ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロールス・ロイス ケストレル

索引 ロールス・ロイス ケストレル

トレルIB(イギリス空軍博物館) ケストレル(英語:Kestrel )は、ロールス・ロイスが初めて鋳造でエンジンブロックを開発した 700馬力の航空機エンジンであり、同社の後の方向性を決めた。 ケストレルはカーチス D-12を置換えるものとして開発された。ロールス・ロイスの航空機用エンジンとして初めて鋳造のエンジンブロックを使用した。初期の設計ではクランクケースにシリンダーをねじ込む設計だったが、アルミニウム製の1体の塊からシリンダーを機械加工で作る方法にした。それは単純で組み立てやすく軽量で、新しい機械加工だけが短所だった。 D-12は同時期のエンジンとしては強力で記録を更新した。ロールス・ロイスは生産を始めたばかりなので英国企業以外は入手できなかった。 ケストレルが蒸発冷却を使用していたことは優位だった。水の沸点は通常の気圧では摂氏100度だが、高度が上がると沸点が下がる。ケストレルは加圧装置を搭載して沸点を摂氏150度に保った。1927年に初めて生産されたエンジンは450馬力だった。まもなく改良されたIB型は525馬力になった。やがて徐々に改良されて1935年にXVI型では745馬力に達した。 1935年、メッサーシュミット Bf109の試作機に搭載され試験飛行に供された。 1930年代末にはオクタン価の高い航空燃料が入手できるようになりノッキングから解放された。1940年にはXXX型が1,050馬力を発揮した。.

25 関係: ノッキングマイルズ マスターメッサーシュミット Bf109リットルレナール R-31ロールス・ロイスブラックバーン シドニードイツホーカー ハートホーカー フューリーホーカー ニムロッドベルギーアルミニウムオクタン価カーチス・ライトシリンダー鋳造He 112 (航空機)Ju 87 (航空機)V型12気筒気圧沸点1927年1935年1940年

ノッキング

ノッキング(knocking)は、扉をコツコツと叩くことを意味し、自動車分野ではエンジンが金属性の打撃音及び打撃的な振動を生じる現象全般を指す。ノックとも呼ばれる。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとノッキング · 続きを見る »

マイルズ マスター

マイルズ マスター (Miles Master)は、第二次世界大戦中にイギリス空軍で使用されたマイルズ社製の練習機である。エンジンの違いでMk.I、Mk.II、Mk.IIIの3形式がある。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとマイルズ マスター · 続きを見る »

メッサーシュミット Bf109

Bf 109は、第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。本機の生産数は30000機を超え、歴史上もっとも生産された戦闘機であると同時にエーリヒ・ハルトマンやゲルハルト・バルクホルンといったエースパイロットを輩出させた。 1934年、バイエルン航空機製造(Die Bayerische Flugzeugwerke、BFW)で開発が開始され、翌1935年、生産開始。設計主任は、かつてBf 108を設計したロベルト・ルッサー技師。後にバイエルン航空機製造はメッサーシュミット社となった。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとメッサーシュミット Bf109 · 続きを見る »

リットル

リットル(litre, litre, liter, 記号: L, l)は体積の単位である。メートル法の古い単位であって今日のSI単位ではないが、「SI単位と併用される非SI単位」の一つである。 リットルの定義は1901年と1964年に2度変更された(後述)が、現在の定義は 立方メートル (m).

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとリットル · 続きを見る »

レナール R-31

レナール R-31 レナール R-31(Renard R-31)は1930年代のベルギーの偵察機である。単発のパラソル機で32機のR-31がベルギー空軍に納入された。1940年のドイツ軍のベルギー侵入時にも使用されており、ベルギーで設計され製造された航空機としては唯一、第二次世界大戦に参加した機体である。 ベルギー空軍の短距離偵察機、陸軍の地上協同機の要求により Alfred Renardが設計し、1932年10月16日に初飛行した。 パラソル翼の単葉機でロールスロイス・ケストレル・エンジンを積んだ、木金混合構造の機体で胴体の前部は鋼管溶接構造に金属表皮、後部は羽布張りである。主翼は固定脚に固定されたV字支柱で支えられている。 1934年3月、28機のR-31sが製造された。そのうち6機はレナールで製造され、残りはSABCAで製造された。1機は評価用にロレーヌPetrelエンジンが取り付けられたが、後にケストレル・エンジンに戻された。次に、密閉式のキャノピーとされ、Gnome-Rhone Mistral Major星型エンジンが搭載されてR-32となった。さらにエンジンをHispano-Suiza 12Yに換装されたが、性能向上は不十分で量産されることはなかった。 1935年8月にR-31sの6機の追加発注をうけた。 R-31は1935年にベルギー空軍でブレゲー 19に変わって、リエージュの観測機部隊で運用が開始された。操縦を誤るとフラット・スピンに入るという操縦性に欠点から、パイロットに人気はなかった。曲技飛行は禁止された。 1940年5月、第二次世界大戦のドイツ軍の進入時には、R-31はすでに時代遅れとなっていたが、地上での破壊を免れた機体は、54回の偵察作戦に従事した。1940年5月27日の午後、ドイツ軍から退避する飛行が最後の作戦となった。ドイツのベルギー占領後、ドイツ軍はこの機体に関心を持たず、残された機体を使用することなく破壊した。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとレナール R-31 · 続きを見る »

ロールス・ロイス

ールス・ロイス日本における正規代理店による表記。英語圏では「ロールズ・ロイス」 と発音する。(三省堂『固有名詞英語発音辞典』より)()の起源は、1906年3月『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.21-50「創業から戦前」。にイギリスで設立された製造業者であるロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) であるが、現在は相互に独立した以下の二社となっている。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとロールス・ロイス · 続きを見る »

ブラックバーン シドニー

ブラックバーン RB.2 シドニー(Blackburn R.B.2 Sydney)は、航空省要求仕様 R.5/27 に応じて1930年にイギリス空軍向けに開発された長距離哨戒機用の飛行艇である。本機は典型的な飛行艇の構成である支柱で支えられたパラソル配置の主翼に3枚の垂直尾翼を持ち、主翼の前縁に3基のエンジンを搭載していた。評価試験後に量産の注文は得られずに2機目以降が製作されることも無かった。 シドニーの開発が諦められると星型エンジンを搭載した貨物機版の派生型CB.2 ナイル(C.B.2 Nile)の製作も中止された。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとブラックバーン シドニー · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとドイツ · 続きを見る »

ホーカー ハート

ホーカー ハート(Hawker Hart)は第一次世界大戦と第二次世界大戦の間にイギリス空軍で採用された複葉の複座軽爆撃機である。製造はホーカー・エアクラフト社で、1928年に初飛行した。当時の戦闘機よりも高速で整備の容易な機体だったため、第一次世界大戦後の軍縮期にもかかわらず大量生産され、戦間期の主力爆撃機として多くの部隊に配備された。また、様々な派生型を産み出した。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとホーカー ハート · 続きを見る »

ホーカー フューリー

ホーカー フューリー(英語:Hawker Fury)は、戦間期にイギリスのホーカー社で開発された戦闘機。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとホーカー フューリー · 続きを見る »

ホーカー ニムロッド

ホーカー ニムロッド Mk. I ホーカー ニムロッド(英語:Hawker Nimrod)は、戦間期にイギリスのホーカー社で開発された単座艦上戦闘機。ホーカー フューリーの派生型ではない。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとホーカー ニムロッド · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとベルギー · 続きを見る »

アルミニウム

アルミニウム(aluminium、aluminium, aluminum )は、原子番号 13、原子量 26.98 の元素である。元素記号は Al。日本語では、かつては軽銀(けいぎん、銀に似た外見をもち軽いことから)や礬素(ばんそ、ミョウバン(明礬)から)とも呼ばれた。アルミニウムをアルミと略すことも多い。 「アルミ箔」、「アルミサッシ」、一円硬貨などアルミニウムを使用した日用品は数多く、非常に生活に身近な金属である。天然には化合物のかたちで広く分布し、ケイ素や酸素とともに地殻を形成する主な元素の一つである。自然アルミニウム (Aluminium, Native Aluminium) というかたちで単体での産出も知られているが、稀である。単体での産出が稀少であったため、自然界に広く分布する元素であるにもかかわらず発見が19世紀初頭と非常に遅く、精錬に大量の電力を必要とするため工業原料として広く使用されるようになるのは20世紀に入ってからと、金属としての使用の歴史はほかの重要金属に比べて非常に浅い。 単体は銀白色の金属で、常温常圧で良い熱伝導性・電気伝導性を持ち、加工性が良く、実用金属としては軽量であるため、広く用いられている。熱力学的に酸化されやすい金属ではあるが、空気中では表面にできた酸化皮膜により内部が保護されるため高い耐食性を持つ。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとアルミニウム · 続きを見る »

オクタン価

タン価(オクタンか)とは、ガソリンのエンジン内での自己着火のしにくさ、ノッキングの起こりにくさ(耐ノック性・アンチノック性)を示す数値である。オクタン価が高いほどノッキングが起こりにくい。 軽油等のディーゼル燃料においては、耐ディーゼルノック性を示す数値としてセタン価が利用される。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとオクタン価 · 続きを見る »

カーチス・ライト

R3C-2水上機 カーチス・ライト (Curtiss-Wright Corporation、CWC) は、アメリカ合衆国のメーカー。第二次世界大戦直後まで航空機を製造、現在はコンポーネントメーカーとなっている。 第二次世界大戦中には全米製造業者中、第2位を誇った。現在は企業買収を進めながら事業の多角化を図り、アクチュエーター、コントロール、バルブ、金属表面加工などでの小規模だが超先端技術を駆使したコンポーネントメーカーとして航空機分野、軍用分野を含む多分野多方面で活動している。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとカーチス・ライト · 続きを見る »

シリンダー

リンダー (Cylinder) とは、英語で「円筒」を意味する単語である。 “シリンダー”と呼称されるものにはいくつかの種類があるが、本項では主にレシプロエンジンの構成部品の一つについて既述する。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとシリンダー · 続きを見る »

鋳造

鋳造(ちゅうぞう、casting)は、材料(主に鉄・アルミ合金・銅・真鍮などの金属)を融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法である。 鋳造に使用する型のことを鋳型(いがた)といい、鋳造でできた製品のことを鋳物(いもの)という。英語で casting といえば、鋳造と鋳物の双方を指す。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルと鋳造 · 続きを見る »

He 112 (航空機)

試験中のハインケル He 112 ハインケル He112は第二次世界大戦前にドイツのハインケル社で開発された単発のレシプロ戦闘機である。ハインケル社独特の楕円翼を持ち、逆ガルタイプの全金属製機で当時としては近代的な機体だったが、メッサーシュミットBf109との比較審査に敗れドイツ空軍での制式採用はならなかった。その後密閉式コックピットを持つ増加試作型が輸出用として少数生産され、日本海軍でも12機購入し九六式艦上戦闘機との比較審査を行っている。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとHe 112 (航空機) · 続きを見る »

Ju 87 (航空機)

ユンカース Ju 87 シュトゥーカ(Junkers Ju 87)は、ドイツにおいて第二次世界大戦中に使用された急降下爆撃機である。愛称の「シュトゥーカ」(Stuka)とは、急降下爆撃機を意味する「sturzkampfflugzeug」(シュトゥルツカンプフルクツォイク)の略で、本機が急降下爆撃機の代表として扱われたため、この名が用いられるようになった。日本語では「スツーカ」「ストゥーカ(ステューカ)」とも表記されている。 第二次世界大戦以前の1935年秋に初飛行を行っているにもかかわらず、後継機に恵まれなかったこともあって大幅なバージョンアップも無く終戦まで使用され続けた機体である。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとJu 87 (航空機) · 続きを見る »

V型12気筒

V型12気筒はレシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、シリンダーの配置がV字型のエンジンにおいて片バンクに6気筒ずつ合計12持つことから呼ばれる、本項目では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。V12と略されることが多い。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルとV型12気筒 · 続きを見る »

気圧

気圧(きあつ、)とは、気体の圧力のことである。単に「気圧」という場合は、大気圧(たいきあつ、、大気の圧力)のことを指す場合が多い。 気圧は計量単位でもある。日本の計量法では、圧力の法定の単位として定められている(後述)。.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルと気圧 · 続きを見る »

沸点

沸点(ふってん、)とは、液体の飽和蒸気圧が外圧液体の表面にかかる圧力のこと。と等しくなる温度であるアトキンス第8版 p.122.

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルと沸点 · 続きを見る »

1927年

記載なし。

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルと1927年 · 続きを見る »

1935年

記載なし。

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルと1935年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ロールス・ロイス ケストレルと1940年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ロールス・ロイス・ケストレル

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »