ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

危険物(きけんぶつ)とは、対象に危険を及ぼす可能性を秘めた本質を持つ物である。.

179 関係: 労働安全衛生法危険危険物取扱者可燃物可燃性ガス塩素酸塩素酸ナトリウム塩素酸バリウム塩素酸アンモニウム塩素酸カリウム塩素酸カルシウム人間亜塩素酸亜塩素酸ナトリウム亜塩素酸カリウム二クロム酸アンモニウム二クロム酸カリウム亜硝酸塩二硫化炭素亜麻仁油引火点化学品の分類および表示に関する世界調和システム化学物質ペルオキシドペルオキソ二硫酸ペンタンナトリウムマークマグネシウムハロゲン間化合物メチルエチルケトンメタノールヤシ油ヨウ素ヨウ素酸リンリットルリスクトリエチルアミントリクロロイソシアヌル酸トルエントンネルブロモエタンプロパノールプロピオン酸ヒドラジンヒドロキシルアミンピリジンテレビン油フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)...ニトロ化合物ニトロメタンニトロベンゼンニトロソ化合物ベンゼンアルミニウムアルキルリチウムアルキルアルミニウムアルコールアニリンアクリル酸アクリロニトリルアクロレインアジ化物アセトンアセトニトリルアセトアルデヒドアゾ化合物イソペンタンエチレンイミンエチレングリコールエンジンオイルエタノールカリウムカルシウムガス燃料ガソリンキログラムキシレンギ酸メチルギ酸エチルクレオソート油クレゾールクロムクロロベンゼングリセリンゴッタルド道路トンネルジアゾ化合物ジエチルエーテルジクロロイソシアヌル酸スチレンスイス商品動物国土交通省国際連合国際連合危険物輸送勧告国際海事機関石油火災火薬火薬類取締法灯油硝酸硝酸ナトリウム硝酸バリウム硝酸アンモニウム硝酸エステル硝酸カリウム硝酸グアニジン硝酸銀(I)硫化リン硫黄第1族元素第2族元素爆発爆発物環境生態無機過酸化物無水酢酸物体物質発火点過塩素酸過塩素酸ナトリウム過塩素酸アンモニウム過塩素酸カリウム過マンガン酸過マンガン酸塩過マンガン酸ナトリウム過マンガン酸カリウム過ヨウ素酸過酸化ナトリウム過酸化マグネシウム過酸化バリウム過酸化リチウム過酸化カリウム過酸化カルシウム過酸化水素道路法製品誘導体高圧ガス保安法財産軽油航空法船舶安全法蒸発燃焼重油自然発火臭素酸臭素酸ナトリウム臭素酸カリウム金属粉腐食酢酸酢酸エチル酸化プロピレン酸化クロムN,N-ジメチルホルムアミド東海道新幹線火災事件植物次亜塩素酸塩毒物及び劇物取締法水底トンネル水素化合物消防法有機金属化学日本の消防日本貨物鉄道日本法放射能感染2ストローク機関 インデックスを展開 (129 もっと) »

労働安全衛生法

労働安全衛生法(ろうどうあんぜんえいせいほう、昭和47年法律第57号)は、労働者の安全と衛生についての基準を定めた日本の法律である。.

新しい!!: 危険物と労働安全衛生法 · 続きを見る »

危険

危険(きけん、Danger、Gefahr)とは、未来において、損害や損失が発生する可能性があることである。最悪の場合は、そのものの存続が困難になる。リスクも参照のこと。.

新しい!!: 危険物と危険 · 続きを見る »

危険物取扱者

危険物取扱者(きけんぶつとりあつかいしゃ、Hazardous Materials Engineer)は、消防法に基づく危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格である。また、一般にこの資格を持つ者のことも「危険物取扱者」と呼ぶ。 日本以外の多くの国にも、同様の制度・資格・規制が存在する。本項目では日本の制度について記述する。.

新しい!!: 危険物と危険物取扱者 · 続きを見る »

可燃物

可燃物(かねんぶつ、)とは、通常環境において着火した場合に燃焼が継続する物体の呼称である。純物質に対しては可燃性物質(かねんせいぶっしつ、)とも呼ぶ。また物体が継続的に燃焼する性質を可燃性(かねんせい、)と呼ぶ。 燃焼現象はある一定温度以上に保たれないと継続しないため、放射、対流、伝導により散逸する熱よりも発生する燃焼熱が上回る必要がある。また、通常は燃焼に必要な酸素は大気中から供給される為、可燃物の表面、形状、周囲の状況にも大きく左右される。すなわち、切り屑状の金属は表面が広い為容易に燃焼する。つまりスチール・ウールはライターなどで着火が可能であるが、鉄塊は火を近づけることで燃焼させることはできない。 また、燃焼を目的とする可燃物は燃料と呼ばれるが、燃料は可燃性だけでは位置付けられず、経済性や可搬性などがより大きな意味を持つ。.

新しい!!: 危険物と可燃物 · 続きを見る »

可燃性ガス

可燃性ガス(かねんせいガス、英:inflammable gas)とは、継続的に燃焼する性質のある気体のこと。可燃物の一種である。ほかの可燃物同様、通常環境において着火した場合に燃焼する。可燃性ガスの特徴として、広い空間に高い密度で存在する場合ガス爆発を伴う激しい燃焼を引き起こす原因となる。 空気中において以下の性質のうちいずれか、または複数の性質を持つ。.

新しい!!: 危険物と可燃性ガス · 続きを見る »

塩素酸

塩素酸(えんそさん、chloric acid)は塩素のオキソ酸の1つで、化学式 HClO3 の化合物。+5価の塩素を中心にヒドロキシ基1つと酸素原子が2つついた構造を持つ。塩酸(塩化水素酸)とは異なる物質である。.

新しい!!: 危険物と塩素酸 · 続きを見る »

塩素酸ナトリウム

塩素酸ナトリウム(えんそさんナトリウム、sodium chlorate)は、ナトリウムの塩素酸塩で、化学式 NaClO3の化合物。塩素酸ソーダとも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と塩素酸ナトリウム · 続きを見る »

塩素酸バリウム

塩素酸バリウム(えんそさんバリウム、Barium chlorate)は、組成式がBa(ClO3)2の白色の結晶性固体。刺激性があり、摂取すると吐き気や嘔吐、下痢を催す。パイロテクニクスにおいて緑色を作り出すのに使われている。.

新しい!!: 危険物と塩素酸バリウム · 続きを見る »

塩素酸アンモニウム

塩素酸アンモニウム(えんそさん—、ammonium chlorate)は、アンモニウムイオンの塩素酸塩にあたる無機化合物で、化学式 NH4ClO3 と表される。.

新しい!!: 危険物と塩素酸アンモニウム · 続きを見る »

塩素酸カリウム

塩素酸カリウム(えんそさんカリウム、potassium chlorate)は化学式 KClO3 と表される、カリウムの塩素酸塩。塩剥(えんぼつ、えんぽつ)ともいう。CAS登録番号は 。1786年に、パートレットにより合成された。.

新しい!!: 危険物と塩素酸カリウム · 続きを見る »

塩素酸カルシウム

塩素酸カルシウム(えんそさんカルシウム、Calcium chlorate)は、化学式 Ca(ClO3)2で表される無機化合物。カルシウムの塩素酸塩で、強い酸化性を有する。水には易溶。花火の材料などとして用いられる。.

新しい!!: 危険物と塩素酸カルシウム · 続きを見る »

人間

人間(にんげん、英: human beingジーニアス和英辞典「人間」)とは、以下の概念を指す。.

新しい!!: 危険物と人間 · 続きを見る »

亜塩素酸

亜塩素酸(あえんそさん、chlorous acid)は、塩素のオキソ酸の一種で、化学式 の化合物。O.

新しい!!: 危険物と亜塩素酸 · 続きを見る »

亜塩素酸ナトリウム

亜塩素酸ナトリウム(あえんそさん—)は、亜塩素酸のナトリウム塩で、化学式 NaClO2 と表される無機化合物である。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 危険物と亜塩素酸ナトリウム · 続きを見る »

亜塩素酸カリウム

亜塩素酸カリウム(あえんそさん—、potassium chlorite)は、無機化合物の一種で、亜塩素酸 (HClO2) のカリウム塩にあたる。化学式は KClO2 と表される。.

新しい!!: 危険物と亜塩素酸カリウム · 続きを見る »

二クロム酸アンモニウム

二クロム酸アンモニウム(にクロムさんアンモニウム、ammonium dichromate)は化学式 (NH4)2Cr2O7 で表される無機化合物。CAS登録番号は 。重クロム酸アンモニウムとも呼ばれる。6価クロム化合物のひとつである。擬似火山噴火の実験によく用いられるため、ヴェスヴィオ火山とも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と二クロム酸アンモニウム · 続きを見る »

二クロム酸カリウム

二クロム酸カリウム(にクロムさんカリウム、potassium dichromate)は化学式 K2Cr2O7 で表される橙赤色の無機化合物である。柱状の結晶。重クロム酸カリウムとも呼ばれる。融点は398℃、500℃で酸素を放出して分解する。水に可溶、エタノールに不溶。 クロムの酸化数が+6で、いわゆる六価クロムのひとつであり、環境への負荷が大きい物質である。また、発がん性があるなど人体にも非常に有害であるため、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されているほか、消防法により第一類危険物(酸化性固体)に指定されている。 漢字の「二」とカタカナの「ニ」が同じ形であることや、ニクロムという合金が存在することから「二」がカタカナの「ニ」と間違われることがあるが、正しくは漢字の「二」である。.

新しい!!: 危険物と二クロム酸カリウム · 続きを見る »

亜硝酸塩

亜硝酸塩(あしょうさんえん、Nitrite)は、亜硝酸イオン NO2- をもつ塩である。英語の nitrite は、亜硝酸塩、亜硝酸イオン、亜硝酸エステルのいずれか指す。 亜硝酸イオンは錯体を形成する場合にアンビデントな配位子して働き、窒素原子で配位する場合はニトロ、酸素原子で配位する場合はニトリトと呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と亜硝酸塩 · 続きを見る »

二硫化炭素

二硫化炭素(にりゅうかたんそ、carbon disulfide)は代表的な炭素の硫化物で、化学式は CS2。無色で揮発性の液体であり、主にセロハンやレーヨンの製造過程で溶剤として利用されているほか、ゴムの加硫促進剤、有機化学原料や浮遊選鉱剤などに用いられている。二硫炭、硫化炭素、硫炭などと略される。劇物。.

新しい!!: 危険物と二硫化炭素 · 続きを見る »

亜麻仁油

亜麻仁油(アマニゆ、アマニあぶら、linseed oil / flaxseed oil)は、成熟した亜麻の種子から得られる、黄色っぽい乾性油(空気に触れると固まる油)。食用のほか、油絵具のバインダーや木製品の仕上げ(木製ピッケルのシャフトなど)に用いられる。 亜麻の種子を圧搾、又はこれをつぶして溶媒で抽出することで得られる。代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売されている。 2004年には国民生活センターが、また2008年に日本即席食品工業協会がスチロール製容器を使用するカップ麺に入れた場合、容器が溶ける事があるとして注意を呼びかけている。 沸騰させた亜麻仁油は油絵具のバインダーや、「オイルフィニッシュワニス」として木製品や皮革の仕上げに使われる。加熱することで亜麻仁油は簡単に重合・酸化するようになる。 最近では、VOCを放出しない溶剤としてシックハウス症候群対策の塗料に使われている。 また、亜麻の種は水かその他の水分と乳化し、卵の代用品として使用出来る。水分3に対し、亜麻の種は1ほどの割合で。主に焼き菓子などの菓子作りに向いている。亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まる。栄養学的には 100 gの亜麻の種には 450 kcalの熱量があり、脂肪 41 g、食物繊維 28 g、タンパク質 20 gを含む。.

新しい!!: 危険物と亜麻仁油 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 危険物と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 危険物と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 危険物とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 危険物とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 危険物と元日 · 続きを見る »

引火点

引火点(いんかてん、flash point)とは、物質が揮発して空気と可燃性の混合物を作ることができる最低温度である。この温度で燃焼が始まるためには点火源(裸火、火花など)が必要である。また引火点ぎりぎりでは、いったん引火しても点火源がなくなれば火は消えてしまう。燃焼が継続するためにはさらに数度高い温度が必要で、これを燃焼点という。さらに高温になると点火源が無くとも自発的に燃焼が始まり、この温度を発火点という。 引火点は、火災予防の見地から、燃料やその他の液体の危険性を表現するために用いられる。例えばアメリカ合衆国では引火点が華氏100度(摂氏37.8度)以下の液体を引火性(flammable)、それ以上の液体を可燃性(combustible)と区分する。また日本の消防法では、第4類危険物(引火性液体)をその引火点に応じてさらに区分して数量規制を行っている。.

新しい!!: 危険物と引火点 · 続きを見る »

化学品の分類および表示に関する世界調和システム

化学品の分類および表示に関する世界調和システム(かがくひんのぶんるいおよびひょうじにかんするせかいちょうわシステム、; )とは、化学品(物質および混合物)の危険有害性(hazard)に関する国際的な危険有害性分類基準と表示方法(ラベルとSDS)に関するシステムである。ここで、「ラベル」とは、必ずしも、パッケージや容器に貼り付けるものを意味しているわけではなく、あらかじめパッケージや容器に印刷されているものも含まれている。英語のLabelの意味である。.

新しい!!: 危険物と化学品の分類および表示に関する世界調和システム · 続きを見る »

化学物質

化学物質(かがくぶっしつ、chemical substance)とは、分野や文脈に応じて以下のような様々な意味で用いられている言葉である。.

新しい!!: 危険物と化学物質 · 続きを見る »

ペルオキシド

ペルオキシドの一般構造式 ヒドロペルオキシドの一般構造式 ペルオキシド (peroxide) とは、広義では過酸化物の総称。狭義ではペルオキシ基 (peroxy group、-O-O-) を有し、一般構造式が R-O-O-R と表される有機過酸化物のこと。エーテルを母体とする過酸化物と考えることができる。また、対応するエーテルの自動酸化によってペルオキシドが生成する。英語の peroxide は過酸化物イオン(ペルオキシドイオン)O2− を持つ塩(無機過酸化物など)も含めるが、日本語では過酸化ナトリウムなどのように、「過酸化~」と呼ばれることが多い。酸素上に水素が置換した R-O-O-H の形の化合物はヒドロペルオキシド (hydroperoxide) と呼ばれる。.

新しい!!: 危険物とペルオキシド · 続きを見る »

ペルオキソ二硫酸

ペルオキソ二硫酸(ペルオキソにりゅうさん、peroxydisulfuric acid)は、硫黄のオキソ酸のひとつ。化学式は H2S2O8、構造式は HO3SOOSO3H と書かれる。ペルオキシド構造を持ち、酸化性を示す。.

新しい!!: 危険物とペルオキソ二硫酸 · 続きを見る »

ペンタン

ペンタン(pentane)は分子式 C5H12、示性式 CH3(CH2)3CH3と表される直鎖状のアルカンである。.

新しい!!: 危険物とペンタン · 続きを見る »

ナトリウム

ナトリウム(Natrium 、Natrium)は原子番号 11、原子量 22.99 の元素、またその単体金属である。元素記号は Na。アルカリ金属元素の一つで、典型元素である。医薬学や栄養学などの分野ではソジウム(ソディウム、sodium )とも言い、日本の工業分野では(特に化合物中において)曹達(ソーダ)と呼ばれる炭酸水素ナトリウムを重炭酸ソーダ(重曹)と呼んだり、水酸化ナトリウムを苛性ソーダと呼ぶ。また、ナトリウム化合物を作ることから日本曹達や東洋曹達(現東ソー)などの名前の由来となっている。。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 危険物とナトリウム · 続きを見る »

マーク

マーク(mark)とは、人間により作られた、記号・符号・しるし・標章・図案等のこと。文字そのものはマークとは言わないが、図案化・装飾化した場合にはマークと呼ばれることがある。通常は、小さなスペースに記載できるような、外見的な情報量の少ないものである。 マークは、ある意味や概念を示すために用いられる。逆に、意味や概念を示していない場合には、それは、模様でしかない。 同じマークが、使われる場面により異なる意味となることもあり、固定した意味を持たず、使われるそのときどきに、個別に意味が付与されるようなタイプのマークもある。 図案化が進むと、絵と区別がつかなくなるような場合もある。 マークは、商標登録が可能である。 なお、時として、ある「色」が、何らかの意味を示す場合があるが、独立した「色」だけを、マークと呼ぶことはない。 マークを作る職業は、通常グラフィックデザイナーである。.

新しい!!: 危険物とマーク · 続きを見る »

マグネシウム

マグネシウム(magnesium )は原子番号 12、原子量 24.305 の金属元素である。元素記号は Mg。マグネシュームと転訛することがある。中国語は金へんに美と記する。 周期表第2族元素の一種で、ヒトを含む動物や植物の代表的なミネラル(必須元素)であり、とりわけ植物の光合成に必要なクロロフィルで配位結合の中心として不可欠である。また、有機化学においてはグリニャール試薬の構成元素として重要である。 酸化マグネシウムおよびオキソ酸塩の成分としての酸化マグネシウムを、苦い味に由来して苦土(くど、bitter salts)とも呼称する。.

新しい!!: 危険物とマグネシウム · 続きを見る »

ハロゲン間化合物

ハロゲン間化合物(ハロゲンかんかごうぶつ、)は、複数の異なるハロゲン元素が結合した化合物。ほとんどのハロゲン間化合物の一般式はXY n、n.

新しい!!: 危険物とハロゲン間化合物 · 続きを見る »

メチルエチルケトン

メチルエチルケトン(ethyl methyl ketone、MEK)は、ケトンに分類される有機溶媒の一種。示性式は CH3COC2H5、IUPAC命名法では 2-ブタノン (2-butanone)、もしくはエチルメチルケトン (ethyl methyl ketone) と表される。消防法による危険物(第四類 引火性液体、第一石油類(非水溶性液体)(指定数量:200L) 丸善石油化学)に指定されている有機化学物質。引火点 −9 ℃、沸点 79.5 ℃、発火点 404 ℃。無色の液体で、特異な匂いがある。水にかなり溶けるが、水との混合物は均一な外観を維持しない。塗料溶剤や合成樹脂の原料となる。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 危険物とメチルエチルケトン · 続きを見る »

メタノール

メタノール (methanol) は有機溶媒などとして用いられるアルコールの一種である。別名として、メチルアルコール (methyl alcohol)、木精 (wood spirit)、カルビノール (carbinol)、メチールとも呼ばれる。示性式は CH3OH で、一連のアルコールの中で最も単純な分子構造を持つ。ホルマリンの原料、アルコールランプなどの燃料として広く使われる。燃料電池の水素の供給源としても注目されている。.

新しい!!: 危険物とメタノール · 続きを見る »

ヤシ油

ヤシ油(椰子油 ヤシゆ)とはココヤシから作られる油脂、すなわちココナッツオイル (coconut oil) のことを指す。ココヤシ果実(ココナッツ)の巨大な種子内部の胚乳から抽出精製されるものである。 ただしアブラヤシ(パームヤシ)の果肉から作られるパーム油も「ヤシ油」と呼ばれることがある。 本項ではココヤシ油脂のほか、アブラヤシの種子から採取され性質が類似するパーム核油(Palm kernel oil)についても記述する。.

新しい!!: 危険物とヤシ油 · 続きを見る »

ヨウ素

ヨウ素(ヨウそ、沃素、iodine)は、原子番号 53、原子量 126.9 の元素である。元素記号は I。あるいは分子式が I2 と表される二原子分子であるヨウ素の単体の呼称。 ハロゲン元素の一つ。ヨード(沃度)ともいう。分子量は253.8。融点は113.6 ℃で、常温、常圧では固体であるが、昇華性がある。固体の結晶系は紫黒色の斜方晶系で、反応性は塩素、臭素より小さい。水にはあまり溶けないが、ヨウ化カリウム水溶液にはよく溶ける。これは下式のように、ヨウ化物イオンとの反応が起こることによる。 単体のヨウ素は、毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている。.

新しい!!: 危険物とヨウ素 · 続きを見る »

ヨウ素酸

ヨウ素酸 (ヨウそさん、iodic acid) とは、ヨウ素のオキソ酸の一種で、化学式 HIO3 の化合物。比較的強い酸である (.

新しい!!: 危険物とヨウ素酸 · 続きを見る »

リン

リン(燐、、)は原子番号 15、原子量 30.97 の元素である。元素記号は P。窒素族元素の一つ。白リン(黄リン)・赤リン・紫リン・黒リンなどの同素体が存在する。+III(例:六酸化四リン PO)、+IV(例:八酸化四リン PO)、+V(例:五酸化二リン PO)などの酸化数をとる。.

新しい!!: 危険物とリン · 続きを見る »

リットル

リットル(litre, litre, liter, 記号: L, l)は体積の単位である。メートル法の古い単位であって今日のSI単位ではないが、「SI単位と併用される非SI単位」の一つである。 リットルの定義は1901年と1964年に2度変更された(後述)が、現在の定義は 立方メートル (m).

新しい!!: 危険物とリットル · 続きを見る »

リスク

リスク (英: risk)は、OXFORD現代英英辞典によると、"the probability of something bad happening at some time in the future(将来のいずれかの時において何か悪い事象が起こる可能性)" とされている。この概念をベースとして、金融学や工学、あるいはリスクマネジメントの理論の中で派生的にバリエーションのある定義づけがなされている場合がある。近年では「悪い事象が起こる可能性」だけではなく「良い事象が起こる可能性」もリスクに含むという「主張」もなされているが、「リスク」という言葉の一般的な意味が「主張」によって変えられることはありえないため、鵜呑みにすることなく、主張の意味や目的を十分に理解した上で、限られた範囲において使用するなど慎重に対応すべきである。 日本語では「危険」などと訳されることもあるが、「危険」では「可能性」という概念が十分に表されていない。上記OXFORD英英辞典の定義のとおり、リスクは「悪い事象」ではなく「悪い事象が起こる可能性」であるから、悪い事象の「重大性」と「可能性」のマトリックスによって「リスク」の大小が決定づけられることとなる。 語源であるラテン語の「risicare」は「(悪い事象が起こる可能性を覚悟の上で)勇気をもって試みる」ことを意味する。.

新しい!!: 危険物とリスク · 続きを見る »

トリエチルアミン

トリエチルアミン(Triethylamine)は、示性式が (CH3CH2)3N と表される第三級アミンに属する有機化合物の一種。頭文字をとってTEAとも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物とトリエチルアミン · 続きを見る »

トリクロロイソシアヌル酸

トリクロロイソシアヌル酸(trichloroisocyanuric acid)は、主に塩素化剤、殺菌剤、脱臭剤、殺菌剤、ウールの縮毛防止剤などの用途に使われる白色結晶性粉末で、強い塩素臭を持つ。ナトリウム塩として用いられることもある。なお、同様の用途にしばしば使われる塩化シアヌル(2,4,6-トリクロロ-1,3,5-トリアジン)とは別の化合物である。.

新しい!!: 危険物とトリクロロイソシアヌル酸 · 続きを見る »

トルエン

トルエン(toluene)は、分子式 C7H8(示性式:C6H5CH3)、分子量92.14の芳香族炭化水素に属する有機化合物で、ベンゼンの水素原子の1つをメチル基で置換した構造を持つ。無色透明の液体で、水には極めて難溶だが、アルコール類、油類などには極めて可溶なので、溶媒として広く用いられる。 常温で揮発性があり、引火性を有する。消防法による危険物(第4類第1石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。人体に対しては高濃度の存在下では麻酔作用がある他、毒性が強く、日本では毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。管理濃度は、20ppmである。.

新しい!!: 危険物とトルエン · 続きを見る »

トンネル

トンネル(、)とは、地上から目的地まで地下や海底、山岳などの土中を通る人工の、または自然に形成された土木構造物であり、断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間をいう。1970年のOECDトンネル会議で「計画された位置に所定の断面寸法をもって設けられた地下構造物で、その施工法は問わないが、仕上がり断面積が2平方メートル (m2) 以上のものとする」と定義された。 人工のものは道路、鉄道(線路)といった交通路(山岳トンネル、地下鉄など)や水道、電線等ライフラインの敷設(共同溝など)、鉱物の採掘、物資の貯留などを目的として建設される。 日本ではかつて中国語と同じく隧道(すいどう、ずいどう)と呼ばれていた。常用漢字以外の文字(隧)が使われているために、第二次世界大戦後の漢字制限や用語の簡略化、外来語の流入などの時代の流れにより、今日では一般的には「トンネル」と呼ばれるようになったが、トンネルの正式名称に「隧道」と記されることも多い(青函隧道など)。 鉄道や道路のトンネルには「入口」「出口」が決められており、起点に近い方が「入口」となっている。新幹線で例えると、東京寄りの坑口が「入口」であり、その反対側が「出口」である。.

新しい!!: 危険物とトンネル · 続きを見る »

ブロモエタン

ブロモエタンは分子式 C2H5Br、示性式 CH3CH2Br で表されるハロゲン化炭化水素系の有機化合物である。臭化エチルとも呼ばれ、EtBrと略されることがある。.

新しい!!: 危険物とブロモエタン · 続きを見る »

プロパノール

プロパノール (propanol) は、プロパンの水素が 1個、ヒドロキシ基 (-OH) に置き換わった構造を持つアルコールである。分子式 C3H8O。3個の炭素のうち、ヒドロキシ基が置換している場所によって 1-プロパノールと 2-プロパノールの 2種類の構造異性体が存在する。同じ分子式を持つ化合物としてエチルメチルエーテルがある。.

新しい!!: 危険物とプロパノール · 続きを見る »

プロピオン酸

プロピオン酸(プロピオンさん、propionic acid)は分子式 、示性式 、分子量 74.08のカルボン酸。IUPAC系統名ではプロパン酸 propanoic acid となる。CAS登録番号は79-09-4。消防法による第4類危険物 第2石油類に該当する。 単体は融点 -21 、沸点 141 の無色の液体で、不快な臭気を有する。水、エタノール、クロロホルム、エーテルなどに溶けやすい。1-プロパノール、プロピオンアルデヒドの酸化によって得られる。 語源は「最初の脂肪酸」という意味で、油脂の加水分解により得られる脂肪酸のうち、最も炭素数の少ないものであったことによる。.

新しい!!: 危険物とプロピオン酸 · 続きを見る »

ヒドラジン

ヒドラジン (hydrazine) は、無機化合物の一種で、分子式 N2H4と表される弱塩基。 アンモニアに似た刺激臭を持つ無色の液体で、空気に触れると白煙を生じる。水に易溶。強い還元性を持ち、分解しやすい。引火性があり、ロケットや航空機の燃料として用いられる。 常温での保存が可能であるため、F-16戦闘機の非常用電源装置(EPU)やロシアなどのミサイルの燃料としても広く用いられており、また人工衛星や宇宙探査機の姿勢制御用推進器の燃料としても使われている。プラスチック成形時の発泡剤、エアバッグ起爆剤、各種脱酸素剤として広く使用され、特に火力・原子力発電所用高圧ボイラーの防食剤として使用されている。水加ヒドラジンは水素に代わる燃料電池の燃料としても模索されている。 だが人体へは、気化吸引、皮膚への接触ともに腐食をもたらす。また中毒症状をおこす。「毒物及び劇物取締法」により毒物に指定されている。 水と共沸し、55 mol%のヒドラジンを含む混合物を与える。化学実験で用いる際は通常、抱水ヒドラジン(ヒドラジン一水和物、N2H4•H2O)が用いられる。.

新しい!!: 危険物とヒドラジン · 続きを見る »

ヒドロキシルアミン

ヒドロキシルアミン (hydroxylamine) は示性式が NH2OH と表される無機化合物である。水とアンモニアが互いに一部分を共有したような構造を持っているので、それらの混成体と見ることもできる。純粋なヒドロキシルアミンは室温で不安定な結晶性の固体であり、吸湿性を持つ。潮解性がある。一般的に水溶液、または塩酸塩などの塩として取り扱われる。 ヒドロキシルアミンは生合成的硝化の中間体である。アンモニアの酸化はヒドロキシルアミン酸化還元酵素によって媒介される。.

新しい!!: 危険物とヒドロキシルアミン · 続きを見る »

ピリジン

ピリジン は化学式 C5H5N、分子量 79.10 の複素環式芳香族化合物のアミンの一種である。ベンゼンに含まれる6つの C−H 構造のうち1つが窒素原子に置き換わった構造をもつ。融点 −41.6℃、沸点 115.2℃。腐り果てた魚のような臭いを発する液体である。 石油に含まれるほか、誘導体(ピリジンアルカロイド)が植物に広範に含まれる。ニコチンやピリドキシンなどもピリジン環を持つ。酸化剤として知られるクロロクロム酸ピリジニウム (PCC) の原料として重要。また有機合成において溶媒として用いられる。 消防法による危険物(第四類 引火性液体、第一石油類(水溶性液体)(指定数量:400L))に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。.

新しい!!: 危険物とピリジン · 続きを見る »

テレビン油

テレビン油(テレビンゆ、)は、マツ科の樹木のチップ、あるいはそれらの樹木から得られた松脂を水蒸気蒸留することによって得られる精油のこと。松精油、テレピン油、ターペンタインともいう。.

新しい!!: 危険物とテレビン油 · 続きを見る »

フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)

フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(フタルさんビスにエチルヘキシル、Bis(2-ethylhexyl)phthalate)は一般には略号DEHP(Di(2-ethylhexyl)phthalate)が使用される示性式 C6H4(COOC8H17)2 の有機化合物である。DEHPはフタル酸誘導体のなかでも最も主要な物質であり、フタル酸に分枝アルキルの2-エチルヘキサノールがエステル化した構造を持つ。DEHPは無色の粘調液体で油に溶解するが、水には溶けず、可塑剤として良い特性を有している。DEHPは多くの企業により大量に生産されており、様々な別名を持ち、DEHP以外には、フタル酸ジ2-エチルヘキシル等であり、フタル酸ジオクチル(DOP)とされることもある。消防法に定める第4類危険物 第4石油類に該当する。.

新しい!!: 危険物とフタル酸ビス(2-エチルヘキシル) · 続きを見る »

ニトロ化合物

ニトロ化合物(ニトロかごうぶつ)とは R−NO2 構造を有する有機化合物である。特性基となっている1価の置換基 −NO2 は ニトロ基 と呼ばれる。単にニトロ化合物という場合は、Rが炭素置換基であるものをさす。広義には硝酸エステル (R'−ONO2) も含める場合がある(この場合の −ONO2 はニトロ基とは呼ばれない)。Rが窒素置換基の場合はニトラミンと呼ばれる (R'RN−NO2)。 また、ニトロ基 −NO2 を化合物に導入することをニトロ化と呼ぶ。生体内においても、一酸化窒素から生じる活性窒素種がタンパク質、脂質、核酸をニトロ化する事が知られている。その結果、ニトロ化された生体物質の機能が傷害されたり変化したりする。.

新しい!!: 危険物とニトロ化合物 · 続きを見る »

ニトロメタン

ニトロメタン (nitromethane) は化学式 CH3NO2 で表される有機化合物で、最も単純なニトロ化合物である。やや粘稠な極性の高い液体で、抽出、反応溶媒、洗浄溶媒など、様々な工業的用途を持つ。有機合成における中間体として医薬品、農薬、爆弾、繊維、被覆剤などの製造に用いられる。モータースポーツで燃料として使われる。.

新しい!!: 危険物とニトロメタン · 続きを見る »

ニトロベンゼン

ニトロベンゼン (nitrobenzene) は示性式 C6H5NO2 で表される有機化合物で、ベンゼン環にニトロ基が置換した構造を持つ。ニトロベンゾール (nitrobenzol)、ミルバン油 (oil of mirbane) とも呼ばれる甘い味覚を有する黄色油状の物質である。有毒で水に溶けにくい。杏仁豆腐のような、あるいは桃を腐らせたような芳香を持つ。.

新しい!!: 危険物とニトロベンゼン · 続きを見る »

ニトロソ化合物

ニトロソ化合物(ニトロソかごうぶつ、nitroso compound)とは R−N.

新しい!!: 危険物とニトロソ化合物 · 続きを見る »

ベンゼン

ベンゼン (benzene) は分子式 C6H6、分子量 78.11 の最も単純な芳香族炭化水素である。原油に含まれており、石油化学における基礎的化合物の一つである。分野によっては慣用としてドイツ語 (Benzol:ベンツォール) 風にベンゾールと呼ぶことがある。ベンジン(benzine)とはまったく別の物質であるが、英語では同音異綴語である。.

新しい!!: 危険物とベンゼン · 続きを見る »

アルミニウム

アルミニウム(aluminium、aluminium, aluminum )は、原子番号 13、原子量 26.98 の元素である。元素記号は Al。日本語では、かつては軽銀(けいぎん、銀に似た外見をもち軽いことから)や礬素(ばんそ、ミョウバン(明礬)から)とも呼ばれた。アルミニウムをアルミと略すことも多い。 「アルミ箔」、「アルミサッシ」、一円硬貨などアルミニウムを使用した日用品は数多く、非常に生活に身近な金属である。天然には化合物のかたちで広く分布し、ケイ素や酸素とともに地殻を形成する主な元素の一つである。自然アルミニウム (Aluminium, Native Aluminium) というかたちで単体での産出も知られているが、稀である。単体での産出が稀少であったため、自然界に広く分布する元素であるにもかかわらず発見が19世紀初頭と非常に遅く、精錬に大量の電力を必要とするため工業原料として広く使用されるようになるのは20世紀に入ってからと、金属としての使用の歴史はほかの重要金属に比べて非常に浅い。 単体は銀白色の金属で、常温常圧で良い熱伝導性・電気伝導性を持ち、加工性が良く、実用金属としては軽量であるため、広く用いられている。熱力学的に酸化されやすい金属ではあるが、空気中では表面にできた酸化皮膜により内部が保護されるため高い耐食性を持つ。.

新しい!!: 危険物とアルミニウム · 続きを見る »

アルキルリチウム

アルキルリチウム化合物は、一般式 RLi(R はアルキル基)で表される炭素−リチウム結合を持った有機金属化合物のこと。有機合成において、塩基、求核剤、リチオ化剤として用いられる。.

新しい!!: 危険物とアルキルリチウム · 続きを見る »

アルキルアルミニウム

アルキルアルミニウム (alkylaluminium) とはアルミニウムにアルキル基が結合した有機アルミニウム化合物の総称である。チーグラー・ナッタ触媒など、高分子合成の助触媒として重要な化合物群である。.

新しい!!: 危険物とアルキルアルミニウム · 続きを見る »

アルコール

アルコールの構造。炭素原子は他の炭素原子、または水素原子に結合する。 化学においてのアルコール(alcohol)とは、炭化水素の水素原子をヒドロキシ基 (-OH) で置き換えた物質の総称である。芳香環の水素原子を置換したものはフェノール類と呼ばれ、アルコールと区別される。 最初に「アルコール」として認識された物質はエタノール(酒精)である。この歴史的経緯により、一般的には単に「アルコール」と言えば、エタノールを指す。.

新しい!!: 危険物とアルコール · 続きを見る »

アニリン

アニリン (aniline) はベンゼンの水素原子の一つをアミノ基で置換した構造を持つ、芳香族化合物のひとつ。示性式 C6H5NH2 で表される。分子量は 93.13、融点は −6 ℃、沸点は 184 ℃。アニリンはIUPAC命名法の許容慣用名であるが、系統名ではフェニルアミン (phenylamine) またはベンゼンアミン (benzenamine) となる。ほかに慣用名としてアミノベンゼン (aminobenzene) がある。.

新しい!!: 危険物とアニリン · 続きを見る »

アクリル酸

アクリル酸(—さん、acrylic acid)は、化学式が CH2.

新しい!!: 危険物とアクリル酸 · 続きを見る »

アクリロニトリル

アクリロニトリル とは、ニトリルの1種で、化学工業における中間体として重要な有機化合物である。アクリルニトリル、アクリル酸ニトリル、シアン化ビニール (vinyl cyanide) などの別称がある。分子式は C3H3N、示性式は CH2.

新しい!!: 危険物とアクリロニトリル · 続きを見る »

アクロレイン

アクロレイン (acrolein) はアルデヒドの一種で、不飽和アルデヒドの中で最も単純なもの。IUPAC命名法では 2-プロペナール (2-propenal) と表されるほか、アクリルアルデヒド (acrylic aldehyde) 、プロペンアルデヒド (propenaldehyde) とも呼ばれる。CAS登録番号は 。分子式は C3H4O、示性式は CH2.

新しい!!: 危険物とアクロレイン · 続きを見る »

アジ化物

アジ化物(アジかぶつ、azide)とは −N3 原子団を持つ化合物の総称である。アジ化物イオン (N3&minus) の塩も、置換基であるアジ基 (−N3) が共有結合した化合物もアジド (azide) と呼ばれる。特にアシル基にアジ基が置換した化合物を酸アジドと呼ぶ。 アジ化物塩は爆発性を示すものが多く、重金属塩は爆発物の信管に利用される(記事 アジ化鉛に詳しい)。金属のアジ化物は消防法第2条第7項及び別表第一第5類10号、危険物の規制に関する政令第1条により危険物第5類に指定されている。アジ基を持つ有機化合物の大半は爆発性を示さないが、常圧蒸留等で過熱した際に爆発するものも一部存在する。 アジ化物イオンもアジ基も直線構造ではなく、僅かに曲がっている(約172度)。.

新しい!!: 危険物とアジ化物 · 続きを見る »

アセトン

142px アセトン (acetone) は有機溶媒として広く用いられる有機化合物で、もっとも単純な構造のケトンである。分子式 C3H6O、示性式 CH3COCH3、または、(CH3)2CO、IUPAC命名法では プロパン-2-オン (propan-2-one) と表される。両親媒性の無色の液体で、水、アルコール類、クロロホルム、エーテル類、ほとんどの油脂をよく溶かす。蒸気圧が20 ℃において24.7 kPaと高いことから、常温で高い揮発性を有し、強い引火性がある。ジメチルケトンとも表記される。.

新しい!!: 危険物とアセトン · 続きを見る »

アセトニトリル

アセトニトリル (acetonitrile) は有機溶媒の一種で、分子式 C2H3N、示性式 CH3CN と表される最も単純なニトリルである。IUPAC系統名としてエタンニトリル (ethanenitrile)、シアン化メチル (methyl cyanide) シアノメタン (cyanomethane) と表記できる。消防法に定める第4類危険物 第1石油類に該当する。.

新しい!!: 危険物とアセトニトリル · 続きを見る »

アセトアルデヒド

アセトアルデヒド (acetaldehyde) は、アルデヒドの一種。IUPAC命名法では エタナール (ethanal) ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、特に果実などに多く含まれている。また人体ではエタノールの酸化によって生成されて発がん性を持ち、一般に二日酔いの原因と見なされている。またたばこの依存性を高めている。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。示性式は CH3CHO。独特の臭気と刺激性を持ち、自動車の排気やたばこの煙、合板の接着剤などに由来する大気汚染物質でもある。.

新しい!!: 危険物とアセトアルデヒド · 続きを見る »

アゾ化合物

アゾ化合物(アゾかごうぶつ、azo compound)とは、アゾ基 R−N.

新しい!!: 危険物とアゾ化合物 · 続きを見る »

イソペンタン

イソペンタン (Isopentane) は、分子式 C5H12、示性式 CH3CH2CH(CH3)2 で表せる、炭素数5の分岐鎖アルカンで、ペンタンの構造異性体にあたる。これはIUPAC許容慣用名であり、系統名では2-メチルブタン (2-methylbutane)となる。ペンタンの構造異性体は他にネオペンタンがある。.

新しい!!: 危険物とイソペンタン · 続きを見る »

エチレンイミン

チレンイミン (ethyleneimine) とは含窒素有機化合物の一種で、炭素2個と窒素1個からなる三員環構造を持つ脂肪族アミン。エチレンイミンの構造を持つ一連の化合物群をアジリジン、アジリジン類と呼ぶが、その母化合物にあたる。アジリジンはエチレンイミンのIUPAC系統名でもある。アンモニア臭を示す無色の液体。第2類特定化学物質として指定を受けている。.

新しい!!: 危険物とエチレンイミン · 続きを見る »

エチレングリコール

チレングリコール (ethylene glycol) は、溶媒、不凍液、合成原料などとして広く用いられる 2価アルコールの一種である。分子式 C2H6O2、構造式 HO-CH2-CH2-OH、分子量 62.07。IUPAC命名法では エタン-1,2-ジオール、あるいは 1,2-エタンジオール と表される。粘稠な無色液体で、水などの極性溶媒に溶けやすい。その性質に加えて融点が −12.6 ℃ と比較的低いので水冷エンジンなどの不凍液として用いられている。引火点 111℃、発火点 398℃で、消防法上の第4類危険物(第3石油類)に指定されている。.

新しい!!: 危険物とエチレングリコール · 続きを見る »

エンジンオイル

ンジンオイル (engine oil) とは、エンジンに使用するための油であり、様々な機能の為に使用されるが、主となる潤滑作用を元に潤滑油とも呼び、モーターオイル (motor oil) と呼ぶこともある。 ここでは、主に自動車やオートバイ(二輪車)などに使われるエンジン用のエンジンオイルについて述べる。.

新しい!!: 危険物とエンジンオイル · 続きを見る »

エタノール

タノール(ethanol)は、示性式 CHOH、又は、CHCHOH で表される、第一級アルコールに分類されるアルコール類の1種である。別名としてエチルアルコール(ethyl alcohol)やエチルハイドレート、また酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。殺菌・消毒のほか、食品添加物、また揮発性が強く燃料としても用いられる。.

新しい!!: 危険物とエタノール · 続きを見る »

カリウム

リウム(Kalium 、)は原子番号 19 の元素で、元素記号は K である。原子量は 39.10。アルカリ金属に属す典型元素である。医学・薬学や栄養学などの分野では英語のポタシウム (Potassium) が使われることもある。和名では、かつて加里(カリ)または剥荅叟母(ぽたしうむ)という当て字が用いられた。 カリウムの単体金属は激しい反応性を持つ。電子を1個失って陽イオン K になりやすく、自然界ではその形でのみ存在する。地殻中では2.6%を占める7番目に存在量の多い元素であり、花崗岩やカーナライトなどの鉱石に含まれる。塩化カリウムの形で採取され、そのままあるいは各種の加工を経て別の化合物として、肥料、食品添加物、火薬などさまざまな用途に使われる。 生物にとっての必須元素であり、神経伝達で重要な役割を果たす。人体では8番目もしくは9番目に多く含まれる。植物の生育にも欠かせないため、肥料3要素の一つに数えられる。.

新しい!!: 危険物とカリウム · 続きを見る »

カルシウム

ルシウム(calcium、calcium )は原子番号 20、原子量 40.08 の金属元素である。元素記号は Ca。第2族元素に属し、アルカリ土類金属の一種で、ヒトを含む動物や植物の代表的なミネラル(必須元素)である。.

新しい!!: 危険物とカルシウム · 続きを見る »

ガス燃料

LPGのボンベ ガス燃料(ガスねんりょう)は、気体(ガス)状の燃料。燃料ガス、気体燃料。 本来、燃料としては使用されないが、可燃性をもつ気体については可燃性ガスを参照。.

新しい!!: 危険物とガス燃料 · 続きを見る »

ガソリン

リン 金属製ガソリン携行缶20 L 自動車用レギュラーガソリン ガソリン(瓦斯倫、ペトロ petrol、米:gasoline)とは、石油製品の一種で、沸点が摂氏30度から220度の範囲にある石油製品(および中間製品)の総称。この名称は、「gas(ガス)」とアルコールやフェノール類の接尾辞であるolと不飽和炭化水素の接尾辞であるineに由来する。 ガソリンは代表的な液体燃料である。米国ではガスと呼ばれることが多く、燃料切れを意味するガス欠はこれに由来する。日本の法令などでは揮発油(きはつゆ)と呼ばれる場合がある。.

新しい!!: 危険物とガソリン · 続きを見る »

キログラム

ラム(kilogram, kilogramme, 記号: kg)は、国際単位系 (SI) における質量の基本単位である。国際キログラムともいう。 グラム (gram / gramme) はキログラムの1000分の1と定義される。またメートル系トン (tonne) はキログラムの1000倍(1メガグラム)に等しいと定義される。 単位の「k」は小文字で書く。大文字で「Kg」と表記してはならない。.

新しい!!: 危険物とキログラム · 続きを見る »

キシレン

レン (xylene) は分子式 C8H10、示性式 C6H4(CH3)2、 分子量 106.17 の芳香族化合物で、ベンゼンの水素のうち2つをメチル基で置換したものである。キシロールとも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物とキシレン · 続きを見る »

ギ酸メチル

酸メチル(ギさんメチル、Methyl formate)とは、蟻酸とメタノールとが脱水縮合してエステルを形成した化合物である。エーテル様の香りを持つ透明の液体で、蒸気圧は高く、表面張力は小さい。引火点が-19 ℃と極めて引火しやすく、日本の消防法では第4類危険物の特殊引火物に該当するまたヒトに対して有毒である。.

新しい!!: 危険物とギ酸メチル · 続きを見る »

ギ酸エチル

酸エチル()は、示性式HCOOC2H5で表される有機化合物。天然にはパイナップルやラズベリー、キャベツ、酢、バター、ブランデーに存在する『合成香料 化学と商品知識』印藤元一著 2005年増補改訂 化学工業日報社 ISBN 4-87326-460-X。甘い果実臭を持ち、主に香料として利用される。.

新しい!!: 危険物とギ酸エチル · 続きを見る »

クレオソート油

レオソート油(クレオソートゆ、Creosote oil)は、コールタールを蒸留して得られる液体。石炭クレオソートあるいは工業用クレオソートともいう。芳香族化合物をはじめ200近い成分を含む混合物で、カーボンブラックの原料や木材の防腐剤として利用される。 黄色から暗褐色をした刺激臭のある油状の液体で、コールタールを 200-400℃ で蒸留したものから、ナフタレンやアントラセンのような結晶性物質、ならびにフェノールやピリジンなどの水溶性成分を除去して得られる。製品によって成分比は異なるが、上記化合物のほかフェナントレン・フルオランテン・ピレン・フルオレン・アセナフテンなど、2-4個の芳香環からなる化合物を主成分とする。 90%以上がタイヤ用ゴムやインク、トナーに用いられるカーボンブラックの原料とされ、一部が枕木や電柱といった屋外で使用される木材の防腐剤として用いられている。 原料の石炭に由来する多環芳香族炭化水素 (PAHs) を多く含有することから、クレオソート油はIARCのグループ2A(おそらく発がん性がある)に分類されている。日本では2004年に一部の製品に含まれるジベンゾアントラセン・ベンゾアントラセン・ベンゾピレンの3種が「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」によって有害物質に指定されたため、家庭用防腐剤は指定物質の含有濃度を 10ppm 以下にすること、および家庭用の防腐木材及び防虫木材は 3ppm 以下にすることが定められている。 引火点73.9℃・発火点336.1℃で、消防法で第4類危険物(第3石油類)に指定されている。.

新しい!!: 危険物とクレオソート油 · 続きを見る »

クレゾール

レゾール (cresol) とは、フェノール類に分類される有機化合物で、トルエンの環上の水素のいずれかがヒドロキシ基に置換されたものを指す。メチルフェノールのこと。分子式 C7H8O、示性式 C6H4(OH)CH3、分子量 108.14、総称としてのクレゾールのCAS登録番号は 。特徴的な薬品臭を持つ。 メチル基とヒドロキシ基との位置関係の違いにより、以下の 3種類の構造異性体が存在する。;o-クレゾール(オルトクレゾール、2-メチルフェノール);m-クレゾール(メタクレゾール、3-メチルフェノール);p-クレゾール(パラクレゾール、4-メチルフェノール) いずれも腐食性があり、皮膚に触れた場合は、ただちに水で洗い流さなければならない。また、いずれも純粋なものは無色だが、空気中に放置すると酸化を受け、淡黄色やピンク色を帯びる。.

新しい!!: 危険物とクレゾール · 続きを見る »

クロム

ム(chromium 、Chrom 、chromium、鉻)は原子番号24の元素。元素記号は Cr。クロム族元素の1つ。.

新しい!!: 危険物とクロム · 続きを見る »

クロロベンゼン

ベンゼン (chlorobenzene) は、有機化合物の一種で、分子式 C6H5Cl と表されるハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)。無色で、可燃性の液体。ふつうは一置換体であるモノクロロベンゼンのことを指す。消防法に定める第4類危険物 第2石油類に該当する。.

新しい!!: 危険物とクロロベンゼン · 続きを見る »

グリセリン

リセリン (glycerine, glycerin) は、3価のアルコールである。学術分野では20世紀以降グリセロール (glycerol) と呼ぶようになったが、医薬品としての名称を含め日常的にはいまだにグリセリンと呼ぶことが多い。食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途がある。虫歯の原因となりにくい。医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。.

新しい!!: 危険物とグリセリン · 続きを見る »

ゴッタルド道路トンネル

南側出入口 ゴッタルド道路トンネル(-どうろ-)は、スイスに存在する世界で4番目の長さの道路トンネルである(世界1位はノルウェーのラルダールトンネル、2位は日本の山手トンネル(18.2km)、3位は中国の(18.0km))。全長16.9kmで、ゴッタルド峠の下を貫き北側のウーリ州ゲシェネンと南側のティチーノ州アイロロを結んでいる。ドイツのハンブルクとイタリアのシチリアを結ぶ最短の道路の一部となっている。.

新しい!!: 危険物とゴッタルド道路トンネル · 続きを見る »

ジアゾ化合物

アゾ化合物(—かごうぶつ)は有機化合物の分類の一つで、分子中にジアゾ基 N2.

新しい!!: 危険物とジアゾ化合物 · 続きを見る »

ジエチルエーテル

チルエーテル(diethyl ether)とは、エチル基とエチル基がエーテル結合した分子構造をしている有機化合物である。したがって、分子式は で、示性式は 、又は、で表される。分子量 74.12 。密度は0.708 g/cm。特徴的な甘い臭気を持つ、無色透明の液体である。エチルエーテル、硫酸エーテルとも呼び、また単にエーテルというときはこのジエチルエーテルのことを指す場合が多い。IUPAC名ではエトキシエタンとも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物とジエチルエーテル · 続きを見る »

ジクロロイソシアヌル酸

イソシアヌル酸(Dichloroisocyanuric acid)とは、1,3-ジクロロ-1,3,5-トリアジン-2,4,6-トリオンのことである。.

新しい!!: 危険物とジクロロイソシアヌル酸 · 続きを見る »

スチレン

チレン (styrene) は示性式 C6H5CH.

新しい!!: 危険物とスチレン · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: 危険物とスイス · 続きを見る »

商品

商品(しょうひん、product, commodity)とは、経済活動において生産・流通・交換される物財のことである。商品には具体例として食品や衣類などの物のほかに、法律相談や郵便配達などのサービスや、証券などの権利、情報などが含まれる。 販売する物財に主眼を置く場合には、商材(しょうざい)とも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と商品 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: 危険物と動物 · 続きを見る »

国土交通省

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism、略称:MLIT)は、日本の行政機関の一つである。 「国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること」を任務とする(国土交通省設置法第3条)。.

新しい!!: 危険物と国土交通省 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 危険物と国際連合 · 続きを見る »

国際連合危険物輸送勧告

国際連合危険物輸送勧告(こくさいれんごうきけんぶつゆそうかんこく、United Nations Recommendations on the Transport of Dangerous Goods)は、国際的な危険物の輸送における安全性を確保するために国際連合に設置されている国際連合危険物輸送及び分類調和専門家委員会(旧国際連合危険物輸送専門家委員会, TDG及びGHS専門家委員会)により2年毎にだされている勧告。危険物輸送に関する勧告などともいわれる。.

新しい!!: 危険物と国際連合危険物輸送勧告 · 続きを見る »

国際海事機関

国際海事機関(こくさいかいじきかん、International Maritime Organization、IMO)は、国際連合の専門機関のひとつ。.

新しい!!: 危険物と国際海事機関 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 危険物と新年 · 続きを見る »

石油

石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。 原油の瓶詰め 石油タン.

新しい!!: 危険物と石油 · 続きを見る »

火災

火災(かさい)とは、火による災害である。一般的には火事(かじ)ともいう。また、小規模な火災のうちに消し止められたものは小火(ぼや)、焼失面積が大きく被害が甚大なものは大火(たいか)ともいう。被害は有形財産の焼失はもとより、怪我人や死者がでることも頻繁にある。.

新しい!!: 危険物と火災 · 続きを見る »

火薬

無煙火薬 火薬(かやく)は、熱や衝撃などにより急激な燃焼反応をおこす物質(爆発物)のことを指す。狭義には最初に実用化された黒色火薬のことであり、ガン・パウダーの英名通り、銃砲に利用され戦争の歴史に革命をもたらした。また江戸時代には焔硝(えんしょう)の語がよくつかわれ、昭和30年代頃までは、玩具に使われる火薬を焔硝と言う地方も多かった。 GHSにおける火薬類とは、Explosives(爆発物)のことである。.

新しい!!: 危険物と火薬 · 続きを見る »

火薬類取締法

火薬類取締法(かやくるいとりしまりほう、昭和25年法律第149号)は、火薬類の製造、販売、貯蔵、運搬、消費その他の取扱を規制することにより、火薬類による災害や事故、犯罪を防止し、公共の安全を確保することを目的とする法律。昭和25年11月3日に施行。 なお、「火薬類」とは法律上定められた火薬、爆薬及び火工品の総称である。.

新しい!!: 危険物と火薬類取締法 · 続きを見る »

灯油

灯油(燈油、とうゆ)は、灯火用の液体燃料の総称。また、石油製品の一種。 灯油とは、元来はランプなど照明器具のための油の総称をいう。灯火用の液体燃料としては古来より胡麻油や鯨油などが用いられ、この意味では「灯油(ともしびあぶら)」とも読む『Fielder vol.26 野火のすべて』笠倉出版社、2016年、57頁。 やがて、従来の灯火用燃料の代替品として石油を精製した燃料が用いられるようになった。灯油は石油の分留成分の一つであるケロシンを暖房やランプなどの日用品における燃料として利用するために調整した製品であるケロシンからはさらに高品質化することでジェット燃料やロケット燃料が作られる。灯油に利用されないケロシンは製油所で軽油の成分としても転用される。。「ケロシン」そのものを「灯油」と呼ぶことがあるが、ここでは主に石油製品としての灯油について述べる。.

新しい!!: 危険物と灯油 · 続きを見る »

硝酸

硝酸(しょうさん、nitric acid)は窒素のオキソ酸で、化学式 HNO3 で表される。代表的な強酸の1つで、様々な金属と反応して塩を形成する。有機化合物のニトロ化に用いられる。硝酸は消防法第2条第7項及び別表第一第6類3号により危険物第6類に指定され、硝酸を 10 % 以上含有する溶液は医薬用外劇物にも指定されている。 濃硝酸に二酸化窒素、四酸化二窒素を溶かしたものは発煙硝酸、赤煙硝酸と呼ばれ、さらに強力な酸化力を持つ。その強力な酸化力を利用してロケットの酸化剤や推進剤として用いられる。.

新しい!!: 危険物と硝酸 · 続きを見る »

硝酸ナトリウム

硝酸ナトリウム(しょうさんナトリウム、英語:sodium nitrate)は硝酸のナトリウム塩で、化学式NaNO3で表される化合物である。天然にはチリ硝石という鉱物として鉱山から採掘される。工業的には硝酸をソーダ灰(炭酸ナトリウム)または水酸化ナトリウムと反応させることによって製造されている。 熱水にはよく溶けるが、温度が下がるにつれて水への溶解度は減じる。水溶液は中性を示す。無水メタノールには僅かに溶けるが、無水エタノールにはほとんど溶けない。用途としては、マッチやタバコの燃焼補助剤、爆薬の成分、ロケットの固体推進剤、ガラスや陶器の光沢剤・釉、太陽熱発電等の蓄熱媒体などがある。また、食品の防腐剤として食品添加物に用いられるほか、葉菜類に多く含まれている。 硫酸と反応させて硝酸を製造するのに用いられる。生成物は分留によって精製され、残渣として硫酸水素ナトリウムが得られる。その他にも塩化ナトリウムと硝酸銀を混合すると の反応によって塩化銀が沈澱するので硝酸ナトリウムを得ることができる。.

新しい!!: 危険物と硝酸ナトリウム · 続きを見る »

硝酸バリウム

硝酸バリウム(しょうさんバリウム、Barium nitrate)は化学式Ba(NO3)2で表されるバリウムの硝酸塩である。加熱すると融点付近で亜硝酸バリウムを経て酸化バリウムに分解する。.

新しい!!: 危険物と硝酸バリウム · 続きを見る »

硝酸アンモニウム

硝酸アンモニウム(しょうさんアンモニウム、)は、化学式 NH4NO3で表される物質。硝酸とアンモニアの塩であり、工業的にも硝酸とアンモニアを直接、反応させて製造する。 化成肥料の窒素源として主要な物質であると同時に、火薬・爆薬の原料としても重要な物質である。ただし、爆薬の原料として使用する場合は、多孔質で顆粒状のプリル硝安を使用することが多い。 高酸化性物質であり、衝撃により爆発することもあるため、輸送や保存に関しては、船舶安全法や消防法による規制がある。.

新しい!!: 危険物と硝酸アンモニウム · 続きを見る »

硝酸エステル

硝酸エステル(しょうさんエステル、Organonitrate)は硝酸のエステルであり、部分構造 R-ONO2 を有する化合物を指す。自然分解により酸化窒素を発生しこれが触媒となって自然発火を起こすことが特徴として挙げられるが、硝酸エステル類の自然発火に起因した事故は近年でも起こっており、取扱いに関しては最も留意すべき物質のひとつである。そのため硝酸エステル類は第五類危険物に指定されており、10キログラム以上を取り扱ったり保管したりする場合は、消防法に定められた規則にのっとった設備・施設、および危険物取扱者による作業または監督が必要となる。.

新しい!!: 危険物と硝酸エステル · 続きを見る »

硝酸カリウム

硝酸カリウム(しょうさんカリウム)は化学式KNO3で表される硝酸塩の一種であり、天然には硝石として産出する。可燃物と混合し燃焼させるとカリウムの炎色反応によりピンクから紫の炎を上げる。 英語では potassium nitrate、または saltpetre とも呼ばれ、これは石の塩、もしくはペトラの塩を意味するラテン語 sal petrae に由来する。アメリカでは salt peter、nitrate of potash、あるいは単に nitre とも称される。硝酸ナトリウムが salt peter と呼ばれることもある。 黒色火薬に酸化剤(酸素の供給源)として配合されるが、硝酸カリウム自体は燃えない。ハーバー・ボッシュ法によって窒素の固定化法が確立されるまでは、洞窟の壁面に堆積した結晶から、または有機物を分解・乾燥することによって得ていた。特に人畜の屎尿が一般的な供給源で、尿素の分解によって生成するアンモニアなどの窒素化合物が亜硝酸菌、硝酸菌の二段階の微生物による酸化を受け、硝酸塩となる。肥料としても用いられ、そのNPK比(窒素・リン・カリウムの重量比)は13-0-44である。.

新しい!!: 危険物と硝酸カリウム · 続きを見る »

硝酸グアニジン

硝酸グアニジン(しょうさんグアニジン、Guanidine nitrate)は、ガスジェネレータや固体ロケットの燃料・推進剤に使用される高エネルギー燃料である。化学式はCH6N4O3、構造はH2N-(C.

新しい!!: 危険物と硝酸グアニジン · 続きを見る »

硝酸銀(I)

硝酸銀(I)(しょうさんぎん いち、silver(I) nitrate)は組成式 AgNO3、式量 169.89 の銀の硝酸塩である。日本の法令では毒物及び劇物取締法により劇物に指定される。銀を硝酸に溶かすと得られる。.

新しい!!: 危険物と硝酸銀(I) · 続きを見る »

硫化リン

硫化リン(りゅうかリン)はリンと硫黄の化合物の総称。PxSyで表される。発火しやすく危険物第2類(可燃性固体)に指定されている。水と反応すると硫化水素 H2S を発生する。三硫化リン (P4S3)、五硫化リン (P2S5)、七硫化リン (P4S7) があり、いずれも常温では淡黄色の固体である。後者ほど水に溶けやすい。また、五硫化四リン(P4S5)というものもある。三硫化リン,五硫化リンは二硫化炭素によく溶ける。七硫化リンは二硫化炭素にわずかに溶ける。三硫化リンはマッチの製造などに用いられ、100℃で発火する。五硫化リンは医薬品原料や潤滑油添加剤として用いられる。毒物及び劇物取締法に定める毒物に該当する。.

新しい!!: 危険物と硫化リン · 続きを見る »

硫黄

硫黄(いおう、sulfur, sulphur)は原子番号 16、原子量 32.1 の元素である。元素記号は S。酸素族元素の一つ。多くの同素体や結晶多形が存在し、融点、密度はそれぞれ異なる。沸点 444.674 ℃。大昔から自然界において存在が知られており、発見者は不明になっている。硫黄の英名 sulfur は、ラテン語で「燃える石」を意味する言葉に語源を持っている。.

新しい!!: 危険物と硫黄 · 続きを見る »

第1族元素

1族元素(だいいちぞくげんそ)とは、周期表において第1族に属する元素。水素・リチウム・ナトリウム・カリウム・ルビジウム・セシウム・フランシウムがこれに該当する。このうち、水素を除いた元素についてはアルカリ金属 (alkali metal) といい、単体では最外殻s軌道電子が自由電子として振舞うため金属的な性質を示す。 周期表の一番左側に位置する元素群で、価電子は最外殻のs軌道にある電子である。s軌道は1電子のみが占有する。.

新しい!!: 危険物と第1族元素 · 続きを見る »

第2族元素

2族元素(だいにぞくげんそ)は、周期表の第2族に属する典型元素でsブロック元素でもある。ベリリウム・マグネシウム・カルシウム・ストロンチウム・バリウム・ラジウムが分類される。アルカリ土類金属(アルカリどるいきんぞく、alkaline earth metal)と呼ぶ(ベリリウム・マグネシウムを除く場合もある)。厳密には、共有結合性を強く反映する(すなわち非金属性・半金属性の寄与がある)ベリリウムとマグネシウムはアルカリ土類金属に含めないが、広義には第2族元素とアルカリ土類金属とは言いかえて使用される。.

新しい!!: 危険物と第2族元素 · 続きを見る »

爆発

(ばくはつ、explosion)とは、.

新しい!!: 危険物と爆発 · 続きを見る »

爆発物

物(ばくはつぶつ)とは、化学的またはエネルギー的に不安定で、刺激や衝撃によって爆発と呼ばれる熱と衝撃波を伴う急速な化学変化を生じさせる物質、物体のこと。安全性の観点から不特定多数の者が立ち入る施設、公共交通機関では持ち込みが制限されるほか、危険性によっては製造及び移動についても規制される。.

新しい!!: 危険物と爆発物 · 続きを見る »

環境

境(かんきょう)は、広義においては人、生物を取り巻く家庭・社会・自然などの外的な事の総体であり、狭義ではその中で人や生物に何らかの影響を与えるものだけを指す場合もある。特に限定しない場合、人間を中心とする生物を取り巻くおおざっぱな環境のことである場合が多い。 環境は我々を取り巻き、我々に対して存在するだけでなく、我々やその生活と係わって、安息や仕事の条件として成り立つ。また狭義の環境については、人間が生産と消費の活動によって汚染し、破壊するという関係性の中で大きな環境問題になってきた。.

新しい!!: 危険物と環境 · 続きを見る »

生態

生態(せいたい).

新しい!!: 危険物と生態 · 続きを見る »

無機過酸化物

無機過酸化物(むきかさんかぶつ、inorganic peroxides)とは、O22− と金属とから構成される塩の総称であり、形式的には過酸化水素の金属塩である。 スーパーオキシドアニオン O2−・の塩は超酸化物 (superoxide) と呼称されるので、過酸化物とは区別する必要がある。 また、有機化合物の過酸化物・過酸、あるいは無機化合物のペルオキソ酸などもそれぞれ過酸化物と呼ばれることがある。それらは過酸化物(曖昧さ回避)も参照のこと。.

新しい!!: 危険物と無機過酸化物 · 続きを見る »

無水酢酸

無水酢酸(むすいさくさん、acetic anhydride)とは、カルボン酸無水物の一種で、酢酸2分子が脱水縮合したものに相当する。分子式は C4H6O3、示性式は (CH3CO)2O と表される。 無水酢酸は、稀に純酢酸(氷酢酸とも)と混同されることがあるが、純酢酸とは水をほとんど含まない、純度がほぼ 100% の酢酸のことで、異なる化合物である。.

新しい!!: 危険物と無水酢酸 · 続きを見る »

物体

物体(ぶったい)とは、ものとして認知しうる対象物である。すなわち、実物または実体として宇宙空間において存在するものが物体である。物理学および哲学の主要な研究対象の一つである。 物体と物質は次のように区別される。.

新しい!!: 危険物と物体 · 続きを見る »

物質

物質(ぶっしつ)は、.

新しい!!: 危険物と物質 · 続きを見る »

発火点

火点(はっかてん)とは、発火する限界温度のことで、発火温度とも呼ばれる。 可燃物を空気中(酸素中)で加熱していくとき、限界温度まで達すると、その後は自らの発熱反応によって温度が上昇し、その後発火する。すなわち発火点とは自然発火温度のことで、着火温度ともいわれる。発火点を決める主な因子は、加熱の時間・可燃物と酸化剤との混合比・混合物の量・器壁の状態・圧力などである。 前述のとおり発火点は、物質を加熱する容器の表面状態、加熱速度等によって大きく影響を受けるので、測定条件によって著しい差を示す。したがって発火点はその物質特有の定数がないことを認識しなければならない。.

新しい!!: 危険物と発火点 · 続きを見る »

過塩素酸

過塩素酸(かえんそさん、perchloric acid)とは、塩素のオキソ酸の一種で、化学式 と表される過ハロゲン酸。水に溶けやすい無色の液体。酸化数7価の塩素に、ヒドロキシ基(-OH)1個とオキソ基(.

新しい!!: 危険物と過塩素酸 · 続きを見る »

過塩素酸ナトリウム

過塩素酸ナトリウム(かえんそさんナトリウム、sodium perchlorate)は、化学式 NaClO4 で表される無機化合物である。.

新しい!!: 危険物と過塩素酸ナトリウム · 続きを見る »

過塩素酸アンモニウム

過塩素酸アンモニウム(かえんそさんアンモニウム、ammonium perchlorate) は過塩素酸のアンモニウム塩にあたる無機化合物。.

新しい!!: 危険物と過塩素酸アンモニウム · 続きを見る »

過塩素酸カリウム

過塩素酸カリウム(かえんそさんカリウム、potassium perchlorate)は化学式 KClO4 で表される無機化合物である。.

新しい!!: 危険物と過塩素酸カリウム · 続きを見る »

過マンガン酸

過マンガン酸は、化学式HMnO4で表される物質。マンガンの酸化数は+7、また名称に、過とあるが、分子内に-O-O-結合は存在せず過酸ではない。遊離酸は、単離されていない。高濃度だと分解しやすい。.

新しい!!: 危険物と過マンガン酸 · 続きを見る »

過マンガン酸塩

過マンガン酸塩(かまんがんさんえん、permanganate)とは、酸化数+7のマンガンのオキソ酸の塩に対する総称である。いずれも酸化力が非常に強いので酸化剤として用いられ、無機・有機化学用酸化剤、漂白剤、医療用殺菌剤などとして使用される。尚、遊離酸としての過マンガン酸は単離されていない。.

新しい!!: 危険物と過マンガン酸塩 · 続きを見る »

過マンガン酸ナトリウム

過マンガン酸ナトリウム(かマンガンさんナトリウム)は、ナトリウムの過マンガン酸塩で、強い酸化力を有する物質である。.

新しい!!: 危険物と過マンガン酸ナトリウム · 続きを見る »

過マンガン酸カリウム

過マンガン酸カリウム(かマンガンさんカリウム、potassium permanganate)は化学式 KMnO4 の無機化合物で、カリウムイオン (K+) と過マンガン酸イオン (MnO4&minus) より構成される過マンガン酸塩の一種。Mn の酸化数は+7、O の酸化数は−2、K は+1である。 式量は 158.04 g/mol で、水、アセトン、メタノールに可溶である。固体では深紫色の柱状斜方晶系結晶である。においはなく、強力な酸化剤である。 水への溶解度は 7.5 g/100 g (25) で、約 200 ℃ で酸素を放ち分解する。 麻薬及び向精神薬取締法により麻薬向精神薬原料に指定されている。.

新しい!!: 危険物と過マンガン酸カリウム · 続きを見る »

過ヨウ素酸

過ヨウ素酸(かヨウそさん、periodic acid)は、ヨウ素のオキソ酸の一種で、過ハロゲン酸。メタ過ヨウ素酸 (HIO4) とオルト過ヨウ素酸 (H5IO6) の2種類があり、単に過ヨウ素酸という場合はメタ過ヨウ素酸のことを示すことが多い。英語名の "periodic acid" は「期間」の意味ではなく、"per-iodic" 過・ヨウ素の意味。また名称に「過」と付いているがヨウ素本来の最高酸化数(+VII, +7)であり、分子内に−O−O−結合は存在せず過酸ではない。 水溶液中では水素イオンと過ヨウ素酸イオンに電離する。 また、過ヨウ素酸はジオールを二つのカルボニル化合物へと酸化開裂させる ことができる。 画像:Metaperiodic-acid-CPK.png|メタ過ヨウ素酸の空間充填モデル Image:Periodic-acid-3D-balls.png|メタ過ヨウ素酸の球棒モデル.

新しい!!: 危険物と過ヨウ素酸 · 続きを見る »

過酸化ナトリウム

過酸化ナトリウム (かさんか—、sodium peroxide)は、ナトリウムの過酸化物で、化学式 Na2O2 の無機化合物。黄色から白色の吸湿性の粉末。 水と激しく反応し、水酸化ナトリウムと過酸化水素に分解する。 なお、消防法によって危険物第1類(酸化性固体)に定められている。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 危険物と過酸化ナトリウム · 続きを見る »

過酸化マグネシウム

過酸化マグネシウム(かさんかマグネシウム、)はマグネシウムの過酸化物で、化学式 MgO2 で表される無機化合物。加水分解により酸素を放出する。.

新しい!!: 危険物と過酸化マグネシウム · 続きを見る »

過酸化バリウム

過酸化バリウム(かさんかバリウム、)はバリウムの過酸化物で、化学式BaO2で表される無機化合物。構造は炭化カルシウムに似る。.

新しい!!: 危険物と過酸化バリウム · 続きを見る »

過酸化リチウム

過酸化リチウム(かさんかリチウム、)はリチウムの過酸化物で、化学式Li2O2で表される無機化合物。.

新しい!!: 危険物と過酸化リチウム · 続きを見る »

過酸化カリウム

過酸化カリウム(かさんかかりうむ、Potassium peroxide)はカリウムの過酸化物で、化学式は K2O2。過酸化カリとも呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と過酸化カリウム · 続きを見る »

過酸化カルシウム

過酸化カルシウム(かさんかカルシウム、)はカルシウムの過酸化物で、化学式CaO2で表される無機化合物。.

新しい!!: 危険物と過酸化カルシウム · 続きを見る »

過酸化水素

過酸化水素(かさんかすいそ、Hydrogen peroxide)は、化学式 HO で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤、漂白剤として利用される。発見者はフランスのルイ・テナール。.

新しい!!: 危険物と過酸化水素 · 続きを見る »

道路法

道路法(どうろほう、昭和27年6月10日法律第180号)は、道路に関する一般法である。.

新しい!!: 危険物と道路法 · 続きを見る »

製品

製品(せいひん)とは、主に工業において原材料を加工した後の完成品のこと。工業を営む企業においては主要な商品である。完成する前の段階では、「仕掛品」や「半製品」と呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と製品 · 続きを見る »

誘導体

誘導体(ゆうどうたい、derivative)は、有機化学の用語のひとつで、ある有機化合物を母体として考えたとき、官能基の導入、酸化、還元、原子の置き換えなど、母体の構造や性質を大幅に変えない程度の改変がなされた化合物のこと。その改変は実際の化学反応として行えることもあるが、机上のものでも構わない。 例えば、クロロベンゼンはベンゼンのクロロ誘導体、チオフェノールはフェノールのチオ誘導体と表現される。.

新しい!!: 危険物と誘導体 · 続きを見る »

高圧ガス保安法

圧ガス保安法(こうあつガスほあんほう、昭和26年法律第204号)は、日本の法律。高圧ガスによる災害を防止するため、高圧ガスの製造、貯蔵、販売、輸入、移動、消費、廃棄等を規制するとともに、民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスに関する自主的な活動を促進し、公共の安全を確保することを目的とする。昭和26年6月7日に公布、高圧ガス取締法施行令(昭和26年政令第350号)第1条(現在は条名が削除され本則)により同年12月6日施行。 1997年(平成9年)4月1日に高圧ガス取締法から改題された。.

新しい!!: 危険物と高圧ガス保安法 · 続きを見る »

財産

財産(ざいさん)とは、個人や団体に帰属する経済的価値のあるものの総称である。資本として利用されるものは資産という。 個人が所有するものを私有財産・私財、国が所有するものを国有財産、地方公共団体が所有するものを公有財産という。次世代に引き継がれるものを遺産という。 土地やそれに付着する有体物(法によってはさらにこれらを目的とする私法上の権利も)を不動産、それ以外の物あるいは財産を動産(有体物に限られるかどうかは法により異なる)という。一定の情報に関する財産のことを知的財産という。 各種の財産権の総称としても用いられる。.

新しい!!: 危険物と財産 · 続きを見る »

軽油

軽油(けいゆ)とは、原油から精製される石油製品の一種で、主としてディーゼルエンジンの燃料として使用され、その用途のものはディーゼル燃料ともいう。軽油の名は、重油に対応して付けられたもので、「軽自動車用の燃料」という意味ではない。 英語圏では「Diesel」で、軽油(ディーゼル燃料)の意味となる。日本のガソリンスタンドでは、セルフ式スタンドの普及により誤給油を防ぐ理由から「軽油」の代わりに「ディーゼル」と表記されている場合がある。中国語では「柴油」といい、「軽油」は別物の「軽質ナフサ」あるいは「軽質コールタール」を指す。 第4類危険物の第2石油類に属する。.

新しい!!: 危険物と軽油 · 続きを見る »

航空法

航空法(こうくうほう、昭和27年7月15日法律第231号)は、民間の航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている日本の法律である。.

新しい!!: 危険物と航空法 · 続きを見る »

船舶安全法

船舶安全法(せんぱくあんぜんほう。昭和8年3月15日法律第11号)は、船舶における人命の安全確保等を目的とする日本の法律。.

新しい!!: 危険物と船舶安全法 · 続きを見る »

蒸発燃焼

蒸発燃焼(じょうはつねんしょう)とは、拡散燃焼の一形態。.

新しい!!: 危険物と蒸発燃焼 · 続きを見る »

重油

重油(じゅうゆ)とは、原油の常圧蒸留によって塔底から得られる残油、あるいはそれを処理して得られる重質の石油製品である。ガソリン、灯油、軽油より沸点が高く、重粘質であることから名付けられている。しかし油の一種であるため水よりは軽い。英語では、一般に、重油 (heavy oil) よりも燃料油 (fuel oil) と呼ばれる。.

新しい!!: 危険物と重油 · 続きを見る »

自然発火

自然発火(しぜんはっか)とは、人為的に火を付けることなく出火する現象のこと。火事の原因として少なくない要因として挙げられている。発火理論として自然発火が起きる条件はFK理論で扱われる。人が取り扱う発火性物質については消防法で厳密に規定されている。.

新しい!!: 危険物と自然発火 · 続きを見る »

臭素酸

臭素酸(しゅうそさん、bromic acid)は臭素のオキソ酸の一種で、化学式 HBrO3 の化合物。 塩素酸に性質が似ている。遊離酸は単離できない。臭素は5価。遊離酸としての臭素酸は臭素酸アルミニウムなどの水溶液に希硫酸を作用させると得られる.

新しい!!: 危険物と臭素酸 · 続きを見る »

臭素酸ナトリウム

臭素酸ナトリウム(しゅうそさんナトリウム、英Sodium bromate)はナトリウムの臭素酸塩で、化学式NaBrO3で表される無機化合物である。パーマ液第2剤や羊毛繊維の柔軟剤として用いられる。それ自体は不燃性だが強力な酸化剤であるため、可燃性物質や粉末金属、硫黄を含む物質と激しく反応する。加熱により分解し、臭化水素を含む有毒なガスを生じる。経口摂取すると腎臓や神経系に影響を及ぼすことがある。.

新しい!!: 危険物と臭素酸ナトリウム · 続きを見る »

臭素酸カリウム

臭素酸カリウム(しゅうそさんカリウム、potassium bromate)は、カリウムの臭素酸塩で、化学式 KBrO3 で表される無機化合物である。.

新しい!!: 危険物と臭素酸カリウム · 続きを見る »

金属粉

金属粉(きんぞくふん)は、粉末状に加工された金属。旋盤加工の際に生じる切り粉はダライ粉と呼ぶ。 発火性や有毒性がある場合が多い。.

新しい!!: 危険物と金属粉 · 続きを見る »

腐食

腐食(ふしょく、腐蝕とも。corrosion)とは、化学・生物学的作用により外見や機能が損なわれた物体やその状態をいう。 金属の腐食とは、周囲の環境(隣接している金属・気体など)と化学反応を起こし、溶けたり腐食生成物(いわゆる「さび」)を生成することを指す。これは、一般的に言われる、表面的に「さび」が発生することにとどまらず、腐食により厚さが減少したり、孔が開いたりすることも含む。;金属以外の腐食;生物学的な腐食 以下、金属の腐食を中心に述べる。.

新しい!!: 危険物と腐食 · 続きを見る »

酢酸

酢酸(さくさん、醋酸、acetic acid)は、化学式は示性式 CH3COOH、分子式 C2H4O2と表される簡単なカルボン酸の一種である。IUPAC命名法では酢酸は許容慣用名であり、系統名はエタン酸 (ethanoic acid) である。純粋なものは冬に凍結することから氷酢酸(ひょうさくさん)と呼ばれる。2分子の酢酸が脱水縮合すると別の化合物の無水酢酸となる。 食酢(ヴィネガー)に含まれる弱酸で、強い酸味と刺激臭を持つ。遊離酸・塩・エステルの形で植物界に広く分布する。酸敗したミルク・チーズのなかにも存在する。 試薬や工業品として重要であり、合成樹脂のアセチルセルロースや接着剤のポリ酢酸ビニルなどの製造に使われる。全世界での消費量は年間およそ6.5メガトンである。このうち1.5メガトンが再利用されており、残りは石油化学原料から製造される。生物資源からの製造も研究されているが、大規模なものには至っていない。.

新しい!!: 危険物と酢酸 · 続きを見る »

酢酸エチル

酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3COOCH2CH3 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の、パイナップルに似た果実臭のする無色で揮発性の液体で、有機溶媒として用いられる。 極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。.

新しい!!: 危険物と酢酸エチル · 続きを見る »

酸化プロピレン

酸化プロピレン(さんかプロピレン)は、分子式 C3H6O で表される有機化合物で、エポキシドのひとつ。無色で揮発性の高い液体で、ポリウレタンをはじめとする各種化成品の原料として重要であり、石油化学工業的に大量に生産されている。別名プロピレンオキシド、1,2-エポキシプロパン、メチルオキシランなど。構造異性体のオキセタン(1,3-プロピレンオキシド)と区別するため1,2-プロピレンオキシドと呼ばれることもある。.

新しい!!: 危険物と酸化プロピレン · 続きを見る »

酸化クロム

酸化クロム(さんかクロム、chromium oxide)はクロムの酸化物。クロムの酸化数に応じて酸化クロム(II)、酸化クロム(III)、酸化クロム(IV)、酸化クロム(VI)が存在する。また、混合酸化物(mixed oxide、MOX)、過酸化物も知られている。 クロムの酸化還元電位は Cr(III) が最も安定であり、酸化物も酸化クロム(III)が最も安定である。酸化クロム(IV)、酸化クロム(VI)は酸化剤として用いられる。.

新しい!!: 危険物と酸化クロム · 続きを見る »

鉛(なまり、lead、plumbum、Blei)とは、典型元素の中の金属元素に分類される、原子番号が82番の元素である。なお、元素記号は Pb である。.

新しい!!: 危険物と鉛 · 続きを見る »

N,N-ジメチルホルムアミド

N,N-ジメチルホルムアミド (N,N-dimethylformamide, 略称DMF)は、示性式 (CH3)2NCHOであらわされる有機化合物。常温では無色で微かにアミン臭(純粋な場合は無臭)の液体。水やほとんどの有機溶媒と任意の割合で混合する。 引火性液体であり、日本では消防法により危険物第4類(第2石油類)に指定されている。作業環境の管理濃度は、10ppmである。.

新しい!!: 危険物とN,N-ジメチルホルムアミド · 続きを見る »

東海道新幹線火災事件

東海道新幹線火災事件(とうかいどうしんかんせん かさいじけん)とは、2015年(平成27年)6月30日に新横浜 - 小田原間を営業運転中の東海道新幹線車内で、男が焼身自殺を図り、火災が発生した事件。1964年10月1日の同線の開業以来、そして、全新幹線でも初めての列車火災事故となった 朝日新聞デジタル 2015年6月30日(火)18時35分配信。.

新しい!!: 危険物と東海道新幹線火災事件 · 続きを見る »

植物

植物(しょくぶつ、plantae)とは、生物区分のひとつ。以下に見るように多義的である。.

新しい!!: 危険物と植物 · 続きを見る »

次亜塩素酸塩

次亜塩素酸塩(じあえんそさんえん、hypochlorite)は、次亜塩素酸の塩である。次亜塩素酸イオン ClO- を含み、塩素の酸化数は+1である。 よく見られる例が、次亜塩素酸ナトリウム(塩素漂白や漂白剤)や次亜塩素酸カルシウム(粉末漂白剤やプールの消毒剤)である。次亜塩素酸塩は非常に不安定で、例えば NaClO 水溶液から水を除去すると塩化ナトリウムと塩素酸ナトリウムの混合物に不均化するため、固体を得ることはできない。NaClO 水溶液を加熱すると同様の反応が起こる。次亜塩素酸塩は日光によって塩化物と酸素に分解する。 その低い安定性のため、次亜塩素酸塩は非常に強い酸化剤である。有機化合物との反応は非常に発熱的で、発火することがあるため、次亜塩素酸塩は注意して取り扱う必要がある。これはマンガン化合物を過マンガン酸塩にまで酸化することができる。 次亜塩素酸メチルのような共有結合性化合物もまた知られており、一般に非常に不安定である。.

新しい!!: 危険物と次亜塩素酸塩 · 続きを見る »

GHSの高い急性毒性を示す標章 EUでの一般的な毒のシンボル(2015年までの使用)。 毒(どく)、毒物(どくぶつ)は、生物の生命活動にとって不都合を起こす物質の総称である。 毒物及び劇物指定令で定められる「毒物」については毒物及び劇物取締法#分類の項を参照のこと。.

新しい!!: 危険物と毒 · 続きを見る »

毒物及び劇物取締法

毒物及び劇物取締法(どくぶつおよびげきぶつとりしまりほう、昭和25年12月28日法律第303号)は、毒物及び劇物について、保健衛生上の見地から必要な取締を行うことを目的とする法律である。急性毒性などに着目して、毒物や劇物を指定し、製造、輸入、販売、取扱いなどの規制を行うことを定めている。毒劇法と略称される。最終改正は平成23年12月14日。.

新しい!!: 危険物と毒物及び劇物取締法 · 続きを見る »

水面から跳ね返っていく水滴 海水 水(みず)とは、化学式 HO で表される、水素と酸素の化合物である広辞苑 第五版 p. 2551 【水】。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指すエンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれているものも水と呼ばれる場合がある。日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。例えば、フランス語ではeau de vie(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)がブランデー類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。。 この項目では、HO の意味での水を中心としながら、幅広い意味の水について解説する。.

新しい!!: 危険物と水 · 続きを見る »

水底トンネル

ーレスン・リンクのトンネル断面 テムズ川をくぐるテムズトンネル 水底トンネル(すいていトンネル)は、川や運河、海などの水域の底をくぐって建設されたトンネルである。水底トンネルのうち、海をくぐるものを特に海底トンネル(かいていトンネル)という。.

新しい!!: 危険物と水底トンネル · 続きを見る »

水素化合物

水素化合物(すいそかごうぶつ、ハイドライド、)とは、水素と化合した物質のことである。特に、狭義には水素と他の元素とから構成される2元素化合物が水素化物と呼ばれる。また、2元素化合物以外の水素化合物も含めて水素化物と呼ぶ場合も多い。 また化学反応で水素と化合することを水素化という。.

新しい!!: 危険物と水素化合物 · 続きを見る »

天然オリーブオイル 油(あぶら、ゆ、oil)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油(エッセンシャル・オイル)は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。.

新しい!!: 危険物と油 · 続きを見る »

消防法

消防法(しょうぼうほう、昭和23年7月24日法律第186号)は、「火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害に因る被害を軽減し、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資すること」(1条)を目的とする法律である。 消防本部における消防吏員及び消防団の消防団員の職務についても定める。.

新しい!!: 危険物と消防法 · 続きを見る »

有機金属化学

有機金属化学(ゆうききんぞくかがく、英語:organometallic chemistry)とは金属と炭素との化学結合を含む化合物である有機金属化合物を研究する学問であり、有機金属化学は無機化学と有機化学とが融合した領域である。なお、類似の語である合成有機金属 (organic metal) の場合は、ポリアセチレンなど金属を含まないが電荷移動錯体を形成することで導電性を示す純粋な有機化合物を示し、有機金属化学の範疇外である。 有機金属化合物は「有機パラジウム化合物」のように頭に「有機-」を付けた形で呼ばれる。典型的な有機金属化合物にはクロロ(エトキシカルボニルメチル)亜鉛 (ClZnCH2C(.

新しい!!: 危険物と有機金属化学 · 続きを見る »

日本の消防

日本における消防(しょうぼう)は、消防法第1条において「火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行い、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする」とされている。 東日本大震災被災地で活動する消防隊員.

新しい!!: 危険物と日本の消防 · 続きを見る »

日本貨物鉄道

JRFロゴを標記したコンテナ 日本貨物鉄道株式会社(にほんかもつてつどう、英称:Japan Freight Railway Company)は、1987年4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだJRグループ7会社のうちの一つ。 略称はJR貨物(ジェイアールかもつ)、英語略称はJR Freight。コーポレートカラーは「コンテナブルー」(青22号)。社章であるJRグループ共通のJRロゴのほか、独自のサービスマーク「JRF」ロゴも使用しているが、後者は2017年以降コンテナや機関車から撤去され始めている。またロゴの色も19A形以降のコンテナに使用されているJRFレッド(ワインレッド)が用いられる場合がある。四国旅客鉄道以外のJR各社と同様に、ロゴの「鉄」の字は、金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という「鉃」の文字を使っているが、正式な商号は常用漢字の「鉄」である。 全国規模で貨物列車を運行しているほか、遊休地となっていた操車場跡地を利用しての不動産賃貸業や社宅跡地を利用してのマンション分譲も行っており、デベロッパーとしての側面もある。.

新しい!!: 危険物と日本貨物鉄道 · 続きを見る »

日本法

日本法(にほんほう)は日本の法体系をいう。.

新しい!!: 危険物と日本法 · 続きを見る »

放射能

放射能(ほうしゃのう、radioactivity、activity)とは、放射性同位元素が放射性崩壊を起こして別の元素に変化する性質(能力)を言う。なお、放射性崩壊に際しては放射線の放出を伴う。 放射能は、単位時間に放射性崩壊する原子の個数(単位:ベクレル )で計量される。 なお、ある元素の同位体の中で放射能を持つ元素を表す場合は「放射性同位体」、それらを含む物質を表す場合は「放射性物質」と呼ぶのが適切である。.

新しい!!: 危険物と放射能 · 続きを見る »

感染

感染(かんせん、infection)とは、生物の体内もしくは表面に、より体積の小さい微生物等の病原体が寄生し、増殖するようになる事。また、侵入等のその過程。 それによっておこる疾患を感染症という。 単細胞生物もウイルスによる感染を受ける。また、寄生虫の体長は宿主を超える事もある。.

新しい!!: 危険物と感染 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 危険物と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 危険物と2019年 · 続きを見る »

2ストローク機関

2ストローク機関(ツーストロークきかん)は内燃機関の一種で、2行程で1周期とする2ストローク1サイクルレシプロエンジン式の名称。2サイクル機関・2行程機関とも呼ばれ、また、2ストとも略される。.

新しい!!: 危険物と2ストローク機関 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アルコール類危険物第1類危険物第6類可燃性液体動植物油類第1石油類第2石油類第3石油類第4石油類第4類危険物特殊引火物

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »