ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク

索引 ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク

ルートヴィヒの肖像画、1800年 ルートヴィヒ・フリードリヒ・アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク(ドイツ語:Ludwig Friedrich Alexander von Württemberg, 1756年8月30日 トゥシェビャトゥフ - 1817年9月20日 キルヒハイム)は、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンと、その妃でブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの間の次男。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世のすぐ下の弟で、ロシア皇后マリア・フョードロヴナの兄。 ルートヴィヒは1784年にポーランド・リトアニア共和国の大貴族アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公の娘マリア・アンナと結婚し、リトアニア軍に騎兵隊の将軍として出仕していた。しかし1792年にロシア・ポーランド戦争が始まると、ロシア皇太子妃の実兄であるルートヴィヒはロシアと戦うのを拒んで戦線を離脱した。妻マリア・アンナは夫がポーランドを裏切ったことを知ると離婚を決意し、夫妻は翌1793年に離婚した。.

30 関係: マリア・フョードロヴナ (パーヴェル1世皇后)マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルクマリア・アンナ・チャルトリスカバイロイトポーランド・リトアニア共和国ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒレオポルト (バーデン大公)ヴュルテンベルクヴュルテンベルク君主一覧ヴュルテンベルク王国ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルクブランデンブルク=シュヴェートパウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1800-1873)テック公フランツ・フォン・テックフリーデリケ・ドロテア・ゾフィア・フォン・ブランデンブルク=シュヴェートフリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)フリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公)フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯)ドイツ語アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク (1804-1885)アダム・フォン・ヴュルテンベルクアダム・カジミェシュ・チャルトリスキカール・クリスティアン (ナッサウ=ヴァイルブルク侯)1756年1817年8月30日9月20日

マリア・フョードロヴナ (パーヴェル1世皇后)

マリア・フョードロヴナ(Мария Фёдоровнаマリーヤ・フョーダラヴナ;ラテン文字転写の例:Maria Feodorovna、1759年10月25日(ユリウス暦10月14日) - 1828年11月5日(グレゴリオ暦11月12日))は、ロシア皇帝パーヴェル1世の皇后。ドイツ語名はゾフィー・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク(Sophie Dorothea von Württemberg)。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとマリア・フョードロヴナ (パーヴェル1世皇后) · 続きを見る »

マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク

ーストリア大公妃マリア・ドロテア マリア・ドロテア マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク(Maria Dorothea Luise Wilhelmine Caroline von Württemberg, 1797年11月1日 - 1855年3月30日)は、オーストリア大公でハンガリー総督だったヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒの3度目の妃。 ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男であるヴュルテンベルク公ルートヴィヒとその2度目の妃ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルクの長女として、カールスルーエ(現ポーランドのポコイ)で生まれた。妹にヴュルテンベルク王妃パウリーネがいる。 1818年8月24日、43歳のヨーゼフ・アントンとキルヒハイム・ウンター・テック(現在のバーデン・ヴュルテンベルク州の町)で結婚。5子をもうけた。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとマリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

マリア・アンナ・チャルトリスカ

マリア・アンナ・チャルトリスカ(ポーランド語:Maria Anna Czartoryska,1768年3月15日 - 1854年10月21日)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族女性、作家。マリア・ヴィルテンベルスカ(Maria Wirtemberska)とも呼ばれる。 アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公とその妻イザベラ・フレミング伯爵夫人の間に次女として生まれた。弟にアダム・イェジ・チャルトリスキ公がいる。1784年にヴュルテンベルク公フリードリヒ2世の次男で、ロシア皇太子妃マリア・フョードロヴナの兄にあたるルートヴィヒと結婚した。夫はリトアニア軍の将軍であったが、1792年にロシア・ポーランド戦争が始まると、ロシアとの交戦を拒否して戦線を離脱した。マリア・アンナは夫のポーランドへの裏切りを知って離婚を決意し、1793年正式に離別した。夫妻にはその前年、長男アダムが生まれていたが、父方に引き取られた。 1818年、マリア・アンナはポーランド語の感傷的な小説『マルヴィナ(Malwina)』を発表し、話題を呼んだ。 Category:ポーランドの著作家 Category:ヴュルテンベルク公妃 まりあ あんな Category:ポーランド・リトアニア共和国の人物 Category:1768年生 Category:1854年没.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとマリア・アンナ・チャルトリスカ · 続きを見る »

バイロイト

バイロイト(Bayreuth)は、バイエルン州オーバーフランケン行政管区の郡独立市。オーバーフランケン行政管区、オーバーフランケン郡市連合およびバイロイト郡の本部庁舎が存在している。グリューネン・ヒューゲル地区の祝祭歌劇場で毎年開催されるバイロイト音楽祭(リヒャルト・ワーグナー音楽祭)で世界的に有名である。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとバイロイト · 続きを見る »

ポーランド・リトアニア共和国

ポーランド・リトアニア共和国(ポーランド・リトアニアきょうわこく)、正式国称ポーランド王国およびリトアニア大公国(ポーランドおうこくおよびリトアニアたいこうこく、Królestwo Polskie i Wielkie Księstwo Litewskie)は、ポーランド王国とリトアニア大公国の制度的国家合同(ルブリン合同)によって1569年から1795年まで存在した複合君主制国家。18世紀後半には対外的な国称として最も静穏なるポーランド共和国、国内ではジェチュポスポリタ(Rzeczpospolita、共和国)と呼ばれた。また、二民族の共和国という呼称もあるが、1967年のパヴェウ・ヤシェニツァによる造語である。歴史学では「貴族の共和国 (Rzeczpospolita szlachecka) 」や「第一共和国 (I Rzeczpospolita) 」という用語も用いられる。 16・17世紀のヨーロッパ世界においてオスマン帝国に次いで広大な国の1つであった. Retrieved March 19, 2006: At its apogee, the Polish-Lithuanian Commonwealth comprised some and a multi-ethnic population of 11 million. For population comparisons, see also those maps:,. 。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとポーランド・リトアニア共和国 · 続きを見る »

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ

ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ(, 1776年3月9日 - 1847年1月13日)は、オーストリア帝国の皇族。ハンガリー語名はハーブスブルグ・ヨージェフ・アンタル()、イタリア語名はジュゼッペ・アントニオ・ダズブルゴ=ロレーナ()。 ハプスブルク=ロートリンゲン家のハンガリーにおける分家の祖として名高い。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ · 続きを見る »

レオポルト (バーデン大公)

レオポルト・フォン・バーデン(Leopold von Baden, 1790年8月29日 - 1852年4月24日)は、第4代バーデン大公(在位:1830年 - 1852年)。 初代バーデン大公カール・フリードリヒとその2度目の妻ルイーゼ・フォン・ガイヤースベルクの長男として、カールスルーエで生まれた。カール・フリードリヒとルイーゼの結婚は貴賤結婚と見なされ、当初2人の間の子供達には大公位継承権が与えられず、ルイーゼの称号ホフベルク伯を授かったのみだった。バーデンに残っても生活するための地位も財産もないレオポルトは、フランス軍に入って士官となる道を選んだ。 1817年、日陰の身であったレオポルトに劇的な変化が訪れた。甥で当時の大公カールの一人息子アレクサンダーが生後1年で夭折したのである。カールの他にカール・フリードリヒ大公と最初の妃カロリーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットの血を引くのは、カール・フリードリヒの三男でレオポルトの異母兄のルートヴィヒだけであった。ルートヴィヒにも嫡子がなく、バーデン大公家の男系が断絶する恐れが濃厚となった。 ルートヴィヒの次に継承権を持つのは、隣国のバイエルン王マクシミリアン1世であった。マクシミリアン1世はカールの姉カロリーネを後妻に迎え王妃としていた。バーデン大公家では、男系の次に年長の女系につらなる相続法を認めていたのである。結果として、バイエルンはバーデンに対し多種多様な大公位継承の申し出を行ってきた。1816年のウィーン会議では、バイエルンはオーストリア帝国と並んで、ヴィッテルスバッハ家へ継承させるようバーデンへ圧力をかけた。 家系断絶を回避するため、カールはツェーリンゲン家に大公位を残す手だてを講じた。彼は、父カール・ルートヴィヒの異母弟たちに大公位継承権を与えることにしたのである。1817年、ホフベルク伯爵夫人の生んだ子供たちに、大公家の正嫡の男子と等しい権利を与える新継承法を公布した。これをもって、レオポルトは異母兄ルートヴィヒに次ぐ大公位継承権者となった。 翌1818年、カールは自由主義的な憲法を公布した。この憲法には、ルイーゼ・フォン・ガイヤースベルクの生んだ子供たちを嫡子とする旨が記載されていた。同年のカールの死後、列強(イギリス、フランス、オーストリア、ロシア、プロイセン)はバーデンのホフベルク系の継承権を認めた。 カールの後を継いだルートヴィヒ1世は、継承順位1位の異母弟レオポルトの地位をさらに固めるため、姪フリーデリケの娘にあたるスウェーデン王女ソフィアとの縁組みをお膳立てした。ソフィアはスウェーデンの廃王グスタフ4世アドルフの娘であり、カール・ルートヴィヒの孫娘であった。この結婚は、カール・フリードリヒの2人の妃の血統を融合させる意味があった。ソフィアは両親共に王族であり、庶子として生まれたレオポルトの烙印をそそぐ役目もあった。 1830年、ルートヴィヒ1世が嫡子の無いまま死去、レオポルトは大公位を継承した。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとレオポルト (バーデン大公) · 続きを見る »

ヴュルテンベルク

ドイツ帝国期(1871年 - 1918年)のヴュルテンベルク ヴュルテンベルク(Württemberg)は、ドイツ南西部に存在した領邦国家。首都はシュトゥットガルトであったが、一時期は君主の座所がルートヴィヒスブルクやウラッハに置かれたこともある。現在はドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州の東北部の部分を構成する。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヴュルテンベルク君主一覧

ヴュルテンベルク王家の居住の中心であるドイツのアルツハウゼンの宮殿の門に掲げられた王家の紋章。 ヴュルテンベルク伯の紋章 エーバーハルト1世によって採用された紋章。 ヴュルテンベルク君主一覧では、1918年まで続いた伯から王までのドイツ・ヴュルテンベルクの君主を列挙する。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヴュルテンベルク君主一覧 · 続きを見る »

ヴュルテンベルク王国

ヴュルテンベルク王国(ヴュルテンベルクおうこく、)は、19世紀から20世紀初めにかけてドイツ南部を統治した王国。ヴァイマル共和政下でのシュトゥットガルト近辺はヴュルツブルク自由国民国であった。第二次世界大戦後、旧王国領は旧バーデン大公国領のバーデン州と合併してバーデン=ヴュルテンベルク州となった。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヴュルテンベルク王国 · 続きを見る »

ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)

ヴィルヘルム1世(Wilhelm I.、1781年9月27日 - 1864年6月25日)は、ヴュルテンベルク王国の第2代国王(在位:1816年 - 1864年)。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の長男で、全名はヴィルヘルム・フリードリヒ・カール(Wilhelm Friedrich Karl)。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク

ヴュルテンベルク公爵夫人ヘンリエッテ ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク(Henriette von Nassau-Weilburg, 1780年4月22日 - 1857年1月2日)は、ドイツのナッサウ=ヴァイルブルク家の侯女で、ヴュルテンベルク王族であるヴュルテンベルク公ルートヴィヒの妻。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンとその妃でオラニエ公ウィレム4世の娘であるカロリーネの間に末娘として生まれた。ごく幼い頃に両親を亡くしたため、兄のナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの手元で育てられた。 1797年1月28日、ヘンリエッテはヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男ルートヴィヒと結婚した。ルートヴィヒはマリア・アンナ・チャルトリスカと離婚しており、この結婚は再婚だった。ヘンリエッテと24歳年上の夫ルートヴィヒの夫婦仲は良好だったと言われる。ルートヴィヒはプロイセンやロシアに将軍として仕えていたため、ヘンリエッテも夫の転勤に従い各国を転々とした。ヴュルテンベルクに帰国後の1811年、夫妻はルートヴィヒの兄であるヴュルテンベルク王フリードリヒ1世よりキルヒハイム城を一家の住居として与えられた。 夫の死後、ヘンリエッテは熱心に社会事業を行うようになり、キルヒハイムの町は彼女のおかげで発展した。晩年のヘンリエッテは敬虔主義派の指導者アルベルト・クナップに深く帰依し、キルヒハイムではその後長いあいだ敬虔主義の説教師たちが盛んに活動していた。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク · 続きを見る »

ブランデンブルク=シュヴェート

ュヴェート辺境伯家の本拠、シュヴェート城 ブランデンブルク選帝侯妃ドロテア、シュヴェート辺境伯家の実質的な始祖 ブランデンブルク=シュヴェート(Brandenburg-Schwedt)は、ブランデンブルク辺境伯領の北部に1688年から1788年にかけて存在した行政地域。ブランデンブルク=プロイセンの支配者家門であるホーエンツォレルン家の傍系が領主として治めた。ウッカーマルク=ノイマルク地方に属するシュヴェートおよびフィアラーデン、ヒンターポンメルン地方に属するヴィルデンブルフ(現在のポーランド領スフォブニツァ)から構成されていた。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯と呼ばれた領主は主権を持たなかった。 三十年戦争の後遺症で資金繰りに苦しんでいたブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)は、貴族のファーレンスバッハ伯爵グスタフ・アドルフ(1629年 - 1689年)から、シュヴェートとその周辺地域を抵当に入れることを条件に2万5000ターラーを貸し付けてもらった。 大選帝侯は1668年、すでに後継者フリードリヒ(後のプロイセン王フリードリヒ1世)がいる身で後妻のグリュックスブルク公女ドロテア・ゾフィーを迎えた。選帝侯夫人ドロテアは父親の後継ぎになれない自分の産んだ息子たちに経済的な保障を残そうと考え、1670年に2万6500ターラーを支払ってシュヴェートを取り戻し、これを自分の最年長の息子フィリップ・ヴィルヘルムに相続させることにした。ドロテアはさらに多くの領地を買い上げてシュヴェートの所領を拡大したため、シュヴェート辺境伯領は3都市、3つの城、33の村、24の荘園を含む規模になった。 ドロテアは三十年戦争で荒廃したシュヴェート城の修復に努め、都市とその周辺部の経済的な発展にも力を尽くした。1686年の春には、オランダ人移民とフランスのユグノー難民が迎えられ、タバコの栽培に従事するようになった。18世紀末、ウッカーマルク地方には44km²もの広さのタバコ農地が広がり、このタバコ作付面積は当時のドイツで最大の規模を誇った。 初代のシュヴェート辺境伯フィリップ・ヴィルヘルムは領地の徹底的な開発を進め、また莫大な資金をかけて自らの居城を整備した。その長男フリードリヒ・ヴィルヘルム(「気違い辺境伯(der tolle Markgraf)」と呼ばれた)も父と同様に城の改良と美化に努め、シュヴェートをシュヴェート辺境伯の居所として定めた。フリードリヒ・ヴィルヘルムの弟で後を継いだフリードリヒ・ハインリヒも、シュヴェートを文化的中心に発展させた。 フリードリヒ・ハインリヒが1788年に死ぬとブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家は断絶し、シュヴェート辺境伯領はプロイセン王国に併合された。1794年、シュヴェート城はプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の次男ルートヴィヒに邸宅として与えられた。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとブランデンブルク=シュヴェート · 続きを見る »

パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1800-1873)

ール王子を抱くパウリーネ、ヨーゼフ・スティエラー画 パウリーネ・テレーゼ・ルイーゼ・フォン・ヴュルテンベルク(Pauline Therese Luise von Württemberg, 1800年9月4日 - 1873年3月10日)は、ヴュルテンベルク王ヴィルヘルム1世の3度目の王妃。 ヴュルテンベルク公子ルートヴィヒ・フリードリヒ(ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男)と、ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンの娘ヘンリエッテの第3子として、リガで生まれた。 従兄にあたるヴィルヘルムと1820年4月15日に結婚、3子の母となった。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとパウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1800-1873) · 続きを見る »

テック公

テック公の紋章 テック公(ドイツ語:Herzog von Teck)はドイツ貴族の称号。1187年から1439年まではツェーリンゲン家の傍系がテック公国(Herzogtum von Teck)の統治者として同称号を使い、1871年から1917年まではヴュルテンベルク家の庶流が儀礼称号として使用した。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとテック公 · 続きを見る »

フランツ・フォン・テック

テック公爵フランツ フランツ・フォン・テック (Herzog Franz Paul Karl Ludwig Alexander von Teck, 1837年8月28日 - 1900年1月21日)は、初代テック公。現英国女王エリザベス2世の曽祖父にあたる。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとフランツ・フォン・テック · 続きを見る »

フリーデリケ・ドロテア・ゾフィア・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート

長男フリードリヒの肖像画を手に取るヴュルテンベルク公妃フリーデリケ・ドロテア フリーデリケ・ドロテア・ゾフィア・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート(Friederike Dorothea Sophia von Brandenburg-Schwedt, 1736年12月18日 - 1798年3月9日)は、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの妃。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとフリーデリケ・ドロテア・ゾフィア・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート · 続きを見る »

フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)

フリードリヒ1世(Friedrich I. Wilhelm Karl von Württemberg、1754年11月6日 - 1816年10月30日)は、ヴュルテンベルク王国初代国王(在位:1805年 - 1816年)。ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンとその妃フリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの長男としてリガ近郊で生まれた。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとフリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

フリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公)

フリードリヒ2世オイゲン フリードリヒ2世オイゲン(Friedrich Eugen, 1732年1月21日 - 1797年12月23日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1795年 - 1797年)。ヴュルテンベルク公カール・アレクサンダーと妃マリア・アウグスタ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスの四男として、シュトゥットガルトで生まれた。カール・オイゲン公、ルートヴィヒ・オイゲン公の弟にあたる。 1795年、次兄ルートヴィヒ・オイゲンの急死により公位を継いだが2年後に急死、長男のフリードリヒ3世が後を継いだ。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとフリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯)

ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムと辺境伯夫人ゾフィー・ドロテア フリードリヒ・ヴィルヘルム(Friedrich Wilhelm von Brandenburg-Schwedt, 1700年12月17日 - 1771年3月4日)は、プロイセンの王族、プロイセン王子(Prinz in Preußen)。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯。プロイセン王フリードリヒ1世の異母弟ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フィリップ・ヴィルヘルムと、アンハルト=デッサウ侯ヨハン・ゲオルク2世の娘ヨハンナ・シャルロッテの間の長子。 1734年、フリードリヒ・ヴィルヘルムは従兄のプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の娘ゾフィー・ドロテアを妻に迎えている。辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムは常に悪ふざけを起こしては廷臣達をてんてこ舞いさせたため、「気違い辺境伯(der tolle Markgraf)」と呼ばれた。また狩猟に情熱を注ぎ、神聖ローマ皇帝カール6世によって神聖ローマ帝国狩猟長官に任命されたほどだった。 フリードリヒ・ヴィルヘルムは自分の持つ小さな領国を大いに改良し美化した。シュヴェートの所領ではシュヴェート城の周囲を美化させ、庭園を改良すると同時に城の領域を拡大させ、城全体の様相は古典主義様式からイタリア様式へと美しく変貌した。フリードリヒ・ヴィルヘルムが1730年代後半に自分の宮廷で小姓として召し使ったフリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツは後に義兄フリードリヒ2世の騎兵隊司令官となり、2人の付き合いは生涯続いたが、辺境伯との交際はセイドリッツに決して良い影響を与えなかった。 フリードリヒ・ヴィルヘルムは1771年、魚釣りをした際に重い風邪にかかり、ヴィルデンブルフで亡くなった。息子は皆幼くして死んでいたため、弟のフリードリヒ・ハインリヒが後を継いだ。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとフリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯) · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとドイツ語 · 続きを見る »

アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク (1804-1885)

アレクサンダー、1856年 アレクサンダー・パウル・ルートヴィヒ・コンスタンティン・フォン・ヴュルテンベルク(ドイツ語:Alexander Paul Ludwig Konstantin von Württemberg, 1804年9月9日 - 1885年7月4日)は、ドイツのヴュルテンベルク王国の王族。テック公爵家の始祖。ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の弟ルートヴィヒと、その2番目の妻でナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンの娘であるヘンリエッテとの間の息子として、サンクトペテルブルクで生まれた。 アレクサンダーは1835年、ハンガリーの伯爵令嬢レーデイ・クラウディアと貴賤結婚をし、間に3人の子女をもうけた。クラウディアはホーエンシュタイン伯爵夫人の称号を与えられ、子供たちも同様の称号を許されたが、王族として扱われることはなかった。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとアレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク (1804-1885) · 続きを見る »

アダム・フォン・ヴュルテンベルク

ヴュルテンベルク公アダム アダム・カール・ヴィルヘルム・フォン・ヴュルテンベルク(Adam Karl Wilhelm von Württemberg, 1792年1月16日 - 1847年7月27日)は、ヴュルテンベルクの王族、ロシア帝国の将軍。ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の甥。 ヴュルテンベルク公ルートヴィヒと、その最初の妻マリア・アンナ・チャルトリスカ公女の間の一人息子として、プワヴィで生まれた。誕生の翌年に両親が離婚したため父方に引き取られ、父の妹であるロシア皇后マリヤ・フョードロヴナに養育された。アダムはマリヤ皇后の息子である後の皇帝ニコライ1世の遊び相手となり、早くにロシア軍に入隊、後にロシア領ポーランド会議王国軍に移って将軍にまで昇進している。 1830年にワルシャワで11月蜂起が発生すると、ポーランド総督を務める従兄のコンスタンチン・パヴロヴィチ大公に随行して直ちにワルシャワを脱出した。アダムはツィプリアン・クロイツ将軍の率いるロシア鎮圧軍の騎兵旅団に所属してポーランドの蜂起軍と戦ったが、同旅団はオルシンカ・グロホフスカの戦いの直前の1831年2月19日にユゼフ・ドゥベルニツキ将軍率いるポーランド軍に敗北している。アダムはその後、ニコライ1世の下で陸軍中将、高級副官にまで昇進したが、晩年には退官して余生をドイツで送った。 Category:ロシア帝国の将軍 あたむ Category:聖ゲオルギー勲章受章者 Category:聖ウラジーミル勲章受章者 Category:聖アレクサンドル・ネフスキー勲章受章者 Category:聖アンナ勲章受章者 Category:1792年生 Category:1847年没.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとアダム・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ

アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公爵(ポーランド語表記:Adam Kazimierz Czartoryski,1734年12月1日 - 1823年3月19日)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族、作家、批評家、政治家。 ルテニア県知事を務めるアウグスト・アレクサンデル・チャルトリスキ公爵と、王冠領大ヘトマンであるアダム・ミコワイ・シェニャフスキの娘マリア・ゾフィアとの間の長男として生まれた。1758年からポドレの総代官を務めた。父や伯父が中核をになう党派「ファミリア」の次代の指導者として期待されていたが、1763年の国王自由選挙では芸術のパトロンとしての事業に熱中するあまり立候補を辞退し、代わって王位についたのは従弟のスタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキだった。しかし新王の政府では「愛国派」の指導者として、また国民教育委員会の共同創設者の一人として常に国政の中枢にあった。彼は妻イザベラの協力を得て、プワヴィにある私邸チャルトリスキ宮殿をポーランドの知的・政治的な社交の中心地とすることに成功した。 アダム・カジミェシュはまた、「モニトル」紙の共同発行人となるなど、ポーランド啓蒙主義の指導的存在の一人でもあった。1768年に彼は騎士学校の校長となり、1788年から1792年まで開かれた歴史的な4年議会にはルブリン選出代議員として立ち会った。5月3日憲法を支持し、これを否決しようとするタルゴヴィツァ連盟に参加することを頑として拒んだ。アダム・カジミェシュは1764年5月から6月にかけての招集議会、およびワルシャワ大公国での1812年6月の臨時セイムで議長を務めた。またナポレオン・ボナパルトは1812年、ポーランド王国総連盟を設立する際、アダム・カジミェシュをその議長の座につかせている。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとアダム・カジミェシュ・チャルトリスキ · 続きを見る »

カール・クリスティアン (ナッサウ=ヴァイルブルク侯)

ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンとその妃カロリーネの肖像が彫られたメダル カール・クリスティアン(独:Karl Christian von Nassau-Weilburg, 1735年1月15日 - 1788年11月28日)は、ナッサウ=ヴァイルブルク侯(在位1753年 - 1788年)。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・アウグストと、同族のナッサウ=イドシュタイン侯ゲオルク・アウグストの娘アウグステ・フリーデリケの間の一人息子として、ヴァイルブルクで生まれた。11歳のとき、カール・クリスティアンはデンマーク軍人のデ・ラ・ポトリ大佐に付き添われて、教育のためにスイスのローザンヌへ留学した。父の後を継いだ1753年から翌年の1754年まで、カール・クリスティアンは親類のナッサウ=ウジンゲン侯カールの後見下にあった。カール・クリスティアンは初めオランダ軍の歩兵連隊の司令官として出仕し、1769年にはオーバーライン・クライス連合軍の元帥に就任している。カール・クリスティアンはベルゲン・オプ・ゾームおよびマーストリヒト、スルイスの総督を務め、またオランダ近衛騎兵連隊の隊長でもあった。 カール・クリスティアンは1784年、自分の領国ナッサウ=ヴァイルブルクに新たな行政区分を制定した。内政では、彼は自分に仕えた官僚、聖職者、教師の未亡人たちのための年金基金を創設した。またヴァイルブルクの領民たちからの要請を受け、領国内に住む貧民たちを追放している。さらにカール・クリスティアンは領内の教育制度をも新しく整備した。また、カール・クリスティアンは1783年、ナッサウ家の諸侯たちとともに同族結社を結成している。 カール・クリスティアンは1788年に亡くなり、息子のフリードリヒ・ヴィルヘルムが後を継いだ。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクとカール・クリスティアン (ナッサウ=ヴァイルブルク侯) · 続きを見る »

1756年

記載なし。

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクと1756年 · 続きを見る »

1817年

記載なし。

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクと1817年 · 続きを見る »

8月30日

8月30日(はちがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から242日目(閏年では243日目)にあたり、年末まであと123日ある。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクと8月30日 · 続きを見る »

9月20日

9月20日(くがつはつか、くがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から263日目(閏年では264日目)にあたり、年末まであと102日ある。.

新しい!!: ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクと9月20日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »