ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

外套 (プッチーニ)

索引 外套 (プッチーニ)

『外套』(がいとう、Il tabarro )は、ジャコモ・プッチーニの作曲した全1幕のオペラである。パリ・セーヌ河畔に暮らす荷物船の老船長が、若い妻を巡る争いがもとで部下の若者を殺すさまをショッキングに描く。傾向の異なった3つの一幕物オペラを連続して同時に上演する「三部作」の最初の演目として、1918年12月14日、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で初演された。.

83 関係: 原信子妖精ヴィッリ三部作 (プッチーニ)修道女アンジェリカペトルーシュカマリー・アントワネットチェレスタハープバリトンバレエバス (声域)バストロンボーンバスドラムバスクラリネットメトロポリタン歌劇場メゾソプラノモグララ・ボエーム (プッチーニ)リヒャルト・シュトラウスルーアンルイージ・イッリカローマローマ歌劇場ヴェリズモ・オペラトランペットトライアングルトロンボーントゥーランドットプロシュット・ディ・パルマパリパルマピッコロピアノテノールティンパニティッタ・ルッフォフルートフレデリック・ショパンファゴットフェレットドイツニューヨークホルンアルトゥーロ・トスカニーニアパッシュイーゴリ・ストラヴィンスキーウィーンオペラオペレッタオーボエ...オーストリアカナダカヴァレリア・ルスティカーナクラリネットグラン・ギニョールグロッケンシュピールコルネットコーラングレコイ科ジャンニ・スキッキジャコモ・プッチーニジュゼッペ・アダーミジュゼッペ・ジャコーザジョヴァッキーノ・フォルツァーノセーヌ川ソプラノサロメ (オペラ)第一次世界大戦道化師 (オペラ)藤原義江金子登淡水魚日比谷公会堂日本12月14日1884年1913年1914年1916年1918年1919年1921年 インデックスを展開 (33 もっと) »

原信子

原 信子(はら のぶこ、1893年9月10日 - 1979年2月15日)は、日本の声楽家、大正時代から昭和時代にかけて活躍した国際的オペラ・ソプラノ歌手。五十嵐喜芳、大谷冽子、増田晃久、久富吉晴、松浦知恵子(ピアニスト)、松島詩子、伊藤京子、宗孝夫等多くの歌手を育てた。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と原信子 · 続きを見る »

妖精ヴィッリ

『妖精ヴィッリ』(Le Villi)は、ジャコモ・プッチーニが作曲した最初のオペラである。言語表記は『ヴィッリ』であるが、日本では『妖精ヴィッリ』として定着している。現在は全曲が演奏されることはほとんどない。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と妖精ヴィッリ · 続きを見る »

三部作 (プッチーニ)

ャコモ・プッチーニの三部作(さんぶさく、Il trittico )とは、彼の作曲した3つの一幕物オペラ、順番に『外套』、『修道女アンジェリカ』、『ジャンニ・スキッキ』を一夜で連続して上演するという試みである。1918年12月14日、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で初演された。 この3作は常にこの順番で組み合せて上演する、というのが作曲者プッチーニの当初の意図だったが、今日では個別オペラが単独で、または他の作曲家の短篇オペラとの組み合わせで上演されることも多い。 なお、個々のオペラの作曲の経緯、あらすじ等に関してはそれぞれの個別記事を参照されたい。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と三部作 (プッチーニ) · 続きを見る »

修道女アンジェリカ

『修道女アンジェリカ』(しゅうどうじょアンジェリカ、Suor Angelica )は、ジャコモ・プッチーニの作曲した全1幕のオペラである。イタリアのとある尼僧院で修道女が自殺を企て、聖母マリアにその罪を赦され昇天するまでを描く。傾向の異なった3つの一幕物オペラを連続して同時に上演する「三部作」の第2番目の演目として、1918年12月14日、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で初演された。 舞台裏に配される合唱に男声を含むほかは、すべてが女声で演じられるオペラである。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と修道女アンジェリカ · 続きを見る »

ペトルーシュカ

『ペトルーシュカ』 (露語:Петрушка, 仏語:Pétrouchka)は、ストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つ。おがくずの体を持つわら人形の物語で、主人公のパペットは命を吹き込まれて恋を知る。ペトルーシュカ(ピョートルの愛称)は、いわばロシア版のピノキオであり、悲劇的なことに、正真正銘の人間ではないにもかかわらず真の情熱を感じており、そのために(決して実現しないにもかかわらず)人間に憧れている。ペトルーシュカは時おり引き攣ったようにぎこちなく動き、人形の体の中に閉じ込められた苦しみの感情を伝えている。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とペトルーシュカ · 続きを見る »

マリー・アントワネット

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。 フランス革命中の1793年10月16日に刑死した。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とマリー・アントワネット · 続きを見る »

チェレスタ

チェレスタ(またはセレスタ、イタリア語:celesta)は体鳴楽器に分類される鍵盤楽器の1つ。パリの楽器制作家オギュスト・ミュステルが発明し、1886年に特許を得た。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とチェレスタ · 続きを見る »

ハープ

ハープ(harp)は、西洋音楽で用いられる弦鳴楽器。 コンサートハープ ダブル・アクション・ペダル・ハープ ハープの7本のペダル(左足用が3本と右足用が4本) 現代のコンサートハープの基本的な構成要素と用語(英語) ケルティック・ハープを弾く女性 ハープと演奏者を表したサーサーン朝ペルシア時代のモザイク。インド、ビシャプール発掘。ルーブル美術.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とハープ · 続きを見る »

バリトン

バリトン(Bariton、baritone、baryton、baritono)は、男声のバスとテノールの中間の声域およびそれを受け持つ歌手。男声を音域で二分する場合はバスの側に分類される。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とバリトン · 続きを見る »

バレエ

バレエ(ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とバレエ · 続きを見る »

バス (声域)

プラノ アルト テノール '''バス''' バス(Bass、英語ではベイスと発音)は、声域としては最も低い音域の声部をさす。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とバス (声域) · 続きを見る »

バストロンボーン

バス・トロンボーン()は、トロンボーンの一種。日本では、Bassをバスと発音することが多いが、英語圏ではベースと発音するのが一般的である。 バス・トロンボーン(インライン).

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とバストロンボーン · 続きを見る »

バスドラム

ラシック音楽用のバスドラム ドラムセットに組み込まれた物 バスドラム(Bass Drum, ベースドラムとも)は、西洋音楽に使われる打楽器である。大太鼓、グランカッサなども同義。バスドラ、ベードラ、キックなどとも略称・俗称される。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とバスドラム · 続きを見る »

バスクラリネット

バスクラリネット(bass clarinet、略称:B.Cl、BsCl、バスクラ)は、クラリネットの派生楽器である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とバスクラリネット · 続きを見る »

メトロポリタン歌劇場

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House)はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区のリンカーン・センター内にあるアメリカ随一のオペラ・ハウスである。メトロポリタン・オペラ・カンパニーの本拠地であり、キャストや装置の豪華さで名高い。Metropolitan Opera Associationにより運営されている。しばしば「メト」(MET)と呼ばれる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とメトロポリタン歌劇場 · 続きを見る »

メゾソプラノ

メゾソプラノ(伊 mezzosoprano)は、女声歌手で、概ね合唱ではA3~F5、ソロや他パートとのユニゾンではF3~A5くらいの声域をもつ。略してメゾとも言う。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とメゾソプラノ · 続きを見る »

モグラ

モグラ(土竜)は、トガリネズミ形目に含まれるモグラ科(モグラか、Talpidae)の構成種の総称。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とモグラ · 続きを見る »

ラ・ボエーム (プッチーニ)

『ラ・ボエーム』(La Bohème)は、ジャコモ・プッチーニの作曲した4幕オペラで、最もよく演奏されるイタリアオペラのひとつである。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とラ・ボエーム (プッチーニ) · 続きを見る »

リヒャルト・シュトラウス

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(Richard Georg Strauss、1864年6月11日 - 1949年9月8日)は、ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家のひとり。交響詩とオペラの作曲で知られ、また、指揮者としても活躍した。ウィーンのヨハン・シュトラウス一族とは血縁関係はない。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とリヒャルト・シュトラウス · 続きを見る »

ルーアン

ルーアン(Rouen, ルアンとも)は、フランス西部に位置する都市で、ノルマンディー地域圏の首府、セーヌ=マリティーム県の県庁所在地である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とルーアン · 続きを見る »

ルイージ・イッリカ

ルイージ・イッリカ。この写真でも右耳は写っていない。 ルイージ・イッリカ(Luigi Illica, 1857年5月9日 - 1919年12月16日)は、イタリアのオペラ台本作家。カタラーニ、プッチーニ、ジョルダーノなど「新イタリア楽派」のために書いた数々のオペラ台本によって名高い。 日本ではしばしば「イルリカ」とも表記される。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とルイージ・イッリカ · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とローマ · 続きを見る »

ローマ歌劇場

ーマ歌劇場(Teatro dell'Opera di Roma)は、イタリア・ローマにある歌劇場。1880年11月に開場したコスタンツィ劇場がその前身である。数度にわたる名称の変遷、改修工事を経て、現在は総席数約1,600の歌劇場である。ローマ・オペラ座とも訳される。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とローマ歌劇場 · 続きを見る »

ヴェリズモ・オペラ

ヴェリズモ・オペラ(verismo opera)は、1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラの新傾向である。同時代のヴェリズモ文学に影響を受け、内容的には市井の人々の日常生活、残酷な暴力などの描写を多用すること、音楽的には声楽技巧を廃した直接的な感情表現に重きを置き、重厚なオーケストレーションを駆使することをその特徴とする。 そうした傾向をもっともよく示す作品として今日も上演機会が多いオペラとしては、ピエトロ・マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』(初演1890年)、ルッジェーロ・レオンカヴァッロ『道化師』(同1892年)などがある。時には、同時代に作曲されたウンベルト・ジョルダーノ『アンドレア・シェニエ』(同1896年)やジャコモ・プッチーニ『トスカ』(同1900年)など、同時代の庶民生活を題材とせず、歴史上あるいは架空の人物を主人公とするオペラも、その激しい感情表出に着目した場合「ヴェリズモ・オペラ」の範疇に含めて論じられることもある。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とヴェリズモ・オペラ · 続きを見る »

トランペット

トランペットは、金管楽器の一種である。略称は「Tp」「Trp」など。語源は貝殻の一種を意味するギリシア語のstrombosであるとされる下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年。 管は全体としては円錐形だが、全長の1/4から1/3ほどは円筒形であり、長円状に巻かれている。その中ほどに3つ(稀に4つ)のピストンまたはロータリー式のバルブを備え、バルブによって管長を変えて音高を変化させる。 様々な調性のものが存在し、最も一般的なのは変ロ調(B♭管)とハ調(C管)で、ハ調を除き移調楽器である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とトランペット · 続きを見る »

トライアングル

トライアングル (triangle) は、体鳴楽器に分類される打楽器の一つである。形状は三角形に曲げられた金属(一般には鋼鉄)の棒である。「トライアングル」とは英語で三角形のことで、その形状からこの名がついている。 現代のトライアングルは通常、3つの角のうちの1つが、閉じられず、切れた状態である。ゆえに、トライアングルは2ヶ所の曲部を持った1本の棒であるといえる。一定の音律(ピッチ)を持たない。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とトライアングル · 続きを見る »

トロンボーン

トロンボーンは、金管楽器の一種である。スライド式のものは、2つの長いU字型の管を繋ぎ合わせた構造を持ち、その一部(スライド)を伸縮させて音高を変える。また、バルブ式の物もある。テナートロンボーンと現代のベーストロンボーンの調はB♭(変ロ調)であるが、いずれも実音で記譜される。語源はラッパを意味するイタリア語 tromba に、より大きなものを表す接尾語(“-one”)を付けたものであり、「大きなトランペット」という意味である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とトロンボーン · 続きを見る »

トゥーランドット

『トゥーランドット』(Turandot)は、フランソワ・ペティ・ド・ラ・クロワ(François Pétis de la Croix)が1710年〜1712年に出版した『千一日物語』(原題Les Mille et un Jours 、『千一夜物語』とは別の作品)の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。上記に該当する音楽作品は複数存在するが、本項では、これらのうち最も有名なジャコモ・プッチーニのオペラ『トゥーランドット』について記述する。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とトゥーランドット · 続きを見る »

プロシュット・ディ・パルマ

プロシュット・ディ・パルマ(Prosciutto di Parma)は別名「パルマハム」とも呼ばれる、イタリアのパルマ近郊で作られているプロシュットで、生ハムの一種である。金華火腿、ハモン・セラーノと並んで世界三大ハムの一つに数えられる。 DOP(保護指定原産地表示)の一つとなっており、産地保証による品質管理のため、この名称を使用する条件は厳しく運用されている。 世界中で食べられているパルマハムのほとんどは、パルマ市内から車で数十分のところにあるランギラーノという横400M×長さ2KMの地区で作られており、大小を含め200ほどの生ハム工場がある。 日本においても2006年10月に、パルマハム協会が特許庁に地域団体商標「PROSCIUTTO DI PARMA(ぷろっしゅっと・でぃ・ぱるま)」として出願し、登録査定された。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とプロシュット・ディ・パルマ · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とパリ · 続きを見る »

パルマ

パルマ(Parma)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約19万人の基礎自治体(コムーネ)。パルマ県の県都である。 古代に起源を有する都市で、中世は自治都市として栄えた。パルマ大聖堂を中心に中世都市の景観が残る。16世紀半ばから19世紀のイタリア統一まではパルマ公国の首都であった。「美食の都」として知られており、特にプロシュット・ディ・パルマ(パルマハム)で有名である。食品産業が盛んであり、ヨーロッパ連合の外局である欧州食品安全機関の本部も置かれている。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とパルマ · 続きを見る »

ピッコロ

ピッコロはフルートの派生楽器であり、フルートと同じ指使いでちょうど1オクターヴ高い音が出る移高楽器である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とピッコロ · 続きを見る »

ピアノ

ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とピアノ · 続きを見る »

テノール

プラノ アルト '''テノール''' バス テノール、またはテナー(tenor、ténor、Tenor、tenore)は、高い声域の男声歌手(カウンターテナーほど高くはない)あるいはその声域のことである。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とテノール · 続きを見る »

ティンパニ

ティンパニ(timpani)は、打楽器の一種。主に銅製であり、半球形の胴体に脚がついた大型の太鼓で、皮が張られた上面(鼓面、打面)を、通常2本のマレット(ばち)で叩く。太鼓の一種であるが、通常の太鼓は非整数倍音成分が多く特定の音程を聴き取ることは困難であるのに対し、ティンパニでははっきり音程を聴き取れる点が通常の太鼓と異なる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とティンパニ · 続きを見る »

ティッタ・ルッフォ

ティッタ・ルッフォ ティッタ・ルッフォ(Titta Ruffo, 本名Ruffo Cafiero Titta, 1877年6月9日 - 1953年7月6日)は、イタリアのバリトン歌手。その大声量と力強い表現力から20世紀前半最高のバリトン歌手の一人とされる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とティッタ・ルッフォ · 続きを見る »

フルート

フルートは木管楽器の一種で、リードを使わないエアリード(無簧)式の横笛である下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年安藤由典『新版 楽器の音響学』音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とフルート · 続きを見る »

フレデリック・ショパン

フレデリック・フランソワ・ショパン(Frédéric François Chopin 、国際音声記号による発音表記は 。 、1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名だった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人フランス語 le poète du piano、ポーランド語 poeta fortepianu、英語 the poet of the piano、ドイツ語 der Poet am Klavierなど。とも呼ばれるように、様々な形式・美しい旋律・半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。夜想曲やワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地だった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。 1988年からポーランドで発行されていた5000ズウォティ紙幣に肖像が使用されていた。また、2010年にもショパンの肖像を使用した20ズウォティの記念紙幣が発行されている。2001年、ポーランド最大の空港「オケンチェ空港(Port lotniczy Warszawa-Okęcie)」が「ワルシャワ・ショパン空港」に改名された。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とフレデリック・ショパン · 続きを見る »

ファゴット

ファゴットは、木管楽器の一つで、オーボエと同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード(複簧)式の管楽器である安藤由典 『新版 楽器の音響学』 音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。低音〜中音部を担当し、実音で記譜される。低音域でも立ち上がりが速く、歯切れのよい持続音を出すことができる。英語に従い、バスーンとも呼ばれる。 16世紀中頃には使われていたといわれ、当初は2キーだったが、18世紀には3〜4キーとなった。外観が似ているカータル(ドゥルシアンとも)という楽器が直接の祖先とする説が有力であるアンソニー・ベインズ(著) 奥田恵二(訳) 『木管楽器とその歴史』 音楽之友社、1965年。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とファゴット · 続きを見る »

フェレット

フェレット(英:ferret or white footed ferret)は、イタチ科に属する肉食性の哺乳小動物である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とフェレット · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とドイツ · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とニューヨーク · 続きを見る »

ホルン

ホルンは金管楽器の一種である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とホルン · 続きを見る »

アルトゥーロ・トスカニーニ

アルトゥーロ・トスカニーニ(Arturo Toscanini, 1867年3月25日 - 1957年1月16日)は、イタリア出身の指揮者。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とアルトゥーロ・トスカニーニ · 続きを見る »

アパッシュ

アパッシュを描いた新聞(1907年) アパッシュ(Apache)は、19世紀末から20世紀初頭のパリにおいて、路地裏で強盗などの犯罪に手を染めていた若者の総称。現在では、日本語の「ならず者」や「チンピラ」に近い意味で使われる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とアパッシュ · 続きを見る »

イーゴリ・ストラヴィンスキー

イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー(И́горь Фёдорович Страви́нский、1882年6月17日 - 1971年4月6日)は、ロシアの作曲家。 同じくロシアの芸術プロデューサーであるディアギレフから委嘱を受け作曲した初期の3作品(『火の鳥』、『ペトルーシュカ』、『春の祭典』)で知られるほか、指揮者、ピアニストとしても活動した。20世紀を代表する作曲家の1人として知られ、20世紀の芸術に広く影響を及ぼした音楽家の1人である。ニューヨークで没した。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とイーゴリ・ストラヴィンスキー · 続きを見る »

ウィーン

ウィーン(標準Wien〈ヴィーン〉、Wean〈ヴェアン〉、Vienne〈ヴィエンヌ〉、Vienna〈ヴィエナ〉)は、オーストリアの首都。2017年1月1日時点の人口は186万7582人。都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。位置は、北緯48度12分5秒、東経16度22分38秒。第一次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都としてドイツを除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じて形式上はドイツ民族全体の帝都でもあった。クラシック音楽が盛んで過去にモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とウィーン · 続きを見る »

オペラ

イタリア・ミラノにあるスカラ座。1778年に完成したこの歌劇場は、世界で最も有名である。 オペラ(イタリア語・英語: opera、フランス語: opéra、ドイツ語: Oper)は、演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。歌劇(かげき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とオペラ · 続きを見る »

オペレッタ

ペレッタ(伊:Operetta 独:Operette)は、台詞と踊りのあるオーケストラ付きの歌劇。日本では、喜歌劇(きかげき)・軽歌劇(けいかげき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とオペレッタ · 続きを見る »

オーボエ

ーボエ(オーボー、オーボワとも)は、木管楽器の一種であり、ダブルリードで発音する円錐管の楽器(複簧管楽器)である安藤由典 『新版 楽器の音響学』 音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。原義はフランス語のhaut bois(高い木)で、「高音(または大音量)の木管楽器」であるとされる下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とオーボエ · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とオーストリア · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とカナダ · 続きを見る »

カヴァレリア・ルスティカーナ

『カヴァレリア・ルスティカーナ』(Cavalleria Rusticana)は、イタリアの小説家、ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。題名は「田舎の騎士道」といった意味である。今日、特にイタリア語圏以外では最後のオペラ作品が有名となっており、本項でもオペラを中心に記述する。 ヴェルガの出身地シチリアの山間部を舞台として、貧しい人々の暮らし、三角関係のもつれから起きる決闘と殺人を描いたこの小説は、イタリアにおけるヴェリズモ(リアリズム文芸運動)の典型的作品とされている。 一方、マスカーニのオペラは1890年に完成し、楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールで圧倒的な支持を受けて優勝、マスカーニはたちまちオペラ界の寵児となった。また、このオペラはヴェリズモ・オペラ形式の端緒をなすものとされる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とカヴァレリア・ルスティカーナ · 続きを見る »

クラリネット

ラリネットは管楽器の一種で、1枚の簧(リード)を振動源として音を出す単簧(シングル・リード)の木管楽器である下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年安藤由典『新版 楽器の音響学』音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とクラリネット · 続きを見る »

グラン・ギニョール

ラン・ギニョール(Grand Guignol)は、フランス、パリに19世紀末から20世紀半ばまで存在した大衆芝居・見世物小屋のグラン・ギニョール劇場(Le Théâtre du Grand-Guignol)のこと。またそこから転じて、同座や類似の劇場で演じられた「荒唐無稽な」、「血なまぐさい」、あるいは「こけおどしめいた」芝居のことをいう。フランス語では"grand-guignolesque"(「グラン・ギニョール的な」)という形容詞は上記のような意味合いで今日でもしばしば用いられる。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とグラン・ギニョール · 続きを見る »

グロッケンシュピール

ッケンシュピール(Glockenspiel)は、金属製の音板をもつ鍵盤打楽器で、鉄琴の一種である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とグロッケンシュピール · 続きを見る »

コルネット

ルネット(cornet、cornet à pistons、Kornet, Piston、cornetta)は、金管楽器の一種である。イタリア語で角笛もしくはホルンを意味するcornoに縮小語尾の -ettoを付加したものが語源。この楽器の直接の起源は、ポストホルンである。 ルネサンス期に用いられた音孔を持つ金管楽器も「コルネット」と呼ばれるが、別の楽器である。こちらはイタリア語でcornetto、もしくは英語でもcornettと綴ることが多いようである。ドイツ語でツィンクと呼んで区別することも行われる(当該記事も便宜上これを項目名としている)。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とコルネット · 続きを見る »

コーラングレ

ーラングレ(コール・アングレ、フランス語 cor anglais)またはイングリッシュホルン(英語 english horn )、コルノ・イングレーゼ(イタリア語 corno inglese)は、ダブルリードの木管楽器の一種。オーボエと同族のF管楽器で、オーボエよりも低い音を出す。希にアルトオーボエ(alto oboe)と呼ばれることもある。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とコーラングレ · 続きを見る »

コイ科

イ科(学名:)はコイ目に所属する魚類の分類群の一つ。淡水魚のグループとしては最大の科であり、コイやヒメハヤなど約3000種が属する。1,950種が記載されるハゼ科(スズキ目)と並び、脊椎動物全体で最大の科でもある。多数の水産重要種を含み、アクアリウムなどで飼育される観賞魚も多い。ゼブラフィッシュ(Danio rerio)など、一部の魚種は生物学における重要なモデル動物として利用されている。名称は古代ギリシア語でコイを意味するキュプリーノス(κυπρῖνος)にちなむ。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とコイ科 · 続きを見る »

ジャンニ・スキッキ

『ジャンニ・スキッキ』(Gianni Schicchi)は、ジャコモ・プッチーニの作曲した全1幕のオペラである。主人公の中年男ジャンニ・スキッキが、大富豪の遺産を巡る親戚間の騒動と、若い男女の恋を見事に解決するさまをコミカルに描いた喜劇。傾向の異なった3つの一幕物オペラを連続して同時に上演する「三部作」の最終、第3番目の演目として、1918年12月14日、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で初演された。 同作はプッチーニにとって唯一の喜劇オペラである。また、次作『トゥーランドット』が未完で終ったため、プッチーニが完成し得た最後のオペラともなった。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とジャンニ・スキッキ · 続きを見る »

ジャコモ・プッチーニ

ャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とジャコモ・プッチーニ · 続きを見る »

ジュゼッペ・アダーミ

ュゼッペ・アダーミ(Giuseppe Adami, 1878年11月4日 - 1946年10月12日)はイタリアの劇作家、オペラ台本作家である。プッチーニの晩年においていくつかのオペラ台本を提供したことで特に有名。 ヴェローナに生まれる。はじめパドヴァ大学にて法学を学ぶが、文学を一生の職に定め、地元ヴェローナの「アレーナ」紙で演劇評論面を担当する一方、多くの舞台劇を著した。1911年には著名な楽譜出版社リコルディ社総帥、ジューリオ・リコルディの紹介でプッチーニの知遇を得た。 この頃プッチーニは、パリで観てオペラ化を思い立ったグラン・ギニョール劇『外套』の台本作成者を探していたが、アダーミはわずか3週間ほどで台本を完成、プッチーニからの高い評価を得た。並行してウィーンから委嘱されていたオペレッタ『つばめ』の台本も作成(ドイツ語版台本からの翻訳)、『つばめ』は1917年、『外套』は1918年に初演された。その後、カルロ・ゴッツィの研究家としても有名だった劇作家レナート・シモーニと共同で、プッチーニの最後の作品『トゥーランドット』台本も作成している。 アダーミはプッチーニ以外の作曲家、たとえばリッカルド・ザンドナーイやフランコ・ヴィッタディーニに対してもいくつかのオペラ台本を著しているが、これらは現在では上演機会に乏しい。 彼はまた、プッチーニの書簡集(初版1928年)、伝記(同1935年)、ジューリオ・リコルディの追想集(同1933年)などを出版しており、これらは20世紀初頭イタリア・オペラ界を知る資料として一定の価値を認められている。 1946年ミラノで死去。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とジュゼッペ・アダーミ · 続きを見る »

ジュゼッペ・ジャコーザ

ュゼッペ・ジャコーザ(Giuseppe Giacosa, 1847年10月21日 - 1906年9月1日)は、イタリアの詩人、劇作家、オペラ台本作家である。ルイージ・イッリカと共同でプッチーニのために書いたオペラ台本、『ラ・ボエーム』、『トスカ』、『蝶々夫人』によって特に有名である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とジュゼッペ・ジャコーザ · 続きを見る »

ジョヴァッキーノ・フォルツァーノ

ョヴァッキーノ・フォルツァーノ(Giovacchino Forzano, 1884年11月19日 - 1970年10月18日)は1920年代から30年代にかけて活躍したイタリアの劇作家、オペラ台本作家、舞台演出家、映画監督である。今日ではジャコモ・プッチーニ作曲『修道女アンジェリカ』、同『ジャンニ・スキッキ』、あるいはエルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ作曲『スライ』の台本にその名を残す。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とジョヴァッキーノ・フォルツァーノ · 続きを見る »

セーヌ川

流域図 パリのランドサット。大きく蛇行しているのがわかる。 パリ中心部の橋 セーヌ川(セーヌがわ、Seine)は、フランスを流れる河川である。流域も全体がフランスに属している。全長780kmは、フランスではロワール川に続いて第二の長さである。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とセーヌ川 · 続きを見る »

ソプラノ

'''ソプラノ''' アルト テノール バス ソプラノ(伊 soprano)は、西洋音楽における歌手の声域区分で、女声の高い音域を指す。また、器楽においては、同系の楽器中、最も高い音域のものをいう。例えばソプラノサックス(サクソフォーン)。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とソプラノ · 続きを見る »

サロメ (オペラ)

『サロメ』()作品54は、リヒャルト・シュトラウスが1903年から1905年にかけて作曲した1幕のオペラ(元々の記述はオペラではなく、「1幕の劇 Drama in einem Aufzuge」であるが、ドイツオペラはむしろオペラと明記してある作品の方が少数でもあり、通常は一括してオペラと呼ばれる)。台本はオスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」をもとに、が独訳したもの。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)とサロメ (オペラ) · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と第一次世界大戦 · 続きを見る »

道化師 (オペラ)

『道化師』(どうけし)は、ルッジェーロ・レオンカヴァッロが作曲、1892年に初演された全2幕からなるオペラである。マスカーニ作曲の「カヴァレリア・ルスティカーナ」と並んで、ヴェリズモ・オペラの代表作として名高い。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と道化師 (オペラ) · 続きを見る »

鐘(かね、bell)は、音を出す道具のひとつ。金属製のお椀型の外身、それにぶつからせて音を生じさせる部品との2つの物体からなる。釣鐘。世界中で宗教施設や町の高い建物に設置され、音で人々に時刻やさまざまな合図を伝えるのに用いられてきた。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と鐘 · 続きを見る »

藤原義江

藤原 義江(ふじわら よしえ、1898年(明治31年)12月5日 - 1976年(昭和51年)3月22日)は、日本の男性オペラ歌手、声楽家(テノール(テナー))。愛称は吾等のテナー(われら―)。 戦前から戦後にかけて活躍した世界的オペラ歌手であり、藤原歌劇団の創設者。父親がスコットランド人で母親が日本人のハーフ(混血)。大阪府生まれ。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と藤原義江 · 続きを見る »

金子登

金子 登(かねこ のぼり、1911年11月23日 - 1987年7月6日)は、日本の指揮者、東京芸術大学名誉教授。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と金子登 · 続きを見る »

淡水魚

メダカ ''Oryzias latipes'' (メダカ科)。日本を含めた東アジアに広く分布する、よく知られた淡水魚の1種である『日本の淡水魚 改訂版』 pp.426-429 淡水魚(たんすいぎょ、英:Freshwater fish)は、淡水で生活し得る魚類の総称。淡水魚は2006年の時点でおよそ1万2,000種が知られ、現生の魚類2万8,000種のうち約43%を占めている『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.11-14。主として河川にすむ魚は、川魚(「かわざかな」または「かわうお」)と呼ばれることも多い。 淡水魚が生息する河川や湖沼などの陸水は、地球上に存在するすべての水のうち0.01%にも満たず、一種あたりの平均体積は海水魚の約7,500分の1に過ぎない『The Diversity of Fishes Second Edition』 p.339。海水魚よりもはるかに狭い生物圏で獲得された淡水魚の著しい生物多様性は、平均水深が浅い淡水域では基礎生産が非常に高いこと、隔離状態が容易に発生し種分化が促進されやすいことなど、複雑に絡み合った生態学的・地質学的要因によってもたらされたものと考えられている。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と淡水魚 · 続きを見る »

日比谷公会堂

日比谷公会堂(ひびやこうかいどう、Tokyo Metropolitan Hibiya Public Hall)は、東京都千代田区の日比谷公園の中にある多目的ホールである。現在は長期休館中。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と日比谷公会堂 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と日本 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と12月14日 · 続きを見る »

1884年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1884年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1913年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1914年 · 続きを見る »

1916年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1916年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1918年 · 続きを見る »

1919年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1919年 · 続きを見る »

1921年

記載なし。

新しい!!: 外套 (プッチーニ)と1921年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »