ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)

索引 ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)

ルドン (フランス語およびブルトン語:Redon、ガロ語:Rdon)は、フランス、ブルターニュ地域圏、イル=エ=ヴィレーヌ県のコミューン。.

31 関係: 助祭地域圏急行輸送ナントラテン語レンヌヴァンヌヴィレーヌ川ブルトン語ブルターニュ地域圏ブルターニュ公国ブレスト (フランス)フランク人フランスフランス語フランソワ1世 (ブルターニュ公)ドイツアンヌ・ド・ブルターニュアンドーヴァー (イングランド)イル=エ=ヴィレーヌ県イギリスエウゲニウス4世 (ローマ教皇)カンペールガロ語 (ロマンス語)ケルト人コミューン瞑想INSEE教皇2008年2010年2014年

助祭

助祭(じょさい、)はキリスト教における教会職務のひとつで、ギリシャ語のδιάκονος(奉仕者の意)を語源とする。カトリック教会では、司祭につぐ職位。正教会では「輔祭」の訳語を、聖公会などプロテスタントでは「執事」という訳語を用いている。 ラテン語ではdiaconusといい、トリエント公会議では「聖職位階の上位」であったが、第2バチカン公会議ではそれまで存在した副助祭、祓魔師、読師、守門という四つの下級叙品が廃止されたため、現代では「聖職位階の下位」(『教会憲章』29項)となっている。 第二バチカン公会議以来、助祭を司祭への通過点や、ミサなどの典礼における単なる「司祭の補助」と見なすのではなく、助祭として固有の職務を再確認する方向に進んでいる。これに伴い司祭には叙階されず、既婚者もなりうる終身助祭 (permanent deacon) の制度が復活し、最近では日本でも登場し始めている。 また、中世以降(現教会法でも)、助祭は男性に限られているが、カルケドン公会議などで40歳以上の独身女性の叙階を認めるなどの例が教会の歴史において見られる。 Category:キリスト教の称号・役職 Category:カトリック en:Deacon id:Diakon pl:Diakonat.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と助祭 · 続きを見る »

地域圏急行輸送

地域圏急行輸送(ちいきけんきゅうこうゆそう、フランス語:Transport express régional)は、フランス国鉄が地域圏ごとに行なっている鉄道およびバスによる旅客輸送サービスである。通常はTER(テーウーエル)と略される。ロゴタイプは小文字でterと表記される。レジオン(地域圏)高速交通と訳されることもある。列車種別上は、TERは追加料金不要の地域内列車の総称であり、JRで言えば広義の普通列車(快速列車を含む)に相当する。 フランス本土の大陸部分の地域圏のうち、イル=ド=フランスを除く20の地域圏にTERがあり、TERアルザス、TERアキテーヌのように地域圏名をつけて呼ばれる。イル=ド=フランス地域圏にはTERはなく、フランス国鉄のパリ近郊部門であるTransilienが地域圏内の輸送を行なっている。またコルシカ島(コルス地方公共団体)のコルシカ鉄道もTERとは異なる制度で運営されているが、TERの一種とみなされることがある。 TERは運営組織は各地域支社で、なおかつ地域圏政府から補助金が出されるのが特徴で、フランス国鉄の直営列車(TGV、コライユなど)と区別される。ただし、旅客営業上はあくまでフランス国鉄の普通列車であり、乗車券類は共通化されている。例えば、同じ区間にコライユ(料金不要)とTERがある場合、列車指定していない乗車券ならどちらに乗ってもかまわない。また、ユーレイルパスなどの鉄道パスも通用する。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と地域圏急行輸送 · 続きを見る »

ナント

ナント(Nantes)は、フランスの西部、ロワール川河畔に位置する都市。ブルトン語(ブレイス語)ではナオネト(Naoned)、ガロ語ではノーント(Naunnt)と称する。ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の首府であり、ロワール=アトランティック県県庁所在地である。ブルターニュ半島南東部に位置し、大西洋への玄関口となっている。フランスの地域最大の都市でかつ、国内第6位の都市である。日本ではフランス王アンリ4世によりナントの勅令が出された歴史ある都市として知られる。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とナント · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とラテン語 · 続きを見る »

レンヌ

レンヌ(Rennes)は、フランスの西部に位置する都市で、ブルターニュ地域圏の首府、イル=エ=ヴィレーヌ県の県庁所在地である。ブレイス語(ブルトン語)ではロアゾン(Roazhon)と称する。 古くからブルターニュ地方の中心都市で、モン=サン=ミシェル観光の起点となる街として、日本からも多くの観光客が訪れている。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とレンヌ · 続きを見る »

ヴァンヌ

ヴァンヌ(Vannes、Gwened、ガロ語:Vann)は、フランス、ブルターニュ地域圏、モルビアン県に属する都市。周辺のコミューンとともに人口約13万人の都市圏を形成している。バンヌとも表記する。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とヴァンヌ · 続きを見る »

ヴィレーヌ川

ヴィレーヌ川流域の地図 ヴィレーヌ川(フランス語:Vilaine、Gwilen)は、フランス西部、ブルターニュ地域圏を流れる川である。水源はマイエンヌ県で、モルビアン県のペネスタンにおいて大西洋へ注ぐ。 エヴランでは、イル=エ=ランス運河によってランス川と結ばれている。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とヴィレーヌ川 · 続きを見る »

ブルトン語

ブルトン語(ブルトン語:、フランス語:)は、ブリトン語系ケルト諸言語の一つである。ブレイス語・ブルターニュ語とも言われる。 ブルトン語は、「著しい危機に瀕している」とUNESCOの危機に瀕した言語のレッドブック(en)によって定義されている。ブルトン語とフランス語のバイリンガル教育を行うクラスに在籍した児童の数は2006年から2012年までは33%上がり、14709人にのぼっている:fr:Fañch Broudic, 2009.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とブルトン語 · 続きを見る »

ブルターニュ地域圏

ブルターニュ地域圏(フランス語:Région Bretagne、ブレイス語:Rannvro Breizh)は、フランス北西部のブルターニュ半島全体に位置するフランスの地域圏。首府はレンヌ。 周囲の2/3程は大西洋に面した海岸線であり、東部でバス=ノルマンディー地域圏とペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に接している。内部はコート=ダルモール県、フィニステール県、イル=エ=ヴィレーヌ県、モルビアン県の4県に分けられる。 ケルト系ブルトン人の言語、風俗が強く残存した地域である。日本の近畿地方ほどの面積に、茨城県と同程度の人口が集まっている。最大都市は州都であり学術都市でもあるレンヌ(人口約21万人)。 同じくブルターニュ文化(ケルト色)の濃いロワール=アトランティック県は隣のペイ・ド・ラ・ロワール地域圏へ分断されている。フランス中央とは風俗習慣が全く異なるため、現在でも相続法など民法の一部については独自の慣習法が認められている。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とブルターニュ地域圏 · 続きを見る »

ブルターニュ公国

ブルターニュ公国 (ブレイス語:Dukelezh Breizh、ガロ語:Duchë de Bertaèyn、フランス語:Duché de Bretagne)は、かつてヨーロッパ大陸西部にあった公国で、のちにフランス王国の一部となった。その領土は現在のブルターニュ地域圏全体とロワール=アトランティック県を含んでいた。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とブルターニュ公国 · 続きを見る »

ブレスト (フランス)

ブレスト ブレスト(Brest)は、フランス西部、ブルターニュ半島西端に位置する港湾都市。フランス最大の軍港である。ブルターニュ地域圏フィニステール県所在。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とブレスト (フランス) · 続きを見る »

フランク人

Gelasian Sacramentary』。750年頃にメロヴィング朝フランク王国で作られたもので現在はヴァティカン図書館に所蔵されている。 フランク人(フランクじん)またはフランク族(フランクぞく、Franci, Franken, Francs, Franchi, Franks)は、ローマ帝国時代後期から記録に登場するゲルマン人の部族である。一般的にサリー族と(ライン・フランク族)に大別される。前者は西ヨーロッパにおいてフランク王国を建国した事で知られる。 フランクという名前は西暦3世紀半ばに初めて史料に登場する五十嵐 2003, p. 317。記録に残る「フランク(francus または franci)」という言葉の最も古い用例は241年頃の歴史的事実を踏まえたとされるローマ行軍歌においてであり佐藤 1995a, p. 134、これは4世紀に書かれた『皇帝列伝』に収録されて現代に伝わっている。ローマ人はライン川中流域に居住するゲルマン人たちを一括して「フランク人」と呼んでいた。フランク(francus、franci)の語義は「勇敢な人々」、「大胆な人々」、あるいは「荒々しい」「猛々しい」「おそろしい」人々という意味であるとされている渡部 1997, p. 45。 西ヨーロッパ全域を支配する王国を建設したことから、東方の東ローマ帝国やイスラム諸国では、西ヨーロッパ人全般を指す言葉として用いられた事もある。十字軍研究の分野では現代の学者たちもレヴァント十字軍国家を指して「フランク国家」と表現したり、移住したヨーロッパ人全般を指して「フランク人」と言う用語を用いる場合があるグルッセ 1954, pp.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とフランク人 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とフランス · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とフランス語 · 続きを見る »

フランソワ1世 (ブルターニュ公)

フランソワ1世(François Ier de Bretagne, ブルトン語:Frañsez Iañ, 1414年5月14日 - 1450年7月18日)は、ブルターニュ公(在位:1442年 - 1450年)。ブルターニュ公ジャン5世(6世)とフランス王シャルル6世の娘ジャンヌ・ド・フランスの長男でピエール2世の兄。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とフランソワ1世 (ブルターニュ公) · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とドイツ · 続きを見る »

アンヌ・ド・ブルターニュ

アンヌ・ド・ブルターニュ (Anne de Bretagne、ブルトン語:Anna Breizh、1477年1月25日 - 1514年1月9日)は、ブルターニュ女公(在位:1488年 - 1514年)。フランソワ2世と2度目の妃マルグリット・ド・フォワの子。また、シャルル8世、ルイ12世の2代のフランス王の王妃でもあった。 彼女の死後に起きたフランスによるブルターニュ併合(fr)は、生前の彼女の中心的な課題であり、闘争であった。彼女はまた、貪欲な隣国から公国の独立を守ろうとした人物として、ブルトン人の記憶の中で生き続けている。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とアンヌ・ド・ブルターニュ · 続きを見る »

アンドーヴァー (イングランド)

アンドーヴァー(Andover)は、イングランドのハンプシャーのテスト・ヴァレーにあるタウン。人口は38000人。 アガサ・クリスティの推理小説『ABC殺人事件』で、「A」の殺人事件が起きた場所である。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とアンドーヴァー (イングランド) · 続きを見る »

イル=エ=ヴィレーヌ県

イル=エ=ヴィレーヌ県 (フランス語:Ille-et-Vilaine、ブルトン語:Il-ha-Gwilen、ガロ語:Ille-e-VilenneまたはIll-e-vilaenn)は、フランスのブルターニュ地域圏の県である。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とイル=エ=ヴィレーヌ県 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とイギリス · 続きを見る »

エウゲニウス4世 (ローマ教皇)

ウゲニウス4世(Eugenius IV, 1383年 - 1447年2月23日)はバーゼル公会議の際のローマ教皇である(在位:1431年 - 1447年)。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とエウゲニウス4世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

カンペール

ンペール(フランス語:Quimper、ブルトン語:Kemper、ラテン語:Civitus Aquilonia)は、フランス、ブルターニュ地域圏の都市(コミューン)。フィニステール県の県庁所在地である。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とカンペール · 続きを見る »

ガロ語 (ロマンス語)

語(ガロご、)は、フランスのブルターニュ半島に分布するラテン系言語。オイル語の系統である。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とガロ語 (ロマンス語) · 続きを見る »

ケルト人

● - 紀元前400年 ケルト人(ケルトじん、Celt, Kelt, Celt では とも)は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。 古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていたが、「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、ガリア地域に居住してガリア語またはゴール語を話した人々のみが「ガリア人」なのだとも考えられる。 ブリテン諸島のアイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、コーンウォールから移住したブルターニュのブルトン人などにその民族と言語が現存している。 現在のケルトという言葉は、言語・文化の区分を示すための近現代になってから作られた用語であり、古代から中世において右図で表されている地域の住民が「ケルト人」として一体的な民族意識を持っていたとは考えられていない。そのため歴史学などでは、「ケルト人(Celts)」という言葉は使わず、「ケルト系(Celtic)」という言葉を便宜的に使っている。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とケルト人 · 続きを見る »

コミューン

ミューン()は、フランスにおける基礎自治体、すなわち地方自治体の最小単位である。 スイスの基礎自治体もフランス語圏(Suisse romande 又は Romandie)ではコミューン(コミュヌ)と呼ぶ。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とコミューン · 続きを見る »

瞑想

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。 精神科医の安藤治は、現代的視点から瞑想研究を紹介する『瞑想の精神医学』で、「伝統的により高度な意識状態あるいはより高度な健康とされる状態を引き出すため、精神的プロセスを整えることを目的とする注意の意識的訓練のことであるが、現代においてはリラクセーションを目的としたり、ある種の心理的治療を目的として行われることもある。」と定義している安藤治 著 『瞑想の精神医学 トランスパーソナル精神医学序説』 春秋社、2003年。「通常の意識状態、通常の健康よりも優れた」という価値の設定は、現在一般に認められている科学的世界観をはみ出しており、こういった価値付与を避けて、瞑想を「変性意識状態」として位置付ける見方もある。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と瞑想 · 続きを見る »

INSEE

INSEE(仏:L’Institut National de la Statistique et des Études Économiques フランス国立統計経済研究所:インセ)は、フランスの公的統計作成と分析をつかさどる国立研究所である。フランス経済・財政・産業省(MINEFI)に所属し、さまざまな領域につながりがある。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)とINSEE · 続きを見る »

教皇

教皇(きょうこう、Pāpa、Πάπας Pápas、The Pope)は、キリスト教の最高位聖職者の称号。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。ヴァティカン市国の首長。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。現在の教皇はフランシスコ(第266代)。 日本語では「ローマ法王」と表記されることも多いが、日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している(後述)。またカトリックの内部では「教父」の呼称を用いる場合もある。なお、退位した教皇の称号は名誉教皇(名誉法王とも)という。 本項では主にローマ教皇について記述する。その他の教皇については称号の変遷とその他の「教皇」の節を参照。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と教皇 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と2008年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と2010年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: ルドン (イル=エ=ヴィレーヌ県)と2014年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »