ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

六甲山(ろっこうさん)は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山塊。瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、また日本三百名山、ふるさと兵庫50山の一つでもある。 一般に「六甲山」は大小の山を含む六甲山系全域(狭義には中央部から東部)を指し、最高峰は特に六甲(山)最高峰と称される。山域は神戸市のほか、芦屋市、西宮市、宝塚市に属す。 山系は南北に狭く、東西方向に長さ数十kmにわたって市街地の北側直近に迫っており、その山並みは神戸や阪神間また大阪市内を含む大阪府内からも天然のランドマークとして機能している。また裏六甲側からの山系も高い山地に遮られないこともあり、三田市や三木市、天気が良ければ小野市・加東市・加西市・加古川市などの兵庫県中部、姫路市などの兵庫県南西部などからも望むことができる。古くから交通路や観光施設の開発が進められ、多くの観光客や登山客を集める。 以下、本項では六甲山系およびその最高峰について述べる。北西に位置する丹生山系を含む六甲山地全体は六甲山地を、山系に属する個々の山、施設は:Category:六甲山地を参照。.

499 関係: 加古川加古川市加西市加藤文太郎加藤文太郎記念図書館加東市城塞ため池とう利天上寺はげ山ひょうごの森百選ふるさと兵庫50山南北朝時代 (日本)参勤交代友ヶ島名水名水百選塩屋駅 (兵庫県)塗料墾田大名大坂城大坂の陣大谷光瑞大龍寺 (神戸市)大阪市大阪平野大阪府大阪湾大日本帝国陸軍天下統一天井川天然林天正太平洋戦争太陽と緑の道夜景夙川奈良時代姫路市宝塚市宝塚駅室町時代宮水害獣安土桃山時代寺院寿永富士山富裕層...寛永小野市小林一三尼崎市将軍山城山号山塊山火事山田錦山麓バイパス山陽電気鉄道本線山陽本線山陽新幹線展望台岩原山岩倉山 (兵庫県)上水道不要不急線中国山地中生代中村鋭一丸山断層常緑樹林丹波高地布引の滝 (兵庫県)布引五本松ダム布引ハーブ園市街地三田市三木市一ノ谷の戦い平安時代平氏平清盛享保京都大学人造湖二楽荘井戸廣田神社建武 (日本)伏流水伐採弓弦羽神社住吉川 (兵庫県)住吉浜町住宅地御影 (神戸市)御影浜町徳川秀忠徳政令律令制修行応仁の乱土砂災害地塁地下鉄地下水地形輪廻地殻北区 (神戸市)北神急行電鉄北神線北東北北摂山系ミネラルミネラルウォーターミヤマカタバミマンサクマンサク科ノートブックマツハイキングハウス食品ハゼノキポートアイランドポプラメートルモクレン科ユリ科ヨーロッパランドマークリンリゾートロック・クライミング・クラブロッククライミングヴィーナスブリッジボトルネックトレイルランニングパラボラアンテナヒノキピッケルツバキツバキ科ツツジ科ホテルダンプカーベルトコンベア別荘和気清麻呂和泉アメリカ軍アーネスト・サトウアーサー・ヘスケス・グルームアカマツアジサイアセビイノシシイチョウインフラストラクチャーインターネットアーカイブイギリス人ウリカエデウィリアム・ゴーランドオリックス・バファローズカエデカエデ科カキドオシカシカタバミ科キノコキランソウキブシキブシ科クラシックホテルクリクヌギクスノキケヤキケーブルカーコナラコブシゴルフ場ショウジョウバカマシイシソ科スギ傾動地塊タムシバタレント再度山内務省 (日本)公共交通機関六甲のおいしい水六甲山上バス六甲山上駅六甲山地六甲山ホテル六甲山神社六甲山観光六甲山観光六甲ケーブル線六甲北有料道路六甲・淡路島断層帯六甲トンネル六甲アイランド六甲オリエンタルホテル六甲ガーデンテラス六甲ケーブル下駅六甲砂防事務所六甲登山架空索道六甲颪六甲駅六甲高山植物園六甲有馬ロープウェー六甲有料道路六甲摩耶スカイシャトルバス六麓荘町元弘元和 (日本)元禄先行河川兵庫区兵庫縣神戸護國神社兵庫県兵庫県の二級水系一覧兵庫県の観光地兵庫県南部地震兵庫県立人と自然の博物館兵庫県立御影高等学校兵庫県立六甲山自然保護センター兵庫県立甲山森林公園兵庫県道15号神戸三田線兵庫県道16号明石神戸宝塚線兵庫県道51号宝塚唐櫃線兵庫県道82号大沢西宮線兵庫県道95号灘三田線兵庫開港要求事件国道2号国道428号四国矢印石垣石の宝殿石屋川灘五郷灘区灘温泉灘浜東町砂防砂防ダム砂防法砕石神功皇后神姫バス神護景雲神戸すまいまちづくり公社摩耶ケーブル線神戸外国人居留地神戸布引ロープウェイ神戸市神戸市バス神戸市営地下鉄西神・山手線神戸市立六甲山小学校神戸市立森林植物園神戸市道夢野白川線神戸市教育委員会神戸弘陵学園高等学校神戸ゴルフ倶楽部神戸電鉄有馬線神戸港福原京福知山線空海穂高岳穂高湖竹中靖一第61回国民体育大会第二神明道路第二次世界大戦第四紀精米索道紀伊半島紀伊山地紀伊水道緑化縦走経ヶ岬通信所生田川生物多様性生駒山畿内照葉樹林牧野富太郎瀬織津姫瀬戸内海式気候瀬戸内海国立公園登山登山道白亜紀芦屋川芦屋市芦有ドライブウェイ銭湯花崗岩花隈城鎌倉時代避暑地道南荘園荒木村重落葉広葉樹林青い山脈 (曲)須磨区須磨ニュータウン須磨浦山上遊園須磨浦ロープウェイ須磨浦公園須磨浦公園駅頂上表六甲ドライブウェイ行政区画風物詩裏六甲ドライブウェイ餌付け西宮市西宮北道路西国街道西洋館観光諏訪山公園高取山 (兵庫県)高射砲高山寺高倉山 (神戸市)豊臣秀吉鶴甲鷲林寺鼓ヶ滝公園近代建築近畿自然歩道震源都賀川鈴蘭台阪神大水害阪神・淡路大震災阪神タイガース阪神タイガースの歌阪神甲子園球場阪神高速31号神戸山手線阪神高速32号新神戸トンネル阪神高速7号北神戸線阪神間モダニズム阪神電気鉄道阪神急行電鉄阪急今津線阪急バス阪急ブレーブス団歌阪急神戸本線阪急甲陽線阪急西宮スタジアム阪急電鉄赤松則村鵯越駅藤木九三蓬莱峡野島断層野生動物重要文化財自家用自動車自然環境保全基礎調査自衛隊金剛山金星台長田区鉢伏山 (兵庫県神戸市)鉄拐山造成逆瀬川JR神戸線MBSニュース掬星台東山東灘区森林法森林浴の森100選植物園槍ヶ岳標本 (分類学)欧米武庫川水車気候変動江戸幕府江戸時代池田恒興河川法治承治承・寿永の乱沖積平野淡路島淀川渦森台温泉港湾都市湊山温泉湊川の戦い湧水湖沼源氏朝日新聞朝日放送有馬-高槻断層帯有馬四十八滝有馬街道有馬郡有馬温泉戦国時代 (日本)星の駅明石川明石市明石海峡明石海峡大橋明治明治維新昭和昭和42年7月豪雨昭和天皇浜風新神戸駅新日本旅行地100選文明 (日本)日本のアナウンサー日本の重要湿地500日本三大夜景日本三百名山日本一日本初の一覧日本アルプス日本酒日本書紀旗振山 (神戸市)摩耶山摩耶ロープウェー摂陽群談播磨平野播磨灘愛宕山慶応慶長扇状地1180年1184年1333年1334年1336年1469年1580年1590年1615年1620年1629年1867年1868年1874年1881年1895年1896年1897年1900年1901年1902年1905年1909年1910年1912年1915年1924年1928年1929年1931年1932年1934年1938年1939年1944年1960年1963年1967年1978年1981年1992年2006年2009年768年 インデックスを展開 (449 もっと) »

加古川

加古川(かこがわ)は、兵庫県中央部を流れる河川の本流。一級河川に指定されている。.

新しい!!: 六甲山と加古川 · 続きを見る »

加古川市

加古川市(かこがわし)は、兵庫県の市。特例市に指定されており、東播磨地方の中核都市として機能している。兵庫県東播磨県民局に区分される。.

新しい!!: 六甲山と加古川市 · 続きを見る »

加西市

加西市(かさいし)は、兵庫県の南部に位置する市。 地域的には東播磨(東播)または北播磨(北播)であるが、兵庫県北播磨県民局に区分されている。 キャッチコピーは、「花、ゆめ、根日女(ねひめ)」。.

新しい!!: 六甲山と加西市 · 続きを見る »

加藤文太郎

加藤 文太郎(かとう ぶんたろう、1905年(明治38年)3月11日 - 1936年(昭和11年)1月5日)は日本の登山家。大正から昭和にかけて活躍した。兵庫県美方郡新温泉町出身。兵庫県立工業学校夜間部卒業。 複数の同行者が協力し、パーティーを作って登るのが常識とされる山岳界の常識を覆し、単独行によって数々の登攀記録を残した。登山に対する精神と劇的な生涯から、小説(新田次郎著『孤高の人』、谷甲州著『単独行者 アラインゲンガー 新・加藤文太郎伝』)やドラマのモデルとなった。              .

新しい!!: 六甲山と加藤文太郎 · 続きを見る »

加藤文太郎記念図書館

新温泉町立 加藤文太郎記念図書館(しんおんせんちょうりつ かとうぶんたろうきねんとしょかん)は兵庫県美方郡新温泉町の浜坂温泉郷にある山岳図書を中心とする図書館・資料館。1994年10月に開館した。 新田次郎著「孤高の人」の主人公としても有名な大正から昭和初期にかけて活躍した旧浜坂町出身の登山家・加藤文太郎の顕彰を主たる目的として建設された。2階が加藤文太郎山岳資料室と山岳図書閲覧室(約3600冊所蔵)で、1階が一般的な図書館(約3000冊所蔵)という構成である。 館外観は北アルプスの嶺をイメージしたものとされ、館内は中央に吹き抜けとトップライトを設けた柱のない広々とした空間になっている。.

新しい!!: 六甲山と加藤文太郎記念図書館 · 続きを見る »

加東市

加東市(かとうし)は、兵庫県の播磨地方の東側に位置する市で、兵庫県北播磨県民局に区分されている。.

新しい!!: 六甲山と加東市 · 続きを見る »

城塞

城塞(じょうさい、citadel)とは都市・町の一角に建てられた要塞を指す。城堡とも呼ぶ。都市の支配者・武力集団を堅固に防護する目的で建てられる。支配者が居住する城館を兼ねることも多い。日本で通常言うところの「城」に当たる。 城塞は、城郭都市全体を囲んで守る城壁(市壁)とは異なり、都市の一角に建つ。城塞には都市の支配者(軍隊・政治家・王侯貴族)を収納し、外敵や、もし都市住民たちから攻撃を受けた場合に、その攻撃からも守る目的を持つ。.

新しい!!: 六甲山と城塞 · 続きを見る »

ため池

ため池(ためいけ、溜池、溜め池)とは主に農業(灌漑)用水を確保するために水を貯え、取水設備を備えた人工の池のことである。その目的のために新設したり、天然の池沼を改築した池を指す。.

新しい!!: 六甲山とため池 · 続きを見る »

とう利天上寺

忉利天上寺(とうりてんじょうじ)は、兵庫県神戸市灘区摩耶山町にある仏教寺院。通称「天上寺」。宗派は高野山真言宗。摩耶夫人(釈迦生母)を本尊とする日本唯一の寺である。.

新しい!!: 六甲山ととう利天上寺 · 続きを見る »

はげ山

はげ山(はげやま、禿山、兀山(こつざんとも))とは、草木が生育していない山。人為的行為により、植生が破壊されて荒れ果ててしまった場合はげ山の研究 - 千葉徳爾や、自然的要因で荒れ果ててしまった場合があるはげ山の研究 - 千葉徳爾は人為的行為による研究観点から禿げ山を著しており、禿げ山の事を人為的荒廃林地としている。そのため、著作の中では人為的荒廃林地、自然的要因による荒廃林地に分けられている。特に自然要因においては禿げ山とは名指しで著してはいないが、自然と人為を対比させており、且つはげ山を人為的観点による研究ながら荒廃林地そのものを禿げ山地(はげ山の研究 16頁)としている事からここでは同じとして扱った。。.

新しい!!: 六甲山とはげ山 · 続きを見る »

ひょうごの森百選

ひょうごの森百選(ひょうごのもりひゃくせん)は、兵庫県内の次代に伝えていきたい森林をふるさとの森選定委員が公募から選定した143の森や樹木。 兵庫県知事井戸敏三を代表とするひょうご21世紀記念事業推進連絡協議会と神戸新聞社社長山根秀夫を代表とする郷土振興調査会による「21世紀の兵庫の森づくり記念植樹事業」の一環として2001年に企画された。.

新しい!!: 六甲山とひょうごの森百選 · 続きを見る »

ふるさと兵庫50山

ふるさと兵庫50山(ふるさとひょうごごじゅうさん)は、兵庫県山岳連盟が創立50周年を迎えたのを記念して1998年に選定した兵庫県内の50山。これらの山は1999年に出版された同名の書籍において詳しく紹介された。また、2003年には、『新版ふるさと兵庫50山』において新たに「番外」、8山が付け加えられている。 その後2008年には、同連盟の創立60周年を記念して、上記の58山にさらに42山を加えたふるさと兵庫100山が新たに選定された。.

新しい!!: 六甲山とふるさと兵庫50山 · 続きを見る »

南北朝時代 (日本)

南北朝時代(なんぼくちょう じだい)は、日本の歴史区分の一つ。建武の新政の崩壊を受けて足利尊氏が新たに光明天皇(北朝側)を擁立したのに対抗して京都を脱出した後醍醐天皇(南朝側)が吉野行宮に遷った1336年(延元元年/建武3年)から、南朝第4代の後亀山天皇が北朝第6代の後小松天皇に譲位するかたちで両朝が合一を見た1392年(元中9年/明徳3年)までの、56年間をいう。また両朝の並立はひとえに後醍醐天皇の皇位に対する執念が生み出したものであることから、彼を中心に歴史が動いた南北朝時代の序章とでもいうべき1331年(元弘元年)の元弘の乱から建武新政の終焉に至る5年間もまたこの時代に含めるのが一般的である。 鎌倉時代の後半から半世紀にわたって両統迭立という不自然なかたちの皇位継承を繰り返した皇統は、すでに持明院統と大覚寺統という二つの相容れない系統に割れた状態が恒常化するという実質的な分裂を招いていた。それが倒幕と新政の失敗を経て、この時代になると両統から二人の天皇が並立し、それに伴い京都の北朝と吉野の南朝の二つの朝廷が並存するという、王権の完全な分裂状態に陥った。両朝はそれぞれの正統性を主張して激突し、幾たびかの大規模な戦が起こった。また日本の各地でも守護や国人たちがそれぞれの利害関係から北朝あるいは南朝に与して戦乱に明け暮れた。 こうした当時の世相を、奈良興福寺大乗院の第20代門跡・尋尊は自らが編纂した『大乗院日記目録』の中で「一天両帝南北京也」と表現した。これを中国の魏晋南北朝の時代を模して南北朝時代と呼ぶようになったのはかなり後のことである。なお明治以後に南朝の天皇を正統とする史観が定着すると、この時代の名称が「北朝」の語を含むことが問題視されるようになったため、吉野朝時代(よしのちょう じだい)という新語が作られたが、第二次世界大戦後に皇国史観が影を潜めるとともに死語同然となった。.

新しい!!: 六甲山と南北朝時代 (日本) · 続きを見る »

参勤交代

参勤交代(さんきんこうたい)とは、各藩の藩主を一年おきに江戸に出仕させる江戸幕府の法令のことである。参勤交替、参覲交代、参覲交替などとも書く。 藤堂様御国入行列附版画/伊賀文化産業協会蔵.

新しい!!: 六甲山と参勤交代 · 続きを見る »

友ヶ島

友ヶ島(ともがしま)は、和歌山県和歌山市加太に属し、紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ無人島群。瀬戸内海国立公園の一部。 本稿では「友ヶ島」を地ノ島、神島、沖ノ島、虎島の総称として扱う。.

新しい!!: 六甲山と友ヶ島 · 続きを見る »

名水

名水(めいすい)とは、特に良好な水質と水量を保ち続けて古くから土地の財産となってきた湧水・地下水・河川などをいう。その水質の良さから茶の湯や酒造、稲作などで使われることも多くある。しかし「名水」といえる水の明確な基準は存在せず、また必ずしも飲料に適するわけでもない。 近年は観光資源としても注目され、ブランド化された名水をもつ観光地にとっては観光客増加のための好材料であるが、その一方でマナーの悪い来訪者による環境汚染(水汲み場周辺への使用済みペットボトル等の不法投棄やその他の悪質ないたずら)が心配されている。 1985年(昭和60年)3月、環境庁水質保全局(当時)によって「名水百選」が選定された。また、2008年 (平成20年) 6月には、環境省水・大気環境局によって新たに「平成の名水百選」が選定された。重複はなく、合わせて200選となる。.

新しい!!: 六甲山と名水 · 続きを見る »

名水百選

名水百選(めいすいひゃくせん)とは、1985年(昭和60年)3月に環境庁(現・環境省)が選定した全国各地の「名水」とされる100か所の湧水・河川(用水)・地下水である。 名水百選における「名水」とは、「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」ということであり、「そのまま飲める美味しい水」という意味ではない。飲用には煮沸が必要とされているものもある。 なお、環境省は2008年(平成20年)6月、新たに「平成の名水百選」を選定した。これと対比して「昭和の名水百選」とも呼ばれる。両者に重複はなく、合わせて200選となる。.

新しい!!: 六甲山と名水百選 · 続きを見る »

塩屋駅 (兵庫県)

塩屋駅(しおやえき)は、兵庫県神戸市垂水区塩屋町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の駅である。駅番号はJR-A69。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 六甲山と塩屋駅 (兵庫県) · 続きを見る »

塗料

塗料(とりょう)とは、対象物を保護・美装、または、独自な機能を付与するために、その表面に塗り付ける材料のこと。 日本には古くから漆塗りに代表される塗料の歴史はあったが、洋式塗料の歴史は明治初頭に始まる。日本では家庭用品品質表示法の適用対象とされており雑貨工業品品質表示規程に定めがある。.

新しい!!: 六甲山と塗料 · 続きを見る »

墾田

墾田(こんでん)とは、日本の律令時代において新しく開かれた田地をいう。 723年(養老7)の三世一身法では、墾田は一定期間は私有が認められたが、期間経過後は収公されることとなっていた。しかし、743年(天平15)の墾田永年私財法では、墾田の永年にわたる私有が認められるようになり、墾田開発の活発化という結果をもたらした。公地公民制を唱える論者は、墾田の推進により律令制度の崩壊を早まったとするが、1990年代以降の研究では、墾田は律令政府が企図していた農地拡大政策に沿ったものとする評価が次第に有力となっている。.

新しい!!: 六甲山と墾田 · 続きを見る »

大名

大名(だいみょう)は、大名主より転じた語。大いに名の轟く者のことを指す。対義語は小名である。.

新しい!!: 六甲山と大名 · 続きを見る »

大坂城

大坂城/大阪城(おおさかじょう)は、安土桃山時代に摂津国東成郡生玉荘大坂に築かれ、江戸時代に修築された日本の城。現在の大阪府大阪市中央区大阪城に所在する。別称は錦城(きんじょう。金城とも表記)。「大坂城跡」として国の特別史跡に指定されている。.

新しい!!: 六甲山と大坂城 · 続きを見る »

大坂の陣

大坂の陣(おおさかのじん)は、江戸幕府と豊臣家(羽柴宗家)との間で行われた合戦。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣(おおさかふゆのじん)と、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣(おおさかなつのじん)から成る。大坂の役(おおさかのえき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と大坂の陣 · 続きを見る »

大谷光瑞

大谷光瑞(27歳) 高雄逍遥園(現状) 大谷 光瑞(おおたに こうずい、1876年(明治9年)12月27日 - 1948年(昭和23年)10月5日)は日本の宗教家(僧)、探検家。浄土真宗本願寺派第22世法主、伯爵、国営競馬馬主。 諱は光瑞。法名は鏡如上人。院号は信英院。 弟に真宗木辺派の本山錦織寺第20代法主となる木辺孝慈、大谷尊由、妹に九条武子がいる。妻は大正天皇の皇后・九条節子の姉・籌子(かずこ)。.

新しい!!: 六甲山と大谷光瑞 · 続きを見る »

大龍寺 (神戸市)

大龍寺(たいりゅうじ)は、兵庫県神戸市中央区神戸港地方再度山にある仏教寺院。山号は再度山(ふたたびさん)。東寺真言宗別格本山。通称、中風除けの寺。.

新しい!!: 六甲山と大龍寺 (神戸市) · 続きを見る »

大阪市

大阪市(おおさかし)は、日本の近畿地方、大阪府のほぼ中央に位置する市で、同府の府庁所在地である。政令指定都市に指定されている。.

新しい!!: 六甲山と大阪市 · 続きを見る »

大阪平野

平野の北西端から(西宮市) 大阪平野(おおさかへいや)は、大阪府の北部の一部を除く大部分から兵庫県の南東部を占める平野である。.

新しい!!: 六甲山と大阪平野 · 続きを見る »

大阪府

大阪府(おおさかふ)は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つ。府庁所在地は大阪市。.

新しい!!: 六甲山と大阪府 · 続きを見る »

大阪湾

記載なし。

新しい!!: 六甲山と大阪湾 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: 六甲山と大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

天下統一

天下統一(てんかとういつ/てんがとういつ)は統治すべき地域を一人の権力者の下で統治すること。.

新しい!!: 六甲山と天下統一 · 続きを見る »

天井川

天井川(てんじょうがわ)とは、砂礫の堆積により河床(川底)が周辺の平面地よりも高くなった川である。.

新しい!!: 六甲山と天井川 · 続きを見る »

天然林

両白山地大門山のブナなどの天然林 天然林(てんねんりん)は、主として自然の力によって成り立った森林のこと。自然林ともいう。人工林に対して使われる言葉であり、むしろ真の森林はこれである。 周囲の樹木から運ばれてきた種子が発芽・成長して森林が形成・維持されているため、一般的には多様な種類や年齢の樹木が入り交じっている。 山火事の跡地などでは、シラカンバなどが一斉に生えて、同じ種類で年齢も同じ樹木で構成された森林となることもある。 また、天然林は人の手が入っていないということではなく、経済的な価値のある樹木を育てるために伐採や苗木の植栽など人の手が入っても、成立の過程が主として自然の力によるものである場合は天然林という。 人の手が入っていない天然林は原生林と言われ、樹木をはじめとする生物の自然条件における生態を研究する上で学術的に高い価値がある。 一次林(天然林、特に原生林をいう)が、伐採や火災などによって失われた後に、自然に(もしくは少し人為的に)再生した森林を二次林という。 天然林の成長率(年率)は、伐採が定期的に行われる薪炭林(薪、木炭の原料となる森林)で5.7%、成長しきった天然性過熟林は1.6%として経済分析が行われたことがある。ただし薪炭林は、成長率は高いが蓄積自体は過少なものになるため成長量は少ないという特徴がある。.

新しい!!: 六甲山と天然林 · 続きを見る »

天正

天正(てんしょう)は日本の元号の一つ。元亀の後、文禄の前。ユリウス暦1573年からグレゴリオ暦1593年(ユリウス暦1592年)。 この時代の天皇は正親町天皇、後陽成天皇。征夷大将軍は足利義昭。.

新しい!!: 六甲山と天正 · 続きを見る »

太平洋戦争

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Pacific War)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国やドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた(昭和16年12月12日 閣議決定)、国立国会図書館リンク切れ --> - 国立国会図書館リサーチ・ナビ(2012年12月20日版/2016年9月16日閲覧)。 日本軍のイギリス領マレー半島攻撃により始まり、その後アメリカ西海岸、アラスカからタヒチやオーストラリアを含む太平洋のほぼ全域から、東南アジア全域、インド洋のアフリカ沿岸までを舞台に、枢軸国と連合国とが戦闘を行ったほか、日本と英米蘭の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告し、日中戦争(支那事変)も包括する戦争となった。.

新しい!!: 六甲山と太平洋戦争 · 続きを見る »

太陽と緑の道

太陽と緑の道(たいようとみどりのみち)は神戸市の六甲山を中心とした山麓から郊外を横断するハイキング、トレッキングなどのための神戸市自然歩道プロジェクト。1972年に整備完了して市民に利用されていたが、近年の宅地・工業団地開発、阪神大震災の影響等により一部寸断されていた。2011年にルートを変更し再整備完了。コースには道標が立てられている。.

新しい!!: 六甲山と太陽と緑の道 · 続きを見る »

夜景

夜景(やけい)とは、時間帯で区別した景色朝景(朝之景) - 昼景(昼之景) - 夕景(夕之景) - 夜景(夜之景)のうちの、夜の景色である『大辞泉』『大辞林』第3版。第1義には、夜の景色、夜の眺めをいい、夜色(やしょく。「夜の気配」「夜の風情」の意もあり)、ナイトビュー(英語:night view, nightscape)ともいう。日本語では、古くはおおよそ、明治時代以前。、夜色、もしくは、夜之景/夜の景(よるのけい)といった「夜之景/夜の景」は著名な辞書に掲載されていないが、日本美術の分野では一般的名称である。。英語では、night view / nightscape、または night scene という。 また、20世紀半ば以降の現代日本語の第2義では、特に狭義で、都市夜景、すなわち、月明かりなどの自然光源によらない人工光源による都市の夜景、とりわけ、建築物から漏れ出る光・サーチライト・広告照明などが視野中に密集して見える景観を指していうことが多いただし、ここでいう第2義は、今のところ著名な辞書に掲載されていない。。 本項では、日本語古来の「夜景」と近現代的都市文明社会を象徴するような「夜景」を区別したうえで、前者を「古来の夜景」、後者を「都市夜景」として解説する。.

新しい!!: 六甲山と夜景 · 続きを見る »

夙川

桜の季節 夙川(しゅくがわ)は、兵庫県南東部を流れる河川。二級水系の本流である。.

新しい!!: 六甲山と夙川 · 続きを見る »

奈良時代

奈良時代(ならじだい)は、日本の歴史の時代区分の一つで、平城京(奈良)に都が置かれた時代である。平城時代(へいじょうじだい)ともいう。日本仏教による鎮護国家を目指して、天平文化が花開いた時代である。.

新しい!!: 六甲山と奈良時代 · 続きを見る »

姫路市

姫路市(ひめじし)は、近畿地方西部、兵庫県の南西部(播磨地方)に位置する市。 中核市に指定されており、周辺自治体を含めて約74万人の姫路都市圏を形成する。中播磨県民センターの管轄。.

新しい!!: 六甲山と姫路市 · 続きを見る »

宝塚市

宝塚市(たからづかし)は、兵庫県南東部(阪神間)に位置する市。阪神北県民局管轄区域。国から施行時特例市に指定されている。宝塚市の「塚」は、国や兵庫県では新字体の「塚」を使っているが、市では画数の1画多い「塚」を用いる。.

新しい!!: 六甲山と宝塚市 · 続きを見る »

宝塚駅

宝塚駅(たからづかえき)は、兵庫県宝塚市栄町二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・阪急電鉄の駅である。JR西日本の駅番号はJR-G56、阪急電鉄の駅番号はHK-56。.

新しい!!: 六甲山と宝塚駅 · 続きを見る »

室町時代

室町時代(むろまちじだい)は、日本の歴史において、室町幕府(足利将軍家)によって統治されていた時代である。「室町時代」の名称は、京都の室町に幕府が置かれていたことに由来する。.

新しい!!: 六甲山と室町時代 · 続きを見る »

宮水

宮水(みやみず)とは、今の兵庫県西宮市の西宮神社の南東側一帯から湧出する、日本酒つくりに適していると江戸時代後期から知られている水。灘五郷の酒造に欠かせない名水として知られる。 硬度が高く、リン含有量が多く、鉄分が少ない特徴がある。宮水を守るため、水質保全活動が以前からなされている。.

新しい!!: 六甲山と宮水 · 続きを見る »

害獣

害獣(がいじゅう)とは、人間活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般をさす言葉である。人間の多い地域では、家畜などの飼育動物以外はほとんどがこれに含まれる可能性がある。.

新しい!!: 六甲山と害獣 · 続きを見る »

安土桃山時代

安土桃山時代(あづちももやまじだい)は、日本の歴史において、織田信長と豊臣秀吉が中央政権を握っていた時代である。2人の名前を取って、織豊時代(しょくほうじだい)ともいう。 なお、美術史では1615年(慶長20年)の豊臣氏滅亡までを「安土桃山時代」と称するのが一般的である。.

新しい!!: 六甲山と安土桃山時代 · 続きを見る »

寺院

日本の寺院の地図記号 寺院(じいん、梵、)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている(ごく稀に神社にも用いられることがある)。.

新しい!!: 六甲山と寺院 · 続きを見る »

寿永

寿永(じゅえい、正字体:壽永)は、日本の元号の一つ。養和の後、元暦の前。1182年から1183年までの期間を指す。この時代の天皇は安徳天皇と後鳥羽天皇。後白河法皇の院政期。 源氏と平家が相争った治承・寿永の乱の時代。源頼朝の源氏方ではこの元号を使用せず以前の治承を引き続き使用していたが、源氏方と朝廷の政治交渉が本格化し、朝廷から寿永二年十月宣旨が与えられた寿永2年(1183年)以降、京都と同じ元号が鎌倉でも用いられるようになる。また、平家方では都落ちした後も次の元暦とその次の文治の元号を使用せず、この寿永をその滅亡まで引き続き使用した。.

新しい!!: 六甲山と寿永 · 続きを見る »

富士山

富士山(ふじさん、Mount Fuji)は、静岡県(富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町)と、山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)に跨る活火山である。標高3776.24 m2等三角点「富士山」の標高は3775.51mである。最高地点はこの三角点から北へ約12mのところにある岩の頂上であり、その高さは、三角点より0.61mだけ高い(1991年の観測)。、日本最高峰(剣ヶ峰)日本が玉山(新高山)のある台湾を領有していた時期を除く。の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。数多くの芸術作品の題材とされ芸術面で大きな影響を与えただけではなく、気候や地層など地質学的にも大きな影響を与えている。懸垂曲線の山容を有した玄武岩質成層火山で構成され、その山体は駿河湾の海岸まで及ぶ。 古来霊峰とされ、特に山頂部は浅間大神が鎮座するとされたため、神聖視された。噴火を沈静化するため律令国家により浅間神社が祭祀され、浅間信仰が確立された。また、富士山修験道の開祖とされる富士上人により修験道の霊場としても認識されるようになり、登拝が行われるようになった。これら富士信仰は時代により多様化し、村山修験や富士講といった一派を形成するに至る。現在、富士山麓周辺には観光名所が多くある他、夏季シーズンには富士登山が盛んである。 日本三名山(三霊山)、日本百名山『日本百名山』 深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4、pp269-272、日本の地質百選に選定されている。また、1936年(昭和11年)には富士箱根伊豆国立公園に指定されている。その後、1952年(昭和27年)に特別名勝、2011年(平成23年)に史跡、さらに2013年(平成25年)6月22日には関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録された。日本の文化遺産としては13件目である。富士の山とは詠んだとしても、「ふじやま」という呼称は誤りである。.

新しい!!: 六甲山と富士山 · 続きを見る »

富裕層

富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指し示す。.

新しい!!: 六甲山と富裕層 · 続きを見る »

寛永

寛永(かんえい)は日本の元号の一つ。元和の後、正保の前。1624年から1645年までの期間を指す。この時代の天皇は後水尾天皇、明正天皇、後光明天皇。江戸幕府将軍は徳川家光。.

新しい!!: 六甲山と寛永 · 続きを見る »

小野市

小野市の全景北播磨総合医療センターより 小野市(おのし)は、兵庫県の中南部・東播磨のほぼ中心に位置する市で、兵庫県北播磨県民局に区分されている。.

新しい!!: 六甲山と小野市 · 続きを見る »

小林一三

小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。号は逸翁、別号に靄渓学人、靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館。 日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致など、日本最初の田園都市構想実現と共に、それらを電鉄に連動させ相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。 政界では、第2次近衛内閣の商工大臣を務めて革新官僚の商工次官・岸信介と対立、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後、公職追放となった。.

新しい!!: 六甲山と小林一三 · 続きを見る »

尼崎市

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県南東部に位置する市である。中核市に指定されている。.

新しい!!: 六甲山と尼崎市 · 続きを見る »

将軍

将軍(しょうぐん)は、比較的大きな軍隊の指揮官に与えられる官職および称号の一つ、また軍閥の指導者の地位でもある。称号としての将軍を将軍号ともいう。 古くから東洋における軍隊の指揮官の役職名の一つであった。外交上または軍隊内の敬称としては閣下が用いられる。なお、古代中国では「将軍は皇帝に任命された官職」「将は王侯や地方領主に任命された官職」と区別されている。.

新しい!!: 六甲山と将軍 · 続きを見る »

山城

山城(やまじろ、やまじょう)は、険阻な山を利用して築かれた城の一種。日本においては、江戸時代の軍学者によって分類された地形による城の分類法の一つ。 ヨーロッパの山城(ドイツ・マルクスブルク城).

新しい!!: 六甲山と山城 · 続きを見る »

山号

山号(さんごう)は、仏教の寺院に付ける称号。 寺院によっては付けていない所もあり、付けている場合についても、その寺院が所在する山の名称を付けている場合と、医王山や鶴林山のように、所在地とは関係のない、仏教用語を山号として付けている場合がある。それについては、以下の様々な理由によるものとされる。「号」も参照。.

新しい!!: 六甲山と山号 · 続きを見る »

山塊

北海道の大雪山。火山群からなる巨大な山塊である。 山塊(さんかい、massif)は、山稜が脈状や線状の配列にならず、ひとまとまりの集まりとして把握される一群の山岳のことである。また、山脈から離れて塊状になった山地のこと。独立山(どくりつさん)とも呼ばれる。 その標高が比較的低い場合、独立丘陵(どくりつきゅうりょう)、独立丘(どくりつきゅう、どくりつおか)とも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と山塊 · 続きを見る »

山火事

山火事(やまかじ、英語:wildfire)とは、山や森林で広範囲にわたり発生する火災。森林火災(しんりんかさい)、山林火災(さんりんかさい)、林野火災(りんやかさい)ともいう。.

新しい!!: 六甲山と山火事 · 続きを見る »

山田錦

北区北僧尾の剣菱'''山田錦'''契約田 山田錦(やまだにしき)は、イネ(稲)の品種の一つ。主に日本酒醸造に用いられており、酒造好適米の代表ともいわれる。.

新しい!!: 六甲山と山田錦 · 続きを見る »

山麓バイパス

山麓バイパス(さんろくバイパス)は、兵庫県神戸市中央区生田町から同市北区山田町下谷上に至る延長9.8kmの有料道路である。「西神戸有料道路」の二期事業として位置付けられて建設された。 道路の管理は神戸市道路公社が行っている。.

新しい!!: 六甲山と山麓バイパス · 続きを見る »

山陽電気鉄道本線

本線(ほんせん)は、兵庫県神戸市長田区の西代駅から兵庫県姫路市の山陽姫路駅までを結ぶ山陽電気鉄道の鉄道路線である。 神戸と明石・姫路間の都市間輸送を行っている。西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線(JR神戸線)とは全線で、特に山陽須磨駅 - 山陽明石駅間では完全に並行しており競合状態にある。.

新しい!!: 六甲山と山陽電気鉄道本線 · 続きを見る »

山陽本線

山陽本線(さんようほんせん)は、兵庫県神戸市中央区の神戸駅から福岡県北九州市門司区の門司駅までを瀬戸内海に沿って結ぶ鉄道路線(幹線)である。本線のほか、通称「和田岬線」と呼ばれる兵庫駅 - 和田岬駅間の支線を持つ。神戸駅 - 下関駅間と和田岬線は西日本旅客鉄道(JR西日本)、下関駅 - 門司駅間は九州旅客鉄道(JR九州)の管轄である。一般的に山陽線と略される。 なお、広義では山陽新幹線の新神戸駅から小倉駅までの区間も山陽本線に含める場合があるが、本項目では在来線としての山陽本線全般の概要や沿革などについて記す。新幹線については「山陽新幹線」を、また在来線の地域ごとの詳細については以下の記事も参照。.

新しい!!: 六甲山と山陽本線 · 続きを見る »

山陽新幹線

山陽新幹線(さんようしんかんせん)は、新大阪駅から博多駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。 東海道新幹線を延長する形で建設され、多くの列車が直通運転を行っていることから、総称して「東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん)」とも呼ばれる場合もある。また、2011年3月12日から九州新幹線とも直通運転を行っており、総称して「山陽・九州新幹線(さんよう・きゅうしゅうしんかんせん)」という標記や、さらにこれらの3路線を総称して「東海道・山陽・九州新幹線(とうかいどう・さんよう・きゅうしゅうしんかんせん)」という標記もみられるJR西日本が定期的に自社の主要駅で配布している新幹線時刻表では「東海道・山陽・九州新幹線」と表記されている。。.

新しい!!: 六甲山と山陽新幹線 · 続きを見る »

展望台

展望台(てんぼうだい)は、岬の先端や山の頂上付近、あるいは高層建築物や塔の最上階等にある、景色を見るために設置されている設備。.

新しい!!: 六甲山と展望台 · 続きを見る »

岩原山

岩原山(いわはらやま)は、兵庫県宝塚市にある標高573mの山である。六甲山地の山の一つ。瀬戸内海国立公園に属している。.

新しい!!: 六甲山と岩原山 · 続きを見る »

岩倉山 (兵庫県)

岩倉山(いわくらやま)は、兵庫県宝塚市にある標高488.4mの山である。六甲山地の山の一つ。瀬戸内海国立公園に属している。.

新しい!!: 六甲山と岩倉山 (兵庫県) · 続きを見る »

上水道

上水道(じょうすいどう)とは、一般に飲用可能な水の公共的な供給設備一般を指す。上水道には単に「水道」という呼び方もあり、下水道や中水道などとの区別を強調する場合に上水道と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 六甲山と上水道 · 続きを見る »

不要不急線

不要不急線(ふようふきゅうせん、不要不急路線とも)とは、日中戦争から太平洋戦争に向かう最中の1941年(昭和16年)8月30日に、特に武器生産に必要な金属資源の不足を補うことを目的に公布された勅令第835号・金属類回収令(鉄材供出)のため、政府の命令により線路を撤去された鉄道路線のことである。 ほとんどの路線は手続上「休止」扱いとされたが、実質的に「廃止」で、再開されなかった路線はその後正式に廃止された。民営鉄道の場合は戦後復活を果した例がケーブルカーを除くとほとんどないが、国有鉄道の多くの路線は戦後線路を復旧し、営業を再開した。しかし復活を果たしたものでも後の「赤字83線」や「特定地方交通線」などの取組みの中で、再び廃止された路線も少なくない。.

新しい!!: 六甲山と不要不急線 · 続きを見る »

中国山地

中国山地(ちゅうごくさんち)は、日本の中国地方の脊梁をなす山地。また中国地方最高峰の大山やその外輪山の蒜山、および三瓶山は中国山地より北に外れて出来た独立峰の火山であり、これらは他の中国山地の山々とは生成過程が大きく異なる山であるが、国土地理院では中国山地中部と分類している。 東西に長く、東はおよそ市川・円山川(いずれも兵庫県)付近から、西は響灘海岸(山口県西岸)までの約500kmに及ぶ。氷ノ山(標高1,510m)を除くと高い山でも標高約1,300m~1,000m程度、その他はおおむね標高約500m~200m程度の比較的低い山で構成されている。全般的に風化しやすい花崗岩が多く、侵食を受けて小起伏の多い準平原地形を呈している。平地部は津山盆地や三次盆地などごくわずかな範囲に限られている。 中国山脈と呼ばれることもあるが、地質学的な山脈の定義には当てはまらない。 気候を分ける山地でもあり、北側は日本海側気候、南側は瀬戸内海式気候になっている。.

新しい!!: 六甲山と中国山地 · 続きを見る »

中生代

中生代(ちゅうせいだい、Mésozoïque、Mesozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約2億5217万年前から約6600万年前に相当し、恐竜が生息していた時期にほぼ対応する。 中生代は、さらに以下の3つの紀に細分される。.

新しい!!: 六甲山と中生代 · 続きを見る »

中村鋭一

中村 鋭一(なかむら えいいち、1930年1月22日 - 2017年11月6日)は、日本の元アナウンサー、タレント、政治家(元衆議院・参議院議員)。愛称は「えいちゃん」。「浪速のえいちゃん」と名乗っていた時期もある。俳号「中村一竿子(なかむら いっかんし)」。.

新しい!!: 六甲山と中村鋭一 · 続きを見る »

丸山断層

丸山断層(まるやまだんそう)は、兵庫県神戸市長田区明泉寺町にある衝上断層(逆断層)。1937年(昭和12年)12月21日、「神戸丸山衝上断層」として国の天然記念物に指定される。.

新しい!!: 六甲山と丸山断層 · 続きを見る »

常緑樹林

常緑樹林(じょうりょくじゅりん、英語evergreen forest)とは、年間を通して葉をつける木、すなわち常緑樹からなる森林を指す。常緑広葉樹林と常緑針葉樹林がある。 常緑樹林は、樹木が密に並んだ植生で、構成樹種の多くが年間を通じて葉を維持しているものを指す。多少の落葉樹が混じるのは、特に珍しいことではない。樹木は、乾期や冬といった葉の維持が困難な時期に葉を維持することで新しい葉を作るコストを省くことと、一旦は葉を捨てて、好適な時期にあらためて葉を生産することを、両天秤にかけていると見ることができる。したがって、常緑樹林は、このような不利な時期が短く、さほどつらくない条件下で成立する。.

新しい!!: 六甲山と常緑樹林 · 続きを見る »

丹波高地

丹波高地(たんばこうち)は、兵庫県東部・京都府・大阪府北部・滋賀県西部・福井県南西部に広がる隆起準平原。一般に、由良川と加古川の以東の標高600 mから800 m程度までの類似した標高を有する山岳が林立する地域を指している。丹波山地、或いは丹波高原といわれることもある。高地の内、京都府の綾部市、京丹波町、南丹市、京都市左京区・右京区の範囲が2016年(平成28年)に京都丹波高原国定公園に指定された。.

新しい!!: 六甲山と丹波高地 · 続きを見る »

布引の滝 (兵庫県)

布引の滝(ぬのびきのたき)は、神戸市中央区を流れる布引渓流(名水百選)にある4つの滝の総称。日本三大神滝のひとつ。日本三大名瀑にも選ばれることがある。布引滝とも表記する。名瀑として知られる古来の景勝地である。 かつて役小角が開いた滝勝寺の修験道行場として下界とは一線を画する地であったが、現在は渓流沿いおよび布引山(森林浴の森100選)一帯から滝を経て布引ハーブ園へと至る遊歩道が整備され、鉄道駅からも気軽に立ち寄ることができるようになっている。.

新しい!!: 六甲山と布引の滝 (兵庫県) · 続きを見る »

布引五本松ダム

布引五本松ダム(ぬのびきごほんまつダム)、(布引五本松堰堤(えんてい)、布引ダムとも)は、日本最初の重力式コンクリートダム。2006年に近代化遺産「布引水源地水道施設」の一部として国の重要文化財に指定された。厚生労働省の「近代水道百選」に選ばれている。.

新しい!!: 六甲山と布引五本松ダム · 続きを見る »

布引ハーブ園

戸市立布引ハーブ園(こうべしりつぬのびきハーブえん)は、兵庫県神戸市中央区にある植物園である。神戸布引ロープウェイ風の丘中間駅とハーブ園山頂駅間に広がっている。.

新しい!!: 六甲山と布引ハーブ園 · 続きを見る »

市街地

市街地(しがいち)とは、家屋、商業施設や商店・商店街が密集した土地、区域をさす言葉。市区町村内で比較的大きい街や町のことを指す。農村的地域の対義としては「都市的地域」の語があり、国勢調査に用いられる区分としてDID(人口集中地区)の語がある。 消防水利では、市街地を「消防力の基準」(平成12年消防庁告示第1号)第2条第1号に定義しており、建築物の密集した地域のうち、平均建ぺい率がおおむね10%以上の街区がひと固まりとなり人口1万人以上となっている区域とした。また、1万人以上の区域がなくても、人口千人以上の区域(準市街地)が近接して複数ある場合は、市街地とすることとしている。 以下に、各法令や行政において用いられる関連用語について列挙する。.

新しい!!: 六甲山と市街地 · 続きを見る »

三田市

三田市(さんだし)は、兵庫県の市。阪神北県民局管轄区域。本項では市制前の名称である三田町(さんだちょう)についても述べる。 摂津国が丹波国・播磨国と国境を接している阪神地域の北側に位置している。「阪神地域」と称される地域のうちでは豊かな自然が残っている田園都市である。.

新しい!!: 六甲山と三田市 · 続きを見る »

三木市

旧市街(ひめじ道) 古くから残る水田地帯志染町四合谷で撮影 三木市(みきし)は、兵庫県の南部、東播磨地方に位置する市で神戸都市圏に属する。兵庫県北播磨県民局管内に属している。旧美嚢郡。なお他の地域にある三木との区別を意識する場合、旧国名を用い播磨三木(はりまみき)、もしくは、播州三木(ばんしゅうみき)と称される場合がある。.

新しい!!: 六甲山と三木市 · 続きを見る »

一ノ谷の戦い

一ノ谷の戦い(いちのたにのたたかい)は、平安時代の末期の寿永3年/治承8年2月7日(1184年3月20日)に摂津国福原および須磨で行われた戦い。治承・寿永の乱(源平合戦)における戦いの一つ。.

新しい!!: 六甲山と一ノ谷の戦い · 続きを見る »

平安時代

平安時代(へいあんじだい、延暦13年(794年) - 文治元年(1185年)/建久3年(1192年)頃)は、日本の歴史の時代区分の一つである。延暦13年(794年)に桓武天皇が平安京(京都)に都を移してから鎌倉幕府が成立するまでの約390年間を指し、京都におかれた平安京が、鎌倉幕府が成立するまで政治上ほぼ唯一の中心であったことから、平安時代と称される。.

新しい!!: 六甲山と平安時代 · 続きを見る »

平氏

平氏(へいし、たいらうじ)は、「平」を氏の名とする氏族。姓(カバネ)は朝臣。家紋は揚羽蝶、鱗など。 日本において皇族が臣下に下る(臣籍降下)際に名乗る氏の一つで、有名な桓武平氏を含め4つの流派がある。.

新しい!!: 六甲山と平氏 · 続きを見る »

平清盛

平 清盛(たいら の きよもり)は、平安時代末期の武将・公卿。 伊勢平氏の棟梁・平忠盛の長男として生まれ、平氏棟梁となる。保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱で最終的な勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任じられる。日宋貿易によって財政基盤の開拓を行い、宋銭を日本国内で流通させ通貨経済の基礎を築き、日本初の武家政権を打ち立てた(平氏政権)。 平氏の権勢に反発した後白河法皇と対立し、治承三年の政変で法皇を幽閉して徳子の産んだ安徳天皇を擁し政治の実権を握るが、平氏の独裁は公家・寺社・武士などから大きな反発を受け、源氏による平氏打倒の兵が挙がる中、熱病で没した。.

新しい!!: 六甲山と平清盛 · 続きを見る »

享保

享保(きょうほう、きょうほ)は日本の元号の一つ。正徳の後、元文の前。1716年から1736年までの期間を指す。この時代の天皇は中御門天皇、桜町天皇。江戸幕府将軍は徳川吉宗。.

新しい!!: 六甲山と享保 · 続きを見る »

京都大学

記載なし。

新しい!!: 六甲山と京都大学 · 続きを見る »

人造湖

人造湖(じんぞうこ、)とは、人為的に造られた湖のこと。人工湖(じんこうこ)ともいい、またそのような水を貯める施設を貯水池(ちょすいち、reservoir)、貯水湖(ちょすいこ)などという。人が建設したダムによって河川が堰き止められた結果できあがったダム湖(ダムこ)はこれらに含まれる。 自然湖あるいは天然湖(人の手によって造られたものではない、天然に存在する湖)に対して、この言葉が用いられる。.

新しい!!: 六甲山と人造湖 · 続きを見る »

二楽荘

二楽荘(にらくそう)は、西本願寺22世法主・大谷光瑞が兵庫県の六甲山麓に建設した別邸である。1909年(明治42年)に竣工したが、数年後には閉鎖され、1932年(昭和7年)に焼失した。「二楽」とは「山を楽しみ、水を楽しむ」「山水を楽しみ、育英を楽しむ」の意味とされる。.

新しい!!: 六甲山と二楽荘 · 続きを見る »

井戸

戦国時代の井戸。井桁を備え、つるべと桶で使用する。 井戸(いど)は地下水、温泉、石油、天然ガスなどをくみ上げるため、または水を注入するために、地面を深く掘った設備である。 一般に「井戸」といった場合には地下の帯水層から地下水を汲み上げるために地層や岩石を人工的に掘削した採水施設を指すことが多い河野伊一郎著 『地下水工学』鹿島出版会 p.43 1989年野本寛一編『食の民俗事典』柊風舎 p.531 2011年。以下、地下水を汲む井戸を中心に説明する。.

新しい!!: 六甲山と井戸 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 六甲山と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 六甲山と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 六甲山とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 六甲山とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 六甲山と元日 · 続きを見る »

廣田神社

廣田神社(ひろたじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社。式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。.

新しい!!: 六甲山と廣田神社 · 続きを見る »

建武 (日本)

建武(けんむ)は、日本の元号の一つ。南朝方では元弘の後、延元の前で日_(旧暦)|1月29日〜1336年2月19日までの期間を指す。北朝方では正慶の後、暦応の前で、1334年1月29日〜1338年8月28日までの期間を指す。この時代の天皇は南朝方後醍醐天皇、北朝方光明天皇。.

新しい!!: 六甲山と建武 (日本) · 続きを見る »

伏流水

伏流水(ふくりゅうすい)とは、河川敷や旧河道の下層にある砂礫層、あるいは化石谷内の砂礫層中を流れている地下水(土壌水)で、地表の河川との水理的な関係が強いものをいう 。.

新しい!!: 六甲山と伏流水 · 続きを見る »

伐採

伐採(ばっさい)は、森林の木竹を伐り倒すことであり、通常は丸太を生産する行為をいう。林業における伐採の種類には主伐(しゅばつ)、間伐(かんばつ)、除伐(じょばつ)、皆伐(かいばつ)、択伐(たくばつ)がある。.

新しい!!: 六甲山と伐採 · 続きを見る »

弓弦羽神社

弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)は、兵庫県神戸市東灘区御影郡家にある神社である。旧社格は村社。.

新しい!!: 六甲山と弓弦羽神社 · 続きを見る »

住吉川 (兵庫県)

国道2号線の南から六甲山を望む 住吉川(すみよしがわ)は、神戸市東部を流れる河川。二級水系の本流である。六甲山麓から短く下る急流であるため扇状地が形成され、中流では天井川となっている。 急流に加えて生活排水も流入しないため、市街地にも拘らず蛍が棲息するほどの清流。またこの水が、灘五郷における酒造の一端を担っている。反面、阪神大水害をはじめ幾度かの水害をももたらしてきた。人々のランニングのコースともなっている。 倚松庵をはじめ両岸には大規模な邸宅が多く、旧住吉村の流れを受け継ぐ阪神間モダニズムの住宅地の一角をなす。.

新しい!!: 六甲山と住吉川 (兵庫県) · 続きを見る »

住吉浜町

住吉浜町(すみよしはままち)は兵庫県神戸市東灘区の町名。丁番の設定がない単独町名である。住居表示未実施。2005年10月1日現在の人口は6人、2012年6月14日閲覧。。郵便番号658-0042。.

新しい!!: 六甲山と住吉浜町 · 続きを見る »

住宅地

アメリカ) 住宅地の町並み(日本) 住宅地(じゅうたくち)は、土地、宅地の利用区分の一形態で、住宅の用途に供せられる土地のことをいうことが一般的である。住宅地が集まった地域を「住宅地域」または「住宅街」という。.

新しい!!: 六甲山と住宅地 · 続きを見る »

御影 (神戸市)

御影(みかげ)は、神戸市東灘区にある地名の一つ。 旧兵庫県武庫郡御影町の一帯を指す。 山手側は阪神間屈指の高級住宅街の一つとして著名であり、阪神・淡路大震災の被害を免れた豪邸が点在している。 花崗岩の別名「御影石」の語源となった場所でもある。海岸側は、江戸時代以降栄えた酒どころ「灘五郷」の一つ「御影郷」であり、白鶴、菊正宗、剣菱などの造り酒屋、工場が現在も操業している。 歴史的に有名なものとしては、澤之井という泉があり、神功皇后がその水面に御姿を映し出したことが「御影」の名の起こりとされている。 1933年(昭和8年)に建設された神戸市立御影公会堂は、建築当時のままの状態でいる。 映画やテレビドラマ化された『火垂るの墓』の舞台である。.

新しい!!: 六甲山と御影 (神戸市) · 続きを見る »

御影浜町

御影浜町(みかげはままち)は兵庫県神戸市東灘区の町名の一つであり、大阪湾に浮かぶ人工島 東部第二工区の西半部と対岸の御影石町(旧・石屋村域)に接続する埋立て地からなる。丁目の設定がない単独町名である。住居表示は未実施。全域が石油化学、酒造精米の工場が並ぶ工業地帯で、平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)時点での定住人口はない。郵便番号:658-0043。 東部第二工区の埋め立ては昭和35年度(1960年)に開始された。灘区鶴甲山から70億円の工費をかけて1084万m3の土砂を高羽線の暗渠に設けたベルトコンベヤーで運び、88ヘクタールを埋立てて昭和43年度(1968年 - 1969年)に竣工した。 工事中の1965年(昭和40年)、公有水面の埋立地と御影町御影字浜西・浜中・弓場の各一部から御影浜町が成立した。 北は御影本町と御影大橋により結ばれ、人工島の東半分は住吉浜町、西は灘区灘浜東町(東部第一工区)と灘大橋によって結ばれている。 域内をハーバーハイウェイが通るが、灘大橋までは無料である。.

新しい!!: 六甲山と御影浜町 · 続きを見る »

徳川秀忠

徳川 秀忠(とくがわ ひでただ)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。江戸幕府の第2代征夷大将軍。.

新しい!!: 六甲山と徳川秀忠 · 続きを見る »

徳政令

徳政令(とくせいれい)とは、日本の中世、鎌倉時代から室町時代にかけて、朝廷・幕府などが土倉などの債権者・金融業者に対して、債権放棄(債務免除)を命じた法令である。.

新しい!!: 六甲山と徳政令 · 続きを見る »

律令制

律令制(りつりょうせい)は、律令に基づく制度のこと。主に古代東アジアで見られた中央集権的な統治制度であるといわれることもあるが、唐制に倣った体系的法典を編纂・施行したことが実証されるのは日本だけである山内昌之・古田博司。日本では律令制または律令体制や律令国家と呼ばれるが、中国にはこのような呼称は存在しない菊池秀明p8 (日中歴史共同研究報告書 p153)。中国において「律令」という言葉は秦から明まで長期にわたって使われており、その間にその内容や位置づけは大きな変遷をみている。そのため、日本の律令制の直接的モデルとなった隋や唐の国家体制をもって「律令制」と定義することは、中国の律令の変遷の実情を無視することとなり、また秦から明までのおよそ1800年間(律のみ存在した清も加えれば2100年間)の制度を一括りにすることにはあまり意味がないとする考えもある廣瀬薫雄『秦漢律令研究』2010年、汲古書院、第一部第一章「律令史の時代區分について」。.

新しい!!: 六甲山と律令制 · 続きを見る »

修行

修行(しゅぎょう、異音:すぎょう)は、仏教における精神の鍛錬に関する用語の一つ。 財産・名誉・性欲といった人間的な欲望(相対的幸福)から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態(絶対的幸福)を追求することを指す。 この仏教用語を元に、古代インド宗教における同質の行為や、他の宗教における精神鍛錬にも、固有の用語が無い場合にはこの語が用いられる(例:イスラーム修行)。 また一般的には、世俗的な習練、習い修めを表す語である「修業」と混同されて呼ばれることも少なくない(詳しくは後述する)。.

新しい!!: 六甲山と修行 · 続きを見る »

応仁の乱

応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代の応仁元年(1467年)に発生し、文明9年(1477年)までの約11年間にわたって継続した内乱。室町幕府管領家の畠山氏、斯波氏の家督争いから、細川勝元と山名宗全の勢力争いに発展し、室町幕府8代将軍足利義政の継嗣争いも加わって、ほぼ全国に争いが拡大した。明応2年(1493年)の明応の政変と並んで戦国時代移行の原因とされる。十数年に亘る戦乱は和睦の結果、西軍が解体され収束したが、主要な戦場となった京都全域が壊滅的な被害を受けて荒廃した。 応仁元年(1467年)に起きたことから応仁の乱と呼ばれるが、戦乱期間の大半は文明年間であったため応仁・文明の乱(おうにん・ぶんめいのらん)とも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と応仁の乱 · 続きを見る »

土砂災害

土砂災害(どしゃさいがい)とは、大雨や地震に伴う斜面崩壊(がけ崩れ・土砂崩れ)、地すべり、土石流などにより人の生命や財産が脅かされる災害火山の噴火に伴う溶岩流・火砕流・火山泥流を含める場合もある。。.

新しい!!: 六甲山と土砂災害 · 続きを見る »

地塁

地塁 (Horst) と地溝 (Graben) 地塁(ちるい、)とは、ほぼ平行に走る複数の断層によって区切られ、両側に対して相対的に隆起し、山地・台地など凸状の地形を呈する地塊もしくはその地形のこと。断層地塊の両側面は断層崖で構成されている。地溝 (Graben) の対語で、ドイツ語のホルスト(Horst)に由来し、英語やフランス語でもホルスト(horst)と表記される。基本的に正断層によるものであり、地溝と連続しているケースも少なくない。山地を形成する地塁を地塁山地、脈状に連続するものを地塁山脈と呼称する。.

新しい!!: 六甲山と地塁 · 続きを見る »

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。.

新しい!!: 六甲山と地下鉄 · 続きを見る »

地下水

地下水(ちかすい)とは、広義には地表面より下にある水の総称であり、狭義では、特に地下水面より深い場所では帯水層と呼ばれる地層に水が満たされて飽和しており、このような水だけが「地層水」や「間隙水」「地下水」と呼ばれ、地下水面より浅い場所で土壌間に水が満たされずに不飽和である場合はその水は「土壌水」と呼ばれる。このような狭義では、両者を含めた地表面より下にある水全体は「地中水」と呼ばれる。広義の地下水に対して、河川や湖沼、ため池といった陸上にある水は「表流水」と呼ばれる日本地下水学会/井田徹治著『見えない巨大水脈 地下水の科学』、講談社、2009年5月20日第1刷発行、ISBN 9784062576390。.

新しい!!: 六甲山と地下水 · 続きを見る »

地形輪廻

地形輪廻(ちけいりんね)とは、河川の侵食により地形が変化して行く過程のこと。侵食輪廻(しんしょくりんね)とも言う。アメリカのウィリアム・モーリス・ディヴィスが提唱した。 原地形(げんちけい)が侵食を受けて幼年期地形(ようねんきちけい)となり、壮年期地形(そうねんきちけい)、老年期地形(ろうねんきちけい)を経て平坦な準平原(じゅんへいげん)となる。.

新しい!!: 六甲山と地形輪廻 · 続きを見る »

地殻

1.

新しい!!: 六甲山と地殻 · 続きを見る »

北区 (神戸市)

北区(きたく)は、神戸市を構成する9行政区の一つで、同市の北東部、六甲山の北側から西側に位置する。.

新しい!!: 六甲山と北区 (神戸市) · 続きを見る »

北神急行電鉄北神線

北神線(ほくしんせん)は、兵庫県神戸市中央区の新神戸駅から北区の谷上駅までを結ぶ北神急行電鉄の鉄道路線である。.

新しい!!: 六甲山と北神急行電鉄北神線 · 続きを見る »

北東北

北東北(きたとうほく)とは、東北地方北部の、青森県・岩手県・秋田県の3県の総称である。「北東北3県」「きた東北」「北奥羽(きたおうう)」という場合もある。 対して、東北地方の南部3県は南東北(みなみとうほく)と呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と北東北 · 続きを見る »

北摂山系

北摂山系(ほくせつさんけい)は、主に兵庫県南東部から大阪府北部、京都府南西部に広がる山地で、丹波高地の南部を含む区域であり、北摂山地と称される場合もある。.

新しい!!: 六甲山と北摂山系 · 続きを見る »

ミネラル

ミネラル()は、一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の必須元素である。無機質、灰分(かいぶん)などともいう。蛋白質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられる。 日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められている。 生物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。すべての要素は適度な量を摂る事が良く、欠乏症だけでなく過剰摂取も病気の原因ともなる。 ミネラルは人の体内で作ることは出来ないため、毎日の食事からとる必要がある。.

新しい!!: 六甲山とミネラル · 続きを見る »

ミネラルウォーター

ミネラルウォーター(mineral water)あるいは鉱泉水(こうせんすい)とは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言う。.

新しい!!: 六甲山とミネラルウォーター · 続きを見る »

ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ ''Oxalis griffithii'' ミヤマカタバミ(深山片喰、深山傍食山に咲く花(1996)、学名:Oxalis griffithii)はカタバミ科の植物の一種。別名は、ヤマカタバミ、エイザンカタバミ。本州、四国、九州、ヒマラヤに分布する多年草。.

新しい!!: 六甲山とミヤマカタバミ · 続きを見る »

マンサク

マンサク(満作、万作、金縷梅、学名: )は、マンサク科マンサク属の落葉小高木。 マンサクの語源は明らかでないが、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれている。.

新しい!!: 六甲山とマンサク · 続きを見る »

マンサク科

マンサク科(満作科、まんさくか、Hamamelidaceae)は、双子葉植物の科である。クロンキスト分類体系ではマンサク目に分類されていたが、APG植物分類体系ではユキノシタ目に統合され、フウ属とその近縁の属はフウ科に分離された。世界の亜熱帯から暖帯にかけて、27属80-90種が分布しており、日本にもトサミズキ、マンサクなどの自生種があり、また、庭木として古くから栽培されている。低木または小高木で、葉は単葉で托葉があり、螺旋状に生じる。花は総状花序または穂状花序で、花弁は4枚または5枚だが、退化しているものもある。.

新しい!!: 六甲山とマンサク科 · 続きを見る »

ノートブック

ノートブック()は、複数の紙を金具や糊で束ねた文房具である。帳面(ちょうめん)、筆記帳(ひっきちょう)などと呼ばれたりもする(以下、ノートと略す)。 多種多様なノートがあるが、文章あるいは説明に供する図形を書くのが主目的であり、絵を書くためのスケッチブックなどとは区別される。ノートの表紙、裏表紙を除いた紙の色は一般的には白色で、表面は無地のもの、あるいはあらかじめ横罫や縦罫、マス目が印刷されているものなどがある。 なお、ノートというだけでノートブックを指す用法は和製英語である。英語のノート(note)の意味は、短い記述、書きつけ、覚え書き、注釈などで、ノートブックの意味はない。.

新しい!!: 六甲山とノートブック · 続きを見る »

マツ

マツ属(マツぞく、学名:)は、マツ科の属の一つ。マツ科のタイプ属である。日本に広く分布するアカマツ、クロマツは英語でそれぞれJapanese red pine、Japanese black pineと呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山とマツ · 続きを見る »

ハイキング

ハイキング(Hiking)は、健康のため、あるいは知らない土地を見聞したり、自然の風景や歴史的な景観を楽しむために軽装で、一定のコースや距離を歩くことをいう。ウォーキングともいい、近年は高齢者の健康維持(health promotion)のために推奨されている。小高い丘や山を越えたり、その中腹を横切るといったコースもあり、山歩きと一部その活動は重なる部分もある。なお、ハイキングをする人をハイカーという。 なお、食事が主な目的となる場合は、ハイキングではなくピクニックとなる。.

新しい!!: 六甲山とハイキング · 続きを見る »

ハウス食品

ハウス食品株式会社(ハウスしょくひん、House Foods Corporation)は、大阪府東大阪市に本店・大阪本社を、東京都千代田区に東京本社を置く、即席カレールーを中心とする日本の大手食品メーカーである。通称はハウス、House。株式の略号は「ハウス食」「ハウス」は大和ハウス工業の略号である。。本項では、持株会社化以前のハウス食品(現商号 ハウス食品グループ本社)および持株会社化に際し新設された事業会社であるハウス食品(旧商号 ハウス食品分割準備株式会社)について記す。.

新しい!!: 六甲山とハウス食品 · 続きを見る »

ハゼノキ

ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木、学名:Toxicodendron succedaneum)はウルシ科ウルシ属の落葉小高木。単にハゼとも言う樹皮・葉でわかる樹木図鑑 (2011)、170頁。別名にリュウキュウハゼ、ロウノキ、トウハゼなど。果実は薩摩の実とも呼ばれる。 東南アジアから東アジアの温暖な地域に自生する。日本には、果実から木蝋を採取する資源作物として、江戸時代頃に琉球王国から持ち込まれ、それまで木蝋の主原料であったウルシの果実を駆逐した。古い時代には現在のヤマウルシやヤマハゼといった日本に自生するウルシ科の樹木のいくつかを、ハゼと称していた。 俳句の世界では秋に美しく紅葉するハゼノキを櫨紅葉(はぜもみじ)とよび秋の季語としている。櫨の実も秋の季語である。 ウルシほど強くはないが、かぶれることもあるので注意が必要。.

新しい!!: 六甲山とハゼノキ · 続きを見る »

ポートアイランド

市章山からのポートアイランド遠景 ポートアイランド(Port Island)は、神戸市中央区、神戸港内にある作られた人工島である。略称は「ポーアイ」「PI」。神戸大橋及び港島トンネルによって神戸中心部と結ばれ、都市機能を一通り備える日本で最先発のウォーターフロント都市とされる。「山、海へ行く」のキャッチコピーの下、六甲山地の土砂で、瀬戸内海の一部を埋め立るという方法で、2期に分けて造成された。.

新しい!!: 六甲山とポートアイランド · 続きを見る »

ポプラ

ポプラ(poplar, 学名:)は、双子葉植物綱キントラノオ目ヤナギ科ヤマナラシ属またはハコヤナギ属 に属する樹木(ハコヤナギはヤマナラシの別名)。北半球の温帯に約100種が分布する。 日本のポプラ属は、ヤマナラシ、ドロノキ、クロヤマナラシの3種が自生する。一般には明治期に導入された外来種をポプラと呼ぶ。 ポプラの学名 には震えるという意味があり、ポプラの葉が僅かな風でもさやめくことから付けられたといわれる。.

新しい!!: 六甲山とポプラ · 続きを見る »

メートル

メートル(mètre、metre念のためであるが、ここでの「英」は英語(English language)による綴りを表しており、英国における綴りという意味ではない。詳細は「英語表記」の項及びノートの「英語での綴り」を参照。、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系における長さの物理単位である。他の量とは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる。 元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を 倍した長さを意図し、計量学の技術発展を反映して何度か更新された。1983年(昭和58年)に基準が見直され、現在は1秒の 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離として定義されている。.

新しい!!: 六甲山とメートル · 続きを見る »

モクレン科

モクレン科(学名: Magnoliaceae)は、モクレン目に属する被子植物の科の1つで、モクレンを含むもの。 すべて木本。花に花弁、雌蕊と雄蕊が多数あってらせん状に配列するなど、被子植物の古い形態を残すグループとされる。花が大きくて美しいものが多く、いくつかの種が庭木や街路樹として栽培される。葉は単葉で、托葉は芽を包み早く脱落する。.

新しい!!: 六甲山とモクレン科 · 続きを見る »

ユリ科

ユリ科 (Liliaceae) とは、被子植物の分類の一つ。単子葉植物に属する。 ユリやチューリップなど、地下に鱗茎・球根が発達するものが多い。1998年に発表されたAPG体系の分類の研究が進むまでは、ネギ属やヤマノイモ属といったAPG体系上ではキジカクシ目やヤマノイモ目に分類される種を含む広範で多種多様な科であった。 チューリップなど園芸植物として親しまれている種も多い。イヌサフランなど毒を持つものがある。.

新しい!!: 六甲山とユリ科 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: 六甲山とヨーロッパ · 続きを見る »

ランドマーク

ランドマーク()は、目印となる地理学上の特徴物を指す。元来の意味としては、探検家などが、一定の地域を移動中に、またそこに戻ってくるための目印である。.

新しい!!: 六甲山とランドマーク · 続きを見る »

リン

リン(燐、、)は原子番号 15、原子量 30.97 の元素である。元素記号は P。窒素族元素の一つ。白リン(黄リン)・赤リン・紫リン・黒リンなどの同素体が存在する。+III(例:六酸化四リン PO)、+IV(例:八酸化四リン PO)、+V(例:五酸化二リン PO)などの酸化数をとる。.

新しい!!: 六甲山とリン · 続きを見る »

リゾート

リゾート (resort) とは、大勢の人が休暇・余暇を過ごす場所のこと。行楽地。.

新しい!!: 六甲山とリゾート · 続きを見る »

ロック・クライミング・クラブ

ック・クライミング・クラブ (Rock Climbing Club, RCC) は、1924年(大正13年)に結成された、日本初のロッククライミングを目的とする山岳会。 藤木九三が中心になって、神戸市で発足した(会員であった水野祥太郎の文章によれば、結成されたのは雪彦山)。六甲山の、藤木が命名した芦屋ロックガーデンなどの岩場をゲレンデとして活動し、日本の登山界に初めてロッククライミングを紹介する役割を果たした。 1925年(大正14年)、北穂高岳の滝谷を初登攀している。また、藤木が『岩登り術』という専門書を自費出版し、後年には水野祥太郎も同名の著書を発刊している。加藤文太郎も所属していた。 1933年(昭和8年)に解散した。.

新しい!!: 六甲山とロック・クライミング・クラブ · 続きを見る »

ロッククライミング

ッククライミング フィッツロイ山で登山, アルゼンチン ロッククライミング(rock climbing)もしくは岩登り(いわのぼり)は、岩壁をよじ登ること。岩壁登攀(がんぺきとうはん)ともいう。.

新しい!!: 六甲山とロッククライミング · 続きを見る »

ヴィーナスブリッジ

ヴィーナスブリッジは兵庫県神戸市中央区にある螺旋橋。1971年に完成した。なお銘板や案内には「ビーナスブリッジ」と記載されている。 ブリッジ上より ヴィーナステラスから望む ヴィーナステラスにある愛の鍵モニュメント.

新しい!!: 六甲山とヴィーナスブリッジ · 続きを見る »

ボトルネック

ボトルネック概念図 ボトルネック (bottleneck) とは、システム設計上の制約の概念。英語の「瓶の首」の意。一部(主に化学分野)においては律速(りっそく、「速さ」を「律する(制御する)」要素を示すために使われる)、また『隘路(あいろ)』と言う同意語も存在する。 80-20の法則などが示すように、物事がスムーズに進行しない場合、遅延の原因は全体から見れば小さな部分が要因となり、他所をいくら向上させても状況改善が認められない場合が多い。このような部分を、ボトルネックという。 瓶のサイズがどれほど大きくても、中身の流出量・速度(スループット)は、狭まった首のみに制約を受けることからの連想である。 ボトムネックは誤記。.

新しい!!: 六甲山とボトルネック · 続きを見る »

トレイルランニング

300px トレイルランニング()は、陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。トレランやトレイルランと略される。山岳レースとも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山とトレイルランニング · 続きを見る »

パラボラアンテナ

多重無線用のパラボラアンテナ 衛星通信用のパラボラアンテナ パラボラアンテナの動作原理 パラボラアンテナ(parabolic antenna, parabola antenna)は、放物曲面をした反射器(放物面反射器 parabolic reflector)を持つ凹型アンテナ。形状からディッシュアンテナ(dish:皿)ともいう。.

新しい!!: 六甲山とパラボラアンテナ · 続きを見る »

ヒノキ

ヒノキ(檜、桧、学名:)は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。人工林として多く植栽されている。.

新しい!!: 六甲山とヒノキ · 続きを見る »

ピッケル

ピッケル ピッケルは、積雪期の登山に使うつるはしのような形の道具。語源はドイツ語のアイスピッケル (Eispickel) 。アイスアックス(英語:Ice axe)、ピオレ(フランス語:Piolet)とも呼ばれる『山への挑戦』pp.67-91。。昔は日本語表記として「氷斧(ひょうふ)」「砕氷斧(さいひょうふ)」「斧頭氷杖(ふとうひょうじょう)」「氷鉞(ひょうえつ)」などが使われたこともあるが定着していない。 その用途は幅広く、氷雪の斜面で足がかりを作るのに用いるほか、確保の支点(ビレイピン)、滑落時の滑落停止、グリセード時の制動及び姿勢の維持、アイスクライミング時の手掛かり、杖代わり、時には雪上でテントのペグとして使ったりもする。 山岳地帯での縦走用には柄が真っ直ぐで比較的長い60 - 70 cm程度のものが用いられるが、氷壁などの突破用には30 - 40 cm程度と短めのものが用いられる。氷壁用のものは、オーバーハングしている局面を考えて柄がカーブしているものもある。 かつて近世 - 戦前程度には杖としての使用局面が多かったらしく100 cm程度あったが、現在はストックを別に用意することも多く、シビアな局面だけで利用されることが増えたため短めのデザインとなっている。.

新しい!!: 六甲山とピッケル · 続きを見る »

ツバキ

ツバキ(椿、海柘榴)またはヤブツバキ(藪椿、学名: )は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。 日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶが、同じツバキ属であってもサザンカを椿と呼ぶことはあまりない。.

新しい!!: 六甲山とツバキ · 続きを見る »

ツバキ科

ツバキ科(Theaceae)は、ツツジ目に属する植物の科。 ツバキ、サザンカ、チャ(茶の木)、ナツツバキなどを含む。 木本で、葉は互生する。花は放射相称で子房上位。がくと花弁の数は5または4のものが多いが、さらに多いものもあり、特にツバキなどはがくから花弁に連続的に移行する。花弁は離生するものと、基部が合生するものがある。おしべは多数。果実はさく果か核果。大部分が東・東南アジアに、一部は南北アメリカ大陸などに分布する。.

新しい!!: 六甲山とツバキ科 · 続きを見る »

ツツジ科

ツツジ科(ツツジか、学名:Ericaceae) は、被子植物に分類される科の1つ。現在主流のAPG植物分類体系では、約125属4000種ほどの大きな科で、木本・草本を含め、温帯から寒帯にかけて広く分布する。次のような系統樹が推定されている。 従来のクロンキスト体系等の分類では、イチヤクソウ科(・シャクジョウソウ科)・エパクリス科・ガンコウラン科を含む4科または5科に分けられていた。 上記の亜科のうち、ドウダンツツジ亜科とシャクジョウソウ亜科以外の根は子嚢菌の一部と共生してツツジ型菌根を形成する。ドウダンツツジ亜科の根ではグロムス門の菌類と多くの陸上植物と共通のアーバスキュラー菌根が形成され、シャクジョウソウ亜科では担子菌の外生菌根菌とイチヤクソウ型菌根やシャクジョウソウ型菌根が形成される。.

新しい!!: 六甲山とツツジ科 · 続きを見る »

ホテル

東京駅に隣接するホテル外観。シャングリ・ラ ホテル 東京は写真向かって左側の建物 ラスベガスのMGMグランド世界一の面積を誇るカジノホテルで、総客室数は6850。これは日本で一番部屋数が多いホテルの3倍ほどにあたる。 ホテル(hôtel)とは、主にビジネス目的の出張者や観光目的の旅行者のための宿泊施設。語源はラテン語の「ホスピタリア」であり、無償の接待部屋という意味。大型のホテルでは、結婚式場やプールなどの設備を備える。 なお、ホテルと類似した施設として、ユースホステル、ペンション、コテージ、短期賃貸マンション(いわゆるウィークリーマンション・マンスリーマンション)などがある。.

新しい!!: 六甲山とホテル · 続きを見る »

ダンプカー

ダンプカー(dump car)とは、荷台を傾けて積荷を一度に下ろすための機械装置を備えたトラックのことである。。 ダンプトラック (dump truck) 、またはダンプともいい、主に土砂や産業廃棄物などを運搬するために用いられる。ダンプ (dump) とは、「(荷物などを)どさっと下ろす」という意味の英語であり、土砂を排出する様子がこれに合致することからこの名がついている。なお、英語の dump car は主に鉄道車両を意味し、自動車は dump truck と呼ぶことが多い。 イギリス文化圏ではティッパー・トラック (tipper truck)やティッパー・ローリー (tipper lorry)、あるいは単にティッパーという語が使用されている。また、オーストラリアとニュージーランドではティップ・トラック (tip truck)と呼ばれる。 鉄道の貨車でダンプカーのように荷台を傾けることができ、土砂を輸送することを主目的にした車両は土運車と呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山とダンプカー · 続きを見る »

ベルトコンベア

ベルトコンベア(Conveyor belt, Belt conveyor)とは、輪状にした幅広のベルトを台車の上で回転させ、その上に運搬物を載せて移動させる装置。ベルトコンベアー、ベルトコンベヤ、ベルトコンベヤーとも訳される。ベルトの材質はゴムが主流であるが、運搬するものによって樹脂製、フェルト製などもある。.

新しい!!: 六甲山とベルトコンベア · 続きを見る »

別荘

別荘(べっそう、英語:cottage、villa、ラテン語:vīlla)とは、普段生活している家とは別に、比較的短期的な避暑・避寒・保養・休養などの目的で気候や風景のよい土地、温泉地などに作られた一戸建ての家。本質は日常生活を送る住居ではなく、余暇のためのレジャー施設である。 現代日本語の場合、集合住宅の形をとる別荘をリゾートマンションと呼ぶ。.

新しい!!: 六甲山と別荘 · 続きを見る »

和気清麻呂

和気 清麻呂(わけ の きよまろ)は、奈良時代末期から平安時代初期にかけての貴族。磐梨別乎麻呂(または平麻呂)の子。.

新しい!!: 六甲山と和気清麻呂 · 続きを見る »

和泉

和泉(いずみ)は、令制国の和泉国に由来する地域名称。現在の大阪府南西部にあたる。 かつて旧国名と同名の和泉郡や和泉町があり、現在も和泉市があるため、泉州(せんしゅう)と和泉国の別称で呼ばれることが多い。 大阪府の地域区分では泉北と泉南に二分される。健康・医療や農林・水産業などでは両地域をあわせた区分を用いるが、その場合でも、和泉ではなく別称の泉州が用いられている。.

新しい!!: 六甲山と和泉 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: 六甲山とアメリカ軍 · 続きを見る »

アーネスト・サトウ

ー・アーネスト・メイソン・サトウ(Sir Ernest Mason Satow、枢密顧問官、GCMG、1843年6月30日 - 1929年8月26日)は、イギリスの外交官。イギリス公使館の通訳、駐日公使、駐清公使を務め、イギリスにおける日本学の基礎を築いた。日本名は佐藤 愛之助(または薩道愛之助)。雅号に薩道静山。日本滞在は1862年から1883年(一時帰国を含む)と、駐日公使としての1895年から1900年までの間を併せると、計25年間になる。植物学者の武田久吉は次男。.

新しい!!: 六甲山とアーネスト・サトウ · 続きを見る »

アーサー・ヘスケス・グルーム

アーサー・ヘスケス・グルーム アーサー・ヘスケス・グルーム(Arthur Hesketh Groom、1846年9月23日(弘化3年8月3日) - 1918年(大正7年)1月9日)は、幕末から明治にかけて日本で活躍したイギリス出身の実業家。六甲山の開発と景観保護に力を注ぎ、「六甲山開祖」と呼ばれた。.

新しい!!: 六甲山とアーサー・ヘスケス・グルーム · 続きを見る »

アカマツ

アカマツ(赤松、学名:)は、マツ科マツ属の常緑針葉樹である。複維管束亜属(いわゆる二葉松)に分類される。別名はメマツ(雌松)。.

新しい!!: 六甲山とアカマツ · 続きを見る »

アジサイ

アジサイ(紫陽花、学名 Hydrangea macrophylla)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。.

新しい!!: 六甲山とアジサイ · 続きを見る »

アセビ

ヨハン・エイクマンによるアセビ アセビ(馬酔木、学名: subsp.

新しい!!: 六甲山とアセビ · 続きを見る »

イノシシ

イノシシ(猪・豬、英名: boar 学名:)は、鯨偶蹄目イノシシ科の1種。十二支の12番目「亥」であり、犬と同じくらい鼻が非常に敏感だが、神経質な動物でもある。本種の家畜化がブタである。.

新しい!!: 六甲山とイノシシ · 続きを見る »

イチョウ

葉した秋のイチョウ 北金ヶ沢のイチョウ(樹齢1000年以上とされる) イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:)は、裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、中国原産の裸子植物。食用(伝統中国食品)、観賞用、材用として栽培される。 街路樹など、全国で普通に見かける樹木だが、分類上は奇異な位置にあり、例えば広葉樹・針葉樹の区分では如何にも広葉樹に該当しそうだが、むしろ特殊な針葉樹に当たる。 世界古来の樹木の一つであり、イチョウ科の植物は中生代から新生代にかけて世界的に繁栄し、世界各地(日本では山口県や北海道など)で化石が出土しているが、氷河期にほぼ絶滅し、イチョウは唯一現存する種である。現在イチョウは、生きている化石としてレッドリストの絶滅危惧IB類に指定されている。 種子は銀杏(ぎんなん、ぎんきょう)と呼ばれ食用として流通するなどしているが、これは中毒を起こし得るもので死亡例も報告されており、摂取にあたっては一定の配慮を要する(詳しくは後述)。.

新しい!!: 六甲山とイチョウ · 続きを見る »

インフラストラクチャー

インフラストラクチャー(infrastructure)とは「下支えするもの」「下部構造」を指す観念的な用語であり、以下の意味がある。.

新しい!!: 六甲山とインフラストラクチャー · 続きを見る »

インターネットアーカイブ

旧インターネットアーカイブ本部(1996年 - 2009年11月) インターネットアーカイブ (The Internet Archive) は、WWW・マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスとして有名なウェイバックマシン (Wayback Machine)を運営している団体である。本部はカリフォルニア州サンフランシスコのリッチモンド地区に置かれている。 アーカイブにはプログラムが自動で、または利用者が手動で収集したウェブページのコピー(ウェブアーカイブ)が混在しており、これは「WWWのスナップショット」と呼ばれる。ほか、ソフトウェア・映画・本・録音データ(音楽バンドなどの許可によるライブ公演の録音も含む)などがある。アーカイブは、それらの資料を無償で提供している。.

新しい!!: 六甲山とインターネットアーカイブ · 続きを見る »

イギリス人

イギリス人(イギリスじん、英語: British people)または、英国人(えいこくじん)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の国民である。イギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドにより構成される連合王国(立憲君主制国家)である。 イギリス人は、連合王国を形成する4つのネイション(nation)(イギリスのカントリー)のいずれかに属するイングランド人、スコットランド人、ウェールズ人、北アイルランド人 ならびに、イギリスの海外領土の市民により構成される。.

新しい!!: 六甲山とイギリス人 · 続きを見る »

ウリカエデ

ウリカエデ(瓜楓、学名:Acer crataegifolium)はムクロジ科カエデ属の落葉小高木。雌雄異株。別名、メウリノキ、メウリカエデ、オオバノウリカエデ。.

新しい!!: 六甲山とウリカエデ · 続きを見る »

ウィリアム・ゴーランド

ウィリアム・ゴーランド ウィリアム・ゴーランド(ガウランドとも、William Gowland, 1842年 - 1922年6月9日)は、明治政府がイギリスより大阪造幣寮(現造幣局)に招聘した化学兼冶金技師。日本の古墳研究の先駆者としても名高く、日本考古学の父と呼ばれている。さらに、「日本アルプス」の命名者としても知られている。.

新しい!!: 六甲山とウィリアム・ゴーランド · 続きを見る »

オリックス・バファローズ

リックス・バファローズ()は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 大阪府をフランチャイズとし、大阪市西区にある京セラドーム大阪を本拠地、兵庫県神戸市須磨区にあるほっともっとフィールド神戸旧球場名:グリーンスタジアム神戸→Yahoo! BBスタジアム→スカイマークスタジアムを準本拠地としている。また、二軍かつては、「サーパス神戸」→「サーパス」という二軍独自の球団名が使われたことがある。はウエスタン・リーグに加盟していて、2017年シーズンから舞洲バファローズスタジアム(大阪市此花区の舞洲スポーツアイランド内)を本拠地に定めている。 2004年シーズン終了後に、神戸を本拠地とするオリックス・ブルーウェーブと、大阪を本拠地とする大阪近鉄バファローズの2球団の合併によって誕生した球団である唯一、21世紀および平成以降に行われた球団合併である。。「バファローズ」の名を用い、大阪を本拠地、神戸を準本拠地としているが合併当初は大阪と神戸にある両球場での一軍公式戦は半分ずつの開催であったが、徐々に大阪の比重が重くなり、現在ほっともっとフィールド神戸で行われる一軍公式戦の試合数は、京セラドーム大阪の僅か1/3以下となっている。詳細は後述。、運営母体はオリックスのままであるため、オリックス・ブルーウェーブの後継球団扱いであり、球団史において大阪近鉄バファローズの歴史は傍系扱いになる。.

新しい!!: 六甲山とオリックス・バファローズ · 続きを見る »

カエデ

デ(槭、槭樹、楓)とはムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属 (Acer) の木の総称。 モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれるが、その場合は様々な樹木の紅葉を総称している場合もある。童謡などで愛でられるものはそれである。赤・黄・緑など様々な色合いを持つ為、童謡では色を錦と表現している。また、英語圏では一般にMaple(メイプル、メープル)と称する。.

新しい!!: 六甲山とカエデ · 続きを見る »

カエデ科

デ科 (Aceraceae) はかつて認識されていた双子葉植物の科で、主に温帯に分布する落葉木本、150種ほどからなる。大多数の種がカエデ属 (Acer) に属し、そのほかに中国産のキンセンセキ属 (Dipteronia) がある。現行のAPG植物分類体系ではムクロジ科に含められている。 果実は2つに分かれ、それぞれ種子を1個含む。カエデ属は果実に大きい翼がついているのが特徴で、キンセンセキ属の果実も周囲に小さい翼をもつ。葉は対生し、単葉(掌状のものが多い)または羽状複葉。.

新しい!!: 六甲山とカエデ科 · 続きを見る »

カキドオシ

ドオシ(垣通し)とは、シソ科の植物の1種。学名はGlechoma hederacea subsp.

新しい!!: 六甲山とカキドオシ · 続きを見る »

カシ

(樫、橿、櫧)とは、ブナ科の常緑高木の一群の総称である。狭義にはコナラ属Quercus中の常緑性の種をカシと呼ぶが、同じブナ科でマテバシイ属のシリブカガシもカシと呼ばれ、シイ属Castanopsisも別名でクリガシ属と呼ばれる。なお、アカガシ亜属 (subgen. Cyclobalanopsis) をコナラ属から独立させアカガシ属Cyclobalanopsisとして扱う場合もある。またクスノキ科の一部にも葉の様子等が似ていることからカシと呼ばれるものがある。.

新しい!!: 六甲山とカシ · 続きを見る »

カタバミ科

タバミ科(Oxalidaceae)は双子葉植物の分類群のひとつ。8属約930種を含むが、カタバミ属がその大部分を占め世界に広く分布する。草本または木本。.

新しい!!: 六甲山とカタバミ科 · 続きを見る »

キノコ

野生のエノキタケ キノコ(茸、菌、蕈、Mushroom)とは、特定の菌類(Fungi)のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体(Fruiting body)あるいは、担子器果そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。 目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycotaか子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。.

新しい!!: 六甲山とキノコ · 続きを見る »

キランソウ

ランソウ(金瘡小草、学名: )は、シソ科キランソウ属の多年草。道端などに生える雑草。 根生葉が地面に張り付くように広がることから、ジゴクノカマノフタともいう。.

新しい!!: 六甲山とキランソウ · 続きを見る »

キブシ

ブシ(木五倍子、学名:Stachyurus praecox)は、キブシ科キブシ属に属する雌雄異株の落葉低木。別名、キフジともいう。.

新しい!!: 六甲山とキブシ · 続きを見る »

キブシ科

ブシ科(学名:Stachyuraceae、和名漢字表記:木五倍子科)は被子植物の科の一つ。キブシ属 1属のみを含む。クロンキスト体系・新エングラー体系ではスミレ目に含められていた。.

新しい!!: 六甲山とキブシ科 · 続きを見る »

クラシックホテル

ラシックホテルとは、戦前に創業した日本のホテル、もしくは戦前に建設された日本のホテル建築を指して用いられる言葉。.

新しい!!: 六甲山とクラシックホテル · 続きを見る »

クリ

リ(栗、学名:)とは、ブナ科クリ属の木の一種。 クリのうち、各栽培品種の原種で山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれる、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒である。また、シバグリもごく一部では栽培される。.

新しい!!: 六甲山とクリ · 続きを見る »

クヌギ

ヌギ (Quercus acutissima) は、ブナ科コナラ属の落葉高木。古名はつるばみ。漢字では苗字などを含め、櫟、椚、橡、栩、功刀などと表記する。 クヌギの語源は国木(くにき)または食之木(くのき)からという説がある。.

新しい!!: 六甲山とクヌギ · 続きを見る »

クスノキ

ノキ(樟、楠、)とは、クスノキ科ニッケイ属の常緑高木である。一般的にクスノキに使われる「楠」という字は本来は中国のタブノキを指す字である。別名クス、ナンジャモンジャ(ただし、「ナンジャモンジャ」はヒトツバタゴなど他の植物を指して用いられている場合もある)。 暖地で栽培される変種としてホウショウがある。食用となるアボカドや、葉が線香の原料となるタブノキ、樹皮が香辛料などに利用されるセイロンニッケイ(シナモン)は近縁の種である。.

新しい!!: 六甲山とクスノキ · 続きを見る »

ケヤキ

樹形(3月) 葉と枝(4月) 樹形(6月)北海道江別市大麻東町公園 ケヤキ(欅、学名:)は、ニレ科ケヤキ属の落葉高木。ツキ(槻)ともいう。.

新しい!!: 六甲山とケヤキ · 続きを見る »

ケーブルカー

生駒ケーブルコ1形 ケーブルカーとは、山岳の急斜面などを、鋼索(ケーブル)が繋がれた車両を巻上機等で巻き上げて運転する鉄道である。鋼索鉄道(こうさくてつどう)ともいう。また、近年では山岳地帯での使用にとどまらず、車両に動力を積まないため、推進効率に優れているので都市や空港等での輸送にも用いられる。.

新しい!!: 六甲山とケーブルカー · 続きを見る »

コナラ

ナラ(小楢、学名:Quercus serrata)はブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。別名ホウソ。 「コナラ」の名は、もう一つの日本の主要なナラであるミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつけられた。.

新しい!!: 六甲山とコナラ · 続きを見る »

コブシ

ブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)は、モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる。別名「田打ち桜」。.

新しい!!: 六甲山とコブシ · 続きを見る »

ゴルフ場

戸ゴルフ倶楽部 ゴルフ場(ゴルフじょう、golf course)とは、スポーツの一種であるゴルフを競技するために設計された施設をいう。ゴルフコース、ゴルフクラブなどとも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山とゴルフ場 · 続きを見る »

ショウジョウバカマ

ョウジョウバカマ(猩々袴、学名: Heloniopsis orientalis )は、メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。北海道から九州までの、やや湿った場所に生える。垂直分布が広く、人里近くの田んぼの畦道から高山帯の高層湿原まで生えている。.

新しい!!: 六甲山とショウジョウバカマ · 続きを見る »

シイ

ダジイの葉 シイ(椎)は、ブナ科クリ亜科 (Castaneoideae) シイ属 (Castanopsis) の樹木の総称である、シイ属は主にアジアに約100種類が分布、日本はこの属の分布北限となり2種が自生する。ほかに日本ではシイ属に近縁のマテバシイ属 (Lithocarpus) のマテバシイ (Lithocarpus edulis) もこの名で呼ばれている。.

新しい!!: 六甲山とシイ · 続きを見る »

シソ科

(''Perilla frutescens'') レモンバーム(''Melissa officinalis'') ヒメオドリコソウ(''Lamium purpureum'') シソ科(Lamiaceae)はシソ目に属する植物の科の一つ。 シソのほか、バジル、ミント、ローズマリー、ラベンダー、セージ、マジョラム、オレガノ、タイム、レモンバームなど多くのハーブを含むほか、サルビア、ムラサキシキブ、アジュガなど非芳香性の品種も園芸品種として栽培される。低木やつる性の種もある。 シソ科の植物には抗変異原性があるものが多い。 葉は対生で、精油を含むため香気に富むものが多い。茎の断面は正方形のものが多い。花は左右相称で5枚の花弁(合弁)と萼がある。普通、両性花をつける。果実は4個に分かれ種子を1個ずつ含む。.

新しい!!: 六甲山とシソ科 · 続きを見る »

スギ

(杉、Cryptomeria japonica)は、ヒノキ科スギ亜科スギ属の常緑針葉樹である(以前はスギ科 Taxodiaceae に分類されていた)。.

新しい!!: 六甲山とスギ · 続きを見る »

傾動地塊

傾動地塊(けいどうちかい)とは、地形の一種。断層運動により、一方方向に傾斜している地塊のこと。片方の斜面が緩く、片方の斜面が急になっている。.

新しい!!: 六甲山と傾動地塊 · 続きを見る »

タムシバ

タムシバ(田虫葉、学名:Magnolia salicifolia)はモクレン科モクレン属の落葉小高木。別名を「ニオイコブシ」といい、花には芳香がある。早春に白い6弁花を葉に先立って咲かせる。 他に「カムシバ」の別名をもつ。こちらは「噛む柴」で、葉を噛むとキシリトールのような甘味がするためにこの名前がついた。これが転じて「タムシバ」となったといわれる。.

新しい!!: 六甲山とタムシバ · 続きを見る »

タレント

タレントとは、 に由来する語句であり、日本においては、テレビやラジオなどのメディアおよび各種イベントに出演し出演料を得ることを収入源としている人(本業としている人だけでなく、副業や一種のアルバイトとしている人なども含めて)の一般的呼称である。.

新しい!!: 六甲山とタレント · 続きを見る »

再度山

再度山(ふたたびさん)は六甲山地西部、神戸市中央区北西部、同市北区との区境近くにある山である。.

新しい!!: 六甲山と再度山 · 続きを見る »

内務省 (日本)

内務省(ないむしょう、Home Ministry)は、1873年(明治6年)11月10日に設置され、1947年(昭和22年)12月31日に廃止された日本の中央官庁。地方行財政・警察・土木・衛生・国家神道などの国内行政の大半を担った。初代内務卿の大久保利通の思想を反映して、設立当初から国民生活全般への強度の監視を課題としており、行政事務の枠にとどまらなかった。.

新しい!!: 六甲山と内務省 (日本) · 続きを見る »

公共交通機関

公共交通機関(こうきょうこうつうきかん、英語:public transport)とは、不特定多数の人々が利用する交通機関を指す。なお、タクシーについては、これを公共交通機関に含むという解釈と含まないという解釈がある。.

新しい!!: 六甲山と公共交通機関 · 続きを見る »

六甲のおいしい水

六甲のおいしい水(ろっこうのおいしいみず)は、1983年から2010年までハウス食品(現在のハウス食品グループ本社)が、2010年から2012年までアサヒ飲料が発売していた、ミネラルウォーターである。 アサヒ飲料の登録商標(日本第3137815号ほか)である。 2012年からは、同じものが「アサヒ おいしい水」のラインナップ「アサヒ おいしい水 六甲」として販売されている。.

新しい!!: 六甲山と六甲のおいしい水 · 続きを見る »

六甲山上バス

六甲ケーブル山上駅バス停 六甲山上バス 六甲山上バス(ろっこうさんじょうバス)は、阪神電気鉄道の子会社、六甲山観光が運行している路線バス。1980年6月15日改正までは阪神電鉄バスが運行をしていた。.

新しい!!: 六甲山と六甲山上バス · 続きを見る »

六甲山上駅

六甲山上駅(ろっこうさんじょうえき)は、兵庫県神戸市灘区にある六甲山観光が運行するケーブルカー、六甲ケーブル線(六甲ケーブル)の駅である。六甲ケーブルの山上駅に相当する。アール・デコ様式の傑作として、建築的にも価値が高い。.

新しい!!: 六甲山と六甲山上駅 · 続きを見る »

六甲山地

六甲山地(ろっこうさんち)は、兵庫県南東部に位置する山地。六甲山系と丹生山系からなり、瀬戸内海国立公園の区域に指定されている。六甲連山とも。 六甲山系、六甲最高峰は六甲山を参照のこと。.

新しい!!: 六甲山と六甲山地 · 続きを見る »

六甲山ホテル

旧館玄関 六甲山ホテル(ろっこうさんホテル)は、兵庫県神戸市灘区に存在した阪急阪神第一ホテルグループのホテルである。.

新しい!!: 六甲山と六甲山ホテル · 続きを見る »

六甲山神社

六甲山神社(むこやまじんじゃ)は兵庫県西宮市山口町、六甲山最高峰から東へ1km程隔たった標高840mの見晴らしのよい峰に鎮座する神社(廣田神社の境外末社)。祭神から白山の宮(しらやまのみや)とも称される。石の宝殿と呼ばれる大きな石祠(六甲山石宝殿と称される)があることで著名。.

新しい!!: 六甲山と六甲山神社 · 続きを見る »

六甲山観光

六甲山観光株式会社(ろっこうさんかんこう)は、兵庫県神戸市灘区でケーブルカー(六甲ケーブル)と路線バス(六甲山上循環バス)および六甲山の各施設等を運営する会社。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の子会社であり、阪急阪神東宝グループの一員である。本店は兵庫県神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1番32号の六甲山上駅駅舎2階にある。 以前の社名は六甲摩耶鉄道で、摩耶山を登る摩耶ケーブルも運営していたが、1995年の阪神・淡路大震災で被災し、2000年に神戸市都市整備公社(現在の神戸すまいまちづくり公社)へ無償譲渡した。2013年10月1日に、阪神総合レジャーとの合併により六甲山観光に社名を変更した。.

新しい!!: 六甲山と六甲山観光 · 続きを見る »

六甲山観光六甲ケーブル線

六甲ケーブル線(ろっこうケーブルせん)は、兵庫県神戸市灘区の六甲ケーブル下駅から六甲山上駅に至る六甲山観光のケーブルカー路線である。.

新しい!!: 六甲山と六甲山観光六甲ケーブル線 · 続きを見る »

六甲北有料道路

六甲北有料道路(ろっこうきたゆうりょうどうろ)は、神戸市の北部と三田市に位置する神戸三田国際公園都市と、神戸市中心部や阪神間を結ぶ有料道路。神戸市道路公社が管理。柳谷ランプ以北が地域高規格道路の計画路線に指定されている。別名「北神バイパス」。.

新しい!!: 六甲山と六甲北有料道路 · 続きを見る »

六甲・淡路島断層帯

六甲・淡路島断層帯(ろっこう・あわじしまだんそうたい)は、淡路島北部から大阪府北部に位置する活断層帯である。阪神・淡路大震災で露出した野島断層も、この断層帯に含まれる。.

新しい!!: 六甲山と六甲・淡路島断層帯 · 続きを見る »

六甲トンネル

六甲トンネル(ろっこうトンネル)は、兵庫県の六甲山を貫く山陽新幹線の新大阪駅 - 新神戸駅間にあるトンネルの名称。1970年10月2日貫通。1972年3月15日より供用開始。長さ16,250m。山陽新幹線の西の発着駅が岡山までの暫定開業期間当時には日本一の長さであった。.

新しい!!: 六甲山と六甲トンネル · 続きを見る »

六甲アイランド

六甲山より六甲アイランドを望む 六甲アイランド(ろっこうアイランド、Rokko Island)は、神戸市東灘区、神戸港内にある人工島。略称は「六アイ」「RI」。海上文化都市で、総面積は約595ha - 神戸市。.

新しい!!: 六甲山と六甲アイランド · 続きを見る »

六甲オリエンタルホテル

六甲オリエンタルホテル(ろっこうオリエンタルホテル)は、かつて兵庫県神戸市灘区に存在したホテルである。 中庭、レストラン.

新しい!!: 六甲山と六甲オリエンタルホテル · 続きを見る »

六甲ガーデンテラス

見晴らしのテラス 六甲ガーデンテラス(ろっこうガーデンテラス)は兵庫県神戸市灘区の六甲山上にある展望施設、レストラン、商業施設、公園の総称。.

新しい!!: 六甲山と六甲ガーデンテラス · 続きを見る »

六甲ケーブル下駅

六甲ケーブル下駅(ろっこうケーブルしたえき)は、兵庫県神戸市灘区にある六甲山観光が運行するケーブルカー、六甲ケーブル線(六甲ケーブル)の駅である。 六甲ケーブルの山下駅に相当する。.

新しい!!: 六甲山と六甲ケーブル下駅 · 続きを見る »

六甲砂防事務所

六甲砂防事務所とは、国土交通省近畿地方整備局の出先機関のひとつ。兵庫県南東部に位置する六甲山系の砂防事業を担当している。.

新しい!!: 六甲山と六甲砂防事務所 · 続きを見る »

六甲登山架空索道

六甲登山架空索道(ろっこうとざんかくうさくどう)は、かつて兵庫県神戸市灘区に本部をおき、六甲山へ登る索道(ロープウェイ)を運行していた事業者、およびその索道である。.

新しい!!: 六甲山と六甲登山架空索道 · 続きを見る »

六甲颪

六甲颪(ろっこうおろし)とは、六甲山系より吹き降ろす山颪である。.

新しい!!: 六甲山と六甲颪 · 続きを見る »

六甲駅

| 六甲駅(ろっこうえき)は、兵庫県神戸市灘区宮山町三丁目にある、阪急電鉄神戸本線の駅である。駅番号はHK-13。 快速急行(早朝・夜間に運行)以下の種別の列車が停車する。.

新しい!!: 六甲山と六甲駅 · 続きを見る »

六甲高山植物園

六甲高山植物園(ろっこうこうざんしょくぶつえん)は、兵庫県神戸市の六甲山上にある植物園。 植物学の第一人者・牧野富太郎博士の指導を受けて1933年6月24日に開園し、1955年に博物館相当施設の指定を受けた。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の直営であるが、実際の運営は2003年以降、子会社の阪神総合レジャー(現・六甲山観光)に委託されている。園は海抜865mに位置するため年平均気温は北海道並の約9°Cである。この気候を利用して世界の高山植物、寒冷地の植物など約1,500種の植物を栽培している。.

新しい!!: 六甲山と六甲高山植物園 · 続きを見る »

六甲有馬ロープウェー

もみじ号、湯槽谷上空 六甲有馬ロープウェー(ろっこうありまロープウェー) は、兵庫県神戸市の六甲山と有馬温泉を結ぶロープウェーである。神戸すまいまちづくり公社が運営している。かつては全長5kmと日本一長いロープウェーであったが、現在は表六甲線 (2.3km) が休止され裏六甲線 (2.8km) のみで運行されている。.

新しい!!: 六甲山と六甲有馬ロープウェー · 続きを見る »

六甲有料道路

六甲山トンネル南側入口 六甲有料道路(ろっこうゆうりょうどうろ)は、1967年(昭和42年)に開通した、六甲山を貫いて兵庫県神戸市北区有野町から灘区高羽を結ぶ延長7.8kmの有料道路である。 神戸市道路公社が管理している。 区間の大部分を「六甲山トンネル」が占めている。.

新しい!!: 六甲山と六甲有料道路 · 続きを見る »

六甲摩耶スカイシャトルバス

六甲摩耶スカイシャトルバス(ろっこうまやスカイシャトルバス)は阪急阪神東宝グループの六甲山観光・阪急バスが運行している路線バスである。 路線は六甲ケーブル山上駅から摩耶ロープウェー山上駅(星の駅)間で、かつては神戸市バスが運行していた。市バス時代は26系統だった。 曜日・季節により運行事業者が異なる。内容は以下の通り。.

新しい!!: 六甲山と六甲摩耶スカイシャトルバス · 続きを見る »

六麓荘町

六麓荘町(ろくろくそうちょう)は、兵庫県芦屋市の町名及び同地の高級邸宅街。.

新しい!!: 六甲山と六麓荘町 · 続きを見る »

元弘

元弘(げんこう)は、日本の元号の一つ。元徳の後、建武の前。1331年から1333年までの期間を指す。この時代の天皇は後醍醐天皇。鎌倉幕府将軍は守邦親王、執権は北条守時。.

新しい!!: 六甲山と元弘 · 続きを見る »

元和 (日本)

元和(げんな)は日本の元号の一つ。慶長の後、寛永の前。1615年から1624年までの期間を指す。この時代の天皇は後水尾天皇。江戸幕府将軍は徳川秀忠、徳川家光。.

新しい!!: 六甲山と元和 (日本) · 続きを見る »

元禄

元禄(げんろく、旧字体: 元祿)は日本の元号の一つ。貞享の後、宝永の前。1688年から1704年までの期間を指す。この時代の天皇は東山天皇。江戸幕府将軍は徳川綱吉。.

新しい!!: 六甲山と元禄 · 続きを見る »

先行河川

先行河川(せんこうかせん)とは、河川の上・中流域などの山岳地や台地で、その流路に沿って存在する渓谷などの地形である。先行谷(せんこうだに)ともいわれる。.

新しい!!: 六甲山と先行河川 · 続きを見る »

兵庫区

兵庫区の中心市街地 兵庫区(ひょうごく)は、神戸市を構成する9区のうちのひとつ。本項では発足時の名称である湊西区(そうさいく)についても述べる。 兵庫区にあった「兵庫生洲」http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/hyogo/shoukai/rekishi/history_5_2.html .兵庫生洲跡の碑神戸市。摂津名所図会より.

新しい!!: 六甲山と兵庫区 · 続きを見る »

兵庫縣神戸護國神社

兵庫縣神戸護國神社(ひょうごけんこうべごこくじんじゃ)は、兵庫県神戸市灘区にある神社(護国神社)である。兵庫県東部(丹波・摂津・淡路(十三市一郡))ゆかりの戦没者53,257柱を祀る。 明治以降、兵庫会下山(現 兵庫区会下山町)に祭庭を設けて戦没者の招魂祭が行われていたが、昭和16年(1941年)、灘区王子町に社殿を造営し、内務大臣指定護国神社となった。昭和20年(1945年)の戦災で社殿ほかを焼失し、昭和34年(1959年)11月、同区篠原北町の現在地に社殿を復興し、遷座した。第二次大戦後のGHQ占領下は、「護国神社」の名称では軍国主義施設として廃止される虞があるとして、「兵庫御霊神社」と改称していた。独立後は元の社名に復した。 兵庫県内には、他に姫路市の兵庫縣姫路護國神社があり、こちらは県西部の戦没者を祀っている。.

新しい!!: 六甲山と兵庫縣神戸護國神社 · 続きを見る »

兵庫県

兵庫県(ひょうごけん)は、日本の都道府県の一つ。本州の中西部に位置し、近畿地方に属する。県庁所在地は神戸市。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県 · 続きを見る »

兵庫県の二級水系一覧

兵庫県の二級水系一覧では、兵庫県を流れる水系のうち、兵庫県が管理する二級水系を記述する。2004年4月1日現在、92水系、350河川ある。 リストの順序は、河口の位置を基準に、瀬戸内海沿岸を大阪府境から西へ、日本海沿岸を京都府境から西へ、淡路島の河川を島の北端から時計回り、の順番に並んでいる。地形順の参考として一級水系(国土交通省管轄)も記載している。括弧内の水系名が一級水系。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県の二級水系一覧 · 続きを見る »

兵庫県の観光地

万ドルの夜景」。神戸・掬星台より 兵庫県の観光地(ひょうごけんのかんこうち)は、兵庫県内の主要な観光地に関する項目である。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県の観光地 · 続きを見る »

兵庫県南部地震

兵庫県南部地震(ひょうごけんなんぶじしん)は1995年(平成7年)1月17日に兵庫県南部を震源として発生した地震。兵庫県南部を中心に大きな被害と発生当時戦後最多となる死者を出す阪神・淡路大震災を引き起こした。日本で初めて大都市直下を震源とする大地震で、気象庁の震度階級に震度7が導入されてから初めて最大震度7が記録された地震である。 地震の震源は野島断層(六甲・淡路島断層帯の一部)付近で、地震により断層が大きく隆起して地表にも露出している。 なお、1996年(平成8年)9月30日まで運用されていた旧震度階級では最初で最後の震度7が記録された地震である。これ以降は、観測員の体感での震度決定ではなく、より客観的とされる機械計測となった。2004年(平成16年)10月23日の新潟県中越地震、2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、2016年(平成28年)4月14日・4月16日の熊本地震は、いずれも機械計測で震度7を記録している。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県南部地震 · 続きを見る »

兵庫県立人と自然の博物館

兵庫県立人と自然の博物館(ひょうごけんりつひととしぜんのはくぶつかん)は、兵庫県三田市にある自然史・地球史博物館で、「人と自然の共生」をテーマとし、兵庫県三田市のフラワータウンに1992年(平成4年)10月10日に開館した。愛称は「ひとはく」。 5つの主題を標榜しており、「兵庫の自然誌」、「人と自然」「新しい文化」「生物の世界」「地球、生命と大地」である。 施設は4階建、延床面積18,691m2。公立博物館としては日本最大クラスである。研究員の多くは兵庫県立大学(旧県立姫路工業大学)自然・環境科学研究所自然環境系の研究部門における研究員・教員も同時に兼ねている。 また、2006年(平成18年)8月7日に兵庫県丹波市山南町の篠山川河床の篠山層群下部層(白亜紀前期1億4000万-1億2000万年前)で発見された国内最大級の恐竜で草食のティタノサウルス類(竜脚類)とみられる化石(丹波竜)の調査・発掘にも兵庫県立人と自然の博物館は携っている。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県立人と自然の博物館 · 続きを見る »

兵庫県立御影高等学校

兵庫県立御影高等学校(ひょうごけんりつ みかげこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市東灘区御影石町四丁目にある県立高等学校。「御影」「県御(けんみ)」と略される。平成19年度から総合人文コースが設置された。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県立御影高等学校 · 続きを見る »

兵庫県立六甲山自然保護センター

分館・六甲山ガイドハウス 兵庫県立六甲山自然保護センター(ひょうごけんりつろっこうさんしぜんほごセンター)は、兵庫県神戸市の六甲山上にある自然科学系博物館。 瀬戸内海国立公園六甲山地区の山地の成り立ちや生態系といった六甲山をとりまく自然を、映像・写真パネル等を使用しての展示や研修を行っている。館内には展示室やレクチャールームの他、パソコンでの動植物検索コーナー、休憩所等もある。 隣にある分館のインフォメーションセンター・六甲山ガイドハウスでは山歩きに関する資料を提供しており、春夏秋の土日祝に駐在するボランティアガイド「山の案内人」から施設や自然観察会での案内を受けることができる。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県立六甲山自然保護センター · 続きを見る »

兵庫県立甲山森林公園

ンボルゾーン 兵庫県立甲山森林公園(ひょうごけんりつかぶとやましんりんこうえん)は、兵庫県西宮市にある公園。 六甲山地の東、甲山南東麓と西麓に広がる都市公園である。面積83haの90%が森林に覆われている。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県立甲山森林公園 · 続きを見る »

兵庫県道15号神戸三田線

兵庫県道15号神戸三田線(ひょうごけんどう15ごう こうべさんだせん)は神戸市市街地と神戸市北部、三田市方面を結ぶ県道(主要地方道)である。 別名有馬街道とも呼ばれ、六甲山系の北側を南北に走っている。阪神高速7号北神戸線と併走している区間も多い。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県道15号神戸三田線 · 続きを見る »

兵庫県道16号明石神戸宝塚線

兵庫県道16号明石神戸宝塚線(ひょうごけんどう16ごう あかしこうべたからづかせん)は明石市から神戸市、西宮市を経て宝塚市に至る主要地方道である。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県道16号明石神戸宝塚線 · 続きを見る »

兵庫県道51号宝塚唐櫃線

兵庫県道51号宝塚唐櫃線(ひょうごけんどう51ごう たからづかからとせん)とは兵庫県を走る主要地方道である。湯山街道や有馬街道と呼ばれることもある。自然豊かな山道であり、風景が大変良い場所である。反面、急カーブが連続する上、ダンプなど大型車も多く、運転には慎重を要する。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県道51号宝塚唐櫃線 · 続きを見る »

兵庫県道82号大沢西宮線

兵庫県道82号大沢西宮線(ひょうごけんどう82ごう おおぞうにしのみやせん)は神戸市北区大沢町から西宮市神楽町を結ぶ主要地方道である。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県道82号大沢西宮線 · 続きを見る »

兵庫県道95号灘三田線

兵庫県道95号灘三田線(ひょうごけんどう95ごう なださんだせん)は神戸市東灘区から三田市を結ぶ主要地方道である。「六甲有料道路」と「六甲北有料道路」も灘三田線の一部である。.

新しい!!: 六甲山と兵庫県道95号灘三田線 · 続きを見る »

兵庫開港要求事件

兵庫開港要求事件(ひょうごかいこうようきゅうじけん)とは、慶応元年9月(1865年11月)、イギリス・フランス・オランダの連合艦隊が兵庫沖に侵入し、その軍事力を背景に安政五カ国条約の勅許と兵庫の早期開港を迫った事件。アメリカ合衆国は艦隊を派遣しなかったものの公使が同行しており、四カ国艦隊摂海侵入事件などともよばれる。.

新しい!!: 六甲山と兵庫開港要求事件 · 続きを見る »

国道2号

国道2号(こくどう2ごう)は、大阪府大阪市北区から福岡県北九州市門司区へ至る一般国道である。本州と九州との間は、関門トンネルによって繋がり、兵庫県から山口県にかけての大半の区間で山陽自動車道と並走している。 旧山陽道(近世山陽道・西国街道)を前身とする路線であり、旧山陽道をほぼ踏襲している。しかし起点は大阪で、また岡山県岡山市から広島県福山市までは、戦前に行われた大規模な経路変更のため旧鴨方往来を前身とし、岡山県総社市や井原市などを経由するかつての山陽道からは大きく外れている。.

新しい!!: 六甲山と国道2号 · 続きを見る »

国道428号

国道428号(こくどう428ごう)は、兵庫県神戸市中央区から兵庫県三木市吉川ICに至る一般国道。 起点から神戸市北区箕谷までの区間(兵庫県道15号神戸三田線重複区間)は「有馬街道」の別名がついている。 一般国道では珍しく、終点は高速自動車国道のインターチェンジになっている。同様の例は国道305号(北陸地方)や国道481号(大阪府泉佐野市)などがある。.

新しい!!: 六甲山と国道428号 · 続きを見る »

四国

四国内の高速道路網(緑線)および本四架橋を含む県境をまたぐ大規模架橋(青線)。赤星および赤丸は人口上位10都市 四国(しこく)は、日本列島を構成する島の一つである島国 (領土がすべて島から成る国)である日本を構成する6,852の島に対する『国土交通省』による区分け ⇒ 6,852島(本土5島・離島6,847島)。<出典>『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識) 2009年11月27日閲覧。 ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。。 北海道・本州・九州とともに主要4島の一つでもあり、この中では最も小さい 国土地理院(注:表中の「沖縄島 おきなわじま」は、通称名「沖縄本島」の正式名称)【参考】 日本の島の面積順に上位10島 ⇒ 本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬。 国立天文台 (編)理科年表 平成19年版 P565、ISBN 4621077635。。最高標高は石鎚山の1,982mで、福井・石川・岐阜県境の両白山地三ノ峰 (2128m) 以西の西日本では最も高い。面積は18,297.78km2で、世界の島の中では、バナナル島(ブラジル)に次ぐ第50位の大きさである世界の島の面積順位より抜粋、出典 List of islands by area(島:オーストラリア大陸の面積未満で、四方を水域に囲まれる陸地) ------------------------- ------------------------- ------------------------- ------------------------- 四国とその付随する島(小豆島、大三島、大島、中島、伯方島、豊島など)を合わせて「四国地方」と言う地方公共団体(都道府県)別では、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4県が所在する。 。これら付随する島を含めないことを強調したい場合、「四国本土」あるいは「四国島」と呼ぶこともある。(日本の地理・四国、日本の地域・四国地方も参照) 四国には、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4つの地方公共団体(県)があり、4県総人口は3,762,941人であり、概ね横浜市人口に匹敵する,。(表右下 四国地方も参照) 四国の古代の呼称は、「伊予之二名島」・「伊予二名洲」(いよのふたなのしま)である。.

新しい!!: 六甲山と四国 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 六甲山と新年 · 続きを見る »

矢印

印(やじるし)とは主に方向を指し示すのに使われる記号。 代表的なものに←、↑、→、↓があり、それぞれ左、上、右、下を表す。 信号機で使われている矢印 矢印という名前は読んで字のごとく、矢を表している。これは矢の、一度特定の方向に放たれたら地面に落ちるまで真っ直ぐに進む性質を想起させるため、世界中で一般的に使われている。.

新しい!!: 六甲山と矢印 · 続きを見る »

石垣

石垣(いしがき、stone fence、stone wall)は、石を組み上げて作られた壁、もしくは柵のこと。「石積み」「石塁(せきるい)」も同様に用いられる。.

新しい!!: 六甲山と石垣 · 続きを見る »

石の宝殿

石の宝殿(いしのほうでん、石宝殿)は、人工的な巨石が残る遺跡などに付けられた名称。兵庫県と大阪府に5ヵ所ある。.

新しい!!: 六甲山と石の宝殿 · 続きを見る »

石屋川

石屋川(いしやがわ)は、兵庫県神戸市東部を流れる二級水系の本流。山麓から河口までの距離が極めて短い急流で、中流域は天井川となっている。灘区と東灘区の境界となっており、川沿いに遊歩道や公園が整備されている。かつて六甲山から切りだされた御影石を加工する石材屋が川沿いに軒を連ねたことから石屋川と名づけられた。.

新しい!!: 六甲山と石屋川 · 続きを見る »

灘五郷

五郷(なだ ごごう)は、日本を代表する酒どころの一つ。西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の総称。現在の兵庫県神戸市の東灘区・灘区と同県西宮市を合わせた阪神間の一部地域を指す。 日本酒造りに適した上質の酒米(山田錦)とミネラルが豊富な上質の地下水(宮水)が取れ、寒造りに最適と呼ばれる六甲颪(おろし)が吹き、そして製品の水上輸送に便利な港があったことから江戸時代以降、日本酒の名産地として栄えた。大手日本酒メーカーの多くが灘五郷を発祥地及び本社としているほか、現在も中小の酒蔵が点在する。 見学を受け入れている酒蔵もあり、阪神本線やバスが主な交通手段となる。また、灘五郷を祀る松尾神社 (神戸市)が生田神社内にある。.

新しい!!: 六甲山と灘五郷 · 続きを見る »

灘区

原田通 灘区(なだく)は、神戸市を構成する9区のうちの一つで、同市の東部に位置する。 東灘区や西宮市と同様、西郷などの酒蔵が有名である。沢の鶴などの本社は灘区内である。 「灘区」とされた由来は、神戸市が区制を施行した1931年当時の神戸市域の中で唯一、灘五郷の範囲内であったことによる。その後1950年に神戸市に編入された地域が「東灘区」とされたのは、「灘区の東にある」ことによる。阪神間における灘、すなわち「灘五郷」が西宮市から神戸市灘区までを指し灘区はその西端に位置するにもかかわらず、また東灘区は、灘五郷の東というよりもむしろ中央部にあるにもかかわらず、区の名前が「灘区」「東灘区」となったのはこのためである。なお、灘駅は、灘区の全域が神戸市に編入される以前に設置され、当初より灘駅である。 灘区臨海部は神戸製鋼などの工場が並び、阪神工業地帯の一角を担う。国道43号線以北は阪神線、JR線、阪急線が並行して走る。また、灘区の山手には、関西有数の高級住宅街がある。篠原地区や青谷地区は人気の高い地域である。.

新しい!!: 六甲山と灘区 · 続きを見る »

灘温泉

温泉(なだおんせん)は、兵庫県神戸市灘区(旧国摂津国)にある温泉風呂屋(銭湯)。 「六甲道店」と「水道筋店」の2店舗を開設している。なお、六甲道の本店は1999年のリニューアル時に、建物の外観を昭和初期のレトロな近代建築風に新装している。.

新しい!!: 六甲山と灘温泉 · 続きを見る »

灘浜東町

浜東町(なだはまひがしちょう)は兵庫県神戸市灘区の町名の一つで、1959年(昭和34年)に新在家南町から東灘区御影塚町までの地先22万m2が埋立てられて成立した。.

新しい!!: 六甲山と灘浜東町 · 続きを見る »

砂防

防(さぼう)とは、土砂災害を防止する手段の一つ、あるいはその事業の総称である。 狭義の砂防事業(「通常砂防事業」と呼ぶことがある)は、砂防法を根拠として土石流の捕捉と土砂の移動を防止を目的に荒廃した渓流、扇状地等で行う防災事業であり、渓流や河川に砂防ダムなどの構造物を設置、その下流で行う流路工事及び遊砂地の設置を行う。 広義の砂防事業は、上記に加えて、集落上部の斜面崩壊対策や地すべり対策、火山性災害の防止対策を総称したものである。 通常砂防事業は土砂の流出をコントロールする点で、森林法を根拠にする治山事業と類似するが、主に集落や道路などの保護を目的とするため、計画の思想や構造物の設計手法が異なる。.

新しい!!: 六甲山と砂防 · 続きを見る »

砂防ダム

防ダム(新潟県妙高市・長野県信濃町にまたがる関川1号砂防えん堤) 砂防ダム(さぼうダム)とは、小さな渓流などに設置される土砂災害防止のための設備のひとつ。砂防法に基づき整備され、いわゆる一般のダムとは異なり、土砂災害の防止に特化したものを指す。近年ではダムとの区別化を図るために砂防ダムとは呼ばず、砂防堰堤(さぼうえんてい)と呼ぶ方が正しいとされる。 なお、似たような構造物に床固工(とこがためこう)があるが、両者の区分を便宜上、ダム高が10メートル以上のものを「砂防堰堤」といい、それ以下のものを「床固工」と呼んで区別することもある。目的による区別では、前者の目的は土石流の停止、流出土砂量の調整、地すべりに対して堆積土砂による押さえ盛土としての効果を期待するもの、河床の縦浸食の防止などを目的とするのに対し、後者は河床の縦断形状の安定を期待するものであることが多い。.

新しい!!: 六甲山と砂防ダム · 続きを見る »

砂防法

防法(さぼうほう、明治30年3月30日法律29号)は、砂防施設等に関する事項を定めた日本の法律である。最終改正、平成18年6月7日法律第53号。 執行罰(行政上の義務を義務者が怠る場合に、行政庁が一定の期限を示し、期限内に履行しないか、履行しても不十分なときは過料を課することを予告して義務者に心理的圧迫を加えて義務の履行を強制する、行政法上の強制執行の一つ)に関する規定が、条文上に現行法で唯一残されている法律としても知られている。 現在、砂防法に基づく行政行為として執行罰は行われていないにも拘らず、条文から執行罰規定が削除されていないのは、特に理由のあるものではなく、単なる削除漏れがそのまま残ってしまっているからであるというのが通説となっている。.

新しい!!: 六甲山と砂防法 · 続きを見る »

砕石

砕石 砕石(さいせき、Bruchstein)とは、天然の岩石を破砕機等で人工的に小さく砕き、道路用骨材やコンクリート用骨材等の土木・建築用資材として適する粒度に加工したもののことをいう。 人工的に加工された砕石に対し、自然の力で小さくなった岩石として天然砂利があるが、天然砂利と砕石とを比較すると、砂利は全体的に丸みを帯びた形状であるのに対し、砕石は角張った形状をしていることが多い。.

新しい!!: 六甲山と砕石 · 続きを見る »

神功皇后

功皇后(じんぐうこうごう、成務天皇40年 - 神功皇后69年4月17日)は、仲哀天皇の皇后。『日本書紀』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命皇后。父は開化天皇玄孫・息長宿禰王で、母は天日矛(あめのひぼこ)裔・葛城高顙媛。応神天皇の母であり、この事から聖母(しょうも)とも呼ばれる。弟に息長日子王、妹に虚空津比売、豊姫あり。 三韓征伐を指揮した逸話で知られる。.

新しい!!: 六甲山と神功皇后 · 続きを見る »

神姫バス

姫バス株式会社(しんきバス)は、兵庫県を中心に大阪府・岡山県にもエリアを持つ日本の路線バス事業者である。 バス事業の子会社として、神姫グリーンバス(神崎・西脇・篠山方面の路線バス)、ウエスト神姫(相生・赤穂・山崎方面の路線バス)、神姫ゾーンバス(西神方面の路線バス)、神姫観光バス(貸切バス)がある。またICカード乗車券のNicoPaを発行している(回数券機能もある。また定期券機能の付加も可)。 2006年4月1日より、神戸市交通局(神戸市バス)から落合・西神の2営業所の運行管理業務を、姫路市から書写山ロープウェイの運行業務を受託している。.

新しい!!: 六甲山と神姫バス · 続きを見る »

神護景雲

護景雲(じんごけいうん)は、日本の元号の一つ。天平神護の後、宝亀の前。767年から770年までの期間を指す。この時代の天皇は称徳天皇。 この年号以後、四文字元号が使われたことはない。四文字元号の中では唯一「天平」の文字が入らないが、天平神護から「神護」の名称を引き継いでおり、この年号までがいわゆる『天平文化』の範疇である。.

新しい!!: 六甲山と神護景雲 · 続きを見る »

神戸すまいまちづくり公社摩耶ケーブル線

摩耶ケーブル駅 摩耶ケーブル虹駅(虹の駅)。改修はされているものの、大正時代の建築(2007年9月)。 摩耶ケーブル線(まやケーブルせん)は、兵庫県神戸市灘区の摩耶ケーブル駅から虹駅(公式通称・虹の駅)に至る神戸すまいまちづくり公社のケーブルカー路線である。.

新しい!!: 六甲山と神戸すまいまちづくり公社摩耶ケーブル線 · 続きを見る »

神戸外国人居留地

海岸通・1885年(明治18年)頃) 神戸外国人居留地(こうべがいこくじんきょりゅうち)は、安政五カ国条約に基づき、1868年1月1日(慶応3年12月7日)から1899年(明治32年)7月16日までの間、兵庫津の約3.5 km東に位置する神戸村(後の兵庫県神戸市中央区)に設けられた外国人居留地である。神戸居留地ともいう。 東を(旧)生田川(後のフラワーロード)、西を鯉川(後の鯉川筋)、南を海、北を西国街道(後の花時計線)に囲まれた広さ約7万8000坪(約258,000平方メートル)の区域が合理的な都市計画に基づいて開発され、「東洋における居留地としてもっともよく設計されている」と評された。一定の行政権・財政権などの治外法権が認められ、居留外国人を中心に組織された自治機構によって運営された。運営は円滑に行われ、日本側と外国側との関係もおおむね良好であったと評価されている。貿易の拠点、西洋文化の入り口として栄え、周辺地域に経済的・文化的影響を与えた。 ※本記事においては必要に応じて居留地周辺の一定の区域(雑居地・遊歩区域)や居留地返還後についても記述する。.

新しい!!: 六甲山と神戸外国人居留地 · 続きを見る »

神戸布引ロープウェイ

ハーブ園山麓駅の上 風の丘中間駅の上 ハーブ園山頂駅の下 神戸布引ロープウェイ(こうべぬのびきロープウェイ)は、兵庫県神戸市中央区の新神戸から世継山にかかるロープウェイである。世継山よりも布引ハーブ園へ向かうためのロープウェイとして知られている。改修工事前は神戸夢風船の愛称があった。 以前は神戸市都市整備公社(現在の神戸すまいまちづくり公社)によって運営されていたが、2009年4月に神戸市が設備・施設等を取得し、PFI事業として再整備し、2011年4月1日にリニューアルオープンした。現在は、施設を神戸市が保有し、鉄道事業法上の許可は神戸リゾートサービスによって運営されている。.

新しい!!: 六甲山と神戸布引ロープウェイ · 続きを見る »

神戸市

戸市(こうべし)は、兵庫県南部に位置する兵庫県の県庁所在地である。垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区から構成される政令指定都市である。日本の市で6番目の人口を有する。.

新しい!!: 六甲山と神戸市 · 続きを見る »

神戸市バス

戸市バス(こうべしバス)は、神戸市交通局が運営するバス(公営バス)路線である。 昭和50年代までは他都市にならって「神戸市営バス」と表現していたが、市民の間では(「営」を付けない)「神戸市バス」の名が定着し、現在では「神戸市バス」で統一されている。これは、市街地路線を中心に、「神戸市'''電'''」の廃止路線に代わって「神戸市バス」路線を開設してきたことによる。 なお、かつて神戸市交通局は観光バス事業も運営していたことがあり、これについては「神戸市営観光バス」と(すなわち、「営」を付けて)称していた。しかし、経営改善を理由に廃止された。現在、神姫バスが営業している神戸市内定期観光バスは、神戸市交通局の観光バス事業廃止と同時に運行を開始したものである。 神戸市バスにはオリジナルキャラクターが存在する。名前は「ばっしー君」。.

新しい!!: 六甲山と神戸市バス · 続きを見る »

神戸市営地下鉄西神・山手線

西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称である。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーもグリーン。.

新しい!!: 六甲山と神戸市営地下鉄西神・山手線 · 続きを見る »

神戸市立六甲山小学校

戸市立六甲山小学校(こうべしりつ ろっこうさんしょうがっこう)は、兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲にある公立小学校。.

新しい!!: 六甲山と神戸市立六甲山小学校 · 続きを見る »

神戸市立森林植物園

長谷池(11月) 日本針葉樹林区コウヤマキ林(11月) 野鳥の森(11月) 森林展示館(11月) 神戸市立森林植物園(こうべしりつしんりんしょくぶつえん)は、兵庫県神戸市北区にある植物園。1940年に開館した。六甲山地は摩耶山の西、再度山の北に位置する総面積142.6haという広大な樹木植物園で、周辺は瀬戸内海国立公園に指定されている。 日本の代表的な樹木および世界各地の樹木約1200種を各々の原産地の森としてゾーンに分けるなど、自然に近い形での植栽構想に基づき植栽している。.

新しい!!: 六甲山と神戸市立森林植物園 · 続きを見る »

神戸市道夢野白川線

戸市道夢野白川線(こうべしどうゆめのしらかわせん)は、兵庫県神戸市の兵庫区鵯越町から須磨区車に至る延長5.3kmの市道である。2008年9月30日までは西神戸有料道路であったが、建設費や改良工事に伴う借金の償還が終了したため2008年10月1日より無料開放された。.

新しい!!: 六甲山と神戸市道夢野白川線 · 続きを見る »

神戸市教育委員会

戸市教育委員会(こうべしきょういくいいんかい)は、兵庫県神戸市中央区加納町6-5-1、神戸市役所3号館8階に拠点を置く、神戸市の組織。神戸市内の教育に関連した隠蔽工作などを行う行政委員会である。.

新しい!!: 六甲山と神戸市教育委員会 · 続きを見る »

神戸弘陵学園高等学校

戸弘陵学園高等学校(こうべこうりょうがくえんこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市北区山田町小部妙賀山にある私立高等学校。.

新しい!!: 六甲山と神戸弘陵学園高等学校 · 続きを見る »

神戸ゴルフ倶楽部

戸ゴルフ倶楽部(こうべゴルフくらぶ)は、1903年5月24日にイギリス人貿易商A.H.グルームによって神戸市の六甲山上に造られた、日本最古のゴルフ場である。.

新しい!!: 六甲山と神戸ゴルフ倶楽部 · 続きを見る »

神戸電鉄有馬線

有馬線(ありません)は、兵庫県神戸市兵庫区の湊川駅から同市北区の有馬温泉駅までを結ぶ神戸電鉄の鉄道路線である。 六甲山地を50‰の勾配で越えて、神戸と古くからの温泉地である有馬温泉を結んでいる。各駅周辺には住宅地が広がり神戸市中心部への通勤・通学路線となっている。 鈴蘭台駅から有馬線方面に入る列車の大半が三田線に直通する運転体系が取られていることから、三田線とまとめて「有馬・三田線」と案内されることもある。.

新しい!!: 六甲山と神戸電鉄有馬線 · 続きを見る »

神戸港

戸港(こうべこう)は、兵庫県神戸市にある港湾。港湾法上の国際戦略港湾に指定されている。 日本の主要な国際貿易港(五大港)の一つで、スーパー中枢港湾の指定を大阪港と共に受けている。1868年1月1日(慶応3年12月7日)に開港。現在の日本三大旅客港の一つ。 神戸港夕景(新港第一突堤から西を望む).

新しい!!: 六甲山と神戸港 · 続きを見る »

福原京

福原雪見御所碑 福原京(ふくはらきょう)は、平安時代末期の治承4年(1180年)、計画のみに終った和田京に続いて、平清盛の主導で造営が進められた日本の首都の通称。.

新しい!!: 六甲山と福原京 · 続きを見る »

福知山線

福知山線(ふくちやません)は、兵庫県尼崎市の尼崎駅から京都府福知山市の福知山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 なお本項では正式な路線名を示す場合をのぞいて、東海道本線のうち大阪駅から京都方面はJR京都線、尼崎駅から三ノ宮方面についてはJR神戸線の愛称で記述する。.

新しい!!: 六甲山と福知山線 · 続きを見る »

空海

海(くうかい、宝亀5年(774年) - 承和2年3月21日(835年4月22日))は、平安時代初期の僧。弘法大師(こうぼうだいし)の諡号(921年、醍醐天皇による)で知られる真言宗の開祖である。俗名(幼名)は佐伯 眞魚(さえき の まお)。日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換していく流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。能書家としても知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられている。.

新しい!!: 六甲山と空海 · 続きを見る »

穂高岳

岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園の飛騨山脈(北アルプス)にある標高3,190mの山。日本第三位の高峰。日本百名山『日本百名山』 深田久弥(著)、1982年、朝日新聞出版、pp209-213、ISBN 4-02-260871-4、新日本百名山及び花の百名山に選定されている。.

新しい!!: 六甲山と穂高岳 · 続きを見る »

穂高湖

正面の頂はシェール槍 穂高湖(ほだかこ)は兵庫県神戸市の瀬戸内海国立公園六甲山地区にある人工湖である。六甲山地の山上にある湖沼の中では修法ヶ原池に次ぐ大きさである。森林と一体化しているような風情があって上高地の大正池に似ているところから命名されたといわれている。 付近にはシェール道などのハイキングコースが通り、また湖の周囲には遊歩道が整備されているので、ハイカー等が立ち寄るスポットになっている。夏にはカヌーが楽しめる。隣接して神戸市立自然の家がある。.

新しい!!: 六甲山と穂高湖 · 続きを見る »

竹中靖一

竹中靖一(たけなか やすかず、1906年6月9日-1986年12月19日)は、日本の経営学者。 大阪府出身。京都帝国大学経済学部卒。1960年「石門心学の経済思想」で大阪大学経済学博士。山口高等商業学校教授をへて1949年近畿大学教授。77年定年、名誉教授。石田梅岩の石門心学を研究し、1955年心学の講舎明誠舎を復活させた。1964年「石門心学の経済思想」で日本学士院賞受賞。.

新しい!!: 六甲山と竹中靖一 · 続きを見る »

第61回国民体育大会

開会式・陸上競技が行われたユニバー記念競技場 第61回国民体育大会(だい61かいこくみんたいいくたいかい)は、2006年に兵庫県の神戸市を主な会場として開催された。 夏季・秋季大会のスローガンは「"ありがとう" 心から・ひょうごから」。大会マスコットは「はばタン」(スキー競技会のみ「ゆうまちゃん」)。兵庫県での国体開催は50年ぶり。.

新しい!!: 六甲山と第61回国民体育大会 · 続きを見る »

第二神明道路

二神明道路(だいにしんめいどうろ)は、兵庫県神戸市須磨区月見山町から明石市魚住町清水に至る国道2号のバイパス。西日本高速道路関西支社第二神明道路管理事務所が一般有料道路として管理している。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では「E93」が割り振られている。.

新しい!!: 六甲山と第二神明道路 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 六甲山と第二次世界大戦 · 続きを見る »

第四紀

四紀(だいよんき一部の地学事典には「だいしき」と記述されているが、文部省『学術用語集 地学編』(日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2、)の表記は「Daiyonki」である。『学術用語集』編纂の経緯に鑑み、ここでは「だいよんき」とした。なお、日本第四紀学会公式サイトにおいて、「『だいよんき』と『だいしき』のどちらが正しいのか」との質問に対し、「『だいよんき』と『だいしき』のどちらが正しいということはありませんが、一般に広く用いられているのは前者です。日本第四紀学会の読み方としても「だいよんき」が使われます。」と回答している。、Quaternary period)は地質時代の一つで、258万8000年前から現在までの期間。 他の地質時代が生物相の大幅な変化(特に大量絶滅)を境界として定められたのに対し、第四紀は人類の時代という意味で決められた。したがって、古人類学の進展に伴い次々に古い原人が発見されるとともに第四紀の始まる年代も変化していった。現在ではヒト属の出現を基準とし、地質層序や気候変動を併用して決定している。 第四紀より古い地層を、かつては三紀層と呼んでいたが、今では古第三紀・新第三紀に分かれている(#語源)。.

新しい!!: 六甲山と第四紀 · 続きを見る »

精米

精米(せいまい)という語は、米を精白する事、それによって出来た白米の、二通りの意味で使われる。.

新しい!!: 六甲山と精米 · 続きを見る »

索道

書写山ロープウェイ(書写駅)(姫路市)。複線交走式の普通索道 (動画) 筑波山のロープウェイ ロンドンのテムズ川横断ケーブルカー エミレーツ・エア・ライン 索道(さくどう)とは、空中に渡したロープに吊り下げた輸送用機器に人や貨物を乗せ、輸送を行う交通機関である。ロープウェイ(ropeway)、ゴンドラリフト、スキー場などのリフトなどが索道に含まれる。 英語では、aerial tramway(エリアル・トラムウェイ)、aerial lift(エリアル・リフト)、gondola lift(ゴンドラ・リフト)、cable car(ケーブル・カー)、telecabine(テレキャビン)と呼ばれている。.

新しい!!: 六甲山と索道 · 続きを見る »

紀伊半島

紀伊半島(きいはんとう)は、本州中央部から南側の太平洋に突き出る、日本最大の半島である。名称は令制国の紀伊国に由来する。.

新しい!!: 六甲山と紀伊半島 · 続きを見る »

紀伊山地

紀伊山地(きいさんち)は、紀伊半島のうち中央構造線以南の大半を占める山地。侵食が著しいため、険しい地形がよく発達している。三重県、奈良県、和歌山県にまたがっている。脊梁の方向はおおむね北東-南西に走り、1500m前後の尾根が連なる。最高峰は八経ヶ岳(八剣山)で1915m。 古くは8世紀頃から、聖なる地として中央の人々の関心を集め、古事記や日本書紀に言及が見られる。仏教伝来以後、山岳仏教や、仏教と日本の土着信仰とが癒合して成立した修験道の修行の地として高野山や吉野が成立し、のちに紀伊半島を浄土とみなす信仰として熊野三山を中心とする熊野信仰の霊場ともなり、霊場に至る参詣道が発達した。こうした歴史を背景として、紀伊山地の3つの霊場とそれらに関連する参詣道が、紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産に登録された。.

新しい!!: 六甲山と紀伊山地 · 続きを見る »

紀伊水道

紀伊水道(きいすいどう)は、和歌山県、徳島県、兵庫県淡路島によって囲まれる海域。東西・南北とも約50km。 名称の由来は、水道に沿って東部に位置し、かつての行政区画だった令制国の一つ、紀伊国(きいのくに)に因る。.

新しい!!: 六甲山と紀伊水道 · 続きを見る »

緑化

緑化(りょっか、りょくか)は、草や木を植えること、あるいはそれらが育つような算段をすること。またその後、育成管理すること。ただし、通例は収穫は目的ではない。 また、自然のなりゆきで砂漠などに植物が生えるようになることも緑化である。.

新しい!!: 六甲山と緑化 · 続きを見る »

縦走

縦走(じゅうそう)とは登山の方法のひとつであり、一般的には山頂に立ったあと下山せずそのまま次の山へ向かうことを指す。ルートによっては山頂を重視せず稜線を歩いて行くことも縦走と呼ぶ。下山しないとはいえ数百メートル下り、そこから登り返すことも多いためひとつの山頂を目指すピークハントと比べてより体力、知識、経験が必要となる。 日本アルプスでは登山道が整備されているため比較的縦走がしやすいが一つ目の山頂までに時間がかかることからトレイルランニングを除き一日で縦走を行うことは困難である。ヒマラヤほどの高山ではピークに辿り着くこと自体が困難であり縦走はほとんど行われず、行われた場合ラインホルト・メスナーによるガッシャーブルム峰の縦走など登山史に残る偉業となる。 市街地に近い比較的低い山地においても実施されることがあり、神戸市が主催して年に1回おこなわれる「KOBE六甲全山縦走大会」(全長56km)には2000人が参加している。.

新しい!!: 六甲山と縦走 · 続きを見る »

経ヶ岬通信所

経ヶ岬通信所(きょうがみさきつうしんじょ)は、京都府京丹後市袖志(経ヶ岬)にあるアメリカ軍(在日米軍)の通信所である。航空自衛隊経ヶ岬分屯基地に隣接し、マイクロ波を使用したミサイル防衛用早期警戒レーダー「Xバンドレーダー TPY-2」が配備されている。同レーダーの日本配備は、米軍車力通信所(青森県つがる市、航空自衛隊の車力分屯基地隣接)に次いで2例目である。米軍の専用施設としては近畿地方唯一の在日米軍施設であり、軍人・軍属など最大で160人が勤務する。.

新しい!!: 六甲山と経ヶ岬通信所 · 続きを見る »

生田川

生田川(いくたがわ)は、兵庫県神戸市を流れる二級水系の本流。.

新しい!!: 六甲山と生田川 · 続きを見る »

生物多様性

生物多様性に富むアマゾン熱帯雨林 生物多様性(せいぶつたようせい、)とは、生物に関する多様性を示す概念である。生態系・生物群系または地球全体に、多様な生物が存在していることを指す。生態系の多様性、種多様性、遺伝的多様性(遺伝子の多様性、種内の多様性とも言う)から構成される。 生物多様性の定義には様々なものがあるが、生物の多様性に関する条約では「すべての生物(陸上生態系、海洋その他の水界生態系、これらが複合した生態系その他生息又は生育の場のいかんを問わない。)の間の変異性をいうものとし、種内の多様性、種間の多様性及び生態系の多様性を含む」と定義されている。.

新しい!!: 六甲山と生物多様性 · 続きを見る »

生駒山

生駒山(いこまやま・いこまさん)は、奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある標高642mの山。生駒山地の主峰である。.

新しい!!: 六甲山と生駒山 · 続きを見る »

畿内

畿内(きない、きだい、うちつくに)とは、.

新しい!!: 六甲山と畿内 · 続きを見る »

照葉樹林

マデイラ島の照葉樹林 照葉樹林(しょうようじゅりん、laurel forest)とは、森林の群系の一種で、温帯に成立する常緑広葉樹林の一つの型を指す。構成樹種に葉の表面の照りが強い樹木が多いのでその名がある。 転じて、深緑色をしたカクテルの一種にもその名が使われている(グリーンティー・リキュールを参照)。.

新しい!!: 六甲山と照葉樹林 · 続きを見る »

牧野富太郎

牧野富太郎像(牧野植物園内) 牧野 富太郎(まきの とみたろう、1862年5月22日(文久2年4月24日) - 1957年(昭和32年)1月18日)は、日本の植物学者。高知県高岡郡佐川町出身。 「'''日本の植物学の父'''」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威である。その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っている。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。.

新しい!!: 六甲山と牧野富太郎 · 続きを見る »

瀬織津姫

織津姫(せおりつひめ)は、神道の大祓詞に登場する神である。瀬織津比咩・瀬織津比売・瀬織津媛とも表記される。古事記・日本書紀には記されていない神名である。.

新しい!!: 六甲山と瀬織津姫 · 続きを見る »

瀬戸内海式気候

戸内海式気候(せとないかいしききこう)とは、日本の気候区分の一つである。瀬戸内式気候(せとうちしききこう)や瀬戸内海型気候とも呼ばれることがある。主に瀬戸内地方で見られる。.

新しい!!: 六甲山と瀬戸内海式気候 · 続きを見る »

瀬戸内海国立公園

戸内海国立公園(せとないかいこくりつこうえん)は、瀬戸内海を中心とする国立公園。.

新しい!!: 六甲山と瀬戸内海国立公園 · 続きを見る »

登山

レバスを行く登山者(1862年) JPN 槇有恒 ----- アイガー東山稜の初登攀者。 登山(とざん)とは、山に登ること。 古くから人が宗教的な意味を込めて山に登ったり、旅や移住、狩猟、戦争など何らかの必要性から山を越えたりすることはあった。現代の多くでは登山自体が目的となったレクリエーションやスポーツとして、広範な人々に親しまれている。人跡希な高山や深山への登頂では学術調査や探検を兼ねることも多いほか、職業として登山を行う人も生まれている。 西欧語の alpinism(アルピニズム) は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し、人生のうるおいとすることを目的にする平凡社『世界大百科事典』vol.20, pp.266-269、徳久球雄執筆。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。.

新しい!!: 六甲山と登山 · 続きを見る »

登山道

登山道 登山道を登る登山者 登山道(とざんどう)とは、山岳に登山するための道。 もともと登山以外の目的で設置されたものの、登山目的として使用されている道も登山道として呼ぶこともある。 登山目的にかかわらず、山中にある道全般をさす場合は山道(やまみち)と表現されうる。.

新しい!!: 六甲山と登山道 · 続きを見る »

白亜紀

白亜紀(はくあき、白堊紀、Cretaceous period)とは、地球の地質時代の一つで、約1億4500万年前から6600万年前を指す。この時代は、ジュラ紀に続く時代であり中生代の終わりの時代でもある。次の時代は、新生代古第三紀の暁新世である。 「白堊」の「堊(アク; アと読むのは慣習)」の字は粘土質な土、すなわち石灰岩を意味し、石灰岩の地層から設定された地質年代のため白堊紀の名がついた。また「白亜」の「亜」は、「堊」の同音の漢字による書きかえである。.

新しい!!: 六甲山と白亜紀 · 続きを見る »

芦屋川

芦屋川(あしやがわ)は、兵庫県芦屋市を流れる河川。二級水系の本流である。六甲山麓から一気に下る急流であり、中流部では天井川となっている。 急流故に比較的清流だが、一方で阪神大水害をはじめ幾度かの水害をもたらしてきた。.

新しい!!: 六甲山と芦屋川 · 続きを見る »

芦屋市

屋市(あしやし)は、兵庫県南東部にある市。阪神南県民センター管轄区域。屋の「」は、正確には「戸」の部分が旧字(「戶」)。本項では市制前の名称である精道村(せいどうむら)についても述べる。 国際観光文化都市に指定されている。兵庫県内において、摂津国であった阪神間の神戸市寄りに位置し、固有の阪神間モダニズム文化に育まれた瀟洒な街並を擁する。市内北部、平田町や松浜町といった中部は高級住宅地として名高く、市内南部は谷崎潤一郎の小説『細雪』の舞台になったことでも知られる。北に六甲山地、南に大阪湾を臨んだ豊かな自然と、南に緩やかに傾斜する地形は、美しい景観と温暖な気候を形成する。.

新しい!!: 六甲山と芦屋市 · 続きを見る »

芦有ドライブウェイ

芦有ドライブウェイ(ろゆうドライブウェイ)は、兵庫県芦屋市・西宮市・神戸市北区にまたがる一般自動車道事業による有料道路である。また、芦有ドライブウェイ株式会社は、これを経営する企業で、西日本高速道路(NEXCO西日本)の子会社である。.

新しい!!: 六甲山と芦有ドライブウェイ · 続きを見る »

銭湯

江戸東京たてもの園(野外博物館)に移築された子宝湯の入口部分 銭湯(せんとう)は、客が入浴できるようにした日本の公衆浴場の一種。風呂屋(ふろや)とも、湯屋(ゆや)とも呼ばれる(詳細は後述)。.

新しい!!: 六甲山と銭湯 · 続きを見る »

花崗岩

深成岩のQAPF図; Q:石英、A:アルカリ長石、P:斜長石、F:準長石 花崗岩(かこうがん、)とは、火成岩の一種。流紋岩に対応する成分の深成岩である。石材としては御影石(みかげいし)とも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と花崗岩 · 続きを見る »

花隈城

摂津国花熊之城図/岡山大学付属図書館所蔵 花隈城(はなくまじょう)は、兵庫県神戸市中央区の元町駅西方にあった日本の城。別名は花熊城。.

新しい!!: 六甲山と花隈城 · 続きを見る »

鎌倉時代

伝・源頼朝肖像 鎌倉・高徳院の大仏 鎌倉時代(かまくらじだい、1185年頃 - 1333年)は、日本史で幕府が鎌倉に置かれていた時代を指す日本の歴史の時代区分の一つである。朝廷と並んで全国統治の中心となった鎌倉幕府が相模国鎌倉に所在したのでこう言う。本格的な武家政権による統治が開始した時代である。 始期については従来の1192年の征夷大将軍就任説をはじめ諸説あるが、東国支配権の承認を得た1183年説と守護・地頭設置権を認められた1185年説が有力になっている。(詳細は鎌倉幕府#概要を参照).

新しい!!: 六甲山と鎌倉時代 · 続きを見る »

避暑地

避暑地(ひしょち)とは、避暑のために訪れる土地。夏でも冷涼な気候であることが求められるため、標高の高い地域や、緯度の高い地域が選ばれることが多い。多くの人が避暑に訪れ、都市化している所もあるが、数軒の別荘が建ち並ぶのみの閑静な避暑地も多い。 海流の影響で真夏日がない釧路は本格的な避暑地である。 逆の意味として「避寒地」(欧州のリヴィエラ、アメリカのマイアミなど)があり、名称自体は日本では一般的ではないが、年始・年末に多くの日本人が訪れるハワイ・サイパンなどがこれにあたる。.

新しい!!: 六甲山と避暑地 · 続きを見る »

道南

道南(どうなん)とは、北海道の地域区分の1つであり、同道の南部を指す。.

新しい!!: 六甲山と道南 · 続きを見る »

荘園

荘園(しょうえん)は、公的支配を受けない(あるいは公的支配を極力制限した)一定規模以上の私的所有・経営の土地である。なお、中世の西ヨーロッパ・中央ヨーロッパに見られたmanor(英語)、Grundherrschaft(ドイツ語)の訳語としても用いられている。.

新しい!!: 六甲山と荘園 · 続きを見る »

荒木村重

荒木 村重(あらき むらしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。利休十哲の1人である。.

新しい!!: 六甲山と荒木村重 · 続きを見る »

落葉広葉樹林

落葉広葉樹林(らくようこうようじゅりん、)とは、生育に不適な季節になると全ての葉を落とす広葉樹の森林。乾季の乾燥に応じて葉を落とす例と、冬季の低温に対応して葉を落とす例がある。 前者は雨緑林と呼ばれ、熱帯から亜熱帯にかけての乾季と雨季のはっきりした地域に見られる。後者は温帯から亜寒帯にかけての降水量の多い地域に分布する。.

新しい!!: 六甲山と落葉広葉樹林 · 続きを見る »

青い山脈 (曲)

青い山脈」(あおいさんみゃく)は石坂洋次郎原作の日本映画『青い山脈』の主題歌として1949年に発表された曲である。発表当初は藤山一郎と奈良光枝が歌っていたが、奈良が早世したこともあり藤山一郎の歌として有名である。 長年にわたって世代を問わず支持され、発売から40年経った1989年にNHKが放映した『昭和の歌・心に残る200』においても第1位となっている。.

新しい!!: 六甲山と青い山脈 (曲) · 続きを見る »

須磨区

人口が集中する須磨ニュータウン 北区と西区の境目に残る農村地帯白川字下測地で撮影 須磨区(すまく)は、神戸市を構成する9区のうちのひとつで、同市の西部に位置する。南部の板宿を中心とする旧市街地、北部の妙法寺や名谷を中心とする新興市街地など様々な街の景色を持つ。 平安時代末期に起きた一ノ谷の戦いの舞台でもある。また、須磨海岸は古来より白砂青松の美しい砂浜を持つ海岸として有名で、近年は京阪神地域随一の海水浴場でもある。 2014年(平成26年)5月8日に「日本創成会議人口減少問題検討分科会」が発表した2040年人口推計結果で、20歳から39歳までの若年女性の減少率が2010年(平成22年)比で51.4%となり、「消滅可能性都市」の1つとされた久保聡、神足俊輔、丸井康充(2014年5月9日).

新しい!!: 六甲山と須磨区 · 続きを見る »

須磨ニュータウン

ニュータウン(すま-)は、1970年(昭和45年)に入居が開始された、神戸市を代表するニュータウン。.

新しい!!: 六甲山と須磨ニュータウン · 続きを見る »

須磨浦山上遊園

浦山上遊園(すまうらさんじょうゆうえん)は兵庫県神戸市須磨区の鉢伏山と旗振山の山頂一帯に広がる須磨浦公園内の植物園・遊園地を含む緑ゆたかな公園である。山陽電気鉄道の子会社「須磨浦遊園株式会社」が運営する。1959年に開園した。 山陽須磨浦公園駅に直結する須磨浦ロープウェイとカーレーター(勾配25度のゴンドラ)を乗り継ぐと山頂エリアに着く。山頂エリアには須磨海岸~紀淡海峡から六甲山地まで360度のパノラマを楽しめる回転展望閣や林間の散策路があり、さらに観光リフトで谷を渡ったところにはふんすいランド、サイクルモノレール等が設置された遊園地がある。施設の殆どは開園時(1959年)からのもので、レトロ感を楽しむことができる。その西に、名所として知られる梅林、ハマナス園、フジの園といった植物園が広がる。 また園内には六甲全山縦走路が通っており、ハイキングする人のための登山道や周遊路も整備されている。 なお、以前は同地に「ドレミファ噴水パレス」という、噴水・光線・音響効果をミックスさせて観客を楽しませたホールがあったが、老朽化や利用者の減少で1987年11月に閉館し、建物も既に解体されている。.

新しい!!: 六甲山と須磨浦山上遊園 · 続きを見る »

須磨浦ロープウェイ

浦ロープウェイ(すまうらロープウェイ)は、兵庫県神戸市須磨区の鉢伏山にかかるロープウェイである。運営は山陽電気鉄道の子会社である須磨浦遊園株式会社が行っている。 ゴンドラからの眺望 現行搬器(3代目) 須磨浦公園駅 鉢伏山上駅.

新しい!!: 六甲山と須磨浦ロープウェイ · 続きを見る »

須磨浦公園

浦公園 須磨浦公園(すまうらこうえん)は、兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町にある公園。.

新しい!!: 六甲山と須磨浦公園 · 続きを見る »

須磨浦公園駅

| 須磨浦公園駅(すまうらこうえんえき)は、兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町五丁目にある、山陽電気鉄道本線・須磨浦ロープウェイの駅。駅番号はSY 07。 阪神電鉄の大阪方面からの特急終着駅。かつては阪急電鉄神戸線の列車(主に特急)も当駅まで乗り入れていた。.

新しい!!: 六甲山と須磨浦公園駅 · 続きを見る »

頂上

地球上で最も高いエベレスト山の頂上。8800メートル(29000フィート)の高さがあり、登山者は空気の薄さから身を守るために酸素マスクを着用している。大型旅客機は機内の空気を加圧して、それよりも高い10000メートル(33000フィート)の高さを飛行する。 スイスの最高峰、モンテ・ローザの頂上からの眺め。 頂上(ちょうじょう)は、山のような起伏のある地形において隣接した他の全ての地点よりも高い場所。類義語に山頂(さんちょう)、頂点(ちょうてん)、頂(いただき)、峰(みね)、山巓(さんてん)、サミット(summit)などがある。.

新しい!!: 六甲山と頂上 · 続きを見る »

表六甲ドライブウェイ

表六甲ドライブウェイ旧料金所付近 表六甲ドライブウェイ(おもてろっこうドライブウェイ)は、神戸市灘区鶴甲と、同区六甲山を結ぶ道路である。元々は裏六甲ドライブウェイとともに有料道路であったが、2002年6月1日に無料化された。料金所は六甲山トンネル南側料金所の隣にあった。 現在、ローリング族対策のため、一部区間で土曜・日曜・休日に二輪車の通行が禁止されている。.

新しい!!: 六甲山と表六甲ドライブウェイ · 続きを見る »

行政区画

行政区画(ぎょうせいくかく)とは、国家が円滑な国家機能を執行するために領土を細分化した区画のこと。行政区分(ぎょうせいくぶん)、行政区域(ぎょうせいくいき)ともいう。それらの行政区画を施政・統治する機構を行政単位という。 通常、複数の行政区画が集まり、より上級の行政区画を形成する。また、ある行政区画Aが上級の行政区画Bに所属するとき、AがBと同級の行政区画CやDに所属することもない。 国土の面積、人口の分布、政体のあり方などにより各国の制度が異なり、それぞれ行政区画の名称、等級、構造、数も異なる。モナコやナウルなどの小国のように、行政区画が存在しない国もある。.

新しい!!: 六甲山と行政区画 · 続きを見る »

風物詩

物詩(ふうぶつし)とは、ある季節特有の現象、文化、味覚、生物、物売りなどであり、その季節をより意識に特徴づけることができる、物・事柄のことである。風物詩の範囲は幅広く、俳句の季語として限定されたものと違って、日本の季節を現代人の心に訴えかけているものを指す。また全国的なものから、祭事などの狭い地域のものまであり、季節の到来・節目を表現するときに使われることが多い。 以下にニュースや天気予報、新聞などに登場する、全国的な風物詩を例示する。.

新しい!!: 六甲山と風物詩 · 続きを見る »

裏六甲ドライブウェイ

裏六甲ドライブウェイ(うらろっこうドライブウェイ)は、神戸市北区有野町唐櫃と、灘区六甲山を結ぶ道路である。以前は表六甲ドライブウェイとともに有料道路であったが、2002年6月1日に無料化された。.

新しい!!: 六甲山と裏六甲ドライブウェイ · 続きを見る »

餌付け

付け(えづけ)とは、野生動物、あるいは野生由来の動物に人為的な餌を食べるように仕向ける、あるいはそれに慣れさせることである。目的は餌を与えることそのものか、それによって人間に対する警戒をゆるめさせることにある。野生動物に対する場合と、飼育動物に対する場合がある。.

新しい!!: 六甲山と餌付け · 続きを見る »

西宮市

西宮市(にしのみやし)は、兵庫県の南東部にある人口約49万人の市である。中核市、保健所政令市の一つ。なお本項では市制前の名称である西宮町(にしのみやちょう)についても述べる。.

新しい!!: 六甲山と西宮市 · 続きを見る »

西宮北道路

西宮北道路(にしのみやきたどうろ)は、兵庫県西宮市越水字社家郷山から同市山口町船坂までの、西宮市北部と中心部を結ぶ道路である。.

新しい!!: 六甲山と西宮北道路 · 続きを見る »

西国街道

西国街道の指標 西国街道(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉かいどう)は、江戸時代における街道の1つであり、近世山陽道の別名である。また、西国路(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉じ)、中国街道(ちゅうごくかいどう)、中国路(ちゅうごくじ)梶本 (2003)、2頁大坂 - 西宮を結ぶ街道(浜街道)も中国街道・中国路とも呼ばれる。、山陽路(さんようじ)などとも呼ばれる。 京都から下関、あるいは九州の太宰府までの経路で長崎までともされる。、律令時代に大路として整備された「山陽道」とほぼ一致する関西歴史散歩の会 (2005)、7-8頁兵庫県教育委員会 (2006)、263頁。 また、狭義の西国街道として、同街道のうち京都 - 西宮までの区間関西歴史散歩の会 (2005)、5頁(山崎通)、あるいは同じく山陽道として西宮 - 下関の区間を指すこともある竹内 (2006)、176頁。.

新しい!!: 六甲山と西国街道 · 続きを見る »

西洋館

西洋館(せいようかん)とは、開国から第二次世界大戦までの時代に、日本で建設された、西洋の建築様式を用いた建物である。主として住宅を指す。洋館や洋風建築ともいう。 なお、神戸では、幕末期から明治期に建築された西洋館を「異人館」と呼び、大正期から戦前昭和期に建築された西洋館を「洋館」と呼んで区別している。.

新しい!!: 六甲山と西洋館 · 続きを見る »

観光

観光(かんこう)とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のことを指す。 英語では観光する側(en:sightseeing)と、観光させる側(en:tourism)で言葉が(概念も)分かれている。 これには、後述される宗教行為の対象者(大衆:観光客)と行為者(仕掛け人:観光業者)の立場が現れているとも見られる。 なお狭義には、観光事業を指すこともある。.

新しい!!: 六甲山と観光 · 続きを見る »

諏訪山公園

諏訪山公園(すわやまこうえん)は兵庫県神戸市中央区諏訪山町の六甲山地諏訪山中腹から山麓にかけて存在する公園。 諏訪山展望台 諏訪山展望台からポートアイランド方面を撮影.

新しい!!: 六甲山と諏訪山公園 · 続きを見る »

高取山 (兵庫県)

取山(たかとりさん)は、兵庫県神戸市須磨区と長田区の区界に存在する山である。標高328m。「たかとりやま」とも呼ばれるようだが、地元民は「たかとりさん」と称している。六甲山地の山の中では西側に位置し、六甲全山縦走路のうちの一つである。.

新しい!!: 六甲山と高取山 (兵庫県) · 続きを見る »

高射砲

射砲(こうしゃほう)は、地上から航空機を攻撃するために作られた火砲。敵の弾着観測気球を狙い撃つため、プロイセン軍が使用したのが始まりである。 大日本帝国海軍では高角砲(こうかくほう)と呼んだ。また日本語では低空で進入する敵機を攻撃する比較的小口径の機関砲を「対空砲」「高射機関砲」と呼ぶことも多いが、英語ではいずれもAnti-aircraft Cannonである。ドイツ語のFliegerabwehrkanone 由来の「FLAK」が英語圏でも多く使われる。.

新しい!!: 六甲山と高射砲 · 続きを見る »

高山寺

境内風景 高山寺(こうざんじ、こうさんじ)は、京都市右京区梅ヶ畑栂尾町(とがのおちょう)にある寺院。栂尾は京都市街北西の山中に位置する。高山寺は山号を栂尾山と称し、宗派は真言宗系の単立である。創建は奈良時代と伝えるが、実質的な開基(創立者)は、鎌倉時代の明恵である。もともとここにあった神護寺の子院が荒廃した跡に神護寺の文覚の弟子であった明恵が入り寺としたものである。「鳥獣人物戯画」をはじめ、絵画、典籍、文書など、多くの文化財を伝える寺院として知られる。境内が国の史跡に指定されており、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。.

新しい!!: 六甲山と高山寺 · 続きを見る »

高倉山 (神戸市)

倉山(たかくらやま)は神戸市須磨区にかつて存在した標高291.5mの山。.

新しい!!: 六甲山と高倉山 (神戸市) · 続きを見る »

豊臣秀吉

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏を名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓された。 尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる(出自参照)。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。 墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として広く親しまれ、農民から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。.

新しい!!: 六甲山と豊臣秀吉 · 続きを見る »

鶴甲

(つるかぶと)は、兵庫県神戸市灘区の町名。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数2,205、人口5,477、うち男性2,452人、女性3,025人。郵便番号は、657-0011。.

新しい!!: 六甲山と鶴甲 · 続きを見る »

鷲林寺

鷲林寺(じゅうりんじ)は兵庫県西宮市にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は六甲山。六甲山地の麓に位置する。 寺伝によれば、天長10年(833年)、淳和天皇の勅願寺として空海により開創されたという。本尊は十一面観世音菩薩。 紅葉の名所で、季節になると多くの参拝客で賑わう。.

新しい!!: 六甲山と鷲林寺 · 続きを見る »

鼓ヶ滝公園

鼓ヶ滝 公園入口の滝道 鼓ヶ滝公園(つづみがたきこうえん)は兵庫県神戸市にある公園。.

新しい!!: 六甲山と鼓ヶ滝公園 · 続きを見る »

近代建築

近代建築(きんだいけんちく、Modern Architecture)とは、産業革命以後の社会の建築のこと。ギリシャ、ローマ、ゴシック、バロックといった過去の様式をなぞらず、機能性や合理性を重視して設計がなされている。また、鉄やガラス、コンクリートに代表される工業化された材料や、科学技術の進歩に裏付けられた構造技術を採用している。 ただし、日本においては「近代化」とは「西洋化」であったため、近代建築とは「西洋化された建築」を指す。明治政府は西洋の建築技術を導入するにあたり外国人建築家を招くが、彼らは近代建築家が拒絶した権威と伝統を受け継ぐ側の建築家であった。そのため、その教育を受けた日本人建築家の設計した赤坂離宮や東京駅は、日本の近代化を象徴する建築だがModern Architectureではない。日本でModern Architectureを指す場合は、モダニズム建築と呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と近代建築 · 続きを見る »

近畿自然歩道

近畿自然歩道(きんきしぜんほどう)は、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、三重県、滋賀県、鳥取県、福井県の、近畿地方を中心とした2府7県にまたがる総延長3,258 kmの長距離自然歩道である。.

新しい!!: 六甲山と近畿自然歩道 · 続きを見る »

震源

震源(しんげん、hypocenter)は、地震(断層の破壊)の発生した地下の場所を意味する。震央(後述)とは異なる。.

新しい!!: 六甲山と震源 · 続きを見る »

都賀川

都賀川(とががわ)は、兵庫県神戸市灘区にある二級河川。.

新しい!!: 六甲山と都賀川 · 続きを見る »

鈴蘭台

駅周辺 鈴蘭台(すずらんだい)は、兵庫県神戸市北区にある町である。現在は、北区の行政・交通の中心部でもあり、また、繁華街でもある。.

新しい!!: 六甲山と鈴蘭台 · 続きを見る »

''アメリゴ・ヴェスプッチ'' 船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である広辞苑 第五版 p.2354「ふね【船・舟・槽】」。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。.

新しい!!: 六甲山と船 · 続きを見る »

阪神大水害

水害で被害を受ける神戸市加納町三丁目付近 阪神大水害(はんしんだいすいがい)は、1938年(昭和13年)7月3日から7月5日にかけて、神戸市及び阪神地区で発生した水害。 同地域では、阪神・淡路大震災(1995年(平成7年)1月17日)と並び語られる自然災害である。.

新しい!!: 六甲山と阪神大水害 · 続きを見る »

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)は、1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害のことである。 1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒(日本時間=UTC+9)、淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として、Mj7.3古いモニュメントや資料の中にはM7.2とするものもあるが、これは、2001年(平成13年)4月23日に気象庁がマグニチュードの算出方法の変更により7.3に修正したためである。の兵庫県南部地震が発生した。 近畿圏の広域(兵庫県を中心に、大阪府、京都府も)が大きな被害を受けた。特に震源に近い神戸市市街地(東灘区・灘区・中央区(三宮・元町・ポートアイランドなど)・兵庫区・長田区・須磨区)の被害は甚大で、日本国内のみならず世界中に衝撃を与えた。犠牲者は6,434名に達し、戦後に発生した地震災害としては、東日本大震災に次ぐ被害規模であり、戦後に発生した自然災害では、犠牲者の数で伊勢湾台風の5,098人を上回り、東日本大震災が発生するまでは最悪のものであった。 1995年1月25日の政令により、激甚災害法(激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律)に基づく激甚災害に指定。.

新しい!!: 六甲山と阪神・淡路大震災 · 続きを見る »

阪神タイガース

阪神タイガース(はんしんタイガース、)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。日本に現存する12球団の中で読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長いプロ野球球団である。運営法人は株式会社阪神タイガース。親会社は阪神電気鉄道(阪急阪神ホールディングス傘下)。兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場が本拠地。.

新しい!!: 六甲山と阪神タイガース · 続きを見る »

阪神タイガースの歌

『阪神タイガースの歌』(はんしんタイガースのうた)、通称『六甲おろし(ろっこうおろし)』は、日本プロ野球のセントラル・リーグに所属する阪神タイガースの球団歌である。作詞・佐藤惣之助、作曲・古関裕而。 1936年(昭和11年)に『大阪タイガースの歌(おおさかタイガースのうた)』の表題で発表され、1961年(昭和36年)の球団名変更とともに改題された。変イ長調またはト長調(現在ホームゲーム勝利時に流れるものは変ト長調、応援団の演奏は変イ長調)。現存する日本野球機構(NPB)12球団の球団歌において最古の楽曲である。.

新しい!!: 六甲山と阪神タイガースの歌 · 続きを見る »

阪神甲子園球場

阪神甲子園球場(はんしんこうしえんきゅうじょう)は、兵庫県西宮市甲子園町にある野球場。通称「甲子園球場」または「甲子園」。阪神電気鉄道が所有している。.

新しい!!: 六甲山と阪神甲子園球場 · 続きを見る »

阪神高速31号神戸山手線

阪神高速31号神戸山手線(はんしんこうそく31ごうこうべやまてせん、)は、兵庫県神戸市長田区南駒栄町から7号北神戸線の白川JCTへ至る、阪神高速道路の路線である。.

新しい!!: 六甲山と阪神高速31号神戸山手線 · 続きを見る »

阪神高速32号新神戸トンネル

箕谷IC 阪神高速32号新神戸トンネル(はんしんこうそく32ごうしんこうべトンネル)は、兵庫県神戸市中央区雲井通から、同市北区山田町に至る阪神高速道路の路線である。路線名は主要神戸市道生田川箕谷線。阪神高速道路株式会社が管理する高速道路の路線のひとつとされているが、後述のとおり神戸市道路公社から移管された経緯から、50cc超125cc以下の小型自動二輪車(原付二種)も通行可能であるなど、自動車専用道路ではない。 北行きの「新神戸トンネル」および南行きの「第2新神戸トンネル」の2本のトンネルから成っており、阪神高速道路が管理している。.

新しい!!: 六甲山と阪神高速32号新神戸トンネル · 続きを見る »

阪神高速7号北神戸線

阪神高速7号北神戸線(はんしんこうそく7ごうきたこうべせん、Route 7 Kita-Kobe Line)は、兵庫県神戸市西区の第二神明道路、伊川谷JCTから兵庫県西宮市の中国自動車道(西宮山口JCT)へ至る阪神高速道路の路線である。名神高速道路・北摂・宝塚方面から姫路・徳島方面に行く場合に、有料道路を使って一番安く、早く行けるルートとして利用されている。又、姫路・徳島方面から神戸市街へ向かう場合、第二神明道路 須磨IC付近と3号神戸線の渋滞を避ける為に31号神戸山手線や32号新神戸トンネルとあわせて迂回路として利用される事もある。.

新しい!!: 六甲山と阪神高速7号北神戸線 · 続きを見る »

阪神間モダニズム

阪神間モダニズム(はんしんかんモダニズム)とは、明治時代に形成された帝塚山をモデルに開発された地区である。1900年代から1930年代の日本において、六甲山系と海に囲まれた理想的な地形を有する阪神間(兵庫県神戸市中央区・灘区・東灘区、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、三田市、川西市)を中心とする地域に育まれた、近代的な芸術・文化・生活様式とその時代状況を指す。スプロール(都市拡大)による郊外化に伴い、神戸市須磨区や垂水区辺りや大阪府下の大阪市北中部、北摂地域までその文化圏は拡大した。.

新しい!!: 六甲山と阪神間モダニズム · 続きを見る »

阪神電気鉄道

梅田駅・阪神百貨店梅田本店 阪神電気鉄道株式会社(はんしんでんきてつどう、英称:Hanshin Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪と神戸を結ぶ鉄道を運営している大手私鉄。通称は「阪神電鉄」、「阪神電鉄KK」または「阪神電車」、略称は「阪神」、キャッチコピーは「“たいせつ”がギュッと。 阪神電車」。阪急阪神ホールディングスの完全子会社であり、阪急阪神東宝グループの企業である。.

新しい!!: 六甲山と阪神電気鉄道 · 続きを見る »

阪神急行電鉄

阪神急行電鉄(はんしんきゅうこうでんてつ)は、1918年(大正7年)2月から1943年(昭和18年)9月にかけて存在した、阪急阪神ホールディングスの前身となる鉄道事業者。現在の阪急電鉄各線のうち、神宝線(京都線系統を除く路線)に当たる地域の路線を完成させた会社である。 本稿では、阪神急行電鉄を名乗っていた時代の歴史について主に述べる。前身となる箕面有馬電気軌道については、そちらを参照のこと。また、後の京阪神急行電鉄については阪急電鉄を参照のこと。.

新しい!!: 六甲山と阪神急行電鉄 · 続きを見る »

阪急今津線

今津線(いまづせん)は、兵庫県宝塚市の宝塚駅から兵庫県西宮市の今津駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。 六甲山地東麓を通る路線で、沿線には住宅地が広がり、大阪・神戸方面などへの通勤・通学路線となっている。運転系統が分断されていることから、西宮北口駅を境に北側の宝塚駅 - 西宮北口駅間を今津(北)線(北線)、南側の西宮北口駅 - 今津駅間を今津(南)線(南線)と呼ぶことがある。正式な起点は宝塚駅だが、列車運行上は今津駅から宝塚駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。キロポストは宝塚駅からの距離の表示となっているが、下り線の進行方向左側に設置されている。.

新しい!!: 六甲山と阪急今津線 · 続きを見る »

阪急バス

阪急バス本社(右)と豊中営業所 阪急バス株式会社(はんきゅうバス、英称:Hankyu Bus Co.,LTD.)は、大阪・京都・兵庫の2府1県で路線バスを展開している事業者。 阪急阪神東宝グループの一員で、阪急阪神ホールディングスの連結子会社である。.

新しい!!: 六甲山と阪急バス · 続きを見る »

阪急ブレーブス団歌

阪急ブレーブス団歌」(はんきゅうブレーブスだんか)は、日本のプロ野球チーム・阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)が制定した球団歌である。作詞・内海重典、作曲・入江薫。本項では「団歌」のレコードB面に収録されており、しばしば「団歌」と混同される1962年(昭和37年)発表の公式応援歌「阪急ブレーブス応援歌」についても解説する。 両曲とも、1999年(平成11年)にバップから発売されたコンピレーション・アルバム『野球小僧 〜懐かしの野球ソングコレクション〜』(VPCD-81305)に収録されている。.

新しい!!: 六甲山と阪急ブレーブス団歌 · 続きを見る »

阪急神戸本線

線主体の阪急神戸本線の線路 神戸本線(こうべほんせん)は、大阪府大阪市北区の梅田駅から兵庫県神戸市中央区の神戸三宮駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。神戸本線自体を指して、またはその支線を含めて通称神戸線と呼ばれる。ラインカラーは港町神戸の海からブルー()。.

新しい!!: 六甲山と阪急神戸本線 · 続きを見る »

阪急甲陽線

夙川 - 苦楽園口間 甲陽線(こうようせん)は、兵庫県西宮市の夙川駅から甲陽園駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。.

新しい!!: 六甲山と阪急甲陽線 · 続きを見る »

阪急西宮スタジアム

阪急西宮スタジアム(はんきゅうにしのみやスタジアム、Hankyu Nishinomiya Stadium)は、かつて兵庫県西宮市にあった、阪急電鉄(法人としては現在の阪急阪神ホールディングス)が所有していた多目的スタジアム。阪急神戸線西宮北口駅前にあった。通称及び旧名称は阪急西宮球場(はんきゅうにしのみやきゅうじょう)。.

新しい!!: 六甲山と阪急西宮スタジアム · 続きを見る »

阪急電鉄

阪急電鉄株式会社(はんきゅうでんてつ、英称:Hankyu Corporation)は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄。阪急阪神ホールディングスの子会社で、阪急阪神東宝グループに属する。略称は阪急。 本社は大阪府大阪市北区、登記上の本店所在地は大阪府池田市栄町1番1号(池田駅の所在地)である。平均利用者数約177万人/日、営業キロは143.6 km(第二種鉄道事業区間含む)に及ぶ。また、女性のみの団員で構成される劇団「宝塚歌劇団」を運営していることでも知られる(「その他の事業」の節も参照)。 スルッとKANSAIやレールウェイカードでカードに印字される符号については、花隈駅のみKK、それ以外の駅はHKであった。 三水会及びみどり会の会員企業であり三和グループに属している - 同志社大学学術情報検索システム内にあるページ。筆者は経済学者の田中彰。。なお阪急阪神東宝グループのメンバーでみどり会の加盟企業は他に東宝・阪急阪神百貨店・阪急阪神ホテルズ・阪急阪神不動産があるが、三水会の加盟企業は阪急電鉄のみである。.

新しい!!: 六甲山と阪急電鉄 · 続きを見る »

赤松則村

赤松 則村(あかまつ のりむら)は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将、守護大名。本姓は源氏。家系は村上源氏の流れを汲む赤松氏4代当主。播磨国守護。法名の円心(えんしん)でも知られている。.

新しい!!: 六甲山と赤松則村 · 続きを見る »

鵯越駅

鵯越駅(ひよどりごええき)は、兵庫県神戸市兵庫区里山町にある、神戸電鉄有馬線の駅。標高134m。.

新しい!!: 六甲山と鵯越駅 · 続きを見る »

藤木九三

藤木九三レリーフ(兵庫県芦屋市高座の滝の近く) 藤木九三(ふじき くぞう、1887年(明治20年)9月30日 - 1970年(昭和45年)12月11日)は、日本の登山家であり、ロック・クライミング・クラブの創設者である。.

新しい!!: 六甲山と藤木九三 · 続きを見る »

藩(はん)は、諸侯が治める領地、およびその統治組織のことである。.

新しい!!: 六甲山と藩 · 続きを見る »

蓬莱峡

蓬莱峡 蓬莱峡:白く尖った地形は風化した花崗岩で高さ100m、そのうえの茶色の崖は花崗岩の上に堆積した礫層で厚さ50mに達する六甲砂防六十年史 p21 北側から見た座頭谷と蓬莱峡:左の砂防ダムが並んだ地形が座頭谷、これらのダムは1952年に国の事業で完成した。六甲砂防六十年史 p212 蓬莱峡(ほうらいきょう)は兵庫県西宮市の六甲山地にある峡谷。瀬戸内海国立公園の指定区域。.

新しい!!: 六甲山と蓬莱峡 · 続きを見る »

野島断層

野島断層 野島断層 野島断層 野島断層(のじまだんそう)は、兵庫県淡路市にある活断層。一部が保存され文部科学省によって天然記念物に指定されている。 長さは淡路島の北西部・旧北淡町の北端、江埼灯台付近から富島地区までの約10kmにわたり、六甲山より淡路島に至る六甲・淡路島断層帯の一部にあたる。1975年の地質図に活断層として記載された。.

新しい!!: 六甲山と野島断層 · 続きを見る »

野生動物

野生動物(やせいどうぶつ)とは、原野など人の手の入らない領域に生息している・人間に養われていない・人間社会の存在に依存していない動物全般を指す。 また、生態学の見地からは人間に改良された品種としての飼育動物(生産動物を含む)以外の、本来自然界に於いて生息するのが自然な状態である動物全般を指す。.

新しい!!: 六甲山と野生動物 · 続きを見る »

重要文化財

建造物の例(通潤橋) 歴史資料の例(123号機関車 京都・宮津海陸運輸所有) 彫刻の例(塑造金剛力士立像 法隆寺蔵) 考古資料の例(埴輪子持家 東京国立博物館蔵) 絵画の例(黒田清輝筆「湖畔」) 建造物(民家)の例:荒井家住宅(栃木県矢板市) 重要文化財(じゅうようぶんかざい)は、日本に所在する建造物、美術工芸品、考古資料、歴史資料等の有形文化財のうち、歴史上・芸術上の価値の高いもの、または学術的に価値の高いものとして文化財保護法に基づき日本国政府(文部科学大臣)が指定した文化財を指す。重文(じゅうぶん)と略称されることが多い。文化庁による英語表記はImportant Cultural Properties。 日本の地方公共団体(都道府県、市町村)がそれぞれの文化財保護条例に基いて指定する有形文化財についても「県指定重要文化財」「市指定重要文化財」等と呼称される場合があるが、文化財保護法に規定する「重要文化財」とは国(日本国文部大臣)が指定した有形文化財のことを指す。本項では特記なき限り、文化財保護法第27条の規定に基づき日本国(文部科学大臣)が指定した重要文化財(いわゆる「国の重要文化財」)について記述する。.

新しい!!: 六甲山と重要文化財 · 続きを見る »

自家用自動車

自家用自動車(じかようじどうしゃ)は、旅客や貨物を運送して料金を受け取り、商業的な行為をする運輸営業用(緑ナンバー、営業ナンバー)自動車に対して、それ以外の一般的な用途に使われる自動車をすべてこう呼ぶ。道路運送法においては、「自動車(道路運送車両法上の自動車)」のうち「事業用自動車」でないものを指すと定義されている。自家用車(じかようしゃ)、マイカー(my car、和製英語)ともいう。英語では、自家用自動車全般を Owner-driver car と言い、自分の車を指す時は My own car と言う。 本稿では日本においての自家用自動車について述べる。.

新しい!!: 六甲山と自家用自動車 · 続きを見る »

自然環境保全基礎調査

自然環境保全基礎調査(しぜんかんきょうほぜんきそちょうさ)とは緑の国勢調査とも呼ばれ、自然環境保全法に基づき昭和48年(1973年)度よりおおよそ5年に一度を目安に実施される、日本における自然環境の現況及び改変状況を認識し、自然環境保全施策の策定に必要な基礎調査である。 調査結果は報告書並びに地図およびウェブ上で公開されており、これらは自然環境調査の基礎資料として自然保護行政(自然公園の指定・計画等)、環境アセスメント等各所に活かされている。.

新しい!!: 六甲山と自然環境保全基礎調査 · 続きを見る »

自衛隊

自衛隊(じえいたい)は日本における実力組織である。1954年(昭和29年)7月1日設立。英称 Japan Self-Defense Forces、略称 JSDF。.

新しい!!: 六甲山と自衛隊 · 続きを見る »

金剛山

金剛山(こんごうさん).

新しい!!: 六甲山と金剛山 · 続きを見る »

金星台

金星観測記念碑 海軍営之碑 金星台(きんせいだい)は兵庫県神戸市中央区の諏訪山にある展望台。諏訪山展望台とヴィーナスブリッジ、および諏訪山児童公園とともに諏訪山公園を構成する。.

新しい!!: 六甲山と金星台 · 続きを見る »

長田区

長田区(ながたく)は、神戸市を構成する9区のうちのひとつ。また、神戸市全9区のうち人口密度は最大で面積は最小の区である。.

新しい!!: 六甲山と長田区 · 続きを見る »

鉢伏山 (兵庫県神戸市)

山頂の回転展望閣から須磨浦を望む 鉢伏山(はちぶせやま)は、兵庫県神戸市須磨区、六甲山系の西南端にある山。.

新しい!!: 六甲山と鉢伏山 (兵庫県神戸市) · 続きを見る »

鉄(てつ、旧字体/繁体字表記:鐵、iron、ferrum)は、原子番号26の元素である。元素記号は Fe。金属元素の1つで、遷移元素である。太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の約5%を占め、大部分は外核・内核にある。.

新しい!!: 六甲山と鉄 · 続きを見る »

鉄拐山

鉄拐山(てっかいさん)は神戸市須磨区と垂水区の境界にある標高237m神戸市地域防災計画 10頁 http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/comment/kikikanri/img/jikohen.pdfの山。.

新しい!!: 六甲山と鉄拐山 · 続きを見る »

造成

造成(ぞうせい)とは、土地に対しその地盤面の形状を主に土を動かす事により何かしらの目的に利用する為の行為。.

新しい!!: 六甲山と造成 · 続きを見る »

逆瀬川

逆瀬川を渡る阪急今津線 逆瀬川(さかせがわ)は、武庫川水系の支流で兵庫県宝塚市中部を流れる二級河川。 阪急今津線逆瀬川駅周辺の地名である(逆瀬川1~2丁目)。.

新しい!!: 六甲山と逆瀬川 · 続きを見る »

JR神戸線

*.

新しい!!: 六甲山とJR神戸線 · 続きを見る »

MBSニュース

『MBSニュース』(エムビーエスニュース)は、毎日放送 (MBS) のラジオ・テレビで放送されるニュース番組のタイトル。テレビでは2011年11月から、『MBS NEWS』のタイトルで放送している。.

新しい!!: 六甲山とMBSニュース · 続きを見る »

掬星台

日本三大夜景と称される眺望 掬星台 掬星台夜景。歩道が蓄光材で舗装されているため、暗くなると青色の光で浮かび上がる。 掬星台(きくせいだい)は、兵庫県神戸市の六甲山地に属する摩耶山の山頂近くにある展望広場である。日本三大夜景の一つ。.

新しい!!: 六甲山と掬星台 · 続きを見る »

東山

東山(ひがしやま、とうざん).

新しい!!: 六甲山と東山 · 続きを見る »

東灘区

東灘区(ひがしなだく)は、神戸市を構成する9区のうちの一つで、同市の東端に位置する。西は灘区、東は芦屋市、北は北区と隣接している。 1995年の阪神・淡路大震災では、住吉周辺で最大震度7を記録する等、区内全域にわたり大きな被害を受けた。震災以後、マンションの増加や都心部へのアクセスの良さ(JR住吉駅に快速が、阪神御影駅に特急が、岡本駅・魚崎駅には全列車が停車し、それぞれ三宮へ約7分、梅田へ約20分程で到着可能)等の諸理由により、他市・他区からの転入者(特に若い子育て世代)の増加が著しく、震災後新たな区民となった割合が4割を超えている。そのため、区内の出生数も多い状態にあり、「多子高齢化」の状況が続いている。 また、神戸市第二の海上文化都市六甲アイランドは、全域当区内に属する。.

新しい!!: 六甲山と東灘区 · 続きを見る »

森林法

森林法(しんりんほう、昭和26年6月26日法律第249号)は、森林生産力向上を目的とした森林行政の基本法である。最終改正は、平成16年12月1日法律第147号。 保護・監督の行政規定と盗伐などに対する特別刑法とを内容とする。森林・林業基本法の基本計画と長期見通しに即した森林計画の樹立、保安林・保安施設地区の指定、施業・測量のための他人の土地使用、森林審議会などについて規定している。 1987年4月22日に最高裁は共有林分割制限規定につき、憲法29条2項(財産権の保障)に照らし違憲無効とし、当該規定は1987年の改正で削除された(森林法共有林事件)。.

新しい!!: 六甲山と森林法 · 続きを見る »

森林浴の森100選

森林浴の森日本100選(しんりんよくのもりにほん100せん)とは、林野庁と緑の文明学会、地球環境財団が共同で、1986年(昭和61年)に制定した百選。 制定は、林野庁が1982年に「健康・保養に日本の森林を活用しよう」と提唱する際、『森林浴』という言葉をキャッチフレーズ的に使ったことから広く森林浴という言葉が広まり、乗じて、「日本の森林を21世紀に引き継ぐため、また、自然保護の精神を養い国民の健康増進に役立てること」を目的として、全国各地から100ヶ所の森を選定したものである。 以下にその百選を列記する。(なお、自治体名は選定当時のもの).

新しい!!: 六甲山と森林浴の森100選 · 続きを見る »

植物園

イギリスのキューガーデン 植物園(しょくぶつえん、botanical garden)は、単なる庭園ではなく、その名 botanic garden (ボタニック・ガーデン/植物学庭園)からも推測されるように、主として学術研究に供するために、植物学の視点で、特性ごとに収集された植物、花卉、樹木などを生きたまま栽培保存し、かつ研究の基準となる押し葉標本など標本類を蓄積保存する施設である。通常この機能を果たすため、植物を生きたまま保存するための圃場と、押し葉標本を保存蓄積する施設であるハーバリウムを有する。 近代的な植物園は日本では市民の憩いの場、あるいは観光施設としての庭園としてのイメージが強いが、歴史的にみるとこのような学術的な色彩の強い場であり、さらには遺伝資源収集の拠点、つまりジーンバンク(Gene bank)として重要な役割を果たしてきた。そのため、各国の主要植物園の歴史を紐解くと、イギリスがパラゴムノキをブラジルからひそかに盗み出した事件など、国家的な遺伝資源の争奪戦のドラマが、植物園を舞台に繰り広げられてきた。 こうした学術色の強い植物園の最古のものは、エジプトのアレクサンドリアにあったアレクサンドリア図書館に隣接して設けられていたものだと思われる。アレクサンドリアのものは、薬草として使うために、種類ごとに採集、分類して栽培されていたものだと伝えられている。用途はハーブオイル、治療など多岐にわたる。 それ以前となると、世界七不思議に数えられたバビロンの空中庭園があるが、これが果たして今日の理解でいうような、つまり遺伝資源収集の場としての植物園であったのかどうかは疑わしい。 薬草栽培は、中世ヨーロッパでは修道院を中心に盛んに行われた。文学的な表現は、「修道士カドフェル」のシリーズを見るとイメージしやすいだろう。近世に入ってからは、大学農学部などの枠の中で、こうしたものの普及が広がっていった。有名なものに、イギリスのキューガーデンやドイツのベルリン大学の植物園、インドネシアのボゴール植物園がある。 ルネッサンス以降の大航海時代に入ると世界各地から植物が集められた。植民地の拡大と表裏一体であり、学術的な意義だけでなく当時の権力者の権勢を顕す側面も担っていた。 日本国内には大学や博物館の付属植物園のように学術的目的で運営されるものもあるが、そうした植物園は比較的少なく、市民へ公開されている部分もそれほど大きくない。市民に広く公開されている施設は知的啓蒙を兼ねた娯楽色、憩いの場としての公園的施設として運営されているものが主流であり、地方公共団体における担当部署も、通常公園課や観光課などである。多くの欧米・アジア諸国の有するような遺伝資源収集の国家戦略の拠点であり、なおかつ国民に広く認知された憩いの場ともなっているようなナショナルな植物園は日本には見られず、こうした遺伝資源収集への国民的関心も薄い。 社団法人日本植物園協会は、2007年から5月4日がみどりの日となることから、この日を植物園の日と位置づけた。.

新しい!!: 六甲山と植物園 · 続きを見る »

槍ヶ岳

槍ヶ岳(やりがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部にある標高3,180mの山である。山域は中部山岳国立公園に指定されており 環境省、2011年1月6日閲覧。、日本で5番目に高い山である。長野県松本市・大町市・岐阜県高山市の境界にある。初登攀は中田又重郎と修行僧の播隆上人。日本百名山『日本百名山』 深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4、pp206-209、新日本百名山及び花の百名山『花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、ISBN 4-16-352790-7、pp262-265、代表する高山植物としてトウヤクリンドウなどを紹介した。に選定されている。通称「槍」。.

新しい!!: 六甲山と槍ヶ岳 · 続きを見る »

標本 (分類学)

アの木 (''Vitellaria paradoxa'') の乾燥標本 生物の標本(ひょうほん、)とは、生物体の全部、あるいは一部を保存可能な状態にしたものである。分類学においては、標本はその生物の存在を証明し、その特徴を明らかにするための大事な証拠である。分類群によって扱いはやや異なるが、うまく保持するために、さまざまな方法が使われている。.

新しい!!: 六甲山と標本 (分類学) · 続きを見る »

欧米

欧米(おうべい)とは、ヨーロッパ州(欧州)とアメリカ州(米州。北アメリカ州と南アメリカ州)の3大州を指す。 狭義では、ヨーロッパの先進国及びアメリカ合衆国とカナダの北アメリカ2か国とを合わせた集団を指す。イギリス人が建国した、オセアニアにあるオーストラリアやニュージーランドを含める場合もある。.

新しい!!: 六甲山と欧米 · 続きを見る »

武庫川

武庫川の始点。 真南条川と田松川の合流地点@篠山市 武庫川(むこがわ)は、兵庫県南東部を流れる河川。二級水系の本流である。.

新しい!!: 六甲山と武庫川 · 続きを見る »

水車

再現された三連水車 (山梨県・山中湖村花の都公園) 日本の水車の動画。左上から水が流れ落ちている。 水車(すいしゃ)は、川などの水流の力で回転する一種の原動機である水の位置エネルギーを回転運動のエネルギーへ変換する機構であるとも言える。。電動機や蒸気機関が普及するまでは、揚水・脱穀・製粉・製糸などに広く使用されていた。現在でも少数ながら水田の揚水用などで見ることができる。揚水用(ノーリア)には様々なタイプがあり、有名な物は三連水車などがある。水流の力により水を水車の横に付けた容器でくみ上げるタイプの物が多い。.

新しい!!: 六甲山と水車 · 続きを見る »

気候変動

南極ボストーク湖の氷床コアに記録された過去40万年間の気温、二酸化炭素濃度、ダスト量の変化。 気候変動(きこうへんどう、)は、様々な時間スケールにおける、気温、降水量、雲などの変化を指し示す用語として、広く用いられている。特に環境問題の文脈では、地球の表面温度が長期的に上昇する現象、すなわち地球温暖化とその影響を、包括的に気候変動とよぶことが多い。 気象学の用語としては本来、平年の平均的な気候が長期的な時間スケールで変化する現象は気候変化(climate change)と呼ばれる。気候変動(climatic variation)は、平年の平均的な気候からの偏差という意味で用いられ、気候変化とは区別される。 しかし近年では2つの用語を混ぜて利用したり、独自の定義に基づいて用語を使い分けたりする場合もある。例えば、国連のUNFCCC(気候変動枠組条約)ではclimate changeという用語が人為的な変化、climate variabilityが非人為的な変化にあてられているIPCC Technical Papers II and III, February 1997 。 また、IPCCにおいては同じclimate changeという用語が人為的・非人為的変化の両方をまとめて表記するために用いられ、日本語訳においては(「気候変動」を内包する言葉として)気候変化と表記されている。(IPCC第4次評価報告書#使われている表記も参照).

新しい!!: 六甲山と気候変動 · 続きを見る »

江戸幕府

江戸城天守 江戸幕府(えどばくふ)は、1603年に征夷大将軍に任官した徳川家康が創設した武家政権である。終末期は、一般的には大政奉還が行われた1867年までとされる(他に諸説あり、後述)。江戸(現・東京都)に本拠を置いたのでこう呼ばれる。徳川幕府(とくがわばくふ)ともいう。安土桃山時代とともに後期封建社会にあたる。.

新しい!!: 六甲山と江戸幕府 · 続きを見る »

江戸時代

江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家が日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の徳川将軍家による政府は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。 藩政時代(はんせいじだい)という別称もあるが、こちらは江戸時代に何らかの藩の領土だった地域の郷土史を指す語として使われる例が多い。.

新しい!!: 六甲山と江戸時代 · 続きを見る »

池田恒興

池田 恒興(いけだ つねおき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。清洲会議に出席した4人の織田家重臣の一人。池田恒利の子。子に元助、輝政など。 尾張犬山城主、摂津兵庫城主、美濃大垣城主。通称は勝三郎。紀伊守を自称、晩年に入道し勝入と号した。諱を信輝としている軍記物もあるが、信頼できる同時代史料には見当たらない。.

新しい!!: 六甲山と池田恒興 · 続きを見る »

河川法

河川法(かせんほう、昭和39年7月10日法律第167号)は、日本の国土保全や公共利害に関係のある重要な河川を指定し、これらの管理・治水及び利用等を定めた法律である。.

新しい!!: 六甲山と河川法 · 続きを見る »

治承

治承(じしょう / ちしょう)は、日本の元号の一つ。安元の後、養和の前。1177年から1181年までの期間を指す。この時代の天皇は高倉天皇、安徳天皇。 治承期は、平氏政権の本格的な確立期および、それに反発して起こった全国的な内乱、すなわち治承・寿永の乱の初期に当たる。源頼朝の関東政権では、この先の養和・寿永の元号を使わず、治承を引き続き使用した。.

新しい!!: 六甲山と治承 · 続きを見る »

治承・寿永の乱

治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)は、平安時代末期の治承4年(1180年)から元暦2年(1185年)にかけての6年間にわたる大規模な内乱である。古代最後の内乱であり中世最初の内乱である。後白河法皇の皇子以仁王の挙兵を契機に各地で平清盛を中心とする平氏政権に対する反乱が起こり、最終的には、反乱勢力同士の対立がありつつも平氏政権の崩壊により源頼朝を中心とした主に坂東平氏から構成される関東政権(鎌倉幕府)の樹立という結果に至る。 一般的には「源平合戦(げんぺいかっせん、げんぺいがっせん)」あるいは「源平の戦い(げんぺいのたたかい)」などの呼称が用いられることがあるが、こうした呼称を用いることは適当でないとする議論がある(詳しくは後述)。また、奥州合戦終結までを治承寿永の乱に含めるという見解もある。.

新しい!!: 六甲山と治承・寿永の乱 · 続きを見る »

沖積平野

沖積平野(ちゅうせきへいや、alluvial plain)は主に河川による堆積作用によって形成される平野の一種。海浜堆積物によって形成される海岸平野と区別される。河川の流速が減じて運搬された土砂が氾濫原や河口、さらに沖合にかけて堆積して平野となる。沖積平野のうち、主に第四紀完新世以降の海水準変動に伴う海進期に沖合の海底に堆積した部分が、その後の海退によって陸化したものを’海成平野’、河川による堆積が現在も継続しているものを’河成平野’と分類することがある。沖積平野を沖積低地や沖積地とも呼ぶことがある。 上流から下流に向かって、扇状地、自然堤防帯、三角州の順に配列される(沖積平野の三分類)。 沖積平野の地層は’沖積層’と呼ばれる。形成年代が若く締め固まっておらず、地下水面も高く水分に富むため軟弱地盤が広く分布している。一般には水害の危険が高いが利水しやすく、肥沃で平らであるため農耕に適する。多くの文明が沖積平野で発祥している。 日本においては、狭義の沖積平野だけでなく、完新世において海底に土砂が堆積しそれが隆起してできた海岸平野も含めて沖積平野という。.

新しい!!: 六甲山と沖積平野 · 続きを見る »

淡路島

淡路島(あわじしま)は、瀬戸内海東部に位置し、瀬戸内海では最大の島で、人口は離島の中では最も多い。令制国の淡路国の主要国域を占める。近畿地方の兵庫県に属し、現在は北から淡路市・洲本市・南あわじ市の3市で区分される。.

新しい!!: 六甲山と淡路島 · 続きを見る »

淀川

淀川(よどがわ)は、琵琶湖から流れ出る唯一の河川。瀬田川(せたがわ)、宇治川(うじがわ)、淀川と名前を変えて大阪湾に流れ込む。滋賀県、京都府及び大阪府を流れる淀川水系の本流で一級河川。流路延長75.1km、流域面積8,240km2。なお、先述の流路延長は琵琶湖南端よりの延長であり、河口から最も遠い地点は滋賀県・福井県の分水嶺である栃ノ木峠であり、淀川の源の石碑が設置されている。この場所は琵琶湖へ流入する河川・高時川の水源地であり、そこからの河口までの直線距離は約130km、流路延長に換算すると約170kmとなる。 瀬戸内海に流れる河川の中では流域面積が最も広く、流域人口は西日本で最も多い、また琵琶湖に流入する河川や木津川などを含めた淀川水系全体の支流(支川)数は965本で日本一多い。第2位は信濃川(880本)、第3位は利根川(819本)となっている。.

新しい!!: 六甲山と淀川 · 続きを見る »

渦森台

渦森台(うずもりだい)は神戸市東灘区の町名。現行行政地名は渦森台一丁目から渦森台四丁目。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数は2,368、人口6,261で内男性2,892人・女性3,369人。郵便番号658-0066。.

新しい!!: 六甲山と渦森台 · 続きを見る »

温泉

岩石を湯船とした露天風呂。由布院温泉 血の池地獄名勝・別府の地獄 海地獄名勝・別府の地獄 湯畑草津温泉 露天風呂南紀勝浦温泉 共同浴場湯の峰温泉 外湯城崎温泉「御所の湯」 温泉街銀山温泉 展望温泉浴場浅虫温泉 温泉を利用した風呂大深温泉 入浴中のニホンザル地獄谷野猿公苑 温泉(おんせん)は、地中から湯が湧き出す現象や湯となっている状態、またはその場所を示す用語である。その熱水泉を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「天然温泉」と呼ぶ場合もある。 熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。含まれる成分により、さまざまな色、匂い、効能の温泉がある。 広義の温泉(法的に定義される温泉):日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされる(後節の「温泉の定義」を参照)。温泉が本物か否かといわれるのは、温泉法の定義にあてはまる「法的な温泉」であるのかどうかを議論する場合が一般的である(イメージに合う合わないの議論でも用いられる場合がある)。アメリカでは21.1度(華氏70度)、ドイツでは20度以上と定められている。.

新しい!!: 六甲山と温泉 · 続きを見る »

港湾都市

港湾都市(こうわんとし, port city, Hafenstadt)は、人や物の流れすなわち旅客や物流を担う交通が、陸上と水上との間で転換する地点に形成された都市。舟運に適した海岸・湖岸・河岸において、陸上生活者と水上生活者の両方あるいはどちらか一方によって都市化が進む。流通拠点として発達すれば、陸上と陸上、あるいは、水上と水上とをも結ぶハブ港湾ともなる。港町(みなとまち)とも呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と港湾都市 · 続きを見る »

湊山温泉

温泉橋から望む 湊山温泉(みなとやまおんせん)は、兵庫県神戸市兵庫区湊山町(旧国摂津国)にある温泉。温泉名の由来となった湊山という地名は、湊川が山中から平野部に出てすぐの、山に沿った場所に位置することから。.

新しい!!: 六甲山と湊山温泉 · 続きを見る »

湊川の戦い

湊川の戦い(みなとがわのたたかい)は、南北朝時代の建武3年(1336年)5月25日に、摂津国湊川(現・兵庫県神戸市中央区・兵庫区)で、九州から東上して来た足利尊氏・足利直義兄弟らの軍と、これを迎え撃った後醍醐天皇方の新田義貞・楠木正成の軍との間で行われた合戦である。.

新しい!!: 六甲山と湊川の戦い · 続きを見る »

湧水

層湿原の湧水の例:瀞川平(但馬高原植物園内、兵庫県香美町) 湧水(ゆうすい)は、地下水が地表に自然に出てきたもののことである。湧き水(わきみず)や泉(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいう。大規模な湧水はそのまま川の源流となることもある。.

新しい!!: 六甲山と湧水 · 続きを見る »

湖沼

湖沼(こしょう)とは、まわりを陸に囲まれ、一部の例外を除き海と直接連絡していない、静止した水のかたまりである。湖沼のうち比較的大きなものは湖、同様に比較的小さなものは池あるいは沼、もしくは両者を合わせて池沼と呼ばれるが、それぞれに明確な定義はない(後述)。.

新しい!!: 六甲山と湖沼 · 続きを見る »

源氏

源氏(げんじ、みなもとうじ)は、「源」を氏の名とする氏族。姓(カバネ)は朝臣。 日本において皇族が臣下の籍に降りる(臣籍降下)際に名乗る氏の1つで、多数の流派がある。清和天皇の子孫である清和源氏が有名である。.

新しい!!: 六甲山と源氏 · 続きを見る »

世界最大であるイグアスの滝、左に見えるのが「悪魔の喉笛」 滝、瀧(たき)とは、河川や湖の一部が段差になっているため、水が落下している場所を言う。瀑布(ばくふ)、飛瀑(ひばく)とも言う。なお、水の落下開始場所を滝口(たきぐち)と言い、水の落下点の水深が深くなっている場所を滝壷(たきつぼ)と言う。 日本においては、によると、"流水が急激に落下する場所で落差が5メートル以上で、常時水が流れているもの"とされているが、歴史的に有名な滝や地理上の好目標となる滝については例外もある。.

新しい!!: 六甲山と滝 · 続きを見る »

朝日新聞

朝日新聞社の社旗(西日本版) 中之島にある朝日新聞大阪本社 中央区築地にある朝日新聞東京本社 栄にある朝日新聞名古屋本社 北九州市小倉北区リバーウォーク北九州にある朝日新聞西部本社 福岡市博多区博多駅前にある朝日新聞福岡本部 中央区にある朝日新聞北海道支社 朝日新聞(あさひしんぶん、The Asahi Shimbun)は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。.

新しい!!: 六甲山と朝日新聞 · 続きを見る »

朝日放送

朝日放送(あさひほうそう).

新しい!!: 六甲山と朝日放送 · 続きを見る »

セコイアデンドロンの木 リュウケツジュ 木(き)とは、.

新しい!!: 六甲山と木 · 続きを見る »

有馬-高槻断層帯

有馬-高槻断層帯(ありま-たかつきだんそうたい、Arima-Takatsuki fault zone)とは、北摂山系と六甲山地・大阪平野の境界部にて東西方向に延びる活断層帯である。有馬-高槻構造線(ありま-たかつきこうぞうせん)とも。西は神戸市北区の有馬温泉西方(六甲山地北側)から、東は大阪府高槻市内まで約55 km の長さがある。地震調査研究推進本部が評価している「主要活断層帯」の一つ。.

新しい!!: 六甲山と有馬-高槻断層帯 · 続きを見る »

有馬四十八滝

有馬四十八滝(ありましじゅうはちたき)は兵庫県神戸市北区の六甲山地中腹の紅葉谷・白石谷にある滝群の総称。 有馬温泉から六甲山山頂への登山ルート入り口である紅葉谷・白石谷一帯、冬季には樹氷や霧氷が見られる、六甲アイスガーデンと呼ばれるエリアにある。多くの滝が凍結して氷瀑となり、それらを目指して多くのアイスクライマーやハイカーが訪れる。.

新しい!!: 六甲山と有馬四十八滝 · 続きを見る »

有馬街道

有馬街道(ありまかいどう)は、大阪や神戸から有馬温泉に至る街道の名称である。現在では兵庫県道15号神戸三田線の別称として使用される。有馬道(ありまどう、ありまみち)ともいわれる。.

新しい!!: 六甲山と有馬街道 · 続きを見る »

有馬郡

*.

新しい!!: 六甲山と有馬郡 · 続きを見る »

有馬温泉

有馬温泉(ありまおんせん)は、兵庫県神戸市北区有馬町(摂津国)にある日本三古湯の温泉。林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされた。瀬戸内海国立公園の区域に隣接する。.

新しい!!: 六甲山と有馬温泉 · 続きを見る »

戦国時代 (日本)

日本の戦国時代(せんごくじだい)は、日本の歴史(にほんのれきし)において、15世紀末から16世紀末にかけて戦乱が頻発した時代区分である。世情の不安定化によって室町幕府の権威が低下したことに伴って守護大名に代わって全国各地に戦国大名が台頭した。領国内の土地や人を一円支配(一元的な支配)する傾向を強めるとともに、領土拡大のため他の大名と戦闘を行うようになった。こうした戦国大名による強固な領国支配体制を大名領国制という。.

新しい!!: 六甲山と戦国時代 (日本) · 続きを見る »

星の駅

星の駅(ほしのえき)は、兵庫県神戸市灘区摩耶山町にある、神戸すまいまちづくり公社が経営する摩耶ロープウェー(まやビューライン夢散歩)の索道駅である。.

新しい!!: 六甲山と星の駅 · 続きを見る »

明石川

住吉神社 (神戸市西区)の裏を流れる明石川 明石大橋 明石川(あかしがわ)は、兵庫県南部を流れる二級河川。明石川水系の本流である。加古川土木事務所が所管している。.

新しい!!: 六甲山と明石川 · 続きを見る »

明石市

日本標準時」を刻む親時計(明石市立天文科学館)現在の大時計は3代目 明石市(あかしし)は、近畿地方の中部、兵庫県南部の明石海峡に面する都市で、兵庫県東播磨県民局に区分されている。中核市に指定されている。 本項では市制前の名称である明石郡明石町(あかしちょう)についても述べる。.

新しい!!: 六甲山と明石市 · 続きを見る »

明石海峡

記載なし。

新しい!!: 六甲山と明石海峡 · 続きを見る »

明石海峡大橋

舞子側より見る。 大蔵海岸より見る。 明石海峡大橋(あかしかいきょうおおはし)は、兵庫県神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋とを結ぶ明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊り橋。 パールブリッジの愛称がある。.

新しい!!: 六甲山と明石海峡大橋 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 六甲山と明治 · 続きを見る »

明治維新

Le Monde illustré』1869年2月20日刊行号内の挿絵。 明治維新(めいじいしん、Meiji Restoration, Meiji Revolution)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策など多岐に及んでいるため、どこまでが明治維新に含まれるのかは必ずしも明確ではない。.

新しい!!: 六甲山と明治維新 · 続きを見る »

昭和

昭和(しょうわ)は日本の元号の一つ。大正の後、平成の前。昭和天皇の在位期間である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。20世紀の大半を占める。 昭和は、日本の歴代元号の中で最も長く続いた元号であり、元年と64年は使用期間が共に7日間であるため実際の時間としては62年と14日となる。なお、外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、清の康熙(61年)および乾隆(60年)しかない。 第二次世界大戦が終結した1945年(昭和20年)を境にして近代と現代に区切ることがある。.

新しい!!: 六甲山と昭和 · 続きを見る »

昭和42年7月豪雨

昭和42年7月豪雨(しょうわ42ねん7がつ ごうう)とは、1967年(昭和42年)7月に発生した水害(豪雨災害)。.

新しい!!: 六甲山と昭和42年7月豪雨 · 続きを見る »

昭和天皇

昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇(在位: 1926年〈昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。 幼少時の称号は迪宮(みちのみや)・諱は裕仁(ひろひと)。お印は若竹(わかたけ)。.

新しい!!: 六甲山と昭和天皇 · 続きを見る »

浜風

浜風(はまかぜ)は.

新しい!!: 六甲山と浜風 · 続きを見る »

新神戸駅

新神戸駅(しんこうべえき)は、兵庫県神戸市中央区加納町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・神戸市交通局(神戸市営地下鉄)・北神急行電鉄の駅である。.

新しい!!: 六甲山と新神戸駅 · 続きを見る »

新日本旅行地100選

新日本旅行地100選(しんにほんりょこうち100せん)は、日本交通公社が発行する雑誌『旅』の創刊40周年を記念して、1966年(昭和41年)11月号で発表された100か所の日本の観光地。.

新しい!!: 六甲山と新日本旅行地100選 · 続きを見る »

文明 (日本)

文明(ぶんめい)は、日本の元号の一つ。応仁の後、長享の前。1469年から1486年までの期間を指す。この時代の天皇は後土御門天皇。室町幕府将軍は足利義政、足利義尚。.

新しい!!: 六甲山と文明 (日本) · 続きを見る »

日本のアナウンサー

本記事日本のアナウンサー(にほんのアナウンサー)では、アナウンサーの日本国内での状況について述べる。.

新しい!!: 六甲山と日本のアナウンサー · 続きを見る »

日本の重要湿地500

日本の重要湿地500(にほんのじゅうようしっち500)は、ラムサール条約登録湿地の選定や、湿地保全の基礎資料とするために、2001年(平成13年)12月に環境省によって選定された日本国内の500箇所の重要な湿地である。 環境省では、日本の重要湿地500の選定以来十数年が経過したことから見直しを行い、2016年(平成28年)4月22日に生物多様性保全上重要な湿地(略称:重要湿地)として633箇所を公表している。.

新しい!!: 六甲山と日本の重要湿地500 · 続きを見る »

日本三大夜景

日本三大夜景(にほんさんだいやけい)とは、日本の夜景の中でも特に美しいとされる3か所、神戸、函館 、長崎の夜景。.

新しい!!: 六甲山と日本三大夜景 · 続きを見る »

日本三百名山

日本三百名山(にほんさんびゃくめいざん)とは、日本山岳会によって1978年(昭和53年)に選定された日本の300の山である毎日新聞社(1997)。深田久弥が1964年(昭和39年)に選定した『日本百名山』の100座に、200座を加えたものである。その後、1984年(昭和59年)に深田クラブが選定した『日本二百名山』では、女人禁制の山上ヶ岳が除かれて新たに荒沢岳が追加されているため、日本百名山、日本二百名山、日本三百名山に選定されている山の合計は301座となる。.

新しい!!: 六甲山と日本三百名山 · 続きを見る »

日本一

日本一(にっぽんいち、にほんいち);順位.

新しい!!: 六甲山と日本一 · 続きを見る »

日本初の一覧

日本初の一覧(にほんはつのいちらん)は、現存の是非にかかわらず、日本で(あるいは日本人による)初めてのことがらの一覧である。.

新しい!!: 六甲山と日本初の一覧 · 続きを見る »

日本アルプス

日本アルプス(にほんアルプス)とは、本州の中部地方にある以下の3つの山脈の総称である。.

新しい!!: 六甲山と日本アルプス · 続きを見る »

日本酒

酒器に酌まれた日本酒。盃(左)、猪口(中央)、枡 日本酒(にほんしゅ)は、通常は米と麹と水を主な原料とする清酒(せいしゅ)を指す。日本特有の製法で醸造された酒で、醸造酒に分類される。.

新しい!!: 六甲山と日本酒 · 続きを見る »

日本書紀

日本書紀(平安時代の写本) 『日本書紀』(にほんしょき)は、奈良時代に成立した日本の歴史書。日本に伝存する最古の正史で、六国史の第一にあたる。舎人親王らの撰で、養老4年(720年)に完成した。神代から持統天皇の時代までを扱う。漢文・編年体にて記述されている。全30巻。系図1巻が付属したが失われた。.

新しい!!: 六甲山と日本書紀 · 続きを見る »

旗振山 (神戸市)

旗振山(はたふりやま)は神戸市須磨区と垂水区の境界にある標高252.56mの山。.

新しい!!: 六甲山と旗振山 (神戸市) · 続きを見る »

摩耶山

摩耶山(まやさん)は、兵庫県神戸市灘区、六甲山地の中央に位置する標高702mの山。.

新しい!!: 六甲山と摩耶山 · 続きを見る »

摩耶ロープウェー

摩耶ロープウェー「おりひめ」 摩耶ケーブルの駅に隣接するロープウェーの虹の駅 掬星台にある星の駅 摩耶ロープウェー(まやロープウェー)は、兵庫県神戸市灘区の摩耶山にかかる、神戸すまいまちづくり公社のロープウェーである。.

新しい!!: 六甲山と摩耶ロープウェー · 続きを見る »

摂陽群談

『摂陽群談』(せつようぐんだん)とは、江戸時代に編纂された摂津国の地誌である。 全17巻から成り、刊本は『大日本地誌大系』に収録されている。 岡田溪志(おかだけいし)が伝承や古文献を参照に元禄11年(1698年)から編纂を開始、同14年(1701年)完成した。 江戸時代に刊行された摂津地誌としては記述が最も詳しく、和歌名所も多く収録されている。.

新しい!!: 六甲山と摂陽群談 · 続きを見る »

播磨平野

播磨平野(はりまへいや)は、日本の近畿地方の兵庫県西部に広がる平野。姫路平野(ひめじへいや)・播州平野(ばんしゅうへいや)とも。瀬戸内海に属する播磨灘に面し、加古川、市川、夢前川、揖保川などが流れる。平野東部は、印南野(いなみの)台地と呼ばれるなだらかな河岸段丘になっており、ため池が多い。 兵庫県姫路市、たつの市、高砂市、加古川市、三木市、加西市、西脇市、加東市、小野市、明石市、神戸市(西区、垂水区)、神崎郡福崎町、加古郡(稲美町・播磨町)、揖保郡太子町などの自治体が位置する。 旧播磨国の主要部分であり、兵庫県南西部の中心的な場所を占める。.

新しい!!: 六甲山と播磨平野 · 続きを見る »

播磨灘

播磨灘(はりまなだ)は、瀬戸内海東部の海域。兵庫県南西部(旧播磨国)の南側に位置し、東は淡路島、西は小豆島、南は四国で区切られて西北部に家島諸島がある。 面積約2500 km2。深さ40 m前後であるが、海峡部では100 mを越えるところもある。近畿地方から中国地方・四国地方・九州地方方面への重要な航路が横断する。 岩礁が多く、鯛などの好漁場。イカナゴもよく獲れ、イカナゴの釘煮(佃煮)は播州の特産品であったが、海砂の採取によってイカナゴの生息地が打撃を受けたことから減産している。.

新しい!!: 六甲山と播磨灘 · 続きを見る »

愛宕山

愛宕山(あたごやま、あたごさん、おたぎさん)は、山の名前。日本各地に愛宕山の名前をもつ山がある。多くは愛宕神社と関連のある山(伝播地名)であるが、その大元の愛宕神社(山城国葛野郡)の名も山名に由来する。.

新しい!!: 六甲山と愛宕山 · 続きを見る »

慶応

慶応(けいおう、旧字体: 慶應)は日本の元号の一つ。元治の後、明治の前。1865年から1868年までの期間。この時代の天皇は孝明天皇、明治天皇。江戸幕府将軍は徳川家茂、徳川慶喜。日本での「一世一元の詔」発布以前では最後の元号。.

新しい!!: 六甲山と慶応 · 続きを見る »

慶長

慶長(けいちょう)は日本の元号の一つ。文禄の後、元和の前。1596年から1615年までの期間を指す。この時代の天皇は後陽成天皇、後水尾天皇。江戸幕府将軍は徳川家康、徳川秀忠。.

新しい!!: 六甲山と慶長 · 続きを見る »

扇状地

扇状地(せんじょうち、)とは、河川が山地から平野や盆地に移る所などに見られる、土砂などが山側を頂点として扇状に堆積した地形のこと。扇子の形と似ていることからこの名がある。扇状地の頂点を、末端を、中央部をという。 複数の河川が複合してできた扇状地を合流扇状地()、形成期が異なる扇状地が重なり合いできたものを合成扇状地()という。また、海底にも扇状地は存在し、そのような扇状地を海底扇状地という。さらに、地殻の変動や海底の沈降などで相対的に標高が上昇したようなものを隆起扇状地という。このような流水による扇状地形成の他に、火山活動が主な成因となっている扇状地も存在する。.

新しい!!: 六甲山と扇状地 · 続きを見る »

1180年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1180年 · 続きを見る »

1184年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1184年 · 続きを見る »

1333年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1333年 · 続きを見る »

1334年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1334年 · 続きを見る »

1336年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1336年 · 続きを見る »

1469年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1469年 · 続きを見る »

1580年

金曜日から始まる。.

新しい!!: 六甲山と1580年 · 続きを見る »

1590年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1590年 · 続きを見る »

1615年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1615年 · 続きを見る »

1620年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1620年 · 続きを見る »

1629年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1629年 · 続きを見る »

1867年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1867年 · 続きを見る »

1868年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1868年 · 続きを見る »

1874年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1874年 · 続きを見る »

1881年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1881年 · 続きを見る »

1895年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1895年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1896年 · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1897年 · 続きを見る »

1900年

19世紀最後の年である。100で割り切れるが400では割り切れない年であるため、閏年ではなく、4で割り切れる平年となる。.

新しい!!: 六甲山と1900年 · 続きを見る »

1901年

20世紀最初の年である。.

新しい!!: 六甲山と1901年 · 続きを見る »

1902年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1902年 · 続きを見る »

1905年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1905年 · 続きを見る »

1909年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1909年 · 続きを見る »

1910年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1910年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1912年 · 続きを見る »

1915年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1915年 · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1924年 · 続きを見る »

1928年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1928年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1929年 · 続きを見る »

1931年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1931年 · 続きを見る »

1932年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1932年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1934年 · 続きを見る »

1938年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1938年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1939年 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1944年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: 六甲山と1960年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1963年 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1967年 · 続きを見る »

1978年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と1978年 · 続きを見る »

1981年

この項目では、国際的な視点に基づいた1981年について記載する。.

新しい!!: 六甲山と1981年 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: 六甲山と1992年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: 六甲山と2006年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 六甲山と2009年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 六甲山と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 六甲山と2019年 · 続きを見る »

768年

記載なし。

新しい!!: 六甲山と768年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

トゥエンテイクロス六甲六甲卸六甲山系武庫山

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »