ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ロイヤル・オペラ・ハウス

索引 ロイヤル・オペラ・ハウス

イヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)は、ロンドンのコヴェント・ガーデンに所在する歌劇場。単にコヴェント・ガーデンと称してこの歌劇場を指すこともあり、またROHと略記されることもある。ロイヤル・オペラ、ロイヤル・バレエ団そしてロイヤル・オペラ・ハウス・オーケストラの本拠地として使用されている。 現在存在する建築物は3代目にあたる。ファサードと玄関、聴衆席は1856年に作られたものが残っているが、それ以外の部分については1990年代に改装されたものである。合計2,174人の聴衆を収容できる4階建ての円形観客席を有し、舞台の幅は12.20m、高さ14.80mである。観客席部分はイギリスの指定建造物となっている。 ドイツ圏の歌劇場に比べると先鋭的な読み替え演出は少ない。舞台の横幅が見劣りするものの、特に装置、キャスト、演奏水準は英国第一の歌劇場に相応しいレベルを維持している。オーケストラをはじめカンパニーは戦後に整備されたもので歴史は浅いが、これも比較的短期間で他の古参オペラハウスに見劣りのしない水準を獲得している。オペラの作品そのものを楽しむには非常に適した劇場ということで、1980年代より非常に多くの映像ソフトが日本でも紹介されている。.

41 関係: 労働党 (イギリス)妖精の女王マクベス (シェイクスピア)チャールズ2世 (イングランド王)ハー・マジェスティーズ劇場バレエユグノー教徒 (オペラ)ラファエル・クーベリックロンドンロイヤル・バレエ団ロイヤル・オペラ・ハウスロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団ヘンリー・パーセルヘイマーケットブージー・アンド・ホークスファサードフィフス・エレメントダンスホールベルナルト・ハイティンクベガーズ・オペラアントニオ・パッパーノイングランド王国オペラオルガンカルメン (オペラ)カール・ランクルゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルゲオルク・ショルティコリン・デイヴィスコヴェント・ガーデンジャコモ・マイアベーアジョルジュ・ビゼージョン・ゲイジョアキーノ・ロッシーニセミラーミデ第一次世界大戦第二次世界大戦眠れる森の美女特許状MET歌劇場

労働党 (イギリス)

労働党(ろうどうとう、Labour Party)は、イギリスの中道左派政党。 イギリスにおいて保守党と二大政党を形成している。社会主義インターナショナル加盟。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと労働党 (イギリス) · 続きを見る »

妖精の女王

『妖精の女王』(ようせいのじょおう、The Faerie Queene)は、16世紀イングランドの詩人エドマンド・スペンサーの代表作で、アレゴリーをふんだんに用いた長詩である。当時のイングランド女王エリザベス1世に捧げられた。 全6巻と断篇からなる長編叙事詩で、アーサー王物語を題材にしている。本来全12巻で構成され、各巻で12の徳を描く予定であったが、最終的には神聖、節制、貞節、友情、正義、礼節の6つのみが描かれた。 作品の中で「グローリアーナ」と呼ばれるのは、他ならぬ女王エリザベス1世である。アウグストゥスの時代の『アエネーイス』と同じように、『妖精の女王』は高く評価され、アウグストゥスがトロイアの子孫だと称えられたように、『妖精の女王』ではテューダー家はアーサー王の子孫だと褒め称えている。 和田勇一、福田昇八の日本語訳がある。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと妖精の女王 · 続きを見る »

マクベス (シェイクスピア)

『マクベス』()は、1606年頃に成立したウィリアム・シェイクスピアによって書かれた戯曲である。勇猛果敢だが小心な一面もある将軍マクベスが妻と謀って主君を暗殺し王位に就くが、内面・外面の重圧に耐えきれず錯乱して暴政を行い、貴族や王子らの復讐に倒れる。実在のスコットランド王マクベス(在位1040年–1057年)をモデルにしている。 『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』と並ぶシェイクスピアの四大悲劇の1つで、その中では最も短い作品であり、最後に書かれたものと考えられる。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとマクベス (シェイクスピア) · 続きを見る »

チャールズ2世 (イングランド王)

チャールズ2世(Charles II, 1630年5月29日 - 1685年2月6日)は、王政復古期ステュアート朝のイングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1660年5月29日 - 1685年2月6日)。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとチャールズ2世 (イングランド王) · 続きを見る »

ハー・マジェスティーズ劇場

ハー・マジェスティーズ劇場(Her Majesty's Theatre)は、イギリス・ロンドンのシティ・オブ・ウェストミンスター、ヘイマーケットに位置する歴史的劇場。1986年9月27日以来、『オペラ座の怪人』が上演されている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとハー・マジェスティーズ劇場 · 続きを見る »

バレエ

バレエ(ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとバレエ · 続きを見る »

ユグノー教徒 (オペラ)

『ユグノー教徒』(ユグノーきょうと、Les Huguenots)は、ジャコモ・マイアベーアによる5幕3場のグランド・オペラで、ウジェーヌ・スクリーブとのフランス語のリブレットに基づいている。初演はパリ・オペラ座(サル・ペルティエ)で1836年2月29日にフランソワ・アントワーヌ・アブネックの指揮、歌手は当時の大歌手たちであるジュリー・ドリュ・グラとコルネリー・ファルコン(ソプラノ)、アドルフ・ヌーリ(テノール)、プロスペル・ルヴァスール(バス)らによって上演された。『』の大成功に次いで作曲されたオペラで、マイアベーアにとっては11番目のオペラであり、パリ・オペラ座向けの2作目のオペラである。1572年8月24日の「サンバルテルミの虐殺」の史実に基づいている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとユグノー教徒 (オペラ) · 続きを見る »

ラファエル・クーベリック

ーベリックのサイン ラファエル・イェロニーム・クーベリック(Rafael Jeroným Kubelík, 1914年6月29日 ボヘミア - 1996年8月11日 スイス・ルツェルン)は、チェコ出身で、ドイツを中心に国際的に活躍した指揮者、作曲家。ラファエル・クベリークとも表記される。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとラファエル・クーベリック · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとロンドン · 続きを見る »

ロイヤル・バレエ団

次代を担うプリンシパル、マリアネラ・ヌニェス ロイヤル・バレエ団(The Royal Ballet)は、イギリスの王立バレエ団。フランスのパリ・オペラ座、ロシアのマリインスキー・バレエの2大バレエ団に加えて、世界三大バレエ団の一つと称されることもある。2014年現在の名誉総裁はチャールズ王太子、芸術監督は元BRBプリンシパルのケヴィン・オヘア。所属ダンサーは89人。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとロイヤル・バレエ団 · 続きを見る »

ロイヤル・オペラ・ハウス

イヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)は、ロンドンのコヴェント・ガーデンに所在する歌劇場。単にコヴェント・ガーデンと称してこの歌劇場を指すこともあり、またROHと略記されることもある。ロイヤル・オペラ、ロイヤル・バレエ団そしてロイヤル・オペラ・ハウス・オーケストラの本拠地として使用されている。 現在存在する建築物は3代目にあたる。ファサードと玄関、聴衆席は1856年に作られたものが残っているが、それ以外の部分については1990年代に改装されたものである。合計2,174人の聴衆を収容できる4階建ての円形観客席を有し、舞台の幅は12.20m、高さ14.80mである。観客席部分はイギリスの指定建造物となっている。 ドイツ圏の歌劇場に比べると先鋭的な読み替え演出は少ない。舞台の横幅が見劣りするものの、特に装置、キャスト、演奏水準は英国第一の歌劇場に相応しいレベルを維持している。オーケストラをはじめカンパニーは戦後に整備されたもので歴史は浅いが、これも比較的短期間で他の古参オペラハウスに見劣りのしない水準を獲得している。オペラの作品そのものを楽しむには非常に適した劇場ということで、1980年代より非常に多くの映像ソフトが日本でも紹介されている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとロイヤル・オペラ・ハウス · 続きを見る »

ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団

イヤル・オペラ・ハウス管弦楽団(Royal Opera House Orchestra)は、イギリス・ロンドンのコヴェントガーデンにあるロイヤル・オペラ・ハウス(王立歌劇場)専属のオーケストラである。コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団と呼ばれることもある。 このオーケストラは、ウィーン国立歌劇場管弦楽団(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団としても活動)や、ゼンパー・オーパー(ザクセン州立歌劇場)のオーケストラであるシュターツカペレ・ドレスデンなどとは違い、シンフォニー・コンサートを行わずオペラやバレエの上演を専門に演奏活動を行っている。そのためレコーディングは、オペラやバレエの全曲物、オペラ歌手のソロ・アルバムの伴奏物などが主である。 歴代の音楽監督は、ラファエル・クーベリック、ゲオルク・ショルティ、コリン・デイヴィス、ベルナルト・ハイティンクらが務め、2002年より現在までアントニオ・パッパーノが音楽監督を務めている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団 · 続きを見る »

ヘンリー・パーセル

ヘンリー・パーセル(英:Henry Purcell、1659年9月10日? - 1695年11月21日)は、バロック時代におけるイングランドの作曲家。イタリアやフランスの影響を受けつつ独自の音楽を生み出した、最も優秀なイギリス人の作曲家の1人として知られている。弟にダニエル・パーセルがいる。 生涯に残した曲はおよそ400曲以上あるが、どれもエリザベス朝時代のイギリス音楽が持つ諸要素と彼が取り入れたイタリア・フランスの風が巧く融合し、自由奔放な彼独特の世界観を醸し出している。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとヘンリー・パーセル · 続きを見る »

ヘイマーケット

ヘイマーケット(Haymarket).

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとヘイマーケット · 続きを見る »

ブージー・アンド・ホークス

ブージー・アンド・ホークス(英語:Boosey & Hawkes)は、イギリスの楽譜出版社である。クラシック音楽関連の出版社としては世界最大手。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとブージー・アンド・ホークス · 続きを見る »

ファサード

ランス大聖堂 ファサード(façade)とは、建築物の正面部分(デザイン)のことである。フランス語に由来し、英語のfaceと同根。最も目に付く場所であり、町並みを形成するもので、設計上、重要視される。 内部空間を率直に表現するもの(例:ゴシック建築のランス大聖堂)と、内部空間との有機的なつながりなしに造形されるもの(例:ルネサンス建築のアルベルティによるサンタンドレア教会)がある。側面や背面でも装飾的に造形されている場合などはファサードと呼ぶことがある。 またファサードは、建物の格式、性格を示すものでもある。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとファサード · 続きを見る »

フィフス・エレメント

『フィフス・エレメント』(仏題:Le Cinquième élément、米題:The Fifth Element)は1997年のフランス・SFアクション映画。 リュック・ベッソン監督、ブルース・ウィリス主演。ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作でもある。1997年5月9日カンヌ国際映画祭プレミア公開。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとフィフス・エレメント · 続きを見る »

ダンスホール

ダンスホール (Dance hall) とは、ダンスを楽しむための場所、またはその場所を提供する店舗をいう。ダンス教室やダンス練習場を兼ねたものもある。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとダンスホール · 続きを見る »

ベルナルト・ハイティンク

ベルナルト・ヨハン・ヘルマン・ハイティンク(Bernard Johan Herman Haitink, 1929年3月4日 - )は、オランダの指揮者。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとベルナルト・ハイティンク · 続きを見る »

ベガーズ・オペラ

『ベガーズ・オペラ』または『乞食オペラ』(The Beggar's Opera)は、1728年にジョン・ゲイが書いた3幕のバラッド・オペラである。オーガスタン演劇(Augustan drama。オーガスタン時代も参照)の中で重大転機となった戯曲の1つで、かつて隆盛を極めた風刺的なバラッド・オペラのうち現在まで人気の続く唯一の作品である。 最初の上演は、当時最長と言われた62夜も続いた。この作品によりゲイは大変な成功を収め、続編『ポリー』も書いている。劇は以降も上演され続けた。1920年にはロンドン、ハマースミス(Hammersmith)のLyric Hammersmithで1463回という驚異的な上演記録を残した。当時の音楽劇で最長の上演回数だった。1928年には、ベルトルト・ブレヒト(音楽クルト・ヴァイル)がこの作品をモチーフに『三文オペラ』を書いた。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとベガーズ・オペラ · 続きを見る »

アントニオ・パッパーノ

アントニオ・パッパーノ(Sir Antonio Pappano, 1959年12月30日 - )は、イタリアの指揮者。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとアントニオ・パッパーノ · 続きを見る »

イングランド王国

イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ(覇王)であった。 スコットランド王であったステュアート朝のジェームズ1世が1603年に王位を兼ねて以来、スコットランドとは同君連合の関係にあったが、アンの時代の1707年の合同法により、スコットランド王国と合同してグレートブリテン王国となった。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとイングランド王国 · 続きを見る »

オペラ

イタリア・ミラノにあるスカラ座。1778年に完成したこの歌劇場は、世界で最も有名である。 オペラ(イタリア語・英語: opera、フランス語: opéra、ドイツ語: Oper)は、演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。歌劇(かげき)とも呼ばれる。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとオペラ · 続きを見る »

オルガン

ルガン (organ) は、加圧した空気を鍵盤で選択したパイプに送ることで発音する鍵盤楽器であり、パイプオルガンとも呼ばれる。パイプオルガンに準じた鍵盤楽器である、リードオルガンや電子オルガンもオルガンの名で呼ばれる。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとオルガン · 続きを見る »

カルメン (オペラ)

『カルメン』(Carmen)は、ジョルジュ・ビゼーが作曲したフランス語によるオペラである。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとカルメン (オペラ) · 続きを見る »

カール・ランクル

ール・ランクル(Karl Rankl, 1898年10月1日 - 1968年9月6日)は、オーストリア出身のイギリスの指揮者。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとカール・ランクル · 続きを見る »

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

ルク・フリードリヒ・ヘンデル(, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ出身の作曲家。後にイギリスに帰化し英語綴りに改名した(George Frideric (Frederick) Handel )。ヨハン・ゼバスティアン・バッハと並びバロック音楽における最も重要な作曲家である。ドイツ、イギリスともに自国の作曲家と主張しているが、日本ではドイツの作曲家として扱われるのが通例となっている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル · 続きを見る »

ゲオルク・ショルティ

ルク・ショルティ(Sir Georg Solti、 1912年10月21日 - 1997年9月5日)は、ハンガリー出身で、ドイツ、のちイギリスの国籍で活躍した指揮者、ピアニストである。ゲオルグ・ショルティとも書かれる。ユダヤ系。ハンガリー語の発音に基づく表記はショルティ・ジェルジ( )。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとゲオルク・ショルティ · 続きを見る »

コリン・デイヴィス

ー・コリン・レックス・デイヴィス(Sir Colin Rex Davis, CH, CBE, 1927年9月25日 - 2013年4月14日)は、英国の指揮者。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとコリン・デイヴィス · 続きを見る »

コヴェント・ガーデン

マーケット・ホール コヴェント・ガーデン(Covent Garden)はロンドン中心部シティ・オブ・ウェストミンスター中に存在する地区。チャリング・クロスから500メートルほど北に位置する。商店や娯楽施設が立ち並び、常に人ごみで賑やかな場所である。ロイヤル・オペラ・ハウスを指してコヴェント・ガーデンと称することもある。 地区の周囲にはハイ・ホルボーン、キングスウェイ、ストランド、チャリング・クロス・ロードなどの道路が縦横に走っている。16世紀から1974年に至までは野菜や果物の卸売市場が置かれていた。市場はテムズ川の南岸ナイン・エルムズへと移転され、跡地はショピング街として再開発されている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとコヴェント・ガーデン · 続きを見る »

ジャコモ・マイアベーア

ャコモ・マイアベーア(またはマイヤベーア、Giacomo Meyerbeer, 1791年9月5日 - 1864年5月2日)は、ユダヤ系ドイツ人の歌劇作曲家。本名はヤーコプ・リープマン・ベーア (Jacob Liebmann Beer) 。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとジャコモ・マイアベーア · 続きを見る »

ジョルジュ・ビゼー

ョルジュ・ビゼー(Georges Bizet, 1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家である。 代表作に『カルメン』、『アルルの女』、『真珠採り』、『美しきパースの娘(日本では作中のセレナードの旋律が「小さな木の実」に転用され有名)』など。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとジョルジュ・ビゼー · 続きを見る »

ジョン・ゲイ

ョン・ゲイ(またはジョン・ガイ、John Gay, 1685年6月30日 - 1732年12月4日)は、イングランドの詩人、劇作家。ゲイの作品で有名なものは、ヨハン・クリストフ・ペープシュが曲をつけた『ベガーズ・オペラ(乞食オペラ)』(1728年)で、ポリー・ピーチャム、マクヒースといった登場人物たちの名前は一般に広く浸透した。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとジョン・ゲイ · 続きを見る »

ジョアキーノ・ロッシーニ

ッシーニの肖像画 ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ(Gioachino Antonio Rossini, 1792年2月29日 - 1868年11月13日)は、イタリアの作曲家。美食家としても知られる。作品の中でも『ウィリアム・テル』序曲が非常に有名。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとジョアキーノ・ロッシーニ · 続きを見る »

セミラーミデ

『セミラーミデ』(Semiramide)は、ロッシーニがヴォルテールの悲劇『セミラミス』を基に、1823年に作曲したオペラ・セリアで、ロッシーニのイタリア時代最後の作品。同年2月3日、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で初演された。台本はガエターノ・ロッシによる。 同じくセミラミスを題材にして、ヘンデルが1733年に作曲した同名のオペラもある。台本はピエトロ・メタスタジオにより、ヨーハン・アドルフ・ハッセ作曲の有名なメロディーをいくつか利用してレオナルド・ヴィンチが1729年に発表したセミラミデとのパスティッチョ(共同作曲作品)としてのものであるが、レチタティーヴォはすべてヘンデルの筆による。こちらの作品では、エジプト王女セラスミスが男装し、自分の息子のニーノの名でアッシリアの王位につくという設定である。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとセミラーミデ · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと第二次世界大戦 · 続きを見る »

眠れる森の美女

『眠れる森の美女』(ねむれるもりのびじょ、)は、ヨーロッパの古い民話・童話。AT分類では、410に分類されている。ペロー童話集にも取り上げられ、グリム童話集では、『茨姫』(いばらひめ)として類話が取り上げられている(KHM 50)。また、ジャンバティスタ・バジーレの『ペンタメローネ』所収の『太陽と月とターリア』も類話として知られている。『眠りの森の美女』『眠り姫』の訳題もある。(スリーピング・ビューティー)の英語題で呼ばれることもあり、同タイトルの小説も発行されている。 日本語の表題からは、文法的に、眠っているのは美女とも森ともとれるが、これはフランス語の原題も同様である。しかし、La Belle au bois dormantは代換法(形容詞転移)という修辞が使われており、眠っているのは美女と考えるのが正しいとされる。 バレエの演目や、ディズニー映画としても有名である。また日本では、劇団東少によってミュージカル化されている。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと眠れる森の美女 · 続きを見る »

特許状

特許状(とっきょじょう、開封特許状、勅許状ともいう。Letters patent )とは、君主、大統領等の国家元首 (head of state) が個人や法人に対して、一般的には任務や権限、専売、称号、あるいは地位を下賜するために証書の形で発行する法的手段の一つである。法人や政府機関の設立、あるいは都市としての地位や紋章の付与などの際に使われ、また知事や英連邦王国の総督など国王の代理人の選任、及び王立委員会委員の任命のために発行される。英国では王国 (レルム) の爵位の創設の際にも発行される。 特定の特許状の様式は発明 (あるいは意匠権におけるデザイン) に対して独占権を付与する現代の特許 (米国の特許制度においては一般特許 (utility patent) とデザイン特許 (design patent) と呼ばれる。) へと進化した。このケースでは、他の発明者が特許権の侵害を避けることを考えたり、また発明を「使う」方法、つまりどのように実用化するかを理解するのに、特許状が公的な書類の様式を取っていることが特に重要である。 特許状に相対するものとして封緘特許状 (ふうかんとっきょじょう、letters close、ラテン語:litterae clausae) があり、これは私的な性質のもので受取人だけがその内容を読むことができるように密封されている。特許状は広く公開されるという意味では公開状 (open letter)に匹敵する。特許状の内容が名宛人によって収集される前に、どうやって広く出版されるようになったのかはわかっておらず、例えば、一般的な会話や社交を通じて国内の貴族にその内容を広めることになる、王宮の廷臣 (Courtier) (英語版) による一定期間の検査のために国王により封印された後、どのような形で特許状が残っていたのかどうかははっきりしていない。しかし明らかに何らかの仕組みがあったと考えられる。今日では特許状は、例えば英国首相が「庶民院の図書館」にパブリックドメインとして残したい文書を発表する際の慣例となっており、それにより議会全てのメンバーが自由に閲覧することができる。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと特許状 · 続きを見る »

MET

MET.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスとMET · 続きを見る »

歌劇場

歌劇場(かげきじょう)は、オペラ及びバレエの上演を目的とする劇場。オペラハウスとも呼ぶ『建築大辞典 第2版 普及版』彰国社 p.261 1993年。.

新しい!!: ロイヤル・オペラ・ハウスと歌劇場 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ロイヤル・オペラロイヤル・オペラハウスロイヤルオペラハウスロイヤルオペラ・ハウスコヴェントガーデン王立歌劇場王立歌劇場英国ロイヤルオペラ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »