ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

リール=フランドル駅

索引 リール=フランドル駅

リール=フランドル駅(フランス語:Gare de Lille-Flandres)はフランス・ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県リールにある主要鉄道駅である。フランス国鉄のターミナル駅としてフランス国内の都市間列車、ローカル列車やベルギー方面への国際列車、パリ北駅からノンスットップのTGVなどが発着している。フランドルと言う名称が追加されたのは1993年にLGV北線のリール・ウロップ駅が開業してからである。リール・ウロップ駅とはショッピングセンターを挟んで500m程しか離れておらず、徒歩でも移動可能だが、両駅間をVAL方式のリールメトロで結んでいる。.

27 関係: 地上駅地下駅ノール県ノール=パ・ド・カレー地域圏メトロ (リール)リール (フランス)リール・ユーロップ駅パリ北-リール線パリ北駅フランスフランスの鉄道フランス国鉄フランス語ベルギーショッピングセンターターミナル駅設計図鉄道駅LGV北線TGV1848年1869年1892年1983年1993年19世紀

地上駅

地上駅(ちじょうえき)とは、鉄道の駅の形態のひとつで、プラットホームが元の地面と同じ高さにある駅のことである。地面の高さとは一般に1階レベルのことを言うが、若干上下している場合もあるため、広義では地上からプラットホームが目視でき、高架の建造物の上に存在していない駅のことを指す。そのため掘割の駅も地上駅に含まれることもある。地平駅(ちへいえき)とも言う。.

新しい!!: リール=フランドル駅と地上駅 · 続きを見る »

地下駅

みなとみらい線みなとみらい駅) 地下駅(ちかえき)は、プラットホームが地下に存在する鉄道駅のこと。地下化された路線や地下鉄の駅として用いられる。.

新しい!!: リール=フランドル駅と地下駅 · 続きを見る »

ノール県

ノール県 (Département du Nord) は、フランスのオー=ド=フランス地域圏の県である。フランス最北部に位置することから、北(Nord)を意味するその名がつけられた。ノール県はフランドル・フランセーズ(Flandre française、フランス領フランドル)と呼ばれる、ダンケルクとリール(旧フランドル伯領)、カンブレジ(旧司教公領)、そして旧エノー伯領から構成されている。.

新しい!!: リール=フランドル駅とノール県 · 続きを見る »

ノール=パ・ド・カレー地域圏

ノール=パ・ド・カレー地域圏(Nord-Pas-de-Calais)は、フランス北端、ベルギーと国境を接する、かつて存在した地域圏である。ピカルディ地域圏と合併し現在はオー=ド=フランス地域圏となっている。 第一次世界大戦では主戦場の一つとなり、大被害を受けた。北緯50度付近に位置し、かなり高緯度であるが西岸海洋性気候の恩恵を受けてフランス国内でも有数の日照時間と平均した降水量に恵まれ古くから産業が発達した。地域圏の面積は日本の新潟県と、人口は静岡県とほぼ同じぐらいである。首府は人口22万人の工業都市リール。.

新しい!!: リール=フランドル駅とノール=パ・ド・カレー地域圏 · 続きを見る »

メトロ (リール)

リールのメトロ(fr:Métro de Lille)はフランス、リール都市圏に1983年4月25日に開業した最初のVAL方式を採用した地下鉄で、運営はTranspole.

新しい!!: リール=フランドル駅とメトロ (リール) · 続きを見る »

リール (フランス)

リール(フランス語:Lille, オランダ語・フラマン語:Rijsel ドイツ語:Ryssel)は、フランス北部の都市で、ベルギーと国境を接するオー=ド=フランス地域圏の首府、ノール県の県庁所在地である。.

新しい!!: リール=フランドル駅とリール (フランス) · 続きを見る »

リール・ユーロップ駅

リール・ウロップ駅(フランス語:Gare de Lille-Europe )は、フランス・ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県リール市にあるフランス国鉄(SNCF)・リール都市圏交通局の駅である。.

新しい!!: リール=フランドル駅とリール・ユーロップ駅 · 続きを見る »

パリ北-リール線

パリ=ノール-リール線(Ligne de Paris-Nord à Lille)は、フランスの首都パリのパリ北駅からノール県リールのリール=フランドル駅に至る区間を結ぶフランス国鉄の鉄道路線である。.

新しい!!: リール=フランドル駅とパリ北-リール線 · 続きを見る »

パリ北駅

パリ北駅(パリ・ノール、ガール・デュ・ノール、Paris-Nord、Gare du Nord)は、フランスの首都・パリ市10区にあるフランス国鉄 (SNCF)・パリ交通公団 (RATP) の駅。SNCFにおけるパリの主要ターミナル駅の一つである。RERとメトロの路線ではガール・デュ・ノール (Gare du Nord) という駅名が使用され、TGVなどの遠距離路線、国際路線ではパリ・ノール (Paris-Nord) である。.

新しい!!: リール=フランドル駅とパリ北駅 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: リール=フランドル駅とフランス · 続きを見る »

フランスの鉄道

フランスの鉄道輸送は、フランス国鉄(SNCF、Société Nationale des Chemins de fer français)がほぼ独占して運行し、鉄道施設はフランス鉄道線路事業公社(RFF、Réseau Ferré de France)が管理している。 SNCFはヨーロッパにおいて、旅客輸送で第2位(年間722億人キロ)、貨物輸送で第5位(年間468億トンキロ)の規模を有している(2002年)。.

新しい!!: リール=フランドル駅とフランスの鉄道 · 続きを見る »

フランス国鉄

フランス国有鉄道(フランスこくゆうてつどう、Société Nationale des Chemins de fer Français, SNCF)は、フランスの国有鉄道事業を統括する鉄道事業者である。本社はパリ近郊サン=ドニ。 企業形態は日本における公共企業体に近い「商工業的公施設法人()」。1982年までは官民合資の株式会社である「混合資本株式会社()」であった。 一時は上下分離政策により、フランス国鉄は列車運行および鉄道車両の保有管理業務などを行い、線路や駅などの鉄道施設(インフラ)の保有管理業務は、SNCFと同じくEPICのフランス鉄道線路事業公社(RFF)が所管していたが、2015年より再統合された。(後述).

新しい!!: リール=フランドル駅とフランス国鉄 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: リール=フランドル駅とフランス語 · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: リール=フランドル駅とベルギー · 続きを見る »

ショッピングセンター

トロント・イートン・センター ショッピングセンター()は、複数の小売店舗や飲食店、美容院、旅行代理店などサービス業の店舗も入居する商業施設である。略称は「SC」。ショッピングモール()とも呼ばれる。 単独出店と比べ、顧客吸引力が強くでき、駐車場や荷捌き施設などが共用できる。また、開発業者が建物を所有する形態であると小売業者の初期投資が軽減できる。.

新しい!!: リール=フランドル駅とショッピングセンター · 続きを見る »

ターミナル駅

ターミナル駅(ターミナルえき)とは、鉄道路線の末端に位置する鉄道駅である。終点・終端・端末を意味する単語「ターミナル」(terminal) に由来する。.

新しい!!: リール=フランドル駅とターミナル駅 · 続きを見る »

駅(えき、うまや).

新しい!!: リール=フランドル駅と駅 · 続きを見る »

設計図

設計図(せっけいず).

新しい!!: リール=フランドル駅と設計図 · 続きを見る »

鉄道駅

鉄道駅(てつどうえき、gare ferroviaire、railway station、train station)は、鉄道を構成する施設の一つで、列車への旅客の乗降、貨物の積降に使用する場所。.

新しい!!: リール=フランドル駅と鉄道駅 · 続きを見る »

LGV北線

| LGV北線 (LGV Nord、ligne nouvelle 3、LN3)はパリとベルギー国境、リール経由で英仏海峡トンネルを結ぶ、1993年に開業した路線長333kmの高速鉄道路線である。最高運転速度は300km/hで、北ヨーロッパ線(LGV Nord-Europe,TGV Nord-Europe)と呼ばれる場合もある。LGV東連絡線(LGV Interconnexion Est)経由でLGV南東線(LGV Sud-Est)等の南方向への路線とも結ばれ、フランス国内とイギリスやベネルクス諸国を結ぶ国際輸送やパ=ド=カレー県などのフランス北部と南部間の国内輸送での所要時間の大幅な短縮が図られた。現在、フランスの国土軸を形成するだけでなく、近隣諸国とも結ばれ、国際的な重要幹線の機能を担っている。路線のうち130kmはオートルートA1号線と並行している。 沿線はほとんどが平坦または起伏の小さい丘陵地で、勾配は最急25‰となっている。LGV北線ではTGV Sud-Est、TGV Réseau、TGV Atlantique、TGV Duplex、ユーロスター、タリス PBA・PBKAなどが運行され、フランス国内の高速新線(LGV)の中でも最も多様な高速車両を見られる路線である。保安装置は車内信号方式のTVMが採用され当路線の全ての列車運行管理はリール指令所から行われている。.

新しい!!: リール=フランドル駅とLGV北線 · 続きを見る »

TGV

TGV(、テジェヴェ)は、フランス国鉄()が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態。名称の「TGV」は、高速列車を意味するフランス語「 (ル)トラン アグランドゥ ヴィテス」にちなむ( は列車、 は大きい、 は速度を意味する)。.

新しい!!: リール=フランドル駅とTGV · 続きを見る »

1848年

記載なし。

新しい!!: リール=フランドル駅と1848年 · 続きを見る »

1869年

記載なし。

新しい!!: リール=フランドル駅と1869年 · 続きを見る »

1892年

記載なし。

新しい!!: リール=フランドル駅と1892年 · 続きを見る »

1983年

この項目では、国際的な視点に基づいた1983年について記載する。.

新しい!!: リール=フランドル駅と1983年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: リール=フランドル駅と1993年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: リール=フランドル駅と19世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

リール・フランドル駅

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »