ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヨナス・ドリュアンデル

索引 ヨナス・ドリュアンデル

ヨナス・ドリュアンデル(Jonas Carlsson Dryander、1748年3月5日 – 1810年10月19日)は、スウェーデンの植物学者である。 ヨーテボリで生まれた。ウプサラ大学、ルンド大学で学んだ後、1777年にロンドンに渡り、王立協会の司書を務め、1882年にダニエル・ソランダーの没した後、ジョゼフ・バンクスの司書を務めた。主著は『ジョセフ・バンクスの自然史書籍目録』("Catalogus bibliothecæ historico-naturalis Josephi Banks" (1796-1800))である。ウィリアム・エイトンの著作"Hortus Kewensis"のためにも働いた。著作には"Anmärkningar vid örtsläktet Albuca" (1784) や "Observations on the genus of Begonia" (1791)がある。 1784年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。ヤマモガシ科のドリアンドラ(属) (バンクシア属の亜列)に献名された。.

19 関係: 司書バンクシアヤマモガシ科ヨーテボリルンド大学ロンドンダニエル・ソランダーウプサラ大学ウィリアム・エイトンジョゼフ・バンクススウェーデンスウェーデン王立科学アカデミー王立協会献名植物学10月19日1748年1810年3月5日

司書

司書」(ジュゼッペ・アルチンボルド、1556年) 司書(ししょ)は、図書館に置かれる専門的職員(専門職)のことである。図書館学等では厳密には、英語の Librarian に相当する図書館専門職の翻訳語としてもちいられるが、日本語における一般的な用例としては、図書資料を扱う仕事をしている図書館職員を専門的職員であるか否かを問わず広く司書と呼ぶこともしばしば見られる。 日本では、図書館法に規定された日本の法制度上の資格として「司書となる資格」があり、図書館法上の「司書」は図書館法にいう「図書館」(公共図書館)に勤務し、資格を有する図書館専門職員を指す。このほか、図書館法に根拠を持たないけれども法律にもとづいて「司書」の肩書きを有する例として、国立国会図書館の職員の職名にみられる「司書」があり、また学校図書館・大学図書館・専門図書館で図書館専門職員に「司書」の職名を与えている場合がある。しかし、これらの公共図書館以外の「司書」は、図書館法にいう「司書となる資格」にもとづく司書ではない。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと司書 · 続きを見る »

バンクシア

バンクシア(Banksia)は、ヤマモガシ科の属のひとつ。約80種が含まれる。 オーストラリア原産。オーストラリアのもっとも乾燥した地域を除く全域に産する。特徴的な花序と果穂を持ち、オーストラリア産の野生の花の中では有名で人気があり、よく庭木として利用される。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとバンクシア · 続きを見る »

ヤマモガシ科

ヤマモガシ科(ヤマモガシか、Proteaceae)は双子葉植物の科で、75から80属、1500種ほどからなる。 プロテアProtea、バンクシアBanksia、マカダミアMacadamiaなどの属を含む。マカダミア(マカダミアナッツ)は食用にするために栽培され、他にも観賞用に多くの種が栽培される。 いずれも常緑で、ほとんどが木本、一部は草本。花は両性で、花被(がくと花弁の区別はない)は筒状で先が4裂し、それぞれに雄蕊が1つずつつく。雌蕊は1つで子房上位、堅果などの果実となる。花序は総状・穂状・頭状など。 バンクシア''Banksia ericifolia'' プロテア''Protea cynaroides'' マカダミア''Macadamia integrifolia'' ヤマモガシ科は南米、南アフリカ、インド、オーストラリア、ニューカレドニア、ニュージーランドなどに分布するが、これらはかつてのゴンドワナ大陸の一部である。またニュージーランド南島の白亜紀の石炭中から多くのヤマモガシ科の花粉が見つかっていることなどから、本科はゴンドワナ大陸で発展した(ゴンドワナ植物)と考えられる。 現在は特に南アフリカとオーストラリアで多くの種が栄えている。日本にはただ1種、ヤマモガシ(Helicia cochinchinensis Lour.)が野生し、東南アジアから西南日本まで分布する。 ヤマモガシ科の系統は最近まではっきりせず、独立のヤマモガシ目とされたりしていた(クロンキスト体系ではグミ科も入れたが、花の形が見かけ上似ていることによる)。近年の分子系統学研究から、スズカケノキ科とハス科が同じ系統に入ることがわかった(形態的類似点はあまりない)。 * やまもかしか.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとヤマモガシ科 · 続きを見る »

ヨーテボリ

ヨーテボリ(スウェーデン語:、 )は、ヴェストラ・イェータランド県に属するスウェーデンの港湾都市で、県庁所在地である。人口は約52万人。スウェーデンではストックホルムに次ぎ、北欧では5番目に大きい都市である。町の名前は「ゴートの都市」を意味する。日本語ではイェーテボリ、イエテボリ、エーテボリなどとも呼ばれる。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとヨーテボリ · 続きを見る »

ルンド大学

ルンド大学(Lund University、Lunds universitet)は、スウェーデン南部に位置するスコーネ県ルンド市の大学。創立は1666年であり、現在のスウェーデン領土内の大学としては2番目に古い。古名:アカデミア・カロリーナ (Academia Carolina)。ウプサラ大学、ヨーテボリ大学、ストックホルム大学、チャルマース工科大学などと共に、スウェーデン屈指の名門大学として知られ、QS World University Rankingsでは、2013年に67位(国内・北欧圏共に1位)にランクインされている。学術研究分野において質・量ともに優れた大学が加盟する事ができるヨーロッパ研究大学連盟に所属している。 メインキャンパスはルンド市内にあるが、同じスコーネ県内の都市であるマルメとヘルシンボリにもキャンパスをもつ。 大学の国際化にも注力しており、世界50以上の国に660を超える協定校を持つ。2014年は大学院修士課程に於けるスウェーデン留学志願者の内、3分の1以上がルンド大学を志望した。 日本との交換留学の協定校は国立大学では三重大学、東北大学、岐阜大学など、私立大学では早稲田大学、立命館大学、慶應義塾大学など。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとルンド大学 · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとロンドン · 続きを見る »

ダニエル・ソランダー

ダニエル・ソランデル(Daniel Solander、1733年2月19日 - 1782年5月16日) は、スウェーデンの植物学者である。 1733年2月19日、スウェーデンのノールボッテン県・ピーテオ市で、ルター派教区牧師のもとに生まれる。1750年にウプサラ大学に入学し、言語学と人文科学を学んだ。当時の植物学の教授がカール・フォン・リンネであり、ソランダーの才能を見出したリンネは彼の父親に、息子に博物学を勉強させるよう説得した。1760年、ソランダーはリンネの新分類法を広める為に渡英し、1763年に大英博物館補助学芸員となり、翌1764年には王立協会フェローに選出される。 1768年、同僚の植物学者ヘルマン・スペーリングと共にジョゼフ・バンクスに雇われ、ジェームズ・クックによる帆船エンデバーの太平洋航海に参加した。彼らが植物学者であったために、オーストラリアで最初に着岸した場所が "Botanist Bay" (植物学者の湾、という意。現在ではボタニー湾と呼ばれる)と名付けられた。グレート・バリア・リーフで船が損傷し、現在のクックタウンに一週間ほど滞在した際には、オーストラリアの植物コレクションを製作・記述するのに協力した。これは後に「バンクス植物図譜」(1980〜81年、大英自然史博物館)の基礎となった。 1771年に帰国した後はバンクスの秘書兼司書としてロンドンのソーホー・スクエアにある彼の自宅に住み込んでいたが、翌1772年には再びバンクスと共に、アイスランド、フェロー諸島、オークニー諸島への航海に出ている。1773年から1782年にかけては、大英博物館自然史部管理者を務めた。また、バンクスとともに、太平洋航海で収集した膨大な植物・動物標本などを元に、『植物図譜』(未完)の制作に従事した。彼が考案した、図面や文書、植物標本などを保存するための本型の箱「ソランダー・ボックス」は、現在でも図書館などで使用されている。1782年5月16日、脳梗塞によりソーホー・スクエアのバンクスの家で死去。49歳。 ニュージーランド南島沖にあるソランダー島や、ロンドンの東のはずれにあるソランダー・ガーデンは、彼の名から命名されたものである。また、ナンキョクブナ科のNothofagus solandriのように、学名に彼の名が献名された植物も多い。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとダニエル・ソランダー · 続きを見る »

ウプサラ大学

ウプサラ大学(Uppsala universitet、Uppsala University)は、スウェーデンのウプサラにある、1477年に創設された北欧最古の大学。ヨーロッパの最も権威ある高等教育・研究機関の一つであり、15人の大学関係者(卒業生・教員等)がノーベル賞を受賞している。 大学間及び産学協力に積極的であり、ヨーロッパやアメリカ、アジアなど、世界の1,000以上の大学と約3,000にのぼる共同研究を行なっており、毎年、約5,000の学術出版物が発行されている。 数多くの分野で世界最先端の研究を実施しており、ウプサラ生物医学センター(BMC:The Uppsala Biomedical Centre)は、生命科学に関するヨーロッパ最大の拠点の一つであり、オングストローム研究所(Ångström Laboratory)は、材料科学に関するヨーロッパ最先端研究所の一つである。また、卒業生でもある第二代国連事務総長ダグ・ハマーショルドの名を冠した図書館を設置し、平和と紛争研究において世界的拠点の一つである研究所を擁している。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとウプサラ大学 · 続きを見る »

ウィリアム・エイトン

ウィリアム・エイトン(William Aiton, 1731年 - 1793年2月2日)は、スコットランド出身の植物学者。 ハミルトンに生まれた。造園家としての訓練を受た後、1754年にロンドンへと向かい、チェルシー・フィジック・ガーデンの顧問であったフィリップ・ミラーの元で助手を務めている。1759年に新設されたキュー・ガーデンの園長に任命され、その死まで職を務めた。 1789年に著書 "Hortus Kewensis" を出版している。この書物の第2版は1810年から1813年にかけて息子のウィリアム・タウンゼント・エイトンによって出版された。ウィリアム・タウンゼント・エイトンはエイトンの没後、キュー・ガーデンズの園長の仕事を引き継いだ。 Category:18世紀の植物学者 Category:スコットランドの植物学者 Category:サウス・ラナークシャー出身の人物 Category:1731年生 Category:1793年没.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとウィリアム・エイトン · 続きを見る »

ジョゼフ・バンクス

ー・ジョゼフ・バンクス 初代准男爵、サー・ジョゼフ・バンクス(Sir Joseph Banks, 1st Baronet, (1743年2月2日 − 1820年6月19日)は、イギリスの博物学者、植物学者、プラントハンター、準男爵、王立協会会長。科学の擁護者としても知られ、自然史の父とも言うべき存在でもある。ジェームズ・クックの第一回航海(1768 - 1771年)に同行し、南太平洋地域に関する多くの博物学的知見を西欧にもたらす。航海で収集された膨大な新種のうち、75種の命名にバンクスの名が遺る。ユーカリ、アカシア、ミモザを西欧にはじめて紹介した。植物属バンクシアも、彼の名に因んでいる。 1967年から発行されていた5オーストラリア・ドル紙幣の表面に肖像が使用されていた。オーストラリアにメリノ種の牧羊が定着するよう、バンクスは生涯をかけて飼育指導にあたった。キューガーデンは動物も研究したのである。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとジョゼフ・バンクス · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデン王立科学アカデミー

ウェーデン王立科学アカデミー()は、1739年にフレドリク1世によって設立された、スウェーデン王立アカデミーの1つである。スウェーデン王立科学アカデミーは独立行政法人であり、自然科学と数学の発展を目的とした活動を行っている。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルとスウェーデン王立科学アカデミー · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと王立協会 · 続きを見る »

献名

名(けんめい)とは生物の命名に際して特定の人物の名前を織り込むこと。生物の種を記載し学名を命名するのに際して、しばしば命名者が特定の人物に敬意を表して名前を織り込む慣行がある。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと献名 · 続きを見る »

植物学

植物学(しょくぶつがく、)は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物を動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと植物学 · 続きを見る »

10月19日

10月19日(じゅうがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から292日目(閏年では293日目)にあたり、年末まであと73日ある。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと10月19日 · 続きを見る »

1748年

記載なし。

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと1748年 · 続きを見る »

1810年

記載なし。

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと1810年 · 続きを見る »

3月5日

3月5日(さんがついつか)はグレゴリオ暦で年始から64日目(閏年では65日目)にあたり、年末まであと301日ある。.

新しい!!: ヨナス・ドリュアンデルと3月5日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »