ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロイヤル・パビリオン

索引 ロイヤル・パビリオン

中央のクーポラは、当時としては最新の素材であった約60トンの鋳鉄による骨組構造をもつ 宴会室。壁に中国服の人物画が描かれ、天井からは蓮花型のシャンデリア、室内のあちこちに龍があしらわれている ロイヤル・パビリオン(Royal Pavilion)は、ジョージ4世が摂政皇太子時代に、イギリス・イングランド地方のブライトンに海辺の別荘として建てさせた王室の離宮。インド・イスラム風の外観に、中国風の内装が施された現存の建物は、19世紀初頭にジョン・ナッシュによって改装されたもの。 以前の離宮。ヘンリー・ホランド設計。1788年ごろ.

25 関係: 大磯町岩倉使節団中国御用邸バロックヘンリー・ホランド (建築家)ブライトンピクチャレスクインドイングランドイギリスイスラム教クレムリンシノワズリジョン・ナッシュ (建築家)ジョージ4世 (イギリス王)皇室鋳鉄海水浴摂政時代1750年1783年1787年1815年19世紀

大磯町

大磯町(おおいそまち)は、神奈川県の南部に位置する町。神奈川県庁の定める区分では湘南地域に属する。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと大磯町 · 続きを見る »

岩倉使節団

左から木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通 岩倉使節団(いわくらしせつだん)とは、明治維新期の明治4年11月12日(1871年12月23日)から明治6年(1873年9月13日)まで、日本からアメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国に派遣された大使節団である。岩倉具視を正使とし、政府首脳陣や留学生を含む総勢107名で構成された。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと岩倉使節団 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと中国 · 続きを見る »

御用邸

御用邸(ごようてい)とは、天皇や皇族の別荘である。年に数回、静養を兼ねて避暑や避寒で訪れる。宮内庁の定義では、一定規模の建造物と敷地を有するものを離宮とし、小規模のものを御用邸と称している。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと御用邸 · 続きを見る »

バロック

ピーテル・パウル・ルーベンス『東方三博士の礼拝』(1642):なにもない空間の周りを螺旋状に人物たちが取り囲むダイナミックな構図。鮮やかな襞、一条の光の矢に照らされた動きの気配、卓越した腕前を思うまま発揮して描かれている。 バロック(barocco, baroque baroque, Barock)とは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時として仰々しいまでの豊饒さや壮大さなどによって特徴づけられる。18世紀後半には新古典主義(文学、音楽は古典主義)へと移行した。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとバロック · 続きを見る »

ヘンリー・ホランド (建築家)

ヘンリー・ホランド (Henry Holland, 1745年7月20日 - 1806年6月17日) はイングランドの建築家。ケイパビリティ・ブラウンのもとで建築家としての訓練をつみ後にその娘と結婚した。サー・ジョン・ソーンは弟子の一人である。ロンドンの地区セント・ジェームズにおけるブルックス・クラブ (1776年-78年) の設計を手始めとしてシアター・ロイヤル・ドルリー・レーンやロイヤル・オペラ・ハウスの設計も担当した。 1777年にはハンズ・タウンの開発計画に参加し、89エーカー (360,000 m2) の荒野と湿地にナイツブリッジとチェルシー、スローン・ストリート、スローン・スクエア、ハンズ・プレイスなどを建設した。1802年にはピカデリーのヨーク・ハウスをオールバニーアパートメントへと改装した。 ホランドの最も著明な業績は、当時の摂政皇太子で後のジョージ4世の為に建造したサセックス州ブリントンのマリン・パビリオン (1786年–87年)とロンドンのカールトン・ハウス (1783年)の改修である。これらは新古典主義建築の代表作であり同時代の建築家ロバート・アダムと対象をなしている。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとヘンリー・ホランド (建築家) · 続きを見る »

ブライトン

ブライトンの街並 ブライトン(Brighton)は、イギリスのイングランド南東部に位置する都市。行政上はイースト・サセックス州ブライトン・アンド・ホヴに所属する。 知名度・規模ともにイギリス有数の海浜リゾートである。観光都市であることから、ホテルやレストラン、エンターテインメント施設が多数あり、これらの施設を活かしたビジネスカンファレンスなども頻繁に開催されている。このほかの側面として、大学や語学学校をはじめとする教育施設が多い。このため学生が多く、パブやナイトクラブが多数あり、パーティ・タウンとしても有名である。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとブライトン · 続きを見る »

ピクチャレスク

ピクチャレスク(Picturesque)は、の『主としてピクチャレスク美に関してワイ川および南ウェールズの幾つかの地形その他の1770年夏になされた観察』によって、1782年に初めてイギリスに文化的な議論として導入された審美上の理念である。この書は「ピクチャレスク美の規則に従ってある地方の表情」を吟味する、余暇旅行者を教化した実用本だった。ゴシックやケルト主義といった審美的文化的陣営とともに、ピクチャレスクは、18世紀に新たに出現しつつあったロマン主義的感性の一部をなしていた。 ギルピンの書名が示唆するように、ピクチャレスクは、他の二つの審美理念との関係において説明を要するものである。その二つとは「美」と「崇高」である。既に18世紀も残り3分の1となる頃には、審美に関する啓蒙合理主義の理念は、美と崇高の経験を非・合理的(本能的)なものとして見ることで、疑問視されつつあった。審美経験は単純な合理判断ではなく - 人は魅力的な曲線形態を見て、それを美しいと判断するわけではない - むしろそれは人の基本本能の問題であり、自然とやってくるものなのである。 1757年の『美と崇高の理念の起源に関する哲学的考察』においてエドマンド・バークは、柔らかで穏やかな曲線は男性の性的欲望に訴え、一方で崇高な恐怖はわれわれの自己防御の欲望に訴えると考えられる、と述べた 。美と崇高という、合理的に理念化された状態のあいだの存在の可能性を示しつつ、なおかつこの美と崇高という対立理念の調停者として、ピクチャレスクは登場した。トーマス・グレイが1765年にスコットランド・ハイランド地方について書いたように、「この山々は恍惚とさせる…それ以外の何ものでもない…かくなる恐怖にかくなる美がいかに結合するかを、神は知りたまう」。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとピクチャレスク · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとインド · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとイングランド · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとイギリス · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとイスラム教 · 続きを見る »

クレムリン

レムリン(露:Кремль、Kreml')は、ロシア連邦の首都、モスクワ市の中心を流れるモスクワ川沿いにある旧ロシア帝国の宮殿。「Kremlin」は、英語やフランス語などでの表記。ソビエト連邦時代にはソ連共産党の中枢が置かれたことから、ソ連共産党の別名としても用いられた。現在もロシア連邦の大統領府や大統領官邸が置かれているため、ロシア政府の代名詞として用いられる。正面には赤の広場がある。 ロシア語では「クレムリ」となり、「城塞」を意味する。中世ロシアにおいて、多くの都市は中心部にクレムリンを備えていた。モスクワの他、ノヴゴロド、ニジニ・ノヴゴロド、カザン、アストラハンにあるものが有名である。しかしながら、日本語内において単に「クレムリン」と言った場合は、モスクワにある宮殿を指すことが多い。モスクワのクレムリンはそれらのなかでも最も有名かつ壮大なものである。城壁の総延長2.25km。20の城門を備え、内部には様々な時代の様式による宮殿や大聖堂(寺院)が林立している。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとクレムリン · 続きを見る »

シノワズリ

ポツダムにある中国風の建造物(Chinese House) シノワズリ(chinoiserie)は、ヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式で、中国をイメージし、非対称の縮尺や、漆など独特の素材や装飾を用いた様式が特徴である。ヨーロッパでシノワズリが流行を始めたのは、17世紀半ばから後半頃と伝えられる。18世紀の中ごろにロココ趣味と融合し、人気が最高潮となった。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとシノワズリ · 続きを見る »

ジョン・ナッシュ (建築家)

ョン・ナッシュ ジョン・ナッシュ(John Nash, 1752年1月18日 - 1835年5月13日)は19世紀初頭に活躍したイギリスの建築家。都市計画家。ロンドンでは当時唯一人の宮廷都市計画家・サーベイヤーでもあり、同時代のピクチャレスク運動においても活躍した。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとジョン・ナッシュ (建築家) · 続きを見る »

ジョージ4世 (イギリス王)

ョージ4世(George IV、1762年8月12日 – 1830年6月26日)は、イギリス、ハノーヴァー朝の国王(在位:1820年1月29日 - 1830年6月26日)。ハノーファー王国の国王ゲオルク4世(Georg IV.)でもあった。父はジョージ3世、母はその妃シャーロット。妃はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントの次女キャロライン(ドイツ名カロリーネ)。1811年から即位するまで、父の精神疾患により摂政王太子として統治した。 ジョージ4世は贅沢な生活を送り、摂政時代の流行に貢献した。彼は新しい形のレジャー、スタイル、趣味のパトロンになり、ジョン・ナッシュを支援してバッキンガム宮殿の改修とブライトンにあるロイヤル・パビリオンの建築、を支援してウィンザー城を再建した。 彼は魅力と教養により「イングランド一のジェントルマン」と呼ばれたが、父ジョージ3世と妻キャロラインとの関係の悪さ、および放蕩な生活により、人々は不満を持ち、王家の名声が落ちた。彼はキャロラインを戴冠式から締め出し、彼女と離婚するために不人気なを政府に提出させたほどであった(ただし、この法案は成立しなかった)。 ジョージ4世の摂政時期と治世の大半を通し、リヴァプール伯爵が首相として政府を運営、ジョージ4世の助力はほとんど借りなかった。閣僚たちはジョージ4世の行動をわがままで信頼できず、無責任であると考えた。またいつでも寵臣の影響下にあった。イギリスの納税者たちはイギリス人がナポレオン戦争を戦っていたにもかかわらず、ジョージ4世が浪費を続けていたことに怒っていた。彼は危機の時代にもリーダーシップを発揮せず、人民の模範にもならなかった。イギリスの最終的な勝利、平和条約の交渉、その後の社会と経済の問題への対処は全てリヴァプール伯の政府が行ったことだった。リヴァプール伯が引退すると、ジョージ4世は反対を続けていたにもかかわらずカトリック解放を受け入れざるを得なかった。彼の唯一の嫡出子シャーロット王女は1817年に先立って死去、そのためジョージ4世の後を継いだのは弟ウィリアムだった。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンとジョージ4世 (イギリス王) · 続きを見る »

皇室

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと皇室 · 続きを見る »

鋳鉄

鋳鉄(ちゅうてつ、cast iron)とは、.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと鋳鉄 · 続きを見る »

海水浴

海水浴(かいすいよく)は、水泳や日光浴、ビーチバレーなど海辺の遊びを行うレジャーの1つである。主に夏の時期に海岸へ赴いて水着を着用する。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと海水浴 · 続きを見る »

摂政時代

摂政時代(せっしょうじだい、、Regency periodまたは単にRegency)は、イギリスにおいてジョージ3世が統治不能に陥り、息子の王太子ジョージが摂政王太子として統治した時期を指す。ジョージ3世が1820年に死去すると、摂政王太子はジョージ4世として即位した。「摂政時代」は正式な摂政時期である1811年から1820年までのほか、より広くジョージ3世の治世の後半である1795年からウィリアム4世が死去する1837年を指すこともある。その場合にはジョージ4世とウィリアム4世の治世も摂政時代に含まれる。摂政時代にはイギリスの、、、政治、文化で特徴的なトレンドが見られた。摂政時代は1837年にウィリアム4世が死去、ヴィクトリア女王が即位したことで終結した。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと摂政時代 · 続きを見る »

1750年

記載なし。

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと1750年 · 続きを見る »

1783年

記載なし。

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと1783年 · 続きを見る »

1787年

記載なし。

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと1787年 · 続きを見る »

1815年

記載なし。

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと1815年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ロイヤル・パビリオンと19世紀 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »