ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロシア連邦道路A370

索引 ロシア連邦道路A370

ア連邦道路 A370(Федера́льная автомоби́льная доро́га А370 «Уссу́ри» 2018年1月1日までロシア連邦道路M60)または連邦道路ウスリーは、ロシア連邦のハバロフスクとウラジオストクを結ぶロシア連邦道路である。ハバロフスク地方、沿海地方を経由する。総距離は760km。一部のルートがアジアハイウェイ6号線、アジアハイウェイ30号線に指定されている。.

13 関係: ハバロフスクハバロフスク地方ロシアロシア連邦道路ロストフ・ナ・ドヌヴャーゼムスキーダリネレチェンスクアジアハイウェイ30号線アジアハイウェイ6号線ウラジオストクキエフスパッスク=ダリニー沿海地方

ハバロフスク

ハバロフスク(、)は、ロシア極東部の都市で、ハバロフスク地方の中心都市である。2002年より極東連邦管区の本部も置かれている。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とハバロフスク · 続きを見る »

ハバロフスク地方

ハバロフスク地方 (Хабаровский край) は、ロシア連邦を構成する地方のひとつ。州都はハバロフスク市で極東連邦管区の本部が置かれる。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とハバロフスク地方 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とロシア · 続きを見る »

ロシア連邦道路

ア連邦道路は、ロシア連邦の国道である。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とロシア連邦道路 · 続きを見る »

ロストフ・ナ・ドヌ

トフ・ナ・ドヌ(Росто́в-на-Дону́, Rostov-na-Donu)は、ロシアのロストフ州の州都。ドン川の下流河畔の丘上に開かれた町で、アゾフ海の付け根・タガンログ湾郊外に位置する要衝である。1735年にアゾフ一帯を併合したロシア帝国によって1749年に建設された。 町の本来の名前である「ロストフ」に付加された「ナ・ドヌ」とは、ロシア語で「ドン川にある」という意味で、ヤロスラヴリ州にある同名のロストフの町(ロストフ・ヤロスラフスキー、大ロストフとも)と区別するためである。ヤロスラヴリのロストフは歴史の長い古都だが、ドン川のロストフのほうが大きな町であり世界的にも有名で、単にロストフと呼ぶ場合はロストフ・ナ・ドヌを指す場合も多い。 人口は1,115,000人(2015年)。1989年ソ連国勢調査では1,019,305人、2002年全ロシア国勢調査では1,068,267人だった。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とロストフ・ナ・ドヌ · 続きを見る »

ヴャーゼムスキー

ヴャーゼムスキー(Вя́земский、Vyazemsky)はロシア極東部、ハバロフスク地方最南部にある都市。州都ハバロフスクの南西130kmに位置し、中華人民共和国との国境であるウスリー川からは数kmしか離れていない。ウスリー川の対岸は中国・黒竜江省ジャムス市撫遠市に属する。ハバロフスクからは、日本海側の終点ウラジオストクに向かうシベリア鉄道が通っている。人口は、2002年全ロシア国勢調査で15,760人(1989年ソ連国勢調査で18,426人)。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とヴャーゼムスキー · 続きを見る »

ダリネレチェンスク

ダリネレチェンスク(Дальнере́ченск、中国語:伊曼)はロシア連邦沿海地方の町。中国との国境に近い内陸の町で、ハバロフスクとウラジオストクの中間に位置し、シベリア鉄道の駅がある。町を流れるボルシャヤ・ウスルカ川は、すぐ下流でウスリー川に合流している。ウスリー川の対岸は黒竜江省虎林市に属している。 人口30,092人(2002年、1989年時点で33,596人)。1895年に建設された。面積108 km2。市外局番は423-56。 旧名はニマン(満州語:、メレンドルフ転写: niman)またはイマン(Иман、中国語:伊曼)だが1972年に「遠い川の地」を意味する「ダリネレチェンスク」に改名された。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とダリネレチェンスク · 続きを見る »

アジアハイウェイ30号線

アジアハイウェイ30号線(アジアハイウェイ30ごうせん)は、アジアハイウェイ網の路線の一つ。アジアハイウェイ東アジア・北東アジア小地域(サブリージョン)の路線の一つ。総延長は2,739kmである。 シベリア鉄道およびアジアハイウェイ6号線通過地のロシア連邦のウスリースクを起点とし、一時北東に向かい延びる。アムール川とウスリー川の合流点近くの都市ハバロフスクを通過し、北西に向きを変える。途中、ベロゴルスクでアジアハイウェイ31号線と接続する。更にアムール州を通過すると今度は西南西に向きを変え、最後に終点のチタに到達しアジアハイウェイ6号線と接続する。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とアジアハイウェイ30号線 · 続きを見る »

アジアハイウェイ6号線

アジアハイウェイ6号線(アジアハイウェイ6ごうせん)はアジアハイウェイの路線の一つで、総延長は10,533kmである。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とアジアハイウェイ6号線 · 続きを見る »

ウラジオストク

ウラジオストク(ロシア語:Владивосток ヴラヂヴァストーク、IPA:、;ラテン文字表記の例: Vladivostok、漢語: 海参崴)は、ロシアの極東部に位置する都市で、沿海地方(プリモールスキイ地方、Приморский край)の州都である。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とウラジオストク · 続きを見る »

キエフ

フ(Київ キーイウ、Киев )は、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。20世紀中にウクライナ人民共和国、ウクライナ国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都であり続けた。キエフ市内の人口はおよそ279万人であるが、キエフ首都圏の人口はおよそ400万人となっている。東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つである。都内にある聖ソフィア大聖堂とキエフ洞窟大修道院は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とキエフ · 続きを見る »

スパッスク=ダリニー

パッスク=ダーリニーの市章 スパッスク=ダリニー(スパスク=ダリニー、スパッスク=ダーリニー、Спасск-Да́льний、Spassk-Dalny)は、ロシア極東部・沿海地方の内陸部にある都市。中露国境のハンカ湖東岸の、ハンカ湖沿岸平野(プリハンカイスカヤ平野)に位置する。周囲は平坦で、150mから220m程度の高さの小高い丘が散在する程度である。市域を貫いてスパッソフカ川とクレショフカ川が流れ、20kmほど北西でハンカ湖に注ぐ。 ウラジオストクからは北へ200km。シベリア鉄道の沿線にあり、ウラジオストクからハバロフスクを経てモスクワに至る列車がスパッスク=ダリニー駅に停車する。モスクワの終着駅までの距離は9,048km。シベリア横断道路の一部をなす、ウラジオストクからハバロフスクを結ぶM60幹線道路「ウスーリ」も通っている。 人口は2002年国勢調査で51,691人。1989年ソ連国勢調査では60,060人であった。2009年には45,402人と減少傾向にある。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370とスパッスク=ダリニー · 続きを見る »

沿海地方

沿海地方(えんかいちほう、Примо́рский край)は、ロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつで、極東ロシアの東南端に位置する日本海沿岸にある地方(クライ)。極東連邦管区に属する。面積は165,900km²で、人口は約200万人。州都はウラジオストク。元のロシア語からプリモルスキー地方とも呼ばれる。ソ連崩壊後の人口流出は依然として続いており、年率約1%の割合で減少している(1992年230万人→2005年202万人)。 1938年以来、この地域には行政体としてプリモルスキー・クライ(プリモルスキーは「沿海地、海岸地」を意味するプリモーリエ(Приморье)の形容詞形)となっており、クライは普通、「地方」と訳されるロシアの地方行政区分の一種であるため、沿海地方と訳されるようになった。なお、沿海地方を含む極東ロシアの広い地域にはかつてロシア帝国によってプリモルスキー州が置かれており、その訳語であった沿海州が現在も地理的な用語として使われることがある。.

新しい!!: ロシア連邦道路A370と沿海地方 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

M60ウスリー幹線道路M60幹線道路 (ロシア)

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »