ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

リエパーヤ国際空港

索引 リエパーヤ国際空港

リエパーヤ国際空港とは、ラトビア西部に位置するリエパーヤにある国際空港。リガ国際空港、ヴェンツピルス国際空港と共に、ラトビアの3つの国際空港の内の一つである。 リエパーヤ国際空港はリエパーヤの東5 kmの位置にあり、また、ラトビアの首都であるリガからは210 km、隣国リトアニアとの国境からは60 km離れている。空港の敷地面積は2.2 km2あり、全域がリエパーヤ経済特区に指定されている。2005年9月にリエパーヤ国際空港、リガ国際空港間の運行が季節便として14年ぶりに再開した。2007年からはリガへの季節便が定期的に運用されるようになり、コペンハーゲンおよびハンブルクへの新しいルートが開かれた。リエパーヤからの定期便を運航している航空会社は、エア・バルティックのみであり、このルートではフォッカー 50およびダニッシュ・エアトランスポートの ATR42-300 が使われている。 冷戦初期の間、飛行場はソ連防空軍の基地として使用されており、1950年4月8日にはアメリカ空軍の PB4Y-2プライバティア(BuNo 59645)を撃墜している。.

29 関係: ATR 42ハンブルクバス (交通機関)ラトビアラトビアの空港の一覧リトアニアリエパーヤリガリガ国際空港ヴェンツピルス国際空港フォッカー 50アメリカ空軍アスファルトエア・バルティックコペンハーゲンコンクリートソ連防空軍冷戦国境国際空港経済特区首都PB4Y-2 (航空機)欧州航空航法安全機構1950年2005年2007年4月8日9月

ATR 42

ATR 42はフランスとイタリアの航空機メーカーが合弁事業で興したATRが製造するターボプロップ双発旅客機である。42は標準座席数の42席(ピッチ 81cm)を意味する。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とATR 42 · 続きを見る »

ハンブルク

ハンブルク(Hamburg、低ザクセン語・Hamborg (Hamborch) )は、ドイツの北部に位置し、エルベ川河口から約100kmほど入った港湾都市。正式名称は自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg、フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)。行政上では、ベルリン特別市と同様に、一市単独で連邦州(ラント)を構成する特別市(都市州)なので、ハンブルク特別市やハンブルク州と呼ばれる。人口約175万人。国際海洋法裁判所がある。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とハンブルク · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とバス (交通機関) · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とラトビア · 続きを見る »

ラトビアの空港の一覧

ラトビアの空港及び飛行場の一覧を示す。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とラトビアの空港の一覧 · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とリトアニア · 続きを見る »

リエパーヤ

マーケット ビーチ リエパーヤ(ラトビア語:Liepāja)はラトビア西部、バルト海沿岸の都市。クルゼメ地方の中心都市で、人口 約85,000人。ラトビア国内でも第3の規模を有する。リエパーヤ港はラトビアの三大港の一つで、リエパーヤ国際空港は国内に3つしかない国際空港の一つ(現在は首都リガとの間に季節便(夏)が運行されるのみ)。 この地に定住が開始されたのは少なくとも750年前で、1253年の記録に記載が見られる。中世にはリーバウ (Livawe, Libau) というドイツ名で商業港として栄えた。帝政ロシアの時代にはカロスタ (Karosta) 軍港が設けられバルチック艦隊の母港の一つとなる。日露戦争時にはこの港から日本海に向けて出航している。 現在、カロスタ軍港は解放され、観光地として訪問客を集めている。また市内の聖トリニティ教会には世界でも最大級のパイプオルガンがあり、建造当時のままの姿をとどめている。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とリエパーヤ · 続きを見る »

リガ

リガ、またはリーガ( 、、、Ryga、英語、)は、ラトビア共和国の首都で、同国最大の人口を擁する都市。人口は69万9,203人(2012年時点)。「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、その旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とリガ · 続きを見る »

リガ国際空港

リガ国際空港(Starptautiskā lidosta Rīga,Riga International Airport)とは、ラトビア共和国の首都、リガにある国際空港であり、エア・バルティックのハブ空港である。 手狭になった中心部に近いSpilve空港の代わりとして1973年に建設され、1999年以降の利用者数はバルト三国最多となっている。特に2005年前後から続くエア・バルティックの積極的な就航路線の拡大を受け、2005年時点で約180万人だった利用者数は2010年末には約500万人になると予測されている。こうした状況を受けて、2001年に改築された空港であるが、更なる拡張計画もある。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とリガ国際空港 · 続きを見る »

ヴェンツピルス国際空港

ヴェンツピルス国際空港とはラトビア北西の都市ヴェンツピルスの南西5 kmに位置する国際空港である。2010年現在、ラトビア内で最も新しい国際空港であり、リガ国際空港、リエパーヤ国際空港と共に、ラトビアの3つの国際空港の内の一つである。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とヴェンツピルス国際空港 · 続きを見る »

フォッカー 50

フォッカー50(Fokker 50)とは、オランダの航空機メーカーであったフォッカーが開発したターボプロップ双発旅客機である。また当機はベストセラーであったフォッカー F27を大型化したうえで改良した機体で、この旅客機もまた前作と同様にセールス的に成功した。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とフォッカー 50 · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とアメリカ空軍 · 続きを見る »

アスファルト

精製されたアスファルト アスファルト舗装 アスファルト()もしくは土瀝青(どれきせい)とは、原油に含まれる炭化水素類の中で最も重質のものである。道路の舗装や防水剤などに使われる。減圧蒸留装置で作られた減圧残油はそのまま製品アスファルトとなり、ストレート・アスファルトと呼ばれる。 ストレート・アスファルトの性状を改善するため、溶剤抽出(溶剤脱瀝)や空気酸化(ブローン・アスファルト製造)などの処理を行うこともある。粘度の高い液体(ピッチ)であり、常温ではほとんど流動しないものが多い。ただし、常温で使用できるようにストレート・アスファルトを灯油や軽油でカットバックさせたカットバック・アスファルトもあるが、日本では統計上ストレート・アスファルトに含まれている。 なお、日本やアメリカ等では石油を精製して採れた減圧重質油をアスファルトと呼ぶのに対し、ヨーロッパではビチューメンと呼び、このビチューメンに骨材や砂などを混合したものをアスファルト(日本ではアスファルト混合物またはアスファルト合材)と呼んでいる。したがって、ヨーロッパの技術論文を読む際には注意が必要となる。なぜこのように呼称が違ったのか不明であるが、おそらくは、アスファルトの種類が増えたことが原因ではないかと考えられる。 トリニダード・トバゴでは純度の高いアスファルトが天然で噴出し、湖を形成するという稀なケースが見受けられる。これは、地中の原油から揮発成分が蒸発し、アスファルト分のみが残ったものと考えられる。→(ピッチ湖).

新しい!!: リエパーヤ国際空港とアスファルト · 続きを見る »

エア・バルティック

ア・バルティック airBaltic はリガを本拠とするラトビアの国営航空会社である。ラトビアの「フラッグ・キャリア」であり、同時に格安航空会社としての運営を行っている。 1995年8月にスカンジナビア航空(SAS)とラトビア国家の共同事業としてスタートし、同年10月1日より営業運航を開始。1997年には貨物輸送部門を開始、2004年に社名をAir Balticから現行のairBalticに変更した。かつてはSASグループの地域航空会社の一つであり、マイレージサービスもSASのEuroBonusに加盟していた。現在ではSASとの資本関係を解消しており、2009年10月21日より独自のマイレージサービスであるBalticMilesを開始している。 2017年の定時運航率は90.01%を記録。世界の航空会社の中でトップとなった。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とエア・バルティック · 続きを見る »

コペンハーゲン

ペンハーゲン(Kopenhagen )、クブンハウン(ケブンハウン)(København 、コゥペンヘイゲン(Copenhagen )は、デンマークの首都。デンマーク最大の都市で、自治市の人口は52万人。市名はデンマーク語の"Kjøbmandehavn"(商人たちの港)に由来する。「北欧のパリ」と比喩される。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とコペンハーゲン · 続きを見る »

コンクリート

ンクリートブロック コンクリート(、混凝土)は、砂、砂利、水などをセメントで凝固させた硬化物で建築土木工事の材料として多く利用される。セメントを水で溶いて混ぜただけのものをセメントペースト、これに細骨材の砂を練混ぜたものをモルタルと呼び区別する。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とコンクリート · 続きを見る »

ソ連防空軍

ビエト連邦防空軍(ソビエトれんぽうぼうくうぐん、Войска́ противовозду́шной оборо́ны Вооружённых сил СССР、Войска́ ПВО ВС СССР)は、ソビエト連邦の軍隊のひとつ。たんに防空軍とも呼ばれる。1948年から1981年までは国土防空軍(こくどぼうくうぐん、Войска́ противовозду́шной оборо́ны страны́、Войска́ ПВО страны́)と呼ばれていた。 日本ではしばしば「空軍」と混同されることがあるが、これは日本語翻訳名に由来する誤りである。つまり、「防空軍」という名称は「防空・軍」という意味であって、「防・空軍」という空軍の一種を意味しているのではない。ソビエト連邦軍において防空軍と空軍は海軍と陸軍同様独立した軍隊であり、従って「防空軍」と書くべきところを「空軍」と書くのはまったくの誤りである。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とソ連防空軍 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と冷戦 · 続きを見る »

国境

国境.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と国境 · 続きを見る »

国際空港

国際空港(こくさいくうこう、international airport)は、国際航空路線に対する設備が整っている空港で、通常の空港設備以外にCIQ(税関、出入国管理、検疫)に関する設備が必要となる。 ただし、国際航空路線が就航している(CIQ設備がある)空港すべてが「○○国際空港」という名称であるわけではない。例えば、ロンドン・ヒースロー空港の正式名称は、London Heathrow Airportであり、空港名に国際(International)の文字は含まれていない。日本国の一般的に国際空港と呼ばれる東名阪各地の空港は、地名に空港の略称を付与して区別される場合が多く、首都圏では成田国際空港(略称:東京/成田)及び東京国際空港(略称:東京/羽田)、中京圏では中部国際空港(略称:名古屋/中部)、関西圏では関西国際空港(略称:大阪/関空)などと地図に表記されている。 日本ではもともと「○○国際空港」と称する空港は空港整備法(空港法の旧称)において定義する「第一種空港」に指定されていた。しかし、1980年代頃から第一種空港以外の空港での国際航空路線の就航が相次いだ。そのため、国際航空路線が就航している空港のすべてに国際空港の名称が使用されているわけではない状況となっている。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と国際空港 · 続きを見る »

経済特区

経済特区(けいざいとっく)とは、経済発展のために法的、行政的に特別な地位を与えられている地域を指す。英語では "Special Economic Zone" (SEZ) で、中華人民共和国では1978年に設置されたのが最初である。 インド・韓国・シンガポール・フィリピン・カンボジア・ラオスなどにおいても経済特区や保税区が設置されている。日本においても小泉内閣の構造改革政策の一環として、全国の地方自治体に「構造改革特別区域」が設置され、その後もスーパー特区や復興特区、総合特区、国家戦略特区など様々な特区がつくられている。また、1981年に当時のマーガレット・サッチャーによってイギリスでも経済特区に似たエンタープライズゾーンがコービィ(Corby)で設置され、アメリカでもエンタープライズゾーン法が提出された。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と経済特区 · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と首都 · 続きを見る »

PB4Y-2 (航空機)

PB4Y-2はアメリカ海軍が第二次世界大戦時に使用した哨戒・爆撃機である。愛称はプライヴァティア(Privateer :私掠船の意、忠実な発音はプライヴァティァー)。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港とPB4Y-2 (航空機) · 続きを見る »

欧州航空航法安全機構

欧州航空航法安全機構(おうしゅうこうくうこうほうあんぜんきこう、)通称ユーロコントロール は、1963年に設立されたシームレスで汎ヨーロッパ的な航空交通管制を実現するための国際機関である。ユーロコントロールは非軍事の機構であり、2015年現在41か国が参加しており、本部はベルギーのブリュッセルにある。 ユーロコントロールでは、全ヨーロッパの航空交通管制の管理と計画を行っている。政府機関、航法サービス提供組織、民間航空会社、軍、空港、その他の組織と協力して活動している。航空機がゲートを出発してからゲートに到着するまでのすべての航法サービス、戦略的な交通量管理、航空管制官の訓練、空域の地域的管理、安全証明された技術と手順の導入、航法サービス料の徴収といった業務を行っている。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と欧州航空航法安全機構 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: リエパーヤ国際空港と1950年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と2005年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と2007年 · 続きを見る »

4月8日

4月8日(しがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から98日目(閏年では99日目)にあたり、年末まではあと267日ある。誕生花はレンゲソウ、フジ。.

新しい!!: リエパーヤ国際空港と4月8日 · 続きを見る »

9月

9月(くがつ)はグレゴリオ暦で年の第9の月にあたり、30日ある。 日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いる。長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。また、「寝覚月(ねざめつき)」の別名もある。 9月はその年の12月と同じ曜日で始まるのと同じである。 英語での月名 September は、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しているのに不一致が生じているのは、紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていた慣例を1月に変更したにもかかわらず、名称を変えなかった為であり、7月と8月にローマ皇帝の名が入ってずれたというのは俗説である。これは7月がガイウス・ユリウス・カエサルによって「Julius」に改める以前は「Quintilis」といい、これがラテン語で「第5の」という意味の「quintus」の語に由来していて、既にずれが発生していたことからもわかる。 日本の学校年度や会計年度は大半が4月始まりであるが、世界に目を向けると9月を採用している国が多い。(アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパ、中華人民共和国など).

新しい!!: リエパーヤ国際空港と9月 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »