ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

レングヴェニス・アルギルダイティス

索引 レングヴェニス・アルギルダイティス

レングヴェニスの印章(1395年) レングヴェニス・アルギルダイティス(Lengvenis Algirdaitis, 1360年頃 - 1431年以後)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスと、その2番目の妻ウリヤナ・トヴェリスカヤの間の息子の一人。ノヴゴロド共和国の勤務公(在位1389年 - 1392年、1406年 - 1411年)。有能な軍事指導者であった。 レングヴェニスは1387年にリトアニアの軍勢の一部を率いてドイツ騎士団と戦った。1389年、レングヴェニスは兄のリトアニア大公・ポーランド王ヨガイラからノヴゴロドの摂政に任命され、1392年まで務めた。彼はノヴゴロドの勤務公となる際、正教に改宗してシメオナス(Simonas)と名乗った。レングヴェニスが1392年にノヴゴロド公を退いた後、ヴィータウタスはレングヴェニスをムシチスラウ公に任命した。1406年から1411年まで、レングヴェニスは再びヴィータウタスによりノヴゴロド公に任じられた。ノヴゴロドの支配者として、彼はプスコフ共和国、リヴォニア騎士団、スウェーデンと戦った。 1410年、レングヴェニスはグルンヴァルトの戦いに参加し、スモレンスクから招集された3つの隊を率いて戦った。そのうちの1隊はレングヴェニスの息子ユルギスが指揮していた。レングヴェニスは1411年の第一次トルンの和約の調印に加わっている。レングヴェニスはモスクワ大公ドミトリー・ドンスコイの娘マリヤ・ドミトリーエヴナと結婚した。 Category:ノヴゴロド公 Category:ムスチスラヴリ公 Category:アルギルダス家 Category:1360年代生 Category:1430年代没.

15 関係: ノヴゴロド公国ムスチスラヴリ公リヴォニア騎士団リトアニア大公国ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)ヴィータウタスプスコフ公国ドミートリー・ドンスコイドイツ騎士団アルギルダススモレンスクスウェーデンタンネンベルクの戦い (1410年)第一次トルンの和約正教会

ノヴゴロド公国

ノヴゴロド公国(Новгородская республика、Новгородская земьля)は、公座を大ノヴゴロドに置いていた中世のルーシ(古代ロシア)の主要な都市国家の一つ。中世には特殊な貴族共和制により、しばしばノヴゴロド共和国と呼ばれ、こちらの名前が定着しつつある。その他、ノヴゴロド国という表記も見られる。 「タタールのくびき」にルーシ全体があえぎ、北方十字軍がスラヴ人へ正教からカトリックへの「剣による改宗」を強制していた13世紀のルーシの中心であった。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとノヴゴロド公国 · 続きを見る »

ムスチスラヴリ公

ムスチスラヴリ公はスモレンスク公国の分領公国(後に再併合、さらにその後にはリトアニア大公国に従属)だったムスチスラヴリ公国の君主の称号である(「公」はクニャージからの訳出による)。公・公国の名は、その中心都市だったムスチスラヴリ(現ムスツィスラウ)による。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとムスチスラヴリ公 · 続きを見る »

リヴォニア騎士団

リヴォニア騎士団は、ドイツ騎士団のリヴォニア地域にあった自治的な分団で、1435年から1561年までリヴォニア連盟に参加していた。シャウレンの戦いでサモギティア人に敗北した後、リヴォニア帯剣騎士団の残党はドイツ騎士団に吸収され、1237年にリヴォニア騎士団として分団を組織した。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとリヴォニア騎士団 · 続きを見る »

リトアニア大公国

フ県などが置かれた地域)を獲得した。 合同により、現在のウクライナにあたる地域がポーランドの領土となっている。 ヤン・マテイコ画『リトアニア大公国の洗礼』(1387年) リトアニア大公国(リトアニアたいこうこく、、)は、13世紀から1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてと呼ばれるようになった。 リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとリトアニア大公国 · 続きを見る »

ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)

ヨガイラ(Jogaila)、後のヴワディスワフ2世ヤギェウォ(彼は以下の複数の名で知られている: Jogaila Algirdaitis; Władysław II Jagiełło; Jahajła (Ягайла)。:en: Names and titles of Władysław II Jagiełłoを参照のこと、1362年頃–1434年6月1日)はリトアニア大公(1377年–1434年)、ポーランドの王配(1386年–1399年)及び単独のポーランド国王(1399年–1434年)。1377年からリトアニアを統治し、最初は叔父のケーストゥティスと共同で統治した。1386年にクラクフでヴワディスワフの名で洗礼を受けて若き女王ヤドヴィガ・アンジューと結婚し、ポーランド国王ヴワディスワフ2世ヤギェウォとして戴冠した。1387年にはリトアニア全土をキリスト教に改宗させた。ヤドヴィガの死を受けて1399年からヴワディスワフ2世による単独の統治が始まり、それは35年以上にも続き、数世紀に及ぶポーランド・リトアニア合同の土台が築かれた。ヴワディスワフ2世は己の名前を帯びたヤギェウォ朝の創設者である一方、異教徒としてのヨガイラはリトアニア大公国を創設したゲディミナス朝の後継者であった。王朝は両国を1572年まで支配し1596年に没したアンナ・ヤギェロンカがヤギェウォ家最後の男系の人物である。、中世後期及び近世の中・東欧で最も影響力のある王朝の一つとなっている。その統治期間中、ポーランド=リトアニア合同はキリスト教世界で最大の国家であった。 ヨガイラは中世リトアニア最後の異教の君主であった。クレヴォ合同の結果、ポーランド国王になった後に新たに形成されたポーランド・リトアニア合同はドイツ騎士団勢力の台頭に直面することとなった。1410年のタンネンベルクの戦いでの合同の勝利は、第一次トルンの和約により、ポーランドとリトアニアの国境線を確固たるするものとなり、ヨーロッパに重要な戦力としてのポーランド=リトアニア合同の出現を印象付けた。ヴワディスワフ2世ヤギェウォの統治はポーランドの国境を拡張させ、大概はポーランド黄金時代の幕開けと見做されている。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとヴワディスワフ2世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヴィータウタス

ヴィータウタス ヴィータウタス(リトアニア語:Vytautasヴィータウタス、1352年 - 1430年10月27日、在位1401年 - 1430年)は、リトアニア大公国の大公である。ケーストゥティスの子にあたる。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとヴィータウタス · 続きを見る »

プスコフ公国

プスコフ公国(プスコフ共和国)(Псковское княжество(Псковская республика))は、中世のルーシにおいて、プスコフを首都として成立した国家である。11世紀初めから1136年まではキエフ大公国の代官によって管理されたが、その後に、広範囲にわたる自治権を有したままノヴゴロド公国(ノヴゴロド共和国)の一部に組み込まれた。1348年より完全に独立し、1510年にモスクワ公国に組み込まれた。 (留意事項):本頁における国家・事件・事象等の名称は、意訳・直訳によるものを含む。詳しくは各リンク先を参照されたし。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとプスコフ公国 · 続きを見る »

ドミートリー・ドンスコイ

ドミートリー・ドンスコイ ドミートリー・ドンスコイ(ドミートリイ、ドミトリー、またドンスコーイとも;Дмитрий Донской ドミートリイ・ダンスコーイ、1350年10月12日 - 1389年5月19日、在位は1359年 - 1389年)は、第4代モスクワ大公。イヴァン2世の子。イヴァン1世の孫。本名はドミートリー・イヴァーノヴィチ。ドミートリー・ドンスコイという名は「ドン川のドミートリー」という意味の称号で、ドン地方で武功を挙げたことによる。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとドミートリー・ドンスコイ · 続きを見る »

ドイツ騎士団

ドイツ騎士団(ドイツきしだん、Deutscher Orden)とは、ローマ・カトリック教会の公認した騎士修道会の一つである。正式名称はドイツ人の聖母マリア騎士修道会(Ordo domus Sanctae Mariae Theutonicorum Ierosolimitanorum、Orden der Brüder vom Deutschen Haus der Heiligen Maria in Jerusalem)。英語では Teutonic Order と呼ばれ、日本ではその訳語であるチュートン騎士団でも知られる。 12世紀後半、聖地パレスチナに巡礼するキリスト教信者の護衛と病院設立の目的で設立された。メンバーは、中世には十字軍の騎士修道会とし任務していたので、一般的にはチュートン騎士として知られていた。プロイセンなど統治し、東方植民の先駆けとなった。テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団と共に、中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられる。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとドイツ騎士団 · 続きを見る »

アルギルダス

アルギルダスもしくはオルゲルト(Algirdas/Olgerd、1296年 - 1377年)は、中世リトアニアの君主。アルギルダスは1345年から1377年にかけてリトアニア人とルーシ人の君主とリトアニア大公国を統治した。西方の国境を守る弟のケーストゥティスの支持の許でアルギルダスはバルト海から黒海、モスクワまで50マイルにも及ぶ広大な領域を築いた。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとアルギルダス · 続きを見る »

スモレンスク

モレンスク (Смоленск, Smolensk) は、ドニエプル川沿いに位置する、ロシア連邦の西方の都市である。モスクワからは西南西へ360km、スモレンスク州の州都。人口は351,100人(2003年推計)、2002年国勢調査では325,137人であった。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとスモレンスク · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとスウェーデン · 続きを見る »

タンネンベルクの戦い (1410年)

タンネンベルクの戦いあるいはグルンヴァルトの戦いは、1410年7月15日、ポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団の間で戦われた戦闘である。現在のポーランドのヴァルミア・マズールィ県にある、グルンヴァルト村・ステンバルク(タンネンベルク)村と村の間にある平原で戦われた。この戦いで勝利をおさめたポーランド・リトアニアはさらに勢力を拡大、ヨーロッパで最大の版図をもつ強国として最盛期を迎えることになる。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスとタンネンベルクの戦い (1410年) · 続きを見る »

第一次トルンの和約

一次トルンの和約の条文 第一次トルンの和約(波I pokój toruński 、独Erster Frieden von Thorn)は、ポーランド・リトアニア連合とドイツ騎士団との平和条約である。ドイツ騎士団領の最南端の都市の1つトルンで1411年2月1日に条約は調印された。 歴史学においては、1410年7月のタンネンベルクの戦いでの騎士団の決定的な敗北を利用できなかったので、条約はポーランド・リトアニア連合の外交上の失敗であるとしばしば表現される。騎士団は戦争でポーランドから奪ったドブジンを返し、ジェマイティヤで一時的な領土の譲歩を行っただけだった。そしてその内容は、ポーランド王ヴワディスワフ2世とリトアニア大公ヴィータウタスが生きている間だけリトアニアが領有するというものであった。 条約は安定的なものではなかった。1414年の飢餓戦争と、1422年のゴルプ戦争という2つの短い戦争が行われ、領土争いを解決したメルノ条約が調印された。しかし、莫大な戦争賠償は騎士団に著しい財政的負担を強いることとなり、内部の社会不安と経済停滞を引き起こした。以降ドイツ騎士団は以前の勢力を回復することはなかった。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスと第一次トルンの和約 · 続きを見る »

正教会

Σημειώσεις από τις παραδόσεις τού καθηγητού Ι. Δ. Ζηζιούλαより)。 正教会(せいきょうかい、Ορθόδοξη Εκκλησία、Православие、Orthodox Church)は、ギリシャ正教もしくは東方正教会(とうほうせいきょうかい、Eastern Orthodox Church)とも呼ばれる、キリスト教の教会(教派)の一つ。 日本語の「正教」、英語名の"Orthodox"(オーソドックス)は、「正しい讃美」「正しい教え」を意味するギリシャ語のオルソドクシア "ορθοδοξία" に由来する。正教会は使徒継承を自認し、自身の歴史を1世紀の初代教会にさかのぼるとしている『正教会の手引き』8頁 - 11頁。 なお「東方教会」(とうほうきょうかい)が正教会を指している場合もある。 例外はあるものの、正教会の組織は国名もしくは地域名を冠した組織を各地に形成するのが基本である。コンスタンディヌーポリ総主教庁、アレクサンドリア総主教庁、アンティオキア総主教庁、エルサレム総主教庁、ロシア正教会、セルビア正教会、ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、グルジア正教会、ギリシャ正教会、日本正教会などは個別の組織名であって教会全体の名ではない。いずれの地域別の教会組織も、正教として同じ信仰を有している。教会全体の名はあくまで正教会であり、「ロシア正教に改宗」「ルーマニア正教に改宗」といった表現は誤りである。 なお、アルメニア使徒教会、シリア正教会、コプト正教会、エチオピア正教会なども同じく「正教会」を名乗りその正統性を自覚しているが、上に述べたギリシャ正教とも呼ばれる正教会とは別の系統に属する。英語ではこれらの教会は"Oriental Orthodox Church"とも呼ばれる。詳細は非カルケドン派正教会を参照。.

新しい!!: レングヴェニス・アルギルダイティスと正教会 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »