ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)

索引 ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)

ヴワディスワフ1世ウォキェテク(Władysław I Łokietek, 1260年/1261年 - 1333年3月2日)は、ポーランド王(在位:1320年 - 1333年)。短身王(Łokietek)と呼ばれた。1305年よりクラクフ公であり、1320年に国王として戴冠した。父はウェンチツァ、シェラツ、ドブジン、クヤヴィ公であったカジミェシュ1世、母はその3番目の妻でオポーレ公カジミェシュ1世の娘エウフロジナである。レシェク2世、ジェモミスウの異母弟、カジミェシュ2世、シェモヴィトの同母兄。.

87 関係: 十字軍マウォポルスカ県マゾフシェ県ハンガリー君主一覧ハンガリー王国バルト海ポメラニアポメレリアポーランド君主一覧ポーランド国王ポーランド王国ヤン・ドゥウゴシュヤドヴィガ・ボレスワヴヴナユダヤ人ヨハネス22世 (ローマ教皇)ヨハン・フォン・ルクセンブルクルブシュ県レグニツァ公国レシェク2世ヴロツワフヴワディスワフ1世ヘルマンヴワディスワフ3世 (ポーランド王)ヴワディスワフ4世 (ポーランド王)ヴァヴェル大聖堂ヴァーツラフ2世ヴァーツラフ3世ヴィエルコポルスカ県ボレスワフ3世ロズジュトヌィボレスワフ・ポボジュヌィボヘミアボヘミア君主一覧ヘンリク3世 (グウォグフ公)ヘンリク4世ヘンリク6世ドブルィブランデンブルクプウォフツェの戦いプシェミスウ2世ピャスト朝ドイツ騎士団ベルナルト (シフィドニツァ公)エルジュビェタ・ウォキェトクヴナオポーレ公国カーロイ1世カジミェシュ1世 (オポーレ公)カジミェシュ1世 (クヤヴィ公)カジミェシュ3世 (ポーランド王)クネグンダ・ウォキェトクヴナクヤヴィ・ピャスト家クラクフグダニスク...グウォグフ公国コンラト1世 (オレシニツァ公)ザクセン君主一覧ザクセン選帝侯領シレジアシロンスク公国群ジェモミスウ (イノヴロツワフ公)長子領暗殺教皇1260年1261年1267年1288年1290年1293年1295年1296年1305年1306年1309年1311年1312年1314年1318年1320年1328年1331年1333年1586年15世紀1月20日1月9日3月2日3月3日5月9月27日 インデックスを展開 (37 もっと) »

十字軍

1回十字軍によるアンティオキア攻囲戦 十字軍(じゅうじぐん、cruciata、crusade)とは、中世に西ヨーロッパのキリスト教、主にカトリック教会の諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のことである。 一般には、上記のキリスト教による対イスラーム遠征軍を指すが、キリスト教の異端に対する遠征軍(アルビジョア十字軍)などにも十字軍の名称は使われている。 実態は必ずしも「キリスト教」の大義名分に当て嵌まるものではなく、中東に既にあった諸教会(正教会・東方諸教会)の教区が否定されてカトリック教会の教区が各十字軍の侵攻後に設置されたほか、第4回十字軍や北方十字軍などでは、正教会も敵として遠征の対象となっている。また、目的地も必ずしもエルサレム周辺であるとは限らず、第4回以降はイスラム最大勢力であるエジプトを目的とするものが多くなり、最後の十字軍とされることもある第8回の十字軍は北アフリカのチュニスを目的としている。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と十字軍 · 続きを見る »

マウォポルスカ県

マウォポルスカ県(Województwo małopolskie)は、ポーランド南部の県である。県都はクラクフ。スロヴァキアと接していて、国内ではシロンスク県、シフィェンティクシシュ県、ポトカルパチェ県と接している。 マウォポルスカは「小ポーランド」を意味し、これに対応する「大ポーランド」とはヴィエルコポルスカ県を中心としたヴィエルコポルスカ地方である。。また、歴史学者ズィグムント・グローゲル(Zygmunt Gloger)によれば、これは旧い村の隣に新しい村を立てた際に旧い方と新しい方をそれぞれ「大」「小」を冠して並び称するポーランドの習慣にしたがったものである。マウォポルスカという語はヤギェウォ朝のヤン1世がシュラフタの特権を認めたピョトルクフ法(Statuty Piotrkowskie, 1494)で初めて公文書に登場し、ポーランド・リトアニア共和国の時代になると「地方」としてのマウォポルスカは現在のウクライナ全土までをも包含する広大な地域となった。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とマウォポルスカ県 · 続きを見る »

マゾフシェ県

350px マゾフシェ県(Województwo mazowieckie)はポーランド東中部の県。 県都はポーランドの首都でもあるワルシャワ。ポドラシェ県、ヴァルミア・マズールィ県、クヤヴィ・ポモージェ県、ウッチ県、シフィェンティクシシュ県、ルブリン県と接している。1999年1月1日、ポーランドの地方行政区画の改正にともない誕生した。面積・人口ともにポーランド最大の県である。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とマゾフシェ県 · 続きを見る »

ハンガリー君主一覧

ハンガリー君主一覧(ハンガリーくんしゅいちらん)では、ハンガリー王国の成立から消滅に至るまでの国王、および王国成立以前の君主である大公、第一次世界大戦後の状況を一覧で示す。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とハンガリー君主一覧 · 続きを見る »

ハンガリー王国

ハンガリー王国(ハンガリーおうこく、Magyar Királyság)は、現在のハンガリーを中心とする地域をかつて統治した王国。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とハンガリー王国 · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とバルト海 · 続きを見る »

ポメラニア

ポンメルンの地図(17世紀) 北のバルト海に面する。中央部を南から北へ流れるオーデル川は20世紀末現在のドイツとポーランドの国境線である。 ポメラニア(ラテン語、英語: Pomerania, Pomorania)または、ポンメルン(Pommern)、ポモージェ(Pomorze, ポメラニア語(カシューブ語): Pòmòrze, Pòmòrskô)は、現ポーランド北西部からドイツ北東部にかけて広がる地域。伝統的、あるいは地勢的には北にバルト海、東西をオーデル川とヴィスワ川にはさまれた地域である。ポメラニアの東端部の、ヴィスワ川を挟んでプロシアに接する地方はポメレリア(Pomerelia, Pommerellen)と呼ばれる(中心都市はグダニスク)。 イヌの品種ポメラニアンは、ポメラニア地方が原産地である。また、世界の琥珀の90パーセントが同地方の海岸で産出されている。 この地域は特に第一次世界大戦と第二次世界大戦に影響され、国境と人口は激しく変動し、1945年以降のドイツ人追放によって戦前のほとんどの住民は去ったか退去させられた。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とポメラニア · 続きを見る »

ポメレリア

ポーランド王領プロシア(1466年 - 1772年、ポーランドの領土)。ポメレリアは青い部分。赤はクルマーラント、緑はエルビングとマリーエンブルク、黄色はヴァルミア司教領(エルムラント) ポメレリア(Pomerelia, カシューブ語: Pòrénkòwô Pòmòrskô, Pommerellen ポンメレレン)はポーランド北部のバルト海沿いにある歴史的地方名。ポメラニア東端部にあり、北はバルト海に、東はヴィスワ川とその河口の三角州に接している。ヴィスワ川の東はプロイセン。 中心はヴィスワ川河口のグダンスク(ドイツ語: ダンツィヒ)。ポーランド語では「ポモージェ・グダンスキエ」(Pomorze Gdańskie、グダンスクのポメラニア)と呼ばれるこの地方は、現在ではポモージェ県の一部となっている。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とポメレリア · 続きを見る »

ポーランド君主一覧

ポーランド君主一覧では、現在のポーランドにあった諸王朝、諸国の君主を一覧で挙げる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とポーランド君主一覧 · 続きを見る »

ポーランド国王

ポーランド国王の称号はポーランドの支配者によって支配された称号であり、最初の国王は1025年に戴冠したボレスワフ1世・勇敢王である(992年以来、称号は公であった)。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とポーランド国王 · 続きを見る »

ポーランド王国

ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1025年から1569年(リトアニアとの二重王国時代を含めると1795年)までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。法的には1918年に成立したポーランド共和国(第二共和国)、1939年からのポーランド亡命政府、このポーランド亡命政府を1989年に継承した現在のポーランド共和国(第三共和国)がその法的継承国家。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とポーランド王国 · 続きを見る »

ヤン・ドゥウゴシュ

ヤン・ドゥウゴシュ(Jan Długosz、ラテン語:ヨハネス・ロンギヌス。1415年12月1日、スタラ・ブジェジュニツァ - 1480年5月19日、クラクフ)は、ポーランドの司祭、年代記作者、外交官、軍人、またクラクフ司教ズビグニェフ・オレシニツキ枢機卿の秘書を務めた。 ヤン・ドゥウゴシュは965年から彼の没年である1480年までの南東ヨーロッパおよび西ヨーロッパで起きた諸事蹟について執筆した『有名なポーランド王国に関する年代記(Annales seu cronici incliti regni Poloniae)』によって最もよく知られている。この作品は1701年から1703年の間に初めて印刷された。同書の中でドゥウゴシュは著者である自分をどのように位置付けるか迷ったらしく、自分のことは三人称で呼んでいる。 ドゥウゴシュは同市にあるクラクフ大学(現在のヤギェウォ大学)で教育を受け、1434年、クロブクの主席司祭だった叔父によってクロブクの聖マルチン教会の律修司祭に任じられた。クロブクはシロンスクのオポーレ公国に属していた都市であり、つい最近ポーランド王ヴワディスワフ2世ヤギェウォによって征服されたばかりだった。ドゥウゴシュは1452年までこの地に留まっており、同市に修道院を創設している。 1450年、ドゥウゴシュは王母ゾフィア・ホルシャンスカと国王カジミェシュ4世から、ハンガリーの摂政フニャディ・ヤーノシュとボヘミア貴族ヤン・ジシュカとの紛争の調停を頼まれた。6日間の交渉の後、ドゥウゴシュは両者を講和させることに成功している。1452年、ドゥウゴシュはクラクフの律修司祭となった。1455年、クラクフでは大火が発生して都市の大半と城壁などを焼き、ドゥウゴシュの家にも燃え広がった。彼はその後もカジミェシュ4世の命令で教皇庁や神聖ローマ皇帝の宮廷へと外交交渉に赴いており、13年戦争(1454年 - 1466年)では国王とドイツ騎士団との和平交渉に加わった。 1461年、ドゥウゴシュを含むポーランド政府代表団はボヘミア王イジー・ス・ポジェブラトの密使とシロンスクのビトム(ボイテン)で会合を開いた。6日間の協議の末、両国は同盟を結ぶことを決めた。13年戦争中の1466年、ドゥウゴシュはシロンスクのヴロツワフ(ブレスラウ)に特使として派遣され、シロンスクの諸公国がドイツ騎士団に肩入れしないよう説得を試みた。ドュウゴシュはこの任務に成功し、翌1467年には国王の次男カジミェシュ王子の家庭教師となっている。 ドゥウゴシュはプラハ大司教に就任するよう要請されたが断り、死の直前にルヴフ大司教に就任した。ドゥウゴシュはの中高ドイツ語の年代記「Chronica nova Prutenica」を大雑把な形でラテン語に仮翻訳している。仮翻訳であるためドイツ語圏の固有名詞について多くの間違い、特に人名、地名などで混同がみられる。特に、ポーランドとドイツ騎士団の決戦が行われた場所のドイツ語名は「緑の野原」を意味する「グリュンフェルデ」であったが、ドゥウゴシュはこれを間違えて「緑の森」を意味する「グルンヴァルト」としてしまい、後にはこの「グルンヴァルト」の名前のほうが定着してしまった。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヤン・ドゥウゴシュ · 続きを見る »

ヤドヴィガ・ボレスワヴヴナ

ヤドヴィガ・ボレスワヴヴナ(Jadwiga Bolesławówna, 1266年 - 1339年12月10日)は、ポーランド王ヴワディスワフ1世の妃。ヴィエルコポルスカ公ボレスワフの次女で、母はハンガリー王ベーラ4世の娘ヨレンタ。ヴィエルコポルスカ公兼ポーランド王プシェミスウ2世は従兄に当たる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヤドヴィガ・ボレスワヴヴナ · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とユダヤ人 · 続きを見る »

ヨハネス22世 (ローマ教皇)

ヨハネス22世(Ioannes XXII、1244年? - 1334年12月4日)は、アヴィニョン捕囚の時期のローマ教皇(在位1316年 - 1334年)。教会慣用名はヨハネ小林(1966)巻末「歴代法王票」p.9。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヨハネス22世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ヨハン・フォン・ルクセンブルク

ヨハン・フォン・ルクセンブルク(独:Johann von Luxemburg, 1296年8月10日 - 1346年8月26日)は、ルクセンブルク家のボヘミア王(在位:1310年 - 1346年)およびルクセンブルク伯(在位:1313年 - 1346年)。父はローマ皇帝ハインリヒ7世、母はブラバント公ジャン1世の娘マルガレータ。息子に皇帝カール4世がいる。父と息子は皇帝に即位したものの、自身は帝位を得ることはなかった。後に病によって失明したため、ヨハン盲目王(Johann der Blinde)と呼ばれる。フランス語名でジャン・ド・リュクサンブール(Jean de Luxembourg)と呼ばれることもある(この名で呼ばれる人物は複数存在するので注意)。チェコ語名はヤン(Jan Lucemburský)であるが、日本語文献で用いられることは稀である。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヨハン・フォン・ルクセンブルク · 続きを見る »

ルブシュ県

ルブシュ県(Województwo lubuskie)は、ポーランド西部の県である。県都はゴジュフ・ヴィエルコポルスキ、県議会所在地はジェロナ・グラ。ドイツ・ブランデンブルク州との国境線沿いにあり、国内ではドルヌィ・シロンスク県、ヴィエルコポルスカ県、西ポモージェ県と接している。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とルブシュ県 · 続きを見る »

レグニツァ公国

レグニツァ公国またはリーグニッツ公国(ポーランド語:Księstwo Legnickie;チェコ語:Lehnické knížectví;ドイツ語:Herzogtum Liegnitz)は、シロンスク公国群を構成した公国の一つ。首都はレグニツァ。ボレスワフ2世によって創設されたもので、他の多くのシロンスク諸公国と運命を共にし、最初はボヘミア王冠領、次にハプスブルク君主国(オーストリア)の影響下にはいり、シュレージエン戦争の結果プロイセン王国に併合された。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とレグニツァ公国 · 続きを見る »

レシェク2世

レシェク2世 レシェク2世チャルヌィ(Leszek Czarny, 1241年 - 1288年9月30日)は、ポーランド大公(在位:1279年 - 1288年)。シェラツ公(在位:1261年 - 1288年)、ウェンチツァ公(在位:1267年 - 1288年)、サンドミェシュ公(在位:1279年 - 1288年)でもあった。クヤヴィ公カジミェシュ1世(マゾフシェ公コンラト1世の子)と、シロンスク公ヘンリク2世の娘コンスタンツィヤ(:pl:Konstancja wrocławska)の子。ジェモミスウの同母弟、ヴワディスワフ1世、カジミェシュ2世、シェモヴィトの異母兄。妻はスラヴォニア公ロスティスラフ(キエフ大公ミハイル2世の子)とハンガリー王ベーラ4世の娘アンナの娘アグリッピナ。黒公(Czarny)と呼ばれる。 1261年に父からシェラツ公国を譲られ、1267年の父の死でウェンチツァ公国も獲得した。1279年に従伯父に当たるボレスワフ5世が子供の無いまま亡くなったため、ポーランド大公に即位した。治世中にヴロツワフ公ヘンリク4世と紛争を起こし、1287年にはノガイによるモンゴルの3度目のポーランド襲撃が起こった。 1288年に死去。子供が無かったため、異母弟のヴワディスワフ1世とヘンリク4世が争った末、ヘンリク4世が大公位を継承した。 Category:ポーランド大公 Category:シェラツ=ウェンチツァ公 Category:サンドミェシュ公 Category:クヤヴィ・ピャスト家 Category:1241年生 Category:1288年没.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とレシェク2世 · 続きを見る »

ヴロツワフ

ヴロツワフ(ポーランド語: 、 ブレスラウ、 ボロスロー)は、ポーランド西部にある第4の都市で、ドルヌィ・シロンスク県の県都。歴史的にシロンスク地方の中心都市で、ポーランドの中でも最も古い都市のひとつである。市内にはオドラ川とその支流が流れ、200以上の橋が架かっている。 ヴロツワフは歴史上、様々な国(ポーランド王国、オーストリア帝国、ドイツ、ハンガリー、プロイセン、ボヘミア)の1部となっていたが、1945年(第二次世界大戦後)にポーランド領となった。 ヴロツワフは、UEFA欧州選手権2012 のホストである。2016年の欧州文化首都になることが決まっており、またワールドゲームズ2017の開催地にも決定した。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴロツワフ · 続きを見る »

ヴワディスワフ1世ヘルマン

ヴワディスワフ1世ヘルマン(Władysław I Herman, 1043年 - 1102年6月4日)は、ポーランド公。カジミェシュ1世と王妃マリア・ドブロニエジェの次男として生まれた。兄のポーランド王ボレスワフ2世が亡命を余儀なくされたあと、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の支援を受けて公位に就いた。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴワディスワフ1世ヘルマン · 続きを見る »

ヴワディスワフ3世 (ポーランド王)

ヴワディスワフ3世ヴァルネンチク(Władysław III Warneńczyk, 1424年10月31日 - 1444年11月10日)は、ポーランド王(在位:1434年 - 1444年)、ハンガリー王(ウラースロー1世 / I. Ulászló,在位:1440年 - 1444年)。 ヴワディスワフ2世の長男で、母はゾフィア・ホルシャンスカ。カジミェシュ4世の兄。ヴァルナの戦いで戦死したことにちなむ「ヴァルネンチク」(ヴァルナの人)の異称がある。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴワディスワフ3世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヴワディスワフ4世 (ポーランド王)

ヴワディスワフ4世(Władysław IV Waza, 1595年6月9日 - 1648年5月20日)は、ヴァーサ家出身のポーランド王(在位:1632年 - 1648年)。ジグムント3世の長男、母は王妃アンナ・フォン・エスターライヒ。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴワディスワフ4世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヴァヴェル大聖堂

大聖堂 ヴァヴェル大聖堂(Katedra Wawelska)は、ポーランドの古都クラクフにあるカトリック教会の大聖堂。ポーランド史における英雄的人物や歴代国王などが埋葬されている。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴァヴェル大聖堂 · 続きを見る »

ヴァーツラフ2世

ヴァーツラフ2世(Václav II, 1271年9月17日 - 1305年6月21日)は、プシェミスル朝のボヘミア王(在位:1278年 - 1305年)及びポーランド王(ヴァツワフ2世 Wacław II, 在位:1300年 - 1305年)。父はボヘミア王とオーストリア公を兼ねたオタカル2世(大王)、母はその2番目の妃であったスラヴォニア公ロスティスラフの娘でハンガリー王ベーラ4世の孫娘クンフタ。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴァーツラフ2世 · 続きを見る »

ヴァーツラフ3世

ヴァーツラフ3世(Václav III, 1289年10月6日 - 1306年8月4日)は、ハンガリー王(在位:1301年 - 1305年)、後にボヘミア王(在位:1305年 - 1306年)、ポーランド王(在位:同)を兼ねたプシェミスル朝の最後の国王。ハンガリー王としての名はヴェンツェル(Vencel)、ポーランド王としての名はヴァツワフ3世(Wacław III)。ボヘミアとポーランドの王ヴァーツラフ2世の息子で、母はハプスブルク家のドイツ王ルドルフ1世の娘ユッタ。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴァーツラフ3世 · 続きを見る »

ヴィエルコポルスカ県

ヴィエルコポルスカ県 (Województwo wielkopolskie) は、ポーランド中西部の県である。県都はポズナン。ポーランドの全16県の中では、面積で2番目、人口で3番目に大きい。1999年に、旧ポズナン県、カリシュ県、コニン県、レシュノ県と、ピワ郡の大部分の地域を統合して発足した。ルブシュ県、ドルヌィ・シロンスク県、オポーレ県、ウッチ県、ポモージェ県、西ポモージェ県、クヤヴィ・ポモージェ県と接している。 ヴィエルコポルスカ()を意味する県名は、「ポーランド揺籃の地」であるこの地域の歴史的呼称でもある。歴史学者によれば、これは旧い村の隣に新しい村を立てた際に旧い方と新しい方をそれぞれ「大」「小」を冠して並び称するポーランドの習慣にしたがったものであり、1242年にプシェムィスウ公とボレスワフ敬虔公が「大ポーランド両公(Duces Maioris Poloniae)」と共同で称したのが公文書における初出である。実際のところ、かつてのポーランド・リトアニア共和国の時代には、マウォポルスカ地方は現在のウクライナ全土までをも含む広大な地域を指しており、本来はヴィエルコポルスカ地方のほうがマウォポルスカ地方よりも面積が小さい。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヴィエルコポルスカ県 · 続きを見る »

ボレスワフ3世ロズジュトヌィ

ルビョンシュにあるボレスワフ3世の墓石 ボレスワフ3世ロズジュトヌィ(Bolesław III Rozrzutny, 1291年9月23日 - 1352年4月21日)は、レグニツァ=ブジェク公(在位:1296年 - 1342年)、ヴロツワフ公(在位:1296年 - 1311年)。レグニツァ=ヴロツワフ公ヘンリク5世の長男で、母はヴィエルコポルスカ公ボレスワフの娘エルジュビェタ。異称「ロズジュトヌィ」は気前の良さを意味する。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とボレスワフ3世ロズジュトヌィ · 続きを見る »

ボレスワフ・ポボジュヌィ

ボレスワフ敬虔公 ボレスワフ・ポボジュヌィ(Bolesław Pobożny、1221年から1227年の間 - 1279年4月14日)は、ヴィエルコポルスカ公。ヴワディスワフ・オドニツの次男、母はポメレリア公ムシチュイ1世の娘ヤドヴィガ。敬虔公(Pobożny)と呼ばれた。 兄のプシェミスウ1世と共にヴィエルコポルスカの諸地域(カリシュ、ポズナン、グニェズノ)を統治し、1257年に兄が死ぬとヴィエルコポルスカを単独で統治した。1264年8月16日、ボレスワフはヴィエルコポルスカのユダヤ人に対して、カリシュの法令と呼ばれる諸権利を与えた。これはユダヤ人に対して与えられた最初の成文法による保護条例で、ユダヤ人社会における司法権の自立、金融業と商業の自由を保障していた。1795年にポーランドでユダヤ人に対して与えられた特権は、ボレスワフが与えたこの時の特権をかなりの程度参考にしている。 1279年死去。息子が無かったため、甥のプシェミスウ2世がヴィエルコポルスカを継承した。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とボレスワフ・ポボジュヌィ · 続きを見る »

ボヘミア

ボヘミア(Bohemia、Čechy、Böhmen, ベーメン)は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。 この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。 '''ボヘミア''' チェコ西部から中部に位置する緑色の部分.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とボヘミア · 続きを見る »

ボヘミア君主一覧

ボヘミア君主一覧(ボヘミアくんしゅいちらん)では、ボヘミアの君主であるボヘミア公およびボヘミア国王を挙げる。ボヘミアでは9世紀頃にプシェミスル家の君主がボヘミア公となり、10世紀に神聖ローマ帝国に服属する。11世紀から12世紀には神聖ローマ帝国の中で王号を許された特別の地位を得て、「ボヘミアを征する者はヨーロッパを征す」と言われた。ボヘミア国王は1289年からは選帝侯の一人となった。 プシェミスル家が13世紀に断絶した後、婚姻政策によってルクセンブルク家が王位を世襲するが、これもフス戦争の渦中で断絶する。その後はハプスブルク家の支配下に入り、第一次世界大戦による帝国崩壊でチェコスロバキアの一部として独立するまで、ハプスブルク帝国の構成国として続く。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とボヘミア君主一覧 · 続きを見る »

ヘンリク3世 (グウォグフ公)

ヘンリク3世(Henryk III głogowski, 1251年/1260年 - 1309年12月3日)は、グウォグフ公(在位:1274年 - 1309年)、ヴィエルコポルスカの一部地域の公(在位:1306年 - 1309年)。グウォグフ公コンラト1世の長男で、母はヴィエルコポルスカ公ヴワディスワフ・オドニツの娘サロメア。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヘンリク3世 (グウォグフ公) · 続きを見る »

ヘンリク4世

ヘンリク4世プロブス(ポーランド語:Henryk IV Probus/Prawy;ドイツ語:Heinrich IV der Gerechte、1258年頃 - 1290年6月23日)は、低地シロンスクのヴロツワフ公(在位:1266年 - 1290年)、及びクラクフ(長子領)を有するポーランド大公(在位:1288年 - 1290年)。ポーランド大公ヘンリク2世の次男ヘンリク3世の一人息子で、母はやはり大公を兼ねたマゾフシェ公コンラト1世の娘ユディタ。高潔公(Probus/Prawy、有徳公とも)の異称で呼ばれる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヘンリク4世 · 続きを見る »

ヘンリク6世ドブルィ

ヴロツワフのヘンリク6世の墓石、中世の彩色の復元を試みたもの ヘンリク6世ドブルィ(Henryk VI Dobry, 1294年3月18日 - 1335年11月24日)は、ヴロツワフ=レグニツァ=ブジェク公(在位:1296年 - 1311年、兄弟と共同統治)、後に単独のヴロツワフ公(在位:1311年 - 1335年)。レグニツァ=ヴロツワフ公ヘンリク5世の次男、母はヴィエルコポルスカ公ボレスワフの娘エルジュビェタ。善良公(Dobry)の異称で呼ばれる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とヘンリク6世ドブルィ · 続きを見る »

ブランデンブルク

ブランデンブルク (Brandenburg).

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とブランデンブルク · 続きを見る »

プウォフツェの戦い

プウォフツェの戦い(Bitwa pod Płowcami)は、1331年9月27日にポーランド王国とドイツ騎士団との間で行われた戦いである。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とプウォフツェの戦い · 続きを見る »

プシェミスウ2世

プシェミスウ2世(ポーランド語:Przemysł II, 1257年10月14日 - 1296年2月8日)は、ポーランド王(在位:1295年 - 1296年)。ポズナン公(在位:1277年 - 1296年)、ヴィエルコポルスカ公(在位:1279年 - 1296年)、クラクフ公(在位:1290年 - 1291年)、ポメレリア公(在位:1294年 - 1296年)でもあった。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とプシェミスウ2世 · 続きを見る »

ピャスト朝

ピャスト朝(Dynastia Piastów)は、ポーランドの王朝。960年頃から1370年まで続いた。王朝としてあるが、初期においてはポーランド的な王家ではなく、グニェズノを主体とする地方侯家であった。1000年にボレスワフ1世がローマ皇帝オットー3世から戴冠および大司教座設置を許可され、その後1025年にローマ教皇ヨハネス19世の許可が下ったことをもってポーランド国家の始まりと見なされる。ここに名前を載せている者で、公には即位したが王位に就かなかった者もいる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とピャスト朝 · 続きを見る »

ドイツ騎士団

ドイツ騎士団(ドイツきしだん、Deutscher Orden)とは、ローマ・カトリック教会の公認した騎士修道会の一つである。正式名称はドイツ人の聖母マリア騎士修道会(Ordo domus Sanctae Mariae Theutonicorum Ierosolimitanorum、Orden der Brüder vom Deutschen Haus der Heiligen Maria in Jerusalem)。英語では Teutonic Order と呼ばれ、日本ではその訳語であるチュートン騎士団でも知られる。 12世紀後半、聖地パレスチナに巡礼するキリスト教信者の護衛と病院設立の目的で設立された。メンバーは、中世には十字軍の騎士修道会とし任務していたので、一般的にはチュートン騎士として知られていた。プロイセンなど統治し、東方植民の先駆けとなった。テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団と共に、中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とドイツ騎士団 · 続きを見る »

ベルナルト (シフィドニツァ公)

ベルナルト(Bernard Świdnicki、1291年頃 - 1326年5月6日)は、ヤヴォル=ルヴヴェク=シフィドニツァ=ジェンビツェ公(在位:1301年 - 1312年、兄弟と共同統治)、シフィドニツァ=ジェンビツェ公(在位:1312年 - 1322年、弟ボルコ2世と共同統治)、単独のシフィドニツァ公(在位:1322年 - 1326年)。ヤヴォル=ルヴヴェク=シフィドニツァ=ジェンビツェ公ボルコ1世の次男、母はブランデンブルク=ザルツヴェデル辺境伯オットー5世の娘ベアトリクス。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とベルナルト (シフィドニツァ公) · 続きを見る »

エルジュビェタ・ウォキェトクヴナ

ルジュビェタ・ウォキェトクヴナ(ポーランド語:Elżbieta Łokietkówna, 1305年 - 1380年12月29日)は、ハンガリー王カーロイ1世の3番目の妃。ポーランド王ヴワディスワフ1世ウォキェテクの次女で、母はヴィエルコポルスカ公ボレスワフの娘ヤドヴィガ。ハンガリー語名はエルジェーベト(Łokietek Erzsébet)。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とエルジュビェタ・ウォキェトクヴナ · 続きを見る »

オポーレ公国

ポーレ公国の紋章 オポーレ公国またはオペルン公国(ポーランド語:Księstwo opolskie;チェコ語:Opolské knížectví;ドイツ語:Herzogtum Oppeln)は、シロンスク公国群に属する公国の一つ、首都はオポーレ。 公国は1172年、ボレスワフ1世の長男ヤロスワフの領国として分離独立した。ヤロスワフの死後、1201年から1202年までの短い間はヴロツワフ公国に併合されていたが、1202年にヤロスワフの叔父ミェシュコ1世が自分の領するラチブシュ公国へと取り込み、オポーレ=ラチブシュ公国を形成した。1290年、オポーレ=ラチブシュがヴワディスワフ・オポルスキの4人の息子達の間で分割相続されると、ラチブシュ公国から分離した単独のオポーレ公国が成立したが、この2国の領土の一部からチェシン公国、ビトム公国が新たに分立した。 1327年、公国はボヘミア王冠領の封土(レーエン)となった。公国はこの後、繰り返し起きる領土的変化によって不安定な状態が続き、15世紀半ばに至るまで徐々にその版図は縮小していった。しかし15世紀後半には再び拡張を始め、1511年にはオポーレ=ラチブシュ公国が再形成されることになった。1532年、ピャスト家最後の統治者ヤン2世が死ぬと、公国は完全にボヘミアの主権下に入った。オポーレ=ラチブシュ公国の支配者はホーエンツォレルン家、ハプスブルク家、ヴァザ家など目まぐるしく変わっていった。オポーレ=ラチブシュ公国は1742年、最終的にプロイセン王国によって併合され、消滅した。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とオポーレ公国 · 続きを見る »

カーロイ1世

ーロイ1世(I.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とカーロイ1世 · 続きを見る »

カジミェシュ1世 (オポーレ公)

ポーレ公カジミェシュ1世の印璽、1226年 カジミェシュ1世(ポーランド語:Kazimierz I opolski、1179年/1180年頃 - 1230年5月13日)は、オポーレ=ラチブシュ公(在位:1211年 - 1230年)。オポーレ=ラチブシュ公で一時ポーランド大公を兼ねたミェシュコ1世(跛足公)の長男で一人息子。母はおそらくプシェミスル朝の王女であったルドミラ。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とカジミェシュ1世 (オポーレ公) · 続きを見る »

カジミェシュ1世 (クヤヴィ公)

ミェシュ1世、13世紀制作のプウォツクの聖体皿に描かれた肖像 カジミェシュ1世の印璽 カジミェシュ1世(Kazimierz I kujawski, 1211年頃 - 1267年12月14日)は、クヤヴィ公(在位:1233年 - 1267年)、シェラツ公(在位:1247年 - 1259年、1260年 - 1261年)、ウェンチツァ公(在位:1247年 - 1267年)、ドブジン公(在位:1248年 - 1267年)。マゾフシェ公コンラト1世の次男、母はノヴホロド=シーヴェルスキー公スヴャトスラフの娘アガフィア。息子のうちレシェク2世、ヴワディスワフ1世はそれぞれポーランド大公、ポーランド国王となっている。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とカジミェシュ1世 (クヤヴィ公) · 続きを見る »

カジミェシュ3世 (ポーランド王)

ミェシュ3世ヴィエルキ(Kazimierz III Wielki、1310年4月30日 - 1370年11月5日)は、ポーランド王(在位:1333年 - 1370年)。大王(Wielki)の異称で呼ばれる。ヴワディスワフ1世(短身王)の三男で、母はヴィエルコポルスカ公ボレスワフ(敬虔公)の娘ヤドヴィガ。 現在ポーランドで発行されている50ズウォティ紙幣の、表面側の肖像に採用されている。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とカジミェシュ3世 (ポーランド王) · 続きを見る »

クネグンダ・ウォキェトクヴナ

ネグンダ・ウォキェトクヴナ(Kunegunda Łokietkówna、1298年頃 - 1331年4月9日)は、中世ポーランドの王女。ポーランド王ヴワディスワフ1世と、ヴィエルコポルスカ公ボレスワフの娘ヤドヴィガの間に生まれた長女。妹にハンガリー王妃エルジュビェタが、弟にポーランド王カジミェシュ3世がいる。 1310年、シフィドニツァ公ベルナルトと結婚し、5人の子供をもうけたが、1326年に夫に先立たれた。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とクネグンダ・ウォキェトクヴナ · 続きを見る »

クヤヴィ・ピャスト家

ヴワディスワフ短躯王 クヤヴィ・ピャスト家(Piastowie kujawscy)は、ポーランドのピャスト家の分枝の一つ。カジミェシュ2世正義公の孫の一人であるクヤヴィ公カジミェシュ1世を始祖とする。マゾフシェ・ピャスト家から分かれ、クヤヴィ公国を領有した。 クヤヴィ公カジミェシュ1世の息子たちのうち、レシェク2世黒公とヴワディスワフ1世短躯王はポーランド君主(クラクフ公)の地位についた。ヴワディスワフ1世は1320年、ポーランド国王として戴冠し、その王位を息子カジミェシュ3世大王に引き継がせることに成功した。しかし1370年、カジミェシュ3世大王が男子を残さずに死ぬと、ポーランド王位はアンジュー家出身のハンガリー王ラヨシュ1世にわたり、以後ピャスト家の王子たちがポーランド王位を獲得することは二度となかった。クヤヴィ・ピャスト家は1388年、グニェフコヴォのヴワディスワフ白公の死により断絶した。 *.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とクヤヴィ・ピャスト家 · 続きを見る »

クラクフ

ラクフ(Kraków,, 独:Krakau クラカウ)は、ポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。 ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はを中心として川の両岸に広がっている。 1038年から1569年まではポーランド王国、1569年から1596年までポーランド・リトアニア共和国であった。 1794年からオーストリア帝国領となり、1846年から1918年までオーストリアのクラクフ大公国であった。 人口は766,739人で、これはワルシャワ、ウッチに続く第3の規模。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とクラクフ · 続きを見る »

グダニスク

ダニスク(Gdańsk グダーィンスク、)は、ポーランドの都市。バルト海南部に面するポモージェ(ポメラニア)地方東部に位置し、グダニスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市であり、ポモージェ県の県都である。ポーランド語名の発音は片仮名転写が難しく、グダンスクと表記されることがあり、政府観光局はグダンスク、市役所はグダニスクと表記しており、公的機関においても表記が分かれている。カシューブ語ではGduńsk(グダンスク)。また、ドイツ語名のダンツィヒ( 、ダンチヒとも)でもよく知られている。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とグダニスク · 続きを見る »

グウォグフ公国

ウォグフ公国(ポーランド語:Księstwo głogowskie;チェコ語:Hlohovské knížectví;ドイツ語:Herzogtum Glogau)は、シロンスク公国群の構成国の一つ。首都はグウォグフ。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とグウォグフ公国 · 続きを見る »

コンラト1世 (オレシニツァ公)

ンラト1世の印璽、1312年 コンラト1世(Konrad I oleśnicki, 1294年頃 - 1366年12月22日)は、ジャガン、シチナヴァその他の公(在位:1309年 - 1312年、兄弟と共同統治)、オレシニツァ=ナムィスウフ=グニェズノ=カリシュ公(在位:1312年 - 1313年、兄弟と共同統治)、単独のカリシュ公(在位:1313 - 1314年)、単独のナムィスウフ公(在位:1313年 - 1366年)、オレシニツァ公(在位:1321年 - 1366年)。グウォグフ公ヘンリク3世の次男で、母はブラウンシュヴァイク=リューネブルク公アルブレヒト1世の娘メヒティルド。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とコンラト1世 (オレシニツァ公) · 続きを見る »

ザクセン君主一覧

ン君主一覧は、中世から近代にかけてドイツのザクセン公国及びザクセン王国の君主の一覧である。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とザクセン君主一覧 · 続きを見る »

ザクセン選帝侯領

ン選帝侯の旗 ザクセン選帝侯領(ザクセンせんていこうりょう、Kurfürstentum Sachsen)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。クーアザクセン(Kursachsen)とも呼ばれる。1356年の金印勅書により、神聖ローマ皇帝カール4世がザクセン=ヴィッテンベルク公爵を選帝侯に指定したことで成立した。選帝侯領は1806年にザクセン王国となった。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とザクセン選帝侯領 · 続きを見る »

シレジア

レジアは、現在のポーランド南西部からチェコ北東部(プロイセン王国時代の行政区画も含めればドイツ東部のごく一部も)に属する地域の歴史的名称。支配者は様々に変化してきた。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とシレジア · 続きを見る »

シロンスク公国群

ンスク公国群またはシュレージエン公国群(ポーランド語:Księstwa śląskie;ドイツ語:Herzogtümer in Schlesien)は、1138年に成立したシロンスク公国が分裂して出来た微細な小公国群の集まりの総称。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とシロンスク公国群 · 続きを見る »

ジェモミスウ (イノヴロツワフ公)

ェモミスウ(Ziemomysł inowrocławski, 1245年頃 - 1287年)は、イノヴロツワフ公(実質的なクヤヴィ公、在位:1267年 - 1271年、1278年 - 1287年)。クヤヴィ公カジミェシュ1世の次男、母はその2番目の妻でヴロツワフ公ヘンリク2世の娘であるコンスタンツィア。レシェク2世の同母弟、ヴワディスワフ1世の異母兄。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)とジェモミスウ (イノヴロツワフ公) · 続きを見る »

長子領

ポモジェ、長子領の支配者の封土 長子領(ポーランド語:Dzielnica senioralna)またはクラクフ公国は、ボレスワフ3世の遺言状によって1138年に成立したポーランド国家を構成する5つの地域の中で最も上位に位置づけられた地域。ピャスト家の諸公が輪番で支配する地域となり、クラクフ公国を領する公がポーランドの最高権威者(大公)となった。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と長子領 · 続きを見る »

暗殺

リンカーン大統領の暗殺を描いた絵画(米国) ガンディー・暗殺されたインドの政治家 金玉均・暗殺された李氏朝鮮の政治家 ジョン・レノン・イングランド出身の音楽家、銃弾を受け死去 坂本龍馬・幕末の英雄、盟友の中岡と共に死去 暗殺(あんさつ)は、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為(謀殺)のこと。 見せしめや弾圧、粛清の一種としても存在する。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と暗殺 · 続きを見る »

教皇

教皇(きょうこう、Pāpa、Πάπας Pápas、The Pope)は、キリスト教の最高位聖職者の称号。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。ヴァティカン市国の首長。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。現在の教皇はフランシスコ(第266代)。 日本語では「ローマ法王」と表記されることも多いが、日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している(後述)。またカトリックの内部では「教父」の呼称を用いる場合もある。なお、退位した教皇の称号は名誉教皇(名誉法王とも)という。 本項では主にローマ教皇について記述する。その他の教皇については称号の変遷とその他の「教皇」の節を参照。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と教皇 · 続きを見る »

1260年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1260年 · 続きを見る »

1261年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1261年 · 続きを見る »

1267年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1267年 · 続きを見る »

1288年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1288年 · 続きを見る »

1290年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1290年 · 続きを見る »

1293年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1293年 · 続きを見る »

1295年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1295年 · 続きを見る »

1296年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1296年 · 続きを見る »

1305年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1305年 · 続きを見る »

1306年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1306年 · 続きを見る »

1309年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1309年 · 続きを見る »

1311年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1311年 · 続きを見る »

1312年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1312年 · 続きを見る »

1314年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1314年 · 続きを見る »

1318年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1318年 · 続きを見る »

1320年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1320年 · 続きを見る »

1328年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1328年 · 続きを見る »

1331年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1331年 · 続きを見る »

1333年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1333年 · 続きを見る »

1586年

記載なし。

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1586年 · 続きを見る »

15世紀

大航海時代。大西洋を渡り新世界を発見したコロンブス。 マチュ・ピチュ遺跡。アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷に沿いの尾根にある遺跡で標高2430mの高さにある。用途は未だ明らかでない所もあるが、15世紀に建造されたインカ帝国の技術の高さを反映している。 National Museum of Anthropology (Mexico)蔵)。 香辛料の魅惑。15世紀には東方との交易路はオスマン帝国に遮断される事になり、香辛料の供給不足が大きな問題となった。画像は1410年代に描かれた『世界の記述(東方見聞録)』の挿絵で、インドでの胡椒採収が取り上げられている。 エンリケ航海王子。ポルトガルは東方への航路の開発を推進したが、その中心となったのは「航海王子」の名を持つエンリケ王子である。サグレスに設置した「王子の村」が航海士の育成に貢献したことはよく知られている。画像は「サン・ヴィセンテの祭壇画」で聖人のすぐ右隣に位置する黒帽で黒髭の人物が王子ととされているが異論もある。 キルワの大モスク跡。 サマルカンド近郊のウルグ・ベク天文台。ティムール朝の君主ウルグ・ベクは天文学に造詣が深く「ズィージ・スルターニー」のような精緻な天文表も作成させた。 Musée des Augustins蔵)。 ロシア正教会の自立。東ローマ帝国の衰退に伴い「タタールの軛」を脱したロシアでは独自の組織が形成され文化的にも新たな展開が見られた。画像はこの時代を代表するモスクワ派のイコン(聖画像)でアンドレイ・ルブリョフの「至聖三者」(モスクワのトレチャコフ美術館蔵)。 グルンヴァルトの戦い(タンネンベルクの戦い)。ポーランド・リトアニア連合軍がドイツ騎士団を破り、東方植民の動きはここで抑えられた。画像はこの戦いを描いたポーランド人画家ヤン・マテイコの歴史画(ワルシャワ国立美術館蔵)。 天文時計で1410年頃作成されてから、後世の補修はあるものの今日まで動いているものである。 プラハ大学学長ヤン・フスの火刑。コンスタンツ公会議の決定によりカトリック教会と相容れぬ異端の徒として処刑されたが、これがチェック人の憤激を呼び起こすことになった。 オルレアンの乙女ジャンヌ・ダルク。劣勢のフランス軍を鼓舞し百年戦争の終結に大きな役割を果たしたが魔女裁判で火刑に処せられた。 グーテンベルク聖書(42行聖書)』の「創世記」。 『中世の秋』。歴史家ホイジンガはこの題名でこの時代のブルゴーニュ公国の歴史を描いた。画像はヤン・ファン・エイクの「宰相ロランの聖母」。ロランはこの国の宰相で、背後にはブルゴーニュのオータンの風景が広がる。 ブルネレスキの巨大なドーム建築で知られる「花の聖母教会(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)」。 ボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」。メディチ家などの文化支援活動に支えられてルネサンス文化が花開いた。画像の中心の女神は美と愛の女神ウェヌス(ヴィーナス)で、その周囲を多くの神々が取り囲んでいる(ウフィッツィ美術館蔵)。 サイイド朝からローディー朝へ。北インドではデリーを中心にイスラム系王朝が続いた。画像はデリーのローディー・ガーデン内にあるサイイド朝の君主ムハンマド・シャーの霊廟。この公園の敷地にはローディー朝君主たちの霊廟もある。 タイを支配したアユタヤ朝は上座部仏教を保護し東南アジアでも有数の国家となっていた。画像はアユタヤに残るワット・プラ・シーサンペットで、1448年にボーロマトライローカナート王により建立された寺院である。 万里の長城。モンゴル人を漠北に追い払ってからもその侵入に備え明代には長城が幾度となく修復・増築を繰り返されていた。画像は1404年に「慕田峪長城」と名付けられた長城で北京市の北東に位置するもの。 鄭和の南海大遠征。永楽帝時代には明の国威を示す大艦隊が各地に派遣された。画像は1417年にベンガルから運ばれたキリンを描いた「瑞應麒麟図」。 「仁宣の治」。明は仁宗洪熙帝と続く宣宗宣徳帝の時代に安定期を迎えた。画像は明の宣宗宣徳帝の入城を描いたもの(台北故宮博物院蔵)。 如拙「瓢鮎図」。禅宗の流入は「五山文学」や「舶来唐物」などを通じて室町時代の文化に大きな影響を与えた。この「瓢鮎図」も将軍足利義持の命で描かれた水墨画で数多くの禅僧の画讃がつけられている。京都妙心寺塔頭退蔵院の所蔵。 文化を極めた。 応仁の乱。将軍後継をめぐる守護大名の争いで京都の町は焦土と化した。以後足利将軍の権威は衰え下剋上の時代へと進むことになる。画像は応仁の乱を描いた「紙本著色真如堂縁起」(真正極楽寺蔵)。 15世紀(じゅうごせいき)とは、西暦1401年から西暦1500年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と15世紀 · 続きを見る »

1月20日

1月20日(いちがつはつか、いちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から20日目に当たり、年末まであと345日(閏年では346日)ある。 西暦年が4で割り切れる年の翌年のこの日、アメリカ合衆国で大統領の就任式が行われる。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1月20日 · 続きを見る »

1月9日

1月9日(いちがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から9日目に当たり、年末まであと356日(閏年では357日)ある。誕生花はパンジー。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と1月9日 · 続きを見る »

3月2日

3月2日(さんがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から61日目(閏年では62日目)にあたり、年末まであと304日ある。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と3月2日 · 続きを見る »

3月3日

3月3日(さんがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から62日目(閏年では63日目)にあたり、年末まであと303日ある。誕生花は花桃。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と3月3日 · 続きを見る »

5月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より5月 5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と5月 · 続きを見る »

9月27日

9月27日(くがつにじゅうななにち、くがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から270日目(閏年では271日目)にあたり、年末まであと95日である。.

新しい!!: ヴワディスワフ1世 (ポーランド王)と9月27日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »