ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ワルシャワ大学

索引 ワルシャワ大学

ワルシャワ大学(Uniwersytet Warszawski)はポーランドのワルシャワにある大学。.

99 関係: 反ユダヤ主義大韓民国奨学金学習院女子大学医学ナチス・ドイツミェチスワフ・カルウォーヴィチノーベル平和賞ノーベル経済学賞ポーランドポーランド人民共和国ポーランド分割ポーランド立憲王国メナヘム・ベギンヤドヴィガ・ロドヴィッチユゼフ・ピウスツキリシャルト・カプシチンスキレフ・カチンスキレオニード・ハーヴィッツロシアロシア第一革命ロシア語ワルシャワワルシャワ蜂起ヴァンダ・ヤクボフスカヴァツワフ・シェルピニスキヴィトルド・ゴンブローヴィッチボフダン・パチンスキフレデリック・ショパンドロタ・オシンスカドイツアメリカ合衆国アルフレト・タルスキアルファ・ウマル・コナレアレクサンデル・フォルトアレクサンドル1世アンジェイ・ムンクアフリカ系アメリカ人公民権運動アダム・ミツキェヴィチ大学イツハク・シャミルガリツィアクリミア戦争クシシュトフ・ザヌッシジョセフ・ロートブラット哲学国内軍 (ポーランド)皇后美智子知識人社会的少数者神学...神戸大学立教大学第一次世界大戦筑波大学物理学芸術学行幸行政学東京大学東アジア歴史学死刑法学朝鮮の文化朝鮮語明仁文学日本日本の文化日本テレビ放送網日本語数学11月蜂起1816年1826年1829年1830年1857年1862年1863年1870年1900年代1915年1918年1919年1933年1939年1944年1952年1956年1957年1978年1991年1994年1億人の大質問!?笑ってコラえて!1月蜂起2002年2003年 インデックスを展開 (49 もっと) »

反ユダヤ主義

上山安敏2005,p.265.。絵画『エルサレムの包囲と破壊』,David Roberts,1850年 異端判決宣告式。 反ユダヤ主義(はんユダヤしゅぎ)とは、ユダヤ人およびユダヤ教に対する敵意、憎悪、迫害、偏見を意味する「反ユダヤ主義」世界大百科事典 第2版。 旧約聖書のエステル記に離散したユダヤ人(ディアスポラ)に対する反ユダヤ的態度がすでに記述されており、19世紀以降に人種説に基づく立場は反セム主義(はんセムしゅぎ)またはアンティセミティズム(antisemitism)とも呼ばれる。.

新しい!!: ワルシャワ大学と反ユダヤ主義 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: ワルシャワ大学と大韓民国 · 続きを見る »

奨学金

奨学金(しょうがくきん)とは、能力のある学生に対して、金銭の給付を行う制度である。奨学金(scholarships)の厳格な定義としては、学業成績等が優秀な生徒・学生に対して、修学を促すことを目的とするため、返済義務が全く無い給付金の事をいう。.

新しい!!: ワルシャワ大学と奨学金 · 続きを見る »

学習院女子大学

1948年(昭和23年)、高等女学校・高等学校(学習院女子高等科含む)卒業生を対象とする各種学校として、1年制の「学習院女子教養学園」が設けられ、これが本学の源流となる。.

新しい!!: ワルシャワ大学と学習院女子大学 · 続きを見る »

医学

医学(いがく、英:Medicine, Medical science)とは、生体(人体)の構造や機能、疾病について研究し、疾病を診断・治療・予防する方法を開発する学問である広辞苑「医学」。 医学は、病気の予防および治療によって健康を維持、および回復するために発展した様々な医療を包含する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と医学 · 続きを見る »

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: ワルシャワ大学とナチス・ドイツ · 続きを見る »

ミェチスワフ・カルウォーヴィチ

ミェチスワフ・カルウォーヴィチ(Mieczysław Karłowicz, 1876年12月11日 - 1909年2月8日)はポーランドの作曲家・指揮者・登山家・作家・写真家。 存命中は、とりわけその華麗な交響詩により、ポーランド音楽界の再生を担う希望の星として、シマノフスキ以上に将来を有望視されていたが、タトラ山脈にてスキー遠征中に、雪崩に遭遇し死去した。 250px ヴィリニュスに生まれる。家は大貴族のオストヤ氏族に連なる家系で、父親ヤンは歴史学者で音楽家。少年時代に主にドイツ語圏で過ごした後、ワルシャワでヴァイオリンを学び始めるが、後に体力・気力の面から演奏家を断念。1894年にワルシャワ音楽院でノスコフスキに、1895年から1901年までベルリンでハインリヒ・ウルバンに作曲を師事。1906年から1907年まで指揮をアルトゥール・ニキシュに学ぶ。ドイツ留学中に作品1~作品6までの初期作品を作曲。 帰国後はポーランド音楽協会の役員として組織の再建に大きく寄与するが、当時の退嬰的なワルシャワの音楽的環境に耐え切れず、1907年に転地療養をかねてタトラ山脈中の小都市ザコパネに転居。この頃から健康面がすぐれるようになり、意欲的に数々の交響詩の作曲を続けた。ワルシャワ時代の作品として、作品9~11までの交響詩が挙げられる。 ルジツキ、フィテルベルク、シマノフスキ、シェルトが結成した音楽サークル「若きポーランド」に参加。国際的水準に達した新たなポーランド芸術の創造を理念として、その中心人物に躍り出た。 ドイツ観念哲学を愛好し、ショーペンハウアーの悲観主義哲学やニーチェの超人思想に影響を受け、悲劇的かつ感傷的な曲想を好んで展開することになった。 作曲家としてワーグナー、チャイコフスキー、リヒャルト・シュトラウスを崇拝していたが、カルウォーヴィチ自身の作風が、すぐれて甘美な叙情性をもつ旋律と、半音階的な和声の充実、色彩的な管弦楽法を特徴とするものだった。.

新しい!!: ワルシャワ大学とミェチスワフ・カルウォーヴィチ · 続きを見る »

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞受賞者を決定するノルウェー議会 オスロ市庁舎外観 1974年のノーベル平和賞のメダル ノーベル平和賞(ノーベルへいわしょう、Nobels fredspris)は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの一つ。 ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルはスウェーデンとノルウェー両国の和解と平和を祈念して「平和賞」の授与はノルウェーで行うことにした。平和賞のみ、スウェーデンではなくノルウェー政府が授与主体である。 ノーベル平和賞のメダルは、表面にはアルフレッド・ノーベルの横顔(各賞共通)、裏面には三位一体を表現した図案「Pro pace et fraternitate gentium」の文が刻まれている(受賞者名も刻まれる)。.

新しい!!: ワルシャワ大学とノーベル平和賞 · 続きを見る »

ノーベル経済学賞

ノーベル経済学賞田代秀敏 「」 週刊エコノミスト 2015年6月16日(ノーベルけいざいがくしょう)は、1968年にスウェーデン国立銀行が設立300周年祝賀の一環として、ノーベル財団に働きかけ、設立された賞である。 「ノーベル経済学賞」は通称として広く用いられているが、ノーベル財団は、同賞は「ノーベル賞ではない」として後述の正式名称を用いるか、単に「経済学賞」(ekonomipris、Prize in Economic Sciences)と呼ぶ。スウェーデン王立科学アカデミーにより選考され、ノーベル財団によって認定される。授賞式・その他一般はノーベル賞と同じように行われている。 王立科学アカデミーは新しいノーベル賞として設立を承認したものの、アルフレッド・ノーベルの子孫やノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーは賛成していない。.

新しい!!: ワルシャワ大学とノーベル経済学賞 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ワルシャワ大学とポーランド · 続きを見る »

ポーランド人民共和国

ポーランド人民共和国(ポーランドじんみんきょうわこく、Polska Rzeczpospolita Ludowa)は、第二次世界大戦後の1952年に成立し、1989年に崩壊したポーランドの国家体制である。ポーランド統一労働者党による一党独裁制を採るマルクス・レーニン主義の共産主義国家であった。 第二次世界大戦の終盤、傀儡政権としてソビエト連邦に支配されたポーランドは、ソ連にとって最も重要な衛星国であった。ソ連は、ポーランドの国内及び外交政策に対し多大なる影響を持ち、自国の軍隊をポーランドに駐在させた。.

新しい!!: ワルシャワ大学とポーランド人民共和国 · 続きを見る »

ポーランド分割

ポーランド分割(ポーランドぶんかつ、Rozbiór Polski・Rozbiory Polski、Lietuvos-Lenkijos padalijimai、Падзелы Рэчы Паспалітай、)は、18世紀に、ポーランド・リトアニア共和国の領土が3度にわたって周囲の3つの大国に奪われ、最終的に完全に領土を失って滅亡したことを指す歴史用語。その後、ウィーン会議により改めて4度目の分割も行われた。.

新しい!!: ワルシャワ大学とポーランド分割 · 続きを見る »

ポーランド立憲王国

ポーランド立憲王国(ポーランドりっけんおうこく)は、ポーランドを支配していた国家の1つ。1815年、ナポレオン・ボナパルトのワルシャワ公国に代わって設置された。 正式にはポーランド王国という国名であったが、以前に存在していたポーランド王国と紛らわしいため「立憲王国」と呼ばれることが多い。ロシア皇帝が国王を兼ねる、帝政ロシアの衛星国である。.

新しい!!: ワルシャワ大学とポーランド立憲王国 · 続きを見る »

メナヘム・ベギン

メナヘム・ベギン(、Menachem Begin、1913年8月16日 - 1992年3月9日)は、イスラエルの政治家。1977年から1983年までイスラエルの首相を務めた。息子に科学相を務めたベニー・ベギンがいる。.

新しい!!: ワルシャワ大学とメナヘム・ベギン · 続きを見る »

ヤドヴィガ・ロドヴィッチ

ヤドヴィガ・マリア・ロドヴィッチ(、1954年 - )は、ポーランドの文化研究者、外交官。2002年から2006年の間と2008年から2012年までの約8年間、駐日ポーランド大使を務めた。.

新しい!!: ワルシャワ大学とヤドヴィガ・ロドヴィッチ · 続きを見る »

ユゼフ・ピウスツキ

ユゼフ・ピウスツキ(Józef Klemens Piłsudski, 1867年12月5日 - 1935年5月12日)はポーランド共和国の建国の父にして初代国家元首、国防相、首相。ポーランド軍創立者にして元帥。独裁的な政権で同国を盛り立てたことで知られる。文化人類学者でアイヌ研究家のブロニスワフ・ピウスツキは兄。ピルスツキ、ピルスヅキ、ピルツスキー、ピルスーツキイとも表記される。.

新しい!!: ワルシャワ大学とユゼフ・ピウスツキ · 続きを見る »

リシャルト・カプシチンスキ

right リシャルト・カプシチンスキ(Ryszard Kapuściński、1932年3月4日 - 2007年1月23日)は、ピンスク出身のポーランド人ジャーナリスト、作家、新聞社通信員。世界中から「20世紀の最も偉大なジャーナリスト」、「最も生気にあふれた報道記者」と評価される、現代ジャーナリズムの巨人。.

新しい!!: ワルシャワ大学とリシャルト・カプシチンスキ · 続きを見る »

レフ・カチンスキ

レフ・カチンスキ(Lech Kaczyński、1949年6月18日 - 2010年4月10日)は、ポーランドの政治家、大統領。兄のヤロスワフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。2010年4月、カティンの森事件追悼70周年記念式典に出席するため搭乗していた大統領専用機の墜落事故により、同じく式典出席のため同行していた妻のマリアおよび多数の有力政府高官と共に死亡した。.

新しい!!: ワルシャワ大学とレフ・カチンスキ · 続きを見る »

レオニード・ハーヴィッツ

レオニード・ハーヴィッツ(Leonid Hurwicz、1917年8月21日 - 2008年6月24日)は、アメリカの経済学者・数学者。特にインセンティブ整合性とメカニズムデザイン(machanism design)についての研究を行った。 メカニズムデザインの理論の基礎を確立した業績により、ロジャー・マイヤーソン、エリック・マスキンとともに2007年のノーベル経済学賞を受賞した。 弟子には、青木昌彦、西條辰義、ダニエル・マクファデン(2000年ノーベル経済学賞受賞)がいる。.

新しい!!: ワルシャワ大学とレオニード・ハーヴィッツ · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ワルシャワ大学とロシア · 続きを見る »

ロシア第一革命

ア第一革命(ロシアだいいちかくめい、Революция 1905 года в России, 1905 Russian Revolution)とは、1905年に発生した「血の日曜日事件」を発端とするロシアの革命である。第1次革命とも言い、第2次革命(第二革命)は二月革命を指す。 特定の指導者がいた訳ではなく、原因や目的が入り組んだ複数の革命団体によって、反政府運動と暴動がロシア帝国全土に飛び火した。騒乱は全国ゼネスト、戦艦ポチョムキンの反乱などで最高潮に達したが、憲法制定や武力鎮圧で次第に沈静化し、ストルイピン首相の1907年6月19日のクーデターで終息した。.

新しい!!: ワルシャワ大学とロシア第一革命 · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: ワルシャワ大学とロシア語 · 続きを見る »

ワルシャワ

ワルシャワ(;ヴァルシャヴァ、Warsaw、ワルソー)は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。.

新しい!!: ワルシャワ大学とワルシャワ · 続きを見る »

ワルシャワ蜂起

ワルシャワ蜂起(ワルシャワほうき、ポーランド語:Powstanie Warszawskie)は、第二次世界大戦後期、ナチス・ドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワで起こった武装蜂起である。.

新しい!!: ワルシャワ大学とワルシャワ蜂起 · 続きを見る »

ヴァンダ・ヤクボフスカ

ヴァンダ・ヤクボフスカ(Wanda Jakubowska, 1907年10月10日 - 1998年2月25日)はポーランドの女性映画監督。.

新しい!!: ワルシャワ大学とヴァンダ・ヤクボフスカ · 続きを見る »

ヴァツワフ・シェルピニスキ

ェルピンスキの記念メダル ヴァツワフ・シェルピンスキ(Wacław Franciszek Sierpiński、シェルピンスキー、1882年3月14日 - 1969年10月21日)とは、ワルシャワで生没したポーランドの数学者である。彼は集合論(選択公理や連続体仮説に関する研究)や数論、関数論、位相幾何学に対する多大な貢献をしたことで知られている。彼は、700部を越す論文と、50冊の本を出版した(そのうちの 2 つ、『一般位相数学入門』Introduction to General Topology,1934 と 『一般位相数学』General Topology,1952は、カナダの数学者 セシリア・クリューガーによって英訳されている)。 3 つの有名なフラクタルが、彼の名にちなんでいる(シェルピンスキーの三角形、シェルピンスキーのカーペット、シェルピンスキー曲線)。.

新しい!!: ワルシャワ大学とヴァツワフ・シェルピニスキ · 続きを見る »

ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ

ヴィトルド・ゴンブローヴィチ ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ(Witold Gombrowicz, 1904年8月4日 - 1969年7月24日)は、ポーランド出身の小説家・劇作家。.

新しい!!: ワルシャワ大学とヴィトルド・ゴンブローヴィッチ · 続きを見る »

ボフダン・パチンスキ

ボフダン・パチンスキ(Bohdan Paczyński, 1940年2月8日 - 2007年4月19日)は、ポーランドの天文学者である。恒星進化論の分野の主導的な科学者である。 リトアニアのビリニュスに生まれた。 ワルシャワ大学で学び、ポーランドで活動した後、1981年にアメリカ合衆国に移住して、プリンストン大学の教授となった。 パチンスキーは重力レンズ、変光星、ガンマ線バースト、銀河の構造などについて研究している。 重力レンズをつかって新しい天体を発見し、天体の質量を計測する方法によって世界的な評価を得た。重力マイクロレンズ現象(恒星の光が、手前を通過する見えない天体の重力の作用によって一時的に明るくなる現象)の存在を予言した。またガンマ線バーストが遠方の宇宙で起きていることをはやくから提唱した。.

新しい!!: ワルシャワ大学とボフダン・パチンスキ · 続きを見る »

フレデリック・ショパン

フレデリック・フランソワ・ショパン(Frédéric François Chopin 、国際音声記号による発音表記は 。 、1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名だった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人フランス語 le poète du piano、ポーランド語 poeta fortepianu、英語 the poet of the piano、ドイツ語 der Poet am Klavierなど。とも呼ばれるように、様々な形式・美しい旋律・半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。夜想曲やワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地だった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。 1988年からポーランドで発行されていた5000ズウォティ紙幣に肖像が使用されていた。また、2010年にもショパンの肖像を使用した20ズウォティの記念紙幣が発行されている。2001年、ポーランド最大の空港「オケンチェ空港(Port lotniczy Warszawa-Okęcie)」が「ワルシャワ・ショパン空港」に改名された。.

新しい!!: ワルシャワ大学とフレデリック・ショパン · 続きを見る »

ドロタ・オシンスカ

ドロタ・オシンスカ()はポーランドの歌手。1978年ポーランド、ヴロツワフ生まれ。ワルシャワ大学で学んだ。 優れた歌唱力を持った歌手であり、2004年のアルバム「Ide」ではクラシカルかつジャジーなポップスを聴かせた。 続く2010年の「Kamyk zielony」は当初MP3でのみの発売だったが、2013年にCD化された。.

新しい!!: ワルシャワ大学とドロタ・オシンスカ · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ワルシャワ大学とドイツ · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ワルシャワ大学とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アルフレト・タルスキ

アルフレト・タルスキ(Alfred Tarski, 1901年1月14日 - 1983年10月26日)はポーランドおよびアメリカの数学者・論理学者。彼の生年を1902年とする記述も散見されるが、これは誤りである。 アリストテレス、クルト・ゲーデル、ゴットロープ・フレーゲとともに、「四人の偉大な論理学者」の一人として数えられる。また、彼の名前は「バナッハ=タルスキーの定理」などで知られる。.

新しい!!: ワルシャワ大学とアルフレト・タルスキ · 続きを見る »

アルファ・ウマル・コナレ

アルファ・ウマル・コナレ(Alpha Oumar Konaré, 1946年2月2日 - )は、アフリカ連合(AU)の執行機関であるAU委員会の元委員長(2003年9月16日-2008年2月1日)。マリ共和国の政治家で元大統領。ポーランドのワルシャワ大学卒業。マリ共和国で初となる独立系新聞「レゼコ」の創設者。 ムーサ・トラオレ独裁政権を批判したことでスポーツ文化相を解任され、以後は反体制派に転じる。マリ民主同盟(ADEMA)党首時代の1992年4月、大統領選で当選。マリ史上初めて民主的な手続きにのっとり政権交代が行われた。2002年6月まで2期10年間の任期をまっとうし、2003年7月のAU首脳会議でAU委員会委員長に選出され、同年9月16日より就任、2008年2月1日まで務めた。 彼の夫人、アダム・バ・コナレは、作家、歴史家で難民教育基金の理事。 Category:アフリカ連合 Category:マリ共和国の大統領 Category:ワルシャワ大学出身の人物 Category:カイ州出身の人物 Category:1946年生 Category:存命人物.

新しい!!: ワルシャワ大学とアルファ・ウマル・コナレ · 続きを見る »

アレクサンデル・フォルト

アレクサンデル・フォルト(Aleksander Ford, 1908年11月24日 - 1980年4月4日)は、ポーランドの映画監督。.

新しい!!: ワルシャワ大学とアレクサンデル・フォルト · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: ワルシャワ大学とアレクサンドル1世 · 続きを見る »

アンジェイ・ムンク

アンジェイ・ムンク(Andrzej Munk, 1929年10月16日 - 1961年9月20日)は、ポーランドの映画監督。.

新しい!!: ワルシャワ大学とアンジェイ・ムンク · 続きを見る »

アフリカ系アメリカ人公民権運動

アフリカ系アメリカ人公民権運動(アフリカけいアメリカじんこうみんけんうんどう、African-American Civil Rights Movement)とは、主に1950年代から1960年代にかけて、アメリカの黒人(アフリカ系アメリカ人)が、公民権の適用と人種差別の解消を求めて行った大衆運動である。「公民権運動」も狭義には本記事の件を指している。.

新しい!!: ワルシャワ大学とアフリカ系アメリカ人公民権運動 · 続きを見る »

アダム・ミツキェヴィチ大学

right 図書館 アダム・ミツキェヴィチ大学(Uniwersytet im.、Adam Mickiewicz University)はポーランドのポズナンにある大学である。ポズナン大学とも。1919年に設立された。設立当時はポーランドの最初の王朝ピャスト朝にちなんでピャスト大学という名称であった。1955年からはポーランドの詩人アダム・ミツキェヴィチにちなんで現在の名称になっている。ポズナン医科大学が1950年に独立した。13学部に50,000人の学生が学んでいる。.

新しい!!: ワルシャワ大学とアダム・ミツキェヴィチ大学 · 続きを見る »

イツハク・シャミル

ャミルのレヒ構成員時代の指名手配写真(中央の人物がシャミル) 公開されたシャミルの遺体 イツハク・シャミル(יצחק שמיר, Yitzhak Shamir, 1915年10月15日 - 2012年6月30日)は、イスラエルの政治家。同国首相(第8代:1983年-1984年、第10代:1986年-1992年)を務めた。 シャミルはロシア帝国(Różana、その後ポーランド領、ソビエト連邦領を経て、現在はベラルーシ領)で生まれ、1935年にパレスチナに移り住む。エルサレムのユダヤ大学で教育を受けた。旧姓はヤゼルニツキ(Jazernicki)であったが、その後シャミルに改名した。 シャミルはエツェルに参加。1940年に同組織が分裂したとき、彼はアヴラハム・シュテルンに率いられた組織に参加。それは後にシュテルン・ギャングとして知られるようになる。1941年に彼はイギリス当局によって逮捕される。1942年にシュテルンがイギリス軍に殺害されると、シャミルは拘置所から逃亡し1943年に改組されたレヒの三人のリーダーのうちの一人となる。1946年に再び逮捕されるが、再び脱走し、1949年のレヒの解散まで組織を指導した。彼の指導下でレヒは1944年の英国の中東担当相モイン卿の暗殺と、1948年の中東担当国連代表、フォルケ・ベルナドット伯爵の暗殺事件に関与した。暗殺事件は彼らのパレスチナにおける政治的主導権がレヒの右翼的見解と衝突したためであった。 イスラエル建国後、シャミルはイスラエル諜報特務庁に参加(1955 - 1965)。モサド工作員としてエジプトやシリアに潜入し、これらの国での元ナチのドイツ人技術者らによるロケット開発の情報収集・妨害工作を行った。 1960年代にユダヤ系ソ連人の帰国問題に関心を持ち、メナヘム・ベギンが創設したヘルート党(後のリクード)に入党した。1973年、リクードからクネセト(国会)に選出された。彼は1977年に国会議長に就任し、1980年には外相に就任した。1983年にはメナヘム・ベギンの後を継いで首相に就任した。 シャミルはリクード内では強硬派としての評判であり、1977年のエジプト大統領アンワル・アッ=サーダートのイスラエル訪問とクネセトでの演説を国会議長として迎え入れたが、キャンプ・デービッド合意とエジプト・イスラエル平和条約には反対してクネセトでの投票は棄権した。しかし、1981年および82年に条約締結後のエジプトと交渉、1983年5月17日の協定に後々発展するレバノンとの直接交渉を行った(レバノン政府により批准されなかった)。 1991年1月、湾岸戦争にてイラクがイスラエルにスカッドミサイルを撃ち込んだ際にはアメリカの強い要求でイラクに対する報復を自制した。5月、エチオピアからユダヤ人を脱出させるソロモン作戦の実施を命令した。 一方で、中東和平に関しては概して消極的であり、どんなイスラエルの譲歩にでも反対した。しかし、アメリカからの圧力により渋々、91年のマドリード中東和平会議に参加したものの、パレスチナ解放機構との対話は拒絶するという従来の姿勢を変えることは無かった。1997年にニューヨークに拠点を置く新聞「ジューイシュ・ポスト」とのインタビューには「アラブ人は我々を滅ぼすことを常に夢見ている。私は彼らがイスラエルをこの地域の一部として認めるとは思わない」と述べている。 1992年の選挙において、イツハク・ラビンが率いる労働党に敗北し、リクード党首から退いた。1999年、極右政党である国家統一党に参加し、選挙に出馬するものの落選している。 2001年、イスラエル政府よりイスラエル賞授与。2012年6月30日、テルアビブ北郊にあるヘルツィリヤの養護施設で死去。関係者によると、少なくとも6年間にわたってアルツハイマー型認知症を患っていたという。。.

新しい!!: ワルシャワ大学とイツハク・シャミル · 続きを見る »

ガリツィア

リツィア(ウクライナ語: Галичина、ハルィチナー)は、現在のウクライナ南西部を中心とした地域である。18世紀末からポーランド最南部も含まれることもある。住民は主にウクライナ人で、西部にはポーランド人も住んでいる。紅ルーシとも呼ばれた。現代では、東欧に跨る地域となっている。 「ガリツィア」という名称は、ラテン語化されたウクライナ語の「ハルィチナー」という名前に由来する。「ハルィチナー」は「ハールィチの国」または「ハールィチの土地」といった意味で、にあるハールィチという町名を起源としている。.

新しい!!: ワルシャワ大学とガリツィア · 続きを見る »

クリミア戦争

リミア戦争(クリミアせんそう、Crimean War、Guerre de Crimée、Крымская война、Kırım Savaşı)は、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。.

新しい!!: ワルシャワ大学とクリミア戦争 · 続きを見る »

クシシュトフ・ザヌッシ

ュトフ・ザヌッシ (Krzysztof Zanussi, 1939年6月17日 - ) は、ポーランドの映画監督。クシシュトフ・ザヌーシとも表記される。.

新しい!!: ワルシャワ大学とクシシュトフ・ザヌッシ · 続きを見る »

ジョセフ・ロートブラット

ョセフ・ロートブラット(Sir Joseph Rotblat, 1908年11月4日 - 2005年8月31日)は、ポーランド・イギリスの物理学者で平和活動家。 ロシア帝国支配下のポーランド生まれ。ワルシャワの実家はポーランド全国で荷馬車運送業を営んでおり裕福であった。彼は大学入学資格(バカロレア)を取得していなかったが、入学するのに大学入学資格の必要のないポーランド自由大学へ入学し1932年に物理学の修士号を取得、後にワルシャワ大学に移って1938年に物理学の博士号を取得し同大学物理学科フェローとして勤務。1935年に死去していたマリア・スクウォドフスカ=キュリー博士(キュリー夫人)のポーランド関係者のパリにおける人脈とリヴァプール大学のジェームズ・チャドウィック博士の口利きにより、1939年春よりサイクロトロン研究のためパリに滞在。ロートブラットはポーランドに大型サイクロトロンを建設する構想を練っていた。パリ滞在中にナチス・ドイツがポーランドに侵攻したため故郷へ戻れなくなった。たまたま病気のためパリへ同行できずワルシャワに残っていた妻トーラ・グリンはホロコーストの犠牲となり、ベウジェツ強制収容所で死亡した。妻の死はロートブラットの人生に深い影響を及ぼし、彼は再び結婚することはなかった。後にイギリス国籍を取得した(ポーランドとイギリスの二重国籍)。ラッセル=アインシュタイン宣言に署名した11人の科学者の一人であり、パグウォッシュ会議の会長を務めた。 マンハッタン計画に参加したが、ナチス・ドイツに原爆の開発能力がないことが明らかになると、原爆開発はもはや不要であるとして完成前に脱退した。 1995年にパグウォッシュ会議と共にノーベル平和賞受賞。 彼は生涯自らポーランド人であるという意識を強く持っており、亡命ポーランド人たちのコミュニティーに暮らしてポーランド語を話し、自らのことを「私はイギリスのパスポートを持っていますが、ポーランド人です。」と言っていた。.

新しい!!: ワルシャワ大学とジョセフ・ロートブラット · 続きを見る »

哲学

哲学(てつがく、Φιλοσοφία、philosophia、philosophy、philosophie、Philosophie)は、語義的には「愛智」を意味する学問的活動である。日本語辞典の広辞苑では、次のように説明している。 観念論的な形而上学に対して、唯物論的な形而上学もある。諸科学が分化独立した現在では、哲学は学問とされることが多いが、科学とされる場合哲学は「自然および社会,人間の思考,その知識獲得の過程にかんする一般的法則を研究する科学」である。出典は、青木書店『哲学事典』。もある。.

新しい!!: ワルシャワ大学と哲学 · 続きを見る »

国内軍 (ポーランド)

historical国内軍の軍旗 国内軍の腕章 いかり国内軍のシンボルの一つで、「Polska Walcząca(戦うポーランド)」の頭文字を図案化したものである。 国内軍(こくないぐん、Armia Krajowa アルミア・クラヨーヴァ、略称: AK)は、第二次世界大戦中のポーランドで活動した、ナチス・ドイツの占領軍に対する抵抗組織である。1939年に編成されたを起源としている。1942年2月にはが形成され、続く2年間ポーランドの他の地下組織を統合し、赤軍がポーランド全土を占領してドイツ軍が排除された1945年1月に解散した。 国内軍は40万以上の構成員を有するポーランド最大かつ、大戦中の世界で2番目に大きなレジスタンス組織であった(1番目はユーゴスラビアのパルチザン)。として知られるポーランド亡命政府指導下の文民抵抗組織と連携し、国内における武装抵抗運動を展開した。 国内軍の主な行動はドイツ本国から東部戦線に向かうドイツ側輸送機関へのサボタージュおよびドイツ軍に対するゲリラ攻撃である。1943年から1944年のでは多数のドイツ軍部隊を足止めした。 国内軍を指揮するポーランド亡命政府は、ソビエト連邦が支援するポーランド国民解放委員会(ルブリン政権)と対立する関係にあり、ソ連からは敵性組織と見なされていた。そのため、残党の一部は解散後の1950年代後半まで対ソ抵抗運動を展開し、とも呼ばれた。.

新しい!!: ワルシャワ大学と国内軍 (ポーランド) · 続きを見る »

皇后美智子

皇后美智子(こうごう みちこ、1934年〈昭和9年〉10月20日 - )は、第125代天皇・今上天皇の皇后。皇族。旧姓は正田(しょうだ)。皇室典範に定める敬称は陛下。日本赤十字社名誉総裁、国際児童図書評議会名誉総裁。.

新しい!!: ワルシャワ大学と皇后美智子 · 続きを見る »

知識人

知識人(ちしきじん、)とは、職業的または個人的に、知性を用いて、批判的思考や分析的思考を行い、公共的議論に参加しようとする人物のこと。有識者(ゆうしきしゃ)とも。.

新しい!!: ワルシャワ大学と知識人 · 続きを見る »

社会的少数者

会的少数者(しゃかいてきしょうすうしゃ)または社会的少数集団(しゃかいてきしょうすうしゅうだん)、社会的少数派(しゃかいてきしょうすうは)とは、その社会の権力関係において、その属性が少数派に位置する者の立場やその集団を指す。 欧米の「マイノリティグループ」(minority group)の考え方を輸入したものであるが、日本語では単に「マイノリティ」と呼ばれることもある。 多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的な偏見や差別の対象になったり、少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から損失を被ることを前提とした呼称でもあるが、例外も多い。「社会的弱者」にも近い概念であるといえるが、つねに一致するわけではない。 対義語はマジョリティまたは社会的多数派であり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めて世論を形成しやすい群というふうにも言える。 留意点として、数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「マイノリティ」とする定義もある。たとえば数の面では人口の半数近くを占める女性や、人口では多数派である南アフリカの黒人や20世紀初頭のアメリカ合衆国南部の黒人のように、人口の割に社会における機会が著しく制限された層をマイノリティとする反レイシズム団体も存在する。逆に、数としては少数であってもその集団が強い立場にある場合には「マイノリティ」と呼ばないことがある。これの例としては、「一握りの大富豪」と呼ばれる富裕層や、ラテンアメリカ諸国における白人層、アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国における白人層などを挙げることができる。.

新しい!!: ワルシャワ大学と社会的少数者 · 続きを見る »

神学

学(しんがく、英語:theology、ドイツ語:Theologie、ラテン語:theologia)は、信仰を前提とした上で、神をはじめとする宗教概念についての理論的考察を行う学問である。神道や仏教では、教学(きょうがく)や宗学(しゅうがく)と呼称することが多い。護教学(ごきょうがく)と呼ばれることもある文脈によっては、護教学という言葉は神学の立場を批判する意味を込めて用いられる。。各宗教ごとに存在するものではなく、自身の信仰について考察する学問として、一般的な神学が存在しうるとの理解も可能である一部のキリスト教大学の神学部では、信者以外の入学も認めており、神学部を卒業した仏教僧侶もいる。。Theologyの語源はギリシア語のθεολογια。θεος (神)および λογος(言葉)の合成語。「神についての議論(学問)」という意味。.

新しい!!: ワルシャワ大学と神学 · 続きを見る »

神戸大学

戸高等商業学校(1910年頃) 出光佐三記念六甲台講堂(国登録有形文化財) 神戸大学社会科学系図書館(国登録有形文化財).

新しい!!: ワルシャワ大学と神戸大学 · 続きを見る »

立教大学

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と立教大学 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ワルシャワ大学と第一次世界大戦 · 続きを見る »

筑波大学

開かれた大学」、「柔軟な教育研究組織」、「新しい大学の仕組み」を基本理念として、以下の目標を掲げている。.

新しい!!: ワルシャワ大学と筑波大学 · 続きを見る »

物理学

物理学(ぶつりがく, )は、自然科学の一分野である。自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用によって理解すること(力学的理解)、および物質をより基本的な要素に還元して理解すること(原子論的理解)を目的とする。化学、生物学、地学などほかの自然科学に比べ数学との親和性が非常に強い。 古代ギリシアの自然学 にその源があり, という言葉も、元々は自然についての一般的な知識の追求を意味しており、天体現象から生物現象までを含む幅広い概念だった。現在の物理現象のみを追求する として自然哲学から独立した意味を持つようになったのは19世紀からである。 物理学の古典的な研究分野は、物体の運動、光と色彩、音響、電気と磁気、熱、波動、天体の諸現象(物理現象)である。.

新しい!!: ワルシャワ大学と物理学 · 続きを見る »

芸術学

芸術学(げいじゅつがく)は、一般に芸術について研究する学問。 美学のいわば延長として、芸術とは何か、芸術作品の存在の態様などについて一般的、思弁的に考察する学としての「芸術学」をいう場合と、個々の芸術分野について研究する「美術史」、「音楽学」や「演劇学」、「映画学」などの総称として使われる場合とがある。.

新しい!!: ワルシャワ大学と芸術学 · 続きを見る »

行幸

行幸(ぎょうこう、みゆき)とは、天皇が外出することである。目的地が複数ある場合は特に巡幸(じゅんこう)と言う。 また、御幸(ごこう、ぎょこう、みゆき)と言う場合もあるが、これは上皇・法皇・女院に対しても使う。.

新しい!!: ワルシャワ大学と行幸 · 続きを見る »

行政学

行政学(ぎょうせいがく)は19世紀末のアメリカで生まれた、政治学の新しい領域である。.

新しい!!: ワルシャワ大学と行政学 · 続きを見る »

能(のう)は、日本の伝統芸能である能楽の一分野。江戸時代までは猿楽と呼ばれ、狂言とともに能楽と総称されるようになったのは明治維新後のことである。 能(翁奉納 春日神社 (篠山市)).

新しい!!: ワルシャワ大学と能 · 続きを見る »

東京大学

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と東京大学 · 続きを見る »

東アジア

東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、琉球諸島、日本列島などを含む。北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: ワルシャワ大学と東アジア · 続きを見る »

歴史学

歴史学(れきしがく)とは、過去の史料を評価・検証する過程を通して歴史の事実、及びそれらの関連を追究する学問である。.

新しい!!: ワルシャワ大学と歴史学 · 続きを見る »

死刑

死刑(しけい)は、対象者(死刑囚)を死亡させる刑罰である。抽象的な表現として「極刑(きょっけい)」あるいは「処刑(しょけい)」とも表現される。刑罰の分類上は生命刑に分類される。.

新しい!!: ワルシャワ大学と死刑 · 続きを見る »

法学

法学(ほうがく、jurisprudence、jurisprudence、Rechtswissenschaft, Jurisprudenz、giurisprudenza)とは、法又は法律に関する学問である。法律学ともいう。.

新しい!!: ワルシャワ大学と法学 · 続きを見る »

朝鮮の文化

朝鮮の文化は、李氏朝鮮時代に国家のイデオロギーとされた儒教、その中でも特に朱子学から、大きく影響されている。また、恨という朝鮮独特の感情が、朝鮮の文化の特色となっている。日本統治時代に朝鮮の近代化が進められる過程で、朝鮮の文化も大きく変化した。.

新しい!!: ワルシャワ大学と朝鮮の文化 · 続きを見る »

朝鮮語

朝鮮語(ちょうせんご)または韓国語(かんこくご)は、主に朝鮮民族が使う言語で、朝鮮半島の大韓民国(韓国)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)および中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州・長白朝鮮族自治県の公用語。 韓国での政府呼称は「韓国語」、北朝鮮での政府呼称は「朝鮮語」である。日本において「韓国語」は、専ら韓国の言語を指す呼称として用いられ、南北を区別しない呼称としては、言語学・音韻論など学術的にも、標準表記として「朝鮮語」が用いられるので、ここでは言語名を全て朝鮮語に統一して記述する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と朝鮮語 · 続きを見る »

明仁

明仁(あきひと、1933年(昭和8年)12月23日 - )は日本の第125代天皇(在位: 1989年(昭和64年)1月7日 - )である代数は皇統譜による。。現時代においては「在位中の天皇」を意味する今上天皇(きんじょうてんのう)、または敬称をつけて天皇陛下(てんのうへいか)と呼ばれることが多い。 昭和天皇(第124代天皇)の第一皇子。母は香淳皇后。大正天皇の皇孫かつ明治天皇の皇曾孫。 御称号は継宮(つぐのみや)。皇室典範に定める敬称は陛下。お印は榮(えい、文字がお印)。 日本国憲法施行後初めて即位した天皇であり、また京都ではなく東京で即位の礼を執り行った初めての天皇である。.

新しい!!: ワルシャワ大学と明仁 · 続きを見る »

文学

ジャン・オノレ・フラゴナール『読書する女』(1772年) 文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 西洋での文学(、、、、)はラテン語のlittera(文字)及びその派生語litteratura(筆記、文法、教養)を語源とし、現在では主に以下の意味を持つ。.

新しい!!: ワルシャワ大学と文学 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: ワルシャワ大学と日本 · 続きを見る »

日本の文化

本項では日本の文化全般について、幅広く過去から現在への事象を取り上げ、概要の説明やリンクを示す。 分類については、まだ発展・整理の途上であり、正式なものではない。日本発祥のもの以外でも、日本に深く根付いているものはこの記事に含まれる。.

新しい!!: ワルシャワ大学と日本の文化 · 続きを見る »

日本テレビ放送網

日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。1953年8月28日に日本国内で初めての民間放送テレビ局として開局した。 一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、コールサイン「'''JOAX-DTV'''」(東京 25ch)からの「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。 リモコンキーIDは「4」。 スカパー!プレミアムサービスをプラットフォームとして日テレジータスの放送を行う衛星一般放送事業者でもある。 なお、認定放送持株会社制移行のために、2012年10月1日に(旧)日本テレビ放送網株式会社(現日本テレビホールディングス株式会社・旧会社)から新設分割され、移管・放送免許を承継した(新)日本テレビ放送網株式会社(現行会社)が現業を行なっている。.

新しい!!: ワルシャワ大学と日本テレビ放送網 · 続きを見る »

日本語

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。)は、主に日本国内や日本人同士の間で使用されている言語である。 日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令において日本語を用いることが規定され、学校教育においては「国語」として学習を課されるなど、事実上、唯一の公用語となっている。 使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。統計によって前後する場合もあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。 日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。 2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い。.

新しい!!: ワルシャワ大学と日本語 · 続きを見る »

数学

数学(すうがく、μαθηματικά, mathematica, math)は、量(数)、構造、空間、変化について研究する学問である。数学の範囲と定義については、数学者や哲学者の間で様々な見解がある。.

新しい!!: ワルシャワ大学と数学 · 続きを見る »

11月蜂起

11月蜂起またはカデット・レボリューション(英語:The Cadet Revolution、士官学校の革命、1830年 - 1831年)は、ポーランドおよびリトアニアで発生したロシア帝国の支配に対する武装反乱。1830年11月29日、ワルシャワでロシア帝国軍の陸軍士官学校に所属する若い下士官たちが、ピョトル・ヴィソツキに率いられて蜂起したことが発端となった。まもなく、蜂起にはポーランド社会の大部分が参加した。蜂起はいくつかの地域で成功を収めたものの、結局は数の上で圧倒的に優位なイヴァン・パスケヴィチ将軍率いるロシア軍に鎮圧された。.

新しい!!: ワルシャワ大学と11月蜂起 · 続きを見る »

1816年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1816年 · 続きを見る »

1826年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1826年 · 続きを見る »

1829年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1829年 · 続きを見る »

1830年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1830年 · 続きを見る »

1857年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1857年 · 続きを見る »

1862年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1862年 · 続きを見る »

1863年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1863年 · 続きを見る »

1870年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1870年 · 続きを見る »

1900年代

1900年代(せんきゅうひゃくねんだい)は、.

新しい!!: ワルシャワ大学と1900年代 · 続きを見る »

1915年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1915年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1918年 · 続きを見る »

1919年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1919年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1933年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1939年 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1944年 · 続きを見る »

1952年

この項目では、国際的な視点に基づいた1952年について記載する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と1952年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1956年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1957年 · 続きを見る »

1978年

記載なし。

新しい!!: ワルシャワ大学と1978年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と1991年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と1994年 · 続きを見る »

1億人の大質問!?笑ってコラえて!

『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(いちおくにんのだいしつもん わらってコラえて)は、日本テレビ系列で1996年7月3日から毎週水曜日の19:56 - 20:54(JST)に放送されている所ジョージが司会を務める日本のバラエティ番組である。通称「笑コラ」「笑ってコラえて!」。ステレオ放送(2011年10月から)、字幕放送、ハイビジョン制作(2006年10月から)を実施している。.

新しい!!: ワルシャワ大学と1億人の大質問!?笑ってコラえて! · 続きを見る »

1月蜂起

ポロニア、1863年」ヤン・マテイコ画、1864年。1863年1月の蜂起失敗後に描かれた作品。囚人たちがシベリアへの移送を待つ情景を描いている。ロシア人の官吏と兵士は、鍛冶屋が黒衣を着た若い女性(擬人化されたポーランド)に手枷をはめるのを眺めている。彼女と引き離されようとしている奥の白衣の女性はリトアニアを象徴している。 1月蜂起または1863年蜂起(ポーランド語:powstanie styczniowe;リトアニア語:1863 m. sukilimas)は、旧ポーランド・リトアニア共和国領(現在のポーランド、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ北部とロシア西端部)で発生したロシア帝国に対する武装蜂起。1863年1月22日に始まり、1864年4月11日に終結した。最後の反乱者たちが掃討された1865年まで続いたとする場合もある。 蜂起はポーランドの青年がロシア帝国軍に徴兵されることに対する抗議運動と同時に始まり、すぐにポーランド人やリトアニア人の高官や様々な政治家も参加した。反乱軍は規模が小さく、諸外国からの本格的な支援も無かったため、必然的にゲリラ戦術を採用することを余儀なくされた。彼ら反乱軍はいかなる軍事的勝利を得ることも、どの主要都市や要塞を占拠することも出来なかったが、小作農たちを民族運動から遠ざけようと企図された、ロシア領ポーランド地域における農奴制廃止の効果を薄れさせることには成功した。反乱の参加者たちには処刑やシベリアへの流刑といった残酷な報復が待っていた。こうしたロシア政府の厳しい対応のおかげで、ポーランド・リトアニアの人々はさらなる軍事闘争を引き起こすのをあきらめ、「有機的労働」(Organic work)の理念を受け入れて経済面や文化面での国力強化に専念するようになった。.

新しい!!: ワルシャワ大学と1月蜂起 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と2002年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: ワルシャワ大学と2003年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »