ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 
新しい! あなたのコンセプトを保つ! » アカウントを作成する

参加団体が4つ以上ある国 UNPOの旗 代表なき国家民族機構(だいひょうなきこっかみんぞくきこう、Unrepresented Nations and Peoples Organization; UNPO)は、国家や国際機関などでの代表権を持たない国や民族の国際機関である。参加団体は先住民族や占領下の国家、独立しているが国際機関への代表権を持たない国などである。1990年にエストニアのタルトゥでダライ・ラマ14世の支援者だったレナルト・マルの主導で設立にむけての宣言がなされ、1991年2月11日にオランダのハーグで設立された。 UNPOは、参加団体の人権および文化的権利、生活環境の保護、暴力に依らない紛争の解決などを目的とする。UNPOは参加団体の会合を開き、要望をまとめて国際社会に反映させる。UNPOの参加団体は通常、国際連合などの国際機関にオブザーバー程度の代表権しか与えられない。その結果、彼らの国際社会における発言権が限られ、彼らの問題への当事者の参加や国際的な関心、人権の保護、紛争の解決なども限られることになってきている。 UNPOは、その定款として以下のようなものを掲げている。.

74 関係: 南カメルーン連邦共和国定款少数民族世界人権宣言人権事実上独立した地域一覧ナガランド州マリ・エル共和国マプチェ族マサイ族チュヴァシ共和国チン州チッタゴン丘陵地帯チェチェン・イチケリア共和国チェルケス人バシコルトスタン共和国モン族 (Mon)ラコタルシン人ヴェンダトゥワトゥヴァ共和国ブリヤート人ブーゲンビル島テロリズムデン・ハーグフランス領ポリネシアフーゼスターン州ダライ・ラマ14世アチェ州アラブ人アボリジニアッシリア人アブハジアアステカイングリアイングーシ共和国ウドムルト共和国エストニアオランダオロモ人オゴニカレン族カビンダガガウズ自治区クリミア・タタール人クルディスタンコミ共和国ザンジバルシャン族...シンド州スー族ソマリランドタルトゥサンジャク (地名)先住民先住民族の権利に関する国際連合宣言国家国際連合国際連合総会オブザーバー国際連合非自治地域リスト国際機関社会的少数者独立主張のある地域一覧非暴力西パプア州自由パプア運動自然環境民主主義民族民族自決1990年1991年2月11日 インデックスを展開 (24 もっと) »

南カメルーン連邦共和国

南カメルーン連邦共和国(みなみカメルーンれんぽうきょうわこく、Federal Republic of Southern Cameroons)は、カメルーンに属する領域のうち北西州と南西州を合わせた地域において展開されているカメルーンからの分離独立運動において、当該地域の独立を主張する政府が自称している国名。アンバゾニア共和国(アンバゾニアきょうわこく、Republic of Ambazonia)とも呼ばれる。 南カメルーンの面積は北西州と南西州を合わせた42,383km2である。人口は210万人。政府所在地はブエア。バメンダは第2所在地。公用語はイギリス植民地時代から英語を話す。 国土の大半がフランス領であったカメルーン共和国において、南カメルーンの当該2州はイギリス領であったため、カメルーンの独立(国家樹立)後に主導権を握ってきたフランス語系住民に対する2州の英語系住民の不満(経済格差など)が長くくすぶっていた。そのため、分離独立運動が盛んに行われている。 隣国ナイジェリアとはバカシ半島の領有権をめぐって、独立運動組織(SCNC)がバカシ半島は南カメルーンの一部だと領有を主張しているため、対立がある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と南カメルーン連邦共和国 · 続きを見る »

定款

定款(ていかん)とは、社団法人(会社・公益法人・協同組合等)および財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則そのもの(実質的意義の定款)、およびその内容を紙や電子媒体に記録したもの(形式的意義の定款)である。 日本法の場合、社団法人とはいえないような特殊法人(日本銀行・日本放送協会等)の根本規則も定款と呼ばれる。財団法人においては、かつては「寄附行為」といったが、2008年12月の一般社団・財団法人法の施行以降は「定款」に改められている。 以下では、一般社団・財団法人法上の一般社団法人・一般財団法人と会社法上の会社を例に説明する。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と定款 · 続きを見る »

少数民族

少数民族(しょうすうみんぞく)とは、ある民族や国家や地域など何かしらの枠組みが複数の民族集団(ethnic group)によって構成されている場合に、相対的に少数からなる民族集団のことを言う。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と少数民族 · 続きを見る »

世界人権宣言

世界人権宣言(せかいじんけんせんげん、、略称:UDHR)は、1948年12月10日の第3回国際連合総会で採択された、すべての人民とすべての国が達成すべき基本的人権についての宣言である(国際連合総会決議217(III))。正式名称は、人権に関する世界宣言。 世界人権宣言は、この宣言の後に国際連合で結ばれた人権条約の基礎となっており、世界の人権に関する規律の中でもっとも基本的な意義を有する。 これを記念して、1950年の第5回総会において、毎年12月10日を「世界人権の日」とし、世界中で記念行事を行うことが決議された。日本は、この日に先立つ1週間を人権週間としている。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と世界人権宣言 · 続きを見る »

人権

人権(じんけん、human rights)とは、人間ゆえに享有する権利である。人権思想においてすべての人間が生まれながらに持っていると考えられている社会的権利である広辞苑 第五版。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と人権 · 続きを見る »

事実上独立した地域一覧

事実上独立した地域一覧(じじつじょうどくりつしたちいきいちらん)は、独立の主張があり、モンテビデオ条約が定める「国家」の資格(領域、住民、政府、外交能力)を満たし得ると考えられるものの、国際政治的な諸事情により国際社会から広く国家としての承認を得らず、国際連合加盟国となれていない地域の一覧である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と事実上独立した地域一覧 · 続きを見る »

ナガランド州

ナガランド州()は、インドの東部にある州の一つ。 州都はコヒマ、州内最大の都市で経済・交通・軍事の中心となっているのはディマプル。 2011年の人口は197万8502人。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とナガランド州 · 続きを見る »

マリ・エル共和国

マリ・エル共和国(、マリ語:)は、ロシア連邦の連邦構成主体の1つ。 フィン・ウゴル語派種族であるフィン・ヴォルガ系のマリ人(チェレミス人)による民族自治共和国で、沿ヴォルガ連邦管区に所属する。 首都はヨシュカル・オラ。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とマリ・エル共和国 · 続きを見る »

マプチェ族

マプチェ族(Mapuche、マプーチェ族とも表記される)は、チリ中南部からアルゼンチン南部に住むアメリカ州の先住民族。民族名は、彼らが話すマプチェ語で「大地」(Mapu)に生きる「人々」(Che)を意味する。マプチェ族は、南アメリカ南部を支配し、インカ帝国やスペインの侵略に対し長く抵抗を続けた民族として知られている。彼らは生計を農業に依存し、ロンコ(lonco)と呼ばれる首長のもとで血縁関係を単位とした社会を構成していた。戦争のときには「トキ」(toqui「斧を持つ者」の意)というリーダーを選出し、その下に連合してより大きな集団を形成することもあった。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とマプチェ族 · 続きを見る »

マサイ族

マーサイ族(マーサイぞく、Maasai people、マー語: ilMaasai)は、ケニア南部からタンザニア北部一帯の先住民である。人口は推定20 - 30万人程度と推測されている。一般的には長音符を付けない『マサイ族』と言われる事が多い。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とマサイ族 · 続きを見る »

チュヴァシ共和国

チュヴァシ共和国(チュヴァシきょうわこく、チュヴァシ語:Чăваш Республики、ロシア語:Чувашская Республика)は、ロシア連邦地域管轄区分のひとつ沿ヴォルガ連邦管区に属する共和国である。首都はチェボクサル(Чебоксары)。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とチュヴァシ共和国 · 続きを見る »

チン州

チン州(チンしゅう)はミャンマーの行政区画である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とチン州 · 続きを見る »

チッタゴン丘陵地帯

チッタゴン丘陵地帯(-きゅうりょうちたい、Chittagong Hill Tracts, CHT)は、バングラデシュ南東部に広がる面積13,180平方kmの丘陵地帯。インドおよびミャンマーとの国境地帯に当たる。ヒマラヤ山系の延長部にあたる。行政的にはチッタゴン管区に属する。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とチッタゴン丘陵地帯 · 続きを見る »

チェチェン・イチケリア共和国

チェチェン・イチケリア共和国(ラテン文字表記:Noxçiyn Paçẋalq Noxçiyçö キリル文字表記:Нохчийн Пачхьалкх Нохчийчоь 英:Chechen Republic of Ichkeria)は、チェチェン分離独立派による国際的に未承認の国家または武装勢力。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とチェチェン・イチケリア共和国 · 続きを見る »

チェルケス人

チェルケス人(チェルケス語:Адыгэхэр, Adygekher)は、北西コーカサス語族のチェルケス語を母語とする民族である。19世紀にロシア帝国の侵略(コーカサス戦争)によって、多くのチェルケス人が故郷を失った。特に1864年のの後の流出が激しかった。最狭義には、「チェルケス人」はアディゲ人(チェルケス語:Адыгэ, Adyge)の12の氏族を表す。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とチェルケス人 · 続きを見る »

バシコルトスタン共和国

バシコルトスタン共和国(ロシア語:、バシキール語:、タタール語:)またはバシキリア()は、ロシア連邦を構成する沿ヴォルガ連邦管区に含まれる共和国。 首都はウファ。 面積、143,600km²。 人口、4,104,336人(2002年)。 人口密度、29人/km²。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とバシコルトスタン共和国 · 続きを見る »

モン族 (Mon)

モン族( - ぞく、Mon)は、東南アジアに住む民族の一つ。古くから東南アジアに居住しており、ハリプンチャイ王国を建てたことで有名で、後にミャンマーのペグーに移り住んだのでペグー人とも言う。ラーマンあるいはタラインと呼ばれることもある。その後一部が中国の雲南から南下してきたタイ族やビルマ族などと混血した。現在800万人程度がモン族を自称している。 浅黒い肌にギョロリとした目、巻き舌音の多い言語、高床式住居、焼畑耕作、水牛供犠、精霊信仰、魔術、壺酒、精緻な竹藤細工、狩猟・罠、腰機織り、ゴング音楽などが、ラオス国内のモン・クメール民族に共通している。 なお、中国国内に多く住むミャオ族(苗族)の支系で、自称をモン (Hmong) という民族集団とは全く別であり、混同に注意。こちらについてはモン族 (Hmong)またはミャオ族を参照のこと。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とモン族 (Mon) · 続きを見る »

ラコタ

ラコタ (Lakota) とは、アメリカインディアン部族の一つで、スー族とも呼ばれる。 ラコタは彼等の言葉で「友人、同盟者」をあらわす言葉。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とラコタ · 続きを見る »

ルシン人

ルシン人(ルシン語: Русины;ウクライナ語:Русини;ルシーン人とも)は、ウクライナ語の方言とされるルシン語を話すスラヴ人の民族集団である。ルーマニア、スロヴァキア、セルビア、ウクライナなど東ヨーロッパ各地に広く住む。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とルシン人 · 続きを見る »

ヴェンダ

南部アフリカにおけるヴェンダの位置 ヴェンダ()は、南アフリカ共和国にかつて存在したバントゥースタン。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とヴェンダ · 続きを見る »

トゥワ

トゥワ(Twa、バトゥワ:Batwa)は、中部アフリカ大湖沼地域最古の(主に欧米人から)「ピグミー」と呼ばれる狩猟採集民。ルワンダではフツ、ツチと同じルワンダ語 (Kinyarwanda) を使用。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とトゥワ · 続きを見る »

トゥヴァ共和国

トゥヴァ共和国(トゥヴァきょうわこく、、トゥバ共和国とも)は、アジアの中央部に位置し、ロシア連邦を構成する共和国の1つ。1990年12月12日、トゥヴァ自治ソビエト社会主義共和国はソ連最高会議第7会議で国家主権宣言を採択し、1991年11月に独立を宣言した。 東はブリヤート共和国、南はモンゴル国、西はアルタイ共和国、北西はハカス共和国、北はクラスノヤルスク地方、北東はイルクーツク州と接している。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とトゥヴァ共和国 · 続きを見る »

ブリヤート人

ブリヤート共和国とモンゴル国の位置関係。ブリヤート共和国はバイカル湖の東と南を囲むように位置し、モンゴル国の北部に接するロシア連邦を構成する共和国 ゲルにあたる)。撮影:ウラン・ウデの民族博物館 ブリヤート人(ブリヤート語: Буряад、Буряты)は、ロシア連邦やモンゴル国、中華人民共和国に住むモンゴル系民族。ロシア連邦内の人口は445,175人で、とりわけブリヤート共和国には全人口の約4分の1が居住している。 居住地域は、ロシア連邦内ではブリヤート共和国を中心にウスチオルダ・ブリヤート自治管区、アガ・ブリヤート自治管区など。そのほかモンゴル国の北部、中華人民共和国内モンゴル自治区のハイラル近辺(シネヘン)にも居住している。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とブリヤート人 · 続きを見る »

ブーゲンビル島

ブーゲンビル島(ブーゲンビルとう、Bougainville Island)は、パプアニューギニアの島。島全体がブーゲンビル自治州に属している。島名はフランスの探検家ブーガンヴィルから命名された。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とブーゲンビル島 · 続きを見る »

テロリズム

テロリズム(terrorism)とは、政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。日本語ではテロリズムを「テロ」と略し、テロリズムによる事件を「テロ事件」と呼ぶ場合が多い。またテロリズムの実施者をテロリスト(terrorist)と呼ぶ。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とテロリズム · 続きを見る »

デン・ハーグ

デン・ハーグ( デン・ハーハ/ スフラーフェンハーヘ、日本語では多くハーグ)は、北海沿岸に位置するオランダ南ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、同州の州都。事実上のオランダの首都で、アムステルダムとロッテルダムに次ぐオランダ第3の都市でもある。 スターテン・ヘネラールと称されるオランダ議会の議事堂が所在している。議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれており、ほぼすべての首都機能を担う、国内政治の中心都市である。そのほかにも、国際司法裁判所や旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷、国際刑事裁判所等の重要な国際機関が複数置かれ、「平和と司法の街」とも呼ばれる。一般に首都とされているアムステルダムは、憲法において首都と規定され、かつ王宮も存在する(ただし実質的には離宮)ものの、歴史的に首都機能はハーグが担ってきている。 イングランド王ジェームズ2世が亡命してきたり、逆にオランダ王ウィレム2世をイギリスへ亡命させたりした、緊密な英蘭関係を象徴する都市である。ロイヤル・ダッチ・シェルの本社がある。 北海に面した郊外に、行楽地であるスヘフェニンゲンがある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とデン・ハーグ · 続きを見る »

フランス領ポリネシア

フランス領ポリネシア(Polynésie française)は、南太平洋にあるフランスの海外共同体(Collectivité d'outre-mer、略してCOM:英語:overseas collectivity、海外準県)であり、その中でも海外領邦(仏語:Pays d'outre-mer、略してPOM:英語:Overseas Country)という特別な地位を有している。ポリネシアのいくつかの諸島からなる。 ソシエテ諸島のタヒチ島は、リゾート地として最も有名な島で、フランス領ポリネシアの中心地でもある。タヒチの面積は1,608kmの火山島でオロヘナ山(2,237m)が最も高い山。人口も最大であり、行政所在地パペーテがある。コプラ、ノニ(ヤエヤマアオキ)、真珠母貝、黒蝶貝真珠(黒真珠)、バニラ、果汁、マグロなどを産出する。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とフランス領ポリネシア · 続きを見る »

フーゼスターン州

フーゼスターン州( Ostān-e Khūzestān)はイランの州(オスターン)。イラン南西部にあってイラク国境に接し、ペルシア湾に面する。平地で地続きのため、歴史的にイラク系の住民が多い。州都はアフヴァーズ。面積は63,238km。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とフーゼスターン州 · 続きを見る »

ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世(1935年7月6日(チベット暦5月6日) - 、在位1940年 - )は、第14代のダライ・ラマである。法名はテンジン・ギャツォ()。 1935年、アムド地方(現在の青海省)の農家に生まれ、幼名をラモ・トンドゥプといった。4歳の時にダライ・ラマ14世として認定され、1940年に即位、1951年までチベットの君主の座に就いていたが、1959年にインドへ亡命して政治難民となり、インドのダラムサラに樹立された中央チベット行政府(現「チベット人民機構」、通称「チベット亡命政府」)においてチベットの国家元首を務めている。亡命後は、法的には領する国土をもたない亡命政権の長という地位にありながら、世界中にちらばるチベット民族に対して政教両面において指導的立場にある人物と目されている。また、欧米でもチベット仏教に関心のある人や複数の著名人の支持を得、ノーベル平和賞を受賞したことでその国際的影響力はさらなる広がりを見せており、中国は別として世界的にはチベットの政治と宗教を象徴する人物とみなされるようになった。2011年には、自身の政治的権限を委譲したいという意向を表明し、政府の長から引退することになった。これを承けた亡命チベット人憲章改定案では「チベット国民の守護者にして保護者であり、チベット人のアイデンティティと統合の象徴である」と規定され、ダライ・ラマがチベットの政教両面の権威者の座に即くというダライ・ラマ5世以来の伝統を終わらせることになった。 世界的に著名な仏教指導者の一人であり、チベット仏教のゲルク派において最高位の仏教博士号(ゲシェ・ラランパ)を持つ僧侶である。歴史上のダライ・ラマはゲルク派の正式な長ではなく、ゲルク派の教勢が伸長して他派との摩擦が生じた時代に事実上の最高指導者となった学僧ゲンドゥン・ギャムツォ、そしてその転生者に認定されたスーナム・ギャムツォに始まる、ゲルク派の統合の象徴とされた転生系譜であったが、1642年以降(ダライラマ五世の時代)、モンゴルなどを含むチベット仏教圏に影響力をもつ宗教的権威とチベットを統べる政治的権威とを兼ね備えた地位となった。一方、現在のダライ・ラマである14世は亡命後にチベット人全体の政教両面の指導者とみなされるようになったが、この事態はそれまでのダライ・ラマとは異なり、ある種の政治的事情が背景にあるという意見もある(#チベット仏教内の関係参照)。また、本人は「自分は一介の比丘にすぎない」と語ることが多い。世俗的な称号としては、パリ名誉市民「ダライラマ14世を名誉市民に」『朝日新聞』2008年4月22日夕刊2頁参照。、名誉博士(ニューヨーク州立大学バッファロー校)などがある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とダライ・ラマ14世 · 続きを見る »

アチェ州

アチェ アチェ州()は、インドネシア共和国スマトラ島北端に位置する州である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とアチェ州 · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とアラブ人 · 続きを見る »

アボリジニ

アボリジニのダンサー ディジュリドゥを吹く男性 アーネムランドの芸術家 アボリジニの農民たち(1858年) アボリジニ(Aborigine)は、オーストラリア大陸と周辺島嶼(タスマニア島など。ニューギニアやニュージーランドなどは含まない)の先住民である。イギリスを中心とするヨーロッパ人たちによる植民地化の以前からオーストラリア大陸やその周辺諸島に居住していた先住民の子孫たちである。オーストラリア先住民という場合はトレス海峡諸島民を含む。 「アボリジニ」に差別的な響きが強いうえ、言語集団が分かれていたオーストラリア先住民の多様性への配慮から、近年のオーストラリアでは呼称としてほとんど使われなくなった。代わりに現在ではアボリジナル、アボリジナル・ピープル、アボリジナル・オーストラリアン(Aboriginal Australians)またはオーストラリア先住民(オーストラリアせんじゅうみん、Indigenous Australians)という表現が一般化しつつある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とアボリジニ · 続きを見る »

アッシリア人

アッシリア人(-じん)とは、アラム語の1つ現代アラム語を話しキリスト教を信仰する中東の少数民族。古来からアラブ人、トルコ人、クルド人、トルクメン人などの異民族との競合や迫害を受けながらも、強固な民族意識により伝統的な文化を継承している。 「シリア人」という意味の「スリョイェ」(ܣܘܪܝܝܐ, Sūryāyē, Suryoye)を自称するが、シリア・アラブ共和国の国民との混同を避けるため、以下アッシリア人という表記を用いる。ドイツなどではアラム人(Aramäer)と呼ばれる。なお、古代アッシリア人との遺伝的関係は明らかになっていない。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とアッシリア人 · 続きを見る »

アブハジア

アブハジア(Аҧсны́ 、აფხაზეთი 、Абха́зия 、Abkhazia)は、カフカースの一地域。国際的にはジョージア(グルジア)の一部とされている。 ジョージア(グルジア)はアブハジア自治共和国(、Autonomous Republic of Abkhazia)として自国に属すると主張しているが、事実上、アブハジア共和国(Аҧсны Аҳәынҭқарра、Republic of Abkhazia)として独立状態にある。その独立は国際的には認知されていなかったが、2008年8月26日にロシアが承認を発表した。また、2008年9月にニカラグアが、2009年9月にベネズエラ、12月にはナウルが独立を承認している。首都は共和国/自治共和国ともにスフミ。 ジョージアのアブハジア自治共和国政府は1993年のスフミ陥落以後域外に亡命。アブハジア共和国は旧アブハズ自治ソビエト社会主義共和国の大部分を支配下に置いたが、ジョージアは紛争後もと呼ばれるアブハジアの一地域を実効支配し続け、自治共和国政府も2006年にコドリ渓谷に移った。しかし、2008年の南オセチア紛争時にコドリ渓谷のジョージア勢力は駆逐され、アブハジア共和国が全域を実効支配に置いた。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とアブハジア · 続きを見る »

アステカ

アステカ(Azteca、: Aztēcah)とは1428年頃から1521年までの約95年間北米のメキシコ中央部に栄えたメソアメリカ文明の国家。メシカ(古典ナワトル語: mēxihcah )、アコルワ、の3集団の同盟によって支配され、時とともにメシカがその中心となった。言語は古典ナワトル語(ナワトル語)。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とアステカ · 続きを見る »

イングリア

イングリアの旗 イングリア(Ingria)は、ネヴァ川流域の、フィンランド湾、ナルヴァ川、ペイプシ湖、ラドガ湖に囲まれた地域の歴史的名称。スウェーデン語でインゲルマンランド(Ingermanland)、エスト語でインゲリ(Ingeri)、フィン語でインケリ(Inkeri)、ロシア語でイジョラ(Ижора)またはインゲルマンランディヤ(Ингерманландия)と呼ばれる。現在のサンクトペテルブルクを中心とした地域である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とイングリア · 続きを見る »

イングーシ共和国

イングーシ共和国(イングーシきょうわこく)は、ロシア連邦の北カフカース連邦管区にある共和国。北カフカース(コーカサス)に位置する。東はチェチェン共和国、西は北オセチア共和国(共にロシア連邦内の共和国)、南はジョージアである。 住民の大半が、イスラム教スンナ派のイングーシ人であり、ロシア人は殆どおらず、これはロシアを構成する共和国としては珍しい。 ロシア連邦南部連邦管区地図の7.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とイングーシ共和国 · 続きを見る »

ウドムルト共和国

ウドムルト共和国(ウドムルトきょうわこく、ウドムルト語:、 または )は、ロシア連邦に属する共和国。首都はイジェフスク。沿ヴォルガ連邦管区に含まれる。北にキーロフ州、東にペルミ州、南にバシコルトスタン共和国、タタールスタン共和国と隣り合う。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とウドムルト共和国 · 続きを見る »

エストニア

トニアが外交使節を派遣している諸国の一覧図。 エストニア共和国(エストニアきょうわこく、)、通称エストニア()は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とエストニア · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とオランダ · 続きを見る »

オロモ人

--> |言語.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とオロモ人 · 続きを見る »

オゴニ

ニ (Ogoni) はナイジェリアのニジェール・デルタ先住民の1つで、タイ、ニョ=カナ、ケン=カナ、ゴカナ、バベの5王国からなり、総人口は約50万人。彼らの居住地もオゴニ或はオゴニランドと呼ばれる。別の先住民エレメと隣接し関係が深い。オゴニが世界に広く知られるようになったのはオゴニで操業するシェルに対するオゴニ民族生存運動 (MOSOP) の抗議行動がとられるようになってからである。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とオゴニ · 続きを見る »

カレン族

レン族(Karen、克倫族、ビルマ語ではカイン)は、タイ北部・西部から、ミャンマー東部・南部にかけて居住する、カレン系言語を母語とする山地民の総称である。広義にはカレンニー(赤カレン)などのカレン系諸族すべてを含み、狭義にはスゴー・カレンとポー・カレンを中心とする白カレン・グループが主なカレン族と見なされる。伝統的には半農半狩猟である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とカレン族 · 続きを見る »

カビンダ

ビンダ州(Cabinda)は、アンゴラの飛び地の地方行政区分の一つ。コンゴ共和国とコンゴ民主共和国に囲まれたアフリカの南西海岸にある。面積は7270km2、州都はカビンダ。 沖合は世界的にも重要な石油生産地域であり、アンゴラ内戦時、カビンダは内戦の被害から巻き込まれずに済んだ。カビンダのほかの経済は、熱帯林地帯で年約8万トンの木材を輸出。コーヒー、ココアを産出し、燐鉱石を産出。アブラヤシも栽培されている。 Republic of Cabindaの暫定旗.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とカビンダ · 続きを見る »

ガガウズ自治区

ウズ(Gagauz Yeri ガガウズ・イェリ、Găgăuzia ガガウジア、Гагаýзия, Gagaúziya)は、モルドバの南部にある自治地域である。正教会に属するテュルク系のガガウズ人が住み、ガガウズ語の使用などが認められている。首都は。人口は161,900人(2016年推計)。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とガガウズ自治区 · 続きを見る »

クリミア・タタール人

リミア・タタール人(qırımtatar、кримські татари、крымские татары)は、クリミア半島に起源もつテュルク系民族である。 クリミア・タタール語を母語とし、スンニ派ムスリムが大半を占める。 クリミアの先住民族であることを強調して「クルムル」(qırımlı、крымцы;意訳:「クリミア人」「クリミア出身者」)という名称で言及されることもある。現在のクリミア・タタール人の容貌はほぼコーカソイドで、外見でロシア人やウクライナ人との見分けをつけることは外国人には難しい。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とクリミア・タタール人 · 続きを見る »

クルディスタン

CIAの発表したクルド人居住地域の地図 クルディスタン(クルド語 كوردستان / Kurdistan)は、トルコ東部、イラク北部、イラン西部、シリア北部とアルメニアの一部分にまたがり、ザグロス山脈とタウルス山脈の東部延長部分を包含する、伝統的に主としてクルド人が居住する地理的領域のこと。チグリス・ユーフラテス川の中上流域を中心に広がる山岳地域。面積は約392,000km2。 「クルド人の地/国」を意味する。ペルシア語ではコルデスターンといい、イランには同名の州コルデスターン州が存在する。イラクでは自治区のクルディスタン地域、シリアでは自治区のロジャヴァを構成する。 クルディスタンという名称は、12世紀にセルジューク朝のアフマド・サンジャルがエルデランに相当する地域(今日のイランのコルデスタン州とほぼ一致)に設置した州の名前として、はじめて使われた。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とクルディスタン · 続きを見る »

コミ共和国

ミ共和国(コミきょうわこく、コミ語:Коми Республика; ロシア語:Республика Коми)は、ロシア連邦中北部の共和国。首都はスィクティフカル。北西連邦管区に含まれる。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とコミ共和国 · 続きを見る »

ザンジバル

ンジバル (Zanzibar) は、アフリカ東海岸のインド洋上にあるザンジバル諸島の地域名。現在はタンザニア連合共和国に属する。人口は約107万人(2004年度)。1963年12月のザンジバル王国のイギリスからの独立と、翌1964年1月のザンジバル革命を経て同年4月にタンザニアに合流した後、アフリカ本土のタンガニーカから強い自治権を確保したザンジバル革命政府によって統治されている。 白い珊瑚礁とアラブやスワヒリやヨーロッパの石造建築遺跡が多数残る。かつては奴隷貿易、香辛料貿易、象牙貿易の拠点でもあった。2000年にザンジバル島のストーン・タウンが国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の世界遺産(文化遺産)に登録された。現在は夕陽の名所として有名になっている。面積は日本の沖縄県よりも少し大きい程度である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とザンジバル · 続きを見る »

シャン族

ャン族(シャンぞく、大タイ族)は、インドシナ半島に広がっているタイ系諸族の1つで、タイ国のタイ人を構成する小タイ族(シャム人)などと同系の民族である。シャン (Shan) 、タイ・ヤイ (Thai-yai) 、パイ・イ (Pai-y) ともいわれ、中国人はこれを擺夷・白夷とも呼んでいる。一般にはミャンマーのシャン州の平地に住んでいるシャン人をさしている。人種は南部モンゴロイド(新モンゴロイドの一種)とインドシナ人種(古モンゴロイドの一種)の混血である。 なおシャンとはタイ族を呼ぶために外国が用いていたシャムの語がビルマ語風に訛ったものである。 ちなみにタイ王国内における標準タイ語ではシャン族のことを主にタイ・ヤイ (大タイ族、ไทใหญ่) と呼ぶ。また、ギアオ (เงี้ยว)、タイ・ルワン (ไทยหลวง) などの呼称もある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とシャン族 · 続きを見る »

シンド州

ンド州(Sindh)はパキスタン南部の州。人口4237万8千人(2008年推計)、面積140,914km2。パキスタンのアラビア海沿岸部東側、インダス川下流部にあたり、バローチスターン州、パンジャーブ州、およびインドのラージャスターン州、グジャラート州に接する。研究者などはスィンド州と表記することが多い。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とシンド州 · 続きを見る »

スー族

ー族(スーぞく、Sioux )は、アメリカ合衆国北部中西部に先住するインディアン部族である、ダコタ族、ラコタ族、およびナコタ族の総称。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とスー族 · 続きを見る »

ソマリランド

マリランド共和国(ソマリランドきょうわこく)、通称ソマリランドは、アフリカ大陸東端のソマリア半島(アフリカの角)に位置する共和制国家。旧イギリス領ソマリランドを領土とする。 事実上は独立国家として機能しているが、現在のところ国際的にはソマリアの一部であると見なされており、国家として承認されていない。 ソマリアからの独立宣言の一件目に当たるが他の独立事例とは異なり、ソマリアから完全な独立を目指している。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とソマリランド · 続きを見る »

タルトゥ

220px タルトゥの街並 タルトゥ(エストニア語 Tartu、ドイツ語古称 Dorpat:ドルパット、Dörpt:デルプト、 ロシア語古称 Дерпт:デルプト、Юрьев:ユーリエフ)はエストニアで2番目に人口の多い都市である。首都のタリンが政治・商業の中心であるのに対して、エストニア最古の大学があるタルトゥはエストニアの学問・文化の中心である。 タリンの南180kmにあり、南エストニアの中心都市である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とタルトゥ · 続きを見る »

サンジャク (地名)

ンジャク(セルビア語:Санџак/Sandžak、ボスニア語:Sandžak、アルバニア語:Sanxhak/Sanxhaku、トルコ語:Sancak)、またはラシュカ(セルビア語:Рашка/Raška)はセルビアとモンテネグロの国境にまたがって広がる地域の名称。イスラム教徒、ボシュニャク人が多い地域として知られる。その名称は1912年のバルカン戦争までこの地を支配したオスマン帝国の地域区分であるイェニ・パザル・サンジャク(Yeni Pazar sancağı、イェニ・パザル・サンジャイ、意味はノヴィ・パザル県、en)に由来する。 なお、イスラム教徒の南西スラヴ人を主体とするボシュニャク人という民族自認は主にボスニア・ヘルツェゴビナ成立後に始まったものであるが、本項ではボスニア・ヘルツェゴビナ成立以前の歴史的な記述においては、イスラム教徒の南西スラヴ人を表す「ボシュニャク人」の呼称は断りなく使用する。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構とサンジャク (地名) · 続きを見る »

先住民

ブラジルのインディオ オーストラリアのアボリジニ 先住民(せんじゅうみん、)とは、ある土地に元来住みついている人間集団のことであるブリタニカ国際大百科事典 小項目事典。とくに、外来の侵入者や植民者から区別して呼ぶ場合に用いられる。原住民とも。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と先住民 · 続きを見る »

先住民族の権利に関する国際連合宣言

先住民族の権利に関する国際連合宣言(せんじゅうみんぞくのけんりにかんするこくさいれんごうせんげん)は、2007年9月13日、ニューヨークの国連本部で行われていた第61期の国際連合総会において採択された国際連合総会決議。 国際連合総会決議には国際法上の法的拘束力はないが、国連広報官は「同宣言は国際的な法律基準のダイナミックな発展を意味し、また国際連合の加盟国の関心や関与が一定の方向に動いたことを示した」としている。同宣言は、「世界の先住民族の待遇を整備する重要な基準であり、これはこの惑星の3億7000万人の先住民族に対しての人権侵害を無くし、彼らが差別やマージナライゼーション(周辺化)と戦うのを援助するための疑う余地のない重要なツールである」と評した United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と先住民族の権利に関する国際連合宣言 · 続きを見る »

国家

国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と国家 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と国際連合 · 続きを見る »

国際連合総会オブザーバー

国際連合総会オブザーバー(こくさいれんごうそうかいオブザーバー、United Nations General Assembly observers)は、国際連合の総会において投票権を持たないオブザーバーとして参加している、「オブザーバーとして参加するために招待を受ける実体あるいは国際組織」と扱われる国家・組織のことである。具体的には、関連する議題において活動をしているNGOやパレスチナ解放機構 (PLO) などがある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と国際連合総会オブザーバー · 続きを見る »

国際連合非自治地域リスト

国際連合非自治地域リスト(こくさいれんごうひじちちいきりすと、英語:United Nations list of Non-Self-Governing Territories)は、国際連合が選び出した世界の非自治地域の一覧である。 1946年、このリストは国際連合憲章第11章に従って、脱植民地化の過程を前提として準備された。国連では地域住民の権利の重要性に鑑み、これらの非自治地域を管理する国連加盟国に地域開発に関する年次報告の提出を義務づけている。 その後、(非植民地化特別委員会)の推薦を経て国際連合総会によって更新されている。典型的には地域が独立を果たした際や自治政府が確立された際などにリストから削除されたり、地域情勢の変化により再調査の上リストに追加された地域などがある。なお、このリストには有人地域のみが含まれる。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と国際連合非自治地域リスト · 続きを見る »

国際機関

国際機関(こくさいきかん、英語:international organization)とは、多数の国家が、共通の目的を共同で実現するために合意によって作る国際的な団体のこと大辞泉【国際組織】。国際機関は条約によって設立されている組織であり、常設の事務局を持ち、構成員が国家であることが条件である。国際機構とも訳される。 なお、多数の非政府組織(NGO)が、国境を越えて(あるいは世界的な規模で)、共通の目的を共同で実現するために合意によって作る団体・組織は、設立者・構成員が国家ではなくNGOであるため「国際機関」には分類されない。また、国際機関の補助組織や国際連合大学などの独立した組織は、単体においては「国際機関」とは言わずに、その組織を設立した「国際機関の一部」とみなされる。これらの機関のなかには、国際連合の通常予算から資金を得ずに任意による拠出金によって採算を維持している組織も多い。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と国際機関 · 続きを見る »

社会的少数者

会的少数者(しゃかいてきしょうすうしゃ)または社会的少数集団(しゃかいてきしょうすうしゅうだん)、社会的少数派(しゃかいてきしょうすうは)とは、その社会の権力関係において、その属性が少数派に位置する者の立場やその集団を指す。 欧米の「マイノリティグループ」(minority group)の考え方を輸入したものであるが、日本語では単に「マイノリティ」と呼ばれることもある。 多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的な偏見や差別の対象になったり、少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から損失を被ることを前提とした呼称でもあるが、例外も多い。「社会的弱者」にも近い概念であるといえるが、つねに一致するわけではない。 対義語はマジョリティまたは社会的多数派であり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めて世論を形成しやすい群というふうにも言える。 留意点として、数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「マイノリティ」とする定義もある。たとえば数の面では人口の半数近くを占める女性や、人口では多数派である南アフリカの黒人や20世紀初頭のアメリカ合衆国南部の黒人のように、人口の割に社会における機会が著しく制限された層をマイノリティとする反レイシズム団体も存在する。逆に、数としては少数であってもその集団が強い立場にある場合には「マイノリティ」と呼ばないことがある。これの例としては、「一握りの大富豪」と呼ばれる富裕層や、ラテンアメリカ諸国における白人層、アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国における白人層などを挙げることができる。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と社会的少数者 · 続きを見る »

独立主張のある地域一覧

立主張のある地域一覧(どくりつしゅちょうのあるちいきいちらん)とは、ある地域において公に独立を主張する勢力がある地域の一覧である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と独立主張のある地域一覧 · 続きを見る »

非暴力

非暴力(ひぼうりょく)とは、体制変革における理念のひとつであり、ハト派で、抑圧を受けている民衆が政治体制の変革を求めるにあたって、革命によって暴力的に支配者を倒すことではなく、粘り強く、弾圧されても決して屈せずに、言論を以って変革の必要を主張し続けることである。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と非暴力 · 続きを見る »

西パプア州

西パプア州(インドネシア語:Papua Barat)は、インドネシアの州。州都はマノクワリである。同州はニューギニア島の最西端のバードヘッド半島(オランダ語:Vogelkop インドネシア語:Kepala Burung)に位置する。北には太平洋が南にはセラム海が広がっている。また西では北マルク州、マルク州に、東はチュンデゥラワシ湾 (Cenderawasih) に接している。東南でパプア州と州境を接する。人口は2014年時点で約88万人でインドネシアの中で非常に人口の少ない州である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と西パプア州 · 続きを見る »

自由パプア運動

自由パプア運動('Organisasi Papua Merdeka, (OPM)')は、1965年以来西パプア地域で独立運動を行っている組織である。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と自由パプア運動 · 続きを見る »

自然環境

自然環境(しぜんかんきょう、)とは、人工によらない、自然元来の構成物により形成される環境をいう。動物・植物などの生物界、その生育・生息基盤となる地形・地質、これらが織りなす生態系や景観、人と自然との触れ合いのための活動の場などを範疇として扱うことが多い。 環境影響評価における「自然的環境」としては、大気質、音、匂いなどの大気環境、水質などの水環境、土壌、地形・地質に上記の動物、植物、生態系などを加えた範疇としている。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と自然環境 · 続きを見る »

民主主義

ノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2016年の民主主義指数の世界地図。青色(9-10)が最も指数が高い。 アダム・プシェヴォルスキによる2008年の「民主主義-独裁制」の世界地図。緑色:議院内閣制民主主義、水色:混合民主主義(半大統領制)、青色:大統領制民主主義、黄色:君主独裁制、橙色:文民独裁制、赤色:軍事独裁制。 民主主義(みんしゅしゅぎ、democracy デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい)、制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。対比語は貴族制、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と民主主義 · 続きを見る »

民族

民族(みんぞく)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic group(ジュリアン・ハクスリーが考案)の概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。 .

新しい!!: 代表なき国家民族機構と民族 · 続きを見る »

民族自決

ヨーロッパにおける民族自決 (1920年) 民族自決(みんぞくじけつ、self-determination)とは、各民族集団が自らの意志に基づいて、その帰属や政治組織、政治的運命を決定し、他民族や他国家の干渉を認めないとする集団的権利。民族自決権ともいう。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と民族自決 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と1990年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と1991年 · 続きを見る »

2月11日

2月11日(にがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から42日目にあたり、年末まであと323日(閏年では324日)ある。.

新しい!!: 代表なき国家民族機構と2月11日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

UNPO代表なき国民民族機構非代表国家・民族組織

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »