ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ラトビア・ソビエト社会主義共和国

索引 ラトビア・ソビエト社会主義共和国

ラトビア・ソビエト社会主義共和国(ラトビア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、Latvijas Padomju Sociālistiskā Republika、Латвийская Советская Социалистическая Республика、Latviyskaya Sovetskaya Sotsialisticheskaya Respublika)は、ソビエト社会主義共和国連邦の構成国の一つ。 ラトビアは第二次世界大戦以前には独立国であったが、大戦が起こると1940年にエストニアやリトアニアとともにソ連に占領される。7月21日ラトビア・ソビエト社会主義共和国となり、8月5日にソ連に編入される。独ソ戦勃発後は、1941年から1944年まで、ナチス・ドイツの占領、オストラント総督府に編入された。第二次世界大戦末期にソ連軍による再占領の後、再度、ソ連構成共和国となり社会主義化が行われた。1991年ソ連8月クーデターの失敗に伴い、同年8月21日独立。.

26 関係: ナチス・ドイツラトビアラトビアの国章ラトビアの歴史ラトビア・ソビエト社会主義共和国の国旗ラトビア共和国 (1918年-1940年)ラトビア語リトアニア共和国 (1918年-1940年)リガロシア・ルーブルロシア語エストニア共和国 (1918年-1940年)ソビエト連邦ソビエト連邦構成共和国ソ連8月クーデターソ連崩壊第二次世界大戦独ソ戦12月26日1940年1941年1944年1991年7月21日8月21日8月5日

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とナチス・ドイツ · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とラトビア · 続きを見る »

ラトビアの国章

ラトビアの国章(ラトビアのこくしょう)は、1918年11月18日のラトビア共和国の独立宣言の後に構成され、1921年6月16日に正式に採用された。この国章は独立国としての地位を示すために制定されたものであり、国民国家としての地位と歴史的な諸地域のシンボルを組み合わせたものである。 盾の上部の太陽はラトビアの国民国家としての地位を表している。この図案化された太陽は、第一次世界大戦中に編成されたロシア帝国陸軍のラトビア人ライフル部隊が、他の部隊とは異なる、ナショナル・アイデンティティを示すシンボルとして用いていたものである。当時の太陽の図は、17本の日射しが放射するように描かれており、それは当時のラトビア人居住地域にあった17地区を象徴していた。盾の上方に加えられる3つの星は、ヴィドゼメ、ラトガレ、クルゼメ=ゼムガレ(クールラント=セミガリア)という歴史的な3つの地方を、統一ラトビアに統合することを示している。 古くから独自の文化があった各地方は、それぞれ17世紀以前に遡る紋章がある。クルゼメ=ゼムガレ(ラトビア西部)を象徴する赤いライオンは、1569年に当時のクールラント・ゼムガレン公国の紋章に登場している。ヴィドゼメとラトガレ(ラトビア東部)を象徴するのは、銀色のグリフォン(翼と鷲の頭を持った伝説上の生物)であり、この地域が1566年に、当時のリトアニア大公国の支配下に入ったときには、このシンボルが用いられていた。 ラトビアの国章は、ラトビアの画家リハルズ・ザリンシュがデザインしたものである。 ラトビアの国章の正式な使用法は、厳密に法で定められている。公的に用いられる国章には、大紋章、中紋章、小紋章の3つがある。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とラトビアの国章 · 続きを見る »

ラトビアの歴史

ラトビアの歴史(ラトビアのれきし)では、バルト三国の一つ、ラトビアの歴史について記述する。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とラトビアの歴史 · 続きを見る »

ラトビア・ソビエト社会主義共和国の国旗

ラトビア・ソビエト社会主義共和国の国旗は、1940年から1990年にかけて用いられた旗である。 ラトビアがソ連に編入されたときに制定された時に、最初の国旗が制定され、1953年に二代目が制定されている。この国旗は1990年にラトビアがソ連から分離独立するまで用いられた。 初代の国旗は、ソビエト連邦の国旗を基にしたものであり、赤旗であり左上に鎌と槌の紋様が付けられている。「LPSR」の文字は、(Latvijas Padomju Sociālistiskā Republika)の略である。二代目の国旗もソ連の国旗を基にしており、ソ連の国旗の下部に青と白の波模様が付けられている。エストニア・ソビエト社会主義共和国の国旗と類似しているが、エストニア・ソビエト社会主義共和国の国旗は波模様が下端まで達していない点が異なっていた。 画像:Flag of Latvian SSR (1940).svg|1940年-1953年 画像:Flag of Latvian SSR.svg|1953年-1990年 画像:Flag of Latvian SSR (reverse).svg|裏面 Category:かつて使用されていた国旗 * そひえとしやかいしゆききようわこくのこつき らとひあ.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とラトビア・ソビエト社会主義共和国の国旗 · 続きを見る »

ラトビア共和国 (1918年-1940年)

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、)は、ロシア革命中の1918年に独立を宣言した共和国。第二次世界大戦が起こると、1940年にエストニア・リトアニアとともにソビエト連邦に占領・併合された。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とラトビア共和国 (1918年-1940年) · 続きを見る »

ラトビア語

ラトビア語、レット語(Latviešu valoda)は、ラトビア共和国の公用語で、インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属する。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とラトビア語 · 続きを見る »

リトアニア共和国 (1918年-1940年)

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)は、ロシア革命中の1918年に独立を宣言した共和国。第二次世界大戦が起こると、1940年にエストニア・ラトビアとともにソビエト連邦に占領・併合された。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とリトアニア共和国 (1918年-1940年) · 続きを見る »

リガ

リガ、またはリーガ( 、、、Ryga、英語、)は、ラトビア共和国の首都で、同国最大の人口を擁する都市。人口は69万9,203人(2012年時点)。「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、その旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とリガ · 続きを見る »

ロシア・ルーブル

ルーブル(рубль、rouble/ruble)は、ロシアの通貨単位である。ロシア語での発音に沿ってルーブリと表記する場合もある。国際通貨コード(ISO 4217)はRUB(以前はRURを使用)。 ルーブルの通貨記号 は、2013年12月11日にロシア中央銀行により制定が発表された。補助通貨はカペイカ(コペイカとも、ロシア語: копейка、kopek/copeck)で、1ルーブルは100カペイカである。 ロシア帝国から旧・ソビエト連邦でも使用された。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とロシア・ルーブル · 続きを見る »

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とロシア語 · 続きを見る »

エストニア共和国 (1918年-1940年)

トニア共和国(エストニアきょうわこく、Eesti Vabariik)は、ロシア革命中の1918年に独立を宣言した共和国。第二次世界大戦が起こると、1940年にラトビア・リトアニアとともにソビエト連邦に占領・併合された。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とエストニア共和国 (1918年-1940年) · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とソビエト連邦 · 続きを見る »

ソビエト連邦構成共和国

ビエト連邦構成共和国の地図1.ロシア、2.ウクライナ、3.白ロシア(ベロルシア)、4.ウズベク、5.カザフ、6.グルジア、7.アゼルバイジャン、8.リトアニア、9.モルダビア、10.ラトビア、11.キルギス、12.タジク、13.アルメニア、14.トルクメン、15.エストニア ソビエト連邦構成共和国(ソビエトれんぽうこうせいきょうわこく)とは、ソビエト連邦の連邦政府との間に連邦条約を調印して、ソビエト連邦を構成する共和国となった諸国家である。構成共和国は民族に基づいた行政区画であり、ソビエト連邦政府に直接属していた。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とソビエト連邦構成共和国 · 続きを見る »

ソ連8月クーデター

連8月クーデター(ソれんはちがつクーデター)は、新連邦条約の締結を翌日に控えた1991年8月19日に、ソビエト連邦のモスクワで発生したクーデターである。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とソ連8月クーデター · 続きを見る »

ソ連崩壊

連崩壊(ソれんほうかい、Распад СССР)とは、1991年12月のソビエト連邦共産党解散を受けた各連邦構成共和国の主権国家としての独立、ならびに同年12月25日のソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国とソ連崩壊 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と第二次世界大戦 · 続きを見る »

独ソ戦

戦(どくソせん)(英語Eastern Front(World War II)) は、第二次世界大戦中の1941年から1945年にかけてドイツを中心とする枢軸各国とソビエト連邦との間で戦われた戦争を指す。 大戦の当初はポーランドを共に占領していたドイツとソビエト連邦であったが、1941年6月22日に突如ドイツ国防軍がソ連に侵入し、戦争状態となった。当時のソ連は国民を鼓舞するため、ナポレオン・ボナパルトに勝利した祖国戦争に擬えて大祖国戦争(Великая Отечественная война)と呼称。一方、ドイツ側では主に東部戦線(der Ostfeldzug)と表現される。 アドルフ・ヒトラーは、ソ連との戦争を「イデオロギーの戦争」「絶滅戦争」と位置づけ、西部戦線とは別の戦争であると認識していた。 1941年6月22日3時15分、ドイツ軍は作戦名「バルバロッサ」の下にソ連を奇襲攻撃した。ヨーロッパにおけるドイツ占領地からは反共主義者の志願者や、武装親衛隊によって徴発された人々がドイツ軍に加わった。 開戦当初、ソ連軍が大敗を喫したこともあり歴史的に反ソ感情が強かったバルト地方や、過酷な共産党の政策からウクライナの住民は、ドイツ軍を当初「共産主義ロシアの圧制からの解放軍」と歓迎し、ドイツ軍に志願したり共産主義者を引き渡すなど自ら進んでドイツ軍の支配に協力する住民も現れた。また反共主義者はロシア国民解放軍やロシア解放軍として共産主義者と戦った。しかし、スラブ人を劣等民族と認識していたヒトラーは、彼らの独立を認める考えはなく、こうした動きをほとんど利用しようとしなかった。親衛隊やはドイツ系民族を占領地に移住させて植民地にしようと計画し、一部実行された。 この戦いにおいて、特にソ連側の死者は大規模である。なお、独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1470万人、ドイツ兵が1075万人である。民間人の死者をいれるとソ連は2000〜3000万人が死亡し、ドイツは約600〜1000万人である。ソ連の軍人・民間人の死傷者の総計は第二次世界大戦における全ての交戦国の中で最も多いと言われている。両国の捕虜・民間人に対する扱いも苛酷を極め、占領地の住民や捕虜は強制労働に従事させられるなど極めて厳しい扱いを受けた。ドイツが戦争初期に捕らえたソ連兵の捕虜500万人はほとんど死亡している()。またドイツ兵捕虜300万人の多くはそのままソ連によって強制労働に従事させられ、およそ100万人が死亡した()。 開戦から1943年7月のクルスクの戦いまでは主にドイツ軍の攻勢とソビエト軍の防御という展開であったが、クルスクの戦いの後は攻守が逆転し、東欧からドイツ東部にいたる地域がソビエトの占領地域となり、1945年5月8日にドイツ国防軍最高司令部総長ヴィルヘルム・カイテル元帥がベルリンで無条件降伏文書の批准手続きを行ったことにより、戦争は終結した。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と独ソ戦 · 続きを見る »

12月26日

12月26日(じゅうにがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から360日目(閏年では361日目)にあたり、年末まであと5日ある。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と12月26日 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と1940年 · 続きを見る »

1941年

記載なし。

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と1941年 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と1944年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と1991年 · 続きを見る »

7月21日

7月21日(しちがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から202日目(閏年では203日目)にあたり、年末まであと163日ある。誕生花はヤマユリ、アサガオ。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と7月21日 · 続きを見る »

8月21日

8月21日(はちがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から233日目(閏年では234日目)にあたり、年末まであと132日ある。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と8月21日 · 続きを見る »

8月5日

8月5日(はちがついつか)は、グレゴリオ暦で年始から217日目(閏年では218日目)にあたり、年末まであと148日ある。.

新しい!!: ラトビア・ソビエト社会主義共和国と8月5日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ラトビアSSR

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »