ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴィクラマ暦

索引 ヴィクラマ暦

ヴィクラマ暦(ヴィクラマれき)は、南アジアにおける暦法の一つ。.

26 関係: 原音主義南アジア太陰太陽暦太陽暦マールワーチャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナネワール族ネパールの首相ヴィクラマーディティヤ (ウッジャイン王)ヴィクラマ暦ヒンドゥー暦ベンガル地方インドインド・スキタイ王国ウッジャインシャカ紀元サカ紀元紀元前57年紀元前58年西暦金石文1904年2008年4月13日

原音主義

原音主義(げんおんしゅぎ)は、各言語の固有名詞や人名を各言語の発音通りに発音し、それに基づく表記にしようという主義。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と原音主義 · 続きを見る »

南アジア

南アジア(みなみアジア)は、アジア南部の地域。インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブの各国を含む地域。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と南アジア · 続きを見る »

太陰太陽暦

太陰太陽暦(たいいんたいようれき、)とは、太陰暦を基とするが、太陽の動きも参考にして閏月を入れ、月日を定める暦(暦法)のこと。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と太陰太陽暦 · 続きを見る »

太陽暦

太陽暦(たいようれき、)とは、地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦(暦法)である。1年の日数を1太陽年に近似させている。ユリウス暦や、現在、世界の多くの地域で使用されているグレゴリオ暦は、太陽暦の1種である。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と太陽暦 · 続きを見る »

マールワー

マールワー (Mālwā、मालवा)は、インド中部、マディヤ・プラデーシュ州南西端一帯の地方名。その範囲は歴史的にも一定しないが、グジャラートの東、ラージプーターナーの南、ボーパールの西、ヴィンディヤ山脈とその北麓に広がるデカン高原の北端部を指す。 標高は400~600mで、北はほぼ北緯23度30分までをいうが、南はナルマダー川の河谷平野を含ませる場合もある。 マールワーは、黒色綿花土に覆われた肥沃な農業地帯で、ミレット(雑穀)、豆類、綿花、小麦などの産地であって、ガンジス川中上流域とアラビア海及びデカン高原を結ぶ幹線交通路が走り、特に中世史において重要な役割を果たした。 古名は、マーラヴァ(Mālava)といい、これはもともと種族名で、『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』にも見られ、アレキサンダー大王の水軍に抵抗したパンジャブ地方のMalloiという種族がマーラヴァ族ではないかという研究者もいる。 マーラヴァの名前は、ヴィクラマ暦(紀元前57年)の別名Mālavagana-sam-vatやMālavānam-jayah(マーラヴァ族の勝利)という銘文をもつ貨幣に見られる。 現在のマールワーを指すようになったのは6世紀以降と思われる。玄奘が来印したときは、西海岸に近いカイラやアフマダーバード付近を摩臘婆(マーラヴァー)と呼んでおり、これは種族名によるものと思われ、現在のマールワー地方をマーラヴァ、マールワーと呼ぶことが定着したのは、10世紀以降である。 紀元前6~紀元前5世紀の十六国並存時代には、ウッジャインを根拠地とするアヴァンティ王国がそのうちひとつを構成していた。前270年ごろはアショーカ王がこの地の太守となっている。紀元前後は、サータヴァーハナ朝の支配下にあったことが貨幣の出土で知られる。 グプタ朝のチャンドラグプタ2世のとき、この地がグプタ朝の重要な所領となり、マールワーは天文学、占星術が発達し、「シャクンタラー」で知られる詩人カーリダーサの出身地としても知られた。 528年、:en:Aulikarasのマールワー王がエフタルのを破って、カシミールに敗走させた。 プラティハーラ朝(750年頃 - 1018年あるいは1036年)は、この地方から台頭し、カナウジに遷都して北インドの大半を征服することとなり、ラーシュトラクータ朝とこの地を巡って抗争することとなる。プラティハーラ朝が衰退すると、10世紀後半頃からパラマーラ朝の本拠となるなどラージプート諸王朝の重要な所領であった。 また13世紀以降は、イスラム王朝の進出、まず、1234年、奴隷王朝のイルトゥトゥミシュによってウッジャインが攻撃されて古寺が破壊され、続くハルジー朝時代に征服された。 1401年~1531年には、ここを中心に独自のムスリム王国が成立した。ムガル帝国領となった後、18世紀~19世紀には、マラーター諸族間の抗争の地となった。イギリス領になると、多数のヒンドゥー藩王国が分立した。 Category:インドの地理 Category:インドの地域 Category:グジャラート Category:マディヤ・プラデーシュ.

新しい!!: ヴィクラマ暦とマールワー · 続きを見る »

チャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ

チャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ(Chandra Shamsher Jang Bahadur Rana、चन्द्र समसेर जङ्गबहादुर राणा、1863年7月8日 - 1929年11月26日)は、ネパール王国の政治家、首相。1901年6月27日から1929年11月26日まで、首相を務めている。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とチャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ · 続きを見る »

ネワール族

ネワール族は主にネパールのカトマンズ盆地一帯に居住する民族。ネパールでは人口で5.48%(2001年)。6番目の民族である。主要言語はチベット・ビルマ語派のネワール語(ネパール・バサ語)。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とネワール族 · 続きを見る »

ネパールの首相

ネパールの首相の(ネパールのしゅしょう)は、ネパールにおける行政府の長である内閣議長(ないかくぎちょう)の一覧である。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とネパールの首相 · 続きを見る »

ヴィクラマーディティヤ (ウッジャイン王)

ヴィクラマーディティヤ(विक्रमादित्य )は、インドの伝説的な王。ウッジャインを都としてインド全体を治めたと伝えられ、インドから蛮族(ムレーッチャ)、特にサカを追い払ってヴィクラマ紀元(紀元前58年)を創始し、また文芸を振興した人物と伝えられる。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とヴィクラマーディティヤ (ウッジャイン王) · 続きを見る »

ヴィクラマ暦

ヴィクラマ暦(ヴィクラマれき)は、南アジアにおける暦法の一つ。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とヴィクラマ暦 · 続きを見る »

ヒンドゥー暦

ヒンドゥー・カレンダー(西暦1871-72年) ヒンドゥー暦、ヒンズー暦はインドの伝統的な暦法の総称である。太陰太陽暦に属するが、地域によってさまざまな変種がある。 インド政府は1957年にインド国定暦を制定した。インド国定暦は伝統的なサカ紀元を暦元としており、また伝統的な太陰月の月名を用いているが、伝統的な暦法と異なって純然たる太陽暦である。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とヒンドゥー暦 · 続きを見る »

ベンガル地方

記載なし。

新しい!!: ヴィクラマ暦とベンガル地方 · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とインド · 続きを見る »

インド・スキタイ王国

インド・スキタイ王国(インド・スキタイおうこく、英語:Indo-Scythian Kingdom)は、紀元前1世紀の西北インドに興ったスキタイ系のサカ人による諸王朝。インド・スキタイ朝、インド・サカ王朝、サカ王朝、サカ王国ともいう。インド・グリーク朝の文化を受け継ぎ、多くのコインを残した。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とインド・スキタイ王国 · 続きを見る »

ウッジャイン

ウッジャイン(ヒンディー語:उज्जैन、英語:Ujjayin)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州、ウッジャイン県の都市。ウッジャイニー(Ujjayini)とも呼ばれる。 ヒンドゥー教の聖地でもあり、クンブ・メーラ開催地のひとつである。 この都市は、サンスクリットでUjjayani、パーリ語でUjjeniである。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とウッジャイン · 続きを見る »

シャカ紀元

ャカ紀元(シャカきげん)は、インドの伝統的な暦であるヒンドゥー暦の暦元のひとつで、西暦78年を起点とする。サカ紀元とも呼ばれる。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とシャカ紀元 · 続きを見る »

サカ

紀元前2世紀頃のサカ族(サカイ)の位置。(画像右上) サカ(Saka)は、紀元前6世紀頃から中央アジアに現れるイラン系遊牧民族。サカとはペルシア側の呼び名で、古代ギリシアではサカイ(Sakai)と呼んだ。また、中国の史書では塞(そく)と呼ばれる種族がサカにあたるとされるが異論もある。.

新しい!!: ヴィクラマ暦とサカ · 続きを見る »

紀元

紀元(きげん)とは、ある出来事が起こった年を始点として、それから何年経過したかで時間を測定する、無限の紀年法である。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と紀元 · 続きを見る »

紀元前57年

紀元前57年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と紀元前57年 · 続きを見る »

紀元前58年

紀元前58年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と紀元前58年 · 続きを見る »

西暦

西暦(せいれき)とは、キリスト教でキリスト(救世主)と見なされるイエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年(紀元)とした紀年法である。ラテン文字表記はヨーロッパ各国で異なるが、日本語や英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノドミニ (Anno Domini)」の略であり、「主(イエス・キリスト)の年に」という意味。西暦紀元、キリスト紀元ともいう。 今年は2018年 (JST) である。西ヨーロッパのキリスト教(カトリック教会、および後のプロテスタント)地域から徐々に普及し(後述)、西欧諸国が世界各地で進めた植民活動などによって伝わった結果、現在において世界で最も広く使われている紀年法となっている。 しかし、19世紀以降においては、非キリスト教徒との関係から、ADをCommon Era(略:CE、「共通紀元」の意)へ、同時に紀元前(BC)をBefore Common Era(BCE)に切り替える動きが広まっている。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と西暦 · 続きを見る »

金石文

金石文(きんせきぶん)は、金属や石などに記された文字資料のこと。紙、布などに筆で書かれた文字に対し、刀剣、銅鏡、青銅器、仏像、石碑、墓碑などに刻出・鋳出・象嵌などの方法で表された文字を指す。土器や甲骨などの類に刻まれたものを含む場合もある。 ここでは主として記念性、永遠性を持った碑文、銘文などについて述べる。ここでは、碑文(ひぶん)は石碑に記した文、銘文(めいぶん)はそれ以外の金石に記した文と考えて用いる。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と金石文 · 続きを見る »

暦(こよみ、れき)とは、時間の流れを年・月・週・日といった単位に当てはめて数えるように体系付けたもの。また、その構成の方法論(暦法)や、それを記載した暦書・暦表(日本のいわゆる「カレンダー」)を指す。さらに、そこで配当された各日ごとに、月齢、天体の出没(日の出・日の入り・月の出・月の入り)の時刻、潮汐(干満)の時刻などの予測値を記したり、曜日、行事、吉凶(暦注)を記したものをも含める。 細分すると、.

新しい!!: ヴィクラマ暦と暦 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: ヴィクラマ暦と1904年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と2008年 · 続きを見る »

4月13日

4月13日(しがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から103日目(閏年では104日目)にあたり、年末まではあと262日ある。誕生花はクマガイソウ、エビネ。.

新しい!!: ヴィクラマ暦と4月13日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ネパール暦ヴィクラム暦ビクラム暦

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »