ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

地球近傍天体

索引 地球近傍天体

地球近傍天体(ちきゅうきんぼうてんたい、英語:Near-Earth object NEO)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(彗星、小惑星、大きい流星体)の総称。また、天体と言っても太陽系小天体が該当することから地球近傍小天体とも呼ばれる。地球に接近することから衝突の危険性を持つ反面、地球からの宇宙船が容易に到達しやすく(月よりはるかに少ない速度増分 (ΔV) で済むものもある)、今後の科学的調査と商業開発において重要になると考えられている。.

60 関係: 天体天体衝突太陽系小天体宇宙船小惑星彗星地球地球に月までの距離以内に接近する天体の一覧地球近傍小惑星ハワイ州ルナ計画トリノスケールプロトン (ロケット)パンスターズデルタVアポロ12号アポロ群アポフィス (小惑星)アメリカ合衆国アメリカ航空宇宙局アモール群アテン群スペースデブリスペースガードサターンV科学軌道 (力学)J002E3S-IVB欧州連合潜在的に危険な小惑星望遠鏡流星物質(29075) 1950 DA10月7日12月25日12月27日12月28日2000 SG3442004 FH2004年2005年2006 RH1202008年2010 KQ2013年2014年2029年2048年...3千年紀3月16日3月18日3月31日4月13日5月23日6Q0B44E6月18日6月26日6月3日 インデックスを展開 (10 もっと) »

天体

天体(てんたい、、)とは、宇宙空間にある物体のことである。宇宙に存在する岩石、ガス、塵などの様々な物質が、重力的に束縛されて凝縮状態になっているものを指す呼称として用いられる。.

新しい!!: 地球近傍天体と天体 · 続きを見る »

天体衝突

天体衝突(てんたいしょうとつ)とは、小惑星や彗星といった宇宙にある天体が、地球など他の天体に衝突することである。隕石の落下を伴う場合は、隕石衝突、隕石落下とも言われ、衝突された側の天体にクレーター(衝突クレーター)を残すこともある。 天体衝突は太陽系天体の形成・進化に大きく寄与してきた。月やその他の岩石天体が多くのクレーターに覆われているという事実は、天体衝突が太陽系の歴史において普遍的な現象であることを示している。また、K-Pg境界のように、地球への天体衝突イベントには地質学的に記録されているものもあり、こうした衝突は地球生命圏の進化に大きな影響を与えたと考えられている。.

新しい!!: 地球近傍天体と天体衝突 · 続きを見る »

太陽系小天体

太陽系小天体(たいようけいしょうてんたい)とは、太陽の周りをまわる天体のうち、惑星と準惑星を除くすべての天体のことである。太陽系外縁天体(冥王星型天体を除く)や従来の小惑星、彗星、惑星間塵などが該当する。.

新しい!!: 地球近傍天体と太陽系小天体 · 続きを見る »

宇宙船

ェミニ 6号 スペースシャトルのオービタ(チャレンジャー、1983年) 宇宙船(うちゅうせん、)は、宇宙機のなかで、とくに人の乗ることを想定しているものを言う。有人宇宙機とも。.

新しい!!: 地球近傍天体と宇宙船 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: 地球近傍天体と小惑星 · 続きを見る »

彗星

アメリカ合衆国アリゾナ州のカタリナ天文台で1974年11月1日に撮影されたコホーテク彗星 クロアチアのパジンで1997年3月29日に撮影されたヘール・ボップ彗星 彗星(すいせい、comet)は、太陽系小天体のうち主に氷や塵などでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。.

新しい!!: 地球近傍天体と彗星 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: 地球近傍天体と地球 · 続きを見る »

地球に月までの距離以内に接近する天体の一覧

地球に月までの距離以内に接近する天体の一覧(ちきゅうにつきまでのきょりいないにせっきんするてんたいのいちらん)では、地球に対して、地球の中心を起点に月までの距離である38万4400kmの範囲内に接近する可能性のある天体について述べる。.

新しい!!: 地球近傍天体と地球に月までの距離以内に接近する天体の一覧 · 続きを見る »

地球近傍小惑星

地球近傍小惑星(ちきゅうきんぼうしょうわくせい)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうち小惑星のみを指す。英語でNEAs (Near Earth Asteroid) と呼ばれることもある。NASAによると地球に接近するために監視が必要とされるものは約8500個とされる。軌道計算では、これらの小惑星が今後少なくとも100年間は地球に衝突する恐れはないとしている。.

新しい!!: 地球近傍天体と地球近傍小惑星 · 続きを見る »

ハワイ州

ハワイ州(State of Hawaii 、Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、北アメリカやアジアの影響も多く受けている。130万人を超える人口の他に常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。.

新しい!!: 地球近傍天体とハワイ州 · 続きを見る »

ルナ計画

ルナ計画(ルナけいかく、露:Программа Луна)は、ソビエト連邦の無人月探査計画である。1959年から1976年までの間に、ルナ1号からルナ24号までを月に送った。他に19機の打ち上げ失敗機もあるので、ソ連は1958年から1976年の間に、ゾンド計画を除いて合計43機の月探査機を打ち上げたことになる。 当初、宇宙開発競争においてアメリカ合衆国の一歩先を進んでいたソビエト連邦は、この計画によって月探査計画でも米国に先んじることとなった。米国は、ルナ2号の月面到達やルナ9号の月面着陸によって、非常に危機感を覚えたという。しかしアポロ計画の成功によって立場は逆転した。 また、ルナ計画の15号以降は、1975年に予定されていた(当初予定は1970年後半)全自動操縦による有人月面着陸「ソユーズL3計画」の下準備であった。.

新しい!!: 地球近傍天体とルナ計画 · 続きを見る »

トリノスケール

トリノスケール は、地球近傍天体(NEO)が地球に衝突する確率、及び衝突した際の予測被害状況を表す尺度。色と数値で表される。.

新しい!!: 地球近傍天体とトリノスケール · 続きを見る »

プロトン (ロケット)

プロトン(ロシア語:Протонプラトーン、ラテン文字表記の例:Proton、「陽子」の意味)は旧ソ連で開発された打ち上げ用ロケットである。別名としてUR-500、D-1、SL-12、SL-13などが存在する。.

新しい!!: 地球近傍天体とプロトン (ロケット) · 続きを見る »

パンスターズ

PS1が設置されたハレアカラ山 パンスターズ (Pan-STARRS, Panoramic Survey Telescope And Rapid Response System) は、4台の望遠鏡で継続的に全天をサーベイ観測し移動天体や突発天体を検出する計画である。時間間隔をあけて撮影した画像を比較することにより、小惑星、彗星、変光星などを発見することができる。この計画の第一の目的は、地球に衝突する可能性のある地球近傍天体を発見することである。この計画では、望遠鏡の設置場所であるハワイから観測できる空全域(全天の約3/4に相当)にある、24等級までの天体のデータベースが作成される予定である。 PS1と呼ばれるパンスターズ計画の最初の望遠鏡は、ハワイ州マウイ島のハレアカラ山頂にあり、2008年12月6日にハワイ大学の管理のもとで観測が開始された From the print edition。残る3台の望遠鏡は1億ドルをかけて建造される予定である。PS2望遠鏡はPS1の北50フィートの、かつて東京大学のマグナム望遠鏡が設置されていた観測所に設置され、2013年にファーストライトを迎える見込みである。 パンスターズは、ハワイ大学天文学研究所、マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所、Maui High Performance Computing Center、Science Applications International Corporationの共同計画である。望遠鏡の建設はアメリカ空軍より資金の提供がなされている。PS1が観測準備審査を合格すれば、パンスターズ計画は残り3台の望遠鏡の建造に取り掛かる。 PS1の運用は、によって行われる。PS1SCのメンバーは、ドイツマックス・プランク研究所、台湾国立中央大学、イギリスエディンバラ大学、ダーラム大学、クイーンズ大学、アメリカのハワイ大学、ジョンズ・ホプキンス大学、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターおよびLas Cumbres Observatory Global Telescopeである。.

新しい!!: 地球近傍天体とパンスターズ · 続きを見る »

デルタV

デルタブイ(Delta-v、Δv)は、航空力学において、速度の単位を持つスカラーである。軌道マヌーバによってある軌道から別の軌道に遷移するためのエネルギーの量として測定される。 デルタブイは、エンジンでプロペラントを使用して機体を加速させる推進力を得ることで達成される。.

新しい!!: 地球近傍天体とデルタV · 続きを見る »

アポロ12号

アポロ12号はアメリカ合衆国のアポロ計画における6番目の飛行であり、H計画と呼ばれる月面への着陸を行う2度目の飛行であった。フロリダ州のケネディ宇宙センターから発射されたのは1969年11月14日のことで、アポロ11号から4ヶ月後のことだった。船長ピート・コンラッド (Pete Conrad) と月着陸船操縦士アラン・ビーン (Alan Bean) は1日と7時間にわたって月面で船外活動を行い、その間司令船操縦士リチャード・ゴードン (Richard F. Gordon, Jr.) は月周回軌道上にとどまっていた。着陸船の月面での着陸地点は、嵐の大洋の南部であった。 史上初の月面着陸を行った11号とは違い、コンラッドとビーンは1967年4月20日にサーベイヤー3号が着陸した目標地点に正確に降り立った。この飛行ではアポロ計画で初めてカラーのテレビカメラが携行されたが、ビーンが誤って太陽にレンズを向けたために機器が故障し、中継には失敗した。船外活動は2回行われ、そのうちの1回で飛行士はサーベイヤーから機器を取り外し、地球に持ち帰った。宇宙船は11月24日に無事着水し、計画は成功裏に終了した。.

新しい!!: 地球近傍天体とアポロ12号 · 続きを見る »

アポロ群

アポロ群(アポロぐん)またはアポロ型小惑星(アポロがたしょうわくせい、Apollo asteroid)とは地球近傍小惑星のグループの一つ。このグループの小惑星としては最初に発見された (1862) アポロにちなんで名づけられた。 これらは地球より大きな軌道長半径を持つ地球横断小惑星である。地球に非常に近づくことがあるため、潜在的脅威ともいえる(軌道長半径が地球のそれに近いほど、軌道を横断するのに必要な離心率は小さくなる)。 なお、離心率が大きいものだと近日点が水星より内側にあったり、遠日点が海王星の外側にあったりすることもある。 アポロ群の中で最大の小惑星は (1866) シシュフォスであり、10km前後と推定されている。.

新しい!!: 地球近傍天体とアポロ群 · 続きを見る »

アポフィス (小惑星)

アポフィス (99942 Apophis) は、アテン群に属する地球近傍小惑星の一つ。2004年6月に発見された。地球軌道のすぐ外側から金星軌道付近までの楕円軌道を323日かけて公転している。直径は約310mから約340mであり、小惑星番号が与えられている中では小さな部類である。質量は1.26kg(7200万トン)であると推定されている。 アポフィスという名は古代エジプトの悪神アペプ(ギリシア語でアポピス、ラテン語でアポフィス)に由来する。 2004年12月、まだという仮符号で呼ばれていたこの小惑星が2029年に地球と衝突するかもしれないと報道され、一時話題になった。その後、少なくとも2029年の接近では衝突しないことが判明している。.

新しい!!: 地球近傍天体とアポフィス (小惑星) · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 地球近傍天体とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ航空宇宙局

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。 宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。.

新しい!!: 地球近傍天体とアメリカ航空宇宙局 · 続きを見る »

アモール群

アモール群の軌道(緑色)。火星(赤色)の軌道付近にある アモール群(アモールぐん)またはアモール型小惑星(アモールがたしょうわくせい、Amor asteroid)は、地球近傍小惑星を分類したグループの一つで、このグループの代表的な小惑星である (1221) アモールから名づけられた。地球の公転軌道に外接しているが、交差することはない。ただし多くのアモール群の小惑星の軌道は火星の軌道を横断しており、火星の2つの衛星フォボスとダイモスは、アモール群の小惑星が火星の重力に捉えられたものだと考えられている。 この群の最も有名な小惑星は (433) エロスで、これは宇宙探査機(NEARシューメーカー)が軌道を周回し、着陸した最初の小惑星である。.

新しい!!: 地球近傍天体とアモール群 · 続きを見る »

アテン群

アテン群(アテンぐん)またはアテン型小惑星(アテンがたしょうわくせい、Aten asteroid)とは、地球近傍小惑星の分類の一つで、1976年にこのグループで最初に発見された小惑星 (2062) アテンから名づけられた。軌道長半径が1天文単位より小さいことにより定義される。ただし離心率が高い軌道もありうるため、これは必ずしも、軌道の全てが地球の軌道の内部にあることを意味しない。実際に現在知られているほとんど全てのアテン群小惑星の遠日点は1天文単位よりも大きい。遠日点が0.983AU未満の物はアティラ群 (Atira asteroid) と呼ばれる別の分類に属する。2013年6月26日現在、アテン群は784個発見されている。 2008年までに発見された、軌道長半径が最も小さい小惑星は (0.635 AU)で、次に小さいのが (0.642 AU) である。 また、2007年までに発見されたアテン群の小惑星で近日点が最も太陽に近いのは (0.0920 AU) だが、アポロ群の はさらに内側 (0.0713 AU) まで入り込む。 2004年の暮れ、(翌年に (99942) アポフィスと命名)という小惑星が2029年に地球に衝突する可能性があると報じられた。その後の観測で衝突の危険性はほとんどないと分かった。2036年にも衝突する可能性はまだ少し残っていたが、2013年の観測でその可能性もなくなった。 2006年に発見されたは、2006年9月から2007年6月の間、地球の周囲を3回公転し、一時的な地球の衛星となっていたことが分かった。 2011年2月4日、1という小惑星が地球表面からわずか5,480kmまで最接近した。あまりにも近づきすぎたため、軌道が60°も折れ曲がり、アポロ群からアテン群へと変化した。.

新しい!!: 地球近傍天体とアテン群 · 続きを見る »

スペースデブリ

ペースデブリ(space debris、orbital debrisとも)または宇宙ゴミ(うちゅうゴミ)米語:space junk とは、なんらかの意味がある活動を行うことなく地球の衛星軌道上〔低・中・高軌道〕を周回している人工物体のことである。宇宙開発に伴ってその数は年々増え続け、対策が必要となってきている。.

新しい!!: 地球近傍天体とスペースデブリ · 続きを見る »

スペースガード

ペースガード(Space Guard)とは、地球に衝突する恐れのある天体や宇宙活動の結果として宇宙空間を彷徨うスペースデブリを観測し、かつまた、追跡を行うことである。そして、それらの天体の地球衝突の回避を目指した警報の発令や、今後の宇宙活動の障害となるスペースデブリの位置を正確に予測することで、それらの危機を未然に回避するための観測計画。 名称や計画内容は、アーサー・C・クラークが著した長篇SF小説『宇宙のランデヴー』に登場する同名の計画に因んでいる。.

新しい!!: 地球近傍天体とスペースガード · 続きを見る »

サターンV

ターンV(サターンファイブ、Saturn V)は、1967年から1973年にかけてアメリカ合衆国のアポロ計画およびスカイラブ計画で使用された、使い捨て方式の液体燃料多段式ロケット。日本では一般的にサターンV型ロケットと呼ばれる。.

新しい!!: 地球近傍天体とサターンV · 続きを見る »

科学

科学(かがく、scientia、 仏:英:science、Wissenschaft)という語は文脈に応じて多様な意味をもつが、おおむね以下のような意味で用いられている。.

新しい!!: 地球近傍天体と科学 · 続きを見る »

軌道 (力学)

2つの異なる質量の物体が、同じ重心の周りの軌道を回っている 軌道(きどう、orbit)とは力学において、ある物体が重力などの向心力の影響を受けて他の物体の周囲を運動する経路を指す。.

新しい!!: 地球近傍天体と軌道 (力学) · 続きを見る »

J002E3

J002E3は2002年9月3日にアマチュア天文学者楊光宇が発見し、小惑星と推測されていた物体に付けられた番号。後の詳しい観測によってこの物体は小惑星でなく、アポロ12号で使用されたサターンVロケットの第3段ステージS-IVBであることが分かった(シリアル:S-IVB-507)。 最初に発見された時、その物体が地球周回軌道上に存在することが直ちに分かった。地球を周回する大きな物体は月だけだと思われていたので、天文学者達は驚いた。月以外の物体は、地球・月・太陽の3体から受ける影響による摂動によって、そう長くないうちに地球周回軌道から離れていってしまうからである。 故にJ002E3はごく最近に地球周回軌道に入った物体に違いないとされたが、J002E3の軌道に一致する最近打ち上げられた宇宙機は存在しなかった。30m級の小惑星であると説明されたこともあったが、アリゾナ大学のらはJ002E3の電磁スペクトルが白色二酸化チタン塗料のものと一致することを発見した。これはサターンVに使用された塗料だった。 J002E3の軌道をバック・トラッキングしてみると、この物体は太陽を31年間周回していたことが分かり、1971年には地球近傍に存在していたことも分かった。よってアポロ14号ミッションの一部なのではないかと思われたが、NASAは14号のミッションで使用された全てのハードウェアの所在を把握していた。 残った唯一の可能性はアポロ12号で使用されたS-IVBだった。NASAは当初S-IVBを太陽周回軌道に投入する予定だったが、の燃焼超過により地球-月システムを離脱するほどのエネルギーが与えられなかった。そしてS-IVBは1969年11月18日に月近傍を通過した後、地球を周回する準安定軌道に入った。最終的にS-IVBはロストした。 J002E3は2003年6月に地球周回軌道を離れたと考えられ、2032年頃にまた地球周回軌道に入る可能性がある。.

新しい!!: 地球近傍天体とJ002E3 · 続きを見る »

S-IVB

|- ! colspan.

新しい!!: 地球近傍天体とS-IVB · 続きを見る »

欧州連合

欧州連合(おうしゅうれんごう、、略称:)は、マーストリヒト条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めたローマ条約発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。.

新しい!!: 地球近傍天体と欧州連合 · 続きを見る »

潜在的に危険な小惑星

潜在的に危険な小惑星(せんざいてきにきけんなしょうわくせい)とは、地球近傍小惑星の中でも、特に地球に衝突する可能性が大きく、なおかつ衝突時に地球に与える影響が大きいと考えられる小惑星の分類である。英語名の"Potentially Hazardous Asteroid"の頭文字であるPHAが略称としてよく使われる。.

新しい!!: 地球近傍天体と潜在的に危険な小惑星 · 続きを見る »

月(つき、Mond、Lune、Moon、Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(惑星の周りを回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。 古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(.

新しい!!: 地球近傍天体と月 · 続きを見る »

望遠鏡

望遠鏡(ぼうえんきょう)とは、遠くにある物体を可視光線・赤外線・X線・電波などの電磁波を捕えて観測する装置である。古くは「遠眼鏡(とおめがね)」とも呼ばれた。 観測に用いられる電磁波の波長により、光学望遠鏡と電波望遠鏡に大別される。電磁波を捕える方式による分類では反射望遠鏡と屈折望遠鏡がある。.

新しい!!: 地球近傍天体と望遠鏡 · 続きを見る »

流星物質

流星物質(りゅうせいぶっしつ、meteoroid)とは地球上で流星現象を引き起こす原因となる物質である。太陽系内に存在する塵のうち、比較的小さな(センチメートル以下の)サイズのものであると考えられている。.

新しい!!: 地球近傍天体と流星物質 · 続きを見る »

(29075) 1950 DA

(29075) は、アポロ群に属する地球近傍小惑星の一つである。.

新しい!!: 地球近傍天体と(29075) 1950 DA · 続きを見る »

10月7日

10月7日(じゅうがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から280日目(閏年では281日目)にあたり、年末まであと85日ある。.

新しい!!: 地球近傍天体と10月7日 · 続きを見る »

12月25日

12月25日(じゅうにがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から359日目(閏年では360日目)にあたり、年末まであと6日ある。この日はクリスマスである。.

新しい!!: 地球近傍天体と12月25日 · 続きを見る »

12月27日

12月27日(じゅうにがつにじゅうななにち、じゅうにがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から361日目(閏年では362日目)にあたり、年末まであと4日ある。.

新しい!!: 地球近傍天体と12月27日 · 続きを見る »

12月28日

12月28日(じゅうにがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から362日目(閏年では363日目)にあたり、年末まであと3日ある。.

新しい!!: 地球近傍天体と12月28日 · 続きを見る »

2000 SG344

は、地球近傍天体の1つである。天然の小惑星であるか、人工惑星であるかははっきりしていない。2000年9月にマウナケア天文台群で発見されたが、後に1999年5月にも観測されていたことが判明している。.

新しい!!: 地球近傍天体と2000 SG344 · 続きを見る »

2004 FH

2004 FH は、2004年3月15日にリンカーン研究所のサーベイで発見され、同年3月18日のUTC22:08(日本時間19日07:08)に地球から43,000キロメートル離れたところを通過した、直径約30メートルの地球近傍小惑星である。これは2008年11月21日までに地球に接近した小惑星のうち、11番目に小さな距離にあたる。ちなみに静止軌道は35,700キロメートルである。 2004 FH はアテン群の小惑星だが、直径が50メートル以下であることから流星体にも分類される。もしこの天体が地球の大気圏に突入すれば、高々度でTNT換算数百キロトン規模の爆発を起こしていたが、地表にはさしたる影響を及ぼさなかっただろう。この天体は直径30メートルほどしかないとはいえ、月よりも地球に近付いた天体としては3番目に大きい。 この天体は、2044年まで地球から140万キロメートル以内に近付くことはない。2004 FH はまた、知られている地球近傍小惑星の中で最も軌道傾斜角が小さいという特徴も有している。 この2週間後には、より小さな小惑星 がもっと地球に近いところを通過した。また数年後には、同じくらいの大きさの小惑星 が同じくらいの距離を通過した。 地球-月系を通り抜ける 2004 FH。.

新しい!!: 地球近傍天体と2004 FH · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2004年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2005年 · 続きを見る »

2006 RH120

とは、アテン群に属する直径約3mから6mの微小な地球近傍小惑星の1つである。2006年9月から2007年6月までの間、この小惑星は地球の周囲を自然衛星として周回し、一時的な「第2の月」となっていた。.

新しい!!: 地球近傍天体と2006 RH120 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2008年 · 続きを見る »

2010 KQ

2010 KQ は、2010年に発見された地球近傍天体である。天然の小惑星ではなく人工物(ロケットの残骸)と考えられている。.

新しい!!: 地球近傍天体と2010 KQ · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2013年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2014年 · 続きを見る »

2029年

この項目では、国際的な視点に基づいた2029年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2029年 · 続きを見る »

2048年

この項目では、国際的な視点に基づいた2048年について記載する。.

新しい!!: 地球近傍天体と2048年 · 続きを見る »

3千年紀

紀元3千年紀(きげんさんぜんねんき)は、西暦紀元による3番目の千年紀(ミレニアム)である。西暦元年(1年)から定義通りに千年単位で区切っていく場合、西暦2001年から西暦3000年(21世紀から30世紀)に当たる。.

新しい!!: 地球近傍天体と3千年紀 · 続きを見る »

3月16日

3月16日(さんがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から75日目(閏年では76日目)にあたり、年末まであと290日ある。.

新しい!!: 地球近傍天体と3月16日 · 続きを見る »

3月18日

3月18日(さんがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から77日目(閏年では78日目)にあたり、年末まであと288日ある。誕生花にはアネモネなどがある。.

新しい!!: 地球近傍天体と3月18日 · 続きを見る »

3月31日

3月31日(さんがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から90日目(閏年では91日目)にあたり、年末まであと275日ある。3月の最終日。 日本では前年4月始まりの年度最終日とされている。.

新しい!!: 地球近傍天体と3月31日 · 続きを見る »

4月13日

4月13日(しがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から103日目(閏年では104日目)にあたり、年末まではあと262日ある。誕生花はクマガイソウ、エビネ。.

新しい!!: 地球近傍天体と4月13日 · 続きを見る »

5月23日

5月23日(ごがつにじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から143日目(閏年では144日目)にあたり、年末まではあと222日ある。誕生花はアマドコロ。.

新しい!!: 地球近傍天体と5月23日 · 続きを見る »

6Q0B44E

6Q0B44Eは、直径数メートルの微小な天体で、最も可能性の高い正体はスペースデブリである。それは時々月の外側を公転する地球周回軌道に入る。略称B44E。 6Q0B44Eは、2006年8月28日にカタリナ・スカイサーベイによって発見された。翌日にはサイディング・スプリングサーベイとテーブルマウンテン天文台でも観測されている。絶対等級は30.5等級と極めて暗く、このことから数メートル程度しかない微小な天体であると推定されている。6Q0B44Eは、軌道の性質から人工物であると推定されている。視等級は最も明るくなったときでも19等級であり、観測や研究は困難であった。 6Q0B44Eは、初観測からの80日間、58万5000kmから98万3000kmという、月の2倍から3倍の距離を持って地球を周回していた。また、2001年から2003年にかけても地球周回軌道に入っていたと推定されている。.

新しい!!: 地球近傍天体と6Q0B44E · 続きを見る »

6月18日

6月18日(ろくがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から169日目(閏年では170日目)にあたり、年末まであと196日ある。誕生花はスイセンノウ、サギソウ。.

新しい!!: 地球近傍天体と6月18日 · 続きを見る »

6月26日

6月26日(ろくがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から177日目(閏年では178日目)にあたり、年末まであと188日ある。誕生花はザクロ、レッドクローバー。.

新しい!!: 地球近傍天体と6月26日 · 続きを見る »

6月3日

6月3日(ろくがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から154日目(閏年では155日目)にあたり、年末まであと211日ある。誕生花はアマ、クローバー。.

新しい!!: 地球近傍天体と6月3日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

地球近傍小天体

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »