ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

回転式拳銃

索引 回転式拳銃

回転式拳銃(かいてんしきけんじゅう)は、拳銃の一種。英語名または片仮名ではリボルバー(Revolver)と呼ばれる。連発の方式としては比較的初期の部類に当たる。.

68 関係: 南北戦争実包小銃二十六年式拳銃弾薬ナガンM1895ノルウェーマテバ 2006Mマテバ オートリボルバーマニューリン MR 73マグナム (実包)リヴォルヴァーカノンレ・マット・リボルバーロシアロシアンルーレットボルトアクション方式トーラス・レイジングブルパーカッションロック式フリントロック式ニューナンブM60ダブルアクションアメリカ合衆国ウィンチェスターライフルエンフィールド・リボルバーコルト・ローマンコルト・パイソンコルト・ディテクティブスペシャルコルト・ニューサービスコルト・キングコブラコルト・シングル・アクション・アーミーコルトM1848コルトM1851コルトM1892スミス&ウェッソンスピードローダースタームルガー・ブラックホークスタームルガー・セキュリティシックスサミュエル・コルトサプレッサーサタデーナイトスペシャル特許銃用雷管西部開拓時代騎兵貴族M1917リボルバーPfeifer ZeliskaS&W M10S&W M19S&W M27...S&W M28S&W M29S&W M36S&W M500S&W M686格闘技桑原製軽便拳銃池田書店扇子拳銃1597年16世紀1836年1857年1861年1869年1990年代19世紀 インデックスを展開 (18 もっと) »

南北戦争

青が北部(アメリカ合衆国)諸州、赤が南部(アメリカ連合国)諸州。水色は合衆国に留まった奴隷州。 南北戦争(なんぼくせんそう、American Civil War)は、1861年から1865年にかけて、アメリカ合衆国の北部諸州とアメリカ連合国を称した南部諸州との間で行われた内戦である。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。この戦争では史上初めて近代的な機械技術が主戦力として投入された。 英語の civil war は「内戦」を意味する語だが、アメリカでは独立後に内戦があったのはこの時だけなので(ユタ戦争など、内乱と呼ぶべき物はいくつかある)、アメリカ国内では通常これに定冠詞をつけ大文字にして The Civil War と表記する。アメリカ以外の国では自国の内戦と区別するため国名を冠して American Civil War と表記する(南北戦争のネーミングを参照)。.

新しい!!: 回転式拳銃と南北戦争 · 続きを見る »

実包

写真左から6mm SAW6.5mm Grendel6.8×43mm SPC7mm ベンチレスト280/30 ブリティッシュ7mm-087mm セカンドオプチウム276 ピーダーセン308x1.75"7.62x51mm NATO弾 実包(じっぽう)、弾薬筒(だんやくとう)、カートリッジ(Cartridge)は、拳銃、小銃、機関銃、散弾銃などの火器に用いられ、弾丸に爆薬を内蔵していない火工品である。弾薬の一種であることから、弾薬と呼ばれる場合もある。散弾銃用の実包は、装弾(そうだん)とも呼ばれる。 猟銃用の実包は、かつては消費者自身が製作するもの(リロード弾)がほとんどであったが、現在では工場で生産されたものを購入して使用されることが多くなった。このような既成の実包はファクトリーロードとも呼ばれる。ファクトリーロードは良くも悪くも工業製品のため、銃の性質や威力を加味した実包を作るにはリロードが欠かせないものと言われる。.

新しい!!: 回転式拳銃と実包 · 続きを見る »

小銃

小銃(しょうじゅう)は、兵士が個人用に使うための軍用銃で、軍隊では最も一般的な小火器である。 小銃一般を指し、ライフル(英:Rifle)あるいはライフル銃と呼ぶこともある。この表現はライフリングに由来するが、ライフリングを有する銃の全てがここで言うライフルに当てはまるわけではない。また、日本語で「小銃」といった場合、本来はライフリングの有無を考慮しない(#定義を参照)。.

新しい!!: 回転式拳銃と小銃 · 続きを見る »

二十六年式拳銃

二十六年式拳銃(にじゅうろくねんしきけんじゅう)は、1890年代初期に開発・採用された大日本帝国陸軍の拳銃。.

新しい!!: 回転式拳銃と二十六年式拳銃 · 続きを見る »

弾薬

弾薬(だんやく)は、銃や砲などの火器を撃つときに必要な弾丸と火薬を組み合わせた物。近代の銃では一体化され、実包と呼ばれる。武器使用のために部隊に補給すべき消耗品全般を指す事もある。.

新しい!!: 回転式拳銃と弾薬 · 続きを見る »

ナガンM1895

ナガンM1895は、1890年代初期にナガン兄弟によってベルギーで開発された回転式拳銃である。.

新しい!!: 回転式拳銃とナガンM1895 · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: 回転式拳銃とノルウェー · 続きを見る »

マテバ 2006M

マテバ 2006M(MATEBA modello 2006M)はイタリアのマテバ社(MA.TE.BA.:Macchine Termo-Balistiche)が1980年代に競技用として開発し、1990年に発売した回転式拳銃(リボルバー)である。.

新しい!!: 回転式拳銃とマテバ 2006M · 続きを見る »

マテバ オートリボルバー

マテバ モデロ6 ウニカ(MATEBA Modello 6 Unica)、通称“マテバ オートリボルバー”(MaTeBa AutoRevolver)は、イタリアのマテバ社(MA.TE.BA.:Macchine Termo-Balistiche)が1996年に開発した半自動作動方式の回転式拳銃(リボルバー)である。 イタリア語で「6」は“Sei”(セイ)と発音するため、モデル名の“6 Unica”の発音は「Sei Unica」(セイ・ウニカ)となり、イタリア語で「あなただけのもの」という意味にもなる。その独特の機構から、「オートマチックリボルバー」(Automatic Revolver)とも呼ばれる。 なお、本銃の他にも独自の機構で「ダブルアクション方式とは異なる連射機能」を備えているリボルバーは存在する。.

新しい!!: 回転式拳銃とマテバ オートリボルバー · 続きを見る »

マニューリン MR 73

マニューリン MR 73()は、フランスのマニューリン社が1973年に開発した、警察などの法執行機関向けダブルアクション回転式拳銃である。.

新しい!!: 回転式拳銃とマニューリン MR 73 · 続きを見る »

マグナム (実包)

マグナム(Magnum)とは、同一口径の平均的な実包と比較して装薬量を増やした弾薬、およびそれらを使用する銃器の名称ならびに商標である。.

新しい!!: 回転式拳銃とマグナム (実包) · 続きを見る »

リヴォルヴァーカノン

代表的なリヴォルヴァーカノンであるマウザー BK-27 リヴォルヴァーカノン(revolvercannon, Revolverkanone)は、一本の砲身に対しチャンバー(薬室)が円周に沿って複数個並ぶシリンダーを持っており、これを回転させて連射を行う機構を持つ機関砲である。.

新しい!!: 回転式拳銃とリヴォルヴァーカノン · 続きを見る »

レ・マット・リボルバー

レ・マットリボルバー(Le Mat Revolver)またはル・マットレボルバーは、フランス人医師、ジャン・アレクサンドル・ル・マットが発明した回転式拳銃。グレープショットリボルバー(ぶどう弾回転式拳銃)の通称でも呼ばれる。 1861年-1865年にかけて行われた南北戦争においてアメリカ陸軍(南軍)に採用されていた。.

新しい!!: 回転式拳銃とレ・マット・リボルバー · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 回転式拳銃とロシア · 続きを見る »

ロシアンルーレット

アンルーレット (русская рулета) は、リボルバー式拳銃に一発だけ実包(弾薬)を装填し、適当にシリンダーを回転させてから自分の頭(特にこめかみ)に向け引き金を引くゲーム。弾丸が入っていると予想した場合、天井に向けて引き金を引くことも可能とされるが、不発の場合無条件で負けとなる。なお、リボルバーは設計上、シリンダーのどの穴に弾が入っているか視認できる。よって残りの穴にダミーカートリッジを装填する、目隠しをするなどの対策をとるか、或いは何らかの理由で判断力を失っているか強制されている場合でもなければ、ルールにより負けにはなっても死を避けることは難しくないと考えられる。 実際に行われた例は少なく、フィクションで有名になった後、それを真似る者が出てきたと言って良い。そのため、以下の説明も多くをフィクション上の設定に頼っている。.

新しい!!: 回転式拳銃とロシアンルーレット · 続きを見る »

ボルトアクション方式

ボルトアクション方式(ボルトアクションほうしき)とは、ボルト(遊底)を手動で操作することで弾薬の装填、排出を行う機構を有する銃の総称である。日本語では鎖閂式(ささんしき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 回転式拳銃とボルトアクション方式 · 続きを見る »

トーラス・レイジングブル

トーラス・レイジングブル (Taurus Raging Bull) は、ブラジルのトーラス社(「タウルス社」ともカナ書きされる)が開発した大型リボルバーである。.

新しい!!: 回転式拳銃とトーラス・レイジングブル · 続きを見る »

パーカッションロック式

パーカッションロック式(パーカッションロックしき、Percussion lock)、邦訳、雷管式(らいかんしき)、または管打式(かんうちしき)とは、マスケット銃などの火器で使われた点火方式の1つ。スコットランド人のアレクサンダー・ジョン・フォーサイス(:en:Alexander John Forsyth)によって1806年ごろに開発された。その形態からキャップロック式(キャップロックしき、Cap lock)とも呼称される。.

新しい!!: 回転式拳銃とパーカッションロック式 · 続きを見る »

フリントロック式

18世紀に使用されていた猟銃のフリントロック。燧石は挟まれていない。 フリントロック式(フリントロックしき、Flintlock)、邦訳、燧発式(すいはつしき)または燧石式(すいせきしき)とは、マスケット銃などの火器で使われた点火方式の1つ。 開発された時期については諸説あるが、フランス人のマラン・ル・ブールジョワ(Marin le Bourgeoys)によって17世紀の初頭に完成された、とする説が有力である。 ここでいう「完成された」とは、装填時の暴発を防止するハーフコックの機能を備えたという意味で、それ以前にあったジャコビニアンロック等とはその点で区別される。 1840年頃から、より信頼性の高いパーカッションロック式(雷管式)に置き換えられた。.

新しい!!: 回転式拳銃とフリントロック式 · 続きを見る »

ニューナンブM60

ニューナンブM60は、新中央工業(後にミネベア(現・ミネベアミツミ)に吸収合併)社製の回転式拳銃。1960年より日本の警察官用拳銃として調達が開始され、その主力拳銃として大量に配備されたほか、麻薬取締官や海上保安官にも配備された。生産は1990年代に終了したが、現在でも依然として多数が運用されている。.

新しい!!: 回転式拳銃とニューナンブM60 · 続きを見る »

ダブルアクション

トロークが長いため、中央部に設置されたダブルアクションのトリガー。(ワルサーP38) ダブルアクション (double action) は、トリガー(引金)を引く事によりハンマー(撃鉄)が通常位置から撃発準備位置まで後退し、そのまま撃発される作動機構を指す。.

新しい!!: 回転式拳銃とダブルアクション · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 回転式拳銃とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

ウィンチェスターライフル

ウィンチェスターライフル(Winchester rifle)は、西部開拓時代のアメリカにおいてウィンチェスター社が開発したレバーアクションライフルである。 なお、ウィンチェスター社のライフルには「ウィンチェスターM70」などのボルトアクションライフルや「ウィンチェスターM100」のようなセミオートライフルもあるが、ここではレバーアクション式のみを紹介するに留め、これらは割愛する。.

新しい!!: 回転式拳銃とウィンチェスターライフル · 続きを見る »

エンフィールド・リボルバー

ンフィールド・リボルバー(Enfield Revolver)は、第二次世界大戦中にイギリスで開発された中折式回転式拳銃である。エンフィールドの名を冠するリボルバーには複数種あるが、ここでは特にRSAFが製造したNo.2 Mk.Iとそのバリエーションについて述べる。.

新しい!!: 回転式拳銃とエンフィールド・リボルバー · 続きを見る »

コルト・ローマン

ルト・ローマン (Colt Lawman) は、アメリカの銃器メーカー、コルト社が1960年代に開発した回転式拳銃であり、「コルトMkIIIシリーズ」の一機種である。 本項目ではMk.IIIシリーズの派生型であるコルト・トルーパーと併せて記述する。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルト・ローマン · 続きを見る »

コルト・パイソン

ルト・パイソン(Colt Python)は、1955年にコルト社が開発した回転式拳銃。コブラ、キングコブラ、ダイアモンドバック、アナコンダと並び、商品名に蛇の名前を冠するシリーズの1つ。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルト・パイソン · 続きを見る »

コルト・ディテクティブスペシャル

ルト・ディテクティブスペシャル()は、コルト・ファイヤーアームズ社が開発した回転式拳銃。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルト・ディテクティブスペシャル · 続きを見る »

コルト・ニューサービス

ルト・ニューサービス(Colt New Service)は、コルト社が1898年から1940年まで製造していた回転式拳銃である。アメリカ軍では.45ロング・コルト弾仕様をM1909として全軍で採用したほか、陸軍が.45ACP弾仕様をM1917リボルバーとして採用している。M1917は第一次世界大戦におけるM1911ピストルの不足を補うために配備され、その後の第二次世界大戦でも同じような役割を果たした。コルト・ニューサービスはその生産期間を通じてコルト社の製品の内、最も人気のある回転式拳銃であり続けた。コルト社による最終的な生産数は150,000丁を上回ったとされる。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルト・ニューサービス · 続きを見る »

コルト・キングコブラ

ルト・キングコブラ(Colt King Cobra)は、アメリカのコルト社が1986年-1990年まで生産していた「MK-Vシリーズ」の回転式拳銃。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルト・キングコブラ · 続きを見る »

コルト・シングル・アクション・アーミー

ルト・シングルアクション・アーミー(英語: Colt Single Action Army)とは、西部開拓時代に使用されていた回転式拳銃。生産は現在でも継続されている。通称は「ピースメーカー」。または頭文字の略称である「SAA」。1872年から20年ほどアメリカ陸軍に制式採用されており、この際の制式名はM1873。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルト・シングル・アクション・アーミー · 続きを見る »

コルトM1848

ルト M1848(通称:コルト・ドラグーン)は、パーカッション式シリンダー先込め銃(回転式拳銃)であり、フリントロック式からメタルカートリッジ式への過渡期に登場した製品である。 1848年にアメリカ陸軍の制式拳銃となり、後継モデルである「コルトM1860アーミー」が登場するまで12年間その地位を守った。 装弾数は6発で、シリンダーに火薬を篭めてから、パッチを被せ、弾丸を詰める。発砲するためには薬室前面にグリスを塗布し、雷管をニップルに被せることが必要である。グリスを塗布し忘れると、発砲時に他の薬室の火薬に火が移り非常に危険である。この現象をチェーンファイア(数珠繋ぎ発火)という。 M1848ドラグーンは、前年に登場した「コルトM1847ウォーカー」の改良モデルとして開発された。基本構造および口径は同一ながら、9インチの銃身長と威力を最重視した60グレインの装薬量がウォーカーの特徴である。前述のチェーンファイアが発生した際にシリンダーが破損するケースがあり、装薬量を50グレインとした専用シリンダーと7.5インチの銃身を備えた新型がドラグーンである。 各種メディアに登場する例としては、松本零士作品に登場する「戦士の銃(コスモドラグーン)」のモデルとなった事などが著名である(詳細は「戦士の銃#松本零士とドラグーン」を参照)。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルトM1848 · 続きを見る »

コルトM1851

ルト M1851 ネイビーはアメリカの銃器メーカーであるコルト社が1851年に発売したパーカッションロック式シングルアクションリボルバーである。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルトM1851 · 続きを見る »

コルトM1892

ルトM1892は、アメリカ陸軍と海軍が採用していた回転式拳銃である。.

新しい!!: 回転式拳銃とコルトM1892 · 続きを見る »

スミス&ウェッソン

ミス&ウェッソン(英:Smith & Wesson、)、通称S&Wは1852年にホーレス・スミス(Horace Smith, 1808年10月28日 - 1893年1月15日)とダニエル・ベアード・ウェッソン(Daniel Baird Wesson, 1825年5月18日 - 1906年8月4日)が設立した、アメリカ合衆国最大規模の銃器メーカー。マサチューセッツ州スプリングフィールドに本社をもつ。 創業当初は回転式拳銃を中心に生産や販売を行い、1950年代に入ってからは自動拳銃の販売も本格的に始めた。現在はナイフや手錠、タクティカルペンも生産している。.

新しい!!: 回転式拳銃とスミス&ウェッソン · 続きを見る »

スピードローダー

ピードローダーとは、小火器、または小火器の弾倉へ、消費した弾薬を非常に速く装填するために用いる器具である。回転式拳銃用のものをイメージすることが多いが、広くは散弾銃や小銃内に固定されたチューブ型弾倉へ装弾したり、別種のスピードローダーでは箱形弾倉やドラムマガジンに装弾するものも指すことがある。.

新しい!!: 回転式拳銃とスピードローダー · 続きを見る »

スタームルガー・ブラックホーク

ターム ルガー・ブラックホーク(Sturm Ruger Blackhawk)は、アメリカのスターム・ルガー社が開発した回転式拳銃。.

新しい!!: 回転式拳銃とスタームルガー・ブラックホーク · 続きを見る »

スタームルガー・セキュリティシックス

タームルガー・セキュリティシックス(英語: Sturm Ruger Security Six)は、アメリカのスターム・ルガー社が1968年に開発したダブルアクションリボルバーであり、同社のリボルバーの基礎モデルとなった。.

新しい!!: 回転式拳銃とスタームルガー・セキュリティシックス · 続きを見る »

サミュエル・コルト

ミュエル・コルト サミュエル・コルト(Samuel Colt、1814年7月19日 - 1862年1月10日)は、アメリカ合衆国の発明家および工場経営者である。コルト特許武器製造会社(現在はコルト製造会社)を創設し、リボルバー拳銃を普及させたことで広く知られている。コルトの発明による産業への貢献は、武器歴史家のジェイムズ・E・サーヴンによって、「アメリカの武器の運命を作り上げた」と表現された。.

新しい!!: 回転式拳銃とサミュエル・コルト · 続きを見る »

サプレッサー

各種銃器に取り付けられたサプレッサー サプレッサー(:“抑制するもの”、“抑制器”の意)は、銃の発射音と閃光を軽減するために銃身の先端に取り付ける筒状の装置の総称である。 サプレッサーには、発射音の抑制を主な目的とする「サウンド・サプレッサー(サイレンサー(Silencer))」や、発射炎の抑制を主な目的とする「フラッシュサプレッサー(フラッシュハイダー)」などがあるが、ここでは「サウンド・サプレッサー」について記述する。 本項では、特に断りのない限り「サウンド・サプレッサー」を単に「サプレッサー」と記述する。.

新しい!!: 回転式拳銃とサプレッサー · 続きを見る »

サタデーナイトスペシャル

タデーナイトスペシャルの一つフェニックスアームズ社のMP-25 サタデーナイトスペシャル (Saturday Night Special) とは、アメリカやカナダなどにおいて低品質だが安価な小型拳銃に対する俗称である。呼称の由来は、1960年代のアメリカで安価な拳銃による負傷者が続出した時期があり、それが土曜夜に集中していたことを医師たちが「土曜の夜は大混雑だ」と揶揄したことからだという。Junk Guns とも呼ばれる。 サタデーナイトスペシャルに関する正式な定義というものはないが、いくつかの銃規制法によれば銃身長が3インチ(約7.62cm)未満の自動拳銃、あるいは全長6インチ(約15.24cm)未満のリボルバーで、有名メーカーの製品でなく、安価で低品質のものと定義されている事が多い。価格はまちまちだが、安いものでは50ドル程度からあり、デリンジャーのように、おおむね100ドルを超えるバックアップ用の拳銃などは、小型であってもサタデーナイトスペシャルと呼ばれないことが多い。.

新しい!!: 回転式拳銃とサタデーナイトスペシャル · 続きを見る »

特許

特許(とっきょ、Patent)とは、法令の定める手続により、国が発明者またはその承継人に対し、特許権を付与する行政行為である国家(または君主)が法人または個人に対して特権を付与する特許状(charter)とは意味が異なる。特許と特許状の意味の違いに注意。吉藤幸朔著、熊谷健一補訂『特許法概説第13版』。.

新しい!!: 回転式拳銃と特許 · 続きを見る »

銃用雷管

雷管2種。左は薬莢に填め込まれた拳銃弾用、右は散弾用。拳銃弾用は、発射した際に撃針が打ち込まれた跡が残っている。 銃用雷管(じゅうようらいかん、プライマー Primer。または、パーカッションキャップ Percussion cap)とは実包の部品の一つである。プライマーは実包の薬莢底部に位置し、衝撃を加えられることで発火してガンパウダー(発射薬)に着火して弾丸を発射させる。 これとは別にパーカッションキャップを用いた前装式銃は雷管式あるいは管打式と呼ぶ。詳細は「パーカッションロック式」を参照。.

新しい!!: 回転式拳銃と銃用雷管 · 続きを見る »

西部開拓時代

西部開拓時代(せいぶかいたくじだい、American Old West)とは、19世紀(特に1860年代に始まり1890年のフロンティア消滅まで)における、北アメリカの時代区分の一つ。オールド・ウェスト (Old West) 、ワイルド・ウェスト (Wild West) とも呼ばれる。時代区分とともに、この時代のフロンティア・ストリップ(ノースダコタからテキサスまでの南北にわたる6つの州)の歴史、伝説、信仰など、文化的な意味合いを包括する用語でもある。.

新しい!!: 回転式拳銃と西部開拓時代 · 続きを見る »

騎兵

騎兵(きへい、cavalry, Trooper)は、兵種の一つで、馬など動物に騎乗して戦闘行動を取る兵士である。最初はロバが使用されていたが、後に馬が主流になった。最古の騎兵は動物が曳行する戦車に乗った兵士であったが、後に動物に跨る騎兵に移行していった。 騎兵は相対的に高い機動力・攻撃力を誇り、作戦の幅を広げ、偵察、伝令、警戒など後方支援でも活躍した。また、軽騎兵・重騎兵と分類されることもあり、前者は機動力を、後者は攻撃力及び防御力を重視している。現代では騎兵から派生した、装甲車やヘリコプターに搭乗する部隊も「騎兵」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 回転式拳銃と騎兵 · 続きを見る »

貴族

貴族(きぞく)とは、特権を備えた名誉や称号を持ち、それ故に他の社会階級の人々と明確に区別された社会階層に属する集団を指す。 その社会的特権はしばしば強大であるが、同時に国や地域により異なり、同じ国・地域であっても時代によって変遷する。また貴族階級は伝統的な概念ではあるものの、時に新たな人員を迎え入れ、常に人員は更新され続けている。 貴族階級は多くの場合は君主制の下に維持され、称号の付与や特権の保証なども君主によって行われる。一般的に、貴族などという特権階級を認めてしまうということは反民主主義とされている。フランスでは、貴族階級をものともしないヴォルテールの姿勢がフランス的民主主義の基礎となり、フランス革命でそうした考え方は公認のもの、正統なものとなり、ここに民主主義が実現したとされている。しかし共和制など君主の存在を持たない制度においても貴族制度が存在した場合もある。 西洋では特に青い血という言葉が貴族の血筋を意味する慣用句として用いることがある。ただし、これはあくまでもスペイン語由来のものであるため限定的ではある。日本の場合、貴族の起源について穀物の貯蔵が貴族制度の遠因となったと考える論者もある。.

新しい!!: 回転式拳銃と貴族 · 続きを見る »

M1917リボルバー

M1917 リボルバー(M1917 Revolver)は、アメリカで設計された2種類の45口径6連発回転式拳銃である。制式名称はUnited States Revolver, Caliber.45, M1917(合衆国.45口径回転式拳銃M1917)。.

新しい!!: 回転式拳銃とM1917リボルバー · 続きを見る »

Pfeifer Zeliska

Pfeifer Zeliskaは、オーストリアのPfeifer Waffen社が開発した、超大型の回転式拳銃である。 オーストリアの公用語であるドイツ語の発音では、Pfeiferはパイファー(またはプファイファー)、Zeliskaはツェリスカとなる。.

新しい!!: 回転式拳銃とPfeifer Zeliska · 続きを見る »

S&W M10

S&W M10は、スミス&ウェッソン(S&W)社が開発した回転式拳銃。1899年の発売当初はミリタリー&ポリス()と称されており、1957年にモデル・ナンバー制度が導入されたあとでも、通称として用いられている。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M10 · 続きを見る »

S&W M19

S&W M19は、S&W社が開発した回転式拳銃。1955年の発売当初はコンバットマグナム()と称されており、1957年にモデルナンバー制度が導入されたあとも、引き続き通称として用いられている。 また、本銃をもとにステンレス鋼を導入した派生型であるS&W M66も本項で扱う。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M19 · 続きを見る »

S&W M27

S&W M27は、S&W社が開発した回転式拳銃である。 当初はその名を冠して、単に「(スミス&ウェッソン).357マグナム(S&W 357 Magnum)」と称され、「レジスタード・マグナム(Registered Magnum)」の名でも呼ばれた。これらの名は1957年にモデルナンバー制度が導入されたあとでも、引き続き通称として用いられている。 本項では基礎となったM27の他、後年に発売された派生型である2種類のM627、およびM327についても記述する。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M27 · 続きを見る »

S&W M28

S&W M28は、アメリカの銃器メーカーS&W社が1954年に開発した回転式拳銃である。一般にはモデルナンバー制度が導入される以前の製品名であった「ハイウェイパトロールマン(HIGHWAY PATROLMAN)」の愛称で呼ばれる。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M28 · 続きを見る »

S&W M29

S&W M29とは、アメリカのスミス&ウェッソン社が開発した回転式拳銃である。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M29 · 続きを見る »

S&W M36

S&W M36は、スミス&ウェッソン(S&W)社が開発した回転式拳銃。1950年の発売当初はチーフスペシャル(、チーフズ・スペシャルとも)と称されており、モデル・ナンバー制度が導入されたあとでも、通称として残っている。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M36 · 続きを見る »

S&W M500

S&W M500は、アメリカのS&W社が2003年に開発した超大型回転式拳銃。「.454カスール弾を超える弾薬を撃つことのできるリボルバー」として開発されており、一般市場に流通する商品としての拳銃では世界最強の威力を持つ弾薬に対応している。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M500 · 続きを見る »

S&W M686

S&W M686は、アメリカの銃器メーカーS&W社が1980年に開発した回転式拳銃である。 材質をスチールとしたモデルもあり、そちらはM586の製品名が与えられている。.

新しい!!: 回転式拳銃とS&W M686 · 続きを見る »

格闘技

格闘技(かくとうぎ、挌闘技とも)は、主に自分の体での攻撃、防御を行う技術、もしくはスポーツ、あるいはそれを基にした興行のことである。また単に格闘(かくとう)、格技(かくぎ) 、体技(たいぎ)、マーシャルアーツ(martial arts)とも呼ばれる。 狭義では、素手で組み合ったり、手足で打ち合ったりする形式の競技(:en:Hand to hand combat)のことである。ルールが明文化され近代スポーツとしての体裁を整えた主として武術由来の試合競技を指す。武術というと武器を使用する技術の体系が含まれるが徒手のそれもあり、ほぼ格闘技と重なる。.

新しい!!: 回転式拳銃と格闘技 · 続きを見る »

桑原製軽便拳銃

桑原製軽便拳銃(くわばらせいけいべんけんじゅう)は、東京の桑原銃砲店が日清戦争時の将校用拳銃として発売した回転式拳銃である。.

新しい!!: 回転式拳銃と桑原製軽便拳銃 · 続きを見る »

池田書店

株式会社池田書店(いけだしょてん)は、東京都新宿区に本社を置く日本の出版社。「近藤信緒」のペンネームで知られる池田敏子が創業し、初期のミリオンセラー『性生活の知恵』(謝国権著)で知られる外部リンクの同社公式サイトの記述を参照。。 なお、書籍小売店の「いけだ書店」は株式会社くまざわが運営するチェーンストアであり、当企業とは全く無関係である。また、2014年まで東京都豊島区に本社を置いて活動していた出版社の「池田書店」は全く別の企業であり、資本関係や人的関連性は一切ない。.

新しい!!: 回転式拳銃と池田書店 · 続きを見る »

扇子

沈折(しずめおり)の白扇。白扇は古くは贈答の品として使われた。 扇子(せんす)とは、あおいで風を起こす道具のひとつ。また儀礼、芸能で用いられる。ただし古くは扇(おうぎ)と呼ぶのが普通であった。「おうぎ」という言葉は古くは「あふぐ」(扇ぐ)の派生形の「阿布岐(あふぎ)」と呼ばれたが、日本語の変化により関連がわかりにくくなった。.

新しい!!: 回転式拳銃と扇子 · 続きを見る »

拳銃

ルト・シングル・アクション・アーミー アメリカ軍の制式採用から70年、更に制式を外され30年が経過した現在も、世界中で使用されているM1911 グロック19 拳銃(けんじゅう)は、片手で射撃するためにデザインされた銃の総称である拳銃に対して小銃・散弾銃・機関銃等の大型の銃器を、ショルダーウェポン()又はロングガン()と呼び、日本ではこれをと訳すこともある。。小型で携帯性・秘匿性に優れており、主に護身用に使用される。 「けん銃」と表記されることもあり、他に「短銃(たん-じゅう)」、「ピストル」とも呼称される。.

新しい!!: 回転式拳銃と拳銃 · 続きを見る »

1597年

記載なし。

新しい!!: 回転式拳銃と1597年 · 続きを見る »

16世紀

16世紀(じゅうろくせいき)は、西暦1501年から西暦1600年までの100年間を指す世紀。 盛期ルネサンス。歴代ローマ教皇の庇護によりイタリア・ルネサンスの中心はローマに移動した。画像はこの時代に再建がなされたローマのサン・ピエトロ大聖堂の内部。 カール5世。スペイン王を兼ねイタリア各地やネーデルラントも支配したが周辺諸国との戦いにも明け暮れた。画像はティツィアーノによる騎馬像(プラド美術館蔵)。 「太陽の沈まない帝国」。カール5世の息子フェリペ2世の時代にスペインは目覚ましい発展を遂げ貿易網は地球全体に及んだ。画像はフェリペ2世によって建てられたエル・エスコリアル修道院。ここには王宮も併設されておりフェリペ2世はここで執務を行った。.

新しい!!: 回転式拳銃と16世紀 · 続きを見る »

1836年

記載なし。

新しい!!: 回転式拳銃と1836年 · 続きを見る »

1857年

記載なし。

新しい!!: 回転式拳銃と1857年 · 続きを見る »

1861年

記載なし。

新しい!!: 回転式拳銃と1861年 · 続きを見る »

1869年

記載なし。

新しい!!: 回転式拳銃と1869年 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: 回転式拳銃と1990年代 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 回転式拳銃と19世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

リボルバーリボルバー式拳銃リボルバー拳銃

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »