ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

型式証明

索引 型式証明

型式証明(かたしきしょうめい、Type certificate)とは、ある航空機の型式(軍用機は除く)の設計が安全性及び環境適合性の基準を満たしていることを証明するものである。.

11 関係: シカゴ条約国土交通大臣国土交通省国際民間航空機関認定事業場航空協定航空機航空機の登録耐空証明連邦航空局欧州航空安全機関

シカゴ条約

国際民間航空条約(こくさいみんかんこうくうじょうやく、Convention on International Civil Aviation)は、1944年11月にアメリカのシカゴで開催された民間航空に関する国際会議において採択された条約。通称はシカゴ条約(シカゴじょうやく、Chicago Convention)。2011年までに191ヶ国が加盟している ICAO。 民間航空機を対象として、領空主権に関して再確認すると共に、航空機の法的地位を定め、国際民間航空を能率的かつ秩序あるものにすることを目的としている。日本は1953年に加盟した。民間航空機の定期便については、ラウンド交渉ではなく二国間で条約を結んでルール化している。.

新しい!!: 型式証明とシカゴ条約 · 続きを見る »

国土交通大臣

国土交通大臣(こくどこうつうだいじん、)は、日本の国務大臣。国土交通省の長である。略称は国交相(こっこうしょう)。.

新しい!!: 型式証明と国土交通大臣 · 続きを見る »

国土交通省

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism、略称:MLIT)は、日本の行政機関の一つである。 「国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること」を任務とする(国土交通省設置法第3条)。.

新しい!!: 型式証明と国土交通省 · 続きを見る »

国際民間航空機関

国際民間航空機関(こくさいみんかんこうくうきかん、International Civil Aviation Organization, ICAO)は、国際連合経済社会理事会の専門機関の一つ。本部はカナダのモントリオールにある。略称は、日本語では「イカオ」や「アイカオ」と読まれることが多く、英語圏では「アイケーオー」と読まれることが多いが、英語圏以外では「イカオ」という読みが一般的である。.

新しい!!: 型式証明と国際民間航空機関 · 続きを見る »

認定事業場

認定事業場(にんていじぎょうば)とは、航空機又はその装備品の設計・製造・修理・改造において、組織・人員・施設・部品及び工程管理の検査を含む品質管理などの制度などが、一定の基準に達している事業場(事業者)を国土交通大臣が認定する制度である。.

新しい!!: 型式証明と認定事業場 · 続きを見る »

航空協定

航空協定(こうくうきょうてい)は、国際民間航空運送に関する路線・輸送力・航空企業などの事項について2国間で締結される条約の総称である。二国間航空協定ともいう。.

新しい!!: 型式証明と航空協定 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 型式証明と航空機 · 続きを見る »

航空機の登録

航空機の登録(こうくうきのとうろく)とは、日本において、航空法3条に基づき国土交通大臣(実際には国土航空省航空局総務課の担当官)が行う航空機登録原簿への航空機の登録をいう。.

新しい!!: 型式証明と航空機の登録 · 続きを見る »

耐空証明

耐空証明(たいくうしょうめい、Airworthiness certificate)とは、航空機の強度・構造・性能が安全性及び環境保全の為の技術上の基準に適合するかどうかを検査し、その基準に適合していると認める証明である。自動車で言えば車検に相当する。.

新しい!!: 型式証明と耐空証明 · 続きを見る »

連邦航空局

アメリカ連邦航空局(アメリカれんぽうこうくうきょく、英称:Federal Aviation Administration、略称:FAA)は、アメリカ合衆国運輸省の下部機関で、航空輸送の安全維持を担当する部局。米国内での航空機の開発、製造、修理、運航の全ては、同局の承認無しには行えない。本部はワシントンD.C.に置かれている。.

新しい!!: 型式証明と連邦航空局 · 続きを見る »

欧州航空安全機関

欧州航空安全機関(おうしゅうこうくうあんぜんきかん、英語:European Aviation Safety Agency、略称:EASA)は、欧州連合の専門機関の一つ。2002年7月15日に設立が批准され、2003年9月28日に正式設立された。主たる業務はヨーロッパにおける民間航空分野における各種調整を執行することで、ドイツ連邦共和国ケルンに本部を置いている。2008年には合同航空機関(:en:Joint Aviation Authorities)の機能を引き継ぐことにより完全な機能を達成する。欧州自由貿易連合加盟国も機関への参加を認められた。 欧州航空安全機関の任務には安全管理の分析と研究、外国事業者の認可、EU法の起草のための助言、安全規則の施行とモニタリング(加盟国の検査を含む)、航空機や部品の種別証明の認証、航空製品の設計、製造、保守に関わる組織の承認などである。 欧州単一空域(シングル・ヨーロピアン・スカイ) II(:en:Single European Sky)の一部として機関は追加任務を与えられる。これらは2013年までに実行される。これ以外にも欧州航空安全機関は3つ以上の当事者が関わっている場合、機能別空域ブロックを保証することができる。 日本語名称には他に欧州航空安全庁、欧州航空安全局がある。.

新しい!!: 型式証明と欧州航空安全機関 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »