ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴィルヘルム (ナッサウ公)

索引 ヴィルヘルム (ナッサウ公)

ヴィルヘルム・ゲオルク・アウグスト・ハインリヒ・ベルグス・ツー・ナッサウ(Wilhelm Georg August Heinrich Belgus zu Nassau, 1792年6月14日 - 1839年8月20日)は、ナッサウ公(在位:1816年 - 1839年)。最後のナッサウ公でもあったルクセンブルク大公アドルフの父。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムとその妻でザイン=ハヒェンブルク伯領の女子相続人であるルイーゼ・フォン・キルヒベルクの間の長男として、プファルツ地方のキルヒハイムボランデン(Kirchheimbolanden)に生まれる。1816年1月9日に父の死にともないナッサウ=ヴァイルブルク侯位を相続、その2カ月後にナッサウ=ウジンゲン家のフリードリヒ・アウグストからナッサウ公位を継承した。同年のうちに、それまで分かれて存在していたナッサウ=ヴァイルブルク侯領をナッサウ公国へ統合した。.

26 関係: ナッサウ公国ルクセンブルク大公ヴュルテンベルクヴァルデック侯国ヘレーネ・フォン・ナッサウプファルツ地方パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856)パウル・フォン・ヴュルテンベルクピョートル・ゲオルギエヴィチ・オリデンブルクスキーテレーゼ・フォン・ナッサウフリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒ・ヴィルヘルム (ナッサウ=ヴァイルブルク侯)ニコラウス・ヴィルヘルム・フォン・ナッサウアドルフ (ルクセンブルク大公)オスカル2世 (スウェーデン王)ゲオルク・ヴィクトル (ヴァルデック侯)ザイン=ハヒェンブルク伯領ザクセン=ヒルトブルクハウゼンスウェーデンスウェーデン君主一覧ゾフィア・フォン・ナッサウ1792年1816年1839年6月14日8月20日

ナッサウ公国

ナッサウ公国(独: Herzogtum Nassau)は、19世紀のドイツに存在し、ナッサウ家が統治していた領邦国家である。この領邦はライン同盟に加盟し、後にドイツ連邦に加盟したが、1866年の普墺戦争において敗れたオーストリア側についていたため、プラハ条約によりプロイセン王国に併合された。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とナッサウ公国 · 続きを見る »

ルクセンブルク大公

ルクセンブルク大公(,, )は、ルクセンブルク大公国の君主で国家元首である。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とルクセンブルク大公 · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヴァルデック侯国

ヴァルデック侯国()またはヴァルデック=ピルモント侯国()は、ドイツ中部にかつて存在した領邦国家。中世以来の領邦で、1712年に侯国()となり、1871年にドイツ帝国が成立するとその構成国となった。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とヴァルデック侯国 · 続きを見る »

ヘレーネ・フォン・ナッサウ

ヴァルデック=ピルモント侯妃ヘレーネ ヘレーネ・ヴィルヘルミーナ・ヘンリエッテ・パウリーネ・マリアンネ(Helene Wilhelmina Henriette Pauline Marianne von Nassau-Weilburg, 1831年8月31日 - 1888年10月28日)は、ヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク・ヴィクトルの妃。 ナッサウ公ヴィルヘルムとその2番目の妃でヴュルテンベルク王子パウルの娘であるパウリーネの間の最初の子供として、ヴィースバーデンで生まれた。腹違いの長兄はナッサウ公で後にルクセンブルク大公となるアドルフ、同母妹のゾフィアはスウェーデン王オスカル2世の妃である。ヘレーネは1853年9月26日にヴァルデック侯ゲオルク・ヴィクトルと結婚し、夫との間に一男六女をもうけた。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とヘレーネ・フォン・ナッサウ · 続きを見る »

プファルツ地方

プファルツ地方 プファルツ地方 (Pfalz) は、ドイツのラインラント=プファルツ州の南部地方のこと。ファルツ、プァルツとも表記される。 かつてのライン宮中伯領(プファルツ選帝侯領)の一部で、現在は上級自治体連合のプファルツ県連合 (Bezirksverband Pfalz) となっている。 英語では“Palatinate”(パラティネート)。他のヨーロッパ諸語での名称もドイツ語名あるいは英語名に類する。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とプファルツ地方 · 続きを見る »

パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856)

パウリーネ・フリーデリケ・マリー・フォン・ヴュルテンベルク(Pauline Friederike Marie von Württemberg, 1810年2月25日 - 1856年7月7日)は、ナッサウ公ヴィルヘルムの妃。 ヴュルテンベルク王子パウルと、妃であるシャルロッテ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの次女として、シュトゥットガルトで生まれた。姉にロシア大公妃エレナ・パヴロヴナがいる。 1829年4月、ナッサウ公ヴィルヘルムと結婚した。ヴィルヘルムの先妻ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンは、パウリーネの母シャルロッテの実妹であった。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とパウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1810-1856) · 続きを見る »

パウル・フォン・ヴュルテンベルク

パウル・カール・フリードリヒ・アウグスト・フォン・ヴュルテンベルク(Paul Karl Friedrich August von Württemberg, 1785年1月19日 - 1852年4月16日)は、ヴュルテンベルクの王族、ヴュルテンベルク王子(Prinz von Württemberg)およびヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とパウル・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

ピョートル・ゲオルギエヴィチ・オリデンブルクスキー

ピョートル・オリデンブルクスキー公爵、1842年 ピョートル・ゲオルギエヴィチ・オリデンブルクスキー公爵(Пётр Гео́ргиевич Ольденбу́ргский, 1812年8月26日 ヤロスラヴリ - 1881年5月14日 サンクトペテルブルク)は、ロシアの貴族、政治家、軍人、作曲家。ドイツのオルデンブルク大公国の公子で、ドイツ名はコンスタンティン・フリードリヒ・ペーター(Konstantin Friedrich Peter von Oldenburg)。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とピョートル・ゲオルギエヴィチ・オリデンブルクスキー · 続きを見る »

テレーゼ・フォン・ナッサウ

テレーゼ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク(Therese von Nassau-Weilburg, 1815年4月17日 ヴァイルブルク - 1871年12月8日 プラハ)は、ドイツのナッサウ公ヴィルヘルムの娘で、オルデンブルク公子ピョートル・ゲオルギエヴィチの妻。全名はテレーゼ・ヴィルヘルミーネ・フリーデリケ・イザベレ・シャルロッテ(Therese Wilhelmine Friederike Isabelle Charlotte von Nassau-Weilburg)。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯(1816年よりナッサウ公)ヴィルヘルムとその最初の妻でザクセン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒの娘であるルイーゼの間の次女として生まれた。1837年にビーブリッヒにおいて、オルデンブルク大公家の公子でロシア皇帝パーヴェル1世の外孫であるピョートルと結婚した。夫妻はロシア貴族として生涯を送り、間に8人の子女をもうけた。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とテレーゼ・フォン・ナッサウ · 続きを見る »

フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃 フリードリヒ(ドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。 1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。 フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。 1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とフリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム (ナッサウ=ヴァイルブルク侯)

ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルム フリードリヒ・ヴィルヘルムの肖像を刻んだ貨幣 フリードリヒ・ヴィルヘルム(Friedrich Wilhelm von Nassau-Weilburg, 1768年10月25日 - 1816年1月9日)は、ナッサウ=ヴァイルブルク侯(在位1788年 - 1816年)。1806年に男子相続人のいないナッサウ=ウジンゲン侯フリードリヒ・アウグストがナッサウ公国を創設した際、公爵位の後継者に指名されたが、公爵位を継ぐ前に死んだ。 フリードリヒ・ヴィルヘルムはナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンとその妃でオラニエ公ウィレム4世の娘であるカロリーネの間に生まれ、父の死に伴って侯爵位を継承した。1806年にナッサウ公国が創設されると、フリードリヒ・ヴィルヘルムは公国を、30歳年長の同族であるナッサウ=ウジンゲン侯フリードリヒ・アウグストと共同で統治することになった。フリードリヒ・アウグストは二人の息子を幼いうちに亡くし、この時期には男子の後継者を残せないことが明らかだった。このため、ウジンゲン侯の有するナッサウ公爵位は、ウジンゲン系の断絶とともにナッサウ=ヴァイルブルク家の当主フリードリヒ・ヴィルヘルムに渡ることが予定されていた。 ところが1816年1月9日、フリードリヒ・ヴィルヘルムは居城のヴァイルブルク城の階段から転落して急死した。ナッサウ公フリードリヒ・アウグストはそのわずか2カ月後の3月24日に亡くなり、ナッサウ公爵位はフリードリヒ・ヴィルヘルムの長男ヴィルヘルムが継承した。ヴィースバーデンのヴィルヘルム通りにはナッサウ公国の公世子宮殿(Erbprinzenpalais)が新たに建造されていたが、息子ヴィルヘルムがこの宮殿を使うことは無かった。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とフリードリヒ・ヴィルヘルム (ナッサウ=ヴァイルブルク侯) · 続きを見る »

ニコラウス・ヴィルヘルム・フォン・ナッサウ

ナッサウ公子ニコラウス・ヴィルヘルム メーレンベルク伯爵夫人ナターリヤ ニコラウス・ヴィルヘルム・ツー・ナッサウ(Nikolaus Wilhelm zu Nassau, 1832年9月20日 ビーブリッヒ城、ビーブリッヒ - 1905年9月17日 ヴィースバーデン)は、ドイツ・ナッサウ公国の公子。ルクセンブルク大公アドルフの異母弟、スウェーデン王妃ソフィアの同母兄である。 ナッサウ公ヴィルヘルムとその2番目の妻でヴュルテンベルク王子パウルの娘であるパウリーネの間の息子として生まれた。フランス軍の士官となり、1859年に第2次イタリア独立戦争に従軍している。 1862年にギリシャ王オソン1世が廃位されると、イギリスの首相パーマストン卿によって次のギリシャ国王の候補に立てられた。パーマストン卿は帝政ロシアとの結びつきの強い国王を選ぶのが適切と考えており、大勢の親族がロシア帝室に嫁いでいるニコラウスが適当と映ったのである。しかし、フランス皇帝ナポレオン3世は、自国の士官がクリミア戦争で交戦して日も浅いロシア帝国との結びつきからギリシャ王になるのは不愉快だとして、これに反対した。結局、ギリシャ王位に就いたのはグリュックスブルク公爵家の公子ヴィルヘルム(ゲオルギオス1世)であった。 1856年、ニコラウスは兄のナッサウ公アドルフの名代としてロシア皇帝アレクサンドル2世の戴冠式に出席した。このとき、高名な詩人アレクサンドル・プーシキンの娘ナターリヤ・アレクサンドロヴナ・プーシキナ(Наталья Александровна Пушкина, 1836年 - 1913年)と知り合い、愛人関係になった。ナターリヤはミハイル・ドゥーベルト(Михаил Леонтьевич Дубельт, 1822年 - 1900年)という将軍の妻だったが、夫婦仲が悪く、1862年に夫と3人の子供を捨ててニコラウスに走った。ドゥーベルトとの離婚は1868年5月18日に成立した。 1868年7月1日、ナターリヤと正式に結婚した。この結婚は貴賤結婚とされたため、ニコラウスの義兄であるヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク・ヴィクトルの計らいにより、ナターリヤおよび彼女とニコラウスとの間に生まれる子供はメーレンベルク伯爵(夫人)の称号を名乗ることになった。夫妻は1869年より亡くなるまでヴィースバーデンに構えたヴィラで暮らした。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とニコラウス・ヴィルヘルム・フォン・ナッサウ · 続きを見る »

アドルフ (ルクセンブルク大公)

アドルフ(,, 1817年7月24日 - 1905年11月17日)は、ナッサウ公(在位:1839年 - 1866年)、のちルクセンブルク大公(在位:1890年 - 1905年)。ナッサウ公ヴィルヘルムの長男。異母妹にスウェーデン王オスカル2世の妃ゾフィアがいる。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とアドルフ (ルクセンブルク大公) · 続きを見る »

オスカル2世 (スウェーデン王)

ル2世(,, 1829年1月21日 - 1907年12月8日)は、ベルナドッテ王朝第4代のスウェーデン国王(在位:1872年 - 1907年)およびノルウェー国王(在位:1872年 - 1905年)。オスカル1世の三男。母はジョゼフィーヌ(ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌの孫)。 1877年から1901年まで発行されていた5から1000ノルウェー・クローネ紙幣6種に肖像が描かれていた。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とオスカル2世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

ゲオルク・ヴィクトル (ヴァルデック侯)

ヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク・ヴィクトル ゲオルク・ヴィクトル(Georg Viktor, 1831年1月14日 - 1893年5月12日)は、ヴァルデック=ピルモント侯(在位1845年 - 1893年)。 ヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク2世とその妃でアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル2世の娘であるエンマの間に生まれた。12歳で即位したため母エンマによる摂政政治がしかれたが、1848年革命の煽りを受けて侯国で制定された新憲法では、エンマが摂政を退くことが要求されていた。ところがエンマはこれを拒んで摂政の座に留まり続け、1852年8月17日にようやく引退した。 ゲオルク・ヴィクトルは普墺戦争ではプロイセン側につき、さらにはヴァルデック侯国をプロイセン領に併合することまでプロイセン政府に提案したが、オットー・フォン・ビスマルクはこの申し出を断った。またプロイセンとの軍事協定も何度か更新している。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とゲオルク・ヴィクトル (ヴァルデック侯) · 続きを見る »

ザイン=ハヒェンブルク伯領

ルヒベルク家が治めていた時期のザイン=ハヒェンブルク伯領の紋章 ザイン=ハヒェンブルク伯領(Grafschaft Sayn-Hachenburg)は、神聖ローマ帝国の帝国直属身分(Reichsunmittelbarkeit)の領邦。現在のドイツ・ラインラント=プファルツ州のヴェスターヴァルト地方(Westerwald)に存在した。1636年にザイン伯爵領の分割相続により成立した。主都はハヒェンブルク。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とザイン=ハヒェンブルク伯領 · 続きを見る »

ザクセン=ヒルトブルクハウゼン

ン=ヒルトブルクハウゼン()は1680年から1826年まで存在した、ヴェッティン家エルネスティン系が統治した公国。領土は現ドイツのテューリンゲン州の一部(現とほぼ同じ)にあたる。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とザクセン=ヒルトブルクハウゼン · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデン君主一覧

タフ1世 (1496年-1560年)、 在位 1523年-1560年 エリク14世 (1533年-1577年)、 在位 1560年-1568年 カール9世 (1550年-1611年)、 在位 1604年-1611年 グスタフ2世アドルフ (1594年-1632年)、 在位 1611年-1632年 クリスティーナ (1626年 - 1689年)、 在位1632年-1654年 カール10世グスタフ (1622年-1660年)、 在位 1654年-1660年 カール11世 (1655-1697)、 在位 1660-1697 グスタフ3世 (1746年-1792年)、 在位 1771年-1792年 スウェーデン君主一覧では、過去にスウェーデンを統治した王たちを一覧する。 ヴァイキングの部族を起源とするスウェーデンの王は、初期はデンマークやノルウェーの君主を兼ねる場合が往々にして見られた。カルマル同盟によるデンマークとの同君連合およびウップランド貴族のヴァーサ王朝を経て、近世以降はドイツ系の王朝が続いてきた。 現在はナポレオン旗下のフランス元帥であったジャン=バティスト・ベルナドットを祖とするベルナドッテ王朝であり、王位継承は1980年施行の憲法改正により最長子相続制をとっている。 なおカール王およびエリク王の即位番号は、16世紀ごろに生まれたゴート起源説により信じられている架空の王の存在を含めた番号である。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とスウェーデン君主一覧 · 続きを見る »

ゾフィア・フォン・ナッサウ

ゾフィア・ヴィルヘルミーネ・マリアンネ・ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ(Sophia Wilhelmine Marianne Henriette von Nassau, 1836年7月19日 - 1913年12月30日)は、スウェーデン=ノルウェーの王オスカル2世の王妃。スウェーデン語名はソフィア・アヴ・ナッサウ(Sofia av Nassau)。 ナッサウ公ヴィルヘルムとその2度目の妃パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク(ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の次男パウルの娘)の末子。異母兄にルクセンブルク大公アドルフがいる。アドルフの若くして亡くなった最初の妃エリザヴェータ・ミハイロヴナは、母方の従姉にあたった。 1857年6月、オスカルとヴィースバーデン=ビーブリッヒの城で結婚。4男をもうけた。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)とゾフィア・フォン・ナッサウ · 続きを見る »

1792年

記載なし。

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)と1792年 · 続きを見る »

1816年

記載なし。

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)と1816年 · 続きを見る »

1839年

記載なし。

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)と1839年 · 続きを見る »

6月14日

6月14日(ろくがつじゅうよっか、ろくがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から165日目(閏年では166日目)にあたり、年末まであと200日ある。誕生花はハルシャギク、ブーゲンビリア。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)と6月14日 · 続きを見る »

8月20日

8月20日(はちがつはつか、はちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から232日目(閏年では233日目)にあたり、年末まであと133日ある。.

新しい!!: ヴィルヘルム (ナッサウ公)と8月20日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »