ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

四肢動物

索引 四肢動物

四肢動物(ししどうぶつ)Tetrapoda とは、脊椎動物中、足(脚)やそれに類する付属器官を有するものをいう。すなわち両生類・爬虫類・哺乳類、そして鳥類である。四肢を持たないように進化した蛇や鯨なども四肢動物に含まれる。四足動物または四足類ともいう。Tetrapoda (τετραποδη) とはギリシャ語で「四つの足」の意味。.

33 関係: 単弓類単系統群古代魚多肢症対鰭両生類二足歩行ハイギョヘビヒトイクチオステガクジラコモドオオトカゲシーラカンス哺乳類動物硬骨魚綱竜弓類爬形類爬虫類魚類鳥類軟骨魚綱肉鰭綱脊索動物脊椎動物進化進化分類学条鰭綱有羊膜類4

単弓類

単弓類(たんきゅうるい、Synapsidあるいは単弓綱/単弓亜綱、Synapsida)は、脊椎動物のうち、陸上に上がった四肢動物のグループ(分類群)の一つである。哺乳類及び、古くは哺乳類型爬虫類とも呼ばれたその祖となる生物の総称である。共通する特徴としては、頭蓋骨の左右、眼窩後方に「側頭窓」と呼ばれる穴がそれぞれ1つずつあり、その下側の骨が細いアーチ状となっていることである。この骨のアーチを解剖学では「弓」と呼んでおり、このグループではこれを片側に一つ持っているために単弓類と呼ばれる。爬虫類以上の四肢動物のうち、片側に「弓」を二つ持っているものは双弓類、一つも持っていないものは無弓類と呼ばれる。.

新しい!!: 四肢動物と単弓類 · 続きを見る »

単系統群

単系統群(たんけいとうぐん)とは、生物の分類群のうち、単一の進化的系統からなり、しかもその系統に属する生物すべてを含むものをいう。つまり1つの仮想的な共通祖先とその子孫すべてを合わせた群である。系統樹でいえば、1つの枝の全体に当たる。身近な例では、哺乳類全体、脊椎動物全体、種子植物全体などがこれであると考えられている。 単系統群内では、系統が分岐したときの共通祖先が持っていた形質が(二次的に失われた場合を除いて)共有されており、これを共有派生形質と呼ぶ。.

新しい!!: 四肢動物と単系統群 · 続きを見る »

古代魚

シーラカンスは今でこそ代表的な古代魚の一つとして挙げられるが、1938年の生体発見は世界的なニュースとなった 古代魚(こだいぎょ)とは、古生代や中生代の化石として知られ、絶滅せずに現在まで生き残ってきた魚類の総称である。いわゆる「生きている化石」に含まれる。 特に硬骨魚類の一部に対して用いられるが、はっきりした定義のない用語であるため「硬骨魚の中で古い系統に属するもの」程度の扱いである。無顎類や軟骨魚類は硬骨魚類よりも古い段階で分化したものとされているが、これらを古代魚に含むことは少ない。 これらの多くは過去に大いに繁栄したが、その後数度の大量絶滅で仲間のほとんどが死に絶え、少数が現在まで生き残っている「遺存種」である。おもな分類群では以下のようなものが挙げられる。.

新しい!!: 四肢動物と古代魚 · 続きを見る »

多肢症

多肢症(Polymelia.

新しい!!: 四肢動物と多肢症 · 続きを見る »

対鰭

ーストラリアハイギョ ''Neoceratodus forsteri'' 。胸びれと腹びれの根もとに筋肉がついている 対鰭(ついき)とは、魚のひれのうち左右で対になっている胸鰭と腹鰭を指す。進化の過程で四肢動物の四肢の起源となったとされる。 対義語の不対鰭は、脊椎に沿って生じた正中鰭(背鰭、尾鰭など)。.

新しい!!: 四肢動物と対鰭 · 続きを見る »

両生類

両生類(りょうせいるい)とは、脊椎動物亜門両生綱 (Amphibia) に属する動物の総称である。.

新しい!!: 四肢動物と両生類 · 続きを見る »

二足歩行

二足歩行(にそくほこう、Bipedal Locomotion)とは、動物が2本の足でその体を支え、重心を前に移動させて前進する歩行様式。 恐竜類に多く見られた他、鳥類も、ダチョウやキーウィのような地上性の種類を含め、前肢が翼に変わって歩行には使われないので、二足歩行であると言える。ヒトの歩き方は、体軸が垂直に立っている、下肢が直線状に伸びている、など他の動物と異なっているので、特に直立二足歩行と呼んで区別することがある。.

新しい!!: 四肢動物と二足歩行 · 続きを見る »

ハイギョ

ハイギョ(肺魚)は、肺や内鼻孔などの両生類的な特徴を持つ魚で、肉鰭綱・肺魚亜綱に属する。 約4億年前のデボン紀に出現し、化石では淡水産・海産を合わせて約64属280種Marshall, 1966 には、肺魚55属122種(当時)の一覧が載るCloutier and Ahlberg, 1996 によれば64属280種(当時)、ただし約125種は歯板のみである。デボン紀は85種以上、三畳紀は45種以上である。が知られるが、現生種は全て淡水産で、オーストラリアハイギョ1種、ミナミアメリカハイギョ1種、アフリカハイギョ4種の、計6種のみが知られる。「生きている化石」と呼ばれている。.

新しい!!: 四肢動物とハイギョ · 続きを見る »

ヘビ

ヘビ(蛇)は、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目(Serpentes)に分類される爬虫類の総称。体が細長く、四肢がないのが特徴。ただし、同様の形の動物は他群にも存在。.

新しい!!: 四肢動物とヘビ · 続きを見る »

ヒト

ヒト(人、英: human)とは、広義にはヒト亜族(Hominina)に属する動物の総称であり、狭義には現生の(現在生きている)人類(学名: )を指す岩波 生物学辞典 第四版 p.1158 ヒト。 「ヒト」はいわゆる「人間」の生物学上の標準和名である。生物学上の種としての存在を指す場合には、カタカナを用いて、こう表記することが多い。 本記事では、ヒトの生物学的側面について述べる。現生の人類(狭義のヒト)に重きを置いて説明するが、その説明にあたって広義のヒトにも言及する。 なお、化石人類を含めた広義のヒトについてはヒト亜族も参照のこと。ヒトの進化については「人類の進化」および「古人類学」の項目を参照のこと。 ヒトの分布図.

新しい!!: 四肢動物とヒト · 続きを見る »

イクチオステガ

イクチオステガ (Ichthyostega) は、約3億6700万-3億6250万年前(デボン紀最末期であるファメニアン期)に生息していた原始的四肢動物。 かつては最初の四肢動物といわれていたが、現在では、より古い時代のより始原的な形質を示すものとしてオブルチェヴィクティスやエルギネルペトンといった種の存在が明らかとなっている。イクチオステガの化石はグリーンランドで発見された。彼らが生息していた当時のグリーンランドは、赤道直下付近に位置していたと考えられている。 学名(ラテン語)は、頑丈な肋骨を覆い(おおい)にたとえ、ギリシア語の「ichthys (魚)」と「stegos (roof、cover、屋根、覆い)」を組み合わせて造られた名称。「覆いのような鎧ふうの肋骨を持つ、魚様の生き物」との命名意図がある。.

新しい!!: 四肢動物とイクチオステガ · 続きを見る »

クジラ

トウクジラ クジラ(鯨、Whale)は哺乳類のクジラ目、あるいは鯨偶蹄目の鯨凹歯類に属する水生動物の総称であり、その形態からハクジラとヒゲクジラに大別される。 ハクジラの中でも比較的小型(成体の体長が4m前後以下)の種類をイルカと呼ぶことが多いが、この区別は分類上においては明確なものではない。.

新しい!!: 四肢動物とクジラ · 続きを見る »

コモドオオトカゲ

モドオオトカゲ (Varanus komodoensis) は、有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲ。コモドドラゴンとも呼ばれる。.

新しい!!: 四肢動物とコモドオオトカゲ · 続きを見る »

シーラカンス

ーラカンス(学名:Coelacanthiformes)は、シーラカンス目()に属する魚類。化石種も現生種も含めた総称である。管椎目(かんついもく)とも呼ばれる。.

新しい!!: 四肢動物とシーラカンス · 続きを見る »

哺乳類

哺乳類(ほにゅうるい、英語:Mammals, /ˈmam(ə)l/、 学名:)は、脊椎動物に分類される生物群である。分類階級は哺乳綱(ほにゅうこう)とされる。 基本的に有性生殖を行い、現存する多くの種が胎生で、乳で子を育てるのが特徴である。ヒトは哺乳綱の中の霊長目ヒト科ヒト属に分類される。 哺乳類に属する動物の種の数は、研究者によって変動するが、おおむね4,300から4,600ほどであり、脊索動物門の約10%、広義の動物界の約0.4%にあたる。 日本およびその近海には、外来種も含め、約170種が生息する(日本の哺乳類一覧、Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, and T. Saitoh eds.

新しい!!: 四肢動物と哺乳類 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: 四肢動物と動物 · 続きを見る »

硬骨魚綱

魚類(こうこつぎょるい)は、現在大きく2種類の定義で用いられる、脊椎動物の中のグループである。.

新しい!!: 四肢動物と硬骨魚綱 · 続きを見る »

竜弓類

弓類(りゅうきゅうるい、Sauropsida )は四肢動物有羊膜類の分類群の一つ。蜥形類とも。有羊膜類の二大グループの一方で、哺乳類よりもワニやトカゲに近縁な生物の総称。他にカメ、恐竜、鳥類、ヘビなどを含む。中竜類(絶滅)と爬虫類に分岐。.

新しい!!: 四肢動物と竜弓類 · 続きを見る »

爬形類

形類(はけいるい)Reptiliomorpha は、爬虫類に類似した両生類、または有羊膜類とそれに関連する四肢動物を指す分類学上の名称。 この言葉は1934年にスウェーデンの古生物学者Gunnar Säve-Söderberghによって、ペルム紀の爬虫類に似た迷歯類の総称として造られたが、結局アメリカの古生物学者アルフレッド・ローマー (Alfred Sherwood Romer) が提唱した炭竜類 Anthracosauria という学名に取って代わられた。 リンネ式分類学を取り入れた考え方では上目のランクを与えられ、絶滅種である爬虫類的両生類のみを含む。爬形上目は石炭紀に現れ、石炭紀中期には真の爬虫類が生まれていたにもかかわらず、ペルム紀中期までは陸上でも繁栄し続けた。陸生種が絶滅した後も生存した水生種もほとんどがP-T境界を越えることができず、クロニオスクス科が三畳紀初期まで生き延びたのみである。 1990年代に分岐学が盛んになると、再びこの用語が使われるようになる。フィロコードでは、更にそれから進化した有羊膜類全てを含む、非常に大きな単系統群である。.

新しい!!: 四肢動物と爬形類 · 続きを見る »

爬虫類

虫類(爬蟲類、はちゅうるい)は、脊椎動物の分類群の一つで、分類上は爬虫綱(はちゅうこう、Reptilia)という単位を構成する。現生ではワニ、トカゲ(ヘビを含む)、カメ、ムカシトカゲが含まれる。爬虫類の「爬」の字は「地を這う」の意味を持つ。.

新しい!!: 四肢動物と爬虫類 · 続きを見る »

魚類

魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)。脳や網膜など神経系の発達にも関与するといわれている。流行歌のおさかな天国には「魚を食べると頭が良くなる」というフレーズがあるが、上記の健康影響を考えると無根拠とも言えない。 村落単位で見た生活習慣では、労働が激しく、魚又は大豆を十分にとり、野菜や海草を多食する地域は長寿村であり、米と塩の過剰摂取、魚の偏食の見られる地域は短命村が多いことが指摘されている。 魚介類の脂肪酸にて、魚介類100g中の主な脂肪酸について解説。.

新しい!!: 四肢動物と魚類 · 続きを見る »

鳥類

鳥類(ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱岩波生物学辞典 第4版、928頁。広辞苑 第五版、1751頁。に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表が羽毛で覆われた恒温動物で、歯はなく、前肢が翼になって、飛翔のための適応が顕著であり、二足歩行を行う『鳥類学辞典』 (2004)、552-553頁。.

新しい!!: 四肢動物と鳥類 · 続きを見る »

足(あし)は、一般的に身体の一部を指すが、言語用途によって意味が異なってくる言葉の一つである。 一般に生物学に限らず地に向かい体部を支えるものを指して足と呼び、それを機軸として慣用句として様々な意味合いを持つ言葉に発展してきた。.

新しい!!: 四肢動物と足 · 続きを見る »

軟骨魚綱

軟骨魚綱(なんこつぎょこう、Chondrichthyes)とは、サメ、エイ、ギンザメの仲間を含む、脊椎動物亜門の下位分類群。軟骨魚類とも呼ばれる。名称の由来は、全身の骨格が軟骨で構成されていることによる。.

新しい!!: 四肢動物と軟骨魚綱 · 続きを見る »

肉鰭綱

肉鰭綱(にくきこう、Sarcopterygii)は、シーラカンスやハイギョを含む、脊椎動物亜門の下位分類群。肉鰭類(にくきるい)ともいう。肉質の鰭を持つ。 四肢動物(陸上脊椎動物)はこのグループから進化したと考えられている。したがって、四肢動物を含めない限り、肉鰭綱は側系統群となる。四肢動物を肉鰭綱の1亜綱と扱うことで単系統群にする立場もあるが、この立場を採用すると、通常は独立の綱とされる四肢動物の各群(両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類)を下綱以下の分類階級にしなければならない。 四肢動物を別にすれば、現存する系統はハイギョ類とシーラカンス類のみである。このうちどちらが四肢動物に近縁なのか、あるいはこの2グループが同程度に近縁なのかについては諸説がある。.

新しい!!: 四肢動物と肉鰭綱 · 続きを見る »

左からウマ、オオカミ、ヒトの脚。ヒトにおける各部の名称は; *赤矢印:爪先、*黄色:足底、*緑:踵、*青:膝、*紫:尻 脚(あし)は、動物の体を支える部分である。脚という言葉は言語用途によって意味が異なり、一般に生物学に限らず体部下位に付属し支えるものを指して脚と呼び、それを機軸として慣用句として様々な意味合いを持つ言葉に発展してきた。.

新しい!!: 四肢動物と脚 · 続きを見る »

脊索動物

脊索動物(せきさくどうぶつ)とは動物の分類群のひとつで、トカゲ、ヒトなど脊椎(背骨)をもつ動物である脊椎動物と、それと近縁な動物群である原索動物(ナメクジウオなどの頭索動物と、ホヤ類などの尾索動物(被嚢動物)を指す)を合わせたものである。.

新しい!!: 四肢動物と脊索動物 · 続きを見る »

脊椎動物

脊椎動物(せきついどうぶつ、Vertebrata)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。.

新しい!!: 四肢動物と脊椎動物 · 続きを見る »

進化

生物は共通祖先から進化し、多様化してきた。 進化(しんか、evolutio、evolution)は、生物の形質が世代を経る中で変化していく現象のことであるRidley(2004) p.4Futuyma(2005) p.2。.

新しい!!: 四肢動物と進化 · 続きを見る »

進化分類学

進化分類学(しんかぶんるいがく)は分類学における1つの立場であり、生物を系統関係(進化の道筋)と表現型の類似性との両方に基づいて分類する考え方である。 伝統的な分類学では生物を表現型の類似に基づいて分類している。これは、原始的な進化段階にある生物に共通の形質=共有原始形質を持つ一群(系統樹で表現すれば、系統樹の枝の根元のあたりの塊)をまとめて1つのタクソン(側系統群 Paraphyletic group)とし、そこから出た共有派生形質を持つ(ひときわ抜きん出た)一群をまた別のタクソン(単系統群 Monophyletic group)とする。一方、分岐分類学は側系統群を認めず、表現型の類似性が完全に無視される。よく知られた例として、爬虫類と鳥類の分類がある。鳥類は爬虫類の中の1つの単系統群であり、分岐分類学では鳥類と爬虫類を排他的なタクソンとして扱うことができず、この分類は人間の直観と反する。 進化分類学は系統樹における枝分かれのパターンを考慮する(類縁関係が離れた枝を1つにまとめることはしない)一方で、伝統的な表現型の類似性による分け方も認めている。したがって側系統群をタクソンとして容認する。 しかし分岐分類学からの伝統的な分類学への批判、「派生形質を恣意的に選ぶことになる」および進化に関する「単純なものから複雑なものへ進歩する」という古典的誤解も助長しかねないという問題は残り続ける。 進化分類学の用語法で言えば、「側系統群はすべて、ある共通祖先の子孫だという意味で単系統群でもあるが、ただ完系統群(Holophyletic group:これは分岐分類学の用語法でいう単系統群)ではない」ということになる。 なお日本語では、進化分類学的な考え方を系統分類学と呼ぶことも多いが、分岐分類学のことを系統分類学(Phylogenetic taxonomy)ともいうので注意が必要である。.

新しい!!: 四肢動物と進化分類学 · 続きを見る »

条鰭綱

条鰭綱(じょうきこう、)は、脊椎動物亜門の下位分類群の一つ。現生の魚類の大部分にあたる2万6,891種が所属し、肉鰭綱と合わせ硬骨魚類と総称される。およそ4億年前のシルル紀後期に出現して以降、多様な進化および水中環境への適応を遂げた条鰭綱の魚類(条鰭類)は、現代のあらゆる海洋・陸水域で繁栄するグループとなっている。 このグループはかつて硬骨魚綱の下に条鰭亜綱として設置されていたが、現在では側系統群である硬骨魚綱を廃し、条鰭綱と肉鰭綱に分割する体系が一般的となっている。条鰭類は原則として、硬骨化の進んだ内部骨格と、鰭条および鰭膜によって支えられた鰭をもち、肺の代わりに鰾(ひょう/うきぶくろ)をもつなどの特徴を有している。.

新しい!!: 四肢動物と条鰭綱 · 続きを見る »

有羊膜類

有羊膜類(ゆうようまくるい Amniota)とは、四肢動物のうち、発生の初期段階に胚が羊膜を持つものの総称。単に羊膜類 (Amniota) ともいい、英語からそのままオムニオタと呼ぶこともある。また、鰓を持たないことから無鰓類とも呼ばれる。 有羊膜類が分岐して、爬虫類や哺乳類が生まれた。有羊膜類そのものは両生類には分類されない。.

新しい!!: 四肢動物と有羊膜類 · 続きを見る »

4

四」の筆順 4(四、よん、し、す、よつ、よ)は、自然数および整数で、3 の次で 5 の前の数である。漢字の「四」は音読みが「し」、訓読みが「よ(よつ)」であるが、四の字「七(しち)」との聞き違いを防ぐため、近年では「よん」という読みが用いられる。英語の序数詞では 4th/''fourth'' となる。ラテン語では quattuor (クアットゥオル)。.

新しい!!: 四肢動物と4 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

四足動物四足類四肢四肢動物上綱四肢動物亜綱

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »