ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ルイ=ニコラ・ダヴー

索引 ルイ=ニコラ・ダヴー

ルイ=ニコラ・ダヴー ルイ=ニコラ・ダヴー (Louis-Nicolas d'Avout/Davout, 1770年5月10日 - 1823年6月1日) は、ナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人・元帥。アウエルシュタット公、エックミュール大公の称号でも知られている。軍事面で「不敗のダヴー」と呼ばれるほど優秀であったほか、行政・管理能力でも優秀であった。.

37 関係: ナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ペール・ラシェーズ墓地ミシェル・ネイマレンゴの戦いハンブルクポーリーヌ・ボナパルトライプツィヒの戦いルイ18世 (フランス王)ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼーローラン・グーヴィオン=サン=シールワルシャワ公国ワーテルローの戦いボロジノの戦いフランスフランス革命ニコラ・ウディノアンドレ・マッセナアウステルリッツの戦いイエナ・アウエルシュタットの戦いエルバ島エジプト・シリア戦役カール14世ヨハン (スウェーデン王)シャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレールジョアシャン・ミュラ共和主義元帥第五次対仏大同盟第四次対仏大同盟軍人1770年1793年1810年1812年ロシア戦役1823年5月10日6月1日

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとナポレオン戦争 · 続きを見る »

ペール・ラシェーズ墓地

ペール・ラシェーズ墓地の入口 丘の上から墓地を見下ろすペール・ラシェーズ墓地 (ペール・ラシェーズぼち、Cimetière du Père-Lachaise) は、フランスのパリ東部にある墓地。エディット・ピアフ、ショパン、ビゼー、ポール・デュカス、プルースト、マリア・カラス、モディリアーニ、ジム・モリソン等の世界的な著名人の墓が多くあることで知られている。また、レ・ミゼラブルのジャン・ヴァルジャンもここに眠るとされる。 パリ・コミューン最後の戦いが行われた場所である.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとペール・ラシェーズ墓地 · 続きを見る »

ミシェル・ネイ

ミシェル・ネイ(Michel Ney、1769年1月10日 - 1815年12月7日)は、フランス革命戦争およびナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人(フランス元帥)。ナポレオン・ボナパルトの側近の一人で、彼をしてle Brave des Braves(勇者の中の勇者)と言わしめた。なお、姓のNeyは二重母音「ネイ」ではなく、と読む。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとミシェル・ネイ · 続きを見る »

マレンゴの戦い

両軍の配置図 アルプスを越えるナポレオン マレンゴの戦い(マレンゴのたたかい、Bataille de Marengo)は、1800年6月14日に行われたフランス革命戦争における戦闘の一つ。 現在のイタリア共和国ピエモンテ州アレッサンドリアから南東へ12kmのの地において、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍が、率いるオーストリア軍に対して勝利を収めた。この結果、第二次対仏大同盟におけるイタリア方面の戦いは決着がつき、フランスはイタリア北部の勢力圏を再確立した。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとマレンゴの戦い · 続きを見る »

ハンブルク

ハンブルク(Hamburg、低ザクセン語・Hamborg (Hamborch) )は、ドイツの北部に位置し、エルベ川河口から約100kmほど入った港湾都市。正式名称は自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg、フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)。行政上では、ベルリン特別市と同様に、一市単独で連邦州(ラント)を構成する特別市(都市州)なので、ハンブルク特別市やハンブルク州と呼ばれる。人口約175万人。国際海洋法裁判所がある。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとハンブルク · 続きを見る »

ポーリーヌ・ボナパルト

ポーリーヌ・ボナパルト ポーリーヌ・ボナパルト(Pauline Bonaparte, 1780年10月20日 - 1825年6月9日)は、ナポレオン・ボナパルトの2番目の妹。 兄のナポレオンに最も可愛がられていた妹で、ナポレオンは彼女を「ポーレット」という愛称で呼んだ。ナポレオンの妹たちには美人が多かったとされるが、なかでも最も美しかったのがポーリーヌであったようである。ただし、彼女自身も兄を敬愛していたが性格は頑固でわがままであったという。 ポーリーヌは形のいい小さめの頭に黒髪、はしばみ色の瞳をした美女だったらしい。初めは15歳の時にナポレオンの副官の騎兵士官ジュノー将軍と恋仲になった。しかし、ナポレオンは彼が軍隊の給与以外に収入がないことを理由に、2人の結婚を認めなかった。その1年後にポーリーヌは、今度は過激な革命家で名うてのプレイボーイだったルイ=マリ・スタニスラス・フレロンに恋をした。ナポレオンや母のレティツィアたちがこの恋愛に反対して彼女を見張り、またナポレオンはポーリーヌの気持ちを冷まさせるため、彼が個人的に使っていたセルボローニ宮殿に彼女のための部屋を用意させて呼び寄せた。そのためか、まもなくこの恋は自然消滅したようである。この宮殿で、彼女は子供のようないたずらをしたり、要人達をからかってすごしたという。その後、美男で金髪のシャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール将軍と恋に落ち、結婚した。 1801年10月に、ルクレールはサン・ドマング(現在のハイチ)に転任となった。しかし、彼はそこで黄熱病にかかり、ポーリーヌの看病のかいもなく病死した。帰国当初は悲しみにくれていた彼女だったが、しばらくすると服喪が嫌になってきて、夫の喪が明けると同時に華々しく社交界に復帰した。 ナポレオンはポーリーヌを、28歳のイタリア指折りの名門貴族カミッロ・ボルゲーゼ侯爵と結婚させた。イタリア一の財産家で美男だったらしいが、母国語でもきちんとした文章が書けなかったという。ポーリーヌはあまりボルゲーゼとは気が合わなかったらしく、間もなく別居し、パリで気ままに遊び回るようになった。1805年にポーリーヌはサロンを開き、そこで知り合ったワグラム公爵の副官ジュール・ド・カノンヴィルと恋仲になった。しかし、ナポレオンがアレクサンドル1世からもらい、彼女に与えていた黒貂(てん)の毛皮で裏張りしたロシア外套を彼にあげてしまったことに怒り、2人を別れさせてしまった。ジュールはサンクトペテルブルクに転属を命じられ、フランスとロシアの戦いで戦死した。ポーリーヌは彼の死を悲しみ、自殺するか修道院に入ると言ってナポレオンを脅した。しかし、ナポレオンの説得で両方とも思い止まった。 その後は、砲兵士官のオーギュスト・デュシャールや、ナポレオンの友人でコメディ・フランセーズ座(現オデオン座)の名俳優タルマと浮名を流した。それから、画家のニコラ・フィリップ・オーギュスト・ド・フォルバンと恋をした。名門の出で洗練された美男子だったという。しかし、この恋にも母のレティツィアは反対し、厳しく説教をした上で別れさせた。ポーリーヌは大いに機嫌を損ね、数週間の間、自分に吠えてきた犬はすべて射殺させたという。その後は歌の教師フェリーチェ・ブランジーニ、美男の作曲家ジョヴァンニ・パチーニと付き合った。 しかし、移り気な彼女も兄のナポレオンのことはずっと愛し続け、1814年に彼がエルバ島に向かうために行ったフレジュス港に駆けつけた。感激したナポレオンが彼女を抱きしめようとした時、ポーリーヌはその軍服では嫌だと言った。彼は暴徒の襲撃を避けるため、オーストリア軍の軍服を着ていたのだった。 その後は、エルバ島で母のレティツィアと共にナポレオンと過ごすことがあった。また、彼の暮らしが苦しいと知ると自分の宝石をすべて売り払おうとした。セント・ヘレナ島でナポレオンが重病に苦しんでいると知ると看病に駆けつけようとした。 1825年に、ポーリーヌは不治の癌にかかり、ボルゲーゼに頼み、彼の館に連れて行ってもらった。そしてその年、彼に看取られて亡くなった。前夫のルクレールとの間には息子が1人いたが、ボルゲーゼとの間には子供は産まれなかったらしい。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとポーリーヌ・ボナパルト · 続きを見る »

ライプツィヒの戦い

ポニャトフスキ」ジャニュアリー・ズコッホドロスキ画 ライプツィヒの「諸国民の戦い記念碑」 ライプツィヒの戦い(ライプツィヒのたたかい、英:Battle of Leipzig, 仏:Bataille de Leipzig, 1813年10月16日 - 10月19日)は、ナポレオン戦争における最大規模の戦闘。諸国民の戦い(しょこくみんのたたかい、独:Völkerschlacht, 英:Battle of the Nations)とも呼ばれる。ドイツ東部のライプツィヒ(当時のザクセン王国領)で、ナポレオン1世麾下のフランス軍19万と、プロイセン・ロシア帝国・オーストリア帝国・スウェーデンの連合軍36万の間で戦いが行われた。 3日間の激戦の末、圧倒的な兵力差の前にフランス軍は敗北した。フランス軍ではポニャトフスキが戦死、4万以上の死傷者を出した。一方、連合軍も5万以上の死傷者を出した。戦闘の結果、ナポレオンのドイツ支配が終わった。連合軍の総司令官は、元フランス軍元帥のジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット(後のスウェーデン王カール14世ヨハン)だった。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとライプツィヒの戦い · 続きを見る »

ルイ18世 (フランス王)

ルイ18世(、1755年11月17日 - 1824年9月16日)は、復古王政期のブルボン朝のフランス国王(1814年4月6日 - 1815年3月20日、1815年7月8日 - 1824年9月16日)。ナバラ国王としてはルイス7世()。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとルイ18世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー

ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー・ド・ヴェグー(Louis Charles Antoine Desaix de Veygoux,, 1768年8月17日 - 1800年6月14日)は、フランス革命戦争・ナポレオン戦争期に活躍したフランス軍人である。 ナポレオン・ボナパルトの友人となって1798年のエジプト・シリア戦役に参加。その公正な人柄でエジプトの人々から「正義のスルタン」と呼ばれた。マレンゴの戦いでは劣勢だったフランス軍にドゼーの部隊が援軍で駆けつけ勝利を収めるが自身は戦死した。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー · 続きを見る »

ローラン・グーヴィオン=サン=シール

250px ローラン・グーヴィオン=サン=シール(Laurant Gouvion-Saint-Cyr, 1764年5月13日 - 1830年3月17日)は、フランスの軍人、元帥。帝国伯爵(後に侯爵)。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとローラン・グーヴィオン=サン=シール · 続きを見る »

ワルシャワ公国

ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとワルシャワ公国 · 続きを見る »

ワーテルローの戦い

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、Bataille de Waterloo、Battle of Waterloo、Slag bij Waterloo、Schlacht bei Waterloo 場所名の「ワーテルロー」はフランス語の発音に基づく)とは、1815年6月18日、ベルギー(当時ネーデルラント連合王国領)のワーテルロー近郊においてイギリス・オランダをはじめとする連合軍およびプロイセン軍と、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)率いるフランス軍(大陸軍.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとワーテルローの戦い · 続きを見る »

ボロジノの戦い

ボロジノのナポレオン ボロジノの戦い(ボロジノのたたかい、Бородинское сражение, 1812年9月7日(ユリウス暦8月26日))は、1812年ロシア戦役(ナポレオン戦争)における戦闘の1つである。フランスではモスクワ川の戦い(モスクワがわのたたかい、Bataille de la Moskowa)とも呼ばれる。 モスクワ西方のボロジノ​近郊で、フランス皇帝ナポレオン1世率いる大陸軍(フランス軍を中核とするヨーロッパ諸国連合軍)と、クトゥーゾフ率いるロシア軍との間で戦いが行われた。両軍ともに甚大な損害を出したものの決定的な勝利は得られず、ロシア軍の戦略的撤退によって戦いは終息した。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとボロジノの戦い · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとフランス · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとフランス革命 · 続きを見る »

ニコラ・ウディノ

ニコラ・シャルル・ウディノ(Nicolas Charles Oudinot, 1767年4月25日 - 1847年9月13日)は、ナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人、元帥。ルジオ公爵。ロレーヌ地方バル=ル=デュック生まれ。 1808年7月2日、帝国伯爵。エスリンクおよびヴァグラムの戦いの功により、1809年7月12日に帝国元帥に昇進。諸国民戦争では、ベルリン攻略を任されたが、グロスベーレンの戦いで敗北し失敗した。 復古王政の下で、近衛隊少将。1823年のスペイン干渉の際は、第1軍団司令官として戦った。この際一時的にマドリードの知事となっている。 1840年12月、ナポレオンの遺体がパリに帰還した際の式典には、第一帝政時の元帥のうちではスールト、モンセイ、グルーシーとともに出席している。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとニコラ・ウディノ · 続きを見る »

アンドレ・マッセナ

アンドレ・マッセナ(André Masséna、(Andrea Massena)1758年5月6日 - 1817年4月4日)は、フランスの軍人。第一帝政下の元帥。エスリンク大侯爵。リヴォリ公爵。ナポレオン戦争では主に方面軍司令官を務め、スイス戦役や半島戦争などに従事した。日本語ではマセナと表記する場合もある。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとアンドレ・マッセナ · 続きを見る »

アウステルリッツの戦い

アウステルリッツの戦い(アウステルリッツのたたかい、Bataille d'Austerlitz、Schlacht von Austerlitz、Битва под Аустерлицем)は、1805年12月2日(露暦11月20日、フランス革命暦フリメール11日)にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアのブルノ近郊の町アウステルリッツ(現在のスラフコフ・ウ・ブルナ)郊外で、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍(大陸軍)が、ロシア・オーストリア連合軍を破った戦いである。 フランス皇帝ナポレオン1世、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ皇帝フランツ2世)、ロシア皇帝アレクサンドル1世の3人の皇帝が参加したことから三帝会戦(さんていかいせん、bataille des Trois Empereurs、Dreikaiserschlacht、битва трёх императоров)とも呼ばれる。なお、実際にはフランツ2世は戦場から離れた場所にいた。 1805年、オーストリアはロシア、イギリスなどと第三次対仏大同盟を結成し、バイエルンへ侵攻した。ナポレオン率いるフランス軍はウルムの戦いでオーストリア軍部隊を降伏させ、11月13日にウィーンへ入城した。フランツ1世はモラヴィアへ後退し、アレクサンドル1世とクトゥーゾフの率いるロシア軍と合流した。 ナポレオンもドナウ川を渡ってモラヴィアへ進出し、アウステルリッツ西方へ布陣した。そのころ、いまだイタリア方面にはカール大公のオーストリア軍部隊がほぼ無傷で残っており、これらの部隊が集結する前にロシア・オーストリア連合軍主力を叩く必要があった。そこでナポレオンは、敵の攻撃を誘うため、罠を仕掛けた。 ナポレオンの戴冠式から1周年の記念日にあたる1805年12月2日午前8時、ロシア・オーストリア連合軍約85,000はアウステルリッツ西方のプラツェン高地へ進出し、優勢な兵力をもってフランス軍への攻撃を開始した。 フランス軍は73,000と劣勢であった。またその布陣は、後方との連絡線確保のうえで重要な右翼(南側)が手薄であった。アレクサンドル1世はこれを好機とみて、主力をプラツェン高地からフランス軍右翼へと向かわせた。フランス軍右翼を守るダヴーの第3軍団は攻撃に耐え切れずに押し下げられたかに見え、さらに多くの連合軍部隊がフランス軍の陣前を横切ってフランス軍右翼へ殺到した。 だが、ナポレオンは、手薄になった連合軍の中央部にニコラ=ジャン・ド・デュ・スールトの第4軍団を突入させた。中央を守っていたクトゥーゾフはロシア近衛軍団を投入し、フランス軍と激戦を繰り広げたが、ベルナドットの第1軍団の援護とナポレオンによる近衛隊の投入によってプラツェン高地の連合軍は突破された。中央突破に成功したスルト軍団は、ダヴー軍団と協力して、フランス軍右翼へ殺到していた連合軍部隊を挟撃した。夕刻までに、連合軍は15,000人の死傷者と多数の捕虜を出し、散り散りになって敗走した。 12月26日、オーストリアはプレスブルクの和約を締結してフランスへ屈服し、第三次対仏大同盟は崩壊した。フランツ2世は神聖ローマ皇帝位から退位。神聖ローマ帝国は解体され、ドイツにはライン同盟が成立した。 アウステルリッツの戦いとそれまでの戦役はヨーロッパ政治の性格を大きく変えた。3ヶ月間でフランス軍はウィーンを占領し、2カ国の軍隊を打ち破り、オーストリア帝国を屈服させた。アウステルリッツの戦いは10年近くに及ぶフランスによるヨーロッパの覇権を容易にしたが、より直接的な影響は翌1806年の対プロイセン戦役である。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとアウステルリッツの戦い · 続きを見る »

イエナ・アウエルシュタットの戦い

イエナ・アウエルシュタットの戦い(ドイツ語:Schlacht bei Jena und Auerstedt)は、ナポレオン戦争中の1806年10月14日、ドイツのテューリンゲン、イエナおよびアウエルシュタットで行われた戦闘である。ナポレオン1世率いるフランス帝国軍と、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世率いるプロイセン王国軍が交戦した。 この戦いの結果、プロイセン軍は甚大な損害を被り、その後の追撃戦で完全に壊滅、プロイセン全土がフランス軍に制圧された。特にアウエルシュタットにおいては、ルイ=ニコラ・ダヴーが2倍のプロイセン軍を破っている。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとイエナ・アウエルシュタットの戦い · 続きを見る »

エルバ島

ルバ島(エルバとう、Elba)は、ティレニア海にあるイタリア領の島。イタリア半島とコルシカ島(フランス領)の間に位置し、トスカーナ群島中最大の島である。 ナポレオン・ボナパルトが最初の退位後に追放された地として知られる。行政上はトスカーナ州リヴォルノ県に属し、約3万人が暮らす。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとエルバ島 · 続きを見る »

エジプト・シリア戦役

プト・シリア戦役(エジプト・シリアせんえき、Campagne d'Égypte et de Syrie)は、1798年から1801年まで、フランス軍がエジプト・シリアへ遠征した戦役である。単にエジプト遠征(Expédition d'Égypte)ともいう。 ナポレオン・ボナパルト率いる5万人のフランス軍が、マルタ島を経由して、エジプトのアレクサンドリア近郊に上陸した。途中ナポレオンは帰還するも、延べ約3年間に渡って、地元のマムルーク軍や諸勢力、イギリス軍、そして後に宣戦してきたエジプト・シリアを間接支配するオスマン帝国の正規軍と戦った。カイロのナポレオン.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとエジプト・シリア戦役 · 続きを見る »

カール14世ヨハン (スウェーデン王)

ール14世ヨハン(, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)は、スウェーデン=ノルウェー連合王国の国王として1818年から死去する1844年まで在位した。ノルウェー国王としての名はカール3世ヨハン(, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)である。現代まで続くスウェーデン王家ベルナドッテ朝の始祖であり、彼の血は子孫を通じてノルウェー王家、デンマーク王家、ベルギー王家、ルクセンブルク大公家、ギリシャ王家にも受け継がれている。フランス革命・ナポレオン戦争期のフランスの軍人・政治家ジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット()としても知られ、元はフランスの平民階級出身者であった。ナポレオン・ボナパルトのライバルと目された人物であり、1810年にスウェーデン議会によって同国の王位継承者に選任されたのち、第6次対仏大同盟の立役者となってナポレオンの欧州における覇権に止めを刺したことは、ナポレオンをして「世界の運命を掌中に収めたフランス人」「我らが失墜の主たる要因のひとつ」と言わしめた。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとカール14世ヨハン (スウェーデン王) · 続きを見る »

シャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール

ャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール(Charles Victor Emmanuel Leclerc, 1772年3月17日 - 1802年11月2日)は、フランス革命戦争・ナポレオン戦争期の軍人。ナポレオン・ボナパルトの妹ポーリーヌの最初の夫。 資産家の子として生まれ、軍人となりフランス革命戦争で功績を挙げ昇進していった。 ナポレオンとはトゥーロン攻囲戦で出会い、共に戦ってその能力を認められた。1797年にポーリーヌ・ボナパルトと結婚した。 その後も活躍するが、1801年10月にサン=ドマング(現在のハイチ)に転任となり、黒人反乱の鎮圧に当たった。ルクレールは現地の実力者トゥーサン・ルーヴェルチュールを破って和平協定を結び、その後だまし討ちでトゥーサンを捕らえてフランスに送還した。ルクレールはトゥーサンの捕縛後、ナポレオンに島の黒人の半数を抹殺するように書簡で訴えたが、サン=ドマングの熱帯の気候に適応できなかったために黄熱病にかかり、「黒い吐瀉物にまみれて」病死した。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとシャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール · 続きを見る »

ジョアシャン・ミュラ

ョアシャン・ミュラ=ジョルディ(, 1767年3月25日 - 1815年10月13日)は、フランスの軍人で、元帥。ナポリ王国の国王(公式な称号は両シチリア王)としてジョアッキーノ1世(, 在位:1808年 - 1815年)を称した。アブキール、アイラウ、ドレスデンなどでの突撃で名を馳せた伝説的な騎兵指揮官として知られる。 第一統領ナポレオン・ボナパルトの妹カロリーヌと結婚してその義弟となり、ジョアシャン=ナポレオン・ミュラ()と改名した。帝政期には皇族として遇され、ベルク大公爵およびクレーフェ公国の君主(在位:1806年 - 1808年)となり、次いでナポリ王に転じた。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーとジョアシャン・ミュラ · 続きを見る »

共和主義

共和主義(きょうわしゅぎ、Republicanism)とは、政治思想の一つ。共和国・共和制といった政体の構成原理である。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと共和主義 · 続きを見る »

元帥

元帥(げんすい、(陸軍、空軍)、Admiral of the fleet他(海軍))は、軍隊における階級、又は称号。元帥号とも。階級を示す場合には大将よりも更に上位で軍隊における最上級の階級であり、称号を示す場合には大将または上級大将の階級を持つ者の中から選ばれることが一般的である。広義の元帥には「大元帥・元帥・将帥・次帥・副元帥・代帥」などが区分されることもある。陸海空軍で呼称の異なる元帥を総称しFive-star rankと呼ぶこともある。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと元帥 · 続きを見る »

第五次対仏大同盟

五次対仏大同盟(だいごじたいふつだいどうめい, Fifth Coalition, 1809年4月9日 - 1809年10月14日)は、ナポレオン1世のフランス帝国による覇権に挑戦するため、オーストリア帝国とイギリスが結成した同盟である。主要な戦闘は中央ヨーロッパで生じ、フランス、オーストリア共に非常に高い損害率を計上した。イギリスは既にヨーロッパ大陸では半島戦争を継続していたが、さらにワルヘレン戦役(英語版)で遠征軍を送り、オーストリア戦線を緩和しようとした。しかしこの遠征は失敗に終わり、オーストリア戦線の緩和にほとんど効果がなかった。バイエルンとドナウ川にて多くの戦闘が行われた後、7月始めにヴァグラムの戦いで死闘が行われ、フランスに有利な状態で戦争は終結した。 シェーンブルンの和約でフランスは近年で最も過酷な条件をオーストリアに突きつけた。メッテルニヒとカール大公はハプスブルク帝国の保護を原則として外交交渉に望み、仏墺間の平和と有効を約束することを見返りに、より穏便な和約をナポレオンに締結させる事に成功した。オーストリアは大半の代々の領土はハプスブルク家の領土の一部であり続けたが、フランスはコロシュカ地方、カルニオラ、アドリア海の港を獲得し、ガリツィアはワルシャワ公国に割譲され、チロルのザルツブルクはバイエルン王国に編入された。オーストリアは全国民の1/5に当たる300万人の国民を失った。 第五次対仏大同盟が終了した後も、イギリス、スペイン、ポルトガルは半島戦争を継続し、フランスと戦争状態にあった。1812年ロシア戦役までの間、中央ヨーロッパと東ヨーロッパの間で平和が続いたが、ロシア遠征の後の1813年に第六次対仏大同盟が結成された。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと第五次対仏大同盟 · 続きを見る »

第四次対仏大同盟

四次対仏大同盟(だいよじたいふつだいどうめい、Fourth Coalition, 1806年10月6日 - 1807年7月7日)は、ナポレオン1世のフランス帝国による覇権に挑戦するため、ヨーロッパ諸国が結成した同盟である。この同盟にはプロイセン、ロシア、ザクセン王国、スウェーデン、イギリスが参加した。この同盟の加盟国の中には第三次対仏大同盟で過去にフランスと交戦したことがある国もあり、ほとんど平和な期間を置かずに戦争状態に突入した。1806年10月9日にプロイセンはオーストリアの敗北とライン同盟の形成によるフランスの強大化を恐れ、新たに形成された同盟に加入した。プロイセンとロシアは戦いに備え動員を行い、プロイセン軍はザクセンに集結した。 ナポレオンは1806年10月14日のイエナ・アウエルシュタットの戦いで迅速な軍事行動によりプロイセンを激しく打ち負かした。フランス軍はナポレオン指揮の下、プロイセンを占領し、プロイセン軍の残党を追撃、そしてベルリンを占領した。次にフランスはポーランドとロシアの国境にある東プロイセンへと進軍する。ロシア軍は1807年6月14日のフリートラントの戦いで壊滅し、その3日後にロシアはフランスへ停戦を求めた。 第四次対仏大同盟の崩壊後も、イギリスはフランスとの対立姿勢を維持した。1807年の終わりにはフランスとスペインの連合軍がイギリスの同盟国であるポルトガルに侵攻して半島戦争が始まり、大陸で再度対フランス感情が悪化した。1809年にオーストリアが対仏戦争に再度加わる事で第五次対仏大同盟が結成された。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと第四次対仏大同盟 · 続きを見る »

軍人

大日本帝国陸軍の軍人と軍旗1931年(昭和6年) 軍人(ぐんじん)は、当該国家の正規の軍事組織に所属し、正規の軍事訓練を受け、国家により認められた階級を与えられた者を指す。軍人は国際法上交戦権として、敵対勢力を破壊する権利を持つ。また敵対勢力に投降した場合には、捕虜として基本的人権が保障されている。 文民や民間人の対義語として用いられ、軍人としての籍のことを兵籍・軍籍などといい、軍人としての履歴を軍歴という。軍属は原則として、文官(雇員・傭人等を含む。)であり軍人とは異なる。また、武官は軍人のうち、官吏でもある職業軍人を指し、徴兵された者は含まない。英語ではsoldierは通常陸軍軍人のみを指し、海軍、空軍、海兵隊の軍人はそれぞれseaman(またはsailor)、airman、marineという。全軍の軍人の総称としてはMilitary personnel、ラテン語ではmiles(ミーレス)という。 なお、自衛隊は、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定めた日本国憲法第九条に従い、自衛のための必要最低限の実力組織と定義されているが、中山太郎外務大臣が国会答弁で「自衛隊は、憲法上必要最小限度を超える実力を保持し得ない等の厳しい制約を課せられております。通常の観念で考えられます軍隊ではありませんが、国際法上は軍隊として取り扱われておりまして、自衛官は軍隊の構成員に該当いたします」と述べているように、諸外国における軍人にあたる自衛官は国際法上は軍隊の構成員(軍人)と扱われるとされる。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと軍人 · 続きを見る »

1770年

記載なし。

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと1770年 · 続きを見る »

1793年

記載なし。

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと1793年 · 続きを見る »

1810年

記載なし。

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと1810年 · 続きを見る »

1812年ロシア戦役

1812年ロシア戦役(Campagne de Russie, Отечественная война)は、1812年に、ロシア帝国が大陸封鎖令を守らないことを理由にフランス帝国のナポレオン1世がロシアに侵攻し、敗北、退却するまでの一連の歴史的事件のことである。ロシア語の呼称については下記参照。 1812年のナポレオン1世によるロシア帝国への侵攻はナポレオン戦争の転換点となった。この遠征はフランス帝国とその同盟軍からなる侵攻軍を当初の兵力から2%未満に激減させた。ロシア文化に与えた影響は、レフ・トルストイの『戦争と平和』や旧ソ連が独ソ戦(1941年 - 1945年)と同一視していたことに見られる。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと1812年ロシア戦役 · 続きを見る »

1823年

記載なし。

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと1823年 · 続きを見る »

5月10日

5月10日(ごがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から130日目(閏年では131日目)にあたり、年末まではあと235日ある。誕生花はカーネーション。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと5月10日 · 続きを見る »

6月1日

6月1日(ろくがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から152日目(閏年では153日目)にあたり、年末まであと213日ある。誕生花はマトリカリア、クレマチス。.

新しい!!: ルイ=ニコラ・ダヴーと6月1日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ダヴー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »