ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism、略称:MLIT)は、日本の行政機関の一つである。 「国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること」を任務とする(国土交通省設置法第3条)。.

234 関係: 労働基本権労働組合労働条件埋立地厚生労働省とるぱ千代田区大臣補佐官失業外局奄美群島振興開発基金審議会小笠原総合事務所小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律不動産会社中央労働委員会中央合同庁舎第2号館中央省庁再編中国地方整備局中国運輸局中部地方整備局中部運輸局中日本高速道路市民農園下水道一般会計一般職九州地方整備局九州運輸局干拓平成交通交通公論交通政策審議会人事院建築士建築士法建築研究所建築物建設工事紛争審査会建設広報協議会建設省建設業建設業法住宅住宅金融支援機構土地収用土地鑑定委員会土木研究所...地すべり地価公示法地図地方共同法人地方運輸局地方航空局地方支分部局地方整備局北陸信越運輸局北海道運輸局北海道開発局北海道開発庁北海道旅客鉄道北方地域バッジモーターボート競走ボタ山パイプライン輸送デザインホテルアイヌキャリア (国家公務員)内部部局全国労働組合総連合全日本労働総同盟公園公示地価国家公務員国家公務員法国家行政組織法国土審議会国土庁国土交通 (広報誌)国土交通大学校国土交通大臣国土交通大臣政務官国土交通審議官国土交通事務次官国土交通副大臣国土交通省大臣官房国土交通省設置法国土交通政策研究所国土地理院国土計画国土開発幹線自動車道建設会議国土技術政策総合研究所国際観光振興機構四国地方整備局四国運輸局四国旅客鉄道倉庫業石井啓一災害復旧砂防社会資本社会資本整備審議会秘書官秋元司秋本真利空港周辺整備機構管区気象台簗和生索道緊急災害対策派遣隊統括官経済産業省牧野京夫特別の機関特別の法律により設立される法人特別職特別民間法人特許庁職員団体道路道路局運輸安全委員会運輸省運輸振興協会運河行政機関西日本高速道路観光観光庁首都圏 (日本)首都高速道路首都機能移転駐車場認可法人高層気象台高橋克法豪雪地帯財務省 (日本)財務省 (曖昧さ回避)軽車両軽自動車検査協会軌道農林水産省近畿地方整備局近畿運輸局霞が関都市都市再生機構都市計画航空大学校航空局航空交通管制部航空事故航空保安大学校航空・鉄道事故調査委員会航空機船員労働委員会船員災害防止協会船舶登録阪神高速道路防衛装備庁関西国際空港土地保有関東運輸局自動車自動車交通局自動車事故対策機構自動車損害賠償責任保険自動車整備業鉄道鉄道局鉄道建設・運輸施設整備支援機構電子国土技官技監東京地下鉄東京都東京航空交通管制部東北運輸局東日本高速道路水管理・国土保全局水資源機構気象気象大学校気象庁気象庁地磁気観測所気象研究所気象衛星センター気象業務治安治水法人 (日本法)測量測量業港湾港湾局本州四国連絡高速道路有料道路成田国際空港 (企業)海上保安大学校海上保安学校海上保安庁海上保安庁法海事局海難審判海難審判庁海難審判所海難事故海技教育機構海洋気象台海洋汚染施設等機関文部科学省日本労働組合総連合会日本の行政機関日本小型船舶検査機構日本下水道事業団日本勤労者住宅協会日本国家公務員労働組合連合会日本高速道路保有・債務返済機構日本貨物鉄道日本水先人会連合会旅行代理店旅館政策1月6日2001年2008年2011年4月3日 インデックスを展開 (184 もっと) »

労働基本権

労働基本権(ろうどうきほんけん)とは労働者がその労働に関して持つ権利のことであり、特に雇用者に対し労働条件・労働環境の促進または維持を求める行為に係る基本権を言う。.

新しい!!: 国土交通省と労働基本権 · 続きを見る »

労働組合

労働組合(ろうどうくみあい、英語:trade union、labor union)とは、労働者の連帯組織であり、誠実な契約交渉の維持・賃上げ・雇用人数の増加・労働環境の向上などの共通目標達成を目的とする集団である。その最も一般的な目的は、「組合員の雇用を維持し改善すること」である ch.

新しい!!: 国土交通省と労働組合 · 続きを見る »

労働条件

労働条件(ろうどうじょうけん)とは、労働者が使用者の下で働く際、労働者と使用者の間で取り決められた就労に関する条件である。.

新しい!!: 国土交通省と労働条件 · 続きを見る »

埋立地

解説画像) 埋立地(うめたてち)は、廃棄物や浚渫土砂、建設残土などを大量に積み上げることによって人工的に造成された土地を指す。概ね、湾や湖などの水面に投入することによって陸地を造成する場合と、低湿地・窪地・山間地などの内陸地に盛土して造成する場合とがある。.

新しい!!: 国土交通省と埋立地 · 続きを見る »

厚生労働省

厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、Ministry of Health, Labour and Welfare、略称:MHLW)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。 健康・医療、子ども・子育て、福祉・介護、雇用・労働、年金に関する政策分野を主に所管する。 2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止・統合して誕生した。 その責務は「国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ること」(厚生労働省設置法第3条第1項)および「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」(同法第3条第2項)と規定されている。.

新しい!!: 国土交通省と厚生労働省 · 続きを見る »

とるぱ

とるぱは、国土交通省道路局が平成16年度より取り組んでいる施策。 撮影スポットと駐車場が整備されている所を「とるぱ」として指定している。なお、「とるぱ」とは、「撮る」「パーキング」の略称である。.

新しい!!: 国土交通省ととるぱ · 続きを見る »

千代田区

千代田区(ちよだく)は、東京都の特別区の一つ。1947年(昭和22年)3月15日に麹町区と神田区が合併して誕生した山口恵一郎 『日本地名辞典 市町村編』1980年10月。。.

新しい!!: 国土交通省と千代田区 · 続きを見る »

大臣補佐官

大臣補佐官(だいじんほさかん)は、2014年(平成26年)5月30日に国家公務員法等の一部を改正する法律(平成26年法律第22号)が施行されたことにより、内閣府、復興庁、各省に設置される必置ではない特別職の官職。その職務は、内閣府設置法第14条の2、復興庁設置法第10条の2、国家行政組織法第17条の2により「その省の大臣の命を受け、特定の政策に係るその省の長である大臣の行う企画及び立案並びに政務に関し、その省の長である大臣を補佐する。」(内閣府設置法と復興庁設置法では「その省の長である大臣」を「内閣官房長官又は特命担当大臣」「復興大臣」と読み替え) と定められている。内閣法によって内閣官房に設置される内閣総理大臣補佐官とは区別される。.

新しい!!: 国土交通省と大臣補佐官 · 続きを見る »

失業

'''世界の失業率''' 灰色は統計資料が入手できないことを表す。CIA World Factbook による 失業(しつぎょう、unemployment)とは、仕事を失うことおよび働く意思も能力もあるのに仕事に就けない状態を指す。特に、仕事が無い状態を指す無職(むしょく)のうち、就業に向けた職探しを行っている者の状態を指し、そのような状態の者を失業者(しつぎょうしゃ)と言う。日本など一部を除いて北欧の福祉国家でさえも青年失業率が20%から下がらないことがOECD加盟国で大きな問題になっている。.

新しい!!: 国土交通省と失業 · 続きを見る »

外局

外局(がいきょく)とは、日本政府の内閣府または省に置かれる、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための組織で、内部部局(本府または本省)と並立する地位を有するものである。現在では、合議制の委員会と独任制の庁の2つに大別される。 1998年(平成10年)の中央省庁等改革基本法により、後述する例外を除いて、「主として政策の実施に関する機能を担うもの」と定義されている。.

新しい!!: 国土交通省と外局 · 続きを見る »

奄美群島振興開発基金

立行政法人奄美群島振興開発基金(あまみぐんとうしんこうかいはつききん、Fund for the Promotion and Development of the Amami Islands)は、中期目標管理法人たる独立行政法人である。一般の金融機関による金融の補完・奨励を目的とし(奄美群島振興開発特別措置法第44条)、奄美群島内の事業に関する信用保証と貸付を業務とする(同法第52条)。.

新しい!!: 国土交通省と奄美群島振興開発基金 · 続きを見る »

審議会

審議会(しんぎかい)は、日本においては、国(政府)または地方自治体などの行政庁に付随する行政機関、あるいは民間の組織などに任意に設けられる合議制の諮問機関の名称の一つである。企業や、ケースとしての組織の内部の意思決定に参加学校での仕事のグループもある。.

新しい!!: 国土交通省と審議会 · 続きを見る »

小笠原総合事務所

小笠原総合事務所(おがさわらそうごうじむしょ、英語:Ogasawara General Office、略称:OGO)は、小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律(昭和43年法律第83号)第26条の規定に基づいて小笠原諸島における日本の行政事務を統括する国土交通省の特別の機関である。同条第1項では「当分の間、小笠原諸島に係る国の行政機関の権限に属する事務を処理するため、現地の総合行政機関として国土交通省に小笠原総合事務所を置く。」としている。同諸島の父島に庁舎が設置されている。 現在の行政組織においては、国土交通省の管轄下に置かれているが、.

新しい!!: 国土交通省と小笠原総合事務所 · 続きを見る »

小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律

小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律(おがさわらしょとうのふっきにともなうほうれいのてきようのざんていそちとうにかんするほうりつ)は、小笠原諸島(孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島)の日本国への復帰に伴い、法令の適用についての暫定措置その他必要な特別措置を定めるために施行された日本の法律。.

新しい!!: 国土交通省と小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律 · 続きを見る »

世界最長の川であるナイル川 世界最大の流域面積を有する川であるアマゾン川 日本最長の川である信濃川 日本最大の流域面積を有する川である利根川 川(かわ)は、絶えず水が流れる細長い地形である。雨として落ちたり地下から湧いたりして地表に存在する水は、重力によってより低い場所へとたどって下っていく。それがつながって細い線状になったものが川である。河川(かせん)ともいう。時期により水の流れない場合があるものもあるが、それも含めて川と呼ばれる。.

新しい!!: 国土交通省と川 · 続きを見る »

不動産会社

不動産会社(ふどうさんがいしゃ)とは、主として不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、売買・交換・賃貸の代理もしくは仲介を行う会社のことである。みずから開発、分譲を行うものはデベロッパーと呼ばれる。.

新しい!!: 国土交通省と不動産会社 · 続きを見る »

中央労働委員会

中央労働委員会(ちゅうおうろうどういいんかい、略称:中労委(ちゅうろうい)、英語:Central Labor Relations Commission)は、労使間関係の調整をつかさどる日本の中央省庁の一つであり、厚生労働省の外局である。.

新しい!!: 国土交通省と中央労働委員会 · 続きを見る »

中央合同庁舎第2号館

中央合同庁舎第2号館(ちゅうおうごうどうちょうしゃだいにごうかん、Central Gov't Bldg.

新しい!!: 国土交通省と中央合同庁舎第2号館 · 続きを見る »

中央省庁再編

中央省庁再編(ちゅうおうしょうちょうさいへん)は、2001年(平成13年)1月6日に施行された中央省庁の再編統合を指す。中央省庁再編の目的には、縦割り行政による弊害をなくし、内閣機能の強化、事務および事業の減量、効率化することなどが挙げられた。それまでの1府22省庁は、1府12省庁に再編された。なお、法令および政府の公文書においては「中央省庁再編」でなく「中央省庁等改革」という表記が正式なものとして用いられる。しかし、これで目的である縦割り行政の弊害はなくならなかった。そのため、その後消費者庁の新設など、各省庁を総合的に調整する組織が作られた。.

新しい!!: 国土交通省と中央省庁再編 · 続きを見る »

中国地方整備局

中国地方整備局(ちゅうごくちほうせいびきょく)は、国土交通省の地方支分部局である地方整備局の一つ。中国地方5県(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)を管轄する。港湾空港部については歴史的な経緯から下関市が管轄外となっているほか、鳥取自動車道の一部を新直轄方式で整備したため、兵庫県内の鳥取自動車道も中国地方整備局の管轄区域に含まれる。.

新しい!!: 国土交通省と中国地方整備局 · 続きを見る »

中国運輸局

中国運輸局(ちゅうごくうんゆきょく)は国土交通省の地方支分部局。運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局の一つである。 陸運部門については中国地方5県(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)を管轄区域とする。一方、海事部門については山口県西部(下関市、宇部市、長門市、山陽小野田市)は九州運輸局の所管となり、これらの地域では陸運部門と海事部門の所管地方運輸局が異なっている。なお、これらの地域には中国運輸局の出先機関はない(この地域の陸運部門は山口運輸支局本庁舎の管轄)。.

新しい!!: 国土交通省と中国運輸局 · 続きを見る »

中部地方整備局

中部地方整備局(ちゅうぶちほうせいびきょく)は、国土交通省の地方支分部局である地方整備局の一つ。中部地方のうち、北陸地方を除く中部地方の土木建築行政全般を管轄する。岐阜県、静岡県、愛知県、三重県および長野県南部を管轄地域とする。.

新しい!!: 国土交通省と中部地方整備局 · 続きを見る »

中部運輸局

中部運輸局(ちゅうぶうんゆきょく)は、国土交通省の地方支分部局の一つ。 運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局である。 静岡県、三重県、福井県、愛知県、岐阜県を所管地域としている。なお、2002年(平成14年)7月1日より、同局で所管されていた石川県と富山県は北陸信越運輸局へ管轄を移行されている。.

新しい!!: 国土交通省と中部運輸局 · 続きを見る »

中日本高速道路

中日本高速道路株式会社(なかにほんこうそくどうろ)は、高速道路株式会社法により設立された特殊会社(NEXCO3社のうちの一つ)である。通称はNEXCO中日本(ネクスコなかにほん)。中日本地域の高速道路、自動車専用道路などを管理運営する。.

新しい!!: 国土交通省と中日本高速道路 · 続きを見る »

市民農園

市民農園(しみんのうえん)は、非農家の市民が、小規模な農地で、非営利的に野菜や果物、花卉などを栽培する活動、ないしは、そのために農家などから提供される農地、あるいは、それに地方自治体、農業協同組合、個人などが付帯施設などを整備して提供する農園。日本では、大正時代からこの表現が用いられていた 。レジャー農園、 ふれあい農園などの呼称が用いられることもある。現在は、「市民農園二法」と通称される、特定農地貸付法と市民農園整備促進法にそれぞれ制度的根拠をもつものと、農地に関する貸借権を伴わない、いわゆる農園利用方式によるものの三者に大別されている 。 市民農園は、農作業を経験したい都市の住民のみならず,遊休農地の有効利用策を求める農地所有者にとっても都合のよい制度と考えられている。.

新しい!!: 国土交通省と市民農園 · 続きを見る »

下水道

明治10年代のレンガ製下水道管(横浜市) 下水道(げすいどう)は、主に都市部の雨水(うすい)および汚水(おすい)を、地下水路などで集めた後に公共用水域へ排出するための施設・設備の集合体。多くは浄化などの水処理を行う。 雨水としては、気象学における降水および、いったん降り積もった雪が気温の上昇などで融けた融雪水も含むが、いずれも路面など地表にあるものが対象で、河川水や地下水となったものは除く。 汚水としては、水洗式便所からの屎尿や、家庭における調理・洗濯で生じる生活排水と、商店やホテル・町工場から大工場にいたる事業場からの産業排水(耕作は除く)などがある。.

新しい!!: 国土交通省と下水道 · 続きを見る »

一般会計

一般会計(いっぱんかいけい)とは、日本の国及び地方公共団体の官庁会計における区分の1つで、特別会計に属さない財政を包括的、一般的に経理する会計のこと。福祉や教育、消防など国民・住民に広く行われる事業における歳入・歳出の会計である。 国・地方公共団体の会計は、すべての歳入・歳出などを単一の会計で経理することが原則となっている(単一予算主義)。.

新しい!!: 国土交通省と一般会計 · 続きを見る »

一般職

一般職.

新しい!!: 国土交通省と一般職 · 続きを見る »

九州地方整備局

九州地方整備局(きゅうしゅうちほうせいびきょく)は、国土交通省の地方支分部局である地方整備局の一つ。沖縄県を除く九州地方7県(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)を管轄する(沖縄県は内閣府沖縄総合事務局開発建設部の所管)ほか、港湾事業については関門海峡周辺の一体的整備を図るため山口県下関市を管轄区域に含める。 本局は福岡県福岡市博多区博多駅東二丁目の福岡第二合同庁舎内だが、本局組織である港湾空港部港湾危機管理官室が山口県下関市竹崎町四丁目に置かれている。これは、管内の重要施設である関門海峡の危機管理に対応すると同時に、元々港湾空港部の本局が下関市にあった名残でもある。.

新しい!!: 国土交通省と九州地方整備局 · 続きを見る »

九州運輸局

九州運輸局(きゅうしゅううんゆきょく)は国土交通省の地方支分部局。運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局の一つである。 九州地方のうち、九州本島7県(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県)を管轄区域とするほか、海事部門については山口県西部を管轄区域に含める。なお、沖縄県については内閣府沖縄総合事務局運輸部が管轄している。.

新しい!!: 国土交通省と九州運輸局 · 続きを見る »

干拓

干拓(かんたく)とは遠浅の海や干潟、水深の浅い湖沼やその浅瀬を仕切り、その場の水を抜き取ったり干上がらせるなどして陸地にすること。主に農地として開拓する時に用いられる。干拓された土地を干拓地()と呼ぶ。 水域に土砂や廃棄物等を投入して土地を造成する埋立とは異なる。 方法として、まず、干拓堤防(潮受け堤防、潮受堤防)で水域を仕切り、堤防の随所に水門を設ける。その上で動力によって強制的に仕切内の水を排水し干上がらせる。または海の場合、潮の干満を利用する方法も取られる。干潮時に水門を開き海水を排し、満潮時には水門を閉じて干上がらせる。 こうしてできた土地は海面よりも低くなることが多く、塩分を含んだ土地であるため、農地化する際には、塩分とともに水を排水する設備を作る必要がある。また地盤も軟弱であるため、宅地としては好ましくない。.

新しい!!: 国土交通省と干拓 · 続きを見る »

平成

平成(へいせい)は日本の元号の一つ。昭和の後。今上天皇在位中の1989年(平成元年)1月8日から現在に至る。2001年(平成13年)の始まりには西暦における20世紀から21世紀への世紀の転換もあった。2019年(平成31年)4月30日に今上天皇退位により終了する予定であり、予定通り終了した場合、30年113日間(=11,070日間)にわたることとなる。なお、日本の元号では昭和(64年)、明治(45年)、応永(35年)に次いで4番目の長さである(5番目は延暦の25年)。 西暦2018年(本年)は平成30年に当たる。本項では平成が使われた時代(平成時代)についても記述する。.

新しい!!: 国土交通省と平成 · 続きを見る »

交通

交通(こうつう)とは、人や物が物理的に行き交うことであり、人間の社会活動に伴って発生する社会現象である。「交通」は広義には思想の場所的移動(通信)も含む概念である靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.212 1951年 古今書院。ただし、一般に「交通」という場合には通信を含まない語として使われる場合がほとんどであり、例えば学問上も交通工学や交通経済学、交通地理学といった学問領域は通信を対象に含めない。.

新しい!!: 国土交通省と交通 · 続きを見る »

交通公論

『交通公論』(こうつうこうろん)は、運輸関係企業向けに発行されている月刊雑誌。ただし、発行者は民間人であり、国土交通省関係者ではない。.

新しい!!: 国土交通省と交通公論 · 続きを見る »

交通政策審議会

交通政策審議会(こうつうせいさくしんぎかい)とは、日本において国土交通省設置法(平成11年7月16日法律第100号)に基づき国土交通省内に設置された審議会等のひとつ。国土交通大臣の諮問に応じて、交通政策の重要事項を調査審議し、関係各大臣に意見陳述する使命を持つ。 平成11年(1999年)4月27日に閣議決定された「審議会等の整理合理化に関する基本的計画」に基づき、それまでの運輸政策審議会を発展改組し、運輸技術審議会、観光政策審議会、海運造船合理化審議会、港湾審議会、航空審議会、新幹線鉄道審議会、海上安全船員教育審議会、気象審議会の8つの審議会を廃止かつその機能を吸収することで、新たに「交通政策審議会」として設置されることとなった。平成13年(2001年)1月6日、中央省庁等改革基本法(平成10年6月12日法律第103号)の施行とともに発足した。.

新しい!!: 国土交通省と交通政策審議会 · 続きを見る »

人事院

人事院(じんじいん、National Personnel Authority、略称:NPA)は、日本の行政機関の一つである。 国家公務員法の第2章に基づいて設置された「中央人事行政機関」である。国家公務員の人事管理の公正中立と統一を確保し、労働基本権制約の代償機能を果たすため、いわゆる行政委員会として人事院規則の制定改廃や不利益処分審査の判定、給与に関する勧告など、人事行政に広汎な権限を有する。人事行政の公平を保つため、その権限は内閣から独立して行使することができる。.

新しい!!: 国土交通省と人事院 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 国土交通省と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 国土交通省と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 国土交通省とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 国土交通省とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 国土交通省と元日 · 続きを見る »

建築士

建築士(けんちくし、英語: Architect)とは、建築物の設計及び工事監理を行う職業の資格、あるいはその資格を持った者である。.

新しい!!: 国土交通省と建築士 · 続きを見る »

建築士法

建築士法(けんちくしほう、昭和25年5月24日法律第202号)とは、建築物の設計、工事監理等を行う技術者の資格を定めて、その業務の適正をはかり、もつて建築物の質の向上に寄与させることを目的とする法律である。昭和25年4月、第7回通常国会に田中角栄を筆頭提案者として提出、成立した議員立法である。.

新しい!!: 国土交通省と建築士法 · 続きを見る »

建築研究所

国立研究開発法人建築研究所(けんちくけんきゅうじょ、英語表記:Building Research Institute)は、国土交通省所管の国立研究開発法人。建築および都市計画に関する研究開発を行う研究機関である。.

新しい!!: 国土交通省と建築研究所 · 続きを見る »

建築物

ラダ・ファミリア教会(バルセロナ) ヴィルーパークシャ寺院(インド・パッタダカル) ノートルダム大聖堂(パリ) 姫路城 シャンボール城(フランス・シャンボール) シアトル中央図書館(アメリカ) 建築物(けんちくぶつ)は、建築された物体。建築された構造物。 建築物は使用目的によって形態が異なるほか構造体も異なる職業訓練教材研究会『二級技能士コース 塗装科 選択・建築塗装法』2005年、189頁。建築物は工学で扱われる対象であると同時に芸術的現象としての側面も有する。.

新しい!!: 国土交通省と建築物 · 続きを見る »

建設工事紛争審査会

建設工事紛争審査会(けんせつこうじふんそうしんさかい)は、建設業法に基づき、建設工事の請負契約に関する紛争の解決を図る公的機関である建設業法25条。.

新しい!!: 国土交通省と建設工事紛争審査会 · 続きを見る »

建設広報協議会

一般社団法人建設広報協議会(けんせつこうほうきょうぎかい)は、国土建設事業に関する広報宣伝などの事業を実施する業界団体。元国土交通省所管。.

新しい!!: 国土交通省と建設広報協議会 · 続きを見る »

建設省

建設省(けんせつしょう、Ministry of Construction)は、2001年(平成13年)1月5日まで存在した、国土・都市計画、市街地整備(下水道ほか)、河川(水防砂防)、道路、建築物(一般基準・市街地建築ほか)、住宅政策、官庁営繕などに関する行政を取扱う中央省庁であった。 建設省設置法(昭和23年7月8日、法律第113号)に基づき設置されていた。長は建設大臣。 現在は国土交通省に再編されている。.

新しい!!: 国土交通省と建設省 · 続きを見る »

建設業

建設業(けんせつぎょう、英語:construction)とは、建設工事の完成を請け負う営業をいい、日本においては、土木建築に関する工事で、建設業法に規定する建設工事の種類にある工事の完成を請け負う営業をいう。.

新しい!!: 国土交通省と建設業 · 続きを見る »

建設業法

建設業法(けんせつぎょうほう、昭和24年5月24日法律第100号)は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによつて、建設工事の適正な施工を確保し、発注者および下請の建設業者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする、日本の法律である。.

新しい!!: 国土交通省と建設業法 · 続きを見る »

住宅

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。.

新しい!!: 国土交通省と住宅 · 続きを見る »

住宅金融支援機構

立行政法人住宅金融支援機構(じゅうたくきんゆうしえんきこう、英称:Japan Housing Finance Agency、JHF)は、住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人。2007年4月1日に発足した。所管省庁は、国土交通省住宅局と財務省である。.

新しい!!: 国土交通省と住宅金融支援機構 · 続きを見る »

土地収用

土地収用(とちしゅうよう)とは、日本国憲法第29条第3項「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。」に基づき、公共の利益となる事業の用に供するため、土地の所有権その他の権利を、収用委員会(委員は都道府県議会の同意を経て任命された収用委員により構成される行政委員会)での審理や裁決など、一連の手続きを経てその権利者の意思にかかわらず、国又は地方公共団体等に強制的に取得させる行為をいう。.

新しい!!: 国土交通省と土地収用 · 続きを見る »

土地鑑定委員会

土地鑑定委員会(とちかんていいいんかい)は、日本の国土交通省の審議会等の一つ。国土交通省設置法第6条に基づき設置された機関である。.

新しい!!: 国土交通省と土地鑑定委員会 · 続きを見る »

土木研究所

国立研究開発法人土木研究所(どぼくけんきゅうじょ、英語表記:Public Works Research Institute、略称PWRI・土研)は、国土交通省所管の国立研究開発法人。現在の組織は、2006年4月1日より独立行政法人土木研究所(ただし合併前、茨城県つくば市南原、現・つくば中央研究所)と北海道開発土木研究所(北海道札幌市豊平区、現・寒地土木研究所)の再編により新たに発足したものである。.

新しい!!: 国土交通省と土木研究所 · 続きを見る »

地すべり

地すべり(じすべり、英語:landslide)とは、土砂移動の一形態。.

新しい!!: 国土交通省と地すべり · 続きを見る »

地価公示法

地価公示法(ちかこうじほう)とは、地価の公示(公示地価)に関し規定した日本の法律である。.

新しい!!: 国土交通省と地価公示法 · 続きを見る »

地図

地図(ちず、英:mapブリタニカ百科事典「地図」 マップ、chart チャート)とは、地球表面の一部または全部を縮小あるいは変形し、記号・文字などを用いて表した図。.

新しい!!: 国土交通省と地図 · 続きを見る »

地方共同法人

地方共同法人(ちほうきょうどうほうじん)とは、日本において、特殊法人等整理合理化計画(平成13年12月19日閣議決定)に基づき、「地方公共団体の共通の利益となる事業等、その性格上地方公共団体が主体的に担うべき事業であって、国の政策実施機関に実施させるまでの必要性が認められないものの実施主体」として、民商法及び特別法によって設立される法人のことをいう。 多くの地方共同法人は、国の出資により特別法の制定によって設立される特殊法人のうち、民営化になじまず、地方公共団体等の共同の利益となる事業を運営し、かつ国が事業の主体となる必要性の低い特殊法人の後継法人として設立されている。特殊法人との相違点として、出資主体は地方公共団体の共同出資のみであること、国の関与の縮小及び廃止によって経営の自立化や自主性を獲得していること、機関の強化により議決・経営機能の強化が図られていることなどが挙げられる。.

新しい!!: 国土交通省と地方共同法人 · 続きを見る »

地方運輸局

地方運輸局(ちほううんゆきょく)とは、国土交通省の地方支分部局のひとつ。運輸・交通に関する業務を所管している。 全国を北海道、東北、関東、北陸信越、中部、近畿、中国、四国、九州の9運輸局が管轄している。国土交通省設置法30条に定めがある。なお、沖縄県については内閣府沖縄総合事務局運輸部が管轄している。 管轄地方の運輸・交通関連の行政においては大きな権限を持っている。各地方運輸局は出先機関として運輸支局・自動車検査登録事務所・海事事務所を置き、登録・許認可の実務の多くをそちらで行っている。.

新しい!!: 国土交通省と地方運輸局 · 続きを見る »

地方航空局

地方航空局(ちほうこうくうきょく)とは、国土交通省の地方支分部局のひとつ。国土交通省設置法38、39条に定めがある。 国が管理する空港の維持管理及び運営、航空保安業務及び関連施設の整備・維持管理、航空事業に関する業務を所管している。 東京と大阪の2ヶ所に設置されており、東日本は東京局、西日本は大阪局が担当する。 管轄域内の航空行政において大きな権限を持っている。また、国土交通省本省内部部局の航空局においては、地方航空局の各種業務に対応した部局が存在する。.

新しい!!: 国土交通省と地方航空局 · 続きを見る »

地方支分部局

地方支分部局(ちほうしぶんぶきょく)とは、日本において、内閣府設置法第43条及び第57条、国家行政組織法第9条に規定されている、国の行政機関(省庁など)の所掌事務を分掌する地方出先機関の総称である。.

新しい!!: 国土交通省と地方支分部局 · 続きを見る »

地方整備局

地方整備局(ちほうせいびきょく、英語表記:Regional Development Bureau,または Regional Bureau)とは、国土交通省の地方支分部局のひとつ。直轄の道路、河川、ダム、砂防、港湾の整備及び維持管理、空港基本施設の整備のほか、建設業や不動産業(宅地建物取引業)の許認可に関する業務や指導監督業務、建設関連の資格の取得に関わる行政機能などを所管している。.

新しい!!: 国土交通省と地方整備局 · 続きを見る »

北陸信越運輸局

北陸信越運輸局(ほくりくしんえつうんゆきょく)は、新潟市にある国土交通省の地方支分部局の一つ。 運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局である。2002年(平成14年)7月1日に発足。 海事部門・陸事部門の両方は新潟県、富山県、石川県を所管区域としており、陸事部門はさらに長野県を所管区域としている。なお、2002年7月発足までは、新潟運輸局として、新潟県、長野県、山形県、秋田県を管轄下に置いていた。また、山形県、秋田県は東北運輸局へ、富山県、石川県は中部運輸局から、それぞれ管轄を移行した。.

新しい!!: 国土交通省と北陸信越運輸局 · 続きを見る »

北海道運輸局

北海道運輸局(ほっかいどううんゆきょく)は、国土交通省の地方支分部局で運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局の一つである。北海道全域を管轄区域としている。.

新しい!!: 国土交通省と北海道運輸局 · 続きを見る »

北海道開発局

北海道開発局(ほっかいどうかいはつきょく、Hokkaido Regional Development Bureau)は、国土交通省の地方支分部局。 北海道における河川、道路、港湾、空港、農業、漁港等の国直轄事業、都市計画行政、住宅行政、建設産業行政、官庁営繕等を担っている。 国土交通省所管の業務(地方整備局に相当)と併せ、農林水産省所管である農業・灌漑排水等の農業土木業務を総合的に計画・実施している点に特色がある。 所在地は札幌市北区北8条西2丁目(札幌第1合同庁舎)。北海道各地に10の開発建設部を設置している。 (設置の経緯は北海道開発庁の項を参照).

新しい!!: 国土交通省と北海道開発局 · 続きを見る »

北海道開発庁

北海道開発庁(ほっかいどうかいはつちょう)は、かつて北海道の総合開発事務を行っていた日本の中央省庁。総理府の外局として2001年1月6日まで存在した。長は北海道開発庁長官で国務大臣をもって充てられた。.

新しい!!: 国土交通省と北海道開発庁 · 続きを見る »

北海道旅客鉄道

関と社名板 北海道旅客鉄道株式会社(ほっかいどうりょかくてつどう、英称:Hokkaido Railway Company)ロゴでは「北海道旅客鉃道」となっており、「鉄」の文字は使われていない。会社発足が国鉄の赤字経営が主因となっており、「鉄」の字は“金を失う”という意味になり縁起が悪いとして、ロゴ文字では「金矢」(金偏に弓矢の矢、鉃)という字を採用しているが、正式商号では常用漢字の「鉄」である(四国旅客鉄道以外のJR他社も同様)。 は、1987年(昭和62年)4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。 北海道を中心に鉄道路線を有する。本社所在地は札幌市中央区。通称はJR北海道(ジェイアールほっかいどう)、英語略称はJR Hokkaido。コーポレートカラーは萌黄色。切符の地紋には「北」JR旅客会社では唯一、英文社名の頭文字(JR東日本は「E」、JR西日本は「W」など)が地紋に記されていない。と記されている。.

新しい!!: 国土交通省と北海道旅客鉄道 · 続きを見る »

北方地域

北方地域(ほっぽうちいき)とは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島及び内閣総理大臣が定めるその他の北方の地域。いわゆる北方領土のこと。 北方領土問題については、北方領土問題の項目を参照のこと。.

新しい!!: 国土交通省と北方地域 · 続きを見る »

バッジ

バッジ(badge、button)は、主に衣服の襟部分又は胸部分に付ける、付けている者の「所属」、「資格」、「職位」、「階級」、「経歴」、「功績」等を、図式化等のデザインにより表す徽章・記章のこと。「徽」の字が常用漢字表外字であるため、「き章」と表記されることもある。バッ'''チ'''は誤り(全く別の意味になってしまう)。 軍隊等の階級章・部隊章・兵科章などとして使用される場合、制服の肩章に付けられる場合もある。.

新しい!!: 国土交通省とバッジ · 続きを見る »

モーターボート競走

*.

新しい!!: 国土交通省とモーターボート競走 · 続きを見る »

ボタ山

1950年代に撮影された飯塚市忠隈のボタ山 前掲写真反対側の飯塚駅から飯塚市忠隈のボタ山を望む ステレオ空中写真(1974年)。国土航空写真 ボタ山(ボタやま)とは石炭や亜炭の採掘に伴い発生する捨石(ボタ)の集積場である。ぼた山と平仮名表記をすることもある。漢字では硬山と書く。ズリ山の一種で、主に石炭産業が栄えた北海道、常磐、九州北部等で見ることができる。過去の産業遺産ともいえる。 なお、日本の地すべり等防止法では「ぼた山」と表記され、「石炭又は亜炭に係る捨石が集積されてできた山であって、この法律の施行の際現に存するものをいい、鉱山保安法 及び経済産業省設置法の一部を改正する法律(平成十六年法律第九十四号)第一条の規定による改正前の鉱山保安法(昭和二十四年法律第七十号)第四条又は第二十六条の規定により鉱業権者又は鉱業権者とみなされる者がこの法律の施行の際必要な措置を講ずべきであったものを除く」と定義されている(地すべり等防止法2条2項)。.

新しい!!: 国土交通省とボタ山 · 続きを見る »

パイプライン輸送

アラスカを南北に縦断するトランス・アラスカ・パイプライン トランス・アラスカ・パイプライン パイプライン輸送(パイプラインゆそう)とは、一般に石油や天然ガスなどを恒久的に設置した導管により輸送するものをいう。世界各国で多く利用される。.

新しい!!: 国土交通省とパイプライン輸送 · 続きを見る »

デザイン

デザイン(英語: design)とは、オブジェクト、システム、さらに測定可能な人間とのインタラクション(建築設計図、 エンジニアリング図面、ビジネスプロセス、回路図、縫製パターンなど)を構築するための計画またはコンベンションを作成する行為。デザインは、さまざまな分野で異なる意味を持っている(#デザイン分野を参照)。場合によっては、オブジェクトの直接構築(陶器、工学、管理、コーディング、グラフィックデザインなど )もデザイン思考を使用すると解釈されうる。 「意匠設計」(他に「造形デザイン」など)の意味で単にデザインの語が使われていることも大変多く、デザインすなわち意匠のことだと思われていることも非常に多い。 英語では意匠については「スタイル」という語があるためそちらが使われる場合・分野もあり、例えば日本でいう「建築様式」に近いフレーズとして architectural style がある。.

新しい!!: 国土交通省とデザイン · 続きを見る »

ホテル

東京駅に隣接するホテル外観。シャングリ・ラ ホテル 東京は写真向かって左側の建物 ラスベガスのMGMグランド世界一の面積を誇るカジノホテルで、総客室数は6850。これは日本で一番部屋数が多いホテルの3倍ほどにあたる。 ホテル(hôtel)とは、主にビジネス目的の出張者や観光目的の旅行者のための宿泊施設。語源はラテン語の「ホスピタリア」であり、無償の接待部屋という意味。大型のホテルでは、結婚式場やプールなどの設備を備える。 なお、ホテルと類似した施設として、ユースホステル、ペンション、コテージ、短期賃貸マンション(いわゆるウィークリーマンション・マンスリーマンション)などがある。.

新しい!!: 国土交通省とホテル · 続きを見る »

アイヌ

アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびカムチャツカ半島南部にまたがる地域に居住していた民族。母語はアイヌ語。 1878年(明治11年)、イギリス人旅行家・イザベラ・バードが北海道の日高地方でスケッチしたアイヌ民族の男性。 アイヌは、元来は物々交換による交易を行う狩猟採集民族である。文字を持たない民族であったが1923年(大正12年)に出版された知里幸恵のアイヌ神謡集では、その発音を、ローマ字で表記するなどの工夫がされている。、生業の毛皮や海産物などをもって、アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。 1855年2月7日(安政元年12月21日)の当時のロシア帝国との日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、大半が日本国民、一部がロシア国民となった。21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。.

新しい!!: 国土交通省とアイヌ · 続きを見る »

キャリア (国家公務員)

ャリア(キャリア官僚)とは、日本における国家公務員試験の総合職試験、上級甲種試験又はI種試験(旧外務I種を含む)等に合格し、幹部候補生として中央省庁に採用された国家公務員の俗称である。.

新しい!!: 国土交通省とキャリア (国家公務員) · 続きを見る »

内部部局

内部部局(ないぶぶきょく)とは、日本の行政機関において、府・省・庁・委員会の中に置かれる組織の細目の一つで、府省庁内の本体部分を構成する組織をいう。 内部とは、外局に対していうもので、府省庁によっては「内局」と略することもある。また、それぞれの外局も、その本体部分に内部部局を置くことができるものとされている(国家行政組織法第7条、内閣府設置法第17条)。内部部局に対し、これに属さない府省庁の組織の細目は、審議会等、施設等機関、特別の機関、地方支分部局、外局などである。 都道府県においては、知事部局という。.

新しい!!: 国土交通省と内部部局 · 続きを見る »

全国労働組合総連合

全国労働組合総連合(ぜんこくろうどうくみあいそうれんごう、略称:全労連(ぜんろうれん)、National Confederation of Trade Unions、略称:Zenroren)は、日本の労働組合の全国中央組織(ナショナルセンター)である。国際労働組合組織には加盟していない。.

新しい!!: 国土交通省と全国労働組合総連合 · 続きを見る »

全日本労働総同盟

全日本労働総同盟(ぜんにほんろうどうそうどうめい).

新しい!!: 国土交通省と全日本労働総同盟 · 続きを見る »

公園

代々木公園(東京都渋谷区) 公園(こうえん)とは、公衆が憩いまたは遊びを楽しむために公開された場所(区域)。従って公共性の高い団体・組織によって供され運営されることが多い。対象となる場所は目的に適したように整備されるが、元々の自然状態を保つことが優先される場合もある。 歴史的に庭園や遊園地と重なるあるいは包含する概念である。 公園には、次のようなものがある。.

新しい!!: 国土交通省と公園 · 続きを見る »

公示地価

公示地価(こうじちか)とは、法令に基づき国家機関等により定期的に評価されている公的地価のうち、個別の地点、適正な価格が一般に公表されているもので、日本では地価公示法の公示価格を指す。.

新しい!!: 国土交通省と公示地価 · 続きを見る »

国家公務員

国家公務員(こっかこうむいん)は、日本の行政機関に勤務する者や行政執行法人に勤務する者等、国家公務員法が適用される者を指す。.

新しい!!: 国土交通省と国家公務員 · 続きを見る »

国家公務員法

国家公務員法(こっかこうむいんほう、昭和22年法律第120号)は、国家公務員について適用すべき各般の根本基準等を定めた日本の法律である。1947年(昭和22年)10月21日に公布、同年11月1日に附則第2条(臨時人事委員会(人事院の前身)に関する条項)のみ先行施行、他の条項は1948年(昭和23年)7月1日から施行された。.

新しい!!: 国土交通省と国家公務員法 · 続きを見る »

国家行政組織法

国家行政組織法(こっかぎょうせいそしきほう、昭和23年7月10日法律第120号)は、国の行政機関の設置・組織を定める日本の法律である。.

新しい!!: 国土交通省と国家行政組織法 · 続きを見る »

国土審議会

国土審議会(こくどしんぎかい)は、日本の国土交通省の審議会等の一つ。国土交通省設置法第6条に基づき設置された諮問機関である。.

新しい!!: 国土交通省と国土審議会 · 続きを見る »

国土庁

国土庁(こくどちょう、National Land Agency)は2001年1月6日まで存在した、国土利用に関する行政を行っていた中央省庁。長は国務大臣国土庁長官。.

新しい!!: 国土交通省と国土庁 · 続きを見る »

国土交通 (広報誌)

国土交通(こくどこうつう)とは、国土交通省の広報誌である。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通 (広報誌) · 続きを見る »

国土交通大学校

国土交通大学校(こくどこうつうだいがっこう、College of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)は、東京都小平市に本校を設置する国土交通省の省庁大学校である。 国土交通省職員及び国土交通行政に関わる地方公共団体、独立行政法人職員等を対象に研修を実施し、行政能力や専門知識の向上を図ることを目的としている。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通大学校 · 続きを見る »

国土交通大臣

国土交通大臣(こくどこうつうだいじん、)は、日本の国務大臣。国土交通省の長である。略称は国交相(こっこうしょう)。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通大臣 · 続きを見る »

国土交通大臣政務官

国土交通大臣政務官(こくどこうつうだいじんせいむかん)は、国土交通省を担当する大臣政務官。定員は3名。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通大臣政務官 · 続きを見る »

国土交通審議官

国土交通審議官(こくどこうつうしんぎかん)は、国家公務員の官職及び役職の一つである。 国土交通事務次官に次ぐ国土交通省における事務系官僚のナンバー2のポストであり、いわゆる次官級審議官職の一つで国土交通省設置法に定められている「特別な職」である。現在の定員は3人。 一般には「国土交通省国土交通審議官」のように省名を冠する表記もなされるが、辞令上の正式な官職表記は国土交通事務次官と同様に省名を冠さない「国土交通審議官」となる。これは、大臣からの辞令(つまり省内の辞令)であるために省名を略しているというだけでなく、国会あるいは内閣・他省庁からの辞令等でも単に「国土交通審議官」と表記されることからも正式呼称であることが確認される(同省の各局長も省内辞令では省名を冠していないが国会等外部からは国土交通省○○局長と表記されており明確な差異がある。)。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通審議官 · 続きを見る »

国土交通事務次官

国土交通事務次官(こくどこうつうじむじかん)は、国家公務員における官職及び役職の一つである。国土交通省事務方のトップ。略して国交次官。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通事務次官 · 続きを見る »

国土交通副大臣

国土交通副大臣(こくどこうつうふくだいじん)は、国土交通省を担当する副大臣。定員は2名。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通副大臣 · 続きを見る »

国土交通省大臣官房

国土交通省大臣官房(こくどこうつうしょうだいじんかんぼう)は、国土交通省の内部部局の一つ。人事、国会、広報、会計などをつかさどる。 国土交通省所管業務の全般にわたる総合調整を担うほか、公共事業及び建設技術に関する研究開発と施策の推進を担当する「技術調査課」、さらには他省庁を含めた官公庁の営繕管理(庁舎の新築・補修など)も担当する「官庁営繕部」が設けられている。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通省大臣官房 · 続きを見る »

国土交通省設置法

国土交通省設置法(こくどこうつうしょうせっちほう、平成11年7月16日法律第100号)は、国土交通省の設置並びに任務及び所掌事務を定め、所掌する行政事務を遂行するために必要な組織を定める日本の法律である。.

新しい!!: 国土交通省と国土交通省設置法 · 続きを見る »

国土交通政策研究所

国土交通政策研究所(こくどこうつうせいさくけんきゅうじょ、Policy Research Institute for Land Infrastructure and Transport.

新しい!!: 国土交通省と国土交通政策研究所 · 続きを見る »

国土地理院

国土地理院(こくどちりいん、英語:Geospatial Information Authority of Japan)は、国土交通省設置法及び測量法に基づいて測量行政を行う、国土交通省に置かれる特別の機関である。.

新しい!!: 国土交通省と国土地理院 · 続きを見る »

国土計画

国土計画とは、国土の利用、整備、保全に関する計画。日本の国土形成計画法に基づく国土形成計画や国土利用計画法に基づく国土利用計画などがこれに当たる。なお、改正前の旧国土総合開発法に基づく全国総合開発計画も含む。地域計画と区別して国土計画という場合、全国を対象とした計画を意味することが多い。.

新しい!!: 国土交通省と国土計画 · 続きを見る »

国土開発幹線自動車道建設会議

国土開発幹線自動車道建設会議(こくどかいはつかんせんじどうしゃどうけんせつかいぎ)とは、国会議員や有識者から構成され、国土開発幹線自動車道建設法に基づき全国で計画されている、国土開発幹線自動車道(総延長11,520km)などの建設・整備を審議する2003年12月25日に設置された国土交通大臣の諮問機関である。国幹会議(こっかんかいぎ)と略される。.

新しい!!: 国土交通省と国土開発幹線自動車道建設会議 · 続きを見る »

国土技術政策総合研究所

国土技術政策総合研究所(こくどぎじゅつせいさくそうごうけんきゅうじょ、National Institute for Land and Infrastructure Management.

新しい!!: 国土交通省と国土技術政策総合研究所 · 続きを見る »

国際観光振興機構

立行政法人国際観光振興機構(こくさいかんこうしんこうきこう、Japan National Tourism Organization、英:JNTO)は、日本の国土交通省(観光庁)所管の独立行政法人。通称、日本政府観光局。.

新しい!!: 国土交通省と国際観光振興機構 · 続きを見る »

四国地方整備局

四国地方整備局(しこくちほうせいびきょく)は、国土交通省の地方支分部局である地方整備局の一つ。四国地方4県(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)を管轄する。.

新しい!!: 国土交通省と四国地方整備局 · 続きを見る »

四国運輸局

四国運輸局(しこくうんゆきょく)は、国土交通省の地方支分部局。運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局の一つである。 四国地方4県(香川県・愛媛県・徳島県・高知県)を管轄区域とする。 本局が陸運関係とそれ以外で別の庁舎となっていたが、平成29年11月に高松サンポート合同庁舎南館に移転。また、徳島・高知の両運輸支局は本庁舎が海事、分庁舎が陸運担当となっている。.

新しい!!: 国土交通省と四国運輸局 · 続きを見る »

四国旅客鉄道

四国旅客鉄道株式会社(しこくりょかくてつどう、英称:Shikoku Railway Company)は、1987年(昭和62年)4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から旅客鉄道事業を引き継ぎ発足したJR旅客鉄道会社のうちの一つ。 旧国鉄四国総局の流れを汲み、四国地方を中心に855.2 kmの鉄道路線を有する。本社は香川県高松市。通称はJR四国(ジェイアールしこく)。コーポレートカラーは水色。会社スローガンは「Always Railways」である。.

新しい!!: 国土交通省と四国旅客鉄道 · 続きを見る »

倉庫業

倉庫業(そうこぎょう)とは、寄託を受けて顧客の物品を倉庫などで保管する受託事業で、運送業と並んで物流の中核となる業種。倉庫営業(そうこえいぎょう)とも呼ばれる。 日本では倉庫業法(所管は国土交通省)によって規制されるが、2002年(平成14年)4月、許可制から登録制へ変更された。.

新しい!!: 国土交通省と倉庫業 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 国土交通省と新年 · 続きを見る »

石井啓一

石井 啓一(いしい けいいち、1958年3月20日 - )は、日本の政治家、元建設官僚(1981年-1992年)。公明党所属の衆議院議員(9期)、国土交通大臣(第20・21代)。 財務副大臣(第1次小泉第2次改造内閣・第2次小泉内閣)、公明党政務調査会長などを歴任した。.

新しい!!: 国土交通省と石井啓一 · 続きを見る »

災害復旧

災害復旧(さいがいふっきゅう)とは、災害復興に関する事業のうち、特にインフラストラクチャー等の復旧事業を指す。狭義には地方公共団体(都道府県・市町村)が公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法(負担法)に基づいて施行するもの、あるいは国が直轄事業として施行するものを指すが、広義には農地や農業用施設(水路、ため池、農道など)に対する復旧事業を含めたり、負担法の対象とならない学校・病院など公共性の高い建築物、ならびに鉄道・ガス・上水道など民間企業の所管するライフラインの復旧事業を含むことがある。.

新しい!!: 国土交通省と災害復旧 · 続きを見る »

砂防

防(さぼう)とは、土砂災害を防止する手段の一つ、あるいはその事業の総称である。 狭義の砂防事業(「通常砂防事業」と呼ぶことがある)は、砂防法を根拠として土石流の捕捉と土砂の移動を防止を目的に荒廃した渓流、扇状地等で行う防災事業であり、渓流や河川に砂防ダムなどの構造物を設置、その下流で行う流路工事及び遊砂地の設置を行う。 広義の砂防事業は、上記に加えて、集落上部の斜面崩壊対策や地すべり対策、火山性災害の防止対策を総称したものである。 通常砂防事業は土砂の流出をコントロールする点で、森林法を根拠にする治山事業と類似するが、主に集落や道路などの保護を目的とするため、計画の思想や構造物の設計手法が異なる。.

新しい!!: 国土交通省と砂防 · 続きを見る »

社会資本

会資本(しゃかいしほん)とは、主として次の2つの意味で使われる。.

新しい!!: 国土交通省と社会資本 · 続きを見る »

社会資本整備審議会

会資本整備審議会(しゃかいしほんせいびしんぎかい)とは、日本において国土交通省設置法(平成11年7月16日法律第100号)に基づき国土交通省内に設置された審議会等のひとつ。国土交通大臣の諮問に応じて、不動産業、宅地、住宅、建築、建築士及び官公庁施設に関する重要事項を調査審議し、関係行政機関(国土交通大臣など)に意見陳述することなどを目的とする(同法13条)。 平成11年(1999年)4月27日に閣議決定された「審議会等の整理合理化に関する基本的計画」に基づき、建設省に置かれたそれまでの都市計画中央審議会を発展改組し、住宅宅地審議会、建築審議会、道路審議会、河川審議会、歴史的風土審議会、公共用地審議会の7つの審議会を廃止かつその機能を吸収することで、新たに「社会資本整備審議会」として設置されることとなった。平成13年(2001年)1月6日、中央省庁等改革基本法(平成10年6月12日法律第103号)の施行とともに発足した。.

新しい!!: 国土交通省と社会資本整備審議会 · 続きを見る »

秘書官

書官(ひしょかん)とは、高官等の秘書・機密に関する業務を掌る官吏の官職名・役職名の総称である。.

新しい!!: 国土交通省と秘書官 · 続きを見る »

秋元司

秋元 司(あきもと つかさ、1971年10月23日 - )は、日本の政治家。東京福祉大学客員教授。自由民主党所属の衆議院議員(3期)、国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。 防衛大臣政務官(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣)、衆議院内閣委員長、参議院議員(1期)、自民党内閣部会長等を歴任。.

新しい!!: 国土交通省と秋元司 · 続きを見る »

秋本真利

秋本 真利(あきもと まさとし、1975年8月10日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(3期)、国土交通大臣政務官(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。.

新しい!!: 国土交通省と秋本真利 · 続きを見る »

空港周辺整備機構

立行政法人空港周辺整備機構(くうこうしゅうへんせいびきこう、Organization for Environment Improvementaround International Airport)は、国土交通省所管の独立行政法人。.

新しい!!: 国土交通省と空港周辺整備機構 · 続きを見る »

管区気象台

管区気象台(かんくきしょうだい)は、気象台の一種で、気象庁の地方支分部局の1つ。全国に5か所置かれている。主に気象情報の発表や地震火山の観測などの業務を担当している。各管区気象台とも、管内の地方気象台および測候所を監理している。.

新しい!!: 国土交通省と管区気象台 · 続きを見る »

簗和生

簗 和生(やな かずお、1979年4月22日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(3期)、国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。.

新しい!!: 国土交通省と簗和生 · 続きを見る »

索道

書写山ロープウェイ(書写駅)(姫路市)。複線交走式の普通索道 (動画) 筑波山のロープウェイ ロンドンのテムズ川横断ケーブルカー エミレーツ・エア・ライン 索道(さくどう)とは、空中に渡したロープに吊り下げた輸送用機器に人や貨物を乗せ、輸送を行う交通機関である。ロープウェイ(ropeway)、ゴンドラリフト、スキー場などのリフトなどが索道に含まれる。 英語では、aerial tramway(エリアル・トラムウェイ)、aerial lift(エリアル・リフト)、gondola lift(ゴンドラ・リフト)、cable car(ケーブル・カー)、telecabine(テレキャビン)と呼ばれている。.

新しい!!: 国土交通省と索道 · 続きを見る »

緊急災害対策派遣隊

九州北部豪雨の被災地にて緊急災害対策派遣隊を激励する国土交通大臣石井啓一(左手前)(2017年7月9日) 緊急災害対策派遣隊(きんきゅうさいがいたいさくはけんたい、英称:Technical Emergency Control Force)は、地震・水害・土砂災害等の大規模自然災害に対応するため、被災自治体等が行う被災状況の迅速な把握、被害の発生及び拡大の防止、被災地の早期復旧その他災害応急対策に対する技術的な支援を円滑かつ迅速に実施するために国土交通省に設置されたものである。英称の略でもあるTEC-FORCE(テック・フォース)で呼ばれることが多い。.

新しい!!: 国土交通省と緊急災害対策派遣隊 · 続きを見る »

統括官

統括官(とうかつかん)は、中央省庁における局長級分掌官の名称である。中央省庁再編の際、局の数の削減に伴って多数新設された。.

新しい!!: 国土交通省と統括官 · 続きを見る »

経済産業省

経済産業省(けいざいさんぎょうしょう、略称:経産省(けいさんしょう)、Ministry of Economy, Trade and Industry、略称:METI)は、日本の行政機関の一つである。 「民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること」を任務とする(経済産業省設置法第3条)。.

新しい!!: 国土交通省と経済産業省 · 続きを見る »

牧野京夫

牧野 京夫(まきの たかお、1959年1月1日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、国土交通副大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)、自民党静岡県連会長。牧野 たかおとの表記も使用する。 第2次安倍内閣で外務大臣政務官を務めた。.

新しい!!: 国土交通省と牧野京夫 · 続きを見る »

特別の機関

特別の機関(とくべつのきかん)とは、内閣府、各省、及びこれらに外局として設置されている委員会または庁に、特に必要がある場合に設置される機関の総称である。「の」を省いて「特別機関」と略する例はなく、必ず「特別の機関」と称される。 専門色が強く相当の規模を要する行政分野で「省」に格上げするほどでないものは「庁」として設置されるが、外局である「庁」とするまでに至らない「準外局」的な組織を設置したいときにこの「特別の機関」とすることが多い。このほか、委員会・審議会など合議制機関のうち特に重要なものを高い格付けにするために特別の機関とする例もある。.

新しい!!: 国土交通省と特別の機関 · 続きを見る »

特別の法律により設立される法人

特別の法律により設立される法人(とくべつのほうりつによりせつりつされるほうじん)とは、日本の会社法及び一般社団・財団法人法(かつては商法及び民法)以外の法律により設立され、全国を地区とする法人のうち、独立行政法人、特殊法人、認可法人、共済組合あるいは特別民間法人でないものをいう。.

新しい!!: 国土交通省と特別の法律により設立される法人 · 続きを見る »

特別職

特別職(とくべつしょく)は、日本の公務員制度においては、国家公務員および地方公務員の職のうち、法令等により一般職とは区別される職すべてをいう語である。特別職である職に就いている公務員は、法令上「特別職の職員」と呼ばれ、日本国籍でなければならない。.

新しい!!: 国土交通省と特別職 · 続きを見る »

特別民間法人

特別民間法人(とくべつみんかんほうじん)とは、民間の一定の事務・事業について公共上の見地からこれを確実に実施する法人を少なくとも一つ確保することを目的として設立された、以下の条件すべてに当てはまる民間法人(地方公共団体が設立主体となる法人を除く)である。.

新しい!!: 国土交通省と特別民間法人 · 続きを見る »

特許庁

特許庁(とっきょちょう、英語:Japan Patent Office、略称:JPO)は、工業所有権関連の事務を所掌する経済産業省の外局である。発明、実用新案、意匠及び商標に関する事務を行うことを通じて、経済及び産業の発展を図ることを任務とする(経済産業省設置法22条)。.

新しい!!: 国土交通省と特許庁 · 続きを見る »

職員団体

職員団体(しょくいんだんたい)とは、公務員がその勤務条件の維持改善を図ることを目的として組織する団体又はその連合体をいう。公務員版の労働組合であるが、労働組合法の適用を受けず、公務員法制上は「職員団体」と称する。民間の労働組合と比較すると、団体協約(労働協約)の締結権が否定され、争議権が否定されていることに違いがあり、その代償措置として人事院、人事委員会又は公平委員会による救済が得られる点が異なる。 国家公務員のうち警察職員、海上保安庁又は刑事施設において勤務する職員、及び地方公務員のうち警察職員、消防職員は組織・加入できない(国家公務員法第108条の2第5項、地方公務員法第52条第5項)。また、行政執行法人、国有林野事業の職員、公営企業職員、特定地方独立行政法人の職員は労働組合を結成することができる。.

新しい!!: 国土交通省と職員団体 · 続きを見る »

道路

道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road)とは人や車両などが通行するためのみち、人や車両の交通のために設けられた地上の通路である。.

新しい!!: 国土交通省と道路 · 続きを見る »

道路局

道路局(どうろきょく)は、道路の建設・管理を所掌する行政の局である(例:国土交通省道路局、静岡県交通基盤部道路局、横浜市道路局)。自治体によっては、道路部、道路建設課など呼称や階層は異なる。 本項では、国土交通省の内部部局である道路局について記述する。.

新しい!!: 国土交通省と道路局 · 続きを見る »

運輸安全委員会

運輸安全委員会(うんゆあんぜんいいんかい、英語:Japan Transport Safety Board、略称:JTSB)は、日本の国土交通省の外局の一つである。 航空事故・鉄道事故・船舶事故または重大インシデントの原因究明調査を行うとともに、調査結果に基づいて国土交通大臣または原因関係者に対し必要な施策・措置の実施を求め、事故の防止及び被害の軽減を図ることを目的とする。 従前の航空・鉄道事故調査委員会と海難審判庁の調査部門を改組・統合し、独立行政委員会として2008年10月1日に設置された。設置法はである。.

新しい!!: 国土交通省と運輸安全委員会 · 続きを見る »

運輸省

運輸省(うんゆしょう、英:Ministry of Transport)は、2001年1月5日まで存在した、陸海空の運輸行政のほか、海上保安、鉄道、気象等に関する行政を取扱う日本の中央省庁である。.

新しい!!: 国土交通省と運輸省 · 続きを見る »

運輸振興協会

一般財団法人運輸振興協会(うんゆしんこうきょうかい)は、元国土交通省所管の財団法人。.

新しい!!: 国土交通省と運輸振興協会 · 続きを見る »

運河

運河(うんが)とは、船舶の移動のために人工的に造られた水路であり、河川・湖沼を利用しているものもある。鉄道同様経路中に、橋梁や隧道なども見られる。産業革命以前は船舶を騾馬などが牽引したため、経路に沿って曳舟道(トウパス、towpath、船曳道、牽引路)が設けられている。.

新しい!!: 国土交通省と運河 · 続きを見る »

行政機関

行政機関(ぎょうせいきかん)とは、行政権の行使にたずさわる、国や地方公共団体の機関をいう。立法機関(立法府)、司法機関(裁判所)と対比される。行政機関の総体をまとめて行政組織または行政機構という。.

新しい!!: 国土交通省と行政機関 · 続きを見る »

西日本高速道路

天神) 西日本高速道路株式会社(にしにほんこうそくどうろ、West Nippon Expressway Company Limited)は、高速道路株式会社法により設立された特殊会社(NEXCO3社のうちの一つ)である。通称はNEXCO西日本(ネクスコにしにほん)。西日本地域の高速自動車国道、自動車専用道路などを管理運営する。.

新しい!!: 国土交通省と西日本高速道路 · 続きを見る »

観光

観光(かんこう)とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のことを指す。 英語では観光する側(en:sightseeing)と、観光させる側(en:tourism)で言葉が(概念も)分かれている。 これには、後述される宗教行為の対象者(大衆:観光客)と行為者(仕掛け人:観光業者)の立場が現れているとも見られる。 なお狭義には、観光事業を指すこともある。.

新しい!!: 国土交通省と観光 · 続きを見る »

観光庁

観光庁(かんこうちょう、Japan Tourism Agency、略称:JTA)は、国土交通省の外局の一つである。日本の観光立国の実現に向けて、魅力ある観光地の形成、国際観光の振興その他の観光に関する事務を行うことを任務とする(国土交通省設置法第43条)。2008年(平成20年)10月1日に設置された。.

新しい!!: 国土交通省と観光庁 · 続きを見る »

首都圏 (日本)

首都圏の地図 首都圏整備法による首都圏の範囲(青色の部分) 日本における首都圏(しゅとけん)とは、首都圏整備法に基づき整備・建設された関東地方1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)と山梨県を含む地域である。日本における首都圏の範囲は、本法において定義されている(首都圏整備法#首都圏の定義を参照)。 近年では、首都を中心とする周辺地域を指す用語として、東京周辺の生活圏(都市圏)を指す「東京圏」(とうきょうけん)や「東京都市圏」(とうきょうとしけん)などが「首都圏」とは別の範囲の東京近郊圏を指す用語として用いられている。本項では、生活圏(都市圏)としての東京圏や東京都市圏についても記述する。.

新しい!!: 国土交通省と首都圏 (日本) · 続きを見る »

首都高速道路

首都高速道路(しゅとこうそくどうろ).

新しい!!: 国土交通省と首都高速道路 · 続きを見る »

首都機能移転

首都機能移転(しゅときのういてん)とは、政府の立法機関・行政機関・司法機関(および庁舎)を他の都市に移転すること。全面的な首都の移転(遷都)とは異なり、首都機能の一部を移転する場合(日本での国会等の移転の議論など)も含む。.

新しい!!: 国土交通省と首都機能移転 · 続きを見る »

駐車場

San Jose) 二輪車用駐車場(日本) 駐車場(ちゅうしゃじょう、)とは、車両(自動車や自動二輪車)を駐車するための場所。パーキング (parking) とも略される。用途によって一般公共用と特定利用者の保管用(車庫など)に大別できる。なお、自転車などを停める場所は駐輪場と呼ぶ。.

新しい!!: 国土交通省と駐車場 · 続きを見る »

認可法人

認可法人(にんかほうじん)とは、特別の法律に基づいて数を限定して設立され、かつ、その設立に関し行政官庁の認可を要する法人のうち、特別民間法人に該当しない法人のことである。 特殊法人等改革基本法(平成13年法律第58号)では、認可法人の改革も指向され、第2条・別表において、認可法人(認可法人でない法人形態に移行した法人を含む)が指定されている。同法に基づく特殊法人等整理合理化計画に基づき、認可法人の多くが独立行政法人・特別民間法人や、一般的な民間法人などに改編された。.

新しい!!: 国土交通省と認可法人 · 続きを見る »

高層気象台

層気象台(こうそうきしょうだい)は国土交通省気象庁の施設等機関である。高層気象の観測や研究、高層気象観測用測器の点検校正等の業務を行う。「気象台」の名を持ちながら天気予報を行わない2つの機関のうちのひとつである(もう一つは東京管区気象台)。日本の首都東京に最も近い高層気象観測地点としても、重要な役割を持っている。.

新しい!!: 国土交通省と高層気象台 · 続きを見る »

高橋克法

橋 克法(たかはし かつのり、1957年12月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)、国土交通大臣政務官(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。栃木県塩谷郡高根沢町長(第12・13・14・15代)、栃木県議会議員(1期)を務めた。.

新しい!!: 国土交通省と高橋克法 · 続きを見る »

豪雪地帯

乗用車の高さを大きく超える雪が積もった十日町市役所。2006年1月。 赤色:全域が豪雪地帯の道県、黄色:豪雪地帯を含む府県 豪雪地帯(ごうせつちたい)とは、冬に大量の積雪がある地域のことで日本の法制度上は特に豪雪地帯対策特別措置法に基づき指定された地域を指す。.

新しい!!: 国土交通省と豪雪地帯 · 続きを見る »

財務省 (日本)

財務省(ざいむしょう、Ministry of Finance、略称:MOF)は、日本の行政機関の一つである。 財務省設置法第3条により、「健全な財政の確保、適正かつ公平な課税の実現、税関業務の適正な運営、国庫の適正な管理、通貨に対する信頼の維持及び外国為替の安定の確保を図ること」を任務とする。.

新しい!!: 国土交通省と財務省 (日本) · 続きを見る »

財務省 (曖昧さ回避)

財務省(ざいむしょう)は、国家の財務を管理する政府機関。.

新しい!!: 国土交通省と財務省 (曖昧さ回避) · 続きを見る »

軽車両

軽車両(けいしゃりょう)とは、日本の法令の用語で、原動機を持たない車両の総称である。運転にあたり運転免許は不要だが、自動車などと同様の交通規則が定められており、違反を取り締まられた場合には交通切符(赤切符)が交付される。なお、軽車両と軽自動車は無関係である。.

新しい!!: 国土交通省と軽車両 · 続きを見る »

軽自動車検査協会

軽自動車検査協会(けいじどうしゃけんさきょうかい、英文名称:Light Motor Vehicle Inspection Organization)は、国に代わって二輪の軽自動車(軽二輪)を除く軽自動車の検査事務等を行う機関として道路運送車両法に基づき、1972年(昭和47年)に運輸大臣の認可法人(1987年(昭和62年)に経営の自立化及び活性化を図るため特別民間法人となる)として設立され、現在は全国87箇所の事務所・支所において検査事務等を行っている。 また、2002年(平成14年)9月1日からは、軽自動車用字光式ナンバープレートを導入したり、2005年(平成17年)1月4日からは、軽自動車希望ナンバー制を導入したりしている。2006年(平成18年)10月10日からは、新しい地域表示ナンバー「ご当地ナンバー」プレートの導入を開始した。.

新しい!!: 国土交通省と軽自動車検査協会 · 続きを見る »

軌道

軌道(きどう).

新しい!!: 国土交通省と軌道 · 続きを見る »

農林水産省

農林水産省(のうりんすいさんしょう、略称:農水省(のうすいしょう)、Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries、略称:MAFF)は、日本の行政機関の一つである。 「食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮、森林の保続培養及び森林生産力の増進並びに水産資源の適切な保存及び管理を図ること」を任務とする(農林水産省設置法第3条)。.

新しい!!: 国土交通省と農林水産省 · 続きを見る »

近畿地方整備局

近畿地方整備局(きんきちほうせいびきょく)は、国土交通省の地方支分部局である地方整備局の一つ。滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県および三重県の一部を管轄する(ただし管轄範囲には例外が多く存在する)。.

新しい!!: 国土交通省と近畿地方整備局 · 続きを見る »

近畿運輸局

近畿運輸局(きんきうんゆきょく)は、国土交通省の地方支分部局で運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局の一つである。 近畿地方のうち、兵庫県を除く5府県(滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県)を管轄区域とする。なお、兵庫県は神戸運輸監理部の管轄だが、陸運部門(兵庫陸運部)については実質的に近畿運輸局の下部組織として扱われている。.

新しい!!: 国土交通省と近畿運輸局 · 続きを見る »

霞が関

霞が関周辺・1989年(平成元年)撮影、国土航空写真 霞が関(かすみがせき)は、東京都千代田区の地名。旧麹町区にあたる麹町地域内である。現行行政地名は霞が関一丁目から霞が関三丁目。住居表示実施済みの地域。郵便番号は100-0013。.

新しい!!: 国土交通省と霞が関 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: 国土交通省と都市 · 続きを見る »

都市再生機構

立行政法人都市再生機構(としさいせいきこう、、略:UR)は、大都市や地方中心都市における市街地の整備改善や賃貸住宅の供給支援、UR賃貸住宅(旧公団住宅)の管理を主な目的とした、国土交通省所管の中期目標管理法人である独立行政法人である。前身は日本住宅公団。愛称は略称を冠した「UR都市機構」(ユーアールとしきこう)。 2004年7月1日、都市基盤整備公団(通称:都市公団)と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門が統合され、設立された。運営形態、業務範囲などは独立行政法人都市再生機構法によって定められている。主な収益はUR賃貸住宅の家賃収入や市街地整備による土地の売却益である。主たる事務所は神奈川県横浜市にある。.

新しい!!: 国土交通省と都市再生機構 · 続きを見る »

都市計画

都市計画(としけいかく、urban planning, city planning)とは、都市の将来あるべき姿(人口、土地利用、主要施設等)を想定し、そのために必要な規制、誘導、整備を行い、都市を適正に発展させようとする方法や手段のことである。歴史的には、産業革命以後、劣悪な都市環境が社会問題となり、やがて近代都市計画が生まれることとなった。 都市計画は「都市の健全な発展と秩序ある運営を図る」、「劣悪な居住環境に起因する国民の健康問題を防止する」、「都市景観を改善し、保守する」などの必要から、土地利用のあり方、都市施設(道路・公園等)の整備、市街地開発について計画を策定し、その実現を図ることであるといえる。.

新しい!!: 国土交通省と都市計画 · 続きを見る »

航空大学校

航空大学校(こうくうだいがっこう、Civil Aviation College)は、固定翼機のパイロットを養成する省庁大学校である。略称は『航空大』または『航大』。.

新しい!!: 国土交通省と航空大学校 · 続きを見る »

航空局

航空局(こうくうきょく)は、国土交通省の内部部局の一つ。.

新しい!!: 国土交通省と航空局 · 続きを見る »

航空交通管制部

航空交通管制部(こうくうこうつうかんせいぶ、Area Control Center, ACC)は、国土交通省の地方支分部局である。部内の管制区管制所では、航空管制官が航空路(エンルート)管制業務を行っている。.

新しい!!: 国土交通省と航空交通管制部 · 続きを見る »

航空事故

航空事故(こうくうじこ)とは、航空機の運航中に起きる事故である。.

新しい!!: 国土交通省と航空事故 · 続きを見る »

航空保安大学校

航空保安大学校(こうくうほあんだいがっこう、Aeronautical Safety College、ASC)は、大阪府泉佐野市に本校を設置する国土交通省の省庁大学校。航空管制官等の航空保安職員の教育訓練を目的に設置されている同省の文教研修施設である。略称は航保大・空保大。.

新しい!!: 国土交通省と航空保安大学校 · 続きを見る »

航空・鉄道事故調査委員会

航空・鉄道事故調査委員会(こうくう・てつどうじこちょうさいいんかい、Aircraft and Railway Accidents Investigation Commission, ARAIC)とは、航空事故や鉄道事故の原因の究明、及び今後の事故防止のために必要な調査を行っていた、国土交通省の審議会等である。略称は事故調、事故調委など。 2008年10月1日、国土交通省の外局たる運輸安全委員会に改組された。.

新しい!!: 国土交通省と航空・鉄道事故調査委員会 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 国土交通省と航空機 · 続きを見る »

船員労働委員会

船員労働委員会(せんいんろうどういいんかい、英称:Labour Relations Commission for Seafarers)は、かつて存在した国土交通省の外局。2008年9月30日限りで廃止された「」 衆議院。2008年11月9日閲覧。「中央労働委員会。2013年11月10日閲覧。。.

新しい!!: 国土交通省と船員労働委員会 · 続きを見る »

船員災害防止協会

船員災害防止協会(せんいんさいがいぼうしきょうかい)は、船員災害防止活動の促進に関する法律に基づき、1967年(昭和42年)に設立された船員の安全の確保及び船内衛生の向上のための対策を自主的に推進することを目的とする団体である。略は船災防(せんさいぼう)。.

新しい!!: 国土交通省と船員災害防止協会 · 続きを見る »

船舶登録

船舶登録(せんぱくとうろく)とは、船舶に関する行政監督を目的として船舶法などの規定に従ってなされる登録をいう。私法上の権利関係の公示を目的とする船舶登記制度とは制度趣旨が異なる(両者を一元化している国もあるが、日本では船舶登録は船舶登記から独立した制度となっている)。なお、便宜上、「小型船舶の登録等に関する法律」で定められる小型船舶登録についても、この項目で述べる(なお、小型船舶登録においては私法上の権利関係の公示と行政監督などの機能が一元化されている、小型船舶の登録等に関する法律1条・28条)。.

新しい!!: 国土交通省と船舶登録 · 続きを見る »

阪神高速道路

阪神高速道路(はんしんこうそくどうろ).

新しい!!: 国土交通省と阪神高速道路 · 続きを見る »

防衛装備庁

防衛装備庁(ぼうえいそうびちょう、英語:Acquisition, Technology & Logistics Agency、略称:ATLA)は、装備品等について、その開発及び生産のための基盤の強化を図りつつ、研究開発、調達、補給及び管理の適正かつ効率的な遂行並びに国際協力の推進を図ることを任務とする、防衛省の外局である。2015年(平成27年)10月1日に発足した。.

新しい!!: 国土交通省と防衛装備庁 · 続きを見る »

関西国際空港土地保有

関西国際空港土地保有株式会社(かんさいこくさいくうこうとちほゆう、)は、関西国際空港の用地保有と管理を行う会社である。1984年(昭和59年)10月1日 より2012年(平成24年)6月30日までは関西国際空港株式会社法に基づき設立された関西国際空港株式会社(かんさいこくさいくうこう、、略称:KIAC)という名の政府指定特殊会社で、関西国際空港の設置及び管理を目的に事業を行っていた。2012年(平成24年)7月1日に会社分割を行い、関西国際空港用地の保有及び管理以外の業務を新関西国際空港株式会社に承継し、関西国際空港土地保有株式会社に商号変更した。.

新しい!!: 国土交通省と関西国際空港土地保有 · 続きを見る »

関東運輸局

関東運輸局(かんとううんゆきょく)は、国土交通省の地方支分部局の一つ。運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局である。.

新しい!!: 国土交通省と関東運輸局 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: 国土交通省と自動車 · 続きを見る »

自動車交通局

自動車局(じどうしゃきょく)は、国土交通省の内部部局の一つ。なお、2011年7月までの局名は自動車交通局。.

新しい!!: 国土交通省と自動車交通局 · 続きを見る »

自動車事故対策機構

立行政法人自動車事故対策機構(じどうしゃじこたいさくきこう、National Agency for Automotive Safety & Victims' Aid)とは、自動車事故の発生防止及びその被害者への援護を主な目的とした、国土交通省所管の独立行政法人である。その運営形態、業務範囲などは独立行政法人自動車事故対策機構法によって定められている。略称はNASVA(ナスバと発音)。本部は東京都墨田区にあり、日本国政府の特殊法人自動車事故対策センターの業務を承継して、2003年(平成15年)に設立された。.

新しい!!: 国土交通省と自動車事故対策機構 · 続きを見る »

自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険(じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)とは、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車自動車損害賠償保障法第2条の規定により、「農耕作業の用に供することを目的として製作した小型特殊自動車」、例として農耕トラクター、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機等は同法律の対象外となる。ただし、損害賠償責任に関しては同法第3条による自動車損害賠償責任の適用除外に留まり、依然として民法第709条以下の規定により不法行為に基づく損害賠償責任は負担することになる。を使用する際、全ての車の所有者に加入が義務づけられている損害保険である。略称自賠責保険(じばいせきほけん)。公道で走行する際に、加入が義務付けられていることから、俗に「強制保険」といわれる。 なお、農業協同組合・消費生活協同組合・中小企業等協同組合が共済として扱う自動車損害賠償責任共済も存在するが、制度区分を除けば概ね同じ制度であり、以下では自動車損害賠償責任保険と合わせて単に「~保険」のように記述する。.

新しい!!: 国土交通省と自動車損害賠償責任保険 · 続きを見る »

自動車整備業

自動車整備業(じどうしゃせいびぎょう)とは、自動車が通行支障なく稼働するために、メンテナンスや修理、診断、車検業務を行う業種のことを指す。また、タクシー事業者等が付帯する業務として行っている場合がある。大別して次に示す2形態がある。.

新しい!!: 国土交通省と自動車整備業 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: 国土交通省と鉄道 · 続きを見る »

鉄道局

鉄道局(てつどうきょく)とは、.

新しい!!: 国土交通省と鉄道局 · 続きを見る »

鉄道建設・運輸施設整備支援機構

立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(てつどうけんせつ・うんゆしせつせいびしえんきこう、英称:Japan Railway Construction, Transport and Technology Agency、略称:JRTT、鉄道・運輸機構)は、国土交通省所管の中期目標管理法人たる独立行政法人である。日本鉄道建設公団(鉄道公団)と運輸施設整備事業団(運輸事業団)の業務を承継し、2003年10月1日設立。本社・横浜市。.

新しい!!: 国土交通省と鉄道建設・運輸施設整備支援機構 · 続きを見る »

雪(ゆき、、)とは、大気中の水蒸気から生成される氷の結晶が空から落下してくる天気のこと。また、その氷晶単体である雪片(せっぺん、)、および降り積もった状態である積雪(せきせつ、等)のことを指す場合もある。後者と区別するために、はじめの用法に限って降雪(こうせつ、)と呼び分ける場合がある。.

新しい!!: 国土交通省と雪 · 続きを見る »

電子国土

電子国土(でんしこくど)とは、国土地理院が1999年ごろに提唱した概念であり、現実の国土の電子版(サイバースペース)を指す。 電子国土では、縮尺の概念がなく、複数のデータセットがコンピュータネットワークを通して繋がることを想定している。 国土交通大臣が測量法の規定により定めなければならないとされている、基本測量長期計画の直近の計画である第6次基本測量長期計画においては、この理念を踏まえ、『行政機関が所有する地理情報を始め、過去から現在及び将来にわたるあらゆる地理情報を、いつでも、どこでも、だれでも容易に共有できる環境を構築することが必要である』と謳っている。 なお、この「電子国土」という言葉自体は、関連する「CYBERJAPAN/サイバージャパン」と併せ、国土地理院によって商標登録(電子国土:第4762045号、CYBERJAPAN/サイバージャパン:第4767455号)がなされている。.

新しい!!: 国土交通省と電子国土 · 続きを見る »

技官

技官(ぎかん)は、日本における官職の呼称の一種。一般に、国の行政機関において技術を掌る官職の官名に用いられる。.

新しい!!: 国土交通省と技官 · 続きを見る »

技監

技監(ぎかん)は、中央省庁・自治体や民間企業における技術的な事項を統括する役職のことである。.

新しい!!: 国土交通省と技監 · 続きを見る »

東京地下鉄

東京地下鉄株式会社(とうきょうちかてつ、)は、東京都の特別区(東京23区)およびその付近 で地下鉄を経営する鉄道事業者である。愛称は東京メトロ。東京の地下鉄路線のうち、銀座線などの9路線を運営している。.

新しい!!: 国土交通省と東京地下鉄 · 続きを見る »

東京都

東京都シンボルマーク。1989年(平成元年)に旧東京市の成立100周年を記念して同年6月1日に制定。「東京都の頭文字の「T」を中央に秘めている『都政 2012』東京都生活文化局広報広聴部広報課 編集・発行、2012年3月発行。東京都が作成した、240ページほどの冊子。」と解説されている。(都の木はイチョウではあるが)イチョウの葉の形を象ったわけではない、という。 東京都(とうきょうと)は、日本の首都事実上の首都。詳細後述であり、関東地方に位置する東京都区部(東京23区)、多摩地域(市部、西多摩郡)、島嶼部(大島支庁・三宅支庁・八丈支庁・小笠原支庁)を管轄する広域地方公共団体(都道府県)の一つである。都庁所在地は新宿区(東京と表記する場合もある)。 都公認の英語の表記はTokyo Metropolis (Tokyo Met.) 。他にはTokyo PrefectureとTokyo Metropolitan Prefectureがある。.

新しい!!: 国土交通省と東京都 · 続きを見る »

東京航空交通管制部

東京航空交通管制部(とうきょうこうくうこうつうかんせいぶ)とは、埼玉県所沢市並木に所在する航空交通管制部(国土交通省の地方支分部局)である。部内の航空管制機関である東京管制区管制所(Tokyo area control center; Tokyo ACC)で、航空路管制業務や進入管制業務などを行う。 東京管制部は東北地方南部から中国地方東部を管轄する国土交通省航空局。施設は所沢飛行場の跡地に設けられ、所沢航空記念公園に隣接する。また付近には在日米軍の所沢通信基地が存在する。.

新しい!!: 国土交通省と東京航空交通管制部 · 続きを見る »

東北運輸局

東北運輸局(とうほくうんゆきょく)は、国土交通省の地方支分部局で運輸・交通に関する業務を行う地方運輸局の一つである。 東北地方6県(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)を管轄区域としている。なお、山形県、秋田県は2002年(平成14年)7月1日より新潟運輸局(現・北陸信越運輸局)から管轄を移行されている。.

新しい!!: 国土交通省と東北運輸局 · 続きを見る »

東日本高速道路

東日本高速道路株式会社(ひがしにほんこうそくどうろ、East Nippon Expressway Company Limited)は、高速道路株式会社法により設立された特殊会社(NEXCO3社のうちの一つ)である。通称はNEXCO東日本(ネクスコひがしにほん)。東日本地域の高速道路、自動車専用道路などを管理運営する。.

新しい!!: 国土交通省と東日本高速道路 · 続きを見る »

水管理・国土保全局

水管理・国土保全局(みずかんり・こくどほぜんきょく)は、国土交通省の内部部局の一つ。 2011年7月1日の改正に伴い、水関連行政部門の統合をめざし、従来河川(治水)行政を担当してきた『河川局』に、水資源に関する行政を担当してきた土地・水資源局の水資源部と、下水道行政を担当してきた都市・地域整備局の下水道部を統合して誕生した。.

新しい!!: 国土交通省と水管理・国土保全局 · 続きを見る »

水資源機構

立行政法人水資源機構(みずしげんきこう、Japan Water Agency)は、主に国土交通省を中心として農林水産省・厚生労働省・経済産業省の四省庁が所管する独立行政法人水資源機構法に基づく独立行政法人である。旧称は水資源開発公団。埼玉県さいたま市中央区に本社を置く。 機構は、水資源開発基本計画に基づく水資源の開発又は利用のための施設の改築等及び水資源開発施設等の管理等を行うことにより、産業の発展及び人口の集中に伴い用水を必要とする地域に対する水の安定的な供給の確保を図ることを目的とする。(独立行政法人水資源機構法第4条).

新しい!!: 国土交通省と水資源機構 · 続きを見る »

気象

イクロン(熱帯低気圧) 竜巻 宇宙から見た地球。大気中では様々な気象現象が発生している。 気象(きしょう)は、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。 気象とその仕組みを研究する学問を気象学、短期間の大気の総合的な状態(天気や天候)を予測することを天気予報または気象予報という。.

新しい!!: 国土交通省と気象 · 続きを見る »

気象大学校

気象大学校(きしょうだいがっこう、英語:Meteorological College)は、千葉県柏市旭町七丁目4番81号に本部を置く、国土交通省所管の省庁大学校である。1962年に設置された。大学校の略称は「気大」または「気大校」(「気象大」と発音すると「気象台」と取り違えるおそれがあるため)。.

新しい!!: 国土交通省と気象大学校 · 続きを見る »

気象庁

気象庁(きしょうちょう、英語:Japan Meteorological Agency、略称:JMA)は、気象業務の健全な発達を図ることを任務とする国土交通省の外局である(国土交通省設置法第46条)。.

新しい!!: 国土交通省と気象庁 · 続きを見る »

気象庁地磁気観測所

気象庁地磁気観測所(きしょうちょうちじきかんそくじょ)は茨城県石岡市柿岡にある気象庁に所属する施設等機関である。.

新しい!!: 国土交通省と気象庁地磁気観測所 · 続きを見る »

気象研究所

気象研究所(きしょうけんきゅうしょ)は気象庁の施設等機関である。気象・水象・地象に関する研究を行っている。 7つの研究部と研究総務官、研究調整官、企画室、総務部からなり定員は173名(うち研究職は140名)。茨城県つくば市長峰1番地1所在。.

新しい!!: 国土交通省と気象研究所 · 続きを見る »

気象衛星センター

気象衛星センター(きしょうえいせいセンター)は、気象庁本庁に付属する施設等機関の一つで、気象衛星からの観測データ受信及び気象衛星の運用を行う機関である。.

新しい!!: 国土交通省と気象衛星センター · 続きを見る »

気象業務

気象業務(きしょうぎょうむ)とは、気象業務法第2条第4項によれば、以下のものをいう。.

新しい!!: 国土交通省と気象業務 · 続きを見る »

治安

治安(ちあん、public safety, public peace, public order)とは、社会統制上の概念であり、国家による統治が安定的に遂行されていること。.

新しい!!: 国土交通省と治安 · 続きを見る »

治水

治水(ちすい)とは、洪水・高潮などの水害や、地すべり・土石流・急傾斜地崩壊などの土砂災害から人間の生命・財産・生活を防御するために行う事業を指し、具体的には、堤防・護岸・ダム・放水路・遊水池などの整備や、河川流路の付け替え、河道浚渫による流量確保、氾濫原における人間活動の制限、などが含まれる。 河川と堤防(千種川,日本) オランダの大堤防.

新しい!!: 国土交通省と治水 · 続きを見る »

法人 (日本法)

法人(ほうじん)は一定の目的を持つ個人の集団(社団)や一定の目的のために拠出された財産(財団)。ここでは日本法の法人について述べる。.

新しい!!: 国土交通省と法人 (日本法) · 続きを見る »

測量

1728年刊 "Cyclopaedia" より、測量機器と測量手法の図 測量(そくりょう)は、地球表面上の点の関係位置を決めるための技術・作業の総称。地図の作成、土地の位置・状態調査などを行う。 日本では高度の精度を必要としない測量は基本的に誰でも行うことができるが、国または地方公共団体の実施する基本測量、公共測量等は測量法に従って登録された測量士又は測量士補でなければ技術者として従事することはできず、またこうした測量は測量法に従って登録された、営業所ごとに測量士が一人以上置かれた測量業者でなければ請け負うことはできない。一方、登記を目的とした測量は土地家屋調査士でなければ行うことはできない。 測量の歴史は古く、古代エジプトの時代から行われてきた。日本では1800年に伊能忠敬が日本地図作成のため、蝦夷地(現在の北海道)で本格的な測量を行ったのが始まりとされる。.

新しい!!: 国土交通省と測量 · 続きを見る »

測量業

測量業(そくりょうぎょう)とは、測量法に基づいて測量の業務を受託・請負して営んでいる企業、職業。またはその業務の意。 営利目的を伴う場合は、b:測量法第55条により、国土交通大臣あてに測量業者としての登録を受けている。いわゆる、建設関連業のうちの一つ。 これに加え、管理技術士 (建設部門)を置き、国土交通省へ建設コンサルタントと補償コンサルタントの登録を行っている測量業もあり、その場合RCCM(Registered Civil Engineering Consulting Manager)をも常駐させ、各種コンサルタント業務に従事している。 測量は、発注者・委託者が公的機関でも組織が異なれば、地方自治体から公団や公社で、また施設種別が違えば港湾や空港、鉄道、水道など施設ごと、道路だけでも国道や県道、市町村道によって、河川でも直轄管理から補助まで、各種建造物の建設予定地等々により異なる。 したがって、機関・組織でそれぞれに測量業、測量コンサルタント(名称も異なる場合がある)としての入札の資格者登録が必要であるが、官庁の場合になると、コンサルタント委託を扱う経済産業省や農林水産省などでは、国土交通省のコンサルタント登録をしているか否かで、自分の省庁へのコンサルタント登録の際などに、格付けが生じる。.

新しい!!: 国土交通省と測量業 · 続きを見る »

港湾

港湾(こうわん、)とは、古くは泊(とまり)などから発展した港・湊(みなと)であり、島嶼・岬などの天然の地勢や防波堤などの人工構造物によって風浪を防いで、船舶が安全に停泊し人の乗降や荷役が行なえる海域と陸地を指す池田良穂監修 『船のすべてがわかる本』 ナツメ社 2009年2月9日発行 ISBN 9784816346408。水陸交通の結節点となる機能を持つ港湾には、物流・旅客輸送が円滑に行われるために各種の港湾施設が整備され、ポートオーソリティ(港務局・港湾局)・地方自治体などの組織によって管理・運営されている。.

新しい!!: 国土交通省と港湾 · 続きを見る »

港湾局

港湾局(こうわんきょく).

新しい!!: 国土交通省と港湾局 · 続きを見る »

本州四国連絡高速道路

本州四国連絡高速道路株式会社(ほんしゅうしこくれんらくこうそくどうろ、Honshu-Shikoku Bridge Expressway Company Limited)は、高速道路株式会社法により設立された特殊会社。本州四国連絡道路のほか、連絡橋にかかる鉄道施設を管理する。通称はJB本四高速(JBはJapan Bridgeの略)。.

新しい!!: 国土交通省と本州四国連絡高速道路 · 続きを見る »

有料道路

有料道路(ゆうりょうどうろ)とは、その通行・利用に際して利用者から通行料を徴収することのできる道路である。 2007年時点での世界の有料道路延長は、推計で約14万キロメートル。そのうち約10万キロメートルが、中華人民共和国のものである 2007年8月7日付配信 20070923閲覧.

新しい!!: 国土交通省と有料道路 · 続きを見る »

成田国際空港 (企業)

成田国際空港株式会社(なりたこくさいくうこう、Narita International Airport Corporation; NAA)は、2004年(平成16年)4月1日に施行された成田国際空港株式会社法により、成田国際空港(成田空港)の設置および管理を目的として設立された特殊会社(株式会社)。通称は「成田空港会社」。.

新しい!!: 国土交通省と成田国際空港 (企業) · 続きを見る »

海上保安大学校

海上保安大学校(かいじょうほあんだいがっこう、英語:Japan Coast Guard Academy)は、広島県呉市若葉町5-1に本部を置く、国土交通省所管の省庁大学校である。1951年に設置された。大学校の略称は海保大または保大海上保安庁の教育システム,立花敬忠,海上保安庁のすべて,海人社,世界の艦船2009年11月号増刊,P158-163,JANコード 4910056041192。日本国海上保安庁の幹部職員(幹部海上保安官(2008年4月))の養成を目的に設置されている同庁の施設等機関である。設置根拠は国土交通省組織令第二百五十四条。.

新しい!!: 国土交通省と海上保安大学校 · 続きを見る »

海上保安学校

海上保安学校(かいじょうほあんがっこう、)は、京都府舞鶴市に本校がある海上保安庁の文教研修施設。同庁の職員の養成を目的とする。略称は海保校、または保校。設置根拠は国土交通省組織令第二百五十四条。 入学資格は高校卒業もしくは卒業見込。全寮制であり、コースにより1年から2年の寮生活となる。 本施設の目的は、国土交通省組織令で次のように規定されている。 学生は入校と同時に一般職の国家公務員として海上保安庁の職員に採用されるため、学費などは必要なく給与が支給される(2008年4月現在、行政職俸給表(一)1級5号俸で俸給月額138,400円)。このように給与の支給される国土交通省所管の学校は、海上保安大学校、気象大学校、航空保安大学校などがある。防衛省所管の特別職の学校では防衛大学校、防衛医科大学校、陸上自衛隊生徒(陸上自衛隊高等工科学校)などがある。 学生は卒業して海上保安官として任用されるまでは法執行を行う職務権限の階級はないが、海上保安庁の職員服制では学生を職員として含めており、海上保安官と同様に肩章、胸章、袖章があり、海上保安大学校生は金モール、金ボタン、海上保安学校生は銀モール、銀ボタンなどの規定がある。.

新しい!!: 国土交通省と海上保安学校 · 続きを見る »

海上保安庁

海上保安庁(かいじょうほあんちょう、略称:海保(かいほ)・海保庁(かいほちょう)・保安庁(ほあんちょう)、英語:Japan Coast Guard、略称:JCG「広く国民の皆様に海上保安庁の業務を分かりやすく理解していただくため、海上保安庁のロゴ、ロゴマーク及びキャッチコピーを定めた。」)は、国土交通省の外局であり、海上の安全及び治安の確保を図ることを任務としている海上保安庁法第2条。 創設時の旧組織は、第二次世界大戦後、連合国軍占領下の1948年(昭和23年)に、アメリカ沿岸警備隊をモデルに設立された。 モットーは「正義仁愛」である。.

新しい!!: 国土交通省と海上保安庁 · 続きを見る »

海上保安庁法

海上保安庁法(かいじょうほあんちょうほう、昭和23年4月27日法律第28号)は、海上保安庁の設置、組織、海上保安官の権限などを定めた日本の法律。.

新しい!!: 国土交通省と海上保安庁法 · 続きを見る »

海事局

海事局(かいじきょく)は、国土交通省の内部部局の一つ。.

新しい!!: 国土交通省と海事局 · 続きを見る »

海難審判

海難審判(かいなんしんぱん)とは、海難審判法(昭和22年法律第135号)に基づき、職務上の故意または過失によって海難を発生させた海技士・小型船舶操縦士・水先人に対する懲戒を行うため海難審判所が行う審判をいう(海難審判法1条)。 2008年10月1日に国土交通省設置法等の一部を改正する法律(平成20年5月2日法律第26号)が施行され、海難審判法が改正されるとともに海難審判庁は廃止され、その懲戒処分の業務は海難審判所に承継されるとともに、船舶事故の原因の究明については運輸安全委員会に引き継がれることとなった(運輸安全委員会では航空事故・鉄道事故・船舶事故の原因究明を扱うことになる、運輸安全委員会設置法1条)。.

新しい!!: 国土交通省と海難審判 · 続きを見る »

海難審判庁

海難審判庁(かいなんしんぱんちょう、英称:Marine Accident Inquiry Agency、MAIA)は、かつて存在した国土交通省の外局。海難事故が発生した際に、その事故の原因を究明し海難事故の再発防止に努めるため、海難審判法に基づき行政審判である海難審判を行っていた。 2008年10月1日、懲戒処分業務を国土交通省の特別の機関たる海難審判所に、事故原因究明事務を国土交通省の外局たる運輸安全委員会にそれぞれ移管し、廃止された。.

新しい!!: 国土交通省と海難審判庁 · 続きを見る »

海難審判所

海難審判所(かいなんしんぱんしょ、英語:Japan Marine Accident Tribunal、略称:JMAT)は、日本の国土交通省の特別の機関の一つである。.

新しい!!: 国土交通省と海難審判所 · 続きを見る »

海難事故

2006年10月に鹿島灘で発生した香港船籍の貨物船「オーシャン・ヴィクトリー」の座礁事故当該船は鹿島港に入港していたが、荒天のために港外に避難したのち、操船不能に陥って座礁した。座礁後しばらくは引き出しが試みられたが、荒天が続いたため作業は難航、引き出せないでいるうちに船体が破断した。積荷は鉄鉱石であり、1/3強が避難出航までに荷下ろしが間に合わず搭載されたままになっていたが、オイルタンカーではなかったため重大な汚染は発生しなかった。 積丹半島 西の河原に残骸となって今なお残る難破船。積丹半島は、船の難所であった。 海難(かいなん)あるいは海難事故(かいなんじこ)とは、一般的に、平時に海上および隣接水域における船舶に関して生じた事故で、人や船舶や積荷に損傷を生じるもののことであるブリタニカ百科事典【海難】。難破(なんぱ)(シップレック shipwreck)とも言う。 。この意味の類義語として「水難事故」があり船舶以外の海水浴での事故などについて使うことも多い。--> 本項「海難事故」では、船舶に関する事故を中心に述べる。.

新しい!!: 国土交通省と海難事故 · 続きを見る »

海技教育機構

立行政法人海技教育機構(かいぎきょういくきこう、Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers)は、船員教育・養成をつかさどる国土交通省所管の独立行政法人。船員および船員になろうとする者に対し船舶の運航に関する学術及び技能を教授すること等を業務とし、教育のための施設として、全国に海技大学校(1校)、海上技術短期大学校(3校)、海上技術学校(4校)を設置、運営している。.

新しい!!: 国土交通省と海技教育機構 · 続きを見る »

海洋気象台

海洋気象台(かいようきしょうだい)は、かつて日本に存在した気象台の一種で、主に海洋観測や海上気象観測、海上警報の発表を行っていた。気象庁の地方支分部局の1つで、管区気象台と同格とされた。廃止時点では日本国内に4か所置かれていた。.

新しい!!: 国土交通省と海洋気象台 · 続きを見る »

海洋汚染

海洋汚染(かいようおせん)とは、海域や海水が人間の活動によって排出された物質(廃棄物)で汚染されることをいう。このような廃棄物には、有毒な元素や化学物質だけでなく、一般家庭から排出される油脂やとぎ汁などのすべての有機物、ペットボトルなど様々な容器、農業用資材、ビニール袋などの腐食しにくいゴミ、近代の農業に不可欠な化学肥料、など多種多様なものがある。.

新しい!!: 国土交通省と海洋汚染 · 続きを見る »

施設等機関

施設等機関(しせつとうきかん)とは、内閣府(宮内庁・委員会・庁を含む。)または国家行政組織法第3条第2項に規定される行政機関(省・委員会・庁)に置かれる試験研究機関、検査検定機関、文教研修施設(これらに類する機関及び施設を含む)、医療更生施設、矯正収容施設及び作業施設の総称である。国家行政組織法の一部改正(1984年7月1日施行)により、それまでの「附属機関」を「審議会等」・「施設等機関」・「特別の機関」に細分化する形で設けられた。.

新しい!!: 国土交通省と施設等機関 · 続きを見る »

文部科学省

文部科学省(もんぶかがくしょう、略称:文科省(もんかしょう)、Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology、略称:MEXT)は、日本の行政機関の一つである。 「教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うこと」を任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替え・移転のため丸の内の旧三菱重工ビルを「文部科学省ビル」と改称して仮庁舎としていた(その後、同ビルは丸の内二丁目ビルに改称され、みずほフィナンシャルグループの本社を経て、現在は東京商工会議所として使用されている)。.

新しい!!: 国土交通省と文部科学省 · 続きを見る »

日本労働組合総連合会

日本労働組合総連合会(にっぽんろうどうくみあいそうれんごうかい、略称:連合(れんごう)、英語:Japanese Trade Union Confederation、略称:JTUC)は、日本の労働組合におけるナショナルセンターである。国際労働組合総連合(ITUC)に加盟している。.

新しい!!: 国土交通省と日本労働組合総連合会 · 続きを見る »

日本の行政機関

日本の行政機関(にほんのぎょうせいきかん)では、日本の国の行政事務を担当する行政機関について解説する。 国の行政機関としては、内閣府、省、'''委員会'''、庁などが挙げられる。国の行政機関は、地方公共団体(地方政府)と対比して、'''中央官庁'''、中央省庁(あるいは単に省庁)、府省と呼ばれる。.

新しい!!: 国土交通省と日本の行政機関 · 続きを見る »

日本小型船舶検査機構

日本小型船舶検査機構(にほんこがたせんぱくけんさきこう、英文名称: Japan Craft Inspection Organization.、略称JCI)は、国に代わって小型船舶の検査事務等を行う特別民間法人である。現在は、本部を除く全国32箇所の支部において検査事務等を行っている。平成17年度末現在、JCIにおける検査対象船舶は約456千隻となっている。 また、平成14年(2002年)4月からは、「小型船舶の登録等に関する法律」に基づき、所有者が不明確なため生じるトラブルや不都合、放置艇、不法投棄などの小型船舶に係る諸問題を解消するために、小型船舶の登録測度事務を開始、平成16年(2004年)11月からは、平成17年(2005年)5月の「海洋汚染等防止条約」の発効に伴う「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」の改正に基づき、小型船舶に設置される連続最大出力130kWを超えるディーゼルエンジンを対象に、当該エンジンから排出される窒素酸化物(NOx)の放出量の規制を行うため、小型船舶用原動機放出量確認等事務を開始している。.

新しい!!: 国土交通省と日本小型船舶検査機構 · 続きを見る »

日本下水道事業団

日本下水道事業団(にほんげすいどうじぎょうだん、英:Japan Sewage Works Agency、略称:JS)は、日本下水道事業団法に基づいて設置されている地方共同法人。本社の所在は東京都文京区(平成25年12月に東京都新宿区から移転)。.

新しい!!: 国土交通省と日本下水道事業団 · 続きを見る »

日本勤労者住宅協会

日本勤労者住宅協会(にほんきんろうしゃじゅうたくきょうかい 略称: 勤住協)は、勤労者の住宅困窮を解決するために1967年に設立された法人。国土交通省所管の特殊法人であったが、2003年(平成15年)10月1日に特別民間法人となった。所在地は東京都文京区本郷3-23-1 クロセビア本郷2階。前身は、全国の労働金庫からの寄付によって1958年に設立された財団法人日本労働者住宅協会である。 勤住協はILO勧告第115号に批准し、1966年に成立した日本勤労者住宅協会法に則る。ILO勧告第115号は、国が住宅建設を促し、労働者およびその家族に適切な住環境を与え、賃貸または購入費用が労働者の収入でまかなえるために、労働者住宅を優先して供給できる住宅政策を取るという社会政策の改善をよびかけるものであった。組織は営利団体や地方公共団体ではないことが好ましいとされ、財団法人から特殊法人に変えることになった。 バブル崩壊後の地価下落や開発事業の行き詰まりなどから2006年1月に民事再生手続き開始を申し立てたが、仙台市青葉区の大型開発「虹の杜団地」の共同事業者がみつからなかったため、2008年4月に民事再生を断念、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。負債総額は約180億円。.

新しい!!: 国土交通省と日本勤労者住宅協会 · 続きを見る »

日本国家公務員労働組合連合会

日本国家公務員労働組合連合会(にほんこっかこうむいんろうどうくみあいれんごうかい、英語:Japan Federation of National Service Employees)は、日本の国家公務員や独立行政法人職員などで組織する産業別労働組合である。略称は、国公労連(こっこうろうれん)。加盟単組は15(オブザーバー加盟込みで18)、組合員数は約6万7,000人である(同9万人)。全国労働組合総連合と公務労組連絡会に加盟している。1975年(昭和50年)10月に、国家公務員労働組合共闘会議が発展して結成された。.

新しい!!: 国土交通省と日本国家公務員労働組合連合会 · 続きを見る »

日本高速道路保有・債務返済機構

立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(にほんこうそくどうろほゆう・さいむへんさいきこう、Japan Expressway Holding and Debt Repayment Agency)は、日本国内の高速道路(高速自動車国道・自動車専用道路)などの施設を保有し、建設債務の返済を行うことを目的とする独立行政法人である。独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法にもとづき、2005年10月1日設立。日本道路公団等民営化関係法施行法により、道路関係四公団の業務を各道路会社とともに承継した。略称は高速道路機構。.

新しい!!: 国土交通省と日本高速道路保有・債務返済機構 · 続きを見る »

日本貨物鉄道

JRFロゴを標記したコンテナ 日本貨物鉄道株式会社(にほんかもつてつどう、英称:Japan Freight Railway Company)は、1987年4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだJRグループ7会社のうちの一つ。 略称はJR貨物(ジェイアールかもつ)、英語略称はJR Freight。コーポレートカラーは「コンテナブルー」(青22号)。社章であるJRグループ共通のJRロゴのほか、独自のサービスマーク「JRF」ロゴも使用しているが、後者は2017年以降コンテナや機関車から撤去され始めている。またロゴの色も19A形以降のコンテナに使用されているJRFレッド(ワインレッド)が用いられる場合がある。四国旅客鉄道以外のJR各社と同様に、ロゴの「鉄」の字は、金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という「鉃」の文字を使っているが、正式な商号は常用漢字の「鉄」である。 全国規模で貨物列車を運行しているほか、遊休地となっていた操車場跡地を利用しての不動産賃貸業や社宅跡地を利用してのマンション分譲も行っており、デベロッパーとしての側面もある。.

新しい!!: 国土交通省と日本貨物鉄道 · 続きを見る »

日本水先人会連合会

日本水先人会連合会(にほんみずさきにんかいれんごうかい、Japan Federation of Pilots' Associations)は、水先法(昭和24年5月30日法律第121号)第55条に基づいて設立された国土交通省海事局海技課所管の特別民間法人である。全国の水先人会で構成されており、「水先人会の会員の品位を保持し、水先業務の適正かつ円滑な遂行に資するため、水先人会及びその会員の指導、連絡及び監督に関する事務を行うことを目的」としている(水先法第55条第2項)。 1930年(昭和5年)に水先人で構成される任意団体として日本水先人協会を設立。その後、1962年(昭和37年)に日本パイロット協会と改名し、1964年(昭和39年)に社団法人化。2007年(平成19年)に水先法の改正に伴い日本パイロット協会を解散して本会を創設。.

新しい!!: 国土交通省と日本水先人会連合会 · 続きを見る »

旅行代理店

旅行代理店(りょこうだいりてん、)とは、交通・宿泊などの要素から構成された旅行商品を、企画・実施、あるいは仲介して販売する会社のこと。 「旅行会社」(りょこうがいしゃ)とも呼ばれる。他の呼称として、旅行業者(りょこうぎょうしゃ)、旅行斡旋業者(りょこうあっせんぎょうしゃ)、ツーリストビューロー()など。店舗を持たないオンライン旅行会社や、ビジネストラベルマネジメント対応の旅行会社に関しても、本項で記述する。.

新しい!!: 国土交通省と旅行代理店 · 続きを見る »

旅館

旅館(りょかん)とは、宿泊料を受けて人を宿泊させるための宿泊施設で、通常は和式の構造及び設備を主とする宿泊施設のことを指す。日本旅館ともいう。 旅館の種類には、観光利用や行楽利用主体の温泉旅館や観光旅館、割烹旅館(料理旅館)などのほか、都市部にあるビジネスや修学旅行利用主体の商人宿(駅前旅館など)がある。一般には中〜大規模の施設から個人・家族的な小規模で行われているものまである。このうち、個人の住宅と同じような構造のものや、宿主が他の産業を主体とした兼業の場合は、民宿と名乗ることがある。.

新しい!!: 国土交通省と旅館 · 続きを見る »

政策

政策(せいさく)とは現代社会においては、政府や政党などが施政上の方針や方策を指すこと。なお、その策を実施することを施策(しさく)という。 公共政策は、公共体が主体となって行う体系的な諸策のこと。.

新しい!!: 国土交通省と政策 · 続きを見る »

1月6日

1月6日(いちがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から6日目にあたり、年末まであと359日(閏年では360日)ある。誕生花はユズリハ。.

新しい!!: 国土交通省と1月6日 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: 国土交通省と2001年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: 国土交通省と2008年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: 国土交通省と2011年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 国土交通省と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 国土交通省と2019年 · 続きを見る »

4月3日

4月3日(しがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から93日目(閏年では94日目)にあたり、年末まであと272日ある。誕生花はゼラニウム、ラナンキュラス。.

新しい!!: 国土交通省と4月3日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

MLIT国交省

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »