ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

園芸家

索引 園芸家

園芸家(えんげいか、園藝家、Hortist 、Horticulturist)は、科学的側面からは農業の一分野である園芸(果樹、野菜、花卉)の生産・研究・開発などをする人。 また、文化的側面からは芸術の一分野であり、植物を絶対的な素材とした美的文化・芸術を業とし、ある一定の功績をあげ社会的に認められた人、園芸を業とする人のことである。造園家(Gardener)を含む。 欧米においても古くより、園芸(Horticulture)・造園(Gardening)は芸術の一分野として分類されており園芸家・造園家も芸術家である。.

30 関係: 富山昌克園芸園芸学園芸学者カレル・チャペックガーデニング科学笠原貞男素材芸術芸術家草花農学農業野菜自然自然科学造園造園家柳宗民柳生真吾柿崎順一果物杉井明美桐野秋豊植物植物学江尻光一文化

富山昌克

富山 昌克(とみやま まさかつ、1964年7月26日 - )は園芸研究家(園芸家)、園芸コンサルタント、バイオテクノロジスト、園芸著作家、元英会話講師、玄制流空手道・修雲会空手道の二流派黒帯を持つ園芸研究家。大阪府藤井寺市出身。園芸番組では、『トミー(Tommy)』と呼ばれる。 大阪府立生野高等学校(高35期)、千葉大学園芸学部卒後、ハワイ大学熱帯植物生理学研究室・交換研究生として渡米。現在メリクロンアーツ(バイテク研究所)&富山昌克オフィス&富山蘭園・奈良農場、代表。 植物バイオテクノロジーを用いた花の品種改良や園芸機材・用品の開発、TVの園芸番組への出演、専門学校での園芸教育、ガーデニングの普及活動や講演などで活躍中。世界各地のラン自生地を巡り研究を続ける。園芸研究家、著書多数。.

新しい!!: 園芸家と富山昌克 · 続きを見る »

園芸

 一般的に園芸(えんげい)は、以下のように解釈されている。.

新しい!!: 園芸家と園芸 · 続きを見る »

園芸学

園芸学(えんげいがく、horticultural science)は、農業における園芸のための技術向上と、自然現象の理解、また文化や芸術的な見地から植物を利用した研究や開発を目的とする農学の一分野である。花及び観賞植物、野菜、果樹、庭園を中心にさまざまな植物を扱い、植物学、生物学、自然科学などと深く関連する。そのなかの専門分野としては、果樹園芸学、蔬菜園芸学、花卉園芸学、園芸利用学、造園学がある。野菜、果樹、花及び観賞植物、庭園を中心にさまざまな植物を扱う。また園芸学を科学的に研究する学者を園芸学者といい、園芸そのものを営みとする者を園芸家という。 日本での研究は、西は南九州大学、香川大学、大阪府立大学、西日本短期大学、東は千葉大学、東京農業大学をはじめ、テクノ・ホルティ園芸専門学校など、各地の大学や農業試験場などにおいて研究が盛んである。.

新しい!!: 園芸家と園芸学 · 続きを見る »

園芸学者

園芸学者(えんげいがくしゃ、Hortist)は、農業や園芸のための技術向上と、自然現象の理解を目的とする園芸学を専攻する研究者である。.

新しい!!: 園芸家と園芸学者 · 続きを見る »

カレル・チャペック

レル・チャペック(Karel Čapek、1890年1月9日 - 1938年12月25日)は、チェコの作家、劇作家、ジャーナリスト。兄は、ナチス・ドイツの強制収容所で死んだ画家・作家のヨゼフ・チャペック。.

新しい!!: 園芸家とカレル・チャペック · 続きを見る »

ガーデニング

ーデニング(英語: Gardening)とは、家庭で行われる造園や園芸の一種。自分が所有する庭(ガーデン)やベランダにおいて草花を植栽したり、柵や石畳などで装飾するなどして庭造りを楽しむこと。 おもに、イギリスの家庭で営まれていた庭園作成術を日本に導入した際にこの用語が定着した。 今日では庭先での花の栽培のほか、家庭菜園を営むといった場合も、この名で呼ばれる。 なお、「園芸」という言葉の英訳「horticulture」は、園芸学などの学術用語で使用され、一般の趣味園芸に関する範囲は「Gardening」である。.

新しい!!: 園芸家とガーデニング · 続きを見る »

科学

科学(かがく、scientia、 仏:英:science、Wissenschaft)という語は文脈に応じて多様な意味をもつが、おおむね以下のような意味で用いられている。.

新しい!!: 園芸家と科学 · 続きを見る »

笠原貞男

原 貞男(かさはら さだお、1930年9月5日 - 2011年5月)フラワーデザイナー。日本のフラワーデザインのパイオニア。 戦前の明治、大正、昭和初期に永島四郎が日本にもたらしたフラワーデザインのテクニックとセンスを、戦後の日本に広く知らしめ、1967年(昭和42年)には社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)の設立、国家検定であるフラワー装飾技能士などの資格制度の確立、WAFAの設立発起など数多くの偉業を成し遂げた。 皇室の花装飾を長年に渡り担当し、1991年(平成3年)には藍綬褒章を受章。1995年(平成7年)には社団法人日本フラワーデザイナー協会の理事長に就任、設立三十周年記念事業を成し遂げた。また、東京・渋谷に笠原貞男フローラルアートスクールを主宰し、千葉大学やテクノ・ホルティ園芸専門学校等の教授や顧問も務め、多くの後輩を輩出した。 千葉県流山市在住。.

新しい!!: 園芸家と笠原貞男 · 続きを見る »

素材

素材(そざい)とは、.

新しい!!: 園芸家と素材 · 続きを見る »

桜の花 いろいろな花 花(はな、華とも書く。花卉-かき=漢字制限のため、「花き」と書かれることが多い)とは植物が成長してつけるもので、多くは綺麗な花びらに飾られる。花が枯れると果実ができて、種子ができる。多くのものが観賞用に用いられる。生物学的には種子植物の生殖器官である。また、植物の代表的器官として、「植物(種)」そのものの代名詞的に使われることも多い。なお、植物の花を生花(せいか)、紙や布・金属などで作られた花を造花(ぞうか)という。.

新しい!!: 園芸家と花 · 続きを見る »

芸術

芸術(げいじゅつ、、 techné、 とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動。文芸(言語芸術)、美術(造形芸術)、音楽(音響芸術)、演劇・映画(総合芸術)などを指す。藝術の略式表記。 Jolene.

新しい!!: 園芸家と芸術 · 続きを見る »

芸術家

芸術家(げいじゅつか)とは、自身の芸術活動を主な収入源とする人を指す。アーティスト、アーチスト(artist)とも呼ばれる。日本語の「芸術家」と英語の「artist」には、若干の含みの違いがある。 後述する各分野の専門家のことを指すほか、一つの表現手法に拘らず、様々な形態で作品を制作している人物について使われる場合が多い。例えば絵だけで表現する人に対しては「画家」という肩書きが用いられるが、絵のほかに彫刻や建築デザインなど、複数のジャンルを手がけている人物に対しては「画家で彫刻家で建築デザイナー」などというよりも、簡潔に「芸術家」や「アーティスト」と表現されることがある。本来であれば、芸術活動に対する支援者(パトロン)からの全面的な支援を受け生計を立てている人か、作品の売上を主たる収入源とする人のみを指すが、実際には兼業でありながら有名になった芸術家も多い。.

新しい!!: 園芸家と芸術家 · 続きを見る »

草花

草花 草花(くさばな)とは、花を咲かせる草、花や葉・実などを観賞するために栽培される草本のこと。広義には、花木や盆栽などの木本も含まれ、観賞植物(ornamental plant)、園芸植物、花卉(花芔、かき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 園芸家と草花 · 続きを見る »

農学

農学(のうがく、agriculture)とは、農業・林業・水産業・畜産業などに関わる、応用的な学問。農産物の栽培・育種、生産技術の向上、生産物の加工技術などや、生産に関わる社会的な原理、環境の保全など、第一次産業に関わる幅広い事柄を研究し、産業の改良と発展を目指す。広義の自然科学に属し、化学、生物学、地学などを基礎とするが、社会科学も基盤の一部を成す。.

新しい!!: 園芸家と農学 · 続きを見る »

農業

農業(のうぎょう)とは、土地の力を利用して有用な植物を栽培し、また、有用な動物を飼養する、有機的な生産業のこと広辞苑 第六版「農業」。.

新しい!!: 園芸家と農業 · 続きを見る »

野菜

様々な野菜。 野菜(やさい、vegetable)は、食用の草本植物の総称『健康・栄養学用語辞典』中央法規出版 p.636 2012年。水分が多い草本性で食用となる植物を指す。主に葉や根、茎(地下茎を含む)、花・つぼみ・果実を副食として食べるものをいう。.

新しい!!: 園芸家と野菜 · 続きを見る »

自然

ルングン火山への落雷(1982年) 自然(しぜん)には次のような意味がある。.

新しい!!: 園芸家と自然 · 続きを見る »

自然科学

自然科学(しぜんかがく、英語:natural science)とは、.

新しい!!: 園芸家と自然科学 · 続きを見る »

造園

造園(ぞうえん、造苑, Landscape architecture)とは、庭園などの空間を造ることである。「造苑」とも表記され、韓国では「造景」としている。私的な空間である庭園や公共的な空間である公園などの緑地/緑空間を土木的な基盤整備し、意匠を植物や水などの自然素材、石等の鉱物資源などによって造ることである。 テーマパークなどの施設から、集落や都市の環境改善、自然風景地などにいたるさまざまな空間を対象に、計画、デザイン、施工、管理にまたがる技術の体系であり、造園そのものは古代から多くの文明で行われてきたが、職能の分化が明確になる近代では、建築、土木や都市計画などとともに環境づくり、環境デザインの主要分野のひとつを成す。また農学分野の中でも美的側面を重要視する専門領域である。最近では専門領域の区別はあいまいになり、分野間のコラボレーションや役割の入れ替わりなどが起こっている。特に景観の保全や整備に関する研究、計画、デザインなどはどの分野でも行われている。.

新しい!!: 園芸家と造園 · 続きを見る »

造園家

造園家(ぞうえんか).

新しい!!: 園芸家と造園家 · 続きを見る »

柳宗民

柳 宗民(やなぎ むねたみ、1927年1月17日 - 2006年2月21日)は、京都府京都市出身の日本の園芸家、園芸評論家。.

新しい!!: 園芸家と柳宗民 · 続きを見る »

柳生真吾

柳生 真吾(やぎゅう しんご、1968年3月3日 - 2015年5月2日)は、日本の園芸家、タレントである。園芸施設、八ヶ岳倶楽部代表。配偶者と4人の子がいる。.

新しい!!: 園芸家と柳生真吾 · 続きを見る »

柿崎順一

柿崎 順一(かきざき じゅんいち、Junichi Kakizaki, 1971年1月4日 - )は、日本の芸術家。現代美術家、ビジュアルアーティスト、フラワーアーティスト。長野県千曲市生まれed.Gilles Kennedy "The Japan Times" - Butoh flowers of life and decay.

新しい!!: 園芸家と柿崎順一 · 続きを見る »

果物

様々な果物。 果物(くだもの、fruits フルーツ)は、食用になる果実。水菓子(みずがし)によれば、「水菓子」は、果物が菓子を意味していたことの名残り。果物や木の実は弥生時代以降の食料環境の変化に伴って食料から徐々に嗜好品としての側面が強くなり、長い年月をかけて「菓子」の一分野となった。「菓子」の字義からも果物などが菓子をさしていたことが解る。、木菓子(きがし)ともいう。 一般的には、食用になる果実及び果実的野菜のうち、強い甘味を有し、調理せずそのまま食することが一般的であるものを「果物」「フルーツ」と呼ぶことが多い。狭義には樹木になるもののみを指す。だが、(広く)多年性植物の食用果実を果物と定義する場合もあり、農林水産省でもこの定義を用いている。.

新しい!!: 園芸家と果物 · 続きを見る »

杉井明美

杉井 明美(すぎい あけみ、1950年 - )は、千葉県出身の日本の園芸家。 都心の屋上庭園アークガーデンの専任ガーデナーであり、2009年秋から池袋コミュニティ・カレッジにて公開講座“日本の植物を楽しむ”と題し、講師も勤める。日本の気候に合った日本原産の植物にこだわって庭造りをしており、コンテナガーデンの普及に貢献し、ランドスケープデザイナーとしても活動している。 葉ボタンがあまり注目されなかった頃から「ハボタン応援団団長」として葉ボタンの地位向上に貢献してきた。.

新しい!!: 園芸家と杉井明美 · 続きを見る »

桐野秋豊

桐野 秋豊(きりの しゅうほう、1927年(昭和2年) - )は、園芸家。2007年より日本ツバキ協会会長に就任。富山県婦負郡八尾町(現・富山市)出身。.

新しい!!: 園芸家と桐野秋豊 · 続きを見る »

植物

植物(しょくぶつ、plantae)とは、生物区分のひとつ。以下に見るように多義的である。.

新しい!!: 園芸家と植物 · 続きを見る »

植物学

植物学(しょくぶつがく、)は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物を動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。.

新しい!!: 園芸家と植物学 · 続きを見る »

江尻光一

江尻 光一(えじり こういち、1926年-2011年5月6日)は、日本の園芸家である。かつて、NHKの番組、「趣味の園芸」の講師を務めるなどし、家庭園芸の普及に努めた。2011年5月6日、急性リンパ腫のため死去。.

新しい!!: 園芸家と江尻光一 · 続きを見る »

文化

文化(ぶんか、)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。.

新しい!!: 園芸家と文化 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »