ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ラビ

索引 ラビ

ラビ(英語・ラテン語 rabbi, ドイツ語 Rabbi, ギリシア語 rhabbi, アラム語 rabbin(複数形), ヘブライ語 rabbi / セファルディ・ミズラヒ圏 chakham, イディッシュ語 rebbe)とは、ユダヤ教に於いての宗教的指導者であり、学者でもあるような存在。 複数形はラッビーイーム。 英語圏(主に米国)ではラバイと発音する(Ra-Byのような発音になる) ヘブライ語ラッビー rabbi とはラブ rabh「師」の派生語であり、「わが師」という形である。イツハク・ラビンやラビノヴィチ Rabinowicz というような姓にある「ラッビーン」はアラム語の複数形である。 また、アラム語ラッバーン rabban「チーフ・ラビ」は、サンヘドリン長に与えられた、ラビよりも上の称号である。 ヘブライ語 /ラブ私の我々の /rabhrabbīrabbēnū 複数形rabbānīmrabbī’īm アラム語 /ラブ私の我々の /rabhrabbān 複数形rabbīn ラビを呼ぶときは「ラビ・○○」というように姓の前にラビを付けて敬意を表す。 「ラッベーヌー」となると「我々のラブ(師)」で、特にラッベーヌーという場合はモーセなどをさす。 アラム語の対応形が「ラッバーン、ラバン」で、古代のサンヘドリン長のことである。 ラディーノ語のハハム chakham はアラビア語のハキームに対応し、イスラム圏での学者や医者もやはり「賢者」と呼ばれた。なお、アラビア語でハーキムとなると知事を意味する。.

69 関係: 大文字学者住職律法保守派 (ユダヤ教)地域医師ナーシーミシュナーミステリミズラヒムマッギードハリイ・ケメルマンハーキムハキームハザルハシディズムモーセユダヤ史関連人物の一覧ユダヤ教ラバンラブラビ・ユダヤ教ラテン語ラディーノ語リショーニームレベヘブライ語ツァッディークフェミニスト神学フェミニズムドイツ語ニューヨーク・メッツベルリンアハローニームアラム語アラビア語アーモーラーイームイツハク・ラビンイディッシュ語イェシーバーイスラム教ギリシア語ケヒッラーゲオーニームシナゴーグズーグセファルディムタルムード...タンナーイームサンヘドリン再建派 (ユダヤ教)知事知識神学者神主複数賢者英語正統派 (ユダヤ教)旧約聖書改革派 (ユダヤ教)1900年1930年代1966年1世紀6世紀 インデックスを展開 (19 もっと) »

大文字

大文字(おおもじ、capital letter, upper case) は、ギリシア文字やそれから派生したスクリプト(文字体系)で、文頭や固有名詞のはじめなどに使う大きな字形の文字である。本来は大文字のみで記述してきたが、筆記を簡単にするために角を丸めたりした文字から小文字が現れると、大文字と小文字がひとつの文、単語の中で混在して用いられるようになった。 大文字と小文字の区別があるスクリプトは、ギリシア文字、ラテン文字、キリル文字、アルメニア文字、デザレット文字などである。グルジア文字のフツリ (Khutsuri) には大文字のみがある。.

新しい!!: ラビと大文字 · 続きを見る »

姓(せい)とは、東アジアの漢字文化圏で用いられる血縁集団の名称。その範囲は地域や時代によって変動し、氏や名字といった他の血縁集団名と様々な階層関係にあった。近代以降、ヨーロッパなどの他の文化圏の血縁集団名、家系名の訳語としても用いられている。.

新しい!!: ラビと姓 · 続きを見る »

学者

学者(がくしゃ)とは、何らかの学問の研究や教授を専門職とする人、およびその職業人の総称である。研究者(けんきゅうしゃ)とも言う。学問の専門家。.

新しい!!: ラビと学者 · 続きを見る »

住職

住職(じゅうしょく)は、本来「住持職」と呼ばれている仏教の職名(宗教上の地位)を省略した呼称で、一寺院を管掌する僧侶のこと。.

新しい!!: ラビと住職 · 続きを見る »

律法

律法(りっぽう)とは、.

新しい!!: ラビと律法 · 続きを見る »

保守派 (ユダヤ教)

保守派ユダヤ教(Conservative Judaism)は、20世紀、1900年代のアメリカにおいて誕生したユダヤ教の流れのことで、正統派と改革派の中間を行くような立場のもの。 広尾のシナゴーグのラビであるリボーは保守派であったため、東京のシナゴーグは保守派的ということになる。.

新しい!!: ラビと保守派 (ユダヤ教) · 続きを見る »

地域

地域(ちいき)とは、地形が似通っている、同じ性質をもっているなどの理由からひとまとめにされる土地のこと。マルチスケールの概念である。.

新しい!!: ラビと地域 · 続きを見る »

医師

医師(いし、doctor)とは、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を持っていない医師までも doctor と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master.

新しい!!: ラビと医師 · 続きを見る »

ナーシー

ナーシー(נָשִׂיא nāśī’)とは、ヘブライ語の単語で、時代によって意味は変化したが、大まかに言えば英語の "Prince" に相当するとされる。 聖書時代のうち王国時代はイスラエルの12氏族のそれぞれの首長の称号、時に王を意味することもあった。 ミシュナー時代はサンヘドリン長を意味し、この意味が最もよく知られている。ギリシア語ではパトリアルク patriarch という。 例えば、ユダ・ハナシはサンヘドリン長であったが、自称として用いた。 バル・コクバによって発行された貨幣には、ナーシーと記載されており、政治的な意味を持たせたものといわれる。.

新しい!!: ラビとナーシー · 続きを見る »

ミシュナー

ミシュナー、その下のゲマーラー(本論)、左右のラシの注解書とトーサーフォート達の注解書、最下部のハナンエルの注解書 ミシュナーとは、ソフリーム(前6世紀-後1世紀)、タナイーム(1世紀-3世紀)というユダヤ教指導者・ラビ群のトーラーに関する註解や議論。この中にはトーラー・シェベアル=ペを含むこととなった。 また、アッガーダーとは「語り」という意味の概念用語で、ミクラーへの解説や格言を通して教訓的なものを引き出したり、聖書に書かれていない物語、様々な逸話などの類をいう。タルムードの3割はアッガーダーとなっている。.

新しい!!: ラビとミシュナー · 続きを見る »

ミステリ

ミステリ、ミステリー、ミステリイ (英:mystery)とは、.

新しい!!: ラビとミステリ · 続きを見る »

ミズラヒム

ミズラヒム(Mizrachim, )とは、主に中東・カフカス以東に住むユダヤ人。主にスペイン語等を話すセファルディムに対し、伝統的なアラブ世界やイスラム教が多数派の社会のユダヤ人を言うことが多い。ミズラハ Mizrach とはヘブライ語で「東」の意。ミズラヒ Mizrachi は Mizrachim の単数形。 イスラエルで、アシュケナジムやセファルディム社会への反発から始まった用語で、便宜的傾向が強い。 アラブ世界のほか、クルド地方のユダヤ人、グルジア・ユダヤ人、山岳ユダヤ人、ベタ・イスラエル(エチオピアのユダヤ人・Falasha)、インドのユダヤ人、ブハラ・ユダヤ人、中国のユダヤ人(開封のユダヤ人)など、多くの集団を含むこともある。モズラヒムは系統を異にするが、多少のミンハーグの違いはあるが、セファルディムのユダヤ教 Sephardic Judaismであることが多い。 (これらは全て、シナゴーグや言語的な伝統による名称で、そういう名前の民族がいるわけではない)に比べユダヤ人であるという意識が希薄であり、アラブ人や、その国籍国の国民であるという意識のほうが強い」といった主張がなされることもあるが、こういった主張は多分に政治的な反シオニズム Anti-Zionism(反ユダヤ主義)的主張と関連がある。反シオニストは、ユダヤ人は存在しないとか、シオニズムはヨーロッパで始まったとか、だから植民地主義(この時点で既にヨーロッパとアラブ世界を切り離し、差別的視点で語っている)であるとか、「アシュケナジムは白人である」とか(血によってユダヤ人となるわけではない)、ハザール人の末裔であるといった主張まで行い、反ユダヤ主義や、イスラエルの地に帰還したユダヤ人を狙ったテロリズムを奨励し、平和条約締結の拒否とアラブ・ナショナリズムを正当化しようとする。 反ユダヤ主義者は、ユダヤ人はユダヤ教徒に過ぎないとか、「「シオニズムが始まる以前」は平和に共存していた」などと言い、ユダヤ教とユダヤ人の価値、1500年間ユダヤ教徒がイスラム教徒から受けた2級市民以下の地位、キリスト教徒から受けた悲惨な差別を無視する。 「ユダヤ人はユダヤ教徒に過ぎない」というのはユダヤ教に無知な者や、反ユダヤ主義者の発言である。-->.

新しい!!: ラビとミズラヒム · 続きを見る »

マッギード

マッギード(מַגִּיד maggīdh)は、特に18世紀頃のポーランドにおいて、職業的に多くのユダヤ人コミュニティーを巡回して講義を行ったユダヤ教活動家を言う。「説教師」と訳されることもある。 昔の東欧のコミュニティーでは、ラビはペサハの前の大シャッバート:en:Shabbat Hagadol と、ヤーミーム・ノーラーイーム(ローシュ・ハッシャーナーとヨーム・キップールの間)のシャッバートにしか講義をしなかったため、マッギードがラビの講義の替わりとなっていた。 マッギードはコミュニティーで謝礼を受け取った。大きなユダヤ人コミュニティーでは、常設のマッギードもいた。.

新しい!!: ラビとマッギード · 続きを見る »

ハリイ・ケメルマン

ハリイ・ケメルマン(Harry Kemelman、1908年11月24日 - 1996年12月15日)は、アメリカ合衆国の推理作家。.

新しい!!: ラビとハリイ・ケメルマン · 続きを見る »

ハーキム

ハーキム(アラビア語:الحاكم بأمر الله al-Hākim bi-Amr Allāh, 985年 - 1021年2月13日)は、エジプトを支配するファーティマ朝の第6代カリフ(在位:996年10月14日 - 1021年2月13日)。第5代カリフ、アズィーズの子。冷酷な専制君主にして公正な名君であり、数々の奇行で名を残すなど、イスラム世界の歴史のうちでも特に際立った個性の持ち主として知られる。.

新しい!!: ラビとハーキム · 続きを見る »

ハキーム

ハキーム、ハキムとは、アラビア語で「賢い」を意味する単語である。.

新しい!!: ラビとハキーム · 続きを見る »

ハザル

ハザル(chăza"l)は、"chăkhāmēynū zikhrônām liBhrākhāh"(我々の尊敬すべき賢者)の略語で、ミシュナー、タルムード編纂時代のラビのこと。タナイーム 、アモライーム、サボライーム、ゲオニームを含む。 Category:ラビ.

新しい!!: ラビとハザル · 続きを見る »

ハシディズム

ハシディズム(ドイツ語:Chassidismus、英語:Hasidism, Hasidic Judaism、ヘブライ語:חֲסִידוּת, Chasidut, chǎsīdhūth、アシュケナジム式ヘブライ語:chasidu(i,e)s)とは、有徳で思いやりのある行動であることを意味するヘブライ語「ヘーセド chesed חסד "loving kindness"」に起源を持つ「敬虔な者 pious」(ハーシード chāsīdh, chosid)という言葉に由来する、超正統派(ハレディーム、חרדים - Haredim)のユダヤ教運動のこと。 18世紀にバアル・シェム・トーヴが開始したとされる。敬虔主義運動とも訳される。ガリツィア地方がその中心であった。 ハシディズムの集会 少人数によるミクラー・ラビ文学の研究より、大勢による祈りを重視する。 最初から独自の典礼、独自のシナゴーグを発展させたが、ユダヤ教の主流から離れることはなかった。 神(絶対者)はすべての生命に内在するカバラ神学を持ている。.

新しい!!: ラビとハシディズム · 続きを見る »

モーセ

モーセ像(ミケランジェロ作) モーセ(מֹשֶׁה、Μωυσής、Moyses、Moses、موسىٰ)あるいはモーゼは、旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる紀元前16世紀または紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者である。正教会ではモイセイと呼ばれ聖人とされる。 新約聖書の使徒言行録 によれば、神の目に適った美しい子で、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教およびバハーイー教など多くの宗教において、もっとも重要な預言者の一人。伝統的には旧約聖書のモーセ五書(トーラー)の著者であるとされてきた。『出エジプト記』によれば、モーセはエジプトのヘブライ人家族に生まれたが、新生児を殺害することを命じたファラオの命令を逃れるためにナイル川に流され、王族に拾われて育てられたという。長じてエジプト人を殺害し、砂漠に隠れていたが、神の命令によって奴隷状態のヘブライ人をエジプトから連れ出す使命を受けた。エジプトから民を率いて脱出したモーセは40年にわたって荒野をさまよったが、約束の土地を目前にして世を去ったという。.

新しい!!: ラビとモーセ · 続きを見る »

ユダヤ史関連人物の一覧

ユダヤ史関連人物の一覧(ユダヤしかんれんじんぶつのいちらん)は、族長時代から20世紀までユダヤ人の社会・政治・文化に影響を及ぼした人物、ラビ、宮廷ユダヤ人、ユダヤ教に基づく哲学者、ユダヤ系出自のキリスト教・イスラム教への貢献者などの一覧。 トーラー(フンマーシュ、ハミッシャー・フムシェー・トーラー):トーラーとはまた、理論、学説(―学、―論)の意味でもある.

新しい!!: ラビとユダヤ史関連人物の一覧 · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: ラビとユダヤ教 · 続きを見る »

ラバン

ラバン(לבן,, )は、旧約聖書に記される人物で、イサクの妻リベカの兄弟で、ヤコブのおじに当たる。ラバンとはヘブル語で「白い」という意味である、主に男性の名前に用いられる。.

新しい!!: ラビとラバン · 続きを見る »

ラブ

ラヴ、ラブ、Love ラヴ - loveは、英語で愛、愛するなどを意味する単語。.

新しい!!: ラビとラブ · 続きを見る »

ラビ・ユダヤ教

ラビ・ユダヤ教(ラビ・ユダヤきょう、יהדות רבנית, רבניים、Rabbinic Judaism)は、有史以来実際上のユダヤ人・ユダヤ教の主流派・多数派であり、新約聖書・キリスト教文献によれば、イエス・キリスト時代には「ファリサイ派(パリサイ派)」と呼ばれていたユダヤ教宗派のことである。ラビ的ユダヤ教、ラビのユダヤ教とも。ラビの説教や解説を中心としたユダヤ教であることから、このように呼ばれている。口伝トーラー、紀元後に成文化され編纂されたタルムードなどのラビ文献を聖典としており、通常ユダヤ教と言う場合には、このラビ・ユダヤ教を指す場合が非常に多い。正統派(ダーティー、יהדות אורתודוקסית)、超正統派(ハレーディー)をはじめ、有史以来現在まで続く、あらゆるユダヤ人・ユダヤ教の基礎となる傾向が、現実的にラビ・ユダヤ教の流れを汲んでいる。 エルサレムの第二神殿が崩壊するまでは、ユダヤ教においては「サドカイ派」という神殿祭儀を執り行う人たちが力を持っていたが、神殿が崩壊した後は、神殿祭儀を行えなくなったため、サドカイ派も神殿とともに姿を消した。これに伴い、神殿に依存しない、ラビによる律法(ミツヴァー、ハラハー)についての実践と学びを中心としたファリサイ派が生き残ることとなった。(「イエス」をラビと考えた場合、「イエス」の教えは実際には先代の多くのラビ、クムラン教団など当時の多くのユダヤ教宗派に由来し、新しいものではないので、ラビ・ユダヤ教の変種・異端と考えることもできる) ちなみに、ラビもタルムードの権威をも認めず、ただ「モーセのトーラー(ミクラー本文)」のみを聖典とするカライ派(9世紀にはじまる)や、タルムードを完全否定したシャブタイ派(サバタイ派)なども、ユダヤ教の一種であるが、歴史的に伝統的ユダヤ教とは激しい対立を経験し、また現実的に改宗者を受け入れず、非常に少数派である。 ラビ・ユダヤ教の範疇に入ると考えられている超正統派(ミスナグディーム)、およびハシディームは、メシア思想が非常に強く、シャブタイ派(サバタイ派)の影響をも受けていると言われている。.

新しい!!: ラビとラビ・ユダヤ教 · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: ラビとラテン語 · 続きを見る »

ラディーノ語

---- ラディーノ語(ladino)は、イタリア・バルカン半島・中東などに住む、スペイン系ユダヤ教徒・セファルディムのスペイン語方言と位置づけられる言語。ユダヤ・スペイン語(judeoespañol)、ジュデズモ語(dzhudezmo)とも言われる。 1492年、レコンキスタの結果グラナダが陥落し、イスラム教徒が追放されたが、イスラム教徒とキリスト教徒の仲立ち・潤滑油の役割を果たし、文明・文化の伝達役であったユダヤ教徒までもスペインから追放されることとなってしまった。この後、結果的にはスペイン経済の没落を招くことになった(同年ユダヤ教徒の末裔という説も一部にはあるクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を再発見している)。ユダヤ教徒はイタリア、バルカン半島、北アフリカなどに逃れたが、このスペイン語は15世紀末のスペイン語の特徴を一部そのまま残すといわれ、スペイン語歴史文法の研究上貴重な資料を残す。 イディッシュ語ほどユダヤ色は強くない。 なお、アメリカのピアニストマレイ・ペライアはギリシア系セファルディムの旧家の出であり、ニューヨークに生まれ育ったにもかかわらず、最初に覚えた言語はラディーノ語だったという。.

新しい!!: ラビとラディーノ語 · 続きを見る »

リショーニーム

リショーニーム( ri’šônīm)とは、ゲオーニームの後継者であり、11世紀から16世紀にかけてのハラーハーにおけるラビとその信頼性をさす言葉。 アハローニームに対して、「最初の(リショーン)」の意味で、リショーンの複数形。.

新しい!!: ラビとリショーニーム · 続きを見る »

レベ

レベ(Rebbe, アシュケナジム式ヘブライ語(イディッシュ語): רבי; または rebbi)とは、町のラビでもあるが、世界的にも大きな指導力を持つハシディズムの世襲的ラビのこと。ツァッディークとほぼ同義。.

新しい!!: ラビとレベ · 続きを見る »

ヘブライ語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。.

新しい!!: ラビとヘブライ語 · 続きを見る »

ツァッディーク

+ ツァッディーク( tzaddīq)はハシディズムの指導者の称号。 レベとほぼ同義。.

新しい!!: ラビとツァッディーク · 続きを見る »

フェミニスト神学

フェミニスト神学とは、キリスト教における解放の神学(Liberation Theology)を特に女性の経験と視点から提唱したものと言うことができる。しかし単に女性の視点からの光を既存の神学に照らすというだけではなく、古代から現代に至る諸文献(聖書含む)に内在する、いわゆる父権制的発想とその影響を明らかにすることによって、最初期キリスト教の姿とメッセージをより豊かに、かつ正確に再構築、復元しようとしている。  「フェミニスト神学」という言葉を最初に使ったのは レティ・ラッセルである。自著『自由への旅』(1974年)のなかで、「力による主従関係ではなく、対話によるパートナーシップの人間関係」こそ神の意思であると呼びかけた。 女性の視点からの神学的批判は19世紀末のエリザベス・スタントンにまで遡ることができる。スタントンは、『女性の聖書』(1898年)を著して聖書の中の女性差別に注目し、「これは神の言葉を聞きまちがえた男たちの言葉である」と言い切った。出版当初は不評であったが、「聖書は字句通り誤り無き神の言葉」としてきたキリスト教伝来の教えを問い直すきっかけとなった。この流れから、脱キリスト教や、女神崇拝などの新しい霊性の提唱など、様々な動きが出現したが、フェミニスト神学はそこにキリスト教神学としての方向性をもたらそうとしている。 エリザベス・シュスラー・フィオレンツァは、その記念碑的著作『彼女を記念して』(1983年) において、キリスト教起源における神の女性イメージや、初期教会における女性指導者たちの重要性など、キリスト教のなかで二千年近くも失われていた歴史を回復・再構築し、その後のフェミニスト神学の一つの道筋を示した。これらを契機として、主に女性神学者によって、伝統的神学に見られる父権制的な枠組みや視点を批判・相対化し、神学の諸方法・歴史・神観・キリスト論ほか、神学全般を問い直す動きが広がっている。.

新しい!!: ラビとフェミニスト神学 · 続きを見る »

フェミニズム

フェミニズム フェミニズム(feminism)又は女性主義(じょせいしゅぎ)とは、性差別を廃止し、抑圧されていた女性の権利を拡張しようとする思想・運動、性差別に反対し女性の解放を主張する思想・運動などの総称。男女同権運動との関わりが深い。リベラル・フェミニズムやラディカル・フェミニズムなど、フェミニズムの思想は多様であり、一本の思想と考えることはできない。対置概念はマスキュリズム。 フェミニズムを主張する人のことを「フェミニスト」と呼ぶ。.

新しい!!: ラビとフェミニズム · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ラビとドイツ語 · 続きを見る »

ニューヨーク・メッツ

ニューヨーク・メッツ(New York Mets、略称:NYM)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はニューヨーク州ニューヨーク・クイーンズにあるシティ・フィールド。.

新しい!!: ラビとニューヨーク・メッツ · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: ラビとベルリン · 続きを見る »

アハローニーム

アハローニーム、アハロニーム (ヘブライ語:acharonim, 単数形;acharon アハローン) アハローンは「後の」の意味。16世紀半ば以降のハラーハーのラビ達を指す。 「リショーニーム」という古いラビ達の権威的なものに対し、その後の時代のラビとその信頼性をさす言葉。.

新しい!!: ラビとアハローニーム · 続きを見る »

アラム語

記載なし。

新しい!!: ラビとアラム語 · 続きを見る »

アラビア語

アラビア語(アラビアご、اللغة العربية, UNGEGN式:al-lughatu l-ʻarabīyah, アッ.

新しい!!: ラビとアラビア語 · 続きを見る »

アーモーラーイーム

アーモーラー、複数形アーモーラーイーム(אָמוֹרָא, אָמוֹרָאִים āmôrā’, āmôrā’îm)とは、ラビ達の論説を学生に伝達する「伝達者」のこと。のち3世紀から6世紀、イスラエルの地とバビロニアのコミュニティーにおいて教授したハハーミームのこと。 アーモーラーの成果はゲマーラーに纏められている。.

新しい!!: ラビとアーモーラーイーム · 続きを見る »

イツハク・ラビン

イツハク・ラビン(,Yitzhak Rabin, 1922年3月1日 - 1995年11月4日)は、イスラエルの政治家、軍人。第7代参謀総長。第6代、第11代首相、イスラエル労働党党首を歴任。.

新しい!!: ラビとイツハク・ラビン · 続きを見る »

イディッシュ語

イディッシュ語(ייִדיש、Jiddisch、Yiddish、ייִדיש)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派のうち西ゲルマン語群に属する高地ドイツ語(標準ドイツ語)の一つで、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。イーディッシュ語とも表記される。.

新しい!!: ラビとイディッシュ語 · 続きを見る »

イェシーバー

イェシーバー(ヘブライ語:יְשִׁיבָה yəšībhāh, Yeshiva(h), pl.yəšībhôth)、イェシヴァー、イェシヴァとも。.

新しい!!: ラビとイェシーバー · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: ラビとイスラム教 · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: ラビとギリシア語 · 続きを見る »

ケヒッラー

ヒッラー( qəhillāh, Jüdische Gemeinde, Israelitische (Kultus-)Gemeinde, Jewry, Jewish quarter, ポルトガル語: Judiaría, Juderia, bairro Judeu, スペイン語: Judería, barrio Judío, ラディーノ語: máale djudia, La Kaleja djudia, カタルーニャ語: call, フランス語: Juiverie, イタリア語: Giudecca)とはユダヤ教徒(つまりユダヤ人)のコミュニティーのことであり、ユダヤ人社会の最小の単位のような存在(ヘブライ語版ウィキペディアの「ケヒッラー」のページは chebhrāh, "society" へ相当する項目へ転送されている)。 カーハール( qāhāl 会衆)の女性名詞形。 以下のものを備える:.

新しい!!: ラビとケヒッラー · 続きを見る »

ゲオーニーム

ーニーム(Geonim または Gaonim、 gə’ônīm、単数形はガーオーン Gaon gā’ôn)は、タルムードが完成した後の6世紀から11世紀において、バビロニアのユダヤ人コミュニティーとイェシーバー(学塾)の中での、とにおけるイェシーバー長の称号。ユダヤ教史で、この時代を狭い意味でゲオーニームの時代という。.

新しい!!: ラビとゲオーニーム · 続きを見る »

シナゴーグ

ナゴーグ シナゴーグ(、、synagogue、Synagoge、synagoge、zsinagóga)とは、ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂のことである。聖書には「会堂」の名で登場し、ユダヤ教会と俗称されることもある。キリスト教の教会の前身であるが、役割はやや異なる。 もともとは聖書の朗読と解説を行う集会所であった。 現在では祈りの場であると同時に、各地のディアスポラのユダヤ人の礼拝や結婚、教育の場となり、また文化行事などを行うコミュニティーの中心的存在ともなっている。 エルサレム神殿破壊後はユダヤ教の宗教生活の中心となる。 ディアスポラ民族主義者や改革派は「神殿」という言葉を用いることがあるが、正統派の中にはこういった「擬似神殿」の敷居を跨ぐことを拒否するものもいる。 ディアスポラの地では改革派から超正統派までディアスポラの立場を取る者たちなどによって守られているが、イスラエルへの移住によって無人のシナゴーグ も多く出てきている。.

新しい!!: ラビとシナゴーグ · 続きを見る »

ズーグ

ー.

新しい!!: ラビとズーグ · 続きを見る »

セファルディム

ファルディム(Sephardim, ספרדים)は、ディアスポラのユダヤ人の内、主にスペイン・ポルトガルまたはイタリア、トルコなどの南欧諸国に15世紀前後に定住した者を指す言葉。それ以前については目下不明である。セファルディーム、スファラディ(Sephardi, ספרדי)、スペイン系ユダヤ人などとも言う。語源はオバデヤ書(20節)に見える地名、セパラデ(Sepharad、イベリアと同一視された)である。セファルディはセファルディムの単数形である。.

新しい!!: ラビとセファルディム · 続きを見る »

タルムード

タルムード(תלמוד Talmud、「研究」の意)は、モーセが伝えたもう一つの律法とされる「口伝律法」を収めた文書群である。6部構成、63編から成り、ラビの教えを中心とした現代のユダヤ教の主要教派の多くが聖典として認めており、ユダヤ教徒の生活・信仰の基となっている。ただし、聖典として認められるのはあくまでヘブライ語で記述されたもののみであり、他の言語に翻訳されたものについては意味を正確に伝えていない可能性があるとして聖典とはみなされない。と対比してバビロニア・タルムード(ヘブライ語版)と呼ばれることがある。.

新しい!!: ラビとタルムード · 続きを見る »

タンナーイーム

タンナー、タンナーイーム(תַּנָּא, תַּנָּאִים tannā’, tannā’īm)とは、1世紀の初めから、ミシュナーの完成する200年頃までのハハーミーム(「賢者」)の名称。タンナーの遺産がミシュナーやミドラーシュ・ハラーハー(Midrash halakhah) である。 タンナーはアラム語。 ミシュナーとタンナーは、例えば「3」を示すヘブライ語(shalosh)・アラビア語(thalatha)の関係のように語根が同じで、祖語の段階で同じ語根を持つ姉妹語ということになり、タンナーはヘブライ語のシャーナー「繰り返す=「学ぶ」こと」にそのまま対応する。つまり、ミシュナーは「タンナーするもの」という意味である。 ソフリームをタンナーの先駆者と位置づけることがある。 タンナーイームに続くのがアーモーラーイームである。.

新しい!!: ラビとタンナーイーム · 続きを見る »

サンヘドリン

ンヘドリン(ヘブライ語: sanhedrîn, ギリシア語: Συνέδριον)はローマ帝国支配下のユダヤにおける最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織。71人の長老たちから構成され、一人が議長、一人が副議長、69人が議員であった。メンバーは祭司たち、律法学者、ファリサイ派などからなっていた。最高法院、最高議会、長老会とも訳される。.

新しい!!: ラビとサンヘドリン · 続きを見る »

再建派 (ユダヤ教)

再建派(さいけんは)とは、保守派から誕生したユダヤ教の流れのこと。ラビ・モルデカイ・カプラン Mordecai Kaplan が1922年開設した。 ユダヤ教を「進化する文明」と位置づけ、その「再形成と活性化を試みる」ことが目的である。ユダヤ人の存在に関しては、神、トーラー、イスラエルが最も基本的概念であると位置づけている。.

新しい!!: ラビと再建派 (ユダヤ教) · 続きを見る »

国(くに、こく)は、一般的に、住民・領土・主権及び外交能力(他国からの承認)を備えた地球上の地域のこと。ほとんどの国が憲法を成文法で作成し、自国の権利や能力を他国に表明している。新しい国を作ることに関し、すでに在る国が憲法改正や革命など「新憲法制定」によって生まれ変わる場合もある。.

新しい!!: ラビと国 · 続きを見る »

知事

知事(ちじ)は、地方行政区画を統轄する官庁の長のことである。英語では というが、イギリスの海外領土の や、古代ローマの rector provinciae の訳語としての は、「知事」ではなく「総督」と訳されることもある。.

新しい!!: ラビと知事 · 続きを見る »

知識

Επιστημη、エピステーメー)。トルコ、エフェソス Robert Reid 画 ''Knowledge'' (1896)。アメリカ議会図書館 知識(ちしき)とは、認識によって得られた成果、あるいは、人間や物事について抱いている考えや、技能のことである。.

新しい!!: ラビと知識 · 続きを見る »

神学者

学者(しんがくしゃ)は、神学の学者のことである。通例、単に「神学者」と言えばキリスト教神学を学ぶ者を指し、イスラーム神学(カラーム)など他宗教の神学を学ぶ者については「イスラーム神学者」などの表現が使われる事が多い。 正教会では聖人の称号としても用いられるが、「神学者」の称号を持つ聖人は4名のみである。.

新しい!!: ラビと神学者 · 続きを見る »

神主

* 神職のこと。かんぬし。.

新しい!!: ラビと神主 · 続きを見る »

複数

複数(ふくすう)とは、1より多くの数に対する数および個数の名称である。これに対し、1の場合は単数ということもある。 言語学では、複数とは「2個以上」の数量を表現する、量(文法的な数)の概念として使用される。典型的には名詞に適用されるものであり、複数形となった単語、もしくは形態素によって、名詞の標準状態での数量(通常1個)とは異なる数量であることが示される。複数という概念は多くの言語で普遍的に見られ、その表現は言語によって様々である。具体的には、独立した語、接辞、アクセントや暗黙的な標識/文脈といった形態論的表現、が挙げられる。日本語などのように、通常は複数でも変化しない言語も存在する。 英語では、単数/複数はありふれた文法的な数の概念に過ぎず、一部例外として双数が存在する。(例: "both"、"twice"、"either" など。).

新しい!!: ラビと複数 · 続きを見る »

賢者

賢者(けんじゃ)は、.

新しい!!: ラビと賢者 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ラビと英語 · 続きを見る »

正統派 (ユダヤ教)

若者と共にトーラーを研究する正統派のラビ 正統派(Orthodox Judaism)とは、現代のユダヤ教においては、トーラー・シェビフターブ(本のトーラー)とトーラー・シェベアル=ペ(口伝)を聖典とし、ハラーハーにおいてはシュルハーン・アールーフを実践する立場のこと。.

新しい!!: ラビと正統派 (ユダヤ教) · 続きを見る »

旧約聖書

旧約聖書(きゅうやくせいしょ)は、ユダヤ教の聖典であるタナハを元に書かれたキリスト教の正典である。また、イスラム教においてもその一部(モーセ五書、詩篇)が啓典とされている。「旧約聖書」という呼称は旧約の成就としての『新約聖書』を持つキリスト教の立場からのもので、ユダヤ教ではこれが唯一の「聖書」である。そのためユダヤ教では旧約聖書とは呼ばれず、単に聖書と呼ばれる。『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。.

新しい!!: ラビと旧約聖書 · 続きを見る »

改革派 (ユダヤ教)

ナゴーグ インマヌエル, ニューヨーク. 改革派(Reform Judaism)は19世紀のはじめからドイツに起こり、イギリス、アメリカ合衆国、その他の地域に及んだユダヤ教の流れで、変革を唱え、慣習と方針面においては簡素化と大きな再解釈、またディアスポラの立場をとることが多い。 シナゴーグにおける礼拝においてはキリスト教の教会の要素を取り入れ、ディアスポラの地における言語での祈りを取り入れる。 オルガンと合唱隊(聖歌隊)をそなえる。男女の分け隔てをするメヒッツァーなどはつけない。 イスラエルでは、改革派の施設は存在するが、正統派以外の公的活動は認められていない。 日本国内にあるシナゴーグは改革派のものである。.

新しい!!: ラビと改革派 (ユダヤ教) · 続きを見る »

1900年

19世紀最後の年である。100で割り切れるが400では割り切れない年であるため、閏年ではなく、4で割り切れる平年となる。.

新しい!!: ラビと1900年 · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: ラビと1930年代 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: ラビと1966年 · 続きを見る »

1世紀

全能者キリスト(ハリストス)」。 1世紀(いっせいき、いちせいき)は、西暦元年(1年)から西暦100年までの100年間を指す世紀。1千年紀における最初の世紀でもある。 天文学以外では通常、西暦0年は存在せず、また0世紀もない。これは、ヨーロッパで西暦ができた6世紀の時点では、まだヨーロッパ人は零の概念を知らなかったためであると言われることもあるが、元年以前を表すために紀元前が導入されたのは零の概念が普及した後の17世紀のことである。 なお、天文学やISO 8601では、紀元1年の前年、すなわち紀元前1年を西暦0年と定めている(詳細は「紀元前1年#西暦0年」または「0年#西暦0年」を参照のこと)。.

新しい!!: ラビと1世紀 · 続きを見る »

6世紀

地中海の再統一。画像はラヴェンナのサン・ヴィターレ聖堂の東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世と随臣のモザイク。 Cabinet des Médailles所蔵のもの。 無明時代のアラビア語詩人たち。イスラム教勃興直前のこの時代にアラビアでは優れた詩人たちが活躍した。画像はその代表的な詩人アンタラ・イブン・シャッダードの細密画で、勇猛な戦士の姿で描いている。 前期チャールキヤ朝。デカン地方から南インドに展開した王朝で都はバーダーミにあった。画像はキールティヴァルマン1世の弟マンガレーシャにより建立されたバーダーミのヒンドゥー教石窟寺院第3窟でヴィシュヌ神の像が安置されている。 禅宗の祖師達磨。仏教の保護者として有名な梁の武帝との問答でも知られるが、経歴に不明な点も多い。画像は雪舟等楊の「慧可断臂図」(愛知県常滑市斉年寺蔵)。 建康。現在の南京であるこの地は中国南朝の歴代の都となり、貴族による文化が花開いた。画像は南京にある梁の武帝の異母弟蕭恢の墓を守る辟邪の石刻。 文帝。南北朝時代を終わらせて300余年ぶりに中国を統一し、「開皇の治」と呼ばれる安定期をもたらした。 関東の人物埴輪。6世紀に畿内での埴輪作成は減少するが、関東では最盛期を迎える。画像は「国宝武装男子立像(群馬県太田市出土)」で東京国立博物館蔵となっている。 東ゴート王国の盛衰。オドアケルを倒した東ゴート王テオドリックのもとイタリアはつかの間の平和を享受した。やがてこの国は6世紀半ばには東ローマ帝国の膝下に屈服することになる。画像はラヴェンナにあるテオドリック廟。 『ロッサーノの福音書』。古代末期の混乱で散逸した写本は数知れないが、この福音書は『ウィーン創世記』や『シノペの福音書』と並び現存するこの世紀に造られた数少ない写本で、「コデックス・プルプレウス」という紫染めの羊皮紙を用いた豪華なものである。 コプト織でエジプトで熱心に崇敬された「神の母(テオトコス)」がデザインされている。 6世紀(ろくせいき)とは、西暦501年から西暦600年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ラビと6世紀 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »