ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ルイージ・イッリカ

索引 ルイージ・イッリカ

ルイージ・イッリカ。この写真でも右耳は写っていない。 ルイージ・イッリカ(Luigi Illica, 1857年5月9日 - 1919年12月16日)は、イタリアのオペラ台本作家。カタラーニ、プッチーニ、ジョルダーノなど「新イタリア楽派」のために書いた数々のオペラ台本によって名高い。 日本ではしばしば「イルリカ」とも表記される。.

38 関係: ミラノマノン・レスコー (オペラ)マリー・アントワネットラ・ボエーム (プッチーニ)リブレット (音楽)ルッジェーロ・レオンカヴァッロヴェリズモ・オペラトスカピアチェンツァピエトロ・マスカーニテ・デウムアルフレード・カタラーニアントニオ・スマレーリャアンドレア・シェニエイタリアウンベルト・ジョルダーノオスマン帝国カステッラルクアートジャコモ・プッチーニジュゼッペ・ジャコーザジョズエ・カルドゥッチ音節蝶々夫人脚本新イタリア楽派12月16日1857年1876年1879年1883年1889年1892年1896年1898年1900年1904年1919年5月9日

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとミラノ · 続きを見る »

マノン・レスコー (オペラ)

『マノン・レスコー』(Manon Lescaut )は、ジャコモ・プッチーニが35歳の時に発表したオペラ(プッチーニのオペラ第3作)。1893年初演。この作品でプッチーニは一躍脚光を浴び、音楽家としての地歩を固めはじめる。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとマノン・レスコー (オペラ) · 続きを見る »

マリー・アントワネット

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。 フランス革命中の1793年10月16日に刑死した。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとマリー・アントワネット · 続きを見る »

ラ・ボエーム (プッチーニ)

『ラ・ボエーム』(La Bohème)は、ジャコモ・プッチーニの作曲した4幕オペラで、最もよく演奏されるイタリアオペラのひとつである。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとラ・ボエーム (プッチーニ) · 続きを見る »

リブレット (音楽)

リブレット(libretto, 複数:libretti)は、オペラ、オペレッタ、仮面劇(マスク)教会および世俗オラトリオ、カンタータ、ミュージカル、バレエといった長時間にわたる音楽作品で使われるテキスト、つまり台本のこと。librettoはイタリア語で、libro(本)に指小辞を付けた派生語である。リブレットにはすべての歌詞とト書きが含まれる。さらにこの言葉は、ミサ、レクイエム、教会カンタータといった典礼作品の歌詞を指すこともある。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとリブレット (音楽) · 続きを見る »

ルッジェーロ・レオンカヴァッロ

レオンカヴァッロ ルッジェーロ・レオンカヴァッロ(Ruggero Leoncavallo, 1857年4月23日ナポリ - 1919年8月9日モンテカティーニ)は、イタリアのオペラ作曲家、台本作家。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとルッジェーロ・レオンカヴァッロ · 続きを見る »

ヴェリズモ・オペラ

ヴェリズモ・オペラ(verismo opera)は、1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラの新傾向である。同時代のヴェリズモ文学に影響を受け、内容的には市井の人々の日常生活、残酷な暴力などの描写を多用すること、音楽的には声楽技巧を廃した直接的な感情表現に重きを置き、重厚なオーケストレーションを駆使することをその特徴とする。 そうした傾向をもっともよく示す作品として今日も上演機会が多いオペラとしては、ピエトロ・マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』(初演1890年)、ルッジェーロ・レオンカヴァッロ『道化師』(同1892年)などがある。時には、同時代に作曲されたウンベルト・ジョルダーノ『アンドレア・シェニエ』(同1896年)やジャコモ・プッチーニ『トスカ』(同1900年)など、同時代の庶民生活を題材とせず、歴史上あるいは架空の人物を主人公とするオペラも、その激しい感情表出に着目した場合「ヴェリズモ・オペラ」の範疇に含めて論じられることもある。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとヴェリズモ・オペラ · 続きを見る »

トスカ

『トスカ』(Tosca)は、ジャコモ・プッチーニのオペラである。その見せ場の多さから、オペラ史における重要な作品と見なされている。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとトスカ · 続きを見る »

ピアチェンツァ

ピアチェンツァ(Piacenza)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約10万人の基礎自治体(コムーネ)。ピアチェンツァ県の県都である。 ポー川に面した都市である。古代ローマ時代に築かれた兵営都市プラケンティアを起源とし、エミリア街道とポストゥミア街道が接続する交通の要衝として発展した。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとピアチェンツァ · 続きを見る »

ピエトロ・マスカーニ

ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni, 1863年12月7日リヴォルノ - 1945年8月2日ローマ)は、イタリアのオペラ作曲家、指揮者。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとピエトロ・マスカーニ · 続きを見る »

テ・デウム

テ・デウム(Te Deum)は、キリスト教のカトリック教会・ルーテル教会・正教会の聖歌の1つ。テクストの冒頭の一文“Te deum laudamus”(われら神であるあなたを讃えん)からこの名称で呼ばれる。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとテ・デウム · 続きを見る »

アルフレード・カタラーニ

アルフレード・カタラーニ(Alfredo Catalani, 1854年6月19日 - 1893年8月7日)は、イタリアのオペラ作曲家。 ルッカの名門音楽家の家系に生まれる。バーリ音楽院とミラノ音楽院に学んだ。今ではヴェルディと同郷のプッチーニの名声の陰に隠れてしまったが、《ラ・ワリー》と《ローレライ》の2つの名作オペラを遺している。ワーグナーに傾倒した最初のイタリア人オペラ作曲家とされる。1893年に旅先で若くして急死し、ミラノに埋葬された。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとアルフレード・カタラーニ · 続きを見る »

アントニオ・スマレーリャ

アントニオ・スマレーリャ(Antonio Smareglia, 1854年5月5日 プーラ - 1929年4月15日 グラード)はイタリアのオペラ作曲家。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとアントニオ・スマレーリャ · 続きを見る »

アンドレア・シェニエ

『アンドレア・シェニエ』(Andrea Chénier )は、イタリアの作曲家ウンベルト・ジョルダーノによる全4幕のオペラである。1896年3月ミラノ・スカラ座で初演された。18世紀、革命前後のフランスを舞台に、実在の詩人アンドレ・シェニエ(アンドレアはイタリア語読み)の半生を描き、ヴェリズモ・オペラの傑作のひとつとして数えられる作品。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとアンドレア・シェニエ · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとイタリア · 続きを見る »

ウンベルト・ジョルダーノ

ウンベルト・ジョルダーノ(Umberto Giordano, 1867年8月28日フォッジャ - 1948年11月12日)はイタリアのオペラ作曲家。 南イタリアの町フォッジャ生まれ。父は薬剤師で、家族の反対を押し切って音楽の道を志す。故郷で音楽の基礎教育を受けた後、13歳でナポリ音楽院に学ぶ。在学中実家の経済状態が悪化し、一時退学して地元のオペラ劇場でアルバイトをしながら糊口をしのぐが、学校関係者の尽力で復学が叶い、1890年まで同音楽院にて作曲を学ぶ。この学生時代からの友人にフランチェスコ・チレア(ジョルダーノと同じ南イタリア出身)がいる。 1890年、最初のオペラ《マリーナ Marina》を学内の選抜試験のために作曲。同作を地元出版社ソンゾーニョ社主催の「一幕オペラコンテスト」に応募するも落選(ちなみに第一位はマスカーニの《カヴァレリア・ルスチカーナ Cavalleria Rusticana》)。しかし彼の音楽に可能性を見出したソンゾーニョ社の後援を受けて第2作目《堕落した生活 Mala Vita》の上演に漕ぎつけた。これは自分の結核が治るなら娼婦を改心させてみせるという人夫についてのヴェリズモ・オペラで、1892年にローマで上演された時、煽情的な内容と激しい音楽が受け入れられず大失敗となり、地元ナポリでは町の恥だと観客が怒り、暴動騒ぎとなる。ジョルダーノは、次回作のオペラ《ディアス女王 Regina Diaz》(1894年)によって、もっとロマンティックな創作姿勢をとろうとしたが、これもまた失敗作となり、わずか2回の上演で舞台から消えてしまい、ソンゾーニョ社からの支援も打ち切りが決定、心機一転をはかるべく、ジョルダーノは同年のうちに活動の拠点をミラノに移す。 その後はヴェリズモ・オペラの第一人者であるマスカーニやソンゾーニョ社と契約していた貴族出身作曲家アルベルト・フランケッティの知遇を得、私生活でも結婚する(オルガ夫人はミラノ・グランドホテルのオーナーの娘)など、幸運な時期を迎える。フランケッティはソンゾーニョ社に掛け合って、ジョルダーノへの支援を再開させてくれ、更に、作曲面では良い台本に恵まれていなかったジョルダーノに、自分が作曲を依頼されていた台本の作曲権を無償譲渡してくれた。好転してきた環境でジョルダーノは譲渡された作品である、フランスの詩人アンドレ・シェニエの生涯に基づくオペラ《アンドレア・シェニエ Andrea Chénier》に取り組み、1896年初演。作曲家として初めての大成功をおさめる。現在に至るまで彼の代表作に挙げられるこの作品でジョルダーノは再び「ヴェリズモ」的な創作姿勢に立ち返った。本作の上演にあたってはマスカーニの支援もあったという。続く第5作目の《フェドーラ Fedora》(1898年)も成功し、今なお上演されている。その後の作品はヴェリズモ・オペラの影響から抜け出せず、第二次世界大戦後の1948年、過去の栄光の中で亡くなった。享年81。後年の作品はそれほど有名とはいえないが、時どき蘇演されることがある。 《フェドーラ》以降の後半生での不振の要因として、《アンドレア・シェニエ》全曲盤の解説を執筆した音楽評論家・高崎保男は「ジョルダーノの音楽の特徴として、転調、それもかなり遠隔な調性への大胆な転調が挙げられ、転調はマスカーニに比較しても頻繁で、その特徴が音楽的昂奮に繋がっていた。そうした激しい音楽によって劇場的昂奮を生み出す才能において、ジョルダーノは確かにプッチーニに匹敵するほどの作曲家だったが、その音楽によって語られるドラマの実質がそれに伴わない場合、音楽の刺戟と昂奮はいたずらに空転してしまい、かえって抑制と気品の欠如が露呈されることになる。『アンドレア・シェニエ』はそのドラマの激しさと巧みな作り方のお陰で、ジョルダーノの音楽の威力と魅力を十分に生かすことができた作品といってよい」という趣旨の分析を述べており、ヴェリズモ・オペラの影響から抜け出せなかったことの他、ジョルダーノの作曲手法・旋律様式等にも限界があったのではないかとの見方を示している。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとウンベルト・ジョルダーノ · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとオスマン帝国 · 続きを見る »

カステッラルクアート

テッラルクアート(Castell'Arquato)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ県にある、人口約4,700人の基礎自治体(コムーネ)。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとカステッラルクアート · 続きを見る »

ジャコモ・プッチーニ

ャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとジャコモ・プッチーニ · 続きを見る »

ジュゼッペ・ジャコーザ

ュゼッペ・ジャコーザ(Giuseppe Giacosa, 1847年10月21日 - 1906年9月1日)は、イタリアの詩人、劇作家、オペラ台本作家である。ルイージ・イッリカと共同でプッチーニのために書いたオペラ台本、『ラ・ボエーム』、『トスカ』、『蝶々夫人』によって特に有名である。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとジュゼッペ・ジャコーザ · 続きを見る »

ジョズエ・カルドゥッチ

ョズエ・アレッサンドロ・ジュゼッペ・カルドゥッチ(Giosuè Alessandro Giuseppe Carducci, 1835年7月27日、ヴァルディカステッロ - 1907年2月17日、ボローニャ)は、イタリアの詩人、教師。古典文学者。イタリア上院議員。その影響力は大きく、現代イタリアの国民的詩人として公的にも認められていた。父はリソルジメントの支持者で、政府の弾圧により幼少時代はトスカーナ地方を転々とする。学識を請われボローニャ大学教授となる。『新韻集』や『擬古詩集』が高い評価を受け、1906年にノーベル文学賞を受賞、同賞を受賞した最初のイタリア人となった。 国家統一を妨げているとしてローマ・カトリックを厳しく批判し、『青春の季』や『魔王賛歌』で反カトリックの姿勢を取っている。教育家としても教会の管理下にある事が一般的だった寄宿学校の現状を変えるべく、弟ヴァルフレード・カルドゥッチを校長とする無宗教式のカルドゥッチ寄宿学校を設置した。同校ではベニート・ムッソリーニがサレジオ会の寄宿学校を追放された後に学んでいる。.

新しい!!: ルイージ・イッリカとジョズエ・カルドゥッチ · 続きを見る »

音節

音節(おんせつ)またはシラブル()は、連続する言語音を区切る分節単位の一種である。典型的には、1個の母音を中心に、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりをいう。 中国語などの声調言語(トーン言語)では、母音と子音の組合せに、さらに母音の音程の高低変化による声調を加えて一つの音節を構成する。 日本語の場合、音節とは区切り方が必ずしも一致しない「モーラ」(拍)という分節単位が重要である。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと音節 · 続きを見る »

蝶々夫人

『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、英語:Madama Butterfly または Madame Butterfly, マダム・バタフライ)は、以下の諸作品をさす。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと蝶々夫人 · 続きを見る »

脚本

脚本(きゃくほん)とは、「何時。何処で。誰が」の天地人を示す柱書き、台詞、ト書きだけで構成された設計図的役割を担うテキスト。小説とは形式が異なる。 演者に使われる台詞を中心としたものは台本といい、また脚本はシナリオともいわれる。「シナリオ」という言葉は、1920年に松竹が映画事業に乗り出すため、アメリカから招聘したヘンリー・小谷が使った片仮名のおびただしい映画用語の一つで、それまでは「台本」という言い方をしていたという。「シナリオ」という言葉は、もともとは即興劇用のおおまかな筋を書いたものを意味していたし、今日ではコンピュータゲームの原案などにも使われる言葉だが、辞書に載るような一般的な意味としては、映像劇の脚本を舞台のそれから区別する際に使われる。 漫画では漫画原作、舞台演劇では戯曲といわれる。戯曲といった場合には劇の制作上の一手段という意味に文学性が加味される。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと脚本 · 続きを見る »

新イタリア楽派

新イタリア楽派(しんイタリアがくは、giovane scuola italiana)は、19世紀中頃より誕生し、1880年代から活躍したイタリア人作曲家、特にオペラ作曲家を指して用いられる概念である。 フランスのジュール・マスネ、およびドイツのリヒャルト・ワーグナーの影響を受け、重厚で色彩感に富むオーケストレーション、ライトモティーフ的語法の多用などを特徴とする。 この楽派に属する作曲家と一般に考えられているのはアントニオ・スマレーリア、アルフレード・カタラーニ、 ルッジェーロ・レオンカヴァッロ、ジャコモ・プッチーニ、アルベルト・フランケッティ、ピエトロ・マスカーニ、フランチェスコ・チレア、ウンベルト・ジョルダーノなどであり、彼らは大体において、1890年代から20世紀初頭にかけて隆盛をみたヴェリズモ・オペラの作曲家に重なる。 色彩感豊かなオーケストレーションという点に着目する場合、上記作曲家たちよりも若い世代に属し、必ずしも「ヴェリズモの作曲家」には該当しないフランコ・アルファーノやイタロ・モンテメッツィ、リッカルド・ザンドナーイなどもこの「新イタリア楽派」に含めて論じられることがある。また、新イタリア楽派と同世代ながらも、宗教音楽や器楽曲の作曲家であるロレンツォ・ペロージを、その一員に含める場合もある。 一方で、年齢的にはこの「第2グループ」に属するエルマンノ・ヴォルフ=フェラーリは、その代表作のひとつ『マドンナの宝石(I gioielli della Madonna)』(1911年ベルリン初演)が典型的なヴェリズモ・オペラであるにもかかわらず、彼自身はもっぱらドイツで活動したこと、イタリアではカルロ・ゴルドーニの戯曲に基づくオペラ・ブッファの作品ばかりが評価されたということなどから、「新イタリア楽派」には含まないことが多い。同様に、オットリーノ・レスピーギはその受けた音楽教育、長じての作風ともこの楽派とはまったく異質の存在であった。 第1次世界大戦後は、ピツェッティ、マリピエロ、カゼッラ、ゲディーニ、リエティなど、1880年代以降に生まれた、器楽曲の創作を歌劇よりも重視する新世代の陰に隠れるようになった。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと新イタリア楽派 · 続きを見る »

12月16日

12月16日(じゅうにがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から350日目(閏年では351日目)にあたり、年末まであと15日ある。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと12月16日 · 続きを見る »

1857年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1857年 · 続きを見る »

1876年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1876年 · 続きを見る »

1879年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1879年 · 続きを見る »

1883年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1883年 · 続きを見る »

1889年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1889年 · 続きを見る »

1892年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1892年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1896年 · 続きを見る »

1898年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1898年 · 続きを見る »

1900年

19世紀最後の年である。100で割り切れるが400では割り切れない年であるため、閏年ではなく、4で割り切れる平年となる。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと1900年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1904年 · 続きを見る »

1919年

記載なし。

新しい!!: ルイージ・イッリカと1919年 · 続きを見る »

5月9日

5月9日(ごがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から129日目(閏年では130日目)にあたり、年末まではあと236日ある。誕生花はクレマチス。.

新しい!!: ルイージ・イッリカと5月9日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ルイージ・イルリカ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »