ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

レーモン・クノー

索引 レーモン・クノー

レーモン(レモン)・クノー(Raymond Queneau, 1903年2月21日 - 1976年10月25日)は、フランスの詩人・小説家。『地下鉄のザジ』、『文体練習』などの実験的な作風で知られる。.

104 関係: 小説家中央公論新社地下鉄のザジミシェル・レリスノルマンディーバカロレア (フランス)ポール・エリュアールモロッコヨシフ・スターリンラテン語リーフ戦争ルネ・デカルトル・アーヴルルイ・マルルイ・アラゴンレーモン・ルーセルレーゼシナリオレフ・トロツキーロベール・デスノスヌーヴェルヴァーグヌーヴォー・ロマンヌイイプレイヤード叢書パリ大学パタフィジックテクスト (批評)フランスフランス・フランフランス語フランス数学会フリードリヒ・エンゲルスフアン・グリスドゥ・マゴ賞ダフィット・ヒルベルトアルマン・サラクルーアルジェリアアレホ・カルペンティエルアレクサンドル・コジェーヴアンドレ・マルローアンドレ・マッソンアンドレ・ブルトンイワン・パブロフイカロスの飛行ウリポエイモス・チュツオーラオートマティスムカンヌ国際映画祭ガリマール出版社ガルニエ宮ギリシア語...ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルゴンクール賞シュルレアリスムジャック・プレヴェールジョルジュ・バタイユズアーブ兵ソネット第二次世界大戦筑摩書房精神分析学翻訳白水社音声学西洋哲学詩人脚本集英社正書法水声社朝日出版社映画新潮社方法序説文体練習数学10月25日1903年1919年1921年1924年1925年1926年1928年1929年1930年1932年1933年1934年1937年1938年1939年1940年1948年1950年1951年1952年1955年1956年1957年1959年1960年1972年1976年2月21日 インデックスを展開 (54 もっと) »

小説家

小説家(しょうせつか)とは、継続的に小説作品の著述・発表を行っている者。 「小説家」と「小説の著者」とを明確に区別する基準は無い。一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者をはじめ、兼業で、他の職業と両立して執筆している場合も「小説家」と呼ぶ場合が多い。小説による収入は少なく、講演活動や小説以外の著述で生計を維持している著作家の場合でも、作品が広く知られているために一般に小説家と見なされているケースも多いが、作品数が少ないか作品が広く出版されていない場合、小説家と見なされないのが普通である。 特に、著述を主たる職業とする者を「職業作家」・あるいは「プロの小説家」などと呼ぶこともある。一方で「アマチュア小説家」という言葉も存在するが、アマチュアである小説家の意で使われるだけでなく、著述活動が小説家と呼ぶには足りない者、という意味合いで使われることも多い。石原慎太郎など、小説が広く出版されて固定したファンもいる状況でありながら、正業として別に職業を持っている作家・いわゆる「兼業作家」もまた多く存在する。特に出版不況のもとでは、商業文芸雑誌に作品が掲載されても、それが単行本とならないケースも多く存在するため、有名人のゴーストライターを務めたり、兼業(文筆業とは限らない)を強いられるケースが少なくない。また、文学作家の中でも、大家・大作家のことを特に文豪と呼ぶこともある。.

新しい!!: レーモン・クノーと小説家 · 続きを見る »

中央公論新社

株式会社中央公論新社(ちゅうおうこうろんしんしゃ)は、日本の出版社である。読売新聞グループ本社の傘下。略称は中公(ちゅうこう)。 本項では、旧法人の株式会社中央公論社(ちゅうおうこうろんしゃ)についても述べる。.

新しい!!: レーモン・クノーと中央公論新社 · 続きを見る »

地下鉄のザジ

『地下鉄のザジ』(ちかてつのザジ、仏:Zazie dans le métro)は、フランスの詩人・小説家であるレーモン・クノーによる1959年発表の小説、およびこれを原作とした1960年制作のフランス映画。.

新しい!!: レーモン・クノーと地下鉄のザジ · 続きを見る »

ミシェル・レリス

ミシェル・レリス(1984年) ミシェル・レリス(Michel Leiris、1901年4月20日 - 1990年9月30日)はフランスの詩人・民族学者。.

新しい!!: レーモン・クノーとミシェル・レリス · 続きを見る »

ノルマンディー

ノルマンディーの地図 ノルマンディー(、、ノルマン語: )は、イギリス海峡に臨むフランス北西部の地方で、王政時代の州である。今日では地理的、文化的意味合いも持つ。ノルマンディ、ノルマンジーとも表記される。 ノルマンディー地域圏の総称である一方、ガーンジー島とジャージー島の代官区から構成されるノルマンディー公領は、ノルマンディー公の称号を持つグレートブリテン君主の宗主権下にある。.

新しい!!: レーモン・クノーとノルマンディー · 続きを見る »

バカロレア (フランス)

バカロレア(baccalauréat)は、フランス教育省が発行する、中等教育レベル認証の国家資格である。1808年にナポレオン・ボナパルトによって導入され、2005年の時点では18歳に達したフランス国民の62%がバカロレアを取得している。なお、フランス以外の国のバカロレアに関しては、ここでは触れない。 以下の3種類が存在する。.

新しい!!: レーモン・クノーとバカロレア (フランス) · 続きを見る »

ポール・エリュアール

ポール・エリュアール(Paul Éluard, 1895年12月14日 - 1952年11月18日)は、フランスの詩人。ダダイスム、ついでシュールレアリスムの運動を盛り上げた一人。反ファッショ、レジスタンスの闘士、そして『愛』を多くうたった。.

新しい!!: レーモン・クノーとポール・エリュアール · 続きを見る »

モロッコ

モロッコ王国(モロッコおうこく、المملكة المغربية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⵍⴷⵉⵜ ⵏ ⵎⵓⵔⴰⴽⵓⵛ)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)と、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)に接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 南に接する西サハラはスペインが放棄後、モロッコと現地住民による(亡命)政府であるサハラ・アラブ民主共和国が領有権を主張している。モロッコは西サハラの約7割を実効支配しているが、国際的には認められていない。実効支配下を含めた面積は約599,500km2(うち、西サハラ部分が189,500km2)、人口は33,848,242人(2014年国勢調査)。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構(2002年にアフリカ連合へ発展)加盟に反対して同機構を脱退、アフリカ大陸唯一のアフリカ連合(AU)非加盟国になっていたが、2017年1月31日に再加入した。.

新しい!!: レーモン・クノーとモロッコ · 続きを見る »

ヨシフ・スターリン

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(, 1878年12月18日 – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られているスターリンという姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(、)である。.

新しい!!: レーモン・クノーとヨシフ・スターリン · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: レーモン・クノーとラテン語 · 続きを見る »

リーフ戦争

リーフ戦争とは、モロッコにおいてスペインとリーフ地方ベルベル人(が多数)との間で戦われた戦争。1893年から1925年まで3次にわたって戦われた。リフ戦争とも言う。.

新しい!!: レーモン・クノーとリーフ戦争 · 続きを見る »

ルネ・デカルト

ルネ・デカルト(René Descartes、1596年3月31日 - 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。.

新しい!!: レーモン・クノーとルネ・デカルト · 続きを見る »

ル・アーヴル

ル・アーヴルの街並 ル・アーヴル(フランス語:)は、フランス北西部の大西洋に臨む港湾都市。セーヌ川右岸の河口にあたり、ルーアンを首都とするノルマンディー地域圏セーヌ.

新しい!!: レーモン・クノーとル・アーヴル · 続きを見る »

ルイ・マル

ルイ・マル(Louis Malle, 1932年10月30日 - 1995年11月23日)は、フランスの映画監督。.

新しい!!: レーモン・クノーとルイ・マル · 続きを見る »

ルイ・アラゴン

ルイ・アラゴン(Louis Aragon、1897年10月3日 - 1982年12月24日 )は、フランスの小説家、詩人、批評家。ヌイイ=シュル=セーヌ出身。 ダダイスム文学、シュルレアリスム文学を開拓、後は共産党員となり、共産主義的文学へと足を踏み入れていく。代表作は、「パリの農夫」、「共産主義者たち」など。原爆詩人の峠三吉もアラゴンの影響を受けたとされる。.

新しい!!: レーモン・クノーとルイ・アラゴン · 続きを見る »

レーモン・ルーセル

レーモン・ルーセル(Raymond Roussel、1877年1月20日 - 1933年7月14日)は、フランスの小説家、詩人。奇想と言語実験的作品がダダイスト、シュールレアリスト達に高く評価された。『アフリカの印象』『ロクス・ソルス』、および言語の難解さで著名な『新アフリカの印象』などがある。.

新しい!!: レーモン・クノーとレーモン・ルーセル · 続きを見る »

レーゼシナリオ

レーゼシナリオは、映画脚本(シナリオ)の形式で書かれた文学作品で、レーゼドラマの一種である。.

新しい!!: レーモン・クノーとレーゼシナリオ · 続きを見る »

レフ・トロツキー

レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー(Лев Давидович Троцкий、発音例: リィエーフ・ダヴィーダヴィチ・トローツキー、ラテン文字転写の例:Lev Davidovich Trotsky、1879年10月26日(グレゴリオ暦11月7日) - 1940年8月21日)は、ウクライナ生まれのソビエト連邦の政治家、ボリシェヴィキの革命家、マルクス主義思想家。 本名はレフ・ダヴィードヴィチ・ブロンシュテイン()。晩年は後妻ナターリアの姓を取ってセドフ()に改姓した。ただし、一般に「レフ・セドフ」という場合は、トロツキーとナターリアの間に生まれた長男(愛称「リョーヴァ」)を指す。「レフ」は英語の「レオン」と同じで、「ライオン」という意味の名前である。英語風の綴りにもとづいたレオン・トロツキー(Leon Trotsky)の表記も多い。日本での漢字表記は泥附。また、「トロツキー」という表記に関しては、日本の場合、古い文献や高齢の共産主義者などで「トロッキー」という表現も多く使われている(関連として、「トロッキスト」、「トロッキズム」という表現もある)。.

新しい!!: レーモン・クノーとレフ・トロツキー · 続きを見る »

ロベール・デスノス

ベール・デスノス (Robert Pierre Desnos、1900年7月4日於パリ-1945年6月4日於テレジン)はフランスの詩人、放送作家、ジャーナリスト。 言葉遊びを前面に出した平易でユーモアに富んだ詩を得意とした。その他映画シナリオ、映画評、シャンソン作詞など、多方面に才能を発揮した。.

新しい!!: レーモン・クノーとロベール・デスノス · 続きを見る »

ヌーヴェルヴァーグ

ヌーヴェルヴァーグ(Nouvelle Vague)は、1950年代末に始まったフランスにおける映画運動。ヌーベルバーグ、ヌーヴェル・ヴァーグとも表記され、「新しい波」を意味する。.

新しい!!: レーモン・クノーとヌーヴェルヴァーグ · 続きを見る »

ヌーヴォー・ロマン

ヌーヴォー・ロマン(仏:Nouveau roman、「新しい小説」の意)は、第二次世界大戦後のフランスで発表された前衛的な小説作品群を形容した呼称で、アンチ・ロマン(Anti Roman、「反小説」の意)と呼ばれることもある。1957年5月22日、ル・モンド誌上の論評においてエミール・アンリオが用いた造語。 実際には、明確な組織・マニフェスト・運動があったわけではなく、従来の近代小説的な枠組に逆らって書いた同時代の作家達を総称するためのジャーナリスティックな呼称であるが、1963年には「新フランス評論」誌などでのアラン・ロブ=グリエによる論争的評論が『新しい小説のために』(Pour un Nouveau roman)としてまとめられている。 上記のロブ=グリエをはじめ、クロード・シモンやナタリー・サロート、ミシェル・ビュトール等が代表的な作家とされ、広くはサミュエル・ベケット、マルグリット・デュラス等を含むこともある。上記作家の小説作品の多くがミニュイ社Éditions de Minuitから刊行されていることは単なる偶然ではない。 作者の世界観を読者に「押しつける」伝統的小説ではなく、プロットの一貫性や心理描写が抜け落ちた、ある種の実験的な小説で、言語の冒険とよんでいい。その技法は「意識の流れの叙述」(ナタリー・サロート)や「二人称小説」(ミシェル・ビュトール)、「客観的な事物描写の徹底」(ロブ=グリエ)など様々だが、読者は、与えられた「テクスト」を自分で組み合わせて、推理しながら物語や主題を構築していかざるを得ない。サルトルやバルトらに擁護された面もある。 1960年代後期以降はヌーヴォー・ロマン(アンチ・ロマン)の動向をより批判的に発展させた、フィリップ・ソレルスを中心とするテル・ケル派(文学理論雑誌Tel Quelを基軸に活動したことからこう呼ばれた)に活動が継承された。しかし、1970年代入るとフィリップ・ソレルスがマオイズムに傾倒し、テル・ケル派も政治的な色合いが濃厚になり文芸活動としての側面は次第に薄れていった。 ただ、ヌーヴォー・ロマンはそもそも党派性が薄いものであり、個々の作家の作品自体も、モダニズムを積極的に引き受けることで小説というジャンル自体の進歩を目したものであった。それゆえ、テル・ケル派以降、個々の作家は各々の方法論のうちにさらに沈潜して行き、結果として商業主義とは完全に相反するものとなりながらも、このうえなく深い、小説的な言語によってしか到達し得ない思想的な領域を開拓していくこととなったのである。 Category:フランス文学 Category:文学運動 Category:小説のジャンル Category:フランス語の成句 Category:造語.

新しい!!: レーモン・クノーとヌーヴォー・ロマン · 続きを見る »

ヌイイ

ヌイイ (Neuilly) は、フランス国内に多くある地名である。.

新しい!!: レーモン・クノーとヌイイ · 続きを見る »

プレイヤード叢書

縦170mm、横105mm、薄革表紙 プレイヤード叢書(La Bibliothèque de la Pléiade)は、パリのガリマール出版社刊行の、フランス文学を主とする、世界文学全集。『プレイヤード版』、『プレイヤッド叢書』などとも呼ばれる。選定した作家の、全作品(?必ずしも全作品ではない)を収録する。日本からは、谷崎潤一郎が取り上げられている。.

新しい!!: レーモン・クノーとプレイヤード叢書 · 続きを見る »

パリ大学

パリ大学(仏:Université de Paris)は、フランス共和国のパリ、クレテイユおよびヴェルサイユの3大学区にある13の大学の総称である。多くのノーベル賞受賞者を送り出している他、法学、政治学、科学、物理学、神学などの分野で優秀な学者を輩出している。また芸術の教育機関としても名高い。.

新しい!!: レーモン・クノーとパリ大学 · 続きを見る »

パタフィジック

パタフィジック(形而超学、空想科学、フランス語:'Pataphysique, 英語:'Pataphysics, パタフィジックス)とは、フランスの作家アルフレッド・ジャリの造語で、形而上学(フランス語:Métaphysique)の領域を超えたところにあるものを研究するために使われる哲学のこと。それは現代科学の理論・方法のパロディで、ナンセンス(Nonsense)な言い回しで表されることが多い。パタフィジックを行っている人をパタフィジシャン('pataphysician)またはパタフィジキスト('pataphysicist)という。.

新しい!!: レーモン・クノーとパタフィジック · 続きを見る »

テクスト (批評)

文学批評におけるテクストは、文字列として印刷などされた形態の作品を指す。一つのテクストはしばしば互いに対立する多数の解釈をもちうる。 ロラン・バルトは『作品からテクストへ』(1971)で作者に関連づけられた「作品」という用語に対して中立な用語として「テクスト」を位置付けた川口喬一・岡本靖正『最新文学批評用語辞典』「テクスト (text)」p.3。以後、ポスト構造主義でこの概念が広く使われた『コロンビア大学現代文学・文化批評用語辞典』「TEXT テクスト」p.399。 ジャック・デリダの著作「グラマトロジーについて」De la grammatologie (1967) の有名な語句「テクストの外というものは存在しない」(il n'ya pas de hors texte)は言語論的転回の考え方を示したものとされる。 「テクスト (英語 text)」はラテン語で「織る」を意味する単語に由来する。.

新しい!!: レーモン・クノーとテクスト (批評) · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: レーモン・クノーとフランス · 続きを見る »

フランス・フラン

フランス・フラン(Franc français)とは、かつてフランス共和国で流通していた法定通貨である。 フランス本土のほか、ニューカレドニア・フランス領ポリネシア・ウォリス・フツナを除く海外領土、およびモナコとアンドラで通用していた。米ドル、ドイツマルク、日本円、イギリスポンドに次ぐ国際通貨のひとつであったが、ユーロの導入により、2002年までに通貨としての役割を終えた。 通貨記号はまたはFF, あるいは単にFと表記する。ISO 4217のコードはFRF.

新しい!!: レーモン・クノーとフランス・フラン · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: レーモン・クノーとフランス語 · 続きを見る »

フランス数学会

フランス数学会(フランス語:Société Mathématique de France、略称:SMF)はフランス人数学者による学会。 1872年に Émile Lemoine によって設立され、最も歴史ある数学会の一つである。.

新しい!!: レーモン・クノーとフランス数学会 · 続きを見る »

フリードリヒ・エンゲルス

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツの社会思想家、政治思想家、ジャーナリスト、実業家、共産主義者、軍事評論家、革命家、国際的な労働運動の指導者。 盟友であるカール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築し、労働者階級の歴史的使命を明らかにした。マルクスを公私にわたり支え、世界の労働運動、革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。.

新しい!!: レーモン・クノーとフリードリヒ・エンゲルス · 続きを見る »

フアン・グリス

The Sunblind(1914年)テート・ギャラリー蔵 フアン・グリス(Juan Gris, 1887年3月23日 - 1927年5月11日)は、スペインに生まれ、フランスのパリで活躍した、キュビスムの画家。その名前は、カタカナ表記では、「ファン・グリス」、「ホワン・グリス」、「ジュアン・グリ」(フランス語読み)などと書かれることもある。本名はホセ・ビクトリアーノ・ゴンサレス=ペレス(Jose Victoriano Gonzalez-Perez)。ピュトー・グループにも属するとされる。.

新しい!!: レーモン・クノーとフアン・グリス · 続きを見る »

ドゥ・マゴ賞

ドゥ・マゴ賞(Prix des Deux Magots)は、フランスの文学賞の一つ。新作に対して授賞し、より主流のゴンクール賞を受ける作品よりも風変わりで新味のあるものに与えられる。.

新しい!!: レーモン・クノーとドゥ・マゴ賞 · 続きを見る »

ダフィット・ヒルベルト

ーニヒスベルクにて私講師を務めていた頃(1886年) ヒルベルトの墓碑。「我々は知らねばならない、我々は知るだろう」と記されている。 ダフィット・ヒルベルト(David Hilbert,, 1862年1月23日 - 1943年2月14日)は、ドイツの数学者。「現代数学の父」と呼ばれる。名はダヴィット,ダヴィド、ダーフィットなどとも表記される。.

新しい!!: レーモン・クノーとダフィット・ヒルベルト · 続きを見る »

アルマン・サラクルー

アルマン・カミーユ・サラクルー(Armand Camille Salacrou、1899年8月9日 - 1989年11月23日)は、フランスの劇作家。ルーアンに生まれ、ル・アーヴルで没した。代表作『アラスの見知らぬ女 (Inconnue d'Arras)』や『デュラン大通り (Boulevard Durand)』などで知られる。.

新しい!!: レーモン・クノーとアルマン・サラクルー · 続きを見る »

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年の南スーダン独立によりスーダンが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてアフリカ大陸において最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積である。.

新しい!!: レーモン・クノーとアルジェリア · 続きを見る »

アレホ・カルペンティエル

アレホ・カルペンティエル(アレッホ・カルペンティエール、Alejo Carpentier y Valmont, 1904年12月26日 - 1980年4月24日)はキューバのジャーナリスト、小説家、音楽評論家。20世紀のラテンアメリカ文学に大きな影響を与えた。.

新しい!!: レーモン・クノーとアレホ・カルペンティエル · 続きを見る »

アレクサンドル・コジェーヴ

アレクサンドル・コジェーヴ(Alexandre Kojève、1902年4月28日 - 1968年6月4日)は、ロシア出身のフランスの哲学者である。フランス現代思想におけるヘーゲル研究に強い影響を与えた。.

新しい!!: レーモン・クノーとアレクサンドル・コジェーヴ · 続きを見る »

アンドレ・マルロー

アンドレ・マルロー(André Malraux, 1901年11月3日 - 1976年11月23日)は、フランスの作家、冒険家、政治家。ド・ゴール政権で長く文化相を務めた。代表作に『王道』や『人間の条件』がある。.

新しい!!: レーモン・クノーとアンドレ・マルロー · 続きを見る »

アンドレ・マッソン

アンドレ=エメ=ルネ・マッソン(André-Aimé-René Masson, 1896年1月4日 - 1987年10月28日)は、フランスの画家。アンドレ・マッソン、あるいは単にマッソンと表記される。シュルレアリスム運動に参加した画家の一人。.

新しい!!: レーモン・クノーとアンドレ・マッソン · 続きを見る »

アンドレ・ブルトン

アンドレ・ブルトン(André Breton, 1896年2月19日 - 1966年9月28日)は、フランスの詩人、文学者、シュルレアリスト。ちなみに、誕生日については、ブルトン自身しばしば2月18日とも公言しているが、それは「詩的」な意味でのことで、書類などでも2月19日生まれとはっきり記されている。.

新しい!!: レーモン・クノーとアンドレ・ブルトン · 続きを見る »

イワン・パブロフ

イワン・ペトローヴィチ・パブロフ(イヴァーン・ピトローヴィチ・パーヴロフ, Ivan Petrovich Pavlov, 1849年9月14日(グレゴリオ暦9月26日) - 1936年2月27日)は、帝政ロシア・ソビエト連邦の生理学者。.

新しい!!: レーモン・クノーとイワン・パブロフ · 続きを見る »

イカロスの飛行

『イカロスの飛行』(イカロスのひこう、Le Vol d'Icare)は、レーモン・クノーによるシナリオ形式の文芸作品。1968年にガリマール社から刊行。日本語版は1970年代に滝田文彦の訳で筑摩書房から出版され、1990年代にちくま文庫版が刊行された。2012年10月、水声社より、石川清子による新訳で刊行。.

新しい!!: レーモン・クノーとイカロスの飛行 · 続きを見る »

ウリポ

ウリポ は、1960年11月24日に数学者のフランソワ・ル・リヨネー (François Le Lionnais) を発起人として設立された文学グループ。正式名称は「Ouvroir de littérature potentielle」(潜在的文学工房)。アルフレッド・ジャリ、レーモン・クノー、レーモン・ルーセルらの文学を理想とし、言語遊戯的な技法の開発を通して新しい文学の可能性を追求した。引用したテクストを機械的・数学的な手法で変形・改竄してテクストの自己増殖を促すところに特徴があり、シュルレアリスムの「優美な屍骸」から大きな影響を受けている。.

新しい!!: レーモン・クノーとウリポ · 続きを見る »

エイモス・チュツオーラ

イモス・チュツオーラ(Amos Tutuola, 1920年6月20日 - 1997年6月8日)は、ナイジェリアの小説家。『』などヨルバ人の伝承に基づいた、アフリカ的マジックリアリズムと言われる著作で知られる。.

新しい!!: レーモン・クノーとエイモス・チュツオーラ · 続きを見る »

オートマティスム

ートマティスム(Automatism)とは、心理学用語で「筋肉性自動作用」という意羽仁礼『超常現象大事典:永久保存版』成甲書房 2001 p.70 2017年9月28日閲覧。。あたかも、何か別の存在に憑依されて肉体を支配されているかのように、自分の意識とは無関係に動作を行ってしまう現象などを指す。自動作用によって筆記を行う現象を自動筆記(Automatic writing)、自動書記、自動記述などと呼ぶ。.

新しい!!: レーモン・クノーとオートマティスム · 続きを見る »

カンヌ国際映画祭

ンヌ国際映画祭(カンヌこくさいえいがさい、Festival International du Film de Cannes)は、1946年にフランス政府が開催して以来、毎年5月(1948年、1950年は中止)にフランス南部コート・ダジュール沿いの都市カンヌで開かれている世界で最も有名な国際映画祭の一つ。単にカンヌ映画祭(Festival de Cannes)とも呼ばれる。.

新しい!!: レーモン・クノーとカンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

ガリマール出版社

リマール出版社(ガリマールしゅっぱんしゃ、)は、フランスを代表する出版社の一つ。1911年創立。フランス文学の振興に寄与し、フランスに、世界の文学を紹介している。.

新しい!!: レーモン・クノーとガリマール出版社 · 続きを見る »

ガルニエ宮

ルニエ宮(Palais Garnier)は、フランスの首都パリにある歌劇場である。単にオペラ座(l'Opéra)と呼ばれることもある。パリ国立オペラの公演会場の一つである。 フランスの王立オペラの歴史は1669年にさかのぼる。作曲家ロベール・カンベール(Robert Cambert)と組んで宮廷オペラを作っていた詩人ピエール・ペラン(Pierre Perrin)の請願が、財務総監コルベールの仲立ちでルイ14世に許可され、『音楽アカデミー』ができたのである。この名称は時代とともに、政治体制とともに変わった。 パリの王立ないし国立のオペラ劇団が公演する劇場も転々と変わり、ガルニエ宮は13代目である。それまでの劇場は、ルーヴル美術館(フランス革命までは『ルーヴル宮』)の中や隣だったことも、約1.5km離れていたこともあった。 1800年12月、第一統領だったナポレオン・ボナパルトが爆弾に見舞われたのは、8代目のテアトル・デ・ザール(Théâtre des Arts)への途次であった。1858年1月14日、ナポレオン3世が爆弾を投げられたのは、11代目のサル・ル・ペルティエ(Salle Le Peletier)の正面であった。これを機に、以前からの新オペラ座建設計画が1860年9月29日の政令で具体化し、同年12月29日、ナポレオン3世の第二帝政を称える記念碑的建造物の設計が公募された。 折から、セーヌ県知事オスマンのパリ市街区の整理再構築(パリ改造)が進行中で、建設用地は取り払われ空き地となる現在地と決まっていた。 171の応募の中に一等賞はなく、佳作が6件であった。その中からシャルル・ガルニエの案が採択され、1862年7月21日に最初の礎石が置かれた。 1874年12月に工事を終え、1875年1月5日に落成式が行われた。この劇場は設計者の名から「ガルニエ宮」と呼ばれることとなった。 着工から完成までの十余年間のフランスには、1867年のメキシコ出兵の失敗、1870年の普仏戦争の敗戦とナポレオン3世の亡命(翌年没)、1871年のパリ・コミューンと第三共和制の発足などの大事件が多く、新劇場の工事を休むこともあった。 外観および内装はネオ・バロック様式の典型と言われ、たくさんの彫刻を飾り、華美な装飾を施した豪華絢爛たるものである。また建材には当時、最新の素材とされていた鉄を使用した。これによって、従来不可能とされていた巨大な空間を確保することに成功した。2167の座席が5階に配分されており、観客収容規模でも当時最大の劇場であった。 なお、ガルニエ宮正面からパレ・ロワイヤルへ直に南下するオペラ座大通り(Avenue de l'Opéra)は、この建設工事の一環として開かれた。 第二次世界大戦中のドイツ軍の占領下では、ドイツ軍の管理下で営業を続けた。1964年以降、劇場の天井画はマルク・シャガールによるものが飾られて、現代的な新味も盛り込まれている。 1989年には新しいオペラ劇場としてオペラ・バスティーユ(Opéra Bastille)が完成し、以来ガルニエ宮では、バレエと小規模オペラ、管弦楽コンサートを中心とした運用が行われている。.

新しい!!: レーモン・クノーとガルニエ宮 · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: レーモン・クノーとギリシア語 · 続きを見る »

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。18世紀後半から19世紀初頭の時代を生き、領邦分立の状態からナポレオンの侵攻を受けてドイツ統一へと向かい始める転換期を歩んだ。 シュトゥットガルトのヘーゲルハウスにあるポートレイト.

新しい!!: レーモン・クノーとゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル · 続きを見る »

ゴンクール賞

ンクール賞(Prix Goncourt)は、フランスで最も権威のある文学賞のひとつ。1903年発足。その年でエスプリに満ちた独創的な散文による作品(主として小説)を書いた著者に贈られる。フランスの作家エドモン・ド・ゴンクールの遺言により、弟のジュール・ド・ゴンクールと共に築いた財産を元に設立されたアカデミー・ゴンクールによって選定・贈呈されている。1903年より毎年アカデミー・ゴンクールの10人の会員によってパリ2区にあるミシュラン一つ星レストラン「ドルアン」 (Drouant) で11月に選考・発表が行われる。 原則として1人につき1回のみの受賞で、再度受賞したケースは1例のみ(1956年に受賞したロマン・ガリーが1975年にエミール・アジャールの変名で出した小説により再受賞した)。受賞者や作品はフランス国外でも親しまれているものも多い。受賞作品はその年のフランス文学を代表する作品として捉えられ、その著者の地位や作品の売れ行きにも大きく影響する権威ある賞で、趣旨としては若手の新鋭の作家に贈られることになっているが、この限りでないケースも見られる。フランス文学の登龍門的存在として知られる。なお、この賞の賞金自体は10ユーロ(日本円で千数百円程度)とあえて少額にされてあるが、これはこの賞を受賞したことによって得る利益の莫大さを象徴するものとして捉えられているものである。 1988年に「高校生のゴンクール賞」が新設された。これはゴンクール・アカデミーによる推薦リストをもとに、フランス全国の1500人の高校生の投票によって受賞作が決定されるもので、ゴンクール賞の発表と同時に発表される。.

新しい!!: レーモン・クノーとゴンクール賞 · 続きを見る »

シュルレアリスム

ュルレアリスム(surréalisme、surrealism)は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。一般的には芸術の形態、主張の一つとして理解されている。日本語で超現実主義と訳されている。シュルレアリスムの芸術家をシュルレアリスト(surréaliste)と呼ぶ。 日本ではフランス語と英語の発音が混同され「シュールレアリスム」、「シュールリアリスム」、「シュールレアリズム」、「シュールリアリズム」、「シュルレアリズム」、「シュルリアリズム」、「シュルリアリスム」といったバリエーションがあり、日本語のカタカナ表記においては様々である。 「シュール」は「非現実的」「現実離れ」の意味によく使われる。1970年代前後に「シュール」が日本の広告媒体で頻繁に使用された例がある。いずれにせよシュルレアリスム自体とは意味が異なる。 上記のように、日本語のシュールの用法、または「超現実」という日本語訳によって現実と完全に隔離された非現実を表現することと誤解されることが多い。 シュルレアリスムという名詞自体は詩人ギョーム・アポリネールの作品から引用された造語の固有名詞である。.

新しい!!: レーモン・クノーとシュルレアリスム · 続きを見る »

ジャック・プレヴェール

ャック・プレヴェール(Jacques Prévert, 1900年2月4日 - 1977年4月11日)は、フランスの民衆詩人、映画作家、童話作家。シャンソン『枯葉』の詞や、映画『天井桟敷の人々』のシナリオを書いた。.

新しい!!: レーモン・クノーとジャック・プレヴェール · 続きを見る »

ジョルジュ・バタイユ

ョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(Georges Albert Maurice Victor Bataille、1897年9月10日 - 1962年7月8日)は、フランスの哲学者、思想家、作家。フリードリヒ・ニーチェから強い影響を受けた思想家であり、後のモーリス・ブランショ、ミシェル・フーコー、ジャック・デリダなどに影響を及ぼし、ポスト構造主義に影響を与えた。.

新しい!!: レーモン・クノーとジョルジュ・バタイユ · 続きを見る »

ズアーブ兵

アーブ兵(ずあーぶへい、)は、1831年にアルジェリア人、チュニジア人を基本に編成されたフランスの歩兵である。当時、北アフリカはフランスの植民地だった。第一次世界大戦でも、フランス陸軍の精鋭部隊として活躍した。第二次世界大戦後の北アフリカ植民地の独立により、1962年に廃止された。 背中の彫り物、髭、ジャケットなど兵士の風俗に特色がある。特にその軍服のデザインは他国の軍隊でも参考にされた。例えば、教皇領の軍隊でも採用され、教皇のズアーブ兵(Papal Zouave)と称してイタリア統一運動に対抗する戦力として用いられた。アメリカ南北戦争でも、南北両軍にズアーブを称する義勇兵部隊があった。民間用のファッションにも取り入れられ、ゆったりとしたズアーブパンツ、ズアーブジャケットなどが生まれている。 ファイル:RaczynskiAleksander.ZuawiWWalce.1858.jpg|1858年ころに描かれたズアーブ兵。 ファイル:Papal Zouave.jpg|1865年に撮影された教皇領のズアーブ兵。 ファイル:Zouave soldier - NARA - 530410.jpg|アメリカ南北戦争時の北軍ズアーブ兵。 ファイル:French Colonial Forces.jpg|第一次世界大戦初期の仏軍ズアーブ兵。.

新しい!!: レーモン・クノーとズアーブ兵 · 続きを見る »

ソネット

ネット(十四行詩、Sonnet)は、14行から成るヨーロッパの定型詩。ルネサンス期にイタリアで創始され、英語詩にも取り入れられ、代表的な詩形のひとつとなった。 ソネットの形式には大きく3つのタイプがあり、それはイタリア風ソネット、イギリス風ソネット、スペンサー風ソネットである。イギリス風ソネットの中のウィリアム・シェイクスピアが用いた形式はシェイクスピア風ソネット、シェークスピア風十四行詩と呼ばれ、押韻構成は「ABAB CDCD EFEF GG」となる(「Shall I compare thee to a summer's day?」など)。 代表的なソネット作家には、ペトラルカ、シェイクスピア、ジョン・ミルトン、ウィリアム・ワーズワースなどがいる。.

新しい!!: レーモン・クノーとソネット · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: レーモン・クノーと第二次世界大戦 · 続きを見る »

筑摩書房

株式会社筑摩書房(ちくましょぼう)は、日本の出版社。筑摩書房のマーク(空を截る鷹)のデザインは青山二郎作。 文学者を中心に個人全集は、増補改訂し繰り返し刊行するので、「全集の筑摩」と称されている。特に『世界文学全集』は多くの類書シリーズを刊行した。ほかに古典・現代文の教科書を現在まで毎年出版している。月刊PR誌に『ちくま』がある。.

新しい!!: レーモン・クノーと筑摩書房 · 続きを見る »

精神分析学

精神分析(せいしんぶんせき、Psychoanalysis )は、ジークムント・フロイトによって創始された人間心理の理論と治療技法の体系を指す。広義には、フロイト以後の分派を含めた理論体系全体も指す。 精神分析は、現在の英米系の精神医学と対立することがある。 精神分析は、人間には無意識の過程が存在し、人の行動は無意識によって左右されるという基本的な仮説に基づいている。フロイトは、ヒステリー(現在の解離性障害や身体表現性障害)の治療に当たる中で、人は意識することが苦痛であるような欲望を無意識に抑圧することがあり、それが形を変え神経症の症状などの形で表出されると考えた。そのため、無意識領域に抑圧された葛藤などの内容を自覚し、表面化させて、本人が意識することによって、症状が解消しうるという治療仮説を立てた。 フロイトの晩年においては、精神分析はエス―自我―超自我の葛藤による心的構造論という心的理解によって神経症は治されるようになった。この心的構造図式ではうつ病や精神病まで範囲に入り、それらの理解に寄与する事になった。またフロイト自身は晩年に文化や歴史や宗教に対しての心理的理解を深めるようになる。こうして精神分析は人間の心や精神を理解する包括的な心理学として台頭し、様々な近接学問や人文学思想に影響を与える事になった。.

新しい!!: レーモン・クノーと精神分析学 · 続きを見る »

翻訳

翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。一般に自然言語のそれを指し、起点言語 (source language、原言語) による文章を、別の目標言語 (target language、目的言語) による文章に変換する。例えば、英文から日本文へ翻訳された場合は、起点言語が英語であり、目標言語が日本語である。起点言語による文を原文といい、目標言語による文を訳文・翻訳文と言う。一方文章ではなく、自然言語の発話を別言語に置き換える行為は通訳とも呼ばれる。.

新しい!!: レーモン・クノーと翻訳 · 続きを見る »

白水社

株式会社白水社(はくすいしゃ)は、日本の出版社。語学書や翻訳書の出版を多く手がける。新人劇作家の登竜門といわれる岸田國士戯曲賞を主催していることでも知られる。 社名は、屈原の長詩「離騒」の註の「淮南子に言ふ、白水は崑崙(こんろん)の山に出で、これを飲めば死せずと。神泉なり」に由来する。.

新しい!!: レーモン・クノーと白水社 · 続きを見る »

音声学

音声学(おんせいがく、phonetica、phonetics)とは、音声に関する研究を指す。言語学の一分野であるとともに、音楽に関する一分野でもある。ともに、発声器官に関する医学的研究を含む。.

新しい!!: レーモン・クノーと音声学 · 続きを見る »

西洋哲学

この項目では、西洋哲学(せいようてつがく)、すなわち西洋で発展した哲学について解説する。.

新しい!!: レーモン・クノーと西洋哲学 · 続きを見る »

詩人

詩人(しじん)とは、詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。 後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。 シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。ボブ・ディラン、パティ・スミスなどがその例である。 また、詩人は古くから聴衆を前に自身の詩を朗読するのを常としていたが、その行為を、ポエトリーリーディングという表現形態において現代社会に甦らせた動きが、欧米のみならず、日本においても1990年代の半ば以降見受けられる、フランスのパリのレーベルで自身のポエトリーリーディングのCDを出している詩人であり美術家でありポエトリーリーディングアートパフォーマーである千葉節子等がその代表的な例である。 詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている。 歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。.

新しい!!: レーモン・クノーと詩人 · 続きを見る »

脚本

脚本(きゃくほん)とは、「何時。何処で。誰が」の天地人を示す柱書き、台詞、ト書きだけで構成された設計図的役割を担うテキスト。小説とは形式が異なる。 演者に使われる台詞を中心としたものは台本といい、また脚本はシナリオともいわれる。「シナリオ」という言葉は、1920年に松竹が映画事業に乗り出すため、アメリカから招聘したヘンリー・小谷が使った片仮名のおびただしい映画用語の一つで、それまでは「台本」という言い方をしていたという。「シナリオ」という言葉は、もともとは即興劇用のおおまかな筋を書いたものを意味していたし、今日ではコンピュータゲームの原案などにも使われる言葉だが、辞書に載るような一般的な意味としては、映像劇の脚本を舞台のそれから区別する際に使われる。 漫画では漫画原作、舞台演劇では戯曲といわれる。戯曲といった場合には劇の制作上の一手段という意味に文学性が加味される。.

新しい!!: レーモン・クノーと脚本 · 続きを見る »

集英社

株式会社集英社(しゅうえいしゃ)は、日本の総合出版社。『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している。社名は「英知が集う」の意味。.

新しい!!: レーモン・クノーと集英社 · 続きを見る »

正書法

正書法(せいしょほう、orthography)は、言語を文字で正しく記述する際のルールの集合のことである。「正書法」を示す英語のは、ギリシア語の(orthos、「正しい」)と(graphe、「書くこと」)から来ている。現在では、スペリング、句読点などの約物の打ち方、大文字・小文字の使い分けなども含んだ意味となっている。正書法はタイポグラフィとは別個のものである。 言語学的に見て、言語のあらゆる側面と関連があり、一概にまとめることは不可能である。 表音文字を用いている英語やフランス語などのつづりにも文字と発音のギャップはある(このギャップが大きい正書法は「深い正書法」(deep orthography)と呼ばれる)。ジョージ・バーナード・ショーがghotiでfishと同じように発音すべきだと皮肉ったのは、ghでlaughの、oでwomenの、tiでnationのの音を表すからである。ただし英語では、アメリカとイギリスでつづりが違う少数の単語(例 defenseとdefence, centerとcentre)を除き、個々の単語のつづりは現代ではほぼ1語1通りに統一されている。スペイン語、イタリア語、トルコ語、フィンランド語などはつづりと発音のギャップが少ない正書法(「浅い正書法」(shallow orthography)を持っている。 国によっては(または、言語によっては)、正書法について議論する公的な組織を持っていることもある。また、人工言語などの場合は、文字と発音のギャップが可能な限り無いようにデザインされることもある。.

新しい!!: レーモン・クノーと正書法 · 続きを見る »

水声社

株式会社水声社(すいせいしゃ)は、日本の出版社。フランス文学を軸に、幻想文学などの作品や評論の翻訳などを出版している。.

新しい!!: レーモン・クノーと水声社 · 続きを見る »

朝日出版社

株式会社朝日出版社(あさひしゅっぱんしゃ、英:Asahi Press)は、日本の出版社。本社所在地は、東京都千代田区西神田三丁目。 社名は、創業者の原雅久が岡山朝日高校の出身者であることに由来する。朝日新聞社およびその子会社である朝日新聞出版とは、一切関連がない。.

新しい!!: レーモン・クノーと朝日出版社 · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: レーモン・クノーと映画 · 続きを見る »

新潮社

株式会社新潮社(しんちょうしゃ)は、日本の出版社。.

新しい!!: レーモン・クノーと新潮社 · 続きを見る »

方法序説

『方法序説』(ほうほうじょせつ、方法叙説とも、Discours de la méthode)とは、1637年に公刊されたフランスの哲学者、ルネ・デカルトの著書である。 刊行当時の正式名称は、『理性を正しく導き、学問において真理を探究するための方法の話(方法序説)。加えて、その試みである屈折光学、気象学、幾何学。』()であり、元来は3つの科学論文集を収めた500ページを超える大著だった。今日の『方法序説』として扱われているテキストは、その書籍中の最初の78ページの「序文」部分であり、自身の方法論の発見・確立や刊行に至るまでの経緯を述べている。 序説と訳されるDiscoursは、Traitéが教科書のように体系的に書かれた論説であるのに対して、形式ばらない論考の意であり、デカルト自身がメルセンヌへの書簡で「方法の試み」であると呼んでいる。哲学的な内容はその後に出版された『省察 Meditationes de prima philosophia』とほぼ重なっているが、『方法序説』は自伝の記述をふくみ、思索の順序を追ってわかりやすく書かれているため、この一冊でデカルト哲学の核心を知ることができる。当時、多くの本がラテン語で書かれることが多い中、ラテン語の教育を受ける可能性が低かった当時の女性や子供たちでも読めるように、フランス語で書かれ、6つの部分に分かれている。 なお初版は、宗教裁判によって異端とされることを恐れて、偽名で発行された。.

新しい!!: レーモン・クノーと方法序説 · 続きを見る »

文体練習

『文体練習』(ぶんたいれんしゅう、Exercices de style)は、フランスの小説家レーモン・クノーの作品である。「バスに乗っているとき、首が長く奇妙な帽子をかぶった男ともう一人の乗客との口論を目撃する。2時間後に、同じ人物がサン・ラザール駅前で友人から『オーバーコートにもう一つボタンをつけるべきだ』と助言されているのを見かける。」という1つのストーリーを99通りの異なる文体で描いている。デジデリウス・エラスムスによる1512年の修辞学の手引き『De Utraque Verborum ac Rerum Copia』の、有名な33章を思わせる作品である。.

新しい!!: レーモン・クノーと文体練習 · 続きを見る »

数学

数学(すうがく、μαθηματικά, mathematica, math)は、量(数)、構造、空間、変化について研究する学問である。数学の範囲と定義については、数学者や哲学者の間で様々な見解がある。.

新しい!!: レーモン・クノーと数学 · 続きを見る »

10月25日

10月25日(じゅうがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から298日目(閏年では299日目)にあたり、年末まであと67日ある。.

新しい!!: レーモン・クノーと10月25日 · 続きを見る »

1903年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1903年 · 続きを見る »

1919年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1919年 · 続きを見る »

1921年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1921年 · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1924年 · 続きを見る »

1925年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1925年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1926年 · 続きを見る »

1928年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1928年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1929年 · 続きを見る »

1930年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1930年 · 続きを見る »

1932年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1932年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1933年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1934年 · 続きを見る »

1937年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1937年 · 続きを見る »

1938年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1938年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1939年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1940年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1948年 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1950年 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1951年 · 続きを見る »

1952年

この項目では、国際的な視点に基づいた1952年について記載する。.

新しい!!: レーモン・クノーと1952年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1955年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1956年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1957年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1959年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: レーモン・クノーと1960年 · 続きを見る »

1972年

協定世界時による計測では、この年は(閏年で)閏秒による秒の追加が年内に2度あり、過去最も長かった年である。.

新しい!!: レーモン・クノーと1972年 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: レーモン・クノーと1976年 · 続きを見る »

2月21日

2月21日(にがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から52日目にあたり、年末まであと313日(閏年では314日)ある。.

新しい!!: レーモン・クノーと2月21日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

レモン・クノーレイモン・クノークノー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »