ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロシア大公一覧

索引 ロシア大公一覧

アレクサンドル3世は、ロシア大公の称号に関する規定に重要な修正を加えた 以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーキー・クニャージ(ロシア語:Великий князь)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーキー・クニャージは日本語では「大公」に相当する。その他、英語では「Grand Duke」と訳されることが多いものの、「Grand Prince」の方がより正確な訳語といえる。この儀礼称号はロシア皇帝の男系子孫のみに許される称号であり、殿下(His Imperial Highness)の称号と一緒に授けられた。ロシア大公は主権者ではないが、ロシア帝国を統べる一族に属し、帝国の支配者の一員とみなされていた。.

62 関係: 大公ミハイル・ミハイロヴィチミハイル・パヴロヴィチミハイル・ニコラエヴィチミハイル・アレクサンドロヴィチ (1878-1918)バルト語派ユリウス暦リューリク朝リトアニアリトアニア語ルーシロマノフ家ロシア君主一覧ロシア大公女・大公妃一覧ロシア帝国ロシア皇帝ロシア語ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチヴェリーキー・クニャージパーヴェル1世パーヴェル・アレクサンドロヴィチピョートル3世ピョートル・ニコラエヴィチツァーリドミトリー・パヴロヴィチドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)ニコライ1世ニコライ2世ニコライ・ミハイロヴィチニコライ・ニコラエヴィチ (1831-1891)ニコライ・ニコラエヴィチ (1856-1929)ニコライ・アレクサンドロヴィチニコライ・コンスタンチノヴィチアレクセイ・ミハイロヴィチ (ロシア大公)アレクセイ・ニコラエヴィチ (ロシア皇太子)アレクサンドル1世アレクサンドル2世アレクサンドル3世アレクサンドル・ミハイロヴィチ (ロシア大公)アレクサンドル・アレクサンドロヴィチアンドレイ・ウラジーミロヴィチイオアン・コンスタンチノヴィチウラジーミル・アレクサンドロヴィチエリザヴェータ (ロシア皇帝)カール・フリードリヒ (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)キリル・ウラジーミロヴィチキエフ大公国クニャージクセニア・アレクサンドロヴナゲディミナス朝...ゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919)ゲオルギー・アレクサンドロヴィチコンスタンチン・パヴロヴィチコンスタンチン・ニコラエヴィチコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)スラヴ語派セルゲイ・ミハイロヴィチセルゲイ・アレクサンドロヴィチ儀礼称号貴賤結婚殿下 インデックスを展開 (12 もっと) »

大公

大公(たいこう、、)は、称号の一つ。ヨーロッパの称号のうち公と訳されるものよりさらに上の称号を訳すのに使われる。大公と訳される称号には、grand duke などいくつかある(以下、原義を示すのに便宜上原則として英語を用いる)。.

新しい!!: ロシア大公一覧と大公 · 続きを見る »

ミハイル・ミハイロヴィチ

ミハイル・ミハイロヴィチ(, 1861年10月16日 - 1929年4月26日)は、ロシア大公。ニコライ1世の四男ミハイル・ニコラエヴィチ大公の次男、母は大公妃オリガ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ロシア大公一覧とミハイル・ミハイロヴィチ · 続きを見る »

ミハイル・パヴロヴィチ

ミハイル・パヴロヴィチ大公 ミハイル・パヴロヴィチ(Михаил Павлович、1798年2月8日 - 1849年9月9日)は、ロシア大公。ロシア皇帝パーヴェル1世の四男、母は皇后マリア・フョードロヴナ。大公のために建築家カルロ・ロッシの設計で建設されたミハイロフスキー宮殿は、現在ロシア美術館の本館となっている。 1824年2月19日に、母方の従兄であるヴュルテンベルク王子パウルの娘シャルロッテと結婚した。改宗してエレナ・パヴロヴナと名乗った妻との間には5人の子女をもうけた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とミハイル・パヴロヴィチ · 続きを見る »

ミハイル・ニコラエヴィチ

ミハイル大公 ミハイル・ニコラエヴィチ(, 1832年10月13日 - 1909年12月18日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラ・フョードロヴナとの間の四男。カフカース副王(在任1862年 - 1881年)を長く務め、トビリシに住んだ。その後、1881年から1905年まで国家評議会議長の地位にあった。 1857年、バーデン大公レオポルト1世の末娘ツェツィーリエと結婚した。正教に改宗してオリガ・フョードロヴナと名乗った妻との間に7人の子女をもうけた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とミハイル・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

ミハイル・アレクサンドロヴィチ (1878-1918)

ミハイル・アレクサンドロヴィチ(, 1878年12月4日(ユリウス暦11月22日) - 1918年6月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝アレクサンドル3世と皇后マリア・フョードロヴナの第4皇子。一般にはミハイル大公として知られる。.

新しい!!: ロシア大公一覧とミハイル・アレクサンドロヴィチ (1878-1918) · 続きを見る »

バルト語派

バルト語派に位置づけられる言語の分布図。緑色がリトアニア語、黄色がラトビア語、紫色がプロシア語、橙色がクロニア語を表す。この分布図は単純化されたものであり、死語となった言語については詳しく描かれていない。 バルト語派(バルトごは、Baltic Languages)とは、インド・ヨーロッパ語族バルト・スラヴ語派の一派で、バルト海東南岸付近に分布する。リトアニア語とラトビア語がバルト語派に属する。死語となった古代プロイセン語(古代プロシア語)もこれに含まれる。 現在使われているインド・ヨーロッパ語の中で古い特徴を最もよく残していると言われる。 スラヴ語派と最も近い関係にある。両者の間に単純に共通基語があったという説を否定、スラヴ共通基語成立以前にバルト語内部に分化が生じ、スラヴ語と西バルト語が近かったとされる仮説がソヴィエト連邦崩壊前後の1991年ごろリトアニアやラトヴィアで盛んに唱えられたが、その後の研究によってこの説は否定されている。.

新しい!!: ロシア大公一覧とバルト語派 · 続きを見る »

ユリウス暦

ユリウス暦(ユリウスれき、、、)は、共和政ローマの最高神祇官・独裁官・執政官ガイウス・ユリウス・カエサルにより紀元前45年1月1日から実施された、1年を365.25日とする太陽暦である。もともとは共和政ローマおよび帝政ローマの暦であるが、キリスト教の多くの宗派が採用し、西ローマ帝国滅亡後もヨーロッパを中心に広く使用された。 ローマ教皇グレゴリウス13世が1582年、ユリウス暦に換えて、太陽年との誤差を修正したグレゴリオ暦を制定・実施したが、今でもグレゴリオ暦を採用せずユリウス暦を使用している教会・地域が存在する。グレゴリオ暦を導入した地域では、これを新暦(ラテン語: Ornatus)と呼び、対比してユリウス暦を旧暦と呼ぶことがある。 なお、天文学などで日数計算に用いられるユリウス通日があるが、これはユリウス暦とは全く異なるものである。.

新しい!!: ロシア大公一覧とユリウス暦 · 続きを見る »

リューリク朝

リューリク朝(ロシア語:Рюриковичи ウクライナ語:Рюриковичі、ベラルーシ語:Рурыкавічі)は、リューリクを高祖とする公家で、9世紀から16世紀半ばにかけてキエフ大公国、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国、モスクワ大公国などの東欧諸国を統治した君主の公朝である。.

新しい!!: ロシア大公一覧とリューリク朝 · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: ロシア大公一覧とリトアニア · 続きを見る »

リトアニア語

リトアニア語(リトアニア語: lietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語。インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属す。リトアニアの公用語で、話者人口はおよそ302万人。.

新しい!!: ロシア大公一覧とリトアニア語 · 続きを見る »

ルーシ

ルーシとは、以下のようなものに用いられた名称である。.

新しい!!: ロシア大公一覧とルーシ · 続きを見る »

ロマノフ家

マノフ家 (ロマノフけ) は、ロシア帝国を統治していた帝室。紋章は双頭の鷲。.

新しい!!: ロシア大公一覧とロマノフ家 · 続きを見る »

ロシア君主一覧

記載なし。

新しい!!: ロシア大公一覧とロシア君主一覧 · 続きを見る »

ロシア大公女・大公妃一覧

以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーカヤ・クニャージナ(Великая Княжна)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーカヤ・クニャージナは基本的にはロシア皇帝の男系子孫の女子、および男系男子の配偶者に許される儀礼称号であり、妃殿下(Her Imperial Highness)の敬称と一緒に授けられた。1886年にロシア皇帝アレクサンドル3世が行ったロシア帝室の家内法に関する修正により、この称号を許されるのはロシア皇帝の娘と男系の孫娘、およびロシア大公と正式な条件の下で結婚した妻のみに制限された。ヴェリーカヤ・クニャージナは日本語では「大公女」あるいは「大公妃」に相当し、ロシア皇帝の娘ないし孫娘の場合はロシア大公女を、ロシア大公の正式の妻の場合はロシア大公妃を、それぞれ訳語に充てている。その他、英語では「Grand Duchess」と訳される場合が多いが、「Grand Princess」の方がより正確な訳語と言える。.

新しい!!: ロシア大公一覧とロシア大公女・大公妃一覧 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ロシア大公一覧とロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア皇帝

ア皇帝(ロシアこうてい、Императоры России)は、1721年から1917年までのロシア帝国で用いられた君主号である。正式名称は全ロシアのインペラートルないし全ロシアのインペラトリーツァ。 インペラトルの称号は大北方戦争にて勝利したことにより採用され、ヨーロッパにおける皇帝号に適応させる形で出現した。 «всероссийский»(全ルーシの)の接頭辞はウラジーミル・スーズダリ大公国時代のロシアの君主が用いていたвсея Руси»という表現を継続しているという意味合いが含まれていた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とロシア皇帝 · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: ロシア大公一覧とロシア語 · 続きを見る »

ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ

ヴャチェスラフ大公 ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ(Вячеслав Константинович, 1862年7月13日 - 1879年2月27日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。 ヴャチェスラフはコンスタンチン・ニコラエヴィチ大公とその妻アレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃(ザクセン=アルテンブルク公女アレクサンドラ)との間の末息子として、サンクトペテルブルクで生まれた。末っ子として家族から溺愛されていたが、1879年に突然の激しい頭痛に襲われ、わずか1週間で世を去った。死因は脳内の炎症であった。 Category:ロシア大公 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1862年生 Category:1879年没.

新しい!!: ロシア大公一覧とヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ · 続きを見る »

ヴェリーキー・クニャージ

ヴェリーキー・クニャージ(ウクライナ語 / Великий князь、Вялікі князь、Didysis kunigaikštis)とは、中世ルーシの政権の長や、帝政ロシアの皇室に連なる者が冠した称号である。 中世ルーシにおけるヴェリーキー・クニャージの称号は統治者の称号であり、周辺のクニャージに比してより権力を有した統治者の称号だった。しかしタタールのくびき期のルーシのヴェリーキー・クニャージ(ウラジーミル大公等)の中には、ジョチ・ウルスの従属下にある者もあった。日本語文献においては、ヴェリーキー・クニャージは主に「大公」と訳され、ヴェリーキー・クニャージの統治する政権は「大公国」と訳される(キエフ大公国、モスクワ大公国等)。また、18世紀からは、帝政ロシアのツェサレーヴィチ(ロシア皇帝の相続権を持つ者)に対する称号としても用いられた。 (留意事項).

新しい!!: ロシア大公一覧とヴェリーキー・クニャージ · 続きを見る »

パーヴェル1世

パーヴェル1世(()、パーヴェル・ペトロヴィチ・ロマノフ、())、1754年10月1日 - 1801年3月23日)は、ロマノフ朝第9代ロシア皇帝(在位:1796年11月17日 - 1801年3月23日)。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公・オルデンブルク伯としてはパウル()。 母エカチェリーナ2世の崩御を受けてロシア皇帝に即位する。母帝との確執からエカチェリーナの政治を全否定する政治路線を採り、次第に廷臣の離反を生み、ついには1801年3月23日クーデターによって暗殺された。 現在に至るまで暴君、暗君の悪名が絶えない皇帝だが、暗殺により非業の死を遂げた結果、彼の治世や彼個人への悪評はもっぱら彼の反対派により綴られたものであることに注意が必要である。.

新しい!!: ロシア大公一覧とパーヴェル1世 · 続きを見る »

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ(, 1860年10月3日 - 1919年1月30日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝アレクサンドル2世の第6皇子、母は皇后マリア・アレクサンドロヴナ。騎兵大将。軍人としてよりも、穏和で信仰心の深い紳士として知られていた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とパーヴェル・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

ピョートル3世

ピョートル3世(、1728年2月21日 - 1762年7月17日)はロマノフ朝第7代ロシア皇帝(在位:1762年1月5日 - 1762年7月9日)、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位:1739年6月18日 - 1762年7月17日)。ドイツ語名はカール・ペーター・ウルリヒ()。.

新しい!!: ロシア大公一覧とピョートル3世 · 続きを見る »

ピョートル・ニコラエヴィチ

ピョートル・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Пётр Николаевич,1864年1月10日 - 1931年1月17日)は、ロシア帝国の皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。.

新しい!!: ロシア大公一覧とピョートル・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

ツァーリ

ツァーリ(царь)あるいはツァール(ブルガリア語、セルビア語、ウクライナ語:цар)は、ブルガリア・ロシアなどスラヴ語圏で使用された君主の称号。当初は、ギリシャ語の「バシレウス」と同様に東ローマ皇帝や聖書に登場する王を指す語であったが、やがて(大公の称号より上ではあるが皇帝の称号より下である)一部の国の王やハーンを指す語としても用いられるようになった。 ラテン語「カエサル」やギリシア語「カイサル」のスラヴ語形。そもそもは、ローマ皇帝やその継承者である東ローマ皇帝の有する称号として「カエサル」という語が用いられており、その称号を周辺の国家が用いたもの。その際に発音が変化して「ツァーリ」や「ツァール」となった。モスクワ大公らが用いたこの称号を西欧語において「王」と訳すか「皇帝」と訳すかについては中世ヨーロッパにおいても外交上の問題として議論があった。漢語においても「王」とも「皇帝」とも訳す。 民話においては、「善き王」を意味する。.

新しい!!: ロシア大公一覧とツァーリ · 続きを見る »

ドミトリー・パヴロヴィチ

ドミトリー・パヴロヴィチ(ドミートリイ・パーヴロヴィチ;ロシア語:Дмитрий Павлович Романов ドミートリイ・パーヴラヴィチュ・ラマーナフ;ラテン文字転写の例:Dmitri Pavlovich Romanov、1891年9月18日 - 1941年3月5日)は、ロシア大公。最後のロシア皇帝ニコライ2世の従弟にあたる。グリゴリー・ラスプーチン暗殺の実行者として知られる。.

新しい!!: ロシア大公一覧とドミトリー・パヴロヴィチ · 続きを見る »

ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)

ドミトリー・コンスタンチノヴィチ(Дмитрий Константинович, 1860年6月13日 - 1919年1月28日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫で、ロシア大公の称号を有した。コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公とその妻アレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃(ザクセン=アルテンブルク公女アレクサンドラ)の間の第5子、三男。長くロシア帝国軍で軍務についた。ドミトリーはロシアの国政に関わったことはなかったが、皇帝ニコライ2世の系累であるため、ロシア革命後の1919年、ボリシェヴィキ政府の命令でペトロパヴロフスク要塞の城壁で銃殺された。従兄弟のニコライ・ミハイロヴィチ大公、ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、パーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公も、この時ドミトリーと共に処刑された。 Category:ロシア帝国の軍人 Category:ロシア大公 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:聖ウラジーミル勲章受章者 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:ソビエトにおける赤色テロの犠牲者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1860年生 Category:1919年没.

新しい!!: ロシア大公一覧とドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公) · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ2世

ニコライ2世(、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。 皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。 日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ2世 · 続きを見る »

ニコライ・ミハイロヴィチ

ニコライ・ミハイロヴィチ(Никола́й Миха́йлович, 1859年4月26日 - 1919年1月28日)は、ロシア帝国の皇族、ロシア大公。ニコライ1世の孫息子の一人で、アレクサンドル3世の従弟。 著名な歴史学者であり、特にアレクサンドル1世統治期のロシア史の研究に多大な貢献をした。ニコライの歴史研究は、ロシア語とフランス語で発表されていた。アカデミー・フランセーズの会員であり、ベルリン大学から歴史学と哲学の名誉博士号を、モスクワ大学から歴史学の名誉博士号をそれぞれ授与されていたほか、さらにロシア帝国歴史学協会、ロシア帝国果樹栽培学協会、ロシア地理学協会の会長を務めていた。政治的には自由主義者だったが、後に彼自身のいう「権威主義的共和主義」志向へと変わっていった。ロシアの既存の体制内での改革運動を続けていたため、皇族からは変人扱いされていた。また改革派ゆえに、ニコライの業績に対する評価は、国内よりも国外での方が高かった。 自由主義者であったニコライはニコライ2世の皇后アレクサンドラ・フョードロヴナに嫌われ、そのためニコライ2世の治世晩期には皇帝の信任を失った。ロシアの政情が悪化していく中で、ニコライは皇帝に改革を要求し続け、宮廷革命の議論に参加することまでした。帝政が崩壊すると、ニコライはヴォログダに幽閉された。その後ボリシェヴィキ政府に拘束されてペトログラードに送られ、ペトロパヴロフスク要塞の外で、弟のゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、従弟のドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公およびパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公とともに銃殺された。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ・ミハイロヴィチ · 続きを見る »

ニコライ・ニコラエヴィチ (1831-1891)

ニコライ・ニコラエヴィチ(Великий князь Николай Николаевич, 1831年7月27日 - 1891年4月13日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。皇帝ニコライ1世とその妻アレクサンドラ・フョードロヴナ皇后との間に生まれた第6子、三男。名前および父称が同じ長男ニコライと区別するため、「年長」を意味するスタルシー(Старший)を付けて呼ぶことがある。軍人として育てられ、1877年に起きた露土戦争では元帥としてドナウ川方面のロシア軍を指揮した。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ・ニコラエヴィチ (1831-1891) · 続きを見る »

ニコライ・ニコラエヴィチ (1856-1929)

ニコライ・ニコラエヴィチ大公 ニコライ・ニコラエヴィチ(Никола́й Никола́евич, 1856年11月6日 - 1929年1月5日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。皇帝ニコライ1世の孫。第1次世界大戦開戦時にロシア帝国軍最高司令官を務めてドイツおよびオーストリア=ハンガリーとの戦いを指揮したが、1915年に解任され、その後はカフカース方面軍の司令官を務めた。騎兵大将。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ・ニコラエヴィチ (1856-1929) · 続きを見る »

ニコライ・アレクサンドロヴィチ

ニコライ・アレクサンドロヴィチ(, 1843年9月20日[ユリウス暦9月8日] - 1865年4月24日[ユリウス暦4月12日])はロシア大公、ツェサレーヴィチ(皇太子、称号保持1855年 - 1865年)。家族からは「ニクサ」()の愛称で呼ばれていた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

ニコライ・コンスタンチノヴィチ

ニコライ・コンスタンチノヴィチ大公 ニコライ・コンスタンチノヴィチ(Николай Константинович, 1850年2月14日 - 1918年1月26日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。.

新しい!!: ロシア大公一覧とニコライ・コンスタンチノヴィチ · 続きを見る »

アレクセイ・ミハイロヴィチ (ロシア大公)

アレクセイ・ミハイロヴィチ大公 アレクセイ・ミハイロヴィチ(Алексей Михайлович, 1875年12月28日 - 1895年3月2日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。 アレクセイは1875年、ミハイル・ニコラエヴィチ大公とその妻オリガ・フョードロヴナ大公妃(バーデン公女ツェツィーリエ)のあいだの末息子として、ティフリス(現在のトビリシ)で生まれた。アレクセイはカフカース副王を務める父の任地グルジア地方で幼年期を過ごし、1881年に家族とともに首都サンクトペテルブルクに引っ越した。アレクセイは他の皇族男子と同様に軍人の道を歩むことが決まっており、両親からスパルタ式教育を受けた。アレクセイは海軍士官学校での訓練中、肺結核に罹ったが、アレクセイの父ミハイル大公は息子を療養させるのを拒んで訓練を修了させるのを優先した。アレクセイはいよいよ症状が重くなるとイタリアのサンレモに転地療養に送られたが、この地で1895年に死去した。 Category:ロシア大公 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:聖アレクサンドル・ネフスキー勲章受章者 Category:聖アンナ勲章受章者 Category:聖スタニスラフ勲章受章者 Category:白鷲勲章受章者 (ロシア帝国) Category:チフリス県出身の人物 Category:トビリシ出身の人物 Category:1875年生 Category:1895年没.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクセイ・ミハイロヴィチ (ロシア大公) · 続きを見る »

アレクセイ・ニコラエヴィチ (ロシア皇太子)

アレクセイ・ニコラエヴィチ・ロマノフ(, 1904年8月12日(ロシア暦7月30日) - 1918年7月17日)は、ロシア帝国皇帝ニコライ2世の第1皇子、ロシア帝国最後の皇太子。1917年の二月革命で成立した臨時政府によって家族と共に監禁された。十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキの命を受けたチェーカー(秘密警察)によって翌1918年7月17日に超法規的殺害(裁判手続きを踏まない殺人)が実行され、エカテリンブルクのイパチェフ館において家族・従者と共にわずか13歳の若さで銃殺された。正教会で聖人(新致命者)。.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクセイ・ニコラエヴィチ (ロシア皇太子) · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクサンドル1世 · 続きを見る »

アレクサンドル2世

アレクサンドル2世(、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクサンドル2世 · 続きを見る »

アレクサンドル3世

アレクサンドル3世(、アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1845年3月10日 - 1894年11月1日)は、ロマノフ朝第13代ロシア皇帝(在位:1881年3月14日 - 1894年11月1日)。アレクサンドル2世と皇后マリア・アレクサンドロヴナの第2皇子。兄ニコライが22歳で早世したため、皇太子となった。妻は兄の婚約者であったデンマーク王クリスチャン9世の第2王女マリー・ソフィー・フレデリケ・ダウマー(ロシア名マリア・フョードロヴナ)で、ニコライ2世をはじめ4男2女に恵まれた。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行していた25ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクサンドル3世 · 続きを見る »

アレクサンドル・ミハイロヴィチ (ロシア大公)

アレクサンドル・ミハイロヴィチ(Александр Михайлович、1866年4月13日 - 1933年2月26日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の末子ミハイル・ニコラエヴィチ大公の四男、母はバーデン大公レオポルト1世の娘オリガ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクサンドル・ミハイロヴィチ (ロシア大公) · 続きを見る »

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ(Александр Александрович, 1869年6月7日 - 1870年5月2日)は、ロシア皇帝アレクサンドル3世とその妻マリヤ・フョードロヴナ皇后の間の第2子、次男。ロシア大公の称号を有した。出生時、父アレクサンドル3世は祖父アレクサンドル2世のツェサレーヴィチであった。アレクサンドル・アレクサンドロヴィチは、出生時から兄ニコライに次いで帝位継承順位第3位であった。 1870年、1歳の誕生日を迎える前に髄膜炎が原因で亡くなった。 Category:ロシア大公 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1869年生 Category:1870年没.

新しい!!: ロシア大公一覧とアレクサンドル・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

アンドレイ・ウラジーミロヴィチ

アンドレイ・ウラジーミロヴィチ大公 アンドレイ・ウラジーミロヴィチ(アンドレーイ・ヴラジーミロヴィチ、ロシア語:Андре́й Влади́мирович, 1879年5月14日 - 1956年10月30日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。皇帝アレクサンドル2世の三男ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ大公とその妻マリヤ・パヴロヴナ妃の間に生まれた第4子、四男。1917年のロシア革命が起きると国外に脱出し、長く愛人関係にあったマチルダ・クシェシンスカヤと結婚した。 アンドレイは二人の兄、キリル大公とボリス大公からバレエ界のトップダンサー、マチルダ・クシェシンスカヤを紹介された。マチルダは以前、アンドレイの従兄である皇帝ニコライ2世の愛人だった過去を持つ女性で、そして当時は父の従弟であるセルゲイ・ミハイロヴィチ大公の愛人として囲われていた。アンドレイは1902年にマチルダが出産した息子を自分の子供として認知し、この子供は皇族の血を引くとしてウラジーミル・ロマノフスキー=クラシンスキー公爵(1902年 - 1974年)の名を与えられた。 アンドレイと家族(母、兄とその妻子、マチルダと息子ウラジーミル)はロシア革命に際して亡命に成功し、アンドレイはマチルダとともにパリに身を落ちつけた。アンドレイは皇帝ニコライ2世の末娘アナスタシヤ・ニコラエヴナを自称するアンナ・アンダーソンの主張を信じた数少ないロシア皇族の一人であった。アンドレイはアンダーソンに初めて会ったときから彼女をアナスタシヤだと確信しきってしまい、アンダーソンの帝位請求を支持したうえに、彼女の生活を援助しさえした。 アンドレイの一人息子で亡命ロシア人組織「ムラドロッシ」の一員になっていたウラジーミルは、第2次大戦中に親ソヴィエト的言動を繰り返した罪でナチス・ドイツによって119日のあいだ強制収容所に入れられたことがあった。アンドレイはドイツ人の警察組織のトップに何度も会いに行き、亡命ロシア人たちにも手助けを頼んだが、どちらの側もアンドレイを相手にしようとしなかった。アンドレイとマチルダはパリに住み、仲良く楽しく暮らした。「亡命皇帝」になった兄のキリルと違い、アンドレイは政治に興味を持つことはなかった。大公は1956年に77歳で世を去った。.

新しい!!: ロシア大公一覧とアンドレイ・ウラジーミロヴィチ · 続きを見る »

イオアン・コンスタンチノヴィチ

イオアン公夫妻 イオアン・コンスタンチノヴィチ(Иоанн Константинович、1886年7月5日 - 1918年7月18日)は、ロシアの皇族、ロシア公。ロシア大公コンスタンチン・コンスタンチノヴィチと、その妻エリザヴェータ・マヴリキエヴナ妃との間の長男。ニコライ1世の曾孫。イオアンは同時代人たちから温和で信心深い人物として記憶されており、一族からは「イオアンチク」という愛称で呼ばれていた。 イオアン・コンスタンチノヴィチは誕生時、ロシア大公の称号と「His Imperial Highness」の敬称を有していた。しかし生後9日目に家長であるロシア皇帝アレクサンドル3世が出した布告により、イオアンは大公の地位を喪失した。布告はロシア帝室の家内法に修正を行うもので、大公の称号を皇帝の息子および男系孫以外の男系子孫には許さないとするものだった。この結果、イオアンの身分は大公から皇族の公(公爵)に引き下げられ、敬称もランクの低い「His Highness」に変えられた。 イオアンはいったんは正教会の修道士になろうと考えたものの、セルビア王ペータル1世の娘イェレナと恋仲になった。イェレナは美しく強固な意志を持った女性であった。二人は1911年9月2日に結婚し、イェレナはロシア式にエレナ・ペトロヴナと名を変えた。夫妻はフセヴォロド(1914年 - 1973年)、エカチェリーナ(1915年 - 2007年)の2人の子供を授かった。エカチェリーナは争う余地なくロシア帝室の成員といえる人物の中では、最後まで生きていた。 イオアンは第一次世界大戦がはじまると従軍し、戦争の英雄として勲章を受けてもいるが、1917年に前線にいたときにロシア革命が起きた。1918年4月、イオアンはボリシェヴィキによってウラル山脈に連行され、その年の7月にアラパエフスク近郊の坑道で残酷な方法で殺された。弟のコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ、イーゴリ・コンスタンチノヴィチ、又従弟のウラジーミル・パーレイ公爵、その他の親類や友人も一緒に殺されている。 イオアンの遺体は後にロシア正教会の宣教団体が管理する北京の共同墓地に埋葬されたが、その墓地はさらにその後、公園を造るために破壊された。イオアンの妹ヴェラ・コンスタンチノヴナ、母エリザヴェータ・マヴリキエヴナ、妻エレナ・ペトロヴナと子供たちはノルウェー王ホーコン7世の助けを借りてロシアを脱出し、難を逃れた。イオアンの娘エカチェリーナはメディチ家の末裔であるイタリア人貴族ファラーチェ・ディ・ヴィラフォレスタ侯爵ルッジェーロと結婚した。 Category:ロシア公 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:ソビエトにおける赤色テロの犠牲者 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1886年生 Category:1918年没.

新しい!!: ロシア大公一覧とイオアン・コンスタンチノヴィチ · 続きを見る »

ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ

ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ(ロシア語表記:Владимир Александрович, 1847年4月22日 - 1909年2月17日) は、ロシア大公。ロシア皇帝アレクサンドル2世の三男で、アレクサンドル3世の弟である。母は皇后マリア・アレクサンドロヴナ。.

新しい!!: ロシア大公一覧とウラジーミル・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

エリザヴェータ (ロシア皇帝)

リザヴェータ・ペトロヴナ(Елизавета Петровна, 1709年12月18日 - 1762年1月5日、在位:1741年 - 1762年)は、ロマノフ朝第6代ロシア皇帝。ピョートル1世の娘、母はエカチェリーナ1世。.

新しい!!: ロシア大公一覧とエリザヴェータ (ロシア皇帝) · 続きを見る »

カール・フリードリヒ (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)

幼少期のカール・フリードリヒ カール・フレデリクまたはカール・フリードリヒ(デンマーク語:Karl Frederik;ドイツ語:Karl Friedrich, 1700年4月30日、ストックホルム - 1739年6月18日、ロールフスハーゲン、ドイツ)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位:1702年 - 1739年)。フレデリク4世(フリードリヒ4世)と、その妻でスウェーデン王カール11世の娘であるヘドヴィグ・ソフィアの一人息子。デンマーク・ノルウェー王フレデリク1世の三男アドルフに始まるホルシュタイン=ゴットルプ家の当主で、ロシア皇帝ピョートル3世の父。スウェーデン王アドルフ・フレドリクは従弟に当たる。.

新しい!!: ロシア大公一覧とカール・フリードリヒ (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公) · 続きを見る »

キリル・ウラジーミロヴィチ

リル・ウラジーミロヴィチ(キリール・ヴラジーミロヴィチ、、1876年10月12日(ユリウス暦9月30日) - 1938年10月12日)は、ロシア帝国の皇族、ロシア大公。ロシア革命が勃発し、それに引き続いて従兄の皇帝ニコライ2世とその弟ミハイル大公が処刑されると、ロシア帝室家長および名目上のロシア皇帝を称した。海軍少将。.

新しい!!: ロシア大公一覧とキリル・ウラジーミロヴィチ · 続きを見る »

キエフ大公国

フ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。.

新しい!!: ロシア大公一覧とキエフ大公国 · 続きを見る »

クニャージ

ニャージ(各国語表記については#語源と派生語参照)とは、9-16世紀の君主制国家・19世紀-20世紀の国家(共にスラヴ人国家が多数であるが、非スラヴ人国家も含む)の君主が冠した称号である。また、高位の貴族に与えられる最高位の称号であった時期もある。西欧・南欧のプリンス系称号(例・英語:prince)、デューク系称号(例・英語:duke)、中欧(旧神聖ローマ帝国領)のフュルスト系称号(例・ドイツ語:Fürst)、北欧のコヌング系称号(例・古ノルド語:konungr)と同等視されている。日本語では「公」と訳される。 (留意事項):本頁の「クニャージ」はкнязь からの転写であり、他の言語に拠れば別の表記となるが、便宜上「クニャージ」で統一している。.

新しい!!: ロシア大公一覧とクニャージ · 続きを見る »

クセニア・アレクサンドロヴナ

ニア・アレクサンドロヴナ(クセーニヤ・アレクサーンドロヴナ;ロシア語:Ксения Александровна クスィェーニヤ・アリクサーンドラヴナ、1875年4月6日 – 1960年4月20日)はロシア皇帝アレクサンドル3世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇女。ロシア大公女。兄にロシア皇帝ニコライ2世とゲオルギー大公、弟にミハイル大公、妹にオリガ大公女がいる。 1894年に、ニコライ1世の末子ミハイル・ニコラエヴィチの子で、父の従弟に当たるアレクサンドル・ミハイロヴィチ大公と結婚した。1917年にロシア革命が勃発するとクセニア一家はクリミアに母マリア皇太后や妹オリガ一家と共に幽閉されたが、母方の伯母であるイギリス国王ジョージ5世の母アレクサンドラが救出に奔走し、ジョージ5世が差し向けた戦艦マールバラによって救出され、イギリスに亡命した。.

新しい!!: ロシア大公一覧とクセニア・アレクサンドロヴナ · 続きを見る »

ゲディミナス朝

ディミナス朝の紋章 ゲディミナス朝(リトアニア語:Gediminaičių dinastijaゲディミナイチュー・ディナスティヤ)はリトアニア大公国を支配した王朝の名前。中興の祖・ゲディミナスの名に由来する。.

新しい!!: ロシア大公一覧とゲディミナス朝 · 続きを見る »

ゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919)

ルギー・ミハイロヴィチ(Георгий Михайлович, 1863年8月23日 - 1919年1月28日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫の一人で、ロシア大公の称号を有した。ミハイル・ニコラエヴィチ大公とその妻オリガ・フョードロヴナ妃のあいだに生まれた第四子、三男。第1次世界大戦中はロシア軍に司令官の一人として従軍した。ゲオルギー大公は1919年1月28日、兄ニコライ・ミハイロヴィチ大公、従兄のパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公およびドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公と一緒に、ペトログラードで銃殺刑に処された。 ゲオルギーは1900年、ギリシア王ゲオルギオス1世の娘マリア(マリヤ・ゲオルギエヴナ)と結婚した。夫妻は二人の娘をもうけた。ゲオルギーの妻と娘たちは第1次世界大戦中はイギリスに滞在していたため、革命の難に遭遇することはなかった。.

新しい!!: ロシア大公一覧とゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919) · 続きを見る »

ゲオルギー・アレクサンドロヴィチ

ルギー・アレクサンドロヴィチ(, 1871年5月9日 - 1899年7月10日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ツェサレーヴィチ(1894年 - 1899年)。アレクサンドル3世の三男。.

新しい!!: ロシア大公一覧とゲオルギー・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

コンスタンチン・パヴロヴィチ

ンスタンチン・パヴロヴィチ(, 1779年4月27日 - 1831年6月27日)は、ロシアの皇族。ロシア大公、ツェサレーヴィチ(1799年 - 1831年)。パーヴェル1世の次男。1825年に帝位継承権を放棄し、これが契機となってデカブリストの蜂起が起きたことは非常に有名である。皇帝に即位することはなかったが、コンスタンチン1世と呼ばれることもある。.

新しい!!: ロシア大公一覧とコンスタンチン・パヴロヴィチ · 続きを見る »

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ロシア大公一覧とコンスタンチン・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)

ンスタンチン・コンスタンチノヴィチ大公 コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ(, 1858年8月22日 - 1915年6月15日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。詩人、劇作家でもあり、姓名「Константин Романов(Konstantin Romanov)」の頭文字から採ったペンネーム「К.(KR)」の呼び名でよく知られた。1889年から亡くなるまでロシア科学アカデミー総裁を務めた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公) · 続きを見る »

スラヴ語派

ラヴ語派(スラヴごは)とは、インド・ヨーロッパ語族バルト・スラヴ語派の一派で、スラヴ系諸民族が話す言語の総称。かつては同民族の祖先スラヴ人に話される「スラヴ祖語」が存在したと想定されるが、スラヴ人の民族大移動の頃(5 - 6世紀)から分化が進み、次第に各語群が独自の特徴を明確にし始め、12世紀には単一言語としての統一は完全に失われた。.

新しい!!: ロシア大公一覧とスラヴ語派 · 続きを見る »

セルゲイ・ミハイロヴィチ

ルゲイ・ミハイロヴィチ大公 セルゲイ・ミハイロヴィチ(Сергей Михайлович, 1869年10月7日 - 1918年7月18日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。長く軍務につき、第1次世界大戦では砲兵総監を務めた。砲兵大将。セルゲイは1918年7月18日、他のロシア皇族たちと一緒にアラパエフスクで処刑された。.

新しい!!: ロシア大公一覧とセルゲイ・ミハイロヴィチ · 続きを見る »

セルゲイ・アレクサンドロヴィチ

ルゲイ・アレクサンドロヴィチ(, 1857年5月11日 - 1905年2月17日)はロシア大公。ドミトリー大公の伯父で育ての親でもある。.

新しい!!: ロシア大公一覧とセルゲイ・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

儀礼称号

儀礼称号(ぎれいしょうごう、courtesy title)とは、儀礼的に名乗る称号。栄誉称号のひとつ。主にヨーロッパの王族、貴族において爵位、称号を有する当主以外の家族が、儀礼的にそれに準じる称号を名乗る事を言う。また、公的な貴族制度がなくなった国においては貴族の称号は全て儀礼的称号といえる。日本において戦後に旧華族がこのような儀礼称号を名乗る例は見られない。.

新しい!!: ロシア大公一覧と儀礼称号 · 続きを見る »

公(こう)とは、古代の中国語では個々に細かく分かれた「私」を包括した全体を意味する語である。また、一部に偏らないという意味を含む。このことから「公平」という熟語を生ずる。 この項目では中国に限らず、「公」に相当する日本やヨーロッパにおける称号、爵位、尊称などについても述べる。.

新しい!!: ロシア大公一覧と公 · 続きを見る »

貴賤結婚

貴賤結婚(きせんけっこん、morganatic marriage)は、配偶者同士の間で、所属する社会的・経済的階層ないし法的身分という観点から見た場合、大きく上下の隔たりが存在する婚姻の形態。卑賤結婚、左手結婚の呼称も散見する。特に彼らが属する社会において、一般に対等だと認められないため、夫婦の両方又は一方ないし夫婦の間に出生する子供には法的・社会的ペナルティが科せられる。 貴賤結婚が大きな問題となるのは、君主国において王位継承権者の配偶者の身分を厳しく制限する法律が存在する場合である。特に、キリスト教文明圏であるヨーロッパの君主国での結婚形態は一夫一婦制であるため、君主やその親族の身分の釣り合いのとれた対等結婚が重視されていた。しかし19・20世紀になると、ヨーロッパでは王族や貴族階級の間に恋愛結婚の概念が浸透するようになり、君主や王族が身分の低い相手を配偶者に選ぶ例が続出した。20世紀後半までに、君主国の多くで身分制度が弛緩するとともに、王族の配偶者の身分上の資格が問題になることは少なくなった。.

新しい!!: ロシア大公一覧と貴賤結婚 · 続きを見る »

殿下

殿下(でんか・てんが、英:Highness)は、皇族・王族等の敬称。「殿舎の階下」の意味で、中国を起源とし、同一国内の称号としては皇帝・天皇等に対する陛下より下位に、高官に対する閣下より上位に位置付けられる。漢字文化圏で皇帝に臣従する(冊封下にある)国の国王や皇族・王族に対して用いられ、日本では摂関にも用いた。また、Imperial Highness, Royal Highness等、漢字文化圏以外の国の君主や王族などに対する敬称の訳語としても用いられ、この場合には必ずしも陛下や閣下等と上下関係にはない。.

新しい!!: ロシア大公一覧と殿下 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ロシア大公

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »