ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

先端巨大症

索引 先端巨大症

先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し(=機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。.

30 関係: 力士大内山平吉小人症岡山恭崇巨人症バレリーナバスケットボールモデル (職業)ロバート・ワドローヴァイオリニストプロレスラーピアニストドーピングダンサーアンドレ・ザ・ジャイアントオクトレオチドガンマナイフギネス世界記録ジャイアント馬場センチメートル内分泌学出羽ヶ嶽文治郎病気の別名の一覧頬骨脳下垂体前葉腫瘍腺腫成長ホルモン

力士

力士(りきし、ちからひと)とは、相撲をする人間のこと。厳密には、相撲部屋に所属して四股名を持ち、番付に関わらず大相撲に参加する選手の総称。相撲取り(すもうとり)とも呼ばれる。しばしば関取(せきとり)と呼ばれることもあるが、元来は大関のことを指す異称であり、現代では十両以上の力士のことを指す。幕下以下の力士は力士養成員(りきしようせいいん)と呼ばれる。また、本来は神事に関わる者であるため、日常会話では親愛と尊敬をこめてお相撲さんとも呼ばれる。 わんぱく相撲や大学の相撲部などのアマチュア相撲で相撲を取る者は四股名を持たないため厳密には力士ではない。.

新しい!!: 先端巨大症と力士 · 続きを見る »

大内山平吉

大内山 平吉(おおうちやま へいきち、1926年6月19日 - 1985年11月1日)は、茨城県那珂郡平磯町(現:ひたちなか市)出身の元大相撲力士。本名は大内 平吉(おおうち へいきち)ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p22。.

新しい!!: 先端巨大症と大内山平吉 · 続きを見る »

小人症

小人症(こびとしょう、dwarfism)とは、著明な低身長を示す病態のこと。侏儒症(しゅじゅしょう)とも。.

新しい!!: 先端巨大症と小人症 · 続きを見る »

岡山恭崇

岡山 恭崇(おかやま やすたか、1954年11月29日 - )は、熊本県出身の元バスケットボール選手。現役時代のポジションはセンター。.

新しい!!: 先端巨大症と岡山恭崇 · 続きを見る »

巨人症

巨人症(きょじんしょう、Gigantism)は、標準の人より著しく高い身長を示す病態。.

新しい!!: 先端巨大症と巨人症 · 続きを見る »

バレリーナ

アンナ・パヴロワ バレリーナ(ballerina)とは、女性のバレエダンサーのこと。主要な女性バレエダンサーの意味で用いることもある。 フランス語ではバレリーヌ (ballerine) といい、19世紀半ばにイタリア人女性ダンサーの活躍が顕著になると同時にイタリア語から移植されて初めて使われた。20世紀初頭にバレエ・リュスがパリで旋風を巻き起こすと、主役を踊ったT・カルサヴィナやアンナ・パヴロワらを指して用いられ、フランス語として広く普及した。今日では女性バレエダンサー一般を指す言葉として使われるが、単にダンサーを指す場合には、男性はダンスール (danseur)、女性はダンスーズ (danseuse) ともいう。 ロシアにおいては、バレリーナ (балерина) という言葉はロシア帝室バレエ団内では数少ない、主役だけを演ずる女性第一舞踊手に与えられた階級のことであった。女性バレエダンサーの階級は上から下へ、次のようになっていた。.

新しい!!: 先端巨大症とバレリーナ · 続きを見る »

バスケットボール

バスケットボール(basketball)は、1891年にアメリカで考案されたスポーツ。5人対5人の2チームが、一つのボールを手で扱い、長方形のコート上の両端に設置された高さ305m(10ft)、直径45cm(18in)のリング状のバスケットにボールを上方から通すこと(ゴール)で得点を競う球技である。公式試合は屋内競技として行われる。狭義では、この競技に使用する専用のボールのことを指す。籠球(ろうきゅう)とも訳される。.

新しい!!: 先端巨大症とバスケットボール · 続きを見る »

モデル (職業)

ファッションショーの女性モデル(ジゼル・ブンチェン) ゴシック系ファッション写真の女性モデル ウェディングドレスの広告を行うブライダルモデル セクシー系下着写真の女性モデル(サラ・ブレイク) ポートレートモデル モデル (model) は、美術・写真・映像・CMなどの被写体や、ショーやイベントの出演者のうち、容姿や所作など主に外見的特徴を主体とする人物。単にモデルという場合にはファッションモデルを指すことが多い。 俳優やタレントなどは、演技や芸など内面的な特徴が重要視されるためモデルには含まない。ただしCMモデルなど境界線的な種別もあり、またカリスマモデルやグラビアアイドルなど、各々の個性も売りにするモデルも存在する。 卓越した世界的知名度とトップデザイナーとのキャリアのあるファッションモデルが、スーパーモデルと言われている。スーパーモデルの人種比率は、白人が圧倒的多数を占め黒人やモンゴロイドの比率は低い。 人物全体でなく、特定の部分だけを露出するパーツモデルという職業もある(手タレ、足タレなど)。.

新しい!!: 先端巨大症とモデル (職業) · 続きを見る »

ロバート・ワドロー

バート・パーシング・ワドロー (Robert Pershing Wadlow、1918年2月22日 - 1940年7月15日) は、「疑う余地のない医学的な記録がある中で、最も身長の高い人間」としてギネスブックに記載されている男性。死亡時の身長は272 cmという前例のないものであり、体重は約200 kgであった。ワドローは成人後も死ぬまで身長が伸び続け、このような高身長になったのだが、それは脳下垂体腫瘍のためであった。.

新しい!!: 先端巨大症とロバート・ワドロー · 続きを見る »

ヴァイオリニスト

ヴァイオリニスト(violinist)は、ヴァイオリンの演奏家のこと。.

新しい!!: 先端巨大症とヴァイオリニスト · 続きを見る »

プロレスラー

プロレスラーは、プロレス興行に参戦してリングで試合を行う者の総称である。単にレスラー、選手ともいう。.

新しい!!: 先端巨大症とプロレスラー · 続きを見る »

ピアニスト

youtube ピアニスト (pianist) またはピアノ奏者(ピアノそうしゃ)は、広義にはピアノの演奏を行う人のこと、狭義には、職業的なピアノ奏者のこと(日本で多く見られる用法)。本記事では狭義、広義のピアニストの両方を解説する。なお、ピアノで伴奏を行う人(伴奏者)のことを、アカンパニスト (accompanist) と呼ぶ場合がある。.

新しい!!: 先端巨大症とピアニスト · 続きを見る »

ドーピング

ドーピング(doping)は、スポーツおよびモータースポーツの競技で運動能力を向上させるために、薬物を使用したり物理的方法を採ること、及びそれらを隠ぺいしたりする行為。オリンピック、競馬など多くの競技で禁止され、違反行為となる。俗称であるが、「競技会時検査」の事をドーピングと呼ぶ場合(例:あの競技会ではドーピングがある)も有る。.

新しい!!: 先端巨大症とドーピング · 続きを見る »

ダンサー

Max Slevogt "''Portrait of the dancer Marietta di Rigardo''" /1904年の作。ダンサーを描いたものであり、世界的バレリーナのアンナ・パヴロワを描いた肖像画でもある。 ダンサー(英語:dancer)とは、ダンスを踊る者、またはその職業をいう。 集団の場合は「ダンスグループ」「ダンスユニット」「ダンスカンパニー」などと呼ばれる。.

新しい!!: 先端巨大症とダンサー · 続きを見る »

アンドレ・ザ・ジャイアント

アンドレ・ザ・ジャイアント(André the Giant、本名:André René Roussimoff、1946年5月19日 - 1993年1月27日)は、フランス・グルノーブル出身のプロレスラー。 公式プロフィールでは身長が7フィート4インチ(約223cm)、体重が520ポンド(約236kg)とされ、北米では "The 8th Wonder of the World"(世界8番目の不思議)、日本では「大巨人」などの異名で呼ばれた。 圧倒的な体格もさることながら、アームロックなどのレスリングテクニックでも観客を惹きつけることができる巨人レスラーとして、世界各地で活躍した。.

新しい!!: 先端巨大症とアンドレ・ザ・ジャイアント · 続きを見る »

オクトレオチド

トレオチド(Octreotide)はソマトスタチン模倣オクタペプチドである。ソマトスタチンよりも成長ホルモン、グルカゴン、インスリン阻害作用が強い。商品名サンドスタチン。.

新しい!!: 先端巨大症とオクトレオチド · 続きを見る »

ガンマナイフ

ンマナイフとは定位放射線治療を行う放射線照射装置の一つである。脳腫瘍、脳血管の奇形(特に脳動静脈瘻)などの治療に使われる。 この装置の特徴は201個のコバルト60の線源をヘルメットのような形状に並べ、これらの線源を精密にコントロールし、病変部にピンポイントでガンマ線を集中照射(精度は0.2~0.5mmくらい)することにある。個々の線源からのガンマ線は細く弱いが、それぞれを病変部分に向け照射するので、病変部に対しては大きな線量となり、効果を上げることができる。病変部分以外については、細く弱いガンマ線が貫通するだけであるので、副作用は最小限に抑えられる。 ガンマナイフ以外の定位照射装置として、汎用放射線治療機であるリニアックの照射口にコーンを装着し、微細ビームを作り、多門もしくは回転照射を行う方法「リニアックナイフ」がある。線量の集中性・精度はガンマナイフとほぼ同等である。さらに、ガンマナイフやリニアックナイフで対応が困難であった、不正形腫瘍の形状に対応するため数mm幅のマイクロマルチリーフで回転運動原体照射や強度変調放射線治療(IMRT)を行う装置も実地診療で導入されている。 健康保険が適用できる。定位照射の診療報酬点数は他の放射線治療点数(平均1回1万2千円)に比べ、きわめて高額な63万円である。ガンマナイフは50万円に引き下げられた。高額療養費制度の申請を行なえば、後日1ヶ月の限度額以上の自己負担額は返還される。.

新しい!!: 先端巨大症とガンマナイフ · 続きを見る »

ギネス世界記録

橋の科学館に展示された認定証(明石海峡大橋) ギネス世界記録(ギネスせかいきろく、Guinness World Records)は、「世界一」を収集する書籍であり、世界一の記録を「ガイドライン」と呼ばれる基準に従い認定し続ける組織でもある。 よく認知されているのが、年に一度出版されるギネス世界記録の本。2000年版までは『The Guinness Book of Records』として刊行されており、それを略した「ギネスブック」と呼ばれる。毎年9月に発行され、様々な分野の世界一が何かを認定、掲載している。記録認定を行っているギネス世界記録には様々な地域から申請が届く。日本には、「ギネスワールドレコーズジャパン」という名称の日本支社がある。.

新しい!!: 先端巨大症とギネス世界記録 · 続きを見る »

ジャイアント馬場

ャイアント馬場(ジャイアントばば、1938年1月23日 - 1999年1月31日)は、日本のプロレスラー、プロ野球選手、タレント。 本名・旧リングネーム、野球選手時代の登録名:馬場 正平(ばば しょうへい)。血液型O型。全日本プロレス代表取締役社長・会長、NWA第一副会長を歴任した。 身長209cm、体重135kg。リングネームは、初渡米武者修行中の1961年、ニューヨークのプロモーターであったビンス・マクマホン・シニアが「ババ・ザ・ジャイアント(Baba the Giant)」と命名したことに由来する。 日本プロレス界史上最大の巨体を持ち、力道山、アントニオ猪木と並ぶビッグネームでもあり、コマーシャルやテレビ番組などでも人気を博し、現役時代は、当時の世界最高峰の王座NWA世界ヘビー級王座に3度就いた。.

新しい!!: 先端巨大症とジャイアント馬場 · 続きを見る »

センチメートル

ンチメートル(記号cm)は、国際単位系(SI)の長さの単位で、メートル(m)に相当する。基本単位のメートルとを表す接頭辞センチを組み合わせた単位である。.

新しい!!: 先端巨大症とセンチメートル · 続きを見る »

内分泌学

内分泌学(ないぶんぴつがく、ないぶんぴがく、endocrinology)は、内分泌及び内分泌器を研究する生物学の一分野である。 本項ではとくに、ヒトを対象とした、医学の一分野である内分泌学について述べる。.

新しい!!: 先端巨大症と内分泌学 · 続きを見る »

出羽ヶ嶽文治郎

出羽ヶ嶽 文治郎(でわがたけ ぶんじろう、1902年12月20日 - 1950年6月9日)は、山形県南村山郡(現:山形県上山市)出身の元大相撲力士。本名は斎藤 文次郎(さいとう ぶんじろう)(旧姓:佐藤)。 大相撲史上唯一の、身長200cm・体重200kgを両方超えた日本人力士である。昭和40年代あたりまで、日本史上最高体重の人物とも言われていた。.

新しい!!: 先端巨大症と出羽ヶ嶽文治郎 · 続きを見る »

病気の別名の一覧

病気の別名の一覧は、病気や症状の一覧、およびおのおのの病名の別名の一覧(50音別索引、アルファベット順)。.

新しい!!: 先端巨大症と病気の別名の一覧 · 続きを見る »

頬骨

の形状を様々な方向から見た動画。頬骨を赤で、それ以外の骨を半透明にして示してある。 頬骨(きょうこつ、ラテン語名:os zygomaticum、英語名:zygomatic bone、cheekbone、malar bone)は、頭蓋骨の頬骨弓 (en) の構成要素である骨。頬を持つ脊椎動物がこれを具える。.

新しい!!: 先端巨大症と頬骨 · 続きを見る »

一般に顔(かお、かんばせ)とは、頭部の正面を指す。顔面(がんめん)ともいう。 ヒトの顔には重要な感覚器である眼、耳、鼻、口などが集まっている。視覚、聴覚、嗅覚などで周囲の状況を把握し、さらに呼吸や食事という生命維持に不可欠な活動を行っている。口は発声・会話によるコミュニケーションで中心的な役割を果たす。 また顔つきと、顔の筋肉(浅頭筋)が作り出す表情は、他人から見た印象を左右する。表情は感情と密接に関連しており、意図的に表情を作ることもできるが、完全にコントロールすることは難しい。表情は言葉を用いない非言語コミュニケーションの代表である。 人間の顔は肌が露出しており、主に成人男性の顔には髭が生える。横から見た顔は、横顔(よこがお)という。.

新しい!!: 先端巨大症と顔 · 続きを見る »

脳(のう、brain、Gehirn、encephalon、ἐγκέφαλος, enkephalos)は、動物の頭部にある、神経系の中枢。狭義には脊椎動物のものを指すが、より広義には無脊椎動物の頭部神経節をも含む。脊髄とともに中枢神経系をなし、感情・思考・生命維持その他神経活動の中心的、指導的な役割を担う。 人間の脳は、大脳、間脳、脳幹(中脳、橋、延髄)、小脳の4種類の領域に分類される。 この内、脳幹は、中脳、後脳、延髄に3種類の領域に分類される。 つまり、人間の脳は、大脳、間脳、中脳、後脳、小脳、延髄の6種類の領域に分類される。.

新しい!!: 先端巨大症と脳 · 続きを見る »

脳下垂体前葉

ヒトにおいて脳下垂体前葉(英:pars distalis, anterior pituitary)は脳下垂体のうち前部で、多くのホルモンの分泌を行っている内分泌器官である。視床下部でホルモンを作り軸索を通じて分泌する後葉と異なり、下垂体前葉のホルモンは前葉にある細胞で作られる。こうした細胞は、視床下部から下垂体門脈を通ってくる各種のホルモンにより刺激・抑制される。.

新しい!!: 先端巨大症と脳下垂体前葉 · 続きを見る »

腫瘍

腫瘍(しゅよう、Tumor)とは、組織、細胞が生体内の制御に反して自律的に過剰に増殖することによってできる組織塊のこと。腫瘍ができたことにより、身体に影響を及ぼすことがある。 病理学的には、新生物(しんせいぶつ、Neoplasm)と同義である。なお、Neoplasmはギリシャ語のNeoplasia(新形成)からできた単語である。.

新しい!!: 先端巨大症と腫瘍 · 続きを見る »

腺腫

腺腫(せんしゅ、adenoma)とは、腺細胞の腫瘍性増殖性病変(良性腫瘍)である。正常な腺上皮細胞に変異が生じて腫瘍化し、腺腫細胞が発生部位に限局してモノクローナルに増殖し、規則的な配列や増殖パターンを形成したもののことである。 癌腫との違いは、腫瘍化した細胞が組織破壊性に浸潤したり、他の臓器に転移したりしないことである。また、腺腫は細胞増殖のスピードが緩徐で、癌のように急激な増大をしたり壊死を伴わないことなどが特徴である。.

新しい!!: 先端巨大症と腺腫 · 続きを見る »

成長ホルモン

成長ホルモン(せいちょうホルモン、growth hormone、GH)は脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されるホルモンである。ヒト成長ホルモンは特に hGH(human GH)と呼ぶ。.

新しい!!: 先端巨大症と成長ホルモン · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

先端肥大症末端肥大症

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »