ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

国民保守主義

索引 国民保守主義

国民保守主義(こくみんほしゅしゅぎ、National conservatism、あるいは民族保守主義、国家保守主義)は、保守主義の一種を表すために、もともとヨーロッパで使われた政治用語である。.

28 関係: 右翼学者家族中道政治保守ナショナリズムヨーロッパレッセフェールド・ゴール主義アイデンティティーオーストリア人国益社会保守主義移民緑の保守主義経済計画経済自由市場暴力極右欧州懐疑主義民族民族主義混合経済文化保守主義政党政治感情

右翼

右翼(うよく、英:right-wing, rightist, the Right)とは、左翼の対立概念であり コトバン.

新しい!!: 国民保守主義と右翼 · 続きを見る »

学者

学者(がくしゃ)とは、何らかの学問の研究や教授を専門職とする人、およびその職業人の総称である。研究者(けんきゅうしゃ)とも言う。学問の専門家。.

新しい!!: 国民保守主義と学者 · 続きを見る »

家族

19世紀のあるギリシャ人一家(1895年) 本項目では家族(かぞく、独: Familie、仏: famille、英: family)について解説する。.

新しい!!: 国民保守主義と家族 · 続きを見る »

中道政治

中道政治(ちゅうどうせいじ)は、右派や左派あるいは保守や革新のどちらにも偏らずに中正の政策を行う政治。このような政治勢力は一般的に中道派と呼ばれ、その考えを中道主義ともいう。.

新しい!!: 国民保守主義と中道政治 · 続きを見る »

保守

保守(ほしゅ)、または保守主義(ほしゅしゅぎ、conservatism)とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、思想などを指す用語、goo辞書。また、そのような政治的な立場を奉ずる人物、勢力をも保守、あるいは保守主義者(conservative)とよぶ。対比語は革新や急進主義、革命主義など。非社会主義国において保守主義は、左翼・右翼の政治的スペクトルでは、通常は右翼や右派に位置づけられる。.

新しい!!: 国民保守主義と保守 · 続きを見る »

ナショナリズム

ナショナリズム(nationalism)とは、国家という統一、独立した共同体を一般的には自己の所属する民族のもと形成する政治思想や運動を指す用語。日本語では内容や解釈により民族主義、国家主義、国民主義、国粋主義などとも訳されている。.

新しい!!: 国民保守主義とナショナリズム · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: 国民保守主義とヨーロッパ · 続きを見る »

レッセフェール

レッセフェール(laissez-faire レセフェーフイギリス英語発音: レ(ッ)セイ・フェー、アメリカ英語発音: レ(ッ)セイ・フェア)とは、フランス語で「なすに任せよ」の意。経済学で頻繁に用いられており、その場合は「政府が企業や個人の経済活動に干渉せず市場のはたらきに任せること」を指す。自由放任主義(じゆうほうにんしゅぎ)と一般には訳される。.

新しい!!: 国民保守主義とレッセフェール · 続きを見る »

ド・ゴール主義

ド・ゴール主義またはゴーリスム(仏:)とはシャルル・ド・ゴールの思想と行動を基盤にしたフランスの政治イデオロギーのことである。イデオローグ達は「ゴーリスト」と呼ばれ、これは彼の姓であるド=ゴール(フランス語:de Gaulle)に由来する。 ド・ゴール主義の最も大きな主張は外国の影響力(特に米英)から脱し、フランスの独自性を追求することである。また、ド・ゴール主義は哲学的な形で社会や経済にも言及しており、政府が積極的に市場や経済に介入することを志向する。.

新しい!!: 国民保守主義とド・ゴール主義 · 続きを見る »

アイデンティティー

アイデンティティとは自己を確立する要素の事である。その要素が共通のものであるなら「共通点」異なるものなら「相違点」と言い表すことが出来る。国語等で扱われるアイデンティティの喪失とは自分とは何かと問うとき、要素(アイデンティティ)の集まりであるとして、その要素が無くなると言っている。.

新しい!!: 国民保守主義とアイデンティティー · 続きを見る »

オーストリア人

ーストリア人(Österreicher 女性形はÖsterreicherin)は、.

新しい!!: 国民保守主義とオーストリア人 · 続きを見る »

国益

国益(こくえき、national interest)は、国の利益をいう。 日本においては、江戸時代中期(宝暦 - 天明期)にはこの用語が登場しており、諸藩領国の商品生産や手工業生産における国産品自給自足の思想や経済自立化の思想をあらわす経済概念として使用された。その後、明治期にはおもに経済概念として建議論説類にさかんに利用され、1960年代頃から「national interest」の訳語として政治概念として使用されるようになった。.

新しい!!: 国民保守主義と国益 · 続きを見る »

社会保守主義

会保守主義(しゃかいほしゅしゅぎ、Social conservatism)とは、政治的あるいは道徳的イデオロギーの一つ。.

新しい!!: 国民保守主義と社会保守主義 · 続きを見る »

移民

移民(いみん)とは、異なる国家や異なる文化地域へ移り住む事象(immigration, emigration)、また移住する・移住した人々(immigrants, emigrants)を指す。.

新しい!!: 国民保守主義と移民 · 続きを見る »

緑の保守主義

緑の保守主義(みどりのほしゅしゅぎ、Green conservatism)は、中道左派から左翼の一形態として捉えられることが多いみどりの政治を思想に取り込んだ保守主義の一派をさす。緑の保守主義の様々な態様は、既存・従来の保守主義の運動が極めて強い、特に英語圏の諸国において最も広まっている。 本来、「みどり / 緑」という価値は、保守ないし保守主義に内在するものであるから、それをただ明示したにすぎないという観点からは、あくまで保守主義の一つの側面に留まるが、実際には、このことが殆ど認識されてこなかったこともあり、それをあくまで独自の体系を擁する理論として強調する立場からは、保守主義の発展型として捉えられる。.

新しい!!: 国民保守主義と緑の保守主義 · 続きを見る »

経済

経済(けいざい、οικονομία、oeconomia、economy)とは、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動を指す。.

新しい!!: 国民保守主義と経済 · 続きを見る »

計画経済

計画経済(けいかくけいざい、)とは、経済の資源配分を市場の価格調整メカニズムに任せるのではなく、国家の物財バランスに基づいた計画によって配分される体制。対立概念は市場経済。また、計画経済と市場経済の利点を共に備えた参加型経済がある。 生産・分配・流通・金融を国家が統制し、経済を運営する。原則的に全ての生産手段が公有とされる。主に社会主義国の経済体制であり、現代では純粋にこれを採用する国は少ない。より細かい分類として、以下が可能である。.

新しい!!: 国民保守主義と計画経済 · 続きを見る »

自由市場

自由市場(じゆうしじょう、free market)はすべての取引が政府や権力による強制で行われるのではなく、望むものが自発的に取引を行う市場を意味する。経済学の概念としては、計画経済の対極に位置する。自由市場という言葉は経済全体を指すだけでなく、より小さな個々の市場を指す場合もある。自由市場の思想の根本には、個々の人間の利益追求を目的とする自由な行動は金銭的かつ社会福祉的利益の点からして最大の結果を産むという考えがある。 自由市場経済では介入が行われる場合も強制を廃し自発的取引を助ける事を目的とする。自由市場経済では、政府は課税を行うが、税収はこのような自発的な市場の円滑的な活動を推進するためのみに用いられる。欧米では自由市場の形態をしばしばレッセフェールというフランス語で表す。 自由市場は、一般的には現代における資本主義および大衆文化と関連づけられるが、市場といった形は社会主義者も提唱しており、市場社会主義といったバリエーションも提案されている 。.

新しい!!: 国民保守主義と自由市場 · 続きを見る »

暴力

暴力(ぼうりょく)とは他者の身体や財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、心理的虐待やモラルハラスメントなどの精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。.

新しい!!: 国民保守主義と暴力 · 続きを見る »

極右

極右(きょくう、英:far right, extreme right)、または急進右翼(英:radical right)、または超右翼(英:ultra-right )とは、極端に右翼的な思想・個人・集団を指す。対義語は極左である。.

新しい!!: 国民保守主義と極右 · 続きを見る »

欧州懐疑主義

欧州懐疑主義(おうしゅうかいぎしゅぎ、Euroscepticism)とは、ヨーロッパの統合過程に対して反発する理念や思想。EU懐疑論などともいう。 もともとはイギリスで欧州経済共同体に加盟することに党として賛成した労働党や保守党の内部でも懐疑的であった一派のことを指していた。その後欧州懐疑主義の示すものは拡大され、欧州連合 そのものやその政策、ユーロの導入、将来における超国家、連邦制、国家連合といった形態の汎ヨーロッパ的な統合体の設立・移行といったものに対する懐疑論や批判論も指すようになった。欧州懐疑主義 "Euroscepticism" という言葉はほかのヨーロッパの言語にも外来語や翻訳借用といった形で浸透し、たとえばフランス語では Euroscepticisme 、ドイツ語では Europaskepsis といった言葉が使われるようになった。 欧州懐疑主義は国民国家、国家主権といった概念と関連づけられることがあり、典型的なものとして欧州共同体設立条約前文にある「限りなく連合体に近い (“ever closer union”) 」という表現が主権侵害に当たるという懸念から煽り立てられることがある。しかし欧州懐疑主義はイデオロギーとしては十分な定義がなされておらず、また懐疑論者もヨーロッパに対する展望と、その展望と現実との違いの感じ方によってさまざまである。すなわち、ヨーロッパの「連合体」(または別の名称について異なる形態を模索する者もいれば、ヨーロッパの統合過程を転換させようと考える者、居住する国を欧州連合から脱退させようとする者、欧州連合そのものを完全に解消させようとする者など、欧州懐疑論者とはさまざまなものを指す。また欧州連合の政治をきわめて官僚的で非民主的と考えるものもおり、そのため解消という手段ではなく欧州連合という枠組み内で変えていこうとするものもいる。.

新しい!!: 国民保守主義と欧州懐疑主義 · 続きを見る »

民族

民族(みんぞく)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic group(ジュリアン・ハクスリーが考案)の概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。 .

新しい!!: 国民保守主義と民族 · 続きを見る »

民族主義

民族主義(みんぞくしゅぎ、ethnic nationalism)は、異なる自他の民族間で政治・経済・文化などの分野について、みづからの民族を主体と考える思想や運動。 国家主義・愛郷主義・地域主義とは相互に関連するが、同一の概念ではないことに注意。.

新しい!!: 国民保守主義と民族主義 · 続きを見る »

混合経済

混合経済(こんごうけいざい、mixed economy)とは、計画経済と市場経済の混合システムである。自由放任の政治経済の思想に対し、多くの国営企業が市場に参入したり、政府が経済政策などを通したりして、社会経済に多くの影響力を行使するものである。.

新しい!!: 国民保守主義と混合経済 · 続きを見る »

文化保守主義

ある種の文化保守主義(ぶんかほしゅしゅぎ、Cultural conservatism)は、自国の国内文化を保存することへの賛成論を展開するが、それは通常、その文化を変化させるような外圧に直面したときである。またそれとは別種の文化保守主義は、国境によっては定義されない共有の文化遺産(例えば、ヨーロッパないしは中国文化、あるいはアラビア語のような所与の言語に帰される文化)に関心を持つ。.

新しい!!: 国民保守主義と文化保守主義 · 続きを見る »

政党

政党(せいとう)とは、共通の政治的目的を持つ者によって組織される団体である。18世紀のイギリス下院議員エドマンド・バークによれば名誉や徳目による結合であり、私利私欲に基づく人間集団(徒党)ではないとしている。.

新しい!!: 国民保守主義と政党 · 続きを見る »

政治

本記事では政治(せいじ)とは何かについて解説していく。.

新しい!!: 国民保守主義と政治 · 続きを見る »

感情

感情(かんじょう)とは、ヒトなどの動物がものごとやヒトなどに対して抱く気持ちのこと。喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、恐怖などがある(感情の一覧)。.

新しい!!: 国民保守主義と感情 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

国家保守主義民族保守主義

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »