ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴェラ・コンスタンチノヴナ

索引 ヴェラ・コンスタンチノヴナ

ヴェラ・コンスタンチノヴナ ヴェラ・コンスタンチノヴナ (, 1854年2月16日 - 1912年4月11日)は、ロシア大公女。ヴュルテンベルク公ヴィルヘルム・オイゲンの妻。.

32 関係: ポーランド王国ルーテル教会ロシア大公女・大公妃一覧ロシア皇帝ワルシャワヴュルテンベルクヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王)デュッセルドルフドイツニコライ1世ニコライ2世アルフレート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータアレクサンドラ・イオシフォヴナアレクサンドル2世オリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃)オルガ (ギリシャ王妃)オイゲン・フォン・ヴュルテンベルク (1846-1877)カール1世 (ヴュルテンベルク王)ギリシャ王国コンスタンチン・ニコラエヴィチシャルロッテ・ツー・シャウムブルク=リッペシュトゥットガルトサンクトペテルブルク聖書鼻眼鏡舞踏運動正教会1854年1912年2月16日4月11日

ポーランド王国

ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1025年から1569年(リトアニアとの二重王国時代を含めると1795年)までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。法的には1918年に成立したポーランド共和国(第二共和国)、1939年からのポーランド亡命政府、このポーランド亡命政府を1989年に継承した現在のポーランド共和国(第三共和国)がその法的継承国家。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとポーランド王国 · 続きを見る »

ルーテル教会

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、, )は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。 パッヘルベル、J.S.バッハ、テレマン、メンデルスゾーンなど著名な音楽家が多く所属し、作曲家や音楽家に縁がある教会としても知られる。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとルーテル教会 · 続きを見る »

ロシア大公女・大公妃一覧

以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーカヤ・クニャージナ(Великая Княжна)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーカヤ・クニャージナは基本的にはロシア皇帝の男系子孫の女子、および男系男子の配偶者に許される儀礼称号であり、妃殿下(Her Imperial Highness)の敬称と一緒に授けられた。1886年にロシア皇帝アレクサンドル3世が行ったロシア帝室の家内法に関する修正により、この称号を許されるのはロシア皇帝の娘と男系の孫娘、およびロシア大公と正式な条件の下で結婚した妻のみに制限された。ヴェリーカヤ・クニャージナは日本語では「大公女」あるいは「大公妃」に相当し、ロシア皇帝の娘ないし孫娘の場合はロシア大公女を、ロシア大公の正式の妻の場合はロシア大公妃を、それぞれ訳語に充てている。その他、英語では「Grand Duchess」と訳される場合が多いが、「Grand Princess」の方がより正確な訳語と言える。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとロシア大公女・大公妃一覧 · 続きを見る »

ロシア皇帝

ア皇帝(ロシアこうてい、Императоры России)は、1721年から1917年までのロシア帝国で用いられた君主号である。正式名称は全ロシアのインペラートルないし全ロシアのインペラトリーツァ。 インペラトルの称号は大北方戦争にて勝利したことにより採用され、ヨーロッパにおける皇帝号に適応させる形で出現した。 «всероссийский»(全ルーシの)の接頭辞はウラジーミル・スーズダリ大公国時代のロシアの君主が用いていたвсея Руси»という表現を継続しているという意味合いが含まれていた。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとロシア皇帝 · 続きを見る »

ワルシャワ

ワルシャワ(;ヴァルシャヴァ、Warsaw、ワルソー)は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとワルシャワ · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王)

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1848年2月25日 - 1921年10月2日)は、ヴュルテンベルク王国の第4代国王(在位:1891年 - 1918年)。ヴュルテンベルク王子フリードリヒ(フリードリヒ1世の孫、1808年 - 1870年)とその妻であったヴィルヘルム1世の王女カタリーナの息子。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

デュッセルドルフ

ーニヒスアレー(目抜き通り) デュッセルドルフ(, )は、ドイツ連邦共和国の都市でノルトライン=ヴェストファーレン州の州都。ライン川河畔に位置し、ライン・ルール大都市圏地域の中心でルール工業地帯のすぐ南西部にある。人口は約万人。金融やファッション、世界的な見本市の中心都市の一つである。また西ヨーロッパの中でもブルーバナナと呼ばれる、経済的にも人口的にもとくに発展した地域内に位置し、市内にはフォーチュン・グローバル500に含まれる5社や、いくつかのDAXに含まれている企業が本社を置いている。日本企業の進出も盛んで、デュッセルドルフ市内には約5,000人の日本人の駐在員やその家族などが居住し、日本総領事館などのあるインマーマン通りは日本人街の様相を呈している。1971年にはデュッセルドルフ日本人学校も開校し、1990年前後には生徒数1000名近くにまで達した。2011年に行われたマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングによる世界で最も居住に適した都市の調査では世界では5位、ドイツ国内では2位につけている。 デュッセルドルフは経済的な中心としてだけではなく、芸術的な分野でも知られた都市で、からはヨーゼフ・ボイスやアウグスト・マッケ、ゲルハルト・リヒター、ジグマー・ポルケ、アンドレアス・グルスキーといった画家や写真家などの芸術家を輩出している。電子音楽の先駆者で影響を与えたクラフトワークも、デュッセルドルフを起点としている。デュッセルドルフはカーニバルの開催都市としても知られている。また、毎年7月にはGrößte Kirmes am Rheinが開催され、450万人以上の人々が市内を訪れる。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとデュッセルドルフ · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとドイツ · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ2世

ニコライ2世(、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。 皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。 日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとニコライ2世 · 続きを見る »

アルフレート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)

アルフレッドと妻マリヤ、長男アルフレッド アルフレート(Alfred, 1844年8月6日 - 1900年7月30日)は、第3代ザクセン=コーブルク=ゴータ公(在位:1893年 - 1900年)。全名はドイツ語でアルフレート・エルンスト・アルベルト(Alfred Ernst Albert)もしくは英語でアルフレッド・アーネスト・アルバート(Alfred Ernest Albert)。ニックネームはアッフィ(Alfie)。ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルベルト(英語名アルバート)とその妻であったイギリス女王ヴィクトリアの次男。イギリス王族としてエディンバラ公にも叙されていた。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとアルフレート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公) · 続きを見る »

アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ(, 1874年10月15日 - 1899年2月6日)は、ドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ公国の公世子。またイギリス王族としてエディンバラ公爵位の相続予定者だった。英語名はアルフレッド・オブ・エディンバラ()。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとアルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ · 続きを見る »

アレクサンドラ・イオシフォヴナ

アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヨシフォヴナとも、, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフとその妃であるアマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州、アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。 1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとアレクサンドラ・イオシフォヴナ · 続きを見る »

アレクサンドル2世

アレクサンドル2世(、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとアレクサンドル2世 · 続きを見る »

オリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃)

リガ・ニコラエヴナ(, 1822年9月11日 - 1892年10月30日)は、ヴュルテンベルク王カール1世の妃。ロシア大公女。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラの次女(第3子)、アレクサンドル2世の妹。  1846年7月13日に、ヴュルテンベルク王国の王太子だった又従弟のカールと結婚した。カールは1864年に父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に就き、オリガは王妃となった。なお、ヴィルヘルム1世の2度目の妃(カールの母は3度目の妃)エカテリーナ・パヴロヴナは、ニコライ1世の姉でオリガの伯母にあたる。 カール1世との間に子はなく、1891年にカール1世が68歳で死去した後は、カールの従兄と姉の息子であるヴィルヘルム2世が王位を継承した。翌1892年にオリガも70歳で死去した。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとオリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃) · 続きを見る »

オルガ (ギリシャ王妃)

リガ・コンスタンチノヴナ(Ольга Константиновна, 1851年9月3日 - 1926年6月18日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世の王妃、ロシア大公女。ギリシャ語名はオルガ()。ロシア皇帝ニコライ1世の次男コンスタンチン大公とその妻であるアレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃の長女として、パヴロフスクで生まれた。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとオルガ (ギリシャ王妃) · 続きを見る »

オイゲン・フォン・ヴュルテンベルク (1846-1877)

ヴィルヘルム・オイゲンと妻のヴェラ・コンスタンチノヴナ大公女 ヴィルヘルム・オイゲン・アウグスト・ゲオルク・フォン・ヴュルテンベルク(Wilhelm Eugen August Georg von Württemberg, 1846年8月20日 - 1877年1月27日)は、ヴュルテンベルクの王族、軍人。ヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとオイゲン・フォン・ヴュルテンベルク (1846-1877) · 続きを見る »

カール1世 (ヴュルテンベルク王)

カール1世(Karl I.、1823年3月6日 - 1891年10月6日)は、ヴュルテンベルク王国の第3代国王(在位:1864年 - 1891年)。ヴィルヘルム1世とその3番目の妃であったパウリーネ(1800年 - 1873年)の長男で、全名はカール・フリードリヒ・アレクサンダー(Karl Friedrich Alexander)。 カールは1823年3月6日にシュトゥットガルトで生まれ、ベルリンとテュービンゲンで学んだ。 1846年7月13日、カールはロシア皇帝ニコライ1世の皇女で又従姉にあたるオリガ(1822年 - 1892年)と結婚した。 1864年、父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に即いた。カール1世の治世中の1871年、ヴュルテンベルク王国はドイツ帝国の構成国の一つとなった。 1891年10月6日、カール1世はシュトゥットガルトで死去した。カールは同性愛者であったといわれており、王妃との間に嗣子はおらず、王位は従兄フリードリヒ王子と姉カタリーナ王女の息子であるヴィルヘルム2世が嗣いだ。 Category:ヴュルテンベルク国王 Category:ヴュルテンベルク王太子 かある1 うゆるてんへるく Category:金羊毛騎士団員 Category:LGBTの王族 Category:ゲイの人物 Category:1823年生 Category:1891年没.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとカール1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

ギリシャ王国

リシャ王国(希:, 1832年 - 1924年、1935年 - 1941年、1944年 - 1967年)は、ギリシャ独立戦争によりオスマン帝国から独立したギリシャに設けられた王国。列強諸国によってバイエルン王国、デンマークの王子が王に据えられたため国内での支持基盤が弱く、政変が相次ぎ安定しなかった。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとギリシャ王国 · 続きを見る »

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとコンスタンチン・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

シャルロッテ・ツー・シャウムブルク=リッペ

国王夫妻の銀婚式を記念した絵葉書、1911年 シャルロッテ・ツー・シャウムブルク=リッペ(Charlotte Prinzessin zu Schaumburg-Lippe, 1864年10月10日 - 1946年7月16日)は、ドイツの諸侯家門シャウムブルク=リッペ家の侯女で、最後のヴュルテンベルク王ヴィルヘルム2世の王妃。全名はシャルロッテ・マリー・イーダ・ルイーゼ・ヘルミーネ・マティルデ(Charlotte Marie Ida Luise Hermine Mathilde)。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとシャルロッテ・ツー・シャウムブルク=リッペ · 続きを見る »

シュトゥットガルト

ュトゥットガルト(標準Stuttgart、アレマン語:Schduagert(シュドゥアガート/シュドゥアゲアト))は、ドイツ連邦共和国の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州の州都であり、ドイツ南西部の世界都市。人口は約62万人(2015年)。シュツットガルトとも表記される。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとシュトゥットガルト · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナとサンクトペテルブルク · 続きを見る »

聖書

聖書(せいしょ)とは、キリスト教、ユダヤ教の教典、正典であり、イスラム教でも教典とされている。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと聖書 · 続きを見る »

鼻眼鏡

鼻眼鏡 (はなめがね)は、耳当てのテンプル(ツル)がなく、鼻を挟むことで掛ける眼鏡である。19世紀から20世紀初頭の欧米で流行した眼鏡の種類で、フィンチ型とも呼ばれる。 英語で鼻眼鏡はパンスネ pince-nez とも呼ばれるが、語源はフランス語で鼻を挟むという意味である。今日の英語で アイグラシズ eyeglasses と スペクタクルズ spectacles は眼鏡を指す同義語だが、鼻眼鏡の流行期には鼻眼鏡をアイグラシズ、耳かけはあるが鼻当てのない現代でいう一山をスペクタクルズ、耳かけと鼻当てのある現在一般的な眼鏡を スペクタクレッツ spectaclettes と呼び分けていた。 以下、本項では耳にかける眼鏡を耳掛眼鏡と呼ぶ。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと鼻眼鏡 · 続きを見る »

舞踏運動

舞踏運動(ぶとううんどう、chorea)は自分の意志に反して運動を行う不随意運動の一つ。不規則で非律動的な運動。アテトーゼと同様に錐体外路障害が原因であるが、アテトーゼより素早い運動である。手を曲げたり伸ばしたりする運動、舌を出したり引っ込めたりする運動、首を回す運動、首を後ろに伸ばしたりする運動など、一見日常動作の一部となっている場合がある。代表疾患としては脳性麻痺、ハンチントン舞踏病がある。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと舞踏運動 · 続きを見る »

正教会

Σημειώσεις από τις παραδόσεις τού καθηγητού Ι. Δ. Ζηζιούλαより)。 正教会(せいきょうかい、Ορθόδοξη Εκκλησία、Православие、Orthodox Church)は、ギリシャ正教もしくは東方正教会(とうほうせいきょうかい、Eastern Orthodox Church)とも呼ばれる、キリスト教の教会(教派)の一つ。 日本語の「正教」、英語名の"Orthodox"(オーソドックス)は、「正しい讃美」「正しい教え」を意味するギリシャ語のオルソドクシア "ορθοδοξία" に由来する。正教会は使徒継承を自認し、自身の歴史を1世紀の初代教会にさかのぼるとしている『正教会の手引き』8頁 - 11頁。 なお「東方教会」(とうほうきょうかい)が正教会を指している場合もある。 例外はあるものの、正教会の組織は国名もしくは地域名を冠した組織を各地に形成するのが基本である。コンスタンディヌーポリ総主教庁、アレクサンドリア総主教庁、アンティオキア総主教庁、エルサレム総主教庁、ロシア正教会、セルビア正教会、ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、グルジア正教会、ギリシャ正教会、日本正教会などは個別の組織名であって教会全体の名ではない。いずれの地域別の教会組織も、正教として同じ信仰を有している。教会全体の名はあくまで正教会であり、「ロシア正教に改宗」「ルーマニア正教に改宗」といった表現は誤りである。 なお、アルメニア使徒教会、シリア正教会、コプト正教会、エチオピア正教会なども同じく「正教会」を名乗りその正統性を自覚しているが、上に述べたギリシャ正教とも呼ばれる正教会とは別の系統に属する。英語ではこれらの教会は"Oriental Orthodox Church"とも呼ばれる。詳細は非カルケドン派正教会を参照。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと正教会 · 続きを見る »

1854年

記載なし。

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと1854年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと1912年 · 続きを見る »

2月16日

2月16日(にがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から47日目にあたり、年末まであと318日(閏年では319日)ある。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと2月16日 · 続きを見る »

4月11日

4月11日(しがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から101日目(閏年では102日目)にあたり、年末まではあと264日ある。誕生花はヤグルマギク、クンシラン。.

新しい!!: ヴェラ・コンスタンチノヴナと4月11日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »