かどうかの判定はリシュリューによって、設けられたパスカル、ミドルジュ、エリゴーンらの委員会によって行われ、委員会と5年間に渡って論争することになった。1645年にリシュリューの後任のジュール・マザランによって2,000リーヴルの賞金が与えられた。 占星術の分野で晩年『ガリア占星術』(Astrologia Gallica)を著した。出版されたのは、死後の1661年である。 Category:フランスの数学者 Category:フランスの天文学者 Category:17世紀の学者 Category:フランスの占星術師 Category:コレージュ・ド・フランスの教員 Category:1583年生 Category:1656年没 Category:数学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン=バチスト・モラン · 続きを見る »

ジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブル

ジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブル(Jean-Baptiste Joseph Delambre、1749年9月19日 – 1822年8月19日)はフランスの数学者、天文学者。メートルの基準をきめるための測量を行った1人である。 フランス北部の都市アミアンで生まれた。子供時代の熱病により眼をいため、数年で失明すると宣告された。本を読めなくなる恐れから、記憶に留めるために多くの本をむさぼり読んだ。ギリシア語、ラテン語の書物を耽読し、イタリア語、英語、ドイツ語に堪能となり、Règles et méthodes faciles pour apprendre la langue anglaise(『英語を簡単に学ぶ方法』)を出版した。後に数学を学んだ。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブル · 続きを見る »

ジャン=ルイ・ポン

ャン=ルイ・ポン(Jean-Louis Pons、1761年12月24日 – 1831年10月14日) はフランスの天文学者である。1801年から1827年にかけて37個の彗星を発見した。これは歴史上の彗星発見者の中で最多である。姓はポンスとも表記する。 ポンはフランス・オート=アルプ県のペイル(Peyre)に生まれた。家は貧しかったが独学で天文学を学んだ。1789年にマルセイユ天文台に入り、1819年にはイタリアのルッカ近くに作られた新しい天文台の所長となった。1825年にフィレンツェのスペコーラ博物館付属天文台に移った。1818年には1年間に3個の彗星を発見した功績により、フランス科学アカデミーからラランド賞を受賞した。1827年から視力が衰え始め、1831年に引退して間もなくフィレンツェで没した。彼が残した資料は、現在フィレンツェのガリレオ博物館に保管されている。 ポンは5個の周期彗星を発見しているが、今日彼の名前で呼ばれているのはそのうち3個である。彼の発見した周期彗星の一つに、1818年11月26日に発見したエンケ彗星がある。エンケ彗星は後にその軌道を計算し、非常に短い周期をもつことを示したヨハン・フランツ・エンケの名前が付けられた。ポンはクロンメリン彗星も共同発見しており、この彗星は以前は Pons-Coggia-Winnecke-Forbes 彗星と呼ばれていた。現在は軌道を計算したアンドリュー・クロンメリンの名前がつけられている。ポンの名前が付いている周期彗星は 7P/ポンス・ヴィネッケ彗星、12P/ポンス・ブルックス彗星、そして1827年に発見したが行方不明となり、2012年に再発見された273P/ポンス・ガンバール彗星である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン=ルイ・ポン · 続きを見る »

ジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー

ャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー(Jean Phillippe Loys de Chéseaux 、1718年 5月4日– 1751年11月30日)はスイスのローザンヌ出身の天文学者である。1746年、フランス科学アカデミーに自ら発見した8個の新しい星雲を含む星雲の表を提出した。星雲の表は1759年にギヨーム・ル・ジャンティによって記録され、1892年にギヨーム・ビゴルダンによって出版された。 シェゾーは2つの彗星を発見している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー · 続きを見る »

ジャン=シルヴァン・バイイ

ャン=シルヴァン・バイイ(Jean-Sylvain Bailly, 1736年9月15日 – 1793年11月12日)は、フランスの天文学者。フランス革命で活躍した政治家でもある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャン=シルヴァン・バイイ · 続きを見る »

ジャック・バビネ

ジャック・バビネ(Jacques Babinet、 1794年3月5日 - 1872年10月21日) はフランスの物理学者、数学者、天文学者である。光学の分野などの業績で知られる。 フランス中部ヴィエンヌ県のリュジニャン(Lusignan)で生まれた。初め法律を学んだが、科学に転じた。ソルボンヌ大学、コレージュ・ド・フランスの教授を務め、1840年にパリ王立科学アカデミーの会員に選ばれた。経度局(Bureau des Longitudes)の司書を務めた後、天文学者としてパリ天文台に勤務した。 バビネの業績には、1827年にカドミウムからの赤色の光の波長によって、オングストロームの長さの定義を標準化したこと、光の回折における、バビネーの原理、すなわち回折をおこさせるスクリーンのパターンが完全に逆の2つのスクリーンは同じ回折パターンを生じることを示した。光の波長を長さの標準として用いる提案をしたのはバビネーであり、このアイデアは後に長さの標準として実際に用いられた。 多くの実験機器、測定機器を発明し、その中には湿度計、真空ポンプ、ゴニオメーターやバビネ補償機(コンペンセーター)が含まれる。バビネ・コンペンセーターは2組の水晶の楔を組合わせることによって偏光成分の位相差を補償するのに用いられる。 地図の図法の分野では、モルワイデ図法の別名としてのバビネ図法としてその名が知られている。 Category:19世紀の自然科学者 Category:フランスの物理学者 Category:フランスの数学者 Category:フランスの天文学者 Category:フランス科学アカデミー会員 Category:コレージュ・ド・フランスの教員 Category:パリ大学の教員 Category:パリ天文台の人物 Category:数学に関する記事 Category:天文学に関する記事 Category:1794年生 Category:1872年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャック・バビネ · 続きを見る »

ジャック・カッシーニ

ャック・カッシーニ(Jacques Cassini、1677年2月18日 - 1756年4月8日)は、フランスの天文学者、測地学者である。ジョヴァンニ・カッシーニの息子である。 父親の働くパリ天文台で生まれた。パリ天文台、及びパリ大学に属していたコレージュ・マザラン (collège Mazarin) で学んだ。17歳のときに科学アカデミーのメンバーに選ばれ、1698年にロンドン王立協会の会員に選ばれた。 1712年に父の後を継いで、パリ天文台の所長となった。太陽、月、惑星、木星と土星の衛星の正確な運行表を作成し、恒星の固有運動について業績をあげた。 1713年からフランスを南北に縦断するダンケルクと、ペルピニャン間と東西に横断する測量を行い、その結果を『地球の大きさと形状』(、1720年)として発表した。測量結果と、当時支持者のあったデカルトの渦動説(星や惑星の自転や公転を流体の接触力から説明する説)からカッシーニは地球が南北に長い回転楕円体(長球)であるとした。ブーゲーら、ニュートンの理論から予想される南北に扁平な回転楕円体(扁球)であるとする人々と論争となり、後に1735年、科学アカデミーによってラップランド(トルネ谷)とペルーへ測量遠征隊が派遣され、実際に子午線弧長の測量が行われることになり、ニュートンの理論の正しいことが証明されることになった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャック・カッシーニ · 続きを見る »

ジャビール・イブン・アフラ

ャビール・イブン・アフラまたはアフラフ(Jabir ibn Aflah al-Ishbili Abu Muhammad またはGabir ben Aflah、ラテン語表記ではGeber Hispalensis、1100年頃 - 1160年頃)は12世紀のスペインで活躍したアラビア系の天文学者、数学者である。 数学の分野では三角法などについての著書、天文学においてはプトレマイオス天文学を批判した著書がクレモナのジェラルドによってラテン語に翻訳され、ヨーロッパの学問の進歩に影響を与えた。 アフラの生涯については知られていないが、名前のal-Ishbiliからセビリャで生まれたと推定される。著書『アルマゲストの訂正』(Islah al-Majisti) で知られ、これには天文機器のトルクエタムや渾天儀についてかかれ、プトレマイオスの天体モデルについての批判が著されている。これらの考えがアフラによるものか、その他のイスラム学者によるものかは明らかではない。アフラの著書はイスラム世界や翻訳を通じてヨーロッパの科学の進歩に貢献した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャビール・イブン・アフラ · 続きを見る »

ジャイ・シング2世

ャイ・シング2世(Jai Singh II, 1688年12月3日 - 1743年9月21日)は、北インドのラージャスターン地方、アンベール王国(ジャイプル王国)の君主(在位:1699年 - 1743年)。ムガル帝国の政治家・武将でもある。サワーイー・ジャイ・シング(Sawai Jai Singh)とも呼ばれる。 彼は18世紀におけるもっとも際立ったラージプートの王であり、また優れた政治家、立法者、改革者、科学者でもあった。1727年に王国の首都をアンベールからジャイプルへと遷都し、そこに展望台なども建築したことでもよく知られている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャイ・シング2世 · 続きを見る »

ジャコーモ・フィリッポ・マラルディ

ャコーモ・フィリッポ・マラルディ(Giacomo Filippo Maraldi、またはJacques Philippe Maraldi、1665年8月21日 - 1729年12月1日)はイタリア生まれで、フランスで活躍した天文学者。イタリア、ジェノヴァ共和国のペリナルドに生まれた。ジョバンニ・カッシーニの甥で、1687年から1718年の間パリ天文台で働いた。マラルディの甥、ジャン・ドミニク・マラルディも天文学者である。 1700年から1718年の間、カッシーニとともに 星表の作成に携わり、1672年から特に火星の観測を行った。天文学上の業績は火星の極冠が火星の自転軸の真上にないこと、日食のコロナが太陽の現象で月の表面の現象でないことを示したこと、うみへび座R星が変光星であることを発見したことなどがある。 また、パリ子午線に沿った子午線弧長の測量にも携わっている。 数学の分野では1712年に 菱形十二面体の面の頂角が109 度28分であることを示したことで知られる。これは現在も「マラルディの角度」と呼ばれている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジャコーモ・フィリッポ・マラルディ · 続きを見る »

ジュゼッペ・ピアッツィ

ュゼッペ・ピアッツィ ジュゼッペ・ピアッツィ(Giuseppe Piazzi, 1746年7月7日 - 1826年7月22日)は、イタリアの天文学者であり、数学者、神学者でもあった。1781年、シチリアに自身で設立したパレルモ天文台の天文台長に就任した。歴史上初めて小惑星を発見したことで有名である。ポンテ・イン・ヴァルテッリーナに生まれ、ナポリにて没。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジュゼッペ・ピアッツィ · 続きを見る »

ジョルジュ・ライエ

ジョルジュ・ライエ(Georges Antoine Pons Rayet、1839年12月22日 - 1906年6月14日)はフランスの天文学者。シャルル・ウォルフとともに、ウォルフ・ライエ星と呼ばれる通常の恒星と異なるスペクトルをもつ星を発見した。 ボルドーに生まれた。高等師範学校を卒業し、1863年からパリ天文台ではたらいた。天文学の他、気象学の研究を行った。パリ天文台で1866年に出現した新星のスペクトルの観測中に、従来見られていないスペクトルを検出した。ライエとウォルフは同様なスペクトルを定常的に発している恒星を探し、1867年にはくちょう座の銀河の中にいわゆるウォルフ・ライエ星を発見した。ウォルフ・ライエ星は大質量星の一生の末期の姿であり、やがて超新星爆発を起こすものと考えられている。 ボルードー天文台を設立し、所長を25年以上にわたって務めた。 Category:フランスの天文学者 Category:ボルドー出身の人物 Category:1839年生 Category:1906年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョルジュ・ライエ · 続きを見る »

ジョルジュ・ルメートル

ョルジュ=アンリ・ルメートル(Georges-Henri Lemaître、1894年7月17日 - 1966年6月20日)は、ベルギー出身のカトリック司祭、宇宙物理学者、天文学者。アレクサンドル・フリードマンに次いで膨張宇宙論を提唱した。 ルメートルは宇宙創生の理論であるビッグバン理論の提唱者とされている。彼自身は自らの宇宙の起源に関する説を 'hypothesis of the primeval atom'(原始的原子の仮説)と呼んでいた。彼が1927年から1933年にかけて発表した理論は特にアルベルト・アインシュタインの一般相対性理論に基づいたものであった(しかし当時のアインシュタインはまだ定常宇宙モデルを信じていた)。 ルメートルは宇宙線こそが宇宙初期の爆発の名残であると考えていた(現在では宇宙線は銀河系内に起源を持つと考えられている。)ルメートルは宇宙年齢を100億年から200億年の間であると見積もっていた。この値は現在の最新の観測から得られた値と整合している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョルジュ・ルメートル · 続きを見る »

ジョン・マーチン・シェバーリ

ョン・マーチン・シェバーリ(John Martin Schaeberle、1853年1月10日 - 1924年9月17日)はドイツ生まれの、アメリカ合衆国の天文学者。ドイツ語名、ヨハン・マルチン・シェバーレ(Johann Martin Schäberle) であるが、幼い時にアメリカ合衆国に帰化した。アメリカ式に John M. Schaeberleと書かれるが、家族友人からはマーチンと呼ばれた。 ミシガン大学でジェームズ・クレイグ・ワトソンに学んだ後、1878年から1888年まで、ミシガン大学で働いた。私設の観測所をつくり、3つの彗星を発見した。1888年からリック天文台の最初の観測メンバーとなった。 日食観測用のSchaeberle cameraなど各種の天文機器を考案した。1888年にプロキオンの伴星を発見した。1897年からリック天文台の台長をつとめたが、1898年にジェームズ・エドワード・キーラーに台長をゆずって引退した。 月のクレータ、火星のクレータに命名されている。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:1853年生 Category:1942年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・マーチン・シェバーリ · 続きを見る »

ジョン・ハーシェル

ー・ジョン・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル準男爵(Sir John Frederick William Herschel, 1st Baronet、1792年3月7日 - 1871年5月11日)は、イギリスの天文学者、数学者。ナイト勲爵士(KH)、王立協会フェロー(FRS)。 天王星を発見した天文学者ウィリアム・ハーシェルの息子として、ウィンザー郊外のスラウで生まれる。イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学に入学し、1813年に卒業。1834年から1838年に帰国するまでの4年間、ケープ植民地(後の南アフリカ共和国)のケープタウンで、北半球からは観測できない南天の天体を観察、記録を残した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ハーシェル · 続きを見る »

ジョン・ハドリー

ョン・ハドリー ジョン・ハドリー(John Hadley、1682年4月16日 - 1744年2月14日)はイギリスの天文学者、数学者。1717年に王立協会の会員になり、1721年に最初にニュートン式の反射望遠鏡を実用化した。1731年に八分儀を発明した。 ハートフォードシャーのw:Barnetに生まれた。兄弟に気象学者のジョージ・ハドリーなどがいる。甥の同名のジョン・ハドリー(1731年 - 1764年)は化学者で1758年に王立協会の会員にえらばれている。ニュートンによって構造が提案された反射望遠鏡を実用化するために、球面の研磨法や評価法を改善して、1721年に当時の望遠鏡より鮮明な像が得られ、操作性にすぐれた反射望遠鏡を完成した。これは後のジェームズ・ショートによってより大型の反射望遠鏡が製作される基礎となった。また1730年頃、航海のために緯度を計測する八分儀を発明した。これはアメリカのトーマス・ゴッドフリーによって独立に発明された六分儀に先んじたものである。 月の地名、ハドリー山、ハドリー谷、ハドリー溝(Hadley Rille)にハドリーの名が命名されている。ハドリー溝の近くがアポロ15号の着陸地点に選ばれた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ハドリー · 続きを見る »

ジョン・ハインド

ョン・ハインド ジョン・ラッセル・ハインド(John Russell Hind, 1823年5月12日 - 1895年12月23日)は、イギリスの天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ハインド · 続きを見る »

ジョン・ポール・ワイルド

ョン・ポール・ワイルド(John Paul Wild、 1923年5月17日 -2008年5月10日)はイギリス生まれでオーストラリアで活躍した電波天文学者である。太陽の電波の研究に貢献した。 イギリスのシェフィールドで生まれた。ケンブリッジ大学で学んだ。第2次世界大戦中はイギリス海軍でレーダー士官を務め、1947年から豪州連邦科学産業研究機構(CSIRO:Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)の研究員となり、1961年からCSIROカルグーラ太陽天文台の所長を務め、1978年から1985年までCSIROのチェアマンを務めた。1970年王立協会フェロー選出。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ポール・ワイルド · 続きを見る »

ジョン・ロッテスリー

2代ロッテスリー男爵ジョン・ロッテスリー(John Wrottesley, 2nd Baron Wrottesley、1798年8月5日 – 1867年10月27日)は、イギリスの天文学者である。二重星のカタログを作成した。王立天文学会の創立メンバーで1841年から1842年の間、会長を務めた。 ブラックヒースの天文台で観測を始め、12,000以上の天体を記録し、1938年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。ロッテスリー男爵を1841年に継ぐと、スタッフォードシャーの邸宅に観測所を建設し観測を行った。1841年に王立協会のフェローに選出され、1854年から1858年まで会長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ロッテスリー · 続きを見る »

ジョン・ボルトン (天文学者)

ョン・ボルトン(John Gatenby Bolton、1922年6月5日 - 1993年7月6日)はイギリス・シェフィールド生まれで、オーストラリア、アメリカ合衆国などで活躍した電波天文学者である。1947年におうし座A(かに星雲)などが電波源であることを同定した。 ケンブリッジ大学で学んだ後、第二次世界大戦中はイギリス海軍に入り、戦後はオーストラリアに留まり、電波望遠鏡の改良をおこなった。海面からの反射を利用する干渉法により、電波望遠鏡の分解能を高め、電波源を同定した。オーウェンズバレー電波天文台、パークス天文台の所長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ボルトン (天文学者) · 続きを見る »

ジョン・ブリンクリー

ョン・ブリンクリー(John Brinkley、1763年頃 - 1835年9月14日)はイギリスの天文学者で、聖職者である。初代のアイルランドの王立天文官(Royal Astronomer of Ireland)となり、晩年、の主教に任じられた。 生年は知られていないが、サフォーク州のに生まれた。ケンブリッジ大学ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジで奨学生()として学び、1788年にとスミス賞を獲得して卒業。1792年にダブリン大学の天文学のアンドリュー教授職についた。アンドリュー教授職はブリンクリーが任じられた1792年からアイルランドの王立天文官の称号を得た。1827年までその職にあった。 1803年に王立協会のフェローに選出され、1808年に天文学の教科書、Elements of Plane Astronomy を発表し、1824年に王立協会のコプリ・メダルを受賞した。 章動の測定などを行ったが、それらの測定値は、同時代の王立天文官のジョン・ポンドによって訂正された。1826年にクロインの主教に任じられ、アイルランドの王立天文官の職はウィリアム・ローワン・ハミルトンに引き継がれた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ブリンクリー · 続きを見る »

ジョン・パークハースト

ジョン・パークハースト(John Adelbert Parkhurst、1861年9月24日 - 1925年3月1日)はアメリカ合衆国の天文学者。 イリノイ州ディクソンに生まれた。ローズ工業大学を卒業し、数学の教鞭を執った。その後イリノイ州のマレンゴーに戻った。小さい私設の天文台をつくり変光星の観測を行った。1897年にウィスコンシン州にヤーキス天文台が設立されると、ボランティアの観測助手となり、1900年までには正式の助手となった。ヤーキス天文台で25年働き、後にシカゴ大学の助教授となった。 最も重要な業績は恒星の光度に関するもので、恒星の光度、スペクトル型の分類をおこなった。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:シカゴ大学の教員 Category:イリノイ州リー郡出身の人物 Category:イリノイ州の人物 Category:1861年生 Category:1925年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・パークハースト · 続きを見る »

ジョン・フラムスティード

ョン・フラムスティード(John Flamsteed, 1646年8月19日 - グレゴリオ暦1719年1月12日(ユリウス暦1718年12月31日))は、イギリスの天文学者。ケンブリッジ大学に学ぶ。フラムスチードと表記されることも多い。 1666年と1668年に起きた日食を正確に予言した。これらの功績が認められ、1675年3月4日、初代の「イングランド王室天文官 (Astronomer Royal for England)」に任命される。給料は年100ポンド。同年6月、任地のグリニッジ天文台はフラムスティード本人の手により工事が開始される。しかし、この天文台は完成後も観測器具はおかれず、フラムスティードは自費で器具を揃えた。足りない分は給料から、それでも足りない分は、副業で家庭教師をしたり、寄付でまかなった。観測器具の設計に当たっては、ティコ・ブラーエの著書を参考にし、それを望遠鏡用に改変した。フラムスティード本人はティコにちなんで自らを「宮廷付占星術師」と呼んだが、この呼称は普及しなかった。代わりに人は彼をグリニッジ天文台長と呼んだ。このため、現代のイギリス英語でも王室天文官 (Astronomer Royal) はそのままグリニッジ天文台長を指す称号として使われた。(なお、1970年代以降、王室天文官とグリニッジ天文台長が別人の時代が存在するため、この2語は正確には同義ではない) 1676年2月、王立協会フェローとなる。同年、サリーのバーストー教区僧侶となりそこに住む。1684年、グリニッジに移住。 アイザック・ニュートンは、『自然哲学の数学的諸原理』(1687年)の出版にあたり、フラムスティードの観測記録を要求した。フラムスティードはこれに答えて記録を送ったが、この観測記録はニュートンの理論に合わず、ニュートンはフラムスティードが観測記録を送ってくるのが遅く、さらに故意に誤った記録を送ってきたとして非難した。しかし、実際には、地球と月の関係はニュートンの考えたような単純な2つの質点間の関係では表せず、もっと違う要素が必要なことがニュートンの死後に判明する。 フラムスティードは観測記録を『天球図譜』として出版しようと試みるが、ニュートンとエドモンド・ハレーは、フラムスティードの仕事が遅く、完成の見込みがないと判断して、新しい観測記録ではなく、手元にあったフラムスティードの古い不正確な観測記録を元に勝手に王立協会版『天球図譜』を1712年に出版した。フラムスティードは裁判に訴え、勝訴した。王立協会版『天球図譜』の在庫はすべてフラムスティードに渡され、フラムスティードはグリニッジ天文台でこれを焼却した。また、フラムスティードは、図書館等が購入した王立協会版『天球図譜』も可能な限り回収して焼却した。これでニュートンとの決裂は決定的なものとなった。ニュートンは、『自然哲学の数学的諸原理』第2版から、フラムスティードの名をほとんど削除した。 王立協会の協力が得られないと知ったフラムスティードは、自費で『天球図譜』の発刊を試みるが、生前には出版できなかった。これは没後、1725年から1729年にかけて、フラムスティード夫人らによって刊行された。 1719年、グリニッジにて死す。1720年、サリーのバーストーに葬られた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・フラムスティード · 続きを見る »

ジョン・ドレイヤー

ョン・ドレイヤー ジョン・ドレイヤー(John Louis Emil Dreyer、デンマーク名 Johan Ludvig Emil Dreyer、1852年2月13日 – 1926年9月14日)はデンマーク生まれでアイルランドで活動した天文学者である。ウィリアム・ハーシェルらが作った連星、星雲、星団のカタログを追補してニュージェネラルカタログを作成した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ドレイヤー · 続きを見る »

ジョン・ウィンスロップ (天文学者)

ョン・ウィンスロップ (John Winthrop, 1714年12月19日 - 1779年5月3日) は、アメリカ合衆国の天文学者、地震学者である。先祖に、マサチューセッツ湾植民地の創設者である同名のジョン・ウィンスロップがいる。ハーバードカレッジの数学と自然科学の2代目のホリス教授職を務めた。 マサチューセッツ州ボストンに生まれた。ハーバードカレッジを1732年に卒業し、1738年から没するまでハーバードの教授を務めた。18世紀の当時ヨーロッパに比べて遅れていたニュー・イングランドの科学の発展に寄与したひとりで、ベンジャミン・フランクリンやランフォード伯爵に科学に対する興味をもたせた人物であると思われる。王立協会のメンバーと常に交流を持ち、ヨーロッパで評価を得た最初のアメリカの知識人の一人である。1766年には王立協会のフェローに選出されている。1755年のリスボン大地震の科学的な説明を行った著書などで知られる。1740年と1761年に水星の日面通過の観測を行った。カナダのノバスコシア州での金星の日面通過の観測隊をひきい、これはアメリカ合衆国で最初の国外への科学観測隊であったと思われる。 ハーバード大学の学長代行を1769年からと1773年から務めたが、年齢的な理由で学長になることは辞退した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・ウィンスロップ (天文学者) · 続きを見る »

ジョン・エヴァシェッド

ジョン・エヴァシェッド(またはエバーシェッド、John Evershed、1864年2月26日 – 1956年11月17日)はイギリスの天文学者。太陽黒点のまわりのガスの流れ(エバーシェッド効果、エバーシェッド流)を観測した。 サリーのw:Gomshallで生まれた。1906年から南インドの高原にあるコダイカナル天文台の副所長となり、後に所長となった。1909年、いわゆるエバーシェッド効果を発見した。太陽黒点周囲のガス螺旋状に吸い込まれているために黒点の周りのスペクトルの暗線が湾曲する現象である。1918年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。サリーのEwhurstで没した。月のクレーターに名前が残されている。 Category:イギリスの天文学者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:1864年生 Category:1956年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・エヴァシェッド · 続きを見る »

ジョン・オーガスト・アンダースン

ョン・オーガスト・アンダースン(John August Anderson 、1876年8月7日 - 1959年12月2日)はアメリカ合衆国の天文学者。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・オーガスト・アンダースン · 続きを見る »

ジョン・クーチ・アダムズ

ョン・クーチ・アダムズ(またはアダムス、John Couch Adams、1819年6月5日 - 1892年1月21日)はイギリスの数学者、天文学者である。海王星の軌道を計算しその位置を予測したことで知られる。数学の分野で常微分方程式のアダムズの解法や、数学分野のアダムズ賞などに名前が残っている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・クーチ・アダムズ · 続きを見る »

ジョン・グッドリック

ョン・グッドリック(John Goodricke, 1764年9月17日 - 1786年4月20日)はオランダ出身のアマチュア天文学者である。オランダのフローニンゲンに生まれたが、一生の大部分をイギリスで過ごした。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・グッドリック · 続きを見る »

ジョン・C・マザー

ョン・クロムウェル・マザー(John Cromwell Mather、1946年8月7日・ロアノーク - )はアメリカ合衆国の天体物理学者であり宇宙論学者である。 マザーはメリーランド州のNASAゴダード宇宙飛行センターの上級天体物理学者で、メリーランド大学の準教授である。マザーは黒体形状の発見と宇宙マイクロ波背景放射の異方性の発見や人工衛星COBE(宇宙背景放射探査機)でビッグバン理論を具体化するのを助けた業績でジョージ・F・スムートとともに2006年ノーベル物理学賞受賞者に選ばれた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョン・C・マザー · 続きを見る »

ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ

ョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ(リッチオーリ、Giovanni Battista Riccioli、1598年4月17日 - 1671年6月25日)は、17世紀イタリアの天文学者である。1651年にコペルニクス体系に反対する『新アルマゲスト』(Almagestum novum) を著した。フランチェスコ・マリア・グリマルディとともに月面図を作成し、クレーターに科学者の名をつける命名法を始めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ · 続きを見る »

ジョヴァンニ・バッティスタ・ドナティ

ョヴァンニ・バッティスタ・ドナティ(Giovanni Battista Donati、1826年12月16日 – 1873年9月20日)はイタリアの天文学者。 ピサに生まれた。ピサ大学で学んだ後、1852年にフィレンツェの天文台のスタッフとなり、1864年から所長となった。1854年から1864年の間に6個の彗星を発見した。その中には見かけの明るさが0等級に達したドナティ彗星 (C/1858 L1)が含まれる。彗星のスペクトル観測を行い彗星が太陽に接近する時、スペクトルが変化することを発見し、太陽に近づき暖められることによって、太陽光の反射でなく放射光を発することを発見した。 フィレンツェで腺ペストのため没した。 月のクレーターにドナティの名が付けられた。小惑星(16682)ドナティにも命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョヴァンニ・バッティスタ・ドナティ · 続きを見る »

ジョヴァンニ・ボレリ

ョヴァンニ・ボレリ(Giovanni Alfonso Borelli、1608年1月28日 - 1679年12月31日)は17世紀イタリアの物理学者、生理学者である。天体の運動理論や、骨と筋肉による動物の運動の理論の基礎を築いた。 ナポリに生まれた。ピサ大学で数学を研究し、フィレンツェで物理と天文学を学んだ。1649年メッシーナで、1656年ピサ大学の数学の教授となった。1666年、Theorica mediceorum planetarum ex causis physicis deducta(『物理的原因から導かれたメディチの星の理論』)を出版し、フランスの学者イスマエル・ブーリオーの幾何理論の助けを受けて、惑星の軌道が楕円軌道となる理由を説明した。 没後の1880年に出版されたmotu animalium(『動物の運動』)で、動物の運動を力学的に説明することを試みた。 1674年ローマに移り、退位したスウェーデン女王クリスティーナの保護をうけた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョヴァンニ・ボレリ · 続きを見る »

ジョヴァンニ・プラーナ

ジョヴァンニ・プラーナ ジョヴァンニ・プラーナ(Giovanni Antonio Amedeo Plana、1781年11月6日–1864年1月20日)はイタリアの天文学者、数学者である。月の運行の解析を行った。 ヴォゲーラに生まれた。1800年エコール・ポリテクニークに入り、ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ、ジョゼフ・フーリエに学び、1803年ピエモンテ州の砲学学校の数学教師になり、1811年にトリノ大学の天文学の教授になった。 月の運動学、積分法、楕円関数、熱学、測地学に貢献し、1820年に引力の法則に基づいて月の運行表を作成したことによりフランスの科学アカデミーから賞をうけた。1827年に王立協会の外国人会員となる。1832年" Théorie du mouvement de la lune"(『月の運動の理論』)を出版した。1834年コプリ・メダル、1840年イギリス王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1844年バロンの爵位を受けた。 Category:イタリアの天文学者 Category:コプリ・メダル受賞者 Category:王立天文学会ゴールドメダル受賞者 Category:19世紀の自然科学者 Category:王立協会外国人会員 Category:トリノ大学の教員 Category:1781年生 Category:1864年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョヴァンニ・プラーナ · 続きを見る »

ジョヴァンニ・カッシーニ

ョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini、1625年6月8日 - 1712年9月14日)は、イタリア出身のフランスの天文学者。パリ天文台の初代台長でもあった。ジェノヴァ共和国のペリナルドで生まれ、1673年にフランスに帰化してジャン=ドミニク・カッシーニと名乗った。土星の4つの衛星を発見したほか、惑星観測で様々な功績を残している。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョヴァンニ・カッシーニ · 続きを見る »

ジョヴァンニ・スキアパレッリ

ョヴァンニ・ヴィルジニオ・スキアパレッリ(Giovanni Virginio Schiaparelli, 1835年3月14日 - 1910年7月4日)は、火星の研究で有名なイタリアの天文学者。上院議員でもあった。「スキアパレッリ」は「スキャパレリ」とも表記する。ファッションデザイナーのエルザ・スキアパレッリは姪にあたる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョヴァンニ・スキアパレッリ · 続きを見る »

ジョージ・ハワード・ダーウィン

ョージ・ハワード・ダーウィン(Sir George Howard Darwin, F.R.S.、1845年7月9日 - 1912年12月7日)はイギリスの天文学者、数学者である。チャールズ・ダーウィンの2番目の息子である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・ハワード・ダーウィン · 続きを見る »

ジョージ・ハフ

ョージ・ワシントン・ハフ(George Washington Hough, 1836年10月24日 – 1909年)はアメリカ合衆国の天文学者、気象学者。電気技術を生かした天文観測機器、気象観測機器を開発した。天文学の分野では二重星の発見と木星の表面の研究をおこなった。 1856年シンシナティ天文台で働き、1861年から ダドリー天文台に移り1862年から1874年まで所長を務めた。ダドリー天文台で二重星の観測を行いカタログを発表した。1874年にダドリー天文台を辞職すると、計測機器のメーカで働いた。1878年にディアボーン天文台に招かれ、二重星や木星の表面の研究をおこなった。1879年からはシカゴ大学の天文学の教授も務めた。 ハフの開発した観測機器には、計時装置を電気的に制御し天体の子午線通過時間の計測精度を高めたものや、自記式の気圧計などがある。ダドリー天文台はハフが所長の時代に初期の計算機である階差機関を導入した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・ハフ · 続きを見る »

ジョージ・ビドル・エアリー

ー・ジョージ・ビドル・エアリー(Sir George Biddell Airy、1801年7月27日 – 1892年1月2日)は、イギリスの天文学者。グリニッジ天文台台長(王室天文官、在任:1835年 - 1881年)、王立協会会長(在任:1871年 - 1873年)を務めた。 彼が決めたグリニッジの子午線が1884年に世界の本初子午線としてワシントンDCの本初子午線会議で25カ国に同意され、現在の経度0度となっている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・ビドル・エアリー · 続きを見る »

ジョージ・ファン・ビースブルック

ョージ・ファン・ビースブルック(George A. Van BiesbroeckまたはGeorges-Achille Van Biesbroeck、1880年 1月21日 - 1974年2月23日)はベルギー生まれでアメリカ合衆国に移住した天文学者。 周期彗星 53P/ファン・ビースブルック彗星、非周期彗星 C/1925 W1 、C/1935 Q1を発見した他、16個の小惑星を発見した。 ベルギーの ヘントに生まれた。初め土木技術者になったが、1904年に仕事をやめ、ユックルのベルギー王立天文台の職員となった。 第1次世界大戦勃発後の1915年に家族と共にアメリカ合衆国に渡り、ヤーキス天文台で二重星、彗星、小惑星、変光星の観測を行った。1957年にジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを受賞した。1945年にヤーキス天文台を65歳で退職するがその後も活動的で、1963年にツーソンの月惑星研究所(Lunar and Planetary Laboratory)に加わった。 小惑星(1781)ファン・ビースブルックはファン・ビースブルックを記念して命名された他、月のクレータに命名されている。赤色矮星 ファン・ビースブルック星 (Wolf 1055 AB)にも名前が残されている。 長年貢献した個人に贈られるジョージ・ファン・ビースブルック賞が1979年に創設され、1997年からアメリカ天文学会 (American Astronomical Society)に引き継がれた。 Category:ベルギーの天文学者 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:小惑星発見者 Category:彗星発見者 Category:ヘント出身の人物 Category:1880年生 Category:1974年没 カテゴリ:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・ファン・ビースブルック · 続きを見る »

ジョージ・ガモフ

ョージ・ガモフ(George Gamow, Джордж Гамов, Георгий Антонович Гамов, ゲオルギー・アントノヴィッチ・ガモフ, 1904年3月4日 - 1968年8月19日)は、ロシア帝国領オデッサ(現在はウクライナ領)生まれのアメリカの理論物理学者。アレクサンドル・フリードマンの弟子。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・ガモフ · 続きを見る »

ジョージ・スムート

ョージ・フィッツジェラルド・スムート3世(George Fitzgerald Smoot III、1945年2月20日 - )は、アメリカ合衆国の天体物理学者。カリフォルニア大学バークレー校物理学教授。 1989年にアメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた人工衛星COBE(宇宙背景放射探査機)による観測でジョン・マザーとともに主導的な役割を果たし、宇宙マイクロ波背景放射が完全な均一ではなく、わずかな異方性(揺らぎ)があることを発見した。ビッグバン理論ではこの異方性が成長して現在の宇宙を形づくる銀河などの基となったとされ、スムートの分析結果はビッグバン理論を強力に裏付けるものとなった。 2006年、「宇宙マイクロ波背景放射の異方性の発見」により、ジョン・マザーとともにノーベル物理学賞を受賞した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・スムート · 続きを見る »

ジョージ・B・フィールド

ョージ・B・フィールド(George B. Field 、1929年10月25日 - )はアメリカ合衆国の天体物理学者。銀河の星間物質の研究に貢献した。 ロードアイランドのプロヴィデンスに生まれた。マサチューセッツ工科大学で化学・物理を学び、1951年から1952年まで海軍兵站研究所(Naval Ordnance Laboratory)で働いた後、1955年にプリンストン大学でライマン・スピッツァーJr.の指導で天文学の博士号を得た。1957年からプリンストン大学講師、1965年からカリフォルニア工科大学の教授、1972年からハーバード大学の教授、1982年からスミソニアン天文台台長をつとめた。1973年から1982年の間Harvard-Smithsonian Center for Astrophysicsの所長も務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョージ・B・フィールド · 続きを見る »

ジョゼフ・ウィンロック

ョゼフ・ウィンロック(Joseph Winlock、1826年2月6日 - 1875年6月11日)はアメリカ合衆国の天文学者、数学者である。 ケンタッキー州のシェルビー・カウンティに生まれた。祖父はジョゼフ・ウィンロック将軍(1758年1831年)である。ケンタッキー州のシェルビー・カレッジを卒業して、シェルビー・カレッジの数学と天文学の教授を務めた。 1852年から1857年の間、マサチューセッツ州のケンブリッジに移って、『アメリカ航海者年鑑』 American Ephemeris and Nautical Almanacのコンピューターとして働いた。その後しばらく海軍大学校の数学の学科長を務めたが、再びアメリカ航海暦局(Almanac office)の監督者に戻った。 1863年にアメリカ科学アカデミーの50人の創立メンバーの1人になり、1866年からジョージ・フィリップス・ボンドの後をついでハーバード大学天文台の所長に任じられた。ハーバードの天文学、測地学の教授を務めた。 主な業績としては子午環による天体測定、二重星の一覧の作成、天体の写真観測などがある。1860年のケンタッキー、1870年のスペインの日食観測隊を率いた。月のウィンロック・クレータにウィンロックの名前が命名された。娘のアンナ・ウィンロックも天文学者として小惑星エロスなどの軌道計算を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョゼフ・ウィンロック · 続きを見る »

ジョゼフ=ニコラ・ドリル

ョゼフ=ニコラ・ドリル(Joseph-Nicolas Delisle、1688年4月4日 - 1768年9月11日)はフランスの天文学者。 パリに歴史家、地理学者のクロード・ドリルの11人の子供の1人として生まれた。兄に地図製作者のギョーム・ドリル(:en:Guillaume Delisle 、1675年-1726年)がいる。始め古典を学ぶが、天文学に転じた。J.

新しい!!: 天文学者の一覧とジョゼフ=ニコラ・ドリル · 続きを見る »

ジローラモ・フラカストロ

ーラモ・フラカストロ(Girolamo Fracastoro ラテン名:Fracastorius、1478年 - 1553年8月8日)は16世紀のイタリアの科学者である。特に伝染病のコンタギオン説(接触伝染説)を提唱したことで知られる。天文学の分野でも彗星が太陽と反対の方向に尾を引くことを著書に著し、地質学の分野では化石が生物起源であることを主張した。 ヴェローナの旧家に生まれ、パドヴァ大学に学んだ。19歳のときにはパドヴァ大学の教授に任命された。パドヴァ大学では同じ頃コペルニクスが学んでいる。当時の学者の例に従い、その研究分野は医学のみならず、天文学、地質学、数学に及んだ。 1530年の著書、『梅毒あるいはフランス病』(Syphilidis, sive Morbi Gallici)および、 1546年の著書『伝染病について』(De Contagione et Contagiosis Morbis)で伝染病の病原菌の観念を述べた。梅毒(Syphilis)やチフス(typhus)の命名者である。 天文学の分野ではピエトロ・アピアーノ(1495 - 1552)とならんで彗星が太陽と反対の方向に尾を引くことを観測したひとりで、1538年天文学の著書“Homocentrica”を著した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジローラモ・フラカストロ · 続きを見る »

ジェミニアーノ・モンタナリ

ェミニアーノ・モンタナリ(Geminiano Montanari、1633年6月1日 - 1687年10月13日)はイタリアの天文学者、光学者、物理学者。ペルセウス座の変光星 アルゴルの観測記録を残した。 モデナに生まれた。フィレンツェで法律を学んだ。ザルツブルク大学を卒業した。1662年かその翌年ボローニャに移り、自作の測定器具により月面図を作成した。また毛細管の実験を行い、液体の粘度について研究した。1667年アルゴルが変光星であることに気付き、記録を残した。1669年にジョヴァンニ・カッシーニのあとを継いでパンツァーノ天文台の教授となり天文学の年鑑を作成した。1679年にパドヴァ大学の教授となった。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェミニアーノ・モンタナリ · 続きを見る »

ジェラルド・カイパー

ェラルド・ピーター・カイパー(Gerard Peter Kuiper, 1905年12月7日 - 1973年12月23日)は、オランダおよびアメリカ合衆国の天文学者。本名ヘリット・ピーテル・カイペル(Gerrit Pieter Kuiper)。 オランダ・北ホラント州ハーレンカルスペルのTuitjenhornで生まれる。ライデン大学で学び、連星の研究で博士号を取る。1933年にアメリカ合衆国に移住してリック天文台のロバート・グラント・エイトケンの元でフェローとなり、1936年に結婚。1937年に帰化した。同年にはぎょしゃ座イプシロン星のモデルをオットー・シュトルーベ、ベンクト・ストレームグレンと共に発表して反響を巻き起こし、現在に至る研究の先鞭を付けた。 カイパーは太陽系の惑星の衛星を二個発見した。1948年の天王星の衛星ミランダと1949年の海王星の衛星ネレイドである。さらに彼は1944年に土星の衛星タイタンにメタンの大気が存在することを発見した。また彼は、海王星の軌道の外側にベルトの存在を示唆し、存在が確認されたそのベルトは現在カイパーベルトと呼ばれる。 カイパーはまた、航空機から赤外線領域の天体観測を行った先駆者であった。1960年代にコンベア990から天体観測を行った。当時、彼はアリゾナ大学の教授であった。 1959年にカイパーはアメリカ天文学会からヘンリー・ノリス・ラッセル講師職を受賞した。1960年代にはアポロ計画に於いて月面着陸地の選定を支援した。1973年に旅行先のメキシコシティで心臓発作により死去。遺体は荼毘に付されたが埋葬場所は明らかにされていない。 小惑星(1776)カイパーおよび月面のカイパー・クレーター、火星と水星の同名のクレーターも彼にちなんで命名された。現在は退役しているカイパー空中天文台も彼にちなんで命名された。1984年からは、アメリカ天文学会惑星科学部会によりカイパー賞が創設されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェラルド・カイパー · 続きを見る »

ジェラルド・クレメンス

ェラルド・クレメンス(Gerald Maurice Clemence、1908年8月16日 - 1974年1月22日)はアメリカ合衆国の天文学者である。 ロードアイランド州のグリーンビルに生まれた。ブラウン大学で数学を学んだ後、1930年からアメリカ海軍天文台のスタッフとなり、1945年から1958年の間はアメリカ航海暦(w:Nautical Almanac)の編纂局長を務めた。1963年からイェール大学の講師、1966年に教授となった。 天体力学の分野で地球、月の運動を研究した。外惑星の運行を計算し400年間にわたる惑星の運行表を作成した。時間の基準として、暦表時 (ephemeris time、E.T.)を導入した。これは1900年の太陽の幾何学的平均黄経がある点になった瞬間を起点とし、惑星の軌道運動から1秒の長さを求めるものであり、1958年から1988年まで用いられた。 1965年に王立天文学会ゴールドメダル、1975年にジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを受賞した。小惑星(1919)クレメンスに命名されている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェラルド・クレメンス · 続きを見る »

ジェレマイア・ディクソン

ェレマイア・ディクソン(Jeremiah Dixon、1733年7月27日 - 1779年1月22日)はイギリスの測地学者、天文学者。1763年から1767年にわたって、チャールズ・メイソンとともに、ペンシルベニア植民地とメリーランド植民地との境界線を確定したメイソン=ディクソン線の測量をおこなったことで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェレマイア・ディクソン · 続きを見る »

ジェローム・ラランド

ェローム・ラランド (1732 - 1807) ジョゼフ=ジェローム・ルフランセ・ド・ラランド(Joseph-Jérôme Lefrançais de Lalande、1732年7月11日 – 1807年4月4日)はフランスの天文学者である。ois と誤記される。この項目のラランドは男性である。)-->.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェローム・ラランド · 続きを見る »

ジェローム・E・コッジャ

ジェローム・ユジェーヌ・コッジャ(Jérôme Eugène Coggia、1849年2月18日 - 1919年1月15日)は19世紀のフランスの天文学者。 コルシカ島に生まれる。バンジャマン・ワルツ(w:Benjamin Valz)とともにマルセイユ天文台で観測を行い、多くの彗星を発見した。発見した彗星にはコッジャ彗星C/1874 H1や周期彗星27P/クロンメリン彗星 が含まれている。 Category:フランスの天文学者 Category:小惑星発見者 Category:彗星発見者 Category:コルシカの人物 Category:1882年生 Category:1968年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェローム・E・コッジャ · 続きを見る »

ジェームス・グレゴリー

ェームズ・グレゴリー ジェームズ・グレゴリー(James Gregory 、1638年11月 – 1675年10月)は、スコットランド生まれの数学者、天文学者である。最初の実用的な反射望遠鏡であるグレゴリー式望遠鏡を考案した。 アバディーンシャーの Drumoak に生まれた。セント・アンドルーズ大学、エディンバラ大学で教授を務めた。エディンバラで没した。 1663年に Optica Promota を出版し、小型の反射望遠鏡、いわゆるグレゴリー式望遠鏡について記述した。最初の実用的な反射望遠鏡で、今日ではあまり用いられないが1世紀半にわたって標準的な望遠鏡の地位を占め、ロバート・フックや王立協会の設立者の一人のロバート・モレーや、やはり反射望遠鏡を研究していたアイザック・ニュートンたちに注目された。 光の回折の分野でもニュートンのプリズムによる光の分散の実験の1年後にグレゴリーは鳥の羽を通った太陽の光が回折模様を描くことから、格子による光の回折を発見し、光がスペクトルの色に分かれることも観測した。 数学の分野では1667年に『円と双曲線の正しい求積』(Vera Circuli et Hyperbolae Quadratura) を出版し、収束無限級数を用いて円や双曲線の面積を求める方法を発表した。また、1668年にはメルカトル図法における赤道から任意緯線までの距離算出に必要となる、正割関数の積分(今日でいうところのグーデルマン関数の逆関数)を解析的に実行した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームス・グレゴリー · 続きを見る »

ジェームズ・チャリス

ジェームズ・チャリス ジェームズ・チャリス(James Challis、1803年12月12日 – 1882年12月3日) はイギリスの天文学者である。ジョン・クーチ・アダムズの天文計算の予測から海王星を探索したが発見を逃した天文学者である。 エセックスのブレインツリーに生まれた。1836年から没するまでケンブリッジ大学における天文学の重要な教授職のプルミアン教授職とケンブリッジ天文台長を務めた。 1843年からケンブリッジ大学の数学者のジョン・クーチ・アダムズは天王星の軌道の不規則さから太陽系の8番目の惑星の位置を予測していたが、チャリスやエアリーらは懐疑的で、探索がはじめるのは、ジョン・ハーシェルが1846年にチャリスに探索することを助言してからである。チャリスはあまり気の進まないまま、1846年7月から探索をはじめ、アダムズの予測位置付近の星の位置の記録を始めた。同じ頃フランスのユルバン・ルヴェリエの予測に基づいて、ヨハン・ゴットフリート・ガレが探索を行い1846年9月23日、ガレらは海王星を発見した。発見の報の後、すでにガレらより1ヶ月前にチャリスは2回海王星を観測していながら、新惑星であることを見落としていたことがあきらかになり非難されることになった。 月のクレータ'チャリス'に命名されている。 Category:イギリスの天文学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ケンブリッジ大学の教員 Category:1803年生 Category:1882年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・チャリス · 続きを見る »

ジェームズ・ブラッドリー

ェームズ・ブラッドリー(James Bradley, 1693年 - 1762年7月13日)は、イギリスの天文学者。グリニッジ天文台長を務めた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・ブラッドリー · 続きを見る »

ジェームズ・エドワード・キーラー

ェームズ・エドワード・キーラー ジェームズ・エドワード・キーラー(James Edward Keeler、1857年9月10日 – 1900年8月12日)はアメリカ合衆国の天文学者である。土星の環が彗星状の物質からなっていることを確かめた。 イリノイ州に生まれた。1886年からリック天文台で働き、1891年からアレゲニー天文台の所長を務めた。1898年にリック天文台の所長となったが程なく没した。土星の環のスペクトルを観測し、同一速度で回転する一体の天体でなく微小な粒子の集まりであることを確認した。 1880年にはサミュエル・ラングレーが指揮する太陽光の地球大気による吸収を調査するための観測隊として標高4418mのホイットニー山で観測した。針峰の一つにキーラーニードルの名前がつけられている。キーラーは2つの小惑星を発見している。 ジョージ・ヘールとともにアストロフィジカル・ジャーナルを創刊した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・エドワード・キーラー · 続きを見る »

ジェームズ・クリスティー

クリスティーがカロンを発見した時の写真。左側の写真に写る冥王星の右上の膨らみがカロン ジェームズ・ウォルター・クリスティ(James Walter Christy, 1938年9月15日 - )はアメリカの天文学者。 アメリカ海軍天文台に勤務し、1978年に冥王星が衛星を持っていることを発見し、カロンと命名した。 彼は慎重に冥王星の写真乾板の拡大を調べ、非常にわずかなふくらみを持っていることを発見し、連続した数日以上の写真を検討することで、彼はそれが衛星であると確信した。写真による検証だけでは不十分と思われたが、予想される軌道計算に基づき冥王星とカロンの食が、計算通りに観測されたことで、衛星の存在は実証された。 最新の望遠鏡(例えばハッブル宇宙望遠鏡)では、冥王星とカロンの像は、容易に分解できる。 小惑星(129564)クリスティーは彼を称えて命名された。 Category:アメリカ合衆国の天文学者 Category:冥王星 Category:天文学に関する記事 Category:存命人物 Category:1938年生.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・クリスティー · 続きを見る »

ジェームズ・ショート

ェームズ・ショート(James Short、1710年6月21日(ユリウス暦6月10日) - 1768年6月15日)は、イギリスの天体望遠鏡製作者、天文学者、数学者である。 エディンバラに生まれた。エディンバラ大学の数学教授コリン・マクローリンに才能を認められ、1732年頃から、望遠鏡製作のために大学のマクローリンの部屋を使うことが許された。最初の望遠鏡の反射鏡はガラスで製作されたが、後に反射鏡を金属で作るようになり、よい曲面精度が得られるようになった。望遠鏡製作を職業とし、生涯に1,370台の望遠鏡を作り資産を残した。グレゴリー式望遠鏡を製作し、現在でも優れた研磨技術と精度を保っている望遠鏡がある。観測者としては1740年に幻の金星の衛星ネイトを発見したと報告したことや、1761年に天文単位の測定を行ったことが知られている。1737年に王立協会の会員に選ばれた。1768年にロンドンで没した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・ショート · 続きを見る »

ジェームズ・サウス

ェームズ・サウス(Sir James South、1785年10月21日 - 1867年10月19日)はイギリスの天文学者。二重星の観測で知られる。王立協会フェロー。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・サウス · 続きを見る »

ジェームズ・E・ガン

ェームズ・E・ガン(James Edward Gunn、1938年10月21日 - )はアメリカ合衆国の天文物理学者である。 ブルース・ピーターソンとともに、初期宇宙の残留水素原子によるスペクトルの紫外線領域の吸収「ガン=ピーターソンの谷」(または「ガン=ピーターソン効果」)のあることを予言した。 1966年カリフォルニア工科大学で博士号を取得し、1968年からプリンストン大学で研究した。プリンストン大学天文学講座のEugene Higgins Professorを務めた。 銀河の生成に関する理論的研究を行いクエーサーの発見された後の、1965年ピーターソンとともにガン・ピーターソン効果の存在を予測した。2000年代になって、赤方偏移が大きいクエーサーのスペクトルにガン・ピーターソン効果による吸収域が検出され、予測の正しかったことが示された。ガン・ピーターソン効果は初期宇宙が紫外線をよく吸収する電離していない水素原子からなる濃いガスで満ちていた時代があったことを示すものである。 デジタル・カメラを使った天文観測計画を指導し、1998年に始まったスローン・ディジタル・スカイサーベイ (SDSS) では主任研究員をつとめた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェームズ・E・ガン · 続きを見る »

ジェーン・ルー

ェーン・ルー(Jane Luu、1963年 - )はベトナム生まれのアメリカの天文学者である。1992年にデビッド・C・ジューイットとともに初めてエッジワース・カイパーベルト天体を発見した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェーン・ルー · 続きを見る »

ジェフリー・バービッジ

ェフリー・ロナルド・バービッジ(Geoffrey Ronald Burbidge, 1925年9月24日 - 2010年1月26日)は、イギリスおよびアメリカ合衆国の天文物理学者。妻のマーガレット・バービッジも天文学者で、1957年にバービッジ夫妻、ウィリアム・ファウラー、フレッド・ホイルの4人の連名で発表された、宇宙の元素の起源に関する論文(4人の名前からB2FH論文と呼ばれる)はその分野での重要な論文である。 イギリスに生まれ、ブリストル大学、ロンドン大学で学び、物理学の学位を得た。天文学者と結婚したことにより、天文学に転じたと自称している。アメリカで活躍し、カリフォルニア工科大学、ヤーキス天文台などで働いた。1962年からカリフォルニア大学サンディエゴ校の教授となった。 定常宇宙論の提唱者の一人でもある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェフリー・バービッジ · 続きを見る »

ジェイムズ・リンジー (第26代クロフォード伯爵)

26代クロフォード伯爵ジェイムズ・リンジー 第26代クロフォード伯爵および第9代バルカレス伯爵ジェイムズ・ルードヴィック・リンジー(James Ludovic Lindsay, 26th Earl of Crawford and 9th Earl of Balcarres、1847年7月28日 - 1913年1月31日)は、イギリス・ヴィクトリア朝時代の天文学者である。王立天文学会のメンバーとなり、1878年から王立天文学会の会長を務めた。 若い頃から天文学に興味を持ち、スコットランドのアバディーンシャーの Dunecht に父親とともに私設の天文台を建設した。観測機器を揃える一方、当時最も貴重な天文学文献のコレクションである "Bibliotheca Lindesiana" を造り上げた。 1870年に日食の観測のためにスペインのカディスで観測を行い、1874年に金星の日面通過をモーリシャスで観測を行った。 1888年にエディンバラ王立天文台が閉鎖されようとした時、クロフォード伯は観測設備と "Bibliotheca Lindesiana" を新天文台の建設のために寄付した。これによって1896年にブラックフォードヒルに新しい天文台が設立された。 1878年に王立協会フェローに選出され、1896年にはアザミ勲章を受勲した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェイムズ・リンジー (第26代クロフォード伯爵) · 続きを見る »

ジェシー・グリーンスタイン

ェシー・グリーンスタイン(Jesse Leonard Greenstein, 1909年10月15日 – 2002年10月21日)はアメリカ合衆国の天文学者である。レバレット・デイビスと共に星間ダストが星間の磁場によって整列するモデルを提出し、またマーテン・シュミットとともに最初のクエーサーのスペクトルを観測した天文学者である。 ニューヨークで生まれ、ハーバード大学で学んだ後、ヤーキス天文台でオットー・シュトルーベのもとで研究し、後にカリフォルニア工科大学に移った。ルイス・ヘニエイ(w:Louis G. Henyey)とともに新しい分光方法と広角望遠鏡を発明した。1949年にレバレット・デイビスとともに宇宙の磁場により星間ダストが整列するモデルを示し、これはウィリアム・ヒルトナーの星間物質による偏光の発見を説明するものである。グリーンスタインは1960年、電波源3C48に付随する光学天体の従来の天体のスペクトルとは異質のスペクトルを観測したが、クエーサーが非常に遠方にあって高速で遠ざかる、高エネルギーを放出する天体であることを解明したのはマーテン・シュミットである。.

新しい!!: 天文学者の一覧とジェシー・グリーンスタイン · 続きを見る »

スミュルナのテオン

ミュルナのテオン(Theon of Smyrna、70年頃 - 135年頃)はギリシャの哲学者、数学者、天文学者。 テオンの前半生は知られておらず、プトレマイオスの著作に127年から132年の間のテオンの惑星の観測についての引用がなされているが、その他の年代に関することついての記録は残っていない。 プラトンに関する3つの著書を書いたとされるが、そのうちの2つは現在残っていない。『プラトンを読むのに必要な数学』Expositio rerum mathematicarum ad legendum Platonem utiliumが唯一残っている。この著作の最初の部分は「数」について述べ、次の部分は音響と和音を扱っている。数学に関する最初の部分は今日でいう数論の分野で奇数、偶数、素数、完全数、過剰数などについて述べている。音楽や和音の理論はピタゴラス学派の影響を強く受けている。天文学に関する言及もあり、地球の形、恒星の隠蔽や食、惑星の太陽面通過などを述べている。.

新しい!!: 天文学者の一覧とスミュルナのテオン · 続きを見る »

スブラマニアン・チャンドラセカール

ブラマニアン・チャンドラセカール(Subrahmanyan Chandrasekhar、(சுப்பிரமணியன் சந்திரசேகர்)、、1910年10月19日 - 1995年8月21日)は、インド生まれのアメリカの天体物理学者。シカゴ大学教授。王立協会フェロー。 1932年、白色矮星の質量に上限(チャンドラセカール質量)があることを理論的計算によって示し、恒星の終焉に関する「チャンドラセカール限界」を提唱した。.

新しい!!: 天文学者の一覧とスブラマニアン・チャンドラセカール · 続きを見る »

スティーヴン・ホーキング

ティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking、1942年1月8日 - 2018年3月14日)は、イギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。スティーブン・ホーキングとも。 一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。 また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など)。 「車椅子の物理学者」としても知られる。1960年代、学生の頃に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したとされている。ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。晩年は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用していた。.

新しい!!: 天文学者の一覧とスティーヴン・ホーキング · 続きを見る »

スティーヴン・グルームブリッジ

スティーヴン・グルームブリッジ(Stephen Groombridge、1755年1月7日 - 1832年3月30日)は、イギリスの天文学者。天極付近の星の星表、『周極星表』(Catalogue of Circumpolar Star)が1838年に没後出版された。 ケント州グードハーストに生まれた。西インド諸島との取引をする織物商であったが、1806年にロンドンのブラックヒースに私設天文台を作り観測を始めた。1815年からは観測に専念した。1820年、王立天文学会の設立メンバーとなった。子午環(方向を固定し、天体の子午線通過の時刻を観測する望遠鏡)を使って北極星の周り50度の範囲にある8から9等星までの恒星の観測を行った。その成果は没後『周極星表』として1838年に出版された(1833年に一度発表されたが、誤りがあったため撤回されている)。 『周極星表』にはフリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダーによって1842年に当時最も大きな固有運動を持つことが発見されたグルームブリッジ1830が含まれている。 Category:イギリスの天文学者 Category:18世紀の学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:王立協会フェロー Category:1755年生 Category:1823年没.

新しい!!: 天文学者の一覧とスティーヴン・グルームブリッジ · 続きを見る »

ズデネク・コパル

デネク・コパル(Zdeněk Kopal 、1914年4月4日 - 1993年6月23日)はチェコ生まれで、アメリカ合衆国の市民権を取得し、後にイギリスのマンチェスター大学の天文学部長を務めた天文学者である。「コパールの分類」など、連星の研究で業績を挙げた。 東ボヘミヤ地方のリトミシェル(w:Litomyšl)で生まれた。プラハで研究を連星の研究を始め、ケンブリッジ大学に移り、第2次世界大戦に少し前にアメリカ合衆国に渡り、ハーバード大学天文台、マサチューセッツ工科大学で働いた。この間にアメリカの市民権を得た。1951年にイギリスのマンチェスター大学の天文学部に移り、1981年までそこで働いた。連星における質量移動についての研究を行う一方、ピク・デュ・ミディの天文台で月面の観測を指導し、アポロ計画に貢献した。 近接連星の研究で知られる日本の天文学者・北村正利はコパルの弟子である。 小惑星 (2628) Kopalは、コパルの業績を記念して命名された。.

新しい!!: 天文学者の一覧とズデネク・コパル · 続きを見る »

セオドア・フィリップス

ドア・エブリン・リース・フィリップス(Rev.

新しい!!: 天文学者の一覧とセオドア・フィリップス · 続きを見る »

セス・B・ニコルソン

・バーンズ・ニコルソン(Seth Barnes Nicholson、1891年11月12日 – 1963年7月2日)はアメリカ合衆国の天文学者である。木星の衛星4個を発見し、赤外線による天体観測を行った。.

新しい!!: 天文学者の一覧とセス・B・ニコルソン · 続きを見る »

ソシゲネス

ソシゲネス(アレキサンドリアのソシゲネス:Sosigenes、紀元前1世紀頃)は、大プリニウスの『博物誌』に記述のある天文学者で、カエサルによるユリウス暦への改訂にエジプトの太陽暦を参考するように提議したとされる天文学者である。 ユリウス暦の改訂に助言したとされる天文学者には他にAcoreusがいる。大プリニウスの『博物誌』にはソシゲネスの水星の軌道についての研究についての記述があり、水星が太陽から22度以上離れないをことを知っていたとされる。 Category:エジプトの天文学者 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧とソシゲネス · 続きを見る »

サミュエル・モリノー

ミュエル・モリノー(Samuel Molyneux、1689年7月18日 - 1728年4月13日)は、イギリスの政治家、天文学者。父は光学について著書のあることで知られるウィリアム・モリノーである。.

新しい!!: 天文学者の一覧とサミュエル・モリノー · 続きを見る »

サモスのコノン

モスのコノン(Conon of Samos、紀元前280年頃 - 紀元前220年頃)はギリシャの天文学者、数学者。イオニアのサモスに生まれ、プトレマイオス朝のアレキサンドリアで没したとされる。かみのけ座を作ったエピソードで知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧とサモスのコノン · 続きを見る »

サービト・イブン・クッラ

ービト・イブン・クッラ(Thābit ibn Qurra、826年–901年2月18日)はアッバース朝時代のバグダードで活躍した天文学者、数学者。正しい名はアブル=ハサン・サービト・イブン・クッラ・イブン・マルワーン・アッ=サービー・アル=ハッラーニー()であり、ラテン語名は Thebit(テービト)である。.

新しい!!: 天文学者の一覧とサービト・イブン・クッラ · 続きを見る »

サイモン・ニューカム

イモン・ニューカム(Simon Newcomb、1835年3月12日 - 1909年7月11日)は、アメリカ合衆国の天文学者、数学者である。天体力学の分野で功績のある天文学者で、一般読者向けの多くの啓蒙書の著者、初期のSFの作者でもあり、経済学に関する著書もある。.

新しい!!: 天文学者の一覧とサイモン・ニューカム · 続きを見る »

瞿曇悉達

瞿曇悉達(くどんしった、、)は8世紀唐代の占星術者である。.

新しい!!: 天文学者の一覧と瞿曇悉達 · 続きを見る »

王蕃

王 蕃(おう はん、228年 - 266年)は、中国三国時代の呉の天文学者・数学者・政治家。字は永元。弟は王著・王延。揚州廬江郡の人。『三国志』呉志に伝がある。 博学で天文・数学に通じていた。.

新しい!!: 天文学者の一覧と王蕃 · 続きを見る »

祖沖之

沖之(そ ちゅうし、429年 - 500年)は、中国、南北朝時代、南朝の天文学者、数学者、発明家。祖 冲之とも。字は文遠。范陽郡遒県(現河北省淶水県)の人。祖父は戦乱を避けるために河北から江南へ移っており、祖沖之は建康(現在の南京市)で生まれ、若いころから数学の天才として知られた。円周率の計算や大明暦の編纂で知られる。.

新しい!!: 天文学者の一覧と祖沖之 · 続きを見る »

甘徳

徳(かん とく、紀元前4世紀頃)は、中国・戦国時代の天文学者。斉の人。同時代の魏のとともに、世界最古級の星表を記したと伝えられている。.

新しい!!: 天文学者の一覧と甘徳 · 続きを見る »

萩原雄祐

萩原 雄祐(はぎはら ゆうすけ、1897年3月28日 - 1979年1月29日)は、日本の天文学者。大阪府大阪市南区(現中央区)出身『現代天文学講座 別巻 天文学人名事典』、284頁。。旧制第一高等学校を経て東京帝国大学理学部卒業。日本学士院会員。勲一等瑞宝章・文化勲章受章。贈正三位(没時叙位)。.

新しい!!: 天文学者の一覧と萩原雄祐 · 続きを見る »

馬依澤

馬依澤(ば いたく、Ma Yize 、910年頃 - 1005年(景徳2年))は10世紀、北宋時代の中国で活躍したアラビア系の天文学者である。北宋の天文観測所の所長を務めた。 10世紀始めの北宋の文治政治は天文学の研究を勧め、太祖によって馬依澤は、天文観測所の役人に任じられた。 馬依澤はイエメンからオマーンあたりで生まれたアラブ人で、中国名の馬はアラブ名のムハンマドから来ている。中国での馬依澤は王処訥を助け、応天暦の編纂など天文学の分野で働いた。イスラム天文学の知識を生かし、観測と天体の周期的運動の計算を行った。応天暦は963年(建隆4年)に完成した。 馬依澤はイスラム天文学の天文学書を中国語に翻訳したと考えられ、その中にはバッターニーの著書が含まれる。 馬依澤の応天暦の編纂の功績により貴族に列せられ、その息子たちは皇帝の天文観測所の職を継いだ。 Category:中国の天文学者 Category:10世紀の学者 Category:北宋の人物 Category:イスラム科学 Category:910年生 Category:1005年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧と馬依澤 · 続きを見る »

賈逵 (漢)

賈 逵(か き、30年 - 101年)は、後漢時代の儒学者・天文学者。字は景伯。扶風平陵(現陝西省咸陽市西北)の人。 前漢の賈誼の9世の孫にあたる。父の賈徽は劉歆から『春秋左氏伝』を受け『左氏条例』21篇を作り、また『国語』『周官』を習った。そのほか塗惲からは『古文尚書』を、謝曼卿から『毛詩』を受けている。賈逵は父の業をことごとく受け継ぎ、弱冠にして『春秋左氏伝』や五経本文を暗唱したという。『左伝』の古文学を主としたが、『春秋穀梁伝』五家の学(尹更始・劉向・周慶・丁姓・王彦)にも通じていた。身長8尺2寸(約195cm)で諸儒は彼を「問事不休の賈長頭」と称した。 明帝の時、朝廷が神秘主義的な予言怪異の書、讖緯を好むのを利用し、『春秋左氏伝』を讖緯で説いた。また班固とともに校書郎に任じられ共に宮中図書の校定や東漢史の整理に当たっている。章帝は儒学好きで、特に『春秋左氏伝』『古文尚書』を好み、建初元年、賈逵は北宮白虎観、南宮雲台にてこれを講じた。また今文公羊家の李育を反駁したり、『古文尚書』を『爾雅』で訓詁したり、詔勅により『今文尚書』と『古文尚書』の異同、今文三家詩(『斉詩』『魯詩』『韓詩』)と『毛詩』の異同を集めたり、『周礼解詁』も作るなど古文学の地位を高めるのに貢献した。 また天文暦学に造詣が深く、元和年間、四分暦が施行された後、詔勅により賈逵が四分暦修正のための責任者となっている。また「賈逵論暦四則」(92年)として知られる優れた暦論を遺し月の運行の遅速などを指摘している。これは『後漢書』律暦志に記載されている。 著書には『春秋左氏伝解詁』『国語解詁』を始めとする経注や詩・頌・誄など多数存在した。そのほとんどが散佚して現在に伝わらないが、清の馬国翰の『玉函山房輯佚書』や黄奭の『漢学堂叢書』に集められている。また『左伝』に関する注釈の一部は清の劉文淇の『春秋左氏伝旧注疏証』に載せられている。 Category:中国の儒学者 Category:中国の天文学者 Category:1世紀から5世紀の学者 Category:漢代の人物 Category:30年生 Category:101年没 Category:天文学に関する記事.

新しい!!: 天文学者の一覧と賈逵 (漢) · 続きを見る »

林忠四郎

林 忠四郎(はやし ちゅうしろう、1920年(大正9年)7月25日 - 2010年(平成22年)2月28日)は、日本の宇宙物理学者2010年3月1日 アストロアーツ、産経ニュース,、2010.3.1 12:16、京都新聞, 2010年03月01日 12時43分、稲盛財団ニュース, No.71.

新しい!!: 天文学者の一覧と林忠四郎 · 続きを見る »

梶田隆章

梶田 隆章(かじた たかあき、1959年3月9日 -)は、日本の物理学者、天文学者である。埼玉県東松山市出身。東京大学卓越教授、同大特別栄誉教授、東京大学宇宙線研究所長・教授、兼同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長、東京大カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員、埼玉大学フェロー、東京理科大学理工学部物理学科非常勤講師。専門はニュートリノ研究。理学博士。ニュートリノ振動の発見により、2015年にアーサー・B・マクドナルドと共にノーベル物理学賞を受賞した。2017年度より朝日賞選考委員を務めている。.

新しい!!: 天文学者の一覧と梶田隆章 · 続きを見る »

木村栄

木村 栄(きむら ひさし、旧字体:榮、1870年10月4日(明治3年9月10日)- 1943年(昭和18年)9月26日)は、日本の天文学者、理学博士。 石川県石川郡野村字泉野(現・石川県金沢市)出身。寺尾寿に位置天文学を、田中舘愛橘に地球物理学を学んだ。長女・伊登子は物理学者の茅誠司と結婚したので、茅は木村の娘婿にあたる。工学者の茅陽一と化学者の茅幸二は孫。.

新しい!!: 天文学者の一覧と木村栄 · 続きを見る »

戸塚洋二

戸塚 洋二 (とつか ようじ、1942年3月6日 - 2008年7月10日) は日本の物理学者。東京大学特別栄誉教授。静岡県富士市出身。富士市名誉市民(第1号)。.

新しい!!: 天文学者の一覧と戸塚洋二 · 続きを見る »

文化勲章

文化勲章(ぶんかくんしょう)は、科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある者に授与される日本の勲章。当時の内閣総理大臣・廣田弘毅の発案により、1937年の文化勲章令(昭和12年2月11日勅令第9号)を以て制定された。.

新しい!!: 天文学者の一覧と文化勲章 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 天文学者の一覧と日本 · 続きを見る »

日本の天文学者の一覧

日本の天文学者の一覧(にほんのてんもんがくしゃのいちらん)は、日本の天文学者の一覧である。 括弧内は出身地(都道府県)、生年。.

新しい!!: 天文学者の一覧と日本の天文学者の一覧 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »