ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロンドン・リンネ協会

索引 ロンドン・リンネ協会

ンドン・リンネ協会 (ロンドン・リンネきょうかい、Linnean Society of London)は、イギリスのロンドンにある分類学・博物学の研究と普及を目的とした学術機関である。生物学的に重要な標本や原稿・文献のコレクションを所有しており、植物学・動物学に関わる学術誌を出版している。また本協会や分類学の歴史についてのレビュー誌である「The Linnean」の発行も行っている。本協会はまた、その分野での功績に対し、多くの権威あるメダルや賞の授与も行っている 2015年11月6日閲覧。.

54 関係: 博物学叙爵学会学術雑誌会合園芸チャールズ・ライエルチャールズ・ダーウィンネパールバーリントン・ハウス (ロンドン)ポスト・ノミナル・レターズリンネ・メダルロバート・ブラウンロバート・ベリー (遺伝学者)ロンドンブラウン運動ピカデリーデーヴィッド・プレインフレデリック・アーネスト・ワイスフェリックス・ユージン・フリッシュフェローダーウィン=ウォレス・メダルダキンフィールド・ヘンリー・スコット分類学アルフレッド・ラッセル・ウォレスアルベルト・ギュンターアーサー・クラファムアーサー・スミス・ウッドワードアイリーン・マントンイギリスウィリアム・トーマス・スターンエドワード・ポールトンエドワード・スミス=スタンリー (第13代ダービー伯爵)カール・フォン・リンネギャヴィン・デ・ビーアジョン・ラムズボトム (菌類学者)ジョン・ラボックジョージ・ベンサムジョセフ・ダルトン・フッカージェームズ・エドワード・スミススウェーデン動物学細胞核繊毛鞭毛鳥類学自然選択説電子顕微鏡進化生物学進化論...植物学明仁昆虫学1788年 インデックスを展開 (4 もっと) »

博物学

博物学(はくぶつがく、Natural history, 場合によっては直訳的に:自然史)は、自然に存在するものについて研究する学問。広義には自然科学のすべて。狭義には動物・植物・鉱物(岩石)など(博物学における「界」は動物界・植物界・鉱物界の「3界」である)、自然物についての収集および分類の学問。英語の"Natural history" の訳語として明治期に作られた。東洋では本草学がそれにあたる。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と博物学 · 続きを見る »

叙爵

叙爵(じょしゃく)とは、.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と叙爵 · 続きを見る »

学会

学会(がっかい)とは、学問や研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場である。また同時に、査読、研究発表会、講演会、学会誌、学術論文誌などの研究成果の発表の場を提供する業務や、研究者同士の交流などの役目も果たす機関でもある。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と学会 · 続きを見る »

学術雑誌

学術雑誌(がくじゅつざっし、英語:academic journal)は、主として研究者の執筆した論文を掲載する雑誌。学術分野に応じて極めて多くのタイトルが発行されているが、読者はそれぞれの分野の専門家が中心であるため、一般書店に置かれることはあまりない。学術ジャーナル、学術誌、とも。自然科学分野における学術雑誌は科学雑誌、技術雑誌とも呼ばれる。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と学術雑誌 · 続きを見る »

会合

会合(かいごう).

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と会合 · 続きを見る »

園芸

 一般的に園芸(えんげい)は、以下のように解釈されている。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と園芸 · 続きを見る »

チャールズ・ライエル

『地質学原理』の口絵 初代准男爵、サー・チャールズ・ライエル(Sir Charles Lyell, 1st Baronet、1797年11月14日 - 1875年2月22日)はスコットランド出身の地質学者、法律家。『地質学原理』の著者として知られ、近代的地質学の基礎となる斉一説を広めた人物。チャールズ・ダーウィンの友人でもあり、彼の自然淘汰説の着想にも影響を与えた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とチャールズ・ライエル · 続きを見る »

チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とチャールズ・ダーウィン · 続きを見る »

ネパール

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの連邦共和制国家。 東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。 農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とネパール · 続きを見る »

バーリントン・ハウス (ロンドン)

バーリントン・ハウス (Burlington House) はロンドンのピカデリーにある建物である。 元々パッラーディオ建築によるバーリントン伯爵家のタウンハウスとして使われていた私邸だったものを、19世紀半ばに英国政府が買い上げ、その後拡張した。中心的な建物は中庭の北端にある、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ (the Royal Academy of Arts) である。中庭の東西両翼と南端にあるピカデリーウィングは5つの協会で占められている。これらの協会は「中庭協会」 (the Courtyard Societies) として知られており、以下の通りである。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とバーリントン・ハウス (ロンドン) · 続きを見る »

ポスト・ノミナル・レターズ

ポスト・ノミナル・レターズ(post-nominal letters)は名前の後に置かれ、個人が保持する地位、学位、資格、任務、軍事褒章や栄典、または修道会やフラタニティもしくはソロリティへの所属等を示す文字列であり、日本語における「肩書き」に相当する。ポスト・ノミナル・イニシャルズ(post-nominal initials)、ポスト・ノミナル・タイトルズ(post-nominal titles)、ディシネイトリー・レターズ(designatory letters)ともいう。 ポスト・ノミナル・レターズは複数列挙して用いることができるが、一部の地域では一つまたは少数のみ用いる慣例となっている場合もある。ポスト・ノミナル・レターズの順序は、勲章の序列や分類等に基づいて決められる。ポスト・ノミナル・レターズは名前に後置するサフィックス(英語版)の一つであり、類似のものに名前に前置するがある。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とポスト・ノミナル・レターズ · 続きを見る »

リンネ・メダル

リンネ・メダル(Linnean Medal) は、生物学の賞。1888年にロンドン・リンネ協会 (Linnean Society of London)により創設された。 植物学者や動物学者を対象に、毎年授与される 2015年11月9日閲覧。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とリンネ・メダル · 続きを見る »

ロバート・ブラウン

バート・ブラウン(、1773年12月21日 – 1858年6月10日)は、イギリスのスコットランド生まれの植物学者。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とロバート・ブラウン · 続きを見る »

ロバート・ベリー (遺伝学者)

バート・ジェームス・サム・ベリー(Robert James "Sam" Berry、1934年10月26日 - 2018年3月29日)は、イギリスの遺伝学者、博物学者。1974年から2000年までロンドン大学の教授だった。 2018年3月29日に死去。83歳没。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とロバート・ベリー (遺伝学者) · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とロンドン · 続きを見る »

ブラウン運動

ブラウン運動(ブラウンうんどう、Brownian motion)とは、液体のような溶媒中媒質としては気体、固体もあり得る。に浮遊する微粒子(例:コロイド)が、不規則(ランダム)に運動する現象である。1827年、ロバート・ブラウンが、水の浸透圧で破裂した花粉から水中に流出し浮遊した微粒子を、顕微鏡下で観察中に発見し、論文「植物の花粉に含まれている微粒子について」で発表した。 この現象は長い間原因が不明のままであったが、1905年、アインシュタインにより、熱運動する媒質の分子の不規則な衝突によって引き起こされているという論文が発表された。この論文により当時不確かだった原子および分子の存在が、実験的に証明出来る可能性が示された。後にこれは実験的に検証され、原子や分子が確かに実在することが確認された。同じころ、グラスゴーの物理学者が1905年にアインシュタインと同じ式に到達し、ポーランドの物理学者も1906年に彼自身によるブラウン運動の理論を発表した。 数学のモデルとしては、フランス人のルイ・バシュリエは、株価変動の確率モデルとして1900年パリ大学に「投機の理論」と題する博士論文を提出した。今に言う、ランダムウォークのモデルで、ブラウン運動がそうである、という重要な論文であるが、当時のフランスの有力数学者たちに理解されず、出版は大幅に遅れた。 ブラウン運動と言う言葉はかなり広い意味で使用されることもあり、類似した現象として、電気回路における熱雑音(ランジュバン方程式)や、希薄な気体中に置かれた、微小な鏡の不規則な振動(気体分子による)などもブラウン運動の範疇として説明される。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とブラウン運動 · 続きを見る »

ピカデリー

ピカデリー(Piccadilly、)は、ロンドン・シティ・オブ・ウェストミンスターにある道で、西端のハイド・パーク・コーナーと東端のピカデリーサーカスを繋ぎ、ロンドン南西部のメイフェアへ至る。また、ロンドン中心部から西進してハマースミス、アールズ・コート、ヒースロー空港、へ至るの一部でもある。この道の東部では南側に地区があり、西部では北側に建物が建ち並ぶ一方(=メイフェア地区)、南側にはがある。ピカデリーは全長およそで、またロンドン中心部で最も幅広く最長の直線道路の一つでもある。 通りは少なくとも中世から主要な道路の一つで、この頃には「レディングへ至る道」や「に至る道」として知られていた。1611年から1612年頃、ロバート・ベイカー(Robert Baker)が土地を取得し、の製造販売で成功を収める。土地を買った直後、ベイカーはこの土地をぐるりと囲んで、自宅であるピカディリー・ホール(Pikadilly Hall)などいくつかの建物を建設し、これが地名の元となった。現在のピカデリーは、1663年にチャールズ2世の妻でポルトガル出身だったキャサリン・オブ・ブラガンザに因んで「ポルトガル・ストリート」(Portugal Street)と名付けられた。また、1668年にはグリーン・パーク建設のためチャリング・クロスからハイド・パーク・コーナーに至る道が閉鎖され、これにより交通上の重要性が余計に高まった。道の北側にロンドンで最も壮麗な住宅の一部が建設されたのもこの頃で、やバーリントン・ハウス(1664年建築)などが一例として挙げられる。クラレンドン・ハウスと同時期に建てられたバークリー・ハウスは1733年に焼失したが、1737年にの手でデヴォンシャー・ハウスとして再建され、後にはホイッグ党の本部としても用いられた。バーリントン・ハウスには、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、ロンドン地質学会など、複数の有名協会の本部が入居している。また、通りの西端には、ロスチャイルド家の分家のひとつ、の複数人が大邸宅を構えていた。1684年にはが聖別され、周辺地域はとなった。 155番地にあったは、18世紀後半のイングランドで最も人気なのひとつであり、またこの時までに本屋がひしめくようにもなっていた。は1790年頃、は1887年に建設され、買収・取り壊し後、跡地へ高級ホテル・リッツ・ロンドンが建設された(1906年)。通りの東端にあるピカデリー・サーカス駅は、が設計し、1925年から1928年にかけて建設された。この駅は地上構造を持たない初の地下鉄駅で、通りにある地下道の入口が駅への唯一の進入路である。服飾店のは、アレック・シンプソン(Alec Simpson)が1936年に203〜206番地で開設した店舗である。 20世紀中、ピカデリーはヘロインを入手できる場所として知られ、1960年代にはロンドンのの中心地として悪名高かった。現在では状況が改善し、ロンドンの主要なショッピング街として知られている。名所としては、リッツ・ロンドンの他に、、、インターコンチネンタル、フォートナム&メイソン、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、、ハッチャーズ、在英国日本国大使館、マルタ国大使館などが挙げられる。 ピカデリーはフィクションの世界に影響を与えていることでも知られ、オスカー・ワイルドの『真面目が肝心』やP・G・ウッドハウスの作品などにその例を見ることができる。またロンドンを舞台としたモノポリー盤のマス目にも採用されている。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とピカデリー · 続きを見る »

デーヴィッド・プレイン

デーヴィッド・プレイン(David Prain M.D.、1857年7月11日 - 1944年3月16日)は、スコットランドの医師、植物学者である。インドで働いた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とデーヴィッド・プレイン · 続きを見る »

フレデリック・アーネスト・ワイス

フレデリック・アーネスト・ワイス(Frederick Ernest Weiss FRS FLS VMH、1865年11月2日 – 1953年1月7日)はイギリスの植物学者である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とフレデリック・アーネスト・ワイス · 続きを見る »

フェリックス・ユージン・フリッシュ

フェリックス・ユージン・フリッシュ(Felix Eugen Fritsch、1879年4月26日 - 1954年5月2日)は藻類を専門とするイギリスの植物学者である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とフェリックス・ユージン・フリッシュ · 続きを見る »

フェロー

フェロー(fellow)とは、大学教員、研究所の研究員など研究職に従事する者にあたえられる職名または称号である。企業、大学、研究所、シンクタンクなどにみられる。学会がその分野に著しい貢献があった者に授与する称号でもある。特に、学会等が授与・贈呈するフェローの称号をフェロー称号と通称することがある。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とフェロー · 続きを見る »

ダーウィン=ウォレス・メダル

ダーウィン=ウォレス・メダルはロンドン・リンネ学会から50年に一度送られる賞である。チャールズ・ダーウィンとアルフレッド・ウォレスの共同論文『変異型がもとの種より無限に遠ざかる傾向について;および自然が選択によって変種と種を永続させることについて』がロンドン・リンネ学会で発表された1858年7月1日の50年後に当たる1908年に第一回の受賞が行われた。この賞は進化生物学を大きく発展させた人物に対して贈られる。2008年にリンネ学会は第三回目の受賞者を発表し、今後は50年ごとではなくて毎年授与されると発表した。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とダーウィン=ウォレス・メダル · 続きを見る »

ダキンフィールド・ヘンリー・スコット

ダキンフィールド・ヘンリー・スコット(Dukinfield Henry Scott、1854年11月28日 - 1934年1月29日)は、イギリスの植物学者である。特に古植物学(palaeobotanist)の分野で重要な人物である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とダキンフィールド・ヘンリー・スコット · 続きを見る »

分類学

分類学(ぶんるいがく、taxonomy)とは、生物を分類することを目的とした生物学の一分野。生物を種々の特徴によって分類し、体系的にまとめ、生物多様性を理解する。 なお、広義の分類学では無生物も含めた事物(観念も含めて)を対象とする。歴史的には博物学にその起源があり、古くは、鉱物などもその対象としたが、それらの分野は分類学という形で発展することがなかった。以下の叙述では狭義の分類学(生物の分類学)についておこなう。 分類学は、この世に存在する、あるいは存在したすべての生物をその対象とする。現在存在しない生物については古生物学が分担するが、現在の生物の分類にも深く関わりがあるため、それらはまとめて考える必要がある。実際には、個々の分類学者はその中の特定の分類群を研究対象とし、全体を見渡した分類体系をその対象にすることのできる人はあまりいない。 分類学は本来は進化論とは無関係であったが、現在では近いどうしを集め分類群を作成することで系統樹が作成され、分類学は進化を理解する上で重要な役割をもっている。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と分類学 · 続きを見る »

アルフレッド・ラッセル・ウォレス

アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace, 1823年1月8日 - 1913年11月7日)は、イギリスの博物学者、生物学者、探検家、人類学者、地理学者。「ウォレス」は、「ウォーレス」とも表記する。アマゾン川とマレー諸島を広範囲に実地探査して、インドネシアの動物の分布を二つの異なった地域に分ける分布境界線、ウォレス線を特定した。そのため時に生物地理学の父と呼ばれることもある。チャールズ・ダーウィンとは別に自身の自然選択を発見し、ダーウィンの理論の公表を促した。また自然選択説の共同発見者であると同時に、進化理論の発展のためにいくつか貢献をした19世紀の主要な進化理論家の一人である。その中には自然選択が種分化をどのように促すかというウォレス効果と、警告色の概念が含まれる。 心霊主義の唱道と人間の精神の非物質的な起源への関心は当時の科学界、特に他の進化論の支持者との関係を緊迫させたが、ピルトダウン人ねつ造事件の際は、それを捏造を見抜く根拠ともなった。イギリスの社会経済の不平等に目を向け、人間活動の環境に対する影響を考えた初期の学者の一人でもあり、講演や著作を通じて幅広く活動した。インドネシアとマレーシアにおける探検と発見の記録は『マレー諸島』として出版され、19世紀の科学探検書としてもっとも影響力と人気がある一冊だった。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とアルフレッド・ラッセル・ウォレス · 続きを見る »

アルベルト・ギュンター

アルベルト・ギュンター(Albert Karl Ludwig Gotthilf Günther または Albert Charles Lewis Gotthilf Günther、1830年10月3日 – 1914年2月1日)はドイツ生まれの魚類、爬虫類両生類分野の動物学者である。イギリスの大英博物館で働いた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とアルベルト・ギュンター · 続きを見る »

アーサー・クラファム

アーサー・ロイ・クラファム(Arthur Roy Clapham、CBE FRS 、1904年5月24日 - 1990年12月18日)はイギリスの植物学者である。オクスフォード大学やシェフィールド大学で教え、『ブリテン諸島の植物』("Flora of the British Isles")の共著者である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とアーサー・クラファム · 続きを見る »

アーサー・スミス・ウッドワード

アーサー・スミス・ウッドワード(Sir Arthur Smith Woodward、1864年5月23日 - 1944年9月2日)はイギリスの古生物学者である。ロンドン自然史博物館で働いた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とアーサー・スミス・ウッドワード · 続きを見る »

アイリーン・マントン

アイリーン・マントン (Irene Manton,FRSPreston, Reginald Dawson (1990). "Irene Manton. 17 April 1904-13 May 1988". Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 35: 248. doi: 2015年11月10日閲覧、1904年4月17日 - 1988年5月13日)は、イギリスの植物学者。シダ類や藻類の研究で有名である。女性として初めてロンドン・リンネ協会の会長となった。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とアイリーン・マントン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とイギリス · 続きを見る »

ウィリアム・トーマス・スターン

ウィリアム・トーマス・スターン(William Thomas Stearn CBE、1911年4月16日 - 2001年5月8日)はイギリスの植物学者である。植物学史や古典語のエキスパートで、園芸植物のラテン語語源事典である「スターン版園芸家のための植物名辞典」("Stearn's Dictionary of Plant Names for Gardeners")は広く読まれた。植物学者には、「植物学のラテン語」("Botanical Latin")はスタンダードな参考書となっている。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とウィリアム・トーマス・スターン · 続きを見る »

エドワード・ポールトン

ドワード・バグナル・ポールトン(Sir Edward Bagnall Poulton 1856年1月27日-1943年11月20日)はイギリスの進化学者、動物学者。オックスフォード大学の動物学ホープ教授 (Hope Professor of Zoology、オックスフォード大学の教授職制)(英語版)を務めた 。 1873年から76年にオックスフォード大学ジーザス・カレッジでジョージ・ロールストンと反ダーウィン主義の昆虫学者ジョン・ウェストウッドの元で学び、自然科学を優等の成績でおさめて卒業した。それ以降、死去するまで70年にわたって、研究者、講師として大学と関係を継続した。彼は気前の良い後援者としても知られ、大学に多くの財産を寄付した。 息子、ロナルド・ポールトン=パーマーはイングランド代表のラグビー選手で、第一次大戦で戦死した。娘ジャネット・パーマーは神経学者チャールズ・サイモンズと結婚したが、結婚後まもなく、父より先に死去した。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とエドワード・ポールトン · 続きを見る »

エドワード・スミス=スタンリー (第13代ダービー伯爵)

13代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリー(英語:Edward Smith-Stanley, 13th Earl of Derby, 、1775年4月21日 - 1851年6月30日)は、イギリスの貴族、政治家。 爵位を持つ前の1832年までスタンリー卿(Lord Stanley)の儀礼称号を使用した。1832年にビッカースタッフのスタンリー男爵に叙され、1834年にダービー伯爵位を継承した。 イギリス首相を務めた第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーは長男である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とエドワード・スミス=スタンリー (第13代ダービー伯爵) · 続きを見る »

カール・フォン・リンネ

ール・フォン・リンネ(1735-1740頃) カール・フォン・リンネ(Carl von Linné 、1707年5月23日 - 1778年1月10日)は、スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者。ラテン語名のカロルス・リンナエウス(Carolus Linnaeus)でも知られる。「分類学の父」と称される。同名の息子と区別するために大リンネとも表記される。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とカール・フォン・リンネ · 続きを見る »

ギャヴィン・デ・ビーア

ー・ギャヴィン・デ・ビーア(Sir Gavin Rylands de Beer, 1899年 - 1972年)はイギリスの進化生物学者、発生学者。大英博物館自然史館(現在のロンドン自然史博物館)の館長、ロンドン・リンネ協会会長を務め、ロンドン王立協会からダーウィンメダルを受賞した。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とギャヴィン・デ・ビーア · 続きを見る »

ジョン・ラムズボトム (菌類学者)

ョン・ラムズボトム(John Ramsbottom OBE FLS、1885年10月15日 - 1974年12月14日)はイギリスの菌類学者である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とジョン・ラムズボトム (菌類学者) · 続きを見る »

ジョン・ラボック

初代エイヴベリー男爵ジョン・ラボック(John Lubbock, 1st Baron Avebury, 1834年4月30日 - 1913年5月28日)第4代エイヴベリー準男爵、初代エイヴベリー男爵は、イギリスの銀行家、政治家、生物学者、考古学者。準男爵ジョン・ウィリアム・ラボックの息子。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とジョン・ラボック · 続きを見る »

ジョージ・ベンサム

ョージ・ベンサム(George Bentham CMG FRS、1800年9月22日 – 1884年9月10日)は、イギリスの植物学者である。ジョセフ・ダルトン・フッカーとともにベンサム&フッカーの分類体系を造り、これはイギリス、アメリカ合衆国で使われた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とジョージ・ベンサム · 続きを見る »

ジョセフ・ダルトン・フッカー

ー・ジョセフ・ダルトン・フッカー(Sir Joseph Dalton Hooker, 1817年6月30日 - 1911年12月10日)は、イギリスの植物学者である。南極、インド、シッキム地方などを調査し多くの植物標本を収集した。1873年から1878年の間ロンドン王立協会の会長を務めた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とジョセフ・ダルトン・フッカー · 続きを見る »

ジェームズ・エドワード・スミス

ー・ジェームズ・エドワード・スミス(Sir James Edward Smith、1759年12月2日 – 1828年3月17日)は、イギリスの植物学者であり、ロンドン・リンネ協会 (Linnean Society of London)の設立者である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とジェームズ・エドワード・スミス · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会とスウェーデン · 続きを見る »

動物学

動物学(どうぶつがく、英語:zoology)は動物を対象とする学問。 自然史学の一部門に由来し、現在では生物学の一分野とされる。古典的には物質を鉱物・植物・動物にわけることが一般的だったため、博物学も鉱物学、植物学、動物学にわけられていた。 動物学の始まりは古代ギリシアにあると見ることも出来るとされる。発生学、生理学、生態学、動物行動学、形態学などの視点から研究が行われてきた。 近年では生物の分類が様変わりし、研究分野が細分化されたため、動物学の内容が多様化し、この語が用いられる頻度は低くなった。対象とする分類群によって哺乳類学、昆虫学、魚類学などと分けられることもある。動物の古生物を対象とする場合は古動物学と呼ぶ。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と動物学 · 続きを見る »

細胞核

細胞核(さいぼうかく、cell nucleus)とは、真核生物の細胞を構成する細胞小器官のひとつ。細胞の遺伝情報の保存と伝達を行い、ほぼすべての細胞に存在する。通常は単に核ということが多い。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と細胞核 · 続きを見る »

繊毛

繊毛(せんもう)は、細胞小器官の一つで、鞭毛と同様、細胞の遊泳に必要な推進力を生み出すものである。構造的には鞭毛と全く同じであるが、鞭毛運動に加えて繊毛運動が可能である点が異なる。また分布様式の点から、短い毛が多数並んだものを繊毛と呼ぶのに対し、長短に関わらず本数が少ない場合は鞭毛とする区別もある。原生生物においては繊毛虫が持つもののみが繊毛と呼ばれる。なお、細菌類の細胞外繊維で、鞭毛でないものを線毛という。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と繊毛 · 続きを見る »

鞭毛

鞭毛(べんもう、英:flagellum)は毛状の細胞小器官で、遊泳に必要な推進力を生み出す事が主な役目である。構造的に真核生物鞭毛と真正細菌鞭毛、古細菌鞭毛とに分けられる。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と鞭毛 · 続きを見る »

鳥類学

鳥類学(ちょうるいがく、)とは、鳥類に関する科学的な研究を目的とする動物学の一部門である。英語のornithologyの語源は、ギリシャ語のornis.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と鳥類学 · 続きを見る »

自然選択説

自然選択説(しぜんせんたくせつ、)とは、進化を説明するうえでの根幹をなす理論。厳しい自然環境が、生物に無目的に起きる変異(突然変異)を選別し、進化に方向性を与えるという説。1859年にチャールズ・ダーウィンとアルフレッド・ウォレスによってはじめて体系化された。自然淘汰説(しぜんとうたせつ)ともいう。日本では時間の流れで自然と淘汰されていくという意味の「自然淘汰」が一般的であるが、本項では原語に従って「自然選択」で統一する。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と自然選択説 · 続きを見る »

電子顕微鏡

電子顕微鏡(でんしけんびきょう)とは、通常の顕微鏡(光学顕微鏡)では、観察したい対象に光(可視光線)をあてて拡大するのに対し、光の代わりに電子(電子線)をあてて拡大する顕微鏡のこと。電子顕微鏡は、物理学、化学、工学、生物学、医学(診断を含む)などの各分野で広く利用されている。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と電子顕微鏡 · 続きを見る »

進化生物学

進化生物学(しんかせいぶつがく、evolutionary biology)あるいは進化学は生物学の一分野で、共通祖先からの種の起源や進化、繁殖、生物多様性などについて研究を行う。進化生物学にはやや異なる二つの側面がある。一つは生物の種は共通祖先からどのような歴史をたどってきたかを明らかにする面で、分子遺伝学、分岐分類学、古生物学などと密接に連携する。もう一方は自然選択や中立進化など、進化を駆動する要因やメカニズムを明らかにする面である。これは分子遺伝学、集団遺伝学、生態学、ゲーム理論などと密接に関連する。 生物の進化は現代生物学の基盤をなしており、究極的には生物学のあらゆる発見は進化の解明と結びついている。したがって進化生物学は学際的な分野で、フィールドと研究室両方の広い分野の研究者が関わる。進化生物学者の中には哺乳類学、鳥類学、爬虫類学などそれぞれの専門分野を持つ者が多いが、これらをケーススタディとして進化の一般的な問題に答えるのである。また進化の速度や様式を研究するのに化石を用いる古生物学者や地質学者、集団遺伝学や進化心理学の分野で活躍する理論科学者も関わることがある。発生生物学は進化の総合説に取り込まれなかったが、1990年代になって進化発生生物学の研究が行われるようになり、再び進化生物学の範疇に加わった。 進化生物学の知見は、人間の社会文化的進化の研究や進化心理学に強く反映されている。また進化生物学の考え方の枠組みや概念的な道具は、今ではコンピューティングからナノテクノロジーまで様々な範囲の分野で適用されている。人工生命はバイオインフォマティクスの一分野であり、進化生物学で記述される生物の進化をモデル化することを目指すものである。通常、これは数学とコンピュータモデルを使って研究される。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と進化生物学 · 続きを見る »

進化論

進化論(しんかろん、theory of evolution)とは、生物が進化したものだとする提唱、あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである『岩波生物学辞典第4版』。 生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて、現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたとする説明や理論群である。進化が起こっているということを認める判断と、進化のメカニズムを説明する理論という2つの意味がある。なお、生物学における「進化」は純粋に「変化」を意味するものであって「進歩」を意味せず、価値判断について中立的である。 進化は実証の難しい現象であるが(現代では)生物学のあらゆる分野から進化を裏付ける証拠が提出されている (詳細は、進化の項目も参照のこと)。 初期の進化論は、ダーウィンの仮説に見られるように、画期的ではあったが、事実かどうか検証するのに必要な証拠が十分に無いままに主張されていた面もあった。だが、その後の議論の中で進化論は揉まれて改良されつつある。現代的な進化論は単一の理論ではない。それは適応、種分化、遺伝的浮動など進化の様々な現象を説明し予測する多くの理論の総称である。現代の進化理論では、「生物の遺伝的形質が世代を経る中で変化していく現象」だと考えられている。 本項では進化思想、進化理論、進化生物学の歴史、社会や宗教との関わりについて概説する。 なお、生物学において「進化論」の名称は適切ではないため、「進化学」という名称に変更すべきだとの指摘がある。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と進化論 · 続きを見る »

植物学

植物学(しょくぶつがく、)は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物を動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と植物学 · 続きを見る »

明仁

明仁(あきひと、1933年(昭和8年)12月23日 - )は日本の第125代天皇(在位: 1989年(昭和64年)1月7日 - )である代数は皇統譜による。。現時代においては「在位中の天皇」を意味する今上天皇(きんじょうてんのう)、または敬称をつけて天皇陛下(てんのうへいか)と呼ばれることが多い。 昭和天皇(第124代天皇)の第一皇子。母は香淳皇后。大正天皇の皇孫かつ明治天皇の皇曾孫。 御称号は継宮(つぐのみや)。皇室典範に定める敬称は陛下。お印は榮(えい、文字がお印)。 日本国憲法施行後初めて即位した天皇であり、また京都ではなく東京で即位の礼を執り行った初めての天皇である。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と明仁 · 続きを見る »

昆虫学

昆虫学(こんちゅうがく、)とは、節足動物門の昆虫類を扱う学問。 純粋生物学としては動物学の一分野であり、また応用科学としては農学、法医学の一分野である。前者では分類学的な研究が多く、後者では農業への応用を目的として益虫や害虫に分類を行うほか、昆虫が死体へ群生する経緯から死亡時期などを解明するのに利用する。.

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と昆虫学 · 続きを見る »

1788年

記載なし。

新しい!!: ロンドン・リンネ協会と1788年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

リンネ協会ロンドン・リンネ学会

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »