ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ワール川

索引 ワール川

ワール川(蘭:Waal)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。 ライン川はオランダに入ってすぐの、ラインヴァールデン基礎自治体のパネルデン地区付近で北側にパネルデン運河(下流はレク川を経由して北海へ)、南側にワール川にと2分岐する。ワール川にはライン川の総流量の65%が流入している。ワール川は、北海やロッテルダム港とドイツ各地を結ぶライン川の主要航路の一つとなっている。 なお、ワール川(メルウェデ川)が北海に流入する河口部には、デルタ計画で建設されたハーリングフリート水門があるため、ベネデン・メルウェデ川(メルウェデ川の分岐河川・運河)などを経由してレク川下流にあるロッテルダムより北海へ抜ける航路等が設定されている。 ドイツ、ベルギー、フランス各国の下水排水が流れ込む最下流の位置にあり水質汚染が進んでいる。;ワール川本流の経路 ライン川 > ワール川 > ボーフェン・メルウェデ川 > ニューウェ・メルウェデ川 > ホランス・ディープ川 > ハーリングフリート川 > 北海.

25 関係: 南ホラント州北海ナイメーヘンマース川マース・ワール運河ハーリングフリート川メルウェデ運河ライン川ラインヴァールデンレック川ロッテルダム港ボーフェン・メルウェデ川ヘルダーラント州パネルデン運河ティール (オランダ)デルタ計画ニューウェ・メルウェデ川ホランス・ディープ川ベネデン・メルウェデ川アムステルダムアムステルダム・ライン運河オランダオランダの河川一覧オランダ語ザルトボメル

南ホラント州

南ホラント州(Zuid-Holland)は、オランダ南西部の州。州都はハーグ。北は北ホラント州、北東はユトレヒト州、東はヘルダーラント州、南は北ブラバント州、南西はゼーラント州に接する。.

新しい!!: ワール川と南ホラント州 · 続きを見る »

北海

北海の位置 デンマーク側からの北海 北海(ほっかい:英語 、ドイツ語 、フランス語 、オランダ語 、デンマーク語 Nordsøen、ノルウェー語 Nordsjøen)は、大西洋の付属海。古名はゲルマン海(ラテン語 Mare Germanicum、英語 )。 東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。東はスカゲラク海峡・カテガット海峡でバルト海に、北はノルウェー海に、南はドーバー海峡・イギリス海峡で大西洋に繋がっている。南北の長さは970km、東西は580km、面積は75万km2、水量は94000km3である。 北海に流れ込む主な川はエルベ川、ヴェーザー川、エムス川、ライン川などがある。なかでも、最も北海に影響を及ぼす河川はエルベ川とライン川・ムーズ川である.

新しい!!: ワール川と北海 · 続きを見る »

ナイメーヘン

ナイメーヘン(オランダ語:Nijmegen)はオランダのヘルダーラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)である。オランダで初めてローマ帝国の都市権を得た街として知られる。ライン川の下流のワール川の南岸に街が形成されており、市街地中心よりドイツ国境まで7km程度の距離である。.

新しい!!: ワール川とナイメーヘン · 続きを見る »

マース川

250px マース川(オランダ語:Maas、フランス語:Meuse ムーズ)は、フランス北東部を水源としベルギーを流れオランダで北海へ注ぐ川である。 9世紀頃よりアルザス、ロレーヌ地方がフランスに併合されることとなるヴェストファーレン条約が締結された1648年まで、神聖ローマ帝国の西の国境線がこの河川であった。このことよりドイツ国歌「ドイツの歌」の歌詞の1番にて「マース川からメーメル川まで」とその領土範囲を郷愁的に歌っていることでも有名である(1番は現在のドイツでは国歌とされていない)。また、流域であるベルギーのワロン工業地帯は欧州大陸で最初に産業革命が始まったところとしても知られている。 オランダのナイメーヘン付近でマース・ワール運河によりライン川と接続され、フランスでは運河網によってセーヌ川とも通じている。北海に注ぐ河口部では、オランダの大規模治水計画であるデルタ計画により可動堰や防潮水門等で水位制御されている。.

新しい!!: ワール川とマース川 · 続きを見る »

マース・ワール運河

マース・ワール運河(オランダ語:Maas-Waalkanaal)は、オランダのマース川とワール川を接続するために開削された運河で、ヘルダーラント州のナイメーヘン近郊にある運河のことである。.

新しい!!: ワール川とマース・ワール運河 · 続きを見る »

ハーリングフリート川

ハーリングフリート川またはハーリングフリート入り江(蘭:Haringvliet)は、オランダを流れる川で、ライン川とマース川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の河口部の一つである。 ムールダイクでホランス・ディープ川がハーリングフリート川とフォルケラク川に分岐した地点より、北海に流入する地点に設けられたハーリングフリート水門までの約28kmがハーリングフリート川である。.

新しい!!: ワール川とハーリングフリート川 · 続きを見る »

メルウェデ運河

メルウェーデ運河(蘭:Merwedekanaal)は、オランダのユトレヒトとホルクムを結ぶ全長35kmの運河のことである。 途中、レック川と平面交差している。.

新しい!!: ワール川とメルウェデ運河 · 続きを見る »

ライン川

ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / Rhein、Rijn、Rhin、Rhine、Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。 スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュースブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。 全長1,233km。そのうちドイツを流れるのは698kmである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。 下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。.

新しい!!: ワール川とライン川 · 続きを見る »

ラインヴァールデン

ラインヴァールデン(Rijnwaarden、)とは、オランダヘルダーラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。ライン川がオランダに入る地点に位置する自治体である。.

新しい!!: ワール川とラインヴァールデン · 続きを見る »

レック川

レック川(蘭:Lek)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。 ライン川はオランダに入ってすぐの、ラインヴァールデン基礎自治体で北側にパネルデン運河、南側にワール川にと2分岐する。このパネルデン運河へはライン川の総流量の35%が流入しており、その下流にあたるのがこのレック川である。レック川はワイク・ベイ・デュールステーデ基礎自治体でクロメ・ライン川とネーデルライン川が合流した地点より下流のことをいい、合流後すぐにアムステルダム・ライン運河と直行交差した後、ユトレヒト近郊のニーウ・レッケルラント基礎自治体南部でメルウェデ運河と直行する。そして世界遺産でもあるニーウ・レッケルラント基礎自治体のキンデルダイク地区北岸でノールト川に合流する地点までの延長62kmをレック川という。;レック川本流の経路 ライン川 > パネルデン運河 > ネーデルライン川 > レック川 > ニューウェ・マース川 > ニューウェ・ワーテルウェフ > 北海.

新しい!!: ワール川とレック川 · 続きを見る »

ロッテルダム港

ッテルダム港(オランダ語 )は、オランダ・ロッテルダムにある港湾で、ヨーロッパ最大の港であり(アジアを除けば世界最大)、コンテナ取扱量は世界第11位(2013年)である。ライン川が北海に注ぐ直前に位置し、外洋と河川の結節点として発展した。世界最大の石油化学工業地帯でもあり、石油メジャー各社のコンビナートが林立している。1960年代に建設された(ウーロポールト)の名は特に有名で、俗にロッテルダム港全体を指して「ユーロポート」と呼ぶことがある。.

新しい!!: ワール川とロッテルダム港 · 続きを見る »

ボーフェン・メルウェデ川

ボーフェン・メルウェーデ川(蘭:Boven-Merwede直訳すると「上メルウェーデ」)は、オランダを流れる川で、ライン川とマース川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。 ホルクム市街地の東でワール川(ライン川起源)・アフヘダムデ・マース川(マース川起源)が合流してボーフェン・メルウェーデ川となり、ベネーデン・メルウェーデ川とニューウェ・メルウェーデ川に2分岐する地点までの10kmがボーフェン・メルウェーデ川である。この川はロッテルダムからドイツ方面への主要航路の一部である。;ボーフェン・メルウェデ川本流の経路 ライン川 > ワール川 > ボーフェン・メルウェーデ川 > ベネデン・メルウェデ川・ニューウェ・メルウェデ川 > … > 北海 マース川 > アフヘダムデ・マース川 > ボーフェン・メルウェデ川 > ベネーデン・メルウェーデ川・ニューウェ・メルウェーデ川 > … > 北海.

新しい!!: ワール川とボーフェン・メルウェデ川 · 続きを見る »

ヘルダーラント州

ヘルダーラント州(Gelderland)は、オランダ東部の州。州都はアーネム(アルンヘム)。北はオーファーアイセル州とフレヴォラント州、西はユトレヒト州と南ホラント州、南は北ブラバント州とリンブルフ州。東はドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州と境界を接する。.

新しい!!: ワール川とヘルダーラント州 · 続きを見る »

パネルデン運河

パネルデン運河(蘭:Pannerdensch Kanaal)は、オランダのライン川支流の蛇行を直線化するために開削された運河で、ヘルダーラント州のアーネム近郊(オランダとドイツの国境付近)にある運河のことである。.

新しい!!: ワール川とパネルデン運河 · 続きを見る »

ティール (オランダ)

ティール(オランダ語:Tiel)は、オランダのヘルダーラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。ライン川下流のワール川に面しており、同川から分岐してユトレヒトを経由してアムステルダムまで開削されたアムステルダム・ライン運河の起点にあたる。ここに町が造られたのは、5世紀頃であると言われている。 ベテゥベ地域の中心都市であり、オランダ国内で、リンゴや洋ナシ、桃やさくらんぼ等の果実の大生産地の一つである。有名な果実ジャムの生産メーカーであるDe Betuweがティールに工場を持っていたが、1993年に工場はブレダに移転した。現在ではジャム博物館とフリッペ像が残るのみである。また、かつてはピューター(金属製品の一つ)の生産でも有名であり、ピューター博物館があるとともに、2004年に一旦閉鎖された最後のピューター工場が現在でも操業を続けている。 この街は、オランダで最も古く成立した街の一つであり、かつてはリンヘ川沿いにあり、9世紀にドレスタット交易連合が崩壊するまでの中世初期において、重要な交易都市として栄えていた。その後、中世後期にはハンザ同盟に加盟している。この街はまた、2つの大きな教会があることでも有名で、そのうちの一つはドイツ騎士団に属した参事会管理教会を起源とするシント・ワルブルフ教会である。なお、旧市街は第二次世界大戦時にかなりの部分が破壊されており、現存していない。 毎年9月の第2日曜日には、ティールの収穫祭と呼ばれるベテゥベ地域の果実収穫を祝う祭りが行われ、果実が飾り付けられたフロートによるパレードが行われることでも有名である。同じ週の週末にはワール川河畔で音楽祭(Appelpop)が開かれる。.

新しい!!: ワール川とティール (オランダ) · 続きを見る »

デルタ計画

デルタ計画またはデルタ整備計画(オランダ語:Deltawerken デルタウェルケン)は、オランダのライン川河口の三角州(デルタ)を高潮から守るために作られたダム・堤防・水門・閘門などの一連の治水構造物建設およびその計画である。.

新しい!!: ワール川とデルタ計画 · 続きを見る »

ニューウェ・メルウェデ川

ニューウェ・メルウェデ川またはニュー・メルウェデ川(蘭:Nieuwe Merwede)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。この川は、1861年から1874年にメルウェデ川とホランス・ディープ川を接続するために開削された運河である。 ヴェルケンダム北岸でボーフェン・メルウェデ川がベネデン・メルウェデ川とニューウェ・メルウェデ川に分岐し、ニューウェ・メルウェデ川はそこからアメル川に合流するまでの約20kmの河川である。;ニューウェ・メルウェデ川本流の経路 ライン川 > ワール川 > ボーフェン・メルウェデ川 > ニューウェ・メルウェデ川 > ホランス・ディープ川 > ハーリングフリート川・フォルケラク川 > 北海.

新しい!!: ワール川とニューウェ・メルウェデ川 · 続きを見る »

ホランス・ディープ川

ホランス・ディープ川(蘭:Hollandsch Diep)は、オランダを流れる川で、ライン川とマース川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。 ドルトレヒト市街地の南でニューウェ・メルウェデ川(ライン川起源)とアメル川(マース川起源)が合流してホランス・ディープ川となり、ハーリングフリート川とフォルケラク川に2分岐する地点までの21kmがホランス・ディープ川である。;ホランス・ディープ川本流の経路 ライン川 > ワール川 > ボーフェン・メルウェデ川 > ニューウェ・メルウェデ川 > ホランス・ディープ川 > ハーリングフリート川・フォルケラク川 > 北海 マース川 > ベルフセ・マース川 > アメル川 > ホランス・ディープ川 > ハーリングフリート川・フォルケラク川 > 北海.

新しい!!: ワール川とホランス・ディープ川 · 続きを見る »

ベネデン・メルウェデ川

ベネーデン・メルウェーデ川(蘭:Beneden-Merwede 直訳すると「下メルウェーデ」)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。 ヴェルケンダム北岸でボーフェン・メルウェーデ川がベネーデン・メルウェーデ川とニューウェ・メルウェデ川に分岐し、ベネーデン・メルウェーデ川はそこからノールト川とアウデ・マース川に分岐するまでの約14.8kmの河川である。この川はロッテルダムからドイツ方面への主要航路の一部であり、航路幅245m、深さ5.9mが保証されている。;ベネーデン・メルウェーデ川本流の経路 ライン川 > ワール川 > ボーフェン・メルウェーデ川 > ベネーデン・メルウェーデ川 > アウデ・マース川 > ニューウェ・マース川 > 北海 … > ベネーデン・メルウェデ川 > ノールト川 > ニューウェ・マース川 > 北海.

新しい!!: ワール川とベネデン・メルウェデ川 · 続きを見る »

アムステルダム

アムステルダム(オランダ語: Amsterdam )は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業や観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市である。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。.

新しい!!: ワール川とアムステルダム · 続きを見る »

アムステルダム・ライン運河

アムステルダム・ライン運河(オランダ語:Amsterdam-Rijnkanaal)は、オランダのアムステルダムとティール近郊を結ぶ全長72kmの運河である。.

新しい!!: ワール川とアムステルダム・ライン運河 · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: ワール川とオランダ · 続きを見る »

オランダの河川一覧

次に示すのは、オランダの主要河川一覧である。 オランダの全ての河川は北海に流入している。一部の川はアイセル湖に一旦流れ込んだ上で、最終的には北海に流入する。この記事で示す河川の一覧は、ベルギー国境からドイツ国境に向かって北海への流出河口別に一覧としてものである。また、河川の流入関係(依存関係)が分かるように、インデントを用いて本川・支川が分かるように記述している。さらに、合流地点の基礎自治体名も併せて記述している。 なお、ライン・マース・スヘルデ三角州の河川ネットワークは複雑であるため、その中でも主要ルートを太字で示している。.

新しい!!: ワール川とオランダの河川一覧 · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: ワール川とオランダ語 · 続きを見る »

ザルトボメル

ルトボメルまたはザルトボムル(Zaltbommel; )は、オランダ南部に位置し、ヘルダーランド州に属する市(基礎自治体(ヘメーンテ))。 ワール川とマース川に挟まれ、土壌が肥沃であることから、果樹および花き園芸が盛んである。.

新しい!!: ワール川とザルトボメル · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »