ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロータス・エリート

索引 ロータス・エリート

リート(Elite )は、イギリスの自動車メーカー、ロータスが製造・販売していたスポーツカーである。 初代が1957年から1963年まで、2代目が1974年から1982年まで製造されたが、両車に直接的なつながりはない。.

31 関係: マセラティポルシェ・911モノコックランボルギーニル・マン24時間レースロータス・ヨーロッパロータス・エランロータス・エクラロータス・エスプリロータス・カーズロータス・セブンボクスホールブリストル飛行機デ・ハビランド・エアクラフトフェラーリホンダ・S600イギリスグランツーリスモコヴェントリー・クライマックスコーリン・チャップマンシューティングブレークジェンセン・ヒーレースポーツカースーパーカースイングアクスル式サスペンションサルーンサスペンション繊維強化プラスチック本田博俊本田宗一郎本田技研工業

マセラティ

マセラティ(Maserati、 マゼラーティ)は、1914年にイタリアのボローニャで設立されたスポーツカーメーカーである。 1993年以降はフィアット(現:フィアット・クライスラー・オートモービルズ)社の傘下となり、モデナを本拠とする会社組織「Maserati S.p.A.」が設立されている。フィアットのスポーツカー部門において、同じくフィアット傘下にある自動車メーカー・アルファロメオと統括され、高級車を製造・販売している。近年は、世界市場で戦う量産ラグジュアリーブランドへの変化を目指し、これまでの少量生産から一転した拡大戦略を図っている。.

新しい!!: ロータス・エリートとマセラティ · 続きを見る »

ポルシェ・911

ポルシェ911(Porsche 911)はドイツの自動車製造者ポルシェが1964年から製造・販売しているスポーツカー 。.

新しい!!: ロータス・エリートとポルシェ・911 · 続きを見る »

モノコック

モノコック(フランス語:monocoque)、モノコック構造(モノコックこうぞう)とは、自動車・鉄道車両・ミサイル・一部の航空機などの車体・機体構造の一種で、車体・機体の外板に応力を受け持たせる構造のことをいう。応力外皮構造(おうりょくがいひこうぞう)、または張殻構造(はりがらこうぞう)ともいう。.

新しい!!: ロータス・エリートとモノコック · 続きを見る »

ランボルギーニ

ランボルギーニ(Lamborghini)は、イタリアの自動車メーカーである。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)。1999年以降フォルクスワーゲングループに属する。 本社、製造工場、ランボルギーニミュージアムはボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼにある。.

新しい!!: ロータス・エリートとランボルギーニ · 続きを見る »

ル・マン24時間レース

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)で世界耐久選手権 (WEC) の1戦でもある。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。 ル・マンでは毎年自動車とオートバイのふたつの24時間レースが行われているが、本項では自動車による24時間レースについて解説する2輪のル・マン24時間はサルト・サーキットでなくブガッティ・サーキットで行われる。。.

新しい!!: ロータス・エリートとル・マン24時間レース · 続きを見る »

ロータス・ヨーロッパ

ヨーロッパ(Europa )は、イギリスのスポーツカーメーカーであるロータス・カーズが1966年から1975年まで製造していたスポーツカーである。2006年ヨーロッパSで名前が復活した。 ロータスとしては初のミッドシップにエンジンを搭載したロードカーである。それまで生産して来たロータス・セブンの後を継ぐモデルとして企画され、軽量かつできる限り廉価であることを目標にして開発された。合計9230台が販売された。.

新しい!!: ロータス・エリートとロータス・ヨーロッパ · 続きを見る »

ロータス・エラン

ラン(Elan)は、イギリスのスポーツカーメーカーであるロータス・カーズが1962年『ワールド・カー・ガイド8ロータス』p.172-176。から1975年まで、また1990年『ワールド・カー・ガイド8ロータス』p.95。から1995年まで製造していた乗用車である。 初代はFR方式、二代目はFF(FWD)方式で駆動方式には何らつながりはないが、鋼板によるY型バックボーンフレーム+フロアまでFRP一体構造のオープンボディ、よく考えられた高度な4輪独立サスペンション、エンジンや変速機などを含め随所に量産車の部品を流用してコストダウンを図るなど、設計コンセプトや基本構造には強いメカニズム的共通性が見られる。.

新しい!!: ロータス・エリートとロータス・エラン · 続きを見る »

ロータス・エクラ

ラ(Eclat )は、イギリスの自動車メーカーであるロータス・カーズが製造・販売していた、2+2乗りFRレイアウトのスポーツカーである。ロータス社内のタイプナンバーは76と84。.

新しい!!: ロータス・エリートとロータス・エクラ · 続きを見る »

ロータス・エスプリ

プリ(Esprit )は英国のロータスが生産していたスポーツカーである。.

新しい!!: ロータス・エリートとロータス・エスプリ · 続きを見る »

ロータス・カーズ

ータス・カーズ(Lotus Cars)は、中国吉利汽車(ジーリー、Geely Automobile、簡体字: 吉利汽车)傘下のイギリス・ノーフォークのヘセル(Hethel)を拠点とするスポーツカーメーカーである。軽量スポーツモデル(ライトウェイトスポーツ)を主力車種としている。 会社組織の本体はグループ・ロータス(Group Lotus plc)であり、乗用車の製造・販売を行うロータス・カーズ(Lotus Cars Ltd.)のもとには、自動車技術に関するコンサルタント業を行うロータス・エンジニアリング(Lotus Engineering)部門がある。 1996年より、マレーシアの国有自動車会社プロトンの子会社となり、 2017年5月に中国吉利汽車がロータス・カーズの株式の51%を取得した。.

新しい!!: ロータス・エリートとロータス・カーズ · 続きを見る »

ロータス・セブン

ータス・セブン(Lotus Seven)は、イギリスのロータス・カーズがかつて生産・発売していたスポーツカー。1957年から1970年代にかけて生産、販売されていた。.

新しい!!: ロータス・エリートとロータス・セブン · 続きを見る »

ボクスホール

ボクスホール(Vauxhall )は、イギリスの自動車メーカーであり、フランスのPSAの現地法人である。 2017年現在、販売している乗用車の多くは同じくPSAの子会社であるオペル車のバッジエンジニアリングである。なお、かつて米国ゼネラルモーターズ(GM)系列時代はイギリス国外へ輸出され、日本でも販売されていたが、現在はイギリスのみの販売である。 日本語では「ボグゾール」「ボクソール」「ボックスホール」または「ヴォクスホール」などとも表記されるが、輸入販売元(ヤナセ:当時)により公式に採用された表記はボクスホールである。.

新しい!!: ロータス・エリートとボクスホール · 続きを見る »

ブリストル飛行機

ブリストル飛行機(ブリストルひこうき、Bristol Aeroplane Company)はかつてのイギリスの主要な飛行機製造会社である。1956年ブリストル・エアクラフト (Bristol Aircraft) とブリストル・エアロ・エンジン (Bristol Aero Engines) に分割した。1959年、ブリストル航空機はBAC(ブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーション)に合併された。同時にブリストル・エアロ・エンジンもアームストロング・シドレーと合併されブリストル・シドレーになった。 BACは国営のブリティッシュ・エアロスペースの主要を構成し、現在のBAEシステムズに至る。ブリストルシドレーは1966年、ロールス・ロイスに買収されその後も、ブリストルシドレー時代に開発されたエンジンの生産、販売は継続された。BAC/ブリストルはフィルトンにある。.

新しい!!: ロータス・エリートとブリストル飛行機 · 続きを見る »

デ・ハビランド・エアクラフト

デ・ハビランド・エアクラフト (de Havilland Aircraft Company) は1920年にエアコー (Airco) 社のチーフ・エンジニアだったジェフリー・デ・ハビランド (Geoffrey de Havilland) が創設したイギリスの航空機メーカー。.

新しい!!: ロータス・エリートとデ・ハビランド・エアクラフト · 続きを見る »

フェラーリ

フェラーリ (Ferrari N.V.) は、イタリア、モデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカー。.

新しい!!: ロータス・エリートとフェラーリ · 続きを見る »

ホンダ・S600

S600(エスろっぴゃく)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたSシリーズ第2弾の小型スポーツカーである。 愛称は「エスロク」。.

新しい!!: ロータス・エリートとホンダ・S600 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ロータス・エリートとイギリス · 続きを見る »

グランツーリスモ

DB5 グランツーリスモ(Gran Turismo)は、自動車のカテゴリの一つである。略語は GT。日本語では「グラントゥーリズモ」とも表記される。.

新しい!!: ロータス・エリートとグランツーリスモ · 続きを見る »

コヴェントリー・クライマックス

ヴェントリー・クライマックス(Coventry Climax)は、イギリスのフォークリフトや消防ポンプ用のエンジンメーカーであったが、後にレーシングエンジンビルダーにもなった。.

新しい!!: ロータス・エリートとコヴェントリー・クライマックス · 続きを見る »

コーリン・チャップマン

アンソニー・コーリン・ブルース・チャップマン CBE(Anthony Colin Bruce Chapman 、1928年5月19日『ワールド・カー・ガイド8ロータス』pp.17-32。 - 1982年12月16日)は、自動車産業に強い影響を与えたイギリスのデザイナー、発明家、製造者、F1ドライバー。彼は1952年にロータス・カーズを設立した。 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで構造力学を学んだチャップマンは、大学内の飛行機団体にも参加して飛行の方法を修得した。1948年に卒業した後、彼は短い期間のみイギリス空軍に所属した。最新の航空宇宙工学技術に関する彼の知識は、彼を著名たらしめている自動車技術の進歩において不可欠なものであるということが証明されている。彼の指揮の下、チーム・ロータスは1962年から1978年にかけて、フォーミュラ1世界選手権を7度勝ち取り、アメリカのインディ500でも優勝した。公道用車両の製造をしていたロータス・カーズでは、何万台もの手ごろでかつ最先端のスポーツカーを製造した。ロータスは1970年代の工業不況の後、イギリスで今も活動を続ける数少ない高性能自動車製造業者の1つである。 また、彼の有名なパフォーマンスに「自チームの車が勝つと、自分の被っていた帽子を投げる」というのがあった。 コーリンは1982年12月に、心筋梗塞のため54歳で急逝した。『クラシック・チーム・ロータス』の代表を務めるクライブ・チャップマンは長男。.

新しい!!: ロータス・エリートとコーリン・チャップマン · 続きを見る »

シューティングブレーク

ューティングブレーク(Shooting brake)とは、乗用車のボディ形状の一種。時代によって意味が異なる。 現代では主にスポーツクーペの要素を持つスリークなステーションワゴンに対して用いられる。主に3ドア(2ドア+バックドア)であるが、5ドア(4ドア+バックドア)でもシューティングブレークと呼ばれる場合がある。 元々は19世紀から20世紀初頭に英国で使われた狩猟用のオープン馬車(キャリッジ)のことを指した。 1910年代になると、狩猟用としてコーチビルダーがロールス・ロイスなどのシャシを使い木製(及び木骨鋼板張り)ボディで少量生産する車両のことを指すようになった。その後狩猟だけでなく多用途に使えるシューティングブレイクが登場し、エステートやステーションワゴンと同義語になっていった。 単に「ブレーク」という用語は、フランス車を筆頭に、通常のステーションワゴンに対して用いられることが多い。フランス以外のメーカーでも、ブレーク(またはブレク)、アルファベットでは「brake」や「break」(綴りは国によって異なる)を用いる例がある。.

新しい!!: ロータス・エリートとシューティングブレーク · 続きを見る »

ジェンセン・ヒーレー

ェンセン・ヒーレーはイギリスの自動車メーカー、ジェンセン・モーターズが1972年から1976年まで製造販売した2座席オープンスポーツカー。 オースチン・ヒーレー3000(ビッグ・ヒーレー)など、イギリス製スポーツカーの輸入販売で成功したアメリカの自動車販売業者、ジェル・クヴェール(Kjell Qvale )が、1970年代のビッグ・ヒーレーを自ら生産することを夢見てジェンセン・モータースの株を買い取り、ドナルド・ヒーリーを会長に招聘、息子のジェフリーも役員に迎え入れて開発したスポーツカー。1972年3月、ジュネーブショーでデビューした。当時の時流をそつなく採り入れた、やや没個性的なデザインはジェフリー・ヒーレーのデザインで、当時北米市場で人気上昇中であった初代日産・フェアレディZ(S30系)に近いボディサイズであった。 ジェンセン・ヒーレー最大の魅力はエンジンで、当初はフォードやBMWの各種ユニットが試された後選ばれたのはロータスがボクスホール・ヴィクターのユニットをもとに新開発したコッグドベルト駆動、16バルブの直4DOHC1,973cc(LV220型)であった。ヨーロッパ向けのデロルト・ツインキャブ付きでは142馬力/6,500rpm、18.0kgm/5,000rpmを発し、最高速度は195km/hに達した。このユニットはロータス・エリート(第二世代)、ロータス・エスプリにも搭載され、その後排気量拡大やターボ化も行われ、1970年代から1980年代にかけてロータスの基幹エンジンとなった。 エンジン以外の機構はオーソドックスで、ギアボックスはサンビーム・レイピアH120用の4速ギアボックスであり、前後サスペンションやステアリング機構はボクスホール・フィレンザから、フロントブレーキはモーリス・マリーナの流用と、英国スペシャリストメーカーの定石通り、量産車のコンポーネントを巧みに利用していた。初期モデルは“オーナーがフィニッシュするクルマ”と皮肉られたほど仕上げが悪かったことも、またスペシャリストメーカーの製品の定石通りであった。 ジェンセン・ヒーレーは1970年代前半にまったく新たに開発された数少ない英国製スポーツカーであり、それにふさわしい豪快な動力性能と洗練された運動性能を有していた。日本仕様は米国輸出仕様同様ストロンバーグ製ツインキャブ付きとなり、若干のパワーダウンを余儀なくされて当時の輸入元コーンズにより輸入された。日本仕様車をテストした当時のカーグラフィック誌1973年2月号によると、最高速度は185.56km/h、0-400m加速15.55秒、0-100km/h加速6.21秒という俊足で、2,000ccながらフェアレディZのトップモデル・240ZGに匹敵する性能であった。 1973年秋にはMk2に発展、側面にサイドモールが追加され、工作水準もダッシュボードにウッドパネルが追加されるなど高級車メーカー、ジェンセンにふさわしく改善され、エア・コンディショナーやハードトップも装着可能となった。1974年以降のアメリカ輸出仕様車にはゴム製の大型バンパーが追加され、1975年型からはギアボックスがゲトラグ製5速MTに変更された。 しかし、1973年の第一次石油危機で大型モデルの売れ行きが不振となったジェンセンは1975年夏に経営危機に陥り、事実上の倒産に追い込まれ、バックオーダーを抱えていたため管財人の元でしばらくは操業を続けたものの、1976年5月についに廃業に追い込まれ、ヒーレーも消滅することとなった。 生産台数はMk1(1972年3月–1973年5月、シャシー番号10000 – 13349)が3,356台、Mk2(1973年8月–1975年9月、シャシー番号13500–20504)が7,142台の、計10,498台であった。姉妹車として2+2スポーツワゴンのジェンセン・GTが1975年にデビュー、翌年の操業中止までに509台生産された。.

新しい!!: ロータス・エリートとジェンセン・ヒーレー · 続きを見る »

スポーツカー

ポーツカー(sports car)とは、自動車のカテゴリのひとつ。.

新しい!!: ロータス・エリートとスポーツカー · 続きを見る »

スーパーカー

ランボルギーニ・カウンタック LP500。1970年代のスーパーカー この記事ではスーパーカー(w:supercar)について解説する。.

新しい!!: ロータス・エリートとスーパーカー · 続きを見る »

スイングアクスル式サスペンション

イングアクスル模式図(前後視) スイングアクスル式サスペンション(スイングアクスルしきサスペンション)とは、自動車の独立懸架方式の一つ。.

新しい!!: ロータス・エリートとスイングアクスル式サスペンション · 続きを見る »

サルーン

ルーン(saloon).

新しい!!: ロータス・エリートとサルーン · 続きを見る »

サスペンション

ペンション(suspension)または懸架装置(けんかそうち)とは、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構である。また、その他の機械類における、防振機構(インシュレーター)のことを指す場合もある。.

新しい!!: ロータス・エリートとサスペンション · 続きを見る »

繊維強化プラスチック

繊維強化プラスチック(せんいきょうかプラスチック)または FRP (Fiber-Reinforced Plastics の略称) は、ガラス繊維、炭素繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて強度を向上させた複合材料のこと。.

新しい!!: ロータス・エリートと繊維強化プラスチック · 続きを見る »

本田博俊

本田 博俊(ほんだ ひろとし、1942年4月11日 - )は、静岡県浜松市出身の元実業家。無限(現M-TEC)の創業者。.

新しい!!: ロータス・エリートと本田博俊 · 続きを見る »

本田宗一郎

本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年(明治39年)11月17日 - 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。輸送用機器メーカー本田技研工業(通称:ホンダ)の創業者。.

新しい!!: ロータス・エリートと本田宗一郎 · 続きを見る »

本田技研工業

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。.

新しい!!: ロータス・エリートと本田技研工業 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »