ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴュルテンベルク君主一覧

索引 ヴュルテンベルク君主一覧

ヴュルテンベルク王家の居住の中心であるドイツのアルツハウゼンの宮殿の門に掲げられた王家の紋章。 ヴュルテンベルク伯の紋章 エーバーハルト1世によって採用された紋章。 ヴュルテンベルク君主一覧では、1918年まで続いた伯から王までのドイツ・ヴュルテンベルクの君主を列挙する。.

91 関係: 宮殿ハプスブルク帝国メアリー・オブ・テックモンベリアル伯の一覧ヨハン・フリードリヒ (ヴュルテンベルク公)ヨーク公ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)ルートヴィヒ・オイゲン (ヴュルテンベルク公)ヴュルテンベルクヴュルテンベルク家ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)ヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王)ヴィルヘルム・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク公)フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)フリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公)フィリップ・アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルクドイツドイツ帝国ドイツ革命アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルクイギリスウラッハ公ウルリヒ (ヴュルテンベルク公)エーバーハルト1世 (ヴュルテンベルク公)エーバーハルト2世 (ヴュルテンベルク公)エーバーハルト3世 (ヴュルテンベルク公)エーバーハルト・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)カール1世 (ヴュルテンベルク王)カール・フォン・ヴュルテンベルクカール・アレクサンダー (ヴュルテンベルク公)カール・オイゲン (ヴュルテンベルク公)クリストフ (ヴュルテンベルク公)シュトゥットガルトジョージ5世 (イギリス王)サリカ法典紋章選帝侯貴賤結婚10月24日10月2日10月30日10月31日10月6日11月29日11月6日12月23日12月28日1482年1495年...1496年1498年1519年1534年1550年1568年1593年1608年1628年1674年1677年1733年1737年1793年1795年1797年1803年1806年1816年1864年1871年1891年1918年1921年1939年1975年1月1月1日1月29日2月24日2月25日3月12日4月15日5月5月20日6月11日6月23日6月25日7月18日7月2日8月18日 インデックスを展開 (41 もっと) »

宮殿

イタリア共和国カンパニア州 宮殿(きゅうでん)は、王族、皇族などの君主およびその一族が居住する、もしくは居住していた御殿。君主が政務や外国使節の謁見、国家的な儀式などを行う朝廷部分と、君主が私的な生活を行う宮廷(きゅうてい)部分に分かれる。中世ヨーロッパにおいては戦士階級と世俗君主階級が一体化していたため、城壁に囲まれた城砦の中に国王や領主が居住し、君主が住み政治的機能を有する城砦を宮殿と同時に呼ぶことが一般的であった。しかし、時代の変遷とともに城砦形式の有効性が低下したことなどから、防衛機能より見た目の豪華さ、壮大さや居住性を重視して、都市の中に建設されるようになった。ヨーロッパ大陸諸国では都市の中に建てられた貴族の壮麗な邸宅を指すことがある。ヨーロッパ諸語における「Palace(英)」、「Palast(独)」「 Palais(仏)」、「Palazzo(伊)」という表現は、古代ローマのローマの七丘の一つである「Palatinus Mons(パラティーノ)」に由来する。この丘にローマ貴族の多くが邸宅を建て、初代皇帝も居住したからである。 日本においては戦士階級(武士)に対して、天皇の形式上の地位が保たれていたことから、天皇の住居のみが宮殿と呼ばれ、武士の住居および軍事的基地である城砦とは明確に区別される。日本語の「御所」は「宮殿」と共に英語のPalaceに意味が近い。イタリア語のPalazzoは宮殿というより単に大邸宅を指す語となっている。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と宮殿 · 続きを見る »

ハプスブルク帝国

ハプスブルク帝国(ハプスブルクていこく)大津留厚「ハプスブルク帝国」世界民族問題事典、平凡社、2002年は、オーストリア系ハプスブルク家(のちハプスブルク=ロートリンゲン家)の君主により統治された、神聖ローマ帝国内外の領邦国家などの国家群による同君連合である。単一の「帝国」ではなかった、あるいは推戴する君主が「皇帝」でなかった時代もあるが、日本語ではこの呼称が用いられることが多い。ドイツ語では Habsburgermonarchie または Habsburgisches Reich であるが、前者は直訳するとハプスブルク君主国であり、後者の場合もライヒ (Reich) は必ずしも「帝国」を意味しない。 成立年はハプスブルク家がオーストリア大公国に加えてハンガリー王国、ボヘミア王国(ボヘミア王冠領)を獲得した1526年とされる。1804年までは公式の名称を持っていなかったが、同時代の人々ですらこれを事実上の国家として認識し、オーストリアと呼称していた。1804年から1867年まではオーストリア帝国、1867年から1918年まではオーストリア=ハンガリー帝国を総称とした。 ただし、これより古い時代の、神聖ローマ皇帝とスペイン王を兼ねたカール5世を君主とする国家群なども、広く「ハプスブルク家の帝国」といった意味で「ハプスブルク帝国」と呼ばれることがある。 ハプスブルク帝国(ハプスブルク家)の旗.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とハプスブルク帝国 · 続きを見る »

メアリー・オブ・テック

メアリー・オブ・テック(Mary of Teck, 1867年5月26日 - 1953年3月24日)は、イギリス・ウィンザー朝の国王ジョージ5世の王妃。 ドイツのヴュルテンベルク王家傍系の出身で、ハノーヴァー朝のイギリス国王ジョージ3世の曾孫にあたる。エドワード8世・ジョージ6世の母、女王エリザベス2世の祖母である。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とメアリー・オブ・テック · 続きを見る »

モンベリアル伯の一覧

モンベリアル伯の紋章 モンフォーコン家のモンベリアル伯の紋章 モンベリアル伯(Comte de Montbéliard)は、現在のフランス領フランシュ=コンテ地域圏に存在した神聖ローマ帝国の領邦モンベリアル伯領の支配者の称号である。15世紀にドイツのシュヴァーベン地方の有力諸侯家門ヴュルテンベルク家が伯爵位を相続した。ドイツ語でメンペルガルト伯(Graf von Mömpelgard)とも呼ばれ、特に1617年以後、モンベリアル伯は「諸侯と同格の伯爵(„gefürstete Grafschaft“)」とされ、ヴュルテンベルク=メンペルガルト公(Herzog von Württemberg-Mömpelgard)と呼ばれた。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とモンベリアル伯の一覧 · 続きを見る »

ヨハン・フリードリヒ (ヴュルテンベルク公)

ヨハン・フリードリヒ(Johann Friedrich von Württemberg, 1582年5月5日 - 1628年7月18日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1608年 - 1628年)。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヨハン・フリードリヒ (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

ヨーク公

ヨーク公(ヨークこう、Duke of York)は、イギリスの王族が有する公爵位。ヨーク公であったエドワード4世が国王に即位してヨーク朝を興して以後は、王太子が存命中に限り、国王または女王の存命する2番目の男子に与えられている。称号の由来するヨークは、イングランド北部の中心的な都市である。 1384年に創設。現在のヨーク公は、女王エリザベス2世の次男アンドルー王子。現在の従属爵位は、インヴァネス伯爵とキラニー男爵である。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヨーク公 · 続きを見る »

ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)

ルートヴィヒ(Ludwig, 1554年1月1日 - 1593年8月28日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1568年 - 1593年)。ルートヴィヒ敬虔公(Ludwig der Fromme)とも呼ばれる。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

ルートヴィヒ・オイゲン (ヴュルテンベルク公)

ルートヴィヒ・オイゲン・ヨハン(Ludwig Eugen Johann, 1731年1月6日 - 1795年5月20日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1793年 - 1795年)。ヴュルテンベルク公カール・アレクサンダーと、トゥルン・ウント・タクシス侯アンゼルム・フランツの娘マリー=アウグステの間の3男、実質的な次男としてフランクフルト・アム・マインで生まれた。カール・オイゲンの弟、フリードリヒ2世オイゲンの兄。 ルートヴィヒは少年時代を兄のカール・オイゲンと共にプロイセン王フリードリヒ2世の宮廷で過ごした。ルートヴィヒは1743年、フリードリヒ2世によりプロイセン軍の竜騎兵連隊の連隊長に任命されている。1749年より、ドイツ人騎兵連隊の連隊長としてフランス王ルイ15世に仕えた。1756年には七年戦争中だったフランスとイギリスのミノルカ島での戦闘に従事し、中将に昇進している。 1793年に兄が嫡子のないまま死ぬとヴュルテンベルク公爵位を継承したが、2年後に亡くなり、弟のフリードリヒ・オイゲンが後を継いだ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とルートヴィヒ・オイゲン (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヴュルテンベルク家

de) の庭園の門扉に掲げられたヴュルテンベルク家の紋章 ヴュルテンベルク家(Haus Württemberg)は、南ドイツのヴュルテンベルク地方を支配していた諸侯の家系。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヴュルテンベルク家 · 続きを見る »

ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)

ヴィルヘルム1世(Wilhelm I.、1781年9月27日 - 1864年6月25日)は、ヴュルテンベルク王国の第2代国王(在位:1816年 - 1864年)。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の長男で、全名はヴィルヘルム・フリードリヒ・カール(Wilhelm Friedrich Karl)。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

ヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王)

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1848年2月25日 - 1921年10月2日)は、ヴュルテンベルク王国の第4代国王(在位:1891年 - 1918年)。ヴュルテンベルク王子フリードリヒ(フリードリヒ1世の孫、1808年 - 1870年)とその妻であったヴィルヘルム1世の王女カタリーナの息子。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)

ヴィルヘルム・ルートヴィヒ(Wilhelm Ludwig, 1647年1月7日 - 1677年6月23日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1674年 - 1677年)。エーバーハルト3世とその最初の妃であったアンナ・カタリーナ(1614年 - 1655年)の息子。 1647年1月7日、エーバーハルト3世とアンナ・カタリーナの第9子としてシュトゥットガルトで生まれた。1673年11月6日にダルムシュタットでヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世の娘マグダレーナ・ジビュラ(1652年 - 1712年)と結婚し、彼女との間にエーバーハルト・ルートヴィヒやマグダレーネ・ヴィルヘルミーネ(1677年 - 1742年、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール3世ヴィルヘルム妃)らをもうけた。 1674年、父の死去によって公位に即くが、僅か3年後にヒルザウ(バーデン=ヴュルテンベルク州)で急死。息子のエーバーハルト・ルートヴィヒが後を嗣いだ。 Category:ヴュルテンベルク公 Category:ヴュルテンベルク=メンペルガルト家 Category:1647年生 Category:1677年没.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とヴィルヘルム・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク公)

フリードリヒ1世 フリードリヒ1世(Friedrich I., 1557年8月19日、モンベリアル - 1608年1月29日、シュトゥットガルト)は、ヴュルテンベルク=メンペルガルト伯(在位:1558年 - 1593年)、後にヴュルテンベルク公(在位:1593年 - 1608年)。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とフリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)

フリードリヒ1世(Friedrich I. Wilhelm Karl von Württemberg、1754年11月6日 - 1816年10月30日)は、ヴュルテンベルク王国初代国王(在位:1805年 - 1816年)。ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンとその妃フリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの長男としてリガ近郊で生まれた。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とフリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

フリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公)

フリードリヒ2世オイゲン フリードリヒ2世オイゲン(Friedrich Eugen, 1732年1月21日 - 1797年12月23日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1795年 - 1797年)。ヴュルテンベルク公カール・アレクサンダーと妃マリア・アウグスタ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスの四男として、シュトゥットガルトで生まれた。カール・オイゲン公、ルートヴィヒ・オイゲン公の弟にあたる。 1795年、次兄ルートヴィヒ・オイゲンの急死により公位を継いだが2年後に急死、長男のフリードリヒ3世が後を継いだ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とフリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

フィリップ・アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルク

フィリップ・アルブレヒト・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルク(, 1893年11月14日 - 1975年4月15日)は、ドイツの旧諸侯ヴュルテンベルク王家家長(1939年 - 1975年)。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とフィリップ・アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とドイツ · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ革命

ドイツ革命(ドイツかくめい、Novemberrevolution, German Revolution of 1918–19)は、第一次世界大戦末期に、1918年11月3日のキール軍港の水兵の反乱に端を発した大衆的蜂起と、その帰結としてドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が廃位され、ドイツ帝国が打倒された革命である。ドイツでは11月革命とも言う。 これにより、第一次世界大戦は終結し、ドイツでは議会制民主主義を旨とするヴァイマル共和国が樹立された。また、革命の指導者のクルト・アイスナー、ローザ・ルクセンブルク、エルンスト・トラー、オイゲン・レヴィーネらがユダヤ人であったことから、ドイツ革命に反発した民族主義の右翼は、共産主義者とユダヤ人による「背後の一突き」でドイツを敗北へと導いたとする見方を広め、革命後のヴァイマル共和国では反ユダヤ主義が高まっていった。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とドイツ革命 · 続きを見る »

アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルク

アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルク(, 1865年12月23日 - 1939年10月31日)は、ヴュルテンベルク王国の王族で、ドイツ帝国の元帥。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とアルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とイギリス · 続きを見る »

ウラッハ公

ウラッハ公爵家の紋章 ウラッハ公(Herzog von Urach)は、ドイツのヴュルテンベルク王国において創設された公爵位。1867年3月28日、ヴュルテンベルク伯ヴィルヘルムに与えられた。敬称は「Serene Highness」相当。ヴュルテンベルク家の庶流ウラッハ家 (Haus Urach) として言及されることもある。 初代ウラッハ公となったヴュルテンベルク伯ヴィルヘルムは、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの四男で、初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の弟であるヴィルヘルムが、トゥンダーフェルト=ローディス男爵夫人ヴィルヘルミーネ(Wilhelmine Freein von Tunderfeld-Rhodis, 1777年 - 1822年)との貴賤結婚でもうけた6人の子供のうちの一人であった。初代ウラッハ公ヴィルヘルムはテオドランド・ド・ボアルネとの最初の結婚によってカトリックに改宗し、またフロレスティーヌ・ド・モナコとの再婚によって、1918年に起きたモナコ公国の継承問題にウラッハ公爵家を巻き込むことになった。 ヴィルヘルムの長男で第2代公爵のヴィルヘルム・カールは、1918年に一時的にリトアニア王に選出され、ミンダウガス2世を名乗った。ウラッハ公爵家は現在、初代公爵ヴィルヘルムが再建したリヒテンシュタイン城を居城としている。 ウラッハ公爵夫妻以外のウラッハ公爵家の人々は「ウラッハ侯爵 (Fürst von Urach)」および「ヴュルテンベルク伯爵 (Graf von Württemberg)」の称号で呼ばれる。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とウラッハ公 · 続きを見る »

ウルリヒ (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公ウルリヒ リクヴィールにあるウルリヒの記念額 ウルリヒ(Ulrich von Württemberg, 1487年2月8日 - 1550年11月6日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1498年 - 1550年)。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とウルリヒ (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

エーバーハルト1世 (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公エーバーハルト1世、1492年 シュトゥットルト宮殿の旧宮殿に立つエーバーハルト髭公の騎馬像 エーバーハルト1世(Eberhard I., 1445年12月11日 - 1496年2月25日)は、初代ヴュルテンベルク公(在位:1495年 - 1496年)。公爵に昇格するまではヴュルテンベルク=ウラッハ伯エーバーハルト5世(Graf Eberhard V. von Württemberg-Urach)であった。またエーバーハルト髭公(Eberhard im Bart)の異称でも呼ばれる。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とエーバーハルト1世 (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

エーバーハルト2世 (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公エーバーハルト2世 エーバーハルト2世(Eberhard II., 1447年2月1日 - 1504年2月17日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1496年 - 1498年)。1480年から1496年まではヴュルテンベルク=シュトゥットガルト伯エーバーハルト6世(Graf Eberhard VI. von Württemberg-Stuttgart)であった。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とエーバーハルト2世 (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

エーバーハルト3世 (ヴュルテンベルク公)

ーバーハルト3世、1670年頃 ヴュルテンベルク公エーバーハルト3世 エーバーハルト3世(Eberhard III., 1614年12月16日、シュトゥットガルト - 1674年7月2日、シュトゥットガルト)は、ヴュルテンベルク公(在位:1628年 - 1674年)。ヴュルテンベルク公ヨハン・フリードリヒとその妻でブランデンブルク選帝侯ヨアヒム・フリードリヒの娘であるバルバラ・ゾフィアの間の次男として生まれた。 三十年戦争中の1628年に父が急死したためわずか13歳で公爵位を継いだ。当初は一番年上の叔父のメンペルガルト公ルートヴィヒ・フリードリヒが、その死後はもう一人の叔父のヴァイルティンゲン公ユリウス・フリードリヒが後見人を務めた。 ヴュルテンベルクは1629年に公国の領域の3分の1を喪失した。1633年、エーバーハルト3世は叔父のユリウス・フリードリヒによる後見を廃し、完全な親政を行うことを宣言した。1634年9月6日のネルトリンゲンの戦いでヴュルテンベルク軍が悲惨な敗北を喫すると、ヴュルテンベルク公国は敵のカトリック軍により激しい掠奪の対象になった。 ストラスブールに逃亡したエーバーハルト3世は1637年に同地で最初の結婚をし、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世との長期にわたる休戦交渉が実って1638年には公国に帰還することができた。彼が帰国すると、既に公国の多くの地域が神聖ローマ皇帝の与党の諸勢力に引き渡され、その地域ではカトリック改革が敷かれていた。 ヴュルテンベルク公国は長い交渉の結果、1648年のヴェストファーレン条約で全領土がエーバーハルト3世の下に復帰したが、戦争中に土地が痩せ衰え、民は飢餓に苦しみ、腺ペストが流行し、人口は1618年には35万人いたのが、1648年にはわずか12万人に激減していた。 1649年、エーバーハルト3世はすぐ下の弟フリードリヒとの間で分割相続に関する協定を結び、フリードリヒはヴュルテンベルク=ノイエンシュタット公領を与えられてヴュルテンベルク家の新たな分家を創始した。1651年にもう一人の弟ウルリヒとの間にも同様の協定を結び、ウルリヒには相続分としてノイエンビュルク城があてがわれた。 1674年、59歳で死去。息子のヴィルヘルム・ルートヴィヒが後を継いだ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とエーバーハルト3世 (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

エーバーハルト・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公エーバーハルト・ルートヴィヒ エーバーハルト・ルートヴィヒの肖像画を描くケルビム、ルカ・アントニオ・コロンボによるルートヴィヒスブルク宮殿の壁画 エーバーハルト・ルートヴィヒ(Eberhard Ludwig, 1676年9月18日 - 1733年10月31日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1677年 - 1733年)。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とエーバーハルト・ルートヴィヒ (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

カール1世 (ヴュルテンベルク王)

カール1世(Karl I.、1823年3月6日 - 1891年10月6日)は、ヴュルテンベルク王国の第3代国王(在位:1864年 - 1891年)。ヴィルヘルム1世とその3番目の妃であったパウリーネ(1800年 - 1873年)の長男で、全名はカール・フリードリヒ・アレクサンダー(Karl Friedrich Alexander)。 カールは1823年3月6日にシュトゥットガルトで生まれ、ベルリンとテュービンゲンで学んだ。 1846年7月13日、カールはロシア皇帝ニコライ1世の皇女で又従姉にあたるオリガ(1822年 - 1892年)と結婚した。 1864年、父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に即いた。カール1世の治世中の1871年、ヴュルテンベルク王国はドイツ帝国の構成国の一つとなった。 1891年10月6日、カール1世はシュトゥットガルトで死去した。カールは同性愛者であったといわれており、王妃との間に嗣子はおらず、王位は従兄フリードリヒ王子と姉カタリーナ王女の息子であるヴィルヘルム2世が嗣いだ。 Category:ヴュルテンベルク国王 Category:ヴュルテンベルク王太子 かある1 うゆるてんへるく Category:金羊毛騎士団員 Category:LGBTの王族 Category:ゲイの人物 Category:1823年生 Category:1891年没.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とカール1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

カール・フォン・ヴュルテンベルク

ール・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルク(、1936年8月1日 - )は、ドイツの起業家。現在のヴュルテンベルク家家長。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とカール・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

カール・アレクサンダー (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公カール・アレクサンダー 馬上のカール・アレクサンダー カール・アレクサンダー(Karl Alexander, 1684年1月24日 - 1737年3月12日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1733年 - 1737年)、神聖ローマ皇帝(オーストリア)軍の元帥。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とカール・アレクサンダー (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

カール・オイゲン (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公カール・オイゲン カール・オイゲン、1782年 カール・オイゲン(Karl Eugen, 1728年2月11日 - 1793年10月24日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1737年 - 1793年)。カール・アレクサンダーとトゥルン・ウント・タクシス侯アンゼルム・フランツの娘マリー=アウグステの間の長男。ルートヴィヒ・オイゲン、フリードリヒ2世オイゲンの兄。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とカール・オイゲン (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

クリストフ (ヴュルテンベルク公)

ヴュルテンベルク公クリストフ シュトゥットガルト市街にあるクリストフの記念像 クリストフ(Christoph von Württemberg, 1515年5月12日 - 1568年12月28日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1550年 - 1568年)。 ヴュルテンベルク公ウルリヒとその妃でバイエルン公アルブレヒト4世の娘であるザビーナの間の一人息子として生まれた。クリストフが生まれて半年後の1515年11月、母ザビーナは父の暴力に耐えかねて実家のミュンヘン宮廷に逃亡し、乳児のクリストフは姉アンナと共に父の許に残された。が父に対する攻撃を開始すると、父は2人の子供をホーエンテュービンゲン城に避難させた。やがて1519年に父は廃位され、ヴュルテンベルク公国はオーストリアの支配下に置かれた。 クリストフは大伯父にあたる神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世のインスブルック宮廷に保護され、ハプスブルク家の宮廷で育ち、政治経験を積むことができた。マクシミリアン1世の孫カール5世は、又従弟にあたるクリストフをヨーロッパ各地に随行させた。父が1534年にヴュルテンベルクの支配権をオーストリアから奪い返すと、クリストフは今度はフランス宮廷に送られ、フランスの対ハプスブルク戦争に参加することになった。1530年代初頭、クリストフはプロテスタントに改宗した。1542年のライヒェンヴァイアー条約の取り決めにより、クリストフはヴュルテンベルク家領の一部であるフランス国境のモンベリアル伯領を統治することになった。 1550年に父が死亡して公爵位を継承した後、クリストフは父がシュマルカルデン戦争に参加して神聖ローマ皇帝フェルディナント1世に反抗した代償として、莫大な賠償金を支払うことになった。国内政策においては領邦教会体制を確立し、領内の教育制度の改良に努めた。またシュトゥットガルトの旧宮殿のルネサンス様式への改築にも着手している。1568年の死後、唯一成育した息子ルートヴィヒが後を継いだ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とクリストフ (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

シュトゥットガルト

ュトゥットガルト(標準Stuttgart、アレマン語:Schduagert(シュドゥアガート/シュドゥアゲアト))は、ドイツ連邦共和国の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州の州都であり、ドイツ南西部の世界都市。人口は約62万人(2015年)。シュツットガルトとも表記される。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とシュトゥットガルト · 続きを見る »

ジョージ5世 (イギリス王)

ョージ5世(,, 1865年6月3日 – 1936年1月20日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領()の国王(1927年からはグレートブリテン、アイルランドならびに海外自治領の国王)、インド皇帝(在位:1910年5月6日 – 1936年1月20日)。ウィンザー朝の初代君主。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とジョージ5世 (イギリス王) · 続きを見る »

サリカ法典

リカ法典(サリカほうてん、羅:Lex Salica) は、フランク人サリー支族が建てたフランク王国の法典。ラテン語で記述されており、編纂にあたってはローマ人の法律家の援助を得たと言われているが、ローマ法とは異なり、金額が固定された金銭賠償(贖罪金)に関する規定が主であり、自力救済を原則としていたことにも特色がある。 また、サリカ法の相続条項を拡大解釈して女王及び女系継承を禁じたフランス王国の王位継承法と、それに準じた他国の相続方式も、しばしば便宜的にサリカ法と呼ばれる。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧とサリカ法典 · 続きを見る »

紋章

en)(紋章保持者の名前などに掛けた洒落を紋章にしたもの)の代表例のひとつ 紋章(もんしょう、)とは、個人および家系を始めとして、公的機関、組合(ギルド)、軍隊の部隊などの組織および団体などを識別し、特定する意匠又は図案である。ここでは、主にヨーロッパを発祥とする紋章について述べる。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と紋章 · 続きを見る »

選帝侯

ハインリヒ7世時代) 選帝侯(せんていこう、Kurfürst)は、神聖ローマ帝国において、ローマ王(ドイツ王)すなわち神聖ローマ帝国の君主に対する選挙権(選定権)を有した諸侯のことである。選挙権以外にも他の帝国諸侯とは一線を画した数々の特権を有した。選挙侯(せんきょこう)または選定侯(せんていこう)ともいう。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と選帝侯 · 続きを見る »

貴賤結婚

貴賤結婚(きせんけっこん、morganatic marriage)は、配偶者同士の間で、所属する社会的・経済的階層ないし法的身分という観点から見た場合、大きく上下の隔たりが存在する婚姻の形態。卑賤結婚、左手結婚の呼称も散見する。特に彼らが属する社会において、一般に対等だと認められないため、夫婦の両方又は一方ないし夫婦の間に出生する子供には法的・社会的ペナルティが科せられる。 貴賤結婚が大きな問題となるのは、君主国において王位継承権者の配偶者の身分を厳しく制限する法律が存在する場合である。特に、キリスト教文明圏であるヨーロッパの君主国での結婚形態は一夫一婦制であるため、君主やその親族の身分の釣り合いのとれた対等結婚が重視されていた。しかし19・20世紀になると、ヨーロッパでは王族や貴族階級の間に恋愛結婚の概念が浸透するようになり、君主や王族が身分の低い相手を配偶者に選ぶ例が続出した。20世紀後半までに、君主国の多くで身分制度が弛緩するとともに、王族の配偶者の身分上の資格が問題になることは少なくなった。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と貴賤結婚 · 続きを見る »

10月24日

10月24日(じゅうがつにじゅうよっか、じゅうがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から297日目(閏年では298日目)にあたり、年末まであと68日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と10月24日 · 続きを見る »

10月2日

10月2日(じゅうがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から275日目(閏年では276日目)にあたり年末まであと90日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と10月2日 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と10月30日 · 続きを見る »

10月31日

10月31日(じゅうがつさんじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から304日目(閏年では305日目)にあたり、年末まであと61日ある。10月の最終日である。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と10月31日 · 続きを見る »

10月6日

10月6日(じゅうがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から279日目(閏年では280日目)にあたり、年末まであと86日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と10月6日 · 続きを見る »

11月29日

11月29日(じゅういちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から333日目(閏年では334日目)にあたり、年末まであと32日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と11月29日 · 続きを見る »

11月6日

11月6日(じゅういちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から310日目(閏年では311日目)にあたり、年末まであと55日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と11月6日 · 続きを見る »

12月23日

12月23日(じゅうにがつにじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から357日目(閏年では358日目)にあたり、年末まであと8日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と12月23日 · 続きを見る »

12月28日

12月28日(じゅうにがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から362日目(閏年では363日目)にあたり、年末まであと3日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と12月28日 · 続きを見る »

1482年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1482年 · 続きを見る »

1495年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1495年 · 続きを見る »

1496年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1496年 · 続きを見る »

1498年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1498年 · 続きを見る »

1519年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1519年 · 続きを見る »

1534年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1534年 · 続きを見る »

1550年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1550年 · 続きを見る »

1568年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1568年 · 続きを見る »

1593年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1593年 · 続きを見る »

1608年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1608年 · 続きを見る »

1628年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1628年 · 続きを見る »

1674年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1674年 · 続きを見る »

1677年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1677年 · 続きを見る »

1733年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1733年 · 続きを見る »

1737年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1737年 · 続きを見る »

1793年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1793年 · 続きを見る »

1795年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1795年 · 続きを見る »

1797年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1797年 · 続きを見る »

1803年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1803年 · 続きを見る »

1806年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1806年 · 続きを見る »

1816年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1816年 · 続きを見る »

1864年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1864年 · 続きを見る »

1871年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1871年 · 続きを見る »

1891年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1891年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1918年 · 続きを見る »

1921年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1921年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1939年 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1975年 · 続きを見る »

1月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より1月 1月(いちがつ)はグレゴリオ暦で年の第1の月に当たり、31日ある。 日本では旧暦1月を睦月(むつき)と呼び、現在では新暦1月の別名としても用いる。睦月という名前の由来には諸説ある。最も有力なのは、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」の意であるとするものである。他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの説がある。 1月はその年の10月と同じ曜日で始まるのと同じである。平年の場合。 英語の January は、ローマ神話の出入り口とドアの神ヤヌスにちなむ。年の入り口にあたることから、ヤヌスの月となった。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1月 · 続きを見る »

1月1日

1月1日(いちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から1日目に当たり、年末まであと364日(閏年では365日)ある。誕生花は松(黒松)、または福寿草。 キリスト教においては生後8日目のイエス・キリストが割礼と命名を受けた日として伝えられる。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1月1日 · 続きを見る »

1月29日

1月29日(いちがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から29日目に当たり、年末まであと336日(閏年では337日)ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と1月29日 · 続きを見る »

2月24日

2月24日(にがつにじゅうよっか、にがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から55日目にあたり、年末まであと310日(閏年では311日)ある。グレゴリオ暦では、閏年の場合に限り、閏日とも呼ばれる。詳細は閏日の項を参照。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と2月24日 · 続きを見る »

2月25日

2月25日(にがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から56日目にあたり、年末まであと309日(閏年では310日)ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と2月25日 · 続きを見る »

3月12日

3月12日(さんがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から71日目(閏年では72日目)にあたり、年末まであと294日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と3月12日 · 続きを見る »

4月15日

4月15日(しがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から105日目(閏年では106日目)にあたり、年末まではあと260日ある。誕生花はモクレン、タンポポ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と4月15日 · 続きを見る »

5月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より5月 5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と5月 · 続きを見る »

5月20日

5月20日(ごがつはつか、ごがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から140日目(閏年では141日目)にあたり、年末まではあと225日ある。誕生花はデルフィニウム。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と5月20日 · 続きを見る »

6月11日

6月11日(ろくがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から162日目(閏年では163日目)にあたり、年末まであと203日ある。誕生花はヒゲナデシコ、ガクアジサイ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と6月11日 · 続きを見る »

6月23日

6月23日(ろくがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から174日目(閏年では175日目)にあたり、年末まであと191日ある。誕生花はササユリ、ムラサキツユクサ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と6月23日 · 続きを見る »

6月25日

6月25日(ろくがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から176日目(閏年では177日目)にあたり、年末まであと189日ある。誕生花はアガパンサス、ヒルガオ。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と6月25日 · 続きを見る »

7月18日

7月18日(しちがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から199日目(閏年では200日目)にあたり、年末まであと166日ある。誕生花はトルコキキョウ、ゲッカビジン。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と7月18日 · 続きを見る »

7月2日

7月2日(しちがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から183日目(閏年では184日目)にあたり、年末まではあと182日ある。平年では1年のちょうど真ん中にあたる日である。誕生花はキンギョソウ、カラー。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と7月2日 · 続きを見る »

8月18日

8月18日(はちがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から230日目(閏年では231日目)にあたり、年末まであと135日ある。.

新しい!!: ヴュルテンベルク君主一覧と8月18日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ヴュルテンベルク伯ヴュルテンベルク伯爵ヴュルテンベルク公ヴュルテンベルク公爵ヴュルテンベルク国王ヴュルテンベルク王ヴュルテンベルク選帝侯

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »