ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

北部州 (スリランカ)

索引 北部州 (スリランカ)

北部州(வட மாகாணம்、උතුරු පළාත、Northern Province)は、スリランカの最北部に位置する州。スリランカの中でも、シンハラ人が多数派を占めない2つの州のうちのひとつである。州都はジャフナ。 スリランカ内の少数派であるタミル人がここでは多数派を占めており、かつての独立国であるジャフナ王国の土地であった。現在の民族対立の原点はこの州にあるとされる。また、州の西部は、2009年の内戦終結までタミル・イーラム解放の虎の勢力圏で、政府の実効支配が及んでいなかった。.

45 関係: 少将州都平方キロメートル北中部州北西部州 (スリランカ)マンナールマンナール県バブニヤバブニヤ県ムッライッティーヴームッライッティーヴー県ムスリムヒンドゥー教アダムスブリッジインドインド洋イスラム教カトリック教会キリノッチキリノッチ県キリスト教シンハラ人シンハラ語ジャフナジャフナ王国ジャフナ県スリランカスリランカの州スリランカの仏教スリランカの県スリランカ・ムーアスリランカ憲法タミル人タミル・イーラム解放のトラタミル語公用語砂州東部州 (スリランカ)浅瀬1833年1987年2009年2012年

少将

少将(しょうしょう)はもともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。 将官に区分され、中将の下、大佐または准将または代将の上に位置する。 北大西洋条約機構の階級符号(NATO階級符号)では、OF-7に相当する。 また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる少将を総称しTwo-star rankと呼ぶこともある。 将官のなかでは、最下級、又は准将がある場合には下から2番目の階級となる。 英呼称は、陸軍:major general(メイジャー ジェネラル)、海軍:rear admiral(リア アドミラル)。 なお、将官の階級を部隊階梯で表現する国々では「師団将軍」あるいは「旅団将軍」と呼称する。詳細はフランスの項を参照。アメリカ軍やフランス陸軍および空軍(海軍は中将)では、正規階級(regular rank)における最高位とされ、それよりも上の二階級は役職に応じた臨時階級(temporary rank)である。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と少将 · 続きを見る »

州・洲(しゅう、す、しま、くに)。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と州 · 続きを見る »

州都

州都(しゅうと)は、州の首都のこと。州の政治上の中心都市であり、州政府または州の行政府(州庁)の所在地である。 州政府所在地(しゅうせいふしょざいち)、州庁所在地(しゅうちょうしょざいち)、州府(しゅうふ)ともいう。日本統治時代の台湾に置いた州の首都は、州庁所在地と呼ばれた。歴史上および現代の中国の州の首都は州府と呼ぶことが多い。 類例に省の首都である省都、道の首都である道都、県の首都である県都なども、同等の機能を持つ都市であることが多い。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と州都 · 続きを見る »

平方キロメートル

平方キロメートル(へいほうキロメートル、記号km)は、国際単位系の面積の単位(SI組立単位)で、一辺の長さが1キロメートルである正方形の面積。平方キロと略称することもある。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と平方キロメートル · 続きを見る »

北中部州

北中部州(ほくちゅうぶしゅう、උතුරු මැද පළාත、வட மத்திய மாகாணம்、North Central Province)は、スリランカの北部中央に位置する州。州都のアヌラーダプラはスリランカの古都。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と北中部州 · 続きを見る »

北西部州 (スリランカ)

北西部州(ほくせいぶしゅう、වයඹ පළාත、வட மேல் மாகாணம்、North Western Province)は、スリランカの北西部に位置する州。人口237万人、面積7,888 km2。ワヤンバ (Wayamba) という名でも知られている。州都はクルネーガラ。住民の大多数はシンハラ人である。プッタラム周辺には、少数民族のスリランカ・ムーアが居住する。主な産業は漁業、エビの養殖、ゴムノキのプランテーションである。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と北西部州 (スリランカ) · 続きを見る »

マンナール

マンナール(、、Mannar)は、スリランカの北部州マンナール県の都市である。スリランカ北西部のに位置しており、マンナール県の県都でもある。マナーとも表記される。 マンナールはバオバブの木と植民地時代の要塞で知られている。この要塞は1560年にポルトガルが建設し、1658年にオランダが再構築したものである。しかし、城壁と建物は現在でも残っているものの、内装については大きな損傷を受けてしまっている。1世紀に書かれたエリュトゥラー海案内記によれば、古代のマンナールは真珠取りの中心地として名高い土地であったという。現在のマンナールは、近代的な中にモスクと教会が並ぶ町である。 Mannar Islandとアダムスブリッ.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とマンナール · 続きを見る »

マンナール県

マンナール県( Maṉṉār Māvaṭṭam、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はマンナール。マナー県とも表記される。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とマンナール県 · 続きを見る »

バブニヤ

バブニヤ(、、)は、スリランカの北部州バブニヤ県の都市である。同県の県都であり、スリランカ北部の地域への入り口に位置する。ワウニヤとも バブニヤはその立地から、26年に渡ったスリランカ内戦においては反政府組織タミル・イーラム解放のトラ (LTTE) と政府軍の戦いの最前線となり、この状態は最終的に2008年の攻勢により政府軍が北部への突破に成功するまで続いた。またタミル人過激派組織同士の衝突もあり、内戦中は他の地域とは隔絶された環境に置かれていた。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とバブニヤ · 続きを見る »

バブニヤ県

バブニヤ県( Vavuṉiyā Māvaṭṭam、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はバブニヤ。ワウニヤ県とも表記される。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とバブニヤ県 · 続きを見る »

ムッライッティーヴー

ムッライッティーヴー( Mullaittīvu、、)は、スリランカの北部州ムッライッティーヴー県の都市である。ムッライッティーヴー県の県都であり、スリランカの北東海岸に位置する。かつてはコロンボとジャフナを行き来する小さな帆船が錨を下ろす港があっただけであったが、漁民の入植の結果20世紀初頭に町は大きく成長した。市内にあるDS事務所の周囲には、多くの公的機関や学校が集まっている。 1983年のスリランカ内戦勃発後は、ムッライッティーヴーは長らくタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) の支配下にあった。この地には大きな軍事基地がおかれ、町は幾度もの戦いの舞台となった。また2004年のスマトラ島沖地震による津波では、この地域も大きな被害を受けた。LTTEの支配は、内戦が最終局面を迎えた2009年1月25日、政府軍が攻勢により都市をLTTEから奪取するまで続いた。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とムッライッティーヴー · 続きを見る »

ムッライッティーヴー県

ムッライッティーヴー県( Mullaittīvu Māvaṭṭam、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はムッライッティーヴー。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とムッライッティーヴー県 · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とムスリム · 続きを見る »

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、Hinduism、हिन्दू धर्म、सनातनधर्मः)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。 英語のHinduは、まずイスラム教徒との対比において用いられるのが現在では一般的で、イスラム教徒以外で小宗派を除いた、インドで5億人を超えるような多数派であるインド的な複数の有神教宗派の教徒の総称である。ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である。 同じくヒンドゥー教と訳される英語のHinduismは、最も広い意味・用法ではインドにあり、また、かつてあったもの一切が含まれていて、インドの歴史では先史文明のインダス文明まで遡るものであるが、一般的には、アーリア民族のインド定住以後、現代まで連続するインド的伝統を指す。西洋では、このうち仏教以前に存在した宗教をバラモン教()、特にヴェーダ時代の宗教思想をヴェーダの宗教()と呼んだ。。 ヒンドゥー教の狭い意味での用法は、仏教興隆以後発達して有力になったもので、とくに中世・近世以後の大衆宗教運動としてのシヴァ教徒・ヴィシュヌ教徒などの有神的民衆宗教を意識しての呼び方であることが多い川崎信定 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とヒンドゥー教 · 続きを見る »

アダムスブリッジ

アダムスブリッジ は、インドとスリランカの間のポーク海峡にある、石灰岩でできた砂州と浅瀬の連なりである。ラーマズブリッジ とも。 7つの小島が橋脚のように点在する。103のサンゴ礁からなり、地質学的成因は未解明である。 長さ48kmで、北のポーク海峡と南のマンナール湾を隔てる。水深は1~10mで、船舶の航行を困難にしている。記録によると1480年のサイクロンで壊される前は非常に浅く、歩いて渡ることが出来たという。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とアダムスブリッジ · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とインド · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とインド洋 · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とイスラム教 · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とカトリック教会 · 続きを見る »

キリノッチ

リノッチ(、、)は、スリランカの北部州キリノッチ県の都市である。州都ジャフナからA9ハイウェイで南東に100kmほどの距離に位置している。キリノッチ県の県都であり、スリランカ内戦中はタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) の事実上の首都でもあった。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とキリノッチ · 続きを見る »

キリノッチ県

リノッチ県( Kiḷinocci Māvaṭṭam、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はキリノッチ。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とキリノッチ県 · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とキリスト教 · 続きを見る »

シンハラ人

別のシンハラ人のパーセンテージ(1981年または2001年の国勢調査より) シンハラ人(; Sinhala Jathiya、)は、スリランカの民族。シンハリ人とも呼ばれる。先住民のドラヴィダ人とインド・アーリア人が混合した民族である。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とシンハラ人 · 続きを見る »

シンハラ語

ンハラ語(シンハラご、シンハラ文字: 、 または )とは、スリランカで話されているシンハラ人の言葉。インドヨーロッパ語族インド・イラン語派インド語派に属する。。 -->シンハラ語とタミル語はスリランカの公用語である。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とシンハラ語 · 続きを見る »

ジャフナ

ャフナ(யாழ்ப்பாணம், යාපනය ヤーパナヤ, )は、スリランカの都市。スリランカ最北端のジャフナ半島の先端部に位置する。北部州の州都であり、ジャフナ県の県都でもある。 ジャフナ郊外のは13世紀から17世紀までの4世紀、ジャフナ王国の首都であった。ジャフナの町自体は、同王国が滅亡した後の1619年にポルトガルにより建設された。後にオランダにより攻略され、1796年にはイギリスの支配下に入った。植民地時代から1983年のスリランカ内戦勃発前までは、コロンボ首都圏に次ぐ人口を持つスリランカ第2の都市であった。内戦中は1986年と1989年から1995年にかけて反政府組織タミルイーラム解放のトラ (LTTE) の支配下に置かれており、1987年にはが駐留した。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とジャフナ · 続きを見る »

ジャフナ王国

ャフナ王国(ジャフナおうこく、、)は、1215年から1624年までスリランカ北部に存在した王国。首都はジャフナ半島のナルア(現在のジャフナ郊外)。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とジャフナ王国 · 続きを見る »

ジャフナ県

ャフナ県(、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はジャフナ。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とジャフナ県 · 続きを見る »

スリランカ

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2120万(2016年)である。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とスリランカ · 続きを見る »

スリランカの州

リランカの州 スリランカの州(スリランカのしゅう、,, )は、スリランカの行政区画である。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とスリランカの州 · 続きを見る »

スリランカの仏教

リランカの仏教では、スリランカにおける仏教について記す。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とスリランカの仏教 · 続きを見る »

スリランカの県

リランカの県(スリランカのけん、,, )は、スリランカの行政区画である。州の下に置かれており、9つの州に合計25の県が存在している。各県は中央政府に任命された県次官により運営される。県事務所の主な役割は、中央政府とより下位の行政区画であるDivisional Secretary (DS) とのコミュニケーション・活動を調整することである。県事務所はまた、県レベルの開発計画の推進と監視ならびに下位の行政区の活動の支援、さらに徴税と県内での選挙の実施に責任を持つ。県は複数のDivisional Secretary地区(DS地区、郡と訳される)に分割され、DS地区はさらに小さなGrama Niladhari地区(GN地区)に分割される。スリランカ全体では、256のDS地区が存在する。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とスリランカの県 · 続きを見る »

スリランカ・ムーア

リランカ・ムーア()は、スリランカの民族。総人口の9.23%を占めるスリランカで3番目に大きいエスニックグループである。主にイスラム教を信奉することから、単にムスリムとも呼ばれる。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とスリランカ・ムーア · 続きを見る »

スリランカ憲法

リランカ憲法(スリランカけんぽう、)は、スリランカ民主社会主義共和国の憲法。 この憲法は、国民議会により制定され1978年9月7日より施行された。1948年にセイロンとして独立してから3番目の、共和制移行後では2番目の憲法である。2010年現在、18回の改正が行われている。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とスリランカ憲法 · 続きを見る »

タミル人

植民地時代(1945年ごろ)におけるタミル人バラモンの夫妻、チェンナイ Thillai Nataraja Temple, Chidambaram。タミルの王達は芸術のパトロンとなり、多くの寺院を建てた タミル人(英語:Tamil、タミル語:தமிழர்)は、主に南インドのタミル・ナードゥ州やスリランカの北部・東部に住み、タミル語を話すドラヴィダ系民族。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とタミル人 · 続きを見る »

タミル・イーラム解放のトラ

タミル・イーラム解放のトラ(タミル・イーラムかいほうのトラ、, tamiḻ iiḻa viṭutalaip pulikaḷ、, LTTE)は、かつてスリランカで武装闘争を行っていたタミル人のテロ組織である。タミル・タイガーとも表記される。 「イーラム」はスリランカを意味するタミル語で、トラは獅子(シンハ)つまりライオンの子孫を意味するシンハラ族に対抗するものであり、かつて南インドに強勢を誇ったタミル族の王朝・チョーラ朝の紋章でもあった。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とタミル・イーラム解放のトラ · 続きを見る »

タミル語

タミル語(タミルご、தமிழ் )は、ドラヴィダ語族に属する言語で、南インドのタミル人の言語である。同じドラヴィダ語族に属するマラヤーラム語ときわめて近い類縁関係の言語だが、後者がサンスクリットからの膨大な借用語を持つのに対し、タミル語にはそれが(比較的)少ないため、主に語彙の面で隔離されており意思疎通は容易でない。インドではタミル・ナードゥ州の公用語であり、また連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつであるほか、スリランカとシンガポールでは国の公用語の一つにもなっている。世界で18番目に多い7400万人の話者人口を持つ。1998年に大ヒットした映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』で日本でも一躍注目された言語である。 「タミール語」と呼称・表記されることもあるが、タミル語は母音の長短を区別する言語であり、かつ の i は明白な短母音である。そのため、原語の発音に忠実にという原則からすれば明らかに誤った表記といえる。タミル()という名称は、ドラミラ (ドラヴィダ Dravida)の変化した形という説もある。 という単語自体は sweetness という意味を持つ。 なお、ドラヴィダとは中世にサンスクリットで南方の諸民族を総称した語で、彼らの自称ではなく、ドラヴィダ語族を確立したイギリス人宣教師ロバート・コールドウェルによる再命名である。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)とタミル語 · 続きを見る »

公用語

公用語(こうようご)とは、国、州など、ある集団・共同体内の公の場において用いることを公式に規定した言語を指す。その集団が有する公的機関には義務が課され、公的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。「公共言語」というように間違えないよう注意。 ある国において公用語として複数の言語が定められた場合には、その全ての言語を用いて公的情報を国民へ伝えなければならない。従ってこの場合、国家(あるいは集団)の公的機関は、全ての公用語を併記し通訳して伝えることになる。これによって、指定された複数の言語のうちどれか一つの言語だけを理解する国民(や構成員)に対しても不利益を生じさせないという原則が守られる。 一言語集団が大多数を占める国家や圧倒的に強い力を持っている国家の場合、公用語を法律で定めていない場合もある。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と公用語 · 続きを見る »

砂州

kyoto) 砂州(さす)とは、流水によって形成される砂の堆積構造。河口付近では、波と沿岸流によって形成される細長い堆積地形であり、海岸や湖岸の近くに見られる。岩石海岸が浸食されてできた砂や礫、あるいは河川から流れ込む土砂によって構成される。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と砂州 · 続きを見る »

郡(ぐん)は、行政区画の一種。中国・日本・朝鮮などの漢字文化圏に導入されたものである。 なお、欧米などの行政区画の一部を日本語に翻訳するときに、訳語としてこの語を当てることがある(カウンティも参照)。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と郡 · 続きを見る »

東部州 (スリランカ)

東部州(கிழக்கு மாகாணம்、නැගෙනහිර පළාත、Eastern Province)は、スリランカの東海岸に位置する州。州都はトリンコマリー。 住民はタミル人、ムーア人、シンハラ人に分かれる。 東部州は、1987年の「」に基づき、1988年9月に暫定的に、北部州と統合されとなったが、2007年に再度切り離され、東部州に戻った。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と東部州 (スリランカ) · 続きを見る »

浅瀬

浅瀬(あさせ、shoal)は、川や湖、海などといった水のある地形のうち、水深が極めて浅い部分のことである。日本で一般的に浅瀬と言うと、日本人の平均的な身長の成人の足が地面に付いた状態でも顔が水面より上にあるところを指す。また船にとって浅瀬と言うと船の大きさにもよるが、船の下部が水底に接触するかしないかの運航が難しいエリアを言う。船が浅瀬に進入すると、身動きが取れなくなる。船が浅瀬や、暗礁に乗り上げることを「座礁する」という。クジラやイルカも潮の流れで浅瀬に乗り上げる、または打ち上げられることがある。 近代以前には人馬で川や海を渡れる場所では陸上交通の一部としてよく利用されてきた。各地に海の浅瀬や砂州を道路として使っていたことを示す地名(海の中道・天の橋立)、川の浅瀬を渡る場所を示す川越・渡・洗越などの地名が残る。海は潮汐、川は降水によって、水量が増すと渡れなくなるため、重要な街道の両岸では旅人が渡る時期を待つため、宿場町街などが形成されることが多い。 都市開発において浅瀬は都合が良く、水深が浅い分、埋立地を造成するために必要な土砂や労力が比較的少なく済むため、費用も安上がりになる。また海の場合、浅瀬の沖合いが急に深くなっていると、高い波が発生してサーファーたちには好都合になる。どんな場合でも入水すると水深が浅くとも溺れる可能性はある。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と浅瀬 · 続きを見る »

1833年

記載なし。

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と1833年 · 続きを見る »

1987年

この項目では、国際的な視点に基づいた1987年について記載する。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と1987年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と2009年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: 北部州 (スリランカ)と2012年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »