ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

大館城

索引 大館城

大館城(おおだてじょう)は、かつて秋田県大館市にあった日本の城。桂城(かつらじょう)とも呼ばれる。跡地は桂城公園(けいじょうこうえん)として整備されている。.

70 関係: いわき市南部氏大館城攻城戦大館市大館八幡神社天正天文 (元号)奥州合戦宝永安東氏寛永寛政小場義成小場義易常陸国万治一国一城令佐竹義幹佐竹義休佐竹義種 (西家)佐竹義遵佐竹義茂佐竹義村佐竹義武佐竹義房佐竹義方 (西家)佐竹氏地頭嘉永公園元禄元治国道7号福島県秋田犬保存会秋田県秋田氏豊臣政権貞享関ヶ原の戦い長木川若宮八幡宮 (常陸太田市)横手城津軽氏源頼朝戊辰戦争戦国時代 (日本)明和明治浅利勝頼...浅利頼平浅利氏新人物往来社日本の城慶応慶長1550年1582年1598年1602年1634年1658年1684年1693年1710年1768年1789年1852年1864年1868年 インデックスを展開 (20 もっと) »

いわき市

いわき市(いわきし)は、福島県浜通りの南部に位置する市である。福島県内で最大の人口および面積を持ち、中核市に指定されている。 仙台市に次いで東北地方で2番目に人口の多い都市である。.

新しい!!: 大館城といわき市 · 続きを見る »

南部氏

南部氏(なんぶし)は、陸奥の武家で本姓は源氏。本貫地は甲斐国南部郷で家祖は南部光行。南部氏初代の光行は、平安時代に活躍した清和源氏の一流である河内源氏 源義光や、その孫で平安時代末期に活躍した黒源太清光、その子である甲斐源氏・加賀美遠光の子孫である。.

新しい!!: 大館城と南部氏 · 続きを見る »

大館城攻城戦

大館城攻城戦(おおだてじょうこうじょうせん)は、戊辰戦争の一つ秋田戦争で、慶応4年8月21日(1864年10月7日)に盛岡藩軍が久保田藩(秋田藩)領の大館城(現在の秋田県大館市)を攻撃した戦闘である。 盛岡藩は十二所の戦いで、圧倒的な兵員と新式銃・大砲で攻め込み十二所・扇田地区を占領し、大館城に迫っていた。扇田村を占領された久保田藩は、戦国時代さながらの火縄銃ばかりで新式銃はわずか5挺と圧倒的に劣っていたものの、南方で起きていた庄内藩との戦闘の残存部隊をやりくりして大館城を防衛しようとした。大館城の北にあった弘前藩は、対馬鉄砲隊を大館に移動させ、さらに藩境に部隊を展開させていた。.

新しい!!: 大館城と大館城攻城戦 · 続きを見る »

大館市

大館市(おおだてし)は、秋田県北部に位置する市。市の北境で青森県と接している。.

新しい!!: 大館城と大館市 · 続きを見る »

大館八幡神社

大館八幡神社(おおだてはちまんじんじゃ)は、秋田県大館市にある八幡神社。本殿は正八幡宮と若宮八幡宮の2社あり、どちらも国の重要文化財に指定されている。.

新しい!!: 大館城と大館八幡神社 · 続きを見る »

天正

天正(てんしょう)は日本の元号の一つ。元亀の後、文禄の前。ユリウス暦1573年からグレゴリオ暦1593年(ユリウス暦1592年)。 この時代の天皇は正親町天皇、後陽成天皇。征夷大将軍は足利義昭。.

新しい!!: 大館城と天正 · 続きを見る »

天文 (元号)

天文(てんぶん、てんもん)は、日本の元号の一つ。享禄の後、弘治の前。1532年から1555年までの期間を指す。この時代の天皇は後奈良天皇。室町幕府将軍は足利義晴、足利義輝。.

新しい!!: 大館城と天文 (元号) · 続きを見る »

奥州合戦

奥州合戦(おうしゅうかっせん)は、文治5年(1189年)7月から9月にかけて、鎌倉政権と奥州藤原氏との間で東北地方にて行われた一連の戦いの総称である。この戦役により、源頼朝による武士政権が確立した。また治承4年(1180年)に始まる内乱時代(治承・寿永の乱)の最後にあたる戦争でもある。.

新しい!!: 大館城と奥州合戦 · 続きを見る »

宝永

宝永(ほうえい、旧字体: 寶永)は日本の元号の一つ。元禄の後、正徳の前。1704年から1711年までの期間を指す。この時代の天皇は東山天皇、中御門天皇。江戸幕府将軍は徳川綱吉、徳川家宣。.

新しい!!: 大館城と宝永 · 続きを見る »

安東氏

安東氏(あんどううじ、あんどうし)は、日本の鎌倉時代から戦国時代の末まで、陸奥国・出羽国の北部に勢力を張った武士の一族である。本姓は安倍を称した。 なお諸史料に現れるアンドウの表記について、主として鎌倉時代から南北朝時代にかけての津軽時代には「安藤氏」、室町時代中期以降の秋田時代には「安東氏」とされている例が多いことから世界大百科事典第2版 1998、個人名表記は概ね15世紀半ばまでを「安藤」、以降を「安東」とするが、本稿では便宜上、他氏族との混同を避けるため、氏族名を「安東」で統一して叙述する。なお、安藤氏と表記する場合、他の家系と区別するため津軽安藤氏と呼ぶ例がある小口 1995,書名。.

新しい!!: 大館城と安東氏 · 続きを見る »

寛永

寛永(かんえい)は日本の元号の一つ。元和の後、正保の前。1624年から1645年までの期間を指す。この時代の天皇は後水尾天皇、明正天皇、後光明天皇。江戸幕府将軍は徳川家光。.

新しい!!: 大館城と寛永 · 続きを見る »

寛政

寛政(かんせい)は日本の元号の一つ。天明の後、享和の前。1789年から1801年までの期間を指す。この時代の天皇は光格天皇。江戸幕府将軍は第11代、徳川家斉。.

新しい!!: 大館城と寛政 · 続きを見る »

小場義成

小場 義成(おば よしなり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐竹氏一門の佐竹西家当主。出羽国久保田藩大館初代所預。.

新しい!!: 大館城と小場義成 · 続きを見る »

小場義易

小場 義易(おば よしやす、慶長6年(1601年) - 万治元年(1658年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第2代所預。 父は小場義成。母は東家佐竹義久の養女(大塚信濃娘)。養子は佐竹義房。通称は六郎。.

新しい!!: 大館城と小場義易 · 続きを見る »

常陸国

常陸国(ひたちのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。 上総国・上野国とともに親王が国司を務める親王任国であり、国府の実質的長官は常陸介であった。.

新しい!!: 大館城と常陸国 · 続きを見る »

万治

万治(まんじ)は日本の元号の一つ。明暦の後、寛文の前。1658年から1661年までの期間を指す。この時代の天皇は後西天皇。江戸幕府将軍は徳川家綱。.

新しい!!: 大館城と万治 · 続きを見る »

一国一城令

伊予国 松山城本壇(天守丸) 一国一城令(いっこくいちじょうれい)は慶長20年閏6月13日(1615年8月7日)に江戸幕府が制定した法令である。諸大名に対し、居城以外のすべての城の破却を命じたもの。.

新しい!!: 大館城と一国一城令 · 続きを見る »

佐竹義幹

佐竹 義幹(さたけ よしもと、寛政3年(1791年) - 嘉永5年(1852年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第9代所預。 父は西家佐竹義種。母は今宮義栄の娘。正室多賀谷氏。子は佐竹義茂。幼名は長菊、元千代。通称は隆之助、石見、大炊助。諱は義隣、義幹。.

新しい!!: 大館城と佐竹義幹 · 続きを見る »

佐竹義休

佐竹 義休(さたけ よしやす、享保17年(1732年) - 寛政5年(1790年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第7代所預。 父は西家佐竹義村。母は石塚義敬の娘。正室は石塚義陳の娘。子は佐竹義種。幼名は長菊、元千代。通称は右膳、丹後。諱は義和、義卓、義弦、義休。.

新しい!!: 大館城と佐竹義休 · 続きを見る »

佐竹義種 (西家)

佐竹 義種(さたけ よしたね、宝暦11年(1761年) - 文化13年(1816年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第8代所預。 父は西家佐竹義休。母は石塚義陳の娘。正室は今宮義栄の娘。子は佐竹義幹。幼名は元千代。通称は隆元千代、長菊、石見、近江。初名は義邑。.

新しい!!: 大館城と佐竹義種 (西家) · 続きを見る »

佐竹義遵

佐竹 義遵(さたけ よししげ、1838年(天保9年) - 1901年(明治34年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第11代所預。男爵。 父は西家佐竹義茂。母は佐竹義術の娘武子。正室は岩城隆喜の七女仲子。子は佐竹正一。幼名隆之助。通称郎、大和。諱は義倫、義貴、義純。号は桂城。.

新しい!!: 大館城と佐竹義遵 · 続きを見る »

佐竹義茂

佐竹 義茂(さたけ よししげ、文化9年(1812年) - 慶応4年(1868年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第10代所預。 父は西家佐竹義幹。正室は佐竹義術の娘武子。子は佐竹義遵。幼名は元千代。通称は近江。号鸞斎、此君斎。.

新しい!!: 大館城と佐竹義茂 · 続きを見る »

佐竹義村

佐竹 義村(さたけ よしむら、宝永3年(1706年) - 明和5年(1768年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第6代所預。 父は小場處慶。養父は西家佐竹義方。正室は石塚義敬の娘。子は佐竹義休。幼名は元千代。通称は石見、大和。.

新しい!!: 大館城と佐竹義村 · 続きを見る »

佐竹義武

佐竹 義武は、佐竹氏の人物。.

新しい!!: 大館城と佐竹義武 · 続きを見る »

佐竹義房

佐竹 義房(さたけ よしふさ、寛永20年(1643年) - 貞享元年(1684年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館3代所預。 父は小場隆房。養父は小場義易。子は佐竹義武。通称は六郎、石見。.

新しい!!: 大館城と佐竹義房 · 続きを見る »

佐竹義方 (西家)

佐竹 義方(さたけ よしかた、天和3年(1683年) - 宝永7年(1710年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第5代所預。 父は東家佐竹義秀。養父は西家佐竹義武。養子は佐竹義村。幼名は亥之助。通称は六郎。.

新しい!!: 大館城と佐竹義方 (西家) · 続きを見る »

佐竹氏

佐竹氏(さたけし)は、日本の氏族のひとつ。日本の武家。本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系 河内源氏の流れをくみ、新羅三郎義光を祖とする常陸源氏の嫡流。武田氏に代表される甲斐源氏と同族である。通字は「義」。佐竹氏は家紋として定紋の「扇に月」(一般的には日の丸扇と呼ばれている)の他に、源氏香(花散里)・笹竜胆・佐竹桐・丸に釘貫・丁子巴・鉄線を加えた七つの家紋を「御当家七ッ御紋」としている。源氏から中近世大名、華族として明確な系譜として現代まで残った中ではもっとも大きな流れの一つである。.

新しい!!: 大館城と佐竹氏 · 続きを見る »

地頭

地頭(じとう)は、鎌倉幕府・室町幕府が荘園・国衙領(公領)を管理支配するために設置した職。地頭職という。守護とともに設置された。 平氏政権期以前から存在したが、源頼朝が朝廷から認められ正式に全国に設置した。在地御家人の中から選ばれ、荘園・公領の軍事・警察・徴税・行政をみて、直接、土地や百姓などを管理した。また、江戸時代にも領主のことを地頭と呼んだ。.

新しい!!: 大館城と地頭 · 続きを見る »

嘉永

嘉永(かえい)は日本の元号の一つ。弘化の後、安政の前。1848年から1855年までの期間を指す。この時代の天皇は孝明天皇。江戸幕府将軍は徳川家慶、徳川家定。.

新しい!!: 大館城と嘉永 · 続きを見る »

公園

代々木公園(東京都渋谷区) 公園(こうえん)とは、公衆が憩いまたは遊びを楽しむために公開された場所(区域)。従って公共性の高い団体・組織によって供され運営されることが多い。対象となる場所は目的に適したように整備されるが、元々の自然状態を保つことが優先される場合もある。 歴史的に庭園や遊園地と重なるあるいは包含する概念である。 公園には、次のようなものがある。.

新しい!!: 大館城と公園 · 続きを見る »

元禄

元禄(げんろく、旧字体: 元祿)は日本の元号の一つ。貞享の後、宝永の前。1688年から1704年までの期間を指す。この時代の天皇は東山天皇。江戸幕府将軍は徳川綱吉。.

新しい!!: 大館城と元禄 · 続きを見る »

元治

元治(げんじ)は日本の元号の一つ。文久の後、慶応の前。1864年から1865年までの期間。この時代の天皇は孝明天皇。江戸幕府将軍は徳川家茂。.

新しい!!: 大館城と元治 · 続きを見る »

国道7号

国道7号(こくどう7ごう)は、新潟県新潟市から青森県青森市へ至る一般国道である。新潟市から日本海沿いに、山形県庄内地方、秋田県を経由して、青森市に至る幹線国道であり、江戸時代には新潟市 - 秋田市は羽州浜街道、秋田市 - 青森市は羽州街道として五街道に準ずる脇街道とされた。.

新しい!!: 大館城と国道7号 · 続きを見る »

福島県

福島県(ふくしまけん)は、日本の都道府県の一つ。県庁所在地は福島市。 東北地方の南部(南東北)に位置し、東北で宮城県に次ぐ2番目の人口と県内総生産を擁する。面積は北海道、岩手県に次ぐ全国3位、都道府県別の人口は全国21位、人口密度は全国40位である(いずれも2015年10月1日時点の国勢調査および全国都道府県市区町村別面積調による)。 市町村別では概ね、日本海側に面積の4割弱と人口の15%弱が、太平洋側に面積の6割強と人口の85%以上が分布する。.

新しい!!: 大館城と福島県 · 続きを見る »

秋田犬保存会

公益社団法人秋田犬保存会(あきたいぬほぞんかい)は、天然記念物秋田犬の保護や繁殖などを目的とする公益法人である。元文部科学省所管、通称秋保(あきほ)。.

新しい!!: 大館城と秋田犬保存会 · 続きを見る »

秋田県

秋田県(あきたけん)は、日本の東北地方の県の一つで日本海に面する。県庁所在地は秋田市である。.

新しい!!: 大館城と秋田県 · 続きを見る »

秋田氏

秋田氏(あきたし)は、陸奥国(磐城国)三春藩主家。安倍貞任の後裔を称し平安時代後期から室町時代にかけて出羽北部から津軽地方にかけてを領した安東氏の後身である。通し字は「季」。.

新しい!!: 大館城と秋田氏 · 続きを見る »

豊臣政権

豊臣政権(とよとみせいけん)は、天正18年(1590年)、(ただし、実質的には天正13年(1585年))から、慶長8年(1603年)まで成立していた豊臣氏による日本国の政権。豊臣氏政権(とよとみしせいけん)とも言われる。また羽柴氏政権とも言われる。.

新しい!!: 大館城と豊臣政権 · 続きを見る »

貞享

貞享(じょうきょう)は日本の元号の一つ。天和の後、元禄の前。1684年から1688年までの期間を指す。この時代の天皇は霊元天皇、東山天皇。江戸幕府将軍は徳川綱吉。.

新しい!!: 大館城と貞享 · 続きを見る »

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代の慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に日本の全国各地で戦闘が行われ、関ヶ原の合戦、関ヶ原合戦とも呼ばれる。合戦当時は南北朝時代の古戦場・「青野原」や「青野カ原」と書かれた文献もある近衛前久書状(慶長5年9月20日付)、三河物語には「青野カ原ニテノ合戦」となっている。東照宮御実紀においては「関原青野が原に陣取て、関原の戦」と記載されている。また、吉川広家の書状や「慶長記略抄」所収の狂歌でも「青野か原」と記されている( 毎日新聞 2016年4月4日)。近衛前久書状では「大垣表」という記載もある。。 主戦場となった関ヶ原古戦場跡は国指定の史跡となっている。.

新しい!!: 大館城と関ヶ原の戦い · 続きを見る »

長木川

長木川(ながきがわ)は、秋田県大館市を流れる23.6 kmの河川 - 秋田県。.

新しい!!: 大館城と長木川 · 続きを見る »

若宮八幡宮 (常陸太田市)

若宮八幡宮(わかみや はちまんぐう)は茨城県常陸太田市にある神社。旧社格は郷社。.

新しい!!: 大館城と若宮八幡宮 (常陸太田市) · 続きを見る »

横手城

横手城(よこてじょう)は、秋田県横手市にあった日本の城である。構造は山城。朝倉城、阿櫻城とも呼ばれる。現在、城跡は横手公園として整備されており、模擬天守が建てられている。.

新しい!!: 大館城と横手城 · 続きを見る »

津軽氏

津軽氏(つがるし、)は、16世紀末から廃藩置県まで、現在の青森県のうち津軽地方を支配した大名の氏族。通字は「信(のぶ)」。.

新しい!!: 大館城と津軽氏 · 続きを見る »

源頼朝

源 頼朝(みなもと の よりとも)とは、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、政治家であり、鎌倉幕府の初代征夷大将軍である。 河内源氏の源義朝の三男として生まれる。父・義朝が平治の乱で敗れると伊豆国へ流される。伊豆で以仁王の令旨を受けると、北条時政、北条義時などの坂東武士らと平氏打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠として関東を制圧する。弟たちを代官として源義仲や平氏を倒し、戦功のあった末弟・源義経を追放の後、諸国に守護と地頭を配して力を強め、奥州合戦で奥州藤原氏を滅ぼして全国を平定した。建久3年(1192年)に征夷大将軍に任じられた。 これにより朝廷から半ば独立した政権が開かれ、後に鎌倉幕府とよばれた。 頼朝の死後、御家人の権力闘争によって頼朝の嫡流は断絶し、その後は、北条義時の嫡流(得宗家)が鎌倉幕府の支配者となった。.

新しい!!: 大館城と源頼朝 · 続きを見る »

戊辰戦争

戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 - 明治2年(1868年 - 1869年))は、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩・土佐藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦。名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。 明治新政府が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅したことにより、これ以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められることとなった。 以下の日付は、断りのない限り旧暦でしるす。.

新しい!!: 大館城と戊辰戦争 · 続きを見る »

戦国時代 (日本)

日本の戦国時代(せんごくじだい)は、日本の歴史(にほんのれきし)において、15世紀末から16世紀末にかけて戦乱が頻発した時代区分である。世情の不安定化によって室町幕府の権威が低下したことに伴って守護大名に代わって全国各地に戦国大名が台頭した。領国内の土地や人を一円支配(一元的な支配)する傾向を強めるとともに、領土拡大のため他の大名と戦闘を行うようになった。こうした戦国大名による強固な領国支配体制を大名領国制という。.

新しい!!: 大館城と戦国時代 (日本) · 続きを見る »

明和

明和(めいわ)は日本の元号の一つ。宝暦の後、安永の前。1764年から1772年までの期間、施行された。この時代の天皇は後桜町天皇、後桃園天皇。江戸幕府将軍は徳川家治。.

新しい!!: 大館城と明和 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 大館城と明治 · 続きを見る »

浅利勝頼

浅利 勝頼(あさり かつより)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士。.

新しい!!: 大館城と浅利勝頼 · 続きを見る »

浅利頼平

浅利 頼平(あさり よりひら)は、安土桃山時代の武士。出羽国比内郡の国人・比内浅利氏最後の当主。.

新しい!!: 大館城と浅利頼平 · 続きを見る »

浅利氏

浅利氏(あさりし)は、日本の氏族である。本姓は清和源氏義光流を称し、甲斐国八代郡浅利郷(現・山梨県)を本拠とした甲斐浅利氏と、それから分かれ、出羽国比内郡(現・秋田県)を本拠とした出羽浅利氏の2流がある。.

新しい!!: 大館城と浅利氏 · 続きを見る »

新人物往来社

株式会社新人物往来社(しんじんぶつおうらいしゃ)は、かつて存在した日本の出版社。雑誌『歴史読本』の発行元として知られる歴史図書専門の出版社である。 2008年(平成20年)11月26日に中経出版の子会社になり、その後2009年(平成21年)4月7日に中経出版が角川グループホールディングスの子会社となったことにより、新人物往来社も角川グループの1つとなった。さらに2013年(平成25年)4月1日に中経出版に吸収合併され、社名が消滅することとなった。.

新しい!!: 大館城と新人物往来社 · 続きを見る »

日本の城

日本の城(にっぽんのしろ・にほんのしろ)では、日本国内に築かれた城について解説する。アイヌのチャシや沖縄県および鹿児島県の奄美群島にあったグスクについても一部解説する。 姫路城(世界遺産・現存天守) 日本における城は、古代の環濠集落から石垣と天守を持つ近世の城まで多様なものが含まれる。幕末の台場や砲台も、城に含めることがある。造営は、堀や土塁を築く普請(ふしん、土木工事)と、門や塀を造る作事(さくじ、建築)からなる。屋敷や櫓・天守も作事に含まれる。 中世の城では、戦闘員である武士がおもに駐在し、その武士たちを抱える主君の武家や豪族は、城のある山とは別の場所に館を構えて居住していた。戦国時代には、主君も城内に居住するスタイルが現れ、おもな家臣たちも城内に屋敷を与えられ、その家族や日常の世話をする女性も居住した。戦国末期から近世の城郭では、外郭を築き、城下町も取り込む城も現れた。江戸時代の1615年に一国一城令が発布されるまでは、城は各地に多数存在し、砦のような小さなものも含めると数万城あったといわれる。中世・近世に、平地に築かれた館や館造りの陣屋等は城には含まないものの城郭構の陣屋や館、少しでも城に近づけて造られたものは、城とすることがある。.

新しい!!: 大館城と日本の城 · 続きを見る »

慶応

慶応(けいおう、旧字体: 慶應)は日本の元号の一つ。元治の後、明治の前。1865年から1868年までの期間。この時代の天皇は孝明天皇、明治天皇。江戸幕府将軍は徳川家茂、徳川慶喜。日本での「一世一元の詔」発布以前では最後の元号。.

新しい!!: 大館城と慶応 · 続きを見る »

慶長

慶長(けいちょう)は日本の元号の一つ。文禄の後、元和の前。1596年から1615年までの期間を指す。この時代の天皇は後陽成天皇、後水尾天皇。江戸幕府将軍は徳川家康、徳川秀忠。.

新しい!!: 大館城と慶長 · 続きを見る »

1550年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1550年 · 続きを見る »

1582年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1582年 · 続きを見る »

1598年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1598年 · 続きを見る »

1602年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1602年 · 続きを見る »

1634年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1634年 · 続きを見る »

1658年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1658年 · 続きを見る »

1684年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1684年 · 続きを見る »

1693年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1693年 · 続きを見る »

1710年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1710年 · 続きを見る »

1768年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1768年 · 続きを見る »

1789年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1789年 · 続きを見る »

1852年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1852年 · 続きを見る »

1864年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1864年 · 続きを見る »

1868年

記載なし。

新しい!!: 大館城と1868年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

桂城公園

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »