ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

中山国

索引 中山国

中山国(ちゅうざんこく)は、戦国時代の中国で、現代の河北省中南部を中心とする一帯を領土とした国である。中山と改名する前は春秋時代以来の中原の北部にいた白狄が建国した都市国家で「鮮虞」という名で知られていた。当初は太行山脈の西側、つまり現代の山西省の黄土高原上にあったが、紀元前414年に武公が衆を率いて太行山脈を越えて華北平原上に降り、現代の河北省中部に中山国を建国した(ただし必ずしも旧領のすべてを放棄したわけではない)。武公は周の定王の孫であり、そのため異民族の国でありながら周王朝と同姓の「姫姓」の国であった。 当初は弱小国であり、紀元前407年には魏の楽羊が率いる軍勢に都を落とされた。しかし、大山の中に逃れた桓公が20年にわたって抗戦を続け、国を復興した。これ以後、富国強兵に努めて領土を拡張したが、紀元前296年には同様に山西省の黄土高原から太行山脈の東に版図を広げてきた趙の攻撃によって滅亡した。 後に燕の昭王に仕え、斉を滅亡寸前にまで追い詰めた楽毅は中山国の遺臣である。 紀元前350年頃の中山国と周辺諸国 他の諸侯国のように都市国家を出自とするのではなく、中原においては少々異質な、遊牧民的要素を持つといわれる狄の勢力が起こした国であるため、史料が少なく、「神秘の王国」と呼ばれる。1970年代から1980年代にかけて石家荘付近の平山県で、その都城である霊寿城遺跡や中山王墓が発掘された。金・銀・銅・玉・陶器などの豪華華麗な文物とともに、遊牧民的な文化を髣髴とさせる豪奢な天幕の支柱などが多数出土し、河北省博物館に保管されている。特に、遺物の中から古代の酒がそのまま発見されたことは話題を呼んだ。.

49 関係: 史記太行山脈威烈王 (周)山西省中原中山王墓中山王尚中山王シシ中山王サク中山桓公中山武公中山成公中山文公中国三山時代平山県石家荘市琉球琉球王国紀元前296年紀元前298年紀元前299年紀元前312年紀元前313年紀元前325年紀元前327年紀元前328年紀元前340年紀元前388年紀元前406年紀元前414年紀元前415年田斉燕 (春秋)遊牧民華北平原魏 (戦国)趙 (戦国)黄土高原都市国家楽羊楽毅河北省河光石戦国時代 (中国)昭王 (燕)1970年代1980年代

史記

『史記』(しき)は、中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書である。正史の第一に数えられる。二十四史のひとつ。計52万6千5百字。著者自身が名付けた書名は『太史公書』(たいしこうしょ)であるが、後世に『史記』と呼ばれるようになるとこれが一般的な書名とされるようになった。「本紀」12巻、「表」10巻、「書」8巻、「世家」30巻、「列伝」70巻から成る紀伝体の歴史書で、叙述範囲は伝説上の五帝の一人黄帝から前漢の武帝までである。このような記述の仕方は、中国の歴史書、わけても正史記述の雛形となっている。 二十四史の中でも『漢書』と並んで最高の評価を得ているものであり、単に歴史的価値だけではなく文学的価値も高く評価されている。 日本でも古くから読まれており、元号の出典として12回採用されている。.

新しい!!: 中山国と史記 · 続きを見る »

太行山脈

太行山脈 太行山脈(たいこうさんみゃく、)は中華人民共和国北部にある山地。山西省、河南省、河北省の三つの省の境界部分に位置する。太行山脈は東の華北平野と西の山西高原(黄土高原の最東端)の間に、北東から南西へ400kmにわたり伸びており、平均標高は1,500mから2,000mである。最高峰は河北省張家口市の小五台山で、標高2,882m。山脈の東にある標高1,000mほどの蒼岩山は自然の奇峰や歴史ある楼閣などの多い風景区となっている。また山脈の南端に近い河南省の雲台山は景勝地でもあり、世界ジオパークにも指定されている地球科学的に価値の高い地域でもある。山西省・山東省の地名は、この太行山脈の西・東にあることに由来する。 太行山脈 太行山脈の北端は北京へ流れる拒馬河によって北京市北部を取り囲む軍都山(軍都山脈はさらに東の遼西へ伸びる燕山山脈の一部をなす)と隔てられ、一方南端は河南省の沁河平原で終わっている。山脈の東側は華北平野からそそり立ち落差が激しく、段差1,000m以上の断崖を形成しているところもある。山脈の西側は、山西省の高原地帯へゆるやかにつながっている。山脈から多くの川が発し、西の黄河や東の海河に合流する。 北部と南部は石灰岩、中部は片麻岩からなり、地形は多数の川により激しく侵食され、険しい渓谷や切り立った峰々を形成している。これらの渓谷が、山脈を東西に横断して華北平野と山西省とを繋ぐ孔道の通り道となっており、古来より娘子関や紫荊関などの関所や要塞が設置されてきた。またこれらの川が平野に出る谷口にあたる部分も、戦略上・輸送上の要所となっている。 太行山脈 また山脈は石灰岩のほかにも石炭資源や陶土が豊富であり、炭鉱、陶磁器製造、セメント製造などの工業を支えている。 夏は、山脈の東側に水分を多く含んだ海からの風が直接吹き付けて乗り越えようとするため、激しい雨に見舞われ下流では洪水が起こる。1963年の河北省の大洪水は典型例である。また山脈が華北平野から隆起しているのは断層の働きでもあるため、内陸性地震の震源帯にもなっている。山麓の河北省邢台では、1966年に20世紀の中国の地震史上でも最大級の地震(邢台地震)が起こっている。 Category:中国の山脈 Category:山西省の地形 Category:河南省の地形 Category:河北省の地形.

新しい!!: 中山国と太行山脈 · 続きを見る »

威烈王 (周)

威烈王(いれつおう、生年不詳 - 紀元前402年、在位:紀元前425年 - 紀元前402年)は、周王朝第32代の王。考王の子。弟は姫班(鞏叔、鞏の君主)。姫驕(安王)の父。 紀元前403年、晋大夫の韓虔、趙籍、魏斯をそれぞれ韓侯、趙侯、魏侯に封じ、三家分晋と称される冊封を行った。三家分晋は春秋時代の終息であり、戦国時代へと本格的に突入することとなった。 この年を以って『資治通鑑』の記載が開始されている。 Category:周の王 Category:紀元前402年没.

新しい!!: 中山国と威烈王 (周) · 続きを見る »

山西省

山西省(さんせいしょう、中国語:山西省、拼音:Shānxī Shěng、英語:Shanxi)は、中華人民共和国の行政区分の一つ。省都は太原市。略称は晋。.

新しい!!: 中山国と山西省 · 続きを見る »

中原

中原 冬の華北平原 中原(ちゅうげん)は中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原のこと。狭義では春秋戦国時代に周の王都があった現在の河南省一帯を指していたが、後に漢民族の勢力拡大によって広く黄河中下流域を指すようになり、河南省を中心として山東省の西部から、河北省・山西省の南部、陝西省の東部にわたる華北平原を指すようにもなった。 古代でいわゆる「中国」や「中州」、「中土」と同義で、異民族から隔てられる文明の中心地という意味があった。その後、南方へと発展していった漢民族にとって中原は民族の発祥の地とされてきた。また周王のいたこの地域は権力の象徴とみられることがあり、天下を取るために争うことを「中原に鹿を逐う」という成語が生まれた。 中国の大衆小説である武侠小説の世界においては、武林の覇権を争う場、もしくは世界の中心となる場、という意味で用いられることがある。 Category:中国の地域 Category:中国の歴史的地域 Category:中国の別名.

新しい!!: 中山国と中原 · 続きを見る »

中山王墓

中山王墓(ちゅうざんおうぼ)は、中国の河北省平山県で出土した戦国時代の中山国の陵墓である。.

新しい!!: 中山国と中山王墓 · 続きを見る »

中山王尚

中山王 尚(ちゅうざんおう しょう、生没年不詳、在位:前298年 - 前296年)は、中山国の最後の君主。趙の武霊王により中山国は滅ぼされた。 しよう.

新しい!!: 中山国と中山王尚 · 続きを見る »

中山王シシ

中山王𫲨𧊒は、戦国の中山国の第6代君主。在位はおよそ11年前後。𫲨𧊒壺の銘文によれば、彼は中山王の子ということである。 中山国は趙の内側に位置しており、趙を南北両地に分断しているため、趙の武霊王は、胡服騎射の改革を実行して以後、絶えず中山国を滅ぼす戦争を繰り広げた。 前306年、趙は中山を侵攻、寧葭(今の河北省石家荘市西北)まで数十里北進した。前305年、趙は二手に分かれて中山に進攻、武霊王の軍は鄗・石邑・封龍・東垣を攻め取り、牛翦の軍は丹丘・華陽二邑と鴟の砦を攻め取り、中山の中央部にまで迫った。中山は四邑を割譲して和を求めた。 前303年、趙は再び兵を発して中山に進攻した。前301年、趙軍は中山国の国都霊寿に攻め入り、中山王は斉へ逃れた。前300年、趙は続けて兵を発して中山に進攻、扶柳を攻め取り、中山東部の辺境地帯はほとんど趙の得るところとなった。 中山は五度戦いに敗れ、五度領土を割譲して和を求め、中山の領土は大いに縮小し、実力も大いに弱まった。中山王𫲨𧊒は、ついに斉で死んだ。.

新しい!!: 中山国と中山王シシ · 続きを見る »

中山王サク

中山王(ちゅうざんおうさく、? - 前313年、在位:前327年 - 前313年)は、中山国の王で第5代君主。北の燕及び趙を攻撃して領土を拡大し、中山国の礎石を築いた。 中山王墓1号墓の墓主であり、副葬された銅器の銘文からその存在を知られるようになった。.

新しい!!: 中山国と中山王サク · 続きを見る »

中山桓公

中山 桓公(ちゅうざんかんこう、? - 紀元前340年頃、在位:紀元前406年及び紀元前380年頃 - 紀元前340年頃)は、中山国の第3代君主。 魏の楽羊によりいったん中山国は滅亡したが、紀元前380年頃に再建した。当初は顧に都を置いたが、後に霊寿に遷都し、南部国境に長城を築き趙に対抗した。 かんこう.

新しい!!: 中山国と中山桓公 · 続きを見る »

中山武公

中山武公(ちゅうざんぶこう、? - 前407年、在位:前414年 - 前407年)は、中山国の第2代公。 ふこう Category:紀元前407年没.

新しい!!: 中山国と中山武公 · 続きを見る »

中山成公

中山成公(ちゅうざんせいこう、? - 前328年、在位:前340年頃 - 前328年頃)は、中山国の第4代公。 せいこう.

新しい!!: 中山国と中山成公 · 続きを見る »

中山文公

中山文公(ちゅうざんぶんこう、? - 前415年、在位:?年 - 前415年は、中山国の初代君主。 ふんこう.

新しい!!: 中山国と中山文公 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: 中山国と中国 · 続きを見る »

三山時代

南山(山南) 三山時代(さんざんじだい)は古代琉球の時代区分のひとつ。1322年ごろから1429年まで。.

新しい!!: 中山国と三山時代 · 続きを見る »

平山県

平山県(へいざん-けん)は中華人民共和国河北省石家荘市に位置する県。.

新しい!!: 中山国と平山県 · 続きを見る »

石家荘市

石家荘市(せっかそうし、中国語:石家庄市、英語:Shijiazhuang)は中華人民共和国河北省に位置する地級市。河北省の省都である。.

新しい!!: 中山国と石家荘市 · 続きを見る »

琉球

琉球(りゅうきゅう)、りゅうきゅう、リュウキュウ.

新しい!!: 中山国と琉球 · 続きを見る »

琉球王国

琉球王国(りゅうきゅうおうこく)は、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した王国。当時、正式には琉球國(りゅうきゅうこく、沖縄方言:ルーチュークク)と称した。 最盛期には奄美群島と沖縄諸島及び先島諸島までを統治した。この範囲の島々の総称として、琉球列島(琉球弧)ともいう。王家の紋章は左三巴紋で「左御紋(ひだりごもん、フィジャイグムン)」と呼ばれた。 勢力圏は小さな離島の集合で、総人口17万に満たない小さな王国ではあったが、隣接する大国明・清の海禁や日本の鎖国政策の間にあって、東シナ海の地の利を生かした中継貿易で大きな役割を果たした。その交易範囲は東南アジアまで広がり、特にマラッカ王国との深い結び付きが知られる。 外交的に貿易上の理由から、明及びその領土を継承した清の冊封を受けていたが、1609年に日本の薩摩藩の侵攻を受けて以後は、薩摩藩による実質的な支配下に入った。ただし対外的には独立した王国として存在し、中国大陸、日本の文化の影響を受けつつ、交易で流入する南方文化の影響も受けた独自の文化を築き上げた。.

新しい!!: 中山国と琉球王国 · 続きを見る »

紀元前296年

紀元前296年は、ローマ暦の年である。当時は、「アッピウス・クラウディウス・カエクスとルキウス・ウォルムニウス・フランマ・ウィオレンスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元458年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前296年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前296年 · 続きを見る »

紀元前298年

紀元前298年は、ローマ暦の年である。 中世にヨーロッパで西暦の記年法が普及するまではローマ建国紀元456年と言われていた。.

新しい!!: 中山国と紀元前298年 · 続きを見る »

紀元前299年

紀元前299年は、ローマ暦の年である。当時は、「マルクス・フルウィウス・パエティヌスとティトゥス・マンリウス・トルクァトゥスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元455年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前299年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前299年 · 続きを見る »

紀元前312年

紀元前312年(きげんぜんさんびゃくじゅうねん)は、ローマ暦の年である。当時は、「コルウスとムスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元446年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前312年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前312年 · 続きを見る »

紀元前313年

紀元前313年は、ローマ暦の年である。当時は、「クルソルとブルトゥスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元441年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前313年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前313年 · 続きを見る »

紀元前325年

紀元前325年は、ローマ暦の年である。当時は、「カミッルスとスカエウァが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元429年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前325年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前325年 · 続きを見る »

紀元前327年

紀元前327年は、ローマ暦の年である。当時は、「プロスルスとスカプラが共和政ローマ執政官に就任した年」ないし「レントゥルスとフィロが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元427年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前327年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前327年 · 続きを見る »

紀元前328年

紀元前328年は、ローマ暦の年である。当時は、「プロスルスとスカプラが共和政ローマ執政官に就任した年」ないし「デキアヌスとバルバトゥスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元426年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前328年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前328年 · 続きを見る »

紀元前340年

紀元前340年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 中山国と紀元前340年 · 続きを見る »

紀元前388年

紀元前388年は、ローマ暦の年である。当時は、「カピトリヌス、フィデナス、イウルス、コルウウス、フラウウス、ルフスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元366年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前388年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前388年 · 続きを見る »

紀元前406年

紀元前406年は、ローマ暦の年である。当時は、「コッスス、アムブストゥス、コッスス、ポティトゥスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元348年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前406年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前406年 · 続きを見る »

紀元前414年

紀元前414年は、ローマ暦の年である。当時は、「コッスス、アンブストゥス、ポティトゥス、アルビヌスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元340年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前414年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前414年 · 続きを見る »

紀元前415年

紀元前415年は、ローマ暦の年である。当時は、「コッスス、ウイブラヌス、ウオルスス、キンキナトゥスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元339年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前415年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 中山国と紀元前415年 · 続きを見る »

田斉

斉(でんせい)は、中国の戦国時代、紀元前386年に田氏が姜姓呂氏の斉(姜斉または呂斉)を滅ぼして新たに立てた国。国号は単に斉であるが、西周・春秋時代の呂斉と特に区別する場合に嬀斉または田斉と呼ばれる。戦国時代中期には、湣王の頃に東帝を称するまでになるほど強盛を誇り、戦国七雄の一つにも数えられる。首都は呂斉の時と変わらず臨淄であった。.

新しい!!: 中山国と田斉 · 続きを見る »

燕 (春秋)

燕(えん、紀元前1100年頃 - 紀元前222年)は、中国に周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在した国。春秋十二列国の一つ、また戦国七雄の一つ。河北省北部、現在の北京を中心とする土地を支配した。首都は薊(けい)で、現在の北京にあたる。燕都・薊城の遺蹟は北京市西城区に所在する。.

新しい!!: 中山国と燕 (春秋) · 続きを見る »

四夷の名称 狄(てき)あるいは北狄(ほくてき)は、四夷の一つ。古代中国において北方の中原的都市文化を共有しない遊牧民族を呼んだ呼称である。北方の民族は度々中原を侵略したことから、北方にいた異民族は総じて狄と呼ばれるようになり、北狄は蔑称としての意味合いが強くなった。.

新しい!!: 中山国と狄 · 続きを見る »

遊牧民

遊牧民族のサーミ人 遊牧民(ゆうぼくみん)あるいは遊牧民族(ゆうぼくみんぞく)は、人類の生活類型の二大区分である移動型と定住型のうちの移動型の牧畜(遊牧)を生業とする人々や民族を指す。.

新しい!!: 中山国と遊牧民 · 続きを見る »

華北平原

中原地帯 華北平原(かほくへいげん)は、中国にある平野。現在の華北と呼ばれるエリアとは、多分に重なるが、必ずしも完全に一致しない。伝統的に中原と呼ばれるエリアを中心とする平原だが、文脈によって中原と同義であることもある。地理的に内蒙古と満州と隣接する。.

新しい!!: 中山国と華北平原 · 続きを見る »

魏 (戦国)

魏(ぎ、紀元前453年あるいは紀元前403年 - 紀元前225年)は、中国戦国時代に存在した国。戦国七雄の一つ。紀元前453年に韓、趙と共に晋から独立し、その地を三分した。このため、この三国のことを三晋という。また魏は、東西に領土が広がっていたため東に斉、西に秦、南に韓と楚、北東に趙と国境を接していた。首府は安邑、のちに遷都して大梁。.

新しい!!: 中山国と魏 (戦国) · 続きを見る »

趙 (戦国)

趙(ちょう)は、戦国時代に存在した国(紀元前403年 - 紀元前228年)で、戦国七雄の一つに数えられる。国姓は趙、または嬴(秦の王室と同祖とされる)。首府は邯鄲。もともとは、晋の臣下(卿)であった。紀元前228年に秦に滅ぼされた。.

新しい!!: 中山国と趙 (戦国) · 続きを見る »

黄土高原

土高原の広がり(影の部分) 黄土高原(こうどこうげん、、英語名:Loess Plateau または Huangtu Plateau)は、中華人民共和国を流れる黄河の上流および中流域に広がるおよそ400,000平方kmから640,000平方kmの広さの高原。日本に飛来する黄砂の主要発生地。 この数千年間に起こった戦乱、森林伐採、過剰な開墾・放牧などにより、黄土高原の植生は破壊され、土壌の流失が加速し、一帯の地形は無数の水流が削ったために溝だらけのような状態(「千溝万壑」)になっている。.

新しい!!: 中山国と黄土高原 · 続きを見る »

都市国家

都市国家(としこっか、City-state)は、ひとつの都市とその周辺地域が、独立した政体や文明としてひとつとなり、まとまった形態をなす小国家を表す。明確な要件・定義はないが、現代ではシンガポール・モナコを指す。.

新しい!!: 中山国と都市国家 · 続きを見る »

楽羊

楽 羊(がく よう、生没年不明)は、中国戦国時代の魏の武将。魏の文侯の命令により中山国を攻め、これを滅ぼした。 韓非子によると、楽羊はこのとき中山国に息子を人質に取られており、攻め入ったことによりこの息子を殺された。そしてその息子の肉が羮(あつもの:肉や野菜を入れたスープ)に料理されて送られてきたが、平然と飲み干したという。これにより自分の決意のほどを敵味方にみせつけたのである。ほどなく中山国は滅んだ。 魏の文侯は息子の肉を食べてまで忠誠を見せた楽羊に感動したが、側近である堵師賛は「自分の息子すらも食べるのですから、誰の肉を食べても不思議はありません」と中傷した。 楽羊は、中山国のなかでももっとも大きな霊寿のまちを褒美として授けられ戦功は報われたが、しかし息子の肉を食べてまで挙げたその戦功により、主君から疑われることになってしまった。 その後、楽羊とその子孫は霊寿に住み着いたようである。 楽羊は戦国時代の名将楽毅の祖先としても有名。.

新しい!!: 中山国と楽羊 · 続きを見る »

楽毅

楽 毅(がく き、、生没年不明)は、中国戦国時代の燕国の武将。燕の昭王を助けて、斉を滅亡寸前まで追い込んだ。昌国君、または望諸君とも呼ばれる。子に楽間。.

新しい!!: 中山国と楽毅 · 続きを見る »

河北省

河北省(かほくしょう、中国語:河北省、拼音:Héběi Shěng、英語:Hebei)は、中華人民共和国の行政区画の一つ。省都は、石家荘市。河北の省名は、黄河の北にあることに由来する。河北省の旧称冀州から、略称は冀。.

新しい!!: 中山国と河北省 · 続きを見る »

河光石

河光石(かこうせき)は、中国で1930年代中期に河北省平山県で発見された19字の文字が刻された丸い石である。現存する中国の石刻文字資料としては最古級のものである。高さ90cm、幅50cm、厚さ40cmの自然石。 1974年から1978年の間に、河光石が発見された同じ地より、戦国時代の30基の墓群が発見された。河光石の19字の刻文を解読したところ、この墓群が中山王の陵墓であることが判明した。 河光石の刻文の内容は、中山国王の命により、陵墓の管理者と看守との2名の名を記したものであった。.

新しい!!: 中山国と河光石 · 続きを見る »

戦国時代 (中国)

中国の戦国時代(せんごくじだい)は、春秋時代に続く時代で、紀元前403年に晋が韓・魏・趙の3つの国に分かれてから、紀元前221年に秦による中国統一がなされるまでをいう。この名前は『戦国策』から取られている。 どの時点をもって春秋と戦国の境目とするかは、歴史家の間でも意見が分かれている。詳しくは春秋戦国時代の項目を参照。.

新しい!!: 中山国と戦国時代 (中国) · 続きを見る »

昭王 (燕)

昭王(しょうおう、? - 紀元前279年、在位紀元前312年 - 紀元前279年)は、中国の戦国時代の燕の王。諱は職。楽毅や郭隗ら有能な人材を用い、斉に攻められて没落していた燕を再興させて全盛期を築き上げた。.

新しい!!: 中山国と昭王 (燕) · 続きを見る »

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。.

新しい!!: 中山国と1970年代 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: 中山国と1980年代 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

鮮虞

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »