ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロック (音楽)

索引 ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

69 関係: ミクスチャー・ロックノー・ウェーブマッドチェスターハモンドオルガンハードロックハウンド・ドッグ (エルヴィス・プレスリーの曲)ポップ・ロックポピュラー音楽ポストロックラーガ・ロックリバプールサウンドリードギターリズムギターレッド・ツェッペリンロックの殿堂ロックミュージシャンの一覧ロックンロールロック・オペラロカビリーボーカルヘヴィメタルブリットポップブリティッシュビートブルースブルースロックプログレッシブ・ロックパワー・ポップパンク・ロックパーカッションビート (音楽)ピアノフュージョン (音楽)フォークロックフォークソングドラムセットニルヴァーナ (アメリカ合衆国のバンド)ベース (弦楽器)アメリカ合衆国アート・ロックインディー・ロックインダストリアル・ロックイギリスウェストコースト・ロックエモエルヴィス・プレスリーエレクトリック・ギターエレクトリックベースオルタナティヴ・ロックカントリーロックカントリー・ミュージック...ガレージロックキーボード (楽器)ギタークラウトロックグラムロックグランジシューゲイザーシンフォニック・ロックシンセサイザーストーナーロックセックス・ピストルズソフトロックサイケデリック・ロックサザン・ロック監獄ロックLo-Fi日本のロック1950年代1960年代 インデックスを展開 (19 もっと) »

ミクスチャー・ロック

ミクスチャー・ロック(Mixture Rock)は、主に日本において扱われるロックのジャンルの一つ。 「ミクスチャー(mixture)・ロック(rock)」という言葉は和製英語である。よって、基本的に日本以外では通用しない音楽用語である。国によってはクロスオーヴァー、フュージョンとのとらえられ方もされる。.

新しい!!: ロック (音楽)とミクスチャー・ロック · 続きを見る »

ノー・ウェーブ

ノー・ウェーブ(No Wave) は広義としては1970年代後半から1980年代前半にかけてニューヨークでおきたパフォーマンス・アート、コンテンポラリー・アート、ミュージック・アートや映画、ビデオなどのメディア・アートから影響を受けたパンク・ロックのサブカルチャーを称す。 ニュー・ウェーブが世界の音楽シーンにおいて大きな勢力を持つ中、それを営利目的の商業主義だとして対抗するようにフリージャズ実験音楽、前衛音楽、ノイズ・ミュージックを演奏するバンドが出現し始めた。主にダウンタウンのアート・スペースで行われ、表現者のコンテンポラリー・アートと見受けられている。.

新しい!!: ロック (音楽)とノー・ウェーブ · 続きを見る »

マッドチェスター

マッドチェスター (Madchester) とは、音楽のジャンルのひとつ。イギリスの都市・マンチェスター(Manchester)と、「狂った」という意味のマッド(Mad)からの造語。正式な音楽用語ではない。1980年代後半から1990年前後にかけて、マンチェスターを中心に起こったムーブメントに由来する。マンチェスター・サウンドとも呼ばれ、ダンサブルなビートとドラッグ文化を反映したサイケデリックなサウンドが特徴とされるロックのスタイルを指す。.

新しい!!: ロック (音楽)とマッドチェスター · 続きを見る »

ハモンドオルガン

ハモンドB-3とレスリースピーカー ハモンドオルガン (Hammond Organ) とは電気楽器の一種。 1934年にによって発明された。パイプオルガンのパイプの代わりに、(歯車状の磁性金属製の円盤)を回転させて、近接して設置された電磁ピックアップにより磁界変化の波を音源として出力する。このように生成された正弦波を基音または倍音として、パイプオルガンと同様にミックスして音を作り出す。 機種や演奏環境によって若干の差異はあるが、空気感に富む明朗な音色が特徴である。複雑な発音方式から生じる深みのあるサウンドを利して、ジャズやロックなど比較的近代的な音楽に導入している例も少なからず見受けられる。.

新しい!!: ロック (音楽)とハモンドオルガン · 続きを見る »

ハードロック

ハードロック は、ロックの一形態。かつての標準的なスタイルはブルースやブギーを基調とした激しいロックである。歪んだ音のエレクトリック・ギターを強調したサウンド形態が特徴。1960年代後半にはほぼ確立したジャンルである。初期はサイケデリック・ロックやブルース・ロックの混合物としてスタートし、1970年代初頭までには、ハードロックの呼称が定着した。ハードロックとヘヴィ・メタルの微妙な相違点を定義づけるのは難しい。ただ例をあげると、グランド・ファンク・レイルロードは黒人音楽の強い影響を受けており、ハードロックではあるが、ヘヴィ・メタルとは呼ばれない。またディープ・パープルも、70年代にはハードロックと呼ばれ、ヘヴィ・メタルという言い方はあまりされなかった。また、ヘヴィ・メタルという名称も比較的早くから存在しており、「レッド・ツェッペリン」、「ブラック・サバス」などが、典型的なスタイルとされる。.

新しい!!: ロック (音楽)とハードロック · 続きを見る »

ハウンド・ドッグ (エルヴィス・プレスリーの曲)

ハウンド・ドッグ」(原題:"Hound Dog")は、1956年にエルヴィス・プレスリーが発表したシングル。シングルの別面は「冷たくしないで (Don't Be Cruel)」だった。ビルボード誌では、1956年8月18日に、ビルボード誌チャート11週連続という驚異的な記録を出し、この年の年間ランキングで第1位となった。.

新しい!!: ロック (音楽)とハウンド・ドッグ (エルヴィス・プレスリーの曲) · 続きを見る »

ポップ・ロック

ポップ・ロック(Pop rock)とは、ギターを基礎にした曲に軽い歌詞を乗せた、キャッチーでポップなスタイルを用いる、ポップ・ミュージックとロックの合成物を指す。「ポップ・ロック」にはいろいろな定義があり、「アップビートな類のロック」をポップ・ロックのサブジャンルとして分類する意見もある。.

新しい!!: ロック (音楽)とポップ・ロック · 続きを見る »

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽(ポピュラーおんがく、popular music ポピュラー・ミュージック)とは、広く人々の好みに訴えかける音楽のことであるOxford Dictionaries.

新しい!!: ロック (音楽)とポピュラー音楽 · 続きを見る »

ポストロック

ポストロック (Post-rock) は、ロックの一種。リズム・和音・音色・コード進行などの点で従来のロックには見られない特徴がある。.

新しい!!: ロック (音楽)とポストロック · 続きを見る »

ラーガ・ロック

ラーガ・ロックとはロックにインド音楽、またはインドの民族楽器を取り入れたもの。 1965年、ビートルズのジョージ・ハリスンが、アルバムラバー・ソウルに収録されたジョン・レノンの楽曲である「ノルウェーの森」においてシタールを取り入れたことが始まりと思われるが、後にローリング・ストーンズのギタリストであるブライアン・ジョーンズが「黒くぬれ!」や「マザーズ・リトル・ヘルパー」などの曲でシタールを演奏しているほか、キンクスなどが取り入れている。 ジョージ・ハリスンがビートルズ在籍中に発表した「ラヴ・ユー・トゥ」、「ジ・インナー・ライト」などはロックというより、むしろインド音楽そのものである。 また90年代にクーラ・シェイカーがデビューし、一時的にラーガ・ロックも復権した。 Category:ロックのジャンル Category:インドの音楽 Category:音楽のジャンル.

新しい!!: ロック (音楽)とラーガ・ロック · 続きを見る »

リバプールサウンド

リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを差す音楽用語。日本独自の呼称であり日本ではリバプールサウンド=イギリスでのサウンド、イギリスでのロックという解釈。、現地では、、ブリティッシュビート(British Beat)などと呼称された。 ロックンロール、ドゥー・ワップ、スキッフル、R&B、ソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった。 1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカのポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。.

新しい!!: ロック (音楽)とリバプールサウンド · 続きを見る »

リードギター

リードギター (Lead guitar) は、ギターソロやオブリガート、主旋律を中心に演奏するギタリスト及びその役割。.

新しい!!: ロック (音楽)とリードギター · 続きを見る »

リズムギター

リズムギター (Rhythm guitar)は、楽曲のリズムに沿う形で演奏するギタリスト及びその役割。サイドギター (Side guitar) 、セカンドギターと称される事もある。.

新しい!!: ロック (音楽)とリズムギター · 続きを見る »

レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリンのメンバー4人を表したシンボル レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)は、イギリスのロックバンド。略称は、ZepもしくはLed Zep。なお、「ツェッペリン」はドイツ語の発音であり、英語の発音は「レッド・ゼペリン」に近い。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第14位。 日本ではディープ・パープル、ブラック・サバスと並んで、三大ハードロックバンドの一組とされる。.

新しい!!: ロック (音楽)とレッド・ツェッペリン · 続きを見る »

ロックの殿堂

夕暮れ時のロックの殿堂。 ロックの殿堂(ロックのでんどう、The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド市にある博物館である。.

新しい!!: ロック (音楽)とロックの殿堂 · 続きを見る »

ロックミュージシャンの一覧

ックミュージシャンの一覧(ロックミュージシャンのいちらん).

新しい!!: ロック (音楽)とロックミュージシャンの一覧 · 続きを見る »

ロックンロール

ックンロール(, )は、1950年代半ばに現れたアメリカの大衆音楽スタイルの呼称である。語源については、古くからアメリカ英語の黒人スラングで「性交」及び「交合」の意味であり、1950年代はじめには「バカ騒ぎ」や「ダンス」という意味もあった。これを一般的に広め定着させたのは、DJのアラン・フリードであった。 1960年代後半には「ロック」という呼び方が一般化し、「ロックンロール」と呼ぶことは少なくなった北中,1985,pp.113-115.。 一方で、「ロックンロール」と「ロック」は別の物として使われることもある。1960年代後半、ロックンロールが進化してその枠を壊し、新たなサウンドが生まれ、それらのサウンドの総称として「ロック」という言葉が使われている。.

新しい!!: ロック (音楽)とロックンロール · 続きを見る »

ロック・オペラ

ック・オペラ(Rock operas)とは、ロック版オペラのことである。.

新しい!!: ロック (音楽)とロック・オペラ · 続きを見る »

ロカビリー

ビリー(rockabilly)は、1950年代に誕生した音楽。RABなどと略記する場合もある。当時はロッカビリー(Rock-A-Billy)とも呼ばれた。代表的なミュージシャンには、エルヴィス・プレスリーやカール・パーキンスらがいた。.

新しい!!: ロック (音楽)とロカビリー · 続きを見る »

ボーカル

ボーカル.

新しい!!: ロック (音楽)とボーカル · 続きを見る »

ヘヴィメタル

ヘヴィメタル(英語:heavy metal)は、音楽のジャンルの一つ。基本的な俗称はメタル。他にHM、ヘヴィメタ、ヘビメタただし、日本においてヘヴィメタルを「ヘビメタ」と略すのは侮辱的な意味が含まれている事があり、メタルファンからは好まれていない。参照: Techinsight 2013年9月27日など。1960年代の終わりから1970年代の初頭にかけてイギリスなどで広く発展したロックのスタイルのひとつである。両者を並べてHR/HM(HM/HR)と表現することもある。歌詞やパフォーマンスが男らしさや攻撃性、マチズモと結びつけられることもある。また、ファンはメタルヘッド(日本においてはメタラーとも)などと呼ばれる。.

新しい!!: ロック (音楽)とヘヴィメタル · 続きを見る »

ブリットポップ

ブリットポップ(Britpop)またはブリットポップ・ムーブメント(Britpop Movement)は、1990年代にロンドンやマンチェスターを中心に発生したイギリスのポピュラー音楽ムーブメントである。ブリティッシュ・インヴェイジョン、グラム・ロック、パンク・ロックなど、イギリスのロック黄金期の影響を受けたバンドが多くデビューし、イギリス音楽界を盛り上げた。 このムーブメントは、ブラー、オアシスを中心に一旦は海外にも広まる兆しを見せ、他のポップカルチャーも巻き込んだ「クール・ブリタニア」などの狂騒を生んだが、ムーブメントの中心人物だったブラーのデーモン・アルバーンによる「ブリットポップは死んだ」と言う発言などによって、1997年 - 1998年頃に一応の終止符が打たれた。.

新しい!!: ロック (音楽)とブリットポップ · 続きを見る »

ブリティッシュビート

ブリティッシュビート (British Beat) は、1960年代前期から中期にかけてのイギリスのロックの一形態。.

新しい!!: ロック (音楽)とブリティッシュビート · 続きを見る »

ブルース

ブルース英語読みはブルーズ。(Blues)とは米国深南部でアフリカ系アメリカ人の間から発生した音楽の一種およびその楽式。19世紀後半頃に米国深南部で黒人霊歌、フィールドハラー(農作業の際の叫び声)や、ワーク・ソング(労働歌)などから発展したものといわれている。兄弟とも言えるジャズが楽器による演奏が主役なのに対して、ギターを用いた歌が主役である 。アコースティック・ギターの弾き語りを基本としたデルタ・ブルース、カントリー・ブルース、エレクトリック・ギターを使用したバンド形式に発展したシカゴ・ブルースなど多様に展開している。.

新しい!!: ロック (音楽)とブルース · 続きを見る »

ブルースロック

ブルースロック (blues rock) は、ポピュラー音楽のジャンルの一つ。1960年代後半にイギリスからロックの進化形としてニューロックと呼ばれるムーブメントが起こったが、その中で特に白人がブルースをロック的なスタイルで表現したものをブルースロックと呼んでいる。 原点はB.B.キングやマディ・ウォーターズ、エルモア・ジェームスらブルースメンの奏でるギターブルースであり、その模倣から始まった。よってエレクトリック・ギターがバンドの主役となり、歌よりも即興による演奏を長々と聴かせることを主眼としている。スタジオ録音作品を聴くとエレクトリックギターの力強くも繊細な響きを聴かせるというイメージが強いが、実際のライブでは爆音ともいえる大音量で熱狂的な演奏を繰り広げていた。 1960年代後半のごく短期間のうちに一大メジャー化したバンドの多くがハードロックへの過渡的様態を踏んでいることやそのままブルースの様式に止まるものもあって、テクノロジーの進化やビジネスとしての巨大化、その他様々な要因が絡み合い、ブルースロックと呼ばれるものも作品毎に見れば必ずしもひとつの特色で括る事は出来ず、他ジャンルとの線引きの難しい面は指摘される。また、同じブルースでも1965年頃までにすでにメジャーであったローリング・ストーンズやアニマルズなどを取り立ててブルースロックという範疇に組み入れる習慣は無いことから見ても、ブルースロックという語は厳密な音楽ジャンルというよりは、1960年代後半における英米ロックの潮流と大把みに位置付ける事が一般的である。 代表的なアーティストとして、マイク・ブルームフィールド、ポール・バターフィールド(Paul Butterfield)、ジョン・メイオール、アレクシス・コーナー、フリートウッド・マック、チキンシャック、サヴォイ・ブラウン、エリック・クラプトン、オールマン・ブラザーズ・バンド、ジョニー・ウィンター、キャンド・ヒート、テン・イヤーズ・アフターなどの名が挙げられる。.

新しい!!: ロック (音楽)とブルースロック · 続きを見る »

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック()は、1960年代後半のイギリスに現れたロックのジャンルの1つ。実験的・前衛的なロックとして、それまでのシングル中心のロックから、より進歩的なアルバム志向のロックを目指した。誕生以降、スタイルの発展、拡散・細分化が進んだ。しかし、当初の進歩的・前衛的なロック志向から、一部のクラシック音楽寄りな音楽性が、復古的で古色蒼然としていると見られ、70年代半ばから後半にかけて衰退したとされている。後年、マリリオン、アネクドテンの登場により、復活してきている。日本に於ける一般的な略称は「プログレ」。.

新しい!!: ロック (音楽)とプログレッシブ・ロック · 続きを見る »

パワー・ポップ

パワー・ポップ (Power pop) とは、ロックの形態の一種である。ポップなメロディライン、力強いギターサウンドが特徴的で、一般的には1960年代のビートルズ等に代表されるブリティッシュロックから派生し、1970年代半ばから1980年代初頭にかけて、当時流行していた他ジャンルへの対抗精神からイギリスで発生したムーブメントだと考えられている。 ちなみに「パワー・ポップ」という呼称は、ザ・フーのピート・タウンゼントが、自分たちのサウンドスタイルをそう呼ぶようになったのが発端だと言われている。それ以降、「ポップ・ロックやグラム・ロック、パンクなどの中で、はじけるようなポップなサウンドが特徴の音楽」を、「パワー・ポップ」と呼ぶようになった。 ギター・ポップとの音楽的な線引きは曖昧で、相互に言い換えられたり、時にはパワー・ポップ/ギター・ポップとして一緒くたに扱われることも多い。あえて区別される場合は、パンク側へのアプローチが強いものがパワー・ポップ、特にメロディが際立ち、ネオアコやオルタナティヴ・ロックからの影響の強いものがギター・ポップとして扱われる傾向にある。 パワーポップ自体は、いずれの時代においても、爆発的な人気を見せてきたという訳ではなく、あくまで「ロックシーンを代表する程の盛り上がりは見せないが、どの時代でも一定した人気がある」といったジャンル、ムーブメントである。.

新しい!!: ロック (音楽)とパワー・ポップ · 続きを見る »

パンク・ロック

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代中頃に生まれたロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることが多い。 日本のパンクバンドについては、日本のパンク・ロックの項を参照。.

新しい!!: ロック (音楽)とパンク・ロック · 続きを見る »

パーカッション

パーカッション (Percussion) は、英語で打撃を意味し、本来は打楽器全般のことを指す。本来の意味については打楽器の項を参照。.

新しい!!: ロック (音楽)とパーカッション · 続きを見る »

ビート (音楽)

ビート (beat) とは音楽における構成要素の一つである。.

新しい!!: ロック (音楽)とビート (音楽) · 続きを見る »

ピアノ

ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.

新しい!!: ロック (音楽)とピアノ · 続きを見る »

フュージョン (音楽)

フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)は1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。.

新しい!!: ロック (音楽)とフュージョン (音楽) · 続きを見る »

フォークロック

フォークロック (Folk Rock)は、音楽のジャンルのひとつで、フォークとロックの要素が結合された楽曲、演奏様式を指す。しかし、その演奏法や楽曲のメロディ、歌詞の内容によって、フォーク、あるいはロックのいずれか一方へ含まれることもあり、明確な分類の定義は無い。.

新しい!!: ロック (音楽)とフォークロック · 続きを見る »

フォークソング

フォークソング(Folk Song)は、音楽のジャンルの一つ。元来は民謡や民俗音楽を指すが、民謡から派生したポピュラー音楽をも含める。後者には、反戦歌などのプロテストソングも範疇に含まれる。本来のフォークソングの演奏は、アコースティックギターやバンジョーなどを使用し、フォーク・ロックやロックのように電気楽器は使わないのが伝統的な音楽表現である。.

新しい!!: ロック (音楽)とフォークソング · 続きを見る »

ドラムセット

ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたもの。特定の楽器の名称では無く概念である。通常椅子に腰掛けて演奏する。主にポピュラー音楽で使用される。ドラムキット、ドラムス、ドラムセットの楽器パートや演奏者(ドラマー)を表す言葉としてドラムスとも呼ぶ。略称はDr.、Ds.またはDrums.。 ドラムセットに組み込まれる打楽器類の種類や数は、奏者の好み・音楽的方向性・経済的事情等により多種多様である。ドラムセット(ドラムの組み合わせ)と言う名称であるが、シンバルなどのドラムで無い打楽器がセットの中に組み込まれている。.

新しい!!: ロック (音楽)とドラムセット · 続きを見る »

ニルヴァーナ (アメリカ合衆国のバンド)

ニルヴァーナ (Nirvana) は、1987年に結成された、アメリカのロックバンド。バンド名には、仏教用語の「涅槃の境地」という意味合いがある。 1989年SUB POPよりデビュー・アルバム『ブリーチ』発表。1991年に発表された2ndアルバム『ネヴァーマインド』の驚異的な大ヒットにより、全世界にグランジ・ムーヴメントを捲き起こした。 全世界でのトータルセールスは、約7500万枚。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第30位。.

新しい!!: ロック (音楽)とニルヴァーナ (アメリカ合衆国のバンド) · 続きを見る »

ベース (弦楽器)

この項でのベース(bass、Bass バスとも)は、低音パートを演奏する弦楽器の総称である。 楽器そのものを指す場合とパートを指す場合があるので、使用には注意が必要である。.

新しい!!: ロック (音楽)とベース (弦楽器) · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: ロック (音楽)とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アート・ロック

アート・ロックは、主に1960年代後半に活躍した特定の要素を持つロック・バンドや、その作品を分類した言葉。ほぼ同時期にニュー・ロックという言葉が生まれており、アート・ロックとはその一部と捉えられる。.

新しい!!: ロック (音楽)とアート・ロック · 続きを見る »

インディー・ロック

インディー・ロック (Indie rock) 、正式名称インディペンデント・ロック(Independent rock)は、オルタナティヴ・ロックから派生したロックの形態の一種である。.

新しい!!: ロック (音楽)とインディー・ロック · 続きを見る »

インダストリアル・ロック

インダストリアル・ロック(Industrial rock)は1970年代後半にインダストリアル・ミュージックとロックが交わり生まれた音楽ジャンル。 ハードロックとヘヴィメタルの間に厳密な境界線が無いように、“インダストリアル・メタル”と同義として扱われることも多い。 始祖はポストパンク・グループで、クローム、キリング・ジョーク、スワンズ、フィータス、ビッグ・ブラックなど。 1992年にナイン・インチ・ネイルズとミニストリーがブレイクし、広く知られるジャンルとなった。.

新しい!!: ロック (音楽)とインダストリアル・ロック · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ロック (音楽)とイギリス · 続きを見る »

ウェストコースト・ロック

ウェストコースト・ロック (West Coast rock) は、ロックのサブカテゴリのひとつであり、ウェストコースト・サウンド (West Coast sound) とも称する。.

新しい!!: ロック (音楽)とウェストコースト・ロック · 続きを見る »

エモ

モ (Emo) は、ロックの形態の一種である。英語での発音は「イーモウ」。精神的・音楽的にハードコアにルーツを持つことから、エモーショナル・ハードコアと呼ばれることもある。.

新しい!!: ロック (音楽)とエモ · 続きを見る »

エルヴィス・プレスリー

ルヴィス・アーロン・プレスリー (, 1935年1月8日 - 1977年8月16日)は、アメリカのミュージシャン、映画俳優。ミドルネームは公文書、サイン共にAronだが、墓石にはAaronと表記されている。.

新しい!!: ロック (音楽)とエルヴィス・プレスリー · 続きを見る »

エレクトリック・ギター

レクトリック・ギター(electric guitar)は、ギターの一種。ギター本体とギターアンプをシールド(ケーブル)で接続し、弦の振動をピックアップ(マイク)で電気信号に変え、任意の音量で演奏できるギター。エフェクターなどで音質を変化させやすいため、多彩な表現が可能。通称・略称はエレキギター及びエレキ。.

新しい!!: ロック (音楽)とエレクトリック・ギター · 続きを見る »

エレクトリックベース

レクトリックベース(electric bass、エレキベースとも)は低音部の撥弦楽器である。日本では「エレクトリックベース」と略さずに呼ばれることは少なく、エレキベース、電気ベース、あるいは単にベースと呼ばれる(本項本文では主にエレキベースと表記する)。弦は基本的に4本。5本や6本以上のものは多弦ベースと呼ばれることもある。 21世紀ではポピュラーな楽器だが、登場初期は非常に高価な代物でヴァン・ヘイレンのベーシスト、マイケル・アンソニーはエレクトリックギターの1弦と2弦を外してエレキベースの練習をしていたという。また、Mr.Big、ナイアシンのベーシスト、ビリー・シーンは「当時ギターよりエレキベースが高価で買えなかったから、ギターでベースラインを弾いていたんだ」と語っている。ベース弦もギター弦にくらべると高価である。 目立たなかったベースをメジャーに押し上げたのはビートルズのポール・マッカートニーがスチュワート・サトクリフの脱退によりそれまで担当していたサイドギターからチェンジしベースに転向してからである。.

新しい!!: ロック (音楽)とエレクトリックベース · 続きを見る »

オルタナティヴ・ロック

ルタナティヴ・ロック(Alternative Rock)は、ロックの一ジャンルである。日本ではオルタナティヴ、オルタナと略称されることが多い。 オルタナティヴ(Alternative)とは、「もうひとつの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない」という意味の英語の形容詞。大手レコード会社主導の商業主義的な産業ロックやポピュラー音楽とは一線を画し、時代の流れに捕われない普遍的な価値を追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーンのことである。イギリス、アメリカだけでなく、世界の多くの国に存在する。 ジャンル全体の傾向としては、1970年代後半の英米の産業ロックへの反発からくる、1960年代ロックへの回帰(音楽的のみならず、思想的にも)を志向しており、インディー・ロックの流れを汲む。.

新しい!!: ロック (音楽)とオルタナティヴ・ロック · 続きを見る »

カントリーロック

ントリーロックとは、アメリカ合衆国で生まれたロックの1カテゴリ。元々は、1960年代から1970年代のロック・アーティストがカントリーミュージック、フォーク、ブルーグラスなどの要素を導入した作品群から発生した。バーズやボブ・ディランのカントリー・ロック・アルバムが先駆けとなり、その後アメリカ西海岸出身のバンドであるCCRやイーグルスによって人気が確立した。.

新しい!!: ロック (音楽)とカントリーロック · 続きを見る »

カントリー・ミュージック

ントリー・ミュージック(Country Music)は、1920年代にアメリカ合衆国南部で発祥したとされる音楽のジャンル。現在「カントリー・ミュージック」という言葉は多くのスタイルやサブ・ジャンルを含めた総称となっている。.

新しい!!: ロック (音楽)とカントリー・ミュージック · 続きを見る »

ガレージロック

レージロック (Garage Rock) は、1960年代半ば以降に台頭したロックの1ジャンル。時に60sパンク(60年代パンク)、ガレージパンクとも呼ばれる。1970年代前半に一時忘れられたが、パンク・ニューウェイブ隆盛の1977年以降に再評価された。.

新しい!!: ロック (音楽)とガレージロック · 続きを見る »

キーボード (楽器)

ーボード(keyboard)とはポピュラー音楽での鍵盤楽器の総称。特にクラシックなどで昔から使われているピアノやオルガン、鍵盤ハーモニカといった従来型の楽器ではないそれらに対して、新種の鍵盤楽器という意味で用いられることも多い。 キーボードを演奏する者はキーボーディストと呼ばれる。ただしキーボード自体厳密な定義がないので、上記同様にポピュラー音楽では、鍵盤楽器であればその奏者はまとめてこの呼称が使われる。.

新しい!!: ロック (音楽)とキーボード (楽器) · 続きを見る »

ギター

ター(Guitar)は、リュート属に分類される弦楽器。指、またはピックで弦を弾くことにより演奏する撥弦楽器である。 クラシック音楽、フラメンコのほか、ジャズ、ロック、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。 ギターの演奏者をギタリスト(Guitarist)という。 また、エレクトリック・ギター(エレキギター)を単にエレキ、もしくはギターと呼ぶ場合も多い。.

新しい!!: ロック (音楽)とギター · 続きを見る »

クラウトロック

ラウト・ロック()は、1960年代末から1970年代初めにかけて西ドイツに登場した実験的バンド群、およびその音楽をさす一般名詞である。.

新しい!!: ロック (音楽)とクラウトロック · 続きを見る »

グラムロック

ラムロック(glam rock)は、主にイギリスで1970年代前半から中盤にかけて流行した、ロック・スタイル。由来は、魅惑的であることを意味する英語の"glamorous"から来ている。日本のロックやファッションシーンにも影響を与えた。.

新しい!!: ロック (音楽)とグラムロック · 続きを見る »

グランジ

ランジ とは、ロック音楽のジャンルのひとつ。「汚れた」、「薄汚い」という意味の形容詞 "grungy" が名詞化した "grunge" が語源。1990年代にアメリカ・シアトルを中心に興った潮流であり、オルタナティヴ・ロックの一つである。ニルヴァーナやパール・ジャム、サウンドガーデン、ダイナソーJr.、マッドハニー、といったバンドがアルバム・チャートで成功を収めたことで、80年代までヘヴィメタルが多かった当時のアメリカのロック・シーンを革新し、グランジ・ブームを起こした。だがカート・コバーンは後に自殺してしまい、グランジ・ブームは終息した。.

新しい!!: ロック (音楽)とグランジ · 続きを見る »

シューゲイザー

ューゲイザー(Shoegazer)は、ロックミュージックのスタイルの1つ。英語では正確にはシューゲイジング (Shoegazing)またはシューゲイズ (Shoegaze)と表現する。.

新しい!!: ロック (音楽)とシューゲイザー · 続きを見る »

シンフォニック・ロック

ンフォニック・ロック(英語:symphonic rock)は、特定の要素を持つロック・バンドや、その作品を分類した言葉。.

新しい!!: ロック (音楽)とシンフォニック・ロック · 続きを見る »

シンセサイザー

ミニモーグ」 シンセサイザー(synthesizer)は、一般的には主に電子工学的手法により楽音等を合成(synthesize:シンセサイズ)する楽器「ミュージック・シンセサイザー」の総称。電子楽器、音源と呼ばれることもある。.

新しい!!: ロック (音楽)とシンセサイザー · 続きを見る »

ストーナーロック

トーナーロック(Stoner rock)は、ハードロックのジャンルの一つ。ストーナーメタルと表記されることもある。初期ブラック・サバスなどの伝統的なヘヴィメタルや同時代のサイケデリック・ロック、ガレージ・ロックに影響された、グルーヴ感に富み、分厚くディストーションをかけた荒いブルースサウンドが特徴。レトロなプロダクションを指向しているバンドも多い。1990年初頭にカリフォルニア州の砂漠地帯出身(=デザートロック)のKyussやスリープが先陣を切ってシーンをつくりあげたといわれる。stonerとは「麻薬常習者」を意味し、影響を与えた先人たちと同じく、一般的に麻薬に関連する歌詞や、使用時のトリップ感を表すような楽曲が多い。バイカーやトレーラー文化といったアメリカ的なワイルドさを表現するバンドもしばしば見られる。 ブラック・サバスの影響下にあることからドゥームメタルとクロスオーバーしていることがあるが、ストーナーロック自体ではドゥームメタルにおいて顕著な遅さはそれほど重視されない。また、グランジやオルタナティヴ・ロックの中にもストーナーロックの要素を併せ持つバンドは多い。.

新しい!!: ロック (音楽)とストーナーロック · 続きを見る »

セックス・ピストルズ

ックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、イングランド出身のパンク・ロックバンド。 1970年代後半にロンドンで勃興した、パンク/ニューウェーブ・ムーヴメントを代表する象徴的グループ。自国の王室・政府・大手企業などを攻撃した歌詞など、反体制派のスタイルが特徴。また、活動期間は短命ながら、後世のミュージック・シーンやファッション界にも多大な影響を与えた。 2006年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第60位。.

新しい!!: ロック (音楽)とセックス・ピストルズ · 続きを見る »

ソフトロック

フトロック(Soft Rock)は、1960年代後半から1970年代前半にかけて製作、スタジオレコーディングに重点を置き、美しいメロディやコーラスを持つポピュラー音楽のジャンル。ただし、範囲は明確かつ具体的になっているわけではない。.

新しい!!: ロック (音楽)とソフトロック · 続きを見る »

サイケデリック・ロック

イケデリック・ロック は、1960年代後半に発生し流行したロック音楽の派生ジャンル。主に、LSDなどのドラッグによる幻覚を、ロックとして体現化した音楽のことを指す。.

新しい!!: ロック (音楽)とサイケデリック・ロック · 続きを見る »

サザン・ロック

ン・ロック(Southern Rock)は、カントリーやブギー(ブギウギ)、ブルース、R&Bなど、アメリカ南部の土(泥)臭い音楽を前面に押し出したロック。60年代から80年代にかけて、ロック・ミュージックが様々に細分化していく過程で出来たカテゴリーの一つ。ジョン・フォガティのCCRなどは、別にスワンプ・ロックと呼ばれることもある。.

新しい!!: ロック (音楽)とサザン・ロック · 続きを見る »

監獄ロック

監獄ロック」(Jailhouse Rock)は、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)が1957年に発表したシングル。プレスリー主演映画としては3作目となる『監獄ロック』(1957年11月8日公開)の主題歌。.

新しい!!: ロック (音楽)と監獄ロック · 続きを見る »

Lo-Fi

Lo-Fi(Low-Fidelity、Lo-Fi music)とは、音楽のレコーディングの際の録音状態、録音技巧の一つで、極端に高音質なものではない録音環境を志向する価値観。転じて、そうした要素を持った音楽自体を表す言葉。対義語はHi-Fi。 Low-Fidelityの略を起源とするが、日本で生まれた「略語」ではなく、英語圏でも同様にLo-Fiとして扱われる正式な音楽用語である。Hi-Fiの場合は再生環境についても言及されることが多いが、基本的に再生環境は高音質であるほどいい、という考え方がある。そえれとは異なり、Lo-Fiの場合は再生環境について特段の要求はされない事が多い。.

新しい!!: ロック (音楽)とLo-Fi · 続きを見る »

日本のロック

本項では、日本のロックについて解説する。ロックの範囲には様々な定義が考えられるが、ここではポップ・ミュージックなども含めた広い意味でのロックを指すこととする。.

新しい!!: ロック (音楽)と日本のロック · 続きを見る »

1950年代

1950年代(せんきゅうひゃくごじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1950年から1959年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1950年代について記載する。.

新しい!!: ロック (音楽)と1950年代 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: ロック (音楽)と1960年代 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ロックミュージックロック音楽

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »