ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ラトビアの空港の一覧

索引 ラトビアの空港の一覧

ラトビアの空港及び飛行場の一覧を示す。.

24 関係: 地理座標系ラトビアラトビアの都市の一覧リェルヴァーデリェルヴァーデ空軍基地リエパーヤリエパーヤ国際空港リガリガ国際空港ヴァルミエラヴェンツピルスヴェンツピルス国際空港トゥクムストゥクムス空港ダウガフピルスイェルガヴァイェーカブピルス国際連合欧州経済委員会国際民間航空機関空港空港コード飛行場軍用飛行場Portable Document Format

地理座標系

緯線(水平)と経線(垂直)を表示した地球の地図https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/graphics/ref_maps/pdf/political_world.pdf large version (pdf, 3.12MB) 地理座標系(ちりざひょうけい、Geographic coordinate system)とは、地球および天体上の地点を表すための座標系である。 地理座標は、通常は地球を回転楕円体(地球楕円体)と見なし、その表面上における水平位置を表す経緯度と垂直位置を表す高度との組み合わせで表現される。 v1.7 Oct 2007 D00659 accessed 14.4.2008。-->.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と地理座標系 · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とラトビア · 続きを見る »

ラトビアの都市の一覧

ラトビアの都市の一覧。 ラトビアの地図 らとひあ * とし.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とラトビアの都市の一覧 · 続きを見る »

リェルヴァーデ

リェルヴァーデ(ラトビア語:Lielvārde)は、 ラトビア共和国のオグレイ県にある人口6,300人余りの町。人口密度は671/km2で、面積は10km2。 ラトビア共和国の首都のリガの中心部を流れる川であるダウガヴァ川を南に52km程上流に進んだ所にあり、北緯56°42′東経24°50′に位置し、自然と数多くの遺跡が残る街である。13世紀にドイツ騎士団が城を築いたのがこの街の始まりである。 この街に鉄道が開通したのは1861年で、リガからダウガフピルスまでの鉄道路線の途中にあり、鉄道路線を基盤に人の往来がしやすくなり、第一次世界大戦時にラトビア共和国に占拠されたが、スターリンの影響によりロシアに編入されることとなり、リガと共に波乱に満ちた町の歴史を辿る事となる。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とリェルヴァーデ · 続きを見る »

リェルヴァーデ空軍基地

リェルヴァーデ空軍基地(リェルヴァーデくうぐんきち、Lielvārdes lidlauks、Lielvārde Air Base)とは、リェルヴァーデの北7 km、リガの南東に位置するラトビアの空軍基地(軍用飛行場)である。 1970年にソ連空軍の攻撃機連隊のために作られ、1994年にロシアからラトビアに譲渡された。現在はラトビア空軍の軍事作戦の中核を担っている。 冷戦期には第899戦闘爆撃機連隊および第899爆撃機連隊が駐屯しており、1970年代にはSu-24戦闘爆撃機を、1980年代には改良型のMiG-23 UB戦闘爆撃機を運用していた。また、2000年代にはMiG-27戦闘爆撃機が運用されていることが報告されている。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とリェルヴァーデ空軍基地 · 続きを見る »

リエパーヤ

マーケット ビーチ リエパーヤ(ラトビア語:Liepāja)はラトビア西部、バルト海沿岸の都市。クルゼメ地方の中心都市で、人口 約85,000人。ラトビア国内でも第3の規模を有する。リエパーヤ港はラトビアの三大港の一つで、リエパーヤ国際空港は国内に3つしかない国際空港の一つ(現在は首都リガとの間に季節便(夏)が運行されるのみ)。 この地に定住が開始されたのは少なくとも750年前で、1253年の記録に記載が見られる。中世にはリーバウ (Livawe, Libau) というドイツ名で商業港として栄えた。帝政ロシアの時代にはカロスタ (Karosta) 軍港が設けられバルチック艦隊の母港の一つとなる。日露戦争時にはこの港から日本海に向けて出航している。 現在、カロスタ軍港は解放され、観光地として訪問客を集めている。また市内の聖トリニティ教会には世界でも最大級のパイプオルガンがあり、建造当時のままの姿をとどめている。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とリエパーヤ · 続きを見る »

リエパーヤ国際空港

リエパーヤ国際空港とは、ラトビア西部に位置するリエパーヤにある国際空港。リガ国際空港、ヴェンツピルス国際空港と共に、ラトビアの3つの国際空港の内の一つである。 リエパーヤ国際空港はリエパーヤの東5 kmの位置にあり、また、ラトビアの首都であるリガからは210 km、隣国リトアニアとの国境からは60 km離れている。空港の敷地面積は2.2 km2あり、全域がリエパーヤ経済特区に指定されている。2005年9月にリエパーヤ国際空港、リガ国際空港間の運行が季節便として14年ぶりに再開した。2007年からはリガへの季節便が定期的に運用されるようになり、コペンハーゲンおよびハンブルクへの新しいルートが開かれた。リエパーヤからの定期便を運航している航空会社は、エア・バルティックのみであり、このルートではフォッカー 50およびダニッシュ・エアトランスポートの ATR42-300 が使われている。 冷戦初期の間、飛行場はソ連防空軍の基地として使用されており、1950年4月8日にはアメリカ空軍の PB4Y-2プライバティア(BuNo 59645)を撃墜している。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とリエパーヤ国際空港 · 続きを見る »

リガ

リガ、またはリーガ( 、、、Ryga、英語、)は、ラトビア共和国の首都で、同国最大の人口を擁する都市。人口は69万9,203人(2012年時点)。「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、その旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とリガ · 続きを見る »

リガ国際空港

リガ国際空港(Starptautiskā lidosta Rīga,Riga International Airport)とは、ラトビア共和国の首都、リガにある国際空港であり、エア・バルティックのハブ空港である。 手狭になった中心部に近いSpilve空港の代わりとして1973年に建設され、1999年以降の利用者数はバルト三国最多となっている。特に2005年前後から続くエア・バルティックの積極的な就航路線の拡大を受け、2005年時点で約180万人だった利用者数は2010年末には約500万人になると予測されている。こうした状況を受けて、2001年に改築された空港であるが、更なる拡張計画もある。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とリガ国際空港 · 続きを見る »

ヴァルミエラ

ヴァルミエラ(Valmiera, Wolmar, Wolmar, Volmari, Ва́лмиера, Valmėira)は、ラトビアのヴィドゼメ地方にある、同地方最大の町。ヴァルミエラ州の中心地でもある。人口は2002年で27,323人、2008年では27,569人で、面積は18.1 km2。 首都リガから北東に100km、エストニアとの国境から南に50kmのところにあり、いくつもの幹線道路が交わる交通の要衝になっている。市街はガウヤ川(die Livländische Aa, Koiva jõgi, Га́уя, Лифляндская Аа)の両岸に築かれている。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とヴァルミエラ · 続きを見る »

ヴェンツピルス

ヴェンツピルス (ラトビア語:Ventspils、ドイツ語名:Windau、ポーランド語名:Windawa、リヴォニア語:Vǟnta)は、ラトビア北西の都市。市内を流れるヴェンタ川にちなんで名付けられた。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とヴェンツピルス · 続きを見る »

ヴェンツピルス国際空港

ヴェンツピルス国際空港とはラトビア北西の都市ヴェンツピルスの南西5 kmに位置する国際空港である。2010年現在、ラトビア内で最も新しい国際空港であり、リガ国際空港、リエパーヤ国際空港と共に、ラトビアの3つの国際空港の内の一つである。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とヴェンツピルス国際空港 · 続きを見る »

トゥクムス

トゥクムスとはラトビアの都市である。ラトビアの4つの地域の内のヴィゼメ、ゼムガレ、クルゼメの3地域の交点に位置する。冷戦期にはトゥクムス空軍基地が運用されていた。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とトゥクムス · 続きを見る »

トゥクムス空港

トゥクムス空港とは、ラトビアの町トゥクムスから南東に5 kmの位置にある空港である。一つの長いエプロンとコンクリート舗装された滑走路を持った軍用空港であったが、2005年に民間空港となった。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とトゥクムス空港 · 続きを見る »

ダウガフピルス

1912年のダウガフピルス ダウガフピルス(Daugavpils、)はラトビアの都市。ダウガヴァ川(ドヴィナ川)に跨る。ダウガフピルスはロシア語読みで、ラトビア語ではダウガウピルスと呼ぶ。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とダウガフピルス · 続きを見る »

イェルガヴァ

イェルガヴァ (IPA:、ラトビア語:Jelgava、ドイツ語:Mitau,Mitaw,Mītava、リトアニア語:Mintauja、ポーランド語:Mitawa、ロシア語:Елгава / Митава)は、ラトビアの都市。ゼミガレ地方最大の都市である。首都リガからおよそ41km南西に位置する。イェルガヴァはかつてクールラント公国の首都であった。1919年まであったクールラントの中心地であった。 日本語ではヤルガヴァとの表記もみられる。 イェルガヴァは、リエルペ川右岸の海抜12フィートほどの、肥沃な平野の上に位置する。川の水位が上がると、平野と時には町が浸水してしまう。イェルガヴァは、かつての要塞跡を占めるヤコブ運河(クールラント公ヤーコプ・ケトラーにちなむ)に周囲を囲まれている。町には鉄道中継駅と、重要な穀物・材木の市場がある。また、イェルガヴァ空軍基地もある。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とイェルガヴァ · 続きを見る »

イェーカブピルス

イェーカブピルス(Jēkabpils)は、ラトビアのセロニア地方にある町。エーカブピルとも表記される。首都リガとダウガフピルスの中間地点に位置し、ダウガヴァ川が街中を流れている。ソビエト連邦時代には空軍基地が置かれていた。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とイェーカブピルス · 続きを見る »

国際連合欧州経済委員会

国際連合欧州経済委員会(こくさいれんごうおうしゅうけいざいいいんかい、United Nations Economic Commission for Europe)は、国際連合の経済社会理事会の地域経済委員会の一つ。単に欧州経済委員会(おうしゅうけいざいいいんかい、Economic Commission for Europe)とも。英語での略称はUNECE、ECE。 現在の加盟国は56ヶ国。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と国際連合欧州経済委員会 · 続きを見る »

国際民間航空機関

国際民間航空機関(こくさいみんかんこうくうきかん、International Civil Aviation Organization, ICAO)は、国際連合経済社会理事会の専門機関の一つ。本部はカナダのモントリオールにある。略称は、日本語では「イカオ」や「アイカオ」と読まれることが多く、英語圏では「アイケーオー」と読まれることが多いが、英語圏以外では「イカオ」という読みが一般的である。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と国際民間航空機関 · 続きを見る »

空港

港(くうこう、Airport)とは、公共の用に供する飛行場のことである。一般的な実態は主に旅客機・貨物機等の民間航空機の離着陸に用いる飛行場内の施設である。その名のとおり、海運における港のような機能をもつ施設であり、空港という日本語自体が英語 Airport(空の港)の直訳である。 2009年時点でアメリカ中央情報局がまとめた報告によると、「上空から確認できる空港あるいは飛行場」は、全世界に約44000箇所あり、その内の15095箇所は米国内にあり、米国が世界でもっとも多い。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と空港 · 続きを見る »

空港コード

港コード(くうこうコード、airport code)は、空港ひとつひとつに付けられるコード。 国際機関が定めたものとしては、IATAによるアルファベット3文字のコードと、ICAOによる英数4文字のコードがある。主要な空港は双方のコードを持つ。 そのほか、いくつかの国には、国内機関が定めたローカルなコードがある。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と空港コード · 続きを見る »

飛行場

飛行場(ひこうじょう、英語:aerodrome)は航空機が離陸・着陸できる場所をいう。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と飛行場 · 続きを見る »

軍用飛行場

軍用飛行場(ぐんようひこうじょう、airbase、military airfield、military airport、air force station、air force base など)は、軍用機の運用のために軍隊が使用する飛行場。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧と軍用飛行場 · 続きを見る »

Portable Document Format

Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。 特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。 アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、XFA (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。.

新しい!!: ラトビアの空港の一覧とPortable Document Format · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »