ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ユーロコプター X3

索引 ユーロコプター X3

ユーロコプター X3(Eurocopter X3:X-Cubed、えっくすきゅーぶど)は、ユーロコプター社が開発中の実験複合ヘリコプターである。本機は以上の速度での飛行を目指している。.

19 関係: AS 365 (航空機)失速小翼ユーロコプター EC 155ロールス・ロイス/チュルボメカ RTM322ヘリコプターの一覧フェアリー ロートダインエアバス・ヘリコプターズシコルスキー X2ターボシャフトエンジン統合多用途・将来型垂直離着陸機計画牽引式 (航空機)複合ヘリコプターX-49 (航空機)抗力揚力2010年2011年9月6日

AS 365 (航空機)

AS365は、アエロスパシアル社(現エアバス・ヘリコプターズ社)が開発した中型双発ヘリコプター。 AS365の高性能版であるEC 155を含めたシリーズの愛称ドーファン(Dauphin)は、フランス語で「イルカ」の意。SA 360 ドーファンをベースに開発されたことから、ドーファン2と呼ばれることもある。2009年時点でAS 365、EC 155とも現行機種として販売中である。.

新しい!!: ユーロコプター X3とAS 365 (航空機) · 続きを見る »

失速

失速(しっそく)あるいはストール(Stall)とは、翼の迎え角を大きくし過ぎた際に、翼の抵抗が急増し、それに伴い翼の表面を流れていた気流が剥離し、揚力をほとんど生みだせなくなる現象である。失速になった後の状態を失速状態といい、抵抗が増えるので速度が急に落ちる。なお、失速は翼の全面積で同時に起こり始めるわけではない(#分類も参照)。.

新しい!!: ユーロコプター X3と失速 · 続きを見る »

小翼

小翼は、「短翼」、「スタブ翼」(スタブ・ウイング)(stub 造りかけの、英俗:やり残しの)の別名で知られ、過去においては重航空機中の固定翼機にも散見されたが、ヘリコプターが実用利用の水準に到達した1950年代以降は、軍用機としての回転翼航空機に多く見られる、機体左右に張り出した短翼であり、軍用機の構成要素の1つ。 また、ミサイルやロケット弾の飛行姿勢を安定させる、あるいは飛行姿勢を変化・制御するための固定式や可動式の「フィン」(fin)の訳語としても小翼が用いられている#航空機搭載兵器 p.168。.

新しい!!: ユーロコプター X3と小翼 · 続きを見る »

ユーロコプター EC 155

ユーロコプター EC 155は、ユーロコプター(現エアバス・ヘリコプターズ)が開発・製造した中型輸送ヘリコプター。AS 365 ドーファンの発展型であり、1997年に初飛行した。ユーロコプターの社名変更に伴い、現在はH155と改称されている。.

新しい!!: ユーロコプター X3とユーロコプター EC 155 · 続きを見る »

ロールス・ロイス/チュルボメカ RTM322

RTM322の模型 RTM322はロールス・ロイス・チュルボメカの生産するターボシャフトエンジンである。軍用と民間用の広い用途に応じられるように設計された。RTM322は船舶用と産業用にも利用される。 RTM322の最初の発注は1992年海軍のアグスタウェストランド AW101用の44基だった。1998年から運用される。.

新しい!!: ユーロコプター X3とロールス・ロイス/チュルボメカ RTM322 · 続きを見る »

ヘリコプターの一覧

ヘリコプターの一覧.

新しい!!: ユーロコプター X3とヘリコプターの一覧 · 続きを見る »

フェアリー ロートダイン

フェアリー ロートダイン(Fairey Rotodyne)は、イギリスの航空機メーカーであるフェアリー・アビエーションにより開発された複合ヘリコプター。世界最初のVTOL旅客機と銘打ってデビューしたが、垂直離着陸の為に航空機としてのペイロード、速度等で普通の旅客機に劣り、且つトン・マイルあたりの運航費がかさみ騒音や操縦の難しさもあり、野心作であったが結果的に旅客機市場に入り込めなかった。.

新しい!!: ユーロコプター X3とフェアリー ロートダイン · 続きを見る »

エアバス・ヘリコプターズ

アバス・ヘリコプターズ(Airbus Helicopters、旧称 ユーロコプター・グループ(Eurocopter Group))は、世界屈指の大手ヘリコプターメーカである。ユーロコプターはエアバス・グループの子会社であり、民間・軍用双方のヘリコプターの製造・サポートを行っている。 2001年、世界全体では40%、アメリカ合衆国では30%のヘリコプターのシェアを誇る。.

新しい!!: ユーロコプター X3とエアバス・ヘリコプターズ · 続きを見る »

シコルスキー X2

ルスキー X2(機体番号 X525SA) シコルスキー X2 は、同軸反転回転翼を搭載した、シコルスキー社で開発中の複合ヘリコプター実験機である。.

新しい!!: ユーロコプター X3とシコルスキー X2 · 続きを見る »

ターボシャフトエンジン

ターボシャフトエンジン(Turboshaft engine)はジェットエンジン/ガスタービンエンジンの一種。ジェットエンジンが排気の噴出力を推進力として利用するのに対し、タービン排気より軸出力を取り出し、それを用いる方式である。戦車や船舶用ガスタービンなども軸出力を用いている点では同等であるが、航空機用エンジンとして用いられている場合、ターボシャフトエンジンと呼ばれる。特にヘリコプター向けとして用いられている。.

新しい!!: ユーロコプター X3とターボシャフトエンジン · 続きを見る »

統合多用途・将来型垂直離着陸機計画

統合多用途・将来型垂直離着陸機計画(Joint Multi-Role / Future Vertical Lift, 略語:JMR / FVL)は、アメリカ合衆国のアメリカ陸軍の軍用ヘリコプターの数種類の系列を完全に新規開発する計画である。センサー、航空工学、航空電子工学、エンジン、および不具合対策などの共通のハードウェアに加え、ソフトウェア(運用技術・運用経験値、操縦訓練情報)を共有する、5種類の異なる機体規模の「回転翼航空機」を開発する必要がある。 米陸軍は2004年以来、この計画を2017年に至るまで継続的に検討し続けている。 将来型垂直離着陸機計画(FVL)は、米陸軍の汎用ヘリコプターである「UH-60 ブラックホーク」、同じく攻撃ヘリコプターである「AH-64 アパッチ」 、重輸送ヘリコプターである「CH-47 チヌーク」、特に代替機の開発に2回も失敗した軽偵察・観測ヘリコプターである「OH-58 カイオワ」の将来的な代替機を開発することを意図している。最終的には「将来型垂直離着陸機計画」 (Future Vertical Lift, FVL)の前身の計画と後世の時代には位置づけられるであろう、現在進行中の先行計画は、2017年に「技術概念立証」(デモンストレーション)のための機体提供が予定されている「統合多用途ヘリコプター計画」(Joint Multi-Role, JMR)である。.

新しい!!: ユーロコプター X3と統合多用途・将来型垂直離着陸機計画 · 続きを見る »

牽引式 (航空機)

航空機における牽引式(けんいんしき、Tractor configuration)とは、プロペラが機体前部に設置されている形式のことで、プロペラの回転によって生ずる空気の流れは機体を「引っ張る」形になる。これに対して推進式(プッシャー式、Pusher configuration)では、プロペラが機体後部に設置されるため機体を「押し出す」形になる。 初期の動力式航空機では、牽引式と推進式は両方ともごく一般的に採用されていた。しかし、第一次世界大戦中期に推進式を採用する傾向が薄れて牽引式が支配的になると、今日ではプロペラ機といえば特に言及しない限り牽引式のものを指すようになっている。 軍事的視点から見て当初問題になったのは、単発・牽引式の航空機は銃弾をプロペラブレードに当てることなく回転域を通過させられないことであった。初期の解決方法は、ライフルや機関銃を回転域の外側に配置し、(照準が困難になるが)角度のある状態で射撃する、または複葉機の上翼からプロペラの回転域の上を飛び越える形で撃つことであった。 最初にプロペラ回転域を通過させる方法を開発したのは、フランスの航空メーカーモラーヌ・ソルニエ社の技師、ユージン・ギルバートであった。彼はモラーヌ・ソルニエType L(単葉機)のプロペラブレードに金属製の"楔状偏向板"を取り付け、もし銃弾が当たっても弾くことができるように改造した。これはフランス空軍のローラン・ギャロスによって早速使用され成功を収めた。また、少なくともイギリスの王立海軍航空隊(RNAS:Royal Naval Air Service)のソッピース・タブロイド(複葉機)1機でも使用された。 最終的にこの問題は、"断続機(プロペラ同調装置として知られる)"の登場によって解決された。最初に装備されたのは1915年、ドイツのフォッカー E.I単葉機で、イギリスではソッピース・ストラッター(複葉機)に装備される1916年前半まで牽引式の機体には搭載されなかった。 別の解決策としては、プロペラの回転軸内に銃身を通したり(モーターカノン)、主翼に機銃を設置したりすることが行われた。後者の方法は1930年代前半から一般的となり、航空機のエンジンがジェット化するまで続くことになった。 Category:航空機の形態.

新しい!!: ユーロコプター X3と牽引式 (航空機) · 続きを見る »

複合ヘリコプター

複合ヘリコプター(ふくごうヘリコプター、コンパウンド・ヘリコプター、compound helicopter)は回転翼機の分類の1つである。垂直離着陸機であり、回転翼の揚力によって自重を支えることで垂直離着陸やホバリングを行い、他の推進力で水平飛行を行なう。ジャイロダイン(Gyrodyne)もこの分類に含まれる。.

新しい!!: ユーロコプター X3と複合ヘリコプター · 続きを見る »

X-49 (航空機)

X-49は、アメリカ陸軍とパイアセッキ・エアクラフト社が試験している複合ヘリコプター。2007年初飛行。.

新しい!!: ユーロコプター X3とX-49 (航空機) · 続きを見る »

抗力

抗力(こうりょく)は、流体(液体や気体)中を移動する、あるいは流れ中におかれた物体にはたらく力の、流れの速度に平行な方向で同じ向きの成分(分力)である。流れの速度方向に垂直な成分は揚力という。 追い風で水面をかき分けて進んでいる帆船は、空気から進行方向の抗力を、それより弱い逆方向の抗力を水から受けている。また、レーシングカー等では揚力でダウンフォースを発生させている。抗力も揚力もケースバイケースで、その方向が字義通りではない場合がある。.

新しい!!: ユーロコプター X3と抗力 · 続きを見る »

揚力

揚力(ようりょく、英語:lift)は、流体(液体や気体)中におかれた板や翼などの物体にはたらく力のうち、流れの方向に垂直な成分のこと。 通常の場合、物体と流体に相対速度があるときに発生する力(動的揚力)のみを指し、物体が静止していてもはたらく浮力(静的揚力)は含まない。.

新しい!!: ユーロコプター X3と揚力 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: ユーロコプター X3と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: ユーロコプター X3と2011年 · 続きを見る »

9月6日

9月6日(くがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から249日目(閏年では250日目)にあたり、年末まであと116日ある。.

新しい!!: ユーロコプター X3と9月6日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »