ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

長野県上水内郡の範囲(1.信濃町 2.小川村 3.飯綱町 水色:後に他郡から編入した区域) 上水内郡(かみみのちぐん)は、長野県の郡。 以下の2町1村を含む。.

157 関係: 埴科郡南小川村古牧古間村古里 (長野市)吉田 (長野市)大豆島大正天領安茂里寺社領富士里村小川村小田切尾張藩川中島町上高井郡中島精一中郷村 (長野県)中条村 (長野県)七二会三輪 (長野市)三水村下水内郡平成年貢廃藩置県伊那県信州新町信級村信濃尻村信濃川信濃国信濃町信濃村信更北安曇郡北小川村善光寺八坂村 (長野県)犀川 (長野県)知行神郷村 (長野県)篠ノ井市町村制牟礼村 (長野県)牧郷村芹田 (長野市)芋井預地...飯山藩飯綱町角川日本地名大辞典高岡村 (長野県)鬼無里村豊野町 (長野県)鳥居村郡区町村編制法郡制長野市長野地域長野県長沼 (長野市)若穂若槻柏原村 (長野県)柳原 (長野市)柵村枝郷松代町 (長野県)松代藩栄村 (長野県上水内郡)椎谷藩水内郡水内村 (長野県上水内郡)津和村朝陽戸隠神社戸隠村明治昭和浅川 (長野市)新町 (長野県)日原村 (長野県)日里村 (長野県)旧高旧領取調帳慶応更北更級郡10月11日10月16日10月1日10月20日11月10日11月15日11月20日 (旧暦)12月14日12月31日1868年1869年1870年1871年1872年1873年1874年1875年1876年1879年1881年1882年1883年1885年1886年1889年1890年1891年1897年1914年1923年1926年1954年1955年1956年1957年1959年1966年1月1日1月4日2005年2010年2月17日 (旧暦)2月19日2月1日2月24日2月30日 (旧暦)3月10日3月15日3月25日3月31日4月11日4月1日5月12日5月17日5月30日6月20日6月22日 (旧暦)6月24日7月14日 (旧暦)7月1日8月1日8月29日8月8日9月17日9月17日 (旧暦)9月30日 インデックスを展開 (107 もっと) »

埴科郡

*.

新しい!!: 上水内郡と埴科郡 · 続きを見る »

南小川村

南小川村(みなみおがわむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の小川村高府・小根山にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と南小川村 · 続きを見る »

古牧

古牧(こまき)は長野市中東部の地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡古牧村(こまきむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と古牧 · 続きを見る »

古間村

古間村(ふるまむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の信濃町大字古間・荒瀬原・富濃にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と古間村 · 続きを見る »

古里 (長野市)

古里(ふるさと)は長野市北東部の地区。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡古里村(ふるさとむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と古里 (長野市) · 続きを見る »

吉田 (長野市)

吉田(よしだ)は、長野県長野市の市街地北東部の地域名・町名。.

新しい!!: 上水内郡と吉田 (長野市) · 続きを見る »

大豆島

大豆島(まめじま)は、長野県長野市東部郊外に広がる地域。.

新しい!!: 上水内郡と大豆島 · 続きを見る »

大正

大正(たいしょう)は日本の元号の一つ。明治の後、昭和の前。大正天皇の在位期間である1912年(明治45年/大正元年)7月30日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの期間。.

新しい!!: 上水内郡と大正 · 続きを見る »

天領

天領(てんりょう)は、江戸時代における江戸幕府の直轄地の俗称で、このほか幕府直轄領、徳川幕府領、徳川支配地、幕府領、幕領など様々な呼称があり、必ずしも絶対的な単一の歴史用語ではない村上直, 「天領の成立と代官の位置について」, 法政史学48号, 1996年。幕府直轄領は元禄以降、全国で約400万石あった。その領地は日本全国に散らばっており、江戸時代を通じて何らかの形で幕府直轄地が存在した国は51ヶ国と1地域(蝦夷地)に及び、年貢収取の対象となる田畑以外に交通・商業の要衝と港湾、主要な鉱山、城郭や御殿の建築用材の産出地としての山林地帯が編入され江戸幕府の主要な財源であった村上直, 「天領の成立と代官の位置について」, 法政史学48号, 1996年。 幕府直轄地が「天領」と呼ばれるようになったのは明治時代である。大政奉還後に幕府直轄地が明治政府に返還された際に、「天朝の御料(御領)」などの略語として「天領」と呼ばれたのがはじまり。その後、この呼称が江戸時代にもさかのぼって使われるようになった。よって、江戸時代に使われていた呼称ではない。江戸幕府での正式名は御料・御領(ごりょう)であり、その他、江戸時代の幕府法令には御料所(ごりょうしょ、ごりょうじょ)、代官所、支配所(しはいしょ、しはいじょ)とある。江戸時代の地方書では大名領や旗本領を私領としたのに対して公領・公料、また公儀御料所(こうぎごりょうしょ)とある。 大政奉還後の慶応4年(1868年、同年明治元年)には徳川支配地を天領と呼んだ布告があるが、同時期の別の布告では「これまで徳川支配地を天領と称し居候は言語道断の儀に候、総て天朝の御料に復し、真の天領に相成候間」とある。 幕府の直轄地についての呼称については、従来は「天領」と表記していたが、この「天領」という呼称が明治以降の俗称であるという点から、近年では「幕領」と呼ぶ傾向になっており、全国の歴史教科書なども「幕領」への表記の変更が進められている。.

新しい!!: 上水内郡と天領 · 続きを見る »

安茂里

安茂里(あもり)は、長野県長野市の市街地西郊外に広がる地域。.

新しい!!: 上水内郡と安茂里 · 続きを見る »

寺社領

寺社領(じしゃりょう)とは、かつて日本にあった領地区分のひとつ。.

新しい!!: 上水内郡と寺社領 · 続きを見る »

富士里村

富士里村(ふじさとむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の信濃町大字大井・穂波・平岡にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と富士里村 · 続きを見る »

小川村

小川村(おがわむら)は、長野県にある村である。長野市と北安曇郡白馬村のほぼ中間に位置し、その景観は「信州の自然百選(景観選)」・「信州サンセットポイント百選」に選ばれている。 「日本で最も美しい村連合」の一つ。.

新しい!!: 上水内郡と小川村 · 続きを見る »

小田切

小田切(おたぎり)は長野市中西部の地区。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡小田切村(おたぎりむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と小田切 · 続きを見る »

尾張藩

尾張名古屋藩屋敷跡(東京都千代田区)の石碑 名古屋城(1979年) 尾張藩(おわりはん)は、愛知県西部にあって尾張一国と美濃、三河及び信濃(木曽の山林)の各一部を治めた親藩。徳川御三家中の筆頭格であり、諸大名の中で最高の格式(家格)を有した。尾張国名古屋城(愛知県名古屋市)に居城したので、明治の初めには「名古屋藩」とも呼ばれた。藩主は尾張徳川家。表石高は61万9500石。.

新しい!!: 上水内郡と尾張藩 · 続きを見る »

川中島町

川中島町(かわなかじままち)は、かつて長野県更級郡に存在した町。.

新しい!!: 上水内郡と川中島町 · 続きを見る »

上高井郡

長野県上高井郡の範囲(1.小布施町 2.高山村) 上高井郡(かみたかいぐん)は、長野県の郡。 以下の1町1村を含む。.

新しい!!: 上水内郡と上高井郡 · 続きを見る »

中島精一

中島 精一(なかじま せいいち、嘉永元年(1848年)10月 – 1941年(昭和16年)3月9日)は明治時代の長野県の政治家、蚕種製造業者。名は直寿、号は菊堂。小県郡秋和村庄屋、長野県会議員、更級郡長兼埴科郡長、上水内郡長、小県郡長、東筑摩郡長、茨城県警部長。.

新しい!!: 上水内郡と中島精一 · 続きを見る »

中郷村 (長野県)

中郷村(なかさとむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の飯綱町中部にあたる。本項では発足時の名称である牟礼村(第1次。2005年まで存在した第2次牟礼村とは別の自治体)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と中郷村 (長野県) · 続きを見る »

中条村 (長野県)

中条村(なかじょうむら)は、長野県にあった村である。 2010年1月1日に長野市に編入し廃止された。.

新しい!!: 上水内郡と中条村 (長野県) · 続きを見る »

七二会

七二会(なにあい)は長野市の大字かつ地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡七二会村(なにあいむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と七二会 · 続きを見る »

三輪 (長野市)

三輪(みわ)は、長野県長野市の市街地北東部にある地域。.

新しい!!: 上水内郡と三輪 (長野市) · 続きを見る »

三水村

三水村(さみずむら)は、長野県上水内郡にあった村。 リンゴの生産が盛んである。 2004年8月11日に、上水内郡牟礼村と合併協議会を設立し、2005年10月1日に飯綱町となった。.

新しい!!: 上水内郡と三水村 · 続きを見る »

下水内郡

長野県下水内郡の範囲(緑:栄村 薄緑:後に他郡から編入した区域) 下水内郡(しもみのちぐん)は、長野県の郡。 以下の1村を含む。.

新しい!!: 上水内郡と下水内郡 · 続きを見る »

平成

平成(へいせい)は日本の元号の一つ。昭和の後。今上天皇在位中の1989年(平成元年)1月8日から現在に至る。2001年(平成13年)の始まりには西暦における20世紀から21世紀への世紀の転換もあった。2019年(平成31年)4月30日に今上天皇退位により終了する予定であり、予定通り終了した場合、30年113日間(=11,070日間)にわたることとなる。なお、日本の元号では昭和(64年)、明治(45年)、応永(35年)に次いで4番目の長さである(5番目は延暦の25年)。 西暦2018年(本年)は平成30年に当たる。本項では平成が使われた時代(平成時代)についても記述する。.

新しい!!: 上水内郡と平成 · 続きを見る »

年貢

年貢(ねんぐ)は、日本史上の租税の一形態。律令制における田租が、平安時代初期-中期に律令制が崩壊・形骸化したことにともなって、年貢へと変質したが、貢租(こうそ)という別称に名残が見られる。その後、中世・近世を通じて、領主が百姓(農民でなく普通の民をいう。)を始めとする民衆に課する租税として存続した。主に、米で納めるため、その米を年貢米(ねんぐまい)と呼ばれた。.

新しい!!: 上水内郡と年貢 · 続きを見る »

廃藩置県

廃藩置県(はいはんちけん)とは、明治維新期の明治4年7月14日(1871年8月29日)に、明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革である。 各藩の武装解除の過程については「鎮台」を参照。.

新しい!!: 上水内郡と廃藩置県 · 続きを見る »

伊那県

伊那県(いなけん)は、慶応4年(1868年)に信濃国内の幕府領・旗本領を管轄するために明治政府によって設置された府藩県三治制の県。管轄地域は現在の長野県全域に広く分布している。のちに管轄区域を変更し、現在の長野県南部、愛知県東部を管轄した。.

新しい!!: 上水内郡と伊那県 · 続きを見る »

信州新町

信州新町(しんしゅうしんまち)は、長野県長野市にある地区である。 元は上水内郡の地方自治体の町であり、2010年1月1日に長野市に編入した後も、「町」を冠したまま、同市の地区名として残っている。単に新町(しんまち)と呼ばれることもあるが、善光寺門前の同市大字長野にも同名の「新町」が存在する。.

新しい!!: 上水内郡と信州新町 · 続きを見る »

信級村

信級村(のぶしなむら)は長野県更級郡にあった村。現在の長野市信州新町信級(発足当時は信州新町日原西・信州新町日原東も含む)にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と信級村 · 続きを見る »

信濃尻村

信濃尻村(しなのじりむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の信濃町大字野尻・古海・熊坂にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と信濃尻村 · 続きを見る »

信濃川

新潟市の河口部(写真左(西)は日本海)写真上(北)から、阿賀野川、信濃川、関屋分水。 信濃川(新潟県十日町市) 信濃川(しなのがわ)は、新潟県および長野県を流れる一級河川。信濃川水系の本流である。新潟市で日本海に注ぐ。このうち信濃川と呼ばれているのは新潟県域のみで、長野県にさかのぼるとと呼称が変わる。この項目では千曲川と呼称される上流部を合わせ記述する。全長367キロメートルのうち、信濃川と呼ばれている部分が153キロメートルなのに対し、千曲川と呼ばれている部分は214キロメートルと千曲川の方が長い。ただし、河川法上では千曲川を含めた信濃川水系の本流を信濃川と規定しているため、信濃川は日本で一番長い川となっている。 流域面積11,900km2は日本第3位。新潟、長野両県内でほとんどを占めるが、一次支川中津川の源流部が群馬県の野反湖付近にあり、水系流域としては群馬を含む3県に及ぶ。 千曲川(信濃川)は古くは万葉の頃から多くの詩歌に歌われ、近代になっても流域の佐久市・小諸市周辺を島崎藤村(千曲川旅情のうた、小諸なる古城のほとり)が、長野市周辺から新潟県境付近の豊田村(現:中野市)周辺を高野辰之(朧月夜、故郷)が歌にしている。.

新しい!!: 上水内郡と信濃川 · 続きを見る »

信濃国

信濃国(しなののくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東山道に属する。 『万葉集』での枕詞は「水薦苅(みこもかる )」。.

新しい!!: 上水内郡と信濃国 · 続きを見る »

信濃町

信濃町(しなのまち)は、長野県上水内郡の町。新潟県に接する。野尻湖や黒姫高原、小林一茶生誕地として知られる。.

新しい!!: 上水内郡と信濃町 · 続きを見る »

信濃村

信濃村(しなのむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の信濃町南西部にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と信濃村 · 続きを見る »

信更

信更(しんこう)は長野市南西部の地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した更級郡信更村(しんこうむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と信更 · 続きを見る »

北安曇郡

長野県北安曇郡の範囲(1.池田町 2.松川村 3.白馬村 4.小谷村 薄緑:後に他郡から編入した区域池田町と東筑摩郡明科町の間の細かい境界変更は反映していない。) 北安曇郡(きたあづみぐん)は、長野県の郡。略称は北安(ほくあん)。 以下の1町3村を含む。.

新しい!!: 上水内郡と北安曇郡 · 続きを見る »

北小川村

北小川村(きたおがわむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の小川村瀬戸川・稲丘にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と北小川村 · 続きを見る »

善光寺

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった。今日では御開帳が行われる丑年と未年に、より多くの参拝者が訪れる。.

新しい!!: 上水内郡と善光寺 · 続きを見る »

八坂村 (長野県)

八坂村(やさかむら)は、長野県北安曇郡に存在した村。2006年1月1日、隣接する美麻村とともに大町市へ編入された。.

新しい!!: 上水内郡と八坂村 (長野県) · 続きを見る »

犀川 (長野県)

川(さいがわ)は、長野県内を流れる信濃川水系の一級河川。一般に、松本市島内で奈良井川を合流させて以降の下流部から長野市での千曲川との合流部までを指し、上流部は梓川(あずさがわ)と呼ばれる。.

新しい!!: 上水内郡と犀川 (長野県) · 続きを見る »

知行

知行(ちぎょう)とは、日本の中世・近世において、領主が行使した所領支配権を意味する歴史概念。平安時代から「知行」の語が使用され始め、以降、各時代ごとに「知行」の意味する範囲は微妙に変化していった。日本の歴史上の領主はヨーロッパの農奴制における領主のように無制限に所領の土地と人民を私有財産として所有したのではなく、徴税権・支配権にかかわる一定の権利義務の体系を所持した存在であった。この体系が知行であり、日本史における領主階層のあり方を理解する上で、知行の概念の理解は欠かせない。.

新しい!!: 上水内郡と知行 · 続きを見る »

神郷村 (長野県)

郷村(かみさとむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市豊野地区の西半にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と神郷村 (長野県) · 続きを見る »

篠ノ井市

ノ井市(しののいし)は長野県の旧更級郡域北東部地区にあった市である。 更級郡布施村→篠ノ井町時代から県北部の交通の要衝であり、国鉄(→JR東日本)の篠ノ井線と信越本線(→篠ノ井以南はしなの鉄道に転換)が分岐し東京方面と名古屋・大阪方面に向う上で重要な地点であったが、1997年の北陸新幹線先行開業において、篠ノ井駅至近を通過するものの駅は設置されなかった。 1959年に誕生したが、1966年(昭和41年)10月16日に長野市・更級郡川中島町、更北村、信更村・上水内郡七二会村・埴科郡松代町・上高井郡若穂町と合併(新設合併)し長野市となったためわずか7年で消滅した。 現在は長野市篠ノ井地区となっている。.

新しい!!: 上水内郡と篠ノ井市 · 続きを見る »

町村制

村制(ちょうそんせい、明治44年4月7日法律第69号)とは市制とともに大日本帝国憲法下における地方自治に関する基本法である。.

新しい!!: 上水内郡と町村制 · 続きを見る »

牟礼村 (長野県)

牟礼村(むれむら)は、長野県上水内郡にあった村。 2004年8月11日に、上水内郡三水村と合併協議会を設立し、協議を進め、2005年10月1日に飯綱町となった。.

新しい!!: 上水内郡と牟礼村 (長野県) · 続きを見る »

牧郷村

牧郷村(まきさとむら)は長野県更級郡にあった村。現在の長野市南西部、大岡中牧・大岡弘崎および信州新町地区のうち犀川以南にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と牧郷村 · 続きを見る »

芹田 (長野市)

芹田(せりた)は長野市中南部の地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡芹田村(せりたむら)についても述べる。ただし、旧・芹田村のうち中御所は第五地区、鶴賀居町は第三地区が管轄するため、両者の区域は若干異なる。.

新しい!!: 上水内郡と芹田 (長野市) · 続きを見る »

芋井

芋井(いもい)は長野市中北部の地区。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡芋井村(いもいむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と芋井 · 続きを見る »

預地

地(あずかりち / あずけち)とは、他者から預かって管理を委託された土地のこと。.

新しい!!: 上水内郡と預地 · 続きを見る »

飯山藩

飯山藩(いいやまはん)は、信濃国(現在の長野県飯山市飯山)を支配した藩。藩庁は飯山城。.

新しい!!: 上水内郡と飯山藩 · 続きを見る »

飯綱町

飯綱町(いいづなまち)は、長野県北部に位置する上水内郡の町。.

新しい!!: 上水内郡と飯綱町 · 続きを見る »

角川日本地名大辞典

『角川日本地名大辞典』(かどかわにほんちめいだいじてん)は、角川書店の出版による日本の地名辞典である。 著者は「角川日本地名大辞典」編纂委員会で、委員長を務めた竹内理三は本書を制作する目的として「民族遺産としての地名を将来に伝えること」、現代の地名を収録したことについては「現代の社会生活上の必要を満たし、地域の現状を歴史として後世に伝えること」としている(それぞれ本書冒頭の「編纂のことば」より引用)。.

新しい!!: 上水内郡と角川日本地名大辞典 · 続きを見る »

高岡村 (長野県)

岡村(たかおかむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の飯綱町南西部にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と高岡村 (長野県) · 続きを見る »

鬼無里村

無里村(きなさむら)は、長野県上水内郡にあった村。 合併により、現在は長野市鬼無里地区になっている。 紅葉伝説や木曾義仲に因む伝承を残し、伝説にちなむ「東京(ひがしきょう)」「西京(にしきょう)」などの集落がある。奥裾花渓谷(日本百景)やミズバショウ大群落の奥裾花自然園(日本の秘境100選)も著名。最盛期には、人口が6000人ほどあったが、廃止当時は、2000人ほどまでに落ち込み、過疎地域に指定されていた。.

新しい!!: 上水内郡と鬼無里村 · 続きを見る »

豊野町 (長野県)

豊野町(とよのまち)は、かつて長野県上水内郡にあった町。合併により、現在は長野市豊野地区になっている。本項では町制前の名称である豊野村(とよのむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と豊野町 (長野県) · 続きを見る »

鳥居村

鳥居村(とりいむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市豊野地区の東半にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と鳥居村 · 続きを見る »

郡(ぐん)は、行政区画の一種。中国・日本・朝鮮などの漢字文化圏に導入されたものである。 なお、欧米などの行政区画の一部を日本語に翻訳するときに、訳語としてこの語を当てることがある(カウンティも参照)。.

新しい!!: 上水内郡と郡 · 続きを見る »

郡区町村編制法

郡区町村編制法(ぐんくちょうそんへんせいほう、明治11年7月22日太政官布告第17号)は、1878年(明治11年)7月22日に制定された、日本の地方制度に関する太政官布告である。.

新しい!!: 上水内郡と郡区町村編制法 · 続きを見る »

郡制

郡制(ぐんせい、明治32年3月16日法律第65号)は、日本における府県と町村との間に位置する郡を地方自治体として定めた制度であり、また、その制度を規定した法律である。明治期から大正期にかけて実施された。最初の法律は、1890年(明治23年)5月17日に公布され(明治23年5月17日法律第36号)、後に全部改正された。.

新しい!!: 上水内郡と郡制 · 続きを見る »

藩(はん)は、諸侯が治める領地、およびその統治組織のことである。.

新しい!!: 上水内郡と藩 · 続きを見る »

長野市

長野市(ながのし)は、長野県北信地方に位置する都市。長野県の県庁所在地であり、中核市である。.

新しい!!: 上水内郡と長野市 · 続きを見る »

長野地域

長野地域(ながのちいき)は、長野県北信地方の長野市を中心とした地域のことを指す名称で、県を10地域に分けるときに用いられる。長野地方とも呼ばれる。発足当時の埴科郡、更級郡、上高井郡、上水内郡の範囲と一致。 県の定義(狭義)では中野市、山ノ内町は長野地域に入らないが、長野地域という言葉が俗に使われる場合(広義)では中野市、山ノ内町も該当する。両市町が入らない場合は長野広域連合の範囲に一致する場合がある。人口は県の定義(狭義)の場合は570,384人(2005年8月1日現在)、俗に言う長野地域(広義)の場合は632,669人(同)。.

新しい!!: 上水内郡と長野地域 · 続きを見る »

長野県

長野県空撮画像。長野盆地、富士山、浅間山、日本アルプスなどを望む。 長野県の地形図 長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県の一つ。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれている。海に面していないいわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。県庁所在地は長野市。善光寺の門前町として発展し第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体でもある。.

新しい!!: 上水内郡と長野県 · 続きを見る »

長沼 (長野市)

長沼(ながぬま)は、長野県長野市北東部の地区。本項では、かつて概ね同地域に所在した上水内郡長沼村(ながぬまむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と長沼 (長野市) · 続きを見る »

若穂

若穂(わかほ)は長野県長野市の最東端に位置する地域。 若穂綿内・若穂川田・若穂保科・若穂牛島の4地区から成る。地域内(長野市役所若穂支所管内)の人口は4,416世帯 12,739人(平成26年4月1日現在) - 長野市企画政策部企画課。 本項では、かつて概ね同区域に所在した上高井郡若穂町(わかほまち)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と若穂 · 続きを見る »

若槻

若槻(わかつき)は長野市北東部の地区。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡若槻村(わかつきむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と若槻 · 続きを見る »

柏原村 (長野県)

柏原村(かしわばらむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の信濃町大字柏原にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と柏原村 (長野県) · 続きを見る »

柳原 (長野市)

柳原(やなぎはら)は、長野県長野市北東部にある地域。.

新しい!!: 上水内郡と柳原 (長野市) · 続きを見る »

柵村

柵村(しがらみむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市戸隠栃原・戸隠祖山にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と柵村 · 続きを見る »

枝郷

枝郷(えだごう)は、日本各地に所在する地名。または中世、近世の日本における新田開発により、元の村(本郷、元郷)から分出した集落を指す。.

新しい!!: 上水内郡と枝郷 · 続きを見る »

松代町 (長野県)

松代の町並み 松代町(まつしろまち)は、かつて長野県埴科郡に存在した町。江戸時代には松代藩の城下町であり、恩田木工や佐久間象山を輩出した。明治期には製糸業が盛んだった。さらに、昭和期の太平洋戦争末期には国家中枢機能の移転を目的として松代大本営の地下坑道が造られた。 1966年(昭和41年)10月16日 に長野市と合併してその一地区となったが、住所は依然として「長野市松代町」と「町」を含め表記する。本項では現在の松代地区についても記述する。.

新しい!!: 上水内郡と松代町 (長野県) · 続きを見る »

松代藩

松代城 旧松代藩藩邸。昭和初期に神奈川県藤沢市の竜口寺へ移築された(現在の竜口寺大書院) 松代藩(まつしろはん)は、江戸時代、信濃国埴科郡松代町(現在の長野県長野市松代町松代)にあった藩。信濃国内の藩では最高の石高を有した。長野県長野市の松代城を居城とし川中島四郡を領した。藩主は、酒井家(左衛門尉)、越前松平家、真田家が就封した。なお本項では、城地は異なるが同じ領地を支配した川中島藩についても記載する。.

新しい!!: 上水内郡と松代藩 · 続きを見る »

栄村 (長野県上水内郡)

栄村(さかえむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市中条・中条日高・中条住良木にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と栄村 (長野県上水内郡) · 続きを見る »

椎谷藩

椎谷藩(しいやはん)は、越後国刈羽郡椎谷(現在の新潟県柏崎市椎谷)に陣屋を構え、周辺を領有した藩。藩庁は椎谷陣屋に置かれた。.

新しい!!: 上水内郡と椎谷藩 · 続きを見る »

水内郡

*.

新しい!!: 上水内郡と水内郡 · 続きを見る »

水内村 (長野県上水内郡)

水内村(みのちむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市信州新町新町・信州新町里穂刈・信州新町水内・信州新町上条にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と水内村 (長野県上水内郡) · 続きを見る »

津和村

津和村(つわむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市信州新町山上条・信州新町越道・信州新町山穂刈にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と津和村 · 続きを見る »

朝陽

朝陽(あさひ)は長野市北東部の地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡朝陽村(あさひむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と朝陽 · 続きを見る »

戸隠神社

戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部の戸隠山周辺に、以下に記す五社を配する神社である。.

新しい!!: 上水内郡と戸隠神社 · 続きを見る »

戸隠村

戸隠村(とがくしむら)は、かつて長野県上水内郡に存在した村。長野県の北部、戸隠山の麓に位置していた。2005年(平成17年)1月1日に長野市へ編入され消滅した。現在、長野市のうち町・字名に戸隠を冠している区域が旧戸隠村の区域である。最盛期には、人口が、10000人ほどあったが、現在は、4000人ほどに落ち込んでおり、過疎地域に指定されていた。.

新しい!!: 上水内郡と戸隠村 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 上水内郡と明治 · 続きを見る »

昭和

昭和(しょうわ)は日本の元号の一つ。大正の後、平成の前。昭和天皇の在位期間である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。20世紀の大半を占める。 昭和は、日本の歴代元号の中で最も長く続いた元号であり、元年と64年は使用期間が共に7日間であるため実際の時間としては62年と14日となる。なお、外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、清の康熙(61年)および乾隆(60年)しかない。 第二次世界大戦が終結した1945年(昭和20年)を境にして近代と現代に区切ることがある。.

新しい!!: 上水内郡と昭和 · 続きを見る »

浅川 (長野市)

浅川(あさかわ)は、長野県長野市北部の地域。.

新しい!!: 上水内郡と浅川 (長野市) · 続きを見る »

新町 (長野県)

新町(しんまち)は長野県上水内郡にあった町。現在の長野市信州新町地区の中心部にあたる。本項では町制前の名称である久米路村(くめじむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と新町 (長野県) · 続きを見る »

日原村 (長野県)

日原村(ひはらむら)は長野県更級郡にあった村。現在の長野市信州新町日原西・信州新町日原東にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と日原村 (長野県) · 続きを見る »

日里村 (長野県)

日里村(ひさとむら)は長野県上水内郡にあった村。現在の長野市中条御山里・中条日下野・鬼無里日下野にあたる。.

新しい!!: 上水内郡と日里村 (長野県) · 続きを見る »

旧高旧領取調帳

旧高旧領取調帳(きゅうだかきゅうりょうとりしらべちょう)とは、明治時代初期に政府が各府県に作成させた、江戸時代における日本全国の村落の実情を把握するための台帳である。.

新しい!!: 上水内郡と旧高旧領取調帳 · 続きを見る »

慶応

慶応(けいおう、旧字体: 慶應)は日本の元号の一つ。元治の後、明治の前。1865年から1868年までの期間。この時代の天皇は孝明天皇、明治天皇。江戸幕府将軍は徳川家茂、徳川慶喜。日本での「一世一元の詔」発布以前では最後の元号。.

新しい!!: 上水内郡と慶応 · 続きを見る »

更北

更北(こうほく)は長野市中南部の地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した更級郡更北村(こうほくむら)についても述べる。.

新しい!!: 上水内郡と更北 · 続きを見る »

更級郡

*.

新しい!!: 上水内郡と更級郡 · 続きを見る »

10月11日

10月11日(じゅうがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から284日目(閏年では285日目)にあたり、年末まであと81日ある。.

新しい!!: 上水内郡と10月11日 · 続きを見る »

10月16日

10月16日(じゅうがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から289日目(閏年では290日目)にあたり、年末まであと76日ある。.

新しい!!: 上水内郡と10月16日 · 続きを見る »

10月1日

10月1日(じゅうがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から274日目(閏年では275日目)にあたり、年末まであと91日ある。.

新しい!!: 上水内郡と10月1日 · 続きを見る »

10月20日

10月20日(じゅうがつはつか、じゅうがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から293日目(閏年では294日目)にあたり、年末まであと72日ある。.

新しい!!: 上水内郡と10月20日 · 続きを見る »

11月10日

11月10日(じゅういちがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から314日目(閏年では315日目)にあたり、年末まであと51日ある。.

新しい!!: 上水内郡と11月10日 · 続きを見る »

11月15日

11月15日(じゅういちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から319日目(閏年では320日目)にあたり、年末まであと46日ある。.

新しい!!: 上水内郡と11月15日 · 続きを見る »

11月20日 (旧暦)

旧暦11月20日は旧暦11月の20日目である。六曜は赤口である。.

新しい!!: 上水内郡と11月20日 (旧暦) · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: 上水内郡と12月14日 · 続きを見る »

12月31日

12月31日(じゅうにがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦において年始・1月1日から365日目(閏年においては366日目)にあたり、12月の末日、1年の最終日(大晦日)である。この日の23時59分を過ぎると翌日0時0分から翌年1月1日となる。.

新しい!!: 上水内郡と12月31日 · 続きを見る »

1868年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1868年 · 続きを見る »

1869年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1869年 · 続きを見る »

1870年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1870年 · 続きを見る »

1871年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1871年 · 続きを見る »

1872年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1872年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1873年 · 続きを見る »

1874年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1874年 · 続きを見る »

1875年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1875年 · 続きを見る »

1876年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1876年 · 続きを見る »

1879年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1879年 · 続きを見る »

1881年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1881年 · 続きを見る »

1882年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1882年 · 続きを見る »

1883年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1883年 · 続きを見る »

1885年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1885年 · 続きを見る »

1886年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1886年 · 続きを見る »

1889年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1889年 · 続きを見る »

1890年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1890年 · 続きを見る »

1891年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1891年 · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1897年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1914年 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1923年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1926年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1954年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1955年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1956年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1957年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1959年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: 上水内郡と1966年 · 続きを見る »

1月1日

1月1日(いちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から1日目に当たり、年末まであと364日(閏年では365日)ある。誕生花は松(黒松)、または福寿草。 キリスト教においては生後8日目のイエス・キリストが割礼と命名を受けた日として伝えられる。.

新しい!!: 上水内郡と1月1日 · 続きを見る »

1月4日

1月4日(いちがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から4日目に当たり、年末まであと361日(閏年では362日)ある。誕生花はヒアシンス(白)。.

新しい!!: 上水内郡と1月4日 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: 上水内郡と2005年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 上水内郡と2010年 · 続きを見る »

2月17日 (旧暦)

旧暦2月17日は旧暦2月の17日目である。六曜は赤口である。.

新しい!!: 上水内郡と2月17日 (旧暦) · 続きを見る »

2月19日

2月19日(にがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から50日目にあたり、年末まであと315日(閏年では316日)ある。.

新しい!!: 上水内郡と2月19日 · 続きを見る »

2月1日

2月1日(にがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から32日目にあたり、年末まであと333日(閏年では334日)ある。.

新しい!!: 上水内郡と2月1日 · 続きを見る »

2月24日

2月24日(にがつにじゅうよっか、にがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から55日目にあたり、年末まであと310日(閏年では311日)ある。グレゴリオ暦では、閏年の場合に限り、閏日とも呼ばれる。詳細は閏日の項を参照。.

新しい!!: 上水内郡と2月24日 · 続きを見る »

2月30日 (旧暦)

旧暦2月30日は旧暦2月の30日目である。年によっては2月の最終日となる。六曜は先勝である。 太陽太陰暦では月名に関係なく1か月は29日または30日であるため、年によって、現行の太陽暦であるグレゴリオ暦では存在しない2月30日という日も存在した(グレゴリオ暦以外の例外については2月30日を参照のこと)。.

新しい!!: 上水内郡と2月30日 (旧暦) · 続きを見る »

3月10日

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。.

新しい!!: 上水内郡と3月10日 · 続きを見る »

3月15日

3月15日(さんがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から74日目(閏年では75日目)にあたり、年末まであと291日ある。.

新しい!!: 上水内郡と3月15日 · 続きを見る »

3月25日

3月25日(さんがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から84日目(閏年では85日目)にあたり、年末まであと281日ある。.

新しい!!: 上水内郡と3月25日 · 続きを見る »

3月31日

3月31日(さんがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から90日目(閏年では91日目)にあたり、年末まであと275日ある。3月の最終日。 日本では前年4月始まりの年度最終日とされている。.

新しい!!: 上水内郡と3月31日 · 続きを見る »

4月11日

4月11日(しがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から101日目(閏年では102日目)にあたり、年末まではあと264日ある。誕生花はヤグルマギク、クンシラン。.

新しい!!: 上水内郡と4月11日 · 続きを見る »

4月1日

4月1日(しがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から91日目(閏年では92日目)にあたり、年末まであと274日ある。誕生花はカスミソウ、クロッカス。 日本や一部の国では4月1日は会計年度・学校年度の初日である。この日は政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われ、異動や新入学など大きな変化が起こる日である。.

新しい!!: 上水内郡と4月1日 · 続きを見る »

5月12日

5月12日(ごがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から132日目(閏年では133日目)にあたり、年末まではあと233日ある。誕生花はアスチルベ。.

新しい!!: 上水内郡と5月12日 · 続きを見る »

5月17日

5月17日(ごがつじゅうななにち、ごがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から137日目(閏年では138日目)にあたり、年末まであと228日ある。誕生花はジャガイモ。.

新しい!!: 上水内郡と5月17日 · 続きを見る »

5月30日

5月30日(ごがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から150日目(閏年では151日目)にあたり、年末まではあと215日ある。誕生花はオリーブ。.

新しい!!: 上水内郡と5月30日 · 続きを見る »

6月20日

6月20日(ろくがつはつか、ろくがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から171日目(閏年では172日目)にあたり、年末まであと194日ある。誕生花はオトメギキョウ、クリ。.

新しい!!: 上水内郡と6月20日 · 続きを見る »

6月22日 (旧暦)

旧暦6月22日は旧暦6月の22日目である。六曜は先負である。.

新しい!!: 上水内郡と6月22日 (旧暦) · 続きを見る »

6月24日

6月24日(ろくがつにじゅうよっか、ろくがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から175日目(閏年では176日目)にあたり、年末まであと190日ある。誕生花はバラ、バーベナ。.

新しい!!: 上水内郡と6月24日 · 続きを見る »

7月14日 (旧暦)

旧暦7月14日(きゅうれきしちがつじゅうよっか)は、旧暦7月の14日目である。六曜は友引である。.

新しい!!: 上水内郡と7月14日 (旧暦) · 続きを見る »

7月1日

7月1日(しちがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から182日目(閏年では183日目)にあたり、年末まであと183日ある。誕生花はアジサイ、ベゴニア。.

新しい!!: 上水内郡と7月1日 · 続きを見る »

8月1日

8月1日(はちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から213日目(閏年では214日目)にあたり、年末まではあと152日ある。.

新しい!!: 上水内郡と8月1日 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: 上水内郡と8月29日 · 続きを見る »

8月8日

8月8日(はちがつようか)はグレゴリオ暦で年始から220日目(閏年では221日目)にあたり、年末まではあと145日ある。.

新しい!!: 上水内郡と8月8日 · 続きを見る »

9月17日

9月17日(くがつじゅうななにち、くがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から260日目(閏年では261日目)にあたり、年末まであと105日ある。.

新しい!!: 上水内郡と9月17日 · 続きを見る »

9月17日 (旧暦)

旧暦9月17日(きゅうれきくがつじゅうななにち、きゅうれきくがつじゅうしちにち)は、旧暦9月の17日目である。六曜は先勝である。.

新しい!!: 上水内郡と9月17日 (旧暦) · 続きを見る »

9月30日

9月30日(くがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。.

新しい!!: 上水内郡と9月30日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »