ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴァルター機関

索引 ヴァルター機関

かつて大阪 弁天町の交通科学博物館にて展示されていたHWK 109-509 ヴァルター蒸気発生器 ヴァルター・タービン ヴァルター機関(ワルター機関、)とは、1933年から第二次世界大戦末期にかけてドイツでヘルムート・ヴァルターにより主として軍事用に開発された、高濃度の過酸化水素が分解する時に発生する水蒸気や酸素を利用する熱機関の総称である。.

120 関係: 原子力潜水艦垂直離着陸機南アフリカ国防軍反応奮龍 (ミサイル)一酸化炭素二酸化炭素マッハ数ノットマイル毎時チップジェットネイピアハイパーゴリック推進剤ポリ塩化ビニルメートルメッサーシュミット Me163メッサーシュミット・ベルコウ・ブロームメテオライト (潜水艦)メタノールリニアモーターロールス・ロイス・リミテッドロケットロケットベルトヘリコプターヘルムート・ヴァルターブラック・アローブリストル・シドレー BS.605ブルースチール (ミサイル)ヒドラジンデ・ハビランド スペクターデ・ハビランド DH.106 コメットディーゼルエンジンデカヒドロナフタレンフィートドイツニュートンベル・エアクラフト分解アメリカ陸軍アルミニウムアームストロング・シドレー ベータアームストロング・シドレー スナーラーイングリッシュ・エレクトリック キャンベライギリス海軍エクスプローラー級潜水艦カロリーキロキログラムクルスク (原子力潜水艦)ケロシン...ジャンボトロンステンレス鋼スクリューセルシウス度センチメートルソナーターボポンプタービンサンダース・ロー SR.177国際科学技術博覧会B-29 (航空機)Ba 349 (航空機)BMW 109-718磁気浮上式鉄道秋水第二次世界大戦熱効率熱機関燃焼特呂二号原動機白金過マンガン酸塩過マンガン酸ナトリウム過マンガン酸カリウム過酸化水素非大気依存推進触媒高濃度過酸化水素超音速軽油蒸気タービン重量キログラム酸素陶磁器Fw 56 (航空機)He 176 (航空機)Hs 293 (ミサイル)HWK 109-509KOMET (磁気浮上式鉄道)RATOS-99 (潜水艦)UボートUボートXVIIB型V1飛行爆弾V2ロケットXLR11XLR99比重水蒸気水溶液液体燃料ロケット潜水艦有機化合物海上自衛隊007 サンダーボール作戦1933年1937年1940年1956年1965年1984年1984年ロサンゼルスオリンピック3Vボマー53-61 (魚雷)72式魚雷8-キノリノール インデックスを展開 (70 もっと) »

原子力潜水艦

原子力潜水艦(げんしりょくせんすいかん)は、動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜(げんせん)と略されることもある。.

新しい!!: ヴァルター機関と原子力潜水艦 · 続きを見る »

垂直離着陸機

垂直離着陸機(VTOL機、Vertical Take-Off and Landing、ブイトール機、ヴィトール機)はヘリコプターのように垂直に離着陸できる飛行機である。 回転翼機であるヘリコプターは慣例的に垂直離着陸機(VTOL機)には含めない。.

新しい!!: ヴァルター機関と垂直離着陸機 · 続きを見る »

南アフリカ国防軍

南アフリカ国防軍(みなみアフリカこくぼうぐん、、略称:SANDF)は、南アフリカ共和国の軍隊である。.

新しい!!: ヴァルター機関と南アフリカ国防軍 · 続きを見る »

反応

反応(はんのう、はんおう)とは、 reactionやresponseなどの訳語に用いられ、;reaction.

新しい!!: ヴァルター機関と反応 · 続きを見る »

奮龍 (ミサイル)

奮龍(ふんりゅう)は1944年(昭和19年)から1945年(昭和20年)にかけて、大日本帝国海軍が開発していた地対空ミサイルである。.

新しい!!: ヴァルター機関と奮龍 (ミサイル) · 続きを見る »

一酸化炭素

一酸化炭素(いっさんかたんそ、carbon monoxide)は、炭素の酸化物の1種であり、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体である。一酸化炭素中毒の原因となる。化学式は CO と表される。.

新しい!!: ヴァルター機関と一酸化炭素 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: ヴァルター機関と二酸化炭素 · 続きを見る »

マッハ数

マッハ数(マッハすう、Mach number)は、流体の流れの速さと音速との比で求まる無次元量である。 名称は、オーストリアの物理学者エルンスト・マッハ(Ernst Mach)に由来し、航空技師のにより名付けられた。英語圏ではMachを英語読みして(マーク・ナンバ)、あるいは、(メァク・ナンバ)と呼ぶ。.

新しい!!: ヴァルター機関とマッハ数 · 続きを見る »

ノット

ノット(knot, 記号 kn,kt)は速さの単位であり、1時間に1海里(1.852km)進む速さである。.

新しい!!: ヴァルター機関とノット · 続きを見る »

マイル毎時

マイル毎時(まいるまいじ、miles per hour、mph、mi/h)は、ヤード・ポンド法の速さの単位である。 1マイル毎時は、1時間に1マイル進む速さである。通常は「時速1マイル」のように言う。ここでの「マイル」は通常は「国際マイル(:en:mile#International mile)」(正確に 1609.344 m)のことであり、「測量マイル(:en:mile#US survey mile)」(約1609.347 219 m)ではない。 英米では、通常は"miles per hour"の頭文字を取ってmphと表記される。国際単位系(SI)の組立単位の表記法に従ってmi/hと表記することもある。 マイル毎時(mph)はアメリカ、イギリスにおける道路の制限速度標識等に記されている。.

新しい!!: ヴァルター機関とマイル毎時 · 続きを見る »

チップジェット

チップジェット(Tip jet)は、翼端に噴射口のあるヘリコプターブレード。翼端噴流式とも呼ばれる。 チップジェットは通常の駆動軸回転式に対してトルクが発生しない為、有利でテールローターが必要ない。幾つかのチップジェットはエンジンが分離されていて圧縮空気を送ることで回転する。他の形式では圧縮空気と燃料を混合して燃やした時の噴流の反動で回転する。また、ラムジェットやターボジェット形式のエンジンの物も存在し、ロケット推進で回転翼を回転させる形式もある。 外部にエンジンのあるチップジェットの優位な点は慣性モーメントを保持できる事で運動エネルギーを蓄えることが出来るのでオートローテーションによる着陸が容易になる。しかしながら、外部設置式チップジェットエンジンは空気抵抗が大きいのでエンジン停止は致命的である。 キャサリン・ホイールに類似している。.

新しい!!: ヴァルター機関とチップジェット · 続きを見る »

ネイピア

ネイピア(ネイピアー、ネーピア、ネピアとも)(Napier).

新しい!!: ヴァルター機関とネイピア · 続きを見る »

ハイパーゴリック推進剤

ハイパーゴリック推進剤(, 自己着火性推進剤)は、2液(酸化剤と燃料)を混ぜるだけで爆発的に燃焼する(自己着火性)の推進剤である。 ハイパーゴリック推進剤は初期に設計されたロケットのエンジンや、スペースシャトルなどの宇宙機の軌道制御や姿勢制御に使う再着火回数要求が多いエンジン(静止衛星の軌道投入用のアポジエンジンなど)に使われている。ハイパーゴリック推進剤は反応性が強く毒性があるものが多い為、地上での燃料充填作業時は完全防護服の着用が必要になるなど取り扱いが難しいという欠点がある。.

新しい!!: ヴァルター機関とハイパーゴリック推進剤 · 続きを見る »

ポリ塩化ビニル

PVCの樹脂識別コード ポリ塩化ビニル(ポリえんかビニル、polyvinyl chloride、PVC)または塩化ビニル樹脂とは一般的な合成樹脂(プラスチック)の1つで、塩化ビニル(クロロエチレン)を重合したものである。塩化ビニール、塩ビ、ビニールなどと略されることがある。軟質ポリ塩化ビニルは、ソフトビニール(Soft Vinyl)、ソフビとも呼ばれている。しかし、ポリマーを意味する「ポリ」または「樹脂」を略した呼称は、その原料である単量体の塩化ビニルとの混同を生じるおそれがあるため、単量体の塩化ビニルを特に塩化ビニルモノマーと呼ぶことがある。.

新しい!!: ヴァルター機関とポリ塩化ビニル · 続きを見る »

メートル

メートル(mètre、metre念のためであるが、ここでの「英」は英語(English language)による綴りを表しており、英国における綴りという意味ではない。詳細は「英語表記」の項及びノートの「英語での綴り」を参照。、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系における長さの物理単位である。他の量とは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる。 元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を 倍した長さを意図し、計量学の技術発展を反映して何度か更新された。1983年(昭和58年)に基準が見直され、現在は1秒の 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離として定義されている。.

新しい!!: ヴァルター機関とメートル · 続きを見る »

メッサーシュミット Me163

メッサーシュミット Me 163 「コメート」(Messerschmitt Me 163 "Komet") は、第二次世界大戦時にドイツ空軍が開発した航空機史上唯一の実用ロケット推進戦闘機。「コメート」とはドイツ語で彗星(コメット)の意。.

新しい!!: ヴァルター機関とメッサーシュミット Me163 · 続きを見る »

メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム

メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(Messerschmitt-Bölkow-Blohm 、MBB) は、ドイツ・アメリカのダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)傘下にあった航空機メーカー。.

新しい!!: ヴァルター機関とメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム · 続きを見る »

メテオライト (潜水艦)

メテオライト (HMS Meteorite) はイギリス海軍の潜水艦。第二次世界大戦中にドイツ海軍が建造した、UボートXVIIB型の1隻を引き揚げ、1946年に再就役させた艦である。.

新しい!!: ヴァルター機関とメテオライト (潜水艦) · 続きを見る »

メタノール

メタノール (methanol) は有機溶媒などとして用いられるアルコールの一種である。別名として、メチルアルコール (methyl alcohol)、木精 (wood spirit)、カルビノール (carbinol)、メチールとも呼ばれる。示性式は CH3OH で、一連のアルコールの中で最も単純な分子構造を持つ。ホルマリンの原料、アルコールランプなどの燃料として広く使われる。燃料電池の水素の供給源としても注目されている。.

新しい!!: ヴァルター機関とメタノール · 続きを見る »

リニアモーター

東京都交通局大江戸線のリニアモーター リニアモーター(linear motor)とは、軸のない電気モーター(電動機)のこと。一般的なモーターが回転運動をするのに対し、リニアモーターは基本的に直線運動をする。 応用例として磁気浮上式リニアモーターカーが知られるため、浮上技術のことと誤解されやすいが、あくまでも駆動装置である。浮上の有無とは関係なく、また浮上するための装置でもない。.

新しい!!: ヴァルター機関とリニアモーター · 続きを見る »

ロールス・ロイス・リミテッド

ールス・ロイス・リミテッド日本における正規代理店による表記。英語圏では「ロールズ・ロイス」 と発音する。(三省堂『固有名詞英語発音辞典』より)()のは1906年3月『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.21-50「創業から戦前」。にイギリスで設立された製造業者で1971年に破産して国有化された。.

新しい!!: ヴァルター機関とロールス・ロイス・リミテッド · 続きを見る »

ロケット

ット(rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。 狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。 また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。なお、北朝鮮による人工衛星の打ち上げは国際社会から事実上の弾道ミサイル発射実験と見なされており国際連合安全保障理事会決議1718と1874と2087でも禁止されているため、特に日本国内においては人工衛星打ち上げであってもロケットではなくミサイルと報道されている。 なお、推力を得るために射出される質量(推進剤、プロペラント)が何か、それらを動かすエネルギーは何から得るかにより、ロケットは様々な方式に分類されるが、ここでは最も一般的に使われている化学ロケット(化学燃料ロケット)を中心に述べる。 ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリが西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ』と名づけたことによる。.

新しい!!: ヴァルター機関とロケット · 続きを見る »

ロケットベルト

ットベルトとは背中につけたロケットエンジンを備えた推進器。.

新しい!!: ヴァルター機関とロケットベルト · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: ヴァルター機関とヘリコプター · 続きを見る »

ヘルムート・ヴァルター

ヘルムート・ヴァルター(Hellmuth Walter、1900年8月26日 – 1980年12月16日)はドイツの技術者で、ロケットエンジンとガスタービンの先駆者である。彼の最も特筆すべき業績は第二次世界大戦中メッサーシュミット Me163コメートと迎撃機バッヘム Ba 349ナッターのエンジン開発や、ドイツ空軍の多くの飛行機に使われたJATO(離陸補助用ジェットエンジン)の開発、そして潜水艦用の革新的な推進装置であるAIPを開発した事である。.

新しい!!: ヴァルター機関とヘルムート・ヴァルター · 続きを見る »

ブラック・アロー

ブラック・アロー(Black Arrow)はイギリスの人工衛星打上げロケットである。王立航空工廠でブラック・ナイトを元に開発された。酸化剤として過酸化水素、燃料としてケロシンという珍しい組み合わせの推進剤を使用しており、燃焼ガスが無色となることが特徴的なロケットである。R3の成功によってイギリスは独自に人工衛星を軌道に投入した6番目の国となった。.

新しい!!: ヴァルター機関とブラック・アロー · 続きを見る »

ブリストル・シドレー BS.605

ブリストル・シドレー BS.605 ブリストル シドレー BS.605 は1960年代半ばに開発された高濃度過酸化水素とケロシンを推進剤とするイギリス製の離陸補助ロケットエンジンである。.

新しい!!: ヴァルター機関とブリストル・シドレー BS.605 · 続きを見る »

ブルースチール (ミサイル)

ブルースチール (Blue Steel) は、イギリスが開発した空対地巡航ミサイル。.

新しい!!: ヴァルター機関とブルースチール (ミサイル) · 続きを見る »

ヒドラジン

ヒドラジン (hydrazine) は、無機化合物の一種で、分子式 N2H4と表される弱塩基。 アンモニアに似た刺激臭を持つ無色の液体で、空気に触れると白煙を生じる。水に易溶。強い還元性を持ち、分解しやすい。引火性があり、ロケットや航空機の燃料として用いられる。 常温での保存が可能であるため、F-16戦闘機の非常用電源装置(EPU)やロシアなどのミサイルの燃料としても広く用いられており、また人工衛星や宇宙探査機の姿勢制御用推進器の燃料としても使われている。プラスチック成形時の発泡剤、エアバッグ起爆剤、各種脱酸素剤として広く使用され、特に火力・原子力発電所用高圧ボイラーの防食剤として使用されている。水加ヒドラジンは水素に代わる燃料電池の燃料としても模索されている。 だが人体へは、気化吸引、皮膚への接触ともに腐食をもたらす。また中毒症状をおこす。「毒物及び劇物取締法」により毒物に指定されている。 水と共沸し、55 mol%のヒドラジンを含む混合物を与える。化学実験で用いる際は通常、抱水ヒドラジン(ヒドラジン一水和物、N2H4•H2O)が用いられる。.

新しい!!: ヴァルター機関とヒドラジン · 続きを見る »

デ・ハビランド スペクター

デ・ハビランド スペクター ロケットエンジン デ・ハビランド スペクター(de Havilland Spectre)は、1950年代にデ・ハビランド社によって開発されたロケットエンジンである。イギリス空軍が計画していたサンダース・ロー SR.53のようなロケットエンジンとジェットエンジンを搭載する複合動力迎撃機に使用された。.

新しい!!: ヴァルター機関とデ・ハビランド スペクター · 続きを見る »

デ・ハビランド DH.106 コメット

デ・ハビランド コメット (de Havilland DH.106 Comet) は、イギリスのデ・ハビランド社が製造した世界初のジェット旅客機。「コメット」の名称は自社のデ・ハビランド DH.88に続いて二代目である。 定期運航就航後、程なくして、与圧された胴体のくりかえし変形による金属疲労が原因の空中分解事故を起こしたが、そこで得られた教訓がその後の航空技術、とりわけ安全向上に果たした役割もまた非常に大きい。.

新しい!!: ヴァルター機関とデ・ハビランド DH.106 コメット · 続きを見る »

ディーゼルエンジン

ハ183系)用の高速ディーゼルエンジンの一例。DML30HSI形ディーゼルエンジン水平対向12気筒排気量30L(440PS/1,600rpm) 4サイクル・ディーゼルエンジンの動作 ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。 ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる。液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。 単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの石油系の他にも、発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関までさまざまなバリエーションが存在する。 エンジン名称は発明者にちなむ。日本語表記では一般的な「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」「デイゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験では現在でもジーゼルエンジンと表記している。.

新しい!!: ヴァルター機関とディーゼルエンジン · 続きを見る »

デカヒドロナフタレン

デカヒドロナフタレン (decahydronaphthalene) とは、分子式 C10H18 で表されるビシクロアルカンの一種である。デカリンとも呼ばれる。 1位と6位の水素の立体配置によってシス体とトランス体の2種の異性体が存在し、物理的性質に違いがある。 ナフタレンを水素化することによって合成される。常温で液体であり、溶剤として用いられる他、燃料電池の水素貯蔵材料としての研究が行われている。 消防法による第4類危険物 第2石油類に該当する。.

新しい!!: ヴァルター機関とデカヒドロナフタレン · 続きを見る »

フィート

フィート、フート(計量法上の表記)又はフット(複: feet, 単: foot)は、ヤード・ポンド法における長さの単位である。様々な定義が存在したが、現在では「国際フィート」が最もよく用いられており、正確に 0.3048 メートルである。1フィートは12インチであり、3フィートが1ヤードである。 日本では、他のヤード・ポンド法の単位と同様、一定の場合に限り、当分の間、使用することができる。.

新しい!!: ヴァルター機関とフィート · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ヴァルター機関とドイツ · 続きを見る »

ニュートン

ニュートン(newton、記号: N)は、 国際単位系 (SI)における力の単位。1ニュートンは、1kgの質量を持つ物体に1m/s2の加速度を生じさせる力。名称は古典力学で有名なイギリスの物理学者アイザック・ニュートンにちなむものである。.

新しい!!: ヴァルター機関とニュートン · 続きを見る »

ベル・エアクラフト

ベル・エアクラフト(Bell Aircraft Corporation )はアメリカに存在した航空機メーカーである。第二次世界大戦中にいくつかの戦闘機を生産し、超音速実験機ベルX-1の製作も行っている。また、ヘリコプターメーカーとしても成功した。1960年にテキストロンに買収され、ヘリコプター部門はベル・ヘリコプターとして存続している。.

新しい!!: ヴァルター機関とベル・エアクラフト · 続きを見る »

分解

分解(ぶんかい)とは、1種類の物を2種類以上に分ける (分かれる事)。.

新しい!!: ヴァルター機関と分解 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: ヴァルター機関とアメリカ陸軍 · 続きを見る »

アルミニウム

アルミニウム(aluminium、aluminium, aluminum )は、原子番号 13、原子量 26.98 の元素である。元素記号は Al。日本語では、かつては軽銀(けいぎん、銀に似た外見をもち軽いことから)や礬素(ばんそ、ミョウバン(明礬)から)とも呼ばれた。アルミニウムをアルミと略すことも多い。 「アルミ箔」、「アルミサッシ」、一円硬貨などアルミニウムを使用した日用品は数多く、非常に生活に身近な金属である。天然には化合物のかたちで広く分布し、ケイ素や酸素とともに地殻を形成する主な元素の一つである。自然アルミニウム (Aluminium, Native Aluminium) というかたちで単体での産出も知られているが、稀である。単体での産出が稀少であったため、自然界に広く分布する元素であるにもかかわらず発見が19世紀初頭と非常に遅く、精錬に大量の電力を必要とするため工業原料として広く使用されるようになるのは20世紀に入ってからと、金属としての使用の歴史はほかの重要金属に比べて非常に浅い。 単体は銀白色の金属で、常温常圧で良い熱伝導性・電気伝導性を持ち、加工性が良く、実用金属としては軽量であるため、広く用いられている。熱力学的に酸化されやすい金属ではあるが、空気中では表面にできた酸化皮膜により内部が保護されるため高い耐食性を持つ。.

新しい!!: ヴァルター機関とアルミニウム · 続きを見る »

アームストロング・シドレー ベータ

アームストロング シドレー ベータは超音速航空機向けに開発されていたロケットエンジンである。.

新しい!!: ヴァルター機関とアームストロング・シドレー ベータ · 続きを見る »

アームストロング・シドレー スナーラー

アームストロング・シドレー スナーラー(Armstrong Siddeley ASSn.1 Snarler)は、ターボジェットエンジンと実験的に併用された小型のロケットエンジンで 最初に飛行したイギリス製の液体燃料ロケットエンジンである。 (外部の線図を含む) 他の高濃度過酸化水素を酸化剤として使用するように計画されたイギリス製ロケットエンジンとは異なり、アームストロングシドレーは液体酸素を使用した。.

新しい!!: ヴァルター機関とアームストロング・シドレー スナーラー · 続きを見る »

イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ

イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ (English Electric Canberra) は、イギリスのイングリッシュ・エレクトリック社が開発しイギリス空軍に採用されたジェット爆撃機である。初飛行1949年で、2006年にイギリス空軍では退役した。 速度性能や高高度性能、低空での操作性を評価され、イングリッシュ・エレクトリック社は爆撃機型を土台に偵察機型や練習機型も開発した。また、アメリカ合衆国やオーストラリアにも採用され、各国でライセンス生産された。.

新しい!!: ヴァルター機関とイングリッシュ・エレクトリック キャンベラ · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: ヴァルター機関とイギリス海軍 · 続きを見る »

エクスプローラー級潜水艦

プローラー級潜水艦(エクスプローラーきゅうせんすいかん Explorer class submarine)はイギリス海軍の潜水艦。高濃度過酸化水素を用いた閉サイクル蒸気タービンを搭載した非大気依存推進 (AIP) 潜水艦の実験艦。.

新しい!!: ヴァルター機関とエクスプローラー級潜水艦 · 続きを見る »

カロリー

リー(calorie、記号:cal)は、熱量の単位である。「カロリー」という言葉は、ラテン語で「熱」を意味する calor に由来する。 かつては広く用いられていたが、1948年の国際度量衡総会(CGPM)で、カロリーはできるだけ使用せず、もし使用する場合にはジュール(J)の値を併記することと決議された。よって国際単位系(SI)においては、カロリーは併用単位にもなっていない。 カロリーは、日本の計量法では1999年10月以降、「食物又は代謝の熱量の計量」のみに使用できる。計量単位令による定義は、1カロリー.

新しい!!: ヴァルター機関とカロリー · 続きを見る »

キロ

(kilo, 記号:k)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の103(=1000)倍の量であることを示す。記号は小文字の「k」である。.

新しい!!: ヴァルター機関とキロ · 続きを見る »

キログラム

ラム(kilogram, kilogramme, 記号: kg)は、国際単位系 (SI) における質量の基本単位である。国際キログラムともいう。 グラム (gram / gramme) はキログラムの1000分の1と定義される。またメートル系トン (tonne) はキログラムの1000倍(1メガグラム)に等しいと定義される。 単位の「k」は小文字で書く。大文字で「Kg」と表記してはならない。.

新しい!!: ヴァルター機関とキログラム · 続きを見る »

クルスク (原子力潜水艦)

ルスク(Атомная подводная лодка «Курск»、ロシア語で「原子力潜水艦クルスク」、識別番号К-141)は、ロシア海軍の949A型Антей(アンテーイ、ロシア語で「アンタイオス」)巡航ミサイル原子力潜水艦(NATOコードネーム: オスカーII型)。ソヴィエト社会主義共和国連邦崩壊後初めて完成した艦艇の一隻で、ロシア海軍北方艦隊に配備されたが、2000年8月12日にバレンツ海で事故により沈没し全乗員の生命とともに失われた。艦名は、史上最大の戦車戦である1943年のクルスクの戦いの舞台となったロシアの都市クルスクから名づけられた。.

新しい!!: ヴァルター機関とクルスク (原子力潜水艦) · 続きを見る »

ケロシン

トラック サターンVの打ち上げ ケロシン(kerosene)とは、石油の分留成分の1つである。およそ沸点150 - 280℃、炭素数10 - 15、密度0.79 - 0.83のものである。ナフサ(ガソリンの原料)より重く、軽油より軽い。 ケロシンを主成分として、灯油、ジェット燃料、ケロシン系ロケット燃料などの石油製品が作られる。灯油は成分的にはほぼケロシンだが、日本では灯油をケロシンと呼ぶことはまれで、ケロシンといえばジェット燃料やロケット燃料のことが多い。 英語では、keroseneのほかkerosineとも綴り、また、coal oilともいう。中国語では、「煤油」や俗に「火水」という。日本のモービル石油のスタンドや灯油の貯蔵施設にある給油機には英語のKerosineが書かれている。また、英国と南アフリカではparaffin(パラフィン)とも呼ぶ。.

新しい!!: ヴァルター機関とケロシン · 続きを見る »

ジャンボトロン

つくば科学万博のジャンボトロン ジャンボトロン(JumboTron)とはソニーが開発・製作していた大型映像表示装置の名称である。.

新しい!!: ヴァルター機関とジャンボトロン · 続きを見る »

ステンレス鋼

テンレス鋼(ステンレスこう、stainless steel)とは、クロム、またはクロムとニッケルを含む、さびにくい合金鋼である。ISO規格では、炭素含有量 1.2 %(質量パーセント濃度)以下、クロム含有量 10.5 % 以上の鋼と定義される。名称は、省略してステンレスという名称でもよく呼ばれる。かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。.

新しい!!: ヴァルター機関とステンレス鋼 · 続きを見る »

スクリュー

リュー(screw 、スクルー)は、流体中で回転することで回転軸方向に流体の流れを生む推進装置である。あるいは逆に、流体の流れを受けて回転するものもあり、より一般的には、流体の流れと回転とを相互変換する装置であると言える。 「スクリュー」と似たように使われる語に「プロペラ」がある。語義としては「スクリュー」は推進装置に限らず螺旋状のものをあらわす語であり、たとえばネジのこともスクリューと言い、ねじ回しの「ドライバー」を「スクリュードライバー」などと言うような例がある。一方、「プロペラ」とは推進すること一般に関する語であり、ロケットエンジンの推進剤などを指す「プロペラント」や、「プロペラシャフト」といった語がある。一般に使われる語としては、航空機用がプロペラ、船舶用がスクリュー、という使い分けがあるが、「スーパーキャビテーション・プロペラ」などのように、船舶工学の専門用語や、海事などの業界用語ではもっぱら「プロペラ」と呼ばれることもかなり多く、一般的な使い分けが必ずしもいつも通用するわけではない。「スクリュープロペラ」という語もある。 「スクリュー」の語はブタ(scrofa)の尻尾に由来し、英語では螺旋状の回転部品全般を表す言葉として螺子(ねじ)もこれに含まれる。古くからあるスクリューであるアルキメデスのスクリューは螺子と同様の螺旋型で、作動するのが流体中か固体中かという違いはあるが、力学的には螺子と似ている。現代のスクリュープロペラも、非常に短い螺旋であると言える。なお、螺旋型の流体機械としては他にスクリュー圧縮機のローターがあるが、これは螺子ともスクリューとも原理が異なるので、ここでは扱わない。.

新しい!!: ヴァルター機関とスクリュー · 続きを見る »

セルシウス度

ルシウス度(セルシウスど、、記号: )は、温度の単位である。その単位の大きさはケルビンと同一である。国際単位系 (SI) では、次のように定義されている『国際単位系(SI)』2.1.1.5 熱力学温度の単位(ケルビン)、pp.24-25。 すなわち、「セルシウス度」()は単位の名称であり、ケルビンの大きさに等しい温度間隔を表す。一方、「セルシウス温度」()は量の名称であり、(ケルビンで計った値と273.15だけ異なる)温度の高さを表す。しかし、一般にはこの違いが意識されず、混同されることが多い。.

新しい!!: ヴァルター機関とセルシウス度 · 続きを見る »

センチメートル

ンチメートル(記号cm)は、国際単位系(SI)の長さの単位で、メートル(m)に相当する。基本単位のメートルとを表す接頭辞センチを組み合わせた単位である。.

新しい!!: ヴァルター機関とセンチメートル · 続きを見る »

ソナー

ナー(; ソーナーとも)は、水中を伝播する音波を用いて、水中・水底の物体に関する情報を得る装置。.

新しい!!: ヴァルター機関とソナー · 続きを見る »

ターボポンプ

V2ロケットのターボポンプ ターボポンプ.

新しい!!: ヴァルター機関とターボポンプ · 続きを見る »

タービン

タービン()とは、流体がもっているエネルギーを有用な機械的動力に変換する回転式の原動機の総称ブリタニカ百科事典。.

新しい!!: ヴァルター機関とタービン · 続きを見る »

サンダース・ロー SR.177

ンダース・ロー SR.177(Saunders-Roe SR.177)は1950年代にイギリス空軍とイギリス海軍が共同して計画した、ジェットエンジンとロケットエンジンの複合動力を用いた要撃機である。当時の西ドイツ(ドイツ連邦海軍とドイツ連邦空軍)もまた、この計画に興味を持ち、量産された場合は大量購入する予定であった。しかしながら、西ドイツ政府はロッキードF-104の採用を決定し、この計画から降りてしまい、SR.177の開発は1957年にキャンセルされた。西ドイツからの発注がなければ、イギリス政府はこの計画を完成させるための予算が確保出来なかったためである。後年になって、西ドイツが計画から降りたのは、SR.177ではなくF-104を採用させるように、ロッキード社がドイツ政府高官へ支払った数百万ドルの賄賂の結果であったことが明らかになった。さらに運用要求F.155に基づき、さらに大型のSR.187も計画されていたが、これもプロトタイプの初号機が90%程度完成したものの、1957年にキャンセルされているLondon 2010, p. 34.

新しい!!: ヴァルター機関とサンダース・ロー SR.177 · 続きを見る »

国際科学技術博覧会

国際科学技術博覧会(こくさいかがくぎじゅつはくらんかい、英文表記:The International Exposition, Tsukuba, Japan, 1985、略称:科学万博、つくば '85、Tsukuba Expo '85)は、主に筑波研究学園都市の茨城県筑波郡谷田部町御幸が丘(現在:つくば市御幸が丘)で、1985年3月17日から同年9月16日までの184日間にかけて行われた国際博覧会である。.

新しい!!: ヴァルター機関と国際科学技術博覧会 · 続きを見る »

B-29 (航空機)

B-29は、アメリカのボーイングが開発した大型戦略爆撃機。 愛称はスーパーフォートレス(Superfortress.

新しい!!: ヴァルター機関とB-29 (航空機) · 続きを見る »

Ba 349 (航空機)

Ba 349(Ba 349)は、第二次世界大戦末期にドイツで試作されたロケット迎撃機である。「BP20」とも称する。愛称は「ナッター」(Natter, ドイツ語でナミヘビ科のヘビの意)。.

新しい!!: ヴァルター機関とBa 349 (航空機) · 続きを見る »

BMW 109-718

BMW 109-718はBMW社が第二次世界大戦中にドイツのの施設で開発した液体燃料ロケットエンジンである。.

新しい!!: ヴァルター機関とBMW 109-718 · 続きを見る »

磁気浮上式鉄道

超電導リニア L0系。2015年4月に山梨実験線にて世界最高速度603km/hを記録。 トランスラピッド(上海トランスラピッド) リニモ) 磁気浮上式鉄道(じきふじょうしきてつどう、Maglev)とは、磁力による反発力または吸引力を利用して車体を軌道から浮上させて推進する鉄道のこと。英語では"Maglev"(マグレブ) と呼称し、「磁気浮上」を表す"Magnetic levitation"が語源である。磁気浮上式鉄道はその近未来性からリニアモーターカーの代表格でもある。1971年、西ドイツで Prinzipfahrzeug が初めての有人走行に成功した。 世界で開発されている主な磁気浮上式鉄道には、常伝導電磁石を用いる方式(トランスラピッド、HSSTなど)、と超伝導電磁石を用いる方式(超電導リニアなど)があり、有人試験走行での世界最高速度は2015年4月21日に日本の超電導リニアL0系が記録した603km/hである。 現在、上海トランスラピッドとHSSTの愛知高速交通東部丘陵線(愛称:リニモ)および韓国の仁川空港磁気浮上鉄道、中国の長沙リニア快線が実用路線の営業運転を行っている。なお、超電導リニアによる中央新幹線は、東京 - 名古屋間で2027年の先行開業、さらに東京 - 大阪間で2045年の全線開業を目指して計画が進められている。.

新しい!!: ヴァルター機関と磁気浮上式鉄道 · 続きを見る »

秋水

秋水(しゅうすい)は、太平洋戦争中に日本陸軍と日本海軍が共同で開発を進めたロケット局地戦闘機である。ドイツ空軍のメッサーシュミット Me163の資料を基に設計を始めたが、試作機で終わった。.

新しい!!: ヴァルター機関と秋水 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ヴァルター機関と第二次世界大戦 · 続きを見る »

熱の流れは様々な方法で作ることができる。 熱(ねつ、heat)とは、慣用的には、肌で触れてわかる熱さや冷たさといった感覚である温度の元となるエネルギーという概念を指していると考えられているが、物理学では熱と温度は明確に区別される概念である。本項目においては主に物理学的な「熱」の概念について述べる。 熱力学における熱とは、1つの物体や系から別の物体や系への温度接触によるエネルギー伝達の過程であり、ある物体に熱力学的な仕事以外でその物体に伝達されたエネルギーと定義される。 関連する内部エネルギーという用語は、物体の温度を上げることで増加するエネルギーにほぼ相当する。熱は正確には高温物体から低温物体へエネルギーが伝達する過程が「熱」として認識される。 物体間のエネルギー伝達は、放射、熱伝導、対流に分類される。温度は熱平衡状態にある原子や分子などの乱雑な並進運動の運動エネルギーの平均値であり、熱伝達を生じさせる性質をもつ。物体(あるいは物体のある部分)から他に熱によってエネルギーが伝達されるのは、それらの間に温度差がある場合だけである(熱力学第二法則)。同じまたは高い温度の物体へ熱によってエネルギーを伝達するには、ヒートポンプのような機械力を使うか、鏡やレンズで放射を集中させてエネルギー密度を高めなければならない(熱力学第二法則)。.

新しい!!: ヴァルター機関と熱 · 続きを見る »

熱効率

熱効率(ねつこうりつ、thermal efficiency)とは、熱機関の性能を表現する物理量であり、熱として投入されるエネルギーのうち、機械的な仕事(動力)や電気的なエネルギー(電力)などに変換される割合である。 ある熱機関に投入される熱が であるときに取り出される仕事を と表した時の係数 がこの熱機関の熱効率である。 例として、熱機関であるエンジンの目的は、動力の供給である。1000ジュールの熱エネルギーが与えられたエンジンが300ジュール分の動力を出力した場合、このエンジンの熱効率は30%である。残りの700ジュールは発熱や摩擦抗力や震動など、目的ではない形の物理現象に消費され、目的外に費消されたのであり、損失と呼ばれる。熱効率は熱力学第一法則により1(100%)を越えることはなく、熱力学第二法則により1になることも決してない。 ニコラ・カルノーは思考実験で最も熱効率の良い仮想熱機関としてカルノーサイクルを提案した。カルノーサイクルの理論熱効率 は、吸熱源の温度を 、排熱源の温度を としたとき で与えられる。吸熱源の温度が高く、排熱源の温度が低いほど熱効率は大きいが、熱力学温度が必ず正であるため理論熱効率は必ず1より小さく、実際の熱効率はさらに小さくなる。また、吸熱源の温度が排熱源の温度より低い場合は熱効率が負になるため仕事を取り出すことはできない。逆に言えば、外部から仕事としてエネルギーを投入すれば、低温源から熱を吸収して高温源に熱を移動させることができる。このような機関はヒートポンプと呼ばれる。ヒートポンプの性能は熱効率に替えて成績係数という量で表現される。.

新しい!!: ヴァルター機関と熱効率 · 続きを見る »

熱機関

熱機関(ねつきかん、英語:heat engine)とは、熱をエネルギー源とした機関である。装置外から熱を取り込むものと、装置内で(通常は燃料の燃焼によって)生成した熱エネルギーを使用するものとがある。.

新しい!!: ヴァルター機関と熱機関 · 続きを見る »

燃焼

燃焼(ねんしょう)とは、可燃物(有機化合物やある種の元素など)が空気中または酸素中で光や熱の発生を伴いながら、比較的激しく酸素と反応する酸化反応のことである(ろうそくの燃焼、木炭の燃焼、マグネシウムの燃焼など)。 また、火薬類のように酸化剤(硝酸塩、過塩素酸塩など)から酸素が供給される場合は、空気が無くても燃焼は起こる。 広義には次のような反応も燃焼と呼ぶことがある。.

新しい!!: ヴァルター機関と燃焼 · 続きを見る »

特呂二号原動機

秋水に搭載された、特呂二号。外見はMe163等に搭載される、HWK 109-509のエンジンに酷似している。後ろには切り離し式の車輪も写真も見える。 特呂二号 特呂二号(KR10)とは秋水の原動機で高温ヴァルター機関である。KRは「くすり(薬、薬液)ロケット」の頭文字である。.

新しい!!: ヴァルター機関と特呂二号原動機 · 続きを見る »

白金

白金(はっきん、platinum)は原子番号78の元素。元素記号は Pt。白金族元素の一つ。 学術用語としては白金が正しいが、現代日本の日常語においてはプラチナと呼ばれることもある。白金という言葉はオランダ語の witgoud(wit.

新しい!!: ヴァルター機関と白金 · 続きを見る »

銅(どう)は原子番号29の元素。元素記号は Cu。 周期表では金、銀と同じく11族に属する遷移金属である。英語でcopper、ラテン語でcuprumと言う。.

新しい!!: ヴァルター機関と銅 · 続きを見る »

過マンガン酸塩

過マンガン酸塩(かまんがんさんえん、permanganate)とは、酸化数+7のマンガンのオキソ酸の塩に対する総称である。いずれも酸化力が非常に強いので酸化剤として用いられ、無機・有機化学用酸化剤、漂白剤、医療用殺菌剤などとして使用される。尚、遊離酸としての過マンガン酸は単離されていない。.

新しい!!: ヴァルター機関と過マンガン酸塩 · 続きを見る »

過マンガン酸ナトリウム

過マンガン酸ナトリウム(かマンガンさんナトリウム)は、ナトリウムの過マンガン酸塩で、強い酸化力を有する物質である。.

新しい!!: ヴァルター機関と過マンガン酸ナトリウム · 続きを見る »

過マンガン酸カリウム

過マンガン酸カリウム(かマンガンさんカリウム、potassium permanganate)は化学式 KMnO4 の無機化合物で、カリウムイオン (K+) と過マンガン酸イオン (MnO4&minus) より構成される過マンガン酸塩の一種。Mn の酸化数は+7、O の酸化数は−2、K は+1である。 式量は 158.04 g/mol で、水、アセトン、メタノールに可溶である。固体では深紫色の柱状斜方晶系結晶である。においはなく、強力な酸化剤である。 水への溶解度は 7.5 g/100 g (25) で、約 200 ℃ で酸素を放ち分解する。 麻薬及び向精神薬取締法により麻薬向精神薬原料に指定されている。.

新しい!!: ヴァルター機関と過マンガン酸カリウム · 続きを見る »

過酸化水素

過酸化水素(かさんかすいそ、Hydrogen peroxide)は、化学式 HO で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤、漂白剤として利用される。発見者はフランスのルイ・テナール。.

新しい!!: ヴァルター機関と過酸化水素 · 続きを見る »

非大気依存推進

非大気依存推進(ひたいきいそんすいしん、Air-Independent Propulsion, AIP)は、内燃機関(ディーゼル機関)の作動に必要な大気中の酸素を取り込むために浮上もしくはシュノーケル航走をせずに潜水艦を潜航させることを可能にする技術の総称。ただし、通常は原子力潜水艦で利用される核動力を含まず、非核動力艦のディーゼル・エレクトリック機関を補助・補完する技術を指す。.

新しい!!: ヴァルター機関と非大気依存推進 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。 今日では反応の種類に応じて多くの種類の触媒が開発されている。特に化学工業や有機化学では欠くことができない。また、生物にとっては酵素が重要な触媒としてはたらいている。.

新しい!!: ヴァルター機関と触媒 · 続きを見る »

高濃度過酸化水素

濃度過酸化水素(こうのうどかさんかすいそ、High-test peroxide)は、化学式 H2O2 で表される高濃度(85~98%)の過酸化水素。 化学工業や魚雷やロケットの推進剤として利用される。.

新しい!!: ヴァルター機関と高濃度過酸化水素 · 続きを見る »

超音速

超音速(ちょうおんそく、supersonic speed)とは、媒質中で移動する物体と媒質の相対速度が、その媒質における音速を超えること、およびその速度を指す。 音速との比であるマッハ数を使えば、マッハ数が1より大きいとも定義できる。 ただし、速度単位としてのマッハは対気速度で気温や気圧によって変化する。便宜上、超音速機のカタログスペックにおいては、対地速度1225km/h(340.31m/s、15℃・1気圧)をマッハ1とすることが多いが、この場合は物理現象としての音速・超音速とは扱いが異なる。.

新しい!!: ヴァルター機関と超音速 · 続きを見る »

軽油

軽油(けいゆ)とは、原油から精製される石油製品の一種で、主としてディーゼルエンジンの燃料として使用され、その用途のものはディーゼル燃料ともいう。軽油の名は、重油に対応して付けられたもので、「軽自動車用の燃料」という意味ではない。 英語圏では「Diesel」で、軽油(ディーゼル燃料)の意味となる。日本のガソリンスタンドでは、セルフ式スタンドの普及により誤給油を防ぐ理由から「軽油」の代わりに「ディーゼル」と表記されている場合がある。中国語では「柴油」といい、「軽油」は別物の「軽質ナフサ」あるいは「軽質コールタール」を指す。 第4類危険物の第2石油類に属する。.

新しい!!: ヴァルター機関と軽油 · 続きを見る »

錆びたボルト 錆(さび、銹、鏽、rust)とは、金属の表面の不安定な金属原子が環境中の酸素や水分などと酸化還元反応(腐食)をおこし生成される腐食物(酸化物や水酸化物や炭酸塩など)の事である。 鉄の赤錆・黒錆、銅の緑青、スズやアルミニウムの白錆など。.

新しい!!: ヴァルター機関と錆 · 続きを見る »

蒸気タービン

蒸気タービンの動翼 発電用蒸気タービン 蒸気タービン(じょうきタービン、steam turbine)は、蒸気のもつエネルギーを、タービン(羽根車)と軸を介して回転運動へと変換する外燃機関である。火力・原子力・地熱などによる発電や産業用途(発電・ポンプ駆動等)に利用される。蒸気としては一般に水蒸気が使われる。 蒸気を利用する原動機としては、蒸気タービンの他に、蒸気でシリンダ内のピストンを往復運動させるレシプロ型の蒸気エンジンが存在する。レシプロ型については蒸気機関を参照のこと。.

新しい!!: ヴァルター機関と蒸気タービン · 続きを見る »

重量キログラム

重量キログラム(じゅうりょうキログラム)は、MKS重力単位系における重さおよび力の単位である。重力キログラム(じゅうりょくキログラム)、キログラム重(キログラムじゅう)とも称する。記号は、kgf (kilogram-force) 、kgw (kilogram-weight) 、ドイツなど一部ヨーロッパ諸国はkp(ドイツ語:Kilopond)、を用いる。.

新しい!!: ヴァルター機関と重量キログラム · 続きを見る »

酸素

酸素(さんそ、oxygen)は原子番号8、原子量16.00の非金属元素である。元素記号は O。周期表では第16族元素(カルコゲン)および第2周期元素に属し、電気陰性度が大きいため反応性に富み、他のほとんどの元素と化合物(特に酸化物)を作る。標準状態では2個の酸素原子が二重結合した無味無臭無色透明の二原子分子である酸素分子 O として存在する。宇宙では水素、ヘリウムに次いで3番目に多くの質量を占めEmsley (2001).

新しい!!: ヴァルター機関と酸素 · 続きを見る »

鉛(なまり、lead、plumbum、Blei)とは、典型元素の中の金属元素に分類される、原子番号が82番の元素である。なお、元素記号は Pb である。.

新しい!!: ヴァルター機関と鉛 · 続きを見る »

陶磁器

野々村仁清『色絵藤花茶壺』(国宝) 陶磁器(とうじき、pottery and porcelain)は、セラミックの一種で、土を練り固め焼いて作ったものの総称。やきもの。 陶磁器に使われる粘土には、加熱することでアルミニウムやカルシウムなど他の物質と化合しガラス化する珪酸を主成分とする石英などが含まれる。成形後に加熱することで、土粒子の間に溶けて流体となったガラスが入り込み、冷めると固体化し土粒子同士をくっつける。『古陶磁の科学』の著者内藤匡は、この過程をおこしに喩えている。おおまかに言えば、陶器と磁器の違いはこのガラスになる成分と量の違いである。.

新しい!!: ヴァルター機関と陶磁器 · 続きを見る »

Fw 56 (航空機)

フォッケウルフ Fw 56 シュテッサー (St?sser オオタカ)は1930年代のドイツで製造された単発・単座・パラソル翼単葉の高等練習機である。郷土防衛戦闘機(ハイマートシュッツイェーガー)計画における競作機の内の一つである。.

新しい!!: ヴァルター機関とFw 56 (航空機) · 続きを見る »

He 176 (航空機)

ハインケルHe176は、第二次大戦前夜の1939年6月20日にErich Warsitzの操縦により飛行に成功した世界初の有人液体燃料式ロケット飛行機。 高速飛行機の動力として1920年代から開発が行われていたロケットエンジンは、そのすべてが固体燃料を利用していた。1937年にヴァルター社のヘルムート・ヴァルターが液体燃料式ロケットエンジンの開発に成功。ハインケル社はこのエンジンを利用した試作機としてHe176を開発した。 機体形状の特徴は、空気抵抗を減らし高速飛行を実現するため、コックピットは胴体と一体化した流線型の機体となっていた。ヒトラーはじめナチス・ドイツ高官の前での試験飛行も行われたが、期待された高速が出なかったことなどにより開発中止命令が出され、He176は試作機として終わった。 しかしロケットエンジンの開発は以後も続けられ、1941年に初飛行するメッサーシュミット Me163が世界初の実用ロケット戦闘機となった。 He 176.

新しい!!: ヴァルター機関とHe 176 (航空機) · 続きを見る »

Hs 293 (ミサイル)

ヘンシェル Hs 293(Henschel Hs 293)は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが開発した世界初の動力付き誘導爆弾であり、現在の対艦ミサイル(空対地ミサイル)の始祖と言える兵器である。 設計はヘンシェル社のヘルベルト A. ワーグナー教授による。小型機の機体下部に過酸化水素を使用する液体ロケットエンジンを装備し、母機より投下し、目視下において無線を介した手動操縦で誘導し目標に到達、命中させるようになっていた。.

新しい!!: ヴァルター機関とHs 293 (ミサイル) · 続きを見る »

HWK 109-509

HWK 109-509 空軍博物館, ベルリン-ガトウ, ドイツにて展示 大阪 弁天町の交通科学博物館にて展示 HWK 109-509は、第2次世界大戦時にメッサーシュミット Me163やBachem Ba 349に搭載されたドイツのロケットエンジンである。通称ヴァルター機関である。Hellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって生産された。.

新しい!!: ヴァルター機関とHWK 109-509 · 続きを見る »

KOMET (磁気浮上式鉄道)

KOMET()は、ドイツで開発された電磁吸引支持方式 (ElectroMagnetic Suspension System(EMS)) の磁気浮上式鉄道である。.

新しい!!: ヴァルター機関とKOMET (磁気浮上式鉄道) · 続きを見る »

RATO

フォード王立空軍博物館に展示されているHWK 109-500 ロケット補助推進離陸(Rocket Assisted Take Off、略してRATO)とは、航空機の離陸滑走距離を短くするため、機体に補助推進ロケットを装着・点火して離陸すること、またその装置のことである。その性能の高さから、ゼロ距離発進のような極端な機動をも可能とするようなものもある。 ロケットエンジンを用いるものがRATOで、ジェットエンジンを用いるものがジェット補助推進離陸(Jet-fuel Assisted Take Off・JATO)、と、区別することもあるが、英語においてはもっぱら、ジェット推進(ジェット=噴気で、いわゆるロケットエンジンとジェットエンジンのどちらも「ジェット」であるのは共通である)を補助に用いるもの全般をJATOと称している。.

新しい!!: ヴァルター機関とRATO · 続きを見る »

S-99 (潜水艦)

S-99 (Ĉ - 99)は、冷戦初期にソ連海軍が運用した潜水艦。617号計画によって開発された。実験的性格が強く、同型艦の建造は無い。 NATOコードネームは“ホエール型潜水艦(Whale class submarine)”であるが、この名称で呼ばれることは少ない。.

新しい!!: ヴァルター機関とS-99 (潜水艦) · 続きを見る »

Uボート

Uボート(、)は、ドイツ海軍の保有する潜水艦の総称。一般的には特に第一次世界大戦から第二次世界大戦の時期のものをいう。 ドイツ潜水艦隊の華々しい活躍により、Uボートの名はドイツ潜水艦の代名詞として広く普及した。第一次大戦では、約300隻が建造され、商船約5,300隻を撃沈する戦果を上げた。第二次大戦では、1,131隻が建造され、終戦までに商船約3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈する戦果をあげ、引き換えに849隻のUボートの損失を出した。 後に連合国が有効な対策を編み出した事もあり、全ドイツ軍の他のあらゆる部隊よりも高い死亡率であった「ナチス潜水艦U745の謎」ナショナルジオグラフィックチャンネル。 U9(1914年).

新しい!!: ヴァルター機関とUボート · 続きを見る »

UボートXVIIB型

UボートXVIIB型 (U-Boot Klasse XVIIB) は、第二次世界大戦中のドイツ海軍の沿岸哨戒潜水艦。ヘルムート・ヴァルターが提唱した、高濃度過酸化水素を用いた非大気依存推進 (ヴァルター機関) により、水中高速力を実現することを目指した実験艦。1943年から1944年までの間に3隻が建造された。 第二次大戦後、建造された3隻のうち2隻は、アメリカおよびイギリスに接収された。アメリカに接収されたU1406は、実験に供された後、1948年5月18日に解体された。イギリスに接収されたU1407は、HMS メテオライトとして再就役した。.

新しい!!: ヴァルター機関とUボートXVIIB型 · 続きを見る »

V1飛行爆弾

V-1(ブイワン、ドイツ語でファオ-アインス)は、第二次世界大戦時にドイツ空軍が開発したミサイル兵器である。パルスジェットエンジンを搭載した、現在の巡航ミサイルの始祖とも言える兵器である。宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスはこれを「報復兵器第1号(Vergeltungswaffe 1)」と命名して対英報復を煽った。V-1 とは上記の略号で、正式名称はフィーゼラー Fi 103である。.

新しい!!: ヴァルター機関とV1飛行爆弾 · 続きを見る »

V2ロケット

V2ロケットは、第二次世界大戦中にドイツが開発した世界初の軍事用液体燃料ミサイルであり、弾道ミサイルである。宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスが命名した報復兵器第2号(Vergeltungswaffe 2)を指す。この兵器は大戦末期、主にイギリスとベルギーの目標に対し発射された(→発射映像)。以前より開発されていたアグリガット(Aggregat)シリーズのA4ロケットを転用・実用兵器化したものである。後にアメリカ合衆国でアポロ計画を主導したヴェルナー・フォン・ブラウンが計画に参加し設計を行ったことで知られる。.

新しい!!: ヴァルター機関とV2ロケット · 続きを見る »

XLR11

XLR11エンジン XLR11エンジン XLR11はリアクション・モーターズ社によって1944年に開発が始まったロケットエンジン。 4基の燃焼室を持ち、推力1500lbf(重量ポンド)(6.7 kN,680 kgf)を発生する。エンジンの出力は加減できないが、4基の燃焼室のいくつかの燃焼を止める事によって加減する。 XLR11はX-1やドライデン飛行研究センターのリフティングボディや他の実験機にも使用された。 初期のX-15でも2基のXLR11が使用されている。各燃焼室の推力が2000lbf(8.9 kN,910 kgf)に増強され、全体では1万6000lbf(71 kN,7300 kgf)に達した。.

新しい!!: ヴァルター機関とXLR11 · 続きを見る »

XLR99

XLR99エンジンはリアクション・モーターズが1950年代にX-15搭載用に開発した最初の出力可変、再着火可能型液体燃料ロケットエンジンである。出力は57000ポンド(254kN)、比推力は279秒である。出力は50~100%の間で可変でき、いつでも必要な時に停止、再着火できる。 燃料は液体酸素と非水アンモニアである。ターボポンプで毎分4500kg供給される。他の液体燃料エンジンと同様に再生冷却を採用する。エンジンの重量は413 kgである。 最大出力で83秒作動する。オーバーホールの間隔は20から40飛行である。.

新しい!!: ヴァルター機関とXLR99 · 続きを見る »

比重

比重(ひじゅう)とは、ある物質の密度(単位体積当たり質量)と、基準となる標準物質の密度との比である。通常、固体及び液体については水、気体については、同温度、同圧力での空気を基準とする。.

新しい!!: ヴァルター機関と比重 · 続きを見る »

水蒸気

水蒸気(すいじょうき、稀にスチームともいう)は、水が気化した蒸気。空気中の水蒸気量、特に飽和水蒸気量に対する水蒸気量の割合を湿度という。.

新しい!!: ヴァルター機関と水蒸気 · 続きを見る »

水溶液

水溶液(すいようえき、aqueous solution)とは、物質が水(H2O)に溶解した液体のこと。つまり、溶媒が水である溶液。水分子は極性分子なので、水溶液の溶質となる物質はイオン結晶もしくは極性分子性物質となる。.

新しい!!: ヴァルター機関と水溶液 · 続きを見る »

液体燃料ロケット

液体燃料ロケット(えきたいねんりょうロケット)は、液体の燃料と酸化剤をタンクに貯蔵し、それをエンジンの燃焼室で適宜混合して燃焼させ推力を発生させるロケットである。単に液体ロケットとも呼ばれる。人工衛星の姿勢制御エンジンなど一部には過酸化水素やヒドラジンのように自己分解を起こす推進剤を触媒等で分解して噴射する、簡単な構造の一液式のものもある。 液体燃料は一般的に燃焼ガスの平均分子量が小さく、固体燃料に比べて比推力に優れているうえ、推力可変機能、燃焼停止や再着火などの燃焼制御機能を持つことができる。また、エンジン以外のタンク部分は単に燃料を貯蔵しているだけなので、特に大型のロケットでは構造効率の良いロケットが製作できる。一方、燃焼室や噴射器、ポンプなどの機構は複雑で小型化が困難なので、小型のロケットでは同規模の固体ロケットに比べて構造効率は悪化する。また、推進剤の種別によっては、腐食性や毒性を持ち貯蔵が困難であったり、極低温なため断熱や蒸発したガスの管理、蒸発した燃料の補充などで取り扱いに難があるものもある。.

新しい!!: ヴァルター機関と液体燃料ロケット · 続きを見る »

潜水艦

潜水艦(せんすいかん、Submarine、U-Boot、潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。.

新しい!!: ヴァルター機関と潜水艦 · 続きを見る »

有機化合物

有機化合物(ゆうきかごうぶつ、organic compound)は、炭素を含む化合物の大部分をさす『岩波 理化学辞典』岩波書店。炭素原子が共有結合で結びついた骨格を持ち、分子間力によって集まることで液体や固体となっているため、沸点・融点が低いものが多い。 下記の歴史的背景から、炭素を含む化合物であっても、一酸化炭素、二酸化炭素、炭酸塩、青酸、シアン酸塩、チオシアン酸塩等の単純なものは例外的に無機化合物と分類し、有機化合物には含めない。例外は慣習的に決められたものであり『デジタル大辞泉』には、「炭素を含む化合物の総称。ただし、二酸化炭素・炭酸塩などの簡単な炭素化合物は習慣で無機化合物として扱うため含めない。」と書かれている。、現代では単なる「便宜上の区分」である。有機物質(ゆうきぶっしつ、organic substance『新英和大辞典』研究社)あるいは有機物(ゆうきぶつ、organic matter『新英和大辞典』研究社)とも呼ばれるあくまで別の単語であり、同一の概念ではない。。.

新しい!!: ヴァルター機関と有機化合物 · 続きを見る »

海上自衛隊

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの海上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称海自(かいじ)、英称 Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)海上自衛隊公式HP。諸外国からは Japanese Navy(日本海軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: ヴァルター機関と海上自衛隊 · 続きを見る »

007 サンダーボール作戦

『007 サンダーボール作戦』(ゼロゼロセブン サンダーボールさくせん、Thunderball)は、イアン・フレミング、ケヴィン・マクローリー、ジャック・ウィッティンガムの長編小説『007』シリーズ第8作。また1965年公開、テレンス・ヤング監督のアクション映画。『007』シリーズ第4作。.

新しい!!: ヴァルター機関と007 サンダーボール作戦 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: ヴァルター機関と1933年 · 続きを見る »

1937年

記載なし。

新しい!!: ヴァルター機関と1937年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ヴァルター機関と1940年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: ヴァルター機関と1956年 · 続きを見る »

1965年

記載なし。

新しい!!: ヴァルター機関と1965年 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: ヴァルター機関と1984年 · 続きを見る »

1984年ロサンゼルスオリンピック

23回オリンピック競技大会(だい23かいオリンピックきょうぎたいかい、Jeux de la XXIIIe olympiade、Games of the XXIII Olympiad)は、1984年7月28日から8月12日までの16日間、アメリカ合衆国のロサンゼルスで開催されたオリンピック競技大会。一般的にロサンゼルスオリンピックと呼称される。 規定の変更により、この大会から夏季オリンピックの入賞枠が6位までから8位までに拡大された。.

新しい!!: ヴァルター機関と1984年ロサンゼルスオリンピック · 続きを見る »

3Vボマー

3Vボマー(またはV爆撃機、V bomber/3V bomber)は1950年代から1960年代にかけてイギリス空軍の戦略核爆撃機部隊で使用された3種類の爆撃機ビッカース ヴァリアント(Valiant)、ハンドレページ ヴィクター(Victor)、アブロ バルカン(Vulcan)のことである。すべて名前が「V」で始まることからこの名がある。 「3Vボマー」のように、いくつかの航空機のグループがその制式名や技術的な特徴、その時代の雰囲気などから、親しまれるあだ名を付けられることがある。例としてはアメリカ戦闘機の「センチュリーシリーズ」や「」などが上げられる。.

新しい!!: ヴァルター機関と3Vボマー · 続きを見る »

53-61 (魚雷)

53-61型は、ソビエト連邦が開発した対艦誘導魚雷。また発展型の53-65型についても本項目で扱う。.

新しい!!: ヴァルター機関と53-61 (魚雷) · 続きを見る »

72式魚雷

72式魚雷(ななにしきぎょらい)は海上自衛隊が運用していた長魚雷。魚雷艇及び潜水艦に対浮上航行潜水艦・対水上艦向け兵装として搭載されていた。非誘導魚雷であり、1972年(昭和47年)に制式採用され、1994年(平成6年)に運用が終了した。開発・製造は三菱重工業。開発中の名称はG-5B。.

新しい!!: ヴァルター機関と72式魚雷 · 続きを見る »

8-キノリノール

8-キノリノールは、キノリンの炭素8番の水素がヒドロキシル基に置換した有機化合物である。.

新しい!!: ヴァルター機関と8-キノリノール · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ワルター機関

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »