ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

健康

索引 健康

健康 (けんこう、salus、Gesundheit、health)とは、心身がすこやかな状態であること。.

54 関係: 健康健康づくり健康づくりのためのオタワ憲章健康づくり国際会議健康の社会的決定要因健康増進法健康局健康心理学健康ブーム健康管理システム健康食品健康法健康教育十分な生活水準への権利収入学際学校主食世界女性会議世界保健機関平和年齢人権介護会社伝染病住宅価値価値観地域医学医療医療制度医療社会学ウエルネス公平公正国際連合社会福祉経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約環境生命倫理学職業病衛生風土病恒常性持続可能な開発文化...日本健康医学会日本の健康日本弁護士連合会教育 インデックスを展開 (4 もっと) »

健康

健康 (けんこう、salus、Gesundheit、health)とは、心身がすこやかな状態であること。.

新しい!!: 健康と健康 · 続きを見る »

健康づくり

健康づくり(けんこうづくり、Health promotion)は、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。.

新しい!!: 健康と健康づくり · 続きを見る »

健康づくりのためのオタワ憲章

健康づくりのためのオタワ憲章(けんこうづくりのためのオタワけんしょう、Ottawa charter for health promotion)は、1986年に世界保健機関によって作成された健康づくりについての憲章である、(世界保健機関)。1986年11月17-21日にカナダの首都オタワにて開かれた、第1回健康づくり国際会議にて採択された。.

新しい!!: 健康と健康づくりのためのオタワ憲章 · 続きを見る »

健康づくり国際会議

健康づくり国際会議(けんこうづくりこくさいかいぎ、International conferences on health promotion, Global conferences on health promotion)は世界保健機関の主催する、健康づくりに関する国際会議である。毎回、開催都市名を冠した宣言や声明を発信しており、それらのメッセージは健康づくりに関する世界標準として扱われることが多い。.

新しい!!: 健康と健康づくり国際会議 · 続きを見る »

健康の社会的決定要因

健康の社会的決定要因(けんこうのしゃかいてきけっていよういん、Social determinants of health)とは、人々の健康状態を規定する経済的、社会的条件のことである。20世紀後半以来、人びとの健康や病気が、社会的、経済的、政治的、環境的な条件に影響を受けることが広く認められるようになり、その研究が進んでいる。また、健康の社会(的)規定因子や、健康の社会的決定因子とも呼ばれる。 カナダ公衆衛生機関や世界保健機関といったいくつかの保健機関は、健康の社会的決定要因が集団や個人の快適な暮らしに大きな影響をもたらすことを表明しており、1980年代後半以降、集団の健康の改善や健康格差の緩和における情報キャンペーンなどの限界が明らかになるにつれ、公衆衛生の研究において医療社会学との連携が進み、ますます健康の社会的決定要因の調査に焦点が当てられるようになってきている。.

新しい!!: 健康と健康の社会的決定要因 · 続きを見る »

健康増進法

健康増進法(けんこうぞうしんほう、平成14年8月2日法律第103号)は、国民の健康維持と現代病予防を目的として制定された日本の法律。平成13年に政府が策定した医療制度改革大綱の法的基盤とし、国民が生涯にわたって自らの健康状態を自覚するとともに健康の増進に努めなければならないことを規定したものである。.

新しい!!: 健康と健康増進法 · 続きを見る »

健康局

健康局(けんこうきょく)は、中央省庁である厚生労働省の内部部局の一つ。保健などを所管する。2001年1月6日の中央省庁再編で厚生省と労働省が統合されるのに伴い、厚生省保健医療局と生活衛生局が統合され厚生労働省健康局が発足した。 保健所を通じて地域保健向上対策、被爆者援護対策、感染症予防対策、生活習慣病予防対策、水道整備対策など保健に関する公衆衛生を総合的に行う施策などを所管する。健康局長には医系技官(医師)が就任する慣例である。.

新しい!!: 健康と健康局 · 続きを見る »

健康心理学

健康心理学(けんこうしんりがく、health psychology)は、心理学の応用分野、応用心理学の1つである。.

新しい!!: 健康と健康心理学 · 続きを見る »

健康ブーム

健康ブームとは、健康な状態を維持したい、今よりさらに健康になりたいと、各種の健康関連商品・サービスに走る現象のこと。.

新しい!!: 健康と健康ブーム · 続きを見る »

健康管理システム

健康管理システム(けんこうかんりシステム)とは、健康管理を目的としたまとまりや仕組みの全体、系。 健康自体の考え方がかなり広い意味があるため、様々な形での健康管理システムが考えられている。.

新しい!!: 健康と健康管理システム · 続きを見る »

健康食品

健康食品(けんこうしょくひん)とは、日本の法律上は単なる食品であり、健康の保持増進に寄与するとされる食品全般のことである。本項目で一緒に解説する法律において承認されているもの以外の、俗に健康食品と呼ばれている食品のことである。成分を補給するものはサプリメントとも呼ばれる。 法律で承認されているものは、1991年に保健機能食品の制度が定められ、国の定めた規格や基準を満たす食品において保健機能を表示できることとなった。この制度は、科学的研究を実施し承認された特定保健用食品(トクホ)の制度と共に出発し、2001年より特定の栄養素を含んでいるという栄養機能食品、2015年より他で実施された科学的根拠をもとに表示ができる機能性表示食品と拡充してきた。中にはトクホの根拠となった研究の参加者が6人と少数であったり、含有される成分が足りなかったなど、その信頼性について議論を生じてきた。 アメリカでは、1994年にによって根拠により効能表示が可能となった。1999年には条件付き効能表示により、弱い科学的根拠がある場合にも但し書きした上で表示をしもていいこととなった。.

新しい!!: 健康と健康食品 · 続きを見る »

健康法

睡眠の確保 犬との散歩 ラジオ体操会(2002年夏休み、大阪市鶴見区でのひとコマ) 太極拳は中国で盛んに行われている健康法 健康法として合気道を行っている人もいる 温泉は人間だけでなく猿も本能的に行う健康法(地獄谷温泉にて) 気功は世界各地で行われている 「爪もみ」は指先あたりを揉む健康法 ヨーガのアサナ(ポーズ)のひとつ 山中にてヨーガの蓮華座を組む人 健康法(けんこうほう)とは、健康を保つことを目的として日常的に行なわれる行為や方法のことである。健康法を実践することは養生ともいう。 体操の類、自分で行うマッサージの類、食事の管理や控えめな飲食の習慣、心身調和をもたらす方法の実践(呼吸法や瞑想の習慣)、心の持ち方(短気にならない、怒らない、「足るを知る」 等々)、そのほか生活習慣全般など、その範囲は多岐に及ぶ。.

新しい!!: 健康と健康法 · 続きを見る »

健康教育

健康教育(health education)は、喫煙、薬物依存、アルコール中毒など、健康に好ましくない悪癖、習慣、中毒、依存の予防から、偏見、ストレス、誤解などコミュニケーションから心の健康に至るまでの指導、教育を包含したものをいう。 なお医療専門家より患者になされるものは、患者教育ともされる。.

新しい!!: 健康と健康教育 · 続きを見る »

十分な生活水準への権利

十分な生活水準への権利(じゅうぶんなせいかつすいじゅんへのけんり)は、人間が生活を営むのに最低限の衣食住への権利を保障するものとして、人権関連条約などの国際文書に人権として定められている。1948年の世界人権宣言、そして1966年の経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(以下社会権規約)に規定されたBourquain(2008), p.137.

新しい!!: 健康と十分な生活水準への権利 · 続きを見る »

収入

収入(しゅうにゅう、income)とは、ある期間に得た金銭、物件のこと。すなわち経済単位(個人または法人)が、経済活動や既存の権利の対価として、ある期間に新たに得た金銭、あるいは、動産、不動産、権利などの金銭価値換算可能な物件の総称である。税法上に定める所得とは異なる。広義には、非合法な手段をもって得たものについても、これに含める場合がある。 本項目ではほぼ同義である(が税法上は異なる意味を持つ)所得についても述べる。以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。.

新しい!!: 健康と収入 · 続きを見る »

学際

学際(がくさい、英語:interdisciplinary)とは、研究などがいくつかの異なる学問分野にまたがって関わる様子。.

新しい!!: 健康と学際 · 続きを見る »

学校

日本の中学校の教室 学校(がっこう)は、幼児・児童・生徒・学生その他に対する教育制度の中核的な役割を果たす機関。また、その施設。学園、学院などもほぼ同様の意味を持つ。.

新しい!!: 健康と学校 · 続きを見る »

主食

主食.

新しい!!: 健康と主食 · 続きを見る »

世界女性会議

世界女性会議(せかいじょせいかいぎ、World Conference on Women)は、女性の地位向上を目的として、国際連合主催の元に開かれる会議。国際学際女性会議とも呼ばれる。 「平等・開発・平和」をテーマとした第1回世界女性会議がメキシコで開かれ、性差別や女性に対する暴力や性的虐待に関心を持つ女性たちが世界中から集まった。以後5~10年毎に開催され、第2回はコペンハーゲン、第3回ナイロビ、第4回北京、2000年には国連特別総会「女性2000年会議」がアメリカのニューヨークで開催された。2005年には韓国ソウルの梨花女子大学において第9回世界女性会議が開かれた。.

新しい!!: 健康と世界女性会議 · 続きを見る »

世界保健機関

世界保健機関(せかいほけんきかん、World Health Organization, WHO、Organisation mondiale de la santé, OMS)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国際連合機関)である。略称は英語式(WHO)と仏語式(OMS)で異なる。日本をはじめ多くの国では英語略称のWHO(ダブリュー・エイチ・オー)が多用される。(以下「WHO」と表記する。読みについては後述) 1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。 WHOでは「健康」を「身体的、精神的、社会的に完全な良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」(WHO憲章前文)と定義しており、非常に広範な目標を掲げている。 そのために、病気の撲滅のための研究、適正な医療・医薬品の普及だけでなく、基本的人間要請 (basic human needs, BHN) の達成や健康的なライフスタイルの推進にも力を入れている。また組織の肥大化と共に企業との癒着構造が問題として指摘されている。.

新しい!!: 健康と世界保健機関 · 続きを見る »

平和

平和(へいわ)は、戦争や内戦で社会が乱れていない状態。.

新しい!!: 健康と平和 · 続きを見る »

年齢

年齢(ねんれい)とは、出生からの経過時間を年単位で表したものをいう。齢(よわい)とも呼ばれる。.

新しい!!: 健康と年齢 · 続きを見る »

人権

人権(じんけん、human rights)とは、人間ゆえに享有する権利である。人権思想においてすべての人間が生まれながらに持っていると考えられている社会的権利である広辞苑 第五版。.

新しい!!: 健康と人権 · 続きを見る »

介護

介護(かいご、nursing, elderly care)とは、障害者の生活支援をすること。あるいは高齢者・病人などを介抱し世話をすること。.

新しい!!: 健康と介護 · 続きを見る »

会社

会社(かいしゃ)は、日本法上、株式会社、合同会社、合名会社および合資会社をいう。また、外国法における類似の概念(イギリスにおけるcompanyなど)の訳語としても用いられる。 本稿では、日本法上の会社に加え、それに類似する各国の企業形態についても記述する。.

新しい!!: 健康と会社 · 続きを見る »

伝染病

ペインかぜの患者で溢れる野戦病院。感染者は世界人口の3割に当たる6億人にも上った。 伝染病(でんせんびょう)は、病気を起こした個体(ヒトや動物など)から病原体が別の個体へと到達し、連鎖的に感染者数が拡大する感染症の一種である。感染経路の究明が進んでいない近代までは、ヒトや家畜など特定の動物種の集団内で同じ症状を示す者が短時間に多発した状態(集団発生・疫病)を指していたため、現在でも「集団感染」との混同が見られる。 日本において「伝染病」の語は医学分野よりも「家畜伝染病予防法」など法令において限定的に用いられており、同法では「法定伝染病」や「届出伝染病」などの語で使用されている。過去には「伝染病予防法」という法律名にも使用されていたが、1999年の感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)の施行により廃止され、法文中の「伝染病」の文言は「感染症」に改められている(経過規定の条文などを除く)。同様に、旧・学校保健法の施行規則に見られた「学校伝染病」の語も2009年4月施行の学校保健安全法の施行規則で「感染症」に改められ、一般に「学校感染症」と呼ばれている。 東洋医学では賊風の証が近い概念である。.

新しい!!: 健康と伝染病 · 続きを見る »

住宅

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。.

新しい!!: 健康と住宅 · 続きを見る »

価値

価値(かち)とは、あるものを他のものよりも上位に位置づける理由となる性質、人間の肉体的、精神的欲求を満たす性質、あるいは真・善・美・愛あるいは仁など人間社会の存続にとってプラスの普遍性をもつと考えられる概念の総称。 殆どの場合、物事の持つ、目的の実現に役に立つ性質、もしくは重要な性質や程度を指す。何に価値があり、何には価値がない、とするひとりひとりのうちにある判断の体系を価値観と言う。.

新しい!!: 健康と価値 · 続きを見る »

価値観

価値観(かちかん、英:sense of values)とは、何に価値があると認めるかに関する考え方広辞苑第六版「価値観」。価値(善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値)を判断するときの根底となる ものの見方。ものごとを評価・判断するときに基準とする、何にどういう価値がある(何には価値がない)、という判断。.

新しい!!: 健康と価値観 · 続きを見る »

地域

地域(ちいき)とは、地形が似通っている、同じ性質をもっているなどの理由からひとまとめにされる土地のこと。マルチスケールの概念である。.

新しい!!: 健康と地域 · 続きを見る »

医学

医学(いがく、英:Medicine, Medical science)とは、生体(人体)の構造や機能、疾病について研究し、疾病を診断・治療・予防する方法を開発する学問である広辞苑「医学」。 医学は、病気の予防および治療によって健康を維持、および回復するために発展した様々な医療を包含する。.

新しい!!: 健康と医学 · 続きを見る »

医療

医療(いりょう、health care、medical care)とは、人間の健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動について用いられる広範な意味を持った語である。広義の類語はヘルスケアや保健。.

新しい!!: 健康と医療 · 続きを見る »

医療制度

医療制度(いりょうせいど、Health care system)は目標とする地域の医療ニーズに合致するように設計される。世界には様々な医療制度が存在する。市場原理によって動くように設計されている国があれば、それよりは中央集権的に運営されている国もある。この主体は政府であったり、労働組合であったり、慈善団体であったり、宗教であったり、他の連合組織であったりする。医療制度の変化は革命的であることより改善的であることが多い。.

新しい!!: 健康と医療制度 · 続きを見る »

医療社会学

医療社会学(いりょうしゃかいがく、medical sociology)とは、医療や保健、健康、病気に関する問題について、社会学的な側面からその性格を明らかにすると共に、問題解決に必要な科学的な根拠を提供する社会学の一分野である。.

新しい!!: 健康と医療社会学 · 続きを見る »

ウエルネス

ウエルネス (Wellness) とは、世界保健機関 (WHO) が国際的に提示した、「健康」の定義をより踏み込んで、そして広範囲な視点から見た健康観を意味する。1961年に、アメリカの医学者、ハルバート・ダンによって提唱され、ウエルネスの用語が作られた。より平易な言葉で言うならば、生活科学として、運動を適宜日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろうと言う主旨で提唱された概念である。 また、日本ウエルネス協会では、 ひとづくり、まちづくり、ものづくり、ネットワークづくり、ふれあいづくりを目指して地域連携事業を総合的に行っている。公益財団法人健康・体力づくり事業財団を経由した、厚生労働省の補助事業である。NPO法人・ジャパンウエルネスは、がん患者との関りを中心に活動を行っている。 2004年に設立された日本ウエルネス学会では、ウエルネスに関心をもつ研究者や実践者が集まり、ウエルネスに関する様々な問題を学際的に研究し、研究成果の普及と実践を目的として、学会誌の発行と学会大会の開催を中心にした活動を行っている。 近年のウェルネスの定義には2015年にグローバルウェルネスインスティチュート (Global wellness Institute:GWI)が提唱する「身体的、精神的、そして社会的に健康で安心な状態」がある。 日本では琉球大学の荒川らが「身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして輝く人生(QOL)をデザインしていく」として、 健康は基盤でありウェルネスは生き方という新しいウェルネスの定義を提唱している。.

新しい!!: 健康とウエルネス · 続きを見る »

公平

公平(こうへい)は、公に平らなこと、すなわち一定の集団において、偏らないということである。 人間には、「先に手を出したもの勝ち」とか、偏り、えこひいき、仲間外れなどがつきものである。公平とは、義務履行の結果として、平らに報じるとの概念である。 集団において「公平」を目指し、公平に物事を進めるためには、その集団における個の軽重に拠らない。従って、個人の利益を優先したり、個人の主観で判断することは避けなければならず、このため公平無私という概念も存在する。ちなみに、「この上なく公平であること」を意味する「至公至平」という言葉が存在するが、めったに使われない。その一方、集団や個人において、公平の否定形である不公平の概念も使用される。 東洋においての平等は、差別・不正・独占などを排し、履行しない者に対しても優遇せず、義務に準拠しない者に対しても偏りなく分け合う概念を表す場合が多い。.

新しい!!: 健康と公平 · 続きを見る »

公正

記載なし。

新しい!!: 健康と公正 · 続きを見る »

国(くに、こく)は、一般的に、住民・領土・主権及び外交能力(他国からの承認)を備えた地球上の地域のこと。ほとんどの国が憲法を成文法で作成し、自国の権利や能力を他国に表明している。新しい国を作ることに関し、すでに在る国が憲法改正や革命など「新憲法制定」によって生まれ変わる場合もある。.

新しい!!: 健康と国 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 健康と国際連合 · 続きを見る »

社会

会(しゃかい)は、人間と人間のあらゆる関係を指す。 社会の範囲は非常に幅広く、単一の組織や結社などの部分社会から国民を包括する全体社会までさまざまである。社会の複雑で多様な行為や構造を研究する社会科学では人口、政治、経済、軍事、文化、技術、思想などの観点から社会を観察する。.

新しい!!: 健康と社会 · 続きを見る »

福祉

福祉(ふくし、Welfare)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を指す。.

新しい!!: 健康と福祉 · 続きを見る »

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(けいざいてき、しゃかいてきおよびぶんかてきけんりにかんするこくさいきやく、英:、ICESCR)は、1966年12月16日、国際連合総会によって採択された、社会権を中心とする人権の国際的な保障に関する多数国間条約である。同月19日ニューヨークで署名のため開放され、1976年1月3日効力を発生した。日本語では社会権規約(しゃかいけんきやく)と略称される。同時に採択された市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約、B規約)に対してA規約と呼ばれることもあり、両規約(及びその選択議定書)は併せて国際人権規約と呼ばれる。 自由権規約が締約国に対し即時的な実施を求めているのに対し、本規約は、締約国に対し、権利の実現を「漸進的に達成」することを求めている(第2条)。.

新しい!!: 健康と経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約 · 続きを見る »

環境

境(かんきょう)は、広義においては人、生物を取り巻く家庭・社会・自然などの外的な事の総体であり、狭義ではその中で人や生物に何らかの影響を与えるものだけを指す場合もある。特に限定しない場合、人間を中心とする生物を取り巻くおおざっぱな環境のことである場合が多い。 環境は我々を取り巻き、我々に対して存在するだけでなく、我々やその生活と係わって、安息や仕事の条件として成り立つ。また狭義の環境については、人間が生産と消費の活動によって汚染し、破壊するという関係性の中で大きな環境問題になってきた。.

新しい!!: 健康と環境 · 続きを見る »

生命倫理学

生命倫理学(せいめいりんりがく)とは、生命に関する倫理的問題を扱う研究分野。生物学、医学、薬学、政治学、文化人類学、法学、哲学、経済学、社会学、心理学、宗教学など様々な分野と関連がある。ヒトの生命すなわち人命に限らず、動植物など全ての生命体を対象とする。 原語の「バイオエシックス」(bioethics) という言葉は、「生命」を意味する「バイオ」と「倫理(学)」を意味する「エシックス」を結びつけた言葉で、ガン研究者のポッター (Van Rensselaer Potter) が、「生存の科学」(the Science of Survival) としての「バイオエシックス」を提唱した。1970年代初めにアメリカで使われ出し、元来の意味から離れて広まっている。.

新しい!!: 健康と生命倫理学 · 続きを見る »

職業病

職業病(しょくぎょうびょう、Occupational disease)とは、特定の職業に従事することにより罹る、もしくは罹る確率の非常に高くなる病気の総称である。医学用語では「職業性疾病」、労働基準法では「業務上疾病」と表現される。また転じて、特定の役務を行なう人に降りかかる災難を指す場合もあるほか、特定の職業に就く人に顕著に見られる問題のある傾向も、この言葉で形容する場合がある。.

新しい!!: 健康と職業病 · 続きを見る »

衛生

衛生(えいせい、英語・ドイツ語:hygiene)とは、「生」を「まもる」ことから健康をまもること、転じて健康の増進を意味する。今日では単に清潔のみを意味する場合も多い。また、医学の一分野として衛生学、保健衛生学と称されることもある。.

新しい!!: 健康と衛生 · 続きを見る »

風土病

土病(ふうどびょう)とは、ある一定の限定した地域に定着し流行を繰り返す病気の総称である。地域によっては地方病(ちほうびょう)とも呼ばれる。.

新しい!!: 健康と風土病 · 続きを見る »

恒常性

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(ὅμοιοστάσις、homeostasis)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。.

新しい!!: 健康と恒常性 · 続きを見る »

持続可能な開発

持続可能な開発(じぞくかのうなかいはつ、Sustainable Development, SD)とは、「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」のこと。「持続可能な発展」と訳されることもある。また、持続可能な開発が行われ持続可能性を持った社会を、持続可能な社会と言う。.

新しい!!: 健康と持続可能な開発 · 続きを見る »

文化

文化(ぶんか、)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。.

新しい!!: 健康と文化 · 続きを見る »

日本健康医学会

日本健康医学会(にほんけんこういがくかい)は、健康医学に関する学術の向上および普及を図るため1991年に設立された学会。 事務局を東京都世田谷区桜丘1-1-1東京農業大学短期大学部醸造学科内に置いている。.

新しい!!: 健康と日本健康医学会 · 続きを見る »

日本の健康

各国の平均寿命茶:〜50、赤:50〜60、橙:60〜70黄:70〜75、緑:75〜80、濃緑:80〜 日本の健康(にほんのけんこう, Health in Japan)は良好とされ、平均余命は世界で最上位に位置づけられる。平均寿命と健康寿命の差は9.6歳であった(国の健康寿命順と延命期間順リスト)。.

新しい!!: 健康と日本の健康 · 続きを見る »

日本弁護士連合会

日本弁護士連合会(にほんべんごしれんごうかい、英:Japan Federation of Bar Associations、JFBA)は、日本の弁護士会の連合会である。略称は日弁連(にちべんれん)。.

新しい!!: 健康と日本弁護士連合会 · 続きを見る »

教育

FIRST Robotics Competitionにおける学生徒弟 教育(きょういく、、education、éducation, enseignement、Bildung, Erziehung、educación、educação、Образование、تعليم)は、教え育てることであり、ある人間を望ましい状態にさせるために、心と体の両面に、意図的に働きかけることであるデジタル大辞泉。教育を受ける人の知識を増やしたり、技能を身につけさせたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとすることである。 教育の機能や効果については、さまざまなことが言われている。政治面、経済面など様々なことが挙げられている。教育は、民主化を推進することになる、と指摘されている。また経済学的に見ると、生産性が向上する、とも指摘されている。なお、教育がむしろ否定的な効果・機能を果している場合には「教育の逆機能」と呼ばれることがある。 教育を研究のする学問を教育学と言う。教育学は、哲学・心理学・社会学・歴史学などの方法を用いて教育を研究する。様々な目的で細分化されており、基礎的・基本的なものとして、教育哲学・教育社会学・教育心理学・教育史学などがあり、実践的なものとして領域教育方法論・臨床教育学・教科教育学なものがある。(中学や高校の)教師になろうとする人は、必修科目として教育学を学ぶ。(ただし大学教授は教育学を学んでいない人がなっていることは多い。) 年齢による分類もあり、乳児の場合には、その教育は乳児教育(保育)と呼ばれ、幼児の場合は幼児教育、児童の場合には児童教育、成人である場合は成人教育と呼ばれる。また、場所に着目して、家庭教育、学校教育、社会教育、世界教育(World Studies、日本では、国際理解教育と呼ぶ)という言い方もある。.

新しい!!: 健康と教育 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

健康の前提条件健康権健康管理健康観健全

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »