ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

リチャード・グリフィス

索引 リチャード・グリフィス

リチャード・グリフィス(Richard Griffiths, OBE, 1947年7月31日 - 2013年3月28日)は、イギリスの俳優。.

48 関係: 大英帝国勲章宮廷料理人ヴァテール不機嫌な赤いバラ俳優マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!ハリー・ポッターと死の秘宝ハリー・ポッターシリーズハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧バレエ・シューズ (小説)ラルフ一世はアメリカンラジオロイヤル・シェイクスピア・カンパニーヴィーナス (映画)トニー賞 演劇主演男優賞ヘンリー八世 (シェイクスピア)パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉ヒューゴの不思議な発明ヒストリーボーイズフランス軍中尉の女フォルスタッフベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ〜ベッドタイム・ストーリーイングランドイギリスウィンザーの陽気な女房たちウィズネイルと僕ウェールズ人エクウスガンジー (映画)グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説コヴェントリーゴーリキー・パークスリーピー・ホロウ (映画)スーパーマンIIセンチメートル炎のランナー裸の銃を持つ男舞台MTVムービー・アワードMTVムービー・アワード2012映画手話1947年2001年2006年2013年3月28日7月31日

大英帝国勲章

大英帝国勲章(だいえいていこくくんしょう、Order of the British Empire)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(以下、「イギリス」または「英国」と表す)の騎士団勲章 (Order)。"Order"は“勲章”と日本語訳されるヨーロッパの栄典で、元の意味は「騎士団」であり、等級は中世の騎士団の階級制度を模したものである。大英帝国勲章はイギリスの騎士団勲章の中では最も新しく、最も広範囲に与えられ、最も叙勲数の多い勲章である。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと大英帝国勲章 · 続きを見る »

宮廷料理人ヴァテール

『宮廷料理人ヴァテール』(Vatel )は、2000年のフランス/ベルギー/イギリス映画。実在した料理人フランソワ・ヴァテールを描いた作品。 第73回アカデミー賞美術賞ノミネート。第26回セザール賞美術賞受賞。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと宮廷料理人ヴァテール · 続きを見る »

不機嫌な赤いバラ

『不機嫌な赤いバラ』(原題:Guarding Tess)は、1994年のアメリカ映画。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと不機嫌な赤いバラ · 続きを見る »

俳優

俳優(はいゆう、actor)は、演劇、映画等において、その人物に扮して台詞、身振り、表情などで演じる人のこと。またその職業。役者(やくしゃ)とも呼ばれる。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと俳優 · 続きを見る »

マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!

『マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!』(マット・ルブランのげんきか〜い ハリウッド、原題: Episodes)は、イギリス・BBCとアメリカ・ショウタイム製作のシットコム。2011年に第1シリーズが放送、2012年に第2シリーズが放送。製作総指揮・脚本はデヴィッド・クレーン、監督はジェームズ・グリフィス。 日本では、第1シーズンが2011年11月からWOWOWの「コメディバザール」枠で放送している。また、「コメディバザール」枠で初めての日本語吹替版作品でもある。なお、このドラマでは日本語表記がマット・ルブランクからマット・ルブランに変更されている。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとマット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド! · 続きを見る »

ハリー・ポッターと死の秘宝

『ハリー・ポッターと死の秘宝』(ハリー・ポッターとしのひほう、原題: Harry Potter and the Deathly Hallows)は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングによって2007年7月21日に発売されている子供向けファンタジー小説。『ハリー・ポッターシリーズ』の第7巻である。日本語版は2008年7月23日に静山社より発売された。 小説として刊行された最後のシリーズ作品であり、当初から全7巻構想とされていたシリーズの完結巻である。しかし2016年7月31日に当シリーズの後日談を描いた第8巻『ハリー・ポッターと呪いの子』(舞台脚本の書籍化)が発売された為に「完結巻」ではなくなった。 映画は前後編の2部に分けられ『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が2010年11月19日に、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が2011年7月15日に公開された。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとハリー・ポッターと死の秘宝 · 続きを見る »

ハリー・ポッターシリーズ

『ハリー・ポッターシリーズ』(Harry Potter)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。日本での通称は「ハリポタ」。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとハリー・ポッターシリーズ · 続きを見る »

ハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧

ハリー・ポッターの登場人物一覧では、小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する架空の人物を解説する。 名前は初登場時の「通常用いられる呼び名・(結婚後の)姓」に統一し、ミドルネームは省略(例:ロナルド・ビリウス・ウィーズリー→ロン・ウィーズリー)。ただしいくつかの例外もある(例:フィニアス・ナイジェラス・ブラック 作中では一貫してフィニアス・ナイジェラスと呼ばれているため)。また旧姓が判明している人物については旧姓も付記。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧 · 続きを見る »

バレエ・シューズ (小説)

『バレエ・シューズ』(Ballet Shoes)は、ノエル・ストレトフィールド作の児童文学作品。1936年出版。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとバレエ・シューズ (小説) · 続きを見る »

ラルフ一世はアメリカン

『ラルフ一世はアメリカン』(原題:King Ralph)は、1991年制作のアメリカ合衆国のコメディ映画。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとラルフ一世はアメリカン · 続きを見る »

ラジオ

ラジオ()とは、.

新しい!!: リチャード・グリフィスとラジオ · 続きを見る »

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー

トラトフォード・アポン・エイヴォンにある劇場 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)は、イングランドのストラトフォード・アポン・エイヴォンを拠点にする劇団。略してRSCとも呼ばれる。ストラトフォード・アポン・エイヴォンにロイヤル・シェイクスピア・シアター、スワン・シアター、ジ・アザー・プレイスの3つを有している。 1875年に設立されたシェイクスピア記念劇場を前身に持つ、非常に歴史の古い劇団であり、また大規模な劇団のため、有名なイギリスの舞台俳優・映画俳優でここに在籍していた者は非常に多い。現在はチャールズ皇太子が理事長を務めている。 作品の多くは世界中でツアーを行い、日本でも定期的に上演を行っている。 レパートリーの中心はやはりシェイクスピア作品であるが、シェイクスピアと同時代の劇作家や現代の劇作家の戯曲も数多く手がけている。 過去に関わった日本人には、日本人役者としてはじめてカンパニーメンバーとなった伊川東吾(1986)、RSCとの共同制作『ペール・ギュント』(1991年)とRSC公演『リア王』(1999) を演出した演出家 蜷川幸雄、『ペール・ギュント』に出演した壤晴彦、『リア王』に出演した真田広之がいる。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとロイヤル・シェイクスピア・カンパニー · 続きを見る »

ヴィーナス (映画)

『ヴィーナス』(Venus)は、2006年公開のイギリス映画。ピーター・オトゥールは出演当時73歳だった。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとヴィーナス (映画) · 続きを見る »

トニー賞 演劇主演男優賞

トニー賞の演劇主演男優賞(Best Performance by a Leading Actor in a Play)は、第1回となる1947年から授与されている。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとトニー賞 演劇主演男優賞 · 続きを見る »

ヘンリー八世 (シェイクスピア)

王妃キャサリンを演じるエレン・テリー 『ヘンリー八世』(ヘンリーはっせい、The Famous History of the Life of King Henry the Eighth)は、イングランド王ヘンリー八世の生涯を描いたウィリアム・シェイクスピア作の歴史劇。 『ヘンリー八世』という題名は1623年の「ファースト・フォリオ」で初めて使われたもので、発表当時の文献には『すべて真実』(All is True)とある。文体から、シェイクスピアの単独執筆作品ではなく、後継者のジョン・フレッチャーが共作したか、あるいは改訂した可能性が指摘されている。その構成には「後期ロマンス劇」の特徴がいくつか見られる。 1613年、『ヘンリー八世』を上演中のグローブ座が全焼した。特殊効果として使用した大砲の弾が劇場の草葺きの屋根に火をつけたためだった。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとヘンリー八世 (シェイクスピア) · 続きを見る »

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(パイレーツ・オブ・カリビアン いのちのいずみ、Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)は、2011年公開のアメリカの3Dアクション・アドベンチャー映画。ジェリー・ブラッカイマー製作による『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第4作目である。監督は3作目までを担当したゴア・ヴァービンスキーからロブ・マーシャルへと交替している。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとパイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 · 続きを見る »

ヒューゴの不思議な発明

『ヒューゴの不思議な発明』(原題: Hugo)は、2011年のアメリカのドラマ映画。ブライアン・セルズニックの小説『ユゴーの不思議な発明』を原作とする、マーティン・スコセッシ初の3D映画である。第84回アカデミー賞では同年最多の11部門にノミネートされ、5部門で受賞を果たした。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとヒューゴの不思議な発明 · 続きを見る »

ヒストリーボーイズ

『ヒストリーボーイズ』(The History Boys)は、2006年制作のイギリスの映画。本国イギリスでローレンス・オリヴィエ賞を受賞し、トニー賞でも6部門を制覇した同名舞台を舞台のキャストそのままで映画化。また、2014年に日本でも舞台化された。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとヒストリーボーイズ · 続きを見る »

フランス軍中尉の女

『フランス軍中尉の女』(ふらんすぐんちゅういのおんな、The French Lieutenant's Woman)は、1981年に製作・公開されたイギリス映画。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとフランス軍中尉の女 · 続きを見る »

フォルスタッフ

ー・ジョン・フォルスタッフ(Sir John Falstaff)は、ウィリアム・シェイクスピアの作品(ヘンリアド)に登場する架空の人物。言語によっては「ファルスタッフ」とも。 大兵肥満の老騎士。臆病者で「戦場にはビリっかす」、大酒飲みで強欲、狡猾で好色だが、限りないウィット(機知)に恵まれ、時として深遠な警句を吐く憎めない人物として描かれ、上演当時から現代に至るまでファンが多い。 シェイクスピアの生み出した数多くの劇中人物の中でも、「劇を飛び出して生きた」息子は二人だけだと言われている(フォルスタッフと)。 『ヘンリー四世』(2部作)ではハル王子(後のヘンリー5世)の放蕩仲間として登場するが、第2部の最後に即位してヘンリー5世となった王子に追放されてしまう。続編の『ヘンリー五世』では、追放後まもなく失意の中で、(フランスで汗かき病のため)死んだことが仲間(ピストール、バードルフ)の口から語られるという形で紹介される。 もっとも、このようなフォルスタッフの「殺害」については、当時から人気の高かったフォルスタッフを勝手に登場させた戯曲などがまかり通っており、シェイクスピアはそのような事態を防ぐために、自らの「息子」を死んだことにして守らなければならなかったといわれている。 イングランド女王エリザベス1世がフォルスタッフをたいそう気に入り「彼の恋物語が見たい」と所望したため、シェイクスピアはフォルスタッフを主人公とした『ウィンザーの陽気な女房たち』を書いたと言う説もある。同作では勝手な思い込みから2人の夫人に恋を仕掛ける愉快な好色漢として描かれている。 ヘンリー5世の盟友であったジョン・オールドカースル(Sir John Oldcastle)がモデルとされている。初演時に名前をそのまま流用すると、子孫から抗議を受けた。そこでやはり実在の人物で『ヘンリー六世』(第1部)にも登場するジョン・ファストルフ(Sir John Fastolf)の姓を綴り変えた、フォルスタッフという架空の姓を創造した。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとフォルスタッフ · 続きを見る »

ベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ〜

『ベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ〜』(Blame It on the Bellboy)は、1992年のイギリス/アメリカ合衆国のコメディ映画。マーク・ハーマン監督・脚本、ダドリー・ムーア、ブライアン・ブラウン、リチャード・グリフィス、パッツィ・ケンジット、アンドレアス・カツーラス、ペネロープ・ウィルトン、ブロンソン・ピンチョット出演。 日本では劇場未公開で、1993年にビデオが発売された。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ〜 · 続きを見る »

ベッドタイム・ストーリー

『ベッドタイム・ストーリー』(原題:Bedtime Stories)は、2008年のアメリカ映画。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとベッドタイム・ストーリー · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとイングランド · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとイギリス · 続きを見る »

ウィンザーの陽気な女房たち

『ウィンザーの陽気な女房たち』(The Merry Wives of Windsor)は、ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇である。出版は1602年だが、書かれたのは1597年より前だと考えられている。太っちょ騎士フォルスタッフが主人公で、フォルスタッフは既に『ヘンリー四世 第1部』と『ヘンリー四世 第2部』に登場している。タイトルに含まれている「ウィンザー」はイングランド、バークシャーにあるウィンザー城への言及である。ヘンリー4世の治世頃を扱っているはずであるが、一切辻褄合わせなどはせずに同時代のエリザベス朝イングランドの中流階級の生活を扱っており、シェイクスピアとしては唯一の「現代劇」である。ヴェルディ『ファルスタッフ』(1893年)、オットー・ニコライ『ウィンザーの陽気な女房たち』(1849年)など、たびたびオペラ化されている。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとウィンザーの陽気な女房たち · 続きを見る »

ウィズネイルと僕

『ウィズネイルと僕』(Withnail and I)は、1987年製作のイギリス映画である。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとウィズネイルと僕 · 続きを見る »

ウェールズ人

ウェールズ人(ウェールズじん、Welsh people、ウェールズ語: Cymry)は、ウェールズ国民、またはウェールズを父祖の土地とする民族のこと。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとウェールズ人 · 続きを見る »

エクウス

『エクウス』(Equus)は、ピーター・シェーファーによる戯曲。"Equus"とは馬の学名で、6頭の馬の目を潰した10歳代後半の少年アランと、精神科医ダイサートの対話を軸にストーリーが展開される。 イギリスで1973年に初演され、日本では1975年に劇団四季によって上演される。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとエクウス · 続きを見る »

ガンジー (映画)

『ガンジー』(Gandhi)は、1982年公開のイギリスとインドとの合作映画。製作会社はコロンビア映画で、監督はリチャード・アッテンボロー。脚本はジョン・ブライリー。第55回アカデミー賞作品賞受賞作品。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとガンジー (映画) · 続きを見る »

グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説

『グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説』(原題:Greystoke: The Legend of Tarzan, Lord of the Apes)は、1983年制作のイギリス映画。『グレイストーク ターザンの伝説』とも表記される。 それまで映画やテレビドラマで制作されてきた『ターザン』とは一線を画し、初めて原作に忠実に映画化した作品。よって、それまでのような派手なアクションやアドベンチャーは抑えられ、ターザンの成長に主眼を置いたドラマ作品となっている。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとグレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説 · 続きを見る »

コヴェントリー

ヴェントリー は、イギリス・イングランドのウェスト・ミッドランズ州にある都市。イングランドで8番目に人口が多い都市である。 コヴェントリーは自動車産業と大聖堂、ゴダイヴァ夫人(ゴディバ夫人とも表記される)の伝説で有名である。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとコヴェントリー · 続きを見る »

ゴーリキー・パーク

『ゴーリキー・パーク』(原題: Gorky Park)は、1983年制作のアメリカ合衆国のサスペンス映画。 マーティン・クルーズ・スミス原作の同名ベストセラー小説の映画化。マイケル・アプテッド監督。ウィリアム・ハート主演。 当時のソ連を舞台に、タイトル通りモスクワのゴーリキイ公園で起きた殺人事件を発端とする異色のサスペンス映画である。 撮影はモスクワでの許可が下りず、フィンランドのヘルシンキとスウェーデンのストックホルムで行われた。 日本では劇場未公開で、1990年3月11日放送の『日曜洋画劇場』で「レッド・コップ/ゴーリキー・パーク殺人事件」のタイトルでテレビ放映された。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとゴーリキー・パーク · 続きを見る »

スリーピー・ホロウ (映画)

『スリーピー・ホロウ』(Sleepy Hollow)は1999年製作のアメリカ映画。 ワシントン・アーヴィングの小説『スリーピー・ホロウの伝説』を元に、ティム・バートンが独自の脚色とストーリーを加えたホラー映画である。 幻想的な舞台美術が美しく、同年のアカデミー美術賞を受賞している。また18回もの首切りのシーンがある。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとスリーピー・ホロウ (映画) · 続きを見る »

スーパーマンII

『スーパーマンII』(Superman II)は、アメリカン・コミック作品『スーパーマン』を原作とする1981年のアメリカの映画作品。1978年の『スーパーマン』の続編である。 クリストファー・リーヴ主演のシリーズ第2作。前作の冒頭で登場したゾッド将軍はじめとする3人の惑星クリプトンの反逆者とスーパーマンの死闘を描く。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとスーパーマンII · 続きを見る »

センチメートル

ンチメートル(記号cm)は、国際単位系(SI)の長さの単位で、メートル(m)に相当する。基本単位のメートルとを表す接頭辞センチを組み合わせた単位である。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとセンチメートル · 続きを見る »

炎のランナー

『炎のランナー』(ほのおのランナー、原題: Chariots of Fire)は、1981年公開のイギリス映画。監督はヒュー・ハドソン。第54回アカデミー賞作品賞受賞作品。当時の時代背景の中で権威主義的排他的なイギリスを描きながらもイギリス的尊厳を彫り込んだ作品になっている。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと炎のランナー · 続きを見る »

裸の銃を持つ男

『裸の銃を持つ男』(はだかのガンをもつおとこ、原題:The Naked Gun)は、1988年・1991年・1994年にアメリカ合衆国で製作された3本のコメディ映画のシリーズである。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと裸の銃を持つ男 · 続きを見る »

舞台

舞台(ぶたい、stage)とは、演劇やダンス、伝統芸能や演芸など、舞台芸術の表現者が作品を演じるための、一定の空間。転じて、舞台芸術に属する作品のジャンルを指し「舞台」と呼ぶこともある。また、演壇などの、舞台に類似する機能をもった一定の空間や機構を指し、舞台と呼ぶことがある。 ここから派生して、特定の人物や集団が盛んに活動を展開する場を指し、抽象的な意味において、舞台と呼ぶこともある。 機構としての舞台や、舞台の様々な様式については、劇場を参照。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと舞台 · 続きを見る »

MTVムービー・アワード

MTVムービー・アワード(MTV Movie Awards)は、MTV主催の映画賞。最優秀悪役賞や最優秀キスシーン賞などユニークな賞が注目される映画祭である。1992年に設立され、毎年4月に開催されている。以前は6月に開催されていた。2013年まではユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのギブソン・アンフィシアターで行われたが、同シアターの閉鎖により2014年からはノキア・シアターで開催されている。一般の視聴者の投票によって決められる。毎年、その年にヒットした映画のパロディが披露される。またミュージシャンによるパフォーマンスもある。 投票者の年齢層が若いため、他の映画賞と比較して、若者向けのアクション映画やコメディ映画が受賞することが多い。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとMTVムービー・アワード · 続きを見る »

MTVムービー・アワード2012

2012年のMTVムービー・アワードは、2012年6月3日にギブソン・アンフィシアターで開催された。司会はラッセル・ブランドである。 候補は5月1日に発表され、受賞者はファンとMTV幹部のパネルの投票によって選ばれた。.

新しい!!: リチャード・グリフィスとMTVムービー・アワード2012 · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと映画 · 続きを見る »

手話

日本手話の「山」 指文字の「か」米指文字の「K」 日本手話の「男」 日本手話の「女」 手話(しゅわ)は、手指動作と非手指動作(NMS, non-manual signals)を同時に使う視覚言語で、音声言語と並ぶ言語である。手話は、聞こえない人(聴覚障害者、ろう者)、ろう者の親を持つ聴者であるコーダ等が中心となって使用している。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと手話 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: リチャード・グリフィスと1947年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと2001年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと2006年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと2013年 · 続きを見る »

3月28日

3月28日(さんがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から87日目(閏年では88日目)にあたり、年末まであと278日ある。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと3月28日 · 続きを見る »

7月31日

7月31日(しちがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から212日目(閏年では213日目)にあたり、年末まであと153日ある。7月の最終日である。誕生花はカボチャ、ビヨウヤナギ。.

新しい!!: リチャード・グリフィスと7月31日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »